Nepal President invited to! Kathmandu, Lumbini, sightseeing & tour tour together!

Our Lade Gourmet & Hotel Web Magazine、Republic of South Asia in the friendly relations between Japan and Nepal Federal Democratic "Republic" to the "Nepal Presidential Office" of your invitation、ネパール観光&視察ツアーに行ってきました!ナマステ(नमस्ते)! 静岡県焼津市在住のネパール団体「ナマステ・ネパールしずおか」会長であり、"Fuji country Ambassador" maharjan Niles (Maharjan Naresh)Under the guide of、2015"Shimizu Lions Club" and pray for the Nepal earthquake in April 25, in unprecedented disaster recovery, supported by "makinohara City International Exchange Association.、With Yoshida-Cho International Exchange Association、Reconstruction of the current tour started.、Presidential Office visits、首都カトマンズの「カトマンズライオンズクラブ」との交流を目的にネパールの世界遺産を巡る観光も交えた視察ツアーを実地! 視察ツアーでは、Maharjan theres his fluent Japan language spoken in Japan living in Nepal who schedule and guide us so、With confidence, you can leave、初の女性大統領となられるBidhya Devi Bhandari(ビドヤ・デビ・バンダリ)大統領のおられる大統領府への訪問をはじめ、1979Reconstruction of the ancient city designated a UNESCO world cultural heritage site in Kathmandu and the photograph Kumari House visit、In the Buddha's birthplace Lumbini, pilgrimage, etc、スケジュールは満載でした! 亜熱帯のジャングルや自然に恵まれた緑豊かな国立公園、At the foot of the world's highest peak Mount Everest and the majestic Himalayan mountains、30Nepal over people quietly。Old streets and temples、Touching on the history and cultural heritage, such as、初のネパールを楽しんできました! ネパール記事はこちらのカテゴリーからご覧いただけますのでご覧ください! http://lade.jp/category/diary/travel-diary/nepal/ ...

Lunch served in the panorama restaurant Suruga routes, views of Mount Fuji "kasui".

「成田国際空港」からネパールツアーをご一緒させていただいた「株式会社ヒバリヤ」の会長である岸山惣憲(Fusanori Kishiyama)さんの御車に同乗させていただき、To send us up to Hamamatsu、途中の富士川サービスエリア「富士川楽座」内にて岸山会長が運営されるレストランにてランチ休憩を取らせていただくことになりました! 富士川SA(上り)の大観覧車「Fuji Sky View」からは、Mt. Fuji can be, not to mention urban Fuji and Suruga Bay, overlooking、大人気の観光スポットになっています!さらに、Guests can enjoy beautiful Ferris wheel drive lights were lit up at night、デートスポットとしてもお勧めです! 富士川楽座の3階には地元の名産品が並ぶお土産売り場「まるとく市場」などがあり、As a memento of the trip will be pleased! Is the food court in addition to enjoy refreshments.、多くの観光客で賑わいます! レストラや展望ラウンジ「わいわい劇場 プラネタリウム」が揃う最上階4階にある「パノラマレストラン駿河路」へ!こちらのレストランは駿河湾の美食を和で楽しむ「駿河の味処 千歳屋」と駿河湾の恵みを洋で楽しむ「駿河魚河岸イタリアン 岸山水産」が一緒になっており和洋が一度に楽しめます!岸山会長が運営されるレストランは他にも3階のフードコートにもあります! こちらは世界遺産に登録された「富士山」を大迫力のパノラマで眺望しながら、Restaurant serving Japanese cuisine and fresh seafood in the Gulf of Suruga 漁reta. On this day、We closed the Windows during the construction of the unfortunate but、普段は壮大な「富士山」を臨む絶景が待ち受けております! ネパールツアー最年長の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんと「株式会社ヒバリヤ」会長の岸山惣憲(Fusanori Kishiyama)さん、And、東京までお迎えにいらしてくださった岸山会長のお嬢様AKIEさんと一緒に食事を楽しむ中「富士川楽座」の管理部部長の久保田一幸(Kazuyuki Kubota)さんと常勤顧問の畔上啓(Akira Azegami)さんを御紹介いただきました! 「駿河海鮮丼」1,840円 ネパールから帰国したばかりということもあり日本食に飢えていたわたし達は迷わず「駿河の味処 千歳屋」のメニューからオーダー!「駿河海鮮丼」は、Take plenty of Suruga Bay from raw whitebait、Dry raw shrimp, fresh、And in the port of Shimizu tuna sashimi and scallion、豪快に駿河湾の恵みを一挙に楽しめる究極の丼です! 「海鮮丼」1,380円 レストラン二番人気で、A hearty seafood platter、存分に味わえるバランスの良い「海鮮丼」!天然のインド鮪を1本買いしているお店だからこその美味しさが楽しめ、And fried fresh squid、Salmon、Octopus、How much、穴子に海老と贅沢な品数です! 「すし三昧」1,380円 レストラン一番人気は地場の鮮魚と旬の素材で様々な味を楽しめる握り寿司9巻+厚焼き玉子の「すし三昧」です! 「桜えびかき揚げそば」1,080円(※桜えびのかき揚げは別皿で提供されます) 桜海老と言えばやはり「かき揚げ」!温かいそばの上に大きなかき揚げを乗せてサクサク食感を楽しみます! 丼には温かいお味噌汁が付き「やっぱり日本食は最高!」と一斉に声が漏れガッツリと頬張らせていただきました! 丁度、To see the current President, in, the son of the Chairman of the 岸山 have to check the restaurant、御挨拶させていただきました! この日は、And a stunning autumn Typhoon、屋上からの大パノラマの景色は圧巻です! 富士川は濁ってしまっているものの、In a stunning cloudless sky、雪化粧する前の貴重な「富士山」を捉えることができました!こんなにも素晴らしい景色は数十年振りと仰っておられ帰国早々にラッキーな体験を致しました! 静岡を代表する世界遺産となり美しく雄々しい「富士山」を背に皆さんで記念撮影!この後我が家の愛車を預けてある「マセラティ浜松」まで送っていただき長きに渡るネパールツアーを無事に終えることが出来ました!杉山さん、Mr. 岸山、AKIE Mr.、As you will find with us、本当にありがとうございました!...

Of Thailand to Narita International Airport in Japan from suvarnabhumi international airport

タイの首都バンコク(Bangkok)にある「スワンナプーム国際空港」より「タイ国際航空」にて、After approximately 5 hours and 50 minutes of flight、日本の「成田国際空港」へ到着!時刻は日本時間の朝6時40分を迎え秋の凛とした空気を感じます! この日は、9In the three-day weekend last day of month、台風18号の被害が心配されており、But I was concerned about land to the Narita、Good luck and North direction of the Typhoon、無事に帰国することが出来ました! こちらの空港でも係員の方が出迎えにいらしてくださいり空港内を優先的に案内してくださいます! 台風一過の雲の下は、Cool autumn air has spread、ネパールでの暑さから一気にクールダウンした気配を感じます! 空港出口にて、With the last set、労i journey、ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)Is it to tell you thanks! Originally the guide is not our core business.、Paid leave for their own use.、Us to contribute to the tour、ネパールの魅力を大いに伝えてくださったナレス(Naresh)さんに拍手!そして、All Nepal tour 11 days been with us at least、こちらにて解散となります!大変お世話になりました! 空港では丁度ネパールからいらしていた大臣をお迎えするためにいらした「駐日ネパール国大使館」の臨時代理大使を務められているクリシュナ・チャンドラ・アリヤル(Krishna Chandra Aryal)さんにお会いすることができました! ネパールの大臣は偶然にも同じ機内でのフライトでございました!ネパール男性の伝統的な正装の「ドウラ・スルワール(Daura Suruwal)」のデザインは本当に素敵ですね!こちらの大臣は、The other day、With the recently appointed by、この日も日本でのイベントに参加されるために来日されたようでした! 「成田国際空港」からは新幹線にて帰浜する予定でしたがネパールツアーをご一緒させていただいた「株式会社ヒバリヤ」の会長である岸山惣憲(Fusanori Kishiyama)さんが「足が不自由だろうから」とお迎えにいらしたお嬢様のAKIEさんの御車にわたしたちも同乗させていただけることになりました!岸山さんも長旅でお疲れでしょうに、"Like can lengthen legs to the front passenger's seat" and gentle care seat and giving us、本当に感謝感謝で御座います!...

New "miracle lounge, rest of the suvarnabhumi international airport

「ネパール連邦民主共和国」から日本への直行便はないため「タイ国際航空」のフライトにてタイの空の玄関口となるバンコク(Bangkok)の「スワンナプーム国際空港」へ一旦降り立ちトランスファー致します!時刻はタイ時刻の18時30分に到着し、Window spreads all of neon signs! Greetings in Thailand、Savadirklac (pool) / カー(สวัสดี ครับ/ค่ะ)! 「タイ国際航空」の係員が車椅子申請の確認にいらしてくださり次なるフライトへの案内をしてくれました! 「スワンナプーム国際空港」は大変大きなハブ空港となるため、Appropriately with difficult taste in a wheelchair! Because they can afford about 3 hours until the next flight、休息を取るためにラウンジへと案内していただきます! 「スワンナプーム国際空港」に2017年3月6日に新たに7つ目のラウンジとしてコンコースDに誕生した「ミラクルラウンジ(Mirackle Lounge)」へ!こちらも「Priority Pass プライオリティパス」で入れるラウンジの内の1つとなりますので、At the reception desk、Priority card and passport、航空チケットを提出し入場致しましょう! ラウンジは広々と余白のあるゆったりとした空間で整然としておりシンプルで落ち着きのあるテイストの内装を用いているため雰囲気の良さが感じられます!長時間のトランスファーにも対応できるようシャワールームも完備されており便利です! カウンター席には、PC is equipped with、Free Wi-Fi-only lounge, you can use the Internet。Because there is an outlet for、バッテリー充電も可能です! ラウンジ内での飲食は自由にセルフサービスとなります! 温かいホットディッシュも並びソースなども多様に用意されています! 和のテイストで巻き寿司などの用意もあり、Cold Pinchos type of easy-to-eat hors d'oeuvres, fresh salads and fruits, are rich in、軽食からメインディッシュにデザートまでが全て楽しめます! 冷蔵庫内には、Introduction to alcohol、In the soft drinks are fully stocked、もちろんコーヒーマシーン等も設置されています! 何より嬉しいのが、Hot Thailand dishes in the central kitchen is made per order! In the glass-fronted kitchen overlooks、And filled with the presence、清潔感も保っております! 現地のタイ人シェフが作ってくれる本場のタイ料理! 「クイティアオ(ก๋วยเตี๋ยว)/ センミー(เส้นหมี่)米麺」しっとりとしたチキンとあっさりとした出汁でいただく極細麺の米麺「センミー(เส้นหมี่)」をオーダー! 「カオマンガイ(ข้าวมันไก่)」鶏スープで炊いた御飯に茹でた鶏をのせ辛味ダレをかけていただくタイの人気料理です! 「センミーパット(เส้นหมี่ผัด)」極細麺の米麺「センミー(เส้นหมี่)」を用いたタイの焼きビーフンです! アルコールは飲めませんが、Taste the atmosphere alone、Pour ginger ale into a champagne glass and a toast! Because you body was cold, keeping both ankles for、温かくスパイシーな料理と濃厚なポタージュスープで身体の芯から温まりました! 夜21時30分にボーディングタイムを迎えツアーメンバーと合流致します! 「スワンナプーム国際空港」より「タイ国際航空」にて日本の「成田国際空港」までおよそ5時間50分のフライトです!...

Nepal tribuvan international airport to suvarnabhumi airport in Thailand

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へ渋滞もなく到着!最後の最後まで天候に恵まれこの日も格好のフライト日和です! 一同、Their luggage, hand、Departure airportへ向かいます! 空港内では象足のように腫れ上がった負傷中の両足首の負担を軽減させるために車椅子を申請していただきました! 偶然にもナレス(Naresh)さんと内藤ゆみ子(Yumiko Naito)先生の知る著名な写真家の大村次郷(Tugusato Omura)さんに遭遇しました!大村(Omura)さんは、By a photographer who is active mainly in Asia、1977年には「聖なるカトマンズ ネパール(山と溪谷社)」というネパールで撮り納めた写真集を出版されています! 行きと同じく帰りの便も「タイ国際航空」にてタイの首都バンコク(Bangkok)の「スワンナプーム国際空港」でのトランスファーとなります! 車椅子は最優先にて案内していただけるようで、While everyone is watching、The first boarding. If you can't climb ladders are on their own、That is to use stair lift can carry a wheelchair each、I am slowly by hand forces forcibly unassisted went up! You'd better hurry impatience waiting for other passengers going to and、"Slowly, I'm alright! "And the cabin crew were constantly attendants gave us! People with disabilities of the body usually what feelings do not、Could have received such a sense。This time、It injured the foot while on tour、We apologize for any inconvenience to tour members are、During the inconvenience、Can touch everyone's kindness、Scenes such as this will go to meet、As soon as I want to be the person can act by replacing himself with all that。More than anything、My husband was the one closest to the、Me with my minutes、I can't sleep in pain my feet cool、Me dancing with me to avail、Really saved me the kindness! By chance、"I wonder if old age care safe now? "And the 過rimashita head、全てお互い様の精神で生きていければ幸せですね♪ 窓から伺えるカトマンドゥ(Kathmandu)の景色ともお別れです!フェリベトウラ!(फेरि भेटौला)また会いましょう! 座席も最前列にしてくださったおかげで、You can stretch your legs free、Overlooking the flight and told the doctor to prevent oppression! The cabin is always wish alcohol、From knockout it takes days of abstinence。For cinnamon with plenty of nice warm Frost (Nepal milk tea).、ほっこりと身体を温めます♪ 「タイ国際航空」の機内食はいつも楽しみにしています!今回はチキンを選びました! バンコクの「スワンナプーム国際空港」までおよそ3時間30分のフライト。Photo by looking、楽しかったネパールツアーを思い返しながらのフライトとなりました!...

9 day finally came the last day breakfast and pensions area walks

Nepal tour 9 day and last day、パタン(Patan)のプルチョウク(Pulchock)地区にある「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」で迎える朝食も最後となります!この日は、To cherish each day in Nepal、民族衣装の「クルタ・スルワール(Kurta Suruwal)」を身に纏い額にはティカ(Tika)を付けネパリースタイルで帰国!ナマステ!(नमस्ते)おはようございます! ペンションの朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1Foods $6.5(Japan yen approximately 728 yen) becomes increasingly! It is a breakfast of the last days I'm happy as long as Japan! Also、炊きたて御飯にツアーメンバーの片平仁男(Kimio Katahira)さんが持参された自家製梅干しをいただき、The time of bliss! The ideal breakfast、やはり日本食にあります! 朝食の後は、For about an hour until the set time、And to walk around the hotel、以前から気になっていたショップ「レディメイド・クルタ・パサール(Readymade Kurtha Pasal)」へ入店! お母様と家族経営で営む娘のレシュマ(Reshma Joshi)のショップでも、Tell you about design、クルタ(Kurta)を見せていただきパシュミナのストールと一緒に購入しました! クルタ(Kurta)は華やかなデザインも多く、Effective aperture in the Westmark design comes the feminine line、若い女性に人気のようです♪ 大人びた感じでも未だ若干24歳のレスマ(Reshma)に「あなたは一体幾つなの?」と聞かれ、"I am 44 years old. "and to tell you、お母様とレスマ(Reshma)は目をまん丸くして驚いております。"What should I do、For being so young? "The question、But my husband see It & # 8217s; s a Magic!」と教えて笑いを取っておりました(笑) ペンションへ戻るとガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)さんとお母様のプレマヤ(Premmaya)さんと妹のリタ(Rita)がお見送りにいらしてくれました!とても優しく面倒見の良いリタ(Rita)には、Nepal to teach many an enjoyable day。The next time、会う時には「サリーにトライしようね!」と約束をしました♪ 「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の秦延明(Nobuaki Hata)さんと奥様となるサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さんには本当に良くしていただきました!日本人オーナーならではのおもてなしの心が感じられるアットホームなペンションを皆さんも是非ご利用ください♪ ツーリストバスのお迎えがあり、Luggage is starting! Farewell to this life also soon became accustomed to it that when I was facing for、If you have the opportunity、もう少しゆっくりと滞在したいですね♪ パタン(Patan)より車でおよそ30分ほどの首都カトマンドゥ(Kathmandu)にある「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へ向かいます!...

Japan restaurant pattern "danran" Nepal's last dinner

ネパールはパタン(Patan)のプルチョウク(Pulchowk)地区にある日本食レストラン「だんらんレストラン(DanRan Restaurant)」にて、Nepal last day on the eve of the last dinner to enjoy! This is、日本人オーナーの内藤純子(Junko Naito)さんがネパールをこよなく愛する御主人と共に、2003Since being opened in April、ネパール在住の日本人の憩いの場となりながらも地元ネパール人にも愛される人気店となります! この日、Nepal's last supper decided Japan food、お世話になった「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の日本人オーナー秦(Hata)さんからのお勧めがあったからです!日本食レストラン「だんらんレストラン(DanRan Restaurant)」は、Pension assert than it would within 10 minutes! At that time、内藤(Naito)さん御夫妻がレストランをオープンする際にネパール在住歴の長い大先輩の秦(Hata)さんには大変お世話になったとのこと! 日本人オーナーの内藤(Naito)さん御夫妻は飲食経験ゼロの状態で住んでいたアパートのキッチンで「日本食のお弁当」を作り配達するという仕組みで小さくスタートするも、Some customer testimonials encouraging offices shops、「ネパールで日本食レストランといえばDanran!」と言われるほどまでに繁盛されています!14年経った今でも、Taste of home cooking in Japan to tell the、ネパール人スタッフと共に日々奮闘されているそうです! この日の夕食は自由行動だったためツアーメンバー最年長81歳の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんがツアー中にお世話になった御礼にと奢ってくださいました!杉山さんは1日たりとも欠かさず飲まれていたビールをこの日も美味しそうに楽しまれておりました!わたしは、Since alcohol was a technical knockout、「ネパールハーブティー」140ルピー(日本円にして約150円)をオーダー! 「アサヒビール・スーパードライ」450ルピー(日本円にして約482円) こちらDanranでは日本銘柄のビールが頂けます!やっぱり日本のビールは最高に美味しいと男性陣は喜んでおりました! お通し「豆腐と野菜の煮物」醤油ベースの煮物が妙に嬉しくしっかりとした歯応えの豆腐にも味が滲みてます! お通し「野菜揚げ」ゴロゴロっとした大きさにカットした人参やジャガイモを揚げた一品! 「自家製チャーシュー」420ルピー(日本円にして約450円) しっかりと味の滲みた厚切りのチャーシューは食べ応えがあり煮玉子も付いてきます! 「ほうれん草の胡麻和え」220ルピー(日本円にして約235円) 一番日本を恋しく感じた一品はこちらの胡麻和え!シャキシャキのほうれん草の香りと胡麻の風味が堪らなく美味しいです! 「揚げ出し豆腐」460ルピー(日本円にして約492円) 生姜に大根おろしの薬味を乗せた揚げ出し豆腐はまさに和食の定番!とろみのある餡がしっかりと絡まります! 「自家製手打ち豚骨ラーメン(Small)」490ルピー(日本円にして約524円) 「〆にはラーメンがいい!」とオーダーした主人は久々の日本の豚骨ラーメンに喜んでおりました! 「御飯と味噌汁」150ルピー、200Rupees (approximately 160 JPY Japan Yen、214円) 「梅干しありますか?」と聞いたところ、"Plum for queue there if Japanese apricot" with so、Thank for apricot、Rice and miso soup to taste、ほっこり大満足のディナーです♪ テラス席で豪快に「ビーフステーキ」700ルピー(日本円にして約750円)とビールを平らげていたツアーメンバーの皆さん!最後の最後まで楽しく過ごせたのも本当に皆さんのおかげです!ありがとうございました!...

In the Nepal national costume [Kultur & SL world"challenge in style!

The final day、And enjoy the end of Nepal、パタン(Patan)の「ダルバール広場(Durbar Square)」付近で気になっていた民族衣装のショップへ向かいます! ネパール人女性がお洒落を楽しむために足を運ぶ「Mini’s Collections」へ!今回のネパールツアーを記念して、I want to pick up with a Nepal women clad in their costumes and、Many many went to the one that、Our hospitality in the most polite、デザインの気に入ったショップはこちらでした! オーナーのミニーシャ・シャカ(Minisha Shakya)に、Bright orange and green with integrity、Like in shades such as blue clear、Studded neckline bijoux ornate designs that communicate、それに合うクルタ(Kurta)を何点も広げていただきました! ネパール人女性は伝統的な民族衣装サリー(Sāṛī)の他にもゆったりとし丈の長い上着クルタ(Kurta)と細長いパンツのスルワール(Suruwal)のセットで 「クルタ・スルワール(Kurta Suruwal)」を身に纏います。Sally、And considered the winding cloth on their own hard、Click here feel free to choose! I love costumes、Dress-up doll to try this or that while spend blissful hours! Finally、In a perfectly fit my taste and my husband's favorite so far、数点のクルタ(Kurta)を購入させていただきました! 根気良く丁寧にいろいろアドバイスしてくれたオーナーのミニーシャ・シャカ(Minisha Shakya)のおかげで、I also get the desire in style! Patterns that will benefit from、是非「Mini’s Collections」へ!...

Kathmandu Durbar square at the entrance to the coffee shops Nepal Tea House

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「ダルバール広場(Durbar Square)」の入口にはお土産を購入できるショップが立ち並んでおります!今回ネパールツアー中に何度も頂いた「チヤ(砂糖入りのミルクティー)」がとても美味しかったため帰国後に自宅でも「チヤ」が楽しめるよう「ネパール紅茶」もお土産にしようと思っておりました!「ネパール紅茶」を取り扱う茶葉専門店をあちらこちらで見掛けるものの、SIS decided none selecting a good、After all、ガイドのナレス(Naresh)さんのお勧めのお店へ伺うことにしました! 首都カトマンドゥ(Kathmandu)の「ダルバール広場(Durbar Square)」の入口に立ち並び、1983年に開店されたネパール紅茶専門店「ネパール・ティー・ハウス(Nepal Tea House)」へ!怪しい手書きで「いらっしゃいませ」と日本語や中国語で書かれた看板が目印です(笑) 店内を奥に進むと、Many of the walls are lined with tea! In the over the counter、For Frost, tea leaf Assam CTC tea、Assam gold leaf、Ilam tea、In addition to the Darjeeling tea、Very rare white tea and Silver tips、Puwamai green tea as well as some deals! "Frost for" tea leaves "CTC"、Crush (crush)-、Tear (tear)、Is the name Agnetha in curl (round)。Tea leaves、それぞれ100g単位での購入が可能です! オーナーにお勧めの茶葉を伺うと、So he let me sniff scent of tea can all、Pick anything that even smells the most noble、こちら「Himalayan Shangri-la Gold(Breakfast Tea)」を購入します!ちなみに、The owner of this restaurant does not help any discount。「誰が来ても値引きしない!」がこちらのオーナーのマイルールだそうです! カラフルなボックス入りや細やかな木彫りの入った木箱入りは茶葉の価格に+αが入りますが贈答用に購入♪ さらに、He told us the most expensive tea leaves in this shop、やはり希少価値の高い茶葉が出て来ました! 「ヒマラヤン・シルバー・チップス(Himalayan Silver Tips)」は、And wearing the white downy hair (Silver tips)、Only the core buds haven't opened yet、Them carefully by hand picking、自然に乾燥させた茶葉になります! 「ゴールデン・ニードル(Golden Needle)」は、Sweet like chocolate、風味豊かな紅茶となります! 店内でオーナーとの会話を楽しんでいると表が急に騒がしくなり不思議に思っていると「大統領がお帰りになるよ!」と教えてくれたおかげで、Just at a glance、車内の後部座席にいらっしゃったビドヤ・デビ・バンダリ(Vidyā Devī Bhaṇḍārī)大統領をお見掛けすることができました!偶然にも素敵な思い出となりました♪...

Everest coffee at coffee bean shop "Lasso-Everest" as a souvenir!

ネパールの豊かな大地に育まれた珈琲豆「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」を取り扱う珈琲豆卸専門店として日本へ輸入販売も行う「ラッソー・エベレスト・インターナショナル(LHASSO EVEREST INTERNATIONAL)」へ!こちらでは、In addition to wholesale coffee beans has been trekking Guide, restaurant、多角経営で活躍されています! 「清水ライオンズクラブ」と「カトマンドゥ・ライオンズクラブ」との交流会でご縁のあったサンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長にお願いし会社訪問させていただきました! 「清水ライオンズクラブ」で今回のツアーリーダーを務める浅井政則(Masanori Asai)さんがサンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長に価格交渉してくださいました! 以前浅井さんはこちらで「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」を購入して日本へ持ち帰ると、It so very pleasing it around to、今回も大量に買ってきて欲しいとお願いされていたそうです♪ 「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」は、Will be produced in the foothills of the Himalayas called the Northern coffee beans are produced in Nepal "Arabica" coffee beans。Altitude 1000-ripe beans grown organically grown at altitudes of 1600 m carefully picked by hand、Wet method with affine、Are dried in the Sun。By adopting natural farming without pesticides、Peace of mind and passion poured into providing gourmet coffee。Many of the villagers involved in the process of the coffee beans can be、You can earn。サンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長は、Especially not on a large scale farm、In that small farms in poor villages、コーヒー栽培に関わる人々を支援し続けられているのです! 今回は「エベレスト・コーヒー(THE EVEREST COFFEE)」の「ミディアムロースト」と「ダークロースト」に焙煎された珈琲豆と「生豆」の3種類を購入し、Gifts for our friends in Japan! In Nepal、あっさりと仕上がる「ミディアムロースト」が人気のようです♪ サンタ・ビール・ラマ(Sata Bir Lama)会長は、It is a pioneer as Nepal exported coffee beans in Japan for the first time! By me drinking coffee taste mellow in Nepal、Lead to the independence of poor villagers in Nepal。1Even as many people like to know Nepal coffee、日本での販売もされています!...

Lunch at Tibetan cuisine located in the Thamel district of Kathmandu Valley "gyrince"

In the heart of Nepal's capital Kathmandu、 世界中のバックパッカーや登山者などをはじめ、Tourists gather.、雑多な雰囲気を醸し出すタメル地区(Thamel Chowk)へ! こちらの地区は、Many cheap accommodation and、From cheap prices、Around the world backpackers and climbers who sanctuary is now also looking、Cheap gourmet world where it will be! As Japan Japanese、Ramen、Grilled chicken、巻き寿司などが提供される「東京居酒屋(Tokyo Izakaya)」などもあります! スーパーマーケットの「Shop Right Supermarket」では何でも揃います!100円前後で購入できるバラマキ用のお土産が必要な方は立ち寄ると良いでしょう! 観光客が多いこともありショップも軒並み連なります! 人力三輪車リクシャー(Rickshaw)は、An exotic atmosphere is useful、There are touts for tourist visitors learn for、事前にきちんと価格交渉を行いましょう! 格安宿や土産物屋、Thamel district lined with restaurants featuring international cuisine。特に登山者向けのトレッキング用品やスポーツ用品店が多い印象です!ツアーメンバーの皆さんはこちらでネパールの伝統的な織物「パシュミナ・ストール」を大量に大人買いされておりました!パシュミナ100%であれば、In Japan as luxury items to more than 10000 Yen、現地では1枚3,000円程度とお安く購入できます! 今回ツアー中に初めて自由行動となったため、Philistine in Thamel area restaurants NET、チベット料理の有名店「ギリンチェ(Gillingche)」にランチにやって参りました!場所はとても分かりづらく、To become a location a little set back from the road、Google Mapで確認することをお勧めします! カラフルな店内で明るく、To a little lunch break、店内はわたしたち夫婦のみの貸し切り状態!いつもは大勢の人で賑わう人気店のようですがラッキーです♪ アルコールはドクターストップがかかったため炭酸水「キンリー(Kinley)」60ルピー(日本円にして約64円)にレモンをギュギュッと絞っていただきました! 「テントゥク・チキン(Thenthuk Chicken)」150ルピー(日本円にして約160円) 日本でいうきしめんのような、Like the hoto、Like the Udon noodles、Or even like lasagna (? ) Tibetan filling squares by noodle soup noodles! And contains plenty of vegetables and jelly、The spice is attentive.、優しい味わいでタンメンのようなあっさり感があり、Some nice thick soup for、Remains warm even when you can have delicious food! At your choice、添えられた辛味調味料を足して味変すると良いでしょう♪ 「モモ・野菜(MoMo Vegetable Pan fried)」180ルピー(日本円にして約193円) ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。Steamed、Grilled、Deep fried type and divided、Seem to be using bean jam in the Buffalo。Have to jam ingredients:、Become the mainstream of us along with a spicy sauce。"Type steamed" Momo is tested in a variety of restaurants、So bake、今回は”焼きタイプ”をオーダー! こんがりと焼かれたモモの皮は薄く、In a crispy texture、Chose vegetables you are、With so much veggies, and spicy bean Curry、香ばしさが堪らなく食欲をそそります!添えられるソースにたっぷりくぐらせて頂くと尚美味しいです!モモは日本人にウケる味わいだと思います♪ お腹も一杯になり大満足なところで、Location and tour members、ショップ巡りをしていきたいと思います♪...

First experience abroad! Examination of both ankles on pattern of private hospitals "Alka hospital.

ネパールはパタン(Patan)のプルチョウク(Pulchock)地区にある「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から迎える8日目の朝!この日の朝ツアーメンバーの皆さんは「カトマンドゥ・ライオンズクラブ」との朝食会にお出かけされたため静かに夫婦2人での朝食となります!「聖園」で”毒虫”に噛まれた両足首の状態は、On the other hand the worse day by day、The worst, State notes does not work pain relievers、This day's take care、午前中はペンションでゆっくりさせていただくことになりました! ペンションオーナーの秦(Hata)さん夫妻に足の状態を相談すると、Near the pension there is a hospital in、オーナーの奥様のサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さんの妹のミラ・シャカ(Mira Shakya)さんが病院に付き添ってくださるとのこと!ミラさんは、At the back of the suspension has been active as a daycare Director、日本語がお上手で本当に助かりました! ペンションより徒歩数分圏内にある私立病院「アルカ・ホスピタル(Alka Hospital)」へオーナーの秦(Hata)さんが車で送ってくださいました! 海外での体調不良は未経験で、Even the Act of going to a hospital abroad of course became the first experience、一抹の不安が隠せません! 通常は大変混み合う病院とのことですが、This is free, good luck with that。Also、Thanks to the suspension to the reservation、Without waiting for smooth called name、診察室に!診察してくださったドクターのアミット(Amit Amatya)さんは、In a friendly, young、Symptom questionnaire polite to us.。Results、"Insect bites by allergy" and diagnosed me、"Nothing but don't worry! It's okay! "The word、It is a hot stroking the chest up! Apparently in Nepal、Allergic to damage of the insect by foreigners is no less! But both ankles swell like elephant、Although strange heat comes、Although aggrieved or scary anti-virus、本当に安心しました! 今回は、Was prescribed topical cream antihistamine drug and allergy! So there will be pharmacy near the hospital in Nepal、処方箋を薬局で提供すれば良いのです! 病院の診察料は、Had injections and x-rays for、500ルピー(日本円にして約535円)とお安かったのですが「抗ヒスタミン薬」は102ルピー(日本円にして約110円)アレルギー用の「塗り薬」は130ルピー(日本円にして約140円)と、Too much is! Originally、But if you take antibiotics to get better、Two days later was scheduled to return to Japan for、ドクターのアミット(Amit Amatya)さんより、"Once I return home immediately in dermatology, antibiotic prescribing," Whats the advice? That was my first experience in a foreign hospital、付き添ってくれたミラさんのおかげで緊張も和らぎ、Safety was confirmed. In foreign countries、Assuming that such accidents occur and、言語が通じる日本人オーナーのペンションというのは有難いものですね!...

Scroll to top