Edomae sushi at a modern hide-at-home with 6 counter seats to commemorate the 9th anniversary of toyohashi sushi taketo wedding anniversary!

February 22 is the 9th anniversary of our marriage. The cherry blossoms have begun to bloom in Lake Sanaru near my home, so I feel the merry of spring. On this year’s anniversary, we visited “Sushi Takemoto”, a sushi restaurant with only 6 seats at the counter, next to “Mantaro Sushi”, which has been in...

Two Taipei sho Ryu Gin Michelin guide stars earn, Japan hasn't bloomed in Taiwan!

"Shoun Ryugin Ryugin", taiwan's first restaurant of Japanese cuisine "Ryugin" in Roppongi, which continues to earn 3 stars in a row at "Michelin Guide Tokyo 2018", received 2 stars at "Michelin Guide Taipei 2018"! The location is、Was born in 9/2014 in the dazhi area of Zhongshan district, Taipei City fine dining and building "UG worker Federation of Temple" of the 5th floor、Each placemark、江振誠 Andre Chiang(アンドレ・チャン)シェフ率いる「RAW」が入るビルとなります! この日は、Taiwan friends Mr. and Mrs. marriage celebration.、Revisit the dinner here! A friend and his wife to arrive、ウェイティングスペースにてウェルカムドリンクの台湾茶を頂きながら待つことに致しましょう! オープン当初、Hieda, ryohei (Hieda Ryohei)The chef had put together courses in conjunction with ingredients from Japan、Now、Cherish the ties with the local producers、And Japan dishes to consist entirely of Taiwan ingredients all menus、Using carefully selected ingredients for rich Taiwan、Japan food、日台融合を感じられる至極のコースを提供しています! 今回は専属Sommelierが推奨する日本酒とワインのペアリングにて堪能! 先ずは台湾で造られている祥雲龍吟オリジナルのChampagneにて乾杯! ①「浅利のスープ」 メニューにはありませんが、Delicious clams arrived in、特別に追加されたスープ! 台湾バジルの色鮮やかなオイル香が立ち込める浅利のスープは一口で十分な程に海の恵みに感謝する一品で心が癒やされる思いです! ②「鮪魚、Cilantro、Bean curd ' × ' sake:石鎚 純米吟醸 備前雄町 無濾過中汲 槽搾り」(力強く野性味溢れるクラシカルな味わい) ハンバーガーのように提供されたフィンガーフードの前菜はカリカリに揚げた湯葉にツナタルタルと台湾産キャビアをたっぷりと忍ばせた絶品つまみ!コリアンダーフラワー(香菜の花)の個性的な香りが食欲を掻き立てます! 個性に溢れ、Sparkling、To specialists in a variety of designs and Inoguchi、Could choose a favorite pattern individually、楽しみ方の1つです! ③「海膽(雲丹)皮蛋」 澎湖(ポンフー)で穫れた濃厚な台湾雲丹に皮蛋豆腐を合わせた涼し気な一品! グリーンオニオンフラワーのほろ苦さが良いアクセントになっています! ④「鰹魚、Squid、Ming shrimp (prawn) ' x ' sake:黒龍吟」(アップルテイストの辛口) 虹色に輝く鮑の貝殻の上に盛られた刺盛りは、The straw smoked bonito、Strong prawn flavor、And sweet calamari、The sweet fragrance of fresh sea grapes、醤油とチリ酢の2種で楽しみます! ⑤「鰻魚、Mountain President (Yam) "x" Japanese sake:14 take in junmai ginjo sake bizen Cho "(black pepper、Ginger、フラワーのような香りでフルーティー) 台湾産鰻は、Finishing crisp crispy skin surface、身のふっくら感との食感の違いを山葵で楽しみます! ペアリングの域で「高木酒造」の「十四代」が楽しめるとは驚きです! ⑥「牛舌、White radish (daikon)、Horse advice (spice) "x" Japanese sake:十四代 角新 中取り純米 無濾過」 上品で優しい味わいの牛テールスープを注いだ牛タンは滑らかな舌触りと芳醇な香りと甘味を楽しめる逸品でしんみりと焚かれた大根が絶品! ⑦「桃太郎蕃茄(トマト)」 台南の豊かな土地で有機栽培の野菜をつくる「元気家農業協同」の林中智(Tomo Lin)さんの酸味と甘みのバランスの取れた究極の桃太郎トマトをキンキンに冷やしフレッシュとソルベの組み合わ汗で台湾バジルと共に味わいます! ⑧「鴨、洋蔥、Grass hemp (sesame) "x" red wine:DOM. Potinet Ampeau Volnay 1er Cru Les Santenots 1978」フランス ヴォルネイ(Pinot Noir) ルッコラのベビーリーフを敷き詰めて、2And roast moist and dry weeks had Yi ran from duck、さっぱりとしたオニオンソースでいただきます! ⑨「越光米(コシヒカリ)、Sea melon child (Asari)、Samsung vegetablesx o、Plethora of tubo (tomato).、"Bean curd and mushroom appetizer.、"Red radish、Chinese cabbage、Cucumber pickles.、「ほうじ茶」...

"Westin Ilan" Goshiki、Gomi、5 method、Tasteful Japan culinary senses kaiseki

「棲蘭神木園區」から「宜蘭力麗威斯汀度假酒店 The Westin Yilan Resortザ・ウェスティン・宜蘭・リゾート」へ戻る頃にはすっかり日も暮れ、Illuminated facade welcomes you! Japan restaurant on the second floor of the hotel day 2 Mai (Mai) cell at a mess dinner! This is、Japan food "Goshiki、Gomi、5 method、Five senses "in using the principles、Black、White、Yellow、Red、Using colors, such as green for each type of produce、"Raw、Cook、Bake、FRY、Double-boiled "of 5 different cooking methods、Both eye and mind fun Japan cuisine。 In addition、For the tasting were stationed at the hotel、Sake pairing is possible according to your tastes and cooking! Shop、台湾檜と無垢のチーク材をふんだんに和の趣きを贅沢に感じられる造りとなっています! 日本料理を修業された廖峰毅(Winston Liao)料理長の手捌きが伺えるカウンター席をはじめ、Permeability of a space is engineered into the design、日本酒の飾り棚を仕切りに用いた個室も完備! この日のディナーは、"Storm of people management" kaiseki, tried to 1,980TWD+10% (Japan Yen:8060 JPY) and enjoy sushi "Shinshu Lok sashimi kaiseki" 1,780TWD+10% (Japan Yen:約7,240円)をオーダー! 「先付け」 山藥豆腐、Four seasons beans with sesame sauce、Orange 醋 angler fish liver、Shrimp 蓴菜 醋、Domyoji silver fish fried、Amber egg、唐墨 sashimi and、7種がそれぞれに目にも美しい小鉢を用いた繊細且つ上品な前菜からスタート! 「煮椀物」 野草鮭魚粕汁 宜蘭名物の三星葱が入る優しい甘味の粕汁で、And soft salmon's body and trickled、台湾の食材を用いながらも日本の郷土料理が楽しめます! 「お造り」※雨水 旬刺身四品 季節毎に旬の魚の刺身を提供。Otoro tuna and red meat、Blue fish、Scallop and salmon served with vinegar Tachibana。 「揚げ物」※信樂 廣島牡蠣揚 広島より取り寄せた大振りの牡蠣をサクサクのフライにし、Eggplant、Ingen Tempura sauce。   「魚の焼き」※雨水 鮑魚若芽焼 低温調理でふっくらと柔らかく仕上げた鮑に木の芽を和えた色鮮やかな白味噌で清涼感たっぷりと爽やかに仕上げています! 「焼き物」※信樂 海老蕃茄鹽麹焼 宜蘭の天使紅蝦と一緒に、Fresh tomato and eggplant、Zucchini and salt malt flavor and burned in a Dutch oven、素材の旨味を引き出した一品! 「強肴」※雨水 安格斯牛肉時雨煮 アンガス牛を長時間低温調理することでしっとりと仕上げ、Bean sauce drizzle boiling。 「強肴」※信樂 握壽司七貫 鮪、Salmon、Yellowtail、Horse manure with sea urchin、Hokkaido、Scallop、Shrimp、Egg sponge cake。 Shari、Glazed and sticky、甘味の楽しめる北海道産の”ななつぼし”を使用! 程良い小振り感で、Undo properly in the mouth grip。 「お食事」※雨水 松葉蟹出汁炊飯 北海道産の”ななつぼし”と”松葉蟹”の身と蟹味噌を用いた香り立つ贅沢な炊き込み御飯と自家製漬物! 「止椀」 鱚魚玉子豆腐 キスを添えた優しい味わいの玉子豆腐「甘味」 有機薩摩芋布丁 有機紫芋とさつま芋に新鮮な卵とミルクを合わせて仕上げた濃厚なプリン! 「飲品」 宇治豆乳堅果飲 京都の宇治抹茶に有機豆乳と白玉粉、Well nuts、とろみのある濃厚な御抹茶にて終了! こちらでは、As well as multi-course dinners、A sumptuous lunch menu "Chowder gozen (2 minutes) 999 TWD +10% (Japan Yen:4060 JPY) also became a very popular menu、多くのゲストがここ宜蘭で日本料理を楽しまれているようです!...

Kaiseki cuisine "?. trees" Chrysanthemum Yukino Inoue from shopkeepers Kyo courses take advantage of local ingredients in cooking method!

浜松市を南北に走る遠鉄電車「赤電」の第一通り駅から西へ50mほど歩くと京都・祇園の老舗料亭「菊乃井」から贈られた暖簾を掲げこじんまりと佇む「懐石 いっ木」。 Have a head office in the center of Kyoto、 東京は赤坂に支店を持つ京料理の老舗「菊乃井」で修行を積まれた一木敏哉さんが独立され、 2006年9月15日にオープンされた日本料理店です。 Capital cooking method、The painstakingly crafted seasonal and local ingredients and finished food、 「利酒師」の資格を持つ店主が厳選された日本酒とのひとときを楽しめます♪ 店内は、Solid one piece 6 seat counter and digging, and 1 room of kotatsu style private room (4 Pax)、 店主との距離が近いこじんまりとした造りとなっています♪ 店主・一木俊哉さん 静岡の森町出身の一木俊哉さんは、 The Tsuji Gakuen cooking technology professional school graduates、京都・祇園の老舗料亭「菊乃井」にて修行を積まれ、 Desired independence in Shizuoka in the local、2006September, 15th.、ここ浜松市にて「懐石 いっ木」を開店昨年の2015年5月には「EXPO2015MILANO(ミラノ国際博覧会)」に静岡代表として参加され、 Said the cornerstone of Japanese "dashi" theme is responsible for demonstrations of the best soup of dried bonito、 Now registered on the UNESCO intangible cultural heritage、Has been attending convey the essence of the attention around the world, Japanese。 Also、「利酒師」の資格も持たれているため、 "Sake" can't miss the Japan food culture was hired as food in sake、 Using homare Fuji sake rice, Shizuoka Prefecture's own Prefecture sake 20 several kinds is divided into different types、Experience with several types of、 静岡県が誇る地酒の魅力を存分にアピールされてきたそうです! 一介の店主に留まることなく、Food and nutrition for eyes、 Has been aimed at the many activities related to food。 On this day、個室ですいどうや「北伸」の代表取締役の馬場広行(通称馬場っち)と懇親会「遠州灘産天然とらふぐ」を取り入れたおまかせコースをいただきます♪ 汲み出し「遠州のレモン湯」 遠州で取れたレモンを用いた、Sweet Sour lemon water。 Drinking warm lemon water ago meals included more citric acid、 Eat sugar and fat's is working to turn them into energy、 And activation in irritating the gastrointestinal、食欲も湧いてきます♪ 「食前酒」 店主がその日毎に厳選する食前酒で気分良く口を潤します♪ 「ザ・プレミアム・モルツ」 華やかな香りと深みのある上質なコクと旨味を味わいます♪ 先付け「遠州灘の天然赤いかの揚げしんじょう 十八穀米のフランス産冬トリュフの餡かけ」 トリュフの香り立つ、Red or deep fried rock wearing a thick strong bean w、 Soggy is not soggy and soft finish、イカの風味が楽します♪ 煮物椀「遠州灘産甘鯛の西京蒸し すまし仕立て」 遠州灘産甘鯛を西京味噌で寝かし、Steamed、Daikon radish、Rape blossoms、Yuzu。 ほんのりと西京味噌の香りが感じられる甘鯛に菜の花で春の味わい♪ 八寸「3人前の盛り」 本日のお寿司は、Crab which has seen around sushi、Daikon sushi salmon。 Enshū-one black chicken liver sauce with kumquat、Tanba black soybean、Mullet roe、Shrimp、Soup egg rolls、Romanesco。 Leek tasai、Pat burdock and Spanish mackerel and plum、煮凝ri、Such as salmon ROE。 一品一品が酒の当てになります♪ 「利酒セット(純)」2,500円  店主がセレクトした3種類のお酒を一度に楽しめるお得なセットです清水「英君」搾りたて純米酒。 The rice and 5 million stone and use the "center point"、60% milled.、Alcohol content is 16-17 degrees。 Dry fruity taste.。 袋井「國香」無濾過の特別純米酒。 Yamada Nishiki and use 5 million stone、60% milled.、Alcohol degrees 17 to 18 degrees。...

"Japanese cuisine Benichi" Kaiseki get in spacious private rooms along with the history of its founding in 1924 established Culinary Arts

Founder and 0/1924、一昨年の2014年に90周年を迎えられた浜松の肴街にある老舗「割烹弁いち」。 Their appearance not only food, tasteful、For each sum of the quiet room。 Arranging and great number of indicators、And、And gathers the shopkeepers attention at the bar、 At that time in the season, carefully crafted and、おもてなしの心で提供されています♪ 3代に渡り受け継がれ守り続けられている暖簾の現在の主は鈴木純一さん。 And left the store from 0/1991、That started.、We shake the arms request from across the country hard to find ingredients and seasonal ingredients、 For a wealth of knowledge of sake suited for cooking and wine、Would be good to leave。 Advantage of the ingredients、Some even while sum based on Western elements、 オリジナリティに富んだ端正な会席を楽しめます♪ エントランス 気賀在住の陶芸家で版画家である林和一氏の大作がお出迎えしてくださいます。 When this building was built、Depicting as tanyu is adorned on the front door and just want to try and mounted renewed five years ago, when。 From the entrance the traditional incense with a breath、階段を上がり2階へとお進みください♪ こちらのお店は、1Name-10 to accommodate private room available only。 A full seat warmer for、Legroom is easier to、It is possible to spend hours slowly。 For the counter、1Become a private space for your pair of (reservation required)。 Sitting comfortably on Mario Bellini Chair、Would be wonderful dishes, where you can enjoy the best sake。 This time the、2~6名様に対応可能な「雅の間」を用意してくださいました。 On this day、「季節のお料理コース」12,960円をお願いしてあります昼席/11時45分~13時30分(ラストオーダー) ● 幕の内弁当(デザートつき) 2,200円 ● 松花堂弁当(デザートつき) 3,500円 夜席/17時30分~21時00分(ラストオーダー) お座敷 1名様から10名様まで ● 季節のお料理コース 8,640円 10,800円 12,960円 (前日までに要予約) (サービス料別途かかります) ● 90周年企画「旬の懐石」 ※好評につき継続提供されています 6,480円 (前日までのご予約を) (サービス料別途かかります) 床の間には、And is fresh and seasonal flowers and plants、季節感を表します♪ 生ビール「GARGERY(ガージェリー)」750円 「GARGERY(ガージェリー)」は、Domestic premium beer produced in food and beverage stores limited。 Stand out personality、On the other is not an attractive beer、 The various flavors vary depending on temperature、Tasteful、Rich and full of、 Guests can enjoy a drink brought about by an exquisite balance of sweet and bitter tastes, ease of use。 More than anything、グラスの施しに驚かされます! 硝子の土台が卓上に置かれ、That is a rare thing not stable glass plugs、美しいですね! 酔っ払って差し間違えて倒さないように注意が必要です(笑) 「前菜」 蓮華の中は、Natural mushroom grown in the high mountains up and grated radish and。 Fine until of is of the largest homemade botargo、Thank you thick slices、Delicacies can be enjoyed with plenty of luxury。 The liver of monkfish liver as well as prized filefish、Sweet. Its rich flavor。 Mikawa shrimp is so cute、Offers in one bite in its smallish size。 The Hokkaido from sea urchin Tempura、Perilla, Walnut、And pull the concentrated sweetness with a burning、とろけてしまいます♪ 椀物 「銀杏のすり流し」 椀物は銀杏のすり流しを楽しみます。 Lotus root cakes under the soup, like the rice cake fried Lotus root sat 摩ri、 Omaezaki from Camas 酒塩 baked off smell in the wine, and baked in salt、...

"seasonal cooking Ouchi" Luxury pot you do not taste only to come not available winter and exhaustive is "Tara fish pot"!

From Hamamatsu station、アクトシティから歩いて数分のところに位置するFOOD昴ビルの2Fにある「旬の料理 大内」は、 Owner credo is "cooking fresh ingredients of the season"。 店主の大内哲男さんは、In that provided the real food inedible decorations without sticking Buri、 Summer hamo horsetail cuisine、Natural eel、Natural darkness in autumn、冬は天然ふぐと その時期の天然ものを使った料理を得意としている日本料理店です♪ 店内ではカウンター越しに伺える店主の大内さんの包丁捌きや、 Beautiful aerial work platforms、You can get a glimpse up。 常連客に愛される「旬の料理 大内」。 Also meet familiar conversation、またこういったお店の楽しみ方かもしれません♪ 生ビール「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」650円 先ずは、Draft beer at night of cheers。 「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」は、Born from the commitment of home brewed beer、 In addition to the importance of ingredients、素材の魅力を引き出す当社独自の技術・製法により 「深いコク」、"A soft bitterness.、"Faint sweetness.、「心地よい香り」が折り重なった 濃密な味わいが特長のビールです♪ 「刺身の盛り合わせ(4人前)」 旬の鮮魚を大内さんの目利きで仕入れられており、 Give the number of minutes in the Omakase and ordering、He served in the beautiful sashimi。 Pickled mackerel with vinegar、Red size、Toro、Tuna、Sea Urchin、Mantis shrimp、Sweet shrimp、赤貝と豪華な刺盛りです♪ 「広島産 牡蠣」 広島の牡蠣は「海のミルク」という表現が一番似合うほどに濃厚で豊かな味わいが広がります♪ 「寒鰤味噌焼き」 寒鰤の切り身に風味豊かな金沢名産の加賀みそに漬け込んだもの。 Fillet of、そのまま味噌を取らずに焼いていただきましょう! 日本海の荒波に育まれた寒鰤は格別な味わいで、Salt in the miso as a yaki-Niku、上品な香りが楽しめます♪ 「柳カレイの一夜干し」 白く美しい柳カレイ。 Willow halibut have delicate and elegant flavor、「カレイの女王」と呼ばれています柳カレイの一夜干しは「生干し」といい、As the body's moisture came out moist and finished。 Veranda with elegant flavor packed enjoy crisp texture、 繊細で上品な味が堪能できる一夜干しは絶品です♪ 「芋焼酎水割り」 鹿児島県加世田の吹上焼酎さんが造るこだわりの芋焼酎「風憚」を水割りでいただきます。 Very low production、稀少な「栗黄金」という品種のさつま芋を使用しており、 In the depths of the aroma.、Is sublime, mellow sweetness.、とろりとした上質な飲み口を楽しめます♪ 「たら鍋」 真鱈と白子を贅沢に使った「たら鍋」は、 Available only during the winter cod fillets and Roe、Luxury boiled with plenty of rich liver and。 Winter cod (blow-also known as madara) of Shun、The coldest January-February and has been。 Milt in male、Female becomes a topping、 Sauteed fillet of melting texture is exquisite in season、ALA the fish broth miso soup、No 捨tedokoro、 Enjoy this exhaustive cod、様々なお料理で活躍! 旬が短い鱈だからこその味わいを楽しめます♪ 真鱈の切身 白子 春菊、芹菜、Green onion、焼き豆腐 最初の鍋奉行はやはり店主の大内さんにおまかせしお手本を見せていただきましょう♪ 「鶏牛蒡の煮物」...

Toyama potter "Gaku Shakunaga Ceramics Exhibition in Hamamatsu" Events that connects the Toyama Prefecture Hamamatsu artists

静岡県浜松市鹿谷に佇む一級建築士である長谷守保さんが創り出す木のぬくもり溢れる空間に、 Celebrity chefs in the world is paying attention.、昨年「The Wonder 500」にも選ばれた 富山の陶芸家・釋永岳さんの器を展示する 「釋永岳陶芸展 in 浜松」を2015/11/28(Sat)、29(Sun)の2日間に渡り開催致しました♪ 「The Wonder 500」とは、 In the Ministry of economy, trade and industry announced、For the promotion of community revitalization by Phonies、 See The Wonder 500 ™(ザ・ワンダー・ファイブハンドレッド)」をスタート! “世界にまだ知られていない日本が誇るべき優れた地方産品”として、Announcing selected 500 merchandise。 長谷守保建築計画 http://www.hase-a.com/ イベント会場は「長谷守保建築計画」の会社設立15周年並びに新事務所兼自宅を新築されて丸5年という節目を記念して長谷守保さんの新事務所兼自宅を開放していただき、 On the firm side、50点近い釋永岳の作品を展示し無料開放で展示販売させていただきました♪ 事務所入口には釋永岳のオブジェと器を展示。 College is attracted to the charm of the sculpture, carving up the learning、彫刻家を目指されていた釋永岳さんは、 He made the instrument still、And was uchideshi for production of a solid object、 Now、一流ホテルにも展示されています♪ 長谷守保さんの自宅リビング&ダイニングには、20Prepare the seat、 釋永岳の器の展示並びに「釋永岳×割烹弁いち×満寿泉」の食事会を昼・夜の二部制に分けて催します。 A space filled with warmth the natural wood desig、 Bathed in warm natural light to moderate、心地良い空間を生み出しています♪ 2014年に創業90周年を迎えられた日本料理の名店「割烹弁いち」の3代目店主である鈴木純一さんは、 Have to be started and have treated many、 釋永岳の器のようにシンプルで柄の無い器を用いられるのは初めてのご経験とのことわたし達も釋永岳さんの器と出逢ったのは富山の「リバーリトリート雅樂倶」内のフレンチレストラン「L’évo レヴォ」が初であり、 With dishes of Japanese style、Will be attempted first。 However,、富山の銘酒である「満寿泉」とコラボレーションさせていただくならば、 And beams.、浜松では「割烹弁いち」の鈴木純一さんを措いてほかありません。 Everyone joined in the day of、Start a bit more us visitors as soon as possible、 それぞれに器を楽しんでいただけたようです♪ 実際に手に持たれ、With lightness and delicacy、And overwhelmed by the presence of having amazed everyone。 「写真で観るより格段に良いですね!」と口を揃えて皆さん仰ってくださいました♪(嬉) 昼の部は、Capacity 20 persons attended with greater than、大盛況となりました!(感謝感激) 主催者の長谷守保さんより開催の挨拶をいただき富山よりお招きした陶芸家・釋永岳さんとディスカッション! 長谷さんは以前から、The collaboration between his architecture and pottery was being looked、 Instrument quite nicely and is missing... and had uttered。 In there、わたし達lade-ラデ-は昨年2015年に知り合った釋永岳の作品を紹介させていただいたことをキッカケに「この器とならば是非!」と申し出ていただけ今回のイベント開催の流れへと発展致しました! 「釋永岳×割烹弁いち×満寿泉」の食事会を開催するにあたって通常は夜営業のみの「割烹弁いち」の3代目店主である鈴木純一さんが、 Thanks to the staff to the catering service accepted、素晴らしい会となりました♪ 割烹弁いち「自家製漬物」...

Akasaka "KIEN" Limited set meal provided by the Japanese restaurant of peace that swallow the rest of the wings as return to the nest

Through the business district of Akasaka、溜池山王の路地にひっそりと佇むミシュラン1つ星を誇る 本格日本料理店「帰燕 KIEN」。 You forget the hustle and bustle of the big city atmosphere outside Garden welcomes you。 Approach to pavement was laid on the gravel and、Awaiting entrance on bamboo cotton curtain。 Place、In just a few minutes walk from tameike-Sanno Station Exit 12、Adjacent to the parking lot of twin towers building。 一流の日本料理店が提供するランチ限定20食の「和定食」1,600円は、 Unable to book、並んだもの勝ちで売切御免の人気メニューです♪ 店名「帰燕 KIEN」とは「この店に立ち寄ることで燕が巣に帰るように羽を休める安らぎの場であってほしい」と、 The hope has been named。 Opening time 11:30The open fit、11:15And also to arrive a little ahead of time、 And columns of people already gathered in front of the shop、 そこからオープンまでの15分の間に瞬く間に限定20食の「和定食」は完売となるほどの行列となります。 If、早め早めの来店をお勧めします♪ 席数は、Counter 7 seats、Table 4 seats、Room table seats 6、Room table seats 4 total 21 seats and became、 During the day、Will Diners。 11:30スタートで食事をされる方は、12:15までに退店というスタイルで、 45分間のランチタイムとなり、 12:15From the second rotation and、Will be ready to welcome the next customer。 This time the、1Rotate eye in the shop because it has、20食限定の「和定食」に有り付くことができました。 On this day、13:00より「ARK Hillsアークヒルズ」にてアポイントメントがあったためにそれに合わせて近隣でランチです♪ 20食限定の「和定食」1,600円 (茶碗蒸し、Tuna with Sesame soy sauce、Autumn mackerel Wakasa yaki、Autumn chicken Eggplant sleet-an unfinished、Rookie Koshi Hikari、Miso soup、香の物) 「若鶏秋茄子みぞれ庵かけ」 ジューシィーに揚げられた大振りの若鶏のから揚げ2個に、The fried eggplant and Leo along with Tang、 The sleet Hermitage is very rich and sweet finish。 Intertwine-an in the cabbage、箸休めに嬉しい施しです♪ 「秋鯖若狭焼」 秋鯖の皮に若狭地をかけながら焼き上げた若狭焼は、Plump roasted、 Seasoning with salt is a good salt is white rice。 Served with grated daikon radish and lemon、お好みでいただきます♪ 「鮪胡麻醤油かけ」 胡麻醤油でいただくには勿体無いほどの鮪ですが、Sauce is rich、Advance dinner also tastes。 添えられた山葵の辛味との合わせも美味しいです♪ 「茶碗蒸し」 具だくさんの茶碗蒸しを庵かけでいただきます。 Steamed egg custard base and broth is seasoned with a bit of sweet。 But with sleet Iori and Iori continued、寒い時期にはほっこり身体が温まる一品です♪ 「新米こしひかり、Miso soup、香の物」 炊き立ての新米こしひかりは、Grain and to firmly、But it is good、 Product with lower Bowl was worried about。 If、And you can serve with.。 Is felt in General, including seasoned side dishes、Miso soup is good taste of surprisingly、 Prime office worker who'd like a nice salt。 However, it also、One Michelin star while in the、So feel free to Jacuzzi、 Although limited quantities、1,600円という価格帯のランチでバランス良い「和定食」がいただけるのは嬉しいことですね♪ 帰燕 KIEN 住所東京都港区赤坂2-18-8 TEL:03-3505-0728...

Japan food nature of Atami Atami Fufu Japanese modern restaurant dream sound

「日本料理 レストラン 夢音(ゆめおと)」 「熱海ふふ」では、You can choose from two Japan dishes or grilled course dinner。 No dress code in the restaurant、Is possible after check-in to use with a yukata kimono、 It is available in some rooms enjoy dinner in your room。 (要事前予約) 鉄板焼きは、Only 5 tables for、That book always fight to get more popular。 This time we are、千利休の「侘び・寂び」をテーマに総料理長自らが厳選した食材を使った夕食を提供される 日本料理レストラン「夢音(ゆめおと)」での日本料理を堪能したいと思います日本料理「夢音(ゆめおと)」 夕食:18:00~L.O22:00 Breakfast:8:00~L.O11:00 Atami's food menu、Izu、While the ingredients of everywhere、And you can enjoy a seasonal menu、 料理長こだわりの「特選の逸品」を加えたコースです。 Japan food、In the style of the original Kettle cooked rice per table.、 Is to finish in front of staff, such as stews and grilled dish during the production.、 And offers with the five senses。 お誕生日や結婚記念日などのご利用に最適です♪ カウンター席 コンテンポラリーな和モダンのデザイン。 Private and inside seating、 Counter seating 6 style 1、Table cell 3、Becomes a luxurious private room 3。 テーブル半個室 テーブル席なので女性が靴を脱ぐストレスもなく、 Also semi private rooms for guests from abroad, you can use the table type。 Open the sliding doors、The appearance of the courtyard。 Atami Fufu chef:川畑 文徳 Fuminori Kawabata 四季折々の旬の食材を中心に、Its smell and taste of the material、 The soup stock、To maximize flavor and taste, focusing on local high-quality bonito。 Instead of flashy presentation、Memorable dishes to belief in pleasant blot、Smell pleasant spots、 Can be expressed in taste and spirit you should try is that it is。 掘り炬燵式の和室 プライベート感に包まれた個室で畳を用いた和室となり、 This time、Our dinner room。 足が下ろせて楽なスタイルで食事が楽しめる掘り炬燵式というのも嬉しいです♪ 11月9日は、Sometimes my 42-year-old birthday、旅館より嬉しいお祝いをしていただきました! わたし達のテーブルを担当してくださるスタッフの鈴木さんから何とも愛らしいフラワーアレンジメントを頂戴しました!(嬉) ピンクローズの香りに包まれて、Even cheeks slightly red dyed very will。 鈴木さんは、Been assigned here, exactly five years and would like、 Former manager of here's a、現在は富山の「リバーリトリート雅樂倶」の総支配人を務められる 松宮大輔さんとも、At that time、Both works made so。 松宮さん鈴木さんはとてもお元気そうにされていましたよ♪ さらに嬉しいことにお祝いの乾杯にはシャンパーニュを用意してくださり旦那様と2人の記念撮影までもしていただきました♪(感謝感激) 「LOUIS ROEDERER BRUT PREMIER...

Enjoy the wine engage in "La Cave Aburi" Japanese owners and multinational cuisine restaurant (closed)

In a back alley in Taipei's zhongxiao dunhua、元々「東京咖哩本店」があった場所に、 Using the new concept business model changed、 2015年10月2日にリニューアルオープンさせた「La Cave Aburi(ラ・ケーブ・アブリ)」(2016年1月閉店)東京・台湾にて「東京咖哩」をはじめ、Other stores will be food and beverage outlets Japanese owner operated。 友人である稗田さんが、Here he introduces Japanese owners in、 「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の中華レストラン 「雙囍中餐廳(XI GARDEN)」でディナーした後に伺うことにしました。 Shop name、調理法で用いる「炙り」から「Aburi」と名付けられていますコンセプトは「ジャパニーズ・タパス」 和、Spain、By combining the cuisine of Mexico、 日本の繊細さを織り交ぜた多国籍料理をワインと共に楽しめるように タパス的な感覚で提供されてます♪ 入口は面ガラス張りで開放感に溢れ、 Shop、Surrounded by the natural wood grain、The cozy。 Lunch、「東京咖哩」の「カレーセット」160TWD~(日本円にしておよそ590円~)提供されており「とんかつ定食」280TWD(日本円にしておよそ1,040円)も好評のようです! メニューは、From Japan to Western cuisine rich in variations, and international cuisine。 藁で瞬間スモークした「Champion Paella(シーフードパエリア)」380TWD(日本円にしておよそ1,400円)が一番人気とのこと! ワインは、Owner, he said、 「台北にもっとワインを普及させたい!」との想いから、 While they still have varied constantly over 80、Are provided at a reasonable price。 In addition、In the shop here、第2回世界利き酒コンクール準優勝者の呉裕隆氏を顧問として迎え入れ、 Sake selection is that it。 9Over the years、超低温熟成させた呉氏のプライベートストックを分けていただいているようで日本でも手に入らないようなお酒もこちらのお店でいただくことが可能です♪ 奥へ進むと真っ赤な椅子が印象に残るカウンター席へと続き釜戸が設けられているキッチンの様子も伺えます♪ さらに奥へ進むと「La Cave」と店名にもあるように 「セラー(貯蔵庫)」のような「洞窟」のような個室が用意されています。 Quietly nestled on the secluded interior location room、 10Participants can、 In the guise of cool、ワイン会などのイベントに最適な空間となります♪ 「ルイ・ジャド/コルトン・プジェ グラン・クリュ Louis Jadot Corton Pougets Grand Cru」フランス ブルゴーニュ ルイ・ジャド社は、1859Founded in the year、At the Domaine owns 154 HA vineyards、 Bordered by Charlemagne vineyard became inclined to lightly top "Les Haley" Grand Cru "of the field、 5One is surrounded by vineyards、Is a great field combines the features of both the chalky and iron-rich marl soil。 Black Ruby, vivid colours、RIM has long purple、 Rich and ripe sweetness、Thick 100% Pinot Noir bouquet、Deep、And there is the flavor of berry fruits and barrels。 力強い構成と豊かな果実味のワインとして楽しめます♪ 「A9+WAGYU BEEF...

Japanese cuisine "Ryugin" Taipei advance! "Shoun Ryugin" of excellence philosophy food and tea pairing

In the University of Zhongshan district, Taipei City or district、同地区初の高級飲食店ビル「赫士盟大樓」が2014年9月末にオープン「ミシュランガイド」で3つ星評価を得た六本木の日本料理「龍吟」の台湾1号店「祥雲龍吟」をはじめ、 5Into this Bill in restaurants、 This area is、In other graduate school district、In recent years, successively built luxury homes、 Consumption of the wealthy is expected、Great sensation。 赫士盟大樓は香港を拠点に中台で海外飲食店ブランドの代理展開を手掛ける「赫士盟グループ」の本部を兼ねておりセメント大手である「嘉新水泥股份有限公司」との合弁事業として建設。 Investment amount、15Billion Taiwan Yuan (approximately ¥ 5 billion) venture。 5 stories above ground、Total floor space of 3 underground floors is approximately 1000 square meters.。 Interior、Japan and Denmark、World renowned architectural firms such as Paris has been handled。 1階には英誌「レストランマガジン」が主催する投票イベント「アジアのベスト・レストラン50」の2015年度で5位にランクインした シンガポールの仏料理店「Restaurant André レストラン・アンドレ」の江振誠 André Chiangシェフの監修する レストラン「RAW ロウ」が店を構え予約困難とされるこちらも今回伺えるという奇跡が起きています! 2~3階は赫士盟グループのブランドが占め、 2階に日本のラーメン店「ラーメン凪」とアメリカンカジュアルレストラン「Chili’s Grill & Bar チリズ・グリル&バー」が、 3階にはステーキ店「RUTH’S CHRIS STEAK HOUSE ルース・クリス ステーキハウス」が入店しており、 And on the fifth floor、この日伺う「祥雲龍吟」があります! 東京・六本木に店を構えるミシュランガイド3つ星獲得の日本料理店「龍吟」は、 The company also operates in Hong Kong S.A.R., 2nd、2014年11月1日に台北市内に支店「祥雲龍吟」をオープン。 Taiwan in Michelin class Japan restaurant opening this first time。 The menu is、12品からなる6500TWD(日本円にしておよそ24,050円)の1コースのみ(別途サービス料10%・個室利用15%) 台湾各地の特産品を素材とした台湾店独自の懐石料理を提供し山本征治シェフの片腕とされる稗田良平シェフが祥雲龍吟料理長として腕を振るいます。 The dress code is semi-formal and is recommended、Shirts and shorts、Men sandals, the shop is in a non-、 Men、Collared shirt jacket is desirable、G bread even NG。 Women、Attention is required to unleash the scent to perfumes, etc.。 9Not for children under the age of、Please note, take a check in advance, and。 「祥雲龍吟」では、Course dishes with ingredients of Taiwan、Tokyo、The menu differs from Hong Kong S.A.R.。 Has been open only at night。 Dragon ornaments on the approach。 And as a symbol of wealth Kichijoji、And drive out evil dragon。 Join the gem as goddess of mercy、And is said to bestow good fortune or luck.、 And the must-haves of Feng Shui place a dragon figurine、気の流れが良くなるといわれています♪ 静寂さが押し寄せるような厳かな佇まい、 Lantern lights are dim light foot、Followed by a cobbled approach。 待合室 和モダンでスッキリとスタイリッシュな趣を見せる待合室。 In the wine cellar、Lined up in sake of sake wine。 100More than carefully selected wine and、30There are rare sake more than。...

Matsutake mushrooms "seasonal cooking Ouchi' autumn King Shizuoka eating in the Sukiyaki with steudel

From Hamamatsu station、アクトシティから歩いて数分のところに位置するFOOD昴ビルの2Fにある「旬の料理 大内」は、 Owner credo is "cooking fresh ingredients of the season"。 店主の大内哲男さんは、In that provided the real food inedible decorations without sticking Buri、 Summer hamo horsetail cuisine、Natural eel、Natural darkness in autumn、冬は天然ふぐと その時期の天然ものを使った料理を得意としている日本料理店です♪ 店内は、Counter 6 seats and four seats for table、6Three that dug kotatsu style loveseat living room。 And be able to counter the shopkeeper Ouchi's knife Sabaki、Beautiful aerial work platforms、You can get a glimpse up。 Ouchi's regulars who loved。 Also meet familiar conversation、How to enjoy this shop may also be。 Priority booking、To advise the Omakase course price and number of people in advance would be。 On this day、わたし達の浜松のお父さんお母さん的な存在で大好きな手打ち蕎麦「蕎麦家 おおもり」の大森正人さんと三枝子さん夫妻と一緒に秋の味覚の王様でもある松茸を味わうために蕎麦好き仲間で集まりました♪ 「蕎麦家 おおもり」蕎麦の三たて挽きたて打ちたて茹でたてが楽しめる店 http://lade.jp/diary/tabelog/soba-udon/36964/ 生ビール「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」650円 先ずは、Draft beer at night of cheers。 お通しに「茶豆」をいただきます♪ 店主・大内哲男さん 店主の大内さんにメーン食材である松茸の前にこの日お勧めの一品料理を何点か見繕っていただきます。 The other day、京都の祗園祭から戻った際に美味しい食談義を交わしていたところ大内さんのお店でも良質の和牛を取り扱っているだけに「にくの匠 三芳」の噂はかねがね耳にしていたようで以前から興味がおありだったとのこと。 Current、大内さんの息子さんは京都在住だそうで良い機会だからと今回予約の段取りを取らせていただきました大内さんお腹を空かせてガッツリと堪能していらしてくださいね♪ 「にくの匠 三芳」選りすぐり和牛のバラエティに富んだ肉懐石で知る衝撃の味! http://lade.jp/diary/tabelog/japanese/39068/ 刺身「鯛」1,200円 美しく身の締まった鯛は歯応えが楽しめ鯛に昆布や茗荷を巻きお好みでポン酢または昆布醤油であっさりといただきます♪ 「れんこん餅 生雲丹」 こちらも先日購入してきた京都の料亭「和久傳」のれんこん菓子である「西湖」が美味しかったと話していたことかられんこん餅を大内流にアレンジして提供してくださいました!(嬉) 蓮根粉からの手づくりのれんこん餅はぷるるんともっちりとした食感が楽しめ出汁醤油のとろみを利かせた餡に良く合います生雲丹と生山葵を添えて磯の風味豊かにいただきます♪ 「芋焼酎水割り」 鹿児島県加世田の吹上焼酎さんが造るこだわりの芋焼酎「風憚」を水割りでいただきます。 Very low production、稀少な「栗黄金」という品種のさつま芋を使用しており、 In the depths of the aroma.、Is sublime, mellow sweetness.、とろりとした上質な飲み口を楽しめます♪ 焼き物「目光」900円 焼酎の当てに大好物の魚目光を焼き物でいただきます日本近海の深海に住み目が大きく緑色に光ることから目光と呼ばれています白身で小振りな魚なため骨ごと味わえ身はふっくらとしておりふわふわほろほろととろける味わい程好い脂ものり小さい魚でこれほど旨味があるのは素晴らしいです軽く塩を振ってありますがお好みでかぼすをギュッと絞って楽しみます♪ 秋の味覚の王様松茸のすき焼きの準備が整ったようでまずは香りを堪能(笑) 山と大地の恵みを感じる香りがギュギュッと凝縮されており香り高き松茸!...

Scroll to top