Visit the disaster community center was built to raise the awareness of disaster prevention of the pattern!

多くの犠牲者を出してしまった未曾有のネパール大震災から丁度2年経った2017年4月25日To、ネパールはパタンの街に「防災意識の向上」を念頭に開館された「ネパール防災コミュニティーセンター」を視察に参りました!こちらは、Promoting cultural exchange between Nepal and Shizuoka Prefecture "Namaste Nepal appealed"The representative、Nepal tour tour guideMaharjan Niles (Maharjan Naresh)さんの声掛けをキッカケに募金活動に取り組んだ「静岡県ボランティア協会' , '静岡大学防災総合センター」などの協力により静岡県民からの浄財に加え地元住民の寄付などにより完成した施設となります!

防災センター長のカダム・マハラジャン(Kadam Maharjan)And I'm getting、センター職員の方々が視察団ひとりひとりに花束を用意してくださり歓迎してくださいました!Namaste! (नमस्ते) Hi!

職員女性は皆お揃いのユニフォーム姿でお出迎えくださり赤とゴールドをあしらったサリーでとても艶やかです!

防災コミュニティーセンターの1階は震災当時の写真や開設式の様子などが壁一面に張り出されており通常は防災教材の展示室として利用されているとのことこの日はセンター職員や地域の方々が集まり日本の視察団との交流の場を設けて下さいました!

視察団の横断幕を「静岡県チーム"And in the name of、個々の名入りで手厚く歓迎してくださいました!

First of all,、ナレスさんの通訳によりセンター長のカダムさんにセンター内を案内していただきます!

1階壁面にはヘルメットやシャベルハンマーにロープやランプなど防災時に要する工具が立てかけられています!

1階奥には食品備蓄品庫も設置されており災害時に500人が3日間ほど過ごせる食料を備えていますネパールにはグンドゥルック(乾燥葉物野菜)やマショウラ(大豆を原料として乾燥させたもの)チウラ(干し米)など長期保存できる防災食が多数ありますがそれでも年に1度の祭りの際にはこれらの食料を消費し新しいものと入れ替えることで食料破棄などの無駄にならないように心掛けられているとのことです!

階段を上がり2階、3階へ

最大で500名ほどが収容できる防災コミュニティーセンターですが普段は地域の方々のコミュニティの場として活用されています!

日本からの指導を受け避難訓練などを実地し防災に関する意識を高めることにより万が一の震災に備えることができるのだとナレスさんは防災コミュニティーセンターの完成を心から喜ばれておりました!

センター職員や地域の方々から視察団との質疑応答が入るとネパールの方々にとっては世界一の長寿国として知られる日本人の生活習慣などどの様なものなのかが取り沙汰されました!実はWHO加盟国194の国と地域を対象とした世界保健機関(WHO)が発表している「世界保健統計2016」によると世界一の長寿国は2015年同様に日本となり男女平均寿命が83.7Years of ageThat would be、The Nepal、194ヶ国中の118位で男女平均寿命は69.2Years of ageとなるのです!

During such、視察団最年長となる81Years of ageOfSugiyama NoboruLet's seeShimizu Lions Club"On behalf of the、長寿の秘訣や健康法など日常における生活習慣等を話されると御高齢の杉山さんのパワフルさに皆さん驚かれ見習いたいと話されておりました!わたしたち夫婦には同年代の御夫婦から「夫婦円満の秘訣」についてこれまたユニークな質問を受けたため包み隠さずお話させていただきました(笑)笑いのツボは国境を超え同じというところが分かり大変楽しいひとときを過ごさせていただきました!

交流会の後は美味しいお茶とシナモンクッキーを出していただき心温まる歓談タイムとなりました!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top