Torihama 26 th and Hamamatsu Chitose's long-established bird food specialty store, torisukiyaki course

To Chitose-cho- Chitosecho within a 10-minute walk from Hamamatsu Station。What is Chitose Town?、From a long-established restaurant to a restaurant、Izakaya and sushi of the red lantern、China、Downtown Cafeteria、In addition to Western food、BAR and Club、It is a red light district with more than 300 lounges! "Torisukiyaki", a long-established store in showa 26 years of founding, nestled in the corner of Naka-dori, Chitose-cho, a little off the hustle and bustle of the city、I came to Torihama- Torihama, a specialty restaurant, to go to Toriga! still new、Pass through the newly renovated main building、女将の案内で離れの個室へ! 離れは昭和の香り漂う雰囲気で笹の葉ガラスなど風情溢れる個室で落ち着きます! こちらでは創業当時から3代に渡り守り続けた味噌でいただく「鳥すきやきコース」が名物となります! この日は仲間内のお祝いの席ということもあり「鳥すきやきコース」に「雉のお造り」を追加しての特別コースを堪能! 鳥すきやきに用いる鶏は緑豊かな銘水の郷・奥三河で自然の恵みを受けながらストレスのかからない良質な環境でのびのびと飼育されている「錦爽どり」! 我が家でも愛食している銘柄鶏です! 錦爽どりは他の若鶏と比べ粗脂肪量は約1/3という低脂肪・低カロリー・低コレステロールで、In addition、たんぱく質・ビタミンB1・B2などを多く含み脂肪が少なくコクのある味わいが特徴となります! 全員が揃ったところで先ずは「サッポロ生ビール黒ラベル」にて乾杯! [鳥すきやきコース] 「前菜・三点盛り」 日本の国鳥でもある「雉」を用いたきじ寿司に米ナスと鶏の炊き合わせ コンソメのジュレにわさびでさっぱりと小芋の田楽には小海老を添えて大粒の茹で落花生! 「キジのお造り」※追加料理 地物名物キジ肉のタタキ! キジ肉はフレンチなどで頂いたことがあってもお造りは初体験です! 特製ポン酢と大根おろしと薬味を乗せて頂きます! 皮面はサッと炙ることで香ばしく鶏肉より味が濃くしっとりと程好い弾力の肉質が楽しめます! 「冷し鳥」 鶏もも肉の塩蒸し料理は錦爽どりの美味しさをダイレクトに味わえる一品で山椒や一味和辛子を利かせた薬味タレでさっぱりと頂きます! 滑らかでねっとりと舌に絡みつく鶏レバーも新鮮で氷を纏ったレタスはシャキシャキの食感が楽しめ甘みが絶品! 「芋焼酎 さつま島娘」 鹿児島県の長島町小売店限定販売の芋焼酎「さつま島娘」 米麹と麦麹を使った二つの原酒をブレンドした芋焼酎! 軽い飲み口でほんのりと甘くさっぱりと炭酸割りで頂きます! 「鳥すきやき」 昭和26年創業以来変わらぬ味を三代に渡り受け継がれた伝統の味は名物料理として今も愛される一品です! 焦がし飴のような色合いで艶めく味噌がこんもりと添えられた鶏もも肉と白葱の登場! 別皿で鶏もも肉ハツ、Lever、Onion、Garland chrysanthemum、蒟蒻が添えられます! 鍋に少量の水を差し火入れすると香ばしい味噌の香りが部屋中を占領し始め食欲そそる香りが漂います! 色艶だけを見ていると味が濃いように思えますが卵にくぐらせて頂いてみると甘さほんのりと上品な赤味噌の味わいで深みがあり後を引く美味しさが楽しめます! 「お食事漬け物」 炊きたてご飯に煮詰まった味噌をかけて食べるのが「通」の食べ方とのこと煮詰まった味噌を見つめているとふと思い立ち「生卵」を追加しました! 鍋に生卵を溶いて投入し半熟に仕上げてご飯の上にたっぷりと! 半熟卵でさらにまろやかさが加わり間違いないお味が待っています! 是非「卵とじ味噌」も味わってみてください! 「水菓子ほうじ茶」 ピオーネ早生みかんイチジクを乗せた懐かしい味わいの牛乳かん鳥料理が大好きなので牛すきでなく鳥すきを楽しむことは多々ありますがこちら「鳥浜」の味噌でいただく鳥すきやきは一味違い真似のできない美味しさです! 鳥料理 鳥浜 住所静岡県浜松市中区千歳町44-1 TEL:053-452-2255 ※要予約 営業時間:11:30~ 14:00、17:30-22:00(最終入店20:00) Closed:On Sundays、祝日(土曜日は夜のみ営業) http://www.torihama.com/...

Irako "Japanese taste Inn corner tower" fresh local seafood and regional cuisine where you can enjoy your thread road food

The Japan ryokan celebrates summer night "Japanese taste Inn corner tower (Kakujoro)"、Soft light lamp、Be moisturized more ambience to start out! Bath may、Pleasant breeze on the skin、The hotel is very quiet、Sound healing take the cool wind and the chirping of insects! The all dims、Private rooms are ready by the time、Celebrate your dinner time here! This time our course、Course of sea waters and climate cherish the blessings of the Atsumi peninsula regional dishes and thread road dishes for fish dinner! From the tip of the Atsumi peninsula here Italian good Lake to silk to Ise Jingu Shrine road、Once the Oito line (oitoji) and is known had it! In honor of such "Oito line"、And with numerous dishes utilizing sankaijuku nurtured in the Atsumi peninsula seafood specialities、This time our featured travel with a series of Lade、Potter appeared in the project part 1 "" 釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、And will be reasonable and not forget the beautiful wood instruments and collaboration! Here、Tan Viet Nam who is serving as a waitress-Kun will served our dinner! Because it is a very pure youth、A somewhat less than a term so far is the Domus! Uemura Jun's head with arms, wield as a Cook (JUNJI Uemura)Is it to ask sake dishes、Equipped with Aomori sake Nishida sake shop "rice wine special junmaishu sake" cheers! A fine sake made using the "China Snowstorms in the Aomori Prefecture of sake rice、By flavor、You can never get tired of drinking a refreshing and delicious! ♦ "appetizer Yam of streaming down ' x ' instrument:釋 Yong Yue too drink glass glasses "on the brink of Yam poured 釋 Yong Yue chilled with thin glass will try、On gumbo sauce、While shellfish slipped into the screen that has、Thick spicy Yam's taste and throat as、A fast start! ♦ "control units daily seasonal gem" x "with:釋 Yong Yue reversible Petri Φ 25 ' and Irago, Atsumi peninsula shell known in、For different shellfish specialties every season、In the course of this shell included in abundance! From the left "clam sushi、Cherry tomato Compote、Edamame、Grilled young corn、Natural pumpkin soup、Pork sauce "and、Tender seasoned none felt the quality of the material with alcohol on our happy weekly! ♦ "control of seafood and land vegetables making" x "with:Shimoo Design KAZARIDAI W500 × D90×H30 ' head Uemura pure certified (JUNJI Uemura)And I can enjoy fresh vegetables of the vegetable Kingdom boasts a production high kicking himself in the Italian good Lake market buying ground fish and Japan's Atsumi sashimi! With lushly crunchy sciackishaki、The Super fresh sweetness of ground vegetables、Cabbage、Zucchini、Green asparagus、Red yellow peppers and pretty、Moromi miso and salt will be with your choice! The sashimi、Ponzu is a swell rolled scallion、Puffy nipples clips and white giant clam, snapper、Crunchy and enjoy the delicious food of the Sazae-San with soy sauce and salt. ♦ "pottery Rock oysters steamed" x "with:釋 Yong Yue new áge Φ 30 "will just not be taken through from the oversized Rock oysters、Shell each steaming baked in、With our tightly focused lemon、In the overflowing mouthful the size expands the scent of the sea! ♦ sake "Heilongjiang pure singing junmai ginjo sake"..

An elegant breakfast while watching the "Kamakura kokinshu' hideaway Inns in Japan garden

Early in the morning in the old House Hotel Kamakura Kokin (Kamakura Cocon)、Much of good singing wake up birthday、Best of day! Filled the green nature of the mountains around the garden、Spacious garden as well、Mochino木 and Japanese black pine、Tsuge、Cypress、Surrounded by pomegranate、For the show vary depending on seasonal flowers、You can enjoy the scenery of the four seasons with the carp in the pond! April-this morning the most comfortable climate in April、Warm up in the morning bath micro bubble bath、Would you like to enjoy while walking around the House with yukata! Around the azalea and rhododendron、While the bees are buzzing and 飛bi交i and dine at nectar! And try to get out of the gate、Try to find up the path under his arm and、Excellently small Shinto shrine enshrined the Mountain God! Stretching at the foot of、Bracken fern and spring、Pteretis do? You could come across so many Greens say spring treat! Manager MATSUMIYA, Daisuke (Daisuke Matsumiya)And I'm on will give you land.、"For bamboo shoots can be caught in the mountains、Continue to provide in future "and、This appeal also found one! After a stroll、In the lounge shop looking for souvenirs! Restaurant at Cocon (restaurant now and then) but I hand-picked luxury Brown, ROYAL BLUE tea (Royal blue tee) [high-quality tea, non-alcoholic, tea party Cha-En] "gyokuro roasted aroma roaster (The Gyokuro Houjicha KAHO) "and other"Kyoto Uji tencha (The Uji) sold、Feature set, providing "roji" specializing in Japan tea green tea with yuzu and cherry green tea、In addition to "black tea" offers 10 varieties of bagged tea! In the jour say sweets tea、Baked goods prepared by、"Miso Kamakura Inoue" "Koji jam" and "miso dressing.、手に取りやすい価格帯の物もあり手土産にはピッタリ! 自然の豊かな香りが楽しめるお香「竹彩香りらく」の和のリードフレグランスや自然派コスメで客室のバスアイテムとして採用されている「MATIN et ÉTOILE(マタン エ エトアル)」の商品、Brand perfume fragrant heart (fragrant heart) 100% pure essential oils、Women even a nice gift!! Go back to your room and seem ready for breakfast、So here who served in the room、You can style without any hesitation! Towel has made air smells good "Cypress"、Rest feeling relieved in warm brown rice tea、Open the sliding doors and、Overlooking the garden and the breakfast time is time of bliss! Breakfast is served in the color rich nutrition plenty of、Side dishes freshly cooked rice Yamagata rice brand "tsuyahime" and "revive" with plenty of vegetables and if you meet several balanced line、身体に優しく嬉しいものばかりです! ■玄米茶 ■7種のフルーツと野菜のコールドプレスジュース ■有機野菜のミニサラダ ■鎌倉釜揚げしらすとおろし大根 ■鰆の西京焼き ■姫様のたまごの出汁巻玉子 ■炊きたて御飯(山形県産・つや姫) ■けんちん汁 ■自家製漬物(沢庵、Cucumber、梅干し) 前夜のディナーで頂いた三浦半島の「岩沢ポートリー」が「姫様のたまご」があまりに美味しかったので生卵を追加で頂いてみました! 見事なまでの黄身色で、How do human drool soy sauce、黄金に輝くTKG(卵かけ御飯)の出来上がり! さらに嬉しいことに食後のデザートには袋井の「名倉メロン農場☆FruitcafeNiJi」の甘~い完熟メロンの登場です! 何でも「名倉メロン農場」のオーナー夫妻とは松宮さんが熱海にいらした頃からの長いお付き合いだそうで「鎌倉古今で是非とも取り扱いたい」と願ってのこと! わたし達も良く知る生産者と松宮さんとの御縁に喜びが隠せない和やかな朝となりました! 鎌倉古今(Kamakura Cocon) 住所神奈川県鎌倉市二階堂836 TEL:0467-81-4435(Phone hours:9:00To 18:00) https://www.kamakura-cocon.jp/...

The oysters 'tasuke' taste of winter! Leather in a fish restaurant of Hamana Lake Benten island in Oyster FRY meal

Speaking of taste of winter in the Lake Hamana oyster! Birthday in the winter season、Hamana Lake oysters would be fun for a limited winter Oyster dishes on、Benten island in Lake Hamana.、地元浜名湖で採れた新鮮な食材を最高の状態で提供する「魚河岸料理 太助」へ! 「魚河岸料理 太助」は「弁天島 山本亭」の姉妹店となり、1975At the fish market restaurant founded in (0/1975) and the local people have long loved、2017Renovated in March、リニューアルオープンされています! 雄大な浜名湖湖畔を望むことができる店内は、Entrance to our newly disabled! Standing turtle preserve entrance becomes one of the speciality! Popular with respectable preserve overlooking big water tank installed in the store and over the counter、1Floor is like a semi private room and dug kotatsu expression of Zashiki seating、2階は和室の座卓が用意され宴会席としても利用可能です! この日は目の前に生簀が望めるカウンター席へ! 遠州灘の天然トラフグをはじめ、Lobster, flounder and turbot、Sazae-San,、旬の活魚が悠々と泳いでおります! 毎年楽しみにしている冬の味覚にご満悦です! 「カキフライ定食」1,400円 浜名湖産牡蠣を用いたカキフライは、And with five medium-sized oyster、サクサクの衣を纏った身はふっくらとプリプリで濃厚な味わいが楽しめます! カキフライは、Served with homemade Tartar or another's will be at the source! As far as nice and garnished with shredded cabbage、Other、In a small bowl stew、Clams with rice and miso soup、Chinese cabbage and pickled pickles、Set meal with a strawberry milk agar jelly desserts, great! The weekday lunch only "Bowl (with miso soup)" 1200 Yen by purchasing different Bowl、Tiger prawns、Red sea bream、Flounder、Halfbeak、Tuna、Scallops seared on the shiso leaf topped、Vinegared rice, chopped seaweed is incorporated into the beautiful! The prawns were produced from only the、Still twitching and moving and feet、活きの良さに驚きます! 車海老の締まった身は、Elasticity of the preppy offers a rich sweetness、Other fresh fillets and tasteful、贅沢の極み!やはり和食は落ち着きます! 食事を楽しんだ後は弁天島海浜公園周辺をぐるりと「Maserati」でドライブしながら散策してみましょう! 弁天島のシンボルタワーとして佇む真っ赤な鳥居は、1973Built in the year (0/1973)、わたしと同じ年です! 遠州のからっ風が潮と共に吹き荒れる弁天島ですが、Felt very bright radiance of Lake Hamana in the clear blue sky and dark blue、車中はポカポカと暖かく最高のドライブ日和となりました! 浜名湖最高! 魚河岸料理 太助 住所静岡県浜松市西区舞阪町弁天島3212-3 TEL:053-592-1919 Hours of operation:Lunch 11:30-14:30 Dinner 16:30To 22:00(Last order 21:00) 駐車場:16台(無料) 定休日水曜日 http://www.yamamototei.com/...

Char-grilled seasonal Sai incense fine natural duck and quest for party concludes in ARA pot!

浜松の東伊場に暖簾を掲げる日本料理「旬彩 香炉」にて今年最後の忘年会へ! こちらは店主の新村 修 (新村修).、2000年10月23日に開業されており季節毎の旬食材を活かした料理を提供する日本料理店となり、Is at the moment.、河豚やジビエ、Crab、Abalone、岩牡蠣などが楽しめます! 店内は昨年2017年に店内のリニューアルをされたばかりで清潔感に溢れ一枚板のカウンター席6席に障子越しの個室が3室と計24席の落ち着いた空間で大将や女将の穏やかなお人柄で居心地の良さが伺えます! 昼はコースのみの完全予約制の営業となり夜はお勧めの一品料理からおまかせコース料理(4,000円~)まで良心的な価格帯で提供されており常連客に愛されるお店で今年の苦労を忘れる最後の忘年会はこちらに決定! 先ずは「生ビール・エビス(YEBIS)」650円で乾杯! こちらでは全国各地の銘酒を取り扱われているようなのでお次は刺身に合う日本酒を大将にオーダーし山口県美祢市の「Ohmine Shuzou 大嶺酒造」の今冬限定の「ゆきおんな」を頂戴します!「Ohmine Shuzou 大嶺酒造」とイラストレーターの「たなかみさき」さんとのコラボレーションにより誕生した「ゆきおんな」はマスカットのような甘酸っぱさとお米の旨味が楽しめるにごり酒でほんのりと甘く優しい味わいは刺身にとても良く合います! 前菜「椀物」600円 蓋を開けるとふわっと出汁の香りが立ち上り柔らかく炊かれた大根や里芋彩りに人参や青菜巻貝の旨味に生のキクラゲの食感が堪りません! 「刺身盛り合わせ」一人前2,200円 香ばしい金目鯛の炙りは塩で頂き、On a roll of fat horse mackerel、ねっとりとした食感と甘味の強いアカイカ鮪の中トロ濃厚でクリーミィーな生雲丹焼き立て熱々の状態で磯の香りが食欲をそそるトコブシには酢橘をギュッと絞って頂くとジューシィーで歯応えも楽しめ思わず悶絶! 「天然鴨の炭焼き(半身)」5,000円 浜名湖の天然鴨が解禁となるこの時期ならではの真鴨の炭火焼き! 店主の新村さんが自ら狩猟し捌きたての鴨を提供されているためこの上なく新鮮な鴨となりこちらではジビエが得意料理とのこと! 炭火を囲んで自分達のペースで部位毎に楽しめるというので無類の鴨好きのわたし達にとっては堪らない一品となります!卓上に用意された岩盤の上に炭火鉢を乗せ炭火の暖かさにじんわりと癒やされながらいざ焼きへ! 最初は大将が焼き方のお手本を見せ手解きをしてくださいます! 網に脂身を擦り付けて柔らかな「もも肉」からスタートしむっちりとした「胸肉」弾力の「ささみ」「手羽元」コリコリとした「砂肝」噛み応えのある「食道」「ぼんじり」新鮮だからこそ食べれる「ハツ(心臓)」や「レバー」など半身の鴨を味わいの異なる部位毎に! 野生の鴨は濃い肉色となり身が締まり弾ける弾力とコク深い野性味が楽しめ頂く毎に力の源になっていくのを感じます! こちらには鴨に合う日本酒を見繕って頂き同じく山口県「中島屋酒造」の山田錦100%使用の「カネナカ 生酛純米 山田錦」を頂戴します! こちらの日本酒は熟成によるナッツを想わせる香りがありほのかな甘みと後味すっきりとしたシャープさが楽しめる力強い味わいで独特な香りを持つ鴨肉にピッタリ! お次も鴨に合わせて兵庫県加西市「富久錦株式会社」が作り出す日本酒「純青 生もと純米吟醸 おりがらみ 兵庫夢錦 29BY」 こちらは兵庫三大錦と呼ばれている兵庫夢錦から造られる日本酒で、Dare、山田錦より難しい夢錦で美味しいお酒を造りたいという蔵元の地元愛が生み出したチャレンジ精神の賜物! 果実香があり口に含むとややガス味を帯びておりまろやかなお米の甘味が楽しめながらも後味のキレの良さからスッキリと楽しめるおりがらみとなります! 「クエ あら鍋」一人前3,500円 クエはハタの仲間で希少性から高級魚とされており、Fukuoka、佐賀では「あら」と呼ばれているクエの「あら鍋」を堪能! 甘い脂がたっぷりと乗ったクエの身はふわっふわで柔らかく白身ゆえの淡白さはあるものの何とも言えない上品な旨味が楽しめます!アラの皮際にあるゼラチン質のコラーゲンはきっと明日の美肌を作り出すであろうプルンプルン食感! 骨からとったスープはゼラチン質が溶け込み出しやや白濁しとろみのある濃厚さが絶品となります! 野菜は、Chinese cabbage、Garland chrysanthemum、White onion、木綿豆腐、Shiitake mushroom、えのき茸を投入しクエの出汁を思う存分に吸わせてから頂きましょう! 「あら鍋」には山口県宇部市の「永山本家酒造場」が作り出す「貴」の搾りたての新酒「貴 特別純米 直汲生酒 【新酒2019(H30BY)】」を合わせます! 杏を思わせる爽やかな香りとフレッシュな口当たりで適度な酸とガス感があり新酒らしい味わいが楽しめる軽快な辛口! クエのプルンとしたコラーゲン質も堪能しながら合わせる最後の日本酒は福井県吉田郡永平寺町の「黒龍酒造株式会社 兼定島酒造りの里」の売れ筋商品となる「黒龍 吟醸 いっちょらい」! 「いっちょらい」とは福井の方言で“一張羅”を指し、"My best stuff" that means! Tasty and fruity ginjo、Enjoy the sake of Heilongjiang province The last of the pot、Also quest for enjoying all the flavor "que porridge"! Once back to cooking pot、The porridge you finish、極細の糸海苔と葱を散らして登場! 添えられる「ぬか漬け」の浸かり具合も絶妙です! 白濁としたスープの中からは旨味をたっぷりと吸わせた艶々ふっくらのお米が胃袋を満たしていき鍋を空っぽにして満腹の御満悦! タクシーを待つ間は旬のフルーツがギッシリと詰まったデザートの「シャーベット」を温かいお茶と共にほっこり! 年の苦労は忘れてもこの味わいは脳に焼き付く美味しさで本当に良いお店を知ることが出来ました!大将&女将ありがとうございます! 年越し前の至福のひとときとなり新年を清々しい気持ちで迎えられそうです!皆様も良いお年をお迎えください!...

Drive and dine Ministry statement Chan Kouri island's beaches while Okinawa lunch

沖縄北部の今帰仁村(Nakijinson)にある離島・古宇利島(Kourijima)は、In a circular-shaped upheaval coral island、The area is approximately 3.17 k m²、Makes approximately 8 km around、人口約400人にも満たない小さな島です! 沖縄本島トップクラスの透明度を誇る海に囲まれた古宇利島は、And crystal clear emerald blue、古宇利ブルーとも称される美しい海岸が人気となります! そんな古宇利島は車で10分も走れば島一周することが出来てしまいます! 青い海とサトウキビ畑が広がる大自然に囲まれた古宇利島の長閑な雰囲気を満喫しながら「アクアカーレンタル」のビートル(Beetle)にてドライブを楽しむことに致しましょう! 観光客に大人気の古宇利島の入口にある「古宇利ビーチ」は古宇利島の海産物や土産物を販売する市場や沖縄料理を提供する飲食店や売店などがある施設「古宇利島ふれあい広場」の無料駐車場が利用可能です! 飲食店が並ぶ「食と館」に隣接する市場には、Kouri island in fresh vegetables and fruits is a sequence、Speaking of Okinawan souvenirs of candy "Chin chinsuko. introduction、Sweets using the island's famous "red potato.、Black sugar is made from sugar cane、Okinawa salt rich in minerals、「島とうがらし」を用いた調味料などが勢揃い! 奥には海産物コーナーもあり、Can be bought from the sample the Okinawan-style "sea grapes" or "mozuku.、色々物色しながらお土産を購入! 「ふれあい広場」から徒歩2数分圏内となる古宇利ビーチへと降り立ち古宇利大橋のたもとに広がる真っ白な砂浜のビーチを堪能! 12月のビーチと言えども、Beaches attractions the tourist bus also stops for、砂浜には多くの観光客の姿が見られます! 遠浅のビーチのため、Seems to enjoy the beaches and、To truly swim in temperatures of around 20 ° C is still early for、Issue goes barefoot Beach returns、童心に返って波との追い掛けっ子を楽しみました! 2005年2月8日に開通した古宇利大橋は今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島(Yagajishima)を結ぶ、And causeways of 1960 m in length、通行は無料です! 古宇利大橋を通って屋我地島に渡り対岸沿いにぽっかりと浮かぶ古宇利島を眺めるのも良いでしょう! 屋我地島側の橋のたもとにはガーデンレストランカフェ「美らテラス」があり、Here is、4Two dining and souvenir shop、フリースペースから成る施設となります! 古宇利大橋の全景を収めるには「美らテラス」内にある展望台からの眺めが最高です! 展望台には、Are equipped with lock Adam and Eve in a shop that sells、How couples visited by riko! Okinawan version of "Adam and Eve the legend" the legend says "love Island (Kouri).、恋人たちが聖域と崇めるパワースポットでもあります! 海にぽっかりと浮かぶ岩礁群が気になりその姿が伺える浜辺を探してみようと再び車に乗り込み近辺を散策! Google Mapを頼りに国立療養所となる「沖縄愛楽園」の脇を走る海岸沿いの小道へ進み岩礁間近の浜辺へ! 浜辺に降り立つと、A dazzling Rainbow hanging onto the rocks.、思わずダッシュ! サラサラとした白い砂浜には、Shimmer and sparkle with white coral and shells、誰も居ない浜辺は穴場中の穴場となりました! 古宇利島へ戻り、Looking where you can have lunch and、手描きのシーサーなどの強烈なタッチで沖縄風を吹かす「お食事処 文ちゃん」を発見! 小高い場所にある「お食事処 文ちゃん」の店先には、Me met warmly made lanterns stomachs fluttering in the wind and seashells on the other、期待を裏切らない沖縄の風情が感じられます! 店内はテーブル席と座敷が用意されていますがやはり見晴らしの良いテラス席でランチと参りましょう! こちらは、In the mother serves as the current owner has opened shop、After the joint's daughter、開店10年目を迎えています! メニューには、Middle and Okinawan specialties and fresh seafood meal、今回は「海鮮丼(ミニ沖縄そば付)」1,500円と「沖縄そば」700円をオーダー! 雲丹で有名な古宇利島ですが、Causes include overfishing、In recent years, without reaping in the fishing ban、Seems to not eat the Sea Urchin was caught on the island! Many tourists still seeking a "Sea Urchin rice bowl" for、本土から仕入れた雲丹を提供されています! そんな雲丹がたっぷりと添えられる「海鮮丼」は、While small bowl、About spilling over from the bowl lined with fish、Okinawan tangerines will be squeezed tightly! On bubble wrap and sea grapes as they play fresh octopus or squid、White tuna and gorgeous、合間合間に小椀の「沖縄そば」までもが楽しめてしまえるバランスの良いメニューです! 「沖縄そば」は、Take a thin Okinawa pork soft noodles on sweet 煮付keta、海ぶどうと紅生姜が添えられます! 泡盛に沖縄島唐辛子を漬けた調味料「コーレーグス」が卓上に置かれているので味変しながら楽しむのもお勧めです! 古宇利大橋を望む絶景を楽しみながらのランチでまったり!ドライブはまだまだ続きます! ふれあい広場 食と館 住所沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利323-1 TEL:0980-56-5785 お食事処 文ちゃん 住所沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利457 TEL:0980-56-5234 Hours of operation:11:00To 18:00 Closed on Mondays:水曜日(夏季は無休)...

Eating in carefully selected "Toyohashi sushi mantarō" Mikawa Bay's sake hold general trendy sushi

豊橋の愛知大学駅より程近い住宅街の交差点角に佇む「万太郎寿司」にて夕食会! こちらは、Sushi made with yaeko's landlady opened 43 years ago, 9/1/1975 from now Takemoto, a. General、現在は東京で修行された息子の大藏(Daizo)さんも加わり家族3人で仲良く営まれており三河湾をはじめとする旬の近海天然魚貝類にこだわり、Rich story every day fresh fish purchased shopkeeper connoisseur and offered at affordable prices, shop now! Patisserie in the shopping center in Hamamatsu "abondance" Bernard Heberle and Hasegawa 豊佳 (Toyoka Hasegawa)Is it for your invite to shop here and his wife have frequently been haunted I heard was、Our couple will first visit! Is your two-way、Toyohashi sweets to produce delicious "Japanese Tsukasa 入河 confectionery" in fifth and zenjiro BLD. (Zenjiro Matsuzaki)Sent from your presentation is from、General and mistress、Japanese son's warm personality and heartwarming hospitality、And、Fascinated by the tasty dishes utilizing fresh food more than anything else、今では頻繁に足を運ぶ常連客になっています! 玄関先に灯された看板に、Somewhere familiar distinctive typeface! From store to store、"...? "And reminiscent of a number of points and exhibition、In General "here、In the works of Shintaro ajioka? "And take the check and、見事大正解! 大将は、Now nearly 30 years ago、愛知を代表する豊橋のアーティスト・味岡伸太郎さんに新たにロゴデザインを依頼し看板に暖簾手土産用の掛け紙名刺などを一挙に手掛けて頂いたとのこと! 味岡伸太郎さんと我が家の旦那様は、7年程前から御仕事をご一緒させて頂いてからの御縁で公私共にお付き合いをさせて頂いている大好きな御方! 店内全体の雰囲気に何処と無く味岡臭が漂っていると思ったらやはり見紛うことなく不思議な御縁を感じた嬉しい夜でもあり楽しく美味しい時間の始まりとなります! 店内は落ち着く空間でL字のカウンター10席テーブル14席、1階離れや2階個室も含め全席55席を用意し会席コースも可能です! 有難いことにこの日はBernardのMaserati Ghibliでの送迎付きとのことで豊佳さんとわたし達はお酒も楽しませていただけるとのことでしたので遠慮なく「生ビール」で乾杯! いつも料理は大将におまかせコースを注文されているとのことで先ずは一品料理から頂きましょう! 「鱈の白子ポン酢」 冬の訪れを感じさせる白子の季節がやって参りました! もみじおろしとポン酢でさっぱりと頂く白子は大好物です! 「黒バイ貝 醤油煮」 身は柔らかく優しい味わいで炊かれた醤油煮! 噛みしめる毎に旨味が口中いっぱいに広がります! 「蛤の潮汁」 見事な蛤は潮の味わいと三つ葉の香りを楽しみます! プリップリの食感が堪りません! 貝の模様が「顔みたいで可愛い」とお茶目っぷり全開のBernard(笑) 「キンキの煮付け」 小振りながらに1人1尾も頂けるキンキの煮付けは箸でほろりと取れる身がふわふわでこれまた汁の甘みが優しく胃に染み渡り強すぎない醤油が上品に炊かれています! ここで日本酒に切り替え息子の大蔵さんお勧めを頂きます! 「酒づくりの神様」と称され人間国宝となる杜氏・農口尚彦さんが造られた石川県・金沢の「農口尚彦研究所 山廃純米酒 無濾過生原酒」! 香り柔らかくほんのりと旨味はガツンと味わえる中余韻は優しく引き際がスッキリと美しい日本酒! 粋な大将との会話も弾む中ここからはテンポ良く握りのスタートです! 山葵は立派なサイズの本山葵を使用されており、Smells like pungent taste and nose to comfort is incredibly good! On a roll of "lean" and "tuna" muscle cut mouth in fact, melted and a smooth sweetness "Squid" himself "sea bream"、Ginger of sauce so good because it is! The sake of the next、山形県「酒田酒造 上喜元 超辛完全発酵 純米吟醸」!もろみの中の糖分を酵母が全て食べつくした残留糖の無い完全発酵で淡麗ながらに旨みを残しつつキレのある超辛口です!上喜元だけに、With 花鰹 "on the"herring roe on kelp"covered by the child no good humor (hehe) gap。 店頭の生簀から取り出したばかりの「活け車海老」 ふっくらとした身で香ばしい「穴子」 コリコリとした食感の北海道「ツブ貝」 美しく花を開かせた鮮度抜群の「赤貝」 カリカリ食感と海老の風味を余さず楽しむ「活け車海老の頭 素揚げ」 上品に優しく〆た「しめ鯖」は脂ののりが楽しめます歯切れ良い海苔に巻かれた濃厚な「雲丹」 舌の上でとろける見事な「大トロ」 筋子から作った自家製いくらは大粒で漬け具合が絶妙な「いくら醤油漬け 小鉢」 身体の芯まで染み渡る「しじみの赤出汁」 優しい甘さでジュワッと出汁が溢れる「玉子焼き」...

"I guess Rin eel shop" price information! Eel baked with bincho charcoal of Hamamatsu and enjoy!

浜松市西区入野町の雄踏街道沿いにある創業67年のうなぎ専門店「かねりん鰻店」へ! わたし達の住まう”浜松の食”と言えば、But first and foremost "eel" to raise、Eel shop very much、Taste sauce and bake、How to Cook rice into a particular、人それぞれにお気に入りのお店があると思われます! わたし達夫婦の独断と偏見で言えば、Storefront、Customer service、Material、Taste、As a cost-performance score、Is very well balanced and to win the No.1 here "? Rin eel shop" to be for、富山県より来浜中の義父母をランチに御招待するのはやはりこちらしかないでしょう! こちらは元々、That had been operating in the town、 1977In October, and moved here INO-Cho, 39 years、In relation to earthquake-proof outlets、In the form of the new and reformed、2016To set up a Japanese garden on 23 June, the quaint atmosphere has changed、The Japanese space full of restless、While not facing the street was described as too cozy、益々その名を轟かせる名店となります! 暖簾をくぐる前から駐車場にまで立ち込めるうなぎを焼き上げる香ばしい香りにノックダウン!食欲倍増! この日も待合に多くの方々が並んでおり席が空いた順に通されるのを今か今かと待ち構えております! すると、Noticed that has a poster on the door、Writing in there "reflected in stock prices, and coordinated the price (price reduction)。」の文字が! うなぎの高騰で「値上げ」を覚悟することはあってもまさかまさかの「値下げ」という有難いお言葉! 喜んでいる間にわたし達の番となり、Counter seating around a central courtyard、Table seats、Private room、In total 61 seats with room provided、今回は奥の半個室でゆったりとした食事となります! 「うな重(並)」2,740円 今夏に伺った時より何と「200円」も「値下げ」されています! こちらでは、Deprecating quick quality eels to its seasonal's supply chain、Charcoal、Outside these are plump and cooked、It founded 67 years.、A secret kept from his grandfather's long shirttail while sauce three times under、Taste、Luster with the best to finish、Boiling in a large pot、米の芯までふっくらと炊きあがった熱々の御飯の上に乗せて提供! 箸でさっくりと切れるほどの柔らかさで、Without being too salty sauce common to specific country、It's a nice classy。Rice grains are firmly standing、Resorting to sauce in Organics、And heat until the end where you will find in hot state、思わず箸が進む美味しさです! 並とはいえ、3000 Yen tax included in "such heavy" valuable shop where you will find that when it comes to further "reductions"、In the family of four "such heavy" eat it、1万円ちょいと大変懐に優しい御ご馳走! いつも大満足で頂く「かねりん」のうな重ですが、See the smiling face of his mother、わたし達の喜びもひとしおです! 浜松で鰻なら「かねりん」がお勧めです! かねりん鰻店 住所静岡県浜松市西区入野町731 TEL:053-448-9335 Hours of operation:11:00-13:45[O.S]、17:00-20:00[O.S] 定休日:Every week Wednesday、第3火曜日 https://kanerin.net/...

Enjoy the taste of autumn 'valve one"! Long-established culinary arts at dinner with owner attention at the bar!

Founder and 0/1924、2014Greeted the 90th anniversary year、今年は早くも94年を迎えられる浜松の肴街にある老舗「割烹弁いち」へ! 料理だけではなく風情溢れるその佇まいに、Each sum of the quiet room is available with、Arranging and great number of indicators、And、And gathers the shopkeepers attention at the bar、At that time in the season, carefully crafted and、おもてなしの心で提供されています! 3代に渡り受け継がれ守り続けられている暖簾の現在の主は、Junichi Suzuki (Junichi Suzuki)San。 And left the store from 0/1991、That started.、Request from across the country hard to find ingredients and seasonal ingredients and is enjoyed in arms、For a wealth of knowledge of sake suited for cooking and wine、好みをお伝えしお任せすると安心です! こちらのお店は、1Name-10 to accommodate private room available only。A full seat warmer for、Legroom is easier to、ゆっくりとした時間を過ごすことが可能です! 今回も2~6名様に対応可能な「雅の間」を用意していただき「季節のお料理コース」12,960円の秋の味覚を堪能! 先ずは飲食店限定の新潟で製造される味わい深い国産プレミアムビール「GARGERY(ガージェリー)」750円にて乾杯です! [弁いち・季節のお料理コース] ①「自家製の唐墨、Glutinous rice、銀杏」 弁いちさん御得意の自家製の唐墨をふんだんに纏わせた新米のもち米はもっちりとしており、Tenacity is succumbing to the pressure of the 唐墨 bed、相性抜群! ②「福岡のヒシの実、Kyoto Tango small potato、浜松産落花生の雲丹きんとん」 一品ずつ丁寧な手仕事を加えられており秋の山の恵みを味わう盛り合わせとなります! 不思議な形状が印象に残るヒシの実は、In the oddly shaped like looks have graced the bats、Associated with Halloween just in time! But this is only in the flesh is、Body for nutritional value outstanding of actually used in traditional Chinese medicine is one of the happy autumn! Small Potato's Tango、Hokku littlet soft anyway good addition and subtraction of salt because、Moist texture is fine! Local、Stunning size at Hamamatsu industrial Peanut Soup with bite and texture each to smell and taste、滑らかな雲丹きんとんに仕上がっています! 2杯目は瓶内熟成の「GARGERY23 Xale」の熟成香とフルーティーな甘みをより体感していただきたいとブルゴーニュグラスにて提供してくださり贅沢の極み! ③「三河信州の松茸と舞阪の鱧の土瓶蒸し」 先ずは、Can't believe my soup with the aroma of Matsutake mushroom soup for you、身体の内側から温まります♪ 途中、Hanging a little vinegar Tachibana attached in a separate dish at taste change、最後に美しく骨切りされた柔らかな鱧もいただきましょう! ④「舞阪産鯛、Omaezaki from mackerel baked Frost build、三浦半島クロムツの昆布締め」 旬の魚を熟成させ此処一番の美味しいタイミングや調理法で提供してくれる3種のお造り! 弾力、Sweet、Tahin、And the sense of taste on the tongue and also、それぞれ上品に仕立てられた濃厚な味わいを海の恵みに感謝して頂きます! ⑤「舞阪産甘鯛黒米と天然ブナハリタケのソース」 皮面をぷっくらと香ばしく焼き上げた甘鯛は、Along with the source of the derivatives of phenylpentanone has a fair complexion, a beautiful umbrella will be! Natural incense mushroom is a distinctive flavor and glamorous and strong attack、茗荷の甘酢漬けの甘酸っぱさがアクセントになっています! 石川県「株式会社 車多酒造 -天狗舞醸造元- Shata Shuzo / Tengumai」の「天狗舞 中三郎 大吟醸」 杜氏の中三郎さんが丹精込めて一本一本瓶詰し御自分の名を冠して特別に出荷される限定品は、So fragrant clear elegance、Enjoy the fine taste of fine quality goods! (6) [Kobato and aroma mushrooms"fresh aroma mushrooms、Smell is just too intriguing appetite、Fleshy texture is also distinctive flavorful taste will fit! Firmly shake the salt、So savory grilled in charcoal、香茸に負けず劣らずの濃厚な味わい!若々しくむっちりとした弾力を楽しみます! メインディッシュには栃木県の「仙禽醸造元 株式会社せんきん」の最高峰とされる限定希少の純米大吟醸「麗(うらら)」と共に!瑞々しく華やかな花の香りが楽しめ滑らかな舌触りで飲み口の良すぎる危険な一杯! ⑦「掛川産の栗御飯、Mushroom and tofu miso soup、Pickled turnip in、Konnyaku shiso pickle、しば漬け」 ⑧「紅玉のムース」 紅玉の美味しい時期にのみ提供されるデザート! こちらには「新政酒造」の激レアな貴醸酒「陽乃島10周年記念醸造酒 Love for the Phoenix」を合わせて! 「この貴醸酒を頂くと前に飲んだ日本酒の味をすべて忘れてしまうかもしれません」と言い放つ鈴木さん! どれも美味しく楽しませていただきましたが、Still at the end of the last "this valve ASU no Yoichi! "And told to make、Unleash the full, rich flavor intense and brought the Cup! As always、Fun food with newfound taste while Suzuki will appreciate、Commemorative photo with Shizuoka was joining the new entrance currently scribe writers and Mr. oosugi Hiroko works! Mr. Suzuki、We'll also suggested! Culinary Arts valve ichi address:Shizuoka Prefecture Hamamatsu-Shi Naka-ku sakana-Cho 313-13..

"I guess Rin eel shop" Midsummer ox! Savory eel stamina in trying to eliminate summer!

Midsummer ox、浜松市西区入野町の雄踏街道沿いにある創業68年の「かねりん鰻店」へ! 土用の丑の日に”鰻”を食べるのは江戸時代から続く習慣で、Is reported as the origin、Scholar of the Edo period, gennai hiraga、To jazz up the acquaintance was no sale of the summer eel eel "today、Midsummer ox "and wrote, the signs on the storefront、その宣伝効果のおかげで大繁盛をしたのがことの始まりとされています! ”丑の日(うのひ)”には「う」の付くものを食べると良いとされ、"Udon"、"Umeboshi"、And a "melon"、In the recent、From the stamina to stick "beef"、And join the "horse" as well as、"Eel" is one that is、上記起源説が有名! わたし達の住まう”浜松の食”と言えば、But first and foremost "eel" to raise、Eel shop very much、Taste sauce and bake、How to Cook rice into a particular、人それぞれにお気に入りのお店があると思われます! わたし達夫婦の独断と偏見で言えば、Storefront、Customer service、Material、Taste、As a cost-performance score、非常にバランス良くNo.1を獲得するお店はこちら 「かねりん鰻店」になります! こちらは元々、1950At its inception, was open in the town、 1977In October, and moved here INO-Cho, 39 years、In relation to earthquake-proof outlets、In the form of the new and reformed、2016To set up a Japanese garden on 23 June, the quaint atmosphere has changed、The Japanese space full of restless、While not facing the street was described as too cozy、益々その名を轟かせる名店となります! 暖簾をくぐる前からうなぎを焼き上げる香ばしい香りにノックダウン! 通常は予約可能となりますが、Be no reservations is expected during peak midsummer ox、並んだ順で平等に提供されています! とはいえ、Because of past 13:00 PM time、Thanks have already been completed?、すんなりと待たずに入店することができました! 中庭を囲むカウンター席、Table seats、Private room、In total 61 seats with room provided、今回は奥の掘り炬燵式の座敷へ! 「うな重(並)」2,940円 こちらでは、Deprecating quick quality eels to its seasonal's supply chain、Charcoal、外は香ばしく中はふっくらと焼き上げています! それを創業68年の間、A secret kept from his grandfather's long shirttail while sauce three times under、Taste、Luster with the best to finish、Boiling in a large pot、Steaming hot rice and cooked until the core of the U.S. on the offer! By chopsticks was as slow and soft、Without being too salty sauce common to specific country、It's a nice classy。Rice grains are firmly standing、Resorting to sauce in Organics、Chopsticks are forward thinking and pleasant taste。Rising eel prices、Although the average、Less than 3000 Yen tax included in "such heavy" valuable shop where you will find! Also delicious natural while doing、Not to mention the high cost performance! Just the other day、In program "eel 00 put the pepper to even food more delicious. that question、Know the facts on a rice shock answer believe it or not、"Nothing experience." in the US、Immediately、This "like heavy" more calm as well、The pepper onto the rice and! Certainly、The eel was directly over the pepper、Was feeling the first pepper smell and irritation、And in this way、For sansho shines directly on the tongue、Standing ago the aroma of grilled eel、After the 噛mi締meta flavor of the sauce、Spread were 蒸rasa in the heat of the rice flavored with sansho pepper on the nose as、Guests can enjoy rich flavor、It is significantly swell the palate with lingering! Exactly what、Scales from the eyes! Always receive satisfied "? p" like is heavy、山椒の小技でより美味しく大大大満足の土用の丑の日となりました! 最後にお店の袴田健康さんと一緒に記念撮影! また美味しいうなぎを食べに足を運ばせていただきます! かねりん鰻店 住所静岡県浜松市西区入野町731 TEL:053-448-9335 Hours of operation:11:00-13:45[0. S]、17:00-20:00[0.S] 定休日:Every week Wednesday、第3火曜日 http://kanerin.net/...

Two Taipei sho Ryu Gin Michelin guide stars earn, Japan hasn't bloomed in Taiwan!

「ミシュランガイド東京2018」にて連続で3つ星を獲得し続けている六本木の日本料理「龍吟」の台湾1号店「祥雲龍吟Ryugin」が「ミシュランガイド台北2018」にて見事2つ星を獲得! 場所は、Was born in 9/2014 in the dazhi area of Zhongshan district, Taipei City fine dining and building "UG worker Federation of Temple" of the 5th floor、Each placemark、江振誠 Andre Chiang(アンドレ・チャン)シェフ率いる「RAW」が入るビルとなります! この日は、Taiwan friends Mr. and Mrs. marriage celebration.、Revisit the dinner here! A friend and his wife to arrive、ウェイティングスペースにてウェルカムドリンクの台湾茶を頂きながら待つことに致しましょう! オープン当初、Hieda, ryohei (Hieda Ryohei)The chef had put together courses in conjunction with ingredients from Japan、Now、Cherish the ties with the local producers、And Japan dishes to consist entirely of Taiwan ingredients all menus、Using carefully selected ingredients for rich Taiwan、Japan food、日台融合を感じられる至極のコースを提供しています! 今回は専属Sommelierが推奨する日本酒とワインのペアリングにて堪能! 先ずは台湾で造られている祥雲龍吟オリジナルのChampagneにて乾杯! ①「浅利のスープ」 メニューにはありませんが、Delicious clams arrived in、特別に追加されたスープ! 台湾バジルの色鮮やかなオイル香が立ち込める浅利のスープは一口で十分な程に海の恵みに感謝する一品で心が癒やされる思いです! ②「鮪魚、Cilantro、Bean curd ' × ' sake:石鎚 純米吟醸 備前雄町 無濾過中汲 槽搾り」(力強く野性味溢れるクラシカルな味わい) ハンバーガーのように提供されたフィンガーフードの前菜はカリカリに揚げた湯葉にツナタルタルと台湾産キャビアをたっぷりと忍ばせた絶品つまみ!コリアンダーフラワー(香菜の花)の個性的な香りが食欲を掻き立てます! 個性に溢れ、Sparkling、To specialists in a variety of designs and Inoguchi、Could choose a favorite pattern individually、楽しみ方の1つです! ③「海膽(雲丹)皮蛋」 澎湖(ポンフー)で穫れた濃厚な台湾雲丹に皮蛋豆腐を合わせた涼し気な一品! グリーンオニオンフラワーのほろ苦さが良いアクセントになっています! ④「鰹魚、Squid、Ming shrimp (prawn) ' x ' sake:黒龍吟」(アップルテイストの辛口) 虹色に輝く鮑の貝殻の上に盛られた刺盛りは、The straw smoked bonito、Strong prawn flavor、And sweet calamari、The sweet fragrance of fresh sea grapes、醤油とチリ酢の2種で楽しみます! ⑤「鰻魚、Mountain President (Yam) "x" Japanese sake:14 take in junmai ginjo sake bizen Cho "(black pepper、Ginger、フラワーのような香りでフルーティー) 台湾産鰻は、Finishing crisp crispy skin surface、身のふっくら感との食感の違いを山葵で楽しみます! ペアリングの域で「高木酒造」の「十四代」が楽しめるとは驚きです! ⑥「牛舌、White radish (daikon)、Horse advice (spice) "x" Japanese sake:十四代 角新 中取り純米 無濾過」 上品で優しい味わいの牛テールスープを注いだ牛タンは滑らかな舌触りと芳醇な香りと甘味を楽しめる逸品でしんみりと焚かれた大根が絶品! ⑦「桃太郎蕃茄(トマト)」 台南の豊かな土地で有機栽培の野菜をつくる「元気家農業協同」の林中智(Tomo Lin)さんの酸味と甘みのバランスの取れた究極の桃太郎トマトをキンキンに冷やしフレッシュとソルベの組み合わ汗で台湾バジルと共に味わいます! ⑧「鴨、洋蔥、Grass hemp (sesame) "x" red wine:DOM. Potinet Ampeau Volnay 1er Cru Les Santenots 1978」フランス ヴォルネイ(Pinot Noir) ルッコラのベビーリーフを敷き詰めて、2And roast moist and dry weeks had Yi ran from duck、さっぱりとしたオニオンソースでいただきます! ⑨「越光米(コシヒカリ)、Sea melon child (Asari)、Samsung vegetablesx o、Plethora of tubo (tomato).、"Bean curd and mushroom appetizer.、"Red radish、Chinese cabbage、Cucumber pickles.、「ほうじ茶」...

"Eel Fujita" Kamakura Shin project Hamamatsu station with unagi lunch!

創業明治25年と四代続く老舗中の老舗となる鰻専門店の「うなぎ藤田」の支店となる「うなぎ藤田 浜松駅前店」へ! こちらは、Is located a 1-minute walk from hamamatsucho Station South exit、Modern and make your dinner in a private room in the atmosphere、遠方からの来客の際に利用させていただくことが多いお店となります! 鰻は、3Is the second by has continues to shirttail "secret sauce"、Use charcoal selection.、One one face care、Are grilled to order。 Here be Cantonese steamed eel、As with chopsticks become plump and soft texture and、With an elegant sauce with sweet、芳醇な風味が堪能できます! 本日は長らく富山の「リバーリトリート雅樂倶 River Retreat Garaku」の総支配人をされていた松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)さんと一緒にLunch Meeting! 今回松宮さんが新たに手掛ける会社「株式会社くらつぐの古民家再生プロジェクトの第一弾「鎌倉スモールラクジュアリーホテル」についてお話を伺いました! 山と海に囲まれた自然豊かな鎌倉。 Away from the city center、Forget the hustle and bustle、City of adults spend a quiet moment、Kamakura。 To such、たった二部屋のみのスイートルームを用意する「鎌倉スモールラクジュアリーホテル」が今秋11月にオープン予定とのこと!その際には詳細をお見せできればと思います! 初の来浜となる松宮さんの新たなプロジェクトの御繁栄を願って、After the meal、天下統一の足がかりとなった出世城「浜松城」を御案内! 緑深くなるこの季節の「浜松城公園」の散策は快適です! 限られた時間ではありましたが、Under the blue sky、Look in Hamamatsu City from the elevated position、とても気持ちの良い散策となりました! 天下を取って頂くためにも若き日の徳川家康公と一緒に記念撮影を楽しんでいただきお別れです!出世城万歳! うなぎ藤田 浜松駅前店 住所静岡県浜松市中区砂山町322-7 ホテルソリッソ浜松2階 TEL:053-452-3232 Hours of operation:11:00~ 14:00、17:00-21:00 Closed on Mondays:火曜日...

Scroll to top