"Pasrel" new menu appeared! A great place to enjoy french cuisine like a coffee shop!

At Pass Relle, a French and Cafe Restaurant that was born in "Sara Plaza Sanarudai" along Orange Street in Hamamatsu and Sanarudai、新たに誕生したメニューのフレンチコースランチへ! 昨年2019年の11月から1ヶ月間のプレオープン期間を経て、12The grand opening on January 1st、A new French course has been launched.、The prefix style French course costs 1,800 yen.、超お得感のあるコースを提供されています! こちらの運営は街中のワインバー「Beige(ベージュ)」や「浜松科学館カフェ」を営む山内 基司 (Yamauchi Motoji)It becomes a new store store of kun、ヨーロッパで修行後に某有名店で経験を積まれたフランス料理人の加藤 慎也 (Shinya Kato)シェフを招き入れオープンさせたレストランとなります! 「Passerelle(パスレル)」とは、It means "bridge" in French, and "people and regions through the cuisine here"、I want to make a store that can become a bridge (Passerelle) with producers! And、加藤シェフたっての希望で名付けられた店名! 昼は自然光が降り注ぐ明るい店内で、The ceiling where the gentleness of the tree increases warmth is full of a sense of openness because of its height.、It becomes a stylish space that is based on white and is inspired by Brooklyn Cafe.、Lunch and dinner、カフェ利用も楽しめます! 「2 plat prix fiex(ドゥ・プラット・プリ・フィックス)」1,800円 ランチはプリフィックススタイルのコースメニューとなり、Both appetizers and main dishes change daily.、2Choose between appetizers and fish or meat dishes to choose from、Bread、Dessert、ドリンクが付いて1,800円と何とも嬉しい価格設定! 今回は前菜・メイン共にそれぞれのプレートをセレクトし旦那様とシェアしています! 前菜「鴨 / レンズ豆」 火入れ後にスモークされている鴨は香ばしさが漂い、Enjoy the moist texture、The accompanying lentils are cooked with vegetable bouillon.、良いアクセントになっています! ビネガーの利いた自家製ドレッシングに、Salt、Pepper、Add the almond smash and season it.、Hamamatsu is a mix leaf of "Kato Farm" vegetables and Shibata "Tomioka Farm"、選りすぐりの農家野菜が楽しめる前菜で食べ応えもあるサラダです! 前菜「苺 / ビーツ」 ホワイトバルサミコを霧吹した苺に、Seasoned beets cooked in the oven with beets with cuisson and orange juice、バターモンテしたソースに合わせています! クリームチーズとオレンジの爽やかなガストリックソースにフルードセルとローズヒップパウダー、Arisamu flowers add color to the adorning、ワインに合わせたくなるような大人感覚の前菜! メインの魚料理「鰆 / Turnip / 浜名湖青さ海苔」 身厚の鰆は皮面は香ばしさを感じさせるも、The inside is provided in a moist and aggressive fire state、蕪の自然な甘味を楽しめるピュレとフュメベースと青さ海苔の出汁を組み合わせることで優しい仕上がりに! 「加藤農園」のミニ蕪を添え、White and green、黄の三色で一足早く春を感じさせる色合いも素敵です! メインの肉料理「鶏ムネ / 加藤農園さんの野菜」 鶏胸肉は肉厚感を楽しめながらもしっとりとした食感となり、With plenty of sweet carrot cream sauce、焦がし玉葱パウダーや春菊オイルで頂きます! 「加藤農園」の野菜は、Chinese cabbage with fragrant lying sweetness and small potatoes with a good texture、根っこまで美味しいミニ人参が添えられます! デザート「ガトーショコラ」 どっしりとした生地で濃厚な味わいのガトーショコラは、Smooth fresh cream and sour flamboise sauce and fun、コーヒーとの相性も抜群です! ドリンク「コーヒー」 嬉しいことにランチコースはドリンクもセットでこの価格! 身体喜ぶ農家野菜にフレンチの技法を用いた色彩豊かなプレートをリーズナブルに楽しめ、Because the space between the table seats is also relaxed、豊かな時間を過ごすに最適なフレンチ&カフェレストラン! フレンチ&カフェレストラン Passerelle(パスレル) 住所静岡県浜松市中区佐鳴台1-11-5(サーラプラザ佐鳴台内) TEL:053-555-6295 Hours of operation:Lunch time 11:00-14:00( L.O.13:30Cafe Time 14:00-17:00、Dinner time 18:00-21:00( L.O.20:30) Closed:Wednesday、年末年始 駐車場:42Units、第2駐車場16台...

Eating comparison of Hida beef and Hamana beef! Sukiyaki SUKIYAKI, our home's classic New Year's dish

Sukiyaki (SUKIYAKI) appears on our dining table on New Year's Day every year! Two kinds of beef are prepared by the prefecture difference.、肉の芸術品と言われる岐阜県産の黒毛和種「飛騨牛肩ロース肉薄切り(A5)」と地元浜松は三ヶ日の「井口牧場」遠州育ち「浜名牛肩肉薄切り」で食べ比べしたいと思います! わたし達夫婦は普段はジビエ肉を好みますが、"Cows、Pig、When I say the favorite meat rank of "chicken", it is lined with "chicken> pig> cow"、Because it is rare to choose "beef" other than grilled meat when eating out、1Beef is only a few times a year.、正月の「すき焼き」は何故か定番となっております! 朝昼兼用の食事であったため、I've prepared for an early dinner.、先ずは「YEBISU(エビスビール)」で乾杯! 岐阜県産黒毛和種「飛騨牛肩ロース肉薄切り(A5)」×「釋永 岳 (Gaku Shakunaga) gen 台皿 Φ300」 岐阜県を代表する銘柄牛「飛騨牛」は、It becomes the best marbled meat of melting.、Fine fat and sweetness of shoulder loin meat、Because it is sliced with a refined ultra-thin、柔らかく滑らかな舌触りで上質な味わいが楽しめます! 静岡県産の三ヶ日「井口牧場」遠州育ち「浜名牛肩肉薄切り」×「釋永 岳 (Gaku Shakunaga) リバーシブル石皿 Φ310」 三ヶ日の「井口牧場」では、It is grown hybrid species (Wagyu x milk seed) that fat is not persistent dare to grow、Because it is brought up to give plenty of dried three-day mandarin orange feed all year round、Cows grown up with love and vitamins, and they have a dignified coat.、弾力感溢れる上質な肉質が楽しめます! 肉は一枚一枚丁寧に軽くしゃぶしゃぶするだけで良い色合いに染まります! 溶き卵に絡めれば柔らかく滑らかな舌触りと口溶けが楽しめます! 「すき焼き野菜」×「釋永 岳 (Gaku Shakunaga) áge Φ320」 すき焼きの野菜は、Chinese cabbage、White onion、Carrot、Donko (round-shaped thick dried shiitake mushroom)、Garland chrysanthemum、焼き豆腐など! 牛肉の脂が溶け出した煮汁がたっぷりと染み込んだ野菜の旨味は格別です! 「白キムチ」×「釋永 岳 (Gaku Shakunaga) áge 薄鉢 Φ240」 我が家の食卓に並ぶ定番漬物で、Chinese cabbage、Cucumber、It is the one that the nail of the salt kelp and the crab are combined with the shredded carrot, and it is pickled in "Asazuke's white kimchi".、Seasonal pattern、柚子皮と柚子果汁を加えるのもお勧めです! 「蕪の甘酢漬け」×「釋永 岳 (Gaku Shakunaga) gen 薄鉢 Φ180」 白カブを1cmスライスにし、Rakkyo Vinegar and Eggplant Skin、鷹の爪を合わせ一晩漬けた甘酢漬け! 「鮪の漬け丼」×「釋永 岳 (Gaku Shakunaga) gen 中鉢...

2020New Year's Day is a cup of sake with a special tycoon dish and ozoni!

In my house celebrates new year、I'm grateful to my friend Keiko Shimizu and Nanako Saito this year. (Nanako Matsui) 姉妹のお母様・計子さんが丹精込めて作ってくださった御節料理と我が家の御雑煮や握り寿司を楽しみながら銘酒と共に献杯! 御節料理は、Like Japanese kaiseki cuisine, it looks like a course dish.、The big thing is that it's a celebration.、"A mouth-to-mouth"、"pottery"、"Vinegar"、There are five kinds of "simmered food"、それぞれの料理に意味があります ! その品数は、Generally, it can be about 20 to 30 items.、これを一品一品作るには本当に至難の技! しかしながら、What are the dishes sold in general?、The taste is thick by all means.、To be too sweet、I have a strong sense of weakness and my desire to buy is far away.、When I was spending the year to make my own、The dish of the friend Matsui family which was uploaded to SNS every year、It is finished very well balanced、Because mother's festival which is good at elegant and thin taste was very attractive、Since last year, we have been generously sharing the skirts with courtesy.、今年もちゃっかりと甘えてしまっています! 幸せを重ねるという意味から御節料理は、It is common to pack it in a heavy box.、In our House、富山の大好きな陶芸家「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)Included in the bowl of]、Enjoying it with your eyes、新年を謹んで迎えたいと思います! 「御節料理」×「釋永 岳 (Gaku Shakunaga) gen 大皿 Φ420」 松井家特製の御節料理は、Simmered rice、Grilled pork、Steamed chicken、Hachimanmaki、Chicken rolled in kelp、Measures、Teriyaki of the salmon、Grilled shrimp、By Kai、Vinegar dako、Red and white quail egg、Sweet chestnut、Black Bean、Red and white kamaboko、Red and white eggplant (gyoza)、Kindon simmered in bees、An egg、Datemaki、Number children、Vinegar lotus root、Served with radishes、と手間暇掛けてくださった素晴らしい品々が並びます! こちらに大晦日に仕入れた伊勢海老と北海道産いくらを追加して完成です! どの料理も手間の掛かるものばかりですので、Every time you get one dish、その一味ひと味を有り難く噛みしめるように味わいます! 何処か懐かしく、Less salt、Dishes that are sweet and the body is pleased、旦那様と2人でしみじみと堪能! 「刺身の盛り合わせ」×「釋永 岳 (Gaku Shakunaga) áge Φ320」 金目鯛、Red sea bream、Flounder、Toro Tsubonaka、Naka-Ochi、Scallop、How much、Torigai、Surf clam、つぶ貝と豪華な刺盛り! 「握り寿司」×「Shimoo Design(下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo) / Shimoo Saori (Saori Shimoo) KAZARIDAI W500 × D90 × H30」 鮨好きが高じて、Now recognized by the general of the late coffee shop、カウンターで握らせてもらっていたという驚きの経歴も持つ旦那様が久し振りに握ってくれた握り寿司が登場! 鮪中トロ、Raw shrimp、Flounder、Torigai、Scallop、Hoki shell and、握りたてのお寿司に舌鼓! 「御雑煮」×「釋永 岳 (Gaku Shakunaga) gen 薄鉢 Φ220」 具材は、With a red and white freshly made rice cake that Yassa-kun and Sadako-san bought with a newly built single-family upper-building mochi-style rice cake where they live、Daikon radish、Carrot、Donko (round-shaped thick dried shiitake mushroom)、Spinach and simple、While soaking the taste by the material, it is boiled down and served in a bowl.、Pour clear soup based on dashi in a hot state、柚子の香りを添えて!...

"SobaYa Omori" Concludes New Year's Eve with freshly ground freshly boiled freshly boiled new Year's Eve soba

Shingen near the chosen from around the country changed to weekly a hit、Hamamatsu, which provides polar soba, has an annual New Year's Eve soba at "Sobaya Omori" in Nakajima.、2019I want to wrap up the year! This is、It is a shop where you can enjoy the crispy texture and light taste of tempura that your wife Saeko is carefully fried with hand-made freshly made soba made with great care by Masato Omori, the owner of the shop! In the first place,、The habit of carrying good luck on new year's Eve to eat buckwheat noodles、Beginning from the Edo period.、After、It has been established as a Japanese culture and is said to be "New Year's Eve soba"! Soba is a food that is long stretched and cut into thin pieces.、Thin, long from "healthy longevity.、And eat the good luck and fortunes attracting attention、Buckwheat is easier to cut than other noodles from meaning "breaking the disaster of the year this year.、There are generally many people who hear about soba that you eat before New Year's Eve on New Year's Eve! In recent years, instead of "New Year's Eve Soba", "New Year's Eve Udon" and "New Year's Eve Ramen"、There seem to be a lot of "New Year's Eve pasta" etc.、What kind of "New Year's Eve" did you eat? Because it is not possible to make a reservation on this day which becomes a big prosperity every year、I dared to come after 13:00 to avoid lunch time! Of course,、Because the inside of the store is full、After waiting for about an hour in the car of the parking lot, we went to the usual counter seat! I finished the greeting of the swing for a while with Mr. and Mrs. Omori in the kitchen which turned into a battlefield in a hurry、Let's have delicious New Year's Eve soba! The inside of the shop、10And the room's name and counter 腰掛kereru about 4 people and small shops、High ceilings、Warmth of the tree is overflowing.、A space where time flows in a relaxed atmosphere! It is usual that the appearance of the regularpeople who surround the table of the single plate、Occasionally、Knowing rumors, outside groups from afar purposely go look at it of anybody here seen、A very popular shop for soba lovers! "Hot Toro" 1,200 yen I always do in the cold winter、We will have this "warm toro" like a round moon in warm juice! The cold body warms up when the gentleness of the soup stock and the mellow soba which became mellow in the grated stand are poured.、I'll smile! "Tabekurabe" 1,200 yen Tabekurabe、A great dish that you can eat and compare two kinds of country soba of the ground and ground one at once! Today's fault is using Maruoka from Fukui Prefecture、The countryside 28 of hikigurumi uses Hitachi Autumn Soba! Let's enjoy the difference between the fragrant and sweet Seiro and the ground ground, which makes you feel the taste of soba strongly! If you eat it with salt before you eat it with soba soup,、It is recommended to enjoy the original sweetness and taste of soba! In the large pot that i would have boiled a lot of soba today、Plenty of thick soba hot water、If you put soba hot water in the soba bowl mouth、Warming up to the core of the body、Blissful time comes! Finally, with the owner, Masato Omori, and his wife, Saeko.、A commemorative photo while chatting after a meal! Mr. Omori, who is 72 years old、It seems to be exhausted both mentally and physically by soba making from early in the morning、Recently, I've started to feel the limits of my daily sales.、There are days when Saeko and I are seriously discussing the restaurant's performance.。However,、Every time a regular asks me not to stop、The thought seems to have been shaken.。 To Mr. Omori、But I still want hitting、For me who lost my father who was active as the same soba making craftsman in summer、Being healthy、The most important thing is to have a long life! Please take good care of yourself.、I hope that it does not keep。 Now、While your daughter's husband is helping you on holiday、Because it is said that the training of soba making has also begun、One day、Mr. Omori decided to retire.、Your daughter's husband may be standing in the shop as a successor! Mr. Omori、Ms. Mieko、I was really happy to be able to finish the year with soba noodles of "Sobaya Omori" safely this year! Thank you very much in 2020! You will continue to have a relationship in 2020.、Thank you! Welcome to a good new year! Soba House Omori Address:Nakashima 1-31-1 TEL, Naka Ward, Hamamatsu City, Shizuoka Prefecture:053-463-2879 Hours of operation:11:30-14:00 Closed on Mondays:Moon、On Tuesday、Friday (Please check the calendar on the website) http://www12.plala.or.jp/sobaya/..

Toyohashi's new opening of "Takemono to Tsuji" Edomae sushi to taste in a modern hideaway with 6 seats at the counter!

愛知県豊橋市で創業44年を迎えた「万太郎寿司」の隣に新たにカウンター6席のみのこだわりの鮨店「鮨たけもと」がオープン致します! こちらは「京都 祇園 鮨割烹 なか一」で修行された後、His son Daizo, who has been active as the right arm of Mantaro's general, Akihiro Takemoto, for many years、念願の独立を果たし開業の運びと相成りました! 出迎えてくれるのは、The font "TA-Square" designed by artist and designer Shintaro Shintaro Ajioka is used.、A sign of uniqueness! Because it is using the variant character of "Aoi"、さかなへんの点々が「大」になっております! 創業当時より、While leaving the calm look of the good old days of "away" which was a banquet hall of a private room、和に洋のエッセンスを加えモダンにリノベーション! 玄関戸を開けると味岡伸太郎氏の書が存在感を露わにしています! こちらは「鮨」の漢字を分解して描き、Because it is finished so that it becomes a character of "Aoi" by combining six books of "black, white, red, blue, yellow, and green" consisting of the poetry collection "Straight line of smoke" of Katsue Kitazono who was a modernist poet from Mie Prefecture、定期的に差し替えられる書をそれぞれに楽しむことができます! 職人の手で生み出された漆喰の塗り壁で明るく柔らかな印象を与える店内は、The lighting of the masterpiece that appeared as one of the essential items in Ajioka World is hung、The lighting made with Japanese paper and used paper with twigs、カウンターを温かく優しい光で彩っています! 桂の木を用いた耳付きカウンターに平行して添えられたのは色とりどりのイタリア製のモザイクタイル! 椅子も味岡伸太郎オリジナルの作品となりアイアンフレームのシャープな印象を異なるレザーでパッチワークすることで馴染みの良い暖かさを演出! クリスマス・イヴを迎えたこの日は、It also serves as a presentation of the finished shop、Mr. Shintaro Ajioka, who was responsible for store design, and his wife。 設計施工の「UK 管理建築士事務所」の山本 有記 (Yuki Yamamoto)(Yuki Yamamoto)、ライターの露久保 瑞恵 (Mie Tsuyukubo)(Mie Tsuyukubo)さんとわたし達夫婦の6名貸切で過ごす忘年会となります! 頂くメニューは、It becomes one Omakase course of 18,000 yen of the shop owner Takemoto、今回はお勧めのワインや日本酒とのペアリングで堪能致します! 爽やかな香りと甘味優しいChampagne「Forget Brimont Brut Premier Cru(フォルジェ ブリモン ブリュット プルミエ クリュ)」にて乾杯! 「蛸の桜煮」 器味岡伸太郎(扇皿) 柔らかく焚かれた桜煮には辛子酢味噌を添えて、Served with the same bowl that was simply boiled、Elasticity and softness、食感の違いを楽しむ一品! 器の殆どは、The work of Shintaro Ajioka, who is also a potter, is used.、Mashiko ware is finished by applying various glazes、It becomes the pottery unique to Mr. Ajioka that exudes a unique texture、ひとつとして同じ顔の物が無い味深い器となります! 日本酒「四海王 純米吟醸 真」御猪口釋永岳 呑みすぎる杯(薄杯 白) 日本酒は地場の豊橋が誇る「福井酒造」が手掛ける純米吟醸「四海王 純米吟醸 真」を頂きます!純米酒ならではの深い味わいはそのままに軽快な喉越しをもつ純米吟醸酒でキレの良い後味が特徴です! 昨年「寿司 万太郎」に伺った際にオーダーしてくださった釋永岳の「呑みすぎる杯」はこちらで愛用くださるとのことで嬉しい限りで御座います! 「このわたの羽二重蒸し」 三河の三大珍味となる「このわた(海鼠腸)」を中に忍ばせた羽二重蒸しは、I'd like you to crush the yolk of the quail.、It becomes a smooth dough to melt and a salty plum of this cotton is good.、これは思わず日本酒が進んでしまいそう! 「鯖の藁焼き」器味岡伸太郎(三角皿) 塩をし酢で軽く〆た鯖を藁で燻した藁焼きは、Ponzu and Tosa soy sauce with soy sauce with soy sauce、The deep sweetness and umami of the persimmon swell along with the fragrant aroma! Some of The Ajioka's bowls provided here、Because there seems to be a vessel using glaze of ash、藁で燻した料理とのコラボが見れたら素敵ですね! 日本酒「赤武 AKABU 純米酒」徳利と御猪口味岡伸太郎...

Drive with peace of mind at the airport transfer of "Tokyo Rent-A-Car"! Bangkok's last night snack at the airport lounge!

How do I charter a taxi from the hotel to the airport?、行きでも利用した便利な「都レンタカー(Miyako Siam Car Rent)」に事前予約で送迎依頼をしております! 「Mr.NEDACHI」と書かれたプラカードを掲げてホテルへ迎えに来てくれたのは、Just like you're going.、都レンタカーでの勤務歴7年のベテランドライバーとなるモントゥリー・スナンタラット(Montree Sunantarat)さん(47歳)! バンコクの5つ星ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」のスタッフの皆さんに感謝の気持ちを告げお別れとなります! バンコク中心部から北方に約20kmのところにある「Don Mueang International Airport(ドンムアン空港)」へ出発! ホテルから空港へは車で約30分ほどのドライブとなります! 「都レンタカー」では、Because there is a contact number of the Japanese direct、タイ語や英語が苦手な方でもトラブルがありません! また、Parking fee、High-speed bill、Gasoline bill、Driver's fee is easy to understand at a flat rate including all、Above all, for the company of the Japanese manager、細部にまで配慮が行き届いた管理体制により一番の安心に繋がります! タイのタクシードライバーは英語を話せない方が多いためトラブルも少なくありませんが事前に目的地を予約してある専用ドライバーであれば快適なドライブとなりノンストレス! 都レンタカーでは日本車を利用されており清潔で安全性も高く快適な車内! ドライバーのMontreeさんは英語での会話ができたため、You can communicate along the way.、空港までの送迎は安心できるドライブとなりました! [都レンタカー送迎料金] 空港→ホテル 1,400THB / 台(日本円にして約5,040円) ※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 都レンタカーは車1台の料金ですので、Golf tours, women's trips, etc.、少人数のグループ旅行にもお勧めです! ドンムアン空港でチェックインを済まし保安検査を通過します! 搭乗時刻まで2時間ほどの余裕があったためターミナル1国際線に誕生した新しい「Miracle Lounge(ミラクルラウンジ)」を利用してみましょう! ラウンジ内は、It is unified in a calm shade of dark brown tone、By providing a lot of partitions, we create a private space.、居心地良い雰囲気です!(御一人様用のスペースも充実!) 食事は、Hot dishes including Thai food、Salads and fruit、デザートも用意! ドリンクは、Sparkling wine, red and white wine, etc.、Canned juice in beer、ミネラルウォーターなどが冷蔵庫に用意されています! わたし達は身体を温めるために、Chicken curry and corn soup、Served with fried rice as the main fruit and dessert in a bowl、It is the completion of the last night meal in Bangkok! Chicken curry is fragrant、Because it was very spicy and delicious、ついおかわりまでしてしまいました! 搭乗時刻は少々遅れを取るも無事にフライトでき人気の深夜便は満席状態で賑わいます! 仮眠をとりつつ、When I suddenly open my eyes,、機窓からは朝陽の昇る瞬間を捉えることができました! およそ5時間半ほどのフライトで「中部国際空港 セントレア」に到着です! 11月中旬の日本の気温は16℃と肌寒く、While feeling the difference in temperature with Bangkok、無事の帰国を心穏やかな気持ちで迎えることができたことに感謝致します! またladeの次なる旅記をどうぞお楽しみに! 都レンタカー(Miyako Siam Car Rent) 住所:1 Prompan Tower 2 Floor 2 Unit 207, Soi Ladprao3,...

"Steve Cafe & Cuisine" Thai restaurant along the Chao Phraya River

チャオプラヤー川のリバーサイドレストランでタイ料理を提供する「Steve Cafe & Cuisine Dhevet Branch(スティーヴ カフェアンドキュイジーヌ・デベット支店)」へ! こちらはデュシット地区のカラフルな寺院「Wat Thewarat Kunchorn Worawiharn(ワット・テワラット・クンチョン)」の奥にある「Golden Teak Museum(ゴールデン・チーク・ミュージアム)」の脇道を進んだ桟橋「Wat Thewarat Kunchorn Worawihan Pier(ワットテラワットクンチョン船着場)」目前にある川沿いレストラン! 店名の「Steve(スティーヴ)」とはオーナーの英語のニックネームを用いており外国人や若い世代が異文化で楽しめる本格的なタイ料理のコンセプトを表すために西洋的なイメージを描き名付けられています! こちらはタイの政治家や著名人も訪れるほど有名とのことでButler(執事)のSMET(スメット)さんお勧めのレストランです! 入口には靴箱が用意されており靴を脱いで上がるスタイルで寛げ築60年以上の伝統家屋はカラフルでレトロ調な雰囲気で装飾されておりアットホーム感があります! 人気店のため基本的には事前予約が望ましいとのことこの日の夜も多くの観光客で賑わっておりリバーサイドテラス席は満席であったため奥のテーブル席へ案内してくださいます! テラスからは「King Rama VIII Bridge(ラーマ8世橋)」の夜景が伺えます! こちらでは家庭的な自家製タイ料理を楽しむことができ熟練したシェフが作り出す料理は新鮮な食材にハーブやスパイスをふんだんに用いて香り高いタイ料理を提供! メニューは豊富でバラエティに富んでおりタイ語と英語表記写真付きで記されているため指差しオーダーが可能です! テーブルシート上には店舗紹介が記されたペーパーが敷かれておりQRコードで各店舗の情報が読み取れます! 「Spicy papaya or fruit salad with prawns(海老入りソムタムサラダ)」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 南国のタイならではのスパイシーなピリ辛サラダは細切りした青パパイヤがたっぷりと用いられておりとってもヘルシー! 酸味があり食欲を増進させるため前菜代わりに頂くのがお勧めです! 「Rice with fried bajil leaves pork or chicken with egg(豚肉または鶏肉のバジル炒め)」160THB(日本円にして約580円) 日本でもタイ料理の定番として人気の「Phat Gapao(パットガパオ)」ですがこのメニュー名では通じないため写真を探しながらオーダー! 豚肉か鶏肉を選べるためあっさりとしたチキンを選択! ホーリーバジルたっぷりで香り良くライスには目玉焼きと胡瓜やトマトが添えられ彩り豊かです!...

"Floral Cafe’ at Napasorn" Photogenic Cafe operated by a florist!

"Pak Khlong Talat" is Thailand's largest flower market, and a photogenic cafe "Floral Cafe" operated by the nearby Flower shop’ at Napasorn(フローラル・カフェ・アット・ナパソーン)」へ! Chakraphet Road(チャクラペット通り)の Flower shop(花屋)の2階~3階がカフェとなり、If you go up the stairs, you will find dried flowers and fresh flowers.、A space decorated with plenty of green scantly appears、It creates an atmosphere that becomes a picture no matter where you cut it.、まるでおとぎの国の世界観のよう! 店内の装飾は、It is switched by timing and event.、There are a lot of regular customers who visit regularly to look forward to the decoration of the sense preeminent.、Butler's SMET 's recommended cafe, so this is、バンコクでも人気の高いフォトジェニックなカフェとして有名です ! カフェオーナーを紹介していただき御挨拶を済ませてからオーダーをしてテーブル席へ! Salad「Sweet Crispy Pork(スイートクリスピーポーク)」250THB(日本円にして約900円) 新鮮でシャキシャキ食感のグリーンサラダに甘辛く味付けしたクリスピーな豚肉がミックスされた食べ応えのあるヘルシーサラダ! Smoothie「Mango Yogurt(マンゴーヨーグルト)」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 大きなグラス一杯にマンゴーとヨーグルトの最強の組み合わせとなるスムージーは、Fresh mango and sauce、ただマンゴーを食べるよりも満足感が高いように思います! Smoothie「Lychee(ライチ)」140THB(日本円にして約500円) 同じくライチのスムージーもライチの良さをギュギュッと濃縮させたかのような美味しさで濃厚ながらに後味さっぱりと頂けます! Cake「Very Berry Brownie(とってもベリーなブラウニー)」90THB(日本円にして約320円) しっとりとした食感で濃厚さを楽しめるブラウニーですが重たすぎずラズベリーの甘酸っぱさが良いアクセントになる大人なチョコレートケーキ! 海外でケーキを頂くと、It's too big.、It's too sweet.、In texture、Most of the time, I feel sorry.、こちらのケーキはその固定概念を覆してくれる美味しさです! 店内には2匹の猫が自由に放たれており、round and large eyes and low nose、Because the ears are separated and the round head is a feature、おそらく品種は人気のExotic Shorthair(エキゾチックショートヘア)でしょうか!? 店内で静かにゴロゴロと寛いでおりますが、Very friendly.、If you come close to a cat-loving customer、大人しく撫でさせてくれる姿が堪らなく可愛いです! ただのインスタ映えカフェとはレベルが違うハイセンスな世界観を醸し出す「Floral Cafe’ at Napasorn(フローラル・カフェ・アット・ナパソーン)」は花市場に訪れる際に是非お勧め致します! Floral Cafe’ at Napasorn(フローラル・カフェ・アット・ナパソーン) 住所:67 Chakkraphet Rd, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200...

"Park Loan Flower Market" Loi Claton's biggest flower market in Thailand, bustling with the night before

Go to Pak Khlong Talat, the largest flower market in Thailand! We descended to "Yodpiman".、2014年11月にオープンしている「Yodpiman River Walk(ヨッピマン・リバーウォーク)」を通り抜ければ花市場「Pak Khlong Talat(パークローン花市場)ปากคลองตลาด」へ到着します! 花市場は見渡す限り一面に花々が置かれ、Jasmine and lotus flowers、Orchids, etc.、The flowers of the south which is unique to Thailand overflow、For the fragrant smell in the wind、とっても癒やされます! この日は「Loy Krathong(ローイクラトン)วันลอยกระทง」前夜ということもありどのお店も祭り用の花飾りの製作で慌ただしく賑わう様子が伺えます! 場内は縁起の良い花として飾られるマリーゴールドの黄色一色に染まり目にも鮮やかな景色が広がります! お供え用の花飾りに用いられるジャスミンの花も山積みされており、The scent of jasmine, which is said to be the scent of "symbol of happiness",、The fragrance that is liked by many people and it is comfortable.、幸せな気分に浸れます! こちらの花市場は24時間営業となり最も賑わう時間帯は花屋が仕入れに来る午後10時以降の深夜とのこと! Chakpet Road(チャクペット通り)まで出ると「I. C. P. Flower Market (I. C. P.花市場)」が見えてきます! こちらにも両側一面に並べられた花たちに包まれまるでそこは極楽浄土のよう! 零れ落ちる程に花を盛り込んだカートを運ぶお兄さんの笑顔も爽やかで、White、Yellow、Green、Pink、Red、Heart dance in purple and gorgeous shades、こちらもついつい足取り軽くなってしまいます! 途中、In front of the shop that wholesales a lot of lotus flowers、Butler(執事)のSMET(スメット)さんが何やら交渉をされている御様子!? すると、Take the lotus flower in one hand.、I'll give you a wheel.、蓮の花飾りのアレンジを指導してくれ始めました! お供えする蓮の花は咲き開いてしまうとすぐに枯れてしまうため、Spread the petals from the state of the rose and fold them inward.、開花しているような花の状態を作るのだとか! 外側の一枚一枚を丁寧に織り込んで行く作業は、It's hard for me who's not used to it.、When i say the speed of the company's sister weaves、It is woven in at a tremendous speed、The beauty of the finished rose is wonderful.、ただただ感動してしまいます! SMETさんに「どうしてあなたもこんな事ができるの?」と聞くと、It seems that everyone has a custom of making flower ornaments for offerings from an early age.、素敵なタイの文化を知ることが出来ました! あっという間に完成させた大きな蓮の花のブーケをわたしのバースデーのお祝いにプレゼントしてくれたのです! 心優しい Butler(執事)のSMET(スメット)さんの突如とした粋な計らいにメロメロです! Pak Khlong Talat(パークローン花市場)ปากคลองตลาด 所在地:Chakkraphet Rd, Khwaeng Wang Burapha Phirom, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 Thailand...

"The Siam The Siam" Late Check-out for an elegant moment and a fantastic sunset

There's just a few moments left to spend at The Siam, Bangkok's 5-star luxury urban resort hotel! However、Because the flight time to return home this time is late night flight,、When I told Butler's SMET to that effect,、Please delay the check-out time of the hotel.、贅沢にも夕方まで過ごせるレイトチェックアウトに変更してくださいました! そのお陰で、In the afternoon, relax in the bed in your room while reading.、深夜のフライトに向けて体力温存! 夕暮れ時を迎えたため荷造りを済ましてチェックアウトの準備完了です! 大きな荷物のある方はフロントへ連絡しベルボーイに荷物を引き取りに来ていただきましょう ! 「We’re checking out now. Could You Send Someone to Pick Your Baggages Up?(I want to check out from now on.)、どなたか荷物を取りに来ていただけますか?)」 レセプションにて会計を済まし、Check out with your luggage as it is.、予約したホテル専用ボートの「The Siam Boat(ザ・サイアム・ボート)」の時間まで待つことに致しましょう! リバーサイドテラス「Private Pier(プライベートピア)」でわたし達を待っているのは幻想的なサンセットです! 桟橋から見渡す景色は、A relaxing and comfortable time flows、日中の暑さ忘れさせるほどに涼やかな過ごしやすい夜を生み出します! ライトアップされたイルミネーションに加え、The sky color is light blue to pink.、orange、Purple、When is the time when it changes to royal blue?、何とも言えない色合いのグラデーションに心を揺さぶられるほどの景観が望めます! しっとりと夜を迎えた館内へ戻ると、The courtyard with the fountain、Unlike the atmosphere filled with natural light for daytime、The fountain illuminated by the moonlit night appears to rise.、ムーディな大人の世界観へと誘います!(滞在中はリニューアル工事に入っていた中庭ですが現在は工事を終え新たにオープンされています) 屋内にいながらにして、The elegant courtyard lobby in an open garden style、It is designed under the theme of "symbiosis with nature" advocated by Mr. Bill Bensley.、The green simento that was arranged in symmetry overflowed.、心豊かに感じる居心地の良さがあります! ライトアップされた夜のアトリウムでは、The mysterious mood of the overgrown Strelicia group drifts、こちらでは非日常的な雰囲気が醸し出す特別感を是非とも味わって頂きたいです! バンコク旅の最終夜はたっぷりと時間が余っていたため、Butler's SMET at the end of his work、46歳を迎えたわたしの誕生日祝いにローカルなバンコクを案内してくれると約束してくれていました! ホテル専用ボートの「The Siam Boat(ザ・サイアム・ボート)」に乗り込みいざ!ローカルマーケットへ出発です! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit, Bangkok 10300, Thailand TEL:+66 2 206 6999 http://www.thesiamhotel.com/...

"The Siam The Siam" is like a museum! More than 1,000 antiques

The Siam, a five-star luxury urban resort hotel in Bangkok、Antique or antiques collected from around the world、Bronze statue、Books、Painting、Stuffed etc. are scattered with good sense throughout the hotel building、さながら美術館や博物館のような愉しみ方があります! 今回も館内を隈なく散策しその貴重なアンティークを拝観させて頂きましょう! パリの「Musée d’Orsay(オルセー美術館)」にインスパイアされたという吹き抜けのメインレジデンスは、The shine of the surface of the water is a beautiful water garden、天まで届くほどに巨大な背の高さのストレリチア群が伺えます! こちらは、It becomes a landscape from the third floor of the atrium full of openness、1The Strelicia group looking up from the second floor is also wonderful.、3階から見渡す景色も迫力があり圧巻です! アンティークの銘品はその数何と1,000点を超えています! 中には2000年前に遡るほどの古代中国の骨董品なども展示されており見応えのあるコレクション! 国王の肖像画をはじめタイ王国の歴代ロイヤルファミリーの家族写真なども飾られており激レアであることは間違いありません! ユネスコの世界遺産に登録されているカンボジアの「Angkor Wat(アンコールワット)」の平面図もさり気なくアンティークなドラフターに設置されていたりと驚く事ばかりです! メインレジデンスの眺めの良い窓際には、A pool table is set up as a playground where guests can enjoy freely.、自由にプレイを楽しめます! その横には新たに鳥籠がセットされており、Two colorful parakeets are kept.、癒やしのひとときを提供してくれています! 宿泊客のために用意された「Library(ライブラリー)」や「Meeting room(ミーティングルーム)」そして「Private screening room(プライベートシアター)」へ通じるギャラリーが。 The glass showcase simply on the wall has valuable carpets and picture plates.、とても目の保養になります! 様々な著書や専門書が並ぶ「Library(ライブラリー)」では自由に読書を楽しめるため、I can forget the time and go into reading.、わたしのお気に入りの空間となります! さらに、1982Figia of the alien who appears in the American science fiction movie "E.T." released in 2000 is placed、Antique projectors and cameras、In the Private Screening Room, where small items related to filmmaking are lined up,、実際に映画鑑賞を楽しむことも可能です! コンシェルジュデスクには常時スタッフが居てくださるため分からないことはコンシェルジュスタッフまたは専属バトラーへ! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit, Bangkok 10300, Thailand TEL:+66 2 206 6999 http://www.thesiamhotel.com/...

"The Siam The Siam" Chef's Direct Thai Cooking Lesson /Kuruai Buwachy

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート③! さてタイの定番料理「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」をガッツリと食した後は、The last dessert "GUAY BUAD CHEE":バナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」のクッキングスタートです! Lesson③ 「GUAY BUAD CHEE(クルアイ・ブワッチーバナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」 [Ingredient(材料)] ・Banana 100g(バナナ100g) ・Coconut milk 250 ml(250 ml) ・White sugar 35g to test salt(白砂糖35g 塩少々) ・Pandanus leaf 1pcs(パンダンリーフ1個) ・Sesame (Black and white sesame dosage) [Cooking method / Cooking Method] 1.ココナッツミルクにほぐしたパンダンリーフと白砂糖を投入し火入れする。 1. Boil Coconut Milk, white sugar and pandanus leaf in a pot until almost consistency....

Scroll to top