Yugawara birthday lunch surrounded by bamboo forest "ellcambis" and spend a blissful!

Create a fantastic sense of the world, surrounded by bamboo forest on Yugawara、Provides authentic French cuisine incorporating Japanese Japan atmosphere and refined techniques "HERLEQUIN BIS (HERLEQUIN BIS) "In in to a birthday lunch!

Here you will、2010Since the us first years、Many times in celebration of Memorial Day, we visited、Still "the best proposal to place" as the best memories.

On the day of marriage、In a surprise from her husband、Chef Ito Junichi JUNICHI ITO, I started、Madam and the staff involved big Daisakusen is fit success、Tears touching finale to still remember like yesterday! Moving scene again!

And、And the quality of how many times you visit not come in tired、Whenever I visit the US welcomed with a warm heart、Thanked Ito chef who impressed time and time again the dishes!

そんな素敵な思い出が詰まった大好きなレストランにて今回は45歳の誕生日を祝してもう一つの幻のドン・ペリニョンと呼ばれるChampagne「J.M.ゴビヤール ブリュット トラディション(J.M.gobillard Brut Tradition)」にて乾杯!

伊東シェフには以前もご協力して頂きましたが、This time though welade Gourmet & Hotel Web MagazineHave a wish to travel with the series to、Potter appeared as no. 1 project 'Wing Yue release (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Who participated in the planning part 2Shimoo, Kazuhiko (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)Is it writer's unit "Shimoo Design"The symbolizing the beauty of Japan、To be reasonable and not forget the beautiful wood instruments and collaboration!

At one point one point that we let her hold on the desktop with、楽しそうに選別される伊東シェフ!何と!今回は「木漏れ日のランチ」3,500円(消費税・サービス料別)の全ての料理とコラボしてくださいました!

Shop、White stucco walls lined with natural stone resting on floor、Dark stained glass window overlooking bamboo groves, the table provides 45 seats、Savor the extraordinary time, quiet、優雅なランチタイムが始まります!

Elegant bamboo forest filled with the taste of Japan、日本人が本来持つ「静の心」と「動の心」が存在すると伊東シェフは考えられており、Here you will、Emotional to eliminate useless things, order only what you really need、During the course of the time rich and spacious、幸せだと感じられる瞬間を過ごしていただきたいと願われているのです!

On this day、雨露をしっとりと含んだ竹林がいつもより一層色濃く輝いており心から安らぐ「日本の情緒」を堪能しながらの至福のひとときの始まりです!

[木漏れ日ランチ~Menu~]
①アミューズ・ブーシュ「パニプリ、Salami、自家製ピクルス」×「Gaku SyakunagaMars himawari.
インド料理の定番おやつとして知られる「パニプリ」にはひよこ豆ボロネーゼフロマージュブランミントのスープにミントを添えて!

カリカリ食感の中に異国情緒溢れるスパイスの香りが満載でとても爽やかなフィンガーフード!

②一の前菜「ヤリイカのグリル コリアンダー風味のマリネ」×「Gaku Syakunaga Gen one dish.、"Shimoo Design Floating like rim plate.
隠し包丁を入れたヤリイカの表面をサッとグリルし中はレアで仕上げ人参と玉葱大根をコリアンダーや八角でマリネしたものを敷きフレッシュな林檎と松の実を添えてカシスフルーツとバジルの2種のソースで!
ヤリイカの香ばしさと甘味に根菜類のマリネが浅漬け具合で程良い食感を残しており複雑味を帯びたスパイスとの相性も抜群!

Go there、青林檎のシャキシャキとした食感がアクセントになり僅かな酸味が爽やかな余韻を添え思わず顔がほころんでしまう味わい!ヤリイカの美しい白肌を釋永岳の黒釉で魅せるも乙ですし木目の優しさと自然が創り出す木の力強さが感じられる浮様の世界感もまた素敵!同じ料理でありながらも器が変わるとこんなにも印象が変わるのだと教えてくれます!

③「自家製バゲット」×「Gaku Syakunaga Gen one dish.

④二の前菜「地鶏のささみ」×「Gaku Syakunaga リバーシブルシャーレmars 平皿」
地鶏のささみに赤海老と帆立貝のたたきを詰めてパート・ド・フリュイで巻いてから表面はカリッと中はしっとりと焼き上げパプリカと焼き茄子のソースでいただきます!

細やかな手法で手を掛けることを惜しまない料理は味わい深く噛めば噛むほどに食材同士のハーモニーが気分を上げてくれます!一歩間違えれば弾力の強さが際立ってしまう”ささみ”をこんなにも繊細な料理に仕上げてしまうシェフの腕に脱帽!

⑤スープ「白菜のスープ」×「Gaku Syakunaga Gen bowl、Gen thin pots.
白菜を少量のベーコンと共に煮込み塩味を抑え白菜本来の甘味を楽しむ一品!スープはどれだけ美味しくても少量で頂くのが一番!

多いと胃がタポタポになってしまうからというのもありますがその僅かな量で得られる幸福感が醸し出す余韻は脳裏に焼き付きその野菜が美味しく感じる季節にふと「あぁまたあのスープが飲みたい!」と思わず足を運んでしまうという具合の量が良いのです!

2016年12月から厨房に新しいスタッフとして渋谷さんが入店され今は伊東シェフの右腕として活躍されています!
代官山の有名店にてお勤めされていたところを伊東シェフに抜擢された渋谷さん!伊東シェフやマダムを支えてくれるセンスの良いスタッフが見つかり嬉しい限りです!

⑥魚料理「鹿児島県阿久根の鱧と根菜」×「Gaku Syakunaga áge new.
大きな鱧は骨切りした後魚と帆立の出汁で煮込みふわふわの食感で花を開かせており彩り溢れる根菜類と一緒に楽しみます!蛋白な鱧ゆえにイタリアのチンタセネーゼの背脂を塩漬けにしたラルドを添えてありその脂が本当に良い仕事をしています!

⑦肉料理「フランス産仔羊のロティ」×「Gaku Syakunaga áge」
仔羊のロティは初々しい御姿で登場し見事な火入れ!
ソースは魚と羊の骨から取れる出汁を煮詰め奥深い味わいに仕上がっています!口中で溢れる肉汁と旨味で思わず「ほっぺた落ちそう!」と昔懐かしのフレーズが飛び出す始末!
フランス産のジロール茸とプルロットマッシュルームを添えて秋の香りを楽しみます!

⑧デザート「バースデープレート」
遅がけのランチタイムで訪れたためいつの間にやら店内にはわたし達だけといった頃合いに嬉しいことにサプライズで「Joyeux anniversaire Ayaco!!」とデコレーションしてくださったデザートの盛り合わせが登場!

此処で何回お祝いの日を迎えたことでしょう!

⑨デザート「ダックワーズとヌガーのムース、Wasanbon ice cream、山葡萄 source、Brazil pudding "x"Gaku Syakunaga Carpenters cut、Gen thin pots.
The Madam's sister marriage with Brazil that trigger the、Trials based on Ito chef has made in Brazil snack pudding recipe、Japanese tongue that fits、Pudding recipes of your own complete, made with Brazil pudding here!
Than any pudding、In the exquisite balance of smoothness and elasticity, can be many times as the flavor and not get bored!
Ito chef dishes and desserts、Gently, leaning on the stomach which、It is a body pleasing to taste!

(9) "espresso" coffee or tea x "Gaku Syakunaga Too much drinking glass goblet.
Now、In the new home of Hamamatsu、We held 釋 Yong Yue ceramic art exhibition would be approximately 3 years、This "too much drinking cup" series is also popular high gotten a lot of orders!
Originally、Try our delicious drinking sake、Limit is thinner and made a cup、We have coffee or green tea.、Or used in many ways, such as soup or appetizer, has made a big success!

In last year's 3/2017 "XIV Yugawara Palace"Since its inception、"Elle can service" would be near the advantage that Aya takes consecutive day seems like crowded that、This time the、Hear the story in itself slowly and enjoy chef Ito's、誕生日を締めくくるに相応しいひとときを過ごせました!

After the meal、いつもの如く伊東シェフとマダムを囲み、In addition、新しいキッチンスタッフの渋谷さんを交えて記念撮影!

帰りの道中はすっかり雨も上がり澄んだ空気と幻想的な雲に覆われた富士山がまるで祝ってくれているかのようでした!

HERLEQUIN BIS(エルルカンビス)
Address:Kanagawa Prefecture ashigara ashigarashimo-gun Yugawara-machi miyanoue 744 -49
TEL:0465-62-3633
Hours of operation:Lunch 11:30-13:30(L. O.)、Dinner 18:00-20:30(L. O.)
Closed on Mondays:Wednesday
http://herlequin.com/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top