Premium Dinner at "Il Aoyama" Nagoya Michelin 1-star Italian

Special dinner time at the Italian "IL Aoyama Cucina Italiana" in Nagoya, which is buried more than half a year in advance! Since it opened on October 23, 2014、Continue to compete only for fully booked dinner、今年5月に発表された「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重 2019」にて1つ星を獲得され名古屋でも注目を集めるレストランとなります! この日はわたし達が応援している富山の陶芸家・釋永 岳 (Gaku Shakunaga)That you're going to make a triumphal tour of Nagoya.、彼の器に惚れ込んだミシュラン2つ星を獲得しているフレンチレストラン「Reminiscenceレミニセンス」の葛原将季(Masaki Kuzuhara)Owner Chefと一緒に卓を交えるというプレミアムなひとときを過ごします! 実は「イルアオヤマ」でも釋永岳の器を多数採用して下さっており今回のコース料理8皿の内の半分は釋永岳の器で埋め尽くしてくださいました! 桜並木が美しい東区泉に佇む店はシックでモダンな造り。 Evenings, birthday、When a soft light is turned on, the simple inside of the shop starts to move quietly.、Only eight counter seats are available for the chef's hand.、食通の大人たちが集うに心地良さを感じる空間を提供されています! 乾杯はエレガントなChampagne「HENRIOT BRUT SOUVERAIN(アンリオ ブリュット・スーヴェラン)」にて乾杯! [コース8皿とワインのMENU]「三河産の渡り蟹」 塩、Sherry Vinegar、It's simple with olive oil.、With plenty of Top quality Osietra Caviar in Belgium、Bud green onions、花穂じそで彩りをプラス! 和食とも捉えられる上品な一皿で、Moist duck pulp、The combination with the quality caviar is amazing! ▪「自家製Focaccia(フォカッチャ)」 水分量を多めに作られているフォカッチャは、Even though the thickness is firm、手に持つとぷるんぷるんとシフォンケーキのように波打ちます! 表面はカリッと香ばしさがあるものの中はふんわりもっちりと食べたことのないフォカッチャの食感が味わえます! 塩気は優しめに振られ、Add extra virgin olive oil if you like! ▪"Shrimp potato manyo beef brezaola roll" container:釋永岳 mars 深鉢 大阪・富田林産のしっとりと滑らかな粘りと舌触りを持つ海老芋に鳥取県の万葉牛をイタリアの熟成庫にて12ヶ月熟成させたBrezaola(生ハム)を纏わせた美しい一皿! 黄金色に輝く鶏のブロードは釋永岳の上品なゴールドの深鉢に沿う形で注がれ、Softly cooked shrimp potatoes give off a refined aroma、The potential of wagyu's raw ham is exceptional.、Silky melting fat and deep aroma will get through your nose! ▪"Matsuzaki's white sweet bean paste and Mikawa Bay's fretto" vessel:釋永岳 áge 鉄鉢 松崎の高級魚である白甘鯛ち三河湾で漁れるホウセキハタをフリットにし、Moliterino al Tartufo Bio (Moriteruno al Tartufo) with hard-type pecolino cheese kneaded with summer black truffles in the dough and served with microherbs、コクと香りの余韻を楽しみます! 白ワイン「Bourgogne Côte d’Or blanc “Les Equinces” 2017」 オーガニック認定を受けたブルゴーニュのシャルドネで、A lively mineral feeling, youthfulness, and expressive wine! ▪"Mikawa's Ainame Homemade Karasumi Seigoin Sauce" bowl:釋永岳 薄鉢...

A Thai restaurant named "Rongros" Wat Arun opposite shore is opened!

Lunch time at rongros, a popular Thai restaurant overlooking Wat Arunlawararam on the other side of the river! This is a bright shade of royal blue.、元々ガレージであった場所に一目惚れしたオーナーが温かいタイの家庭料理を提供するレストランとして2019年5月に新しくオープン! 「 Rongros(โรงรส)ロングロス 」とはタイ語で「garage(ガレージ)」を意味しますが「味の家」と意味することもありこの店名を名付けられています! 「ワット・アルン」が望めるロケーションということもあり、it's been a hot topic ever since it opened.、多くのゲストで賑わい大人気の御様子! 色が褪せひび割れた店内の壁や剥き出しの柱、Chinese style partition on suspended chandeliers、Sculpture statue at the counter。 And with an antique-style interior with smoked furniture that gives off an Asian scent、東洋と西洋が雑多に入り混じります! 独特な雰囲気で不思議な空間となっておりますが、It is gathered with exquisite sense.、居心地の良さを感じる洒落た空間です! スタッフにオススメの料理を聞きながらオーダーをします! 「Heineken Beer(ハイネケンビール)Lサイズ」250THB(日本円にして約900円)を頂きワット・アルンに乾杯! 「Phad Thai Goong(パッタイ / タイ風焼きそば)」280THB(日本円にして約1,000円) ライスヌードルでもっちりとした食感の平打ち麺に甘酸っぱいソースが絡むタイを代表する定番料理の1つ! 色鮮やかなバナナリーフの上に盛られたパッタイは、Two shrimps and eggs、Papaya and others are served.、chili seasoning that adds sweetness to sugar and pungent、Thai lime and pakchi、Herbs such as Thai persimmons can be added to your liking.、全てサイドに添えられています! 甘辛のバランスも良く、The sauce is well intertwined with the thick rice noodles.、好みの味わいとなるパッタイです! 「Kra Phrao Pork Set(カオ・パット・ガパオ / 豚肉バジル炒めご飯)」230THB(日本円にして約830円) 豚挽肉をガパオ(ホーリーバジル)で甘辛く炒めたタイの定番料理となりライスとセットのワンプレートで頂きます! 大好物のパッタイに続き日本でも良く食べるガパオライス! タイでは日本のように「ガパオライス」とオーダーしても通じないので注意しましょう!(笑) 同じくバナナリーフの上にそれぞれカップ分けで盛り込まれ見栄え的にも可愛いプレート! 辛味には滅法強いわたし達ですがこれはなかなかホットスパイシーなお味で舌が麻痺する感覚を味わいました! しかしながら味のバランスは絶妙で「辛くても美味しい!」と2人して汗を流しながら完食! お会計の際にこちらのレストランはクレジットカードの使用が不可と判明し慌ててATMに走る旦那様! バンコクのレストランやカフェでは、Because of the progress of cashless culture except for stalls、I didn't have much cash.、キャッシュを持ち歩くことも大事だと知らされました! 最後にGeneral ManagerのPONGSAKORN K.NA AYUDHAYAさんに御挨拶をさせて頂き記念撮影! お店の雰囲気もロケーションもスタッフのサービスも良く美味しいタイ料理が頂けるレストランでお勧めです! レストラン前には先日お世話になった「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」と同グループホテルで「ワット・アルン」を一望できるホテル 「Riva Arun Bangkok(リーバ アルン バンコク)」があります! 次回バンコクに再訪する際には是非こちらの「Riva Arun Bangkok(リーバ アルン バンコク)」...

「ARUN Riverside Bangkok」ワットアルンと共に目覚めて朝食で至福の朝

I was able to admire the light-up that was dazzling until 4 o'clock in the morning.、少々寝不足気味の朝を迎えた「ARUN Riverside Bangkok(アルンリバーサイドバンコク)」!サワディー クラッ(プ) / Kera-ya/K-Ta-Ta-ta-ta-e!! 朝6時を過ぎた頃に朝陽が昇る瞬間をルーフトップの「View ARUN – Rooftop Restaurant & Bar(ビューアルン)」から望むことができ昨夜の賑わいがまるで無かったかのような静けさを感じる爽やかな景色と共に深呼吸! ホテルの朝食会場は1階のロビーラウンジでの提供となり、Morning 7.:30-10:00の間であれば自由に頂けます! 朝食は決められたメニューの中から好きなものを選べるプリフィックススタイルとなり、It is prepared in a good balance with seven types in western style and Thai style、チェックインの際に渡されるシート(英語と中国語で表記)で事前オーダーしておきます! 席へ着くと、The kitchen staff will serve you a pre-ordered one-plate breakfast.、温かい料理が頂けて嬉しい限り! 中央カウンターには、Bread and salads and fruits、Yogurt、Milk and juice、Teapots are set up、オーブントースターも用意されているためセルフでお好きなように頂けます! 朝食でもLade企画の『器と旅するシリーズ』でモーニングプレートを盛り付けさせていただきました!Thank you for the collaboration!! ①「Egg Benedict(エッグベネディクト)」× 器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) mars himawari エッグベネディクトはトーストした食パンの上にハムを添え茶巾絞りで湯煎した半熟のとろとろ卵のポーチドエッグがぷるんぷるんと揺れながら運ばれて来ました! 彩りにグリーンサラダとフライドポテトが添えられたワンプレートでこの半熟卵がまた絶妙な柔らかさに仕上がっておりとっても美味しい一皿です!‎アロ~イ อร่อย!! ②「Rice porridge with Chicken or Pork(お粥)」 肉は鶏か豚で選べるため鶏肉でオーダー! 出汁が利いていて優しい味わいの美味しいお粥ですがお好みでタイスパイスなどを加えて味変することも可能です! ③「Fried Rice wiyh Chicken or Pork(炒飯)」× 器Shimoo Design 浮様丸皿 こちらも肉は鶏か豚で選べるためやはり大好きな鶏肉でオーダー! 火力全開で仕上げてくれたボリュームたっぷりのパラパラチャーハンです! 目覚めたばかりの身体に優しいあっさりとした味わいでペロリと平らげてしまいました! ④「Cut...

"ARUN Riverside Bangkok" Sunset Dinner with Sunset and Temple Views

View ARUN ARUN, a rooftop restaurant and bar at ARUN Riverside Bangkok, a hotel with views of Wat Arun-Aran-Ratha-Laam – Rooftop Restaurant & Bar(ビューアルン)」にてディナータイム! 11月中旬のバンコクのサンセットタイムは夕方17:30To 18:00to be in between、夕暮れを待つゲストで満席となる「View ARUN」! わたし達も事前予約で特等席を用意して頂きました! お隣には韓国からいらした観光客カップルが可愛いブーケを持って記念撮影する姿も伺え特別な夜を演出されているようで喜ばしい限り! こちらでも同様にLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、Potter appeared in the project part 1 "" 釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器と共にコラボレーションしていただきます! サンセットに合わせてタイ料理とカクテルをオーダーし乾杯! 「Secret in the forest(シークレットインザフォレスト)」 320THB(日本円にして約1,150円) カラー映えするカクテルをオーダーするとこちらが出て参りました! メロンソーダのようなロングカクテル! 「Evening Bouquet(イヴニングブーケ)」 320THB(日本円にして約1,150円) ウォッカベースの口当たりスムージーなスイートカクテル! タイ料理①「Khan Toke(カントーク)」× タイの伝統器 450THB(日本円にして約1,620円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 豪華な伝統器に盛られたカントークは、Assorted appetizers in northern Thailand style、Fried chicken and shrimp fritto、Deep-fried chicken wings、Tsukune Pass、Stick Spring Roll、Onion Ring、It is wrapped in a pandan leaf and is dressed in jasmine flower decoration, and a Thai chimaki is included.、Thousand、Sweet Chili、タイソースと3種のソースに合わせてお好みで頂きます! ピリッとスパイシーなソースに揚げ物の盛り合わせにはやはりタイの「Chang Beer(チャーンビール)」180THB(日本円にして約650円)です! タイ料理②「Pad Thai(パッタイ)」× 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 320THB(日本円にして約1,150円) もっちりとした食感のライスヌードルの平打ち麺に甘酸っぱいソースが絡み合い、Pattai, Thai's popular soul food with a response to eating, is a favorite and indispensable! Pattai is served with the usual kawa shrimp onitennaga shrimp (Macrobrachium rosenbergi)、火入れも良くプリップリ!...

"Maserati Hamamatsu" Thank you dinner party for Maserati owners!

「マセラティ 浜松(MASERATI Hamamatsu)」が主催するマセラティオーナーへの感謝ディナーパーティが浜松街中の「Sanfelice – Italian Cafe & Held at Dinning (San Felice Italian Cafe & Dining)、わたし達夫婦も御招待頂き参加して参りました! 普段はなかなかお会いする機会のない浜松近郊のマセラティオーナーの皆様が一同に大集結! 「Maserati Japan マセラティ ジャパン」 本部から駆け付けてくださった皆さんが指揮を取り楽しい宴の始まり始まり! 会場ディナーは肩肘張らないビュッフェ形式で行われ、Colorful Italian cuisine、美味しいワインに舌鼓! 車好きなことはもとより、Hobbies are close、マセラティを愛して止まない紳士淑女の皆様と過ごすひとときはとても有意義な時間となりました! 「マセラティ浜松」ではこの度、Tatsuya Nakajima, a good young man with a high level of experience in selling imported cars, joined、益々パワーアップしてくれるようです! イベントパーティを締めくくるお決まりのジャンケン大会では素敵なマセラティグッズが用意されました! めでたくうちの旦那様がジャンケンに勝利し「トライデント入りゴルフボール」をゲットしました! さらに手土産として持たせて頂いた記念品は「トライデント入りペアグラス」です! このような機会を設けてくださった 「マセラティジャパン(Maserati Japan Ltd.)」と「マセラティ浜松(MASERATI Hamamatsu)」のスタッフの皆さんに感謝致します! マセラティ浜松(MASERATI Hamamatsu) 住所静岡県浜松市東区北島町772 TEL:053-589-4366 Closed on Mondays:水曜日 https://www.maserati.com/jp/ja/dealers/hamamatsu...

「Cuisine de Garden Bkk」バンコクで自然をテーマに掲げた創作料理レストラン

Chiang Mai's famous shops in Bangkok's exclusive residential area Ofkamai Soi 2 area、2017年7月1日「Cuisine de Garden Bkk(キュイジーヌ・ド・ガーデン・バンコク)」として姉妹店をオープン! オーナーシェフのJoseph Lee(Leelawat Mankongtiphan)シェフが2011年にオープンさせたチェンマイ郊外の本店「Cuisine de Garden Chiangmai(キュイジーヌ・ド・ガーデン)」を取材させて頂いたのは今から4年も前の事! 奥様のNerisa Bee รักในหลวง(Mankongtiphan)さんから、Although I had heard the story of opening a store in Bangkok、今回ようやく足を運ぶことが出来ました ! キュイジーヌ・ド・ガーデンは、And the chef turned furniture designer、The restaurant is a hot topic serving a fusion of molecular gastronomy, interwoven with the glorious award-winning chef Joseph Lee.、バンコクへの出店も果たしています! “バンコクでも自然を感じられるように”と自然からインスピレーションを受けた料理をガストロノミースタイルで提供! メニュー構成は季節により内容が異なり「10 Course Tasting Menu(10皿のコースメニュー)」1,590THB(日本円にして約5,730円)のみで大変良心的な価格設定となっています! ※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 店内は落ち着きのあるモノトーンの色調に間接照明を巧く用いながらアート性が高くシックでモダンな装いとなりますがインテリアの一部としてリアルな木を配し赤い小鳥が羽ばたくインスタレーションコンセプトとなる「自然」を大切にされている様子が伝わって参ります! 大人な雰囲気で素敵な空間! ホールの一角にはバーカウンターを設置されておりSommelierが「Wine Pairing(ワインペアリング)」1,490THB(日本円にして約5,360円)なども対応してくださいます! 照明の明るさを極力落とし卓上のキャンフドルの明るさでしっとりとムーディーな雰囲気を演出! この日はコースのワインペアリングで頂ける「Aubert & fils Brut Champagne / オベール・エ・フィス ブリュットシャンパン」にて乾杯! General managerのWIT(ウィット)さんがサーヴを担当してくださり一皿一皿の料理毎に食材や調理法、While explaining the concept in detail、五感に訴えかける目にも楽しいフルコースの始まりとなります! こちらでも前回のチェンマイ本店同様に、Let me introduce lade's "Vessel and Traveling Series"、Potter appeared in the project part 1 "" 釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo...

Thai court cooking at the cooking school of "Leabasriya Bangkok" hotel!

Join the cooking school, an activity at Riva Surya Bangkok, Bangkok's Riverside Hotel! In bangkok hotels、Cooking school has become a very popular activity、異国の地で伝統的なタイ料理やお菓子作りが学べます! 今回挑戦するのはタイの伝統的な宮廷料理の1つ「Kanom Chor Muang(Steamed Thai Dumplings with Chicken or Pork)カノム・チョー・ムアン(蒸し団子)」です! オールダイニングレストラン「Babble & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」のプライベートルームにてエプロンを身に着け、Under the chef's one-on-one instruction、クッキングスタート! 先ずはこちらの宮廷料理「カノム・チョー・ムアン」作りに必要な材料の説明を受けます! タイ料理には欠かせないコリアンダー(パクチー)やパームシュガーが入り、When kneading the dough、カラーチェンジすることで話題のバタフライピージュースを入れることで鮮やかな色合いに仕上がります! シェフが事前に作ってくれた見本の蒸し団子を見て感激しました! 綺麗な青紫でもっちりとした蒸し団子は花を象った可愛らしい形をしています! 生地にタピオカ粉が入ることからもっちもちの食感が楽しめるとのこと! タイで初めて食べる宮廷料理に興味津々です! 最初にフィリング作りから行い、Then make flour dough。 Wrap the sweetly seasoned filling in the dough and round it.、Make each delicate petal using a special wooden tweezer、花の形を施し蒸し上げれば完成です! 小麦粉生地を花に仕上げる時はスピーディーに仕上げないといけないため時間との勝負を迫られます! まるで和菓子の練り切りを作っているような繊細さがあり、The moment I finished the petals was the most difficult.、While making a fuss between the girls、まるで女子会をしているような感覚でとっても楽しいレッスン!! 蒸し器にバナナの皮を敷き、When oil is applied and steamed,、それはそれは美しい色合いで完成したのでとても嬉しい気持ちになりました! 出来上がったばかりの蒸し団子「カノム・チョー・ムアン」を頬張ると、From the hot dumplings with a sticky texture、You can taste plenty of sweet and juicy seeds.、The remaining incense of Pakchi that comes out to the nose is a taste that becomes a habit to amuse the exotic feeling、おやつ感覚で頂ける料理でとっても美味しいです! 料理好きな方や食べることが大好きな方にお勧めできるクッキングスクール!良い経験です! [フィリングの材料] ・Minced chicken or pork 150g.(鶏の挽肉または豚の挽肉150g) ・Palm sugar 1 ½ tablespoon(パームシュガー大さじ1/2) ・Chopped onion 1 ½ table cup(玉葱の微塵切り1½テーブルカップ) ・Sugar 1...

Khao San Road&ランブトリー通り周辺で有名なローカルグルメを一挙御紹介!

リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」から徒歩圏内のカオサン周辺で有名なローカルグルメを体験してみましょう! 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.2 https://photos.app.goo.gl/i7PvKRkvsPpmEq1D6 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.3 https://photos.app.goo.gl/7oiWniykWF2i1sfd7 カオサン通りより北にあるプラスメン通り(Phra Sumen Street)沿いにある「名もなき屋台」ではタイ風チキンライス「カオマンガイ(Khao Man Kai)」が超有名です! ブルー、Green、Colorful parasols in red are a landmark、The stall where the elder sister who wears the hat runs with a smile becomes a big prosperity at any time of the day.、満席状態が続いている様子が伺えました!(※テイクアウトも可能です) 10年以上も同じ場所で営まれており、The showcase is lined with chicken hung all over one bird.、The chicken stewed in a big pot is very juicy.、チキンスープで炊き上げる御飯との相性も抜群だそうです! 大きな中華包丁で茹でたチキンを豪快に切り分ける姿が印象的! また同じ通りの小路に入ったところにある「名もなき注文屋台」も有名で「ガパオ(Phat KraPhao)」などのタイの定番料理が美味しいとの情報も! 食材をカットしたら中華鍋でパッと炒めてあっという間に完成です! この通りには、There are also a lot of shops of crispy Thai crepe "Khanom Buang"、Sweet type and side dish type are sold two kinds of、スナック感覚で摘みながら散策を楽しむ観光客の姿も見られます! 露店では肉や魚、There are stalls selling eggs.、Colorful vegetables and fruits are lined with thai herbs and fruits.、There are a lot of chinese who hardly cook for a thai person, too.、地元民の生活の一部として欠かせないマーケットとして活気があります! 今回わたし達がランチに選んだローカルグルメ食堂はクラシー通り(Krasi Street)の「トムヤムクンバンランプー(Tom Yum Goong Banglamphu)」です!こちらはバンコク発のタイ料理店グルメサイト「激旨!タイ食堂」でも取り上げられ爆発的な人気を誇るトムヤムクン(Tom yum goong)の有名店! 屋台内の厨房で一心不乱に鍋を振る名物おじさんがおりカメラを向けた瞬間に親指を立てとびっきりの笑顔をサービスしてくれました! 「トムヤムクン(Tom yum goong)Sサイズ」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) トムヤムクンは「甘」、"Great place to get"、「酸」の三味一体の味わいが楽しめるタイを代表するスープです! 海老が豪快に入り、Mild shades of coconut milk、Rich in aromas such as lemongrass and kafill lime leaf (kobmikan leaves)、甘辛くも後から辛味を強く感じる本場の味で汗が吹き出ます! 「カリカリ豚肉とミズオジギソウ炒め(Stir fried Crispy pork with water mimosa)」80THB(日本円にして約290円) 豚肉は衣を纏いカリカリに揚げられておりタイならではの野菜ウォーターミモザ(ミズオジギソウ)と合わせてガーリック風味に仕上げています! 空芯菜のような茎をしたミズオジギソウですがもう少し食感が残る程度に炒めてある方が好みです! 「チャーンビール(Chang Beer)瓶)」 80THB(日本円にして約290円)...

"Babble & cocktail dinner at the riverside dyed with rum" illumination

All-dining restaurant "Babble" at Riva Surya Bangkok, bangkok's riverside hotel & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」にてカクテルディナー! バブル&ラムは朝6:30- Night 0:00To be open all day until、宿泊ゲストは時間を気にせず食事を楽しむことが可能です! チャオプラヤー川(Chao Phraya River)沿いのテラスダイニングということもあり、Authentic Thai cuisine using fresh local organic ingredients while feeling the pleasant tropical breeze、Asian cuisine、ヨーロッパ料理などを楽しみましょう! バンコク初日のディナーはやはり王道のタイ料理が食べたくなります! 夕暮れ時を迎えた空がロイヤルブルーに変化する頃になると、A hotel dyed with illumination。The boats and bridges running along the Chao Phraya River are also lit with neon lights.、艷やかな夜へと移り変わります! メニューは英語表記のみですが、Because it is a photograph, the contents of the dish and the sense of volume are easy to understand.、It is also highly evaluated that consideration has been made so that the fingering order can also be made! I ordered three kinds of dishes while asking for recommendations.、カクテルと共に頂きます! 今回のバンコク旅行でもLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、Potter appeared in the project part 1 "" 釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、We will collaborate at various restaurants with wooden wares that do not forget rational and beautiful! Thank You for the Collaboration!! カクテル「Surya Mango Drifting(マンゴーカクテル)」250THB(日本円にして約900円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) ライトラムに甘みのあるサワーとマンゴージュースをミックスし大きくカットしたフレッシュマンゴーとフレッシュミントをたっぷりと添えて! タイに来たら一度は食べたいマンゴーを思いっきり楽しめるカクテルです! ミントが爽やかで甘過ぎず、However,、The freshness and richness of mango are not lost.、そしてラムの香りに包まれつつも飲みやすい女子ウケ抜群のカクテルです! カクテル「Strawberry Ice Tea(苺のカクテル)」250THB(日本円にして約900円) テキーラ、Light ram、Vodka、Strawberry Liqueur、Mix sweet sour sour spree and sprite、丸ごと苺とフレッシュレモン添えたカクテル! リキュールのグラデーションカラーを楽しみつつ下層部のシロップを少しずつ混ぜながら甘みを調整して頂きました! タイ料理①「Samosa Lanb Moo(豚挽肉のサモサ)」250THB(日本円にして約900円) × 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 タイ料理の定番サモサは、Add onion to minced pork、タイ特有のスパイスで味付けしたタネを詰めて揚げる揚げ春巻きのようなもの! 少し甘みを感じるタネに仕上がっていますので辛味のあるフィッシュソースを付けて食べると甘辛で丁度良いバランス!...

[beige beige] Born in November Scorpio B type is gathered! Surprise Birthday Party!

After participating in jazz live, I walked around the city.、To the hidden wine and dining "Beige" of the town of Rishaku! In the store on this day、11A surprise birthday party born in May is held.、11月生まれの私も急遽飛び入り参加です! 佐鳴台に新規オープンさせたカフェ&レストラン「Passe Relle (パスレル)」の運営にも力を注ぎ邁進するオーナーシェフの山内 基司 (Yamauchi Motoji)There is also a human virtue of、The shop is always bustling with nature and unique ments.、美味しいワインと料理に囲まれて楽しいひとときを過ごせます! 茶目っ気満載の大原 雅美 (Masami Kato)A birthday song to celebrate the birth in November in the production that wakes up a laugh of Mr.! Born in November, scorpio、その全員が[B型]ってどんだけ~(笑) Beige(ベージュ) 静岡県浜松市中区連尺町313-5 1F TEL:053-457-0188 Hours of operation:17:00-24:00...

The world of jazz dandyism drifting color incense! Shigeo Fukuda & Ko Hamasaki "Rachel Zrment"

2019/11/12(Tue) 19:30 Start!! Shigeo Fukuda (Shigeo Fukuda) & Ko Hamasaki (Wataru Hamasaki)「レイチェルズラメント(Rachel’s Lament)」 グルーヴィにしてリリシズム溢れる煌めくタッチ! ピアノの名手・福田重男(Shigeo Fukuda)氏と圧倒的な表現力でJ-JAZZのメインストリームを行く浜崎航(Wataru Hamasaki)氏による小細工無しの渾身のデュオ! ビル・エヴァンス(Bill Evans)や、Casablanca”As Time Goes By”、Miles Dewey Davis III and famous places such as Pat Metheny、The ballad composed by Shigeo Fukuda in the image of the heartbreak of the main character Deckard and replicant Rachel played by Harrison Ford in the movie "Blade Runner"、2人のAlbumとなる「レイチェルズラメント (Rachel’s Lament)」からも数曲ピックアップ! 「悪魔のように細心に、Be as bold as an angel.。」by 黒澤明 この言葉が耳に残る色香漂うジャズダンディズムライブに酔いしれます! ライブのフォトアルバムはこちらからご覧いただけます! https://photos.app.goo.gl/fmsv9ezoBM334sXr6 ハァーミットドルフィン(Hermit Dolphin) 住所静岡県浜松市中区中区 田町326-25 KJスクエア 2F TEL:050-5307-3971 Hours of operation:19:30~Midnight 定休日:Day、Monday、祝日 ※LIVE Informationはサイトを御覧ください! https://www.facebook.com/hermitdolphin/ ...

新規オープン!「パスレル」フレンチシェフがつくるスパイスカレーのカフェ&レストラン

浜松の佐鳴台に誕生するカフェ&レストラン「Passerelle(パスレル)」! 本日2019年10月31日(木)にプレオープンを迎えられるため先立って開催されたレセプションパーティに参加して来ました! 場所は佐鳴台のオレンジストリート沿いの「サーラプラザ佐鳴台」内となり運営は街中でワインバー「Beige(ベージュ)」や「浜松科学館カフェ」を営む山内 基司 (Yamauchi Motoji)Mr。 ヨーロッパでの修行歴を持ち某有名店で経験を積まれたフランス料理人の加藤 慎也 (Shinya Kato)シェフを招き入れ新たにオープンしたレストランとなります! 店名の「Passerelle(パスレル)」とはフランス語で「橋」を意味しており「ここでの料理を通じて人や地域生産者の方々との架け橋(Passerelle)となれるような店作りを目指したい!」と加藤シェフたっての希望で名付けられたとのこと! 夜はイルミネーションが艷やかに広がる落ち着いた雰囲気です昼は自然光が降り注ぐ明るい店内で木の優しさが温かみを増す天井は高さもあり開放感に溢れ白を基調としブルックリンカフェをイメージされたお洒落な空間です! この日はSALA関係者や浜松のインフルエンサーなどが集まりプレオープンで提供されるメニューの試食会となりスパイスたっぷりの「チキンスパイスカレー」と野菜たっぷりのヘルシーな「オープンサンド」が提供されます! カレーに合わせてベルギービールの「ヒューガルデンホワイト」とメキシコビールの「コローナ・エクストラ」を頂きオープンを祝して乾杯! 「チキンスパイスカレー(オレンジ&フェンネル)」 白湯スープをベースにスパイスをたっぷりと用いてオレンジとフェンネルの香りを楽しむ爽やかなスパイスカレーはベースの辛さはマイルドとなるため辛めがお好みの方は1辛ずつレベルをアップさせることができます! 盛り込まれたチキンは塩麹仕込みでしっとり仕上げ皮面はこんがりと香ばしく焼き上げられておりボリューム感も楽しめます! 脇に添えられたオクラとトマトのアチャール(インドの漬物)を混ぜながら食べても美味しく味わえます! ※カレーはテイクアウトもできるため仕事の合間のお弁当としても嬉しいですね! 「おすすめオープンサンド」 自家製のハムやマリネサーモンを用いたオープンサンドはしっとりときめ細やかで優しい塩気と甘みのあるあっさりとした脂を楽しめる 「夢ポークのオープンサンド」と爽やかな香りと味わいを楽しめる「マリネサーモンのオープンサンド」の2種類から選べます! オープンサンド用に開発された特製パンは「Boulangerie Lamp(ブーランジェリーランプ)」に発注されています! オニオンピクルスの酸味をアクセントにグリーンサラダや食用花のエディブルフラワー(ペンタスの花など)を彩り良く盛り込まれているためインスタ映えはもちろんのことヘルシーさを求める女子にも喜ばれることでしょう! トーストしたカリカリ食感のパンと焼かずにパンそのままの風味を楽しむもちもち食感のパン2枚で構成されたオープンサンドは食べやすいように挟んで食べても良しそれぞれに具を載せて違う食感を楽しんでも良しの二通りの楽しみ方で味わえます! こちらはランチタイムからカフェディナータイムまでを通し営業されるため、1日どの時間帯でも利用しやすく小さなお子様連れの親御さんにも嬉しいソファー席なども用意されており子育てママ&パパにも嬉しい環境が整っています! さらにわたしのお気に入りの場所でもある緑豊かな中庭テラス! こちらを開放してのイベントやパーティなども積極的に受けられるとのことですので今後の展開がとても楽しみです! 11月の約1ヶ月間をプレオープン期間とし、11月末~12月にかけてグランドオープンを迎えます! ランチメニューとは雰囲気を変えディナーメニューにはフランス料理のコースを導入される予定ですのでデート利用も楽しみとなります! 最後にオーナーの基司とBeigeスタッフの大原雅美さんそして新たに加わった加藤慎也シェフと女性ホールスタッフの大場さん井草さんを囲んでの記念撮影! 「サーラプラザ佐鳴台」は、11/1(Friday)、2(Sat.)、3(Days)、4(月)の4日間 でサーラグループ110周年を記念して「サーラ大感謝祭」を開催されるためカフェ&レストラン 「Passerelle(パスレル)」 もオープン早々賑わうこと間違いなしです! 近くに足をお運びの際は是非立ち寄って見てください! Passerelle(パスレル) 住所静岡県浜松市中区佐鳴台1-11-5(サーラプラザ佐鳴台内) TEL:053-555-6295 Hours of operation:Lunch time 11:30-14:00、カフェタイム14:00To 18:00、Dinner time 18:00-21:30(21:00 L.O.) 定休日:Wednesday、年末年始...

Scroll to top