A dinner of traditinal "Kamakura Kokin" body pleasing natural to live feeling in Italian

In historic town of Kamakura.、安政2年(1855年)創建の古民家をフルリノベーションした古民家ホテル「鎌倉古今(Kamakura Cocon)」に暖かな灯りが灯され静かな夜を迎える準備が始まります! 鎌倉の喧騒から離れ、Unique historic Mansion House still、大人達が安らぎのひとときを過ごすに必要な場所となることでしょう! こちらの滞在では施設内に同時オープンさせたイタリアン「Restaurant Cocon(レストラン古今)」のディナーとセットの宿泊プランが楽しめるため待ちに待ったディナータイムとなります! レストランは自然派レストランとして有名な山形のイタリアン「アル・ケッチァーノ(Al che-cciano)」の奥田 政行 (Masayuki Okuda)シェフ監修となりシェフが厳選された鎌倉野菜や相模湾の新鮮な海鮮などを中心に地場食材を意識しシンプル且つヘルシーな調理法で素材の良さを引き出す身体に優しいイタリアンを提供されておりランチとディナーは予約制ではありますが一般の方も利用できる営業体制となります! 安政2年の創建時のままに残る立派な支柱や梁の重みを感じる空間は、163年もの間この邸宅を見守り続けてきた守り神のようでもあり心安らぐ雰囲気のレストランとして生まれ変わっています! カウンター10席のみのオープンキッチンではそれぞれのゲストとシェフとの距離が近く一皿一皿ライブ感溢れるパフォーマンスを楽しむことができる理想の形をしています! この日の夜はSommelierにお任せしてコース料理に合わせたペアリングをお願いし先ずは「Champagne」にてスタート! 丁度お隣に端正な顔立ちのフランス人男性と可憐な日本人女性の素敵なカップルの姿も見受けられ、"Oh、鎌倉ってお客様までも素敵だわ!」としみじみと心の中で呟いておりました(笑) [Restaurant COCON Dinner × Pairing Set] ①「有機人参のムース」×「フランソワ・ムタール ブリュット ブラン・ド・ノワール(François Moutard Brut Blanc de Noirs)」 鎌倉人参のムースの上にはコンソメのジュレと生雲丹を添えて人参の真ん中の芯を取り除き焦がさないように転がしながらじっくりと焼き上げた人参を粗目のムースにムースは塩も砂糖も一切用いずに仕上げられており生雲丹の塩加減が程良いアクセントとなり雲丹の香りや濃厚さにも負けない人参そのものの甘味や味わいが楽しめます! ②「北海道産アスパラガスと姫様の卵」×「クヴェアバッハ エディション リースリング 2008(Querbach Edition Riesling)」 北海道産のグリーンアスパラガスにはコクと甘味が強い「姫様のたまご」に硫黄の香りが楽しめる塩、Caviar、トリュフオイルを纏わせてプチヴェールの菜の花のピュレに合わせて頂きます! 「姫様のたまご」とは三浦半島の「岩沢ポートリー」が自社養鶏場にてストレスを感じさせることのないように平飼いしている鶏を「姫」と呼び育てた特別な卵のこと!1玉100円! 大切に育て上げられる姫様が召しあがる餌は最高級品ばかりで、In the seasons teamed up with local farmers fresh "vegetable"、Sun monitor dried mineral abundance of freshly caught fish of "algae"、Misaki tuna powder was rich in things to eat fish 、Turn the broth smell taste to because of "macronutrient land"、To strengthen the shell "oyster shell" Hiroshima production 100%、そして黄身の色みが一段と鮮やかになる「天然パプリカ」をお召しになっているのです!その卵が美味しくないわけがありません! 添え野菜はグリンピース、Fava Beans、Other beans、Along with the vegetables but furuhashi, called bean expert in Shizuoka is only made in Japan of "Marmaras"。 The "Marmaras" regardless of local vegetables, for the first time、Shakishaki and upbeat sound、甘味を感じる美味しい豆でした! こちらの前菜には、Acid fresh, relaxed and beautiful mineral felt、とても爽やかでありながら上品な熟成感が程良いボリュームとして楽しめるリースリングを合わせて! ③「本鮪のルイベ」×「リュリー レ サン ジャック 2015 Darren Francis (Rully Les Saint Jacques /...

"Kamakura kokinshu' collection Room Makeover! Kamakura Kokin Maisonette suite

Will was born in the historic town of Kamakura "Kamakura Kokin (Kamakura Cocon).、1日2組限定の古民家ホテルとなります! 宿泊できる客室は、101And only two rooms of ancient and modern Maisonette suite (88 m²) of the room, and warehouse Maisonette suites (82 square meters) of room 102、While taking advantage of both the historic Japanese style decorated with renovation、違う角度からの日本庭園を愉しめる造りとなっています! 今回わたし達がお世話になるのは既存の蔵をリノベーションした102号室の「蔵メゾネットスイート(82㎡)」です! チェックインを済ませた後は支配人の松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)さんに客室を案内して頂きます! 客室毎に用意されたルームキーにて開錠オートロックではないため施錠をお忘れなく! 至る所で伝統ある京唐紙を施した扉や襖が出迎えてくれ、Beautiful decoration a Royal atmosphere、From the natural paints natural soft gu風 to feel! However、Because where the ceiling is low only age era of the original、高身長な方は頭をぶつけないように注意が必要です!(我が家の旦那様も181cmと高身長) まず目の前に広がる1階和室は、Stretch legs loose、庭の景観を楽しみながら寛げる安らぎの8畳間となります! 姿見鏡を用意した押入れ内のクローゼットには木製ハンガーをはじめ、In addition to all ages original yukata and Cape and tabi provides set big diffrence、セキュリティボックスもこちらにあります! 床の間には世界的に活躍される書道家の大隈 優子 (Yuko Hayashi Okuma)And it's is decorated、"Iroha song" the Silhoutte to shed tears but also deep meaning。 「いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす」 和室と蔵をつなぐスペースにはミニキッチンが用意され、Drinks provided in the fridge in the kitchen under (beer、ソフトドリンクなど6種)は全て無料となります! コーヒーはエスプレッソマシンを設置し、Tea is three (citron tea is this:、Cherry green tea、Black tea) for providing a healthy tea。The electric kettle、BALMUDA The Potが備え付けられています! 綺麗に塗り替えられた蔵の入口を進むと和と洋が共存するリビングスペースが広がり、2For floor to ceiling renovated、蔵の中とは思えぬ程の開放感があります! 創建当時の重厚感溢れる蔵の扉や和箪笥などの調度品が顔を覗かせる空間にもシンプルモダンなデザインとなる「TIME & STYLE」のゆったりとしたソファ&オットマンを取り入れ和と洋の融合を施しリビングでの快適なひとときを提供されています! 壁にはモノクロ写真が飾られておりこちらは富士宮の農園を営む野菜が主役の自然派フレンチの「Restaurant Bio-s(レストラン ビオス)」オーナーの松木 一浩 (Kazuhiro Matsuki)Her photos were shot in、PV production from earlier Exchange with Mr. MATSUMIYA matsuki's appeared on the official website also has been in charge of that! Had planned to just go diet BIOS with a friend early next month for、制作秘話などを松木さんからも伺えたら嬉しいですね! こちらでは無料Wi-Fiを完備しており室外に持ち出せる電話Handyでは24時間体制で対応してくださる客室専用コンシェルジュとの通話が可能です! また、CD or DVD of the film、Equipped with AI speakers even better acoustic "Harman Kardon (Harman Kardon)" with "Alexa (Alexa). in addition to the books-ALLURE (ARIA)、"Alexa! Jazz music! "、"Alexa! Raise the volume! "Such as the attendants to meet me.、There are also essential to our life style BGM! The thing is to try a little bit away from attendants tried、きちんと反応してくれる優れもの! パウダールームの横にはガラス製の引き戸で開放感溢れるバスルームがありミルクのような繊細な泡立ちで美容と健康に嬉しいマイクロバブルバスを24時間楽しめます! 今時期は42℃設定で湯温を保っており湯だめすることなくいつでも快適なバスタイムに浸れるのも嬉しい限り! 奥にはトイレを用意しており、For here is a toilet at the entrance、2箇所のトイレで譲り合いの遠慮も無く使用することが可能です! 引き出しにはドライヤーをはじめ、There was a staff、バスアイテムもボタニカルと肌に優しいものを採用されています! 2階のツインベッドルームには、Under the slogan”The Quality Sleep”を掲げる「airweave(エアウィーヴ)」社の固めの寝具マットが最速で良質な快眠を約束してくれます! 実は古民家ホテルでも活用されている様々なお宝が収蔵されていたという素敵な蔵で過ごすことのできる高揚感は滞在した方にのみ与えられる権利です! 障子を開放した状態で庭を独り占めしながら、Brewed tea at the table with the flowers blooming in the garden、夕食の時間まで暫し静かな時を過ごす贅沢なひととき! 陰影のある彫りと深みのある漆木の温かみを感じる「鎌倉彫」のアイテムが要所要所に用意されているのも素敵な施しです♪ 景色が揺らめく大正ガラスの風情や当時の職人技が光る組子欄間など、Felt for the 163-year-old history、In a room surrounded by quaint townhouse such as away of、緩やかな時間を感じながら心身共に癒やされる大人宿「鎌倉古今」! 鎌倉古今(Kamakura Cocon) 住所神奈川県鎌倉市二階堂836 TEL:0467-81-4435(Phone hours:9:00To 18:00) https://www.kamakura-cocon.jp/...

Kamakura "Kamakura ages" ancient only 1 pair of high-quality lodging birth! Old houses from the Edo period

About an hour by train from central Tokyo、Has many historical monuments and venerable Temple、日本の古都の歴史に触れる旅として関東でも有数の観光名所と人気の高い古都鎌倉へ「ニッポン大人旅」! 古都鎌倉市街地の喧騒から離れ、On a quiet residence area venerable Nikaido area、Have been passed down since the Edo period Minka full novation and、上質な古民家ホテルとして今年2019年1月7日にオープンされたばかりの「鎌倉古今(Kamakura Cocon)」へ滞在します! 「鎌倉駅」より車で約10分明治天皇により創建された「鎌倉宮」から徒歩数分圏内となり山に囲まれた緑豊かな自然と共に歴史を堪能できる安らぎのひとときを提供! こちらは古民家再生やホテル&レストランを運営する「株式会社くらつぐ」が「古今ブランド」としてスタートさせた第一弾となり、While retaining the charm of the old house was built in 0/1855 (1855) built 163 years old full novation and、民泊新法に基づき180日限定の営業とする1日2組限定のプライベート感溢れる古民家ホテルへと生まれ変わりました! 鎌倉には全般的に細道が多く存在し「鎌倉古今」までの道中も例外ではありません。However,、我が家の愛車「Maserati」のクアトロポルテでも無事に到着することができましたので大方の車は問題ないかと思われます! 宿泊客専用の駐車場は古民家ホテル前に2台完備されており施設内に同時オープンさせたイタリアン「Restaurant Cocon(レストラン古今)」の利用客には近隣に別途駐車場を設けられています! また、Hotel in Kamakura City (North is the Kita-Kamakura station、South is hase station.、または由比ヶ浜海岸の範囲内)から事前予約にて無料の送迎サービスが利用可能なため安心の滞在となります! 見事なまでの晴天で4月の春うららかな心地良さを感じる暖かな気候に恵まれたこの日は、Hamamatsu is approximately two hours at high speed、下道はレトロな「江ノ島電鉄」が走る海岸沿いを多くの観光客で賑わう様子を横目に既に初夏を思わせる程のまばゆい日差しで絶好のドライブ日和! チェックイン時刻となる午後15:00Pick up、運営会社代表で支配人でもある松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)さんがとびっきりの笑顔で出迎えてくださいます! 松宮さんとは旦那様の実家でもある富山の「リバーリトリート雅樂倶 River Retreat Garaku」の支配人をされていた時からのお付き合いで、"Want to make nice to! "That when interviewed MATSUMIYA's dream is realized and、心躍る気持ちでオープンを心待ちにしておりました! 古き良き趣を残す外観はあまり手を加えず修繕に力を注ぎ、And tastefully wooden of a tasteful atmosphere、And you hear the birds sing、Symmetrical Bronze Gate has been opened and Satsuki vivid shades。 Step by step、Invigorating nature is surrounded by trees、Seasonal flowers bloom、手入れの行き届いた日本庭園が広がる贅沢な空間となります! 色濃く上品な紺青色に和やかなサインを施した暖簾をくぐり、Boasting a spacious entrance。 グラフィックデザイナーとして活躍される日本アーティストの川上シュン(Shun Kawakami)が手掛け「鎌倉の海岸」をテーマとした作品が装花と共に出迎えてくれます! 入って正面の入り口は自然派レストランとして有名な山形のイタリアン「アル・ケッチァーノ」の奥田 政行 (Masayuki Okuda)And under the supervision of Chef "Restaurant Cocon (restaurant now and then).、今回の宿泊ではディナーを堪能しているので後程御紹介致します! 建物の端と端にそれぞれの客室となるメゾネットスイートルームを設えることでさらにプライベート感を高める造り! 壁や床は一新されているものの、In the atmosphere of "old", such as beams and pillars that supported the House for many years、Now with modern injection、上質なおもてなしを受けられる「古今」! 日本庭園の長閑な景色を眺めながら廊下を渡りラウンジにてチェックイン! 爽やかなベルガモットの香りに包まれたおしぼりを頂き一気に心が解放されリラックス! 嬉しいことにウェルカムドリンクはChampagneの御用意があるとのことで「フランソワ・ムタール ブリュット ブラン・ド・ノワール(François Moutard Brut Blanc de Noirs)」にて喉の渇きを潤し乾杯!小菓子として提供されたしっとりと香り高い「カヌレ」と共に楽しみます! ラウンジにはホテル選りすぐりの商品が並びお土産物に最適ですのでこちらは後程拝見させて頂きましょう! 新緑が眩しいこの時期は、Pretty in the mountains even more bright and blue sky、庭に咲き誇る草花の色合いも美しく見頃の季節となります! ブラン・ド・ノワールのエレガントな酸ときめ細やかな泡に包まれながら、At the UNESCO House Hotel、大人たちが楽しめる非日常的な小旅行の始まりです! 鎌倉古今(Kamakura Cocon) 住所神奈川県鎌倉市二階堂836 TEL:0467-81-4435(Phone hours:9:00To 18:00) https://www.kamakura-cocon.jp/...

The wind played with cherry blossom breeze and sparkling Lake! Enjoy cherry blossom viewing, sound shore party 2019

一早くは河津桜が咲き誇りその後は染井吉野や大島桜山桜に八重桜紅手毬などと約700本の桜が順を追って楽しめる佐鳴湖湖畔の春は多くの花見客で賑わいます! 我が家は昨年の10月に佐鳴湖の徒歩数分圏内に越して来たことから今年は初となる「佐鳴湖花見」を多くの友人達と存分に楽しむことができました! 浜松の花見と言えば昨年お邪魔した「浜松城公園」もお城を囲むように立派な桜が見られますがこちらでは人で溢れ返る情景に戸惑いながらの場所取りの苦労や駐車場待ちの長蛇の列などの試練が付き物でしたが今年は佐鳴湖周辺の閑静な住宅街だからこその渋滞知らずで穏やかに桜を愛でる時間を持てたことに感謝です! 此処は最高のローケーション! 場所は決まって我が家から一番近い佐鳴湖西岸の漕艇場付近! こちらは佐鳴湖公園側と違って混み合うことがなく陣取り合戦不要でトイレが近いと言う理想的な環境となります! 毎年花見弁当作りを楽しみながらしておりますが今回は一番多い時で15人前に挑戦しておりこれは流石に朝3時起きのハードさがありまるで惣菜屋のお母さん状態と化していましたがお弁当作りも回数を重ねる毎にその要領を得るようになり上達していくことが出来ました! 乾杯のChampagneは「WINE BOUTIQUE PANIER(ワインブティック パニエ)佐鳴台本店」の「Bernard Remy Carte Branche Brut(ベルナール レミー カルトブランシュ ブリュット)」にて乾杯! フランスのエペルネの南に広がるコート・デ・ブラン地区のアルマン村を拠点とする家族経営のシャンパンメゾン「ベルナール レミー」!ピノ・ノワール60%シャルドネ35%ピノ・ムニエ5%で造られるメゾンのスタンダードキュヴェはクリーミーな泡立ちでライムやハチミツのような香りで爽やかな味わいを楽しめます! [花見弁当Menu] 冷めても美味しく食べやすくを念頭に彩り鮮やかな花見弁当に仕上げてみました! ■出汁巻き玉子 (卵黄金だし白だし長葱、Snap peas、桜型紅生姜) ■鶏の唐揚げ&海老フライ (錦爽鶏と富山県産あなん谷の醤油ブラックタイガーとタルタルソース) ■海老とチーズのスティック春巻き ■生春巻き (①海老とロースハムとパクチー②サーモンとチーズと大葉野菜は水菜と胡瓜赤とオレンジパプリカ) ■生ハムサラダ (ハモンセラーノハンサムレッド、Potherb mustard、Celery、ブロコリースプラウト) ■夢ハーブ豚のチャーシューと煮卵 ■練り物 (竹輪胡瓜、Onion、Ginger、小海老人参牛蒡) ■旦那様作のピリ辛肉じゃが (ジャガイモ、Carrot、Onion、Pork、スナップエンドウ) ■旦那様作のほうれん草のお浸し (富山県産あなん谷の醤油黄金出汁白だし本枯れ節) ■三色手毬 (①桜でんぶに小海老とかつおおかかで創味の出汁まろ酢桜の塩漬け飾り②山形県産秘伝豆とカリカリ梅しそ③筍炊き込み御飯鶏そぼろ和え錦糸卵桜型ハム) ■アスパラガスの豚ロース巻き ■スパイスたっぷり鯖とトマトのインドカレーとバゲット(クミンマスタードシード、Coriander、ターメリックガラムマサラ、Chili Peppers、カルダモン、Ginger、ガーリック) ■ヒレカツサンド (夢ハーブ豚のヒレ肉一本堂生食パン、Cabbage、浜松トリイソース) ■お子様用ミニアメリカンドック (HM魚肉ソーセージトマトケチャップ) ■漬物三種 (①胡瓜と塩昆布と赤唐辛子の漬物②胡瓜とセロリと人参と紅大根の生姜漬③茗荷の甘酢漬け) ■チーズとドライフルーツの盛り合わせ (①北海道共働学舎新得農場の白カビタイプ「コバン」②同じく北海道共働学舎新得農場の季節限定商品「さくら」③ドライマンゴーと枝付きレーズン ■(温)黄金だしととろろ昆布 ■甘味の苺大福 (章姫こしあん白玉粉) 新緑が芽吹き心地良い風が吹く季節到来!...

"aru" here with unique delicate French wines unique Japan

Since 12/27/2017 opened in the city of Toyohashi, Aichi prefecture building 2nd floor、As early as distinguished oneself、東三河エリアを代表する人気店へと成長されるフランス料理店「aru(アル)」へ! 場所はJR豊橋駅から徒歩5分圏内となり、Under the soft light of olive trees and a bare light bulb hung a simple brass sign is on、この日はミモザとアザミも出迎えてくださいました! ゆったりとしたアプローチの先にはこのお店のテーマカラーとなるスモーキーブルーの木製扉が優しく出迎えてくれます! 店内のデザイン設計は、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe ハーグデザイン+ハーグカフェ」がシェフのこだわりを取り入れ手掛けられており、Exudes a cosy soft air to flow into the simplicity of space。Kitchen suggests that the appearance of the floor are arranged on the right、ゆったりと14席~18席ほどの席数を用意! こちらは料理の基礎を大阪のビストロ「アヴォロンテ(’Avolonte)」の川田祐志シェフから学び、In addition、パリの3つ星「アストランス(l’Astrance)」で修行後に独立され最短でミシュラン1つ星を獲得した人気店「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake Hiroki)And the chef、同じく「アストランス(Astrance)」出身でミシュラン1つ星となる仙台の「ナクレ(nacrée)」の緒方稔シェフの御2人から素材の活かし方を多く学ばれ大阪の「レストランエテルニテ(Eternite)」ではサービス兼Sommelierとして経験を積まれた鈴木 琢 (Takumi Suzuki)Chef is a 32-year-old youth、Sommelierの奥様である鈴木 彩 (Aya Suzuki)さんと二人三脚で独立したお店です! 20代後半にパリでの修行時代に見つけたお気入りのレストランのような雰囲気を出したくて、Suzuki chef talk round table using the old material was item 外せない。Think that chef is granted the、愛知県設楽町の工房「木と革 aoyama」の職人である青山 和志 (Kazushi Aoyama)And I'm of the handicraft、敢えて古材を繋ぎ合わせ造り上げた味のある円卓には「肩肘張らずに食事を楽しんでいただきたい」というシェフの温かい想いが詰まっており気取らずに会話を弾ませながら心から食の楽しさを知ることができるのです! こちらではランチディナー共におまかせとなりランチで6皿前後の3,400円と8皿前後の6,800円となりディナーで8皿前後の6,800円と10皿前後の8,800円とそれぞれに2つずつのコースを用意されておりシェフ自らの目で信頼を置く生産者たちの顔が見える食材を活かして此処でしか味わえない東三河ならではの料理を提供されています! 先日我が家で開催している陶芸展に遥々足を運んでくれた御2人その時に「実際に器を使ってみたいです!」と嬉しいお言葉を頂きこの日はLade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』として企画第一弾で登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器を持参し「aru」とのコラボを特別にして頂きます! 店内のウォークインセラーには日本ワインを中心におよそ700本ものワインが置かれ今まで御2人で少しずつ収集してきた秘蔵っ子たちが並びます近年注目を浴びる日本ワインを料理に合わせて楽しむことができるのもこのお店ならでは! ホールを担当されるSommelierの彩さんにコースに合わせたワインのペアリングをおまかせすると良いでしょう! 先ずはChampagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」にて乾杯! 1皿目「トマトとローズマリーと自家製リコッタチーズのタルト」×「Shimoo Design 浮様 リム皿 280」 玄米の上に添えたフィンガーフードからスタート!一口で頬張ればフレッシュで糖度の高い豊川のミニトマトのジューシィーな甘味が広がりそこに滑らかで口溶け良く優しい味わいの自家製リコッタチーズ彩りに春菊の花そして風味豊かなローズマリーのパウダーを纏い薄く仕上げたタルトとのサクサクとした軽さが相まり思わず笑みが溢れてしまう一口!...

Scroll to top