"House sitting" Japan's once in a lifetime of hospitality! Days of serenity and also meet

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」での心地良いひとときを終える朝! 本館入口に用意された「売店」にて、Products of Izu and memories of the trip will be started.、各種お土産を見させていただきましょう! 「坐漁荘」の日本庭園を彩る山ももの愛らしい朱い実を模った甘酸っぱいお茶菓子「やんもの里」や五色の色合いが愛らしい豆菓子の「田舎五色豆、Chili pepper beans、Coffee beans、Beans ', such as in the original Inn's teacake、As the tea of Shizuoka is certified as world agricultural heritage site、こだわり溢れるお土産物が揃います! また、Go to the back of the lobby、And "souvenir" where the other 1 place、There、The Mt. Fuji Shizuoka's glass works started.、Such as cast iron and glass、日本が誇る伝統工芸品が揃います! 嬉しいことにこちらにも富山の有名な鋳物メーカー「能作_NOUSAKU」が手掛ける錫製品の酒器や香立て等を取り扱われておりました! フロントにてチェックアウトを済まし名残惜しくもお別れの時が近付いて参りました! ここで忘れてはならないのが「坐漁荘名物!?」となる「ハーゲンダッツ Häagen-Dazs」の食べ放題です! 実は「坐漁荘」では、Beside the "souvenirs" where has the ice cream vending machines、Without putting your money、好きなアイスを押せば押すだけ出てくるというアイス好きのお子様や女子には堪らなく嬉しい「アイスクリーム無料サービス」をしているのです! 流石に滞在中は、Your teacake and fruit、For the dessert course, birthday cake in the stomach could not afford、最後の最後に1箱だけ頂いて帰ろうと思います! 「ハーゲンダッツのクリスピーサンド」や「クーリッシュ(Coolish)」も気になりましたが、On the way、Driver husband clean and easy-to-make and、一口サイズの「レディーボーデン(Lady Borden)生チョコレートボール」をセレクト! 半信半疑でドキドキしながらもボタンを押したら本当に無料でアイスが出て来ました! 何から何まで至れり尽くせりの、Japan's once in a lifetime of hospitality、本当に心癒される素敵な休暇を過ごさせて頂きました! 最後にお世話になったスタッフの皆さんを囲んで記念撮影! 皆さんのおかげで「坐漁荘」での滞在はわたし達夫婦にとってかけがえのないものとなりました! また逢える日を楽しみにしております! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 http://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站 https://www.abba-travel.com.tw/stay/...

By sitting-so human national treasure swords and sword of about 800 years of history learning appreciation!

伊豆高原の高級旅館「ABBA RESORTS IZU坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」で行われているアクティビティの一つである日本文化体験「日本刀鑑賞」を体験致します! 「坐漁荘」では、Memories of the journey provided fulled to be something deeper than Japan's culture and history, including a variety of experiences and、The Japanese appreciation this time to experience、宿泊ゲストはいつでも無料で鑑賞することができます! ただ、In the history for details、旅館の文化保存を担当される専属スタッフの原田明子さんの大変興味深い解説を御希望の方は事前予約が必要です! 「ギャラリー 義の心」に掲げられた「第一義」の由来は『碧厳録』に出てくる達磨大師と梁国の武帝の問答の中の語句であり釈迦が悟った「万物の原理」を意味されています! 一、What exists in the world is all 移ri変waranu not anything as。 One、Of the world and all sorts of things are the things、Always alone、There is no single。 One、Common to all、Bond、Commitment without mind in peace。 This principle in mind echigo wheeled warriors、上杉謙信公は、Temple of the Buddhist priest, Ken master and、Raises the amount of rinsenji temple gate built to "primary" and the large book, chopped、Kenshin is "righteousness I think、人が人としてある美しさよ』という言葉を残されています! 無類の日本贔屓で居てくださる「坐漁荘」のオーナー葉信村会長越後が生んだ謙信公の「義」と直江兼続の「愛」に感銘を受け、2011It occurs in East Japan earthquake Japan struck a devastating blow to know、Niigata is great margin for himself、In October the same year quickly led company executives and officials that about 500 people from Taiwan, righteousness and love 20th anniversary meeting held、放射能の風評被害に悩む日本の観光地としての復興を願い支援してくださった方でもあります! その際に感謝の印として新潟県から「第一義」と題した扁額を贈られ表彰! こちらのギャラリーの名「義の心」も「坐漁荘」のオーナーが心から敬愛する謙信公への憧憬に因んで名付けられているとのこと! また、The leaf Shinshu village President、Niigata has produced treasures swordsmith "Heaven Akio (also perforated succeeded)"follows a sword-making was being appealed, may、Heaven Akio following them、新潟へのその恩に報いるかのように製造許可を出されたという感動的な秘話があります! その際に葉信村会長は「刀の中に上杉謙信の”義の心”を込めていただきたい」と申し出されたそうで、In the Gallery、その貴重な名刀を拝むことも許されています! ギャラリーに一歩入ると、In the tense air、Swords were shimmering in his dignified and orderly matching、温湿度の管理の行き届いた展示ケースに収められています! 「先ずは、Such sign does not care、Feel think left。」と専属スタッフの原田明子さん! 一呼吸置いて心を落ち着かせ一振りずつその御姿をじっくりと拝見致しましょう! それぞれに異なる刀長や幅、Curvature、鋒(きっさき)の形状までもが違うから驚きです! また、Straight into the blade、It's beautiful straight flute (flute) and、War Blade (midareba) looks wavy pattern edge statement、これまたそれぞれの刀毎に魅力が異なります! 戦国時代では、Japanese sword was active as a dissecting opponents with 1 sword weapon、Its sharpness and flexibility、And in iron pulled Ben up to extreme power、The beauty that accompanies it has、日本が誇る美術品の一つとして高い評価を得ています! こちらでは、Start up treasure in heaven Akio next (see Aki succeeded) multiplied by the life itself could be said sword (posthumous)、"Raven small Kenshin Uesugi Kenshin official specification" or "Izumo country living, long work," such as、著名な刀匠作品が連なります! 入口より右手と左手で戦国以前の古刀と現代刀に分けて展示! 一番古い物と新しい物の年代の差は何と!800年もの差があり伝統が受け継がれてきたことの重みと時代の流れを感じることができます! 江戸時代の職人の技が光る日本刀。 800年の伝統を現代に受継ぐ月山日本刀鍛錬道場を営み、Supported by modern sword world、"Gassan Jeong Shin" Gassan Sadatoshi Nara Prefecture designated intangible cultural properties as specified and their sons made sword activities started.、Each swordsmith and sword of the late Kamakura period other bizen (Okayama Prefecture) "bizen osafune nagamitsu.、The history of the sword has been passed down from generation to generation、While listening to a detailed description、Learn the history of the Japanese sword that can、Once again、In the background while viewing、一味も二味も違って見えるから不思議です! お時間のある方は、Redraw the swords oil Mr./Ms. Harada's staff caring moments will be a valuable experience、是非御予約の上ご覧頂ければと思います! 入口では映画「もののけ姫」にも出てくる神話の国島根県奥出雲の「たたら製鉄古式鍛造工房くろがね workshop Kurogane」が日本刀を製造する様子を収めたモノクロ映像を流しており日本刀がどのような製造工程で作られているかを紹介しています! 日本刀の原料となる玉鋼を用いて製造する製鉄炉は、Best reach around 1400 degrees、Japanese steel to produce great work keep stoking the fire 3 nights 3 days、Chosen as the sword of raw materials but of high purity steel、そこから始まる鍛錬の世界! 日本刀は刀工だけが造るものではなく、研師, Saya-Shi、Lacquerer、Makie lacquerers、Metal master、First perfected by artisans such as silver master、それぞれの工程に分けて専門の職人が存在するそうです! ここ数年に渡る刀剣ブームによって注目を集める日本刀ではありますが、And the swordsmith's successor problem、That instability is the supply of steel raw materials for swords and charcoal、In the swordsmith world are faced with challenges、The owner leaves Shin village President、These historically valuable sword conservation preservation and tradition、一刀剣ファンとしてこのギャラリーの運営を担ってくださっています! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 日本文化体験「日本刀鑑賞」 営業時間:7:00-21:00 スタッフ解説付きは事前予約 http://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站...

Using "house sitting" with boiled rice and Izu specialty filled with colorful Japanese breakfast

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – Sitting Zhuang (Zagyosoh) Abu resort iz zagyeosou "for breakfast、"Japanese restaurant Sakura" Japanese breakfast in our、または「フレンチレストラン やまもも」にて頂ける洋朝食のどちらかが選べます! わたし達は、For enjoying dinner at French course、朝食は身体喜ぶ和朝食をセレクト! 朝食会場となる「和食処 さくら」は、There in front of the garden bath、入口に掲げられた「杉玉」の粋なオブジェが目印となります! こちらでは伊豆の新鮮食材を用いて、Provided Japanese tastes of material and、「ふじのくに食の都づくり仕事人」として活躍される総料理長の井戸伸治さんが「坐漁荘でしか味わえないないもの」を提供! 1階と2階で14もの個室を備えられており、And have the stress on the knee in a spacious semi-private table seating、プライベート感溢れる佇まい! 朗らかな笑みを浮かべ、From the morning Guide to good customer service Lady、今回は「いかだ」の間を用意していただきました! 席に着くと、There was a warm hand towels and tea、"Would you like rice or rice porridge dinner?? "The question is。Rice、And the clay pot rice boiled breakfast for each guest to match、Keeping an eye to accompany their rice lined up in front of the eyes、迷わず白米を選択! 湯豆腐に火を入れていただき準備が整ったところで炊きたての土鍋御飯が釜ごと到着! この日のお米は、In Toyama Prefecture, Koshihikari in her husband's family is glad to have been employed with the、Open the kettle lid、Plump and glowing good uniformity of rice cultivar Koshihikari with debut、見事な炊き上がり具合! お椀に上品に盛り付けていただき先ずは何も付けずにそのまま白米の香りと味わいを堪能!口に入れるとしっかりとした甘みと旨みが広がります! やはり富山米最高! 毎朝我が家でも食べている富山県産のお米昨年2017年に発表された富山県産の新しいブランド米で最近試したばかりの銘柄「富富富(ふふふ)」を仲居さんにちゃっかりと御紹介させて頂きました!富山は美味しいもの尽くしです! どのおかずも御飯のお供にピッタリの物ばかりですが、For 1 second to、View from the delicious "Asagiri-Kogen lay fresh eggs" is! Here you will、Excellent compatibility with the egg、To be served with cooked eggs for rice in soy sauce、ついつい御飯のおかわりが進んでしまいます! ゆっくりと1時間半程かけて朝食を楽しんでいると、Sales&Marketingの安部 志穂美 (Shihomi Abe)Let's us go on farewell、「お誕生日おめでとうございます!よろしければドライブのお供にどうぞ!」と「CANDY SHOW TIME」の色鮮やかな愛らしいバースデーキャンディーを用意してくださっていました! 身体がほっこりと喜ぶ美味しい和朝食で、Knowing that appetite、Clay pot rice probably 2 or so popping me in would be at abandons two complete morning I ate! In order to digest、今一度散策が必要なようです! [和朝食Menu] ■御飯「富山県産コシヒカリ 土鍋御飯」 ■香の物「梅干し、Takuan、野沢菜」 ■自家製出汁ポン酢のあっさり「湯豆腐」 ■小鉢3品「旨辛味噌、Squid、山葵海苔」 ■焼海苔 ■刺身「鯛」 ■佃煮「しめじの佃煮」 ■煮物「鶏つくね、Eggplant、Autumn carrot、インゲン」 ■お味噌汁「鯛のアラ汁」 ■御飯のお供「朝霧高原の産みたて卵」 ■サラダ「葉野菜を胡麻と人参の自家製ドレッシング」 ■焼き魚「伊豆名産・鯵の干物」 ■デザート・シャキシャキ食感を残した「林檎の蜜煮」 ■食後の「珈琲」 ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 和食処...

Sitting-Sou 山momo pattern yukata Japan gardens Cape natural early-morning walks and CARP bait do

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」の「ヴィラ:311 room / Iris (IRIS) "in the、Wake up healthy、陽が昇る前の朝風呂を堪能! ほんのりと空が明るくなりつつあり、To look into a bright blue sky and soak in nagayu、目を覚まします! この日は雨予報を心配しておりましたが、Like bout finished off in the night、Around trees in wet weather、色濃く艷やかに喜んでいるかのよう! 温泉から上がり、Yukata is provided through the sleeves、Let's walk in the morning and! Two women in yukata are available、1One is in adorable wearing my 山momo pattern yukata、もう1つは上下が分かれセパレートになっている浴衣です! セパレート浴衣は、On the haori coat.、For the finished skirt like a winding down、There is no worry of small dressing、Easy way to the police station for、1人で浴衣を着ることができない方にお勧めです! 坐漁荘の日本庭園への入口はヴィラの直ぐ目の前に門が用意されています! 専門庭師の方々の手が入り、To become a garden well maintained、With confidence, enjoy a stroll、Around and relax while watching the trees and flowers、およそ30分程の散策となる広大な庭園! 山ももの大樹はもちろんのこと、Like strung the roots into the Earth big trees more than 300 years old is just nature itself、庭師曰く「此処は自然庭園です」とのこと! 本当に立派な庭園です! こちらでは四季折々の自然を慈しみながらゆったりとしたひとときを過ごせます! 11月上旬ゆえに、Much is not、Consequently pursue Farfugium japonicum resembling a chrysanthemum flower、緑濃いの中にさり気なく花開くあどけない姿が儚げに映りました! 池に架かる橋の上からは、Enjoy watching the Koi swim gracefully、非日常的な緩やかな時を過ごせます! また、"Carp bait" box placed the main entrance towards the pond out of food、Take a look、餌やりも楽しみましょう! 鯉がパクパクと口を開けて必死に群がる様子がまた愛らしく思えます! ヴィラから中庭を抜けて本館まで歩きその帰りの道中の小雨の心配をしてくださった仲居さんが「和傘」を用意してくださいました! 自然の息吹と共に小鳥の囀りが心地良く響き渡る庭園! 運が良ければ、While jumps and branches of the trees、颯爽と庭園を駆け巡るリスにも出会えてしまいます! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 http://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站 https://www.abba-travel.com.tw/stay/...

French dinner seafood "house sitting" Izu peninsula along with the Japan tea to entertain! ◆ part two •

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設されているフレンチレストラン「やまもも」でのバースデーディナー後編となります! こちらのレストランでは京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村 勉 (Tsutomu Nishimura)Menu dedicated to chef tea "tea pairing aya / Sai "in mountain received the impression that this Chef、The most famous tea adopted only a Shizuoka Japan tea、静岡茶のティーペアリングと共に楽しめるコースを用意されています! 今回「坐漁荘」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器と「やまもも」の素晴らしい料理をコラボしていただくことに! 「やまもも」では、Ceramic inter-relation between the Izu and distinctive instrument originally ordered by "Kamachi pottery shop.、Also、The generator Niijima glass collected at the coast of the Izu Islands, including great instrument has been adopted、この日は一部の器をわたし達が持参した器に変更してくださっています!久々の『器と旅するシリーズ』です! [やまももSpecial Dinner Menu] ⑥「キノコのテリーヌ 西伊豆産黒米のおこげ 貝柱とキノコの餡」 キノコと貝柱、The tender white fish Terrine、Nishi Izu terraced rice for rice to finish、Weekly us enjoying the texture and crunch! The last bite、By squeezing a lime marinated、さっぱりとした後味とまろやかな料理の輪郭がハッキリと仕上がる面白い味変になります! <和烏龍あおい(島田)> 同じく「カネロク松本園」の発酵熟成させた世界農業遺産最高位認定の和烏龍茶!発酵を浅めに抑えてあるため、Chinese oolong tea and the gang differences、Even those who love green tea astringency、えぐ味は一切感じずに華やかな香りを楽しめます! きのこや貝柱の旨味をスッキリとさせ旨味に渋味を加えることでコクを感じさせる意味もあり合わせた一杯! <シャブリ・プルミエ・クリュ ラ・フォレ / ドメーヌ・ヴァンサン・ドーヴィサ(Chablis 1er Cru“La Forest Domaine Vincent Dauvissat)> ミネラル感溢れる極上シャブリを貝の旨味と掛け合わせて楽しむ一杯! ⑦「特薦魚のポワレ ベルモット」×「釋永岳 mars 平皿mars himawari」 伊豆といえば金目鯛!ということで、Body moist、Sauteed snapper finished the skin surface to crisp the grilled Eggplant、Along with Brussels sprouts、You will be in a rich Vermouth sauce! Finishing and sprinkled powder Baked Eggplant、ふんわりと残り香が楽しめます!...

French dinner seafood "house sitting" Izu peninsula along with the Japan tea to entertain! • Part I ◆

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設されているフレンチレストラン「やまもも」にてバースデーディナー! 天然記念物「山もも」の巨木が群生する広大な自然庭園内に佇むことから付けられた店名「やまもも」では料理長である山本晋平/Shinpei Yamamotoシェフが腕を振るう伊豆高原の海の幸と静岡の厳選素材を用いりフレンチのテクニックと日本の魂を掛け合わせ「和魂洋才」で織り成す伊豆ならではのフレンチが頂けます! また京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村 勉 (Tsutomu Nishimura)Menu dedicated to chef tea "tea pairing aya / Sai "in mountain received the impression that this Chef、The most famous tea adopted only a Shizuoka Japan tea、静岡茶のティーペアリングと共に楽しめるコースを用意されています! 1階フロアは緑豊かな庭園と本館が望め純和風の茶室を設けた落ち着き溢れる空間となり、In the evening of the day、台湾からの団体客で賑わい華やぐ店内! わたし達は2階の個室「蕾」に案内していただき山本シェフおまかせのフルコースを頂きながら、1つは「ティーペアリング」3,500円をもう1つは「ワインペアリング」9,500円を合わせてオーダー! また同じ2階には、There are 6 counter seats spread over the sea of Izu、ヴィラ宿泊客限定で提供される「鉄板焼」も大人気メニューです! 今回「坐漁荘」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器(※後編で登場します)と「やまもも」の素晴らしい料理をコラボしていただくことに! 「やまもも」では、Ceramic inter-relation between the Izu and distinctive instrument originally ordered by "Kamachi pottery shop.、Also、The generator Niijima glass collected at the coast of the Izu Islands, including great instrument has been adopted、この日は一部の器をわたし達が持参した器に変更してくださっています! 久々の『器と旅するシリーズ』です! 今回は特別に日本茶のティーペアリングについては山本シェフ自らが料理と共に紹介してくださりワインペアリングについてはテーブルを担当してくださるホールスタッフの永田良太さんがサーヴしながら説明してくださいます! [やまももSpecial Dinner Menu] ①「戸田の本エビと人参 メヒカリ 伊豆のお米とひじきのチップス」 最初にテーブルに用意されたのはレストランで取り扱う無農薬野菜を栽培され三島の鈴木 達也 (Tatsuya Suzuki)さんが手掛ける「フードカルチャー・ルネサンス」の現在の畑を肌で感じて頂くようにとオクラの下にマリーゴールドが咲き乱れ華やかさと儚さが混在する様子をそのままイメージされてのあしらい! 曲げわっぱにアイアンを施した2段重ねで和のアフタヌーンティーセットのような飾り台。In the upper、小枝に刺した軽やかなメヒカリのフリットを添えて! 下段には戸田の特産である本エビを藤枝の日本酒や醤油にて軽くマリネ本エビの甘味を人参のムースの甘味と合わせて楽しめる一品!伊豆のお米とひじきを合わせてチップにし西伊豆の伝統食品となる潮鰹をフレンチの調理法となるブランダードで仕上げ塩辛さと奥深い味わいを楽しめます! 日々畑に足を運ばれる山本シェフが現状の畑にフェンネルの種が豊富だったことから卓上に添えてくださったドライ状のフェンネル・シード!「良かったら食べてみてください!」とシェフに誘われ一粒パクリ!お口の消臭効果のようなものを感じる爽やかさと甘味!スパイス好きには堪らない粋な演出です! <焙じ茶(藤枝)> 藤枝市瀬戸谷で、40年間無農薬で自然のサイクルを大切にされながら栽培されてきている杵塚さんが運営する「人と農・自然をつなぐ会」の綺麗な味わいを楽しめるお茶で最初の一杯は彩り鮮やかな焙じ茶にヴィネガーを合わせて!香ばしさの中に爽やかな酸味が広がり食前茶として食欲を掻き立てます! <Champagne ボランジェ(Bollinger Special Cuvee...

Superb villa for the sum of sitting-so relax in modern, in one of the cottages was born!

伊豆高原の高級旅館「ABBA RESORTS IZU坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設された「ヴィラ(VILLA)」へ! 「坐漁荘」のアクティビティの一つである日本文化体験「日本茶」を体験した後は、Cultural preservation staff Harada Akiko、今回わたし達がお世話になるヴィラへ案内して頂きましょう! ヴィラは、Female in new ground adjacent to the main building、Cottages in mind to spend peaceful moments、Sum of comfort with a modern taste、Provides 13 rooms, all with names of flowers、And mezonettypevila with "pool & Jacuzzi & dew heavenly bath" in triple time "pool & dew heavenly bath" Villa "basin & with open-air bath" is divided into three types of villas for、それぞれの特徴を御紹介致します! [ヴィラ:315 room / 芍薬(しゃくやく)] メゾネットタイプで和洋室2間となる「芍薬」は、In-built mansion nestled quietly on site at the back of、まるで別荘地に訪れたかのような心休まる寛ぎの時を過ごせる客室となります! メゾネットヴィラの広さは135.3㎡~139㎡とゆったりとしており玄関先には吹き抜けと天井まで続く大窓より注ぎ込まれる自然光で開放感溢れるリビングルームが現れます! 原生林や花々、Trees and plants、Stone、Brooks, giving the design motif、建物全体を大樹のクスノキに見立てた和モダンスタイル! リビングサイドには、There was a dining table、Back in the kitchen space、長期滞在にも便利です! ゆくゆくは、In our villa in the chef's kitchen、部屋食を提供できるようにとキッチンスペースを備えられたとのこと! 2階へ上がれば、Modern, there was a bedroom、セミダブル(W1200×H2030)のツインとなります! 寝室から広がる自然の景観と、While healing is blessed with views of Sagami Bay views in the back! There was a bath on the deck、Has become a pleasant experience both、プライベート感たっぷり! 贅沢な造りは、1Mounted to floor deck length 24 m (3 m x 8 m)、In the depth of 1.2 m private heated pool、Can be enjoyed all year round, and using a little hot water、水着を持参すると良いでしょう! その先には、Open-air Jacuzzi "JAXSON (Jackson).、In the Jacuzzi back equipped with sauna、万全の備え! 嬉しいのは、All drinks in the fridge that are being included.、ヴィラは特別に「Champagne付」となります! 「芍薬」では何と!「ルイ・ロデレール ブリュット・ナチュール フィリップ・スタルクモデル(LOUIS ROEDERER BRUT NATURE PHILIPPE STARCK MODEL)」が付いてくるから素晴らしい! こちらは別荘のような落ち着きを持ちながらもリゾート感覚で過ごせる究極のヴィラとなります! [ヴィラ:313 room / 芙蓉(ふよう)] プール&露天風呂付ヴィラの広さは、96Square to be 112 m²、和洋室2間の和モダンな造りとなります! リビングルームと寝室が共に庭に面した造りとなるこちらは何処からでも自然を楽しめる開放的な設計となっております! バルコニーから続くプールは、26.8m(3.25x8.25m) of pride staff、For now is not heated、夏場利用が快適です! 露天風呂から眺めるプール水面の輝きと緑豊かな景色に包まれて静かな時を過ごすに最適な客室となります! 「ヴィラ:311 room / 菖蒲(しょうぶ)」 今回わたし達がお世話になる客室はこちら「菖蒲」となります! ヴィラ全体に言えるのですが、For the parking space is provided for each gate、愛車をお傍に寄せれるのも嬉しい限り!そこがまた別荘感覚のようでもあります! 水盤&露天風呂付ヴィラの広さは、77M² to 90 m² with couples who stay as balanced good sense of size and、居心地の良さが感じられます! 玄関先土間には、Branch small size while the stunning bonsai has been live、Call it the Wabi and Sabi in Japan?、風情があります!こちらは生花同様に2週間に一度入れ替え作業がなされるそうです! 玄関正面の扉奥には、A closet with motion sensor light shines、Beginning with delicate equipment such as hangers、館内OKの浴衣の用意も! 庭を望むリビングルームと寝室が縦に繋がる造りとなり、Offers in depth、Close the sliding door ago going to bed、静かなひとときを過ごせます! パウダールームはツインで備わり、Full size mirror finish is ease of use may、The Dyson (dyson) of the drying hairdryer、Beginning with "Bvlgari (BVLGARI)" wrapped in a fine aroma bath item、Women including happy face packs, skin care for men、アメニティグッズも充実の備えとなります! 露天風呂の手前には、Equipped with separate shower room、身体を洗い流してから温泉を楽しめる造りとなります! 客室内でのカフェタイムには、In addition to the Nestlé Nespresso coffee machine Zenius (genius)、Capsules tea-only machines ' SPECIAL. T (special.T) "also is、As well as coffee、緑茶や紅茶の用意も! 手軽さだけではなく、To properly enjoy green tea, delicious tea leaves、Of course equipped with tea too! As you'd expect、お茶処静岡のお宿ですね! 寝室に用意された薄型のスタイリッシュなCDプレーヤーにはオーナー自らが選曲した台湾の懐メロ的なCD「戀戀溫泉」と「緑色方舟」の2枚がBGMに用意されています! ディナーの時間まで部屋で寛ぎ冷蔵庫で冷やされたChampagne「ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ(LOUIS ROEDERER...

Name is known sitting-so green and light flooding in skin and health effects of healing

Long known in the skin and health effects、名泉として名高い高級旅館「ABBA RESORTS IZU坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」の温泉施設へと参りましょう! 「坐漁荘」には、Overlooking the lush gardens、森林浴感覚でゆったりと天然温泉を楽しめる「英(はなぶさ)」と「葵(あおい)」の2つの露天風呂が用意されています! この日、The "British" was prepared as a "hot men、Colourful Moss garden views.、心身共に温まる癒やしの時を楽しめる石造りの庭園露天風呂になります! そして、Will become Lady Yu AOI、Bushy thickets and forests of pachysandra terminalis、Bamboo hogaki、The garden bloomed, yabcouge, etc、There was a hexagon shape and size and garden outdoor cypress bath、2One for replacement work is made in the middle of the night bath、滞在中はどちらの趣きも楽しむことができます! 客室それぞれに露天風呂が備わるせいか、Surprisingly、People out like that is less、タイミングを見計れば大きな露天風呂を独り占めできる可能性もありますよ! 露天風呂戸外には、As a resting place in cool-down of the bath.、Is the Koi pond around Center courtyard.、一呼吸置いて部屋に戻ることができます! さらに施設内には、Bath for two bath Jade (Jadeite) and Shion (shienn)、A large stained glass window、Also enjoy the relaxing time watching nature, such as the 山momo of the、また緑豊かな「坐漁荘」ならではのおもてなし! どちらの大浴場にもサウナルームが用意されているため、While dripping sweat、By combining springs and more efficient、Detox effects due to sweating and thermal effects、And promote blood circulation, improves metabolism、In the autonomic nervous system, you can expect relaxing effect、新陳代謝アップ・冷え性改善・肩こり解消・免疫力向上等の身体に良い効果が得られます! こちらの大浴場も夜中に入れ替え作業が行われます! また、Nice garden view from the East stairs to second floor、定位置に鎮座する梟と一緒に楽しめます! その梟の先には、2Two have private open-air bath、If the tag was hung on the door is "vacancy"、ゲストはどなたでも無料で利用することができます! 貸切露天風呂は、In one corner of the ground to、It overlooks the sea forest is surrounded by 山momo and Izu、プライベートなひとときを満喫! 温泉の泉質は、And simple alkaline spring、Soft and colourless transparent odorless and tasteless、Rheumatoid arthritis、Chronic muscle rheumatism、Neuralgia、Bone and joint disorders、Aftereffects of the traumatic injury、疲労回復などに効果的となります! 身体の芯から温めてくれる温泉は、While somewhat tired body healing、湯上がりの美肌効果も嬉しい限りです! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 http://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站 https://www.abba-travel.com.tw/stay/...

Learn the "house sitting" Japan tea! Japan Shizuoka tea of unique cultural experience!

伊豆高原の高級旅館「ABBA RESORTS IZU坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」で行われているアクティビティの一つである日本文化体験「日本茶」を体験致します! 「坐漁荘」では、Memories of the journey provided fulled to be something deeper than Japan's culture and history, including a variety of experiences and、The course of its highly popular among "Japan tea"、Specialty tea's introduction to the Shizuoka tea、Learn the types of tea, green tea-hojicha tea、Instrument selection and delicious way to know、3I'd like to fit the type of tea tea sweet、ゆったりとした心構えで日本茶の楽しみ方に触れる体験となります! 館内2階の一室に用意された「日本文化体験処」へ出向くとそこは緑溢れる庭園の奥に相模湾が見渡せる絶景の間! 茶道の心得があり旅館の文化保存を担当される専属スタッフの原田明子さんが「日本茶」について指導してくださいます! そもそもお茶は「不発酵茶」の”緑茶”、"Bags" of partly fermented tea、Fermented tea "tea"、「後発酵茶」の”普洱茶”の4種に分かれます! そして、Japan's Japan tea types、Broadly "gyokuro-kabusecha"、"Green tea and tea.、Bancha、"Hoji"、Brown rice tea、"Powdered tea, tencha (tencha tea).、「玉緑茶」に分類! 今回は、Japan tea from carefully selected ' facing tea.、"Gyokuro"、「Secret(秘密)」の3種類を楽しませて頂けるそうです! 茶葉入れに収められた3種の茶葉を見比べて、Start enjoying the scent of each! Japan tea world sense with all five senses、Experience that you will enjoy、クイズ形式で進められる原田さん! 左から右へ順に、3種の茶葉の見た目と香りを堪能! それぞれに特徴があり、Did any really good scent、I felt the most comfortable tea leaves、With the beauty and vivid color appearance, feel the elegance and the tea leaves、高貴に満ち溢れた深みのある香りの一番左の最初の茶葉でした! 原田さんが「お目が高い」と一言申し上げてくださるものの、How tea leaves、What tea should be the、飲み終えるまで内緒の御様子(笑) 茶器を温め、Water time in cool、3Of time, he slowly and carefully pour the first Japan tea、There's a beautifully mellow、In the wrapped in sweetness and flavor tea、身体にす~っと馴染む優しいお味! 一番目の茶葉は何と!日本三大玉露の産地となる静岡県藤枝市岡部町朝比奈の遠藤 昇さんが丹精込めて生産された匠シリーズ・玉露名人茶【昇(のぼる)】50g 2,000円の高級茶で御座います! 緑茶とは栽培方法が異なる玉露は、Obstructs the sunlight since the starting of new shoots to grow、Adjust the function of photosynthesis、Less astringent ingredient catechin、逆に旨味成分となるテアニンが豊富になります! あまりに美味しかったので一煎目を終えた茶葉も食べさせて頂いたのですが風味豊かな味わいが楽しめました! お次の日本茶は、Put the Golden depicting Mt. Fuji and White crane tea leaves from the、1In a short time in minutes、お茶本来の色が美しく映える青みがかったお湯のみで頂きます! 茶器の選定を楽しむのも、Tea time fun?! Look、It seems like tea leaves are familiar.、In Mr./Ms. Harada's way、そのお茶本来の楽しみ方を熟知されている方ならではのお味が炸裂! 色濃く、Nice scent、Cup rich sweet! 2 the first tea leaves、伊豆高原産地の「ぐり茶」! ぐり茶とは正式名称は「蒸製玉緑茶」ですが、Beaded with leaves facing. as with this name from the shape that is。In the ITO district, Izu、From sales when steamed green tea ball is hard to describe.、It looks as、ぐりっとしていることから”ぐり茶”と呼んで販売されてきたそうです! 御茶菓子はコロンと丸みを帯びた「餡菓子」で中には優しい白あんも忍ばせてあります! 最後の茶葉は、Tinged with red、どう見ても緑茶には見えません! ガラスのカップに注がれ、Held in diatomaceous earth for Western-style tea is roasted、And with complex flavors with a gentle astringency、どことなく花の香りと柑橘系の香りが楽しめる「和紅茶」! 三番目の茶葉は、Masui Park in Shizuoka Prefecture kawane-honcho、完全無農薬栽培で生産された「ますいさんちのみらいふぁすとふらっしゅ 紅茶」!「国産紅茶グランプリ」で金賞を受賞された茶葉でもあります! 最近では、Shops who offers Japanese tea after a meal in French and Italian restaurants are increasingly、日本では明治期から栽培されている「和紅茶」が今再び注目を浴びています! 日本茶のみならず、Chinese tea and tea culture in Europe、Such as the Taiwan tea、Tea discourse around the world speak、There's also bulge story、Tea time with Mr./Ms. Harada is very exciting、心豊かに一杯のお茶を楽しむ良さをしみじみと体感させて頂きました! 日本文化体験は、In addition to this "origami".、"Aroma bags made.、Japan cuisine、"Fishing"、"Kimono dressing.、「日本刀鑑賞」なども楽しめるとのこと! 旅館でのひとときを楽しく過ごすために用意されたアクティビティ! お時間のある方は是非お勧め致します! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 日本文化体験「日本茶」予約制 体験料御一人様2,000円 http://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站 https://www.abba-travel.com.tw/stay/...

Spend time relaxing in the traditional Japanese style sitting Sou Japan garden view main building rooms!

自然豊かな地に大人の隠れ家として名を馳せる高級旅館「ABBA RESORTS IZU坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」の歴史を感じることができる純和風本館客室の特徴的なお部屋を4室御紹介致します! この日わたし達夫婦は、Reservation for Villa newly installed、For staff as soon as possible、時間の許す限り本館客室を見学させて頂きました! 2階建ての本館は、East and South、And 19 rooms and away from "松琴 Bower"、In different impressions、日本庭園の眺めも様々に楽しめるようになっています! 廊下先には、And decorated with fine 柏槇、Taiwan owned US Japan cultural inheritance to cherish the friendly leaves Shin village President、茶道具や結城紬などの貴重な文化財が展示されています! 表からは想像できないほど奥行きのある旅館の広さに驚きます! 滝の流れる音が心地良く耳に響きわたり、Stone floor decorated with carved faux real "Bayberry"、Getting natural created by natural granite is distributed though bamboo garden.、Leading to the inner courtyard past the garden bath、東館へと参りましょう! [東館:102 room / 鈴懸(すずかけ)] 和室二間続きの「鈴懸」は広々としており、Have a kotatsu is in the back、角部屋のL字窓が開放感たっぷりの造りで違う角度から庭園を楽しめます! 縁側に降り立てば、Skilled carp and 山momo trees and garden pond、餌やりしながら安らぎの時が過ごせます! [東館:105 room / 合歓(ねむ)] 和室一間の「合歓」の特徴は何と言っても床の間の瓦壁が粋なデザインで素敵な施し! 欄間も含めこのモダンさを開業された50数年前にデザインされたとは驚きです! 和室に用意された座椅子も若干高めの物を用意し足腰のお悪い方への配慮もなされています! さらに大きな特徴としては、To become a space of tatami、Has become a pleasant touch of Japan garden room with、Windows to the garden,、Continue to Japan garden、客室からそのまま散策が可能となります! そして、In the East Wing on the first floor rooms all with bath for、While enjoying the scenery of the four seasons、長湯に浸かるのもまた良いでしょう! 東館のお後は別邸風の離れとなる特別な二棟限定のスイートルーム「松琴亭」へ! [松琴亭:116 room / 金蘭(きんらん)] 本館離れとなる「松琴亭」は、And houses decorated with REI、静けさに包まれたプライベートなひとときを楽しむに相応しい客室となります! 「金蘭」の特徴は、And Japanese and Western rooms deffinately、Established Nagano in the Japanese-style living room and sofa、In the 広縁 Japan garden offers one for modern Chair、足を伸ばして心ゆくまで緩やかな時を過ごせます! 洋室ベッドルームにはクイーンサイズのベッドが備わり寝ながらにして庭の景観を独り占めできることでしょう! 二間に続くウッドデッキの横には、Equipped with bath stone enjoying harmony with nature、開放感溢れる湯船を楽しめます! [松琴亭:117 room / 銀蘭(ぎんらん)] 「金蘭」と同じくして、"Silver orchids" was prepared as a private space away from the main building are deffinately tatami。 And landed out of Japanese-style living room into the garden、There was a stone-paved and spacious deck、庭との一体感を楽しめます! こちらの「銀蘭」は、In from April next year would be only dogs pets OK in one building at the Inn、多くのゲストがそのスタートを待ち望んでいる客室となります! 本館は、And pure luxury and enjoy traditional Japan construction of Japanese-style、日本庭園の自然との調和が生まれる安らぎの客室を用意されています! 貴方ならどの客室をお選びになりますか? ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 http://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站 https://www.abba-travel.com.tw/stay/...

Check in to the sitting-so Izu is quaint deeper history of the plateau and Fushan Springs Ryokan

伊豆高原・浮山温泉郷の自然豊かな地に大人の隠れ家として名を馳せる高級旅館「ABBA RESORTS IZU坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」へ! こちらは創業約50年の歴史を誇る老舗高級旅館「坐漁荘(ざぎょそう)」が、2014On October 26,、台湾企業「鉅眾集團控股 Civil GroupHOLDINGS / ABBA RESTORTS GROUP "of capital to introduce、大規模修繕を行いリニューアルオープンされています! 山ももの里としても知られるこの土地は、Because it was of fine trees more than 300 years old、Without threatening the life of the tree、Was designed to take advantage、まさに自然日本庭園の広がる緑豊かな旅館です! 5,000坪の敷地に総工費約18億円をかけ、In addition to the renewal of the two-story main building (19 rooms)、Japanese away from welcoming villa is newly built modern Villa has 13 rooms、Align each of the 32 guest rooms has different types of rooms、Has been serving the finest relaxation at、And Villa expansion underway now、来年には3室の新たなヴィラがオープン予定とのこと! 今年3月にレストラン利用で足を運ばせていただいた際に、Next time I stay and I、This time、わたしの45歳の記念すべき誕生日旅行の場に選定させていただいた旅館はこちらとなります! 晴れ渡る好天と秋深まる山々の美しさに恵まれたこの日は伊豆スカイラインの十国峠ケーブルカーより伺える雪帽子を被った富士の山の壮大さに見惚れながらの快適なドライブ! 少々早めにアーリーチェックインさせていただき表玄関前にて愛車のMaseratiクアトロポルテと共に記念撮影させていただきました! 出迎えてくださった「ABBA RESORTS」東京本社のDirector,Sales&Marketingの新井 裕子 (Noguchi Hiroko Arai)さんと同じ部の安部 志穂美 (Shihomi Abe)さんとの御挨拶をし無事にチェックイン! 窓を全開放し庭を流れる滝の心地良い音に癒やされながら開放感溢れるロビーにてウェルカムティー&お茶菓子を頂きましょう! 茶道の心得があり、The green tea me some Mr./Ms. Harada Akiko's staff will be responsible for the preservation of culture、香り深くまろやかで豊かな甘味を感じられます! そちらに合わせた小菓子は、Adorable Zhu 山momo grounds on the fruit weighed down. real mo. sweet and sour sweet "and I what-no-Sato"。Its actually a wood nymph because、一粒食べれば一年寿命が延びると云われているのだとか! 深く蒼碧とした緑に鳥たちのさえずる歌声が響き渡り、The sound of the waterfall to heal heart、While watching the Koi garden pond to swim gracefully、ほっこりお抹茶タイム! 小休憩の後は、And given the evening meal time and verify the check-in sheet、サインを致します! 旅館の女将とフレンチレストラン「やまもも」の山本晋平(Shinpei Yamamoto)シェフにも加わり心温まるお出迎えを受けて記念撮影! 「坐漁荘」にて心安らぐひとときの始まりはじまり! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 http://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站 https://www.abba-travel.com.tw/stay/...

Elegant French by Miyama Yukio ABBA RESORTS IZU sitting Sou Izu Kogen

伊豆高原の浮山温泉郷にある大人のリゾートとして名を馳せる高級旅館「ABBA RESORTS IZU坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」へ! こちらは、Luxury hotel boasts a history of over 50 years in the Izu peninsula "sitting Zhuang (zagyosou)、2014On October 26, Taiwan companies ' CIVIL GROUP HOLDINGS / ABBA RESTORTS GROUP "of capital to introduce、Major repairs done renewal open! Put the total cost Yen 1800000000 5000 acre lush Japan garden grounds、And the renovation of the main building (19 rooms)、Building and away from the open-air bath villa 11 rooms。 Also、With the construction of a new French restaurant、While maintaining the dignity of Inn historic、Census incorporated the essence of modern filled、日本のおもてなしの心と伝統美を受け継がれています! この日は、At the French restaurant situated in a large natural garden that clumps of trees of the natural monument "山momo" "Bayberry"、料理長の 山本晋平/Shinpei Yamamotoシェフにおまかせし海山の幸に恵まれた伊豆ならではのランチコースをオーダー! 1階フロアからは緑豊かな庭園と本館が望め、Space filled with restless style tea room。 2On the floor、There are 6 counter seats spread over the sea of Izu、フレンチのシェフが目の前で調理する「鉄板焼」が頂けるとのことで大人気だそうです! アミューズ「富士金華豚と鮑のクロケット」 富士山西麓の朝霧高原の静岡が誇る最高級ブランド豚の「富士金華豚」のスネ肉と鮑を用いて作られたトリュフに見立てたコロッケ!コロッケの下には、Served with sherry vinegar and truffle wrapping made of good bracken。Fuji Hana pork flavor packed full with croquettes、Truffle-scented nose with tickling、Is flavorful.、旨味が凝縮され閉じ込められています! 前菜「富士山サーモンの燻製」 富士の清流で育った富士山サーモン(ニジマス)を甜茶でマリネし軽く燻製をかけミ・キュイで仕上げた一品は、Shine "KAMAZ porcelain shop" with colorful spring production! Rape blossoms finished with fresh green asparagus and liquid nitrogen shakishaki accents。橙の酸味のあるペーストとの相性も爽やかです! 「新ジャガイモとイカのニョッキ」 弾力があり、Enjoy the texture and gnocchi、Image of a squid ink、With brown ink of the kawane tea-black finish。The Champignon、With plenty of raw sliced and Cooley、ニョッキとホタルイカに合わせていただくと何層にも旨味が広がります! 「自家製バゲット」 伊豆の煎茶を練り込んだお茶のバターは、Image of the tea leaf shaped is and、ほんのりと優しく香る茶葉の風味が楽しめます! 魚料理「真鯛」 真鯛をヴァプールであっさりと仕上げ、I put together the cherry shrimp's cinjiyo which i feel the taste of Japanese and finish it in a gentle taste.。Add shellfish broth at hymedopoissons、Feel the deep taste is used Ayu fish sauce with an accent more、Izu will tomorrow can pureed leaves served with! Also featuring the sansho leaf and cherry blossom petals in Nice、河津桜を逃してしまったわたし達ですがこちらで充分に春を満喫しました♪ メインディッシュ「伊豆高原の地場野菜」 メインディッシュには肉料理を使わずに、1 plate pleasing body with plenty of Izu-Kogen local vegetables。 On braised cabbage and Bacon、Italy vegetable Castelfranco、Purple sprouting broccoli、Romanesco、Sautéed、Rape blossoms、Quasi national park with what、Carrot、Will beats and Izu miso sauce and sweet potato! Through the oil and whisk、2Days to dry and crunchy, sweetened condensed cabetsuchips、Cabbage powder and confectioners '、より甘味が感じられおかわりをしたいほどに美味しかったです! デザート「新玉葱とホワイトチョコレートのムース苺のソルベ」 うわぐすりを用いることなく焼き〆で土の質感が楽しめる種子島焼きの作家:Noguchi Yue's works are also nice! Nice sense of volume in overall us entertained with plenty of vegetable menu configuration、ヘルシーなランチを楽しむことができました! 今回は時間の関係で「ティーペアリング」のコースを体験できなかったのですが、To tell the truth this mountain this Chef、わたし達も大好きな京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村シェフのお茶に特化したメニュー「tea pairing aya / Aya "to impressed、Collaborative play。Learned and the techniques now、Incorporated into the menu、Izu's tea culture out with a healthy serving of France! Next time、Soak in the hot springs is laid back and like to stay! Yamamoto chef、ありがとうございました! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Bayberry House French restaurant opening times: Lunch 11:00-15:00( L.O. 14:00) カフェタイム:11:00~ 16:00(L.O. 15:30) ディナー:17:30-21:00( L.O. 19:00)...

Scroll to top