[beige beige] Born in November Scorpio B type is gathered! Surprise Birthday Party!

After participating in jazz live, I walked around the city.、To the hidden wine and dining "Beige" of the town of Rishaku! In the store on this day、11A surprise birthday party born in May is held.、11I was born in May, too, and I jumped in and participated! Motoji Yamauchi, owner-chef who is also focusing on the operation of Pass Relle, a newly opened cafe and restaurant in Sanarudai (Yamauchi Motoji)There is also a human virtue of、The shop is always bustling with nature and unique ments.、Enjoy a pleasant time surrounded by delicious wineand food! Masami Ohara full of teasing (Masami Kato)A birthday song to celebrate the birth in November in the production that wakes up a laugh of Mr.! Born in November, scorpio、All of them [B type] is only a bowl - (laugh) Beige (beige) 313-5 1F TEL:053-457-0188 Hours of operation:17:00-24:00...

Finish at the wine bar to grow up in the color "Beige" guest of the Cup!

「割烹弁いち」にて食事会を終えた後は、Went to 連尺 town relishes city streets of Hamamatsu City and one went on the West side of hideaway wining & dining Beige (Beige)、Finish the Cup! Yamauchi based, owner-chef (Yamauchi Motoji)The opened 11 / 24 last year-Kun "Beige (Beige).、"From the off-white color is beige、皆のカラーに染められながら愛される店になれば良い」と言う想いを込めた優しい人柄の基司らしい店名となります! 常連さんが次から次へと入れ替わり、The sound was lively laughter、温かな気が流れる店内オーナーの基司の人柄が大好きな人たちが集う「Beige(ベージュ)」は常連さんの個性豊かなカラーに染まっております♪ この日は希少な日本酒を存分に楽しんだため余韻を楽しみながら口中シュワッとさっぱり〆ようと思います。 In Hamamatsu、食前酒または食後酒にピッタリのビールがあります! 人と畑と料理をつなげることをモットーに働きかける浜松の農園「農+(ノーティス)」の今津 亮 (Ryo Imazu)-Kun、数多くのご当地ビールをOEM製造も担う「新潟麦酒」と共同開発した野菜ビール「農+ビール」の「ブロッコリーとホップ」! 野菜とビールの組み合わせってどんな感じ?と首を傾げながらスタッフの加藤 雅美さんによって注がれるビールを眺めていると香りは甘く色はビールそのもの! 一口味わえば野菜ジュースのような爽やかでフレッシュな香りと甘味が広がりただ甘いだけでなくビール特有の爽快感と程好い苦味の中にブロッコリーの味も感じられて後味はスッキリとしているため夏に軽く一杯!という時にピッタリのビールです! このビールの開発に当たって以前今津くんにお話を聞かせていただいたことがありました「今から10年程前にアメリカのがん研究所がブロッコリーに抗がん作用をもつ成分が多く含まれていることを発表したことを機に抗がん作用を持つ食材の科学的な検証に基づいてがんに対する有効性が実証された初の野菜としてブロッコリーに注目! 栄養価の高い「ブロッコリーの葉」を用いて何とか美味しく食べられないかと思考錯誤し開発に至った」と野菜について語り始めると少年のように目をキラキラとさせながら仏のような穏やかな表情で静かに語る今津くんそんな今津くん率いる「農+(ノーティス)」が開発した野菜ビールはブロッコリーの他にもう1つ「トマトと麦」も開発し、2種の野菜ビールを生み出しています! 「トマトと麦」に使われるトマトの品種はかつて愛知県を中心に栽培されていた「ファーストトマト」を用いており栄養価が高く甘味と酸味のバランスが優れているこのトマトは昔懐かしさを思い出させるトマトとのことそのトマトから完成したビール「トマトと麦」は「ブロッコリーとホップ」と同じくしてフレッシュ感溢れより爽やかでフルーティーな味わいが女子にも大人気だそうです♪ 今秋には今津くんが運営されるレストランをオープン予定となっており、At your place、農園で育てた野菜の創作料理と共にこの「農+ビール」も味わうことができるようです! オープンまでを楽しみに心待ちしたいと思います!今津くん頑張ってくださいね! さて「Beige(ベージュ)」では、It is possible to enjoy the meal and as primary and、Respond to requests for a drink in a secondary or tertiary lightly squeeze、ふらっと気軽に立ち寄れるワイン&ダイニングとなりますいつも爽やかな笑顔で出迎えてくれる基司の優しさが詰まった居心地の良いお店となります♪...

To grow up in the color "Beige" guest wine & dining at the after-party!

シャンパーニュ・パーティを楽しんだ後は協賛の「マセラティ 浜松」の抽選会にて「マセラティ送迎権」が当選した竹原 興紀 (Okinori Takehara)さんと石津 利昭 (Toshiaki Ishizu)さんと一緒にLevanteとGhibliにて浜松街中の肴町通りを一本西側に入ったところの連尺町の隠れ家的なワイン&ダイニング「Beige(ベージュ)」へ送っていただき二次会へ! オーナーシェフの山内 基司 (Yamauchi Motoji), Last year opened 11 / 24 "Beige (Beige).、"From the off-white color is beige、皆のカラーに染められながら愛される店になれば良い」と言う想いを込めた優しい人柄の基司らしい店名となります! 常連さんが次から次へと入れ替わり、The sound was lively laughter、温かな気が流れる店内気が付けばシャンパーニュ・パーティから流れて来られた友人たちで溢れ返っておりました! オーナーの基司の人柄が大好きな人たちが集う「Beige(ベージュ)」は常連さんの個性豊かなカラーに染まっております♪ シャンパーニュを思う存分に浴びた後ということもあり既にほろ酔い状態で気分は上々でしたがこちらでも「Louis Roederer Champagne Brut Premier N.V AOC Champagne」を開栓し皆で乾杯! お次の赤ワインは赤い果実の香りと豊かなボディで楽しませてくれる「Domaine Simon Bize et Fils Savigny-les-Beaune 1er Cru Aux Vergelesses」を堪能! シャンパーニュ尽くしとなった1日の〆は何故かビールに戻り馴染み深い爽快感を楽しむ40代の親父癖が出てしまう面々(笑) 美味しいお酒と共に仕事に関するライトな話題からプライベートなディープな話題まで充実の楽しいひとときを過ごさせていただきました! 「Beige(ベージュ)」では、It is possible to enjoy the meal and as primary and、Respond to requests for a drink in a secondary or tertiary lightly squeeze、ふらっと気軽に立ち寄れるワイン&ダイニングとなります♪...

To grow and dyed in the color "beige" each wine & dining

As the retreat Bar in 連尺 town of Hamamatsu relishes city streets and one went to the West、Waimate, Ryo Shimizu of the bartenders ' Bar DaMonde(Verda Monde)」の階下にあるダイニングバー「Beige(ベージュ)」へ流れ込み三次会へ! オーナーシェフの山内 基司 (Yamauchi Motoji), Last year opened 11 / 24 "Beige (Beige).、"From the off-white color is beige、皆のカラーに染められながら愛される店になれば良い」と言う想いを込めた優しい人柄の基司らしい店名となります! 基司はこのお店で米寿(88歳)まで張り切って頑張るそうです! こちらは元イタリアンレストランであった「フェリーチェ」跡地をリニューアルされており、Repainted to beige color for your shop wall、内外共にカフェのような居心地の良さを感じることができるお店になります! 常連さんが次から次へと入れ替わり、The sound was lively laughter、As you enter the store to be sucked into the soothing warm care、For members that meet at a BBQ Party joined the other day was happily drinking、相席で仲間に入れていただくことにしました! 三次会ということもあり既にほろ酔い状態で気分は上々! スパークリングワインから赤ワインと楽しませていただきながら、Dream a lot young people in their 30s and talk through the night、Showed a surge in ♪ you、ありがとう♪ Beigeでは、It is possible to enjoy the meal and as primary and、Respond to requests for a drink in a secondary or tertiary lightly squeeze、ふらっと気軽に立ち寄れるワイン&ダイニングとなります♪...

"Enoteca manifatura" Casual standing style wine bar in Atami

熱海駅前にある「仲見世商店街」の商店街を抜けてバス通りに出て左折すると見えてくる 駅より徒歩圏内の「ENOTECA MANIFATTURA エノテカ マニファトゥーラ」建物の老朽化で閉めてしまった熱海の名店「ビストロ ア・ラ・プラージュ」のソムリエを務められていた 萩原健二(Kenji Hagiwara)さんが御一人で営まれており気軽に立ち寄れるスタンディングスタイルのワインバーとなります♪ 店内に入るといきなり立ちはだかる大きなワイン樽の数々! 噂にはお聞きしていたものの、Wine barrel table、 And unique drummers in Atami is a place off the beaten path、 萩原さんがセレクトする美味しいワインとほっこりと心が温まるような手づくりの酒の肴がいただけます! 小さなカウンター席には2~3名が座れる椅子が用意されておりますが、 Base became the style of the Standing、 4Only in the barrel table、10Would you put on very high population density compact size shops。 Many regulars、オーナーソムリエの萩原さんとの会話を楽しみに来られる方も多いです! こちらも熱海温泉旅館「熱海ふふ」の前支配人であり現在は富山の「リバーリトリート雅樂倶」の総支配人を務められる 松宮大輔(Daisuke Matsumiya)さんにご紹介いただき、So I have been so、食事の後にお邪魔しました♪ お勧めのグラスワインのメニューがスパークリング、White、Red and are listed on the black Board。 もちろんボトルでのオーダーも可能です♪ オーナーソムリエの萩原さんは、Young or younger when crossing to France、And learn wine、 2011By the summer of the year、同じ熱海の有名なフレンチレストラン「ビストロ ア・ラ・プラージュ」でソムリエを務められておりました。 However,、The restaurant is dilapidated buildings that will was closed in the wake。 After that、Looking for land to open own shops、2012 year、Atami Station are situated just a short distance near here decided to open。 以前は「カステラ工場」だった跡地をセルフビルドでリノベーションされています。 Shop name、イタリア語で「ENOTECA エノーテカ」は、 And indicates the wine center of Italy restaurant or wine bar、 「MANIFATTURA マニファトゥーラ」は「工房」を意味します。 Little、人見知りの気がある萩原さんですが、 On this day、初めてお会いしたとは思えぬ程に楽しい時間が過ぎて行きます♪ 「LA ROSCA CAVA BRUT ラ・ロスカ カヴァ ブリュット」800円 スペイン カタルーニャ ペネデス近郊の畑で収穫される伝統品種マカベオ、Charlot、Well balanced blend and Parellada、 By secondary fermentation in the bottle at least 9 months of aging ago release。 Rich lather、Aromas of fresh fruit reminiscent of Green apples、 爽やかな味わいが楽しめるカヴァです♪ 「ASTRUC MAL MAS ドメーヌ・アストラック ディー・エー カベルネ・ソーヴィニヨン 2014」800円 フランス ラングドック 1802年以降、Domaine Astruc、Of Fame at the quality of the wine、 Limoux district-South France-Languedoc、Located in the foothills of the Pyrenees、...

Salon du sommelier than Kakegawa to relocation of 40 years veteran sommelier!

ワインに関わり続けて40年というベテランソムリエが運営する京都のワインバー 「サロンデュソムリエ SALON DU SOMMELIER」オーナーソムリエである岩本厚さんは、 Previous、静岡の掛川駅前にて長年営んできた「サロンデュソムリエ」を 海外で活躍していた外国人ソムリエに譲り渡し、 67Years old now、「人生の最後は京都で」と心に決め、She moved to Kyoto alone、 2015年4月14日に移転オープンされています六角麩屋町角の「三木半旅館」の道を挟み西側にあるドルチェヴィータ京都六角ビルの地下1階にあります♪ 店内は、Dark red base、 A casual table and sofa seats、And provides 40 seats in a private room。 The restaurant at the back、岩本さんが15年の歳月を掛けて取り揃えた珠玉のワインコレクションが並び、 The number of what、およそ200種類で2,000本にも及びます! そのワイン毎に最高の飲み頃で提供してくださりいずれもワインに良く合う厳選メニューの料理も楽しめます♪ オーナーソムリエ・岩本厚さん 1949年に静岡県袋井市に生まれ「ヤマハリゾートつま恋」にてソムリエとしての修業を積み、50At the age。 静岡県掛川市駅前で「サロン デュ ソムリエ」を立ち上げ、Cuisine with a wine full of originality。 長年営んできた「サロンデュソムリエ」を海外で活躍していた外国人ソムリエに譲り渡し、 67Years old now、「人生の最後は京都で」と心に決め、She moved to Kyoto alone、 2015年4月14日に「サロンデュソムリエ SALON DU SOMMELIER」を移転オープンさせ現在に至る。 And meet here through wine、 Many years of knowledge and experience、So you can know how many wines of true attracted to win life's offer、 人生を思う存分謳歌するために今日も孤軍奮闘される岩本さんあなたのライフスタイルの潤いに是非ご利用ください♪ サロンデュソムリエ SALON DU SOMMELIER 京都府京都市中京区大黒町90 ドルチェヴィータ京都六角B1F お問い合わせ専用TEL:075-744-6812 Reservation number:050-5571-9519 Hours of operation:17:00翌-2:00 Closed on Mondays:Tuesday's http://www.salon-du-s.com/...

"Syngenta, UNO 51" wine bar wine quality laminated dishes

Aramachi, Toyama City、市電の荒町電停から歩いてすぐの駐車場ビルの中2階に ワインボトルがガラス一面にディスプレイされ煌々と青光りするワインバー「51 シンクエンタ・ウノ」さん。 Became quite well-known among wine Shoppe、 Because it is open till late、Brethren chef and sommelier are frequently used。 An assortment of wine is of course、Or is adept at cooking game、 Use the home vegetable garden vegetables such as、このお店独自のこだわりが多く見られます♪ コの字型のカウンターバーのみのシンプルな造り。 Moody atmosphere、Dramatically increasing the customer base ages、The plunge into the world of adult evening。 「浅野プレゼンツ!クイックで回る熱き富山Night!」の4軒目はこちらのシンクエンタ・ウノさん♪ 富山のフレンチ「リモージュ」さんやニューヨークで修行されてきたオーナーシェフの佐藤宏一さん。 Dealing with a wide range of clientele in the smart earned a fan、Of prominence as a popular restaurant、 オーナー佐藤さんのお人柄の賜物でしょう♪ 「スーヴェラン 2012 / Chardonnay SOUVERIN / CHARDONNAY」 ソノマ、Over more than 60 years in the Alexander Valley、Outstanding quality wine on the venerable producer。 Even after becoming a subsidiary of fosters wine estate group、 At a reasonable price、Sent out to balance the wine。 Each wine with a characteristic sour taste、Equipped with a reasonable degree、 Citrus and Apple fruit、The flavor of toasted oak edge、The creamy、 75% Barrel fermented、Rich oak flavor and give the rich、フィニッシュはフレッシュで爽快感に富んでいます♪ ワインクーラーが恐竜の卵のような巨大なストーンでできており、And with considerable weight is Heavy。 Superior cold insulation、いつでも快適な温度でワインが楽しめる優れ物です♪ 「野菜のエチュベ」900円 シェフの佐藤さんが、Previous、東京三田にある「コート・ドール」のスペシャリテで食べた時に 「何!何!?この野菜の美味しいの?」となり、 Trial and trial、Hard work approaches its flavor dish。 Vegetables、Use your garden、Good freshness、There's sweetness and flavor、 While nicely crispy crunchy leave、Firmly and oozing crossed also taste、とても美味しエチュベです♪ 「ブーダンノワールのテリーヌ」850円 豚の網脂を溶かしてそこに玉ねぎのみじん切りを加えカトルエピス、 To add parsley and the fit with whipped cream、Continue stirring and pig's blood mix、 Last to warm baked in a terrine with type、冷蔵庫で丸1日寝かす「ブーダン・ノワール」。 Moist and smooth texture.、Its rich flavor、Must be accompanied by baguettes and crackers。 Perhaps、So aloud how food is generally tasty signs、 The next time、しっかりとこちらで食事も楽しんでみたいものです! 佐藤さんありがとうございました♪ シンクエンタ・ウノ 51 Toyama Prefecture Toyama aramachi 5-4 Terashima Bldg 2F TEL:076-491-4051 Hours of operation:19:00-3:00Closed on Mondays:月曜日 http://blog.goo.ne.jp/cinquentauno51...

Pre-opening third store filled with momentum in the newly opened "Barrick" Nagoya young owner

In Nagoya, here and opened a restaurant in quick succession during the years、 Known to everyone through Nagoya's gourmet、飲食店業界を盛り上げている 若手オーナー山口太郎さんの記念すべき3店舗目となる「Barrique バリック」さんが 東区泉に2015年6月2日にオープンされるということで、 On the eve of opening we intrude into the pre-opening of this。 オーナーの太郎さんの運営する「株式会社Miprovini」では、 2012年10月2日にオープンされた高岳のイタリアン「VINI DEL BOTTEGON ボッテゴン」と 夜の23時からオープンするというシャンパンバー「名古屋CHAMPAGNE俱楽部」を運営されています。 And the third store in this open and becomes、 Owner does not know to stay like the face to understand I want to see a talented swing。 It's a weeknight near midnight、 Pre-open may、多くのファンがお祝いに駆け付け賑わいを見せています♪ 店内は、An building in depth with a high ceiling.、Filled with a sense of openness。 Unleash the brightness of natural wood to simple taste、 In a casual dining atmosphere、I feel the ease of care。 In the back、Around the kitchen counter seating also available、Alone in Mendenhall, feel free to。 店名の「Barrique バリック」とは、That the wine aging barrels。 By Barrick refers to the oak of the barrel with a name、 I'm sure、Many other wine shop in vent Plug and、楽しまれることでしょう♪ お祝いの駆け付けにシャンパーニュをマグナムボトルでいただきます! オーナーの太郎さんの以前の職場はミッドランドスクエアの「ENOTECA PINCHIORRI NAGOYA」さん。 At your place、After the experience of being independent、 The charming Fannie face、Per frank and friendly manner、 And ran inside to beans than anyone else on the staff、Really run around with a smile、 Our people makes us feel the pleasure of hospitality and cozy。 "Taro-CHAN、I came! 」、"Taro-CHAN、おめでとー!」 と声を掛けられる毎に喜びを露わに全身全霊の振る舞いをされる太郎さん多くのファンが太郎さんを慕う理由がここにあるのだと思います♪ 「ピエール・ルグラ・シャンパーニュ・グラン・クリュ(マグナムボトル)」 フランス シャンパーニュ 1662年に生まれたピエール・ルグラ氏が、Sigh and start activities as grape growers、 350Over the years of generation、Continues the family cabinet-making until today。 シュイイのグラン・クリュ100%の超希少シャンパーニュ! 栽培は厳格なリュット・レゾネを貫いており「ブドウを完熟させてから収穫すること」にこだわっています。 Fine lather、The ripe fruit is rich flavor and aroma to emit、クリーミーさを楽しめます♪ 女性陣のグラスが空きそうになると、Nice gentleman can be a smart serve。 Nagoya、本当にレディーファーストができるイタリアンジェントルマンが多いです(笑) ハムのサラダ仕立て カルパッチョ3点盛り 汁無し坦々麺 気付けば新しいメンバーが次々と。 Nagoya gourmets will appreciate、Very broad horizontal ties、皆さん仲良しです♪ 「バタール モンラッシェ / ラモネ(マグナムボトル)」フランス...

A fun conversation and wine bar "Kokubo" shopkeeper coherent while the wine pleasures and including

名古屋のオレンジタウンビルの2階にあるワインバー「小久保 KOKUBO」さん。 Went up the stairs and left back shop。 タクシーで出向かれる方は「オレンジタウンへ」と伝えればOKです。 Is the mailebyuart our log eating better transported to、For the ratings high so I had become、 「LA VAGABONDE ラ・ヴァガボンド」さんの後の夜の〆に足を運びます♪ フランスのボルドー地区のミシュラン3つ星レストラン「ジョルジュ・ブラン Hotel Restaurant Georges Blanc Vonnas」にて ソムリエの経験を持ち、Importer、ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラのアドバイザーとして活躍してこられた ソムリエの小久保祐介氏が6年程前にオープンされたお店です♪ 店内は、L-shaped counter seating only and are small、店主の小久保さんとの会話を愉しみながらセレクトされたよりすぐりのワインや美味しい料理をいただくワインバーとなっています♪ ワインは、Budget to tell them in advance、Wine it will offer at reasonable prices and can。 Also、On board the wines by the glass on top、For each three presented with champagne, red or white、 Would you order from there。 Match wine to food and variety、This menu is written on the Board。 While cheese is、小久保さんが買い付けたものを独自に熟成させているそうで、 Could you please provide the cheese fits your individual taste if you like and if you tell。 This day is already stomach full for、ワインをそれぞれにオーダーしました♪ 「ピエールモンキュイ」フランス シャンパーニュ 1,700円 コート・デ・ブラン地区最上の長熟のシャルドネ100%のシャンパーニュ爽やかで喉越し良くフルーティな味わいを楽しめます♪ 「サン・トーバン・1er 2012」フランス ブルゴーニュ 2,000円 古くからピュリニーに本拠地を置くドメーヌ・ジャン・シャルトロン。 Formal permission village to village of Puligny-Montrachet and Puligny village headman was the founder。 Dense overflow、Is strength.、フレッシュな果実味と程良い樽香がうまく溶け合い バランスの良いエレガントな余韻の長いワインです♪ 当時小久保さんが3つ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」にて働かれていた際の貴重なワインリストを見せてくださいました錚々たるラインナップに興味津々です♪ 「クロマルガレーヌ 2008 シャトー・マロジャリア」フランス ボルドー 2,000円 サンテミリオンヴァランドローが手掛けるメドック初のガレージワインと話題を振りまいた マルゴーのマロジャリアのセカンドラベル。 And use a younger age plants grapes、18Aged in new barrels of French oak month month。 Thick, lustrous dark red、In the rich flavor of black fruits and coffee、Dense and sweet and soft。 In a soft manner of saying、Hey, dry、まるで生き字引のようにウィットに富んだ小久保さんとの会話はとても愉しく、 Lightly going to Cup、I will end up with Nagai。 The next time、小久保さんの料理も味わってみたいものですね♪ 小久保 愛知県名古屋市東区泉1丁目17-3...

Day's recommended wine "Levant" at the launch meeting Parties

Like a fine wine while having a relaxing time... to reminds me of、浜松は肴町にあるミュゼ肴町ビル2Fにありますワインバー「Le Vin ル・ヴァン」さん。Unique wine bar、Enjoy countless of numerous wine and cheese matching、Would be suitable for adults who plays like a retreat for quiet time to place。Shop、10By using high-quality Walnut 腰掛kereru name as long as big counters、Relax on the sofa table is one.。Comfy chair、This fully self contained lower back、壁に飾られたフランスの画家アンリ・マリー・レイモン・ド・トゥルーズ=ロートレックの画が目を惹きます。To the bar counter、天然の石版が埋め込まれフロアー全体を落ち着いた空間へと誘います♪ 氷箱里さんでお腹を満たした後に伺ったルヴァンさん。On this day、In holiday chef, had been operating in owner sommelier Katsuya Terada's solo。The latest time on Sunday、比較的静かなようです♪ 「Farr Rising Sagnee ファー・ライジング・セニエ 2013」オーストラリア ロゼ ル・ヴァンさんには、There is a day's recommended wines。Is also giving preference, you put out a good、Would be nice to leave it to Mr. Terada。Recommend this day、オーストラリアのファー ・ライジングのロゼ若き生産者ニック・ファーのキャリアは、By Gary Farr on the great father、Chance's passion for food and wine。Childhood、And weeding in the Family Vineyard, spend、From graduated from universities、Work in the laboratory of the Rosemount estate.、The American Christ m and Au Bon Climat in vintage、And training the vintage meter four years spent at the Domaine Dujac in Burgundy with a series of family friend。Nick reflects the color of the individual vineyard wine、Characterized by extremely delicate and complex。Nick with a style different from his father's wines wines、In its individuality, each is receiving high praise。Beautiful salmon pink in red and has a smell of Acerola cherries。I don't think Rosé palate feels strongly、愛らしい旨味が溢れるワインです♪ 自然体の寺田さんをパチリ。The recent、Are struggling (lol) so it seem slim to take at any angle,、The appetizer of the day、It was a "home-made rice crackers" made by Mr. Le Van! A (surprisingly) wearing a truffle-scented luxury okaki、It is finely cut the rice cakes, dried, fried。I forgot to photograph is delicious! Terada、美味しいワインをご馳走様でした♪ Wine Bar Le Vin ワインバー ルヴァン 浜松市中区肴町318-26 ミュゼ肴町ビル2F TEL:053-413-1450 Hours of operation:18:00~ 26:00 Closed on Mondays:月曜日 http://www.le-vin.jp/...

Wine Bar Park at "Antimite" view Yotsuike model room complete launch after-party

Enter sakana-Cho Street from these city 30 meters on the left、新駒ビルの2Fにあるワインバー「Intimite アンティミテ」さん。Taste delicious wines we selected owner field, Takenaka-Kun、2Not to mention on how to settle down a bit in the second, you want to drink、2012年5月より新しいシェフの谷野くんを新たに迎えられたことで、Meals that are offered。At the same time opening hours 18:00-the open and as soon as possible、It is recommended travelers would wine while enjoying a meal。2013年11月には同ビルの1階に「おばんざいや一了」さんという日替わりのおばんざいがカウンターに並ぶ大人の雰囲気のダイニングバーもオープンされアンティミテさん共に人気のあるお店で賑わっているビルです♪ 店内はカウンター席5席。1-In small groups of 3 persons、やはり龍くんとの会話も楽しみながらカウンター席でのんびりとしたひとときを味わうのが良いでしょう♪ 2012年のプチリニューアル後には、In the atmosphere, such as giving the curtain divider is at a table in the back is。Table 4 × 3 seats 12 seats.、Because the side walls are sofa seats、Small number of adjustments is possible。However,、The number of seats is limited, so、予め予約をされてから足を運ぶことをお勧めします。Now、Leeさんで食事をし赤ワインまで飲み干しましたがこちらでは軽めに白ワインで〆ることになりました♪ オーナーの龍くんにお勧めのワインをセレクトしていただきます♪ 「サンセール テール・ドゥ・マンブレイ」フランス ロワール 白 レ・メイユール・ヴァン・ド・フランスでサンセールの次世代を担う造り手と評価されているルヴェルディ家マンブレイ村の周囲の斜面に現在14haの畑を所有し畑は40以上の区画に細分化しており樹齢は15~70年に及んでいます土壌はキメリジャン土壌の石灰粘土質驚くほどの貝殻化石(ジュラ紀)が転がっていますドメーヌはパスカル(兄)パスカルの妻ナタリーと故ニコラ(弟)の妻ソフィーで運営を行っています。Grape varieties:ソーヴィニヨン・ブラン100%サンセールの風土をそのまま表現したようなミネラル感に富み果実味と心地よい酸味が印象的なワインです♪ お通し「生ハムのリエット」 生ハムの塩気がワインに良く合い最適なおつまみです♪ 普段は物静かで寡黙なタイプですが語り出すとヒートアップし続けて止まらない長谷氏。And、そんな彼に尊敬の念を絶やさず長谷教に入信してしまった榊原くんとの楽しい未来の語り部は夜な夜な延々と続くのでありました大輔くん先に帰って正解だったのかも!?(笑)龍くんまたお邪魔します♪ Intimite アンティミテ 浜松市中区肴町312-8 新駒ビル2F TEL:053-454-7081 Hours of operation 18:00-25:00 Closed on Mondays:日曜日 http://intimite.hamazo.tv/...

Wine dining hideaway "La cachette ' in Yamauchi, Kiyoshi painting unveiling at level 2

Distal iron trains North to Hamamatsu City、通称「赤電」の第一通り駅を降りてすぐのワイン食堂「La Cachette ラ キャシェット」さん。Mark's Lair wines an impressive dining room large wine barrels placed in front of the shop and a wine bottle。2012年9月にオープンされてからというもの美味しい料理とワインで口コミが口コミを呼び、Popular shops。オーナーソムリエの森下桂司くんは、34Old and young, proposing delicious wine selection in tongue myself with knowledge gained while in the wine shop always more than 100、It offers dishes suitable for wine。店名の「La Cachette ラ キャシェット」とはフランス語で隠れ家や秘密基地宝箱を意味するそうですワクワクするような素敵な店名♪ 店内は1階と2階があり、1On the floor counter 4 seats、Table 8 seats。Go up the spiral stairs and upstairs、16And name as table seats、Is space available in the Charter as an event venue wine seminars, etc.。Here is、Morishita and mother of two has been Palazzo、Shop filled with a sense of intimacy。2Floor seats、Originally due to floor space、The stairs still lingers、In a retreat atmosphere, such as visits to a secret room somewhere、Wonder and serenity in a space with a good。Here is、There was formerly a tailor、Antique shelves were being used at the time as passed on to me like、Has a nice kitchen cabinets, now lined with wine。2For floor seats are very popular.、And specify the seating upstairs at time of booking in advance is so good!。On this day、友人の今井憲彦さんにお誘いを受けてパフォーマンスアーティストである山内清司くんから譲り受けた画のお披露目会と共に、Passing ceremony will be held, as the first exhibition in the cachette's cooperation with regard to。And voice revisitation Imai's friends、Wait for a while、お先に始めさせていただきます♪ 「クレマン デュ ジュラ / ステファン ティソ」 フランス ジュラ 葡萄品種:Chardonnay species 55、Pinot Noir type 45%。Have been drinking much too、飽きる事のないティソのワインは「この、Cuvée Pinot Noir and Chardonnay that mainly is、Speaking in terms of price、世界最高の発砲ワインの一つ」と、Parker Jr. "、With a strong personality in the Jura region。Apple and grapefruit、Full of PEAR fruit、泡立ちは細かくとても豊かな味わいです♪ MIXナッツ オリーブ 浜名湖産タコとアボカドのサラダ 「自家製パンの盛り合わせ」 地元三方原産じゃがいもを練り込み焼き上げたもっちり食感のパンのじゃがいもとローズマリーのフォカッチャをはじめ、Appetizer Bread Italy Commere、And so on a plain baguette、その日お勧めのパンを盛り合わせてくれます♪ 2013年10月28日に駅南のサーラシティ浜松向かいにオープンされた「BIO・あつみ エピスリー浜松」の代表取締役である渡会一仁さんとエッセンシャルオイルアドバイザーの岡部優佳さんを今井さんよりご紹介いただきました。That was very interested in Atsumi's BIO may previously visited、Thanks to watarai, kachi。And、And Mr. Imai Yuka's buddies are a very nice thing in、Is your very good friends from、And is immediately without having to、とても楽しい会となりました♪ 有機ごぼうのサラダ 粒マスタード和え 有機空芯菜の炒め物 ラタトゥイユ 渡会さんがお店に有機栽培の牛蒡と空芯菜を持ち込まれ、Here it is (laughs) and cooked in hell Buri、Please note that seems to be something on the menu。Utilizing the texture and flavor of soil organic burdock salad、マスタードの酸味がとても相性良かったです!空芯菜もペペロンチーノとして辛味とニンニクを効かせて洋風にアレンジされていました♪ 「リボッラ・ジャッラ / ダリオ・プリンチッチ」 イタリア フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア 自然派ワインの名士ダリオ・プリンチッチのリボッラ ジャッラは、In autochthonous varieties of Friuli、Dario, the producers, have the most important grapes.。Compared to other breeds、And a little late harvest season (September to November)、Period of maceration times, (two weeks or more) by color is darker than other wine、Long aftertaste、Great workmanship that can withstand the long curing process。Brown and white beauty、Ripe Apple and peach、Caramel、I feel slightly oriental elements such as spice。Chill feel than the cold temperature in a suitable climate to more delicious、旨味溢れるワインです♪ 主賓の山内清司くんの登場で、Bloom flower artist and his future prospects talk。That's amid Seiji-Kun is now headed to New York in October piece writing keeps quite busy in.、清司くんの大ファンである今井さんのために駆け付けてくれました♪ 清司くんから今井さんに譲渡された画は、Future will be displayed cachette's 2 floor seats for a while because、Everyone a nice glass of wine in one hand familiar paintings、浜松出身のアーティスト山内清司を応援してくださいね♪ 「クナワラ カベルネソービニヨン / ウィンズ」 オーストラリア クナワラでの最大、Wine produced in the vineyards of the oldest。A masterpiece of Australia Cabernet can be said for this wine.、Got a fully integrated tannins and firm structure、Is the core you can feel the taste of the land of strong wine。According to Kiyoshi's favorite deep taste can change over time and a rich fruity taste、Experience in Australia and from Japan、オーストラリアワインへの愛情深い清司くんへ今井さんからの贈り物ワインとなります♪ 三ヶ日あかぶたのソテー ジンジャーソース 土佐あかうしのグリル チーズ盛り合わせ 「サンジョヴェーゼ・イン・プレッツァ 2009 / ラ・チェレータ」 イタリア トスカーナ トスカーナの自然派ワイナリーラ・チェレータの個性派ワイン。In the rich and beautiful Sangiovese 100%、Limited Edition cuvee etiquette here is writing flowers painting on one bottle that will be。Owner Madam peach blossom motif writing directly to、The same etiquette is not! But there are various wine etiquette、より生産者の想いや情熱を感じ取ることができる大切なものですね♪ 「ブラマンジェ バラのスープ仕立て」 楽しい宴の〆のデザートは、From Imai and the ladies、Keep in mind the dish! Surrounded by an elegant rose scent、Mouth is smooth and melt, melts in your mouth texture Manger。Just、Had a promises turn out coverage by and to this day at BIO Atsumi's interesting training! Mr. Imai、Great help thank you rim! Morishita-Kun、また伺いますね♪ La...

Scroll to top