Edomae sushi at a modern hide-at-home with 6 counter seats to commemorate the 9th anniversary of toyohashi sushi taketo wedding anniversary!

February 22 is the 9th anniversary of our marriage. The cherry blossoms have begun to bloom in Lake Sanaru near my home, so I feel the merry of spring. On this year’s anniversary, we visited “Sushi Takemoto”, a sushi restaurant with only 6 seats at the counter, next to “Mantaro Sushi”, which has been in...

I rented Fujieda's French restaurant with a friend to celebrate my "Lagap" birthday.

11Monday, September 9、47Celebrating my birthday when I'm 20 years old、藤枝の「フランス料理 レストランラガップ L’AGAPE」を旦那様と友人が貸切にしてくれました! ここ数年は海外で迎える誕生日が定番になりつつありましたが、In this corona、Because even outings outside the prefecture, let alone overseas, are under severe conditions、今年は静岡県内のお気に入りのお店をセレクト! 先日、With the opening of the shop、Takayuki Matsushita of restaurant Lagap gave me a wonderful celebratory flower.、「バースデーはラガップがいいな♪」と旦那様にリクエストさせて頂きました! 随分と久しぶりに電車に乗り、Swaying and shaking、1 hour to Fujieda Station。"Mask"、"Disinfect your hands in small numbers"、"Spacing with Social Distance"、We who have learned such actions as a matter of course。I think that there were a lot of people who spent quietly with few conversations on the train.。 Restaurant Lagap in a corner of a tenant building along Qingdao Junior High School Street in Aoba-cho, Fujieda City。 Matsushita, owner-chef Takayuki (Takayuki Matsusita).、Tokyo、Gain some experience in your stores in the Kansai region、After training in France、2008Independence in September、12To the restaurant where the years flow。わたし達夫婦も2013年に訪れてから早くも7年以上通い続けているお気に入りのレストランとなります! 店内はシンプルに白を基調とし、A restaurant full of a sense of privateity with about 10 seats。What's more, thank you.、Because it becomes a charter reservation this time、テーブル席を悠々と使わせていただけます!(感謝) ランチメニューは1,800円の気軽なAコースから、Up to 10000 Yen course with Chef's seasonal ingredients and capable of handling 5-course、In the course of all Pan (pork Rillettes with)、Soup, and Cafe、It will be with dessert.。On this day、Tell Chef Matsushita what you like、おまかせコースで持ち込みワインと共に至福のひとときを楽しませていただきます! 同席してくださった藤枝出身の友人・杉浦明さんは、He's been on lde a few times.、I'm a little wonder if you know、If you were active as a manager of the opening staff of the former "Maserati Hamamatsu"、Now it's independent、New cars and used cars、販売整備をされる会社「Garage Sugiura(ガレージ杉浦)」を開設されています! クラシカルでレアな車から定番の車までメーカーや車種問わずに丁寧に対応してくださるので、If you have any problems with your car、Please feel free to consult with us.。My mother is also very much indebted to me.、If you say "Mr. Sugiura when you are in trouble" and say a voice、飛んで来てくださるので安心してお任せすることができます! さて、As a congratulatory Champagne、「ペリエ・ジュエ グラン ブリュット(Perrier Jouet Grand Brut)」を開栓し乾杯! ピノ・ノワールをベースにピノ・ムニエがフルーティーなまろやかな丸みと肉厚で複雑味を感じる深みと余韻が続き優雅なコースの幕開けに相応しいワインとなります! 「フォワグラのテリーヌ キャラメリゼ」 此処に来たらこの前菜は外せない一皿です! マデラ酒とシェリー酒でマリネし、Caramelize fragrant terrine of smooth foie gras melting in the mouth。Served with toasted brioche and red ball puree、The time of bliss came every bite of rich foie gras.、Enjoy the deep taste、Excellent compatibility with Champagne! "Hokkaido cod cod with potato crepes wrapped in egg" Inca mezame、Milk、Flour、Crepe dough made with butter wrapped in a true white child is wrapped and baked.。 The sauce is made with cream sauce made with Madera and white wine.、Fluffy crepe with the fragrant aroma of potatoes and butter、It is gently licked by Shirako as if it were a duvet.、She faints in agony to a very cute Shirako! "Smoked Oysters from Lake Hamana Taro Galette" Smoked marinated oysters、Garette with Taro。In winter, you have to eat oysters before you start! Oyster fries are a staple in our house.、Oysters will also feel happy if cooked like this! The sweetness and smooth texture of the taro galette and garlic flavored sauce will whet your appetite! Marcel Dice Gewurztraminer 2007: Lychee and flower fragrances、余韻の長いアルザスのワイン! 「湯種自家製パンとフランスパン ポークリエット添え」 湯種製法を用いてふんわりもっちりと甘い香りが立ち込める丸パンとフランスパンはスープとの相性抜群です!添えられるポークリエットに合わせていただきます! 「春菊のスープ」 玉葱、Potato、煮詰めた牛乳と水で煮出してスープのベースを作りその中に春菊の葉を入れて軽く煮た後ミキサーにかけて滑らかに仕上げたスープ上品且つまろやかなスープは鼻に抜ける芳しい春菊の残り香が春菊好きには堪らない一品! 「根室産鹿肉サーロイン ロースト」 こちらで毎年仕入れられている根室産の仔鹿背肉部位の芯だけをローストし赤ワインベースのソースに焦がしバターの風味を加えて仕上げ付け合わせには赤ワインとヴィネガー蜂蜜などで煮込んだ赤キャベツのワイン煮と焦がしバターで人参を蒸し煮し煮詰め牛乳とブイヨンで煮出したピュレを添えてラガップのメイン料理のポーションはボリューム感があり噛めば噛むほどに野生の旨味が感じられるジビエ料理肉厚ならでは旨味と食べ応えが楽しめます! 「フランス・シャラン産 窒息鴨のロースト」 こちらのお店でわたし達夫婦の一押しメニューがこのビュルゴー家シャラン産の窒息鴨です。Do not eat the duck in this shop!、Will life.、きっと(笑) エトフェ(窒息)とは、Originally、Put the needle to the back of the neck、And in a State of suspended animation、The bird carcass without removing blood.、Is there a way to ETFE with electric shock in recent。By letting ETFE、With engorged blood in the body of the duck、As a result the blood into the meat rotates。Thereby、Strong flavor of duck meat containing iron is delicious。 エトフェ(窒息)した鴨肉に煮詰めた蜂蜜を塗って皮面を焦んがりとローストすることで香ばしさが増し肉の旨味を逃さずに仕上げられています今回も見事な火入れでナイフを入れる瞬間にその味わいが想像でき、Get big smiles。噛むと皮面の香ばしさが旨味となり肉厚な部位は適度な弾力がありジュースが溢れ出ます。And spread, rich with juice、Body and soft and moist and rich, smooth。 もう何度頂いたかわからないほどの一皿ですが飽きることなく至福の時に導いてくれる一皿です! 「オスピス・ド・ボーヌ(Hospices de Beaune)...

"Kamakura Kotomi" Old Private House Italian Dinner Full of Live Feeling To Taste at the Counter Seat

*This is the information that stayed in March 2020.。 Away from the hustle and bustle of kamakura, an ancient city、安政2年(1855年)創建の由緒ある邸宅地を古民家ホテルとしてリノベーションした「鎌倉古今 Hotel Kamakura COCON」は、There is a sense of privateness unique to a single house、大人達が安らぎのひとときを過ごすに最適な場所として生まれ変わっております! 夕暮れ時が過ぎ、Here we have a quiet night、施設内に同時オープンさせたイタリアン「Restaurant COCON(レストラン古今)」でのディナータイムがやって参りました! レストランは自然派レストランとして有名な山形のイタリアン「アル・ケッチァーノ(Al che-cciano)」の奥田 政行 (Masayuki Okuda)Will be supervised by the chef。 Shinichi Ikeda, a new Miyazaki native (Shinichi Ikeda)Hired chef、Has been started with a new menu configuration、Carefully selected kamakura vegetables and fresh seafood from Sagami Bay、It is offered a body-friendly Italian that brings out the goodness of the ingredients by a simple and healthy cooking method conscious of local ingredients.、ランチとディナー共に前日までの完全予約制となります! 安政2年の創建時のままに残る立派な支柱や梁の重みを感じる空間に用意されたカウンター10席のみのオープンキッチンでは、The distance between each guest and the chef is close、一皿一皿ライブ感溢れるパフォーマンスを楽しむことができる理想の形をしています! この日の夜も、Leave it to The Sommelier as well as last time.、I'd like to have a pairing to match the course dish.、先ずは細やかな酸とミネラル感のある大らかな果実味が魅力的な「Champagne」にてスタート致します! ①「岩牡蠣と柑橘ヨーグルト」×「クロード カザル / Cult All NV (Claude Cazals) / Carte Or)」 宮崎からの岩牡蠣は、Yogurt and lime、orange、Hinata Summer、Combine fresh citrus such as golden citrus paste、Sprinkle lemon sorbet on top、一口でいただきましょう! ふんわりと磯の香りが漂い、The taste of milky oysters spreads in the mouth.、ヨーグルトの酸と柑橘の残り香が海の瑞々しさを引き立ててくれています! ②「ピッツァ」 軽くボイルしたホタルイカに、Mini tomatoes and black olives、ケッパーの酸と共に楽しむミニサイズのピッツァは手でいただきます! ③「アオリイカとうるい」×「花邑 出羽燦々 純米吟醸」 白と緑で彩り春らしさが漲る一皿!5日程寝かし、Aorica finished with a lot of light、Geso and empera put in a vacuum around 60°C.、Freshly picked wild vegetables and ryou、I'm son of a year.、Combine sliced green tomatoes with crispy texture、Different texture combinations! Two sauces of Blatter cheese tightened with brilliant basil and lemon acid、添えたディルの残り香で余韻も楽しめます! 秋田県「両関酒造」が造る純米吟醸「花邑」に合わせフレッシュ感がありつつも柔らかく幅のある味わいが楽しめます! ④「鰆45℃と新玉葱」×「ホワイトヘイヴン ソーヴィニヨン・ブラン2018(WHITE HEAVEN Sauvignon Blan)」 45℃の火入れで鰆の水分を保ったままの状態に仕上げ、Finally, they'll give you a skin in front of you.、香ばしい香りが立ち込め食欲をそそります! 真っ白な新玉葱のとろみあるピュレに鰆を浮かべ、Charville and Itapase、シブレットを添えて! 丸ごとローストし甘味を強く引き出した新玉のため、Add ed white wine vinegar acid、甘酸っぱさを楽しめるソースに仕上げられています! ニュージーランドのソーヴィニヨンブランに合わせ溌剌とした酸味と弾けるような果実味はフレッシュ感漲る美味しさを楽しみます! ⑤「筍のアルフレッド」×「クローズ・ド・エルミタージュ・エキノックス 2018(Dom. des Lises Equinoxe)」 岩手出身の20代の若手スーシェフが担当するパスタは、Homemade Noodle Sonti Fettcine、Parmigiano Reggiano、バターを使用して作るフェトチーネ・アルフレッド! 三重県で採れた旬の筍を敢えて大きめにカットして合わせ歯応えを楽しむ濃厚クリームパスタです! 日本の和ハーブとなる木の芽の香りが溜まりません! 「シラーの溢れんばかりのフルーティーさをジューシーに楽しめるビストロワイン!」をコンセプトに掲げたフランスはローヌのワインは軽やかなタンニンと心地良い酸が活き活きと感じられる新鮮さが楽しめます!...

"Kanerin Eel Shop" Immunity up by attaching stamina with the eel weight of the nutritional full nutrition baked with Kishu Bicho charcoal

To "Kanerin Eel Shop", an eel specialty store founded in 1952 along the Yuto Kaido in Irino-cho, Nishi-ku, Hamamatsu City Speaking of "Hamamatsu's food" where we live、But first and foremost "eel" to raise、Eel shop very much、Taste sauce and bake、How to Cook rice into a particular、It is thought that there is a favorite shop for each person! In our husband and wife's dogma and prejudice、Storefront、Customer service、Material、Taste、As a cost-performance score、The shop which acquires the No.1 with a very good balance is here "Kanerin-an shop"! This one was originally、That had been operating in the town、 1977In October, and moved here INO-Cho, 39 years、In relation to earthquake-proof outlets、In the form of the new and reformed、2016To set up a Japanese garden on 23 June, the quaint atmosphere has changed、The Japanese space full of restless、While not facing the street was described as too cozy、益々その名を轟かせる名店となります! 暖簾をくぐる前から駐車場にまで立ち込めるうなぎを焼き上げる香ばしい香りが食欲をそそります! いつもなら平日でもほぼ満席で、The waiting time is a very popular shop that becomes on the basis of awareness、Is there some effect of the new coronavirus on this day?、待つことなく入店することができました! 店内は、Counter seating around a central courtyard、Table seats、Private room、A sitting room and all 61 seats are available.、This time you will be guided to a table seat where you can see the courtyard! The window is opened and ventilation is improved.、Alcohol disinfection is installed next to the cash register.、Because it is also infection prevention measures here、As soon as we finished our meal without staying long, we left.、I want to make it careful not to become the source of the infection myself.。 "Unashige (line)" 2,940 yen Here、Deprecating quick quality eels to its seasonal's supply chain、I will bake it with Kishu Binkatan! The outside is fragrant and the inside is plump and baked.、It founded 67 years.、A secret kept from his grandfather's long shirttail while sauce three times under、Taste、Luster with the best to finish、大きな釜で炊き上げ米の芯までふっくらと炊きあがった熱々の御飯の上に乗せて提供! 鰻と御飯の間に粉山椒を振りかけ口の中で広がる山椒の香りを楽しみましょう! 鰻は箸でさっくりと切れるほどの柔らかさで、Sauce is not too sweet and spicy, which is common in the countryside、Elegant and just right salt plum。 The grain stands firmly while the white rice is small.、In a state of gloss to entangle the sauce、The heavy box becomes the heat which can be able to be in the state of heat while raising the steam to the last minute.、The deliciousness that chopsticks advance unintentionally is exceptional! For sucking eel liver with liver、Bamboo shoots of the season become served.、Pickles、Cucumber、Shiba pickles、It will be three kinds of Takuan! Boost immunity by eating vitamin-rich nutritious eels to help strengthen immune cells、Body building that is not defeated at the virus! eat well、Sleep well.、Laugh a lot! The weight of "Kanerin" with very high satisfaction。 If you eat eel in Hamamatsu、断然「かねりん」がお勧めです! かねりん鰻店 住所静岡県浜松市西区入野町731 TEL:053-448-9335 Hours of operation:11:00-13:45[O.S]、17:00-20:00[O.S] 定休日:Every week Wednesday、第3火曜日 https://kanerin.net/...

Delicate French and wine pairings to mark the eighth anniversary of aru's wedding anniversary

Since 12/27/2017 opened in the city of Toyohashi, Aichi prefecture building 2nd floor、As early as distinguished oneself、東三河エリアを代表する人気店へと成長されているフランス料理店「aru(アル)」へ! 場所はJR豊橋駅から徒歩5分圏内となりユーカリの木と裸電球が灯す柔らかな光の下に掲げられたシンプルな真鍮のサインが目印です! ゆったりとしたアプローチの先には、The smoky blue wooden door that becomes the theme color of this shop welcomes you gently、扉の先には心地良い空間が待っています! 季節を感じさせる生花は豊橋の小さな花屋「ラクレフローリスト(Lacle Florists)」のkaori Akayaさんに定期的にアレンジとメンテナンスをお願いされておりいつもとてもセンス良く設えられた草花に癒されております! わたし達の結婚8周年目をお祝いする記念日のこの日は、It will be lunchtime on Saturday, February 22 when I still feel chilly、At the entrance, the fluffy hair of the cat willow comes out.、The wall is accompanied by a lovely and adorable mimoza wreath、すぐそこまで近付いている春の訪れを感じさせてくれます! 店内のデザイン設計は、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe ハーグデザイン+ハーグカフェ」がシェフのこだわりを取り入れ手掛けられており、Exudes a cosy soft air to flow into the simplicity of space。Kitchen suggests that the appearance of the floor are arranged on the right、ゆったりと14席~18席ほどの席数を用意! こちらは料理の基礎を大阪のビストロ「アヴォロンテ(’Avolonte)」の川田 祐志シェフから学び、In addition、パリの3つ星「アストランス(l’Astrance)」で修行後に独立され最短でミシュラン1つ星を獲得した人気店「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake Hiroki)And the chef、同じく「アストランス(l’Astrance)」出身でミシュラン1つ星となる仙台の「ナクレ(nacrée)」の緒方稔シェフの御2人から素材の活かし方を多く学ばれ大阪の「レストランエテルニテ(Eternite)」ではサービス兼Sommelierとして経験を積まれた鈴木 琢 (Takumi Suzuki)Chef is a 32-year-old youth、Sommelierの奥様である鈴木 彩 (Aya Suzuki)And in an independent shop with two tripods、わたし達夫婦のお気に入りのお店の一つです! 20代後半にパリでの修行時代に見つけたお気入りのレストランのような雰囲気を出したくて、Suzuki chef talk round table using the old material was item 外せない。Think that chef is granted the、愛知県設楽町の工房「木と革 aoyama」の職人である青山 和志 (Kazushi Aoyama)And I'm of the handicraft、The round table with the taste that i dared to connect and build old materials is packed with the chef's warm desire to "enjoy the meal without shoulder elbows"、気取らずに会話を弾ませながら心から食の楽しさを知ることができるのです! こちらではランチ、It's up to you for dinner.、At lunch, it was 3,400 yen for around 6 dishes and 6,800 yen for around 8 dishes.、At dinner, there are 6,800 yen for around 8 dishes and 8,800 yen for around 10 dishes, and two courses are prepared for each.、Taking advantage of ingredients that can see the faces of producers who place trust with the chef's own eyes、此処でしか味わえない東三河ならではの料理を提供されています! ひょっこりと真ん丸く大きな晩白柚の後ろから顔を出し厨房で準備に精を出すシェフの鈴木くんに御挨拶! この日のコースでも登場する晩白柚は熊本の露地物から一回り小さい豊川の物お裾分けで頂いた柑橘物までが順に並び爽やかな清々しい香りを放っています! 卓上には「木村硝子店」や「ラディコン(RADIKON)」のワイングラスが整列し、The walk-in cellar in the store、About 700 bottles of Wine, mainly Japanese wines, are placed.、The treasured children who have collected little by little by two people up to now are lined up.。近年注目を浴びる日本ワインや料理に合わせて提供してくれる世界中のワインを楽しむことができるのもこのお店ならでは! 今回は、8皿前後の「menu saison」6,800円にPairing wineのセットで事前予約しております! 予約席には記念日ということもあり線香花火のように愛らしく花開くシシウドやチューリップの純白の花々で統一しお祝いしてくださいました! 先ずはPairing wine①Champagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」の 良質なChardonnayの気品溢れる優雅で繊細な味わいと共に乾杯! 1皿目「黄人参 金胡麻」 最初の一口目は新城の無農薬の黄色い人参のムースと豊川の金胡麻を香ばしく煎りマイクロハーブを添えたフィンガーフードタルト! 一口でパクリと頬張ると驚くほどに甘味を感じる黄人参の滑らかなムースに粒一つ一つの香ばしさが堪らなく食用をそそる金胡麻! そこにバターの風味とメープルシロップの優しい甘味が漂うサクサク食感のパートフィロが良いアクセントになっておりこの一口の見事な調和で胃袋を持っていかれます! 同時にアミューズが提供された後ろの席からも「何これ!?美味しい~♪もう1個欲しい~♪」と思わず本音が声となり漏れてしまっている愛らしい女性の声が聞こえてきたのでわたしも心の中で「同感です♪」と頷いた次第です(笑) 2皿目「晩白柚 わさび菜 モッツァレラ」×「器児玉修治」 熊本の晩白柚には発酵柚子のヴィネグレットとイタリアンパセリを和え無農薬のわさび菜やリーフチコリイタリアンパセリの新芽ディルの花をバランス良く盛り込みアクセントに添えたそばの実が良い仕事をしており最後に鼻に抜ける香ばしさと食感を楽しませてくれます! 中にはクリーミィーなモッツァレラのクリームに自家製リコッタチーズのムースイタリアンパセリで作った鮮やかなグリーンカラーのオイルを垂らしてあるので混ぜ合わせながらいただきましょう! 張りがありフレッシュ感満載の晩白柚は果肉も大きく程好い酸味が爽やかなテイストでわさび菜のほろ苦さをチーズのクリーミィーさがまろやかにし新鮮な素材と一手間も二手間もかけたプロの成せる繊細な味わいのハーモニーに感動 Pairing wine②「月を待つ...

Speaking of gibier, "Western cuisine Savaca"! Enjoy the precious gibier dishes limited to the season!

菊川山間の谷沿いに流れる沢水加川に沿ってある小さな里山集落「沢水加(sabaka)」に佇む隠れ家的な料理店「西欧料理サヴァカ(Cavak.)」へ! 冬のこの時期ならではの滋味深い味わいのジビエ料理(Le Gibier)を求めて久方振りの訪問となります! 扉を開ければ鮮やかな青壁に掛けられた立派な鹿の角がお出迎え! 備え付けられたショーケースには、In addition to homemade confiture and 100 flower salk nectar using seasonal fruits, etc.、ワインの当てにピッタリなジビエのテリーヌやソーセージなどが販売されています! 木の温もり溢れる店内からは、Tea fields and lush views spread over the mountains、里山ならではの長閑でゆったりとした静かな時間が過ごせます! カウンターに掲げられたボードには、There are 18 kinds of gibier ingredients.、「ジビエ料理にサヴァカあり」と云わんばかりのバリエーションの豊富さが伺えます! この日のランチは「C lunchコース」5,900円で事前予約し、Because the high-quality ingredients differ from day to day、 山口祐之(Masayuki Yamaguchi)シェフに全ておまかせでお願いしてあります! 車のため、Non-alcoholic wine "German Vendome Classic" / VENDOME CLASSIC(NON ALCOHOL SPARKLING WINE)」にて乾杯! こちらはアルコール度数0.0%と完全なアルコール除去を実現したノン・アルコールスパークリングワインで、Enjoy a refreshing taste with little sweetness、食中にもお勧めです! アミューズ一皿目「タラ白子のムニエルと白身魚のガレット」 ディルを添えたタラの白子のムニエルに、galette sauteed with potatoes in white fish surimi、Hamaoka's white birch with a rich umami natural mushroom and a moist sweetness is served below、ハタケシメジのジュにふきのとうをオリーヴオイルで揚げたものを加えられています! こちらでは、By +alpha to the technique of traditional French cuisine、Despite the line of Western cuisine that maximizes the original potential of the ingredients、17Since the opening two years ago, "French people who can relax with chopsticks" have been praised.、気取らないスタイルで楽しめます! パン「ポワポワのオーガニックパン」 掛川のブーランジェリー「ポワポワ(POWA POWA)」の国産小麦にこだわった香りの良いむっちりもっちり食感が楽しめるパンたち! アミューズ二皿目「舞阪産ラングスティーヌと青バイ貝マサバとセグロイワシのコンフィ添え」 中がレア気味の絶妙な火入れでクルンと丸まり、The beautiful form of The Langtine (European red shrimp) with blue bi-shellaccent、Enjoy a gem with chrysanthemum puree and sauce Amelyne、マサバとセグロイワシのコンフィを添えた一皿! オードブル一皿目「シャルキュトリーのサラダ(猪ハム、Terrine of Gibier、Deer Mortadella、Duck Sausage、カルガモササミのロティ)」 塩漬けや乾燥、Smoked, etc.、A salad dish that contains a lot of meat processing technology "Charcuterie" used as a means to improve the preservation of meat、It's also vivid in the eyes、The excitement to compare eating each dish、Salty and elegant taste、Enjoy the feeling of eating with a technique that makes use of the umami of meat、ワインが恋しい一品です! わたしがカルガモのササミのロティを口にした瞬間散弾銃の弾(1㎜程度のもの)が出てきました! これをフランス人は大当たり!と喜び乾杯したり、Because it is said that it is said that it is lucky to have it as a charm、I also brought back a total of three bullets to commemorate、財布に仕舞うことにしました!(笑) オードブル二皿目「アオリイカとアワビ青のりのフェットチーネ」 パスタはアサリとアワビの出汁を用いて旨味を吸わせ、Aori squid with different texture, abalone and seasonal spring vegetables、Ario Orio with garlic and chili peppers、Fettuccine is tasted with a rich flavor sauce with the addition of blue seaweed and homemade crowmi powder that you can enjoy the aroma of persimmons.、旨味が次々と押し寄せる一品です! 魚料理「御前崎産甘鯛のポワレ」 ふわふわっと口溶け滑らかな食感が楽しめる火入れの甘鯛には、Crispy shaki with green asparagus、Cream sauce made with white wine and vermouth with espuma、クリーミィーさを味わいます! 肉料理「森町産鹿ロース、Aged pheasant thigh、マガモ胸肉の盛り合わせ」 ジビエ料理は贅沢にも、Morimachi deer loin、Aged pheasant thigh、マガモ胸肉の3種のロティを堪能できる至極の一皿! 肉は赤ワインと鹿猪で取ったフォンで仕上げたソースでいただきます! こちらでは、I'm stuck with the sauce that Takes time and effort to make、In general, rather than taking a phone with the bone and the meat after it is sodited so that it is used a lot、non-standard (an individual that is too large and hard、or an over-small individual) using a whole axe to take the base phone、There is also a case to add a deer to the degree of flavoring there、To finish the sauce with a clean texture、ソースに関しては骨や肉は熟成させないのがポイントだそうです! デセール「ナイアガラとスイ-トスプリングのジュレ、Octagonal and orange fondant chocolat、ジャージー牛の生キャラメルアイス」 目にも楽しめるデセールは、Cherry blossoms and rape blossoms、春の訪れを感じることができる愛らしい一皿! 黄金色に輝き、In a glass that looks like beer、Refreshing citrus water spring fresh feeling and、香り高く風味豊かなマスカット・ナイアガラとの組み合わせが抜群です! 八角とオレンジの香りが魅惑的に広がる大人なフォンダンショコラはしっとりと滑らかで、Served with reverve that you can enjoy the acidity、Raw caramel ice cream of Jersey beef that you can enjoy milky richness also becomes an involuntarily enraptured taste、最後まで存分に楽しませていただきました! ドリンク「コーヒー」 「NIKKO」のベストセラーでもある「山水」の絵柄が印象深いコーヒーカップでいただくコーヒーゆっくりと静かに流れる贅沢な時間を楽しめます! 食後に手の空いた山口シェフと歓談タイムを取りながらわたし達が応援する富山作家の器を手に取って観ていただきました! 山口シェフにも、lade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、Potter appeared in the project part 1 "" 釋 Yong Yue (Gaku...

"The Siam The Siam" Chef's Direct Thai Cooking Lesson /Kuruai Buwachy

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート③! さてタイの定番料理「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」をガッツリと食した後は、The last dessert "GUAY BUAD CHEE":バナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」のクッキングスタートです! Lesson③ 「GUAY BUAD CHEE(クルアイ・ブワッチーバナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」 [Ingredient(材料)] ・Banana 100g(バナナ100g) ・Coconut milk 250 ml(250 ml) ・White sugar 35g to test salt(白砂糖35g 塩少々) ・Pandanus leaf 1pcs(パンダンリーフ1個) ・Sesame (Black and white sesame dosage) [Cooking method / Cooking Method] 1.ココナッツミルクにほぐしたパンダンリーフと白砂糖を投入し火入れする。 1. Boil Coconut Milk, white sugar and pandanus leaf in a pot until almost consistency....

"The Siam The Siam" Chef's Direct Thai Cooking Lesson /Pattai Edition

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート②! さてタイの2大スープである「TOM KHA GAI(トム・カー・ガイ)ต้มข่าไก่」を美味しく堪能した後は次なるメニュー「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」のクッキングスタートです! こちらでもlade企画の『器と旅するシリーズ』でDamri Muksombatシェフに習うタイ料理を盛り付けさせていただきました! Lesson② 「PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」 [Ingredient(材料)] ・Tiger prawn 2pcs(海老2尾) ・Vegetable oil 15ml(植物油15ml) ・Bean curd, diced 10g(豆腐ダイスカット10g) ・Shallot sliced 15g(エシャロットスライス15g) ・Dry shrimp 1tsp(乾燥海老小さじ1) ・Rice noodles, small 70g(ライスヌードル70g) ・Chicken stock 1ladle(チキンストックお玉1杯) ・Pickled turnip chopped 1tsp(蕪のピクルス小さじ1) ・Bean sprout 20g(もやし20g) ・Chive 2~3 stalk(ニラ2~3本) ・Peanut, chopped fine 3tsp(砕いたピーナッツ小さじ3)...

"The Siam The Siam" Chef's Direct Thai Cooking Lesson /Tom Kagai

ホテルのオールダイニングとなる「Chon Bistro(チョン・ビストロ)」のExecutive ChefであるDamri Muksombatさんがマンツーマンで料理指導してくれるプライベートクッキングスクールはレストランの一角で行われ、It becomes a kitchen decorated with fresh flowers and fresh Thai ingredients and blackboard with title sign、生徒のためだけの素敵なプライベート空間が用意されています! レッスンメニューは、To learn three dishes from the set menu、This time the、前回習った内容とは異なるメニュー2品と復習メニュー1品に挑戦します! 同室には、The table where you can enjoy freshly made meals is set.、1Because you set up a meal time every time you finish making the product、料理が温かい内に楽しめます! 卓上に用意されたのは、Welcome drink "KAFFIR LIME FIZZ" prepared for hydration during the lesson、It becomes "Original Recipe Book" of Damri Chef、帰国してからも習った料理を再現することが可能です! 「CUCUMBER KAFFIR LIME FIZZ(胡瓜とカフィルライムのフィズ)」 胡瓜やカフィルライム(コブミカン)のジュースにライムやレモンを絞ってソーダーで割ったフレッシュで爽やかな香りが楽しめるとっても美味しいジュースです! 前回同様に「ザ・サイアム」のホテルオリジナルエプロンを着用するため、Don't worry about your clothes getting dirty.、After the lesson, you can take this apron home with you.、ホームクッキングにも使えます! スタンバイするとアシスタントのMooさんのアイデアで始めたというサービスが! Damriシェフを囲んだ記念撮影をインスタントカメラでしてくださり、It is made to have it in commemoration of the course! Truly、女性スタッフならではの心配りですね! 最初にタイ食材を色々教えてくださるところからスタートし、Including pakchi and chili peppers, which are indispensable for Thai cuisine、Lemongrass, Manama、Kafill lime、Pandan Leaf, etc.、Some of the ingredients are familiar, and some of them are good to meet you.、分からないことは全てDamriシェフが質問に応じてくれます! さて、Be ready.、With a sharpened kitchen knife in one hand、When it comes、クッキングスタート! Lesson①「TOM KHA GAI(トム・カー・ガイ)ต้มข่าไก่」 [Ingredient(材料)] ・Chicken stock 150g(チキンストック150g) ・Coconut milk 150g(ココナッツミルク150g) ・Chicken breast sliced(鶏胸肉100g) ・Red Onion 20g(赤玉葱20g) ・Sliced galangal 20g(カー 20g) ・Kaffir lime leaves 2leaves(コブミカンの葉2枚) ・Straw mushroom 2tbs(マッシュルーム2個) ・Small green chili cut half 2pcs(唐辛子2本) ・Coriander...

Scroll to top