"Japanese taste Inn corner tower" tenryu River underground subsoil water with soft giddy best bath

In the passage connecting Japan ryokan of the Atsumi peninsula irako "Japanese taste Inn corner-Lou (Kakujoro) building and the new wing、Is healing is another courtyard garden of flowers.、Here is the birdsong! The courtyard where you can enjoy seasonal flowers season、Rain is dripping lush color shines will。 Overnight found in nokanzou as long as the flowers and lilac hydrangeas and agapanthus、儚くも凛と佇むその姿に心が洗われる思いです! 中庭右手に進めば、2005And there are new wing built in above the clouds Lou (Unjoro)、新館3階は新設された2室の客室「空(Kuu)」と「夕(Yuu)」を用意されています! そして、Also located on the second floor、Was born during a new gender "bath" is、男女の入れ替えはなくそれぞれに趣が異なります! ※展望大浴場利用時間:15:00-23:00/ 6:00-10:00 男性大浴場[かすみの湯] 遠巻きには三河を眺める展望風呂は、To open all the partition window between bath and open-air bath and enjoy、開放感溢れる空間となります! 夕暮れ時に近くを見渡すと、Is the big green house group shine brightly to grow chrysanthemums electric light.、田原市の温暖な気候を利用し1949年から試験的にスタートした菊栽培の副産物として生まれた此処にしかない「日本一の電照菊温室の夜景」が見られます! この夜景は今ではすっかり田原の観光名所とされており花名人が案内する「電照菊ナイトツアー」なるものが存在するのだそう! 湯船に浸かりながら「日本夜景遺産」に選ばれてた田原市の夜景をゆったりと楽しみましょう! 女性大浴場[あかねの湯] 露天風呂にジャグジーを設えており、Men and women both put in bath water、And using the underground water pumped underground for about 150 m from the tenryū River、It's not hot.、Giddy is very soft、And soft and smooth、湯上がりはしっとりとした肌質を保て女性には嬉しい限り! 入浴後は湯上がり処「炎(En)」のロッキングチェアにて団扇片手にクールダウン! ドリンクサーバーには、Masara in the underground water pumped underground 150 m from the tenryū River、There was a cold iced barley tea、湯上がりの一杯に最適です! 和味の宿 角上楼 住所:Aichi, Tahara city Fukue city making 38 TEL: 0531-32-1155 https://www.kakujoro.com/..

"Japanese taste Inn corner tower" fishing main building rooms smell of old appeared in the tsuribaka nisshi 2 Showa

A traditional Japanese style ryokan Japan 0/1926 (1926) founded "Japanese taste Inn corner tower (Kakujoro)"、Main corner-Lou on 5 rooms、2005New wing added in the year above the clouds Tower (Unjoro) in 2 rooms、Cottage on the Green Tower (Suijoro) and 3、全客室数10室のみのコンパクトラグジュアリーな老舗旅館となります! 早めのチェックインだったこともあり、While guidance facilities、Before heading back to the townhouse we become indebted us husband and wife Midori on Lou room、創業当時の面影を色濃く残す本館客室も見学させて頂きましょう! 本館中庭「夢見のテラス」を囲むように建てられた本館1階には、Courtyard view mukau, and only the center of the Ministry of food、Green surroundings overflows、朝夕の食事が頂ける贅沢な空間となります! 年季が入り、On the second floor staircase zelkova celebrates aging dark to landing、Is the warmth of the Showa era in the mirror for the first time in the "size" is known as one of the five beers before the war、Along with the sound of the pendulum clock、タイムスリップしたかのような懐かしい雰囲気を肌に感じます! その先に日本の風情漂う本館テラスが広がりガラス窓の眼下に広がる中庭を見下ろすことのできる寛ぎの場をローチェアーを設けて用意! ガラス窓を開放して、While feeling the breeze of the summer reading time! While you read the local paper selected by owner of travel like Japan ryokan and hotels featured travel book, full of delicious gourmet、静かに時を刻むひとときを楽しむのも良いでしょう! 2階廊下には、Old-style tile sink! Water has been stopped now、Is part of the Interior with all there、昔懐かしい金物の湯桶がしっくりと馴染んでおります! 本館2階客室[萩] 本館客室の中でも名物的な客室がこちら[萩]の間! [萩]の間は、1989年6月に松竹映画「釣りバカ日誌2」の舞台となった部屋となり和室には当時の撮影風景を納めた1枚の写真が飾られています! 西田敏行 Nishida Toshiyukiさん扮する主演のハマちゃんこと浜崎伝助の裸踊りの愉快な御姿が見られこちらの旅館に長くお勤めされている清掃婦のお母さんが知る限りの当時の様子を教えてくださいました! また、On the wall of the bedroom、「釣りバカ日誌シリーズ」で建設会社社長のスーさんこと鈴木一之助役を演じられた三國連太郎さんの書が飾られておりますそれはそれは美しく達筆な「華」の一文字が認められています! こちらはリビングスペースとなる10畳の和室に、8 tatami mats laid hardwood tatami bedroom、There was a 広縁 overlooking the courtyard、心地良い空間が広がります! さらに2005年に改装され、1500In the open-air bath was set, a large corner bathtub、足を伸ばしてゆったりとした湯浴を楽しめることでしょう! 本館1階客室[桐] 完全なるバリアフリーではありませんが車椅子にも対応可能なユニバーサルデザインを設けた和洋室[桐]の間は御年配の方々にお勧めです! 入って直ぐに、There was a hearth 6 tatami、中庭を望む落ち着く空間! 4.5畳の和室奥には小判型の檜の内湯を備えられています。 6Provides on the tatami mat bedroom spacious double and single size beds 2、快眠を誘います! 全5室の本館客室は、To elaborate this other rooms or rooms provided、何度訪れても異なる雰囲気を楽しめることでしょう! 和味の宿 角上楼 住所:Aichi, Tahara city Fukue city making 38 TEL: 0531-32-1155 https://www.kakujoro.com/..

"Japanese taste Inn corner tower" Michelin Guide on accommodation! Founded Showa in 1989 as Japanese-style ryokan

To the 0/1926 at the tip of the Atsumi peninsula is surrounded by ocean, blessed with a mild climate, irako (1926) founded in traditional Japanese style ryokan Japan "Japanese taste Inn corner tower (Kakujoro)" "Japanese adult trip"! Atsumi peninsula Fukue city was、And the town flourished as a port of call of the peninsula only shipping、The"corner"、And the long-established Inn was founded 0/1926 (1926) as a high-quality restaurant in the corner of the town at the time was crowded with "entertainment". The current head Uemura pure certified (JUNJI Uemura)Mr. marriage passed than the predecessor to "corner"the、While carefully preserved the building feel of the founding of、After going through several、Building came up with a three-legged race "brand new、No nostalgic "hotel! The total area of about 3000 m² premises、1925In construction the main corner-Lou,、2005Midori on Lou's House three houses are scattered and above the clouds-Lou's new wing was added in the year、•The Green 10 rooms around the garden rooms、Mind provides a soothing relaxing time! Here we、Sankaijuku nurtured in a local seafood and local specialities and delicious food and、Winter's first Italian good Lake Cape which Japan producing Mikawa Bay Enshu-Nada area natural Blowfish、Spring is all black.、Summer scabbard.、Also、You can enjoy the kaiseki, Japan food fish of the Atsumi peninsula each season that Kai horsetail season best with plenty of unique! This year、2019Launched in may, "Michelin Guide (Japan Edition) Aichi, Gifu, and Mie 2019 Special Edition ",、By star rating、3Two stars of "particularly comfortable" with featured inns as well as published in、Spend time like a hideaway、Very good hotel for adults. Parking is available in front of landed、Welcome to cobblestone style building、Quiet atmosphere are gently stop the time。 Heart in the vivid light soft electric light shades settle with Navy blue white checkered curtain、Carved and your ryokan、Welcomes the signs of history! Spacious farmhouse porch、Lantern lights gently corner tower。 Poised and halos 1 pillar of the gods、With cheerful look whenever I。 The green glass door into the courtyard of a distracted by it so! The atmosphere feels the warmth of wood and the nostalgia already excited about Goldfrapp At the hotel、You immediately feel the tree for、And don't dare provides the "footwear"、You go up in bare feet and one passage pine plank、Mirza、Mishra then became、Incredibly soothing sounds! At the front door、Glass door marked "telephone room" room. Vintage rotary phone and hung in the、Insta Sheen spot! On the lateral wall of the phone room、And covered in wooden reservation book used at the time、Shichifukujin Ogi aspect open another day another room in the hole、Mark as had been the booking situation is obvious! Installed beside the entrance lobby ' Dan ' s (Tan's room) "in the、Fill in the guestbook and we checked in! Little has arrived early for、Mr. Fujii usually has been behind the scenes as a clerk gave support! Here are glad to early check-in service is.、On the first floor in the main building at muse Salon 15.:00-17:30In during happy hour, guests can sit in the free-flow! Show me the Salon the Tan Viet Nam who is serving as a waitress.、He came to Japan six years、Here at in 2 years、And now friend Japan language in it! Here is the original、The place was in the kitchen on the first floor in the main building and relaunched as a salon、2017Happy hour provided from April、Born as a place to entertain guests! The spokechair were placed around the Central hearth、Counter trees overlooking the garden、A quiet ticking pendulum clock、To invite the viewer into a world of non-daily but soothing rhythm is a good Salon! Drinks are、Beer, red white wine、Oolong tea or orange、Must have a Nespresso machine such as grapefruit juice。 As a snack、Nice miso Oden on booze! Using the dessert 福口 taste the local produce, fresh eggs and milk、Enjoy a brandy and baked charm Tanba black bean cake、Overwhelming! The "beer" beer Server automatic pouring beer、Just put a glass with chilled in the refrigerator、Fine foam 7.:3The beautiful poured in drink tastes great! Miso Oden pot、Texture and puritsu Ho! lump provides konnyaku enjoy flexibility with a quail egg skewer Oden、Sauce will be thick miso! Also other guests this nifty service has been fun、Fly auto beer server is running! I drink beer "! lovely! "And I got off、Is also the sight of men Besides, fueled with yukata beer as early as in the bath.、That feeling was reflected in Nice! Bamboo decorations for July, celebrates the "Tanabata" placed on the veranda、Found a strip of 色取ridori、Wishes has been raised! Reed was prepared to stay for、Immediately、His pen we also "Reiwa everyone happy to lade" and wish we had with! Get wet in the rain and dew、While the views from the veranda and Salon shine vividly green courtyards you can counter the healed、Heart starts at the hotel feel good! Japanese taste Hotel corner House address:Aichi, Tahara city Fukue city making 38 TEL: 0531-32-1155 https://www.kakujoro.com/..

Holiday healing touch and more than 120 species of animals at the Zoo "Hamamatsu Municipal Zoo" great deals!

Hamana Lake "still Hamamatsu flower park" in adjacent "Waku Waku Waku still ZOO" "Hamamatsu Municipal Zoo"! The animal corner "Hamamatsu children's Expo" was held in 1950, based at the former site of Hamamatsu Castle Park in Shizuoka Prefecture and first be opened Hamamatsu Zoo、And start from about 30 different animal exhibits、1983In "still Hamamatsu flower park" to the next during the transfer、Extend 6 times in the former location of space、Grow a Zoo exhibit animals number commune with more than 120 kinds of animals、Long period of time、Municipal Zoo is familiar from many tourists including Hamamatsu City. This Zoo is "still Hamamatsu flower park" of the entrance fee 800 yen、By using the "set ticket super deals" only adding only 150 yen plus、It is possible that both Park and forth a full day of fun! (Note:Flower park entrance fee varies for every season) "still Hamamatsu flower park" continued to see waterfowl pond"back in to the entrance to the"Hamamatsu Municipal Zoo"、From there we entered! Also、For the common gate of the Zoo and offers during the Japanese iris garden "a white wisteria.、From here on out is available! The beginning of the extensive grounds、Square of the play where the children can play from the beginning、Playground equipment, slides, horizontal bar installed! And the plants were planted in the lush garden or about "Giraffe"、On-site pick up is waiting! In the garden on the type of animal (27) one divided into areas、Will find the first (1) and the area of the "Kangaroo" will be! Kangaroos at night to face a very mild during the day, and while crowds in the rest! Occasionally、While lying down face up, "do you want me? "And even saying before the fence face partitioned as reassuring laugh (haha)、On the ecology of kangaroos was the brother of the Guide、While showing the photograph Panel had thanks for explaining! Here, on Saturday.、On Sundays、13 public holidays:30~はカンガルーの餌やり体験が可能です! 進む右手は③「クモザル」のエリアとなり池の上に設置された遊具の上を軽快に動き回る「ジェフロイクモザル」に出会えます! 細長い手足や尾をフル活用し、Spider seems hanging on the tree the appearance that is named。And now kept in pairs、Dark hair color is ' toque (♂) "In the、Brown is "Nana (♀) "It is! On the opposite (2) "llamas and EMUs" area! In the full length、ダチョウの次に大きく「飛べない鳥」のエミューですが小さく身を屈めてこちらも休息中! 隣のラマは草食中でしたがわたし達のカメラに気付くとまるで「撮って!撮って!」と言わんばかりに近付いて来てくれました! 顎を突き出し下唇から飛び出した下の歯が何とも言えない顔立ちでカメラに向かって「ニヤリ!」とほくそ笑んでいるかのようにも伺えます! そのまま進めば床面積816m²の④「フライングゲージ」が現れ放し飼いの鳥たちを間近で鑑賞できます!(※鳥は触れません!) 数種のトキをはじめ鳩やカラフルなオウムに九官鳥カモやオシドリキジ孔雀など様々な鳥たちに出会えます! 中でもカメラを怖がることなく撮影させてくれたのはふっくらと真ん丸く愛らしい姿の「ジュズカケバト」! 後頸部に数珠をかけたような黒い帯模様があることから「数珠掛鳩(ジュズカケバト)」と名付けられております! その隣の背高のゲージは⑤「ワシ&タカ」のエリアで鋭い目付きで勇ましい姿が拝めます! カブトムシのマークが描かれた建物は子ども達が大好きな⑥「こんちゅう館」エリア! 館内には世界中の巨大カブトムシやクワガタトンボなど昆虫の標本がズラリと並びます! 蝶に至ってはまるで貝殻のように美しいグラデーションの羽根を持つ妖艶な珍しい蝶なども見られ充実の展示内容です! 二手に分かれる道を右ルートへ進むと㉗「サル山」エリアへ到着! こちらではニホンザルが飼育されており、Saturday、On Sundays、祝日の15時~は餌やり体験が可能です! お次は㉖「ツル」のエリアで目の周りが日本の国旗のように真っ赤なマナヅルや真っ白い頭部と風切羽の先は真っ黒と上下対象的な色持ちで全身は青みがかったグレーカラーの美しい羽毛を持つハゴロモヅルが見られます! ㉕「猛獣舎」ではトラとライオンが飼育されており、2019年3月に旭川市の「旭山動物園」から引っ越して来たばかりのアムールトラの「ソーン()3歳」がおりますがまだ浜松の環境には馴染めていないようなので静かに鑑賞するよう注意書きがされています! その先の広場は㉓「ゾウ広場」となり体重約3000kgもの巨大なアジアゾウの「ハナコ()」に会えます!この日はハナコのお尻しか見れませんでした!(笑) 広場の向かいは㉔「オオカミ&クロヒョウ&ユキヒョウ」のエリアです! 皆暑さにぐったりとしている様子! 先へ進むと㉒「カピバラ&ヤマアラシ」エリアへと突入! 柵の無いエリアは撮影しやすいのは勿論のこと運が良ければ近付いて来てくれるため至近距離で観察を楽しめることもあり嬉しい限りです! のそのそと歩きひょうきんで愛くるしい顔立ちのカピバラにほっこり癒やされます! その奥には㉑「レッサーパンダ&コツメカワウソ&ミーアキャット」のエリアです! 集団の絆が深いミーアキャットは重なり合って寝ている姿が何とも言えず少し離れたところに居た子は腰を下ろして体育座りをしているように伺えまるで人間のような風体に思わず吹き出してしまいます! 親子で仲良く遊ぶコツメカワウソの愛らしい姿も必見です! 「あれぬいぐるみなの?」と見紛う程にピクリとも動かなかったレッサーパンダは目を開けたままグッタリとお休みタイムのようです! ⑳「小型サル舎」エリア この動物園はゴリラをはじめとする霊長類の展示に関しては愛知県犬山市の「日本モンキーセンター」に次ぐ国内最大級の規模とのことで国内飼育では唯一とされる「ゴールデンライオンタマリン」も2頭飼育中! その名の如くライオンのようなフサフサとした赤毛の鬣がとても綺麗! 子宝に恵まれ3世代に渡り耳にフサフサの白い毛を持つコモンマーモセット「エム()」と「イロハ()」の家族も人気です! その奥は⑲「ポニー&バイソン」⑱「ロバ」のエリアでポニーは「トニー()」と「チャチャルビー()」の3頭を飼育中! こちらも土曜、On Sundays、13 public holidays:30-14:00In between the、ポニーと一緒に写真が撮れる撮影会が開かれます! 園内で一番圧倒されたのがキリンの大きさで⑰「ミニサファリ」エリアでダチョウシマウマに続き広々とした草原でキリンが悠々と過ごす姿に釘付けとなり長いこと足を留めておりました! こちらには 2009年にこの園で生まれた「リョウ()」と、2014年に「京都市動物園」から来た「シウン()」が仲睦まじく一緒に暮らしています! 下り坂を進むと⑭「ミニブタ&イノシシ」エリアとなり雌のニホンイノシシが1頭とポットベリー種の豚「リンカカリン()」を2頭飼育されています!...

"Still Hamamatsu flower park" "Hamana Lake flower Festa 2019" held in surrounded by flowers and greenery!

Seasonal flowers bloom、A lush garden park "still Hamamatsu flower park" to! Has been opened in 9/10/1970 here、300000 square meters (Tokyo Dome 6.4 minutes)、植栽は3,000種にも及ぶ巨大フラワーパークです! 現在「はままつフラワーパーク」では、3/21(Thursday)-6/30 (Sunday) spring and over the summer as "Hamana Lake flower Festa 2019"、During the hold a variety of events, including special exhibition! The rainy season, although、This day exactly during the rainy season, was watching the dazzling sunshine、Numerous clouds and blue skies, pleasant wind shoot date! Flowers in full bloom at the moment would be mid-June's first Japanese iris garden "irises"、In the forest of "Lilium"、"Hydrangeas" their color "hydrangea tree-lined" you can enjoy! That would be approximately 20 years revisited、Recent、Under the guidance of her husband with her husband's hand-me-downs camera "Canon 1 d Mark III..."、Because you're camera shoots exercises、A beautiful contrast of stunning natural scenery and has a colorful flowers、It would be good practice place! Immediately、Tickets buy tickets! The flower will be adults 800 yen、And Hamamatsu Zoo next to the ticket can be purchased and 150 yen in additional 950 Yen、Percent of the exceptional feeling is recommended! For the flower garden and Zoo are connected by common gate、QRコード付のチケットで両園共に出入りが自由に可能です! 園内マップを見ながらガイドスタッフに両園を効率良く進む散策ルートを伺いましょう! 左回りで進めば下り坂となるため、There is less strain on the body! Increases the feeling of openness and slip through the front gate expansive welcome garden! To its destination、Is a spectacular hotel garden, me 1周 about 15 minutes.、For the fashion of the day welcomed a perfect blue、Memorial to shot! And a lame foot、Young children would have recommended ride! (* Fees:1Ride:100 yen for adults / children 50 yen) in the gardens surrounding a huge 'fountain pond"below、Mr./Ms. Harada Masaki with LD (learning disabilities) while also excellent color sense and sensibility in "triangle flower" will be watching! In the flower bed of various color triangle、Seedlings are approximately 5000 shares are used、Red and pink、黄色やオレンジなど色鮮やかな共演を遂げています! 5月中旬から6月上旬までが見頃となる「ローズガーデン」では約3,000㎡に170品種およそ1,000本の薔薇が楽しめるとのこと! 現時点では、Could enjoy several rose slightly、満開の時期はさぞ美しいことでしょう! シーズン中であれば、Rose tunnel is a sight to see! "Rose garden" further left to go.、Stairs under management have come! There can enjoy cherry blossoms and Tulips in the spring "cherry trees" and "Tulip flower.、V "mini Garden"! "Mini Garden" in full bloom in mid-June、Hydrangea blooming in the alley with severe color is brilliant! To its destination、For insta Sheen spot established a cinematography Panel、オランダ風の風車や可愛いアヒルが佇む小窓などを用いて写真を楽しむことができます! 赤と緑の配色が風景にマッチしているフラワートレイン「フラワー号」の登場!桜並木をのびのびと緩やかに走り去る姿はとても画になります! 「水鳥の池」には古代蓮・大賀蓮が広がり、Arched bridge and across to the cool pond、鯉がパクパクと口を開けて餌を待つ可愛い姿も! 今が見頃となる「アジサイ並木」では長さ600mの並木道が続き約3000株の紫陽花を楽しめます! 前夜に雨露を含んだ紫陽花は色濃く鮮やかで風に乗って揺らぐ姿がまた愛おしく見えます! 6月上旬から6月中旬までが見頃となる「花しょうぶ園」へ到着すると、Surrounded by green trees and、まるで極楽浄土のような風景が広がります! その広さは5,000㎡にも広がり約700品種もの花菖蒲が咲き誇ります! 花菖蒲の花は、The short-lived flowers flower starting to bloom only ends in 3 days or so。As a result、This season's morning staff、Picking up dead floral print、Well as keeping its beauty! For the State is faced is in full bloom as early as in early June was published on the official website、Early-flowering varieties are already finished and、Also typically enjoy varieties of blooming after would be less! Return from "iris garden.、"White Wisteria" at the end of the pond (from late April early May is the best) to see the smile hotel! This is、And 150 m was produced by Yoshitani Keiko's Garden Designer representing Japan, English-style border gardens、Spread out on both sides of the small flowers can be enjoyed! Above all、There's a myriad of subtlety、Purple show looks cool in a distinctive look like sculpture "Eryngium pranam" is my favorite! And landed up to "grass"、Because the rest area with shops and stores、Will be taking a break! By walking slowly and enjoy shooting、Walking time is about 3 hours! Due to having a calm nature?、Not feel tired at all! Average easy Ranch in the hamakita had been opened for "gelato" 400 Yen to buy! Two choice price does not change for、Ordered in a double salt milk and green tea! Salt milk、By joining the salty milk、Taste a rich deep flavor、The green tea are buried beneath the cone、Enjoy your green tea fragrance、You can enjoy the milky taste! Exposed to the summer sun、To speed melting while we get delicious! And journeyed to see Vantage Hill]、You will see the sculpture of the plants 'mosaiculture'! In the "mosaiculturememorial Garden"、And the character of the mosaiculture World Expo mozai Kun、Worthy of Hamamatsu City instruments in the harmony of the smile、"City watch, Geneva.、Nazca "Nazca lines"、In a balloon "fly away into the future" suit、This is also recommended as insta shines! On the wooden deck stage large greenhouse before the weekend、Events are held on a regular basis, is busy! The day unfolds "The favor and Dragon Heart" wadaiko performer、Participants were also had enjoyed the experience! "Fountain" in time came to 15:30/h 00 pm and breath on a bench enjoying the cool water fountain show held every 30 minutes! Here you can admire the panorama spot is the best vantage point!.

WEB Magazine lade site design renewal

And thank you for always watching the WEB Magazine lade。 Now、WEB site easier to use, available in the comfort、 The notice gave the redesign。 Put the emphasis on the ease of browsing on Smartphones、 And easier to see than the previous design。 Please note that renewal, some collapsed layout of the articles listed there will fix the little by little。 So far more than、Improved easy-to-see our、 So we will continue to enhance the content、We kindly thank you。...

Gastronomic French rejoice in peaceful countryside at the foot of Mt. Fuji "restaurant BIOS' of freshly picked vegetables body

In the peaceful countryside at the foot of Mt. Fuji、自家農園「ビオファームまつき」の採れたて無農薬野菜をふんだんに用いた身体に優しいフレンチレストラン「レストラン ビオス(Restaurant Bio-s)」へ! 富士山の雪解け水が豊富に流れる山麓は、And rich natural environment suitable for agriculture、1.8with HA (5400 square meters) farm plantations "Matsu biofilm when" now、Is aimed at farming without pesticides and chemical fertilizers、Mainly including herbs grown vegetables、年間50品目以上の作物を生産されています! 「レストラン ビオス(Restaurant Bio-s)」は自家農園「ビオファームまつき」を営む松木 一浩 (Kazuhiro Matsuki)Mr. 12/8/2009 opened farm restaurant! In room was originally opened in Japan Taillevent Robuchon (Joel Robuchon now) when m-deter (maître d'hôtel) the first steward says matsuki、MATSUMIYA, Daisuke is Manager of the old House Hotel in Kamakura the other day I went "Kamakura now and then. (Daisuke Matsumiya)Mr. also、That had been a waiter at hamburger with matsuki、Now that relationship continued as a supporter of each other! I arrived at the parking lot and、We waiting for pick-up goat cry be healed! Kid's in friendly manner、Shake hands and came up very near、フェンス越しに顔を覗かせ挨拶してくれる愛嬌一杯の姿にメロメロです! 木目をふんだんに用いたナチュラルな店内は、Cozy bathed with natural light from the large Windows spread out on a full wall space! Living room architects called the magician of light and Mexico's Luis Barragan's House, reminiscent of the cross to what design is impressive! Pieris rapae crucivora boisduval full dance、緑溢れる農園越しに雄大な富士山を拝める特等席を用意してくださいました! この日はランチメニューの「季節のティスティングコース 12皿〜」9,500円にコースに合わせて提供される「ノンアルコールペアリング(おまかせ4glass)」2,800円を追加しオーダー! 真っ白なテーブルクロスの上には、In the festive, decorate the table dainty with the image of flowers blooming in Germany tableware "Rosenthal" summer meadow "Fleurs Sauvages (wild flower)"、ワクワクのランチタイムスタートです! [季節のティスティングコース 12皿 + ノンアルコールペアリング] ①「長谷川さんのマッシュルーム」 富士市の「長谷川農産」代表である長谷川光史さんが、In the finger food using organic mushrooms have made painstakingly in fungus was imported from the Netherlands、Used on occasions sliced mushrooms are so fresh,、A gavotte France candy in the bottom-took the crispy dough in finely chopped mushrooms and slipped into the screen is and、In one mouthful of fish and、マッシュルームの香りと甘味が口中一杯に広がります! ■「ノンアルコールのスパークリング ミントを添えて」 ペアリングでは、Sommelier and enjoy performance matsuki's Owner who serves freshly prepared drinks on the desktop、Instead of wine or non-alcoholic、気分はChampagneのような雰囲気で乾杯! ドライテイストのノンアルコールスパークリングに自家製ミントシロップを垂らし、Pick fresh mint with refreshing cup! (2) also made wishes goat cheese with onion and sauteed until "Parmesan tart" caramelized tart in bite-size pieces and、玉葱の甘味とチーズの塩気のハーモニーが絶妙です! ③「スナップエンドウ」 フレッシュなスナップエンドウや空豆、The colored buds of Chrysanthemum stone、Snap peas boiled lightly onto the boat-shaped thin tart with white bean puree、スナップエンドウの白い花が添えられて来ます! 生の状態では甘さと瑞々しさを楽しみ、Are boiled, the more colorful leave snap peas add texture with shakishaki juicier and enjoy! Because salt is gentle、採れたて野菜の本来の旨味を存分に味わえる一品! ④「自家製リコッタ」 ガラス製のクロッシュの中からお目見えの自家製リコッタチーズはスモークを纏わせて提供!薄いメレンゲと合わせ、And served with smoked oil during the、スモーキーな香りとミルキーな味わいを楽しみます! ■「Chardonnay(ノンアルコール)」 ノンアルコールのChardonnayを用いたハーブのジュースには、Mint and lemon grass、エディブルフラワーの香りが一杯! ⑤「自家製パン」 自家製の天然酵母でライ麦と全粒粉、Golden ratio derived in flour in bread、Outside is crisp and white sesame seeds roasted、Are soft and have、Such as bread too heavily and balanced finish、This is a delicious bread as you go! Boil unpasteurized milk、Milky butter whipped with butter、Served with a light touch with the salt! Focaccia start burning at the time faced in opening visitor always seems so、Focaccia is rumored next time 'round the world "and also look forward to! (6) flit was wrapping cloth in "onion" onion、Sun-dried tomatoes and capers、Olive、Along with the pine nuts and sour condiment、Served with sliced marinated or dry onion、Coriander flower and herb accents! Food between takes、Chef and sous chef alternately emerge from the kitchen and went to the farm、用いる分だけのハーブや花を収穫に! レストランとしてこれほど理想的な環境はありません! ⑦「豆ごはん」...

"Barzel" daytime's bar、Toyama Italian trattoria and two-face has a night

富山街中にある健康と福祉をテーマにする複合施設「総曲輪レガートスクエア」内に誕生したイタリアン「Barzer(バルツェル)」へ! こちらは「健康」をテーマにあらゆる分野で生活向上を目指す医薬品メーカーの「広貫堂(廣貫堂)」がプロデュースされている「ナチュラルカフェ広貫堂 (NATURE CAFE by KOKANDO)」が惜しまれつつも閉店された「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ・トヤマ (LA BETTOLA da Ochiai Toyama)」にて料理長をされていた藤田 晋爾 (Shinji Fujita)And welcome the chef、2018年12月3日に「Barzer(バルツェル)」としてリニューアルオープンされたイタリアンレストランです! 昼はバールとして名物サンドやパニーニなどの軽食を、And feel free to enjoy espresso machines made in Italy offers a barista, with ranch-style、夜は富山の旬の食材を中心にアラカルトやコースのイタリア料理を各国の厳選されたワインと共に楽しめるトラットリアとしての2つの顔を持ち合わせています! この日は富山帰省の際に結婚式など「ハレの日」を演出する企画会社「Humming bird / Wine|ハミングバード/ワイン」の一事業部にて南アフリカのWine importerとして活躍されているKaori Takeuchi Miller(香保里)さんとのカフェミーティング! こちらのレストランでは、That seems to enjoy wine in South Africa is Becker's Kaori、今回はカフェ利用でお店のバリスタが淹れるお勧めのラテアートを施した「カプチーノ」をオーダー! アートのテーマはバリスタにお任せすると、What! To celebrate the birth of new era "Reiwa.、And the adorable Nyan child promises "Reiwa" cappuccino、「月と太陽」のカプチーノを用意してくださいました! 美味しいカプチーノに癒やされながらの歓談タイムの始まり始まり!富山の大変由緒ある呉服問屋「牛島屋」に生まれ、3Kaori says she grew up surrounded by brothers very friendly、What was our interaction several times on Facebook、この日が初対面といった雰囲気を微塵も感じさせないフレンドリーな素敵な女性! 以前はファッションの分野で活躍されていたKaoriさんは、Young younger days when was moved to England to study fashion、現在御主人となる南アフリカ人のShawn Thomas Miller(ショーン)さんと出会ったことにより、Border control and South Africa will celebrate the turning point was born in life! By remarkable coincidence,、There is master Sean's cousin married to wineries in South Africa、Kaori's bonsai "taste of the true African wine".、"This delicious South Africa wines in Japan want to disseminate more! "The pure feeling how they、ワインインポーターとしての道を歩まれているそうです! 当時日本ではあまり流通がなかった南アフリカのワインですが、In recent years、Its richness in the variety of the breed, cost performance, and high quality、日本のワインラヴァー達の間で話題に出るほどの発展を遂げています! Kaoriさんが取り扱ってらっしゃる南アフリカワインを御紹介頂きパンフレットを拝見! わたし達も南アフリカへ旅した印象は強烈に残っており今でも「もう一度行きたい国は?」の問いに必ず上位に上がる南アフリカ! その際に現地の日本人ガイドを務めるKeiko Umbhauさんに南アフリカ最古のワイナリー「Groot Constantia(グルート・コンスタンシア)」へ連れて行ってもらった楽しい思い出が蘇ります! 当時はわたし達もKaoriさん同様に初見の南アフリカワインの美味しさと手頃な価格帯に本当に驚かされたものです! 今回たまたま現地の日本人ガイドを探されていたKaoriさんに現地のkeikoさんを御紹介させていただいたことをキッカケにわたし達の南アフリカへの再熱が沸々と湧き上がって来てしまいそうな予感! [ハミングバード(Humming bird)取扱の南アフリカワイナリー] ■南アフリカに新風を巻き起こす注目のワイナリー「Barnardt Boyes Wines(バーナード・ボーイズ)」 ■南アフリカを象徴する芸術家キャロル・ボーイズがエチケットをデザインし弟のバーナード・ボーイズとコラボしたプレミアムワインコレクション「CaRRoL BoYeS Wines(キャロル・ボーイズコレクション)」 ■馬とワインをこよなく愛し料理とアートに情熱を注ぐ気鋭のワイナリー「Cavalli Estate(カヴァリ)」 ■美しいバロック音楽が流れる名門ワイナリー「DeMorgenzon(デモーゲンゾン)」 ■南アフリカ屈指の栽培家たちが育む秘宝ワイン「Elgin Vintners(エルギン・ヴィントナーズ)」 ■元エンジニアが手掛けるカルト的人気のワイナリー「Spioenkop Wines(スピオンコップ)」 どのワイナリーも大変興味深かったですが特に女性芸術家が手掛けただけあってかエレガントなタッチのエチケットデザインに心を奪われてしまった「CaRRoL BoYeS Wines(キャロル・ボーイズコレクション)」の「SKETCHBOOK Cabernet Sauvignon(スケッチブック...

"Toyama when you come with airport" at a mother's day lunch at Tokyo Ginza sisters authentic pizza!

Became the only Riverside airport in Japan、富山市の空の玄関口である「富山きときと空港 TOY/Toyama」へ! 「富山きときと空港 TOY/Toyama」は、As an airport with a runway of 1200 m in the dry riverbed of the jinzu River flows through the center of Toyama Prefecture、1963Has been opened in years (0/1963) 8/20、1984Due to the growing aviation demand, (0/1984) 3/18、Extending the runway to 2000 m、ジェット機が就航する空港に生まれ変わっています!! 国内線は「東京便」と「札幌便」、International line is "soul express".、Dalian service、"Shanghai express"、Taipei service and is operated by、毎日運航している乗継便を活用することで全国各地または世界の21都市へと旅立つことが可能です! 駐車場は無料エリアと有料エリアで分かれており、Free parking is 1536 units.、Equipped with 126 parking。Also stayed many nights for free parking for free、長期旅行でも安心対応! 空港内1階の左手には国内線チェックインカウンター右手には国際線のチェックインカウンターを配しています! 中央ロビーに設置された巨大モニター(縦2.1m・幅3.7m)には「おわら風の盆」の風景が映し出されており、And the main function of the fun virtual experience can be appearance of the dancers in the stand to the monitor before、Like any other installed armor as well as、小さなお子様たちも大興奮しながら楽しまれている様子が伺えます! 2階にあるショップ・売店は富山の特産・名産品が勢揃いする「まいどは屋富山空港売店」や「ANA FESTA」をはじめとやまの配置薬で全国に知られる「広貫堂(廣貫堂)」が入店されており国際線登場待合室には「免税売店 Duty Free Shop」も御座います! 「まいどは屋」に立ち寄り富山土産はこちらで物色していくことに致しましょう! 富山土産と言えば外せない「ます寿司」や「蒲鉾」を筆頭に、The wide variety of aligned's Toyama Bay Seafood gift、さらに山々に囲まれた自然豊かな大地と清涼な水が生み出す美味しいブランド米「富富富」や銘酒の「満寿泉 酒蔵」や「羽根屋(富美菊酒造)」「しろえびせんべい」など老舗和菓子店たちが織り成す銘菓や御当地ラーメンの「富山ブラック」などが出揃います! 空港内にあるカフェ・レストランは、Feel free to enjoy the seafood of the Toyama Bay "kaiten and Yamato sushi" introduction、Have a store in Ginza, Tokyo、姉妹店としてやって来た本格イタリアンレストラン「エアポートキッチン (AIRPORT KITCHEN)」、Coffee Wing operates all year round early in the morning from the 6:20 to the、Speaking of Ramen in Toyama、「東京ラーメンショー」でもV5を達成しているブラック黒醤油らーめんを提供する「麺家いろは 富山空港店」が出店されています! 毎年この時期は旦那様の実家である富山に帰省するのですが、That time coincided with the "mother's day"、And ask them about things I ate your MOM、高級寿司でも懐石でもなく意外や意外の答えが返って来て「お父さんとは絶対行けないピッツァが食べたい!」とのこと! となれば、Aiming at the authentic pizza baked in a stone oven、空港内2階に2013年4月にオープンしているイタリアンレストラン「エアポートキッチン(AIRPORT KITCHEN)」へとやって参りました! 真っ青な青空のように爽やかなブルーをイメージカラーに用いられ、The finished brick、And open the sofa by the window、By saying you can enjoy dinner while watching the Federal Tateyama is on a sunny day、この日は窓際席は全て予約で満席となるほどの人気振り! 店内の空いているソファー席へ誘導されメニューを拝見! 富山の名産品を使用した地産地消メニューをはじめ、Authentic pizza baked in a stone oven and hearty burgers、彩り豊かなサラダやパスタなどが楽しめます! 「富山湾の恵みたっぷり魚介の”きときと”サラダ」1,200円 これぞ富山!と言わんばかりの海鮮サラダで、Fresh, sweet white shrimp and squid was acquired in the form of、Oval squid sepioteuthis lessoniana enjoy the soggy texture and sweet taste with plenty of、彩りにサーモンやとびっ子が添えられた贅沢サラダです! 「富山湾のホタルイカのピッツァ」1,350円 こちらも富山ならではのピッツァとなり、Mozzarella and fresh squid 漁reta in Toyama Bay、オレガノやベビーリーフの組み合わせ! 実は、For any "meat" to eat is my mother in law、Don't eat too much.、Only food eat your MOM on this day and order coloring fun! Stone kiln was set up in the kitchen are baking at high temperature of 550 degrees for、To finish one minute and as soon、耳はふっくらで中はもっちりの本格ピッツァです! サイズは30cmととても大きく4人でシェアするのが丁度良いサイズ感です! プリップリのホタルイカが香ばしく思わずワインが恋しくなるお味です! 「ジェノヴェーゼ」1,400円 海老とモッツァレラの組み合わせで香り豊かなバジルペーストで仕上げたジェノヴェーゼピッツァ! 焦んがりとローストされた松の実が良いアクセントとなり香ばしい味わいが楽しめます! 「キノコの王様ポルチーニとトリュフのクリームフェットチーネ」1,400円 濃厚なクリームソースに良く絡むフェットチーネを用いたパスタは、Taste、香り共に抜群のキノコの王様でもあるポルチーニにトリュフを合わせての登場! 残ったクリームソースにピッツァの耳(コルニチョーネ)を付けて食べると二度美味しさが楽しめます! 大口を開けないと食べれないようなタワー系のアメリカンなハンバーガーもとても美味しそうだったので次回はそちらに挑戦してみようと思います! 食後は、4On the floor to a visit to the observation deck、午後一の便で出発する「台北便」をお見送り! 国内で唯一の河川敷に敷かれた滑走路! 見晴らしの良い展望台では、Enjoy the peaceful scenery of nature in、間近で機体を眺めることができます! フライト時刻を迎えた滑走路では、Dancing heart roar from aircraft、飛び立つ瞬間の高揚感が味わえます! 機体に手を振り「いってらっしゃい!」とフライトの無事を願ってお別れの挨拶! 天候に恵まれれば、And best restored with panoramic view overlooking Tateyama Mountain range and the North Alps、デートにもお勧めです! 富山きときと空港 所在地富山県富山市秋ヶ島30 TEL:076-495-3100 エアポートキッチン (AIRPORT KITCHEN)...

Sagami Bay in the hasedera temple surrounded by flowers in the four seasons, the temples hasedera Temple flower!

鎌倉の「花の御寺」または「あじさい寺」として親しまれ日本最大級の木彫仏の本尊「十一面観世音菩薩像(通称長谷観音)」が祀られる「長谷寺 (鎌倉市)(The official name:Hase-Dera 海光山慈照院長谷寺)」へ! 奈良時代の天平8年(736年)に開創と寺伝に残り聖武天皇の治世下に勅願所と定められた鎌倉有数の由緒あるお寺となり本尊の「十一面観世音菩薩像」は木彫仏としては日本最大級(高さ9.18m)を誇る尊像で坂東三十三所観音霊場の第四番礼所に数えられています! 「花の御寺」と称されるだけあり境内には四季を通じて様々な花々が咲き誇り季節を問わず境内散策が楽しめる長谷寺は「鎌倉大仏殿高徳院 (Kamakura Daibutsu)」と並ぶ人気振りでどちらも江ノ電「長谷駅」より徒歩圏内なことからセットで参拝される方も多い観光名所となります! また山の斜面に沿って広がり高台に位置する境内からの眺望は鎌倉随一とも称賛されており鎌倉の街並みと相模湾を見下ろすことのできる絶景スポットでもあります! 「門かぶりの松」と共に出迎える大きな赤提灯が掲げられた山門! その左手に見える拝観受付にて拝観料大人400円を支払い拝観券を手に入れましょう! 緑が溢れ手入れの行き届いた4月下旬の境内にはツツジの花が姿を見せ始めており大輪の牡丹が咲き誇る姿はまさに極楽浄土と言わんばかりの美しさで御座います! 案内図によると境内には「①本堂」をはじめとし「②阿弥陀堂」「③地蔵堂」「④大黒堂」「⑤弁天堂」「⑥稲荷社」「⑦経蔵」「⑧鐘楼」「⑨書院」「⑩和み地蔵」「①①海光庵」「①②眺望散策路」「①③見晴台」「①④観音ミュージアム」と記されており見所満載! 山の高低を活かした造りの境内は上下に分かれており下境内には「妙智池」 と「放生池」 を中心とした回遊式庭園が広がりその涼やかな景色に癒やされる多くの参拝者で賑わいます! 右手に進めば弘法大師(空海)が廻国修行の折に参籠した洞窟として知られる「弁天窟」があります! 弁天窟の中は蝋燭の灯りを頼りに進むと洞窟の壁面を利用して彫られた二臂の「弁財天と眷属である十六童子」の御姿が見られます! 金運上昇や商売繁盛の御利益! 江戸時代に「出世弁財天」の名で世に知られていた弘法大師(空海)が刻まれた八臂の「福徳弁才天」は現在本堂横の「観音ミュージアム」に収蔵されているため「弁天堂」には御本尊に代わる「福徳弁財天」が祀られています! 階段を上り上境内右手へと進むと子安・繁栄に御利益のある「福壽地蔵」を祀る「地蔵堂」があり周囲には水子や先亡諸霊の供養のための「千体地蔵」が奉納されています! 「千体地蔵」と「卍池」の間には「水かけ地蔵」の御姿がありますので水を掛けて供養致しましょう! さらに階段を上ると「鐘楼」「阿弥陀堂」「本堂(観音堂)」「観音ミュージアム(入館料大人(高校生以上)300円(※長谷寺拝観料要別途)」へと横並びに続きます! 早速御本尊の「十一面観世音菩薩像(通称長谷観音)」が安置されている「本堂(観音堂)」にて参拝致しましょう!(※本堂内は撮影禁止) 高さ9.18m日本最大級とされる木彫仏の本尊(長谷観音)の造立は「養老5年(721年)に大和(奈良県)長谷寺の開山である徳道上人の本願に基づき一本の楠の巨大な霊木から二体の観音像を三日三晩にして造顕されたといいますそのうち一体は大和長谷寺の本尊となり残る一体は有縁の地における衆生済度の誓願が込められ開眼供養を修した行基菩薩によって海中に投じられました。 After that、三浦半島の横須賀長井浜に打ち上げられたので天平8年(736年)藤原(中臣)鎌足の孫房前(ふささき)が徳道上人を開山として尊像は鎌倉へ遷座され長谷寺開創の礎となりました」と記されています! 日本最大級とされる木彫仏の長谷観音は木彫りを感じさせないほどに金色に輝いておりました! それぞれの御堂を堪能した後「観音ミュージアム」前に設置された「聖観音菩薩像」と一緒に記念撮影! 2015年10月18日にリニューアルされた「観音ミュージアム」は鎌倉長谷寺の本尊である「観音菩薩」を主題とした博物館「観音ミュージアム」へと生まれ変わっています! 「経蔵(転輪蔵)」の内部には立派な回転式書架「輪蔵」があり中には一切経(大蔵経)が収められております! これを一回転させることで一切経を全て読誦した功徳が得られるとされていますが輪蔵は観音御縁日(毎月18日)正月三が日、4月8日(灌仏会)、8月10日(四萬六阡日)のみ回す一大行事! 一般参拝者は壁面の18基のマニ車を回しながら進むことで納められた経文を唱えるのと同じ功徳があると言われているため順に回しながら一周致しましょう! マニ車は主にチベット仏教において用いられる道具ですが、Previous、ネパールの「ゴールデン・テンプル(Golden Temple)正式名称ヒラニャ・ヴァルナ・マハヴィハール(Hiranya Varna Mahavihar)」に訪れた際も同じようにマニ車を回したことを思い出しました! 開けた境内の先を進むと見事な眺望を誇る「見晴台」へと続きます! 見下ろす長谷の街並みの先に由比ヶ浜を一望! 個人的には「見晴台」からの眺望より、Views from the Hill further view-long walking path is recommended because、Have any of your time、If you are confident in the legs、Right or wrong、「眺望散策路」までお進みください! 観音山に広がる「眺望散策路」は、As well as yuigahama、遠くに見渡す三浦半島や相模湾をも一望でき絶景です! わたし達が伺った時期はシャクナゲやシャガの花が散策路を彩っておりましたが、During the rainy season,、40Enjoy 2,500 stock type hydrangea color stunning "hydrangea size"、Here is "asaji is Temple" and for projecting the point referred to、その時期の訪問を楽しまれるのも良いでしょう! 高台からの眺望を楽しんだ後は階段を下り下境内まで戻ります! 下境内には、2007Pleasing your face was produced by order of the chief priest at shakujii sculpture workshop in "stone's world collection" has been established、Called jizo nagomi、その朗らかな笑みで多くの参拝者の記念撮影スポットとして愛されております! 同じく制作された「石んこ地蔵三人」は、3体が寄り添った30cm程の小さな小さなお地蔵様で「良縁地蔵」と称されています! 「良縁地蔵」は境内3箇所(観音堂への石畳参道途中、In the bamboo forests libraryof left、眺望散策路途中)に設置されており、3体全てに出逢えると良縁に恵まれると噂され今や目玉スポットとして大人気! 自然豊かな境内で華やぐ花々に癒やされながら過ごす見所満載の「長谷寺」は鎌倉でも有数のお勧めスポットとなります! 鎌倉長谷寺 所在地神奈川県鎌倉市長谷3-11-2 TEL:0467-22-6300 Lighthouse:夏時間3月~9月:8:00-17:00(閉山17:30 ) 冬時間10月~2月:8:00~ 16:30(閉山17:00) 拝観料:Adults: 400 Yen、小学生200円 駐車場有料駐車場有...

National treasure statues "kotokuin Temple, Kamakura great Buddha" Kamakura's only! Big Buddha statue celebrates the overwhelming power of the kotokuin Temple

Temple of the Jodo sect in the historic town of Kamakura hase "Kamakura great Buddha kotokuin Temple (Kamakura Daibutsu)(The official name:Large different bowler hospital clean fountain Temple) "on about、Only Kamakura national treasure statues see Buddha (official name:銅造阿弥陀如来坐像)」を拝観! 「高徳院」の山門は山号「大異山」を記す扁額が掲げられた「仁王門」の「仁王像(金剛力士像)」が守護神としての猛々しい御姿で出迎えてくださいます! 木造寄木造の仁王像は、2011Part of the dais and the head is damaged during the earthquake in eastern Japan、Repair work has started with Agata、2014Sometimes that just finished the repair work in the spring of the year、今や色鮮やかな御姿で安置されています! 門をくぐると左手に券売所があるので、Admission here.:Adults (junior high school students and older) 200 yen is paid、参拝券を頂きましょう! 券売所先の手舎水にて両手口を清め、When it comes、本尊へ! 真っ青に晴れ渡る空の下に鎮座する「鎌倉大仏(正式名称銅造阿弥陀如来坐像)」! 1252年から10年前後の歳月をかけて造立されたとみられる二代目の大仏様は「鎌倉大仏」または「長谷の大仏」の愛称で親しまれています! 見るもの全てを魅了するその大きさは、Including the pedestal h 13.35 m、11.312 metres the Buddha high.、仏体 weight is what! 121 t &、圧倒的な存在感を誇ります! 大仏前に置かれた大香炉の煙にて身を清め今一歩目前へ! 参拝者と眼を合わせ、Watch gently little eyes the cool mind eye、With a shapely nose nose、Tied to the gentle mouth、肩にも達する程の立派な福耳!見れば見るほど惚れ惚れとしてしまいます! 元々は金箔の大仏だったことから、When lit by the setting sun、頬の辺りがうっすらと金色に見えるのがお判りでしょうか? 手は阿弥陀仏の9種類ある印相の中でも最も格式が高い「上品上生印(じょうぼんじょうしょういん)」を結ばれております大仏様と同じ手の組み方で輪をつくり記念撮影を楽しみました! 「かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな」 と歌人である与謝野晶子が、That of Kamakura Daibutsu sang "you're beautiful" and is famous for its、その歌碑が大仏裏手にある「観月堂」の傍らに建てられています! その歌の通り、And look up at the image of the Buddha、Dignified MOC、初夏の暑さをも感じさせぬ清々しいお顔立ちはとてもハンサムに思えます! しかしながら、Buddha is Western pure land of the Buddha ', "Amitabha Buddha" for、歌に出てくる「釈迦牟尼」ではないそうです! 「吾妻鏡」によると1238年に木造の初代大仏が造られておりますが、1252Enshrined in the great Hall, built in the bronze statues of the current。However,、Due to repeated natural disasters it collapsed the daibutsuden、現在の露座の御姿になっております! かつては巨大な大仏殿に安置されていた大仏様ですが周囲を囲むように残された「礎石」によって当時の状況を伺い知ることができます! 背面へ回ると、And make the columns at the reception desk of the diverging、Pay the admission fee (elementary school students and over) 20、空洞化されている大仏胎内を拝観する貴重な体験ができます! やや猫背ともとれる大らかな背中に開放された窓は、Built upon a cast at that time to eliminate for and medium-sized、現在は胎内拝観をする際の明かり取りの役割を果たしています! 日本三大大仏の1つとして知られる「鎌倉大仏」は、And to compare its size and also Japan's three great Buddhas in Todai-ji Temple, Buddha NARA todaiji Temple Daibutsu Buddha only slightly beyond.、On this day、Sometimes too much and sunny、On this bright spring time、自然と一体化した大仏様の御姿は伸びやかな印象を受ける気がしました! 極楽浄土へ導いてくださる鎌倉の大仏様は、As a symbol of Ancient Kamakura、Under the blue sky again today、多くの参拝者を見守ってくださっています! 南無阿弥陀仏! 鎌倉大仏殿高徳院 所在地神奈川県鎌倉市長谷4丁目2番28号 TEL:0467-22-0703 Lighthouse:4January-9 January (8:00-17:30-、10January-March (8:00-17:00) 拝観料:Adults (junior high school students and older) 200 yen、小学生150円 大仏胎内の拝観料別料金1名当たり20円 駐車場周辺に有料駐車場有 https://www.kotoku-in.jp/...

All ages Kamakura "Kamakura kokinshu' Japanese and Western coexisting Maisonette suite

Will was born in the historic town of Kamakura "Kamakura Kokin (Kamakura Cocon).、1Day two will be sitting for a limited revival hotel! The accommodation for、101And only two rooms of ancient and modern Maisonette suite (88 m²) of the room, and warehouse Maisonette suites (82 square meters) of room 102、Subjected to renovation while taking advantage of both the historic Japanese style、違う角度からの日本庭園を愉しめる造りとなっております! 今回わたし達がお世話になった客室とは別のもう1つの101号室の「古今メゾネットスイート(88㎡)」を見学させて頂きました! 間取りは、Living room with kitchenette on the ground floor with Japanese and Western。 Micro bubble bath where you can enjoy 24-hour bathroom。 2Japanese-style rooms overlooking the garden on the floor feeling of openness。 Twin bed room the promise sound sleep、1Next to f/2 F toilet (2 locations)、設備等も102号室同様に細やかな配慮がなされ用意されています! 客室はどちらも4名様までの滞在が可能となり、1階と2階で異なる雰囲気を楽しめる造りで家族旅行としても利用可能! 101号室は特に2階窓からの景観が素晴らしく大正ガラスに揺らめく木々の和らぎを感じながら静かに過ごす時間がお勧めです! チェックアウトを済まし支配人の松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)さんと一緒に記念撮影!お世話になりました! 松宮さんは既に新たなプロジェクトに動かれており、Unbelievably interesting prospects、また楽しみが増えてしまった次第です! 「鎌倉古今」をはじめ「株式会社くらつぐ」は、Also celebrated a new era to Reiwa from March this year.、大忙しで大活躍されることでしょう! 「鎌倉古今」での滞在のひとときは、And release both physical and mental、Mind as a place to settle down、まるで別荘に足を運んだかのようにとても安らぐ時を過ごすことができました! 皆様も是非足を運んでみてください! 鎌倉古今(Kamakura Cocon) 住所神奈川県鎌倉市二階堂836 TEL:0467-81-4435(Phone hours:9:00To 18:00) https://www.kamakura-cocon.jp/...

Scroll to top