Wake up with "ARUN Riverside Bangkok" Wat Arun and enjoy a blissful morning for breakfast

I was able to admire the light-up that was dazzling until 4 o'clock in the morning.、少々寝不足気味の朝を迎えた「ARUN Riverside Bangkok(アルンリバーサイドバンコク)」!サワディー クラッ(プ) / Kera-ya/K-Ta-Ta-ta-ta-e!! 朝6時を過ぎた頃に朝陽が昇る瞬間をルーフトップの「View ARUN – Rooftop Restaurant & Bar(ビューアルン)」から望むことができ昨夜の賑わいがまるで無かったかのような静けさを感じる爽やかな景色と共に深呼吸! ホテルの朝食会場は1階のロビーラウンジでの提供となり、Morning 7.:30-10:00の間であれば自由に頂けます! 朝食は決められたメニューの中から好きなものを選べるプリフィックススタイルとなり、It is prepared in a good balance with seven types in western style and Thai style、チェックインの際に渡されるシート(英語と中国語で表記)で事前オーダーしておきます! 席へ着くと、The kitchen staff will serve you a pre-ordered one-plate breakfast.、温かい料理が頂けて嬉しい限り! 中央カウンターには、Bread and salads and fruits、Yogurt、Milk and juice、Teapots are set up、オーブントースターも用意されているためセルフでお好きなように頂けます! 朝食でもLade企画の『器と旅するシリーズ』でモーニングプレートを盛り付けさせていただきました!Thank you for the collaboration!! ①「Egg Benedict(エッグベネディクト)」× 器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) mars himawari エッグベネディクトはトーストした食パンの上にハムを添え茶巾絞りで湯煎した半熟のとろとろ卵のポーチドエッグがぷるんぷるんと揺れながら運ばれて来ました! 彩りにグリーンサラダとフライドポテトが添えられたワンプレートでこの半熟卵がまた絶妙な柔らかさに仕上がっておりとっても美味しい一皿です!‎アロ~イ อร่อย!! ②「Rice porridge with Chicken or Pork(お粥)」 肉は鶏か豚で選べるため鶏肉でオーダー! 出汁が利いていて優しい味わいの美味しいお粥ですがお好みでタイスパイスなどを加えて味変することも可能です! ③「Fried Rice wiyh Chicken or Pork(炒飯)」× 器Shimoo Design 浮様丸皿 こちらも肉は鶏か豚で選べるためやはり大好きな鶏肉でオーダー! 火力全開で仕上げてくれたボリュームたっぷりのパラパラチャーハンです! 目覚めたばかりの身体に優しいあっさりとした味わいでペロリと平らげてしまいました! ④「Cut...

"ARUN Riverside Bangkok" Sunset Dinner with Sunset and Temple Views

View ARUN ARUN, a rooftop restaurant and bar at ARUN Riverside Bangkok, a hotel with views of Wat Arun-Aran-Ratha-Laam – Rooftop Restaurant & Bar(ビューアルン)」にてディナータイム! 11月中旬のバンコクのサンセットタイムは夕方17:30To 18:00to be in between、夕暮れを待つゲストで満席となる「View ARUN」! わたし達も事前予約で特等席を用意して頂きました! お隣には韓国からいらした観光客カップルが可愛いブーケを持って記念撮影する姿も伺え特別な夜を演出されているようで喜ばしい限り! こちらでも同様にLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、Potter appeared in the project part 1 "" 釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器と共にコラボレーションしていただきます! サンセットに合わせてタイ料理とカクテルをオーダーし乾杯! 「Secret in the forest(シークレットインザフォレスト)」 320THB(日本円にして約1,150円) カラー映えするカクテルをオーダーするとこちらが出て参りました! メロンソーダのようなロングカクテル! 「Evening Bouquet(イヴニングブーケ)」 320THB(日本円にして約1,150円) ウォッカベースの口当たりスムージーなスイートカクテル! タイ料理①「Khan Toke(カントーク)」× タイの伝統器 450THB(日本円にして約1,620円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 豪華な伝統器に盛られたカントークは、Assorted appetizers in northern Thailand style、Fried chicken and shrimp fritto、Deep-fried chicken wings、Tsukune Pass、Stick Spring Roll、Onion Ring、It is wrapped in a pandan leaf and is dressed in jasmine flower decoration, and a Thai chimaki is included.、Thousand、Sweet Chili、タイソースと3種のソースに合わせてお好みで頂きます! ピリッとスパイシーなソースに揚げ物の盛り合わせにはやはりタイの「Chang Beer(チャーンビール)」180THB(日本円にして約650円)です! タイ料理②「Pad Thai(パッタイ)」× 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 320THB(日本円にして約1,150円) もっちりとした食感のライスヌードルの平打ち麺に甘酸っぱいソースが絡み合い、Pattai, Thai's popular soul food with a response to eating, is a favorite and indispensable! Pattai is served with the usual kawa shrimp onitennaga shrimp (Macrobrachium rosenbergi)、火入れも良くプリップリ!...

「ARUN Riverside Bangkok」ワットアルンを一望できるリバーサイドホテル

バンコクの三大寺院の1つ「ワット・アルンラーチャワラーラーム」をより楽しむために「ワット・アルン」の対岸にあるスモールホテル「ARUN Riverside Bangkok(アルンリバーサイドバンコク)」へ宿泊! こちらは今年2019年11月にグランドオープンし誕生したばかりの真新しいホテルとなり寺院対岸の真正面に位置を有する最高の立地となる話題のホテルです! 場所は三大寺院のもう2つの寺院「ワット・プラケオ(Wat Phra Kaew & The Grand Palace)」と「ワット・ポー(Wat Pho)」に徒歩圏内となり三大寺院観光を一気に楽しむには最適のホテルとなります! 此処は元々ホテルオーナーの邸宅であった伝統的なタイの木造建築のビルを活かしつつ現代的なデザインホテルへとフルリノベーションし生まれ変わらせたスモールホテルです! 「ワット・アルン」を堪能し渡し船で対岸まで戻りホテルへチェクイン! 出迎えてくださったGeneral ManagerのWachira D. Daspuechさんは実は約4年前のバンコク旅で知り合った方で、This time、新たにホテルを任されることになったということで嬉しい再会を果たすことが出来ました! ホテル1階にはチェックインカウンターとロビーラウンジガラス越しのオープンキッチンを有し全客室数は6部屋でスタンダードスイートリバービューデラックスリバービューと3つの部屋タイプとなりその客室からは「ワット・アルンラーチャワラーラーム」を望むことができます! まずはフロントでチェックインを済ませます。 Welcome tea、ハイビスカス、Pineapple、アップルをミックスさせた美味しいオリジナルジュースを頂き乾いた喉を潤します! 建物は4階建てとコンパクトサイズのためゲストはカウンター脇の階段を利用重たい荷物はリフトで上げ下げしてくださるので安心です! 客室の前にこのホテル最大の魅力ともなるルーフトップレストラン&バー「View ARUN – Rooftop Restaurant & Bar(ビューアルン)」へ向かいましょう! ルーフトップで心地良い風を感じながらミクソロジストをコンセプトにしたタイ料理やカクテル類が楽しめるレストラン&バー! こちらは夕暮れからのディナータイムで利用しているため後程御紹介! 席数はカウンター席を含む40席ほどを用意されておりその席からはまさに自分のためだけにに用意された「ワット・アルン」かのような独占的な景色が望めます! 日中は日差しが強いためカウンター付近の屋根のある席が人気のようですが屋上の半分以上は屋根の無い開放的な空間となるため夕暮れ時は最高のロケーションとなるでしょう! さらに屋上の反対側からは王宮 「ワット・プラケオ(Wat Phra Kaeo)」と「ワット・ポー(Wat Pho)」が望めるという奇跡的な立地です! さて今回お世話になる客室は大変見晴らしの良い405号室「PING / Deluxe Room with river view」へ! 部屋に入ると目の前に飛び込んでくる景色はダイレクトに一望できる川面に浮かぶ壮大な「ワット・アルン」! バルコニーへ降り立てばルーフトップとは異なるプライベートな空間となり”寺院と共に過ごす”とはまさにこの事! 贅沢極まりない光景が広がります! 室内はタイの伝統的な木造建築の温かみはそのままに壁などは一新され清潔感溢れ落ち着きのある空間へと変わり深みのあるウッドブラウンが優しく心地良いフローリングにキングサイズのベッドが備わります! バスルームには独立したツインヘッドのシャワールームと洗面台トイレが備わりバスアメニティが揃います! 玄関脇のクローゼットには、Bathrobes、ハンガー、Slippers、Security safe、懐中電灯を用意! 室内用に用意されたスリッパは”い草”が素足に気持ち良い畳スリッパで快適です! 部屋の設備としてはスマートデジタルテレビや無料のWi-Fiインターネット接続(パスコード入力)有料のミニバーに無料のコーヒーや紅茶ミネラルウォーターが用意されています! バルコニーでゆったりと川の流れと移りゆく雲の動きを眺めていたところ雲の隙間から降り注がれる陽の明かりが寺院を照ら映すかのようで、Just a few moments, it was、あまりの神々しさに身震いするような景色に出遭うことが出来ました!...

Scroll to top