"Such slightly fujieda headquarters ' dark world! Popular premium green tea gelato!

創業1907年と111年の歴史を持つ藤枝きっての老舗のお茶屋「丸七製茶」が運営し世界一濃厚な抹茶ジェラートで有名な「静岡抹茶スイーツファクトリー ななや」へ ! 藤枝市瀬戸の国道1号線沿いで車通りの多い中、In the shop here particularly stir the jam、駐車場を確保するのも一苦労となります! 入店すると、Fill the large procession of the frog people, people, people、お茶屋としてはなかなか珍しい光景が広がります! 店頭では、Not to mention the sales of tea leaves、Green tea with sweets, devised and marketed、Popular and most of the、In the concentration of green tea 7 stages, can be compared to eat fresh "Matcha green tea gelato.、行列を成すお客様のその殆どがこの「抹茶ジェラート」を目当てに来店されています! 並んでいる際にオーダーを決めておけるように事前にメニューが配られます! カップの場合は、In a single 340 yen.、With double 440 yen.、Parfait topped with a whimsical and two kinds of gelato at 500 yen! If the cones、In a single 360 yen.、ダブルで460円です! 「抹茶ジェラート」は、Intensity of green tea served in the 7 stages of No.1~No.7、And that "agriculture, forestry and Fisheries Minister Award" for exceptional use only no.7、世界一の濃度にチャレンジするプレミアムなジェラートだけは少々価格が異なりお高くなります! [抹茶ジェラート] No.1ほのかに香る抹茶! No.2抹茶とミルクのバランス◎! No.3程良い濃さ! No.4渋味があり大人の味! No.5ガツンと抹茶! No.6抹茶が大大大大好きな方へ! No.7: 1~6とは別格のプレミアムな抹茶を使用!世界一の濃さへ挑戦! 抹茶以外に「ほうじ茶」や「玄米茶」、"Gyokuro"、Enjoy tea and Japanese tea、"Chocolate" and "black sesame"、"Plain milk.、"Seasonal gelato (the season's new tea or Mango).、「藤枝ハイボール」などの変わり種も用意されています! 15分程度の待ち時間を経てショーケースに辿り着くと、7Gelato stages a stunning sort of gradient、 濃淡のあるグリーンで美しくお目見え! わたしはサクサクのワッフルコーンが好きなのと、For the sweet tea I'm interested too、「農林水産大臣賞受賞」のプレミアムな抹茶をふんだんに用いた「No.7」と「ほうじ茶」をダブルコーンでオーダし650円! 良い意味で抹茶の苦さとガツンとした味わいが存分に楽しめる濃厚な「No.7」は余韻も長く流石の一言! 食べ進めると舌が強烈な緑色モンスターに変幻するので注意!(笑) 「ほうじ茶」は香ばしくさっぱりとした後味で箸休め的な存在でいただくにピッタリの美味しさです! また、In another corner、One person just 500 yen coin、7Drinks tea in the corner can be tasted is also equipped、お茶に触れ合うことができたりもします! 暑い夏、Cafe coffee or shaved ice to enjoy good、When you need to、Right or wrong、静岡茶専門店のスイーツとお茶を一緒にお試しください! 静岡抹茶スイーツファクトリー ななや 場所静岡県藤枝市内瀬戸141-4 TEL:054-646-7783 Hours of operation:10:00To 18:00 Closed on Mondays:水曜日(祝日の場合は営業) http://nanaya-matcha.com/...

Journey to unexplored by COG train "line and the Southern Alps so." everywhere in Japan to enjoy!

Ride to Japan only, running through the Valley is surrounded by wilderness Oi Oi River upstream of and at the back of the Cog train so. the Southern Alps and the line to travel to unexplored! Southern Alps so. the line is called the oigawa Railway Corporation ikawa line、And routes with history made for the dam construction of the Oi River basin、現在は奥大井の観光列車として「大井川鐵道・千頭駅」から発車し終点「井川駅」までを運行! 2018年5月に発生した土砂崩れの影響により現在は「閑蔵駅⇔井川駅」の運転を見合わせているため、Be up front kanzō station Terminal is one of、乗車時間は約1時間30分程となります! この路線では、Visitors can observe the Abt locomotives combined for Japan's steepest consolidation work、Skilled boasts the tallest 70.8 m from river railway bridge "of Sawa bridge."、接岨(せっそ)湖に浮かんでいるかのように見える「大井川鉄道 奥大湖上駅」からの絶景などもあり見所満載の秘境列車の旅! 駅窓口で南アルプスあぷとラインの「井川線周遊きっぷ」大人1,800円を購入すると往復チケットとなり区間内の乗降が自由になっているためお得! 駅員さんがわたしに切符を切らせてくれました! 駅構内では、Designed to reduce the heat in the mist shower、夏の余暇を楽しむ風情があります! 真っ赤な車両は元々、Built as a hydroelectric power plant construction materials for transportation trolleys、山間を縫うように設置されたカーブや小さなトンネルに合うように小型車両を使用! レトロな雰囲気が堪りません! 車掌が発車前の指差し確認後に呼子笛を鳴らし時刻通りにいざ!出発! ガタンコトンと揺れながら走る真っ赤なトロッコ列車が緑豊かな山岳を走る様子はまさに非日常的な世界を体験でき爽快! 区間のトンネルの数は何と全部で61箇所もあり、To run on the railroad runs a raw in the tunnel ceiling and the cliff's edge、ハラハラドキドキもののスリル満点の世界が待っています!(笑) 車内放送で、Conductor showed the ikawa line of practice in us、大自然が織り成す山景色と大井川の流れをゆったりと楽しみリフレッシュ! トロッコ列車の窓は全開のため、While riding the wind and feel comfortable、自然がより近く感じます! しかしながら、 No air conditioning in the train、Because the intense heat turn and attack whenever I stop at every station、熱中症対策の水分補給はお忘れなく! 人知れず田舎にポツンと佇む各駅は趣がありどこかノスタルジックな雰囲気に包まれています! 南アルプスあぷとラインに有する鉄橋の数は55箇所もあり「奥泉駅」から「アプトいちしろ駅」の間では、Japan's tallest railway bridge-Sawa bridge of severe、山間を繋ぐ鉄橋の美しさを堪能できます! 「アプトいちしろ駅」に到着すると、Finally in the steep slope of the Japan event、Cog locomotive ED90 "a.k.a.:ABT-Kun "in kuha 600 body press from the rear、90Mille stuff like overcoming the steep、この連結作業の瞬間を楽しみにいらっしゃる鉄男・鉄子さんの姿も! 日本一の急勾配は、Slowly slowly and is supported by apt-Kun, and forward、Alarmed many families camp in the campground below will、Take a train to notice?、So he waved、直ぐに振り返して御挨拶! 日本一の急勾配を抜けると迫力満点の「長島ダム」がお目見えし、A huge concrete and dynamic world of unique、At once uplifting feeling! Previous、"Dam woman (Jo)" growing! But I remember hearing rumors、気持ち解らないでもないなと思った次第です! 「長島ダム駅」では千頭方面行きのトロッコ列車と遭遇! 後方を支えてくれた「アプトくん」はこちらで切り離されお別れとなります! 上流するに従い湖の色が碧く澄んで行くのが判ります! 次はいよいよ話題の秘境駅となる「奥大井湖上駅」へ到着です! 鉄橋「奥大井レインボーブリッジ」の途中、This station show up on the Lake.、In the SNS called unexplored region station and talk to、This Southern Alps so. and line、一番多くの観光客を呼び寄せています! 列車旅も終盤に近付き、Well the deep gorge、通称「若返りの湯」と呼ばれる「接阻峡温泉」がある「接岨峡温泉駅」で降車する観光客もチラホラ! 奥地へ進めば進むほど、Deep, rich in green、The water in the River seems more clear、空気も美味しい! およそ1時間30分の列車旅は現終点駅「閑蔵駅」で愛らしい狸に出迎えられながら無事到着! ここから帰りは、Alight at the bus stop a few minutes away、エアコンがキンキンに効いているバスで「千頭駅」へと戻ります! トロッコ列車に揺られ約1時間30分、30 min. by bus、Fun was beyond 2 hours of journey、Mountain、Chuan、触re合ete on the Green and nature、フルにリフレッシュすることができました! 今年の酷暑を乗り切るためにも避暑地巡りの秘境列車旅はいかがですか! 大井川鐵道・南アルプスあぷとライン 南アルプスアプトセンター TEL:0547-59-2137(Weekdays 9:00-16:40) http://oigawa-railway.co.jp/...

To Oi iron Senzu Station "Thomas fair 2018" Thomas the tank engine and friends collection!

SL locomotive is on the famous "oigawa Railway Co., Ltd., Senzu Station" campus、2018On June 9, and has held the "Thomas the tank engine Thomas fair 2018" during the period of 10/14! Hero 'Thomas' started.、New character "Winston" to "Percy"、"Hiro"、"Rusty"、"Mischievous freight car.、"Nasty freight cars.、愉快な仲間たちが大集合! フェアでは、Just around the corner, you can watch the tank's and James、観retari tank engine together received at times rolling cars work、You can join rusty tank mini SL bus and train stations to run scenic driving、小さなお子様の居るファミリー向けの楽しい企画が目白押しです! この日わたし達は千頭駅から発車する日本唯一のアプト式電車「南アルプスあぷとライン」に乗車するためにやって参りました! 大井川鐵道SLの終着駅であり、At Senzu Station in ikawa line train station、Souvenirs, restaurants and much more、At truck city、Such as grilled sweetfish and grilled corn sold、出店が揃います! 「めっちゃ美味しいSL焼き」の手書き看板に引き寄せられ、1個150円の「SL焼き」を購入! SLに象られた小豆あんこの人形焼のような焼き菓子のそのクオリティはさておき雰囲気はとても楽しめました(笑) 大自然に囲まれた大井川河川の長閑な風景は夏の強い陽射しを浴びながらも涼を感じる貴重なスポットとなります! 千頭駅から金谷へ向かう普通列車の16000系16002Fの発車を見送りながら線路沿いを歩きます! 駅横に隣接するカフェ「Cafe Grandma(カフェ・グランマ)」でランチをしながらトーマス号の到着を待つことに致しましょう! 2016年の夏に第2の人生を楽しむオーナー夫妻の西條忠孝さんと和子さんがオープンしたこちらのカフェは、But at that time the name was CLUB HUCKLE Oigawa BASE (Oi-based Club Hackl)、Now converted into a "Cafe Grandma (Cafe & Grandma).、Wild boar special of Japanese, Western and local fishermen are caught using rice bowl game and give care、夏にはさっぱり麺やスタミナうどんなどを提供! 元々、Manually created by Saijo zhongxiao, had been President of architectural Cafe、木の温もり溢れる空間で居心地抜群です! 「暑くてごめんね~っ」と店内の扇風機の向きを調整しながら声掛けしてくれる店主の西條さん。 I too much do not like wind of air conditioner、Window to open、自然のそよ風を感じる機会もリフレッシュには最適です! 長閑な線路脇で昼前の「生ビール」500円はとっても美味しく感じます! 「ジビエカレー(サラダ付き)」1,000円 地元の猟師が捕えた猪を用いたジビエカレーは水を一切使わずに野菜やトマトの水分だけで作る特製カレー!程好くスパイシーで旨味たっぷり!じっくりと煮込むことで猪の身も柔らかくトロトロ食感です! 「大根とじゃこのさっぱり麺(川根特産柚子胡椒付き)」800円 夏限定メニューで、In the honkawane specialty with yuzu pepper sauce original、While enjoying the delicious with fish and the texture of the radish and cucumber、さっぱりといただくうどんです! 食事を終えると丁度「トーマス号」が到着する時刻が近付いて参りました! カフェの窓から身を乗り出し汽笛と共に走ってくる「トーマス号」に大興奮! 満席列車に乗車する皆さんに手を振りお出迎え! 駅構内は降車する人々や見学者で溢れ大賑わいの中瞬時に空きを見つけて記念撮影!良い思い出です! さてお次は本題の「南アルプスあぷとライン」へ! 大井川鐵道・千頭駅 住所静岡県榛原郡川根本町千頭1216-5 TEL:0547-59-2065 Cafe Grandma(カフェ・グランマ) 住所静岡県榛原郡川根本町千頭1220-1 TEL:0547-58-7018 Hours of operation 11:00~ 17:00(18:00〜は予約制) 定休日無し(※臨時休業有り) http://oigawa-railway.co.jp/...

Rites of summer can be said kannagi huishan Temple Fireworks! Decorate the shores of Lake Hamana to the rainbow-colored ball dance!

浜名湖の夏の夜を彩る夏の風物詩で7/22(日)に開催された「浜名湖かんざんじ温泉灯篭流し花火大会」へ! 浜名湖にある温泉街「舘山寺(かんざんじ)」では、Every year、There's fantastic events shed uchiura Bay about 2千 based on written wishes lanterns "lanterns"、The fireworks display will be held at the same time、Up to approximately 3000 launch fireworks on the Lake、While echoed and okusa mountain reflects the sparkle on the shores of Lake Hamana、夏の夜空を美しく彩る妖艶な舞いを披露致します! この日の舘山寺周辺は交通規制が入り、From evening to night、Vehicle access to the prescribed intervals will be forbidden for、昼下がりから見物場所の陣取りをされる方も多く見受けられます! わたし達は人混みが苦手なので反対側の寸座マリーナ近隣にある特等席で観覧することに致しました! 灯篭流しは19時30分から、Launch fireworks from 19:50、And the end will 20:55、While waiting for the dark days、屋台の焼きそばやかき氷でお祭り気分に浸ります!夏はやっぱりかき氷! 猛暑続きで晴れ渡る夏空が、Started dyed pink and slightly after the evening、The blue and pink overlap、薄紫色に染まる姿がまた幻想的な風景を映し出していきます! 開始の合図は、With the addon and sonorous sound、Also launch Fireworks started from staple staple in the colorful "assignment of" Chrysanthemum and Peony、Heart and smile、Soccer ball into the Saturn in the butterfly, unfolds as art "type thing.、Cheers for the up with gorgeous StarMine、Red and blue on blue、Green to yellow、Pink、The colors dyed orange with seven colors、まさに日本が誇る花火職人が成せる技! その一瞬の輝きを収めようと、Husband had fixed the camera on a tripod、Shutter speed for 20 seconds to shoot for about 30 seconds and adjust the、Not to mention the overhead Fireworks、Tomei fast Hamana Lake bridges running over the Lake Hamana vehicle movement and color and captures the vibrant、まるでUFO出現のようなあやかしの世界! 最後のフィナーレを飾る大玉には華麗に夜空を華やぐ大輪の「柳」の嵐で大歓声が湧き上がり幕を閉じました! こんなにもゆっくりと花火を眺めることができたのは数年振りのこと夫婦でいつまでもこの一瞬一瞬の花火のようなトキメキを大切に思い出を重ねていけたらと思います! 今年は後何回花火が観れるかな? 日本の夏!静岡の夏! 浜名湖かんざんじ温泉灯篭流し花火大会(※終了) 開催場所:Nishi-Ku, Hamamatsu, Shizuoka Prefecture / 舘山寺温泉内浦湾 開催日時:2018July 22, (Sunday) 19:30-20:50...

pairing dinner and enjoy the delicacy "aru" hand is French

愛知県豊橋市のJR豊橋駅から徒歩5分圏内の雑居ビル2階に昨年末2017年12月27日に新規オープンされたフランス料理店「aru(アル)」へ! 雑居ビルの階段脇にあるオリーブの木と裸電球が灯す柔らかな光の下にシンプルなサインを施した真鍮の看板が目印となります! 店内のデザイン設計は、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe(ハーグデザイン+ハーグカフェ」が シェフのこだわりを取り入れ手掛けられたとのことでシンプルさの中に柔らかな空気が流れる居心地の良い空間! フロアの様子が伺えるキッチンを右手に配し、With 14 seats and provides 18 seats seats、Sommelierとしてホール経験を経てシェフになられた鈴木 琢 (Takumi Suzuki)さんと奥様の鈴木 彩 (Aya Suzuki)Is it also in the restaurant is run by the Dojo of the Sommelier's wife、Culminating from the open between the foodie、In the shop we married couples also got at least once、既に人気店の仲間入りを果たしております! 前回はランチ訪問でしたがこの日は友人を交えての再訪ディナー! こちらでは、Lunch by appointment only.、And style-only dinner with Chef's choice of incose、So I thankfully staying the driver will、コースに合わせてペアリングワインをオーダー! aruでは、At all times the nearly 700 wine stored in working seller、Japan wines and is about 7 in the、御2人が年月を掛けて収集してきた面白いワインも登場します! 先ずはシャンパーニュ「エドモンドシュルラン カルトノワール」で乾杯! ピノノワール主体となりバランスの取れたエレガントな味わいで清々しさを感じながらスタートです! [aru ” été “"Appetizer plates 3、Fish dishes、Meat dishes、Dessert dish 2、カフェ 5,800円 ①「ズッキーニ サワラ バジル」 サワラは冷やし過ぎると脂の口溶けが悪くなってしまうため、From finished with salt smoked over、Lighten one's face faintly warm, then offer! Source is summer is designed to feel a sense of femininity、Basil in red onion、In a staggered vinegar vinaigrette、Based upon the new garlic olives of Provence and the Zhujiang new town, taste Tapenade served with fresh! Raw Zucchini served with texture accented with color、In the eyes、丁寧な手仕事を感じさせてくれる繊細な前菜! ②「メロン トマト キュウリ」 メロンとトマトの組み合わせを楽しむ頂く一品は鈴木シェフがフランス修行中に「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake Hiroki)Is it the memories was making in the summer when he was working in the food color arrangement of self in addition, provides a rich! Melon mousse-like source the local Earl (mask)-Mellon espuma、A variety of tomato and cucumber、Can serve with Lemon Basil and perilla micro herbs、You can go and eat! Hokkaido large deep-water shrimp, and plus as an element of flavor、果実とは違う甘味を投入することで味に変化を起こし楽しませています! こちらには透明感のある軽やかな瑞々しさと爽やかな味わいが楽しめる「甲斐ワイナリー株式会社」の「かざま甲州シュールリー 2016」を合わせて! ③「フォワグラ プラム メレンゲ」 スペインのフォワグラのポワレに地元のプラムのコンポート、Source jams、Plum syrup、Served with salt meringue。In our fit all、Sour plum and sweet foie gras、1 dish to balance the saltiness of the meringue. By using the short season of plums、日本だからこその季節感を感じてもらえたらと願って作られた一品です! 夏にフォアグラは重いかしら!?という概念をいとも簡単に覆してくれる逸品! こちらには長野の「城戸ワイナリー」の「オータムカラーズ コンコード 2016」のベリー系の優しい甘みとプラムの甘酸っぱさ楽しめ濃厚且つフレッシュなグレープジュースのような味わいと共に楽しみます! ④「イサキ フェンネル オクラ」 魚料理のイサキは、From the skin over high heat, quickly cooked crisp、High-temperature roast in hot oven! The concentrated flavor of the clam broth base、The smoked butter whipped sauce、Effect that intense local herb fennel combined with vinegar or lemon puree with accents! Garnish、Raw red round okra and green quickly blanched okra、Served with zucchini in butter the glass、Dare not just fish、夏野菜の美味しさも楽しませてくれる見事な夏の装いです! 一皿一皿の器にもこだわり愛知県近隣の作家作品を用いられている「aru(アル)」の今回の器も思わず我が家に迎え入れたい子ばかりの品揃えです! こちらには、"Gianmarkubowaiyo Macon village 2014, Burgundy, France。According to grunt took the fat and sauce of smoked bubble、Along with good acidity with barrels of Chardonnay white、Among the fresh sense of condensed、たっぷりとしたボリューム感とまろやかな味わいで余韻を楽しめます! ⑤「みさき牛 トマト トレヴィス」 肉料理は、Aichi Misaki beef Prime roast! High-temperature oven out and take about an hour and a half, slowly baked dish! As part of the body fat also has gotten on、Travis quickly burned a bitter accent、Zhujiang new town of organic tomatoes and dried and ironed with salt and a small amount of broth, thick tomato sauce、Sour accents on the side、At the finish of the stomach does not feel greasy insistently against not knowing! Saladnas of the mouth a rest, will be trying to present! On the beef thin was even and took a variety of meat from broth by、より深みのある旨味を感じさせ楽しませてくれる絶品肉料理! 同じくブルゴーニュ「ジャンマルクボワイヨ ブルゴーニュルージュ 2015」を。With over a youthful Pinot Noir acid、みさき牛の脂を食べやすくなるように! ⑥「スイカ」...

"I guess Rin eel shop" Midsummer ox! Savory eel stamina in trying to eliminate summer!

Midsummer ox、浜松市西区入野町の雄踏街道沿いにある創業68年の「かねりん鰻店」へ! 土用の丑の日に”鰻”を食べるのは江戸時代から続く習慣で、Is reported as the origin、Scholar of the Edo period, gennai hiraga、To jazz up the acquaintance was no sale of the summer eel eel "today、Midsummer ox "and wrote, the signs on the storefront、その宣伝効果のおかげで大繁盛をしたのがことの始まりとされています! ”丑の日(うのひ)”には「う」の付くものを食べると良いとされ、"Udon"、"Umeboshi"、And a "melon"、In the recent、From the stamina to stick "beef"、And join the "horse" as well as、"Eel" is one that is、上記起源説が有名! わたし達の住まう”浜松の食”と言えば、But first and foremost "eel" to raise、Eel shop very much、Taste sauce and bake、How to Cook rice into a particular、人それぞれにお気に入りのお店があると思われます! わたし達夫婦の独断と偏見で言えば、Storefront、Customer service、Material、Taste、As a cost-performance score、非常にバランス良くNo.1を獲得するお店はこちら 「かねりん鰻店」になります! こちらは元々、1950At its inception, was open in the town、 1977In October, and moved here INO-Cho, 39 years、In relation to earthquake-proof outlets、In the form of the new and reformed、2016To set up a Japanese garden on 23 June, the quaint atmosphere has changed、The Japanese space full of restless、While not facing the street was described as too cozy、益々その名を轟かせる名店となります! 暖簾をくぐる前からうなぎを焼き上げる香ばしい香りにノックダウン! 通常は予約可能となりますが、Be no reservations is expected during peak midsummer ox、並んだ順で平等に提供されています! とはいえ、Because of past 13:00 PM time、Thanks have already been completed?、すんなりと待たずに入店することができました! 中庭を囲むカウンター席、Table seats、Private room、In total 61 seats with room provided、今回は奥の掘り炬燵式の座敷へ! 「うな重(並)」2,940円 こちらでは、Deprecating quick quality eels to its seasonal's supply chain、Charcoal、外は香ばしく中はふっくらと焼き上げています! それを創業68年の間、A secret kept from his grandfather's long shirttail while sauce three times under、Taste、Luster with the best to finish、Boiling in a large pot、米の芯までふっくらと炊きあがった熱々のごはんの上に乗せて提供! 箸でさっくりと切れるほどの柔らかさで、Without being too salty sauce common to specific country、It's a nice classy。Rice grains are firmly standing、Resorting to sauce in Organics、Chopsticks are forward thinking and pleasant taste。Rising eel prices、Although the average、Less than 3000 Yen tax included in "such heavy" valuable shop where you will find! Also delicious natural while doing、そのコストパフォーマンスの高さは言うまでもありません! つい先日、In program "eel 00 put the pepper to even food more delicious. that question、Know the facts on a rice shock answer believe it or not、"Nothing experience." in the US、Immediately、This "like heavy" more calm as well、The pepper onto the rice and! Certainly、The eel was directly over the pepper、Was feeling the first pepper smell and irritation、And in this way、For sansho shines directly on the tongue、Standing ago the aroma of grilled eel、After the 噛mi締meta flavor of the sauce、Spread were 蒸rasa in the heat of the rice flavored with sansho pepper on the nose as、Guests can enjoy rich flavor、It is significantly swell the palate with lingering! Exactly what、目から鱗! いつも大満足で頂く「かねりん」のうな重ですが山椒の小技でより美味しく大大大満足の土用の丑の日となりました! 最後にお店の袴田健康さんと一緒に記念撮影! また美味しいうなぎを食べに足を運ばせていただきます! かねりん鰻店 住所静岡県浜松市西区入野町731 TEL:053-448-9335 Hours of operation:11:00-13:45[0. S]、17:00-20:00[0.S] 定休日:Every week Wednesday、第3火曜日 http://kanerin.net/...

Sea gang true Le Grill, champagne party! 31 types out drinking!

Every year、海の日恒例で開催される「WINE CLUB HAMAMATSU」主催の「シャンパーニュパーティ(Champagne Party)」が今年も無事に執り行われました!2018年の記念すべき第6回目となる今年の開催場所は浜松を代表するリゾートホテル「THE HAMANAKO」が運営する「一味真 Le Grillage ル・グリル」となり夏の涼し気な催しを飾る豪華な紳士淑女が総勢70名と勢揃い! 「Richmond Hotel Hamamatsu(リッチモンドホテル浜松)」1階にある「レストラン一味真 ・ル・グリル」は大人達が集うモダンでシンプルなダイニングとなりランチやディナーはもちろんのことウェディングをはじめ宴会などのイベントでも利用可能なレストランとなり臨場感溢れるオープンキッチンからの眺めが楽しめる空間となります! シャンパーニュと共に楽しめる食事はブッフェスタイルでカクテルグラスなどの品良く盛られたオードブルやフィンガーフードとなり「富士鱒のコンフィ鮪のアジアンマリネ海老とクスクスのサラダガスパチョ桜海老のグリッシーニ冷製バーニャカウダパエリア風フリットスモークサーモンとハムのミニサンド、Pate de campagne、トウモロコシの冷製スープ」などのコールドディッシュをはじめ旬の鱧を用いた「鱧とオリーブのフリット」やオープンキッチンで豪快に焼き上げる炭焼きコーナーでは「 牛ロース肉豚肩ロース肉鷄の香バター焼き、Sausage、Chorizo、タンドリ串、Shrimp、タコ足」などが炭火の香ばしさと共に食欲を掻き立てます! 終盤には食後のデザートが提供され香ばしい「アーモンドのチュイール」や「ココナッツのブランマンジェカシスシャーベット」芳しい「アールグレイのプリン」と最後の最後までシャンパーニュに合うフードで楽しませてくれました! 今回お届けするシャンパーニュはSTAGE-1~STAGE-4とカテゴリー分けされ「NV Champagne」「Vintage Champagne」「Rose Champagne」「Prestige Champagne」と全31種類の希少なオールドヴィンテージなどを厳選しておりそれぞれお好みのシャンパーニュを自由に飲み比べ ! 会場内にはシャンパーニュが注がれるカウンターが設置されボランティアスタッフとしてイケメン揃いのサービススタッフが並び浜松を代表するパティスリー「Abondance(アボンドンス)」のオーナーBernard Heberleが発する乾杯の挨拶を皮切りに夏の酷暑を忘れさせるかのように爽やかな泡の宴が始まるのです ! [Champagne List] <STAGE -1 NV Champagne> 1.「ルノーブル ブリュットナチュール」 グラン・クリュの畑を所有する小規模家族経営メゾン低ドサージュの先駆者が造るハイクオリティなドザージュ・ゼロChardonnay40% Pinot Noir30% Pinot Meunier30% 2.「アンリジロー エスプリナチュール」 イギリスやモナコなどヨーロッパ上流階級で愛飲されていた幻のシャンパーニュメゾンのスタンダード・キュヴェChardonnay30% Pinot Noir70% 3.「ダニエル・デュモン グランレゼルヴ」 モンターニュ・ド・ランス北部に位置する10haの畑は全てプルミエ・クリュアジア地域初入荷となるRMChardonnay40% Pinot Noir40% Pinot Meunier20% 4.「ドゥラモット ブリュット」 「サロン」の姉妹メゾンエレガントかつしっかりとしたボディが究極のバランス熟成期間は30〜36ヶ月 Chardonnay 55% Pinot Noir 35% Pinot Meunier 10% 5.「ドラピエ ブリュット ナチュール」...

Wedding facility was reborn as an adult space in the Quatre Saisons Hamamatsu City

浜松街中の結婚式場「ポルテボヌール」が「浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン(Les Quatre Saisons)」と同グループ店の「キャトルセゾン浜松(Les Quatre Saisons Hamamatsu)」として生まれ変わり、2018年7月11日(水)にグランドオープン! 施設内のリニューアルを終え、Stepped on the wood grain dark brown to shoot in the use、Navy x gold and keynote、【美食】×【上質】×【大人】をテーマに大人たちの社交場として生まれ変わりました! メイン会場となるボウルルームには、Open kitchen and bar、They produce a sound and aroma to enjoy、Other wedding receptions、二次会や各種会合などのイベント用途に合わせて会場作りを提供されていく予定です! 施設に併設されているレストランは、Has been available as adults socializing in the hotel lounge and chic space decor、Kyoto Gion-starred restaurant "swings right" for while being supervised by Chef yonemura m、グランシェフとして立たれる千住悦也シェフが手掛けられる創作フレンチが楽しめます! この日は、Pre-opening special dinner we invite、一足お先に生まれ変わった上質な空間での食事を楽しんで参りました! [Menu for “Les Quatre Saisons Hamamatsu PREOPEN”] ①温前菜「ウッフ・ア・ラ・コック」 三方原産のジャガイモスープの奥に忍ばせた半熟卵と絡ませながら香り高いトリュフとエスプーマの滑らかな口当たりを楽しみながら頂く一品! パンにもトリュフオイルが練り込まれたクリーミーな自家製バターを添えて甘口のイタリアのスプマンテ 「アスティ・DOCG /カザ・ヴィニコラ・アバッツィア・ディ・サン・ガウデンツィオ」 ②冷前菜「オマール海老とカボチャのソース 抹茶のアイスクリーム」 カボチャのスープには、Green tea ice cream and sorbet、Feel bitter after a sweet breaking ball。Basil seed texture in addition to accents、芳しいアマレットのゼリーで爽やかに! ③お魚料理「的鯛のカダイフ包み スペルト小麦と木の子のリゾット ブロッコリーのピュレ」 的鯛には紫蘇を忍ばせ、Cooked and crispy, rolled up in Cardiff、Crispy outside、Jaded appetite in puffy dish! In wheat, spelt wheat gluten less、Ancient wheat with rich nutritional value and will exhaust our happy、木の子と一緒に風味豊かなクリームリゾットでいただきます! 「サン・テステフ・ド・カロン・セギュール 2014(SAINT ESTEPHE DE CALON SEGUR 2014)」 大人気格付けシャトーの稀少性のあるサードラベルは、Approachable price point is.、豊かな果実のアロマと共に軽やかなフレッシュさを楽しみます! ④お口直し「水ダコとピストゥーの冷製パスタ」 水ダコのジェノベーゼは、Dog days of summer with cold finish、Greens and capers、Garnish the refreshing jelly of tomatoes! It is also an element of Japanese seaweed flavor、さっぱりテイスト! ⑤お肉料理「静岡そだちのロース肉のグリエとドフィノワーズポテト」 最高級となるA5ランクの「静岡そだち」を用いたローストは噛むほどに甘く、Manchurian wild rice and sweet potato、With a carrot puree。ドフィノワでボリューム感たっぷりのメインディッシュです! 「ル プティ リオン デュ マルキ ド ラス カーズ 2014(Le Petit Lion du Marquis de...

Relax at the Taoyuan International Airport Airport lounge, while feeling the reverberations to Taiwan came back to Japan

「桃園國際機場 Taoyuan International Airport」の第2ターミナルまでタクシーで送っていただきドライバーのKevinさんにお別れの挨拶を! 順調に到着しフライト時刻まで余裕で空港入りすることができたためチェックインを早々に済まし空港内のラウンジにて休憩することに致しましょう! 「プライオリティパス(Priority Pass)」で入れるラウンジ「THE MORE Premium Lounge」へ! こちらのラウンジの営業時間は、Morning 6:00-23:30Until the next、メーンホール以外にもマッサージチェアの置かれたお部屋やパソコンのあるカウンター個室等も用意されており、Available even if、どこでも自由に利用が可能です! 食事やドリンク類は全てセルフサービスとなりますので個々に好きなものを取りに行きましょう! 時間はたっぷりとあるのですがお腹は一杯なのでワインと一緒に「ハーゲンダッツ」を楽しみます! ワインの注ぎ方が分からず右往左往していると親切な台湾人のおじ様が丁寧に注ぎ方を教えてくれました!やはり台湾人の皆さんは本当に温かい人ばかりです 旦那様はワカメたっぷりのあっさりとした「台湾ラーメン」と飲み口が水のようにさっぱりとしている「青島啤酒(チンタオビール)」で小腹を満たしておりました!時間のある時はやはりラウンジ休憩が良いですね! ボーディングタイムが近付き免税店で最後のショッピングを楽しみながら搭乗ゲートへ向かいます! 便は混み合っており、20分程遅れて離陸のフライトとなりました美しい空模様に加え幻想的な雲の隙間からひょっこりと顔を覗かせる「富士山(Mt.FUJI)」の眺めを楽しんでいれば、3時間というあっという間のフライトとなり無事に「富士山静岡空港」に到着! 夕刻を過ぎた「富士山静岡空港」は、4月10日に「新国内線ターミナル」のリニューアルオープンを迎えたばかりですのでテナントの入居も徐々に決まっており国内線の充実により今後の利用客が増加してくれることを願います! およそ2年振りの取材旅行となった台湾記事はこれにて終了! 2017年に台湾を訪れた日本人観光客は前年と比べると0.17%増しで約190万人近くが訪れておりここ数年の増加傾向を大変嬉しく思っております! 今後も機会を伺い台湾の新しい情報を配信できればと思います ! 富士山静岡空港 所在地静岡県牧之原市坂口3336-4 TEL:0548-29-2000 http://www.mtfuji-shizuokaairport.jp/...

"Palais de Sin Taipei, international morning buffet style breakfast final day

Taipei main station and directly linked、大型ショッピングモール「Qsquare 京站時尚廣場(キュースクエア)」に併設されるデザイナーズホテル「君品酒店 Palais de Chine Hotel Taipei(パレ・デ・シン)」にて台湾取材旅行の最終日の心地良い朝を迎えます! 6階フロントの隣にある「君品酒店 雲軒 La Rotisserie(ラ・ロティスリー)」が、Morning 6:30-10:00To the breakfast room and、多国籍な料理が揃うブュッフェスタイルの朝食を楽しめます! レセプションにて部屋番号を提示し席へと案内していただきましょう! ホールは2フロアに分かれており、Left hand became a sofa seat and 腰掛kereru、Giving out chandelier、しっとりとした落ち着きのあるカフェのような佇まいを醸し出しています! 天井には「LDC 雲朗觀光 Hotels & Resorts Group "of the image of clouds on the group while、Hotel name "your product" of decorated design mirror image of "products"、Because mirrors on every wall or ceiling、Deep feeling.、賑やかな空間が広がります! 中央カウンターには、Colorful salad using vegetables, cheeses and cold meats、There are cold dishes, such as salami。   In the open kitchen counter、Ingredients according to season various kinds of hot dish is the sequence、充実のラインナップです! どの料理も美味しく、Hotels in popular therefore lively breakfast、Were multiple languages、Found in each happy meal scenery、華やかな雰囲気が漂います! 「オムレツプレート」 いつもの如くオーダー毎に仕上げてくれる作りたてのオムレツを頂き、Salad and Bacon、ポテトなどと一緒にワンプレートに盛り込みます! 「特製ビーフシチュー」 朝からビーフシチュー!?と思われるかもしれませんが、This beef stew is a taste of authentic stew with tender Braised beef soup、1Giving the vigor and vitality of the Sun! Personally、Rather than eat beef、ゴロゴロ野菜をたっぷりと頂くのがお勧め! 「自家製パン」 食事パンとなるクロワッサンやバゲット、In reznnutsbread、おやつパンにもなる甘いデニッシュ系のパンなども多種多様に揃う焼き立ての自家製パン! 「和食膳」 和食ブースに揃う焼き魚の秋刀魚や煮物、CHOY, pickled vegetables、Dashi soup over rice dried plums and green onions、海苔を飾ってアレンジすれば雑炊に! 「うどん」 雑炊にも使用した出汁スープにうどんや蕎麦を入れてかけうどんかけそばに! 「台湾式揚げパンの油條」 台湾の朝御飯では良く知られる台湾式揚げパンの油條は、Wrapped in a thin egg、甘辛のタレにつけていただきます! 「大根餅」 一度食べたらそのもちもち食感に病み付きになる大根餅! 米粉に中華ソーセージや干し海老などを混ぜ込むため、A simple Dim sum.、風味が豊かに楽しめます! 「シンガポールのラクサ」 シンガポールや東南アジアで人気の麺料理であるラクサ! 海老などの出汁を用いたスープに独特の香辛料が利いたコクのあるスパイシーなスープに、Join the mellowness of coconut milk、米粉麺のさらりとした食感とその甘辛さが後引く美味しさとなります! 「フルーツ&ヨーグルト」 食べやすいサイズにカットされた旬のフルーツに自家製ヨーグルトをいただき 腸活! 食事を楽しんだ後はホテルから台鐵台北車站までの道のりを散策!ホテルから目の前の「台北駅A1」まで、There are up and down the stairs、徒歩5分圏内となり便利です! わたし達は長期滞在でスーツケースが大きいため、To become the most bitter stairs move airport transportation is taxi transfer、Less baggage?、新たに開通された「台北駅⇔桃園国際空港」を繋ぐMRTでの移動もお勧め致します! ホテルのDirector of Sales & Marketingの李佩蓉(Pei Jung Tania Lee)と流暢な日本語が話せるSales Manegerの黄淑萍(Alice...

Two Taipei sho Ryu Gin Michelin guide stars earn, Japan hasn't bloomed in Taiwan!

「ミシュランガイド東京2018」にて連続で3つ星を獲得し続けている六本木の日本料理「龍吟」の台湾1号店「祥雲龍吟Ryugin」が「ミシュランガイド台北2018」にて見事2つ星を獲得! 場所は、Was born in 9/2014 in the dazhi area of Zhongshan district, Taipei City fine dining and building "UG worker Federation of Temple" of the 5th floor、Each placemark、江振誠 Andre Chiang(アンドレ・チャン)シェフ率いる「RAW」が入るビルとなります! この日は、Taiwan friends Mr. and Mrs. marriage celebration.、Revisit the dinner here! A friend and his wife to arrive、ウェイティングスペースにてウェルカムドリンクの台湾茶を頂きながら待つことに致しましょう! オープン当初、Hieda, ryohei (Hieda Ryohei)The chef had put together courses in conjunction with ingredients from Japan、Now、Cherish the ties with the local producers、And Japan dishes to consist entirely of Taiwan ingredients all menus、Using carefully selected ingredients for rich Taiwan、Japan food、日台融合を感じられる至極のコースを提供しています! 今回は専属Sommelierが推奨する日本酒とワインのペアリングにて堪能! 先ずは台湾で造られている祥雲龍吟オリジナルのChampagneにて乾杯! ①「浅利のスープ」 メニューにはありませんが、Delicious clams arrived in、特別に追加されたスープ! 台湾バジルの色鮮やかなオイル香が立ち込める浅利のスープは一口で十分な程に海の恵みに感謝する一品で心が癒やされる思いです! ②「鮪魚、Cilantro、Bean curd ' × ' sake:石鎚 純米吟醸 備前雄町 無濾過中汲 槽搾り」(力強く野性味溢れるクラシカルな味わい) ハンバーガーのように提供されたフィンガーフードの前菜はカリカリに揚げた湯葉にツナタルタルと台湾産キャビアをたっぷりと忍ばせた絶品つまみ!コリアンダーフラワー(香菜の花)の個性的な香りが食欲を掻き立てます! 個性に溢れ、Sparkling、To specialists in a variety of designs and Inoguchi、Could choose a favorite pattern individually、楽しみ方の1つです! ③「海膽(雲丹)皮蛋」 澎湖(ポンフー)で穫れた濃厚な台湾雲丹に皮蛋豆腐を合わせた涼し気な一品! グリーンオニオンフラワーのほろ苦さが良いアクセントになっています! ④「鰹魚、Squid、Ming shrimp (prawn) ' x ' sake:黒龍吟」(アップルテイストの辛口) 虹色に輝く鮑の貝殻の上に盛られた刺盛りは、The straw smoked bonito、Strong prawn flavor、And sweet calamari、The sweet fragrance of fresh sea grapes、醤油とチリ酢の2種で楽しみます! ⑤「鰻魚、Mountain President (Yam) "x" Japanese sake:14 take in junmai ginjo sake bizen Cho "(black pepper、Ginger、フラワーのような香りでフルーティー) 台湾産鰻は、Finishing crisp crispy skin surface、身のふっくら感との食感の違いを山葵で楽しみます! ペアリングの域で「高木酒造」の「十四代」が楽しめるとは驚きです! ⑥「牛舌、White radish (daikon)、Horse advice (spice) "x" Japanese sake:十四代 角新 中取り純米 無濾過」 上品で優しい味わいの牛テールスープを注いだ牛タンは滑らかな舌触りと芳醇な香りと甘味を楽しめる逸品でしんみりと焚かれた大根が絶品! ⑦「桃太郎蕃茄(トマト)」 台南の豊かな土地で有機栽培の野菜をつくる「元気家農業協同」の林中智(Tomo Lin)さんの酸味と甘みのバランスの取れた究極の桃太郎トマトをキンキンに冷やしフレッシュとソルベの組み合わ汗で台湾バジルと共に味わいます! ⑧「鴨、洋蔥、Grass hemp (sesame) "x" red wine:DOM. Potinet Ampeau Volnay 1er Cru Les Santenots 1978」フランス ヴォルネイ(Pinot Noir) ルッコラのベビーリーフを敷き詰めて、2And roast moist and dry weeks had Yi ran from duck、さっぱりとしたオニオンソースでいただきます! ⑨「越光米(コシヒカリ)、Sea melon child (Asari)、Samsung vegetablesx o、Plethora of tubo (tomato).、"Bean curd and mushroom appetizer.、"Red radish、Chinese cabbage、Cucumber pickles.、「ほうじ茶」...

Casting technology "work Taipei, Japan Toyama crafts Taiwan Expat!

In the traditional casting technology of Japan Takaoka city、創業102年を迎える鋳物メーカー「能作_NOUSAKU」が、Taiwan area、ここ「台北萬豪酒店 Taipei Marriott Hotel(台北パリオットホテル)」にて、2017年10月7日に「能作台北萬豪店|Nousaku Taipei Marriott Hotel」をグランドオープンし海外進出を果たしております! 大正5年(1916年)創業の「能作」は、Begins manufacturing Buddhist altar fittings casting technology of Takaoka 400 years handed down and continued、The tea ceremony and flower vases were manufactured、Here in recent years、Tableware and accessories、And working in lighting fixtures, architectural hardware,、On the design of a familiar Interior and Japan's own efforts、Not only Japan but also、海外でも爆発的な人気を博しています! わたしの主人が富山出身であることからわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineも台湾で富山の伝統工芸品の普及活動に尽力して参りましたが、This time the、販売総代理店として活躍される平川正紘さんに富山の魅力や「能作」の魅力を紹介していただきました! 店頭には、Pewter sake Japan cuisine also covered many started.、Decorate the table tableware and vases、Wind chimes or incense stand、Accessories such as、With a simple design、魅力的な装いで涼やかな華やぎを感じる商品がズラリ! こちらではわたし達がお勧めする島谷 好徳 (Shimatani Yoshinori)さんが創り出す「Syouryu」の「すずがみ」も展示販売されています! 日本では古来から、"Rust and metal trumpet" as the Tin has been auspicious、Has been popular as gifts and wish prosperity for、As a gift to give、Just perfect items! Actually,、We also choose the 'work' wedding gift、贈らせていただいております! 皆と商品を眺めながら、Fallen for it has enjoyed the technical and、「錫で味わう富山の銘酒はいかがですか?」と飲み比べをさせていただくことに! 準備してくださったプラコップに富山の銘酒を注ぎ、And、Inside the gilt-painted "glass – (Cup)- II Gold.、At the end of 100% Tin ' Cup – (Cup)- II. of the order in the order and、While the same Japanese sake、ここまで味が違うものか!?と驚くほどにまろやかになってしまったのです! 何でも、"Tin and absorb impurities、To purify the water ' and is、Due to the high ion effect with Tin、お酒の味わいを柔らかくまろやかにするのだとか! 錫製は、Heat too early for、Warm with early、Hot to keep、Cold sake is faster、長く涼やかに感じられる優れ物! 夏真っ盛りのこれからの時期はキンと冷やした錫製の酒器で一杯やりたいものですね! ショッピングを楽しんだ後は、Facing the front lobby、Canada artist "Moss & Lam" and as a result、阿里山をイメージして描かれてた美しい孔雀や蝶の舞いが印象的なアクリルキャンバスの「The Wishful Monkey(蝶雀呈祥)」の前にて記念撮影! さてこの後は「ミシュランガイド台北2018」の2つ星に輝いた「祥雲龍吟」にてディナーです ! 能作 台北マリオット店(NOUSAKU Taipei Marriott) 所在地台北市中山區樂群二路199號 Taipei Marriott Hotel(台北マリオットホテル)台北萬豪酒店 1階 TEL:02-8501-2815 http://www.taipeimarriott.com.tw/ 2018/4/26台湾旅行/Marriott 台北・能作 https://photos.app.goo.gl/n3srzhWr73bCP69H2 ...

Scroll to top