Swimming in the Mandarin Oriental Shanghai swimming pool after best's drink!

「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」の地下1階「フォットネス&ウェルネスセンター(Fitness&Wellness Centre)」にはフィットネスジムやプールがあり、Work out in the fitness center or、Take a dip in the pool and move the body, and sweat、リフレッシュすることが可能です! 豪快なランチでたらふく平らげてしまったため消化を促すためにも食後のストレッチ&スイミングと参りましょう! スイミングプールは、28Keep the C and a comfortable temperature、Length 25 m、With a size of 1.4 m deep and spacious、Residence guests and guests adjacent to the 24-hour system available with、小さなお子様用のミニプールも完備されているため家族皆でいつでもスイミングを楽しむことができます! フロントにて受付を済まし男女に分かれてロッカールームへ! 個別のシャワールームやパウダールームの他にドライ&スチームサウナも完備されており充実の設備! プールデッキにはプールサイドベッドが並びひと泳ぎした後はベッドに横たわりリラックス! 夕暮れを迎えると、2Evening cocktail at the private club floor "Club & lounge (Club)" (pm6:00-pm8:00)が用意されているためお邪魔しました! カクテルタイムには軽食も揃うため、Ham and cheese、オリーブなどのアペタイザーと共にスパークリングワインにて乾杯! 汗を流した後のアルコールはどうしてこんなにも一口目が美味しいのでしょう! オーダーすればスタッフがバーテンダーのようにシェーカーを使ったカクテルも作ってくださるので嬉しいです! 夜は軽食のみにし、I slowly around the hotel at night、Once、朝も伺った外の遊歩道へ! 上海では、For luxury illumination of buildings、河辺に反射するネオンがとっても綺麗で行き交う船も艶やかです! ホテルに戻り「クラブラウンジ(Club Lounge)」にて寝酒を一杯! 本格カクテルを楽しみたい方はクラブラウンジ以外でも1階の「Qi Bar」へ出向くのもお勧め! ゴージャスな店内はクリスタルのライティングにより作られるムーディーな雰囲気を醸し出しています! こちらでは、In the cool bar、ニューヨークのミクソロジストを学ばれた才能豊かなバーテンダーが振る舞う様々なカクテルが楽しめます! いよいよ翌朝は上海最終日を迎えるため日本へフライトです! 短い滞在ではありましたがやはり一流のホテルステイは心身ともに癒やされる思いで一杯です! General ManagerのClemens Hoerth氏をはじめ、Tell the staff appreciation、上海の余韻に浸りながらラストナイトを過ごします! Qi Bar 営業時間:16:00-25:00 TEL:+86(21) 2082 9958 マンダリン オリエンタル 浦東上海 Mandarin Oriental Pudong Shanghai 上海浦東文華東方酒店 所在地:111 Pudong S Rd, Pudong Xinqu, Shanghai Shi, People's Republic of China 200120 TEL:+86 21 2082...

58 ° Grill lunch at French Grill Michelin star chefs

「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」の中庭に面したモダンなスタイルのフレンチレストラン「Fifty 8 Degrees Grill at Mandarin Oriental Pudong, Shanghai(58°グリル)」にてランチタイム! こちらのレストランは、France cooking "Alan-passer (Alain Passard)" and Guy Savoy (Guy Savoy)、Pierre Gagnaire (Pierre Gagnaire) and renowned restaurant、2One supervised by Richard eckeba of the Netherlands who won the Michelin-starred chefs-Star (Richard Ekkebus)、フランス料理の伝統技術を基本としたグリル料理を主軸に提供しています! Director of Marketing CommunicationsのAngela Caiにレストランのお勧めランチメニューを伺いながらオーダーしシェアして頂きます! [Fifty8° Grill Lunch Menu] ①「グリーンアスパラガスとグリーンサラダ マスタードドレッシング(Green Salad with Chia Seeds & Mustard Dressing)」 色味の美しいボリュームサラダは、Green asparagus and sliced lengthwise、Along with Chia seeds morimori green salads and fine Super food! Become a micropakchee smell good accents、マスタードのドレッシングで風味を増した食感の良いヘルシーサラダです! 午後のひとときを楽しむためにも軽やかなリースリングを合わせて乾杯! ②「ハマチのカルパッチョ トマトとラディッシュ(Raw Hamachi with Heirloom Tomatoes,Radishes&Mild Chili)」 プリプリの新鮮なハマチはスライスしたカラフルなミニトマトとラディッシュと合わせてピリッとスパイシーなサラダ仕立てのカルパッチョに!薄くスライスしたフェンネルとマイクロパクチーを添えて香りも楽しめる絶品サラダ! ③「ブッラータチーズとトマトと西瓜のサラダ(Burrata with Compressed Watermelon,Tomato & Black Olive)」...

"Mandarin Oriental Shanghai" after an elegant breakfast in walking along the riverside promenade

ラグジュアリーな5つ星ホテル「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」の「クラブマンダリンリバービュールーム(Club Mandarin River View Room)」から眺める黄浦江の早朝の景色は、1To indicate the beginning of the day with forth boat、穏やかな朝を迎えます! 身支度を済ませた後は、2In the prepared floor private club "Club Lounge (Club)"、厳選されたセミオーダー料理と品揃え豊かなビュッフェ形式の朝食をいただきます! この日もわたしは洋食系を、Her husband and choice of Chinese、日替わりで揃えられた逸品を楽しみます! 落ち着きを放つクラブラウンジでは、1日中時間毎に合わせて用意される軽食や飲料(アルコール含)が無料サービスとなるため大変便利です! ゆったりと食事を楽しんだ後は、Getting to stroll around the hotel.、食後のウォーキングへと出掛けます! 天候にも恵まれ、Huang Pujiang River promenade is very refreshing cool breeze blows、Those who enjoy running and dog walking is apparent、心地良い時間が過ごせます! とてもロケーションに恵まれており、2 minute walk from the hotel.、3To enjoy this wonderful scenery within minutes、特に朝夕の散策がお勧めです! 散策後はホテルに戻り、I'd like to welcome tea is available in the front lobby Mandarin Oriental properties、Moisten dry throats! A refreshing original herbal teas jasmine green tea plus lemon and honey sugar、香り良く身体に染み渡ります! フロント業務やコンシェルジュデスクを担当するDirector of Front Office OperationsのMike Chiang(蔣天豪)に手荷物をお願いしお部屋まで付き添って頂きました! 彼はとても背が高く、It is also close to 2 m if it hears it! My husband is 181 cm and high、And lined up alongside Mike、162cmあるわたしでも尋常無い身長差が生まれます(笑) Mikeはとても好青年で、Reliance is young.、Boost are chatting about in Taipei of Taiwan、楽しい時間を過ごすことができました! マンダリン オリエンタル 浦東上海 Mandarin Oriental Pudong Shanghai 上海浦東文華東方酒店 所在地:111 Pudong S Rd, Pudong Xinqu, Shanghai Shi, People's Republic of China 200120 TEL:+86 21 2082 9888 https://www.mandarinoriental.co.jp/shanghai/pudong/luxury-hotel...

"Yang Yi ting" Shanghai's one-star Michelin Chinese restaurant!

「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」の地下1階にある中華レストラン「Yong Yi Ting at Mandarin Oriental Pudong, Shanghai(ヤン・イ・ティン)雍颐庭」にてスペシャルディナータイム! こちらは「ミシュランガイド上海2018」にて、Superbly and earning one star、Shanghai and its neighboring area Jiangsu cuisine、Zhejiang cuisine、本格江南料理専門レストランです! 艷やかなブルースカイにネオン煌めく夜の雰囲気は、Has undergone great changes in the world of adults and to、スペシャルディナー仕様にドレスアップしてレストランへ足を運びます! 天井には無数のランタンが吊るされ、And a fantastic world with soft light、シックでムード溢れる店内! Yong Yi TingのRestaurant Managerを務められるRoyさんにサーブしてもらいます! 8月生まれの旦那様の誕生日を祝して繊細且つエレガントで芳醇な味わいを誇る「ペリエ・ジュエ・グラン・ブリュット(PERRIER JOUET GRAND BRUT)」にて乾杯! [Yong Yi Ting Special Dinner Menu] ①「自家製ピクルス(Pickles)」 ピリ辛でスパイシーな自家製ピクルス(人参、Small lotus root、Cucumber) is、料理が揃う前の酒の当てにピッタリ! ②「味付カシューナッツ(Cashew nuts)」 ③「青梗菜の山葵風味と椎茸の松の実煮(Soy braised black mushrooms with mustard greens)」 シャキシャキ食感の青梗菜は一口噛む毎に鼻に抜ける山葵の香りが爽やかで上品な味わい!コックリと煮込まれた椎茸はジューシィーでお出汁が溢れ出てきます! ④「シマガツオの甘辛煮(Crispy pomfret,sweet soy)」 衣を纏わせサクサクに揚げたシマガツオを甘口の醤油ベースを絡めて煮付けた一品は、With a perfect fluffy texture balance's crunchy and the inside、一口で虜になってしまうほど! ⑤「豆腐スープ(Slender bean curd soup,dried scallop)」 温かいスープの蓋を開けると見事な美しい渦巻き模様の豆腐の姿が! 上品な昆布出汁に海老や干し貝の深みのある旨味が加わりヘルシーながらに餡仕立てにより満足感のあるスープ! ⑥「牛角煮(Brased boneless beef...

The historical Western country style on the "Shanghai Bund" Yellow River West Bank town

黄浦江西岸に位置する上海 外灘 the Bund Shanghaiは、And Shanghai Pudong at night like a futuristic city to tourist attractions、1842Since the Nanjing Treaty port of、During the festive flourished as a centre of East Asian trade and finance、各国の商社や銀行が競うように建設したその歴史的洋館群が今も立ち並ぶ街並みが人気です! 外灘は中山東一路沿い全長1.1kmほどの地域を指しています!この一帯は、19Century from the concession area during the first half of the 20th century (Shanghai concession)。A flamboyant era at the time, this area is known also known as "world architecture Expo" and also、Baroque、Renaissance、And watch the various architectural styles, including art deco、レトロな雰囲気が漂います! 外灘側の遊歩道から眺める浦東の風景! 高さ492mの「上海ワールドフィナンシャルセンター(Shanghai World Financial Center)上海环球金融中心」から高さ468mの「オリエンタルパールタワー(Oriental Pearl Tower)東方明珠搭」までの高層ビル群が一望できる大パノラマは迫力があります! 河岸沿いということもあり、Feel the gentle breeze afternoon afternoon。遊歩道の散策はとても気持ち良くお勧めです! 遊歩道を下り中山東一路へ出ると巨大な猛牛の姿が見えてきます!アメリカの彫刻家であるアルトゥーロ・ディ・モディカ(Fanpage Arturo Di Modica)氏が、1987年に起こった株式大暴落後に再びニューヨークが活気付くことを願って制作したアメリカ・ウォール街の巨大牛「チャージング・ブル」の兄弟分がここ上海・外灘にもあるのです! その名も「金融牛」! 重さは3,200kg(7,100 lb)、Height is 11 feet (3.4 m).、16 ft (4.9 m) in length and size and weight as equivalent to、There seems some differences in its brave figure! The position of this ferocious enormous cow、Because it is a means to increase the stock price of the brotherhood、その金融の恩恵を受けるためにも一緒に記念撮影しておきましょう! 巨大牛の先に飛び込んで見えるは、1923年に建設された旧香港上海銀行上海支店で現在の「上海浦東発展銀行(外灘12号)」です!パーマ&ターナー設計事務所によるデザインで、Harmonious appearance becomes a characteristic of neo-classical architecture、外灘でも一際重厚な佇まいとなります! こちらは、But now banking business as usual.、館内の見学は可能となります! 中央ドームの天井には、Tokyo、London、ニューヨークなどの当時の金融センターを描いたモザイク画があり見ものです! アーチ状の開放的な天井高を誇り、Dignified with its marble pillars is a sight to see、そのクラシカルな雰囲気に癒やされます! その隣には、15Is also the appearance of the clock tower bell rings every minutes "Shanghai sea related"、風情があります! 外灘には上海の歴史を見守り続けているクラシカルなホテル「フェアモント・ピース・ホテル Fairmont Peace Hotel(外灘20号)」をはじめ、For famous restaurants scattered in shopping complex、ショッピングや食事も楽しめる場所となります! お時間のある方はネオンが灯される綺羅びやかな夜の風景も是非ご覧ください!...

Tourist attraction "YuYuan" of Shanghai. Explore the traditional gardens of the Ming dynasty more than 400 years of history

Ming dynasty's elegant classical garden with pride over 400 years of history、江南式庭園の傑作として知られる上海を代表する観光名所「豫園(Yu Yuan)」へ! 豫園は、In Sichuan administrative Commissioner of the ban Yun edges are to the father、1559(The 38th year of the Jiajing) from 18 years of 1577 (10,000-5 year) had a private garden in the Jiangnan style garden was built, spent、1961In public is the beginning.、1982年には国宝級の文化遺産として中華人民共和国の文化遺産保護制度の1つである「全国重点文物保護単位」に認定されています! 現在は当時の半分程の規模になってしまいましたが、Imitating the Ming and Qing buildings around a garden and reproduced、Yu Yuan garden Shangcheng our souvenir shop, commercial areas and advancing、当時の趣ある中国の雰囲気を堪能しながらグルメやショッピングが楽しめます! 「豫」は「喜ぶ」、"Fun"、"Peace and security"、She likes to "peace"、And the "Bund" means "fun Park"、その面積は約2万㎡の広さを誇ります! タクシーが案内してくれた場所は下町風情が楽しめる門前街「上海老街」に面した「豫園商城」の7番ゲートとなります! 朱塗りの楼閣がそびえ立ち、Yu garden Commerce Castle is crowded with overflow、For a similar landscape will continue from where、A complex maze-like alleys。 First of all, go to the back、「豫園」入口へ! 国賓クラスが訪れるほどの上海料理の名店「緑波廊酒楼」の先に、Behind the tasteful classic garden corner、In the pond and koi and turtles swim、ジグザグとした形状の「九曲橋」が架けられています! この橋の形状は、Easy overlooking the square、To enjoy the various landscapes by the angle and structure that is、Also、悪霊退散の意味があり中国庭園には良く観られる橋となります! 橋の上は特に多くの人でごった返しており、Can't stand still too much for、While you relax and enjoy the scenery without、No other forward to advance to the front、Occasionally、人の抜けた瞬間を狙って記念撮影!各所で放水されている噴水が涼し気に感じます! 「豫園」入口では、Entrance fees adults 1 person 30 (Japan Yen:Approximately 510 yen) and purchase a paid ticket、いざ古典庭園を散策! 【豫園の見所】 ①「三穂堂」 豊作を祈願して名付けられた三穂堂は豫園最古の建造物は風情があり扉の装飾が見もの!江南庭園の特徴の1つでもある木枠でできた”花窓”の細工もまた美しくインスタ映えします! ②「仰山堂」 入口の獅子の像は、Park only iron lion。"Lake stone" limestone quarried in the Taihu Lake in the corridor and is equipped、Taihu-rocks the erosional hole is more complex than has been beautiful and。From the cloister of rikisha、2000tもの武康黄石を積み上げた高さ14mの”大仰山”を一望! ③「万花楼」 明代の花神閣であった万花楼の建物からは太湖石を配した”湖石假山”が観られます! ④「龍壁」 白壁に沿い天に昇るかのようなうねりを魅せ迫力ある龍の像! ⑤「点春堂」 太平天国に呼応した秘密結社の本拠地である点春堂は現在資料館になっています! ⑥「打唱台」 意匠を凝らした優美な造りとなる打唱台は、At that time、歌唱の舞台を楽しむ場! ⑦「和煦堂」 堂内に展示された200年以上も前にガジュマルの木で作られた家具や彫刻が見もの! ⑧「会景楼」 豫園の中心となり、Nestled on the shores of the pond of Jing Lou。Its name reflects means "beautiful scenery especially in the Yu Yuan garden place"。In the Yu garden、Enjoy the various forms provided with on the corridor gate in、"Moon Ryo gate' circle、奥行きを感じさせ風情があります! ⑨「得月楼」 池の畔に佇み、May get the building located in the heart of the meeting view tower。Once、旧暦の十五夜になると池に映し出される月を愛でるために古人たちが集う場所! ⑩「玉華堂」 豫園創設者の潘允端の書斎があった場所を再現! ⑪「玉玲瓏」 江南三大名石の1つとされる太湖石の奇岩。Center stone is jade and gem is called、Lot of holes on all four sides by approximately 3.3 m high and is the best、北宋の皇帝が収集していた名石と伝えられています! ⑫「内園」 清代の庭園の特徴を伝える小庭園!明代より新しい時代の建物となるため他の建物とは趣が異なります! 園内散策を楽しんだ後は小腹を満たそうとインターネットやガイドブックでも話題となっている「南翔饅頭店」へ! 何でも上海一有名な小籠包の名店とされており、120Over the years also have、行列必至の人気店なのだとか! 期待を胸に列に並び、1階のテイクアウト! 小籠包は1箱12個入りで多かったため、Bun size crab yellow irrigation 汤 Pao 1 20 Yuan (Japan Yen:約340円)を購入! 蟹スープが溢れ出る姿には大変そそりましたがお味は…(苦笑) 1番ゲートから「豫園老街」に入り転々と歩き、Enjoy window shopping, then walked a little 'street'、少々人当たりを起こしてしまい2人してお疲れ気味! 三輪タクシーのお姉さんを呼び止め価格交渉! 爆走する風に吹かれながら街の様子を楽しみ次なる目的地の「外灘」へ! 豫園(Yu Yuan) 所在地上海市安仁街132号 TEL:021-6326-0830 Admission fee:Adults 1 person 30 (* July、8Moon、12月~3月の料金)...

Museum by Tadao Ando, architect "of Shanghai Fudan Museum Aurora Museum"

「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」には、There is limited service to the Club floor guests、Morning 7.:00-Night 20:00Up to the time、ホテルから2km圏内の距離であれば送迎をしてくれる「ホテルハウスカーサービス」があります! 今回はその送迎サービスを利用し「AuroraMuseum 上海震旦博物館(オーロラミュージアム)」へ! こちらの博物館はヒスイ製品をはじめとする古代の文物収集に力を注いでいる台湾系企業「AURORA GROUP(オーロラグループ)震旦集團」が2013年10月に正式にオープンさせたミュージアムです! また、Here in the Museum of design in the Japan architect is、世界的に有名な安藤忠雄氏が率いる「安藤忠雄建築研究所 Tadao Ando」が手掛けられているため興味が湧き訪れた観光スポットとなります! (注博物館のある震旦国際大廈のビル設計は異なります) 館内には、Over more than 40 years Yun Thailand Chiang, Chairman of the Aurora Group、And collect the jewelry of ancient Chinese pottery and statues、Is the historical statues and other artifacts.、Heritage materials and many are housed、数ヵ月毎に企画展を開催! インフォメーションにて博物館入口を伺い、Climb up stairs drew a superb arch the glittering chandeliers、自然光がふんだんに注がれる踊り場を抜け進みます! 入館料大人1人60元(日本円:Approximately ¥ 1020) next、Entrance with tickets for passing、手荷物検査を済ませ入館! 博物館は、Cooperation with Beijing University Aurora ancient civilization Research Center formed a team of professional researchers, and research、古代分野の研究と共に古代遺物の復元にも力を注いでいます! 1階から6階まで各フロアでテーマ毎に展示内容が分けられており、2017October 19-year until 10/18/2018、「玉見設計-中國古玉形紋設計特展」として中国古代の玉の形のデザインを展示する特別展を開催中です! 静かな館内でゆったりと鑑賞に浸っていると、Just like in ancient times, to feel like time-slip! And delicate design provide the ancients was fascinated by the beauty of the long-ago jade、仏像の穏やかな表情に癒やされるひととき! 5階にあるカフェからは、Riverside view out to panoramic views of the Bund、館内一のお勧めスポットとなります! 月曜日が休館日となり、Normal opening hours are 10 am:00-17:00That would be、Only the Friday closing time is 21:00To be extended for、金曜日の夜に訪れて外灘の夜景を堪能するのも良いでしょう! AURORA MUSEUM(オーロラミュージアム)震旦博物館 所在地:Shanghai Pudong district Aaron Kwok road 99, (seismic Fudan International Plaza in) 99 Fucheng Rd, LuJiaZui, Pudong Xinqu, Shanghai Shi, People's Republic of China 200000 TEL: +86 21 5840 8899 Admission fees:大人1人60元 営業時間:10:00-17:00 Closed days:月曜日 http://www.auroramuseum.cn/...

Introducing our fully equipped facilities at Mandarin Oriental Shanghai tours!

「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」のホテル内施設を御紹介致しましょう! ホテル内には高級ダイニングをはじめ、Private spa & pool、And a wide variety of content, such as meeting rooms and wedding facilities、充実の設備を誇る5つ星ホテルとなります! 2階「クラブラウンジ(Club Lounge)」にてDirector of Marketing CommunicationsのAngela Caiと対面し御挨拶するとMOオリジナルの「扇子(Fan)」を手土産に頂戴しました! 19世紀に造られたクラシカルなスタイルの扇子には、3つのパターンに分けられた古典的な中庭の様子を描写し小さな4つの窓には動物を描き周囲に豪華な花のレースを施し華やぎを魅せています!世界中のMOがそれぞれに個性豊かに仕上げる扇子!MO上海の扇子は一際大振りなサイズ感であるため仰げば優雅な風を起こし古典的なデザインは穏やかな印象を受けます!MO FANとしてはこの扇子Collectionが堪りません! ミーティング中にGeneral ManagerのClemens Hoerth氏も足を運んでくださいました! さらにHotel ManagerのEric Blomeyerが顔出しをしてくださったので、To the staff、わたし達が住まう浜松の銘菓「うなぎパイ」をプレゼント! ホテルツアーには日本語が話せるスタッフとしてTiffany(自称スズメちゃん)にも同行していただきました! ホテル内には至るところにアートが散りばめられておりクラブラウンジのフロント背景には中国で有名な芸術工芸師である「Lai Dequan(赖德全)」の「Music of Lotus(荷韵)」と題された磁器の作品が飾られております! 音を感じながら踊るように大胆に描かれた蓮の画釉薬を自由自在に操り仕上げたこの作品が磁器であるというから驚きです!間近で触れて拝見するとキラキラと光り輝く磁器の美しさが楽しめます! また日本人作家も起用されておりクラブラウンジに降り立った瞬間目の前に飛び込んでくる作品は「冈博美(Hiromi Oka)」の「Bamboo Grov(竹林)」が掛けられています!この作品は伝統的な日本の芸術的技術である「ステンシル染色」の染色技術を利用しており光度によって様々な表現を生み出すため都度雰囲気が異なり繊細さを感じます! 1階「リビエララウンジ(Riviera Lounge)」を通り抜け芝に覆われた小道を進むとビル群に囲まれた中庭に降り立ちます!軽やかな風と心地良さを感じるこちらではブライダルセレモニーを行うこともあるようです! 中庭に面しモダンなスタイルのフレンチレストラン「FIFTY 8° GRILL(58°グリル)」がありこちらではフランス料理の伝統技術を基本としたグリル料理を主軸に提供!後程こちらでのランチタイムの様子を詳しく御紹介致します! ホテルに隣接したレジデンス1階には「The Mandarin Cake Shop at Mandarin Oriental Pudong, Shanghai(マンダリンケーキショップ)」があり専属のPatissierが作り出す焼き立てのチョコレート菓子やパン、Cake、マカロンなどを提供しています! 専属Chocolatierの腕が鳴るチョコアートの展示もされておりレモンの木やルービックキューブなども全てチョコレートで構成され様々なデザインでオーダーが可能です!甘い香りにほだされてついうっかり艶のあるダークブラウンの椅子までがチョコレートに見えてしまったほどです(笑) こちらでは期間限定の「MOオリジナル月餅」を販売されており扇子の形を施したクールなパッケージデザインのものが一押しの商品で手土産物に喜ばれます! 地下1階には「ミシュランガイド上海2018」にて見事1つ星を獲得された中華レストラン「Yong Yi Ting at Mandarin Oriental Pudong, Shanghai(ヤン・イ・ティン)雍颐庭」があり、Shanghai and its neighboring area Jiangsu cuisine、Zhejiang cuisine、本格江南料理専門レストランです!こちらも後程ディナータイムの様子を詳しく御紹介致します! 他にも地下1階には「ビジネスセンター(Business Centre)」がありこちらにも日本人ランドアート作家「大久保荣治(Eiji...

After an elegant Mandarin Oriental Shanghai Club Lounge breakfast greetings to you GM

黄浦江の河畔に建つ浦東(Pudong)のラグジュアリーな5つ星ホテル「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」の「クラブマンダリンリバービュールーム(Club Mandarin River View Room)」にて迎える朝の眺めは、To fill the gaps in the clouds towering skyscrapers bathed in sunshine、Night and also reflects the different landscapes、それはそれは清々しい時を感じます! エントランスのガーデンに咲き誇る花は、We closed the petals at night、Morning sun, blossomed all at once、色とりどりに愛らしい姿を見せております! 夜のしっとりとした雰囲気とは打って変わり自然光をふんだんに取り入れるエントランスロビーは開放感があり心地良い空間! 一般利用のメインダイニングは地下1階の終日営業となる「ゼスト(Zest)」となり、In the open kitchen style that chefs alive longer、品揃え豊かなビュッフェ形式の朝食をいただけます! 上海らしく熱々蒸籠の点心や中国粥、Enjoy noodles in China、Popular in Japan food such as sushi and cold tofu、Colorful Western! In the desert、南国フルーツなどを用いたジェラートがとっても美味しそう! 地下とは言え、Courtyard terrace area becomes a stairwell、Bring plenty of natural light、とても明るく清潔感に溢れたレストランとなります! わたし達は、2階に用意されたクラブフロア専用の「クラブラウンジ(Club Lounge)」にて朝食をいただきましょう! クラブラウンジでは時間毎に軽食とフリードリンクが楽しめ、Breakfast (am6:30~ am10:30-、Lunch (am11:30-pm2:30-、Afternoon tea (pm3:00-pm5:00-、Evening cocktail hour (pm6:00-pm8:00)と利用できます! 木と大理石を用いてダークカラーを基調とし、Unleash the restless Club Lounge、Hot dish, freshly baked bread and pastries、Based on available ingredients ranging from salad! For the number of seats is limited and、とても静かな朝食タイム! [Breakfast Menu] いつもの如く、I am a Western-style system、旦那様は中華系をチョイス! ①「オムレツプレート」 オーダー毎に仕上げてくれるオムレツは好みの具材を提示し出来たてをいただけます!今までにない上品なサイズ感で半熟具合も見事な美しさ!サラダにベーコン大好きなハッシュドポテトを添えて! ②「パン」 サクサク食感のクロワッサンに苺カスタードパイシナモンロールなど! ③「フルーツとヨーグルト」 パイナップルに西瓜、Melon、Dragon fruit、プラムなどと一緒にヨーグルトを合わせて! ④「カプチーノ」 ホットコーヒーではなくカプチーノをオーダーすると、So he finished the fan pattern symbolizes the Mandarin on the fluffy cream in cocoa powder、インスタ映えします! ⑤「小籠包と中国粥」 ジューシィーなスープたっぷりの小籠包にコトコト煮込みとろみのあるヘルシーな中国粥! ⑥「中華ラーメン」 オーダー毎に作ってくださる中華ラーメン!シンプルであっさりとした上品なスープは朝ご飯にピッタリとのこと! 朝食後にラウンジの「図書館(Library)」にて寛いでいるとホテルのGeneral Managerを務められているClemens Hoerth氏が温かく出迎えてくださったので御挨拶! 今回、The GM Clemens、「マセラティ 浜松」の親会社「GLION GROUP」が取り扱う宮城県「真鶴 田中酒造店」の銘柄「真鶴」の初の発泡性日本酒となる「蝶々姫」を贈呈! 良く冷やしてお召し上がりいただければ、Easy to drink in micro foam with light、Felt classy sweet also favored by women、「蝶々姫」の名のごとく口中で軽やかな舞いが生まれる日本酒となります! Clemens氏はアルコールの中では日本酒もお好きなようでとても喜んでくださいました! マンダリン オリエンタル 浦東上海 Mandarin Oriental Pudong Shanghai 上海浦東文華東方酒店 所在地:111 Pudong S Rd, Pudong...

Located in Huangpu River banks of the yellow 'Mandarin Oriental Shanghai"five-star luxury hotels

上海市の中心部を流れる黄浦江の北側に位置し河畔に建つ浦東(Pudong)のラグジュアリーな5つ星ホテル「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」へ! 場所は、Outside the crowded tourist attraction become a Bund (Bund) and approximately 15 minutes by car、Located on a quiet street corner、都会の喧騒から離れ静かな時を過ごすことができるワールドクラスの5つ星ホテルとなります! 夜20:30For late check-in was、High ceilings open up the pride、一際華やかなロビーのカラフルなタイルの色合いに元気をいただきました! まずは1階ロビーにて予約を確認致します! 私達は2階のクラブフロアへ案内されクラブフロア専属スタッフによる安心対応のチェックイン! クラブフロアの客室特典は、24Hours Club Lounge is available free of charge、Also、By featuring a dedicated Butler service in each room、ワンランク上のサービスを受けることが可能! この夜は洗練され溌剌としたスタッフのCatherine(陳九瀟)が客室まで案内してくれます! 今回お世話になる客室は、19階1901号室「クラブマンダリンリバービュールーム(Club Mandarin River View Room)」61㎡と快適な広さ! 角部屋ということもあり、Stunning Riverview wall spread in front of me、黄浦江を渡る綺羅びやかな船やネオンに染まるビル郡に「オリエンタルパールタワー(Oriental Pearl Tower)東方明珠搭」の眺めまでを一望することができます! ドア横にはランドリーサービスを利用する際に、There are available without having to meet the staff and valet box、ボタン1つで合図できる簡単機能! 落ち着きを放つナチュラルな色合いで統一されシンプルで利便性のあるデザインとシックな調度品で心地良い空間を演出! ゆったりとしたキングサイズのベッドにはふかふかの柔らかさが安らかな眠りを誘う2タイプの枕に睡眠の質を高める程良い硬さのベッドマットを用意! ベッドに横たわれば、From the stored and LCD TV monitor、Taste MO-PV "Moments of Delight at Mandarin Oriental.、"Oh、マンダリンに帰って来れたな♪」と喜びが生まれる瞬間が訪れます! クローゼットも広々と快適で、LL size suitcase storage easy! Wooden hanger suitable for any clothing and ironing and safe equipment、The fully decorated wall mirrors、日々の身だしなみチェックに助かります! バーカウンターには、There was a 1.1 Italy espresso maker "illy" and the beautiful Chinese pottery teapots、Tea provides love, TWG Tea tea bags、ミニバーも充実! ウェルカムスイーツは中国美術を誇る彫刻の飾り棚に吊るされた可愛らしいガラスケースにマカロンやチョコレートなど! 窓際に面したワークデスクには、Start up Guide、Case pen and Eraser、Stapler、Tape、Scissors、Clip、Post-it notes、Stationery、Stationery, envelopes etc are stored、見事な品揃えとなります! 初上海で大好きなマンダリンに宿泊できる喜びと共にGeneral ManagerのClemens Hoeth氏やDirector of Marketing CommunicationsのAngela Caiからのメッセージも頂戴し嬉しい限りです! 何よりも嬉しいのは、A huge bath has tiled marble bathrooms! Deep soaking bath and fit body in the round、足が存分に伸ばせます! 独立型のレインフォレスト シャワールームにレストルーム、Also a twin washbasins、アメニティの豊富さも流石の一言です! バスアイテムとして用意された癒やしの香りを放つバスソルトを入れ、Offer special bath while watching the night、Dressed in beautiful high-quality bathrobes、上海初日の夜を満喫致します! マンダリン オリエンタル 浦東上海 (Mandarin Oriental Pudong Shanghai) 上海浦東文華東方酒店 所在地:111...

With gratitude, "MSC splendida" Captain Josep PE Maresca!

イタリア最大級のクルーズ会社「MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.)」が運行する豪華客船「MSCスプレンディダ(MSC Splendida)」 で過ごす4日間の船旅はいよいよ最終日を迎えます! 毎日キャビンに届けられる「DAILY Program」には、More Captain Josep PE Maresca "Arrivederci!!(またお会いしましょう!)」と感謝の言葉が綴られております! 下船での注意事項としましては、Leave your suitcase,、At midnight on the eve of 1.:00Until to rule should make an outside each cabin door that、We have struggled a bit on the experience of the first。女性(わたし)はそれほど身軽ではありません! 何故なら、Arriving on the last day the evening 16:30And、Almost 1 day stay for、Time to stay a required clothing and underwear、Makeup Tools、On the left hand back valuables such as your passport and tickets、その他の荷物をスーツケースにパッキングするのです!慣れてしまえば何てことないのですが(笑) 最終日はお世話になった「Msc SplendidaYacht Club(ヨットクラブ)」の専用レストラン「L’OLVO RESTAURANT(ロリーボレストラン)」のスタッフの皆さんに心温まるおもてなしに御礼を申し上げ朝食をいただきましました! 最後に「L’OLVO RESTAURANT(ロリーボレストラン)」のスタッフの皆さんと記念撮影を! 「マセラティ 浜松」から一緒に参加した有名なパティスリー「Abondance Patisserie(パティスリーアボンドンス)」のBernard Heberle(ベルナール)& 長谷川 豊佳 (Toyoka Hasegawa)And I'm looking back the fun journey as husband and wife、デッキ上で真っ青な空をバックに記念撮影をパチリ! 若かりし頃、The crew experienced was Bernard "ships are" listening、とても有意義な時を過ごします! 上海に到着するまでの時間は、Can take to communicate with many Maserati owners spend at poolside、楽しいひととき! 予定通り「上海宝山国際クルーズターミナル(呉淞口国際郵輪港)」に到着し、Yacht Club guests will proceed according to the Guide to staff、スマートな下船となります! 大型客船の下船ということもあり人で溢れかえるターミナル! 上海紙幣の両替にお困りのカナダ人をヘルプしてあげると、Cute boy "Thank you!!」と愛くるしい笑顔を振りまいてくれました!何でも彼らは日本の三浦半島を旅した後にこの上海行きのクルーズに参加され長いバカンスを楽しまれているようです! それにしても、First impressions of Shanghai、Sometimes the weather was overcast and it was、I was surprised with too much humidity! Although the same temperature in Japan、じっとりと纏わりつく湿度が半端ない!撮影していた旦那様のカメラレンズが瞬く間に曇ってしまいました! 4日間に渡る船旅を終え、To be free from here、Travel agencies have been attended on this tour see H.I.S. Japan "by participants in Shanghai tours、Who will be returning to Japan as、Divided into 3 hands and had a free stay in Shanghai、各々のスケジュールに合わせてお別れとなります! わたし達は自由行動を選択し、Travel company "H.I.S. Japan "for use only pick-up service、By bus to the Shanghai City for about 50 minutes or so "people's square"! The taxi ride、上海にて滞在する「マンダリンオリエンタル浦東上海 Mandarin Oriental Pudong, Shanghai」へと向かいます! MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.) MSCスプレンディダ(MSC Splendida) マセラティ ジャパン(Maserati Japan)...

A gentle route avoiding the 'MSC splendida"Typhoon at sunset last night.

イタリア最大級のクルーズ会社「MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.)」の豪華客船「MSCスプレンディダ(MSC Splendida)」にて上海へ向かう4日間の航路は3日目を迎えます! 今回は、And changed the route to avoid Typhoon No.19、2But felt the waves roll of the day、Perfect weather and a fairly uneventful voyage、3What is noticeable in the morning of the day of clouds、波風立たぬ穏やかさを保った1日となりました! 船上での朝食は、"Msc Splendida – Yacht Club(ヨットクラブ)」の専用レストラン「L’OLVO RESTAURANT(ロリーボレストラン)」を利用! 殆どの乗船客が足を運ぶ一般のブッフェ形式のレストランと違い着席オーダー形式でいただける落ち着きのあるこちらのレストランに自然と足が出向いてしまいます! [ロリーボブレックファスト] わたしは洋食旦那様は和食でそれぞれにオーダー! 洋食スタイル ・前菜「スモークサーモン」 燻製を利かせたしっとりサーモンにオニオン、Tomato、レモンを添えて! ・「オムレツ(ハッシュドブラウンとトースト付)」 お好きな具材でオーダーできるため、Bacon、Ham、Mushroom、Cheddar cheese、Spinach、Tomato、玉葱と具沢山で! 「フルーツサラダとヨーグルト」 一口サイズにカットされた食べやすいフルーツとファットフリーのヨーグルトを! ・「パイナップルジュース」 レモンスライスを別でオーダーしたっぷりと入れてさっぱりと! 和食スタイル ・「明太子、Dried plums、漬物」 ご飯のお供に嬉しい小鉢が勢揃い! ご飯は、White rice、Brodetto、Choose from the rice porridge、雑穀米をチョイス! ・「焼き鮭」 焼き鮭にスライスした玉葱のソテーを添えて! ・「味噌汁」 信州味噌を用いた若布の味噌汁! ・「ミックスサラダ」 バランスの良い色とりどりのミックスサラダ! ・「緑茶」 ティーパックの緑茶はポットでいただきます! 朝食後は、Explore the ship、最上階デッキ18のルーフトップラウンジ「The One Pool(ザ ワンプール)」にて朝スプマンテ! 丁度、Mr. Guido Giovannelli (Guido Giovanelli), CEO of MASERATI Japan and be with us、イタリア人らしく朝の目覚めの一杯としてエスプレッソを嗜まれる姿がまた素敵! デッキ5のカジノでは、Slot machines and Black Jack、Are there Poker、The gift of $ 3 in guest embarkation、所持金ゼロからでも楽しむことができます! また、In the activity held on deck 7 'Aft Lounge (acht)"popularity of Mega Bingo (megavingo)、Mature big chance if you open bingo soon、最高賞金「$25,000(日本円2,750,000円)」を獲得することができるのです! 1日はあっという間に過ぎ去って行き、3At the time marks the evening of the day、最後のサンセットを楽しもうとデッキ上に多くのゲストが待ち構えます! 水平線の彼方に陽が沈む様子を皆でそっと見守り、Glee's voice echoed through the beauty of its natural on board! Looking at the Sun、A journey's end、Cause indescribable loneliness、移りゆく景色をいつまでも眺めていたい気分に浸っておりました! この夜は、At THE STRAND THEATRE (Strand Theatre) on deck 6、Paologiua & Dania magician magic show MAGIC ISLAND (Magic) is made、Deck 7 Aft Lounge provides、Party was held 1 Ofuna on is called 'Carnival Night (Carnival night)、ブラジリアンのエンターテイメントチームと共に過ごす長い夜が訪れます!...

Scroll to top