Historic Taiwan around! Seeking a new attraction to major hotel and restaurant coverage

2016年3月27日(日)~4月10日(日)までの2週間ladeは台湾の首都である台北市をはじめとし、 Kenting、Kaohsiung、Tainan、宜蘭と今回は台湾をグルッと一周し、Interview travel。 The Taipei City, Taiwan、And the capital city of Taiwan well on the banks of the river flows through the northern part of Taiwan and on descending River。 Taipei City, which is located near East Asia and the Pacific between 25 degrees north latitude,、 Characterized by a subtropical climate affected by Mongolian high pressure and warm and humid Pacific high pressure system、Remarkable seasonal variation area、 Generally 3-spring month of may、6-August, summer、9-Fall for 11 months、12Between February and winter、 Current、日本と同じく春を迎えている台北市の気温は13~26℃前後で、 And the climate of Japan in spring and autumn、Is somewhat warmer than spring in Japan。 さらに台湾の南部にあたる墾丁や高雄、The Tainan、15-At around 29 ° C will be warmer than Taipei.。 The best season for the Taiwan travel、3-May、また10~11月となるため今回は絶好の台湾日和となります! 日本との時差はマイナス1時間なため、Not to worry about jet lag。 The Taiwan currency、NT$(ニュー台湾ドル)で、2016年3月27日現在のレートでNT$1=3.47円となります親日家の多い台湾の治安は、Has been relatively safe and。 The last、2015年1月7日(木)~1月15日(金)に訪れた台湾旅行では、 The newly opened and major hotels in Taipei Steakhouse and freest run has been covering mainly、 This time the、台北だけに留まらず台湾の第2の都市である高雄をはじめ台湾の最南端にあるリゾート地である墾丁などメジャーなホテルを中心に台湾グルメな旅となり丸ごと台湾の新たな魅力をお伝えできればと思います。 And edit the article after you return home、アップ致しますのでお楽しみになさってください♪(再見♪) 【滞在HOTEL】 台北「PALAIS de CHINE(君品酒店)」墾丁「GLORIA MANOR(墾丁華泰瑞苑)」台南「Silks Place Tainan(台南晶英酒店)」高雄「CHATEAU de CHINE (翰品酒店高雄)」宜蘭「Silks Place Yilan(蘭城晶英酒店)」台北「The Sherwood Taipei (台北西華飯店)」 【取材Restaurant】 「La Rotisserie」「Le Palais」「MU lounge」「MU RESTAURANT」「夜市」「ROBIN’S」「Pasadena」「晶英軒」「Harbour Restaurant」「Red Lantern」「Yi Yuan」「TOSCANA」「B-one」「Yellow Lemon」「Bencotto」「品川蘭」「No.168 PRIME...

"The Oriental Terrace Torizen" held a "Wine Maker's Dinner Vol.4" invited "Hugel"

White Street along the Palm tree becomes a landmark、There you can climb the Hill and located on a hill、 佐鳴湖を一望でき最高のロケーションを誇る「THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN ジ オリエンタルテラス トリゼン」旧名である「鳥善」さんは明治元年の創業であり、With a background in the age and changing business forms、 今年2015年で何と152年の歴史を誇り、7代続く老舗となります昭和38年に鍛冶町にあった本店を現在の閑静な佐鳴湖湖畔に移し、 2000Venue over the square from fine until the location became a hot topic、 As now, wedding ceremony and wedding reception halls、Or as venue for parties and events as well as numerous celebrities to visit, and、 It is a highly popular restaurants。 For a long time、和食店として運営をされてきたレストランを2009年9月に オリエンタルなアジアンリゾートを彷彿とさせるラグジュアリーな空間に一新しリノベーションされフレンチを修行してきた若き料理長の前川智裕さんを迎え入れられてからというもの幅広い年齢層に愛される高級レストランへと進化しております♪ 重厚感に溢れておりオリエンタルテラスの名に相応しい アジアンテイストのエントランスは、And the Hamamatsu like me forget all that、 異国の高級リゾートホテルやオーベルジュでお出迎えを受けているかのようなしつらえです♪ フロントロビー ラウンジ ジ オリエンタルテラス トリゼンの宴会場である「The Galleria(ザ・ギャラリア)」にてフランスはAlsaceのドメーヌ「Famille Hugel(ファミーユ・ヒューゲル)」を招き開催された 「Wine Maker’s Dinner Vol.4(ワインメーカーズディナー)」。 In the gathering of about 80 wine lovers、わたし達WEBマガジンladeも参加して参りました♪ 「Famille Hugel」は13代に渡り家族経営で337年続く老舗ドメーヌですHugelのワインの美味しさを伝えるために世界中を飛び回るEtienne Hugel(エティエンヌ・ヒューゲル)さんと ソムリエの資格を持つ日本人のお美しい奥様のKaoru Hugel(カオル・ヒューゲル)さんと一緒に記念撮影♪ 結婚式場「ミュゼ四ツ池」のマネージャーの水口智章(Chiaki Mizuguchi)さんと 同じくミュゼ四ツ池の浜本さん水口さんの奥様で「フラワーコンシェルジュそれいゆ」の フラワーコーディネーターを担当される真里(Mari)さんたちとご一緒させていただきました♪ 乾杯には「2013 Hugel Gentil(ヒューゲル ジョンティ)」が用意されます♪ ジ オリエンタルテラス トリゼンで開催されるワインメーカーズディナーは今回で4回目となり、 1回目はフランスの「Famille...

French restaurant "LENRI" 4 year wedding anniversary to celebrate chef's course

Yet as mokuren sat quietly、Define a dignified、庭から眺めることのできるシンボルツリー 「連理の木」の存在感溢れる素晴らしい建物がこちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 LENRI」。 2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープンされてから、As early as 2 years have passed。 こちらで活躍されているシェフの尾上成彰さんは、 After finishing the training in Tajimi in Gifu Prefecture、In Italian "Lake Hamana grandxiv" in "luccicore"、 務marete chef about ten years in the Italian and French came in、Fully utilizing the technology have been cultivated so far、 Provided mainly subsistence by the fusion of Eastern and Western colonial France cuisine。 Here the image of European castles、 Quietly nestled within the walls of the stone masonry is the、まるで隠れ家のような雰囲気を醸し出しています♪ 店内1階は、25 table seats including the semi private rooms、4 counter seats overlooking the courtyard and、 Dark brown calm can enjoy spacious and dignified atmosphere in the floor and stone walls in。 2On the floor、貸切のイベントスペースなどとしても活用できるフロアを提供されています♪ 広大な敷地3,000坪を誇り、Blessed with a Blueberry farm and herb garden restaurant。 While watching the scenery ago your garden you can enjoy the four seasons、 美味しい食事を味わえる至福のひとときを過ごせます♪ わたし達の結婚記念日4年目を迎える2016年2月22日(にゃんこの日)に伺い、 Celebrate Memorial Day、尾上シェフに事前にお願いしおまかせコースをオーダーしました♪ 浜名湖の「グランドエクシブ浜名湖」で7年ほど尾上シェフと一緒に務められていた中村さんを2016年3月より正式に社員として迎え入れられています中村さんは浜松出身ですがここ2年ほどは「エクシブ箱根離宮」にいらしたところを 尾上さんに声がけされ、Is the firm decided to return to the local。 As a high-value experience Hall staff、安定のサービス提供が見込めると尾上シェフも喜ばれていました♪ 「2011 Hugel Riesling Estate(ヒューゲル リースリング エステイト)」 今回のワインはフランスはアルザスのドメーヌ「Famille Hugel(ファミーユ ヒューゲル)」を招き「THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN ジ オリエンタルテラス トリゼン」にて開催された 「Wine Maker’s Dinner Vol.4」にていただいた 「2011 Hugel Riesling Estate(ヒューゲル リースリング エステイト)」を持込みさせていただきました! ヒューゲルの新商品として、Rieslingesteite has just been released a few months prior to the、 More than half of the grapes has been used Grand Cru shnan ball、 In a vineyard in Burgundy and the same marl soils at steep slope、...

"Imperial Hotel" × "The Sherwood Taipei" Color luxurious buffet is served in the media get-together!

「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」の本館中2階の大宴会場となる「光の間(HIKARI)」にて毎年開催される帝国ホテル主催の「メディア懇親会(Media Social Gathering)」が開催され帝国ホテルとパートナーシップを結ばれている台湾の首都である台北を代表する一流ホテル 「The Sherwood Taipei(ザ・シャーウッド台北)台北西華飯店」がホスト役として来日。 Numerous TV and magazine、新聞などでグローバルに活躍される メディア関係者の皆様が180名ほど集まる懇親会となる中わたし共WEBマガジンladeも参加させていただきました♪ 帝国ホテルの大宴会場である「光の間(HIKARI)」は、 550 m² exhibition space with pride、6charm in near m ceiling height、 Light and sound、Communications、In addition to the equipment、With simultaneous interpretation equipment、 And you can take advantage of a global party event venue。 In a layout like this provide a counter in the Middle cocktail buffet、 Maximum seating capacity for up to 400 people and provides spacious and、 This time the、彩り豊かな豪華なブッフェスタイルの立食パーティです♪ まずは帝国ホテルの取締役社長 東京総支配人(President and General Manager)の 定保 英弥(Hideya Sadayasu)さんにご挨拶させていただきました♪ 帝国ホテルのManager,Public Relationsの照井 修吾(Shugo Terui)さんはとても気さくな方で翌日のホテル取材のコーディネイトにご協力していただきました! 「ロブスター、Sea Urchin、たらば蟹などを氷の台に盛り合わせて (Decoration de petites langoustes, oursin et crabes sur glace taillee)」 中央カウンターに鎮座するのは帝国ホテルを象徴するライオンの氷の彫刻! 迫力溢れる彫刻の周りには、Lobster and caviar、たらば蟹に鮑などの高級食材が並びます♪ ブッフェスタイルの立食パーティとなっているため、While the size of easy-to-take、 In addition to the high quality of beauty is the quality and ingredients、Glamorous feel to knit、 一流ホテルのパーティであるクオリティの高さが伺えます♪ 「さまざまな一口おつまみとフランスフィンガーフード飾り 取り合わせ (Petits hors-d’œuvre et des amuse-gueules...

"Imperial Hotel" × "The Sherwood Taipei" Media gathered to be active in each country! Social gathering the cherry bloom!

海外からの賓客をお迎えする「日本の迎賓館」として、In the Tokyo Hibiya、 国内初の本格的な西洋式ホテルとして1890年11月3日に開業された「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」。 The other day、本館中2階の大宴会場となる「光の間(HIKARI)」にて毎年開催される帝国ホテル主催の「メディア懇親会(Media Social Gathering)」が開催されました♪ フロントで受付を済まし、In the waiting area while wait until opening time。 On this day、Numerous TV and magazine、新聞などでグローバルに活躍される メディア関係者の皆様が180名ほど集まる懇親会となっています♪ 帝国ホテルとパートナーシップを結ばれている台湾の首都である台北を代表する一流ホテル 「The Sherwood Taipei(ザ・シャーウッド台北)台北西華飯店」がホスト役として来日されておりわたし共WEBマガジンladeはシャーウッド台北よりご招待頂きました昨年2015年に創業25周年を迎えられたシャーウッド台北のその歴史と共に歩んで来られた ”名物GM”であるAchim V. Hake(アキム・フォン・ヘイク)と喜びの再会を果たすことができました♪ 前回Mr.Achimを記事にした内容は下記URLをクリック! 「The Sherwood Taipei」オープン当初から長く従事し名物GMと称されるAchim V Hake http://lade.jp/diary/travel-diary/taiwan/51686/ 帝国ホテルのPublic Relationsの伊藤千夏(Chinatsu Ito)さんにご挨拶させていただきました♪ ウィティングスペースに少しずつゲストが集まり始め、Born place。 ウェルカムドリンクのシャンパーニュは「POMMERY(ポメリー)Brut Royal」が用意されます革新的なシャンパンメゾンポメリーは、Creating the world's first dry champagne、And it is loved around the world、 Fresh and delicate bubbles、Beautiful yellow with green light、Delicate, mellow fragrance was characterized by、 清涼感溢れる酸味の果実味とエレガントでバランスの良さが楽しめる軽やかな口当たりです♪ シャーウッド台北のGeneral ManagerであるAchim V. Hake(アキム フォン ヘイク)より帝国ホテルのDirector of International Public Relationsである Ignatius Cronin(イグネシアス クローニン)さんを紹介していただきましたIgnatiusさんは、Born in San Francisco.、From Japan in more than 50 years、 とても流暢な日本語を話される素敵な紳士です♪ 「METROPOLIS(メトロポリス)」の最高執行責任者であるNeil Butler(ニール...

"Imperial Hotel" Boiling tea service in the Sukiya building of a full-fledged tea house TOKO-AN" is very popular !

「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」の本館4階にひっそりと佇む格式高い茶室は1970年(昭和45年)に誕生した「東光庵(TOKO-AN)」では数奇屋造りで名高い建築家の村野藤吾さん設計の本格的なお茶室で、 Omotesenke、Urasenke、Tea room can accommodate 3000 home of warrior alley Senke、 京都の「大徳寺瑞峰院」の吉口桂堂師により名付けられた「月歩の間」「東光庵」「松濤の間」の3室を用意されており、 Regardless of the school endorses service、お茶会やお茶事の席としての利用も可能となります♪ 茶室へ向かうエントランスは、As the startled and Western-style hotel room、 Awaits a quiet Japanese style and calming。 Through indirect lighting on the bamboo ceiling、Expressing myself with soft light.、 With polished logs of kitayama Cedar pillars、Walls are all works are artisans juraku fun wall。 Craftsmen repaired now that also would come less from covered care。 こちらでの点茶サービスは、Increasing number of people that want to experience the culture of Japan with guests from abroad、 Because it has become a very popular、事前予約が必要となります♪ 【点茶サービス】 薄茶一服:1,500Pie (cake with、税サ込) (日曜・祝日または貸切日を除く午前10時~午後16時まで) 茶室へとつなぐ露地は、Garden graceful Japan。 心を落ち着かせ閉雅な気分に浸れます♪ 東光庵からも伺える中庭は、100Has become a grass square meters roof garden。 For the main building in the Middle 2nd、The fifth floor is labeled 4th floor here。 4End of the month-may、Dyed red azalea tsukiyama rising、 桜の間(SAKURA)からまたは17階のステーキハウス「嘉門(KAMON)」からの景色が絶景だそうです♪ 今回御点前を頂戴するのは「東光庵」の茶室にて。 In the tea ceremony、To the tea room with bare feet would be breach of manners。 If Couture、本来ならば白い靴下がベストですが、Avoid bare feet would you like to enter。 Me and wearing stockings at this time.、 先生は「ストッキングでもどうぞお気になさらずに」と優しく声がけてくださいました♪ 「東光庵(4畳半)」 東光庵は裏千家のお家元である茶室「又隠(YUUIN)」をヒントに造り上げられています又隠は、In the four and half-mat 1000 was built upon retirement、 千利休が最晩年の1587年(天正15年)の末頃に作った聚楽屋敷の四畳半座敷の写しとされています♪ お床のお軸(掛軸)は「春入千林処々花(はるせんりんにいればしょしょにはな)」。 In the spring、Invited to warm weather、It flashed into the forest、There are beamed out here are the beautiful flowers blooming.、 こちらは「大徳寺・三玄院」の長谷川大眞(はせがわたいしん)御年60歳の書となります。 And、花は楊枝でも使用している「”くろもじ”と”白椿”」が飾られています。 11月~4月は椿と木ものを活け、5月~10月は夏の山や野の花を籠や竹に活けるなど時のものを用意します♪ 点茶サービスに付いてくるお菓子が運ばれてきました「どうぞお菓子をお召し上がりください」と亭主側に勧められてからいただくように致しましょう。 And manners and can be eaten before the light-brown、 Don't panic, eat、Not eat sweets and tea does not start。 To become light brown foil candy、Has been polite and are to、Taboo of alternating。 The pastries、3-4 halves, cut with toothpick or cake slice and eat.。 If、If you can't eat、 Paper used to eat candy in the package、そっと人目につかないように持ち帰ると良いでしょう♪ 鶴屋八幡「桃柳(ももやぎ)」 老舗和菓子屋である「鶴屋八幡」の「桃柳(ももやぎ)」の四季の移ろいを感じさせる生菓子です。 In Pale two-color combination、Smooth bean paste inside it becomes tender sweet classy、春の喜びを感じさせます♪ 先生よりご挨拶があり、Including manners、Us Professor variously。 In it、早速お抹茶を点てていただきましょう♪ 冬場の11月~春を迎える4月は炉を用いて行い、 Your point is not front、斜めにすることで美しい所作の角度を保たれています♪ 湯温は70度~80度ぐらいの湯で点て、...

"Imperial Hotel" Premium Tower floor was born as a special floor in the adjacent Imperial Tower !

「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」に隣接する31階建ての高層タワーは1983年に 「帝国ホテルタワー THE IMPERIAL TOWER」として誕生しています。 Low floor 1 floor-4th floor、世界の一流ブランドを取り揃える「帝国ホテルプラザ THE IMPERIAL HOTEL PLAZA」を構え、 The Middle floor of the tower and office building and、20Fitness Center with floor、Pool、Has its own sauna room、 Rooms are 21 and became the 31st floor、全客室数361室を用意されています♪ 昨年2015年4月に帝国ホテルタワー館の30~31階の2フロアを 特別なゲストを迎え入れるための特別階としてリニューアルオープンさせた 「Premium Tower Floor(プレミアムタワーフロア)」の客室を見学させていただきます。 The Tower Museum、From the security an established Middle 2nd card compatible、ルームカードキーで入場致します♪ 中2階より最上階の31階へと上がります。 Special floor of the tower building, 31st floor、明るく白を基調としたフロアが広がります♪ 「Premium Tower Floor(プレミアムタワーフロア)」では本館「Imperial Floor(インペリアルフロア)」同様に、 And are staffed by dedicated floors of guest attendant、Responded to various requests、 Attentive service is provided。 (Response time:7:30To 22:00) ゲストアテンダントとして活躍される女性スタッフは自身で着付けを習われ、 Kimono and 着konasa as a uniform and、素敵な装いで出迎えてくださいます♪ 帝国ホテルタワー館は、30-And complete the renovation of the 31st floor 2 floor、2015年4月より特別階の プレミアムタワーフロアとしてサービスをスタートされています。 Also、2016Over one year until April、Tower building 20th floor – and continue the renovation of the rooms to the 29th floor、 It is gradually implemented as soon as。 帝国ホテル東京では、2020Before the Tokyo Olympic and Paralympic Games in、 外国人宿泊客の割合を現在よりさらに高めるための体制を整えられているそうです♪ 31階3101号室「Premiere Deluxe Room(プレミア デラックス ルーム)」 高層階の特性を生かし、Imperial Palace and Hibiya park、Also、And adopts the layout views, such as of Ginza at night、 Differentiate and stately main building rooms Interior、 By making light shapes and bright colors, furniture and textiles、Designed as an open space and。 Also、Exclusive health club on the 20th floor of the tower building、Pool、サウナを無料で利用できます♪ (通常料金 2,160円) フィットネスセンター5:00To 22:00(Last admission 21:30) プール6:00To 22:00(Last admission 21:30) サウナ7:00To 22:00(Last admission 21:30) ホテル館内の案内やお部屋内の細やかな説明をゲストアテンダントがしてくださり、 Book restaurants outside the hotel and unpacking、Shoe Shine service、...

"Imperial Hotel" Special floor Imperial rooms of floor with take the dignity certain beauty and functionality

Opened in 1890 (0/1890) since the、国際的にも高く評価されてきた「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」の客室は、 570 rooms in the main building and the newly built Tower House 361 rooms, luxuriously furnished and equipped rooms 931 total。 本館14~16階の特別階「Imperial Floor(インペリアルフロア)」は、Suitable for special guests、 The beauty and functionality with features take、最上の寛ぎを提供されています♪ 「Imperial Floor(インペリアルフロア)」には、 And are staffed by dedicated floors of guest attendant、Responded to various requests、 Attentive service is provided。 (Response time:7:30To 22:00) ゲストアテンダントとして活躍される女性スタッフは自身で着付けを習われ、 Kimono and 着konasa as a uniform and、素敵な装いで出迎えてくださいます♪ エレベーターホールにカードキー対応のセキュリティエントランスを設置されており、In Circular Quay entrance。 There is a special floor、Security has been enhanced、プライバシーが保護され安心してお過ごしいただけます♪ 快適性を追求した「Imperial Floor(インペリアルフロア)」15階の1565号室 「Deluxe(デラックス)」を見学させていただきます♪ 15階1565号室「Deluxe(デラックス)」 本館のインペリアルフロア「デラックス」は、42M² with pride、 Total coordination plays a British designer, Julian Reed (Julian Reed)、 クラシカルで落ち着いたインテリアとともに居心地を重視した機能的で快適な空間を提供しています♪ 心地良い眠りを追求するため帝国ホテルが独自で開発したオリジナル寝具 「スリープワークス」のベッドとデュベを採用されており心地良いスプリング性で快眠を誘います♪ 枕はお好みに合わせて、Such as hulls and low resistance type、7Choose the type of、寝心地抜群です! 冷え性の方は、In that case feet designed electric anchor there examples in the past、 Whenever something is inconvenient、相談されることお勧めします♪ 窓際には、To provide a vantage point a work desk、Free Wi-Fi are equipped、Also suitable for business。 Equipped with sofa to relax and enjoy reading with Ottoman。 コーヒーテーブルとセットのソファでお茶を楽しみながらゆったりと過ごすことも可能です♪ インテリアの一部として37インチのテレビもスッキリと収納されており、 In the drawer、パジャマを2着用意されています♪ ミニバーも充実しておりますので、The price of each, see Price table。 ミネラルウォーターやティーセットは無料で利用が可能です♪ パウダールームには、To enhance staff provides high-quality towels。 Equipped with bathroom shower area and bath tub integrated easy-to-use。 In one switch and adjust the temperature of your choice、Automatic hot water too hot can also、Excellent functionality。 Toilet with Washlet、And independent、曇りガラスの扉で視界も遮られているため落ち着きます♪ バスアイテムには資生堂と共同開発された和漢植物エキス配合の「AYURA(AYURA)」のオリジナルバスアメニティ (シャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュ)を採用されており、 Is not for sale、We hear and appreciate a refreshing scent。 Profound sense of、The main building of a high-quality design、From its serenely、 Relatively elderly people is so popular。 Now、Next in line、若者層にもお勧めできる「帝国ホテルタワー館 IMPERIAL TOWER」の30~31階の 特別な「Premium Tower Floor(プレミアムタワーフロア)」の客室を紹介致しましょう♪ 帝国ホテル IMPERIAL HOTEL...

"Imperial Hotel" spend an elegant time along with the green location in a top-floor restaurant and bar

「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」の本館最上階17階に位置する ブッフェレストラン「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」は、1958In the years (0/1958) since its opening、 In the history of the diet of Japan in a new restaurant style revolutionized the。 Became the topic by prosperous enough to queue day and night、 Big success in every day and have been loved by many people。 After that、2004Substantially renewed in July、 「Imperial Viking Sal(インペリアルバイキングサール)」と店名を変えられます。 After the renewal、Open kitchen set up、Buffet restaurant with live and become、 約40種類の本格的な料理を楽しめます♪ Imperial Viking Sal(インペリアルバイキングサール)本館17階 TEL:03-3539-8187 Hours of operation:Breakfast 7:00To 9:30(ラストオーダー) ランチ11:30-14:30(ラストオーダー) ディナー17:30-21:30(Last order) * 17 weekends and holidays.:00より営業 http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/sal/ 「バイキング(Viking)」 好きなものを好きなだけとって味わう「バイキング(Viking)」とは、Is a wasei-Eigo now spread in Japan。 However,、This unique food style、Actually,、帝国ホテルが発祥だとご存知でしたか? 当時1958年(昭和33年)に帝国ホテルはブッフェレストラン「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」を開業「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」は北欧スカンジナビアの伝統料理「スモーガスボード(※)」の様式を取り入れ、 "Favorite dishes、Enjoy as much "is quite popular at the time as a restaurant。 (*) Take potluck food brings friends and acquaintances、It is said that evolved from the relish with bread and butter。 Before the opening of the new restaurant、Became a public company name。 Chosen from the various suggestions made in、 当時話題になったカーク・ダグラス主演の海賊をテーマにした映画に因んだ「バイキング(Viking)」という名。 Name of the pirates won ISAM in Europe、Scandinavian traditions、 You could say the image comes from the bold style of the all you can eat right and naming。 「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」は、Despite the charges cannot be said as never handy、Very popular is called。 Rates are、Day 1200 yen.、Evening 1600 yen.、The starting salary for college graduates is 12800 Yen、 帝国ホテルの宿泊料が1,800円の当時、That is quite costly in。 The menu is、Pork meat and egg dish topped with caviar、Boiled corned beef、And Germany-style ham smoked、There are fancy food、 「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」は、Popularity of the packed every day、Even celebrities are used。 Thus、「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」が提案した新しい食のスタイルが広まり、 Soon、日本ではこの形式のことを一般に「バイキング(Viking)」と呼ぶようになるのですこれが日本の「バイキング(Viking)」の歴史です。 Emitting the staff in the guise of classical、 And the feeling of openness from the window seat can enjoy the view from the top floor space、 Provides a spacious 200 seat。 Provided with kitchen, Central、シェフたちが繰り広げる数々の料理を臨場感溢れる雰囲気で楽しめます♪ 豪快なロースト料理や焼きたての香ばしいパイ料理など、Unique open kitchen warm fresh food offer is、 出揃imasu chefs using seasonal ingredients。 「帝国ホテル伝統のポテトサラダ...

"Imperial Hotel" The history of taste and food unchanging over its founding from the time 125 years "The Legacy of Food"

「東洋経済」が発行する「週刊東洋経済」の2016年2月6日号「ホテル激烈!30年に一度の活況」でホテル業界の専門家たちが選ぶ東京のベストホテルに選ばれた「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」その理由を帝国ホテルの取締役社長 東京総支配人(President and General Manager)である 定保 英弥(Hideya Sadayasu)さんは東洋経済のインタビューでこう語られています「帝国ホテルは恵まれた場所・立地にある。 Room number 931、Banquet Center 26、Restaurant, bar, and lounge 17 and variety、 Personal travel、Group travel、Business use、Weddings and training、International Conference、 A variety of purposes、Our strength is poised to meet the needs of。 当社はメイド・イン・ジャパン・ホテルの代表格でありたい」と。 The word Street、The view from the 17th floor is on the top floor of the main building、Excellent location surrounded by greenery of the Imperial Palace and Hibiya park pride.、 Also is the traditional food has been handed down in a wide variety of restaurants、 Too old now,、Exaggeration to say has gripped many guests ' hearts and stomachs are not。 This time the、そんな帝国ホテルの125年の歴史と「受け継がれる食の伝統」を紹介します♪ ホテル最上階の17階にはレストランやラウンジが用意されており今年2016年3月までを開業125周年記念期間とされ、17階に「受け継がれる食の伝統(The Legacy of Food)」と題して創業当時から愛され続けてきたオリジナルメニューの紹介や著名人ゆかりの一品を紹介しています♪ Public Relationsの重冨 耕太(Kohta Shigetomi)さんの案内により最上階である17階からの眺望をご説明いただきます♪ 最上階である17階からは、Overlooking the Park on your left、You can feel the atmosphere of the Imperial Palace in the back。 From spring to summer、More trees and lush green、 In the time of cherry blossoms greet directly、Foreigners started.、Many guests enjoy the scenery and carried feet。 Pale pink right hand building、「宝塚歌劇」となり、 Even members of Takarazuka's wish list is a passionate fan。 In the surrounding area、Imperial Theatre, live theatre and、This region called Hibiya district、Those who like Theatre is often used。 Current、「三井不動産」が手掛ける「新日比谷プロジェクト(仮称)」として、1960年(昭和35年)竣工の 「日比谷三井ビルディング」の跡地において、Promotes a holistic redevelopment plan、 Aiming at the completion of the fiscal year 2017、ビルを建設中です♪ 「受け継がれる食の伝統(The Legacy of Food)」と題されたボードには、 And the original menu with pictures and over the years many guests has been loved taste、 著名人ゆかりの一品を生み出した逸話などが記されています♪ 帝国ホテルの初代料理長を務められた吉川兼吉(Kanekichi Yoshikawa)は1853年(嘉永6年)生まれ日本のフランス料理の草分け的存在の一つである「横浜グランドホテル」で西洋料理を学び迎賓館である「鹿鳴館」での経験を経て、1890年に開業された帝国ホテルの初代料理長に就任されています。 At this time、吉川兼吉(Kanekichi Yoshikawa)は37歳です。 After that、1905年(明治38年)に伊藤博文(Hirobumi Itoh)から、...

"Imperial Hotel" It opened as Japan's first State Guest House, first-class hotel in the western greet the 125 anniversary

海外からの賓客をお迎えする「日本の迎賓館」として、In the Tokyo Hibiya、 As Japan's first full-fledged Western-style hotel、1890年11月3日に開業された「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」は昨年2015年11月で開業125周年を迎えられています。 At that time、多くの銀行や企業の設立に携わった「近代日本経済の父」とも称される 渋沢栄一さんが初代会長を務められています。 Place、Hibiya、Ginza、Tokyo station、Shinbashi is conveniently within walking distance from、 In the area、Imperial Palace and Hibiya park green for hope、It offers views of the seasons、 In the Ginza shopping area and theatre district as close、東京観光やビジネスの拠点にも最適なエリアとなります♪ ホテルのチェックインを迎える14時~15時の本館の正面玄関アプローチでは、 Most driveway、ドアマンの手際よい俊敏な応対が見受けられます♪ 帝国ホテルのドアマンは、Always 1000 yen Bill and 5000 Yen Bill ready、 釣り銭の用意がないお客に対し両替できるように準備されているそうです! 正面ロビー 開放感溢れる天井高と、An elegant central staircase、 And、In the golden rose to pick up flowers glittering chandeliers、 The lobby while glamorous shoot restless feeling。 This time the、Public Relationsの重冨 耕太(Kohta Shigetomi)さんにホテル案内をお願いします重富さんは帝国ホテルにお務めになって8年となるようで福岡出身の九州男児と凛々しい御方です! 日本のグランドホテルとしての歴史や受け継がれてきた一流ホテルマンとしてのサービス精神を胸にホテルの見所と共に多くの魅力を語ってくださいました♪ 帝国ホテルは昨年2015年11月で開業125周年を迎えられ、2016年3月までを開業125周年記念期間とされており、 In all parts of the hotel、The exhibition is held。 To celebrate the 125 anniversary logo、 Since opening、Piled up the encounter with the many guests that your life edge、 Guests each and every one from heart attack、Each and every one of the face in mind、 Hope to meet you again、心を結べるよう 「心で迎える心を結ぶ(Hospitality from heart to heart)」をテーマに 結ばれたリボンで表現されています♪ イベント毎や季節毎におよそ2ヶ月毎にチェンジされるロビー装花は「春を告げる花」として知られるレンギョウと蝶のような形をした鮮やかな黄色い花を咲かせるオンシジュームで出迎えられています。 Last year 11 month-February 12 red roses decorated with bewitching、 Also during the Valentine's day mood is plenty of used rose、 Eliminating the pedestal in the new year、New year's decorations, such as pine and MOSS、Summer's sequence yellow sunflower vivid color power fuelled、 And can feel the season flowers。 And can be used as a wedding anniversary taking place in central staircase、 Also、滞在されるゲストの記念撮影スポットにもなっています♪ 金のシャンデリアは「薔薇」をイメージしており、Look directly、The appearance of the rose blossom。 From its appearance、こちらのシャンデリアは「ゴールデンローズ」と称されています♪ 多くのゲストを迎え入れる「The Rendez-Vous Lounge and Bar(ランデブーラウンジ)」には、...

"Seasonal cooking Ouchi" New Year's party with the Premium sake of once a year "Isojiman vintage" in Omakase course

From Hamamatsu station、アクトシティから歩いて数分のところに位置するFOOD昴ビルの2Fにある「旬の料理 大内」は、 Owner credo is "cooking fresh ingredients of the season"。 店主の大内哲男さんは、In that provided the real food inedible decorations without sticking Buri、 Summer hamo horsetail cuisine、Natural eel、Natural darkness in autumn、冬は天然ふぐと その時期の天然ものを使った料理を得意としている日本料理店です♪ 店内ではカウンター越しに伺える店主の大内さんの包丁捌きや、 Beautiful aerial work platforms、You can get a glimpse up。 常連客に愛される「旬の料理 大内」。 Also meet familiar conversation、またこういったお店の楽しみ方かもしれません♪ この日は藤枝出身で友人である「Maserati Hamamatsu マセラティ浜松」のジェネラルマネージャー杉浦明さんより、 In the last year more teaser for、貴重な日本酒を持ち込んでの新年会となります昨年の2015年11月19日に静岡の長沼に「マセラティ浜松 静岡プレオウンドカーセンター」もオープンされそちらのジェネラルマネージャーも兼任されることとなった杉浦明さんは大忙しです! 年明け早々にはお互いになかなか時間の都合がつかず、2月に入ってようやくの新年会と相成りました♪ 「磯自慢 中取り純米大吟醸35 ビンテージ」720ml(磯自慢酒造) こちらが、2008Since in the toyako Summit of the year used as a drink for toasts、 Quickly it became the premier liquor during the、入手が極めて困難となった「磯自慢酒造」の最高峰の日本酒 「磯自慢 中取り純米大吟醸35 ビンテージ」です。 Year 11-1, and your per person is that start in one book、 生産数1,000本限定のこちらはなかなか手に入らず超プレミアム! 箱のデザインは、2014And new in green new year、Decorated with cute illustrations of the ISO image to shells and starfish。 Beautiful bright blue bottle daiginjo。 Now the Summit no matter what、For the quality and needs much better、The available degree of increasingly rare still wine and now。 Finest sake rice at 35% Polish.、Ultimate were charged in only part of the core white wine。 Once a year、Gem gem in long Beach boasts fans shipped only a very small amount of。 Such a valuable rice wine、杉浦さんは毎年必ずゲットされており今年で7回目を迎えます! そんな貴重な日本酒の開栓を昨年同様にお供させていただきます♪ 「磯自慢 中取り純米大吟醸35 ビンテージ」720ml(磯自慢酒造) 持込料1本につき2,000円 ✕ 「釋永岳 呑みすぎる盃・薄杯」(持込) 昨年の2015年の新年会は杉浦さんとわたし達夫婦の共通の知り合いということで藤枝市のフランス料理「レストラン L’AGAPE ラガップ」を選択しましたが、 This year、By tailoring in Japanese、 浜松市でわたし達のお気に入りの和食「旬の料理 大内」に持込させていただきました! 早速今年も磯自慢さんのプレミアムビンテージで乾杯! 透明感溢れる透き通った瑞々しさ、Ginjo ornate porch burst into fragrant、 In a mellow, the cleaner and better in your throat、繊細な味わいが後から後から口中に広がる素晴らしい味わい! 非常に上品なまろやかさを感じる日本酒です。 In addition、お気に入りの盃「釋永岳 呑みすぎる盃・薄杯」でいただくことで、 Better taste、つい呑み過ぎてしまいそうです(笑)...

Scroll to top