lade | WEB Magazine, de la Espriella

It's focusing on gourmet, Hamamatsu-Shi, Shizuoka、Overseas travel、To deliver the lifestyle information such as design WEB Magazine alleys

Italian counter seats only 'brirantesuzuki' get-together dinner.

2014/06/10

RIZ0026

Tokyo's Nishi-Azabu "Ristorante alport"The later trained under chef Kataoka Ichigo、An independent Honda Tetsuya there had been sous chef Chef "Ristorante HONDA"But the arm polished、A year or so after his training in Italy、To return to the local city Hamamatsu independence open.Tomoki SuzukiChef shop "BRILLANTE IL SUZUKI brirantesuzuki"Mr.。From the train station 10 minutes walk from pub Street lamp Street within walking distance、Tantalizing smell of grilled chicken、Narrow backstreets of little unusual places。Is marked with a red sign was hung on the wall.

RIZ0030

Climb up stairs、Wood dark brown to olive trees decorated with iron art door、Here is the entrance。"Brillante"And is in Italy"Shine""Glamorous"A word that means。Hamamatsu City、And want to shine with your legs to carry... and I think not, so the name!

_RDV0666

Shop counter seats only.10Seat。My grandfather、To my fatherArchitectIn a Suzuki chef、I feel the attention to design and make the space。And chef also Scandinavian furniture like Suzuki's thoughts are put thereChairThe、There is a rounded back、I didn't get tired sitting、Good as armchair length、Gem cherry wood color changes through the years and was chosen?。Italy who is 1-2 hours, let alone、3-Have a habit over time of about 4 hours, and enjoying a meal。Eager to spend much time on select chairs。Commitment is not in the Chair、One of the items for enjoying food、CutleryAlso reflects the。Sanjo manufacturer a co-production with lacquer cutlery、Lacquered glossy red dyed bright table。It is also is affixed to the side of the knife and fork chopsticks nice。The menu is、18From: 21 a.m.TheCoursesHas become、6,480CircleAnd10,800CircleThe two courses only、10,800CircleOf course it is ideal's reservation 3 days before。21At:The、À la carteIn the time zone where you can enjoy and will。On this day、友人夫妻にお誘いを受けての懇親会ディナー♪

_RDV0656

その友人とは明治10年Of the establishment "Daikokuya"The President andBased on Makoto Suzukiくんと奥様の絵理ちゃん夫妻。2 people、大学が一緒だったことから長いお付き合いの末ご結婚されているベテラン夫婦まだ幼いお子さん達は今回はお留守番ということで語学堪能の御2人とそして良妻賢母の絵理ちゃんとの会話が楽しく弾みます♪

_RDV0652

「ブリュット・プルミエ/ルイ・ロデレール」フランス シャンパーニュ

1776 yearに設立された老舗シャンパーニュメゾンルイ・ロデレールルイ・ロデレールが誇るスタンダードシャンパーニュブリュット・プルミエは「熟成感とフレッシュさ」「エレガンスと強さ」これらの相対する要素を見事に融和させたバランスの良さが一番の魅力成熟した豊かな風味と堅固な骨格がありエネルギッシュかつエレガントという独特な風合いを持っています。Grape varieties:ピノ・ノワール40%シャルドネ40%ピノ・ムニエ20%フレッシュ且つ芳醇で丸みのある味わいと泡立ちでまずは乾杯♪

_RDV0653

"Homemade Grissini" トマトと黒胡麻の2種

_RDV0655

アミューズ「魚介とジュンサイのカクテル」

多年生の水生植物で初夏の椀物によく出されるジュンサイを魚介やトマトと共にさっぱりと夏の涼を味わう1品淡白な味とツルンとした舌触りに粘り気プルプルとした歯応え爽やかなソースでいただきます♪

_RDV0658

前菜「会津産 馬肉と仏産 フォアグラのカルパッチョ」

柔らかくしっとり仕上げた馬肉の上にフォアグラを重ねパルミジャーノを散らし一緒に味わい三位一体のバランスを楽しむ1品旬のとうもろこしである甘々娘とアスパラソバージュを添えて彩りも楽しみます♪

_RDV0660

Homemade breadUsing whole wheat flour、Good flavor, and sweet、Goes well with the sauce and soft。

_RDV0661

「シャルドネ プラネタ」イタリア シチリア

リッチで濃厚な果実感ピーチのムースなどの香りオレンジの花の蜜のようなヒントにナッツを思わせるトーンほのかにオーク樽に由来する香りがあります味わいは柔らかく丸みがあり魅惑的アルコール度数が高いため濃厚な印象酸味と構成のあるワインです♪

_RDV0662

冷製パスタ「ズワイガニとガスパチョのカッペリーニ」

細かく解いたズワイガニをたっぷりと使用し飲むサラダとも言われるガスパチョに合わせて繊細なカッペリーニでいただきます優しい酸味とほのかな甘味そして爽やかなガスパチョにズワイガニの出汁が広がる贅沢な1品♪

_RDV0667

リゾット「サマートリュフと一年熟成米のリゾット」

イタリアでは古米ならぬ熟成米がリゾットに向いているとされています。This time the、一年熟成させたお米をリゾットに使用新米に比べて加熱時の吸収率が高い 熟成米はブロードをたっぷりと吸いお米の膨らみ率も高くなります。And、澱粉質の変化によって表面の細胞膜が強くお米の粒は破裂したり崩れたりしづらく食感が楽しめリゾットに大変向いたお米と言えるようですサマートリュフを細かく刻みこのままでも十分に香りを楽しめるのですが…

_RDV0669

「トリュフ」

マイクロプレーン社製のチーズグレーターでサマートリュフを削るとまるでサマートリュフがパッと見とろろ昆布のように(笑)こちらのトリュフをお好みでリゾットに這わせていただきさらに香りを楽しみます♪

_RDV0674

肉料理「豪産 仔羊のロースト 赤ワインソース 季節の野菜添え」

オーストラリア産の仔羊をブロックでローストカットした面は美しくロゼに染まりその弾力たるや肉食には堪らない程のジューシィーさに仕上げています赤ワインのソースタプナードサルサベルデの3種のソースと季節の野菜と共に楽しみますカットする前のブロックをオーブンから取り出し弾力を確かめる鈴木くんの自信に満ち溢れた満面の笑みが今でも忘れられません(笑)仔羊がどちらかというと苦手なわたし達ですが今までいただいたどの仔羊よりも臭みがなくベストな火入れを味わうことができました。No wonder、この仔羊ちゃんは羊のミルクしか飲んでいない乳のみ仔羊なのだそうです仔羊独特の独特の風味は残しつつも臭みだけを消し食べやすい様工夫をこらしてくれてあるからこその味わい苦手意識の高い食材をもご馳走に変えてくれる鈴木くんの腕に脱帽ですね♪

_RDV0677

デザート「季節のフルーツのジュレ ココナッツのグラニテと供に」

季節のフルーツをジュレでくるませた爽やかな初夏のデザート涼しげに盛られたココナッツのグラニテが優しい甘味とまろやかなコクを引き出しジュレとの一体感を楽しめます♪

_RDV0679

"Coffee"

The cup of、Okinawa's writer's work?。You can feel the warm but chic.、The where?。鈴木くん達は年に数回沖縄に出向き器などの仕入れ調達に行かれるとのこと。Recent、なかなかイタリアへは行けていないようで「そろそろ行きたい…」とボヤいていました(笑)沖縄と違って最低でも8日~10日ほどのお休みが必要になる海外旅行月の3分の1のお休みをいただくのはなかなか厳しいようですね。That is the、鈴木くんがイタリアへ勉強に出向くことでまた新たな引き出しと創造性を豊かにしてくれることも楽しみでなりません♪

_RDV0680

小菓子「チャンバリーナ(チョコの焼き菓子)とフランボワーズのパートドフリュイ"

In foreground、Belgium industrial、カカオ70%と63%の2種類をブレンドすることで生まれた口溶け滑らかで芳醇なカカオの香り豊かな半生タイプの焼き菓子。At the back is、酸味優しいフランボワーズのパート・ド・フリュイですパート・ド・フリュイとはフルーツのピューレなどを固めて砂糖をまぶしたフランスの伝統的なコンフィズリー(砂糖菓子)のことたっぷり詰まった果実の風味はお茶請けにピッタリです♪

_RDV0682

Jasmine tea

ゆったりとした優雅な時間そして美味しい料理とワインたちその時間をより楽しいものにするのは趣味嗜好の合う仲間との贅沢なひと時まだお子様も小さいがゆえに普段は外食をあまりされない鈴木くん夫妻だそうですが家ではもっぱら和食が多いとのことお出汁にも気を遣われる絵理ちゃんのお料理はきっと上品な味付けで美味しい料理が食卓に並ぶのでしょう料理教室にも定期的に通われているとのことなのでいろいろと教えてもらえたら嬉しいですね鈴木くん、Feast we did!

BRILLANTE IL SUZUKI brirantesuzuki
Address:Hamamatsu-Shi Naka-ku, 322-13 lamp alley building 2F TEL:053-596-9620
Hours of operation:Omakase course 18:00-21:00 À la carte 21:00-23:00(L.O) Closed on Mondays:Wednesday
http://www.brillantesuzuki.com/

322 -13 tamachi, Naka-ku, Hamamatsu City

Shizuoka Prefecture West Center packed with information on gourmet restaurants in Tokyo, Nagoya and overseas!
Food log version caches to currently provides information on gourmet restaurants in more than 700。
<kakesta>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
Events and cuisine photo WEB album
See the photo album has been taking a Google Photo of lade。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

WINE CLUB HAMAMATSU third Champagne Party @ sanaruko Lake coming soon! Tour the seafood Union housing KOWA living Center Hamamatsu East store model
WINE CLUB HAMAMATSU third Champagne Party @ sanaruko Lake coming soon!
Tour the seafood Union housing KOWA living Center Hamamatsu East store model

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | lade - Lifestyle WEB magazine | Company Profile | Google
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. I will strictly prohibited unauthorized copy or reproduction of published articles, images