「ザ・サイアム The Siam」リバーサイドテラスにて南国気分で至福の朝食タイム!

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」で静かな朝を迎え未だ誰も居ない空間を贅沢に楽しみましょう! こちらでの朝食はオールダイニング「Chon Bistro(チョン・ビストロ)」にてセミオーダースタイルブッフェが楽しめます! レストランの建物は、Who loves Thailand's traditional culture and history、Part of connie Mangskau's home, which was instrumental in preserving and maintaining traditional Thai houses, has been relocated and renovated、Thailand teak wood with rich traditional houses、It becomes a wonderful building full of tropical atmosphere、異国情緒感が漂います! ダイニングはテラス席もあり青々とした芝と南国の木々に囲まれたガーデンテラスでチャオプラヤー川を眺めながらの朝食がわたし達のお気に入り! モーニングブッフェには、Available at the restaurant's hall counter。 Green salad and prosciutto、To cheese.、Danish and dinerning bread、Fresh juices, tropical fruit, such as sort.、This is a buffet style buffet format to go to pick up your favorite thingfreely、This other hot dishes and dishes are ordered from the menu.、テーブル毎にスタッフさんがオーダーを取りに来てくださいます! こちらの朝食でもLade企画の『器と旅するシリーズ』でモーニングプレートを盛り付けさせていただきました! 「生ハムサラダ(Green salad with prosciutto)」器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) mars himawari グリーンサラダに生ハムやナッツ類を添えてシンプルにオリーブオイルで頂きます! 「フルーツ盛り合わせグァバとオレンジのフレッシュジュースパッションフルーツのヨーグルト」器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) 大工カット ドラゴンフルーツに西瓜、Pineapple、Papaya、グレープを南国フルーツを盛り込んだフルーツの盛り合わせ! 搾りたてのフレッシュジュースと自家製ヨーグルトは瓶詰めされた状態で冷蔵庫に用意されています! 「フレンチトースト(French toast)」 器Shimoo Design 浮様丸皿 パイナップルのコンポートを乗せたフレンチトーストはアーモンドスライスが添えられておりロンガン蜂蜜をたっぷりと掛けて頂きます! 「豚の串焼き(Khao Niew Moo Yang)」器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) シャーレリバーシブル 豚の串焼きに甘酸っぱいイサーンソースが添えられもち米が付くワンプレートです! 「タイチキンヌードル(Guoy Teow Nahm)」 あっさりとした上品な味わいのスープが楽しめるセンミー(細麺)を用いたタイラーメンで、The ingredients、牛肉、Chicken、Pork、魚の中から選べます! モーニングメニューは洋食とタイ料理からオーダーできるようになっておりわたしは洋食を旦那様はタイ料理をオーダーし、2人でシェアしながら楽しむことが出来ます! モーニングコーヒーもアメリカンからカプチーノカフェラテやエスプレッソなどがあり他にもハーブティーや紅茶、Green tea、烏龍茶など様々な種類から選べゆったりとした時間が過ごせます! 食後はプール奥の「Bathers Bar(バザーズ・バー)」からプール越しの川の眺めに癒やされますまたプールサイドのサンベッドで寛いだりと心地良い風に包まれながら日光浴を楽しむのもお勧めです! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 Thanon Khao,...

"The Siam The Siam" fantastic sunset and a lively night cruise!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」のリバーサイドテラス「Private Pier(プライベートピア)」にて幻想的なサンセットを望みましょう! メインレジデンスからヴィラスペースへ渡る中庭階段を降りて蓮の花が咲く池を進めば、There is a Riverside Terrace、ホテル専用ボートが行き来するプライベートな船着場となります! 幅3.5m、In the 22m long "Riverside Infinity Pool"、Overlooking the Chao Phraya River、快適なスイミングを楽しめます! プール奥には「Bathers Bar(バザーズ・バー)」もあり、After a swim, we had champagne and cocktails.、のんびりとサンセットを眺めるのもお勧めです! リバーサイドテラス「Private Pier(プライベートピア)」にて提供されているメニューはアルコールやソフトドリンクにスナックなどの軽食となります! 夕暮れを待ちわびながらキング・オブ・スプマンテ「Ferrari Brut(フェラーリブリュット)」にて乾杯! グラスに注がれた泡の煌めきが夕暮れの空色を捉え、I'm amazed at its beauty.、A strange phenomenon occurred in the sky.、A big circle appears overhead like a ring、As if you're celebrating my birthday、観たこともない幻想的な夕焼け空を望むことが出来ました! 日が落ち、It's time to be completely dyed in the atmosphere of the night around、Butler(執事)のSMET(スメット)さんにナイトクルージングを事前予約しました! 丁度19:00から出発する「The Siam Boat(ザ・サイアム・ボート)」でナイトクルージング(片道約45分)に出掛けます! ホテル専用ボートは、Morning 10.:00The last time of the hotel return from the night is 23:00Until the navigation between and、By booking a combination boarding time schedule stipulated in the section、宿泊者は快適なリバークルージングと共に観光やショッピングもお勧めです! ナイトクルージングでは、There are also commercial facilities along the river and lighting up temples.、Because you can enjoy the atmosphere of an adult different from the bustle of the day、デート使いにも良いでしょう! 最初に見えるイルミネーションは「King Rama VIII Bridge(ラーマ8世橋)」となります! こちらの橋は、It is built as a royal project to ease traffic congestion from Ratanacocin Island to Thonburi.、非対称の斜張スタイルで世界で5番目に長い橋としてバンコクのランドマークにもなっています! お次はショッピングモールの「Tha Maharaj(ター・マハラート)」! 2014年末にオープンしたこちらは、This complex was built by renovating the dock of the Chao Phraya River Express Boat.、Among them are restaurants and cafes.、There are general stores and other stores.、2Fテラス席から夜景を眺めながらのディナーもお勧めです! ライトアップされた「Wat Arun(ワット・アルンラーチャワラーラーム」「Wat Phra Kaew & The Grand Palace(ワット・プラケオ)」と「Wat Pho(ワット・ポー)」の姿もあり川面からの景色も楽しめロマンティックです! チャオプラヤー川のナイトクルージングは大変人気で、There are many cruise ships with dinner shows.、人気のアクティビティとなっております! 市街夜景の中、You can see it in the distance.、ブロックを積み上げたような形状が特徴的なバンコクの新しいランドマークタワーとなる「King Power Mahanakhon(マハ・ナコン)」! こちらは2018年に完成したビルで、Hotels and luxury condos、77 floors above ground with famous restaurants、高さ314mの高さ誇るバンコク屈指の超高層ビルとなります! その後、The building that shines with the gorgeous decoration、2018年11月にオープンしたタイ最大級の複合施設「Icon Siam ไอคอนสยาม(アイコンサイアム)」が見えて参ります! こちらは、2a facility consisting of high-rise condominiums and shopping malls.、The shopping mall、There are many brands that are expanding into Thailand for the first time.、Takashimaya, etc. for the first time in Bangkok、日本ブランドが多いことでも注目を集めています! その他にも、A restaurant where you can enjoy gourmet food from Thailand and around the world、A museum where you can enjoy exhibits using state-of-the-art technology、There is also a movie theater, etc.、エントランスで行われる本格的な噴水ショーも一見の価値有りです! 川沿いの夜景と共に優雅なクルーズを楽しみホテルに戻ってきました。 By the time I get back,、There was a full moon over the hotel.。 The scenery illuminated by the moonlight is also bright and very beautiful, while feeling the moment in "The Siam" in a dream feeling、深い深い眠りに就きました! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2...

"The Siam The Siam" The Ultimate Treatment of Sodashi at Opium Spa!

Blissful treatment time at Opium Spa at The Siam, A luxury urban resort hotel in Bangkok! At the spa on the first basement floor of the main residence、オーストラリアのオーガニック&ラグジュアリーコスメブランドの「Sodashi(ソダシ)」プロダクトのトリートメントを提供! ラグジュアリー・リゾートの高級スパで「Sodashi(ソダシ)」ブランドは大変人気がありますが、100%As a spa by the product of "Sodashi",、It's the first open in Thailand.、アメリカの「Condé Nast Traveler(コンデナストトラベラー)」が発表した2015年の世界のベスト・スパに受賞されている素晴らしいスパとなります! 基本的に事前予約が必要となり、Do you want to contact Butler in charge for reservation?、こちらのフロントでの予約も可能! 予約時間を迎える数分前には、Butler SMET will pick me up in my room.、スパまで案内してくれます! 階段を降りると落ち着くアロマの香りに包まれ、Switch to relaxmode both physically and mentally、癒しの空間へ誘う廊下は静寂に包まれた落ち着きのある色調で出迎えてくださいます! 1階から見下ろせる吹き抜けのレセプションは広々と開放感に満ち溢れておりこちらで施術前のカウンセリングを受けます! ウェルカムドリンクとして「Ice Ginger Tea(アイスジンジャーティ)」とおしぼりが用意されます日本語と英語表記で用意されたカウンセリングシートに記入! スイートルーム同様に80㎡の広さを誇るトリートメントルーム(全5室)は、All have two beds for treatment、Each mattress Thai massage for two、Shower、Steam、Closet、トイレを完備! こちらのお部屋で、I had my therapist FON take charge of the treatment.、My husband underwent mint's treatment.、夫婦で極上の安らぎを得ることが出来ました! そして施術前後にゆったりと寛げるバスハウスは、In the design reminiscent of the bathhouse "THERMAE ROMAE") of Rome until the splendid、A comfortable jacuzzi is prepared.、心ゆくまでリラクセーションの世界へと誘います! レセプションホールに戻りアフターティとして「Hot Ginger Tea(ホットジンジャーティ)」と「Mango Yogurt(マンゴーヨーグルト)」を美味しく頂きました! こちらには、There is also a salon with traditional Thai tatu "Sak Yant"、Unlike regular tattoos with geometric patterns and animal-themed tattoos commonly found in Thailand、僧侶やアチャーンと呼ばれる人が長さ40~50cmほどのメタルロッド(マイサック)で突く神聖な入れ墨なのだとか! こちらではそのサクヤンタトゥー、Real tattoo treatment is possible.、丁度いらした鍼師のワイルドな御夫妻に御挨拶させて頂きました! 他にも「Hair & There is also Nail Salon (Hair & Nail Salon)、Retro Dining chairs、Furnishings purchased by the owner from Myanmar! Behind the antique chair、And decorated with pictures of beautiful women in black and white、It becomes a photograph of the past Misconlady of Thailand、クラシカルなスタイルが印象的です! 「Thai traditional massage(タイ古式マッサージ)」の部屋では、Besides, Thailand Thai massage and Swedish、ムエタイのメソッドを取り入れたマッサージを受けれます! さらに滞在中に、For those who want to move the body more actively、1We recommend the spacious Training Gym on the 2nd floor.、Because various training equipment is installed here、Guests are free to use at any time、タイならではのタイ式キック・ボクシング「Muay Thai(ムエタイ)」を専門トレーナーから習うことも可能です! ホテル滞在中の過ごし方として是非参考までに御覧ください! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit, Bangkok 10300, Thailand TEL:+66 2 206 6999 http://www.thesiamhotel.com/...

"The Siam The Siam" modern suite boasts more than 80m2 of all rooms!

What are the rooms we take care of this time at The Siam luxury urban resort hotel?、As before, the second floor was "Mae Nam Suite" (90m2).、I'm even more happy this time.、より光を取り込む角部屋の205号室です! メインレジデンスの2階と3階にある客室は、All rooms are over 80 m2 in size、16 entry-level Siam Suites (80m2) and 6 Menam Suites on the 2nd floor (90m2)、3階の「リバービュー・スイート」6室(90㎡) に分かれます! また、In the stand-alone Villa Suite、6 Pool Villa Courtyards (130m2)、4 "Pool Villa River View" (130m2)、There is also one Room (160m2) of Conny's Cottage、ホテルの客室全てがスイートルームという何とも贅沢な造り! 素晴らしいアンティークや調度品は館内のみならず、It is also used in various scenes inside the suite、シックでモダンなデザイン性で統一された大人な空間を創り出しラグジュアリー感満載です! 重厚感溢れる扉を開ければ、Chic lattice corridor covered with mirrors to the ceiling spreads out、The open rooms with natural light have a vertical structure.、わたし達は過ごしやすいこの空間が気に入っております! 手前から順に間取りを説明すると、The luxurious bathroom has a separate shower room and rest room、Powder room on that extension、And there's a business desk in the working space.、From the bed space to the bright living space by the window using a partition instead of a TV monitor、It becomes a building that is integrated without partitioning with a wall so that all of them are easy to turn around、それぞれが十分過ぎる程に余白を設けたゆとりのある空間! 上品且つモダンなアールデコのスタイルにタイの情緒を織り混ぜたデザインを施し、The murals and interiors arranged in symmetry feel good sense、モノトーンの配色に一層映える高貴なパープルのアクセントカラーをプラスさせているところも魅惑的です! リビングのテーブルにはウェルカムフルーツとしてドラゴンフルーツやグァバにバナナと共にGeneral ManagerのNick A Downingさんからのメッセージが添えられています! 小さいサイズのバナナはタイで良く見掛けますが、This banana has a very thin skin.、その味わいは甘味や香りが強く濃厚でとても美味しいです! ルームチェックインのサインを済ませた後はButler(執事)のSMET(スメット)さんから部屋内の取り扱い等の説明を受けましょう! ベッドスペースのベッドはキングサイズで悠々とした広さがあり、The foundation is high.、In addition, because the mat is also thick、There is a special feeling in the height that even I who is 162cm tall can not easily go up、良質な睡眠を保証してくれる高品質マットです! ベッドのヘッドボード奥にワーキングスペースを設けた面白い造りをしており無駄なスペースがありません! ワーキングスペースのビジネスデスクに新しく導入されたシステムとして、Fully free rental smartphone "handy" equipped with the hotel、Programmed hotel guides can be seen、Restaurant and spa reservations, etc.、コンシェルジュとのやり取りがスマートに行える便利アイテムが増えております! 世界対応マルチプラグで日本プラグもそのまま使用可能となりWi-Fiも全館無料で使用できます! また、The hotel's original stainless steel bottle prepared on the table will be a gift that you can take home two bottles of the hotel.、お出掛け用のドリンク入れにピッタリです! 客室のドアロックと解除は一風変わっており一旦奥に押してから手前に引くという二重構造になっておりますので御注意を! パウダースペースは大理石仕様で重厚感溢れるツインタイプとなり壁に面することなく開放的な造りとなっています! パウダールームの後方にツインクローゼットが用意され、There's a luxurious bathroom at the back.、カーテンで仕切ることが可能です! 右手手前には独立型のシャワールームにダブルヘッドシャワーが備わりその奥にはレストルームを用意しています! バスルーム中央にポツンと置かれた大きなバスタブは、181cmの旦那様でも足を伸ばせる大きさで優雅なバブルバスが楽しめます! 客室のBGMに設定された愛の讃歌「La Vie en Rose」は、It is the image song of this hotel.、大好きな曲でもあります! しっとりとムーディーなBGMに耳を傾けながら過ごすひとときはまさに「優雅」という言葉が相応しい客室となります! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit, Bangkok 10300, Thailand TEL:+66 2 206 6999 http://www.thesiamhotel.com/...

"The Siam The Siam" to Bangkok's leading five-star urban resort hotel!

it's the political center of Thailand、Go to The Siam, a 5-star luxury urban resort hotel along the Chao Phraya River in the quiet Dusit district with many historic buildings! Sawadi Kra (Pu) / Kera-ya/K-Ta-Ta-ta-ta-e!! What is the name of the hotel?、Named from the former name of the Kingdom of Thailand, "SIAM"、"THE SIAM" also combines the meaning of the new SIAM Siam, such as Siam Station, which is located in the heart of bangkok, and Siam Square in the downtown area.、House of the King's House like dignity and elegance, plus、現代アーキテクチャのシックでモダンなデザイン性を兼ね備えた素晴らしいホテル! 川沿いであるがゆえのリゾート感に満ち溢れ、One of Bangkok's best hotels with an atmosphere like an oasis in the city、When I visited here about four years ago,、It becomes a hotel that has been fascinated by all of them、今回のバンコク誕生日旅行の最後を締め括るに最適なホテルとなります! スイートおよびヴィラタイプの39室の客室のとなるホテルのエントランスは、Because it is in the place where it goes ahead of the signboard of the street、The hotel conveniently overlook too、隠れた邸宅のような佇まいを醸し出しています! ベルマンが待ち受けてくれており、I'll show you a taxi.、車寄せまで誘導して頂き無事に到着! 本来のエントランスロビーはこの時リニューアル中ということもあり今回は別の入口から入館し階段を上りフロントロビーへ向かいましょう! こちらのオーナーはタイ国内に幾つものホテルを所有・運営しているタイの名門「Sukosol Family(スコソル・ファミリー)」! Sukosol家の女性家長で社長のKamala Sukosol(カマラ・スコソル)さんは、In the past Thailand's leading jazz singer、Oldest son skiing, I was rock singer、Now he owns the record company、The eldest daughter Marisa、Singer called the Diva of Thailand is.、Visavateeranon Clapp's second son、Side to a famous rock star and film actor、He is the creative director of the hotel.、ファミリー全員が才能溢れるアーティストという素晴らしい音楽一家です! ホテルの館内デザインは世界的に有名な建築デザイナー「Bill Bensley(ビル・ベンズレー)」氏が手掛けられ、A stunning blend of his amazing design and Chris' antique collection、まるでミュージアムのような素晴らしいホテルを完成させています! 「Main Residence(メインレジデンス)」に降り立つと、Spread in front of me、The shine of the surface of the water is a beautiful water garden、天まで届くほどに巨大な背の高さのストレリチアの群が瑞々しい姿で現れます! 吹き抜け天井は3階までに及び、Gentle natural light pours warmly from the atrium full of a sense of openness of glass。 The unique atmosphere created by the cool shade by the green is like a paradise.。 再訪でありながらも思わず息を呑む程に魅了されてしまうただならぬ空気が漂います!何度観ても素敵な光景! 出迎えてくれたレセプションスタッフは何と前回こちらのレストランにてサーヴしてくれたGift Sringamrat(ギフト)さんです! 以前お会いした際は入社して未だ1ヶ月だった頃の彼女! Damri Muksombatシェフがタイ料理を振る舞う「チョン・ビストロ Chon Bistro」で太陽のように輝く笑顔と丁寧で愛溢れる接客は忘れはしませんでしたがやはりその功績が認められていたようで昇格されていたのです! ウェルカムドリンクとおしぼりは木彫りのジュゴンとバッファローに蘭を盛り込んだ愛らしいトレーでお出迎え! おしぼりはひんやりと冷たく、The fragrance of the aroma to be healed is released.、It is finished in the shape that decorated with the rose of the flower、ドリンクは小瓶に詰められた搾りたてのフレッシュなパッションフルーツジュースでとっても濃厚! パスポートをお渡しし、Take a breath on the sofa while drinking juice。 For the healing of the calm and green full of a sense of private、心から解放される安らぎを感じます! すると、What's even more happy is that it continues.、前回も担当してくれたButler(執事)のSMET(スメット)さんがまだいらして喜びの再会を果たします! まるでバンコクの我が家にでも帰って来たかのような温かなお出迎えに感動を覚えながら、SMET will be in charge of our Butler again.、足取り軽くなる想いで客室へ案内して頂きます! 客室までの道中久々の再会となるSMETさんと楽しいお喋りが弾みます! と言っても、Because Thailand English or English-only conversation with him、I'm not sure if I was able to communicate properly in my poor English.、There is、Mr. SMET who is full of service spirit is able to understand the feelings of this place.、様々なフォローをしてくださるので安心です! このホテルの良さは美術館さながらの景観やデザイン性に限らず、Butler is friendly to each guest、ホスピタリティ溢れるサービスが世界中のゲストから評価されているのです! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 Thanon Khao, Vachirapayabal, Dusit, Bangkok 10300, Thailand...

"The Siam" in Bangkok spend a luxurious urban resort hotel accommodation above

Numerous present monuments to NPM Royal family Bangkok, Wyman makeup blush、 歴史的地区として閑静なドゥシット地区のチャオプラヤー川沿いに 2012年6月12日にオープンされたばかりのラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」。 The two nights here in、While in the city as the capital of Thailand, Bangkok、 Stepping on to step out there、Away from the hustle and bustle of the city、 川沿いであるがゆえのリゾート感に満ち溢れた素晴らしい5つ星ホテルでの滞在となりました♪ 気になる画像をクリックすると、Each article please link to。 その他のタイ・バンコク記事はこちらからすべてご覧いただけます! http://lade.jp/category/diary/travel-diary/thailand/bangkok/ バンコク郊外屈指のシックで モダンなアーバンリゾート 全室80㎡以上の広さを誇り シックでモダンなスイート アンティークが揃う メーンレジデンス チャオプラヤー川の リバービューが望めるヴィラ 客室にバンコク初の オープンなプール付きヴィラ オピウム・スパでソダシの 至福トリートメント 刻一刻と迎える静寂さに包まれたムーディな夜の世界 カフェ・チャにて優雅に アフタヌーンティー チョン・ビストロで タイ料理を堪能 チョン・ビストロで タイ在住日本人と懇親会 タイフードと洋食が選べる オーダースタイルの朝食 ホテル専用ボートを予約し 観光やショッピングを楽む! ホテル専用ボートはロスがなく 快適なリバークルーズを保証 タイレストランのシェフと一緒に楽しいクッキングスクール体験! クッキングスクールで夏に 美味しいラープガイに挑戦! クッキングスクールで 本場のトムヤムクンに挑戦! クッキングスクールで 絶品のパッタイに挑戦! 優雅な時を過ごすアーバンリゾートホテルでお別れの時 タイへの旅が生涯忘れることができない素晴らしい体験になることを願い世界85ヶ国において、650 以上の個性的なホテルリゾートが加盟する 世界最大の独立系高級ホテルブランド「プリファードホテルズ&リゾーツ」が タイランドへの旅の特別プランを提供されています今回ご紹介するパッケージプラン“レジェンド・オブ・タイ”では、 3 hotels to join the legends collection、 Siam (Bangkok)、Dhara Dhevi, Chiang Mai (Chiang Mai)、 アナンタラリゾート&ヴィラズ(プーケット)のいずれかに宿泊する方を対象に...

"The Siam" goodbye time, spend a luxurious urban resort hotel

Numerous present monuments to NPM Royal family Bangkok, Wyman makeup blush、 歴史的地区として閑静なドゥシット地区のチャオプラヤー川沿いに 2012年6月12日にオープンされたばかりのラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」。 The two nights here in、While in the city as the capital of Thailand, Bangkok、 Stepping on to step out there、Away from the hustle and bustle of the city、 川沿いであるがゆえのリゾート感に満ち溢れた素晴らしい5つ星ホテルでの滞在となりました♪ スイートおよびヴィラタイプの39室の客室のみのザ・サイアムでは、 In the tranquility and composure to shoot space、You can spend a pleasant time relaxing、 And、Like feel to the Museum or fine art works and antiques while、 とて有意義な時間を過ごすことができました♪ フロントでチェックアウトをしていただきますバトラーのSUMET(通称アンギー)さんが明細をチェックしてくださいます。 Paradise-like Atrium。 Also、この空間へ戻ってこようと思います♪ 大きなスーツケースがあるためザ・サイアムの専用ボートで同じくチャオプラヤー川沿いにある高級リゾートホテル 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」まで送っていただきます♪ ディレクター・オブ・セールス&マーケティングのMARCOS PIRES(マルコス)さんとお別れの挨拶をマルコスさんお世話になりました♪ バトラーのアンギーさんがスーツケースを専用ボートまで運び終えてくれたようですアンギーさん本当に何から何までお世話になりました! ありがとうございます♪ 重たいスーツケースを持っての移動は困難を要しますが、 By private boat transfers、最後の最後までケアしてくださるサービスは大変助かります♪ ディレクター・オブ・セールス&マーケティングのMARCOS PIRES(マルコス)さんと バトラーのSUMET(通称アンギー)さんが遠く離れるまでずっと手を振ってお見送りしてくださいました! バンコクでの滞在をご検討されている方には是非ともお勧めしたいNo.1ホテルです♪ ザ・サイアム THE SIAMのスタッフの皆さん本当にお世話になりました! また会いましょう♪ (タイ語แล้ว พบ กัน ใหม่ นะ ครับ/คะ) レーゥ ポップ カン マイ ナ クラッ(プ) / カー♪ 長閑なチャオプラヤー川の風景を楽しみながら一路は「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」へと向かいます♪ ザ・サイアム...

"The Siam" Let's make a delicious Pad Thai cooking school!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の最後の3品目はこちらも大好物の「パッタイ PHAD THAI」です! それにしても中華鍋が重過ぎて大根腕のわたしでも片手では持ち上げれないのですが・・・大丈夫でしょうか(笑) パッタイは米麺のため熱を入れる時間との勝負です! 重たい中華鍋を片手で軽々と持ち上げるダムリ先生。 First of all,、Heat the wok、From the heat of it.、と教えてくださいます♪ パッタイで初めて油を用います。 Think of it、Thailand cooking、Without using too much oil、 野菜を多く取り入れるためヘルシーだと聞いていましたが本当ですね! 中華鍋全体に行き渡るように油を回し入れます。 First FRY and shrimp, the burning。 The material is、Peeled Shrimp、Dried shrimp、Egg、Bean sprouts、Chinese chives、Red onion、Thailand tofu、Peanut, etc。 there、Tofu red onions and Thailand、Pickles、Put dried shrimp。 卵を割り入れます 素早く卵と混ぜ合わせます パッタイヌードル(センチャン) パッタイヌードル(センチャン)と具材が良く混ざり合うように中華鍋を振りながら火入れしていきます! そこへ、Pad Thai sauce was mixed in advance (PLA、Tamarind juice、Palm sugar、Chile oil) on the。 And、Swing the wok at once pretty quickly、混ぜ合わせていきます! パッタイヌードルがしんなりしたら、Finally, bean sprouts and Chinese chives、Peanut was in addition and FRY。 あっとういう間にパッタイの完成です!これは早いです! 「パッタイ PHAD THAI」 センチャンという細麺のパッタイヌードルを用いたダムリ先生のパッタイは、 Sweet and sour taste is rich, is rich.、とても美味しい仕上がりです♪ 2品目までは、2One and then use the fire、But at the same time making、 The Pad Thai、Quickness becomes the premise for、ダムリ先生が作ってお手本を見せてくれてから、And I challenge。 Very heavy wok THUMP my whole body、時間との勝負に挑戦です! 両手で何とか持ち上げて完成させることができました! ayaco作「パッタイ PHAD THAI」器年輪シリーズ パッタイは「釋永岳 Gaku Shakunaga」くんの年輪シリーズとコラボレーションさせていただきました! ピーナッツをパラパラと振り掛けて、Presentation of the dishes and give a little twist、 ダムリ先生からもお褒めの言葉をいただきました!(嬉) ダムリ先生の素晴らしい指導のもと、3品の料理を小1時間ほどかけて作り上げることができました! 「ラープガイ LARB GAI」器漆黒シリーズ 「トムヤムクン TOM YUM GOONG」 「パッタイ PHAD THAI」器年輪シリーズ...

"The Siam" Let's make authentic Tom yum cooking school!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の2品目は本場の「トムヤムクン TOM YUM GOONG」です! トムヤムクンは大好物なので自分で作れたら嬉しいですね♪ 材料はこんな感じで、By Mackle (Cobb Orange leaf), lemon grass、 Ginger of Japan,、Cars in Thailand (galangal Galangal in the United Kingdom、China Southern Kang nannkyou)、調味料などが並びます♪ 「トム (ต้ม)"The Cook、"Yam (ยำ)"The mix、"Khun (กุ้ง)"The shrimp。 トムヤムクンには欠かせない大きな海老が入ります! カーを包丁で叩き砕きます レモングラスも包丁で砕きます レッドオニオンはスライス コリアンダールート(根っこ)は裂く コブみかんの葉は手でちぎります 唐辛子は縦半分にカット これらの材料を火をかけない状態で中鍋に入れます。 Pour in broth from ignite。 Without the oil in Tom Yum Goong、とてもヘルシーです♪ 途中クッキングスクールに興味を持たれたマダムと可愛いお子さんのいるファミリーに 「Are you enjoy?」と声を掛けていただきました! 「Yeah!Very nice cooking scool!"And the answer、マダムは暫し見学されていきました! オープンエアーのクッキングスクールなのでこのように他のゲストとの交流も持ててとても楽しかったです♪ ダムリ先生の指導は、Very polite and easy to understand、And、何より料理を楽しんでいることが素敵です! わたしも美味しいものを食べることと作ることが大好きなのでダムリ先生とのクッキングスクールは本当に最高でした♪ タイの本場の食材を用いて本格的に作るトムヤムクン。 Before the season the soup taste。 By the way the soup to boil.、Add shrimp。 When you are burning as it vanishes into beautiful shrimp covered with a red、Once weakens fire。 ナンプラー投入 マナオの果汁を投入 チリペーストで辛さが決まります! 調味料をすべて加えたところで良く混ぜ合わせれば完成です! 熱々の鍋を持ち器に綺麗に盛り付けていきます♪ ダムリ先生作「トムヤムクン TOM YUM GOONG」...

"The Siam" Let's make a good rape gay summer cooking school!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の1品目は「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」です♪ 材料はこんな感じで分量を計測済みで小分けにされているので大変分かり易いです♪ 先ずはダムリ先生のお手本を観ながら野菜のカットを始めます! 包丁は幼い頃から、Cook's father taught so、ダムリ先生にも負けません(笑) ダムリ先生から「Wow!Great!You’re a professional!」と嬉しいお言葉を頂戴しました♪ レッドオニオンをスライス 葉葱を微塵切り 青菜を微塵切り こちらのサラダの良いところは油を一切使わないヘルシーな料理ということです♪ 小鍋にチキンから取れた出汁 鶏ひき肉を炒めます 鶏そぼろの状態になるように ダムリ先生のアシスタントとしてスタッフのบุญถึง ยามาดะさんもお手伝いしてくださいます♪ タイレストランやクッキングスクールで使う調味料たちマナオの果汁を投入 ナンプラー投入 砕いた唐辛子を投入 隣り合わせの2台のコンロで同時にクッキングしながら教えてくださるのでとてもスムーズです♪ チキンの出汁がこれぐらいになれば良い状態だそうです♪ レッドオニオンを投入 葉葱、Greens、コリアンダーを投入 素早く丁寧に! 葉物が入ったところで、Dramatically speed up、Mix the whole well。 Now、ここでダムリ先生お勧めのワンポイント食材が入ります! 「これが何かわかるかい?」とダムリ先生に質問され匂いを嗅いで食材当てクイズです(笑) 「ん?お米の匂い?」 何と!ランプーガイの隠し味はお米パウダーのようです! 最後にお米パウダーを振り掛け混ぜ合わせたら香ばしい香りがいたします♪ お皿への盛り付け方もお手本を見せてくれて教えてくださいます♪ ダムリ先生作「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」 あっという間に1品目のサラダの完成です! お味は、Thailand's unique aroma and degree and had a nice spice、鶏肉の旨味が広がるヘルシーな美味しいサラダ! おうちで簡単に作れる夏にお勧めできる一品です♪ ayaco作「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」器漆黒シリーズ わたし達は日本から富山の友人で陶芸作家である「釋永岳 Gaku Shakunaga」くんの器を持参していたため、...

"The Siam" with the Thai chef cooking school experience enjoyable!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のレストランは、 2015年7月まで運営されていた「デコ・バー&Bistro Deco Bar & Bistro」は、 8Than a month、「チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant」と統合させ「チョン・ビストロ Chon Bistro」に生まれ変わっておりそちらのタイレストランのシェフがマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」というオプショナルが大変人気です。 The resort hotel、The optional cooking school can be seen better、 The one-on-one guidance、So seems like a luxury。 I also immediately、Participate in the cooking school、体験させていただきます♪ クッキングスクールの場所は、Click here to be the venue for morning buffet room。 If the original、Choose your favorite dishes from the menu provided in making their、 The ingredients on the menu、Start the tour in the morning with the chefs go out shopping market.、 This day is no time、Skip to shopping、料理を作るところからスタートとなります♪ クッキングスクールの部屋には、There was a simple kitchen、シェフが待ち構えてくれています! テーブルには、Enjoy meals after the finished set。 As a welcome drink、用意してくださった「ジンジャーパンチ」というドリンクは、 Apple juice into the syrup and ginger、Split with soda water、スイートバジルを添えたとても美味しいジュースです! 氷までもが、Made from Apple and ginger、溶けても味が薄まらないという代物!(凄) こちらのジュースのレシピも、As listed in the recipe book provided、日本に帰ってからも作ることが可能です♪ タイレストランのエグゼクティブシェフでクッキングスクールの先生を務めてくださるのは爽やかでとても優しく楽しいDamri Muksombat(ダムリ先生)です! ダムリ先生との会話はすべて英語またはタイ語で可能です♪ 【DAMRI Muksombat(ダムリ先生) プロフィール Profile】 国籍タイ 生年月日:1973年5月25日生(何と!わたしと同じ歳ではないですか!) 身長:172cm、Weight:78kg 2015年4月:Executive Chef、Siam hotels、タイ料理と西洋料理 2013年3月~2015年4月:Executive Chef、Issaya restaurant BKK、Tai modern cuisine、 2011Years to 2012:Executive Chef、サンティヤリゾート&スパ、PHA NGAN、タイ料理と西洋料理 2011年:Executive Chef、Malaiwana Resturant、Phuket、タイ料理と西洋料理 2010年6月:Sous chef、For seasons Sami、タイ料理と西洋料理 2010年8月:Sous chef、マンダリンオリエンタルダラデヴィ 2008年~2009年:Executive Chef、Camp chef、Fourseasonstentcampinggodden triangle、 Chiang Rai、タイ料理と西洋料理 先ずはタイの食材をいろいろ教えてくださるところからスタートします! レモングラスやマナオ、Green onions、Tomatoes,、From the familiar ingredients、I've never seen food sorting and、 You do not know、すべてダムリ先生が質問に答えてくださいます。 Is banana flower can be seen for the first time、見慣れない食材は何だかとてもワクワクします!...

"The Siam" Thailand Japanese and get-together at chon Bistro to integrate the two restaurants

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のレストランは、 2015年7月まで運営されていた「デコ・バー&Bistro Deco Bar & Bistro」は、 8Than a month、「チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant」と統合させ「チョン・ビストロ Chon Bistro」に生まれ変わっています。 In the late、現在タイ料理を提供されるタイレストラン「チョン・ビストロ Chon Bistro」のみとなります。 If you enjoyed the meal in the hotel、事前予約をお勧めします♪ 1階の開放的な空間では、Green filled in、Enjoy a meal overlooking the Chao Phraya River、 To the brightness of the lighting、落ち着きのあるムーディーな雰囲気を醸し出しています♪ こちらは、Who loves Thailand's traditional culture and history、取り分けタイ伝統家屋の保存維持に尽力された Connie Mangskauさんの自宅であった一部を移築しリノベーションしています。 Thailand teak wood with rich traditional houses、There are many great building tropical atmosphere。 This time the、階段を上がり2階の席へ♪ 2階席は、Thailand emotional atmosphere filled with、ところどころに配された調度品なども楽しめます♪ 2階からもチャオプラヤー川のリバービューが望め、 Sunset is sinking.、夜を迎える前のロイヤルブルーの空がなんとも言えない美しさを放っています♪ 「モンスーン・バレー・コロンバール2013 colombard monsonn valley 2013 thailand」 ボトル2,050THB(日本円にしておよそ7,590円) モンスーン・バレーのワインは、Produced by Siam Winery。 In the winery、 Thailand's oldest wine regions from Pok dam、A traditional Malaga Blanc grape varieties are cultivated、 Colombard is used this wine grape、Derived from South West France。 It is very similar to Sauvignon Blanc tasting、A delicate citrus and Green Apple aromas、 In a refreshing acidity, such as lemon or grapefruit-flavored light body、 甘辛いタイ料理に良く合います♪ この日は、Two Japanese women are living in Thailand is a party and dinner while。 日系企業にお勤めのSayakaさんと、The original、Got a tour conductor experience in travel agency、 現在は日系企業にお勤めのMayumiさんから タイに長く住まわれている彼女たちの目線からタイでのライフスタイルや タイならではのあるある話、Also、日本との文化の違いなどをお聞きすることができました♪ 黒胡麻のグリッシーニやカリカリ食感のパン、Provides a pita bread, such as for meals。 酒の当てとしておつまみにも最適です♪ 「ヤムソムオー YAM SOM O」390THB(日本円にしておよそ1,450円) ヤムソムオーとは、Pomelo salad (Thailand language:ยําส้มโอ) in、 Using the fruit has firm SOMO、It is juicy, refreshing salad。 In Thailand、The fruit salad.、Sweet、Plus a pungent acidity, light and、...

Scroll to top