Thailand cooking lunch home Chiang Mai born "Rattana' spicy chef

Speaking of Thailand Restaurant famous for its Hamamatsu、初生のニトリ近隣のテナント一角にある「Rattana Thai Restaurant ラッタナー」もその内の代表格です! 当初、2010Is opened in June as the taystee "Rattana.、After that、タイ料理を振る舞う「ラッタナー(Rattana Thai Restaurant)」として営業を開始! ”ラッタナ”とは水晶玉のことで、"Rattana" has a meaning of cute women、"Rattana" became heavy in Buddhist terms、Could not be used to serve liquor store、It is named "Rattana" with。 Niparatt, owner、Further north from the city of Chiang Mai in Thailand's ancient capital, Sangam go from vane (Chiang Mai)、Chiang Mai food in Japan is rare and。 In her parent's home、Chiang Mai style sausage Siwa (spinning out and sausage coil that) of out in the family business manufacturing and selling、From childhood, and making、美味しいサイウアを「ラッタナー」で提供! かつてニパラットさんが松本市で営業していた「レストラン・ホントン」は、Staff are popular as people come through from Tokyo over the weekend.。Have been away for a while、2009Since opening as a hobby to Thai Festival across the、It is acclaimed。In arm's made a matrix of best and famous shops from around the country gathered in Yokohama Thai festivals especially during、Is that "Rattana.、わたし達夫婦の中でもお気に入りのタイ料理店となります! 店内は、Table 10 seats、4 wall counter seats are small and、2Floor seats also available、Many Japanese like Thailand started.、タイ人のニパラットさんのお友達や他国の人も集いとてもワールドワイドな賑やかな空間! 「トムヤムクン(海老スープ)」大1,500円小1,000円 世界3大スープの1つ。Tom Yam paste and Baker (ginger), Takai (lemon grass), by by Mackle (Orange leaf) flavour and aroma.。Tom Yum Goong、There are a variety of styles by store、The Tom Yam Kung here、Is characterized by deep palate with intensity of flavor and the shrimp ROE and coconut milk。Not in Tom Yum Goong NI palat, especially of Japanese study、Naturally tomjakumkun。As in spicy or mild fragrant good acidity and flavors of delicious Tom Yam Kung。辛目 favorite?、When ordering、一言”辛めで!”とお願いすると良いでしょう! 「カイジャオ(タイ式玉子焼)」600円 タイの家庭料理の中でも代表的な1品。Minced chicken or pork to eggs and onions、Put the blue onion、Over high heat, and finish the surface of。In a fluffy omelet like。Thailand cuisine is not spicy food only、If you like chili sauce like ketchup in Thailand, our、辛いもの好きやビール好きには堪らない当てとなります! 「カオソイ(チェンマイのカレーヌードル)」900円 生麺と揚麺の2種類の麺と濃厚なカレースープのラーメンです。Chiang Mai's distinctive cuisine.、It is said originated was originally made by India who lives in Chiang Mai。NI palat, paste send from your sister's cock, making authentic taste。Assortment of fried noodles and buns, pickles and Curry rich is an attraction! Flat thick noodle's noodles。That is a bit soft eyes、Often entangled in thick soup、湧kasemasu appetite。Fried noodles first curricula and texture often、In corn flakes and blend in the soup "and will" show、2通りの味わいを感じさせてくれる逸品です! 「ゲンキオワン」 750円 ゲンキオワンとは、In Thailand, minced (soup), Camo (green), the mean Green Curry in the WAA (sweet)。Stir paste ground herbs and spices of coconut milk and PLA、Sugar、Vegetables、Meat、Shrimp、Fish in addition is a cooking pot, make。The suave、I feel a mild in coconut milk、Promote sweating by the action of spices coming from、サウナやスポーツジム並みに良い汗をかきます!本当にまろやかなコクと深みのある旨みが相まって抜群に美味しいグリーンカレーでお勧めです! 「パットガバオ(バジルと肉の炒めご飯)」750円 鶏または豚が選べます。 Since I boiled fried egg、Divide yolk mixture, and eat better。League in Thailand cooking fried rice is a delicious 1。But Thailand restaurant in Hamamatsu any more than Rattana niparatt, Thailand cooking、Easy to fit the tongue in Japanese、Recommended in the Thailand cooking for beginners easy to taste I think。途中でお店自家製ナンプラーをお好みでかけると酸味とコクが増し違った味わいを楽しめます! 「文旦サラダ」 丁度、For the pledge "Buntan' and his wife will have access to a table next to the、ニパラットさんが皆さんに「文旦サラダ」をサービスしてくれました! 文旦にナンプラーを和え、Lemongrass and chili peppers、In addition, tamarind、Woman is sautéed with spicy is a nice fruit salad! Thai language! (ขอบคุณ help:ありがとう) スパイシーで癖になるタイ料理は、After catching effect to stimulate the brain and、Metabolism even better then me.、デトックス作用抜群でお勧めとなります! タイレストラン ラッタナー 住所静岡県浜松市北区初生677-5 TEL:053-523-7233 Hours of operation:Lunch 11:00-14:30、Dinner 17:00To 22:30 Closed on Mondays:火曜日...

Thailand dishes served in the sister restaurant of the mango tree "mango Chile Thailand Cafe

ネパールはパタンの市役所前にある大通りプルチョウク・ロードの交差点角地に昨年2016年3月に新しくできた大型ショッピングモール「ラビム・モール(LABIM MALL)」内にあるレストラン「マンゴー・チリ・タイ・カフェ(Mango Chili Thai Cafe)」へ!こちらは世界中の「コカ・レストラン(Coca Restaurant)」と「マンゴー・ツリー(Mango Tree)」のフランチャイズの子会社である「エクスキュイジーヌ・システム(Exquisine System)」が、2016年9月にラビム・モール内にオープンしたカフェレストランとなり市場レベルを意識しクイックサービスカフェとしてマレーシアのクアラルンプールを1号店とし成功させ、In the following、このネパールに初出店した新ブランドとなります! ライトアップされたショッピングモールは昼の顔とは違った雰囲気を見せています! 本格的なタイ料理を提供する「マンゴー・チリ・タイ・カフェ(Mango Chili Thai Cafe)」。 Shop、カラフルでポップなタイ料理のイラストを描いた壁面にナチュラルなウッドを基調としたカフェテイストのカジュアルさがありグループのような大人数でもカップルや御家族でも利用しやすい空間となります! この日の夜も無事に1日のハードな工程を終えた達成感に包まれながら皆でビールで乾杯です! 「ゴルカ(GORKHA)」ネパールを代表するビールで飲み口は軽めとなり甘味を感じるテイスト! ネパールに居ながらにしてタイレストラン!スパイシー繋がりでありながらもこの日は嗜好を変えてさらに香辛料の利いたタイ料理をセレクトしたため諸先輩の胃袋を心配しましたが皆さんビールの当てになると平らげておりました!海外旅行に慣れていらっしゃることもあるせいか体力・気力共に胃袋も丈夫な方が多いようです(笑) 「青梗菜の炒め物(Stir Fried Bok Choy)」250ルピー(日本円にして約268円) 青梗菜のシャキシャキの食感を残しつつガーリックを利かせスパイシーですが醤油の味わいが日本人には嬉しい一品! 一皿のボリューム的には2~3人前あるためシェアしながらいろいろいただきますが兎に角驚くほどの価格で安過ぎます! 「豆腐サテイ(Tofu Satay)」175ルピー(日本円にして約187円) ダイス状にカットされた豆腐を揚げてピーナッツソースでいただくタイ料理の甘辛のおつまみです!豆腐ということで罪悪感が少なく女性には嬉しいイソフラボン♪ 「揚げ春巻き(Spring Rolls)」200ルピー(日本円にして約214円) 細かくカットした野菜とマッシュルームをふんだんに用いた揚げ春巻きでお好みに合わせてチリソースでいただきます! 「スパイシーチキンバジル(Spicy Chicken Basil)」450ルピー(日本円にして約480円) 鶏胸肉の挽き肉を空芯菜と共にガーリックで炒めホーリーバジルと唐辛子を合わせたスパイシーな一品!タイでは「パッ・バイ・ガパオ・ガイ・サップ(Phad Bai Gaprao Gai Sap)」と言いますライスに合わせれば日本でも大ブレイクした「ガパオライス」に! 「タイオムレツ(Thai Omelette)」175ルピー(日本円にして約187円) タイ風オムレツは「カイ・ジャオ(Khai Jiao)」ふわふわの卵料理で野菜やチキンも入ってボリューム感がありしっかりと味が付いているのでおつまみに最適です! 「チェンマイスタイルカレーヌードル(Chiang Mai Style Curry Noodle)」340ルピー(日本円にして約364円) チェンマイ名物のカレーヌードル「カオソイ(Khao Soi)」はわたしたちがタイでハマった料理の1つで生麺と揚麺の2種類の麺と濃厚なカレースープのラーメンです!骨付きチキンも入っておりガッツリと〆のメインディッシュとなりスパイシーさが癖になります! 「グリーンカレー(Green Curry)」500ルピー(日本円にして約535円) タイでは「ゲーンキャオワーン(Kaeng Khiao Wan)」と言いゲーン=汁気のあるカレーキャオ=緑ワーン=甘いを意味するグリーンカレーは濃厚な味わいとクリーミィーさが堪らなくココナッツミルクのまろやかな口当たりが病みつきになります! 「炒飯(Fried Rice)」350ルピー(日本円にして約375円) 〆の炒飯でお腹も大満足になりながら飲んで食べての合計金額のあまりのお安さに一同驚愕!クイックリーで食べれて皆でワイワイとシェアしながらいただくにはとても楽しいレストランとなりました!...

"Rattana" summer! Home Chiang Mai born chef Thailand dishes lunch

Speaking of Thailand Restaurant famous for its Hamamatsu、初生のアピタ近隣のテナント一角にある「Rattana Thai Restaurant ラッタナー」もその内の代表格です! 当初、2010Is opened in June as the taystee "Rattana.、After that、タイ料理を振る舞う「ラッタナー(Rattana Thai Restaurant)」として営業を開始! ”ラッタナ”とは水晶玉のことで、"Rattana" has a meaning of cute women、"Rattana" became heavy in Buddhist terms、Could not be used to serve liquor store、It is named "Rattana" with。 Niparatt, owner、Further north from the city of Chiang Mai in Thailand's ancient capital, Sangam go from vane (Chiang Mai)、Chiang Mai food in Japan is rare and。 In her parent's home、Chiang Mai style sausage Siwa (spinning out and sausage coil that) of out in the family business manufacturing and selling、From childhood, and making、美味しいサイウアを「ラッタナー」で提供! かつてニパラットさんが松本市で営業していた「レストラン・ホントン」は、Staff are popular as people come through from Tokyo over the weekend.。Have been away for a while、2009Since opening as a hobby to Thai Festival across the、It got high popularity。 特に横浜タイフェスティバルでは全国から集まった有名店の中でも一番の行列を作ったほどの腕の持ち主です!そんな「ラッタナー」はわたし達夫婦の中でもお気に入りのタイ料理店となり夏場は特に汗を気持ち良くかけるスパイシーなタイ料理を身体が欲するため夏場は良く出没しています! 店内は、Table 10 seats、4 wall counter seats are small and、2Floor seats also available、Many Japanese like Thailand started.、タイ人のニパラットさんのお友達や他国の人も集いとてもワールドワイドな賑やかな空間です! この日もお気入りの「カオソイ(チェンマイのカレーヌードル)」900円と「ゲンペ(レッドカレー)」900円をオーダー! ランチタイムはパクチースープとミニサラダが付いてきます「ゲンペ(レッドカレー)」の具材として鶏肉または豚肉のどちらかをセレクトできるためいつも大好きな鶏肉をオーダー香辛料やハーブたっぷりのタイカレーの中でも「ゲンペ(レッドカレー)」は「ゲンキョウワン(グリーンカレー)」とは異なる唐辛子でスパイシーですがココナッツミルクのおかげでマイルドな味に感じます♪ 辛さはオーダーの際に辛くしてもらうこともできるので辛いもの好きな方は是非「辛め」をチャレンジしてみてください! 「カオソイ」はチェンマイ名物でもあり、Two kinds of fresh noodles and fried noodle noodles and thick Curry ramen。Enjoy a taste of fried noodles and crunchy and a little soft eyes flat thick noodles、Fried noodles first curricula and texture often、In corn flakes and blend in the soup "and will" show、2Will feel the taste of the street。 Chiang Mai's distinctive cuisine.、It is said originated was originally made by India who lives in Chiang Mai。ニパラットさんがコックのお姉さんからペーストを送ってもらって作る本場の味となります濃厚なカレースープと揚麺・生麺・漬物の取り合わせが絶妙で添えられたパクチーの香りと風味にもハマってしまいます!辛さはありますが後を引かない良い意味の辛さで美味しいです♪ 夏はやっぱりタイ料理!...

Gadgets "PHA" Thailand living experience Thailand cuisine & restaurants

長閑で緩やかな空気が流れる南の島にあるカフェのイメージをそのまま形にした磐田の雑貨&アジアンレストラン「Pangan(磐田 パンガン)」へ! 現地で直接買い付けされたタイやチェンマイ、Nepal、India、Clothes, such as Indonesia and tapestry、Accessories placed on store shelves、 Pretty and colorful and lively atmosphere、アジアンミュージックをBGMに南国ムード漂う店内! こちらのオーナーである内野千里さんはタイに在住されていた経験を活かし、But using local ingredients and seasonings、Thailand food spicy and exciting finishing Japanese tastes mild, provided、シェフである御主人の内野寛之さんと御2人で仲睦まじく営まれています! 以前、And like that as a magazine photographer to shoot several times visited the nostalgia to revisit a few years ago while visiting together、「前に撮影で来てくれた方ですよね?」とオーナーの千里さんが覚えていてくださったようで声を掛けてくださいました! この日は、3 lunch menus (drinks with 980 yen each:Excl. tax) of from "Khao man Gai set (fresh spring rolls and mini soup)" and "dry gapaolais (fresh spring rolls and fried with) 」をオーダー! どちらも前菜に生春巻きが付いており甘辛のチリソースをたっぷりと付けていただきます! しっとりとジューシィーな食感が楽しめるカオマンガイは、And only with original sauce a spicy ginger、パクチーの風味が堪りません! ホーリーバジルの香りが食欲をそそるガパオは、And tastes spicy to me、Painful as an early adopter we have "little spicy" then you、程好いスパイシー感で大満足! どちらもかなり日本人向けにマイルドなため「タイ料理は気になるけど辛いのが実は苦手という方」は是非チャレンジしてみてください♪ 食事をいただいた後に歓談を楽しんでいると、Just、For Chihuahua kept the infield and his wife, Lily was in the back yard、ワンコ好きなわたしは暫くリリーちゃんを抱っこさせてもらいました♪ わたし達も内野夫妻と同じくして、From Thailand's Bangkok and Chiang Mai favorite、Thailand situation, such as flyer、楽しいランチタイム! 最後にタイに足を運んだのは、Exactly 2 years ago。 That I haven't quite some time and so、またタイ旅行計画を立てたいと思います!...

Krung Siam oimachi, exotic Thailand restaurant nostalgia taste

The Tokyo oimachi、In the variety of food and beverage outlets、路地裏にひっそりと隠れ家的な異色の雰囲気を放つタイ料理店「Krung Siam Ooimachi(クルン・サイアム 大井町店)」があります! 鮮やかなイエローとブルーの色合いのコントラストが目を惹く建物は、19Built a mansion built in the open discernment phase at the end of Thailand's capital, Bangkok、They produce a world of beauty and Japan about Thailand、本場のタイ料理を提供されています! ランチメニューは、Main dish with appetizer and soup、1,000A special course in the yen. This time、大好きな「ゲーン・キィオ・ワン・ガイ(鶏肉のグリーンカレー)」と「カオソイ(チェンマイカレーラーメン)」を頂きます! 前菜の小鉢は、Also I bark dust and crunchy vegetables, plenty of "spring roll" and、With more finished and "Tom Yum Goong" sour soup。Is rich tasting both finished with coconut milk to mellow a dish、For relatively mild spicy、Less things to us。He told us the story staff、辛いのが好ましい方はオーダーの際に伝えると調整してくださるとのこと!次回は辛目をお願いしましょう! 「微笑みの国」と称されるタイは一昨年に行った以来ご無沙汰しておりほんの一瞬ではありますがタイの長閑で暖かな空気を感じることが出来ました♪...

For Japanese people Thailand cooking Thai restaurant "Saba Saba nut" and his Japanese wife

The Hamamatsu interchange North、浜松と磐田を結ぶ「かささぎ大橋」の通りのT路の角にある タイ料理「サバサバナッツ SAVA SAVA NUT」。 2012年7月にオープンして以来、Is gaining popularity as a Thailand food specialty shop in Hamamatsu, one of the few。 The original、The gasworks had been selling Asian goods shop、The renewed restaurant、 Japanese owners took like Thailand、本格タイ料理を提供しています♪ 入口のウェイティングスペースには、And sold to make Asian goods, Japanese writer、 In fact with a writer who uses restaurants。 Shop、Spacious seating provides room for 16 seats and slightly raised four-seat total 20 seats、 Unbelievably well in the kitchen、Filled with clean。 The owner of the、And was fascinated by the Thailand food restaurants start、 The authentic taste but very easy to eat and then arrange。 Lunch、Choose from the menu、+300At salad、スープデザート付のランチセットにできます♪ 「ガパオ・ガイ」800円(+300円でランチセット) ※鶏肉を豚肉に変更も可能。 And gapao、Refers to Holy Basil herbs of Thailand in Thailand,、Is using the Holy Basil stir fry。 Guy is、Pointing out the chicken、Gapao guy becomes = chicken with basil sauce。 Original、Using leaf gapao、By gapao (Holy basil leaves) in the same、 Chicken minced meat.、Guy = chicken、And Sapp = minced meat、 Rice = Khao、Because it will come with a fried grilled = Chi DAO、 As the official names、At first glance = FRY、Becomes a "Swish-by-gapao-guy-Sapp-rad-Khao-Kai-DAO"、 In Japan、Gapao guy of the dishes here are entrenched in the name stands for short。 Since I boiled fried egg、Divide yolk mixture, and eat better。 League in Thailand cooking fried rice is a delicious 1。 This gapao guy is、辛さも控えめでマイルドなのでタイ料理初心者や日本人向けの味わいです♪ 「ゲーン・キャオ・ワーン」700円 未熟な青い唐辛子を使用したカレーで、In Thailand, minced (soup), Camo (green), the mean Green Curry in the WAA (sweet)。 The ingredients、Fried eggplant、Bamboo shoots、Chicken、Contains mushrooms。 Stir paste ground herbs and spices of coconut milk and PLA、 Sugar、Vegetables、Meat、Shrimp、Fish in addition is a cooking pot, make。 The suave、I feel a mild in coconut milk、Encourage sweating in the spices come from after effects。 Here's Green Curry、Stand out with mild heat、 This is less thick, silky's soup Curry。 Think favorite is divided、やはりタイ料理初心者にはお勧めかもしれません♪ セットに付くサラダ「ヤム・ウンセン」 セロリ、Onion、He got a cloud ear mushroom, etc.、In Thailand is hot and is eaten sour vermicelli salad。 In Thai、Yum = toss、The meaning unseen = vermicelli。 Bean thread salad boiled minced meat pork and seafood、Onion、Celery、Mathew、In addition, the PLA、Put the coriander at the end。 Here you will、For those who are afraid of coriander、 オーダーの際にパクチー乗せの確認を取ってくださるので良心的ですね♪ セットに付くスープ「ゲーン・チュー・トーフー」 ゴロゴロッとしたサイズの肉団子が2個と、Vegetables、豆腐の入った優しい味わいのスープです♪ 「カノムモーケン(タイ風プリン)」 タイでは、Is one of the favorite made with Taro dishes in。 And finish the light green beans here、Coconut milk、Palm sugar is used。 しっとりとした食感で日本でいうプリンとは全く異なる食感です♪ サバサバナッツ SAVA SAVA NUT 住所静岡県浜松市東区笠井町1489-7 TEL:053-545-3842 Hours of operation:11:00-14:00...

"Lahn Guyton pratunam" Bangkok's most famous Khao man GAI's real food!

タイ料理の中でも人気の「カオマンガイ(タイ語ข้าวมันไก่)」。 Put chicken boiled rice with Dashi broth boiled chicken and went on、It is food for the soul of Thailand over the sauce and eat。 Less fond of that easy-to-eat、Also one of the dishes fit the Japanese tongue。 In Bangkok、There are many edible Khao man Gai shop、 その中で最も有名なお店が プラトゥーナムにある「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム Raan Kaithong Pratunam」です。 Everyone's clerk、ピンクのポロシャツを着ていることから「ピンクのカオマンガイ」と呼ばれ、 Local people started.、May be featured in travel guides、Tourists are also popular shopping。 バンコクで大人気の「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム Raan Kaithong Pratunam」は本場タイ屋台料理カオマンガイ専門店「ガイトーン」として、 Now landed in Japan、 Tokyo、Osaka、Has deployed four stores in Fukuoka.。 Even though the State is open most hours from morning until midnight except a little time、 Always popular, is a thriving shop。 Breakfast time、Around noon、Evening、Dinner hours、For more people、Be prepared to line up in front of the shop。 Fast food is served here and、Our meal times are early for、Rotation of turnover is very fast、 Even if the matrix、You can ensure the seat within 10 minutes of。 Lined up in columns and、Invokes the clerk from the beginning, will guide you to a seat。 If the couple、1Seats 4 people-will be vacant seat for six。 Locals living near the、Often people can get crowded to the take-out at。 こちらの「ピンクのカオマンガイ」のすぐ近くには「緑のカオマンガイ」もあります!(笑) 正式な店名は「クワンヘン・ガイトーン・プラトゥーナム」。 Here you will、So called because clerk wearing a green polo shirt。 「緑のカオマンガイ」は1932年創業で、1960年創業の「ピンクのカオマンガイ」より老舗となるのですが、 Against the lie or the truth or green、And if you start wearing a pink polo shirt is pink become famous。 Who wants to watch eat both、食べ比べするのも面白いかもしれません♪ 店内は、For the priority seating space、Such as storefront stalls was seen cooking in the place、 The smell of chicken were piled high are filled with storefront。 The menu is、Khao man Gai、Chicken 胗、Chicken liver (liver and gizzards)、Chicken thigh、Chicken breasts、Chicken wing (assortment of thigh and breast meat and chicken wings)、 Include the HK Chinese old duck bath (duck and mushroom soup)。 Drink、Kohler、Pepsi、And a tea、Are each 10 THB。 The clerk、Because there are more conversations in Thailand、By pointing to the menu, ordering at the touch。 "Khao man Gai (Thailand language:ข้าวมันไก่)」40THB(日本円にしておよそ150円) 「お茶」10THB(日本円にしておよそ40円) 「カオマンガイ」は、In the southernmost tip of China and Hainan Island、In food has been popular in other Southeast Asian countries、 On top of rice cooked in chicken broth、Put the boiled chicken、Ask any sauce dish。 Carefully selected fresh chicken、To adjust the degree of fire、Finish and moisturize。 And put the original source、Unique flavor is spread.、It is quite painful。 And use in Thailand cuisine familiar fragrant jasmine rice.、 In that I cooked in chicken broth in boiling chicken、To flavor rice。 The original source、Miso in Thailand、Soy sauce、Mixed with black vinegar sauce、Is seeking a distinctive deep in ferment。 Ginger in garlic、Almost as though such as pepper flavor、There are a little sour。 Will be accompanied by also coming out with a steamed chicken broth soup "Nam CIM"。 Is there a simple dish、Original source and lighting help、 For different taste in boiled rice、お店により違った味わいが楽しめます♪ ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム Raan Kaithong Pratunam (ピンクのカオマンガイ) 住所:...

2015 winner 7th Thai restaurant "nahm" of Asia's 50 best restaurants

バンコクのサトーン・タイ通り Sathon Tai Roadから少し奥まったところに入るとスタイリッシュなデザインホテル「メトロポリタン バイ コモ Metropolitan by COMO」があります。 2003年のオープン時に「バンコクで最も先鋭的なホテル」としての称号を得て、 In Bangkok will certainly continue to evolve is the epitome of the Star 5。 MRTのルンピニー駅 Lumphini Stationより徒歩5分圏内に位置しています。 Under the British-born hotel brand、In COMO group run by founder、 「ボンド・ストリートの女王」との異名をとったシンガポール人のクリスチャン・オンが1991年よりホテル経営をスタートファッション業界で育まれたクリスチャン・オンの美的センスはバンコクの「メトロポリタン バイ コモ Metropolitan by COMO」にも息付き、Timeless design using themes。 Without being overly trendy、Universal design without fading may therefore feel calm relaxation。 Hotel COMO group eco to consider、From the staff to focus on、 Often, the renovation of existing buildings rather than new、 Hotel is was originally a YMCA。 The look is a simple modal、Step foot into the hotel and、The stylish lobby greets。 「コモ・ホテルズ・アンド・リゾーツ COMO Hotels and Resorts」が手掛けるこのホテルはロンドンの「ザ・ハルキン・バイ・コモ The Halkin by COMO」のスタッフが 「ジョルジオ・アルマーニ Giorgio Armani」の制服に身を包んでいるのと同様にここでは「コム・デ・ギャルソン COMME des GARÇONS」のデザインを身に纏うスタッフの姿が観られます。 The first uniforms、「山本耀司 Yohji Yamamoto」がデザインしています。 In the 171 guest rooms hotel、1Is to maximize one guest satisfaction、 ホテルオーナーであるクリスチャン・オンのこだわりでもあるのです。 1200Square one space from traditional Thailand-therapy wellbeing massage、 Comfortable and relaxing treatment rooms、Yoga Studio、Ranging from a health club、 Offers a full range of services to fulfill guests ' well-being and beauty。 We met in the lobby of the hotel、バンコク在住の日本人女性のSachikoさん。...

"The Siam" Let's make a delicious Pad Thai cooking school!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の最後の3品目はこちらも大好物の「パッタイ PHAD THAI」です! それにしても中華鍋が重過ぎて大根腕のわたしでも片手では持ち上げれないのですが・・・大丈夫でしょうか(笑) パッタイは米麺のため熱を入れる時間との勝負です! 重たい中華鍋を片手で軽々と持ち上げるダムリ先生。 First of all,、Heat the wok、From the heat of it.、と教えてくださいます♪ パッタイで初めて油を用います。 Think of it、Thailand cooking、Without using too much oil、 野菜を多く取り入れるためヘルシーだと聞いていましたが本当ですね! 中華鍋全体に行き渡るように油を回し入れます。 First FRY and shrimp, the burning。 The material is、Peeled Shrimp、Dried shrimp、Egg、Bean sprouts、Chinese chives、Red onion、Thailand tofu、Peanut, etc。 there、Tofu red onions and Thailand、Pickles、Put dried shrimp。 卵を割り入れます 素早く卵と混ぜ合わせます パッタイヌードル(センチャン) パッタイヌードル(センチャン)と具材が良く混ざり合うように中華鍋を振りながら火入れしていきます! そこへ、Pad Thai sauce was mixed in advance (PLA、Tamarind juice、Palm sugar、Chile oil) on the。 And、Swing the wok at once pretty quickly、混ぜ合わせていきます! パッタイヌードルがしんなりしたら、Finally, bean sprouts and Chinese chives、Peanut was in addition and FRY。 あっとういう間にパッタイの完成です!これは早いです! 「パッタイ PHAD THAI」 センチャンという細麺のパッタイヌードルを用いたダムリ先生のパッタイは、 Sweet and sour taste is rich, is rich.、とても美味しい仕上がりです♪ 2品目までは、2One and then use the fire、But at the same time making、 The Pad Thai、Quickness becomes the premise for、ダムリ先生が作ってお手本を見せてくれてから、And I challenge。 Very heavy wok THUMP my whole body、時間との勝負に挑戦です! 両手で何とか持ち上げて完成させることができました! ayaco作「パッタイ PHAD THAI」器年輪シリーズ パッタイは「釋永岳 Gaku Shakunaga」くんの年輪シリーズとコラボレーションさせていただきました! ピーナッツをパラパラと振り掛けて、Presentation of the dishes and give a little twist、 ダムリ先生からもお褒めの言葉をいただきました!(嬉) ダムリ先生の素晴らしい指導のもと、3品の料理を小1時間ほどかけて作り上げることができました! 「ラープガイ LARB GAI」器漆黒シリーズ 「トムヤムクン TOM YUM GOONG」 「パッタイ PHAD THAI」器年輪シリーズ...

"The Siam" Let's make authentic Tom yum cooking school!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の2品目は本場の「トムヤムクン TOM YUM GOONG」です! トムヤムクンは大好物なので自分で作れたら嬉しいですね♪ 材料はこんな感じで、By Mackle (Cobb Orange leaf), lemon grass、 Ginger of Japan,、Cars in Thailand (galangal Galangal in the United Kingdom、China Southern Kang nannkyou)、調味料などが並びます♪ 「トム (ต้ม)"The Cook、"Yam (ยำ)"The mix、"Khun (กุ้ง)"The shrimp。 トムヤムクンには欠かせない大きな海老が入ります! カーを包丁で叩き砕きます レモングラスも包丁で砕きます レッドオニオンはスライス コリアンダールート(根っこ)は裂く コブみかんの葉は手でちぎります 唐辛子は縦半分にカット これらの材料を火をかけない状態で中鍋に入れます。 Pour in broth from ignite。 Without the oil in Tom Yum Goong、とてもヘルシーです♪ 途中クッキングスクールに興味を持たれたマダムと可愛いお子さんのいるファミリーに 「Are you enjoy?」と声を掛けていただきました! 「Yeah!Very nice cooking scool!"And the answer、マダムは暫し見学されていきました! オープンエアーのクッキングスクールなのでこのように他のゲストとの交流も持ててとても楽しかったです♪ ダムリ先生の指導は、Very polite and easy to understand、And、何より料理を楽しんでいることが素敵です! わたしも美味しいものを食べることと作ることが大好きなのでダムリ先生とのクッキングスクールは本当に最高でした♪ タイの本場の食材を用いて本格的に作るトムヤムクン。 Before the season the soup taste。 By the way the soup to boil.、Add shrimp。 When you are burning as it vanishes into beautiful shrimp covered with a red、Once weakens fire。 ナンプラー投入 マナオの果汁を投入 チリペーストで辛さが決まります! 調味料をすべて加えたところで良く混ぜ合わせれば完成です! 熱々の鍋を持ち器に綺麗に盛り付けていきます♪ ダムリ先生作「トムヤムクン TOM YUM GOONG」...

"The Siam" Let's make a good rape gay summer cooking school!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の1品目は「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」です♪ 材料はこんな感じで分量を計測済みで小分けにされているので大変分かり易いです♪ 先ずはダムリ先生のお手本を観ながら野菜のカットを始めます! 包丁は幼い頃から、Cook's father taught so、ダムリ先生にも負けません(笑) ダムリ先生から「Wow!Great!You’re a professional!」と嬉しいお言葉を頂戴しました♪ レッドオニオンをスライス 葉葱を微塵切り 青菜を微塵切り こちらのサラダの良いところは油を一切使わないヘルシーな料理ということです♪ 小鍋にチキンから取れた出汁 鶏ひき肉を炒めます 鶏そぼろの状態になるように ダムリ先生のアシスタントとしてスタッフのบุญถึง ยามาดะさんもお手伝いしてくださいます♪ タイレストランやクッキングスクールで使う調味料たちマナオの果汁を投入 ナンプラー投入 砕いた唐辛子を投入 隣り合わせの2台のコンロで同時にクッキングしながら教えてくださるのでとてもスムーズです♪ チキンの出汁がこれぐらいになれば良い状態だそうです♪ レッドオニオンを投入 葉葱、Greens、コリアンダーを投入 素早く丁寧に! 葉物が入ったところで、Dramatically speed up、Mix the whole well。 Now、ここでダムリ先生お勧めのワンポイント食材が入ります! 「これが何かわかるかい?」とダムリ先生に質問され匂いを嗅いで食材当てクイズです(笑) 「ん?お米の匂い?」 何と!ランプーガイの隠し味はお米パウダーのようです! 最後にお米パウダーを振り掛け混ぜ合わせたら香ばしい香りがいたします♪ お皿への盛り付け方もお手本を見せてくれて教えてくださいます♪ ダムリ先生作「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」 あっという間に1品目のサラダの完成です! お味は、Thailand's unique aroma and degree and had a nice spice、鶏肉の旨味が広がるヘルシーな美味しいサラダ! おうちで簡単に作れる夏にお勧めできる一品です♪ ayaco作「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」器漆黒シリーズ わたし達は日本から富山の友人で陶芸作家である「釋永岳 Gaku Shakunaga」くんの器を持参していたため、...

"The Siam" with the Thai chef cooking school experience enjoyable!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のレストランは、 2015年7月まで運営されていた「デコ・バー&Bistro Deco Bar & Bistro」は、 8Than a month、「チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant」と統合させ「チョン・ビストロ Chon Bistro」に生まれ変わっておりそちらのタイレストランのシェフがマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」というオプショナルが大変人気です。 The resort hotel、The optional cooking school can be seen better、 The one-on-one guidance、So seems like a luxury。 I also immediately、Participate in the cooking school、体験させていただきます♪ クッキングスクールの場所は、Click here to be the venue for morning buffet room。 If the original、Choose your favorite dishes from the menu provided in making their、 The ingredients on the menu、Start the tour in the morning with the chefs go out shopping market.、 This day is no time、Skip to shopping、料理を作るところからスタートとなります♪ クッキングスクールの部屋には、There was a simple kitchen、シェフが待ち構えてくれています! テーブルには、Enjoy meals after the finished set。 As a welcome drink、用意してくださった「ジンジャーパンチ」というドリンクは、 Apple juice into the syrup and ginger、Split with soda water、スイートバジルを添えたとても美味しいジュースです! 氷までもが、Made from Apple and ginger、溶けても味が薄まらないという代物!(凄) こちらのジュースのレシピも、As listed in the recipe book provided、日本に帰ってからも作ることが可能です♪ タイレストランのエグゼクティブシェフでクッキングスクールの先生を務めてくださるのは爽やかでとても優しく楽しいDamri Muksombat(ダムリ先生)です! ダムリ先生との会話はすべて英語またはタイ語で可能です♪ 【DAMRI Muksombat(ダムリ先生) プロフィール Profile】 国籍タイ 生年月日:1973年5月25日生(何と!わたしと同じ歳ではないですか!) 身長:172cm、Weight:78kg 2015年4月:Executive Chef、Siam hotels、タイ料理と西洋料理 2013年3月~2015年4月:Executive Chef、Issaya restaurant BKK、Tai modern cuisine、 2011Years to 2012:Executive Chef、サンティヤリゾート&スパ、PHA NGAN、タイ料理と西洋料理 2011年:Executive Chef、Malaiwana Resturant、Phuket、タイ料理と西洋料理 2010年6月:Sous chef、For seasons Sami、タイ料理と西洋料理 2010年8月:Sous chef、マンダリンオリエンタルダラデヴィ 2008年~2009年:Executive Chef、Camp chef、Fourseasonstentcampinggodden triangle、 Chiang Rai、タイ料理と西洋料理 先ずはタイの食材をいろいろ教えてくださるところからスタートします! レモングラスやマナオ、Green onions、Tomatoes,、From the familiar ingredients、I've never seen food sorting and、 You do not know、すべてダムリ先生が質問に答えてくださいます。 Is banana flower can be seen for the first time、見慣れない食材は何だかとてもワクワクします!...

Scroll to top