Special lunch celebrates birthday at the castle restaurant blooming Crape Myrtle "now and forever"

Sat quietly as mokuren's Hamamatsu Kita Toda、重厚感たっぷりと存在感溢れる古城のような「カフェ&レストラン 連理」へ ! こちらはおよそ3,000坪に広がる農園と庭から眺めることのできるシンボルツリー「連理の木」がまた素晴らしいロケーションとなり我が家の愛車が映える風格を持ち合わせています! 岐阜や多治見で修行された後「グランドエクシブ浜名湖」内のイタリアン「グランドエクシブ浜名湖 ルッチコーレ」にて経験を積みイタリア料理とフランス料理の基本を学んだ尾上成彰シェフを迎え入れ、 2013年12月3日(火)にフレンチレストラン「カフェ&レストラン 連理」として再オープンされ非日常的な雰囲気を味わえるレストランとして人気を誇っております! 今時期はサルスベリの花が咲き誇る中庭を眺めながら優雅なひとときが過ごせるため、8/14(水)の旦那様の43歳のお誕生日を祝して昨年同様に尾上シェフにおまかせしスペシャルなランチコースを半個室で楽しみます! また今回も富山作家を応援するlade企画の【器と旅するシリーズ】として陶芸家「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)」と下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo)さん&下尾 さおり (Saori Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo Design」の器と共にコラボしていただきましょう! 「ルイ ロデレール ブリュット プルミエ(Champagne Louis Roederer)」 誕生日を祝うChampagneは淡く煌めく黄金の輝きに豊かな香りとコク繊細なまろやかさを持ち併せリッチな味わいが楽しめる「ルイ・ロデレール」にて乾杯! 「前菜の盛り合わせ」×「器釋永岳 áge Φ320」 ■「富士山サーモンの燻製 胡桃レーズンパンを添えて」 バナジウム水で有名な猪之頭湧水と芝川の豊かな水で育つ富士山サーモンの燻製は色鮮やかな紅色で癖の無い淡白な味わいが特徴ですが香り豊かに楽しめる上品で清らかなサーモンです! ■「稚鮎のコンフィ フレンチトースト添え」 ほろ苦さを楽しむ稚鮎のコンフィには甘味優しいしっとり仕上げのフレンチトーストを合わせさっぱりとした酸味のトマトのピクルスを添えて頂きます! ■「春野町産チョウザメ 蕎麦粉のブリニ キャビア添え」 浜松市天竜区春野町の新たな産業として着手されたチョウザメの養殖に加え世界三大珍味の1つの高級食材であるキャビアを「ハルキャビア(HAL Caviar)」としてブランド化することに成功! ハルキャビアは国産のフレッシュキャビアでキャビア本来の美味しさを引き出す為に添加する塩は必要最低限としており優しくクリアな味わいが特徴で他には無い味わいとなります! 身の締まったチョウザメの炙りと蕎麦粉のブリエと共に楽しみます! 「北海道産ピュアホワイトのポタージュ 大豆のエスプーマを添えて」×「器釋永岳 mars bowl Φ100」 自然栽培にこだわる北海道産の真っ白なとうもろこし「ピュアホワイト」を用いたポタージュはスイートコーンと言われるほどに甘味豊かなとうもろこしで生でも食すことができる幻のとうもろこし! 豊かな甘味で濃厚さを感じながらも後味さっぱりと楽しめるポタージュは優しく胃に染み渡ります! 「甘鯛の鱗かりかり焼き 茄子のジンジャーロースト ブ-ルブランソ-ス」×「器釋永岳 新作áge Φ300」 甘鯛の鱗かりかり焼きはわたし達の大好物! パリパリに仕上げた鱗の食感が歯切れ良く身はふわっふわの絶妙な火入れ! こちらには以前尾上シェフの料理教室でレシピを直伝していただいた鉄板のブールブランのソースを合わせて頂きます! こちらのブールブランソースはバゲットに付けて頂くのもお勧めです!...

Irako "Japanese taste Inn corner tower" fresh local seafood and regional cuisine where you can enjoy your thread road food

The Japan ryokan celebrates summer night "Japanese taste Inn corner tower (Kakujoro)"、Soft light lamp、Be moisturized more ambience to start out! Bath may、Pleasant breeze on the skin、The hotel is very quiet、涼やかな風に乗り虫たちの鳴き声が響き渡る癒やしの音色! 辺りはすっかり薄暗くなり、Private rooms are ready by the time、Celebrate your dinner time here! This time our course、Course of sea waters and climate cherish the blessings of the Atsumi peninsula regional dishes and thread road dishes for fish dinner! From the tip of the Atsumi peninsula here Italian good Lake to silk to Ise Jingu Shrine road、かつては「お糸路(おいとじ)」と呼んでいたそうです! そんな「お糸路」の名に因み、And with numerous dishes utilizing sankaijuku nurtured in the Atsumi peninsula seafood specialities、This time our featured travel with a series of Lade、企画第一弾で登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器とコラボレーションしていただきます! こちらでも仲居として務められるベトナム人のTanくんがわたし達の夕食をサーヴしてくれます! とてもピュアな青年ですので多少言葉足らずなところは御愛嬌! 当主でありながら料理人として腕も振るう上村 純士 (JUNJI Uemura)Is it to ask sake dishes、青森の銘酒「西田酒造店」の「田酒 特別純米酒」を用意していただき乾杯!青森県産酒造好適米の「華吹雪」を使用した銘酒は、By flavor、飲み飽きることのないスッキリとした旨味が楽しめます! ■「先付 山芋のすりながし」×「器釋永岳 呑みすぎる杯 ゴブレット」 ひんやりと冷やした釋永岳の薄杯に流し込んだ山芋のすりながしは、On gumbo sauce、While shellfish slipped into the screen that has、Thick spicy Yam's taste and throat as、軽快な始まり! ■「御口取 日替わり旬の逸品」×「器釋永岳 リバーシブル シャーレ Φ25」 渥美半島・伊良湖と言えば貝が有名で、For different shellfish specialties every season、今回のコースにも貝がふんだんに盛り込まれています! 左手から「あさりの手毬寿司、Cherry tomato Compote、Edamame、Grilled young corn、Natural pumpkin soup、Pork sauce "and、どれも素材の良さを感じられる優しい味付けで酒の当てに嬉しい一品たち! ■「御造 旬の魚介と地野菜お造り」×「器Shimoo Design KAZARIDAI W500 × D90 × H30」 当主の上村 純士 (JUNJI Uemura)And I can enjoy fresh vegetables of the vegetable Kingdom boasts a production high kicking himself in the Italian good Lake market buying ground fish and Japan's Atsumi sashimi! With lushly crunchy sciackishaki、The Super fresh sweetness of ground vegetables、Cabbage、Zucchini、Green asparagus、Red yellow peppers and pretty、Moromi miso and salt will be with your choice! The sashimi、Ponzu is a swell rolled scallion、Puffy nipples clips and white giant clam, snapper、コリコリとした食感が美味しいサザエは醤油や塩で楽しみます! ■「焼物 岩牡蠣の蒸し焼き」×「器釋永岳 新作áge Φ30」 器から零れ落ちんばかりの特大サイズの岩牡蠣は、Shell each steaming baked in、With our tightly focused lemon、口一杯に溢れ出る大きさで海の香りが広がります! ■日本酒「黒龍 純吟 純米吟醸」...

Gastronomic French rejoice in peaceful countryside at the foot of Mt. Fuji "restaurant BIOS' of freshly picked vegetables body

In the peaceful countryside at the foot of Mt. Fuji、自家農園「ビオファームまつき」の採れたて無農薬野菜をふんだんに用いた身体に優しいフレンチレストラン「レストラン ビオス(Restaurant Bio-s)」へ! 富士山の雪解け水が豊富に流れる山麓は、And rich natural environment suitable for agriculture、1.8with HA (5400 square meters) farm plantations "Matsu biofilm when" now、Is aimed at farming without pesticides and chemical fertilizers、Mainly including herbs grown vegetables、年間50品目以上の作物を生産されています! 「レストラン ビオス(Restaurant Bio-s)」は自家農園「ビオファームまつき」を営む松木 一浩 (Kazuhiro Matsuki)Mr. 12/8/2009 opened farm restaurant! In room was originally opened in Japan Taillevent Robuchon (Joel Robuchon now) when m-deter (maître d'hôtel) the first steward says matsuki、MATSUMIYA, Daisuke is Manager of the old House Hotel in Kamakura the other day I went "Kamakura now and then. (Daisuke Matsumiya)Mr. also、That had been a waiter at hamburger with matsuki、Now that relationship continued as a supporter of each other! I arrived at the parking lot and、We waiting for pick-up goat cry be healed! Kid's in friendly manner、Shake hands and came up very near、フェンス越しに顔を覗かせ挨拶してくれる愛嬌一杯の姿にメロメロです! 木目をふんだんに用いたナチュラルな店内は、Cozy bathed with natural light from the large Windows spread out on a full wall space! Living room architects called the magician of light and Mexico's Luis Barragan's House, reminiscent of the cross to what design is impressive! Pieris rapae crucivora boisduval full dance、緑溢れる農園越しに雄大な富士山を拝める特等席を用意してくださいました! この日はランチメニューの「季節のティスティングコース 12皿〜」9,500円にコースに合わせて提供される「ノンアルコールペアリング(おまかせ4glass)」2,800円を追加しオーダー! 真っ白なテーブルクロスの上には、In the festive, decorate the table dainty with the image of flowers blooming in Germany tableware "Rosenthal" summer meadow "Fleurs Sauvages (wild flower)"、ワクワクのランチタイムスタートです! [季節のティスティングコース 12皿 + ノンアルコールペアリング] ①「長谷川さんのマッシュルーム」 富士市の「長谷川農産」代表である長谷川光史さんが、In the finger food using organic mushrooms have made painstakingly in fungus was imported from the Netherlands、Used on occasions sliced mushrooms are so fresh,、A gavotte France candy in the bottom-took the crispy dough in finely chopped mushrooms and slipped into the screen is and、In one mouthful of fish and、マッシュルームの香りと甘味が口中一杯に広がります! ■「ノンアルコールのスパークリング ミントを添えて」 ペアリングでは、Sommelier and enjoy performance matsuki's Owner who serves freshly prepared drinks on the desktop、Instead of wine or non-alcoholic、気分はChampagneのような雰囲気で乾杯! ドライテイストのノンアルコールスパークリングに自家製ミントシロップを垂らし、Pick fresh mint with refreshing cup! (2) also made wishes goat cheese with onion and sauteed until "Parmesan tart" caramelized tart in bite-size pieces and、玉葱の甘味とチーズの塩気のハーモニーが絶妙です! ③「スナップエンドウ」 フレッシュなスナップエンドウや空豆、The colored buds of Chrysanthemum stone、Snap peas boiled lightly onto the boat-shaped thin tart with white bean puree、スナップエンドウの白い花が添えられて来ます! 生の状態では甘さと瑞々しさを楽しみ、Are boiled, the more colorful leave snap peas add texture with shakishaki juicier and enjoy! Because salt is gentle、採れたて野菜の本来の旨味を存分に味わえる一品! ④「自家製リコッタ」 ガラス製のクロッシュの中からお目見えの自家製リコッタチーズはスモークを纏わせて提供!薄いメレンゲと合わせ、And served with smoked oil during the、スモーキーな香りとミルキーな味わいを楽しみます! ■「Chardonnay(ノンアルコール)」 ノンアルコールのChardonnayを用いたハーブのジュースには、Mint and lemon grass、エディブルフラワーの香りが一杯! ⑤「自家製パン」 自家製の天然酵母でライ麦と全粒粉、Golden ratio derived in flour in bread、Outside is crisp and white sesame seeds roasted、Are soft and have、Such as bread too heavily and balanced finish、This is a delicious bread as you go! Boil unpasteurized milk、Milky butter whipped with butter、Served with a light touch with the salt! Focaccia start burning at the time faced in opening visitor always seems so、Focaccia is rumored next time 'round the world "and also look forward to! (6) flit was wrapping cloth in "onion" onion、Sun-dried tomatoes and capers、Olive、Along with the pine nuts and sour condiment、Served with sliced marinated or dry onion、Coriander flower and herb accents! Food between takes、Chef and sous chef alternately emerge from the kitchen and went to the farm、用いる分だけのハーブや花を収穫に! レストランとしてこれほど理想的な環境はありません! ⑦「豆ごはん」 提供できるのは僅か2週間程度とまさに旬の時期しか食べれない豆ごはん!...

"Barzel" daytime's bar、Toyama Italian trattoria and two-face has a night

富山街中にある健康と福祉をテーマにする複合施設「総曲輪レガートスクエア」内に誕生したイタリアン「Barzer(バルツェル)」へ! こちらは「健康」をテーマにあらゆる分野で生活向上を目指す医薬品メーカーの「広貫堂(廣貫堂)」がプロデュースされている「ナチュラルカフェ広貫堂 (NATURE CAFE by KOKANDO)」が惜しまれつつも閉店された「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ・トヤマ (LA BETTOLA da Ochiai Toyama)」にて料理長をされていた藤田 晋爾 (Shinji Fujita)And welcome the chef、2018年12月3日に「Barzer(バルツェル)」としてリニューアルオープンされたイタリアンレストランです! 昼はバールとして名物サンドやパニーニなどの軽食を、And feel free to enjoy espresso machines made in Italy offers a barista, with ranch-style、Combines the faces of the two as the Trattoria enjoyable evening of seasonal ingredients mainly Italy cuisine à la carte and of course country accompanied by excellent wines! On this day in Toyama home、To produce a day Halle, such as wedding planning company "Humming bird / Wine | Hummingbird/wine "of Kaori Takeuchi Miller (Kaori Takeuchi) served in the 1 Division, has been working as a Wine importer in South Africa with the concentrate! In the restaurant、That seems to enjoy wine in South Africa is Becker's Kaori、Order a cappuccino with special latte BREW shop Barista Cafe offers this time! And to leave it to the barista art theme、What! To celebrate the birth of new era "Reiwa.、And the adorable Nyan child promises "Reiwa" cappuccino、「月と太陽」のカプチーノを用意してくださいました! 美味しいカプチーノに癒やされながらの歓談タイムの始まり始まり!富山の大変由緒ある呉服問屋「牛島屋」に生まれ、3Kaori says she grew up surrounded by brothers very friendly、What was our interaction several times on Facebook、この日が初対面といった雰囲気を微塵も感じさせないフレンドリーな素敵な女性! 以前はファッションの分野で活躍されていたKaoriさんは、Young younger days when was moved to England to study fashion、現在御主人となる南アフリカ人のShawn Thomas Miller(ショーン)さんと出会ったことにより、Border control and South Africa will celebrate the turning point was born in life! By remarkable coincidence,、There is master Sean's cousin married to wineries in South Africa、Kaori's bonsai "taste of the true African wine".、"This delicious South Africa wines in Japan want to disseminate more! "The pure feeling how they、As porters so that walk! At that time in Japan so distribution wasn't South Africa wine、In recent years、Its richness in the variety of the breed, cost performance, and high quality、日本のワインラヴァー達の間で話題に出るほどの発展を遂げています! Kaoriさんが取り扱ってらっしゃる南アフリカワインを御紹介頂きパンフレットを拝見! わたし達も南アフリカへ旅した印象は強烈に残っており今でも「もう一度行きたい国は?」の問いに必ず上位に上がる南アフリカ! その際に現地の日本人ガイドを務めるKeiko Umbhauさんに南アフリカ最古のワイナリー「Groot Constantia(グルート・コンスタンシア)」へ連れて行ってもらった楽しい思い出が蘇ります! 当時はわたし達もKaoriさん同様に初見の南アフリカワインの美味しさと手頃な価格帯に本当に驚かされたものです! 今回たまたま現地の日本人ガイドを探されていたKaoriさんに現地のkeikoさんを御紹介させていただいたことをキッカケにわたし達の南アフリカへの再熱が沸々と湧き上がって来てしまいそうな予感! [ハミングバード(Humming bird)取扱の南アフリカワイナリー] ■南アフリカに新風を巻き起こす注目のワイナリー「Barnardt Boyes Wines(バーナード・ボーイズ)」 ■南アフリカを象徴する芸術家キャロル・ボーイズがエチケットをデザインし弟のバーナード・ボーイズとコラボしたプレミアムワインコレクション「CaRRoL BoYeS Wines(キャロル・ボーイズコレクション)」 ■馬とワインをこよなく愛し料理とアートに情熱を注ぐ気鋭のワイナリー「Cavalli Estate(カヴァリ)」 ■美しいバロック音楽が流れる名門ワイナリー「DeMorgenzon(デモーゲンゾン)」 ■南アフリカ屈指の栽培家たちが育む秘宝ワイン「Elgin Vintners(エルギン・ヴィントナーズ)」 ■元エンジニアが手掛けるカルト的人気のワイナリー「Spioenkop Wines(スピオンコップ)」 どのワイナリーも大変興味深かったですが特に女性芸術家が手掛けただけあってかエレガントなタッチのエチケットデザインに心を奪われてしまった「CaRRoL BoYeS Wines(キャロル・ボーイズコレクション)」の「SKETCHBOOK Cabernet Sauvignon(スケッチブック...

"Toyama when you come with airport" at a mother's day lunch at Tokyo Ginza sisters authentic pizza!

Became the only Riverside airport in Japan、In the gateway of the Toyama-City Toyama "Toyama when you come with airport TOY/Toyama" to! "Toyama when you come with airport TOY/Toyama" is、As an airport with a runway of 1200 m in the dry riverbed of the jinzu River flows through the center of Toyama Prefecture、1963Has been opened in years (0/1963) 8/20、1984Due to the growing aviation demand, (0/1984) 3/18、Extending the runway to 2000 m、Airport jet aircraft is reborn! Domestic flights to Tokyo and Sapporo delivery of、International line is "soul express".、Dalian service、"Shanghai express"、Taipei service and is operated by、It is possible by using the flight operates daily to 21 cities around the country or world travel! Parking is free area and divided in the paid area、Free parking is 1536 units.、Equipped with 126 parking。Also stayed many nights for free parking for free、Peace of mind for long trip! To the left on the first floor of the airport's domestic flight check-in counter、Teleca has international check-in counters on the right! Large monitors in the Central Lobby (2.1 m long, 3.7 m wide) is and projected scenery "the basin of the wind"、And the main function of the fun virtual experience can be appearance of the dancers in the stand to the monitor before、Like any other installed armor as well as、小さなお子様たちも大興奮しながら楽しまれている様子が伺えます! 2階にあるショップ・売店は富山の特産・名産品が勢揃いする「まいどは屋富山空港売店」や「ANA FESTA」をはじめとやまの配置薬で全国に知られる「広貫堂(廣貫堂)」が入店されており国際線登場待合室には「免税売店 Duty Free Shop」も御座います! 「まいどは屋」に立ち寄り富山土産はこちらで物色していくことに致しましょう! 富山土産と言えば外せない「ます寿司」や「蒲鉾」を筆頭に、The wide variety of aligned's Toyama Bay Seafood gift、さらに山々に囲まれた自然豊かな大地と清涼な水が生み出す美味しいブランド米「富富富」や銘酒の「満寿泉 酒蔵」や「羽根屋(富美菊酒造)」「しろえびせんべい」など老舗和菓子店たちが織り成す銘菓や御当地ラーメンの「富山ブラック」などが出揃います! 空港内にあるカフェ・レストランは、Feel free to enjoy the seafood of the Toyama Bay "kaiten and Yamato sushi" introduction、Have a store in Ginza, Tokyo、姉妹店としてやって来た本格イタリアンレストラン「エアポートキッチン (AIRPORT KITCHEN)」、Coffee Wing operates all year round early in the morning from the 6:20 to the、Speaking of Ramen in Toyama、「東京ラーメンショー」でもV5を達成しているブラック黒醤油らーめんを提供する「麺家いろは 富山空港店」が出店されています! 毎年この時期は旦那様の実家である富山に帰省するのですが、That time coincided with the "mother's day"、And ask them about things I ate your MOM、高級寿司でも懐石でもなく意外や意外の答えが返って来て「お父さんとは絶対行けないピッツァが食べたい!」とのこと! となれば、Aiming at the authentic pizza baked in a stone oven、空港内2階に2013年4月にオープンしているイタリアンレストラン「エアポートキッチン(AIRPORT KITCHEN)」へとやって参りました! 真っ青な青空のように爽やかなブルーをイメージカラーに用いられ、The finished brick、And open the sofa by the window、By saying you can enjoy dinner while watching the Federal Tateyama is on a sunny day、この日は窓際席は全て予約で満席となるほどの人気振り! 店内の空いているソファー席へ誘導されメニューを拝見! 富山の名産品を使用した地産地消メニューをはじめ、Authentic pizza baked in a stone oven and hearty burgers、彩り豊かなサラダやパスタなどが楽しめます! 「富山湾の恵みたっぷり魚介の”きときと”サラダ」1,200円 これぞ富山!と言わんばかりの海鮮サラダで、Fresh, sweet white shrimp and squid was acquired in the form of、Oval squid sepioteuthis lessoniana enjoy the soggy texture and sweet taste with plenty of、彩りにサーモンやとびっ子が添えられた贅沢サラダです! 「富山湾のホタルイカのピッツァ」1,350円 こちらも富山ならではのピッツァとなり、Mozzarella and fresh squid 漁reta in Toyama Bay、オレガノやベビーリーフの組み合わせ! 実は、For any "meat" to eat is my mother in law、Don't eat too much.、Only food eat your MOM on this day and order coloring fun! Stone kiln was set up in the kitchen are baking at high temperature of 550 degrees for、To finish one minute and as soon、Plump in the ear while even I click real pizza is! Size is good to share four very large 30 cm size sense! From preppy baby squid、思わずワインが恋しくなるお味です! 「ジェノヴェーゼ」1,400円 海老とモッツァレラの組み合わせで香り豊かなバジルペーストで仕上げたジェノヴェーゼピッツァ! 焦んがりとローストされた松の実が良いアクセントとなり香ばしい味わいが楽しめます! 「キノコの王様ポルチーニとトリュフのクリームフェットチーネ」1,400円 濃厚なクリームソースに良く絡むフェットチーネを用いたパスタは、Taste、香り共に抜群のキノコの王様でもあるポルチーニにトリュフを合わせての登場! 残ったクリームソースにピッツァの耳(コルニチョーネ)を付けて食べると二度美味しさが楽しめます! 大口を開けないと食べれないようなタワー系のアメリカンなハンバーガーもとても美味しそうだったので次回はそちらに挑戦してみようと思います! 食後は、4On the floor to a visit to the observation deck、午後一の便で出発する「台北便」をお見送り! 国内で唯一の河川敷に敷かれた滑走路! 見晴らしの良い展望台では、Enjoy the peaceful scenery of nature in、間近で機体を眺めることができます! フライト時刻を迎えた滑走路では、Dancing heart roar from aircraft、飛び立つ瞬間の高揚感が味わえます! 機体に手を振り「いってらっしゃい!」とフライトの無事を願ってお別れの挨拶! 天候に恵まれれば、And best restored with panoramic view overlooking Tateyama Mountain range and the North Alps、デートにもお勧めです! 富山きときと空港 所在地富山県富山市秋ヶ島30 TEL:076-495-3100 エアポートキッチン (AIRPORT KITCHEN)...

An elegant breakfast while watching the "Kamakura kokinshu' hideaway Inns in Japan garden

古民家ホテル「鎌倉古今(Kamakura Cocon)」での朝は早く、Much of good singing wake up birthday、最高の観光日和です! 庭園を囲むように広がる山の自然は緑に溢れており、Spacious garden as well、Mochino木 and Japanese black pine、Tsuge、Cypress、Surrounded by pomegranate、For the show vary depending on seasonal flowers、池に泳ぐ錦鯉と共に四季折々の景観を楽しむことができます! 4月~5月にかけての最も快適な気候に恵まれたこの日の朝、Warm up in the morning bath micro bubble bath、浴衣姿で暫し館周辺の散策を楽しむことに致しましょう! サツキやツツジの周りには蜂がブンブンと飛び交いせっせと花蜜で食事中! 門の外へ出てみると、Try to find up the path under his arm and、山を守る神様が祀られている小さな神社に辿り着けます! 足元に伸びるのは、Bracken fern and spring、コゴミでしょうか? 春の御馳走とも言える山菜を沢山見掛けることができました! 支配人の松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)And I'm on will give you land.、"For bamboo shoots can be caught in the mountains、Continue to provide in future "and、此処ならではの魅力をまた一つ見つけてしまいました! 散策を終えラウンジのショップにてお土産探し! 「Restaurant Cocon(レストラン古今)」でも頂いた手摘み高級茶「ROYAL BLUE TEA(ロイヤルブルーティー)【高級茶・ノンアルコール・茶宴Cha-En】」の「玉露ほうじ茶 香焙(The Gyokuro Houjicha KAHO)」や「京都宇治碾茶(The Uji)」も販売される他、Feature set, providing "roji" specializing in Japan tea green tea with yuzu and cherry green tea、「黒文字茶」の他にも10種類程の袋茶を用意されています! お茶にはお菓子が付き物と言うことで、Baked goods prepared by、"Miso Kamakura Inoue" "Koji jam" and "miso dressing.、手に取りやすい価格帯の物もあり手土産にはピッタリ! 自然の豊かな香りが楽しめるお香「竹彩香りらく」の和のリードフレグランスや自然派コスメで客室のバスアイテムとして採用されている「MATIN et ÉTOILE(マタン エ エトアル)」の商品、Brand perfume fragrant heart (fragrant heart) 100% pure essential oils、女性に嬉しい贈り物までもが揃います! お部屋に戻ると朝食の準備が整ったようで、So here who served in the room、和室で気兼ねなく頂けます! 用意してくださったおしぼりは「ひのき」の良い香りが漂い、Rest feeling relieved in warm brown rice tea、Open the sliding doors and、庭園を眺めながらのゆったりとした朝食タイムは至福のひととき! 朝食は色彩豊かに栄養たっぷりの御膳で用意され、Side dishes freshly cooked rice Yamagata rice brand "tsuyahime" and "revive" with plenty of vegetables and if you meet several balanced line、身体に優しく嬉しいものばかりです! ■玄米茶 ■7種のフルーツと野菜のコールドプレスジュース ■有機野菜のミニサラダ ■鎌倉釜揚げしらすとおろし大根 ■鰆の西京焼き ■姫様のたまごの出汁巻玉子 ■炊きたて御飯(山形県産・つや姫) ■けんちん汁 ■自家製漬物(沢庵、Cucumber、梅干し) 前夜のディナーで頂いた三浦半島の「岩沢ポートリー」が「姫様のたまご」があまりに美味しかったので生卵を追加で頂いてみました! 見事なまでの黄身色で、How do human drool soy sauce、黄金に輝くTKG(卵かけ御飯)の出来上がり! さらに嬉しいことに食後のデザートには袋井の「名倉メロン農場☆FruitcafeNiJi」の甘~い完熟メロンの登場です! 何でも「名倉メロン農場」のオーナー夫妻とは松宮さんが熱海にいらした頃からの長いお付き合いだそうで「鎌倉古今で是非とも取り扱いたい」と願ってのこと! わたし達も良く知る生産者と松宮さんとの御縁に喜びが隠せない和やかな朝となりました! 鎌倉古今(Kamakura Cocon) 住所神奈川県鎌倉市二階堂836 TEL:0467-81-4435(Phone hours:9:00To 18:00) https://www.kamakura-cocon.jp/...

"aru" here with unique delicate French wines unique Japan

Since 12/27/2017 opened in the city of Toyohashi, Aichi prefecture building 2nd floor、As early as distinguished oneself、東三河エリアを代表する人気店へと成長されるフランス料理店「aru(アル)」へ! 場所はJR豊橋駅から徒歩5分圏内となり、Under the soft light of olive trees and a bare light bulb hung a simple brass sign is on、この日はミモザとアザミも出迎えてくださいました! ゆったりとしたアプローチの先にはこのお店のテーマカラーとなるスモーキーブルーの木製扉が優しく出迎えてくれます! 店内のデザイン設計は、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe ハーグデザイン+ハーグカフェ」がシェフのこだわりを取り入れ手掛けられており、Exudes a cosy soft air to flow into the simplicity of space。Kitchen suggests that the appearance of the floor are arranged on the right、ゆったりと14席~18席ほどの席数を用意! こちらは料理の基礎を大阪のビストロ「アヴォロンテ(’Avolonte)」の川田祐志シェフから学び、In addition、パリの3つ星「アストランス(l’Astrance)」で修行後に独立され最短でミシュラン1つ星を獲得した人気店「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake Hiroki)And the chef、同じく「アストランス(Astrance)」出身でミシュラン1つ星となる仙台の「ナクレ(nacrée)」の緒方稔シェフの御2人から素材の活かし方を多く学ばれ大阪の「レストランエテルニテ(Eternite)」ではサービス兼Sommelierとして経験を積まれた鈴木 琢 (Takumi Suzuki)Chef is a 32-year-old youth、Sommelierの奥様である鈴木 彩 (Aya Suzuki)さんと二人三脚で独立したお店です! 20代後半にパリでの修行時代に見つけたお気入りのレストランのような雰囲気を出したくて、Suzuki chef talk round table using the old material was item 外せない。Think that chef is granted the、愛知県設楽町の工房「木と革 aoyama」の職人である青山 和志 (Kazushi Aoyama)And I'm of the handicraft、敢えて古材を繋ぎ合わせ造り上げた味のある円卓には「肩肘張らずに食事を楽しんでいただきたい」というシェフの温かい想いが詰まっており気取らずに会話を弾ませながら心から食の楽しさを知ることができるのです! こちらではランチディナー共におまかせとなりランチで6皿前後の3,400円と8皿前後の6,800円となりディナーで8皿前後の6,800円と10皿前後の8,800円とそれぞれに2つずつのコースを用意されておりシェフ自らの目で信頼を置く生産者たちの顔が見える食材を活かして此処でしか味わえない東三河ならではの料理を提供されています! 先日我が家で開催している陶芸展に遥々足を運んでくれた御2人その時に「実際に器を使ってみたいです!」と嬉しいお言葉を頂きこの日はLade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』として企画第一弾で登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器を持参し「aru」とのコラボを特別にして頂きます! 店内のウォークインセラーには日本ワインを中心におよそ700本ものワインが置かれ今まで御2人で少しずつ収集してきた秘蔵っ子たちが並びます近年注目を浴びる日本ワインを料理に合わせて楽しむことができるのもこのお店ならでは! ホールを担当されるSommelierの彩さんにコースに合わせたワインのペアリングをおまかせすると良いでしょう! 先ずはChampagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」にて乾杯! 1皿目「トマトとローズマリーと自家製リコッタチーズのタルト」×「Shimoo Design 浮様 リム皿 280」 玄米の上に添えたフィンガーフードからスタート!一口で頬張ればフレッシュで糖度の高い豊川のミニトマトのジューシィーな甘味が広がりそこに滑らかで口溶け良く優しい味わいの自家製リコッタチーズ彩りに春菊の花そして風味豊かなローズマリーのパウダーを纏い薄く仕上げたタルトとのサクサクとした軽さが相まり思わず笑みが溢れてしまう一口!...

France restaurant in fujieda move if frequenting it "lagap" marriage 7 year anniversary celebration

藤枝市青葉町の青島中学校通り沿いのテナントビルの一角にある「フランス料理 レストランラガップ L’AGAPE」にて、To celebrate our wedding anniversary, "銅婚式"! Shop here、Matsushita, owner-chef Takayuki (Takayuki Matsusita).、Tokyo、Gain some experience in your stores in the Kansai region、After France also trained independent in September 2008。Simple white interior colours and、席数10席ほどのプライベート感溢れるレストランとなり結婚してからずっと通い詰めているお店の一つです! 今年も入籍日となる2/22(猫の日)を迎え結婚7周年「銅婚式」を記念し「フランス料理 レストランラガップ L’AGAPE」にて楽しく過ごして参りました! ランチメニューは1,800円の気軽なAコースから、Up to 10000 Yen course with Chef's seasonal ingredients and capable of handling 5-course、In the course of all Pan (pork Rillettes with)、Soup, and Cafe、デザート付となり、This time the、前菜と主菜ともに好きなものを1皿ずつ選べるBコース3,500円をそれぞれにオーダーし持ち込みワインと共に至福のひとときを楽しみます! 我が家で開催している陶芸展のお知らせも兼ねて、lade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』をリクエストし、Potter appeared in planning the first "釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器とのフレンチコラボを特別にしてただきましょう! 「ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエ(Louis Roederer Brut Premier)」 浜松の大好きな「Patisserie アボンドンス」のBernard Heberle・長谷川 豊佳 (Toyoka Hasegawa)さん夫妻からお祝いで頂いたChampagneを開栓し乾杯! フォアグラの濃厚さにも負けない深みのある味わいで芳醇さが堪らないChampagneとの相性も抜群です! アミューズブーシュ(Amuse-bouche) 「フォアグラのチーズケーキとテリーヌ」×「釋永岳 gen台皿 Φ20」 本来アミューズは無いのですが前菜のメニューにあるこちらのフォアグラが大好物なのですが規定量だと少しボリュームが有り過ぎるので、And ask in a small portion in Matsushita Chef ' served as amuse?! "and glad you care! Strawberry jams include foie gras cheesecake is moist and dense、Finish terrine, foie gras marinated in white port wine、キャラメリゼされたフォアグラは表面のカリッとした食感と香ばしさにとろけるように滑らかなテリーヌの余韻に浸れる一品! 前菜 「サーモンの自家製スモーク 厚切りポワレ」×「釋永岳 gen台皿 Φ30」 こちらのレストランではいつも清潔感に溢れ、So often see a white porcelain tableware is the source and the basics of France cooking、Outlined in black with food feels very fresh! Salmon sauteed crispy skin surface、Intriguing appetite smoked incense、Moist and wearing thick with filling、Kneeling up on salmon in cabbage、Finish light fried Greens with garlic odor on the ascetic garlic and Chinese vegetables Hom vegetables Moss (Kutaisi)、色鮮やかなビーツのソースで頂きます! 前菜 「カサゴの生ハムフリット」×「釋永岳 mars himawari Φ25」 旬菜となる蕗の薹とオリーブのペーストをカサゴで巻いたサクサクのフリットは中ふっくらと柔らかく旨味を閉じ込めた仕上がりに! 甘くローストされた小玉葱や人参、White asparagus、ほうれん草の添え野菜にマイルドなタルタルソースは粒マスタードやピクルスのアクセントで楽しみます! スープ 「有機栽培人参のスープ」 藤枝の農家がつくる有機栽培の人参は素材本来の人参の甘味が味わえリッチなテイスト! パン...

See eskerita 68"60's interior is cozy, ringing around cave Ranch!

Daytime Cafe、夜はライブ会場へと変貌を遂げる佐鳴湖西岸のカフェ「Esquerita 68(エスケリータ68)」にてランチタイム! こちらは佐鳴湖西岸道路沿いのカフェとなり、Because the nearest coffee shop within walking distance from my home、A gentle stroll weather and spring flowers、佐鳴湖の桜の開花を横目にしながらの初訪です! 閑静な住宅街の大平台にて、2000年にオーナーの後藤 弘 (Hiroshi Goto)And his wife is open since 18 years between、Day is healthy and yummy homemade open as a café selling and、Night became a dining bar、ROCK and FOLK、JAZZ、POP、Burlesque、Comedy etc etc、Gathered bands that are active in a variety of genres as a live music venue that is continuous day hustle and bustle and、音楽マニアには堪らないカフェ&ダイニングバーとなります! 店名の「Esquerita68 (エスケリータ68)」は、1960R's&B singer's name has been named、[68] is taken from the shop owner born in years! In the love that era owner commitment、Shop 60's-featuring ' 70s decor & design、Comfortable and feeling good and warm、Cafe somewhere nostalgic sounds、長閑な時間をのんびりと過ごせる空間! ランチメニューは、Using homemade bagels offers daily "perfect set" 1000 yen ~、"Various omurice (salad、With miso soup) "1000 yen ~、See various types of pasta (salad) 1000 yen-and、Drink set at +200 yen、+450円にてドリンク&ケーキセットとして追加可能です! こちらで提供する料理やスイーツには、Uses choice ingredients and seasonings, etc.、Organic Brown rice started.、Sweet, home grown soy beans using 100% natural soy sauce or Amami (sudaki) sugar、Seawater goto Nada near the mineral-rich salts in、Underscoring its increased eat while being mindful of the health、安心して頂けます! 「こだわりベーコンBLTサンド」1,150円 愛らしいワンプレートスタイルで登場! 陶器のカップには、Every morning fresh "pumpkin soup" comes with plenty of、In the typical Salad Bowl、Other leafy vegetables, such as cabbage and lettuce、Barley and mushroom salad and Spice becomes a habit and Chick Pea Salad、Smooth mashed potato、Nice colorful carrot lape、Cherry tomato、Includes crunchy outstanding homemade potato chips、女子には堪らないヘルシーなランチセット! 日替わりで提供される自家製ベーグルは、Without the use of eggs, butter and milk to make、That is more healthy than bread、Heavy and filling、Also was delicious too chewy texture and dust、This day bagel and impregnated with Sesame、From the toasted sandwich ingredients、Provide fresh、風味も香ばしく最高! そこへ、Watanabe butcher shop in leafy vegetables with plenty of juicy, crispy bacon, served with、Better compatibility with salsa and cream cheese、This is a delicious yummy sour pickles and olives becomes the accent! "Fragrant cheese omelet (salad、With miso soup) "1000 yen on the organic Brown rice mtsukabi、Is a fluffy omelette thick omelet topped、Is a Japanese-style omelet fried style! Fluffy omelet、Feel the taste of, such as soup with egg、Taste of "happo-one 's" is, and has helped! Organic Brown rice hung with white sesame seeds、Enjoy Sesame flavor in every bite! Got an omelet in fragrant kinds of cheese、That can be served with salsa、和風あんかけと合わせるとあっさりと頂けるオムライスとなります! ベーグルサンドもオムライスもとても美味しかったので次回は他メニューやパスタにも挑戦したいと思います! 「ブレンドコーヒー」+200円 食後には、While blend coffee is stocked from Fukuroi who swear at home by home roasting coffee roaster "blister and Japanese restaurant、His wife and chat for fun、Almost gone stiff time! GoTo Masahiro's owner is active as a drummer、With DrumMania presence know in Japan drummer world、This drum specialist monthly magazine "rhythm & drums magazine (Rhythm & Drums Magazine)」の2019年4月号にて「Esquerita 68(エスケリータ68)」が表紙を飾られているとのこと! 3月~4月のライブも充実のスケジューリングとなりますのでご興味のある方はライブスケジュールカレンダーをチェックしてみてください! ESQUERITA 68(エスケリータ68) 住所静岡県浜松市西区大平台2-48-30 リサービア大平台1F TEL:053-485-9968 Hours of operation:Lunch 11:30-14:30 Live dates:18:00 Open-19:00 Start 定休日木曜日 (※LIVEがある日は変更になる場合がございます。Please check the live calendar, facebook, twitter。) 駐車場:7台(無料)...

The oysters 'tasuke' taste of winter! Leather in a fish restaurant of Hamana Lake Benten island in Oyster FRY meal

Speaking of taste of winter in the Lake Hamana oyster! Birthday in the winter season、Hamana Lake oysters would be fun for a limited winter Oyster dishes on、Benten island in Lake Hamana.、地元浜名湖で採れた新鮮な食材を最高の状態で提供する「魚河岸料理 太助」へ! 「魚河岸料理 太助」は「弁天島 山本亭」の姉妹店となり、1975At the fish market restaurant founded in (0/1975) and the local people have long loved、2017Renovated in March、リニューアルオープンされています! 雄大な浜名湖湖畔を望むことができる店内は、Entrance to our newly disabled! Standing turtle preserve entrance becomes one of the speciality! Popular with respectable preserve overlooking big water tank installed in the store and over the counter、1Floor is like a semi private room and dug kotatsu expression of Zashiki seating、2階は和室の座卓が用意され宴会席としても利用可能です! この日は目の前に生簀が望めるカウンター席へ! 遠州灘の天然トラフグをはじめ、Lobster, flounder and turbot、Sazae-San,、旬の活魚が悠々と泳いでおります! 毎年楽しみにしている冬の味覚にご満悦です! 「カキフライ定食」1,400円 浜名湖産牡蠣を用いたカキフライは、And with five medium-sized oyster、サクサクの衣を纏った身はふっくらとプリプリで濃厚な味わいが楽しめます! カキフライは、Served with homemade Tartar or another's will be at the source! As far as nice and garnished with shredded cabbage、Other、In a small bowl stew、Clams with rice and miso soup、Chinese cabbage and pickled pickles、デザートにいちごミルクの寒天ゼリーが付く定食となり大満足! 平日ランチ限定「海鮮丼(味噌汁付)」1,200円 仕入れによって内容が異なる海鮮丼は、Tiger prawns、Red sea bream、Flounder、Halfbeak、Tuna、Scallops seared on the shiso leaf topped、刻み海苔を纏った酢飯に綺麗に盛り込まれています! 生簀から出されたばかりの車海老は、Still twitching and moving and feet、活きの良さに驚きます! 車海老の締まった身は、Elasticity of the preppy offers a rich sweetness、Other fresh fillets and tasteful、贅沢の極み!やはり和食は落ち着きます! 食事を楽しんだ後は弁天島海浜公園周辺をぐるりと「Maserati」でドライブしながら散策してみましょう! 弁天島のシンボルタワーとして佇む真っ赤な鳥居は、1973Built in the year (0/1973)、わたしと同じ年です! 遠州のからっ風が潮と共に吹き荒れる弁天島ですが、Felt very bright radiance of Lake Hamana in the clear blue sky and dark blue、車中はポカポカと暖かく最高のドライブ日和となりました! 浜名湖最高! 魚河岸料理 太助 住所静岡県浜松市西区舞阪町弁天島3212-3 TEL:053-592-1919 Hours of operation:Lunch 11:30-14:30 Dinner 16:30To 22:00(Last order 21:00) 駐車場:16台(無料) 定休日水曜日 http://www.yamamototei.com/...

Feel the breath of the mountain "Soba House counterweights" coldest winter vegetables Tempura and Soba

Shingen near the chosen from around the country changed to weekly a hit、Hamamatsu offers pole Soba to Nakajima's "Soba House Yohei ohmori"! This is、Tempura, crispy texture carefully fried Soba built Omori Masato is the owner, is painstakingly made by hand-ground and his wife Mieko, taste delicious at、If you order the Soba in Hamamatsu、わたし達夫婦は必ずこちらのお店に伺っています! 土曜日となるこの日は混み合うであろう時間を外し敢えて13時を過ぎてから入店! 店内は、10And the room's name and counter 腰掛kereru about 4 small shops、Warmth of the tree is overflowing.、ゆったりとした時が流れる空間です! 1枚板のテーブルを囲む常連の方々の姿はいつものことですが、Occasionally、Knowing rumors、Outside groups from afar purposely go look at it of anybody here seen、A very popular like the Soba shop! In the kitchen、For Omori at how calm it is、Announcement of ceramic art exhibition at home also doubles as a、lade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』をリクエストし、Potter appeared in planning the first "釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、Special Soba collaboration with reasonable and don't forget the beautiful wooden instruments, and I! "Tempura" 900 yen × "Shimoo Design (caudate, Kazuhiko / Saori caudate) floating like Series plate 280 "Tempura ingredients、Shrimp、Kidney beans、Eggplant、Maitake mushroom、Carrot、With 6 different types of squash、季節毎に若干食材が異なります! 奥様の三枝子さんが揚げてくれる天ぷらは、And finished with taste the flavor of ingredients with a crunchy sound、With green tea salt and please! On this day、Customers feel the mountain wild vegetables buds had to、Was accompanied by the usual Tempura! Is there still more severe cold February、This year is the slightly bitter、春の訪れがそう遠くないことを感じさせてくれます! 新そば「せいろ(福井大野産)」 900円 ×「蕎麦器釋永岳 mars himawari」、"Soba Inoguchi:釋永岳 mars bowl」 店内のホワイトボードにその週の蕎麦粉が書かれており、Is this, Seiro、福井大野産の新そばとなります! 丸抜きし電動石臼で挽いたそば粉を二八で打った蕎麦は、In the fine cast are:、喉越しの良い甘味を感じる一品! 今回、Bowl series of mars and gen of using buckwheat Inoguchi 釋 Yung Dake、We usually use at、And used as a drink shochu rock glass、手で包み込めるサイズ感がお気に入りです! 新そば「たべくらべ(福井大野産・茨城常陸秋そば)」1,200円 ×「蕎麦器釋永岳 リバーシブルシャーレΦ24」、"Soba Inoguchi:釋永岳 gen bowl」 たべくらべは、Seiro and freshly ground whole countryside near two at the same time eat compared to that for、どちらも食べ比べたい欲張りな方にお勧めの一品! 手前のせいろは、As Fukui Ohno from new by the throat better feel the sweetness、At the back is、Ground involvement in the countryside near、New Hitachi fall near next to、Fragrance、味わい共に濃く蕎麦らしさを存分に楽しめます! どちらの蕎麦も、The first buckwheat that leave the mouth、Enjoy a unique stone of hand-ground buckwheat、And then with salt and enjoy rich sweetness、出汁の利いた汁で頂く味わいとの違いが感じられます! この日は、The stock was interviewed in late、Saturday and Sunday-only "10%" is very popular、早めに来訪されることをお勧め致します!最後はとろみのある蕎麦湯で癒やされ大満足! 大森さん三枝子さん!いつも美味しい蕎麦をありがとう! 蕎麦家 おおもり 住所静岡県浜松市中区中島1-31-1 TEL:053-463-2879 Hours of operation:11:30-14:00 Closed on Mondays:Moon、On Tuesday、金曜日(WEBサイトのカレンダーで御確認ください)...

"Michele" simple day out lumps and be healed Italy savour lunch

イタリアの郷土に根ざした料理を得意とするイタリアン「Osteria da Michele オステリア ダ ミケーレ」へ! こちらは、From the shop has been open longer in accompaniment of Hamamatsu-Cho、Last year 2018, 11 / 4, (Sunday) the art form from being moved in front of the Castle reopened! The entire storefront was removed by、Alarmed even the in-store appearance from the street、The warm atmosphere is bright sunlight poured、And space than ever ago, with soft comfortable、壁面には前店同様にファッション誌「VOGUE」の額が飾られています!席数は14席と以前より少しゆったりとした広さで快適です! 浜松は元城町出身のシェフ千賀一英(Kazuhide Mic Senga)さんは、After graduating from design school、And he cooks the way companies work through、After the country of Italy to Florence and Siena to stay two years, trained、1999At the local,、Own shop "Osteria da Michele Osteria da Michele" open! Even now opening 20th anniversary、Shop us on the regional cuisine in a rustic yet cosy warm hospitality. This day、We will transfer after the first visit、我が家の陶芸展に御来場くださったフレンチレストラン「aru(アル)」の鈴木 琢 (Takumi Suzuki)くんと奥様の鈴木 彩 (Aya Suzuki)ちゃん夫妻と一緒にランチタイム! ランチメニューは「Pranzo A (アンティパスト、Main course、Dish、Dolce、Drink) "3240 Yen、"Pranzo B (Antipasto、Main course、Dolce、Drink) "became two of 2160、この日もいつもの「Pranzo A」3,240円をオーダー! 前菜「前菜の盛り合わせ」 前菜は2種の中から選ぶたため、1つずつオーダー! 口溶け滑らかなサンダニエーレの生ハム、Tender and flavorful pork gelatin、Rich Florentine chicken liver crostini、Fried Apple hot, good texture and gorgonzola cheese、ジャガイモと牛肉のコロッケ! 前菜「イタリア産の生ハムサラミ等の盛り合わせ」 風味豊かな豚バラを塩漬けにし燻製したブリア、San Daniele ham、Fragrant black truffle and salami、Chianti wine salami。Prosciutto San Daniele in the appetizers which mouth melt better、Salty is nice and classy taste、Also enjoy wine with 1 serving of the best! Pasta "Florentine-style spicy tomato sauce"colletierra"spaghetti" pasta picks from top + today's 5 species! The colletierra (Carrettiera) and Florentine cuisine and specialty pasta、In Italy, means "horse-drawn carriage to、シンプルなトマトソースのパスタです! パスタ「実家のレモンのソースのリングイーネ(レモン果汁・少量クリームチーズ・パルジャミーノ)」 爽やかなレモンの香りが食欲を湧き立たせお口に入れた瞬間のさっぱりとした酸味と後から来るクリームのまろやかさが絶妙なバランスで楽しめます!このパスタがメニューにある時には必ずオーダーするお気に入りの一皿です! 「田舎風パン」 パスタやメインのソースにたっぷりと付けて頂きます! 本日の魚料理「鱈のドラート」 ふっくらとソテーした鱈と細かくカットし柔らかく煮込んだ野菜とサルサヴェルデのソースで頂きます! 肉料理「鶏一番・鶏むね肉のオーブン焼き きのこのクリームソース」+110円 鶏むね肉のオーブン焼きは、Shiitake and shimeji mushrooms、Pleurotus eryngii、マッシュルームなどの食感の異なる濃厚なきのこのクリームソースで楽しみます! ドルチェ「アーモンド入りセミフレッド」 女子リピート率No.1のこちらのセミフレッドは、Good eating almonds are housed and、わたしもお気に入りのドルチェとなります! 香ばしさと大人の甘さがコーヒーとの組み合わせ抜群の相性を誇ります! ドルチェ「金柑のパウンドケーキ」 金柑の楽しめるこの時期限定のパウンドケーキは、Bittersweet and semisweet are kumquat syrup sauce and meat、Aroma, as well as rich! Drink coffee after dinner drink、Is is possible to change the SIP wine、Really is a mouthful! And have been appended menu from adorable! (Lol)..

Scroll to top