"aru" here with unique delicate French wines unique Japan

Since 12/27/2017 opened in the city of Toyohashi, Aichi prefecture building 2nd floor、As early as distinguished oneself、To the popular restaurant East Mikawa region France restaurant will grow "Aru(Al) "to!

Place and and within walking distance 5 minutes ' walk from JR Toyohashi station、Under the soft light of olive trees and a bare light bulb hung a simple brass sign is on、This day was greeted Mimosa and Thistle!

At the end of the leisurely approach、Smoky blue color theme of this restaurant and wooden doors are gently greets!

Interior design、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe The Hague design + Hague Cafe "and incorporate hand hung to the chef's commitment、Exudes a cosy soft air to flow into the simplicity of space。Kitchen suggests that the appearance of the floor are arranged on the right、With 14 seats to 18 seats seats available!

 

 

Here is、Fundamentals of cuisine Bistro in Osaka "Avolonte(& # 8217s; Avolonte) "of theYuji KawadaLearning from the chef、In addition、Paris three-star "astrance (l & # 8217s; Astrance) "In the popular restaurant won in Germany being the shortest one Michelin star after"Sola"ofYoshitake Hiroki (Yoshitake Hiroki)And the chef、Also "astrance (Astrance)" from one Michelin star and consisting of Sendai "Nagle(nacrée) "of Ogata Minoru chef from the material of many learned and、Osaka "Restranethernite(Eternite) "service, and was loaded with experience as a SommelierSuzuki Takuya (Takumi Suzuki)Chef is a 32-year-old youth、Sommelier wifeSuzuki Aya (Aya Suzuki)With an independent three-legged race shop!

 

20I wanted to out the atmosphere of the restaurant you like found in the apprenticeship in Paris in the late、Suzuki chef talk round table using the old material was item 外せない。Think that chef is granted the、Shitara-Cho, Aichi factory "Wood and leather aoyama"The craftsmanAoyama, (Kazushi Aoyama)And I'm of the handicraft、敢えて古材を繋ぎ合わせ造り上げた味のある円卓には「肩肘張らずに食事を楽しんでいただきたい」というシェフの温かい想いが詰まっており気取らずに会話を弾ませながら心から食の楽しさを知ることができるのです!

こちらではランチディナー共におまかせとなりランチで6皿前後の3,400円と8皿前後の6,800円となりディナーで8皿前後の6,800円と10皿前後の8,800円とそれぞれに2つずつのコースを用意されておりシェフ自らの目で信頼を置く生産者たちの顔が見える食材を活かして此処でしか味わえない東三河ならではの料理を提供されています!

The other day、我が家で開催している陶芸展に遥々足を運んでくれた御2人その時に「実際に器を使ってみたいです!」と嬉しいお言葉を頂き、On this daylade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』として企画第一弾で登場した陶芸家の「Wing Yue release (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Who participated in the planning part 2Shimoo, Kazuhiko (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)Is it writer's unit "Shimoo Design"The symbolizing the beauty of Japan、合理的且つ美しさを忘れない木製器を持参し「aru」とのコラボを特別にして頂きます!

店内のウォークインセラーには日本ワインを中心におよそ700本ものワインが置かれ今まで御2人で少しずつ収集してきた秘蔵っ子たちが並びます近年注目を浴びる日本ワインを料理に合わせて楽しむことができるのもこのお店ならでは!

ホールを担当されるSommelierの彩さんにコースに合わせたワインのペアリングをおまかせすると良いでしょう!

First of all,、Champagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」にて乾杯!

1皿目「トマトとローズマリーと自家製リコッタチーズのタルト」×「Shimoo Design 浮様 リム皿 280」

玄米の上に添えたフィンガーフードからスタート!一口で頬張ればフレッシュで糖度の高い豊川のミニトマトのジューシィーな甘味が広がりそこに滑らかで口溶け良く優しい味わいの自家製リコッタチーズ彩りに春菊の花そして風味豊かなローズマリーのパウダーを纏い薄く仕上げたタルトとのサクサクとした軽さが相まり思わず笑みが溢れてしまう一口!

「ギー・アリオン ドメーヌ・デュ・オー・ペロン トゥーレーヌ・シュノンソー ブラン(Guy Allion Dom. du Haut Perron Touraine Chenonceaux Blanc)」
フランスのロワール渓谷の畔にあるワイナリーが造り出すソーヴィニヨン・ブランは香り豊かなフルーツ香やハーブ香が広がり凝縮されたミネラル感を楽しめる味わいは華やかさがあります!
春を感じるフレッシュなアスパラガスに合わせて!

2皿目「グリーンアスパラガスとスナップエンドウ」×「Gaku Syakunaga áge 新作 Φ30」、"Gaku Syakunaga 大工カット Φ30」

春の新緑を感じさせる色目鮮やかなグリーン × グリーンの仕上がり!
生でも食べられる無農薬のグリーンアスパラガスは大変希少で、10秒ほど茹でるだけに留め食感を大切にし朝採れのスナップエンドウのソースは作りたてで泡立ち良くきめ細やくな軽いソースに仕上がっていますがスナップエンドウの濃さと甘味をダイレクトに味わえます!

アクセントとして三州豚のベーコンと自家製リコッタチーズを添えて!
ベーコンの塩気が入ることでスナップエンドウの甘味がよりふくよかに感じられる一皿!

"仲村わいん工房 手造りわいん さちこ(SACHIKO)」
「がんこおやじの手造りわいん」で名を馳せる「仲村わいん工房」が生み出す大阪のワイン!
奥様である佐知子さんの名前を冠したワインの品種は甲州デラウェアリースリングのブレンドで口当たり爽やかで瑞々しく穏やかで柔らかくフルーティーなトロピカルニュアンスが楽しめる一杯!

3皿目「炭焼きグリーンアスパラガスと平貝」×「Shimoo Design 浮様 丸皿 280」、"Gaku Syakunaga gen 台皿 Φ30」

炭焼きのパワーで甘味を凝縮させたグリーンアスパラガスには美しいボリジの花やハーブを添えて!
先程のボイルしたグリーンアスパラガスとはまた違った生産者のものでさらに極太と立派な顔立ち!
産地が異なり調理法が変わることで同じアスパラガスでも楽しみ方が幾通りもあると教えていただけます!
炭火上で転がしながら炙られたアスパラガスは香ばしさと瑞々しさが溢れんばかりの味わいで粒状に添えたレモンのジュレソースの爽やかな口当たりと見事なマッチング!
オープン当初から炭火用の器具は用意していたものの全てを独りで調理することの大変さに導入を悩まれていた鈴木シェフ。However,、やはり炭火の力に勝るものはありません!
目の離せない炭火を導入することで今まで以上に手は掛かるでしょうが料理の幅は確実に広がることでしょう!
バターの香りを纏った平貝のコクのある甘味と食感が癖になりセルバチコとディルの香りが余韻を楽しませてくれます!
シンプルな料理ほど奥が深くそのシェフの腕を存分に堪能できます!

いつもは真っ白な器でこの料理を提供されているようですが「Shimoo Design」の木目が浮き立つ浮様シリーズとの自然が織りなす優しい風合いがとても魅力的で古材を用いたテーブルともマッチング!

Also、鈴木シェフとしてはあまり馴染みのない黒い器とのことでしたが「Gaku Syakunaga」の他に類を見ない漆黒に盛り付けることでいつもの一皿が生まれ変わりその印象の違いを大いに楽しんでいただけたようです!

"Kido Winery オータムカラーズ コンコード 2017」
長野の「城戸ワイナリー」ベリー系の優しい甘みとプラムの甘酸っぱさ楽しめ濃厚且つフレッシュなグレープジュースのような味わいを冷やして提供!お次のフォアグラと共に楽しみます!

4皿目「とちおとめとフォアグラ」×「Gaku Syakunaga mars himawari Φ25」×「Gaku Syakunaga リバーシブルシャーレ Φ25」

朝採れのフレッシュなとちおとめの酸味とフランス産フォアグラのとろける甘さに甘酸っぱい苺の自家製ヴィネガーを合わせた一品は愛らしい金魚草の彩りを添えて!フォアグラは苦手と言う方にも是非お勧めしたい一皿です!

鈴木シェフの料理はフレンチの技法を用いてはおりますが中年層~年配層が好む旨味のある優しい味わい言うなれば和食のような馴染みやすさと食べやすさがありわたし達の食の好みにピッタリです!

'Baguette'
Bread、Toyohashi "Boulanjuliejosioca」のバゲットを我が家も大好きな豊橋の陶芸家「Suzuki Fumiko (Fumiko Suzuki)」さんの作品に添えて!

"Coco farm Winery Coco Farm & Winery 甲州F.O.S」
可能な限り葡萄から香りと成分を抽出し赤ワインをつくるように皮と共に発酵させたオレンジワインは深みのある琥珀色と複雑味を帯びた味わいで他にないテイストを楽しませてくれます!
白ワインでありながら白ワインには醸し出せない深みのあるオレンジワインとサクラマスを合わせて!

5皿目「サクラマス 白菜菜花 新玉葱のコンソメスープ」×「Gaku Syakunaga mars himawari Φ25」、"Gaku Syakunaga mars 平皿 Φ25」

桜の開花時期に楽しめるまさに今が旬の北海道のサクラマスは強火でサッと火入れし湯がいた白菜菜花を合わせ白菜菜花と聖護院菜花の大小異なる黄花を浮かべ新玉葱が美味しいこの時期限定の澄んだコンソメスープと共に!
上質な脂があっさりと堪能できるサクラマスの美味しさはもちろんのこと菜花の染み入るような旨味が際立ち心を奪われます!もはや野菜もメイン食材のよう!豊かな大地に広がる菜花畑のようで春の風を心地良く感じる一皿!

And "Gaku Syakunaga」の火星をイメージしたmarsとの相性も良く鈴木シェフが一番最初に「お気に入り」認定してくれた器でもあるので今回コラボしていただけて本当に良かったです!

"ファンキーシャトー ピノノワール(Funky Château Pinot Noir)」
長野の子檀嶺岳の山懐に佇む「ファンキーシャトー」のピノ・ノワールはベリー系の果実味とスパイシーな野性味の妖艶な味わいが楽しめパワフルで癖の強さが面白いワインを肉料理の花悠豚と合わせて!

6皿目「春野菜 花悠豚のロースト」×「Gaku Syakunaga áge Φ33」、"Gaku Syakunaga gen シャーレ Φ28」

桜色に染まりきめ細やかな千葉県産ブランドの麦豚となる花悠豚(KASHU)は高温のオーブンで3時間ほどじっくりと手間暇を掛けて出し入れを幾度も繰り返すことで中はしっとりもっちりと仕上がり最後に炭火で炙ることで香ばしさを増しコクのある旨味と共に脂までもあっさりといただる一品!

Look、淡い桜色をした火入れ状態を見ると「低温調理」と錯覚しやすいのですがこの「高温ロースト」は鈴木シェフならではのこだわりの火入れ!炭火で炙ったスイスチャードやスティックセニョールフレッシュアスパラガス、Snap peas、ラディッシュにエシャレットのピクルスイタリアンパセリの新芽やアリッサムとディルの花を添えて!

何度もladeの記事や雑誌等で見掛けたという「Gaku Syakunaga」のágeですが実際に手にし用いることで想像以上の出会いと喜んでくださり嬉しい限りです!

7皿目「苺」×「Gaku Syakunaga mars bowl Φ10」、"Gaku Syakunaga gen bowl Φ11」

バニラアイスに冷たいミルクパウダーをたっぷりと纏わせとちおとめのフレッシュな苺と発酵苺さらに発酵苺のスープブランマンジェを忍ばせて楽しむ春のデザートは撫子の花を添えて!
小粒サイズのフレッシュなとちおとめが好きで敢えてこのサイズ感のものを仕入れているとのことフレッシュな食感と発酵させた凝縮感のある両者の味の違いを楽しめるのも嬉しいです!

「エスプレッソコーヒー」と「サブレ」
Toyohashi "Apollo Coffee Works(アポロコーヒーワークス)」の香り高いエスプレッソと小菓子のサクサクサブレを楽しみながら手の空いた鈴木シェフと彩さんと一緒に緩やかな午後のひとときを感じながらの歓談タイム!

「地のものを大切にしたい」と願う鈴木シェフは用いる食材や器は極力近郊の生産者を採用されているのですが今回は特別にわたし達が応援している富山作家を用いてくださり今までにあまり用いたことのない黒の器や木の器と実際にコラボしてみると新たな境地が切り開けたようでとても刺激をいただきました!と嬉しそうに話してくださいました!

春の陽だまりの暖かさのようなほのぼのとした鈴木夫妻が営む「Aru"The、わたし達のお気に入りのお店となります!皆様も是非足を運んでみてください!

Restaurant aru(アル)
Address:Aichi Prefecture Toyohashi hirokoji 2-28 Yoshida Bldg. 2F
TEL:0532-54-5518
Hours of operation:Lunch 12:00-13:00( L.O )、Dinner 18:00-20:00( L.O )
Closed on Mondays:Sunday、No regular holidays
http://aru-restaurant.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top