GLION STEAK HOUSE table performance with flambe desserts

「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)」のコースを締めくくるスペシャルなデザートはテーブルパフォーマンスとしても華やかな「チェリー・ジュビレ」となります! このデザートは元々、Akin to modern when was left a culinary feast at the time Victoria Queen Coronation 50th anniversary while France culinary Foundation Auguste Escoffier (Auguste Escoffier) in London, United Kingdom、女王に献上された彼の創作料理として誕生したものです! 「jubile(ジュビレ)」とは「50周年の祝賀」を表す言葉で、Cook was named thus became the "cherries Jubilee"、As France is being billed as the "Queen of the suites.、今では一流ホテルや高級レストランにて提供されています! 熱したフライパンの上にバターにシュガー、Narrow it down to the organic Lemon、Put plenty of American cherry、Orange peel on dexterity, and spiral、Enjoy the scent of cherries from the orange on the Kirsch and add brandy to taste、2For the drip of alcohol and flambé, let fire、Dessert of a mysterious blue light. Boil down the perfect timing、最後にアイスにかけていただいて完成! こちらにも「Syouryu/島谷 好徳 (Shimatani Yoshinori)"Of" Tin is found, hail "me by、とろけるアイスに融合するかのように見事なデザート皿として変化を加えてくださいました! 口溶けの良いアイスの甘味が優しく広がる中甘酸っぱいチェリーソースとのバランスが絶品です♪ 小菓子として、[39] and shaped and "thank you" for spirit to drink and fresh Strawberry、In addition to the、わたし達の愛する「MASERATI」のエンブレムが記されたフィナンシェをいただきながら食後のカフェタイム♪ カフェは、Introduction to Hawaii Kona coffee、「GLION GROUP」が運営される「神戸紅茶」のラインナップから選ぶことが可能なため大好きなアール・グレイを頂戴しました♪香り高い茶葉に癒されます♪ まるでヨーロッパの宮殿に足を踏み入れたかのような雰囲気が漂う上質な空間に、Make your music rich accompaniment of 0/1937 production of "Yamaha grand piano (NO3-).、Was able to enjoy the finest course! 宮定,、スタッフの皆様ありがとうございました♪ アルコールを頂いてしまったため、Ask the taxi、まさかの送迎車がやって参りました!...

Aging beef sauteed in GLION STEAK HOUSE wood

「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)」のステーキは、Received the title of the top few percent of American beef in high-quality "USDA prime beef, aged to wettageing in 21 days、Used, very good condition。"Oak"、"Quercus"、"Oak"、Using the "Quercus variabilis" 4 types of wood、And finish with "Ember roasted" recipe ingredients、At the cremation site of the glass-enclosed main dining room suggests that this、担当シェフが豪快に焼き上げていく様子と共に楽しみましょう! 五感で楽しめるレストランとはまさにこのこと! 今回は、This push menu black truffle fragrance can enjoy red meat was moist and dense and flavorful "Prime tenderloin with black truffle sauce" thick while the "Prime Filet Mignon.、In addition、柔らかくジューシィーな「プライムリブアイ」をいただきました! メイン料理にはそれぞれ付け合せが選べ「温野菜とベイクドポテト」または「ガーリックマッシュポテト」または「ライス」の中から選べます! 「プライム フィレミニヨン」には「釋永岳」の「âge(アージュ)シリーズ」に合わせてくださり荒々しく削り出し大地の力強さを感じるこの器に豪快な厚みのフィレを合わせ大迫力! ステーキソースは、Sasayama onion and Apple juice to Ponzu based upon "sauce"、"Roasted garlic Demi-Glace sauce.、Salt Wasabi infused with wasabi and salt、Black truffle salt、There was a five species of the Tasmanian grain mustard"、It is possible to enjoy a change in addition to taste with your favorite! However,、先ず最初はそのまま肉本来の味わいを楽しむために何も付けずにいただくと良いでしょう♪ ステーキに合わせての赤ワインはわたし達夫婦もお気に入りのカリフォルニア州ナパ・ヴァレーのワイナリー「ケンゾー エステイト」の「rindo(紫鈴)」を頂戴しました。Characterized by delicate tannins, aromas of black fruits and、Is deep.、しなやかな味わいが楽しめます♪ 薪の香りが楽しめる極上のアメリカンステーキを楽しみながらの優雅なひととき♪ 〆にはこちらのレストランならではの特別なデザートパフォーマンスの登場です!...

Crockery GLION STEAK HOUSE Toyama writer's paradise!

「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)」の特別な個室であるVIPルームではスイスの高級腕時計で有名なフランクミュラーがテーブルウェアを手掛けられている「FRANCK MULLER FUTURE FORM(フランクミュラーフューチャーフォーム)」とレストランとのコラボレーションをアジア初の試みとしてされています! レストランの一室という概念から離れ、In a room in the corner of the castle、inflate the image as if the aristocracy blooms in the conversation、It is colored with frank muller's high-quality tableware、大変優雅な時を演出! そんな素敵なオリジナルグラスや器、The cutlery is set, but、This time、I would like to introduce the series of "Vessels and Travels" that we lade is planning to introduce to everyone at GLION STEAK HOUSE.、中道浩料理長に富山の作家作品たちとCollaborationして頂きました! 最初に登場するのは姉妹店である「Hy’s Hawaii STEAK HOUSE(ハイズ)」にて40年間愛されてきた「チーズ・ブレッド」! こちらは、Cheddar、Gruyère、Combine mozzarella and three cheeses and put them on top of the bread、 Only the surface is baked、The smell of cheese is fragrant.、And it is a dish that was finished softly and softly! Because it is cut to four equal parts so that it is easy to eat、そのまま手でお召し上がりいただけます♪ お次は「シーザーサラダ」! 大変栄養価の高いロメインレタスと丹波篠山にあります「あかり農園」のオーガニック野菜を ふんだんに使用された「シーザーサラダ」となります。The organic vegetables of "Akari Farm"、The next time、東京オリンピック選手村にて選手に提供されるお野菜とのこと! シーザーサラダのドレッシングには、Anchovies from Spain、Organic garlic in Hyogo、Add black pepper to it.、Using the back of a wooden spoon、I rub it into a huge wood ball and mix it so that it smells good.。In addition、Mustard accented with fresh eggs、Leeperin Sauce、Squeezed ehime organic lemon、Red Wine Vinegar、Add organic organic virgin olive oil from Argentina and add vegetables to the dressing、It is completed by mixing evenly so that it gently scoops up with a wooden spoon.。 Even a plate of appetizers.、has become a nice table performance、目で見て美しく楽しく美味しい仕上がりです!手早い動きがまた見事! そんな「シーザーサラダ」を「釋永岳」の「âge(アージュ)シリーズ・薄鉢”THIN”」に合わせてくださり木目のような自然の優しい色合にグリーンが映え食欲を掻き立てます♪お野菜がまた美味でございます♪ 前菜は2種類用意してくださり、Seafood and avocado salad and "live carpaccio 4 colors radish soy sauce-based balsamic sauce"、旬の魚を用いたカルパッチョのサラダには 「Shimoo Design/下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo)• Caudate Saori (Saori Shimoo)Please match the beautiful [floating series stand plate] so that the grain of the] comes to mind、プティトマトの彩りが映えるアボカドのサラダには「釋永岳」の「黒釉シリーズ・台皿」を合わせてくださいました! 日毎に変わる特選スープは、"Red shrimp and shrimp risotto cream soup wrapped in kadaif"、クリームスープの白さが映えるよう「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)Please use the [black glaze series, thin bowl " THIN" ] of]、I have you share the thick cream soup and the foot red shrimp of the pre-puri wrapped in the kadaif of the crispy texture.、食感も楽しめる食べるスープとなります! 身体が喜ぶ野菜からスタートし、Where it was warmed up by a thick soup、いよいよメインディッシュの登場です♪...

US Steakhouse was born at GLION STEAK HOUSE red brick warehouse

「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」の赤煉瓦倉庫の一角にオープンされた「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)」での豪華ディナーを「GLION GROUP」副社長の宮定 雄大 (Takehiro Miyasada)(Takehiro Miyasada)さんとご一緒させていただきます! ヨーロピアンの趣とアメリカのステイリッシュさを融合させており、Classical atmosphere and welcomes a heavy feeling in the dark、Colorful stained glass candle light and fluctuations、While with the opulence of posh watering、Adult retreat-like view of the world may、記念日やデートスポットとしてお勧めできるレストランとなります! メインホールを抜け、Gave us a private room was prepared in the back。Has become a glass-walled room overlooking the Hall as、プライベート感に溢れ落ち着く空間でありながら開放感も存在し特別感を味わえます♪ 和やかなムードの中BGMはピアノの生演奏とまた優雅な音色が店内に優しく響き渡ります! 「GLION GROUP」の田畑利彦社長の御令嬢であり、Tabata Wakana (Wakana Tabata) is working as a restaurant representative who frees us from、店内の造り込みやインテリアなどの細やかな装飾へのこだわりやハワイの「Hy’s Hawaii STEAK HOUSE(The hydes) "of us passionately, while sister and pursue originality in your own attitude! Wakana's、Also the language fluent and intelligent while staff、とても愛らしく素敵な女性です! 今回は、Floor Manager and sommelier Nakagawa Soji (Soushi Nakagawa) is going on while you serve、シェフおまかせのコースを堪能致します!中川さんのしなやかで物腰柔らかく流暢な語り口調でのスマートなサーヴがまた素晴らしく必見です! ...

"Die Lion Museum" Sparkle to the evening garden tree

「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」には、World's largest garden designers were engaged in Queen Elizabeth gardens, Kazuyuki Ishihara are equipped with garden Christmas tree under the supervision of、In the cold of winter particularly earliest、クラシックカーと共に艶めきを放っております! 我が家の愛車「MASERATI Quattroporte」も赤煉瓦ミュージアムをバックに撮影させていただき極上の一枚が撮れました! エントランスに設置されたガーデン・クリスマスツリーは、And 18 m long、植樹としては日本最長となり迫力があります! メインストリート内のガーデンも同様に石原和幸氏監修となり、Posing as shine brightly in the red brick Museum、ロマンティックなムードを誘います♪ ガーデンクリスマスツリーのコンセプトは「森のめぐみ」。Rain forest that store water、To bear lots of fruit、Nurturing nature of forest's blessing series。And the gardener put thanks to the forest's blessing series。Taiki of Sequoia sempervirens stand on 18-metre-high、Is wearing suit reminiscent of the good old red-brick City Classic warm illumination.、訪れる人々の温かな想い出として記憶に残ることでしょう!...

"Die Lion Museum' 60-' 70s historic car exhibited and sold

  「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」内で最後に訪れたのは「GLION SHOWROOM」です! こちらでは『歴史という名のブランド』をテーマに世界中のクラシックカーを販売されています! 「プレミアム(ヨーロッパ・アメリカ)」「国産」、Is divided into three divisions 'gt-r"、専門のセールスが丁寧に対応して下さるので安心! 主に1960年から70年代のヒストリックカーを展示販売されており、Greeted the retirement age, to enjoy a second life、Nostalgia from your older car purchase、当時を知らない若者までと幅広い層から愛されています! 展示車の販売はもちろんのこと、The best looking for your car that you want、Production of the original costume car or expensive purchase so、いろいろと相談されてみると良いでしょう♪...

"Die Lion Museum" of-the-art drive simulation experience!

「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」は、Kansai's scale and number of vehicles exhibited pride for classic car Museum、4One consists of vintage zone、年代別ヴィンテージカーに相応しい世界観を造り上げたミュージアム! ミュージアム最後のエリアは、A legend told in the world, as well as Japan and the Toyota 2000 GT、Racing with a record of 50 wins "hakosuka gt-r" or "kenmeri gt-r production just 197 units would be one of、Cosmo sports、"Fairlady z"、名だたる国産車が勢揃いする「JAPANESE VINTAGE ZONE」となります! 日本のモータリゼーションを牽引してきた名車達が間近で楽しめたり、There are booths that sold the museum commemorating that for、お土産物をゲットするにもお勧めです! また、Introduced iroc here is using "VR (virtual reality)" in the subject to the most recent drive Simulator "T3R.、1PLAY(10分間)1,500円にて体験が可能です! こちらの担当は「くるまマイスター検定2級」を持っている竹中順規(Naoki Takenaka)くんにお願いしましょう! 各ブランド別のスーパーカーが揃い、Race circuit in the world can be selected。Used as a formula 1 racer for professional practice、And advanced driving techniques that require a real drive Simulator、リアリティ溢れるドライブシミュレーションが楽しめる優れ物! 早速、Car of your choice, see Maserati 250f.、By choosing the easiest course, start! Seat position body will hold thanks for that.、Spread whole body vibration and accelerator at the same time、Get behind the wheel dust end up sweating pretty much! Yikes、難しい! マシーンは2台用意されており、You can play with friends or couples、是非チャレンジしてみてくださいね♪...

EUROPEAN ZONE immersed in "die Lion Museum" Royal feeling!

「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」は、Kansai's scale and number of vehicles exhibited pride for classic car Museum、4One consists of vintage zone、年代別ヴィンテージカーに相応しい世界観を造り上げたミュージアムとなります! 「EUROPEAN ZONE」は世界最高峰のロールス・ロイス・ブランドの1929年式「Phantom(ファントム)」をはじめ、Phantom series silver cloud series of successive changes is impressive、The dynamic power and elegance、Ambience atmosphere full of grace! Actually,、ヨーロピアン・ゾーンが一番楽しみにしていたゾーンでもあります♪ 白、Red、Inside lined with Jaguar Green、Managed by brilliant dark green Jaguar XK140S FHC (1957)、2016年に神戸で開催された「リエゾン」のラリーにおいてエントリーされ何と優勝されたそうです! こちらには英国王室御用達の「Silver Wraith(シルヴァーレイス)」も展示されておりコーチビルダーによる手造りの良さがその至る所に見受けられます! ミルキーホワイトとレッドのツートンが愛らしい1929年式「40/50HP Phantom Ⅱ」の後部座席に特別に乗せていただくと、The Interior is decorated、Features are being configured with red characters "Rolls Royce" logo "RR"。Enjoy the dreamy mood in high-quality seating! (Note:Usually only listening to) on both sides of the sheet with a small triple mirror、You can at any time to adjust her clothes、Antique Baccarat glass and set in the console box、おそらく当時も車中にてワインを嗜まれる貴族の姿があったのでしょう♪ 100年前のイギリスにタイムトリップしたかのような雰囲気漂うヨーロピアンゾーンにて英国王室に招かれるゲストの気分に浸ってみてはいかがでしょうか♪...

VINTAGE ZONE was fascinated by the world of "Gerry on Museum" movie!

「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」は、Kansai's scale and number of vehicles exhibited pride for classic car Museum、4One consists of vintage zone、年代別ヴィンテージカーに相応しい世界観を造り上げたミュージアムとなります! お次はアメリカのマフィア映画『ゴッドファーザー』で用いられたことでも知られる「Cadillac series 61(キャデラック・シリーズ61)」や40年間もの長きに渡り、Has exhibited continued and actively in film and television as a studiomodelker Ford Deluxe Ford Deluxe、映画マニアの方でも楽しめるゾーンがこちら「VINTAGE ZONE」となります! 「フォード・デラックス」は経済学者でルーズベルト大統領の最後のアドバイザーと言われたコロラド州のガルブレイス氏が「栄光のシンボル」として愛車にしていたのだとか! 『ゴッドファーザー』の世界観をより体感できるよう、1929 said ran a "harm's way" by Mike tat funding section raises funds in the shadow of Al Capone's favorite car before the model year, Studebaker Commander 8、We will be wearing vintage hat, classic gun advocates hand photo、Me too I feel another mafia (laughs) husband and two two-shot photo、On the way back、Finished in sepia photo into the photo frame original、プレゼントしてくださいました♪ さらに、As well as differences in the engine room of the age classic showing general plant manager hamamoto Shinobu's satisfied! You wish the Museum Guide、スタッフへお問い合わせしてみてくださいね!...

Museum of art featuring the classic 19th-century "die Lion Museum"

「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」は、Kansai's scale and number of vehicles exhibited pride for classic car Museum、4One consists of vintage zone、年代別ヴィンテージカーに相応しい世界観を造り上げたミュージアムとなります! 先ず最初は、"Mg" was referred to as synonymous with sports car in Japan after World War II started.、世界初の量産車「T型フォード」など貴重な車が展示される「PIONEER VINTAGE ZONE」へ! 最初に出迎えてくれたのは、1922年から1939年にかけてイギリスのオースティンが生産した小型乗用車「Austin 7(オースティン・セブン)」! こちらは1929年式となり、Owner married couple we also know as it happens and the bereaved、Now、大切にこちらに保管されている様子に感慨深いものがありました! 本来ならば、Classic cars on display at the Museum would be ornamental.、今回は「GLION GROUP」からの特別御招待ということもあり実際に乗車させていただくことができました! さらに、1850And made in France in the year's "mini passenger carriages (4 wheel carriage, fertenlandler).、Is also a fine chariot、Us out buy a "Swamper" rainy day 宮定 their、わたしを乗せてくださいました! こちらの馬車、Can I still run、A keynote and video viewing on the Tablet's!((*° ∀ °))素晴らしい! 赤煉瓦の創業が1923年ということから、"Ford Model T (Ford Model T)" that has been collected also operated in 1923、その横にはフォードの「Pick up(ピック・アップ)」や「Limousine(リムジン)」が展示されており故障したリムジンを2台のT型フォードが救出している様子を演出! こちらのミュージアムの面白いところはただ車を展示するだけでなくその背景にある歴史や世界観をまるで映画のワンシーンのように切り取り展示されているところです! 英国の1937年式「Morgan 4/4(モーガン)」には「Morgan Sports Car Club Japan」のサインが!クラシックカーの好きなところはそのデザイン性はもとよりボディーカラーと内装のカラーコンビネーションが本当に素敵!鳥肌ものです! 統括工場長の濱本忍さんが驚くほどのカーマニアでとてもお詳しくそのクラシックカー毎にまつわる素敵なヒストリーまでも語ってくださいました!時折関西人ならではの面白いツッコミやボケもありますのでガイドしていただくとより詳しい情報を得ながら楽しむことができます! それではお次は「VINTAGE ZONE」へ参りましょう!...

"Die Lion Museum" in 1923, founded red brick warehouses for renovation

大阪の港区海岸通に100年近い歴史を持つ赤煉瓦倉庫が「GLION GROUP」が運営されている「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」へ生まれ変わり再び息を吹き返したのは2015年6月のこと! GLION MUSEUMとは歴史あるクラシックカーを動態保存し展示している博物館となります! 近代化遺産として価値の高い赤煉瓦倉庫のその古き良き建造物の雰囲気を活かして、The back alleys of old London and New York are reproduced、敷地内にはクラシカルなカフェ「CAFE1923」やハワイ・ワイキキのステーキハウス「Hy’s Hawaii(ハイズ・ステーキハウス)」の日本初の姉妹店となる「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)"Also features、As well as classic car lovers、それだけに留まらずカップルのデートスポットとしてもお勧めの場所になっています♪ 入口のチケット売り場は真っ赤な「シボレー・シェビー 3100」がキャンピングトレーラー「エアストリーム」を牽引してお出迎え! 先ずは赤煉瓦倉庫内のパーキングに我が家の愛車「MASERATI Quattroporte」を停めてからミュージアムへ! 今回は運営会社である「株式会社クインオート」の副社長・宮定 雄大 (Takehiro Miyasada)Is going to introduce you、統括工場長の濱本忍さんとスタッフの植田 訓世さんに案内していただきます♪ 1923年(大正12年)に「住友倉庫」によって建設された敷地面積3000坪の赤煉瓦造りの倉庫を大阪市からの依頼を受けリノベーションし、So precious views of the red-brick and reinforced with steel、Sometimes it was try to leave as much as possible the vestiges of a bygone era、Now,、映画やプロモーションビデオ等の撮影現場としても多く活用されているとのこと! それでは早速ミュージアムへと参りましょう!...

Scroll to top