Delicate French and wine pairing to celebrate the 9th anniversary of aru wedding anniversary

Since 12/27/2017 opened in the city of Toyohashi, Aichi prefecture building 2nd floor、As early as distinguished oneself、東三河エリアを代表する人気店へと成長されているフランス料理店「aru(アル)」へ! 場所はJR豊橋駅から徒歩5分圏内となりユーカリの木と裸電球が灯す柔らかな光の下に掲げられたシンプルな真鍮のサインが目印です! ゆったりとしたアプローチの先にはこのお店のテーマカラーとなるスモーキーブルーの木製扉が優しく出迎えてくれ扉の先には心地良い空間が待っています! 季節を感じさせる生花は豊橋の小さな花屋「ラクレフローリスト(Lacle Florists)」のkaori Akayaさんに定期的にアレンジとメンテナンスをお願いされておりいつもとてもセンス良く設えられた草花に癒されております! わたし達の結婚9周年目をお祝いする記念日のこの日はまだ肌寒さを感じる2月22日(土)のランチタイムとなりますが入口には猫柳のもふもふっとした毛並みが顔を出し壁には可憐で愛らしいミモザのリースが添えられすぐそこまで近付いている春の訪れを感じさせてくれます! 店内のデザイン設計は、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe ハーグデザイン+ハーグカフェ」がシェフのこだわりを取り入れ手掛けられており、Exudes a cosy soft air to flow into the simplicity of space。Kitchen suggests that the appearance of the floor are arranged on the right、ゆったりと14席~18席ほどの席数を用意! こちらは料理の基礎を大阪のビストロ「アヴォロンテ(’Avolonte)」の川田 祐志シェフから学び、In addition、パリの3つ星「アストランス(l’Astrance)」で修行後に独立され最短でミシュラン1つ星を獲得した人気店「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake Hiroki)And the chef、同じく「アストランス(l’Astrance)」出身でミシュラン1つ星となる仙台の「ナクレ(nacrée)」の緒方稔シェフの御2人から素材の活かし方を多く学ばれ大阪の「レストランエテルニテ(Eternite)」ではサービス兼Sommelierとして経験を積まれた鈴木 琢 (Takumi Suzuki)Chef is a 32-year-old youth、Sommelierの奥様である鈴木 彩 (Aya Suzuki)さんと二人三脚で独立したお店でわたし達夫婦のお気に入りのお店の一つです! 20代後半にパリでの修行時代に見つけたお気入りのレストランのような雰囲気を出したくて、Suzuki chef talk round table using the old material was item 外せない。Think that chef is granted the、愛知県設楽町の工房「木と革 aoyama」の職人である青山 和志 (Kazushi Aoyama)And I'm of the handicraft、The round table with the taste that i dared to connect and build old materials is packed with the chef's warm desire to "enjoy the meal without shoulder elbows"、気取らずに会話を弾ませながら心から食の楽しさを知ることができるのです! こちらではランチ、It's up to you for dinner.、At lunch, it was 3,400 yen for around 6 dishes and 6,800 yen for around 8 dishes.、At dinner, there are 6,800 yen for around 8 dishes and 8,800 yen for around 10 dishes, and two courses are prepared for each.、Taking advantage of ingredients that can see the faces of producers who place trust with the chef's own eyes、此処でしか味わえない東三河ならではの料理を提供されています! ひょっこりと真ん丸く大きな晩白柚の後ろから顔を出し厨房で準備に精を出すシェフの鈴木くんに御挨拶! この日のコースでも登場する晩白柚は熊本の露地物から一回り小さい豊川の物お裾分けで頂いた柑橘物までが順に並び爽やかな清々しい香りを放っています! 卓上には「木村硝子店」や「ラディコン(RADIKON)」のワイングラスが整列し、The walk-in cellar in the store、About 700 bottles of Wine, mainly Japanese wines, are placed.、The treasured children who have collected little by little by two people up to now are lined up.。近年注目を浴びる日本ワインや料理に合わせて提供してくれる世界中のワインを楽しむことができるのもこのお店ならでは! 今回は、8皿前後の「menu saison」6,800円にPairing wineのセットで事前予約しております! 予約席には記念日ということもあり線香花火のように愛らしく花開くシシウドやチューリップの純白の花々で統一しお祝いしてくださいました! 先ずはPairing wine①Champagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」の 良質なChardonnayの気品溢れる優雅で繊細な味わいと共に乾杯! 1皿目「黄人参 金胡麻」 最初の一口目は新城の無農薬の黄色い人参のムースと豊川の金胡麻を香ばしく煎りマイクロハーブを添えたフィンガーフードタルト! 一口でパクリと頬張ると驚くほどに甘味を感じる黄人参の滑らかなムースに粒一つ一つの香ばしさが堪らなく食用をそそる金胡麻! そこにバターの風味とメープルシロップの優しい甘味が漂うサクサク食感のパートフィロが良いアクセントになっておりこの一口の見事な調和で胃袋を持っていかれます! 同時にアミューズが提供された後ろの席からも「何これ!?美味しい~♪もう1個欲しい~♪」と思わず本音が声となり漏れてしまっている愛らしい女性の声が聞こえてきたのでわたしも心の中で「同感です♪」と頷いた次第です(笑) 2皿目「晩白柚 わさび菜 モッツァレラ」×「器児玉修治」 熊本の晩白柚には発酵柚子のヴィネグレットとイタリアンパセリを和え無農薬のわさび菜やリーフチコリイタリアンパセリの新芽ディルの花をバランス良く盛り込みアクセントに添えたそばの実が良い仕事をしており最後に鼻に抜ける香ばしさと食感を楽しませてくれます! 中にはクリーミィーなモッツァレラのクリームに自家製リコッタチーズのムースイタリアンパセリで作った鮮やかなグリーンカラーのオイルを垂らしてあるので混ぜ合わせながらいただきましょう! 張りがありフレッシュ感満載の晩白柚は果肉も大きく程好い酸味が爽やかなテイストでわさび菜のほろ苦さをチーズのクリーミィーさがまろやかにし新鮮な素材と一手間も二手間もかけたプロの成せる繊細な味わいのハーモニーに感動 Pairing wine②「月を待つ...

Toyohashi's new opening of "Takemono to Tsuji" Edomae sushi to taste in a modern hideaway with 6 seats at the counter!

愛知県豊橋市で創業44年を迎えた「万太郎寿司」の隣に新たにカウンター6席のみのこだわりの鮨店「鮨たけもと」がオープン致します! こちらは「京都 祇園 鮨割烹 なか一」で修行された後、His son Daizo, who has been active as the right arm of Mantaro's general, Akihiro Takemoto, for many years、念願の独立を果たし開業の運びと相成りました! 出迎えてくれるのは、The font "TA-Square" designed by artist and designer Shintaro Shintaro Ajioka is used.、A sign of uniqueness! Because it is using the variant character of "Aoi"、さかなへんの点々が「大」になっております! 創業当時より、While leaving the calm look of the good old days of "away" which was a banquet hall of a private room、和に洋のエッセンスを加えモダンにリノベーション! 玄関戸を開けると味岡伸太郎氏の書が存在感を露わにしています! こちらは「鮨」の漢字を分解して描き、Because it is finished so that it becomes a character of "Aoi" by combining six books of "black, white, red, blue, yellow, and green" consisting of the poetry collection "Straight line of smoke" of Katsue Kitazono who was a modernist poet from Mie Prefecture、定期的に差し替えられる書をそれぞれに楽しむことができます! 職人の手で生み出された漆喰の塗り壁で明るく柔らかな印象を与える店内は、The lighting of the masterpiece that appeared as one of the essential items in Ajioka World is hung、The lighting made with Japanese paper and used paper with twigs、カウンターを温かく優しい光で彩っています! 桂の木を用いた耳付きカウンターに平行して添えられたのは色とりどりのイタリア製のモザイクタイル! 椅子も味岡伸太郎オリジナルの作品となりアイアンフレームのシャープな印象を異なるレザーでパッチワークすることで馴染みの良い暖かさを演出! クリスマス・イヴを迎えたこの日は、It also serves as a presentation of the finished shop、Mr. Shintaro Ajioka, who was responsible for store design, and his wife。 設計施工の「UK 管理建築士事務所」の山本 有記 (Yuki Yamamoto)(Yuki Yamamoto)、ライターの露久保 瑞恵 (Mie Tsuyukubo)(Mie Tsuyukubo)さんとわたし達夫婦の6名貸切で過ごす忘年会となります! 頂くメニューは、It becomes one Omakase course of 18,000 yen of the shop owner Takemoto、今回はお勧めのワインや日本酒とのペアリングで堪能致します! 爽やかな香りと甘味優しいChampagne「Forget Brimont Brut Premier Cru(フォルジェ ブリモン ブリュット プルミエ クリュ)」にて乾杯! 「蛸の桜煮」 器味岡伸太郎(扇皿) 柔らかく焚かれた桜煮には辛子酢味噌を添えて、Served with the same bowl that was simply boiled、Elasticity and softness、食感の違いを楽しむ一品! 器の殆どは、The work of Shintaro Ajioka, who is also a potter, is used.、Mashiko ware is finished by applying various glazes、It becomes the pottery unique to Mr. Ajioka that exudes a unique texture、ひとつとして同じ顔の物が無い味深い器となります! 日本酒「四海王 純米吟醸 真」御猪口釋永岳 呑みすぎる杯(薄杯 白) 日本酒は地場の豊橋が誇る「福井酒造」が手掛ける純米吟醸「四海王 純米吟醸 真」を頂きます!純米酒ならではの深い味わいはそのままに軽快な喉越しをもつ純米吟醸酒でキレの良い後味が特徴です! 昨年「寿司 万太郎」に伺った際にオーダーしてくださった釋永岳の「呑みすぎる杯」はこちらで愛用くださるとのことで嬉しい限りで御座います! 「このわたの羽二重蒸し」 三河の三大珍味となる「このわた(海鼠腸)」を中に忍ばせた羽二重蒸しは、I'd like you to crush the yolk of the quail.、It becomes a smooth dough to melt and a salty plum of this cotton is good.、これは思わず日本酒が進んでしまいそう! 「鯖の藁焼き」器味岡伸太郎(三角皿) 塩をし酢で軽く〆た鯖を藁で燻した藁焼きは、Ponzu and Tosa soy sauce with soy sauce with soy sauce、The deep sweetness and umami of the persimmon swell along with the fragrant aroma! Some of The Ajioka's bowls provided here、Because there seems to be a vessel using glaze of ash、藁で燻した料理とのコラボが見れたら素敵ですね! 日本酒「赤武 AKABU 純米酒」徳利と御猪口味岡伸太郎...

"aru" here with unique delicate French wines unique Japan

Since 12/27/2017 opened in the city of Toyohashi, Aichi prefecture building 2nd floor、As early as distinguished oneself、東三河エリアを代表する人気店へと成長されるフランス料理店「aru(アル)」へ! 場所はJR豊橋駅から徒歩5分圏内となりユーカリの木と裸電球が灯す柔らかな光の下に掲げられたシンプルな真鍮のサインが目印でこの日はミモザとアザミも出迎えてくださいました! ゆったりとしたアプローチの先にはこのお店のテーマカラーとなるスモーキーブルーの木製扉が優しく出迎えてくれます! 店内のデザイン設計は、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe ハーグデザイン+ハーグカフェ」がシェフのこだわりを取り入れ手掛けられており、Exudes a cosy soft air to flow into the simplicity of space。Kitchen suggests that the appearance of the floor are arranged on the right、ゆったりと14席~18席ほどの席数を用意! こちらは料理の基礎を大阪のビストロ「アヴォロンテ(’Avolonte)」の川田祐志シェフから学び、In addition、パリの3つ星「アストランス(l’Astrance)」で修行後に独立され最短でミシュラン1つ星を獲得した人気店「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake Hiroki)And the chef、同じく「アストランス(Astrance)」出身でミシュラン1つ星となる仙台の「ナクレ(nacrée)」の緒方稔シェフの御2人から素材の活かし方を多く学ばれ大阪の「レストランエテルニテ(Eternite)」ではサービス兼Sommelierとして経験を積まれた鈴木 琢 (Takumi Suzuki)Chef is a 32-year-old youth、Sommelierの奥様である鈴木 彩 (Aya Suzuki)さんと二人三脚で独立したお店です! 20代後半にパリでの修行時代に見つけたお気入りのレストランのような雰囲気を出したくて、Suzuki chef talk round table using the old material was item 外せない。Think that chef is granted the、愛知県設楽町の工房「木と革 aoyama」の職人である青山 和志 (Kazushi Aoyama)And I'm of the handicraft、The round table with the taste that i dared to connect and build old materials is packed with the chef's warm desire to "enjoy the meal without shoulder elbows"、気取らずに会話を弾ませながら心から食の楽しさを知ることができるのです! こちらではランチ、It's up to you for dinner.、At lunch, it was 3,400 yen for around 6 dishes and 6,800 yen for around 8 dishes.、At dinner, there are 6,800 yen for around 8 dishes and 8,800 yen for around 10 dishes, and two courses are prepared for each.、Taking advantage of ingredients that can see the faces of producers who place trust with the chef's own eyes、此処でしか味わえない東三河ならではの料理を提供されています! 先日、Two people who came to the pottery exhibition held in my house far away。At that time, "I want to actually use a vessel!" I received a happy word.、この日はLade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』として、Potter appeared in the project part 1 "" 釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器を持参し「aru」とのコラボを特別にして頂きます! 店内のウォークインセラーには、About 700 bottles of Wine, mainly Japanese wines, are placed.、The treasured children who have collected little by little by two people up to now are lined up.。You can also enjoy Japanese wine, which has attracted attention in recent years, to match the dishes.、このお店ならでは! ホールを担当されるSommelierの彩さんにコースに合わせたワインのペアリングをおまかせすると良いでしょう! 先ずはChampagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」にて乾杯! 1皿目「トマトとローズマリーと自家製リコッタチーズのタルト」×「Shimoo Design 浮様 リム皿 280」 玄米の上に添えたフィンガーフードからスタート!一口で頬張れば、The juicy sweetness of the fresh, sugary Toyokawa mini tomato spreads、Homemade ricotta cheese with a smooth, melting-in-mouth taste there、Chrysanthemum flowers in color、And the flavorful rosemary powder、Crispy lightness with thinly finished tart is combined、思わず笑みが溢れてしまう一口!...

Rice Ranch produced ingredients grilled Hana Atsumi peninsula Bowl highway in Tahara city

Blessed with the bounty of the Mikawa Bay and Enshu-Nada sea、As agricultural production is famous Atsumi peninsula、Become a cornucopia of ingredients through all four seasons、その地元食材を活かした様々な丼ぶりメニューが各加盟店毎に楽しめるイベント「渥美半島どんぶり街道」に参戦! 「渥美半島どんぶり街道」とは、2007In the planning started with each food and beverage outlets: 10 years、Stamp effect with support over the years, spreading、現在も愛知県田原市のまちおこし事業の一環として「渥美半島観光ビューロー」が運営され地産地消による地域の活性化を図っているイベントです! 今年2019年1月よりスタートし、2020Years up to December、Field period to two years "No. 6 bullet Atsumi peninsula Bowl road.、28And joined the food and beverage stores、Using Tahara pork with the brand issue "Tahara maccarruni cutlet" and "Mikawa stamina bowl of pork" to "Atsumi beef rice bowl.、Other "Mikawa red chicken rice bowl" and the cavalcade of pork, beef and chicken rice bowl、Fresh caught in the fishing AKABANE Shirasu "Shirasu Tempura donburi" or、Famous Italian good Lake "big clam Tempura.、At Irago 漁reta "in fish bowl",、渥美半島の名産品で賑わう丼ぶりメニューが勢揃い! 今回は「どんぶり街道どん丼おいでん委員会」の委員長を務められこの企画の発案者となる神谷幸治さんが営まれる田原市駅周辺の「グリル華」にて人気の丼メニューを頂きましょう! 「第6弾 渥美半島どんぶり街道」加盟店は、You can see the official site、If you look at the Bowl trail stamp mounts at a glance、各店舗前に掲げられたオレンジ色の「渥美半島どんぶり街道旗」が目印です! 「グリル華」では、And restaurants where you can enjoy the fresh seafood caught in Mikawa Bay and coastal waters and home garden vegetables、第6弾の対象となる丼ぶりメニューは「にぎわい天丼(味噌汁・小鉢・漬物付)」900円と「大あさりカツ丼(味噌汁・小鉢・漬物付)」900円の2種類となります! また、Provides a consistently Bowl menu gained popularity in the fifth Bowl road "Anago Tempura (pickles and miso soup, bowls)" 950 Yen、お店の看板メニューとして引き続き大人気とのこと! 「にぎわい天丼(味噌汁・小鉢・漬物付)」900円 愛知県が生み出した銘柄豚のみかわポークや白身魚、Is "bustling Tempura" with plenty of vegetable garden vegetables、In the overflowing from the Bowl volume、その名の通り大盤振る舞いで賑わっています! 薄切りのみかわポークは2枚入り、Each cloth with "Hail" and "green"、香りや食感を変えて楽しませてくれています! 自家菜園の野菜は、Rape blossoms、Cauliflower、Eggplant、Carrot、He got a sweet potato,、うずらの卵も添えられます! 「大あさりカツ丼(味噌汁・小鉢・漬物付)」900円 伊良湖水道特産の大あさりをカツ丼風に仕上げた「大あさりカツ丼」は、In a juicier flavor of giant clams shut in crispy rice、三河湾産のアオサの香りも楽しめます! 「あなご天丼(味噌汁・小鉢・漬物付)」950円 第5弾のどんぶり街道にて人気を博し、The menu item becomes "Anago Tempura"、Luxury Sea eel addon and 2 bottles、As well as the bustling Tempura、Other fish、Rape blossoms in your garden、Cauliflower、Eggplant、Carrot、He got a sweet potato,、And served with quail eggs、豪快且つ豪華なラインナップ丼です! それぞれの丼には、Most getting lumps into the small bowl containing cooked food to taste、Miso soup and miso soup、Ginger and radish、白菜の自家製漬物が付いてきます! サイズもミニから特盛までいろいろ選べるのでお腹の好き具合に合わせることができます♪ イベント開催期間中に、I'm looking forward to Bowl menu for each store every、Stamp collecting in all the stores win、In the Lottery's "Cameron Hunt, picking strawberries and blueberries pair coupons" or "Tahara-city hotel accomodation pair.、「産直プレゼント」などの豪華景品が当たるチャンスが訪れます! 皆さんも渥美半島へドライブにお出掛けの際は是非「渥美半島どんぶり街道」のスタンプラリーに参戦してみてください! グリル華 住所愛知県田原市田原町倉田5-11 TEL:0531-22-3531 Hours of operation:Lunch 11:00-14:00、Dinner 17:00-20:00 Closed on Mondays:月曜日 駐車場有 http://guriruhana.com/...

Eating in carefully selected "Toyohashi sushi mantarō" Mikawa Bay's sake hold general trendy sushi

豊橋の愛知大学駅より程近い住宅街の交差点角に佇む「万太郎寿司」にて夕食会! こちらは、Sushi made with yaeko's landlady opened 43 years ago, 9/1/1975 from now Takemoto, a. General、現在は東京で修行された息子の大藏(Daizo)さんも加わり家族3人で仲良く営まれており三河湾をはじめとする旬の近海天然魚貝類にこだわり、Rich story every day fresh fish purchased shopkeeper connoisseur and offered at affordable prices, shop now! Patisserie in the shopping center in Hamamatsu "abondance" Bernard Heberle and Hasegawa 豊佳 (Toyoka Hasegawa)Is it for your invite to shop here and his wife have frequently been haunted I heard was、Our couple will first visit! Is your two-way、Toyohashi sweets to produce delicious "Japanese Tsukasa 入河 confectionery" in fifth and zenjiro BLD. (Zenjiro Matsuzaki)Sent from your presentation is from、General and mistress、Japanese son's warm personality and heartwarming hospitality、And、Fascinated by the tasty dishes utilizing fresh food more than anything else、今では頻繁に足を運ぶ常連客になっています! 玄関先に灯された看板に、Somewhere familiar distinctive typeface! From store to store、"...? "And reminiscent of a number of points and exhibition、In General "here、In the works of Shintaro ajioka? "And take the check and、見事大正解! 大将は、Now nearly 30 years ago、愛知を代表する豊橋のアーティスト・味岡伸太郎さんに新たにロゴデザインを依頼し看板に暖簾手土産用の掛け紙名刺などを一挙に手掛けて頂いたとのこと! 味岡伸太郎さんと我が家の旦那様は、7年程前から御仕事をご一緒させて頂いてからの御縁で公私共にお付き合いをさせて頂いている大好きな御方! 店内全体の雰囲気に何処と無く味岡臭が漂っていると思ったらやはり見紛うことなく不思議な御縁を感じた嬉しい夜でもあり楽しく美味しい時間の始まりとなります! 店内は落ち着く空間でL字のカウンター10席テーブル14席、1階離れや2階個室も含め全席55席を用意し会席コースも可能です! 有難いことにこの日はBernardのMaserati Ghibliでの送迎付きとのことで豊佳さんとわたし達はお酒も楽しませていただけるとのことでしたので遠慮なく「生ビール」で乾杯! いつも料理は大将におまかせコースを注文されているとのことで先ずは一品料理から頂きましょう! 「鱈の白子ポン酢」 冬の訪れを感じさせる白子の季節がやって参りました! もみじおろしとポン酢でさっぱりと頂く白子は大好物です! 「黒バイ貝 醤油煮」 身は柔らかく優しい味わいで炊かれた醤油煮! 噛みしめる毎に旨味が口中いっぱいに広がります! 「蛤の潮汁」 見事な蛤は潮の味わいと三つ葉の香りを楽しみます! プリップリの食感が堪りません! 貝の模様が「顔みたいで可愛い」とお茶目っぷり全開のBernard(笑) 「キンキの煮付け」 小振りながらに1人1尾も頂けるキンキの煮付けは箸でほろりと取れる身がふわふわでこれまた汁の甘みが優しく胃に染み渡り強すぎない醤油が上品に炊かれています! ここで日本酒に切り替え息子の大蔵さんお勧めを頂きます! 「酒づくりの神様」と称され人間国宝となる杜氏・農口尚彦さんが造られた石川県・金沢の「農口尚彦研究所 山廃純米酒 無濾過生原酒」! 香り柔らかくほんのりと旨味はガツンと味わえる中余韻は優しく引き際がスッキリと美しい日本酒! 粋な大将との会話も弾む中ここからはテンポ良く握りのスタートです! 山葵は立派なサイズの本山葵を使用されており、Smells like pungent taste and nose to comfort is incredibly good! On a roll of "lean" and "tuna" muscle cut mouth in fact, melted and a smooth sweetness "Squid" himself "sea bream"、Ginger of sauce so good because it is! The sake of the next、山形県「酒田酒造 上喜元 超辛完全発酵 純米吟醸」!もろみの中の糖分を酵母が全て食べつくした残留糖の無い完全発酵で淡麗ながらに旨みを残しつつキレのある超辛口です!上喜元だけに、With 花鰹 "on the"herring roe on kelp"covered by the child no good humor (hehe) gap。 店頭の生簀から取り出したばかりの「活け車海老」 ふっくらとした身で香ばしい「穴子」 コリコリとした食感の北海道「ツブ貝」 美しく花を開かせた鮮度抜群の「赤貝」 カリカリ食感と海老の風味を余さず楽しむ「活け車海老の頭 素揚げ」 上品に優しく〆た「しめ鯖」は脂ののりが楽しめます歯切れ良い海苔に巻かれた濃厚な「雲丹」 舌の上でとろける見事な「大トロ」 筋子から作った自家製いくらは大粒で漬け具合が絶妙な「いくら醤油漬け 小鉢」 身体の芯まで染み渡る「しじみの赤出汁」 優しい甘さでジュワッと出汁が溢れる「玉子焼き」...

pairing dinner and enjoy the delicacy "aru" hand is French

愛知県豊橋市のJR豊橋駅から徒歩5分圏内の雑居ビル2階に昨年末2017年12月27日に新規オープンされたフランス料理店「aru(アル)」へ! 雑居ビルの階段脇にあるオリーブの木と裸電球が灯す柔らかな光の下にシンプルなサインを施した真鍮の看板が目印となります! 店内のデザイン設計は、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe(ハーグデザイン+ハーグカフェ」が シェフのこだわりを取り入れ手掛けられたとのことでシンプルさの中に柔らかな空気が流れる居心地の良い空間! フロアの様子が伺えるキッチンを右手に配し、With 14 seats and provides 18 seats seats、Sommelierとしてホール経験を経てシェフになられた鈴木 琢 (Takumi Suzuki)さんと奥様の鈴木 彩 (Aya Suzuki)Is it also in the restaurant is run by the Dojo of the Sommelier's wife、Culminating from the open between the foodie、In the shop we married couples also got at least once、既に人気店の仲間入りを果たしております! 前回はランチ訪問でしたがこの日は友人を交えての再訪ディナー! こちらでは、Lunch by appointment only.、And style-only dinner with Chef's choice of incose、So I thankfully staying the driver will、コースに合わせてペアリングワインをオーダー! aruでは、At all times the nearly 700 wine stored in working seller、Japan wines and is about 7 in the、御2人が年月を掛けて収集してきた面白いワインも登場します! 先ずはシャンパーニュ「エドモンドシュルラン カルトノワール」で乾杯! ピノノワール主体となりバランスの取れたエレガントな味わいで清々しさを感じながらスタートです! [aru ” été “"Appetizer plates 3、Fish dishes、Meat dishes、Dessert dish 2、カフェ 5,800円 ①「ズッキーニ サワラ バジル」 サワラは冷やし過ぎると脂の口溶けが悪くなってしまうため、From finished with salt smoked over、Lighten one's face faintly warm, then offer! Source is summer is designed to feel a sense of femininity、Basil in red onion、In a staggered vinegar vinaigrette、Based upon the new garlic olives of Provence and the Zhujiang new town, taste Tapenade served with fresh! Raw Zucchini served with texture accented with color、In the eyes、丁寧な手仕事を感じさせてくれる繊細な前菜! ②「メロン トマト キュウリ」 メロンとトマトの組み合わせを楽しむ頂く一品は鈴木シェフがフランス修行中に「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake Hiroki)Is it the memories was making in the summer when he was working in the food color arrangement of self in addition, provides a rich! Melon mousse-like source the local Earl (mask)-Mellon espuma、A variety of tomato and cucumber、Can serve with Lemon Basil and perilla micro herbs、You can go and eat! Hokkaido large deep-water shrimp, and plus as an element of flavor、果実とは違う甘味を投入することで味に変化を起こし楽しませています! こちらには透明感のある軽やかな瑞々しさと爽やかな味わいが楽しめる「甲斐ワイナリー株式会社」の「かざま甲州シュールリー 2016」を合わせて! ③「フォワグラ プラム メレンゲ」 スペインのフォワグラのポワレに地元のプラムのコンポート、Source jams、Plum syrup、Served with salt meringue。In our fit all、Sour plum and sweet foie gras、1 dish to balance the saltiness of the meringue. By using the short season of plums、日本だからこその季節感を感じてもらえたらと願って作られた一品です! 夏にフォアグラは重いかしら!?という概念をいとも簡単に覆してくれる逸品! こちらには長野の「城戸ワイナリー」の「オータムカラーズ コンコード 2016」のベリー系の優しい甘みとプラムの甘酸っぱさ楽しめ濃厚且つフレッシュなグレープジュースのような味わいと共に楽しみます! ④「イサキ フェンネル オクラ」 魚料理のイサキは、From the skin over high heat, quickly cooked crisp、High-temperature roast in hot oven! The concentrated flavor of the clam broth base、The smoked butter whipped sauce、Effect that intense local herb fennel combined with vinegar or lemon puree with accents! Garnish、Raw red round okra and green quickly blanched okra、Served with zucchini in butter the glass、Dare not just fish、It is a stunning summer taste of Veggie delight! In Tray 1 Tray 1、It is an assortment of people employed writers work in neighboring Aichi Prefecture 'aru (Al)"this generator also instinctively wants to welcome home! Here you will、"Gianmarkubowaiyo Macon village 2014, Burgundy, France。According to grunt took the fat and sauce of smoked bubble、Along with good acidity with barrels of Chardonnay white、Among the fresh sense of condensed、たっぷりとしたボリューム感とまろやかな味わいで余韻を楽しめます! ⑤「みさき牛 トマト トレヴィス」 肉料理は、Aichi Misaki beef Prime roast! High-temperature oven out and take about an hour and a half, slowly baked dish! As part of the body fat also has gotten on、Travis quickly burned a bitter accent、Zhujiang new town of organic tomatoes and dried and ironed with salt and a small amount of broth, thick tomato sauce、Sour accents on the side、At the finish of the stomach does not feel greasy insistently against not knowing! Saladnas of the mouth a rest, will be trying to present! On the beef thin was even and took a variety of meat from broth by、より深みのある旨味を感じさせ楽しませてくれる絶品肉料理! 同じくブルゴーニュ「ジャンマルクボワイヨ ブルゴーニュルージュ 2015」を。With over a youthful Pinot Noir acid、みさき牛の脂を食べやすくなるように! ⑥「スイカ」...

"aru" Toyohashi open! Of the delicate cuisine of France and Japan wine

To France from JR Toyohashi station in Toyohashi, Aichi Prefecture 5-minute walk to close building on the second floor late last year 12/27/2017, opening the restaurant aru (Al)、私達夫婦の結婚6周年を迎えた2月22日(にゃんこの日)の記念日のお祝いとしてお邪魔しました ! 「aru」丁寧な手仕事が生む繊細さを楽しむフレンチとペアリングディナー 「aru」此処でしか味わえない繊細なフレンチは個性的な日本ワインと共に 「aru」結婚記念日9周年目を記念する繊細なフレンチとワインのペアリング オリーブの木と裸電球が灯す柔らかな光の下にシンプルなサインを施した真鍮の看板が目印です! ワクワクと心躍らせるような素敵なアプローチの先にはスモーキーブルーの木製扉が出迎えてくれます! 店内は、Kitchen suggests that the appearance of the floor are arranged on the right、With 14 seats and provides 18 seats seats、Sommelierとしてホール経験を経てシェフになられた鈴木 琢 (Takumi Suzuki)さんと奥様の鈴木 彩 (Aya Suzuki)And I'm also restaurant is run by the Dojo of the Sommelier's wife。 Design、Toyokawa is active mainly in architects ' HAAG DESIGN + Haag Cafe(ハーグデザイン+ハーグカフェ」が シェフのこだわりを取り入れ手掛けられたとのことでシンプルさの中に柔らかな空気が流れる居心地の良い空間に! 年明け早々にグルメな友人のFB記事で紹介されていたこちらの料理写真を拝見した際、"With good food" and in a split second mind attracted、Became the first visit of inflated expectations、Their dishes far exceed their expectations out tears、終始御満悦の時を過ごすことになります! 料理の基礎を大阪のビストロ「アヴォロンテ(’Avolonte)」の川田祐志シェフから学び、In addition、パリの3つ星「アストランス(l’Astrance)」で修行後に独立され最短でミシュラン1つ星を獲得した人気店「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake Hiroki)And the chef、同じく「アストランス(Astrance)」出身でミシュラン1つ星となる仙台の「ナクレ(nacrée)」の緒方稔シェフの御2人から素材の活かし方を多く学ばれ大阪の「レストラン エテルニテ(Eternite)」ではサービス兼Sommelierとして経験を積まれた鈴木シェフが32歳という若さでSommelierの奥様である彩さんと二人三脚で独立したお店。 20I wanted to out the atmosphere of the restaurant you like found in the apprenticeship in Paris in the late、Suzuki chef talk round table using the old material was item 外せない。Think that chef is granted the、愛知県設楽町の工房「木と革 aoyama」の職人である青山 和志 (Kazushi Aoyama)Mr.! Dare、古材を繋ぎ合わせ造り上げた味のある円卓には「肩肘張らずに食事を楽しんでいただきたい」というシェフの温かい想いが詰まっています! こちらでは、Lunch、Style-only dinner with Chef's choice of incose。 Lunch、Appetizers、Fish dishes、Meat dishes、Dessert、2800 Yen at a cafe.、Dinner、Appetizer plates 3、Fish dishes、Meat dishes、Dessert dish 2、カフェで5,800円とかなりお得感のある価格設定で楽しめるのも嬉しい限り! 店内のウォークインセラーには日本ワインを中心におよそ700本ものワインが置かれ今まで御2人で少しずつ収集してきた秘蔵っ子たちが並びます! ホールを担当される奥様の彩さんにワインのペアリングをおまかせし、Niigata first etiquette illustrations are cute "carvedtchweinary(Cave d & # 8217s; Occi)」のどうぶつシリーズ「2015 むささび Blanc de Noirs」にて乾杯! 契約農園産のカベルネ・ソーヴィニョンが90%と自社農園のシャルドネ10%のにごり微発泡ですが、Rich powerful attack and peach-scented flavor sparkling wine! For the lack of experience of the Japan wine、良い勉強になりそうです! 一皿一皿の器にもこだわり、"Aru used writer work in neighboring Aichi Prefecture (Al).。A variety of feelings though is why "aru (Al)" is filled with shops would be? The answer is very simple! Name of the beloved daughter of Mr. and Mrs. Mr. Suzuki "Haru" from taking、And the pronunciation of the 'H' in France, not for、"Haru" "H" to take on "aru"。御二方の宝物が店名なのです♪そんな思い入れもとても素敵♪ この日の前菜は「わさび菜、Firefly squid、マスカルポーネ」× 多治見の陶芸家/田中直純 軽く炙り、Is finished with soft squid、According to mascarpone's sleek Aerie Moose weekly。Gently shake the salt a simple salad tip has.、高糖度のカットトマトの濃厚さとほろ苦さを楽しめるシャキシャキのわさび菜なども素材の良さを器と共に引き立てています! パンは豊橋の「ブーランジュリーヨシオカ」のバゲットを我が家も大好きな豊橋の陶芸家・鈴木 史子 (Fumiko Suzuki)さんの作品に添えて♪ 魚料理には、In the nature of wine brewing Kobayashi Takeshi kyoei Hall winery (Kyoeido Winery) in Yamanashi、Will fit the stock such as cryptographic K16 AK DD (orange)。 The art of etiquette too bitter、I buy the etiquette was likely、Perfect taste! Using the Koshu fall limited edition orange glow amber、Rise is clear, refreshing scent of herbs such as forest、Spice feeling because during the Ethereal taste、白身魚との相性の良さを直感でくすぐられます! 魚料理は「鰆、Clam、蕪」× 浜松の陶芸家/くるり窯・福井一伯...

In "Neapolis" red wood-oven baked authentic Neapolitan Toyohashi!

If you came to Toyohashi、本格ナポリピッツァを頂ける「PIZZERIA NAPOLETANA NEAPOLIS ピッツェリア ナポレターナ ネアポリス」へ再訪しDinner time! こちらは2009年3月にアピタ敷地内にオープンしたピッツェリアでイタリアのナポリ地区のイスキア島仕込みとなる本格ピッツァを提供されています! 店内には真っ赤な薪釜が配されており、Whets the appetite feeling of performance chef each piece carefully baked live spectacle! The dinner menu、前菜(骨付き鶏もも肉の窯焼き)+スープ+お好きなPizzaで2,600円とお得なコース! こちらの前菜で提供される「骨付き鶏もも肉」は特にお勧めで、Savory baked skin surface、中はふっくらと肉汁溢れる程にジューシィーで旨味を楽しめる仕上がりです! ピッツァは22種類の中からお好きなものが選べ、A happy combination of the classic "Margherita" and topped with poached egg and mushrooms this time Bismarck's choice! Dough with flour and is flown in from Italy、Enjoy a chewy texture, good flavor、軽いテイストで頂けます♪ 独り黙々とピッツァ作りに専念される中寡黙ながらに時折見せるシェフの優しい笑顔が印象的でスタッフのサービスも心地良いお店です!...

Let me introduce aiming for jewelry artists 'Gallery irifune"young art students!

豊橋の「ギャラリー入船」にて開催されている「新春を寿ぐ 酒器六仙展  <入船亭>」の出展作家である味岡伸太郎氏と待ち合わせ! 味岡さんが出展された酒器5点セットは、Using different soil、And in many ways than、Type in the same while sake different elegance daily life has been set at five points、味岡さんらしい無骨さが作品に滲みでております! この日は出展者の1人でもある錫作家の山本一樹先生もご夫婦でいらしていたためわたしたちladeがプロデュースした富山の陶芸家「釋永岳 浜松展」でお逢いした以来の嬉しい再会となりました!ご無沙汰しております! 山本先生は現在「静岡文化芸術大学」の講師をされていらっしゃるのですが、This mountain is this teacher students、Has been accompanied by aiming for jewelry artist Yoshida hemp Bill CHAN、若き作家の卵の作品を見せて頂ける機会がありました! 銀やプラチナを用いて、Fairy jewelry animals plucked from the world of children's books, such as the motif、Attention to fine details、まるで小さな生命を感じるかのような心温まる作品たち! 大きな木の下でバイオリンを奏でるうさぎや、Rat race through the mushroom forest、Bears to collect stars and climb the ladder,、Story on the jewelry,、夢のようなワクワク感を与えてくれます♪素敵な世界観♪ 彼女の世界観の虜になったわたしは「えほんのうさぎ」という名でブランド展開をされていく若き作家先生に直筆サイン入りの絵本を頂戴致しました! こちらの作品は「卒業制作」のために制作されたものであり、But it is still impossible to sell with、彼女の今後の活動を応援していきたいと思います!...

Celebrate the new year at the Gallery "Gallery irifune" Toyohashi sake six Immortals during exhibition!

豊橋にある画廊「ギャラリーサンセリテ Gallery Sincerite」を営む野尻 眞理子さんが企画されるイベント「新春を寿ぐ 酒器六仙展」へやって参りました! 「アートのある住まい」をコンセプトに運河沿いに2006年に建てられた「太陽住宅株式会社」のショールーム「入船の家」は現在「ギャラリー入船」と名付けられ住宅展示場の1階を定期的に開催されるイベント会場として一般公開されています! 2017/1/14(土)〜1/24(火)まで開催されている展示会は、Pottery ajioka.、"Yasuhiro Arakawa.、"Inayoshi Osamu.、Lacquer ware "kawakatsu Sterling toozu.、硝子「栗原 瑠璃華 (Rurika Kurihara)"、錫「山本 一樹 (Kazuki Yamamoto)」と作家6人の作品が集う「酒器六仙展」となります! ぐい呑や盃、Sake bottle、Started to open.、Such as glass or wine cooler、美味しいお酒を愉しむには欠かせないアイテムが揃います! 日本酒を嗜む機会が増えると、What about sake even interest springs、手に取りながら自分に合った酒器選びをするのも楽しいものです♪ 豊橋に流れる運河を眺めながら、Spend a quiet moment、作家のお越しを待ちたいと思います!...

See Wine&Cafe Natsume ' 1, 1 pair only restaurant with wine and movie themed party

豊橋で1日1組しか営業されないフレンチの「Wine&Cafe夏目」さん。The owner is.、Cook is.、そして日本ソムリエ協会認定シニアソムリエの肩書を持つ夏目晴夫さんが2012年11月にオープン。At the hideaway restaurant has been open only at night。贅沢にも1晩に1組2名~8名(もしくは2組)のお客様限定で完全予約制の貸切。Without menu、As Natsume's Chef Omakase fish hors d'oeuvres、Vegetable dishes (matahasarada)、The main meat dish、Dessert、コーヒーの4,000円(税込)セミコースのみ。Beforehand、An like ingredients and cooking methods、Provide content that incorporates。And one of the pleasures is to have Natsume,who is a sommelier in each dish and choose wine that he has mariaged.。Restaurant rather than、彼の居城に招待されたかのようなサーブの徹底ぶりで贅沢極まりない時間を共有できます♪ 豊橋駅より趣のある路面電車(豊鉄市内線運賃前線均一大人150円小児80円)に乗り換え駅前から11個目の競輪場前で下車すれば目と鼻の先にあるのので交通の便が良いです♪ 路面電車越しの夏目さん。She is now very rarely seen streetcar runs、なかなか風情があります♪ 路面沿いのお店とはいえ、On the yard、White Oak and sasanqua、And planted shimatrineko、Serve to cut off the hustle and bustle of the outside world、Has become very relaxed。Originally, click here、The place where Natsume-san was run with his father was renovated.。その殆どが美術家でありデザイナーでもある味岡伸太郎氏と夏目さんの手作業で行われ、It was peeled off the concrete in front of the shop is the most difficult。The total amount of rubble of the peeled concrete is 5 tons.、After finishing its work,、Natsume back from an injury and got sick one day less。However,、The space born by ajioka, ideas and creativity、From that in Natsume's own joy and love is amazing、Ajioka's work in、手前味噌ながらにここが一番の出来と自負されているほどです♪ この日は先日浜松で開催したリーデルのワインセミナーにお誘いした夏目晴夫さんと今井憲彦さんをご紹介させていただいたことから生まれたご縁で今井さんから「是非とも夏目さんで忘年会と称して感謝の会を開催したいです!」と1ヶ月も前より強く希望されたことによって開催。To prepare from the book、主催であり幹事でもある今井さんが全てまかなってくださいました!ありがとうございます!今回今井さんが提案される忘年会のテーマは「ワインと映画」。Alright、今井さんセレクトのワインと映画がどのように絡み合って夏目さんの美味しい料理とマリアージュするのか楽しみですね♪ 店内の木のテーブルや椅子はリサイクルショップから購入してきた安価な物だと味岡さんから伺っておりますが、The taste of tables and chairs、味岡さんの手にかかりリサイクルすることで、While retaining the qualities of the original material、Transformed into not only one thing in this world is worthwhile。When I saw were taken in the first table and chairs、夏目さんは「これを使うのですか?」と、Cut out tree is so (laughs) was very concerned about、Enjoy the patchwork giving patching、Fix paint colors、By creating the wounds and coming up the antique、Furniture who have completed taste。まさに味岡イズムにより創られた世界がここに在るのです♪ 壁面のアート作品とも捉えられる壁掛けの照明は、Sprig wide made with paper and recycled paper is getting big。Same taste with bare light bulbs to decorate the table lamp shade。Were light leaking from it and hand-made accessories、このお店の温かみを醸し出しています♪ 夏目さんの静かでゆっくりと、And he talked about listening to pleasant bass voice。この声に魅了されるファンも少なくないでしょう♪ 1日1組しか取られない貸切のお店だからこそできる贅沢な空間で、Directing the free form。While until all members of the day、一足お先に1本目のスパークリングワインで立ち呑みスタートです(笑) 今井さんの中学校時代からの同級生であり大親友の村上記克さんがこの日のBGMをセレクトし、Compilation albums and getting us on the CD! During the、Up-tempo swinging and、Fit the atmosphere here is too moist、中でもお亡くなりになった俳優の高倉健さんがとても好きだった曲で映画「スモーク」のエンディング曲でもあるTom Waitsの「Innocent when you dream」など本当に素敵な選曲です!そしてそのCDを全員にプレゼントというサプライズ付き!村上さんありがとうございます♪(感謝) 「クラウディ・ベイ ペロリュス ブリュット NV」ニュージーランドマールボロー地区 ペロリュスは、1888Year-1912、船がクック海峡の危険な海域を渡る時に水先案内をしていたといわれているマールボロの有名なイルカの「ペロリュス ジャック」 にちなんで命名されたクラウディ・ベイが造っているNZのプレミアムスパークリングワインです。When this wine was selected Mr. Imai、事前に参加メンバーに「好きな映画は何ですか?」と質問し、There are wines named after all the movies! (Surprised) this wine、リュック・ベッソン監督ジャン・レノ主演の「レオン」が好きな村上さんのために用意された1本リュック・ベッソンの1988年の監督作品でジャン・レノも出演している「グラン・ブルー」に出てくるイルカをリンクさせてセレクト。Tasted like fresh bread、Nutty aftertaste、A creamy complexity and freshness、Is a good balance of all the really tasty sparkling。In a nifty rendition of Mr. Imai、残りのワイン5本がどのような想いでセレクトされたのか楽しみでなりません♪ 遅れて廣海遼くんとハルミちゃん夫妻が到着したところで着席し今井さんが主催する「感謝の忘年会2014」スタートです♪ 今井憲彦(性格控え目・内心情熱家・ワイン好き・彼女募集中) 乾杯! 村上記克さん夫妻 廣海遼&ハルミ夫妻 今井憲彦さんと根建亜弥子 夏目晴夫オーナーソムリエシェフ 料理の基本技術はフレンチであるけれど、Don't throw away that the Japanese and、Including elegant Japanese tableware owned by Natsume's great-grandfather、Looking for old Imari etc.、Or Showa vintage Noritake is also purchased、Ranging them the table。It's made with French bread、エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイルと中近東由来の混合スパイスであるデュカこのデュカは、Coriander and cumin seeds、Sesame seeds、Almond、Roast walnuts rock salt (nuchimaa Okinawa do this day:Salt) plus the、Extra virgin olive oil bread dip、In the one stroking this spice to、You can enjoy feeling the palate with complex spice and flavor。パンのおかわりはいくらでも♪ 「シモン・セロス ブラン・ド・ブラン ブリュット グラン・クリュ」フランス シャンパーニュ 今年も映画界で最も活躍しアニメ映画の代表作といえば「アナと雪の女王」興行収入ランキング2014年では、259.2億円を稼ぎ出し堂々の1位!「興行収入2番目は何かわかります?」と、Mr. Imai。The answer is、91.8億円の「STAND BY ME ドラえもん」だそうです!その流れで今井さんが大好きな映画「ルパン三世 カリオストロの城」の中の石川五右衛門がクラリスを観てたった一言放ったセリフ「可憐だ・・・」をこのシャンパーニュに例えてセレクト。The line is、あの銭形警部の名言とも言える「奴はとんでもないものを盗んでいきましたあなたの心です」ではないところが今井さんらしさを感じます(芸が細かいです笑)フィリップ・シモンの哲学として、"Delicate taste of the Court de Blanc Chardonnay with grapes、極限までピュアに表現する」こと。"It is、With delicious dishes fit in the true sense champagne、信じています」というしっかりした信念のもと造られたシャンパーニュはまさにその繊細さえゆに可憐です♪ 「三河湾のイナダの蒸焼 シャコのアメリケーヌソースで」 三河湾で漁れたイナダを奉書焼のように薄紙に包んで高温のオーブンで蒸焼、We in the rich American wind took a mantis shrimp with fresh crab and sole-source。After familiar garnish the spinach、State to 乾煎ri instead of hot water, boiled and dressed with salt and almond oil。Oil does not oxidize in the spinach even relieve hagumi and emphasize the sweetness, flavor。Shusse-UO → wakashan Inada → wrath → Yellowtail and grows an alternative name、ブリの幼魚イナダのように弾力のある白身にこのようなコクのあるソースの組み合わせも良いですね♪ ワインのサーブから、Cooking in the kitchen、配膳まで全て御1人でこなされる夏目さん。While waiting for the next dish、赤ワインが開けられました♪ 「ブルゴーニュ ルージュ 2011 ルーデュモン」フランス ブルゴーニュ 「天・地・人」のラベルでお馴染み日本人の仲田晃司さんが造るルー・デュモン。The finished wine Pinot Noir appeal exhaustively AC Blu masterpiece、映画に関係なく今井さんのお好きなワインの1つ♪ 「カレラ ジョシュ ジェンセン セレクション セントラルコースト ピノノワール 2012」カリフォルニア カリフォルニアのロマネ・コンティとも言わしめるピノ・ノワールの専門家カレラキャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットが主演するアメリカ映画の「ホリデイ」が好きなハルミちゃんに贈るワイン。Raspberry and cherry、Wild fragrance of the game felt somewhat entangled in complex、On the aroma of the undergrowth of the forest secretly feel Plumb and create layers of complex flavours of ripe cherries、During balanced feel creamy and taste wines.。In Cameron's lovely acting skills and charm worthy wines、最高に美味しいです♪ 「岩手産の牡蠣と野菜のオーブン焼」 低温で1時間半加熱して水分を飛ばした茄子に、Oyster shiitake Gifu with dried soybeans in Yamagata, Iwate、Put the thin slices of bacon, cooked down bleeding in Eggplant grilled juicy、It must be accompanied by pickled red peppers baked in the oven on the EX warmed and Broccoli (sautéed)。野菜の甘みと牡蠣のジューシィーさが見事にマッチング!意外にも牡蠣にシャンパーニュや白ワインではなく赤を合わせても美味しいということが判明!カレラとの相性が抜群です♪...

In the Toyokawa coastal Wildflower cooking Vol.6 in Yutani House by Mr. Shintaro ajioka eating natsuno grass!

豊橋駅(愛知県)~辰野駅(長野県)まで195.7kmの間に94もの駅があり平均駅間距離がわずか2.1kmのJR東日本飯田線。Beyond Yuya-Onsen station (middle station) one in the middle of the IIDA line、Walk 5 minutes IIDA towards a peaceful alley、Little House on the red roof comes into view across the tracks past the island crossing of rice。これがアーティスト味岡伸太郎氏の別邸「湯谷の家」となります。 Surrounded by green forests and mountains as far as、Peaceful land of cool toilet。Yutani House is located across the line without crossing over、Without crossing a line, manjimaru Yutani home。IIDA line、1At the time one is diamond suggests that the length of degree。In the House of Yutani、昨年2013年5月より、The four seasons once、3Society to experience the wild dishes over the years, done and done、2014年7月12日(土)は第6回「夏野草」の会となります。As well as the last、Ajioka, organizers for the invitation、夫婦2人で参加させてもらいました♪ 湯谷の家の向かいには宇連川(うれがわ)が流れており、At the four seasons, so pretty in the planked River stream、You can enjoy the wild is now increased by blue blessings of summer sun。This also、この付近で採れる野草を野草の達人である山野草研究家のゲーテ高橋氏と食・酒・旅の探求人露久保瑞恵さんの御2人が様々な野草料理で味岡さんの器でおもてなししてくれるというから楽しみです♪ 囲炉裏を囲み、Many wild food we lined veranda with tables made of wood。We saw or heard no wild type of array。And simple, is one and the same flavor as well.、Wildflowers of each suit in a well represented nature of palate。そんな野草料理たちを彩るように盛られた味岡さんの無骨で荒々しくも自然に溶け込むかのようなありのままの姿で模る器たちもまた風情があります♪ およそ20名弱の方々が集い、20 species provide delicious native cuisines、まずは料理説明を伺います♪ 先陣をきってゲーテ高橋さんが手掛けられた野草料理のレシピや野草の特徴など1品ずつ詳細を説明してくださいます♪ 調理する前の生の野草を持ちながらその野草が持ち合わせる特徴などを交えてくださるので食べるまでの工程がまた楽しいです♪ 味岡家愛犬の花子ちゃんを筆頭に皆さんも耳を澄まして珍しい野草や料理の説明に耳を傾けています♪ お次は露久保瑞恵さんから手掛けられた野草料理のレシピや野草の特徴など1品ずつ詳細を説明していただきます♪ 取り皿と箸をそれぞれに持ち全種の味わいを堪能しようと角テーブルごとに移動しながら食と会話が進みます♪ 今回も手土産に日本酒好きの味岡さんに日本酒を差し入れます日本酒とくれば我が家の近隣にある「酒のバオオ」さんで厳選します今回は「志太泉 純米吟醸原酒 八反35号」をお持ちしました。Kyouei co., I'm in rice of sake sashimi I've been using since the 1960s Hattan 35, since 2003, and reprinted in junmai ginjo sake、Drinks are being built every year.。Shizuoka flow are arranged subtly distinctive sour taste and flavor in the personality of the U.S.。And we finished with a clean taste dry classy effect。味岡さんの作られる個性的なお猪口で飲むとまた旨さが引き立ちますね♪ 岩煙草の胡麻酢和え スベリヒユの胡麻酢味噌和え ホソアオケイトウの湯の川和え ヒルガオの葉と花のシラス和え 岩煙草寿司 自然薯と葉と茄子のトロトロサラダ 木槿(ムクゲ)の花の甘酢和え 茗荷おこわ くちなしの花のレモン漬け ヤブミョウガの煮浸し オナモミ葉と黒瓜のウチナー風和え 擬宝珠(ぎぼうし)の花の甘酢和え ニワトコの葉のシラス和え 木槿の花のフリット ががいもの葉とオキアミの和え物 スベリヒユの葛寄せ温泉卵添え ホソアオケイトウの胡麻味噌和え 自然薯の葉とくちなしの花のお浸し オナモミのシーチキン和え 昼顔のもずく酢 アメリカタカサブロウの葉胡麻和え どれも美味しくいただいたのですが個人的にヒットした野草料理は「岩煙草の胡麻酢和え」「岩煙草寿司」と写真で掲げている手の平以上に大きな葉っぱの料理です!「ががいもの葉とオキアミの和え物」は白米に混ぜて混ぜご飯でいただくと最高でした!彩りも良くヌルッとした食感が楽しめたのが「木槿(ムクゲ)の花の甘酢和え」。This is what wild food in only the first experiences very valuable experience! Talk about mushrooms and horse radish to grow wild in the neighborhood, including exciting、「毒キノコの毒見が誰がする?」と、The next time、At the fall of wild food、もしかしたら怪しいキノコが出てくるかもしれません(笑) 湯谷の家を下った先直ぐに見渡せる宇連川(うれがわ)。In the clean water flow is too loose for、子供たちの格好の遊び場となっています!わたしも水着持参で伺いたいもの(笑) 味岡さんが自ら手を加え、The Yutani continue renovating garden、It has become an art gallery but this。Now, though,、増築を計画されているようですので面白くなりそうな予感です♪ 1日に数本の飯田線電車が走りゆく音に耳を傾け、Murmuring of a stream and the cicada's voice amid the summer weekend afternoons。The next time、野草料理の会は「秋」の会を予定されているようですまた皆さんとお会いできるのを楽しみにしております♪ 味岡伸太郎 http://www.ajioka3.com/...

Scroll to top