"Far from drinking cucciolo" Finally I drink too much! Sake the Gotham tavern is on!

A New Year's party was held at the izakaya "Nomidokoro cucciolo", an Italian restaurant operated by Il Cucciolo, located on the corner of the intersection of The Yizuka Ruins along White Street. Because the next to Il Cucciolo became an empty tenant.、Owner Chef Mr. Hara and his wife, Nana Hara (Nana Ujihara)Her two dreams give was "I think they want to go izakaya"、2017Opened "Nomidokoro cucciolo" in March. Mr. and Mrs. Mr. and Mrs. Mr. And Mrs. Mr. And Mrs. Mr. and Mrs. Mr. And Mrs. Mr. and Mrs. Mr. and Mrs. Himohara aim to become a "tavern where seasonal vegetables and fish can be、"You want to shop and the middle generation! "And the tavern was prepared、Kazumasa Takeshita as the store manager (Takeshita k. t.)Greeted-Kun、According to the commitment's sake and shochu、It becomes the shop where japanese style creative dishes that can be enjoyed as a hit of sake can be enjoyed. Also、Wang CHAN's two ideas like、Wang Chan became a welcome shop tour.、Shop logo、During the beer mug model produced two dog Boris、Shop over here studded dog items、The iron hanger rack is cute even if I take the of the dog! Inside the store、Woody atmosphere on accent Chair Red、In the space to nagomi、10 counter seats、Table seats 10 seats and its compact size and、I visited for the first time, but it is the atmosphere that feels comfortable! First of all, toast with "draft beer", "medium", and "high ball" yen. Thank you very much this year! What is today's recommendation written on the board and the article scribbled on the wall?、So have a lot of little appetizers perfect for sake of、Order one of the menus that caught your eye! "Hayashi Shoten's Chanja" 600 yen Crispy Tooth Response and Umami、Enjoy the sweet first taste、Chanja of the taste that is delicious twice of the type that hotness rushes in later! It is also a nice technique to serve white sesame seeds and Korean seeds! "Cream cheese miso pickled" 650 yen cream cheese with miso pickled dish This is rich and excellent compatibility with fermented foods、It becomes the perfect dish to guess sake while having it with a little piece. "Renkon Chips" 600 yen lotus root sliced to a moderate thickness without being too thin and not too thick、Crispy and fried、Enjoy with spices! Kyoto's medicinal taste "Ichikyudo's Kyochimi" and "Yamada Oil" based on the sesame oil of the seasoning which was on the table are based on the octagonal、Pepper、Ginger、Spicy seasoning oil that can feel the flavor of spices such as leeks firmly "Bilite Sesame oil does a good job! "Hot edamame" 400 yen edamame served in a steamed basket is hot、Coarse salt (NLP) is a sweet and、You can enjoy the good smell of beans! "Yagen cartilage fried" 600 yen Yagen cartilage that can be enjoyed moderately also with the texture of the cartilage that was crunchy and the body with the elasticity that was crisp、I'll squeeze the lime! "Miso cheese natto deep-fried" 400 yen 2 pieces 400 yen 4 pieces 800 yen 1 person order ed in front of 2 people so that you can eat one piece In the fried clothes to enjoy the crispy texture、Simmering sticky natto and miso paste cheese slipped into the screen that has、Natto lovers can't stand the dish! "Fried chicken" 700 yen Fried chicken that has lemon squeezed in the clothes of crispy "Potato Shochu Storage Ripening Kuyori" Bottle 4,500 yen Storage and aging of the representative brand "Tanegashima Shuzo" in a remote island in Kagoshima Prefecture、Undelying buttery, soft, mellow! In the rock and enjoy rich aroma、Sweet and rich、It is a sweet potato shochu that is mellow and is very easy to drink! "Ariake jellyfish ponzu" 500 yen crispy texture and pruned mouth feel can be enjoyed with a cool and pleasant texture jellyfish pong vinegar is light、It is good to re-eat after the fried food! "Homemade pickles" 450 yen colorful pickles that can be enjoyed with vinegar that is not too strong "Spicy Tataki Cucumber" 450 yen, beaten, melon, taste good, soaked, soaked、A dish that moderate hotness becomes a habit! Fried garlic has a good accent! "Potato Shochu Ichiten Shikai Ii" Bottle 4,000 yen Also The Potato Shochu "Ichiten Shikai", which is handled by Mr. Nobuhisa Yasuda of "Kokupart Sake Brewery" in Kagoshima Prefecture, is "Ichiten Shikai". The label that one red in the dark blue remains in the impression、It is the image of Sakurajima surrounded by the sea in all directions around! Sweet potato uses "Red Hayato"、It is the one that feels rich and rich! "Nagoya Cochin Egg Dashi Maki Egg" 800 yen Nagoya Cochin egg taste can be felt dashi roll、To the sweet、Moist and fluffy! The radish sauce.、To an adorable snowman! "Fried Hiroshima Oyster Frit" 1,200 yen..

Enjoy fresh local seafood and delicious sake with carefully selected ingredients of good general flavor market Tavern

Hamamatsu market and Mai Osaka port、Further omaezaki fishing port and the General himself to visit the carefully selected ingredients suppliers、With good sake is offering seasonal cuisine、Go to the local sake specialty store taste market, where local people frequent the izakaya. Chire、Located approximately 3 km from the JR Tokai hamamatsucho Station South exit、Mishima-Cho Minami-ku makes。2006Since being opened in,、It is a popular shop crowded with regular customers every day with the warm service of a friendly general and the smile of the landlady full of energy! Recently、It will be your first visit to see me in the favorite tavern of Mr. and Mrs. Sasaki who was introduced through a friend! "I'm in it today. And、And see the faces of the regular、"Today's match! And what each、It seems to be open every day to the appearance that the visitor is pleased! First of all,、Men's "beer"。 The women toasted with a refreshing "shochu water split" with lemon squeezing. The sign of the bottle keep which gave the illustration of Robocon is a testimony of the generation of 70 years. (laughs) What do you say?、It is a bittersweet "sesame sesame of rape blossoms" that makes you feel the coming of spring. Handwritten instruction singing illustrations of fish is being rewritten by the stockstate、What food is there recommended、Among them, the "Season" menu is a push. The first push of this day is "grilled garlic soy sauce of squid" for 900 yen.、The tender texture offers exquisite softness left burning squid、Motivating tantalizing flavours of garlic, soy sauce、It is good for the hit of sake! "Stabbing" is served according to the number of people.、On this day "filefish、Tuna、Squid、Enjoy sweet shrimp" with Motoyama Aoi Kawahagi、Bulky dipped in chopped liver, liver sauce、Rich ness and sweetness spread! And more.、Cut fresh bonito and a sprinkling of "home-made pickled Chinese cabbage" or "fried soak eggplant.、"Four skewers.、"New bamboo shoots with soy sauce.、Such as high sugar content tomato、One dish that can be enjoyed in a handy price range is the best press! I'm really envious that there is such a convenient tavern around your home♪ izakaya best ♪ local sake specialty store taste market address:1447 Mishima-cho, Minami-ku, Hamamatsu-shi, Shizuoka Prefecture:053-442-4141 Hours of operation:17:00-24:00 Parking lot:Yes (10 units) Closed:Sunday...

WA the jcccnc calmness with modern and enjoy seasonal Japanese restaurant

Hamamatsu City [alsperkingbil] basement last year 2017 June 27, relocated to、リニューアルされた和食店「はんなり」へ! 店主の牧野 真也 (Sinnya Makino)-Kun (37 years old)、Sales in the building across the street from 8 years、It had been considering relocation as stores can also accommodate large groups、 From that the giraffe Pavilion was folded up shop, exactly where was an ideal size、Store design yourself a handled renovation、Japanese room with rich wood finish。 Spacious L-shaped, counter seats for 10 people、Extends like a semi private room table seats and 40 seats can also accommodate banquets dug kotatsu style of tatami room、落ち着きのある居心地の良い空間を提供しています! 前店の頃と同じように、Went for purchasing every morning.、Will giving a weekly dish work in seasonal stocks on the day。On the menu、Dare not listed price、人数や客層に合わせて盛り方など臨機応変に対応できるよう心掛けられています ♪ この日は一級建築士の長谷 守保 (Moriyasu Hase)氏がとあるCompetitionにてトップに輝かれたお祝いを兼ねての懇親会! 「お通し」 を摘みながら「生ビール」で乾杯です! 北海道の「塩水雲丹」が入っているので、The "Sea Urchin plate" State-of-the-ordinary compared to try, and offered stinging Prime、2In addition to sea urchin species、Luxury 1 dish w/ Sea Urchin in between sheets of kelp turbot。程良い脂とねっとりとした食感が楽しめるバチマグロの赤身やミディアム 〆の千葉産の鯖に福井の白魚白子ポン酢など新鮮な刺身にはやはり日本酒をということで長野の「天恵の美酒 大信州酒造株式会社」の「大信州純米吟醸超辛口」を表面張力が働くほどになみなみと枡一杯に注いでくださるから嬉しい限り! キリッとしたクリアなアタックの後にコクも感じられ飲み口が良いせいかクイクイ呑めてしまいます! 焼き物「金目鯛」はふわっととろける食感に火入れしてあり最後に軽く刷毛で醤油を塗ることで旨味を引き出し香り良い甘味を楽しみます!蕾菜や行者にんにくには酢味噌を添えて。 Recent、牧野くん自身がハマっているという「おから」は新玉葱や人参胡瓜の食感も楽しめる最高の酒の当て! 浜名湖産の「蛤」も大粒が入っていますよとお勧めしてくれ、6~7cm殻の身厚なぷりぷり蛤を葱と醤油で楽しみます! 一皿毎についつい酒が恋しくなり立て続けに静岡の「高嶋酒造株式会社」のキレの良い銘酒「白隠正宗 純米酒 生酛 誉富士」を飲み倒します同じく静岡の「花の舞酒造株式会社」と南青山のフレンチレストラン「 Abysse(アビス)」とのコラボ酒でワイン酵母を使用した日本酒「花の舞Abysse(アビス)」もワイングラスで楽しみます!柑橘系のスッキリとした香りは和食の繊細さにも適し日本酒はちょっぴり苦手だけどワイン好きという女子にはウケること間違いないお酒です! 団体予約のお客様がお見えになると厨房が慌ただしくなってきたため直ぐに出せるおつまみとしてシャキシャキとした食感を程良く残した長野県産の立派な「ホワイトアスパラとグリーンアスパラ」をシンプルに塩でいただきます! シュワシュワの「出汁巻玉子」「錦爽鶏 パリパリ柚子胡椒焼き」を頬張ります綺麗な甘味と爽やかな酸ふくよかなコクとバランスの整った三重県「木屋正酒造」の「純米吟醸 而今」を頂くと仕入れ前夜だったということもあり冷蔵庫内の日本酒がすっかり無くなってしまうという事態が起きてしまいましたこちらはお開きにしそのままの足で二次会へ出向きます!牧野くんご馳走様でした! はんなり 住所静岡県浜松市中区元城町223-1アルスパーキングビルB1F TEL:053-456-4008 Hours of operation:17:30-24:00(L.O.23:30) Closed:Sunday...

Enjoy the famous tuna black became a hot topic in the "Tavern, vaguely" ghalita dining room!

浜松市初生に2015年11月3日にオープンした居酒屋「さんぼん / 産地直送食材 地酒」へ! こちらは東京の有名店「麻布十番 たぬ吉」にて10年間修業をされた店主・飯尾 圭亮 (Keisuke Iio)Just set up shop in local city Hamamatsu。Experience in Tokyo、Agriculture was a step towards further toward independence! Nagano-born wife in approximately two years.、To be engaged in agriculture to produce knowledge and desire is higher、both、Strong ties with many sake Brewery tour of Nagano in food、To be ripe、思い描いていた居酒屋の開業に漕ぎ着けています! 店名の「さんぼん」とは、With adidas owner iio's unrivalled favorite things! Told that the、見て納得! 店内は、L-14 counter seats、With tables, seats 16、Feel the warmth of wood、Hand screen menu、Include illustrations of the food depicted in colorful, easy to understand、The personality of the owner's calm space。Fine sake made from carefully selected ingredients direct from the farm and the Japan national order.、地元民に愛される人気店となります! この日はこちらの居酒屋を紹介してくれた御近所様の井畑 翔太郎 (Shotaro Ihata)くんと石原 由貴 (Yuki Ishihara)ちゃん夫妻の結婚祝いを兼ねての忘年会となります! 先ずは「生ビール」で乾杯しながら、Iio's owner should ask、The superficial finish of "〆 mackerel.、Fresh produce is available in chicken sushi and sashimi gizzard、「白子ポン酢」などを堪能します! 焼酎の本場九州では、"Before allocation soju' that which is consumed as a matter of。This is、Soju in advance in a golden ratio of the 寝kashita water.、It is also smooth mellow、水と焼酎が分子レベルで結合することで飲みやすくなると言うので驚きです! 修行先の「たぬ吉」で人気メニューとなり、The Special menu that was broadcasted on that "ghalita restaurant" tuna black、It is possible to taste here! With tuna and pork、In sweet sake look perfect!(-Be ω-Isuzu)^☆ この日は、For the limited use of only two hours and ended up in relation to your booking、Could not reach main dish、Tuna cheek negima NABE with Gill area and head meat and meat is most popular、皆さん予約されていました! この後は「〆のラーメンが食べたい!」ということで二軒目へ突入! こだわり産直卸 さんぼん 住所浜松市北区初生町856-9 TEL:053-489-3348 Hours of operation:17:00-24:00 Closed on Mondays:Sunday...

Tavern "beauty Bowl" Hamamatsu red bean rice cake in with the Sports Club Party!

我が家から徒歩圏内のスポーツクラブに通い始めて早半年! 週4日ペースで同じ時間帯に通っていると、Go with the faces of all our members will have time and、Light relationship of exchanging greetings from the beginning.、Now that all、身体を鍛えながらの井戸端会議も楽しくできる程にまでなりました! そんな中、Especially good when you talk to our uncle who invited me so "party once a month.、12月の忘年会に参加して参りました! 集合場所は小豆餅の静岡銀行の裏にある居酒屋「美椀(びわん)」へ! こちらの居酒屋を営む女将の春美さんも実は同じスポーツクラブの会員です! 小料理屋のような落ち着きのある雰囲気で、Shops had been previously。 Shop became a space filled with the warmth of wood、Respectable in the beams of the ceiling、Please click here Carpenter of Hida-Takayama and、伝統的な町家造りの趣きがあります! カウンター席の上には、A taste of hand-written menu and sort、どれを見てもそそられる一品が揃います! 「生ビール」で乾杯すると、The appetizer、Holo holo and mouth melt and become smooth "simmered beef sinew"、Yuzu sparked appetite、御汁に滲みた大根がまた美味しい! 「刺身の盛り合わせ」は、Unlike the contents depending on purchase of the day、On this day、Tuna, skipjack tuna、Flounder、Yellowtail served! Shochu's by the bottle for "aka Kirishima"、Lock、Hot water、And the rocks in each drink lovers。 Cross over the years.、There have been trained at the Sports Club daily、60Teen-bulked so don't feel the age of 70s still treasured them! Do not feel absolutely win in all physical energy (lol) and strong drinks、Oh the bottle is emptied during the、熱燗へ! 大好物の「目光の唐揚げ」はふわっふわで骨まで美味しく、The unbearable sweetness of the vegetable "Hamamatsu dumplings"、Native to three hot hoc hoc "not butter.、A hearty "skewers and" and more、最後の〆は居酒屋では珍しいメニューに飛び付き「浅利パスタ」をオーダー! しこたま飲んで食べた分は、I would also want to digest and gossip at the Sports Club. °(° No! '.)゚。笑 女将の春美さんが愛情込めて作ってくださる一品は、What can wake beautiful Bowl! Surprisingly little information is、穴場的な存在の居酒屋を発見しました♪ 美椀(びわん) 住所静岡県浜松市中区小豆餅1-7-15 TEL:053-475-4487 Hours of operation:17:00-23:00頃 定休日:Sunday...

"Kak Koy" Barcelona at the grill! Japan food and stylish, so cool!

バルセロナに在住して20年のオーナーシェフ松久 秀樹(Hideki Matsuhisa)さんが昨年ミシュラン1つ星を獲得した「Koy Shunka」に続き新たにオープンさせた炉端焼き専門店「Kak Koy」で松久ファミリーと一緒にディナータイム! こちらは「Koy Shunka」から徒歩圏内となる旧市街に位置し、And renovated in a modern and stylish atmosphere of the historic building and utilizing、日本の炭火焼の技術を用いた炉端焼き料理が気軽に楽しめるお洒落なレストランとしてグルメなバルセロナっ子達に大人気のお店! 厨房は多くのスタッフが機敏に動くオープンキッチンとなりゲストが作り上げる様子を楽しめ臨場感たっぷり! メニューは500円ぐらいのおつまみから3,000円前後のメインディッシュまで幅広く用意されており、While couples and friends and share、ワイワイ楽しめるスタイルです! オーナーシェフの松久さん自らが毎朝市場で厳選するこだわりの食材を炭火でじっくりと旨味を引き出しながら火入れし提供する料理はどれも絶品!まさかバルセロナで踊り出す鰹節の「焼きそば」が観れるとは驚きです! 大好きな「ボタン海老」や「のどぐろ」、"Quail",、地中海の恵みと日本の技術が融合した一皿一皿を大いに楽しませて頂きました! 松久ファミリーの感受性豊かな末娘のEnaちゃんは、Now I'm into instant and、Camera of her husband to hand to photographers like enjoyed was enjoying!((Be 艸 ' *))なかなかの腕前です!...

Yakitori House sumire oimachi branch "popular chicken chains such as Cafe dining

Tokyo, from Oi became a second home away from home while the station's has numerous temptations by the Niles、立ち飲みなどの赤提灯の揺らめきや香ばしい香りを放つ飲食店が溢れています! 「今日は何食べる?」と話し合いながら、Confirming the condition of the head and the stomach each other、この日は「やきとり家すみれ」でDinner Time! 近隣の「鳥文」に向かうつもりでしたが残念ながら暖簾が出ておらずお休みだったよう! 気を取り直して脳内が「焼き鳥」を追い求めていたため「やきとり家 すみれ 大井町店」にお邪魔することとなりました! パッと見、Brick exterior is dressed sort of like café bar、炭火で煤がはびこるような焼き鳥屋のイメージが一切ありません!女子受け良さそう! 店内は1階カウンター席6席、2~ 3rd floor has a living room table and dug kotatsu、20And the store name level that can accommodate。To the cremation site pleasures we enjoy to of course counter seats。焼き場を任されている店長との掛け合いも楽しめます♪ 鳥取は大山の麓で育成された銘柄鶏の大山鶏を使用し、Per order carefully one beat the spit and、炭火で焼き上げています!大振りで肉厚! メニューを見ると、As well as the yakitori、Affordable food from noodles.、Rice dishes、Sweet Suite.、さながら「焼き鳥居酒屋」と言った感じです! こちらは都内を中心に全国的に急激に多店舗展開されているチェーン店となり、Affordable corporate effort will offer a high-quality feel、中でも生ビールや酎ハイなどのジョッキものが一杯「190円」と驚きの価格を提示されておりました! お通しの「塩だれキャベツ」が「1人300円」でお代わり自由となり箸休めに最適で、This year's "green onion" in the "gizzard"、"Spit chicken cartilage.、"Seared" in "Oyama chicken fried chicken.、〆には「コラーゲンたっぷり すみれの濃厚鶏白湯ラーメン」を頂きました! カウンター席でお隣になったお兄さんとも仲良く話していると驚くことに彼は同郷「静岡県民」でいらっしゃいました!こんな不思議なご縁もカウンター席ならでは! 大井町は本当にCPの高い飲食店が目白押しです♪We love 大井町♪...

"Chankonabe dozens as" offers delicious home-style cooking and seasonal fish unique to Toyama

Nestled in the residential area of Toyama City, Isobe-Cho、知る人ぞ知る隠れ家的な存在の居酒屋「喰べ処ごまんど」へ! こちらは、Shops will offer delicious home-style cooking and fish unique to Toyama。Shopkeeper gomado Seiichi (sesame if would ASU no Yoichi), I of your name gomado (gomadou) from taking、The name "dozens etc" and has、It is a very rare surname。Restaurant gomado-San came conducted more than 20 years、From the personality of the owner friendly?、And always filled with patrons、旦那様の弟の淳くんのお気に入りの居酒屋でもあります! この日は淳くんの友人や会社のスタッフを引き連れての大宴会となりました! 20代の若いスタッフを抱えている淳くんの会社はとても賑やかです! お通しに出た「蓮根のキンピラ」がピリ辛でしっかり目の味付けとなるためビールの当てに最高!脂身の少ないあっさりとした部位で炊いた「豚の角煮」は、The soft ones and enjoy! Also see burdock egg binding ' and huge Gratin、Agedashi tofu、"With rice.、〆には熱々の「つみれ汁」と皆でワイワイと仲良くつまめるように大皿で提供してくださいました♪...

"Night Oi Cup shop shop" 1000 yen become hopelessly popular pub chain

【東京は大井町のディープな世界へ②】 ねぇ「せんべろ」って何ですの? 「1,000円も出せばべろべろになるほどにお酒が楽しめる非常に安い酒場」を意味するそうです! そんな「せんべろ」の巨塔とも呼ばれる居酒屋が大井町にあると琢ちゃんこと吉田琢磨さんに伺い、Than、In order to experience the deep Oi tried to infiltrate first! This、此処が「晩杯屋」! 立ち飲みで有名な「晩杯屋 大井町店(ばんぱいや)」は、1Floor becomes the standing counter style、2階はテーブル席が20席程で若者からお仕事帰りのサラリーマンの方々の「せんべろの聖地」と呼ばれています! 壁一面に貼られたポップでレトロな広告!メニューの価格帯は見返してしまうほどの驚きが待っておりおつまみのほとんどが100円台! 面白かったのが、Pun intended?、ドリンクメニューの中に「ロマネコンティ(完全前金予約制イカフライサービス)」が2,057,000円と記されていたこと(笑笑) 「ポテサラ」、"All the way Q.、"Yam pickles.、100 yen because "black pepper menma.、To think of just how come in small scale when and、Into the small bowl of Morris and appetizer than a normal good is! In addition、Is "bonito tataki" 180 yen, or tuna sashimi 200 yen、-2、It is understandable if you're out of 3、五切れと大満足の大盤振る舞いです!素晴らしいCP! 何でもこちらのこだわりとして、"Cheapness、Bad ' that paramount、From the commitment to provide quality and price cannot be imitated everywhere、Cooked in-store only、「価格を裏切るクオリティ」が待ち受けているのです! あまりの安さに、Catapult sake generous helpings to "no tongue" could not、なかなかディープな大井町を知ることとなりました♪ 大井町の〆とくればお次は…...

Kyushu regional chicken cuisine capital Hisashi at yuraku-Cho farm-fresh food city is very popular with foreigners.

今日から「帝国ホテル(Imperial Hotel)」で「台北西華飯店 The Sherwood Taipei」のフェアが開催されるため、 From Taipei, owner Mark Liu led、Famous GM Achim V. Hakeや PR担当のDorry Fiasco、FB by Fang-Yi Chen、Sommelier Orbie Yang、 Executive Chefの高鋼輝(Ko Kang Fei)やPeter Chiuなど11名のスタッフと一緒にイベント前夜祭です! 一昨日は「wakiya一笑美茶楼」で脇屋友詞さんの食事を囲んでの勉強会でしたが昨夜はガラリと志向を変えて有楽町のガード下にある 九州の地鶏を用いた焼き鳥「都久志屋 有楽町産直飲食街」でビール乾杯♪ 店内は何故か外国人で賑わっており英語ばかりが飛び交っています!焼き鳥は外国人に大人気です! 途中、Rock sink Akiko Kobayashi, "Fall in love" sang in English.、 Mark with a generous tip and up the 5000 Yen、皆で「わたしも歌うからチップ〜!」と アカペラで「テレサテン」を大合唱しました!(笑)楽しい夜が続きます!...

Nostalgic big hidden liquor Japan houses with local people who frequently visits Taiwan cuisine

木造2階建ての趣溢れる日本家屋をリノベーションし台湾の家庭料理を味わえる「大隠酒食(ダーインジウシー)James Kitchen」さん永康街の中心からは少し離れた路地裏にひっそりと佇みどこな懐かしいノスタルジックな雰囲気に包まれ赤提灯の灯火にそそられるお店平日は夜のみ営業されており居酒屋代わりに利用される地元民が多いです。Cook、Zhejiang cuisine、Guangdong cuisine、Japan food、そして台湾料理が中心となりオーナーのJamesさんは中国語はもちろんのことアメリカのカリフォルニアでレストランを15年に渡り経営されていたこともあり英語も堪能です日本語もスタッフさん共々カタコトであれば通じます嬉しいことに日本語メニューもあるので安心してオーダー可能です♪ 店内はテーブル席が20席ほどあり、2On the floor is、畳で寛げる和室となっています写真付きのメニューと日本語メニューを照らし合わせながらオーダーすることが可能で分かり易く価格帯もリーズナブル。Is your store、同じ永康街に支店の「小隱私廚(シャオインスーチュウ)James Kitchen」さんがあり大隠酒食さんより更にこじんまりとした雰囲気がお好きな方はこちらがお勧めです♪ Leeくんお勧めとお店のスタッフさんのお勧めを聞きながらオーダーします♪ 「台湾啤酒(台湾ビール大)」NT$100(日本円にしておよそ390円) 台湾におけるビール業界の最大手「台灣煙酒公司」が販売しているビールです。During the occupation of Japan's manufacturers here、日本人技術者によって設立された「高砂麦酒株式会社」という会社が前身となっており、After more than 90 years of history with proud、Will be representing Taiwan beer。The palate is、Unlike the Japan beer、No bitter taste and drinkability is up for sale。And sharp of Japan beer to anyone who likes a rich、Feels slightly pompous does everything but、台湾ではこれが当たり前です♪ 「炒青菜(空芯菜炒め)」NT$150(日本円にしておよそ590円) 空芯菜はシャキシャキとした食感に少し粘り気もあり大好きな野菜ですあっさりとした味わいでニンニクの風味が広がりビールの当てにもってこいです♪ 「白玉貝ハーフ(はまぐりの酒蒸し)」NT$135(日本円にしておよそ530円) 海外旅行での2枚貝は極力避けておこうと思っていましたが新鮮なはまぐりを見せられスタッフさんにもお勧めされたことと屋台ではないという安心感からいただくことにしましたプリップリの食感ですが魚介は海が変われば味も変わる。This is、Previous、南アフリカのケープタウンでも体験したことですが同じ貝類でもやはり味わいが異なります更に酒蒸しの酒も違えば風味も異なるものです日本とは異なる貴重な食体験香味葱と一緒に美味しくいただきました♪ 「台湾焼酎」NT$200(日本円にしておよそ780円) お茶をこよなく愛する台湾人は晩酌などというシーンはほぼ見られませんレストランなどの飲食店でもビールや焼酎紹興酒とメニューにはあるもののお店によっても異なりますがその種類の少なさといったら驚きです日本が恵まれ過ぎているのかもしれませんかと言って台湾人が全く飲む習慣がないという訳ではなく日本のように「食事会=飲み会」といった認識は少ないようで「食事は食事を楽しむ場所」のようです居酒屋的なこちらのお店でもアルコールを嗜みながら食事しているのはわたし達だけでした(笑)その反面BARなどは多数存在し食事とは別で皆で飲酒を楽しむという感覚は大いに有り得るようで安心しました♪ 「剥皮辣椒雞(鶏肉の唐辛子炒め煮)」NT$295(日本円にしておよそ1,150円」 「剥皮辣椒」とは青唐辛子を素揚げして皮をむき手作業で種を抜いて秘伝のタレに漬け込んだ漬物の一種です鶏の出汁をベースに生姜と青唐辛子と赤唐辛子を利かせたピリ辛料理でLeeくんお勧めの一品台湾バジルの香りが芳しく食欲をそそるお味でスープも一緒に味わえて美味しいです♪ 「トマト台湾醤油のマリネ」 台湾トマトをカットして台湾醤油と砂糖と生姜のソースに和えた一品です程好い甘味と酸味で台湾式のトマトの食べ方だそうです♪ 「醤蘿蔔(ジャンローポウ)赤大根の台湾漬物」 干した大根を胡麻油、Garlic、花椒、Talon、Soy sauce、Sugar、紹興酒などで作ったタレに漬け込む台湾のお漬物です日本のぬか漬けとは異なりますが独特の風味が癖になりお酒の当てになり個人的にはハマるお味で美味しかったです。On this day、他にも食べてみたい台湾料理があるので少しお腹に余裕を持たせてこちらはここで終了。3人で程好く食べて飲んで3,500円程度で済みました。Now、Next in line、台湾のソウルフードでもある魯肉飯を食べに行きましょう♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! すべての台北記事がご覧いただけます! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/ Lee君の「台北を散策する!1日ウォーキングツアー」は 左のバナーをクリックして申し込みを! 大隠酒食(ダーインジウシー)James Kitchen 住所台北市大安区永康街65号 TEL:02-2343-2275 Hours of operation:17:30-23:30 Holidays:月曜日 (日本語メニュー日本語カタコトOK) 小隱私廚(シャオインスーチュウ)James Kitchen 住所台北市大安区永康街42-5号 TEL:02-2343-5355 Hours of operation:17:30-23:30 Holidays:月曜日 (日本語メニュー日本語カタコトOK)...

New year's retreat is quaint with Basil flavor galore kumahira 170 year-old cedar

三方原町のもくれん通りのローソンの交差点がある環状線を越した所にある居酒屋「味三昧 熊平」さん樹齢170年の杉をふんだんに使用した店内は温かみと落ち着きと趣があり半個室風の造りで大人たちが集う隠れ家的な存在の居酒屋です♪ カウンター席以外は半個室風の造りとなっているため会合や接待などには最適です浜松の地酒が豊富でお酒の種類も多く居酒屋メニューの中には新鮮な海鮮や和食を中心としながらも何故かパスタやピザ、Dim sum、茶蕎麦など一風変わったメニューもありバリエーション豊かなお店です女将さんをはじめとしスタッフの女の子たちが着物姿で出迎えてくれるので雰囲気が素敵です♪ 生ビール「アサヒ スーパードライ」580円 この日はS氏と打ち合わせも兼ねての新年会まずは生ビールで乾杯です♪ お通し「煮豆数の子筑前煮」 お通しで「煮豆数の子筑前煮」が並ぶと会話は「御節は作るの?」から入り次に 「お正月は何してたの?」ともっとも新年会らしい会話が飛び交います互いの正月休み報告が終わると話は一気に仕事の話へと移り変わります♪ 「刺身の盛り合わせ(二人前)」一人前1,680円~ 予約の際に「できれば刺し盛りをご予約いただけると助かります」とのことでしたのであらかじめ刺し盛りを二人前オーダーしておきました。Tuna、Flounder、Prawn、Scallop、Salmon、Oval squid sepioteuthis lessoniana、湯葉などボタン海老が出てくるのは嬉しいですね♪ 「トマトとモッツァレラチーズ」880円 小さめのトマトを半分にカットしモッツァレラチーズと一緒にイタリアンドレッシングで和えた一品♪ 「銀杏とゆり根のかき揚げ」1,180円 銀杏のほろ苦さとゆり根のほくほくとした食感が楽しめる一口サイズのかき揚げは抹茶塩でさっぱりといただきます♪ 「浜名湖大粒牡蠣フライ」1,100円 浜名湖産の大粒牡蠣を5個使用した牡蠣フライは衣を薄く仕上げてあります甘めの中濃ソースでいただきます♪ 芋焼酎「熟柿 じゅくし」二合1,640円 「八千代伝酒造」の熟柿 じゅくしは昨季に仕込んだ全ての造りの中から「これは!」という極上の厳選した原酒を封印してじっくり1年間熟成させた昨季仕込みの最後の逸品ですまろやかで、Is sweet.、ストレートまたはロックをお勧めします♪ 「串物盛り合わせ(二人前)」一人前880円 焼き鳥塩焼き鳥タレ鶏レバー砂肝鶏皮の5種を盛り合わせて二本ずついただきました♪ 「イカ一夜干し」790円 一夜干しにしたイカを焼くことで旨みを凝縮させます柔らかく、Is sweet.、一味マヨネーズとの相性も良いです♪ 点心「小龍包」600円 点心の中から小龍包をオーダーもっちりとした熱々の皮の中からたっぷりとスープが溢れ出し肉々しさを楽しめる一品♪ 「おでん盛り合わせ」700円 おでんの具は、Daikon radish、玉子、Fish sausage、牛すじ練り物などを盛り合わせでいただきます♪ 「茶そば」680円 〆に茶そばをいただきながら今月末に行くタイ旅行の話となりドイツやインドなどの海外在住期間が長いS氏の話を参考にしながら今年1年の海外旅行計画を立てていきますS氏、If the timing is right、是非ご一緒しましょう!まずは新しい取り組みの成功を願って!本年もどうぞ宜しくお願い致します♪ 味三昧 熊平 浜松市北区三方原町1176-7 TEL:053-430-6670 Hours of operation 16:30-23:00( L.O 22:30)Closed on Mondays:On Tuesday、第2水曜日 http://kumahei.com/...

Scroll to top