New wedding stories written in the Opera "Grand Prince Hotel new Takanawa" success 2017

This time Yumi Katsura's collection themes、Next to "new wedding story written in Opera (new wedding)、Now defunct when Luciano Pavarotti's niece's in is Simona Todaro and Pavarotti (soprano), special guest.、Federica Vitalis (soprano)、John Lucas (Gospel singer & conductor)、Masanori Takahashi (baritone)、Daisuke Oyama (Daiske Oyama)(Baritone) from the pick up、From the bridal show for the first time after 52 years、オペラと初のコラボレーションを果たしこの日限りのウエディングショーとなります! 結ばれゆくカップルの様々な心模様をオペラの数々の名曲により表現されゴスペルも加わる中、Plus enjoy the combination of jacket coordinating suits and airy feeling of sweetness adorable flower dress、Pop, such as colours and Tartan、While considering the trends light and playful playful dresses from luxury Haute Couture until once showing off! And、着物離れしていく若者達に訴えかけるかのように桂由美さんがご提案されるのは、In the beauty of Yuzen Japan's world-class innovation and the modern twist "YUMI YUZEN' latest becomes the representative song of Japan spring"Sakura"and"flowers"that performs at the Opera、色艶やかに登場! さらに注目するは、And commemorate the 300 anniversary of the leading modern painter Ito JAKUCHU、In Paris works inspired by the paintings of JAKUCHU is my favorite、和と洋の見事な融合を表現されステージを彩られており感動のステージです! 白鶴の美しさや鳥の美の象徴ともさせる鶏冠ターバン羽ばたく世界を印象づけるかのようにピーコックや羽根をモチーフにされた華やかなドレスが印象的で酉年ということもあってか目を見張るものがありました! フィナーレでは、The storm of applause and Yumi Katsura、大変有意義なひとときを過ごすことができました!このような会に御招待くださった「GLION GROUP」の「マセラティ 浜松」に感謝致します♪...

Grand Prince Takanawa guest tourney to Ka Kei Yumi dinner show

今回で82回目となる桂由美ブライダルコレクション「2017 Yumi Katsura GRAND COLLECTION With OPERA」に御参加されたゲストは桂由美さんとは長きに渡り公私共にお付き合いのある方々がメインテーブルを一際華やかに彩られております! 御歳84歳となる桂由美さんはトレードマークのターバン姿に輝かしいラメゴールドのマーメイド型ロングドレスに見を包み、And 羽織ra long coat motif JAKUCHU、Chic and gorgeous garments and 纏われて、とてもお優しい方でした! 元内閣総理大臣の鳩山由紀夫さんをはじめ、Devi Sukarno's Indonesia's former first lady、And served as a representative of the entertainment firm "Titan"、Hikari Ōta's I of Don OTA mitsuyo Kakuta is there with his wife, fashion designer, Konishi Arts officials and there、イベントに華を添えられておりました! 同じ女性としては憧れずにはいられないほどにお美しく個性が魅力的なデヴィ夫人が本当に大好きで、And believe it or not you can see you thinking、御写真をご一緒させていただけて大変感激でございました! 貴重な御写真をおさめることができ、After you have cancelled a fun dinner and、いよいよオペラと融合させた素晴らしいブライダルショーの始まりです!...

See Grand Prince Hotel new Takanawa"Katsura Yumiko bridal dinner show!

Located ideally become a 5-minute walk from Shinagawa Station, Takanawa exit、昨年11月に全客室を改装させ生まれ変わった 「グランドプリンスホテル新高輪 Grand Princehotel NewTakanawa」にやって参りました! 「コンテンポラリージャパニーズ」というコンセプトをもとに、While using the traditional techniques of Japan throughout the contemporary and refined atmosphere and is aimed at、 Entrance inspired by paper soft light screens of lamp lighting、In addition to hotel lobby produced a Japan garden with bamboo、レセプションにおいては京指し物職人の手により製作された亀甲文様の組木や四季折々を表現した壁面アートが和モダンで印象的なフロアとして生まれ変わっております! この日は機能性と華やかさを持ち合わせ2,013㎡の広さを誇る大宴会場「飛天」にて開催されます 「2017 Yumi Katsura GRAND COLLECTION With OPERA」に参加! 今回で82回目となる桂由美ブライダルコレクションは、Cooperation with the Tokyo Metropolitan Opera Foundation、"Bridal" and "Opera" in collaboration with spellbound entertainment stage next to the attempt of the first、ゲストはおよそ400名ほどが集います! こちらのイベントに協賛されている「GLION GROUP」の「マセラティ 浜松」から御招待を受けたわたし達は特設ステージから程近いSS席を御用意していただきました♪ MASERATIを購入すると本当に良い事が沢山ありますね(笑) 会場には、In the ornate and adorned with flowers and congratulations from celebrities and celebrities who yearns for Yumi Katsura、Oujisama with Kitagawa Keiko's spouse flowers are available illuminated entrance、Did you even、ゴージャスなロングコートを羽織らせたウェディングドレスと共に「フェラーリ488」がお出迎えしてくださいました!皆さんこぞって記念撮影を! さて、Go to the venue in、皆様にご挨拶致しましょう!...

Aizen Sakura kimono with the crest addition haori coat hakama and color tomesode wearing to a dinner show

【紋付羽織袴と色留袖を身に纏いドレスコードのあるディナーショーへ】 東京で開催される「桂由美 オペラでつづる新結婚物語 2017」のディナーショーの御招待を受けドレスコードが「ブラックタイ」とあり男性は「タキシード」女性は「カクテルドレス」と準礼服であったため今回は久々に夫婦でお着物を登場させることと致しました! 友人である伊藤 進太郎さんがお母様の伊藤先生と共に運営される美容室「カルディアルッソ CARDIA LUSSO」のスタイリストとして活躍される寺田麻衣子さんに素敵にヘアセットをしていただいた後にいつも着付けをお願いする浜松の老舗呉服店「きものの愛染倉」へ! こちらでお着物を購入するといかなる時でも着付けのサービスがあり大変便利です! 今回旦那様は茶系で落ち着きのある正絹の紋付羽織袴にしわたしはお祝い毎に相応しい波模様の入った藤色の色留袖五つ紋で参ります!久々に袖を通すと気も引き締まる思いが! 愛染倉の奥様とお嬢様の茜(Akane Ito)ちゃんが2人掛かりで阿吽の呼吸でテキパキと着付けてくださるのであっという間に着付けが完了しいつも惚れ惚れ!素晴らしい早業です! 日本の正装でもある着物をもっと普段の生活に取り入れて行きたいとは常日頃から思うのですがなかなか自身で着付けできないのが悩ましくもありこの御二方のように自然体のお着物でいられるよう今後も少しずつ着る機会を増やしていきたいものです♪ いつも丁寧に対応してくださり和装のことなら何でも相談できる「きものの愛染倉」はわたし達にとって大切な存在の呉服屋となります!奥様茜ちゃんありがとうございました! さぁ新幹線に乗り込みいざ出陣!...

Very pleasant stay at Hyatt Regency Osaka late check-out

「Hyatt Regency Osakaハイアットリージェンシー大阪」の4階に足を運べば、Is the health club was relaunched last year "the City Club.、Considering the urban resort, wood grain and introduced the latest machines in white color on the eyes、Jim has reached 24-hour system used with、Considering the urban resort, wood grain and introduced the latest machines in white color on the eyes、インストラクターが指導するヨガやピラティスなどのレッスンも利用者から好評とのこと! 宿泊部長の吉本展久(Nobuhisa Yoshimoto)さんにホテル内を御案内いただいた後はお部屋で身支度を済ませチェックアウトです! レイトチェックアウトで悠々と快適なホテルステイを楽しむことが出来ました♪ ハイアットグループ全体としての構想としては、All over the country are expected to open new、We will be expected to develop more and more! Yoshimoto,、お世話になりました! 今回の大阪では「GLION GROUP」が運営される「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」でのひとときを楽しませていただき、Now is a great time to spend。最後に優雅に送迎していただいた「ロールス・ロイス ファントム」との記念撮影で締めくくりたいと思います!...

Visit the elegant suites Hyatt Regency Osaka

「Hyatt Regency Osakaハイアットリージェンシー大阪」の最上階客室スイートを宿泊部長の吉本展久(Nobuhisa Yoshimoto)さんに御案内いただき見学して参りました! 2721号室は「ディプロマット・スイート」となり、120Provides study corner and a spacious dining area of square meters、モダンジャパニーズを意識した落ち着いた雰囲気となります! さらに2706号室の「プレジデンシャル・スイート」は驚異の270平米となり、The more established the grand piano in the living room! Equipped kitchen、Parties are also available! In the back of a comfortable bedroom、Whirlpool started.、And with the brilliant gold of walk-in shower and sauna、ゴージャスな造りを楽しめます! スイートルームに関しては、Brand UK country from "REN (ren)" has been adopted、世界のミネラルやハーブなどの自然成分たっぷりでお肌に優しいバスアイテムとなります! こんな素敵なお部屋に宿泊できる日を夢見ております♪...

Hyatt Regency Osaka outdoor garden overlooking the breakfast buffet

大阪のベイエリアに日が昇り爽やかな時を迎える「Hyatt Regency Osakaハイアットリージェンシー大阪」での夜明け! 窓から差し込む自然光で開放感溢れるゆったりとしたレストラン「The Cafe(ザ・カフェ)」が朝食会場となりオープンキッチンスタイルで多種多様なブッフェスタイルの朝食となります!屋外庭園を見渡しながら犬の散歩などで街ゆく人を眺めゆったりとした時を過ごせます!朝はしっかりと頂きましょう♪ キッチンスタッフにオムレツやパンケーキをオーダーすると少しお時間はかかりましたがとても綺麗なオムレツを作ってくださり今までいただいたどのオムレツよりも火入れ加減が絶妙にとろとろでした! 他にも焼き立てパンやサラダに副菜フルーツにヨーグルトなどバランスの良い朝食を摂ることができます!バランス良し♪ こちらのスタッフは外国人も多く会話も英語が飛び交うため日本であることをつい忘れてしまいそう身長高でモデルのような素敵な白人女性のスタッフが明るく声がけしてくださり「カフェ・ラテ」をお勧めしてくれたので頂戴しのんびりとした朝食タイムを過ごすことができました♪ この日は宿泊部長の吉本展久(Nobuhisa Yoshimoto)さんと嬉しい再会を果たすことができ台湾の「Mandarin Oriental, Taipei 台北文華東方酒店」で取材させていただいた以来となりおよそ2年ぶりの再会!何らおかわり無く優しく朗らかな表情で出迎えてくださいました海外でのご活躍が長かった吉本さんですがようやく日本での生活に落ち着かれているようで安心致しました!お元気そうで何よりです! 折角ですので朝食の後に少しお時間をいただき吉本さんにはホテル内を案内していただこうと思います!...

Enjoy the night view of Osaka Hyatt Regency high floor panoramic

「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)」で優雅なディナーを楽しんだ後に、Ask the taxi、What! And face that greeted us in the Rolls Royce Phantom、「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」を案内してくださった統括工場長の濱本忍さんが運転手用のハットを身に付け待機してくださっているではありませんか! 存在感を露わにした角ばったフロントマスクは、 Front grille that mimics the Parthenon and shining brightly、その風格たるや皇室にお仕えし続ける威厳すら感じさせます! 全長6m近くもあるファントムの後部座席はゆったりとしており上質なレザーシートに包まれ静かな走りは快適なドライビングとなります! およそ10分程車を走らせ宿泊先の「Hyatt Regency Osakaハイアットリージェンシー大阪」に到着しました車寄せにこのファントムが停まると一斉に注目を集めてしまい恐縮しながらもまるでお姫様にでもなったかのような気分を味合わせて頂きました♪ わたし達がお世話になるお部屋「リージェンシー・クラブ・デラックス・キング」へ戻るとそこには高層階からのパノラマの夜景が美しく広がり大阪ベイエリアのロマンティックな夜を楽しむことができました♪...

GLION STEAK HOUSE table performance with flambe desserts

「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)」のコースを締めくくるスペシャルなデザートはテーブルパフォーマンスとしても華やかな「チェリー・ジュビレ」となります! このデザートは元々、Akin to modern when was left a culinary feast at the time Victoria Queen Coronation 50th anniversary while France culinary Foundation Auguste Escoffier (Auguste Escoffier) in London, United Kingdom、女王に献上された彼の創作料理として誕生したものです! 「jubile(ジュビレ)」とは「50周年の祝賀」を表す言葉で、Cook was named thus became the "cherries Jubilee"、As France is being billed as the "Queen of the suites.、今では一流ホテルや高級レストランにて提供されています! 熱したフライパンの上にバターにシュガー、Narrow it down to the organic Lemon、Put plenty of American cherry、Orange peel on dexterity, and spiral、Enjoy the scent of cherries from the orange on the Kirsch and add brandy to taste、2For the drip of alcohol and flambé, let fire、Dessert of a mysterious blue light. Boil down the perfect timing、最後にアイスにかけていただいて完成! こちらにも「Syouryu/島谷 好徳 (Shimatani Yoshinori)"Of" Tin is found, hail "me by、とろけるアイスに融合するかのように見事なデザート皿として変化を加えてくださいました! 口溶けの良いアイスの甘味が優しく広がる中甘酸っぱいチェリーソースとのバランスが絶品です♪ 小菓子として、[39] and shaped and "thank you" for spirit to drink and fresh Strawberry、In addition to the、わたし達の愛する「MASERATI」のエンブレムが記されたフィナンシェをいただきながら食後のカフェタイム♪ カフェは、Introduction to Hawaii Kona coffee、「GLION GROUP」が運営される「神戸紅茶」のラインナップから選ぶことが可能なため大好きなアール・グレイを頂戴しました♪香り高い茶葉に癒されます♪ まるでヨーロッパの宮殿に足を踏み入れたかのような雰囲気が漂う上質な空間に、Make your music rich accompaniment of 0/1937 production of "Yamaha grand piano (NO3-).、Was able to enjoy the finest course! 宮定,、スタッフの皆様ありがとうございました♪ アルコールを頂いてしまったため、Ask the taxi、まさかの送迎車がやって参りました!...

Aging beef sauteed in GLION STEAK HOUSE wood

「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)」のステーキは、Received the title of the top few percent of American beef in high-quality "USDA prime beef, aged to wettageing in 21 days、Used, very good condition。"Oak"、"Quercus"、"Oak"、Using the "Quercus variabilis" 4 types of wood、And finish with "Ember roasted" recipe ingredients、At the cremation site of the glass-enclosed main dining room suggests that this、担当シェフが豪快に焼き上げていく様子と共に楽しみましょう! 五感で楽しめるレストランとはまさにこのこと! 今回は、This push menu black truffle fragrance can enjoy red meat was moist and dense and flavorful "Prime tenderloin with black truffle sauce" thick while the "Prime Filet Mignon.、In addition、柔らかくジューシィーな「プライムリブアイ」をいただきました! メイン料理にはそれぞれ付け合せが選べ「温野菜とベイクドポテト」または「ガーリックマッシュポテト」または「ライス」の中から選べます! 「プライム フィレミニヨン」には「釋永岳」の「âge(アージュ)シリーズ」に合わせてくださり荒々しく削り出し大地の力強さを感じるこの器に豪快な厚みのフィレを合わせ大迫力! ステーキソースは、Sasayama onion and Apple juice to Ponzu based upon "sauce"、"Roasted garlic Demi-Glace sauce.、Salt Wasabi infused with wasabi and salt、Black truffle salt、There was a five species of the Tasmanian grain mustard"、It is possible to enjoy a change in addition to taste with your favorite! However,、先ず最初はそのまま肉本来の味わいを楽しむために何も付けずにいただくと良いでしょう♪ ステーキに合わせての赤ワインはわたし達夫婦もお気に入りのカリフォルニア州ナパ・ヴァレーのワイナリー「ケンゾー エステイト」の「rindo(紫鈴)」を頂戴しました。Characterized by delicate tannins, aromas of black fruits and、Is deep.、しなやかな味わいが楽しめます♪ 薪の香りが楽しめる極上のアメリカンステーキを楽しみながらの優雅なひととき♪ 〆にはこちらのレストランならではの特別なデザートパフォーマンスの登場です!...

Crockery GLION STEAK HOUSE Toyama writer's paradise!

「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)」の特別な個室であるVIPルームではスイスの高級腕時計で有名なフランクミュラーがテーブルウェアを手掛けられている「FRANCK MULLER FUTURE FORM(フランクミュラーフューチャーフォーム)」とレストランとのコラボレーションをアジア初の試みとしてされています! レストランの一室という概念から離れお城の一角の部屋で貴族が会話に花を咲かせるかのようなイメージを膨らませフランクミュラーの上質なテーブルウェアで彩られており大変優雅な時を演出! そんな素敵なオリジナルグラスや器カトラリーがセッティングされる中ではありますが、This time、「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)」の皆様にも私たちladeが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき中道浩料理長に富山の作家作品たちとCollaborationして頂きました! 最初に登場するのは姉妹店である「Hy’s Hawaii STEAK HOUSE(ハイズ)」にて40年間愛されてきた「チーズ・ブレッド」! こちらはチェダーグリュイエールモッツァレラと3種のチーズを合わせパンの上に乗せ表面だけを焼き上げチーズの香りは香ばしくそしてふんわりと柔らかく仕上げられた一品です!食べやすいように4等分にカットされておりますのでそのまま手でお召し上がりいただけます♪ お次は「シーザーサラダ」! 大変栄養価の高いロメインレタスと丹波篠山にあります「あかり農園」のオーガニック野菜を ふんだんに使用された「シーザーサラダ」となります「あかり農園」のオーガアニック野菜は、The next time、東京オリンピック選手村にて選手に提供されるお野菜とのこと! シーザーサラダのドレッシングにはスペイン産のアンチョビ兵庫のオーガニックのガーリックそこへブラックペッパーを加え木製スプーンの背を用いて巨大なウッドボールに擦り潰し香り立つように混ぜ合わせていきます。In addition、フレッシュの卵にアクセントとなるマスタードリーペリンソース愛媛のオーガニックレモンを絞って赤ワインヴィネガーアルゼンチン産のオーガニックのエキストラヴァージンオリーブオイルを加え作ったドレッシングに野菜を加えていき木製スプーンで優しく掬い上げるよう均等に混ぜ合わせて完成させていらっしゃいます前菜の一皿ですら素敵なテーブルパフォーマンスとなっており目で見て美しく楽しく美味しい仕上がりです!手早い動きがまた見事! そんな「シーザーサラダ」を「釋永岳」の「âge(アージュ)シリーズ・薄鉢”THIN”」に合わせてくださり木目のような自然の優しい色合にグリーンが映え食欲を掻き立てます♪お野菜がまた美味でございます♪ 前菜は2種類用意してくださり「シーフードとアボカドのサラダ」と「活け鰤のカルパッチョ 4色の大根 醤油ベースのバルサミコソース」となり旬の魚を用いたカルパッチョのサラダには 「Shimoo Design/下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo)・下尾 さおり (Saori Shimoo)」の木目が浮き立つように美しい「浮様シリーズ・台皿」に合わせてくださりプティトマトの彩りが映えるアボカドのサラダには「釋永岳」の「黒釉シリーズ・台皿」を合わせてくださいました! 日毎に変わる特選スープは「カダイフに包んだ足赤海老と海老のリゾット クリームスープ」となりクリームスープの白さが映えるよう「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)」の「黒釉シリーズ・薄鉢”THIN”」を用いてくださり濃厚なクリームスープとサクサク食感のカダイフに巻かれたプリプリの足赤海老を共にいただき食感も楽しめる食べるスープとなります! 身体が喜ぶ野菜からスタートし濃厚なスープで温まったところでいよいよメインディッシュの登場です♪...

US Steakhouse was born at GLION STEAK HOUSE red brick warehouse

「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」の赤煉瓦倉庫の一角にオープンされた「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)」での豪華ディナーを「GLION GROUP」副社長の宮定 雄大 (Takehiro Miyasada)(Takehiro Miyasada)さんとご一緒させていただきます! ヨーロピアンの趣とアメリカのステイリッシュさを融合させており、Classical atmosphere and welcomes a heavy feeling in the dark、Colorful stained glass candle light and fluctuations、While with the opulence of posh watering、Adult retreat-like view of the world may、記念日やデートスポットとしてお勧めできるレストランとなります! メインホールを抜け、Gave us a private room was prepared in the back。Has become a glass-walled room overlooking the Hall as、プライベート感に溢れ落ち着く空間でありながら開放感も存在し特別感を味わえます♪ 和やかなムードの中BGMはピアノの生演奏とまた優雅な音色が店内に優しく響き渡ります! 「GLION GROUP」の田畑利彦社長の御令嬢であり、Tabata Wakana (Wakana Tabata) is working as a restaurant representative who frees us from、店内の造り込みやインテリアなどの細やかな装飾へのこだわりやハワイの「Hy’s Hawaii STEAK HOUSE(The hydes) "of us passionately, while sister and pursue originality in your own attitude! Wakana's、Also the language fluent and intelligent while staff、とても愛らしく素敵な女性です! 今回は、Floor Manager and sommelier Nakagawa Soji (Soushi Nakagawa) is going on while you serve、シェフおまかせのコースを堪能致します!中川さんのしなやかで物腰柔らかく流暢な語り口調でのスマートなサーヴがまた素晴らしく必見です! ...

Scroll to top