The break in the pattern a new shopping mall LABIM MALL!

ネパールはパタンの市役所前にある大通りプルチョウク・ロードの交差点角地に昨年2016年3月に新しくできた大型ショッピングモール「ラビム・モール(LABIM MALL)」へ!パタンの街並みの中でも一際開発の進むエリアとなり古い街並みとはかけ離れた別世界の空間が広がっております! こちらには、Movie theaters and restaurants、Cafe in the toy store、Beauty system、ファッションブランドなどが揃う複合施設となります! 中央は、They produce a feeling of openness through the Atrium space、Entrance hall poured natural light, keep the brightness! Become a vaulted corridor lined with shops、From the center of roofs、見晴らしの良い眺めとなるデザインです! ショッピングモールの1階にオープンエリアとして設置されているカフェ「ヒマラヤン・ジャワ・コーヒー(Himalayan Java Coffee)」へ! 世界で最も高い標高で作られるネパールコーヒーを取り扱う専門店として1999年にオープンされ、Today, has been extended to more than 15 locations in Nepal! Once in Nepal's tea in the mainstream、Coffee said the decency of the wealthy part was、Here several years、And incorporating the Café culture of the West、コーヒー産業も急激に成長を遂げております! お迎えのツーリストバスが来るまで暫しこちらでコーヒーブレイク!ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)Mr. from、「万全を期して水と氷だけは気を付けましょう!」と注意されていたため氷の入るアイスコーヒーを避けてホットをオーダーすることにしました! 「カフェラテ」180ルピー(日本円にして約192円)※2017年9月現在のレート(1ルピー=1.07) ネパールにてラテアートが楽しめるとは意外でした!ネパールコーヒーの特徴は、Blessing of the nature of the Himalayan range of、And planted the steep slopes of the 1100 m above sea level、Such high-quality bean aroma harsh temperatures characteristic of Kochi's stamina to unleash、果実の様なさわやかな酸味とコクのある苦みのバランスが優れた深い味わいを楽しめます♪ まったりとした休息時間で英気を養った後は、The touring bus、車で30分ほどの場所にあるブンガマティ村(Bungamati Village)の視察に参ります!...

Courtesy call on the Mayor of Patan was born 20 years ago in "Patan city"!

ネパールはパタンのプルチョウク地区にあるプルチョウク・ロードを走り一際賑わいを放つ街中の「パタン市役所」へ。In the pattern、20Born in years, Mayor and、This time、新市長へ表敬訪問に伺いました! 市役所玄関にて市役所職員のビックラム・シャカ(Bikram Shakya)さんをはじめ、We met Mayor Secretary! Spiral staircase climb.、4階建ての最上階にある市長室へと進みます!人生でこんなにも階段を上り降りしたことがあったでしょうか!?良い体力づくりとなりそうです! 市長室に出迎えていただき、This is multiplied by the neck for "many (cloth)]、歓迎の儀を迎えます!この日も今回のネパール視察ツアーをネパールの民間放送で取材してくださるテレビ局のカメラマンのグンラジュ・シャカ(Gunaraj Shakya)さんの現地取材が入ります! パタン出身で今回のガイドを務めてくださるマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)Mr. from、20年振りの選挙で誕生された新市長のChiribabu Maharjan(チリバブ・マハラジャン)市長と女性副市長であるGita Satyal(ギタ・サティヤル)さんにお会いできたことへの感謝の気持ちをお伝えいただきました! ネパールでは、Mayor Deputy Mayor plays women for men、市長が女性の場合は副市長は男性が担うよう法律で定められており、It mandated the social advancement of the woman! Currently、Including the members of Parliament、役人の約半数となる50%が女性が大活躍されているそうです! Chiribabu Maharjan(チリバブ・マハラジャン)市長は、So in a nice warm person smile、Our greeting to each and every tour Member、歓迎してくださいました!ナマスカール!(नमस्कार)目上の方へのこんにちは! 実は、Before we made a courtesy call、日本への視察に出向かれていたChiribabu Maharjan(チリバブ・マハラジャン)市長。Between his busy schedule、今回お時間を取ってくださったそうです!感謝! チリバブ市長は、Now and been instrumental in the reconstruction of the earthquake、For the near future opening of the monorail and、So the Lord promises to grow more comfortable pattern、わたしたちはWEBマガジンladeとして今回のネパール視察ツアーにて「ネパールの現状と魅力」を配信させていただく旨をお伝えしより良い環境づくりをお願いして参りました! 「清水ライオンズクラブ」を代表してツアーリーダーの浅井政則さんより著名な書家の作品である「恵愛為心」の書物を贈呈!こちらは中国・北宋の政治家・文人である范仲淹の言葉で「人を慈しみ愛する心を常に持つこと」を意味する美しい書となります! その他にも「牧之原市国際交流協会」や「吉田町国際交流協会」より、Also, such as representative Shizuoka products presentation、親日家のチリバブ市長は大変お喜びくださいました! わたしたちは、Before this time to visit Nepal、何か”日本らしさ”や”静岡浜松らしさ”が伝えられる贈り物ができないかと考え、There is a gift to the high temperatures in sub-tropical Nepal、Handling of traditional handicraft from the Edo period Enshu cotton fabric、大高 旭さんが代表を務められる浜松市「遠州綿紬 ぬくもり工房」の「遠州綿紬扇子」を贈呈させていただきました!丈夫でありながら心地良く涼やかな風を繰り出す「遠州綿紬扇子」!チリバブ市長をイメージしお贈りした深みのある上品な男らしい色合いの「伝紺(日本の伝統的な紺色)」は、Thank you very much in you than you think! Chilebab Mayor、Japan folding fan, well, well、涼やかに扇ぎなら大変喜んでくださり嬉しい限りです! 最後に皆さんと一緒にパタンの市長と副市長を囲んでの記念撮影!タパイライベテラクシラギョ!(तपाईंलाई भेटेर खुसी लाग्यो)お会いできて嬉しいです!...

Good balance of pattern guesthouse "pension assert" breakfast

Early morning in Patan, Nepal、Wake up ago Sunrise with a chorus of stray dogs、「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から朝陽が昇る様子を眺めながら朝を迎えます! ペンションの中庭は、Lush lawn、Surrounded by trees、And a lush garden planted flowers and herbs、ツアーメンバーの癒やしの憩いの場となっておりました♪ 朝食会場の1階ダイニングにて、Morning from 7 am done ready for breakfast。From one step ahead to the table。Week weather forecast、The tour was much more rain forecast、We've had like sunshine、晴れ女パワーを遺憾なく発揮! 奥様のサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さんがネパールコーヒーを淹れてくださいます!わたしたちは、The coffee will be straight in、He served too warm buffalo milk。Buffalo milk、In the taste、And has more than milk。With breakfast、So will respond to requests such as frost hit India and Nepal tea Chai、お願いしてみましょう♪ 緑豊かな中庭を望めるダイニングではゆったりとした時間の流れと共にバランスの良い朝食が楽しめます♪ 朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1Foods $6.5(Japan yen approximately 728 yen) becomes increasingly! Good colors、Nice fresh of green salad、Herbs grown in the garden plenty! The fried egg、And served with grated daikon radish、Wanted to do the Japanese come and、Accents in the coriander and、The nutty flavor of Asian whets the appetite! The bread was toasted and browned、If you like jams and butter, served with。Warm mushroom soup gently into the stomach seeps fine! For the fruit mango sauce dessert、朝から大満足の朝食です! 旅先では、Is good buffet-style breakfast in the hotel、Because it did not expect to receive such pension this delicious breakfast、I was really surprised! Breakfast is a source of power for one day。しっかり残さず美味しく堪能させていただきました! ネパール初日を終えた翌朝の集合時間は、Morning at 9 and will。But even healthy people were drinking until late、皆さんとても元気です!この日は「パタン市役所」の市長への表敬訪問を予定しているため皆さんジャケットを着用です! 丁度ペンションに長期滞在されている日本人の武田千秋さんにお会いすることができました!実はこの方は「JFA 公益財団法人日本サッカー協会」に所属され、As the technical Chairman of the Nepal Football Association、ネパールでサッカーを教えられているそうです!JFAアジア貢献事業の一環として、"Given our children a brighter future through football、アジアサッカーの普及・発展につなげたい」という想いを掲げ支援活動に励まれているそうです! 「清水ライオンズクラブ」を代表しツアーリーダーの浅井政則さんより、Is scheduled to proceed smoothly、Contains the description of the notes, etc.。Mr. ASAI is the hobby of trekking、Experience climbing in the Himalayas, Nepal travel are。Former police chief to say there、とても頼りになる存在です! 静岡県焼津市在住のネパール団体「ナマステ・ネパールしずおか」会長であり「ふじのくに親善大使」のマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)Mr. a、From the street pattern.、Long live Japan、Even to this day all Japanese customs on the Board with (lol)、In order to promote the city you're currently、「焼津魚河岸本舗」の「魚河岸シャツ」を着こなしています!ネパールと日本の架け橋となり、Actively involved in! Now、The Liceu、出発しましょう!...

Welcome Party at your home theres maharjan's patterns

Patan in Nepal、ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)And it is also home to、You invited to your home's Niles located in Patan in Nepal tour、Nepal first night、Here we have to welcome party! Niles, in your home、Neighbours was greeted warmly! Niles's and loved as a populist in city of heroes、皆が声がけしてくださいます♪ ネパールの風習の1つとして、The rare sight to see! By ARES、Aquarius water placed at the entrance into the Bill、So then pray and go home、Soaked to make money! (Surprise) it's in a Newar culture and by the indigenous people of the Kathmandu Valley、ネワール族の文化はこの他にもいろいろ残っているようです! 日本で言う客間のような場所に通していただきました!鮮やかなピンクの壁にブルーのインテリアのアクセントが映える空間で、In the whole、メキシコの建築家「ルイス・バラガン(Luis Ramiro Barragan Morfin)」を彷彿とさせるような配色で可愛らしい造りです! ネパールでは国土が広くないことから、At site of land have a home、Wealthy families are on on floor was expanded to will is。His home in Niles, splendid, and 7-storey、Said even his elderly mother to 上ri降ri on the stairs every day is a surprise! To climb up to the 7th floor、なかなか足腰に堪えます!ツアーメンバー最年長81歳の杉山昇さんがサクサクと上る中、Sadly、40代のわたしたちが一番悲鳴を上げておりました(笑) 夕暮れ時を迎える屋上はそよ風が心地良くパタンの街並みを見渡せる素敵な空間!皆でネパールビールで乾杯です! ネパールビールはデンマークのカールスバーグ社との合併会社でゴルカブルワリー社の「TUBORG」と「ゴルカ(GORKHA)」が主流のようです!飲み口はどちらも軽めで甘味を感じるテイスト! 2種のビールを楽しみながらおつまみは水牛の煮込みやひよこ豆の炒め物などネパールの一般家庭で親しまれる料理を堪能させていただきました! 日本で言うところの”どぶろく”のようにネパールの家庭で造られる米焼酎を振る舞ってくださいました!アルコール度数は高く40度程度だと思いますが飲み口が甘いためクイクイと飲めてしまうから危険なヤツに違いありません(笑)さらにおつまみで出してくださった皮付きのポテトチップスがスパイスが利いていて美味しくあっという間に無くなりました!ネパールではジャガイモ料理が良く登場します! ナレスさんのお母様のプレマヤ(Premmaya)さんには日本で活躍するナレスさん兄弟の記念写真と浜松を代表する銘菓「春華堂」の「うなぎパイ」などを贈呈!ナレスさんが日本に移住したのはまだ18歳と若かりし頃のこと。I'm sure、お母様はナレスさんの帰省をいつも心待ちにしていることと思います! 日が暮れ始めるとグラデーションの美しい空色が広がります! ネパールの家庭料理となるメインディッシュの登場です! 「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」は、Dal (bean soup)、Bart (rice)、Tarkari (side dish)、アチャール(漬け物)がワンプレートに盛られたネパールの定番料理!ネパールでは、More intensive vegetable dishes、For further more even burning spices、In very healthy、Tend to fit the Japanese tongue and tender taste! Especially、トマトを用いた酸っぱ辛いアチャール(漬け物)がわたしのお気に入りです♪ 「モモ(MoMo)」は日本で言う「餃子」です!蒸し、Grilled、Deep fried type and divided、Seem to be using bean jam in the Buffalo。Have to jam ingredients:、スパイシーなソースと合わせて頂くのが主流のよう人生初のモモは餃子に慣れ親しむ浜松人としては是非ともトライしたかった食べ物です!浜松餃子も千差万別あるようにモモも様々な味わいがあるとのことですのでネパール滞在中にいろいろトライしてみようと思います! 食後にはインドのチャイに当たる温かいミルクティー「チヤ」を出してくださいました!甘さ優しくシナモンや生姜のスパイスが香り身体の芯からポカポカと温まる美味しいネパール紅茶です♪ 宴もたけなわの頃ナレスさんの同級生でパタン市役所のお勤め人であるビックラム・シャカ(Bikram Shakya)さんが到着しました!翌日パタン市役所の市長への表敬訪問のアポイントメントを取り付けてくださったシャカさんです!感謝! 歓迎パーティの最後お別れの時にはお母様のプレマヤ(Premmaya)さんより歓迎の儀式として「プジャ(Puja)=お祈り」で旅の平安を祈っていただきました!ダンニャバード!(धन्यवाद)ありがとう! 額と頬の3ヶ所に赤い粉を付け髪にはお花をあしらい首には赤い紐を巻き付けて儀式を施していただきました!(注赤い粉はなかなか落ちませんので白い服などには充分お気を付けください)こちらも人生初の「プジャ(Puja)=お祈り」となり心温まる歓迎をしていただき嬉しい限りです!フェリベトウラ!(फेरि भेटौला)また会いましょう!...

Durbar square, Patan walking around world heritage sites with trips to exotic world!

ネパールの首都カトマンドゥの南に位置するパタンは、And the city prospered as the capital Kathmandu in Malla Kingdom of 3 times、Known as the "capital of beauty" inherit the Newar culture and art。世界遺産に登録されたパタンの「ダルバール広場(Durbar Square)」には、Very old palaces and various temples、Square, a popular destination as the local Nepal people's resting place。Touching on the history of the ancient patterns、異国情緒溢れる空間にトリップしてみましょう! ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)And it's under the guidance、ダルバール広場(Durbar Square)を視察!ダルバール広場は、A former Royal Palace in three Kathmandu, Patan and Bhaktapur.、Tourists are imposed admission fees。2017September admission、1,000ルピー(日本円にして約1,070円)※2017年9月現在のレート(1ルピー=1.07円)となり「パタン博物館(Patan Museum)」の入場料とセットとなります。Because tickets are valid between 7th、入場ゲートで提示すればいつでも入れます♪ 今回のネパール視察ツアーをネパールの民間放送で取材してくださるテレビ局のカメラマンのグンラジュ・シャカ(Gunaraj Shakya)さんも同行され我々の視察の様子をカメラにおさめてくれています! 2015年4月25日にネパール全土を襲ったマグニチュード7.8の大地震により、Not only took the lives of many、Many historic buildings destroyed。こちらのダルバール広場ではその中でも「ジャガナラヤン寺院(Jagannarayan Mandir)」と「ハリ・シャンカール寺院(Hari Shankar Mandir)」が最も大きな被害であったと聞いていますが、Repair work is progressing、元の姿を取り戻そうとしています! 「タレジュの鐘(Taleju Bell)」は、1736And the summer palace was built in basantapur Vishnu King English article、As the bells to tell time, not、At that time、Of wake-up call for petitioners complaining about appeals to the King said.。In this Bell story have.、先程から登場している民間放送カメラマンのシャカ(Gunaraj Shakya)さんのご先祖様がお造りになったとのこと!震災の被害を受けること無く勇ましく残るその鐘の姿にシャカ族の驚くべきご活躍ぶりを目の当たりに致しました! 「クリシュナ寺院(Krishna Mandir)」(写真手前)と「ハリ・シャンカール寺院(Hari Shankar Mandir)」(写真奥)には足場が組まれ復旧作業の様子が伺えます! 王宮の一部であった「マニ・ケシャブ・ナラヤン・チョーク」を改装し、1997年に「パタン博物館(Patan Museum)」として開館! 博物館への入り口は「ゴールデン・ゲート(Golden Gate)」と呼ばれております!細かく彫られた金箔のゲートウェイは1734年に造られ、Shiva、Parvati、Ganesh、Is the pediment of the Golden Kumar (the incarnation of the war God Skanda).、その細やかな細工に表情豊かな神々の御姿が伺えます! 赤煉瓦造りで美しい博物館は、And built around the patio (courtyard) suggests that the blue sky、3It is possible to rise from the floor。Exhibits in the Museum、Hindu and Buddhist statues and sculptures、装飾品など宗教に纏わる豊富なコレクションを中心に数多く展示されています! 「ビムセン寺院(Bhimsen Mandir)」は、But I still have the inscription that was rebuilt in 1682 after fire、That shrine was founded is unknown。And Vim Sen、Also called Vemma (Verma)、叙事詩「マハーバーラタ」に出てくる英雄を指します。It is has been enshrined as the God of artisans and merchants in the temple! The very spectacular woodcarvings、首と肩がバキバキに痛くなるほどに天を拝み続けてしまいました! パタンに古くから暮らすネワール族は、Has excelled in the arts such as sculpture and painting、Known as the city of the arts and crafts。One appreciates people who inherited the technology throughout the city、こちらの「Arjun Art Gallery」のオーナーも展示されている絵画を手掛ける画家ヒマラヤ山脈を望む大自然やパタンの街並みを描く鮮やかな画を見せて頂きました! 観光地には欠かせない売り子。Decorative accessories such as necklaces, bracelets and pins、She comes back to sell the instruments such as the flute is pretty nasty。The most tenacious of Patan Durbar square、After 30 minutes or so with has turned down many times。But I think that they are living、Remember the word Japan cleverly、"Yasui you.、See takakunayner.、"Senden、Semen "and so endlessly hard sell、A little tired。If you like really in、May be purchased、Would buy again、Later after another of vendors 'WA Ta synomocatter"and unusable after the State、充分に気を付けましょう! ダルバール広場から北へ上がり少し離れた場所にある「ゴールデン・テンプル(Golden Temple)」へ向かいます! 「ゴールデン・テンプル(Golden Temple)」の入口はこちらから其の名の如く金に覆われた寺院の名称「ゴールデン・テンプル(Golden Temple)」とは通称で正式名称は「ヒラニャ・ヴァルナ・マハヴィハール(Hiranya Varna Mahavihar)」となります。And was built by the King of Bhaskar Varma、And the 12th century is erected at、The current building will be built in 1409,。Patio (courtyard) are in the corridor surrounding the temple、Are equipped with a small shrine to enshrine the Buddha、Behind them will be the main hall。In the temple's religious、And leather products are banned、革靴の方は入口で用意された履物に履き替えが必要です! 中庭には、The turtles are wandering slowly、This turtle is important as the guardian of the temple and、I'm lucky it gives more! More pictures of many、観光客の人気の的となっております♪ お供えの灯火を購入しツアーメンバー全員で参拝させていただきます! 礼拝の仕方を教わりネパールの旅路での平安をお祈りさていただきました! 慈悲深きお顔立ちの御本尊に御挨拶回廊は摩尼車に囲まれております摩尼車を時計回りで手で回し、That has been and is the same number of rotated and sutra chanting、This is all around a circuit、御経を唱えさせていただきました! 寺院の主任司祭は、12Plays the young boys under the age of、30日間お仕えした後は別の若い男の子が引き継ぎます! マッラ王朝の最盛期に当たる16世紀~18世紀にかけて造られた歴史あるパタンのダルバール広場を背景に皆で手を合わせてナマステ(नमस्ते)!(こんにちは!)...

Guest House operated by Japanese patterns "suspension and assert.

ネパールはパタンの旧市街に隣接するプルチョウク地区には日本人オーナーが営むゲストハウス「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」があります。Opened in 1998, now consisting of 19 years ago, and、2014Added management of apartments,、長期滞在のゲストを迎え入れる体制も備わっていらっしゃいます! フロントで出迎えてくださったのは日本人オーナーの秦延明(Nobuaki Hata)さん!とても温厚で物静かな雰囲気が落ち着いた雰囲気を醸し出しています♪ リビングとなるウェイティングスペースにて、Thank you for your assistance, such as backgrounds、Take a breath。 ネパール人で秦さんの奥様となるサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さん!日本語がとても堪能で常に笑顔で温かく出迎えてくださいます♪ オーナー夫妻は日本語で対応してくださるため、Totally won't stay in。ペンション内のお手伝いさんは全員英語での会話が可能でとても親切です!ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)Mr. a、And the owner of this、To have been acquainted with the whole family see all、安心してお過ごし下さい」とお声がけくださいました♪ ペンション1階のリビング横には、Become the breakfast dining room and parlor. It is a lovely dining area with views of the courtyard with grass-♪ breakfast became subject to additional fees and expenses、1食$6.5(日本円にして約728円)となります! ペンションは4階建てとなり玄関に用意された内履き用のスリッパに履き替えるスタイルとなっています! 今回、Our couple will 4th floor room "402" on the top floor、Living、Bedroom、Kitchen、Bus、And bathroom fully furnished 1 bedroom type、And spacious. The fees vary per room、This is 4536 JPY $40.5(Japan Yen 1.) and can stay at a surprisingly affordable price! That would be $ calculation、ルピー(Rupee)での支払いも可能です! リビングには、Other dining table、Coffee table set in the window、ミラー付きの化粧台も嬉しい限り!落ち着きのある木目調のインテリアで温かみのある雰囲気となります♪ ベッドルームは、Twin room has 2 single beds are available and、Space, room, so you can open a large suitcase at the feet. That should concern、Lack of air conditioning。Mornings and evenings are China's Rika, albeit slightly cooler、But if you open the window through the wind、To be leaked out, stray dog howling、Will noise and weather and endurance competition。On the nightstand next to the bed、Provides soft light lighting stand and a small fan 1、この扇風機がなかなかの活躍をしてくれます♪ シャワールームはタイル式でトイレと一体型となり、Equipped with washbasin with a mirror and a small tub。The bath tub、And the body tub、It is prohibited because water leaks and put the hot water in the bathtub。And weak water pressure in the shower、Hot water capacity is limited to、And in a large number of people with large hot water、You can take a shower with water that will become。Lifelines are still inadequate trend。However,、Daily cleaning is properly come so nice。The towel、Bath towel / face towel reception, passages、Replace the cleaning daily。Includes SOAP SOAP for two、髪を洗うシャンプーやトリートメントは持参すると良いでしょう! 今回、Days become indebted to this suspension will be for 7 days。On the way、Laundry detergent you inquiry to the tour members、Such as t-shirts and underwear、A simple washing.。In low humidity Nepal、It is good that washing dries quickly! In that case、Large bucket was placed in the shower or tub was very helpful。He told us the tour members、Broke people say "to my room I was washing machine"、We are through hand-washing days ago。They never feel in Japan、Strange days spend、And it's natural world、Are accustomed。And the man、順応性に優れた素晴らしい種族だと思います♪ キッチンには小さな冷蔵庫が設置されています。Since each room 1 l mineral water reception by us、I want to chill the refrigerator stored! Underneath the sink units、Dishes and glasses、So are included such as Cup、自由に使用可能です! ウェルカムドリンクとして、Chilled peach, thank's、Dry throat, moistening the satisfied! Here we、In the homely hotel with a difference is nice、ツアーメンバーの皆さんと楽しい時間を過ごせます♪...

From Nepal's capital Kathmandu from next to the town of skyline

ネパールの首都カトマンドゥの「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」から予約してくださってあったツーリストバスにツアーメンバーで乗り込み隣町のパタンまで車でおよそ30分ほどの距離となります! ツーリストバスは、Driver per person employed、Able to present conditions, such as air conditioning、1Price depends on time of day。This time all members as can act in one、Ask in the relatively new and beautiful models、Ride the wagon (with air conditioning)、1日のレンタル料が約4万円程度(一人当たり1日約3,000円負担)となりました。(Note:Fluctuations in the price of gasoline, rent some fluctuations) or more become scattered in a taxi, etc.、1Everyone can ride on、移動も楽な上にワイワイと楽しく便利かと思います! 首都カトマンドゥの空港周辺の郊外は、Many street trees、Can be seen relatively paved road。 However,、And begins to bustle show cars and bikes、I rolled up the dirt and dust from paved roads, unpaved trail-side location、In front of the eyes for once in a sandstorm。写真にこそ写りませんが窓を開けての走行は困難となります! 街中で見掛ける光景とは思えない放置された牛たち。Piles of rubbish were shot miserably in the side of the road there leftovers?、Tamaremasenn had his cow hunts them。 In the highway of Nepal、Signal should be installed for some reason is not useful、At the major intersection-inducing traffic guards。 Many cars and motorbikes、Would be unthinkable as ill is transport in Japan。2-Seater、3Rides for people to go through the car next to the floating common bike made "many times! However,、Nice driver technique of Nepal、While honking car easy or avoid biking、走り抜けて行きます! ネパールの街並みで衝撃を受けたのは電線がはびこる状態です!まだまだインフラが整わず、Is worry about leakage、That would power outages end up shorting out wire by does not seem。全てがこれからとなる発展途上の国ネパールです! バグマティ川を跨ぐバグマティ橋を境にカトマンドゥからパタンへと突入します! プルチョウク・ロードを走ると「パタン市役所」が見えて参りました!こちらは翌日に表敬訪問に伺い、20It is scheduled to meet the Mayor was born in years! In front of Patan City Hall、新しく建設された大きなショッピングモール「ラビム・モール(LABIM MALL)」もあり活気に溢れています! パタンの賑わう街並みを抜け一歩路地へと入れば、Various atmosphere while also、旧市街に隣接するプルチョウク地区になり、You can find peaceful landscape with houses。 This accommodation is、PLE chowk area and、ネパールに在住する日本人が運営するゲストハウス「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」となります!ツアーメンバーには英語が苦手な方もいらっしゃるため、Not when it comes to language on a strange journey、日本語が通じるゲストハウスを同行ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)さんが手配してくださいました!感謝!...

Thailand suvarnabhumi International Airport arrived at the tribuvan international airport in Nepal

タイの空の玄関口となるバンコクの「スワンナプーム国際空港」より「タイ国際航空」のトランスファーにて「ネパール連邦民主共和国」へ旅立ちます! 時刻はタイ時刻の朝9時35分に搭乗時刻を迎え、10時15分発のTG319便・Boeing 777に搭乗! 今回、In addition to everyone to accompany Nepal tour、Including the kirihara etsuo, was joined from Thailand、計14名での出発です! ネパールの首都カトマンドゥの「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へはフライト時間3時間25分を予定しており、Perfect weather、安心安全の快適なフライトです! ネパールの首都カトマンドゥの街並みが見えて参りました!ネパール盆地を流れインド・ビハール州を通って「ガンジス川」に合流する河川「バグマティ川」が流れています! ネパール時間の午後12時35分に無事到着! ネパールの気候は、6May-early September becomes the rainy season、9月中盤~5月までは乾季となります。We visited 9/9 is、And exactly into the dry season、気温は最高32℃前後最低20℃前後となり、Humidity in Japan because there is no、It is a relatively pleasant and privileged climate! So no time difference with Japan、-3時間15分となります! 「トリブヴァン国際空港」は現在ではネパール唯一の国際空港となり「カトマンドゥ空港」と呼ばれる事もあります。Although the international airport、For the not so large airports、移動がとてもしやすいです! 出迎えてくださる神鳥ガルーダ像の前にて手を合わせてナマステ(नमस्ते)!(こんにちは!) 出入国審査カウンターへ向かい、The entry into Nepal。Nepal entry visa becomes necessary。This time the、Maharjan Niles (Maharjan Naresh)さんが事前にツアーメンバー全員分のビザ申請をしてくださっていたおかげでスムーズに入国できました! 2階から1階へ手荷物受取場(Baggageclaim)にて、Luggage and receive。When you receive、Please search for sure in a suitcase any failure, etc.。 In the off-airport、Be seen most tourist touts。Be addressed in a gentle voice、You will bring your luggage in for a big mistake、注意が必要です!自分の荷物は自分できちんと守りましょう! 今回のネパール視察ツアーをネパールの民間放送で取材してくださるテレビ局のカメラマンのグンラジュ・シャカ(Gunaraj Shakya)さんもカメラを抱えて出迎えてくださいました!シャカさんは、During the tour、Accompanied on each leg、And edit the Japanese have come to observe the situation and will broadcast it! Private broadcasting in foreign countries to the performers、これで2回目となります♪ 家族や友人のお出迎えや客引き等で地元ネパール人が多く出迎える玄関口は人で溢れかえっております! 現地ではナレスさんのお母様のプレマヤ(Premmya)さんと妹のリタ(Rita)が手厚く出迎えてくださいました!ツアー中はツーリストバスとドライバーをチャーターし移動します! ネパールの交通機関は整っておらず、No train。Local bus to main street、Or share jeeps and trucks.、The taxi runs、If you stay in a group、人数に応じて車を用意すると良いでしょう! 日本ではあまり考え難いのですが、Continue carrying suitcases on the roof of the bus。On unpaved roads to be thrown luggage、きちんと場所を確保してもらいましょう! ネパールの風習で、Ares's mother received the welcome ceremony、マフラーのようなカラフルな「カダ(布)」を首に掛けていただきました。In Nepal、To welcome guests and to pray for a safe journey、We prayed for the end of the journey,、想いを込めて「カダ(布)」を首から掛けてくださるそうです!温かな歓迎を受けいざネパールツアーの始まりです!...

At the suvarnabhumi International Airport Oman Air lounge elegance and comfort

タイ・バンコクの空の玄関口「スワンナプーム国際空港」にて、Shuttle wait time is approximately 5 hours and for quite a long time。If in time it just、Priority Pass プライオリティパスで入れるラウンジ「オマーン航空ラウンジ」でゆったりとした時間を過ごしたいと思います! プライオリティ・パス(Priority Pass)とは、With companies offering services in the airport lounge、The annual membership fee is required、Using price Lounge will be free。Many domestic and overseas travel、空港を利用される頻度が高い方にはお勧めの会員カードです! そんなプライオリティカードが無料で入手できる方法があります!それは楽天プレミアムです!楽天プレミアムカード会員は、Prestige membership of priority pass (Priority) (regular annual membership fee $ 399 USD) in、Can what membership fees, annual fees and also offers free membership to。詳しくはこちらバナーをクリックしてください! 受付にて、Priority card and passport、Enter and submit a ticket。 In calm tones and decorated with chic interior、And moderate sized Oman Air's corporate colours, blue lighting gives the comfort lounge。Behind the curtains、横になれるロングソファー席が設けられているため設備は充分です! 窓際のカウンター席には、Mac was established、Free Wi-Fi-only lounge, you can use the Internet。Because there is an outlet for、バッテリー充電も可能です! 4人掛けのテーブル席もありオマーンの民族衣装をお召しになっているご家族が利用されていました! レストルームも常時清掃員が点検されており、Filled with clean。シャワールームも有料ですが設備されております! ドリンクバーでは各種ドリンクが用意されています! アルコール類も充実しており、From hard Erika liqueur is Heavenly.、Your favorite cocktail, expertly。As a snack、Nuts and olives、ピクルスなどもございます♪ コーヒーは、Nespresso is prepared、Guests at six、Tea is served in the tea bags、温かなフレッシュミルクも常備しています! コカ・コーラ、Sprite、Schweppes ginger ale or tonic water、Fanta、Miro、Tomato juice、Perrier、Mineral water、Beers such as Heineken and of Singha。 Available in a compact refrigerator、キンキンに冷えたスパークリングワインや白ワインも飲み放題です! オーストラリアのヤラ・ヴァレーにて「モエ・エ・シャンドン」が設立したドメーヌのフレッシュでエレガントなスパークリングワイン「シャンドン・ロゼ(CHANDON ROSE)」をいただきます! アペタイザーからお腹に溜まるメインディッシュまで揃うフードエリア! お酒の当てに嬉しいチーズやスモークチキンのミニサンド、Hummus (pastes)、Dry fruit。 Fresh juices and various types of yogurt、ミルクにコーンフレークの用意もあります! サテやサモサをはじめ中東系のフードも出揃い、And sauce sauce spices and condiments are also、食欲が湧きます! フレッシュフルーツがいただけるのが何よりも嬉しいです♪ ロゼカラーのスパークリングワインで乾杯しながら、For light snacks、ゆったりとした時間を過ごせます♪ 早朝ということもありますが、Not loud and crowded Oman Air lounge is off the beaten path in the off the beaten path! At suvarnabhumi international airport、So there is the lounge you can access priority card、いろいろ試してみると良いでしょう♪...

Arrive at suvarnabhumi international airport in Bangkok would be Thailand's gateway

「羽田空港」国際線よりタイ国際航空でタイの空の玄関口となるバンコクの「スワンナプーム国際空港」へは、6時間30分のフライトにて無事到着!タイでの挨拶は、Savadirklac (pool) / カー(สวัสดี ครับ/ค่ะ)! 現在は日本からネパールへの直行便がないためタイを経由しますが来年2018年からは「ネパール航空」が「成田空港」からの直行便を予定しているとのこと直行便が運行されれば便利ですね! スワンナプーム国際空港は、24時間空港となるためトランジットやトランスファーの空き時間も楽しめます! タイ時刻早朝の4時30分に到着しおよそ5時間ほどの待機時間が待っています一旦はツアーメンバーで集合し点呼次なる搭乗時刻までは自由行動という流れになりました! スワンナプーム国際空港の敷地面積は成田国際空港のおよそ3倍となり世界最大級の国際空港であり移動距離も尋常ではありません! 空港2階フロアの乗り継ぎ便の入口へパスポートと航空チケットをチェックされ入場した後に手荷物検査を受けます! 空港の3階フロア内にはタイ料理を始めとする飲食店やカフェが10店舗以上ありますが営業時間は各店舗により異なるため早朝開いている飲食店は限られてしまいます機内食で軽めの食事が提供されますが空港での気軽な美味しいタイ料理もお勧めです! 空港4階の免税店にてショッピングも可能です! ツアーメンバーの中でタイビールやワインウイスキーを買い込む方もおられましたタイビールは軽めのテイストでお安いですし美味しいですよね♪ 搭乗時刻まではショッピングも良いですがフライトの疲れを癒やすためにもマッサージ王国の熟練の技を体感するのも良いでしょう♪...

Haneda Airport international flights departing to Bangkok in Thailand airlines!

今回のフライトは「羽田空港」国際線よりタイ国際航空でタイ・バンコクの玄関口となる「スワンナプーム国際空港」へと旅立ちます。2017年9月現在ではネパールの国際空港は首都であるカトマンドゥのみとなり直行便がなくアジアの主要都市を経由する形で向かいます。The flight time、深夜0時20分を予定しているため出発よりおよそ1~2時間程前には3F国際線チェックインカウンターでチェックインを済ませると良いでしょう! タイ国際航空のエコノミークラスの受託手荷物(スーツケース)の無料手荷物許容量は、1ケースにつき30kgまでと規制されております。Otherwise, it is、機内持込手荷物となりますが、Baggage in the cabin that can be、In other personal belongings (handbags, cameras, eyeglasses, canes, etc.)、3辺の和が115cm以内サイズW56cm×H45cm×D25cmの以内の手荷物で1個とし両者の合計重量が7kgを超えないものとします機内持込手荷物は制限もあり特に女性は液体持込で化粧品(化粧水・ジェル・クリーム等)に注意が必要です。Liquid、それぞれ100ml以下の容器に入れ全ての容器をジッパー付透明ビニール袋(縦横合計40㎝以下の袋)に収納し、1リットル以内とする規定があります。Checking is less.、規定を守るよう準備しておきましょう♪ タイ国際航空の受託手荷物または機内持込手荷物についてはこちらをクリック! 荷物(スーツケース)を預けた後は、Facing the international departure gate、The possessions of the passenger and baggage screening at security check point on board passenger security checks。Hat、Take off your jacket、Shoes and belts with metal fittings, metal, etc.、Not use 外shimashou responds metal detector accessories。Like digital cameras and notebook computers、You must make separate tray desk。Allow the smoothly、フライトの際の服装は脱着が簡易なものを選ぶと良いでしょう。A safety inspection station:、So is the insertion tube review (exodus)、係員の方にパスポートと航空チケットを提示してください! 出国後は出国エリアにて免税店でのショッピングも充分楽しめます。In passing through the security check、The drinks in plastic bottles will be recovered、無事に出国さえしてしまえばお好きなドリンク等を購入し機内へ持ち込むことが可能です。In-flight service is also good so、Not necessary、フライトまでの待ち時間を快適に過ごすためにご利用ください♪ 空港内は大変広く搭乗ゲートまでの距離があるケースもあるため手荷物等は極力手軽に済ませるのが良いでしょう時間にゆとりのある方はラウンジを利用するのもお勧めですが、Are available at the boarding gate while waiting for boarding time。In some places can charge mobile phones and other spots、空港内はフリーWi-Fi(無料)も飛んでいるため快適なゲートロビーとなります♪ ボーディングタイムを迎えロイヤルファーストクラスからビジネスクラスエコノミークラスと順に搭乗可能となりますTG661便・Boeing 747に搭乗致します! 羽田からスワンナプームまでおよそ6時間30分ほどのフライトとなります日本の気温は夜ということもあり、20° C before and after、The temperature in Thailand、30℃前後と予想されます身軽なファッションで臨むことをお勧めしますが、Cabin was very cold for、上着を1枚持ち込むことをお勧めします♪ 機内の様子は全席満席離陸し機体が安定すると飲料のサービスが行われますキリンやアサヒハイネケン、Singha、チャーンなどのビールやワインをはじめオレンジやアップル、Oolong tea、コーラなどのソフトドリンクを提供しています! 各席に9インチのパーソナルスクリーン完備の機内となり、100種類の映画、150種類のテレビ番組、395種類の音楽アルバム、30種類以上のゲームを無料で提供されていますディズニー映画の「美女と野獣」を鑑賞夜便ということもあり機内の照明は落とされるため仮眠を取られる方の姿も機内は決して無音ではありませんので音に敏感な方は耳栓やイヤホンを装着されると良いでしょうタイと日本との時差はマイナス2時間のため時差ボケが少ないのが嬉しいですタイ・バンコクに無事到着です!...

Departure for Nepal tour! Gather to Haneda Airport to Japan the last supper!

わたしたちLade Gourmet & Hotel Web Magazineは南アジアの共和制国家で日本とも友好関係にある「ネパール連邦民主共和国」へ「ネパール大統領府」の御招待を受け、11Over the days、ネパール観光&視察ツアーへ!ナマステ(नमस्ते)! 静岡県焼津市在住のネパール団体「ナマステ・ネパールしずおか」会長であり「ふじのくに親善大使」のマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)Under the guide of、2015"Shimizu Lions Club" and pray for the Nepal earthquake in April 25, in unprecedented disaster recovery, supported by "makinohara City International Exchange Association.、With Yoshida-Cho International Exchange Association、Reconstruction of the current tour started.、Presidential Office visits、首都カトマンドゥの「カトマンドゥライオンズクラブ」との交流を目的にネパールの世界遺産を巡る観光も交えた視察ツアーとなります! ツアーの皆さんとの集合時間は、And with two hours prior to flight time 10 pm、一足早く「羽田空港」Terminal1へ到着したため空港内で軽く日本最後の晩餐を済ませようと思います♪ 空港4階のレストラン街では提灯の灯りがあたたかみのある雰囲気を醸し出している「江戸小路」新進気鋭のラ―メン職人・前島司さんが世界に誇る日本のラーメンがいただける「せたが屋」へ。 Maejima Shinji's、Grew up, surrounded by nature in Kochi、2000In "ramen place were ya.、翌年に「ひるがお」をオープン! 2006年には「株式会社せたが屋」を設立され、10From experience over the years, learned to make ramen alone、Ideas free from the frame spotlight in the new brand and to produce.。2007In the years、NY to United States and Asia, focusing on overseas markets。Since、日本ラーメン業界を牽引する1人として活躍されています! カウンター10席、Fit the seat at the table, and 24 seats in total、To buy a ticket in the ticket machine at the entrance system。 Despite the time around 9 pm at night、満席状態で大繁盛! 魚介風味を効かせたスープは、And rich aroma expands the full-bodied flavor、昆布やカツオ出汁のしっかりとした風味が食欲をそそります! 「鶏塩らーめん(羽田店限定)」880円と「豚骨らーめん」830円をオーダー! 丁度食事を終えた頃にツアーメンバーの皆さんが無事時刻通り集結しました! 「清水ライオンズクラブ」を代表し、By its leader Azai Masanori,、Is the roll call.、Contains the description of the notes during the tour, etc.。 Although the Act、This last extension of personal travel and tours。 Their own responsibility.、Got a sense of responsibility、同行者へ迷惑のかからないよう心掛けて出発です! 静岡県焼津市在住のネパール団体「ナマステ・ネパールしずおか」会長であり「ふじのくに親善大使」のマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)Mr.。Niles says、In his native Nepal to distinguish、With fluent English and Japan, reassuring、And long live in Japan、His wife is Japanese that there、日本人ならではの細やかな配慮までが行き届く素晴らしいガイドです! そんなナレスさんを中心に人生の諸先輩と共に過ごすネパールツアー11日間(ネパール滞在9日間)の旅を楽しみにしたいと思います!...

Scroll to top