"City car" safe from suvarnabhumi international airport and convenient to the hotel

今回のタイ10日間の旅のうち最初の5日間は古都チェンマイにて過ごし、 6月27日(土)~7月2日(木)までの残り5日間はタイの首都バンコクで過ごすためタイ国際航空で「チェンマイ国際空港」から「スワンナプーム国際空港」へおよそ1時間のフライトで無事に戻って参りました♪ チェンマイよりもバンコクの暑さは厳しいと聞いておりますが雲が覆うこの日の気温は、30℃前後でさほど気にならないほどの気候です♪ フライトが遅れおよそ30分ほど時間が押してしまっているのでお待たせしている「都レンタカー」さんに申し訳ないので急いで出口へと向かいます! 国内線の便での着陸場所が遠くここからさらにシャトルバスに乗り空港まで移動します。 Get off the shuttle、国内線到着口へ向かいますBaggage Claim(手荷物受取所)と書かれた案内板に従い進みましょう。 Luggage receipt belt、1Is no. 23 from No.、Domestic 1-6、International 7-23-use。 レーンの上の掲示板にフライト便の番号が記されているので確認して荷物が回ってくるのを待ちましょうスーツケースに破損等のトラブルがなければ荷物をカートに乗せてそのまま出口へ向かいますこちらの到着ロビーのAOTカウンターインフォメーションのモニター前にて日本人が運営する送迎タクシー「都レンタカー」さんのドライバーさんと待ち合わせしています。 Here is、事前に日本からオンターネットで予約申込をしておいたので安心です! 通常旅行の場合は荷物があるため空港からの交通手段としては、A taxi is the easiest means of transportation will be、 バンコクのタクシー運転手には英語が通じない可能性が高く、 In addition、詐欺に合うなどの危険性がゼロとはいえないのが現状です。 For that、You can avoid the risk by means of transportation can rest assured in advance to reserve。 Just in case、タクシーに乗られる場合は、 Would be good to bring a map of your destination written in Thailand, as much as possible and。 海外Wi-FiをレンタルすればGoogleマップを作動できるので、 You can check whether or not roundabout way purposely, so helpful。 During the ride、Be sure and check whether the meter is、ボッタクリに注意し楽しい観光にしましょう♪ 「MR.NEDACHI」と書かれたプレートを持ってくれている若手ドライバーさんと無事に合流することができました! ドライバーさんは現地の方なので、But in Thailand, or English conversation、 Because this company is owned by the Japanese、 If you encounter any problems、日本人オーナーの連絡先があるため安心です♪ ドライバーさんが親切丁寧に荷物を車まで運んでくださいます♪ 送迎車は綺麗なトヨタのワゴン車ですこの大きさに2人は申し訳ないぐらいですが冷房も効いており快適なドライブとなりそうです♪ チェンマイの長閑な風景とは打って変わって、High rise buildings、バンコクの街並みが見えて参りました! この日は先ず宿泊するホテルへと向かいますバンコク市内の道路は、Times really are becoming crowded because、 301 week should be arriving in minutes、In rare cases may end up hanging over it is not like。 時間には余裕を持って行動することをお勧めします♪ 今回お世話になるホテル「ザ・サイアム THE SIAM」は、2012年6月11日にオープンされチャオプラヤー川に面した歴史的地区に位置しており、39室のスイートとヴィラタイプの客室を誇ります川沿いということもありボートでの移動手段が便利です♪ 送迎タクシー「都レンタカー」さんのおかげで無事にホテルに到着することができました。 Now、お次は素晴らしいアーバンリゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」の紹介です♪ タイ国際航空 http://www.thaiair.co.jp/ スワンナプーム国際空港 http://www.suvarnabhumiairport.com/ 都レンタカー...

Suvarnabhumi International Airport flights on domestic flights from Chiang Mai International Airport

6月23日(火)~6月27日(土)までの5日間雨季にも関わらず天候にも恵まれ無事に過ごすことができた古都チェンマイでの日々。 Now、振り返っても本当に長閑で人が温かく良い街でまた必ず戻って来たいと思えるそんなチェンマイ。 6月27日(土)~7月2日(木)までの残り5日間はタイの首都バンコクで過ごすためタイ国際航空で「チェンマイ国際空港」から「スワンナプーム国際空港」へおよそ1時間のフライトで戻ります♪ 5日間に渡りチェンマイの観光名所を案内しながら日本語ガイドをしてくださり日々の送迎をしてくださった 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドのグローイさんと ドライバーのピューイさんとはこちらでお別れです重たいスーツケースを抱えて慣れない土地での移動は本当に困難を要する中涼しく快適な車での楽な移動が確保でき日本語で様々なガイドをしてくれるおかげでタイの文化や歴史様々なあるある話を伺えとても楽しく時間を最大限に有効活用できたと思いますリーズナブルで丁寧で親切な対応のチェンマイハッピーツアーさんにお願いして 本当に良かったと思っています! チェンマイで観光ツアーをしてくださる会社はたくさんあるかと思われますがわたし達が安心してお勧めできるツアー会社は「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」です! 代表取締役の越智剛(TSUYOSHI OCHI)さんをはじめグローイさんノーイさんエッグさんピューイさんありがとうございました♪(感謝) 名残り惜しい気持ちを抑えて荷物を持ち空港内へタイ国際航空チェックインカウンター タイ国際航空のエコノミークラスの受託手荷物(スーツケース)の無料手荷物許容量は、 1ケースにつき30kgまでと規制されております。 A suitcase bound for more than just piling up weights up.、そうそうに30kgには至りません。 Otherwise, it is、機内持込手荷物となりますが、Baggage in the cabin that can be、 In other personal belongings (handbags, cameras, eyeglasses, canes, etc.)、 3辺の和が115cm以内サイズW56cm×H45cm×D25cmの以内の手荷物で1個とし両者の合計重量が7kgを超えないものとします機内持込手荷物は制限もあり特に女性は液体持込で化粧品(化粧水・ジェル・クリーム等)に注意が必要です。 Liquid、それぞれ100ml以下の容器に入れ全ての容器をジッパー付透明ビニール袋(縦横合計40㎝以下の袋)に収納し、 1リットル以内とする規定があります。 Checking is less.、規定を守るよう準備しておきましょう♪ タイ国際航空の受託手荷物または機内持込手荷物についてはこちらをクリック! 保安検査場入口 荷物(スーツケース)を預けた後は、Facing the international departure gate、 The possessions of the passenger and baggage screening at security check point on board passenger security checks。 Hat、Take off your jacket、Shoes and belts with metal fittings, metal, etc.、Not use 外shimashou responds metal detector accessories。 Like digital cameras and notebook computers、You must make separate tray desk。 Allow the smoothly、Choose a simple attachment/detachment flight clothing。 A safety inspection station:、So is the insertion tube review (exodus)、係員の方にパスポートと航空チケットを提示してください♪ この日は直ぐにボーディングタイムを迎えたため搭乗ゲートでパスポートと搭乗チケットを確認してもらいゲートイン♪ 今回のタイ国際航空の国内線G107便は行きと同じく国内線は比較的古い機体のAIRBUS A330-300ですCAさんの案内に従い指定された席へ。 On this day、12時20分の昼のフライトの予定でしたが、...

Arthouse Cafe drinking coffee 'Cafe Alte"Chiang Rai

Located in the historic center of Chiang Mai、カフェとアートギャラリーを併設するお洒落なゲストハウス 「アルテ・ハウス Arte House」さんアルテハウスさんに1泊お世話になり、Chiang Mai last day morning、 Let's enjoy the cafe offers a delicious morning coffee。 Here you will、Breakfast is provided in the morning guests can wake up to。 We have、タイ風お粥で朝食を済ませた後のコーヒーブレイクです♪ 店内は、6席のみの可愛らしいオープンカフェ「カフェ・アルテ Cafe Arte」さん。 Small, and、Always close to the distance between staff and customers、どこかホッと落ち着けるのも優しくて温かいオーナーのポップさんのこだわりがたくさん詰まったお店だからなのでしょう♪ メニューはボードに記載されているコーヒーがいただけ、 Here you will、チェンライで栽培されている珈琲豆をカフェ・アルテ用にオリジナルでブレンドし近隣の焙煎屋で焙煎してもらった焙煎したての珈琲豆を使用し美味しいコーヒーを提供されています。 This time the、コーヒー豆の味わいをストレートに楽しむために「エスプレッソ Espresso」と 少し甘いものが食べたかったのでアイスにエスプレッソを掛けていただく「アフォガート Affogato」をオーダーしました♪ こちらのスタッフとして活躍するイケメンバリスタのTonnyこと通称トノくん は「ジャパンバリスタチャンピオンシップ Japan Barista Championship」への出場経験を持ちそのために来日されたこともあるのだそうです!(凄) スタッフさんは他のバリスタさんもいらっしゃるのでいつも彼が居るとは限りませんが彼の淹れてくれたコーヒーは最高に美味しかったです♪ 「エスプレッソ Espresso」50THB(日本円にしておよそ185円) 印象的な香りと風味で柔らかなコクと程好い苦味を引き出しすっきりとした後味で何杯でも飲めそうなほどに美味しいエスプレッソです♪ 「アフォガート Affogato」90THB(日本円にしておよそ330円) 珈琲豆を細かく砕いてバニラアイスにミックスしたものにエスプレッソを掛けていただくアフォガートコーヒーのほろ苦さと溶け出したバニラのアイスが程好い甘味でコクが楽しめこれはもう最高の大人のデザートです! バニラアイスを一口食べると砕いた珈琲豆の香ばしさが広がります今までに食べたアフォガートの中で一番美味しかったです♪ 「アルテブレンド Arte Blend」250g 400THB(日本円にしておよそ1,480円) カフェ・アルテさんのオリジナル珈琲豆の販売もされていたのでチェンライの珈琲豆を購入し日本へ持って行くことにしました♪ 丁度アルテハウスさんに宿泊されていた女の子たちが隣の席で会話しているのが耳に入りわたし達が3月に訪れたばかりの台湾から旅行に来ていたことが判りいろいろな台北話やチェンマイ話で盛り上がりました! ヨガインストラクターをされているPriya ConnieちゃんとLing Lingちゃんの御2人WEBマガジンladeのフォトアルバムを見せながら、...

"Pet joke song" Thailand-style porridge jokes is a popular 24-hour Diner

Local people in Thailand who loves、旅行者にも人気があるタイ風のお粥「ジョーク Jok」そのジョークをを24時間営業で提供している老舗で大人気のお店が「ジョーク ソンペット Jok Sompet」さん。 And guide books will be sold in Japan、At popular stores such as Gourmet magazine in Thailand must be introduced as、 When was taken to Chiang Mai、是非ともお勧めしたお店のうちの1つです! 旧市街にあるターペー門からムーンムアン通り Moonmuang Rd.を城壁に沿って北に およそ800mほど進んだところにある城壁の角を左折しそこからさらに400mほど進むと左手に見えてくるオレンジの建物で黄色の看板が目印です♪ 店内は、In the open space、From yellow walls and ceiling light、 Tile patterns, such as retro pop and cute shop。 24Hours a day because、Early morning as rice and drinking alcohol at the last as locals often use。 Here you will、人気のジョーク(タイ風お粥)の他にもメニューがありどれも美味しいことで人気があります♪ テイクアウトも可能で、Outside the shop and ordered at the counter、お持ち帰りする現地民の姿も見掛けます♪ オープンキッチンで大きな鍋でグツグツグツグツたくさんのお粥を作っています。 Here is、細かく砕いたお米をじっくり煮込んで作るドロドロタイプのお粥コンギー Congeeです♪ お粥という言葉はタイ語でジョーク Jok英語ではポリッジ Porrigeといいタイでは通常コンギー Congeeと言われているお粥コンギー Congeeというのは、Is the mush type finely ground rice porridge。 In addition、メニューにはSteamed rice soupと書かれておりタイではカオトム Khao Tomという、 Smooth type left the shape of a grain of rice gruel also、Here you will、2Guests can enjoy a type of rice porridge。 While watching the menu、To order, fill in the order sheet styles、 わからない場合はスタッフさんに直接尋ねてみましょう♪ 「ジョーク Jok(チキン)」30THB+5THB(日本円にしておよそ130円) ジョーク Jok(タイ風お粥)いわゆるコンギー Congeeは、No texture of rice as a porridge of Japan、 Simmer until rice becomes mush、Looks like mashed potatoes have thick。 +5THBで卵をトッピングできるので、Nice, crush the egg yolks and stir.。 ジョーク Jok(タイ風お粥)は、 Sweet in the taste of the chicken base and the spices used properly while also、Improves the taste。 A Thailand-style porridge、Porridge of Japan more than good taste。 The White is accompanied by fried、With fried rice noodles、 食感が楽しめるので混ぜ合わせていただくと美味しいです♪ 「卵付きカオトム(チキン)」30THB+5THB(日本円にしておよそ130円) カオトム Khao Tomは、Same as a porridge of Japan、Rice shape as the Suns kept、Porridge of the smooth type.。 The palate is、コンギー...

SP chicken and whole burnt Thailand Northeast cuisine prematch famous shop

地元民だけではなく観光客にも大人気と伺った「エスピー・チキン SP Chicken」さんタイの東北料理「ガイ・ヤーン ไก่ย่าง」が有名なお店です鶏肉好きなわたし達にとってこのお店は外せないでしょう!とチェンマイはしご酒のお次のお店はこちらへ。 Shop、旧市街のワットプラシン南側のサムラン通りソイ1 Samlan Rd.Sio1を入ったところで有名なオアシス・スパの裏手になります以前のお店よりこちらに移転され“SP Chicken”と書かれた黄色い看板が目印となります店の入口では炭火ロースターが設置されており長い串に鶏を丸ごと刺して炙り焼きしており脂がポタポタと溶け落ち香ばしい香りが道にまで届きます店内は明るく庶民的な食堂のような雰囲気です左手が厨房となり、4人掛けの木製のテーブル席が10席以上用意されていますが、 20時台でもほぼ満席ととにかく人で溢れています。 On the wall、お勧め料理がボードにタイ語で書かれており「ガイヤーン1羽150B・半羽80B」と提示されています。 Price range、ここ最近で少しずつ少しずつ値上げされていっているようです注文はメニュー兼注文票を渡され料理名の脇の○枠にを付けてオーダーします日本語と英語のメニューも用意されています接客は愛想がなく笑顔1つ見せず業務的に感じるのが寂しいです毎日忙しないせいで天手古舞いといった感じなのでしょうか特に気になったのが隣のテーブルにずっと腰掛けているオーナーのお母さんの仏頂面です(怖) なるべく気にしないようにしてはみましたが視界に入ってくるので致し方ありません。 If、美味しく楽しく食事を楽しみたいものです「シンハー SINGHA(L)」70THB(日本円にしておよそ260円) タイビール「シンハー SINGHA」は、 1933Born in Thailand in the year、Was admitted to the Royal historical premium beer。 It appeared in ancient mythology "Singha" and "lion"。Most are brewed from milking、 Beer joined the distinctive and rich taste、 アジアンスタイルならではのバランスの取れたスパイシーな味わいです♪ 「ソムタム」40THB(日本円にしておよそ150円) ソムタムとはタイ風パパイヤサラダです。 In Thailand、ソムタム(パパイヤサラダ)とガイヤーンを一緒に食べるのが基本のようですソムタムとはラオスやタイの東北部(イサーン)の郷土料理ですがタイ全土で好んで食べられています成熟していない青いパパイヤをスライスし「クロック」と呼ばれる臼のようなものでインゲン・トマト・ニンニク・ライムと一緒に叩いて潰しナンプラーや唐辛子砂糖などで味付けします他にもピーナッツや干しエビ沢ガニなどを入れる場合もあります。 The palate is、パパイヤのシャキシャキとした食感が何ともいえず辛さが刺激的で癖になるサラダです! お店によっては激辛なものもあるのでオーダーの際に「辛くしないで下さい(マイ・トン・ペッ)」とお伝えすると良いでしょう♪ 「ガイヤーン(ハーフ)」80THB(日本円にしておよそ300円) この店の名物料理でもある、Prematch。 ガイヤーンとはタイの東北料理のひとつで一晩タレに漬け込んだ丸鶏を炭火で焼いたものタイ語で「ガイไก่」は鶏「ヤーンย่าง」は大きめの食材をじっくり焼くことを表します丸鶏の炭火焼きいわば日本でいう焼き鳥です。 2種のタレが付いてきます。 1One is、スイートチリソースで、Another one、唐辛子が利いたスパイシーなソースです焼き立てなので美味しくないわけがありませんがわたし達の期待値が高すぎたのかもしれません日本の焼鳥でもどちらかといえば塩味が好みなわたし達。...

Northern Thailand dishes "fun pen" antique-style restaurant

Northern Thailand dishes delicious eaten in Chiang Mai famous still store and speaking、 リーズナブルな価格帯で北タイ料理を提供される老舗レストラン「ファン・ペン Huen Phen」さん。 This is been in business for more than 40 years.、The day my mother、At night sons are engaged in family-run shop。 So popular is the stranger in Chiang Mai、 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドのグローイさんにもお勧めされましたが、 And always crowded with tourists、週末の夜は予約することをお勧めします♪ 昼は美味しい「カオソーイ」を食べにやってくる地元民で賑わい、 Change atmosphere in the evening,、In the relaxed atmosphere of the restaurant, a popular destination with tourists。 During the day、ペンお母さんがお店のテラスで営業し夜は息子のプームジャイさんがレストランを営業されていますペンお母さんは、40Year and more than manage a shop、 At lunchtime、Northern dishes and Curry、So have treatments at very reasonable prices。 アンティーク雑貨が好きな息子のプームジャイさんが少しずつ集めた器や 店内の家具や装飾品にもところどころアンティークが散りばめられており食事をするにも楽しいお店です♪ 旅行ガイドブックにもよく掲載されているほどの人気店なため、Thailand who not only tourists but also popular is located。 Even to this day many tourists in front of the store and sense columns in the waiting state、 Waited for about 20 minutes or so after writing the name。 ペンお母さんの息子のプームジャイさんは元々アーティストで、 To former friends have come a long way、So in northern Thailand is itself not had hospitality。 And development of the event、1986As a restaurant serving dishes,、Working mother and reopened with each other。 The Lanna Kingdom、Is the time Burma and Laos with the territory.、 Here you will、They offered many menu based on characteristics of the cuisine of neighbouring。 Shop、かつてプームジャイさんが世界を旅行している際に集めた骨董品で飾られています♪ こちらのお店は、So famous is the platters say hors d'oeuvres Muang。 In the center of the platter、Name prick num (based on pepper and Eggplant Dip)、 And then set the name prick on (not spicy dip pork and tomato)、 Around the Cape and Mu (fried pork skin)、Siwa (Chiang Mai sausage)、 Name (fermented sour and hot sausage)、 MU-Jong (Chiang Mai-ham)、MU Tote (fried pork)、This dish was with rips and boiled vegetables is。 This time the、Another ladder will be there.、Stop the platters、別の料理をアラカルトでオーダーします♪ 「Changビール」80THB(日本円にしておよそ300円) タイでもっとも人気のあるビールのシンハー(ビア・シン)と双璧を成すビール。 1998Won a gold medal in international beer contest、タイビール特有の強い苦味が特徴です♪ 「サイウア」80THB(日本円にしておよそ300円) サイウア(チェンマイ・ソーセージ)もタイ北部の代表的な料理の1つで、 In a spicy sausage with herbs、Taste may vary by store。 Things spiral、As baked on the Web.、 Easy to eat bite-size cut and provides us with。 Is a unique spicy、癖になる味わいでビールに良く合います♪ 「ナムプリックオン」50THB(日本円にしておよそ190円) ナムプリックは、In Thailand as in glutinous rice and vegetables, eat traditional paste、 That is, there are so many different types of cuisine。 At the restaurant here is eight name prick.、 This tomato-based、Put Minced pork, rich name prick on order。 There are some hotness、And mellow in tomato sauce、 Will be reasonably priced, easy-to-eat with vegetables and dip。 野菜がたくさん摂れるこの料理はヘルシーで大好きです♪ 「ヤムジンガイ」85THB(日本円にしておよそ320円) タイ中部の料理は新鮮なハーブを使ったものが多いのですが、...

Holding the son pet market Chiang Mai old city residents food kitchen of market

Chiang Mai city、 And the old town was surrounded by walls on all sides that the cardinal、And made a new town spread around、 Across the moat and inner and outer road、Each one is way。 Inside the moat is the old town。 ゲストハウスの「アルテ・ハウス Arte House」からはお堀の内側を通っているムーンムアン通り Moonmuang Rd.が近く、Walk 1-2 minute walk。 Immediately、周囲を散策してみましょう♪ 旧市街の一辺は、Is said to be approximately 2 km、Surrounded by a moat surrounding the。 Is a water and dig therefore、Though the endless summer in Chiang Mai、何処か涼しげで趣きがあります♪ ムーンムアン通り沿いには屋台がたくさん出ており賑やかです♪ ソイ6 Soi 6を入っていったところに「ソンペット市場 Sompet Market」があります。 The market of wooden buildings dating back more than 50 years ago、 In the diet of local people to support the presence of kitchen、Is a small little market that is loved by locals。 In the alleys of the market in the neighborhood is plenty of cheap guest houses、Will be a lot of backpackers area。 Mornings and evenings、Albeit the travelers and locals、And filled with the exotic atmosphere of the lively。 As a result、Recently in this area、More stylish hotels and guest houses、 As a result、カフェや小さなギャラリーなどが次々とオープンしているのです♪ ソンペット市場は、Small scale while awash in food products such as fruits, vegetables and household goods。 Also tropical fruits has been piling up、観ているだけでも幸せな気分にさせてくれます! 中にはお肉屋さんや乾物屋さんなどもあり一通りの食品が揃います♪ ソンペット市場周辺のムーンムアン通りソイ6には、 A stylish Café and bakery I、There are a lot of unique grocery store。 こちらの「ダー・ベーカリー・ハウス DA’s Bakery House」は、 Foreigners are staying in guesthouses and popular、 Morning、Recommend the banana bread freshly baked croissants and cinnamon rolls、Baked goods are sold。 美味しいオリジナルのブレンドコーヒーも一緒に楽しめます♪ ダー・ベーカリー・ハウス DA’s Bakery House 所在地:37/2 Moonmuang Road, SOI 6 | Sriphoom, Chiang Mai, Thailand TEL:+66 53 289...

Features a cosy Guest House is a versatile owner "arthouse" space and Gallery

Located in the historic center of Chiang Mai、カフェとアートギャラリーを併設するお洒落なゲストハウス 「アルテ・ハウス Arte House」さん。 From tha PAE gate is located at 5 minutes by car.、Access is good。 Guest House 6 rooms all in all only 1 room is、 何と!およそ4,000円(税・サービス料込)と破格のお値段でとても良心的です!(驚) 大変人気なゲストハウスのため予約はなるべく早めにされることをお勧めします♪ ゲストハウス前に併設している6席のみの可愛らしいオープンカフェ「カフェ・アルテ Cafe Arte」では、 The professional Barista Rai beans of freshly brewed coffee、 Guests can enjoy light snacks、宿泊者のモーニングなども有料でこちらで提供しています♪ オーナーのPop(ポップ)さん(1970年生まれ)は、With a versatile artist born in Bangkok、 こちらのゲストハウスを2013年にオープンされておりこちらの建物自体も自身でデザインされているとのこと! こちらでの会話は、Basic、In English or Thailand origin.、 とても温厚で人柄の良いポップさんを始め、Staff your wife also got to also meet as friend、 He welcomed the guests from abroad warmly。 ポップさんがお勧めする美味しいコーヒーは後程紹介します♪ 庭には、There's huge plumeria tree、In the shade or under the umbrellas on the terrace、 Because of the natural and open space、 Other visitors world-wide communication comes naturally。 Here you will、Staff who has been a resident、 Luggage storage and daily housekeeping、Free bike rental、While free parking place rental services、 さらに観光ツアーの情報などもいろいろ相談に乗ってくださいます♪ 1階のフロントスペースでは、 Centre Art Gallery、Is always interacting with the art works were freely available。 Works、ポップさん自身が撮られた写真やポップさんが描かれた画、 In addition to the、ポップさんの友人たちが創り上げた陶器やオブジェなどの作品たちが多く並びます。 Favorite works is available can be purchased、 Occasionally, there is、作家さんのイベントなども開催されています♪ 何とも個性的な表情の味のある作品はつい微笑ましくなってしまうような力の抜け具合(笑) こちらもポップさんの友人の作品です♪ ポニーに乗った可愛い蝶の天使のような女の子を描いた作品はポップさんの作品ですポップさんは、In artists、In the architects and designers、 Painter、フォトグラファーでもある多才な才能をお持ちのようです♪ 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドのグローイさんが見守る中、 Check in and check out at the front desk。 グローイさんとドライバーのノーイさんとは、Once here and then goodbye、 For Chiang Mai last day day of you to / from the airport、The next day will meet here。 Staff here and we are、プーベアー Poohbeerさんです分からないことやゲストハウス内のことは彼女に問い合わせましょう♪ 2階がゲストルームとなりますとろこどころに置かれているアート作品がまたユニークです♪ ヘリンボーンの床に置かれたモノクロ写真はポップさんが撮られた作品でセンスの良さを伺えます。 Filled with charming wood doors、Double lock and key is inside the。 Cosy cotton curtains and wind up carrying、White, clean and rooms、 Is there enough bed they filled most of the room size、 Simple and good sense of space、気持ちが良いです! 備付けには、Set of small tables in the closet、Wall-mounted flat-screen cable TV、Free Wi-Fi、Is the air conditioning.、...

Custom "Paduan tribe" brass ring around the neck called Karen due to mountainous minority

「ロング・ネック・カレン LONG NECK KAREN」という看板を掲げたこちらが、 In minority mountainous areas、通称”首長族”の「カレン・パドゥン族」が住んでいる村となります。 Got a custom long brass ring around the neck、首が長く見えることから”首長族”と呼ばれています”首長族”とは、Of course, the official name not、 In one of the tribes belonging to the Karen、正式部族名は「カレン・パドゥン族」です。 Place、Become a village named Baan ton Luang approximately 30 minutes from the Mae Rim Chiang Mai city、 Here is、入村料1人当500THB(日本円にしておよそ1,850円)が必要です「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんのツアーでは、 Guided half-day courses and、Speaking in Japan, local guides with.、 先ほどの「バイ オーキッド&バタフライファーム Bai Orchid and Butterfly Farm」とのセットツアーで、 2名で1,480THB(日本円にしておよそ5,500円)で入村料込みとなるため大変お得です♪ 観光地として名所にもなっている「カレン・パドゥン族」の村では、 By using many of the tourists、Different ethnic groups living in this neighborhood has a business at the entrance of the village。 こちらはアカ族(Akha)のお母さんで「カエリヨッテネ~♪」と大変日本語が上手でとっても営業上手です(笑) こちらもアカ族ですが、The Akha of Thailand、By the costume、 C b Akha tribe (U Lo Akha)、Of spatial Akha (Loimi Akha)、There are distinctions of u BA Akha (U Bya Akha)。 Black mother of the Pinko family dental、いつも檳榔(びんろう)という植物を食べているからなのだそうですが、 The young women of the Akha、Ashamed of black teeth、Is not eaten today。 In Japan until the end of the Meiji period、女性のお化粧として「お歯黒」という習慣がありましたね♪ ラフ族の民族衣装は、Colorful and reminds me the parentage and lisu、 Wrap skirt with a black two-piece style。 Black or blue、Such as green fabric on the hem around and characterized by costumes with red lining in sleeves、Often velvet material。 ヤオ族は、For immigrants from the Chinese ethnic group in cold region、 Women's clothing、And in a climate of Thailand is likely at first glance we as in triumph。 Red collar fur wearing.、Thick dark-blue jacket、 And、Glamorous monpe winds with a small cross stitch Embroidery trousers、 Is like a turban wrapped around the detailed embroidered thick cloth on the head。 パローン族の民族衣装の特徴は、Nothing else、この腰に巻きつけた飾りのチャンピオンベルトです! パローン族は、Myanmar's Shan ethnic minority living in the area of that State's Sean wee、 自らの族名を「ダラアン族」と呼んでいますパローン族のお母さん パローン族の若き母と赤ちゃん 様々な山岳民族のショップを抜けここからが首長族の「カレン・パドゥン族」の住まいとなり、I live about 40。 At the entrance、Karen panels decorated、See the Memorial taken tourists sight。 More than you imagined、And far more tourist destinations of、少し驚いてしまいます(笑) 壁は竹で、The roof is thatched timber stilt house。...

"By orchid & butterfly farm" beautiful colorful orchid and Butterfly dance

Throughout the year、Chiang Mai land blessed with various flowers bloom。 Also among Thailand's specialty、一際鮮やかな美しさを見せてくれる蘭の花を栽培している蘭園 「バイ オーキッド&バタフライファーム Bai Orchid and Butterfly Farm」。 In suburban Mesa, Merten district of Chiang Mai、 There's Orchid Garden (Orchid farm) and butterflies (butterfly farm)、 Here is、「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんのツアーで 「メーサ・エレファント・キャンプ Maesa Elephant Camp」とセットツアーになっています♪ 入口チケット売り場では生花の蘭を胸元に飾るコサージュとしてプレゼントしてくださいます♪ 先ず、Souvenir counter is to see the、You can find samples of accessories made from orchids and butterflies。 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドである グローイさんが案内してくれるのはここまでで「好キナダケミテキテクダサイネ~♪」と、Thanks for waiting near the entrance so、 園内は自由行動となります♪ 色鮮やかな蘭のブローチやペンダントトップは、Orchid flower-motif glass products and thought.、 All、While using real orchids、Cover with enamel surface of the Orchid、 その美しい状態を特殊加工で保持されているとのこと!(驚) どれひとつ取っても同じ形、Because of the same color,、Accessories only one in the world! Seems to be。 Here you will、How to process、細かい案内版も掲示されています♪ こちらの蘭園は、Over the years so blooming orchids of various kinds at any time of the year。 In various types and colours、Carefully watching the difference、写真に納めたりする観光客の姿を目にします♪ こちらでは、Many types of orchids grow、Has been sold、Also、Done research for the development of new species every day。 White and pink、Yellow on blue、Purple、In a variety of colors, such as Brown、 With the addition of subtle color tints、Vivid colors Dunhuang and and crab feeding Magnolia flowers。 So more thought is a small Orchid Garden、So take time to observe them over time。 In the depths of the Orchid Garden、Is bird-watching.、 The chains jingling of entrance、 シンガポールの「チャンギ国際空港 Changi Airport」のバタフライ・ガーデンのような造りです(笑) 温室造りとなっており、In、花々の間を飛び交う熱帯の蝶を見ることができます♪ 熱帯特有なのでしょうか? 両手の平を広げたほどの大きさの蝶には驚きました! 一瞬、Seemed like a fake like object d'art.、 Seeing, breathing gently moving wings is apparently real。 Truly speaking this size、Up close to show、ややリアルに見え過ぎて怖いです(笑) 小学生の頃に大活躍した「ジャポニカ学習帳」のような1枚です(笑) 静かに羽を閉じたり、Open、Butterfly who graciously spend。 Beautiful Butterfly shades natural are understandably、南国に咲く花の種類にもうっとりと心癒されます♪ 蘭園内にはカフェも併設されているので、Should be 1 rest if you are tired with the warmth of the greenhouse。...

Mesa elephant camp experience! Elephant riding excitement to Bamber rafting

「デュシット・プリンセス・チェンマイ(ロイヤル・プリンセス・チェンマイ)」に朝早くお迎えに来てくれた 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドであるグローイさんと この日のドライバーは初日にもお逢いしたノーイさん。 On this day、The tour heads、象と触れ合える貴重な体験ができる 「メーサ・エレファント・キャンプ Maesa Elephant Camp」です♪ チェンマイ市内から北上しおよそ30分~40分のところに位置しているメーサ・エレファント・キャンプ。 Elephant riding、Ox Cart experience、Elephant show、そしてランチブッフェにバンブーラフティングと 盛り沢山なイベントを半日で体験できる素晴らしいツアー内容です【チェンマイハッピーツアーがladeに提案してくれたこの日の日プラン】 ロイヤルプリンセスホテルお迎え→エレファントサファリ(ランチ込)→蘭園→首長族の村→アルテハウスへ送迎 料金:2,950B×2名様=5,900B(日本円にしておよそ21,830円) 山の上という立地ということもあり、 Start of the day was paratsuku rain, though the weather in tours。 He had baggage tiny folding umbrella、 大きな傘をチェンマイ・ハッピー・ツアーの現地ガイドであるグローイさんが貸し出してくださいました! 何から何まで気の利く素敵な現地ガイドさんです♪ 小雨がパラつくのでグローイさんがレインコートを購入してきてくださいました。 As noted as the equipment before the elephant ride、 象さんの背中はとても良く揺れるので命綱のためにも柵の持ち手をきちんと持てるように両手はきちんと空けておきましょう。 As a result、Recommend shoulder bag。 Those that can afford to take a photo with a camera、カメラベルトで首からきちんと吊るしましょう! 携帯は揺れに耐えれず落としそうになるので割と危険です・・・それほど揺れるのです。 One's feet、Depending on the weather、Rain off the top of the mountain again because、 The ground very slippery with mud、There should be taken。 基本的には汚れても良い服で出向くのがベストです! 動物園以外で間近に象さんを観るのは初めてのことですが、 Elephant watch in very large、象使いの人が小さく見えるほど! しかし、The elephant crushed was a cute eyes、とても大人しくお利口です♪ 象さんの背中には木製の荷台が取り付けられており、 The top of the back of an elephant、地上から2.5~3mの高さにも及ぶので、The first courage is needed、 The character of the elephant、In the mild-mannered, well accustomed to people、きちんとスタッフさんの言う通りにすれば大丈夫です♪ およそ30~40分ほどの象乗り体験スタートです! 象使いは、Since ancient times from studying elephant training and upbringing in the traditional elephant textbook、 Adopts a communication with Thailand Word and gesture。 象使いのドゥーンさんが呑気に鼻歌を歌いながら山の小道をゆっくりゆっくりと進みます画像では移りませんが実際の象さんの背中は上下にとても揺れるので正直最初は乗り心地があまり良くなく落ちそうな感じがして心配になります。 When、象使いのドゥーンさんが 「ダイジョブダイジョブア~ジノ~モ~ト~♪(味の素)」と意味不明な日本語で声掛けしてくれます(笑) 象さんの名前はパァくん()16歳人間でいう30歳ぐらいの年齢ですパァくんと声掛けすると「パオ~ン」と鳴くように躾けられているようです!(驚) 象使いのドゥーンさんの声掛けで川の中も難なく侵入するパァくん! わたし達は命綱のような柵に必死に捕まっていても振り落とされそうな振動が伝わるのにどうして象使いさんは何も装備せず身1つで象さんの首に乗っていられるのでしょう!? 幼い頃から1匹の象さんには1人の象使いが付くと聞きました所謂仕事のパートナーとなるのですバランス能力が優れた身体能力も素晴らしいものですが信頼がおけるパートナーだからこそなのかもしれません川渡りを終えたところで象使いのドゥーンさんが象さんから降りて、 And pass on their mobile、Will we ride on the elephant for a portrait。...

Thailand cooking "Lemongrass" Westerners are very popular! In the Japanese tongue so fit!

チャンクラン通りから角にマクドナルドがある交差点からロイクロ通りに入り徒歩数分のところにある タイフード「レモングラスLemongrass Thai Restaurant」さん現地ガイドのグローイさんにお勧めしていただき海外(特に欧米)のガイドブックでも良く見掛ける有名店で美味しいタイ料理と評判のお店です遅掛けに伺ったおかげで若干の空席が見られましたが食事時に足を運ぶと欧米人の観光客で列を成すのだそうです!(驚) こちらのオーナーさんであるGor Navachaiさんはアメリカ合衆国アラスカ州の中央部に位置する都市フェアバンクスにて タイ料理店をされているお父様からレシピを学びこちらのお店をオープンされています♪ 店内に入って先ず驚くのが四方八方の壁一面の落書き(?)サインの賑やかさ(笑) 雰囲気としては屋台より清潔感もあり安心して食事が楽しめる空間だと思いますメニューブックを見ると一品もの、Noodles、ご飯ものと品数も揃っておりますがチェンマイのレストランの平均価格よりかは若干お高めといった感じです。 Still、一皿数百円の世界ですけどね♪ 「レモングラスパッタイ Lemongrass Phat Thai」95THB(日本円にしておよそ350円) 米麺のもっちり感と甘味、Sour、Spicy、Good balance of flavor、海老は見事な火入れでプリップリ! 今まで食べたパッタイの中で一番と言っても過言ではないほどにわたし達好みのパッタイに出会えました!(嬉) タイでは通常40~50THBで食べれるパッタイですがわたし達にとってこの95THBは特別高いとは思いません♪ 「カオソーイ チキン Khao Soi Chicken」95THB(日本円にしておよそ350円) カオソーイは生麺と揚卵麺の2種類の麺と濃厚なカレースープのラーメンで、Our favorite ones.。 Enjoy a taste of fried noodles and crunchy and a little soft eyes flat thick noodles、Fried noodles first curricula and texture often、 In corn flakes and blend in the soup "and will" show、2Will feel the taste of the street。 Chiang Mai's distinctive cuisine.、It is said originated was originally made by India who lives in Chiang Mai。 程好い刺激の辛さではありますがココナッツミルクでマイルドになっておりコクがプラスされとても印象に残る美味しいカオソーイですカオソーイには2つのタイプがありラオス風とタイ風とありこちらはタイ風です先日有名店と伺った「カオソーイ・ラムドゥアン2」もタイ風でしたがその味わいが霞んでしまいそうな勢いです♪ 一皿は決して大きな器ではないので軽くいただけそうなボリューム感ですこういうお店では大勢で行っていろいろなものを少しずつ味わってみたいですね! チェンマイにまた訪れた際には必ず足を運びたいお店です♪ 誰が始めたのかもわかりませんが多くの来店者がまるで寄せ書きのように一言ずつ認めている壁の落書き(笑) もう書くスペースが無くなってきているせいかテーブルの上に乗り天井に書き始めた外国人の姿がありました!(驚) 流石にこちらはまだ食事中だったのでマナーが悪いな・・・と思ってしまいましたが旅先の大切な思い出作りということで大目に見ることに致しましょう(笑) 左手に見える一文字の「侍(さむらい)」そして「ドラえもん」の似顔絵これは日本人の仕業でしょうか? あなたもこのレストランに訪れた際に何か記念に残すのも一興かもしれません。 Now、明日も「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんが朝早くにお迎えに来てくださるので、 Return to the hotel、ゆっくり疲れを落として明日の「メーサ・エレファント・キャンプ Maesa Elephant...

Scroll to top