Vini del Bottegon, a casual Italian restaurant in Nagoya

Taro Yamaguchi, who operates "MIPROVINI Co., Ltd.", which operates wine dining mainly at Italian restaurants in Nagoya, opened his first Italian restaurant in 2012 at vini del BOTTEGON! Mr. Taro, the owner、"Enoteka Pinchioli" and "Ritz-Carlton Hotel"、I have been active as a sommelier in various Italian、Using that experience to launch a company,、飲食店を多店舗展開されています! 地元の師崎や伊良湖より仕入れる鮮魚をはじめ、In addition to abundantly handling fresh pesticide-free vegetables from the 60th Peninsula、Because Taro is from Shiga Prefecture、メイン料理には滋賀の「肉のサカエヤ」より仕入れる極上の熟成肉や近江牛を使われるなど、Carefully selected ingredients are finished in a unique style。By the selection of Taro who is the sommelier owner、常時3,000本以上を保有するワインも楽しめるワイン&ダイニングです! 店内は木の温もりと落ち着きのあるクラシカルな雰囲気で居心地の良さがありコロナ禍でありながらも多くの常連客に愛され連日大盛況のレストラン! この日は名古屋での仕事を終え、After the peak of lunchtime、ラストオーダーにギリギリ間に合い滑り込みセーフでかろうじて空いていたカウンター席を用意していただきました! テーブル席よりカウンター席にて厨房の臨場感を味わうのが大好きな私たちカウンター席のあるレストランが大好きです! 前菜の盛り合わせの盛り付けに入る堀シェフの真剣な眼差し美味しそうな香りが立ち込め食欲をそそられます! 仕事の合間ということもあり、It's a good feeling that you can't enjoy wine with this dish.、I am glad that I can take lunch time after a long time! There are a lot of restaurants that I want to visit when I come to Nagoya for lunch.、When it comes to eating smoothly in a short time, it is not only a course dish、After all, shops with à la carte are available as an option.。You can enjoy both course meals and à la carte dishes here.、調整できるのが有難いです! 「前菜の盛り合わせ」 手前から、Irako Bonito Carpaccio、White peach and ullahta cheese、Braised Omi beef cheek and three kinds of platter。 First of all, from the strongest combination with peach, which is a seasonal fruit, and fresh and creamy ullahta cheese。And fresh bonito ed with sea grapes from Izenami Island, a remote island in Okinawa where the petit texture is unbearable、Taste and deeply enjoy the grilled eggplant grilled with charcoal with the flavor。最後にはランチにも関わらず近江牛がいただけるという贅沢なアンティパストミストです! 堀シェフと中川さんの御二人で満杯の店内を回しているようで、While you're going to be busy、丁寧に対応していただきました!(感謝) 「自家製フォカッチャ」 ふわっと柔らかな仕上がりながらに、Focaccia that you can enjoy a chewy texture that is easy to eat、Salted plums are also a good feeling! I will put it on the pasta sauce! "Spaghetti Fresh Fish Arlio Ario e Peperoncino Bottarga Flavor" To finish with plenty of Bottarga (karasumi)、目の前に出されると立ち込める香りにノックアウト! ふっくらと柔らかく仕上げた身厚の白魚との相性も抜群で人気の高いメニューです! 「オーストラリア冬トリュフたっぷりのマッシュルームペーストスパゲティ」 メニューにはイタリアの夏トリュフと書かれていましたが、On this day, they shaved off australian fragrant winter truffles! Winter truffles with a more mellow aroma than summer truffles。Plenty of pasta to hide。まさに贅沢の極み!ランチタイムでもこのクオリティで提供されているから素敵です! 「北海道 礼文島の生雲丹たっぷりのクリームソースのスパゲティ」 カラスミ、Following truffles、その圧倒的な存在感たるや!日本最北端の離島礼文島の生雲丹のお出ましです! 北海道産の生雲丹の中でも濃厚で旨み溢れる味わいと絶賛されている礼文島の生雲丹をふんだんに用いたクリームパスタ! 上に添えるだけでなく、Because tapuri and raw sea urchin are also used for cream sauce、香り豊かに濃厚な味わいが堪らない! 濃厚な生雲丹の甘みをソースに絡めながらフォカッチャにも添えて楽しみます! 「本日のドルチェ」 甘さ控え目のティラミスに、Ripe mango with a thick richness、そしてミルキーなジェラートとデザートまでしっかりと楽しんでしまいました! 「食後のコーヒー」 気付けば最後の客になってしまいましたが食後のコーヒーをいただきながら満ち足りたひとときに大満足! 太郎さん、Staff、有難う御座いました!またゆっくり伺いたいです! ヴィーニデルボッテゴン(VINI DEL BOTTEGON) 住所:Tsukasa Building 1F TEL, 2-21-3 Izumi, Higashi-ku, Nagoya City, Aichi Prefecture:050-5593-7568 Hours of operation:Monday to Sunday lunch 11:30-15:00( L.O.14:00-、Dinner 17:30-24:00(L.O.23:00) Closed:Occasionally parking:無し...

A pet-accessible café where you can relax in the 50-year-old atelier and lush garden of "Garden House Kamakura"

A three-day excursion with my dog Chocolat to Zushi and Kamakura in late May when the greenery is getting darker。 Daisuke Matsumiya, the manager and representative of the operating company of the old private house hotel "Kamakura Kokoko" where he stayed (Daisuke Matsumiya)I was renovated from the atelier of 50 years of construction to introduce the café where ♪ can be accompanied by pets and go out to morning、Go to garden house KAMAKURA, which is popular for relaxing in a lush garden! The place is about a 3-minute walk from the west exit of Kamakura Station.、It exists in a good location between "Kinokuniya Kamakura store" and "Starbucks coffee Kamakura Onseicho store"。 Kamakura is dotted with pet-accessible restaurants and cafes。 This is a restaurant and café that was born in Kamakura in October 2012.、We have restaurants in Kamakura and Shinjuku.、Bakery shop in Sokanyama、In addition, it is a group that there are dealers in Yokohama! Windy garden terrace。 Because it is a popular café、The garden terrace full of openness is almost full! The natural and woody interior also calms down。 The concept will be "Season-inspired" and "Fine-works".、With the theme of season and handmade、The dishes were made with shonan's seasonal ingredients.、A variety of daily small plates, pizzas and pastas、Pancake、Prepare exciting main dishes such as roasting a whole pigeon、Collaborated with kamakura ham maker "Kamakura Ham Tomioka Shokai" with local Kamakura、Northern CALIFORNIA style dishes using handmade loin ham that can only be eaten here! Select products handled in Kamakura are also sold in the store、You can also get souvenirs after enjoying the meal! Also、It is also collaborated with Kamakura Beer, which is making craft beer in Kamakura.、Garden HOUSE original craft beer according to the season is packed in a barrel first thing in the morning and sent directly、ここでしか味わえない出来立てクラフトビールやソムリエ厳選のナチュールワインも楽しめます! ガーデンテラスで外の風に当たりながら楽しむクラフトビールやワインはきっと美味しくいただけることでしょう! 私たちは愛犬ショコラと共にガーデンテラスへ。 Morning 9:00-10:30The time zone until becomes a morning menu、朝食がいただけます! 「トーストセット」700yen+350yen 新鮮な彩りの良いグリーンサラダにドレッシングが添えられ、Boiled egg、Pando Campagne is served with the restaurant's original homemade buttermilk。 こちらに+350yenで「鎌倉ハム富岡商会」のグリルドベーコンを追加オーダー! 厳選した小麦と自家製酵母で焼き上げるパンドカンパーニュ(田舎パン)は、You can enjoy a strong sourness and rich umami with a firm texture、自家製バターとの組み合わせも絶妙です! 厚めにスライスされた鎌倉ハムのグリルドベーコンは、Pork belly salted for more than 5 days with aged bacon、香ばしさと旨味がほとばしります! 「スープ ‘ピストゥ’」980yen 南仏プロヴァンス風、Soup with plenty of beans and vegetable herbs。 Pistu is a sauce made with basil from the Provance region of France.、This is "Soup opistu" finished in a warm soup。 The smell of basil is refreshing、The dashi stock from the vegetables creates a gentle taste.。There is also a sense of volume of white green beans、食べるスープとして朝食にピッタリです! サイドメニュー「ガーデナーズサラダ」ハーフサイズ600yen 瑞々しいグリーンサラダはハーフサイズでもこのボリューム! やはり朝はフレッシュサラダに限りますね♪ 愛犬ショコラと一緒に楽しむことができるガーデンテラス! 他のお客様でもワンコ連れの方がいらっしゃったりとワンコ同士の交流も。 There is no food menu for dogs.、While giving water and snacks brought with you、楽しいひとときを過ごせます♪ セットドリンク「アイスコーヒー ホットコーヒー」 ホットコーヒーに関してはマグカップにたっぷりと注がれてくるのでゆったりとした時間を過ごしたい方にも最適です! とても可愛いお子さんを連れた外国人親子の姿がありガーデンテラスの雰囲気とマッチして海外にいる気分が味わえました! 鎌倉ではお洒落なレストランや雰囲気の良いカフェ散策が楽しめ訪れるたびに新しい発見があります! さらに、A city in Kamakura that is friendly to dog。お勧めです♪ ガーデンハウス鎌倉(GARDEN HOUSE KAMAKURA) 住所神奈川県鎌倉市御成町15-46 TEL:050-5872-3379 Hours of operation:9:00-20:00(L.O.19:00) Closed:不定休 ※ガーデンテラスのみペット同伴可 https://ghghgh.jp/...

I rented Fujieda's French restaurant with a friend to celebrate my "Lagap" birthday.

11Monday, September 9、47Celebrating my birthday when I'm 20 years old、藤枝の「フランス料理 レストランラガップ L’AGAPE」を旦那様と友人が貸切にしてくれました! ここ数年は海外で迎える誕生日が定番になりつつありましたが、In this corona、Because even outings outside the prefecture, let alone overseas, are under severe conditions、今年は静岡県内のお気に入りのお店をセレクト! 先日、With the opening of the shop、Takayuki Matsushita of restaurant Lagap gave me a wonderful celebratory flower.、「バースデーはラガップがいいな♪」と旦那様にリクエストさせて頂きました! 随分と久しぶりに電車に乗り、Swaying and shaking、1 hour to Fujieda Station。"Mask"、"Disinfect your hands in small numbers"、"Spacing with Social Distance"、We who have learned such actions as a matter of course。I think that there were a lot of people who spent quietly with few conversations on the train.。 Restaurant Lagap in a corner of a tenant building along Qingdao Junior High School Street in Aoba-cho, Fujieda City。 Matsushita, owner-chef Takayuki (Takayuki Matsusita).、Tokyo、Gain some experience in your stores in the Kansai region、After training in France、2008Independence in September、12To the restaurant where the years flow。わたし達夫婦も2013年に訪れてから早くも7年以上通い続けているお気に入りのレストランとなります! 店内はシンプルに白を基調とし、A restaurant full of a sense of privateity with about 10 seats。What's more, thank you.、Because it becomes a charter reservation this time、テーブル席を悠々と使わせていただけます!(感謝) ランチメニューは1,800円の気軽なAコースから、Up to 10000 Yen course with Chef's seasonal ingredients and capable of handling 5-course、In the course of all Pan (pork Rillettes with)、Soup, and Cafe、It will be with dessert.。On this day、Tell Chef Matsushita what you like、おまかせコースで持ち込みワインと共に至福のひとときを楽しませていただきます! 同席してくださった藤枝出身の友人・杉浦明さんは、He's been on lde a few times.、I'm a little wonder if you know、If you were active as a manager of the opening staff of the former "Maserati Hamamatsu"、Now it's independent、New cars and used cars、販売整備をされる会社「Garage Sugiura(ガレージ杉浦)」を開設されています! クラシカルでレアな車から定番の車までメーカーや車種問わずに丁寧に対応してくださるので、If you have any problems with your car、Please feel free to consult with us.。My mother is also very much indebted to me.、If you say "Mr. Sugiura when you are in trouble" and say a voice、飛んで来てくださるので安心してお任せすることができます! さて、As a congratulatory Champagne、「ペリエ・ジュエ グラン ブリュット(Perrier Jouet Grand Brut)」を開栓し乾杯! ピノ・ノワールをベースにピノ・ムニエがフルーティーなまろやかな丸みと肉厚で複雑味を感じる深みと余韻が続き、It will be a wine suitable for the beginning of an elegant course! "Foie Gras Terrine Caramelized" When you come here、This appetizer is a dish that can not be removed! Marinated in Madera and Sherry、Caramelize fragrant terrine of smooth foie gras melting in the mouth。Served with toasted brioche and red ball puree、The time of bliss came every bite of rich foie gras.、Enjoy the deep taste、Excellent compatibility with Champagne! "Hokkaido cod cod with potato crepes wrapped in egg" Inca mezame、Milk、Flour、Crepe dough made with butter wrapped in a true white child is wrapped and baked.。 The sauce is made with cream sauce made with Madera and white wine.、Fluffy crepe with the fragrant aroma of potatoes and butter、It is gently licked by Shirako as if it were a duvet.、She faints in agony to a very cute Shirako! "Smoked Oysters from Lake Hamana Taro Galette" Smoked marinated oysters、Garette with Taro。In winter, you have to eat oysters before you start! Oyster fries are a staple in our house.、Oysters will also feel happy if cooked like this! The sweetness and smooth texture of the taro galette and garlic flavored sauce will whet your appetite! Marcel Dice Gewurztraminer 2007: Lychee and flower fragrances、余韻の長いアルザスのワイン! 「湯種自家製パンとフランスパン ポークリエット添え」 湯種製法を用いてふんわりもっちりと甘い香りが立ち込める丸パンとフランスパンはスープとの相性抜群です!添えられるポークリエットに合わせていただきます! 「春菊のスープ」 玉葱、Potato、Cook with boiled milk and water to make the base of the soup、After lightly boiling the leaves of the chrysanthemum in it、a soup that has been smoothly finished in a blender。Elegant and mellow soup、The remaining fragrance of the fragrant chrysanthemum that comes out of the nose is an unbearable dish for chrysanthemum lovers! "Nemuro Venison Sirloin Roast" Nemuro-available fawn purchased here every year。Roast only the core of the back meat part、Red wine-based sauce with charred butter flavor、Red wine and vinegar for garning、Braised red cabbage stewed with honey and simmered carrots with charred butter、1000000000000000000000000000000000000000。Ragap's main cooking potion is hearty、噛めば噛むほどに野生の旨味が感じられるジビエ料理肉厚ならでは旨味と食べ応えが楽しめます! 「フランス・シャラン産 窒息鴨のロースト」 こちらのお店でわたし達夫婦の一押しメニューがこのビュルゴー家シャラン産の窒息鴨です。Do not eat the duck in this shop!、Will life.、I'm sure (laughs) What is Etfe (suffocation)?、Originally、Put the needle to the back of the neck、And in a State of suspended animation、The bird carcass without removing blood.、Is there a way to ETFE with electric shock in recent。By letting ETFE、With engorged blood in the body of the duck、As a result the blood into the meat rotates。Thereby、Strong flavor of duck meat containing iron is delicious。 The aroma is increased by applying boiled honey to etfe (suffocating) duck meat and roasting the skin with scorching、It is finished without missing the umami of the meat。 This time too, with a splendid fire、I can imagine the taste of the knife the moment I put it in.、Get big smiles。When chewed, the aroma of the skin becomes umami.、The thick part has moderate elasticity、Juice overflows.。And spread, rich with juice、Body and soft and moist and rich, smooth。 It is a dish that I do not know how many times I have already received、It is a dish that leads you to a time of bliss without getting tired! "Hospis de Beaune...

"Babble & cocktail dinner at the riverside dyed with rum" illumination

All-dining restaurant "Babble" at Riva Surya Bangkok, bangkok's riverside hotel & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」にてカクテルディナー! バブル&ラムは朝6:30- Night 0:00To be open all day until、宿泊ゲストは時間を気にせず食事を楽しむことが可能です! チャオプラヤー川(Chao Phraya River)沿いのテラスダイニングということもあり、Authentic Thai cuisine using fresh local organic ingredients while feeling the pleasant tropical breeze、Asian cuisine、ヨーロッパ料理などを楽しみましょう! バンコク初日のディナーはやはり王道のタイ料理が食べたくなります! 夕暮れ時を迎えた空がロイヤルブルーに変化する頃になると、A hotel dyed with illumination。The boats and bridges running along the Chao Phraya River are also lit with neon lights.、艷やかな夜へと移り変わります! メニューは英語表記のみですが、Because it is a photograph, the contents of the dish and the sense of volume are easy to understand.、It is also highly evaluated that consideration has been made so that the fingering order can also be made! I ordered three kinds of dishes while asking for recommendations.、カクテルと共に頂きます! 今回のバンコク旅行でもLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、Potter appeared in the project part 1 "" 釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、We will collaborate at various restaurants with wooden wares that do not forget rational and beautiful! Thank You for the Collaboration!! カクテル「Surya Mango Drifting(マンゴーカクテル)」250THB(日本円にして約900円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) ライトラムに甘みのあるサワーとマンゴージュースをミックスし大きくカットしたフレッシュマンゴーとフレッシュミントをたっぷりと添えて! タイに来たら一度は食べたいマンゴーを思いっきり楽しめるカクテルです! ミントが爽やかで甘過ぎず、However,、The freshness and richness of mango are not lost.、そしてラムの香りに包まれつつも飲みやすい女子ウケ抜群のカクテルです! カクテル「Strawberry Ice Tea(苺のカクテル)」250THB(日本円にして約900円) テキーラ、Light ram、Vodka、Strawberry Liqueur、Mix sweet sour sour spree and sprite、丸ごと苺とフレッシュレモン添えたカクテル! リキュールのグラデーションカラーを楽しみつつ下層部のシロップを少しずつ混ぜながら甘みを調整して頂きました! タイ料理①「Samosa Lanb Moo(豚挽肉のサモサ)」250THB(日本円にして約900円) × 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 タイ料理の定番サモサは、Add onion to minced pork、タイ特有のスパイスで味付けしたタネを詰めて揚げる揚げ春巻きのようなもの! 少し甘みを感じるタネに仕上がっていますので辛味のあるフィッシュソースを付けて食べると甘辛で丁度良いバランス!...

Wedding facility was reborn as an adult space in the Quatre Saisons Hamamatsu City

浜松街中の結婚式場「ポルテボヌール」が「浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン(Les Quatre Saisons)」と同グループ店の「キャトルセゾン浜松(Les Quatre Saisons Hamamatsu)」として生まれ変わり、2018年7月11日(水)にグランドオープン! 施設内のリニューアルを終え、Stepped on the wood grain dark brown to shoot in the use、Navy x gold and keynote、【美食】×【上質】×【大人】をテーマに大人たちの社交場として生まれ変わりました! メイン会場となるボウルルームには、Open kitchen and bar、They produce a sound and aroma to enjoy、Other wedding receptions、二次会や各種会合などのイベント用途に合わせて会場作りを提供されていく予定です! 施設に併設されているレストランは、Has been available as adults socializing in the hotel lounge and chic space decor、Kyoto Gion-starred restaurant "swings right" for while being supervised by Chef yonemura m、グランシェフとして立たれる千住悦也シェフが手掛けられる創作フレンチが楽しめます! この日は、Pre-opening special dinner we invite、一足お先に生まれ変わった上質な空間での食事を楽しんで参りました! [Menu for “Les Quatre Saisons Hamamatsu PREOPEN”] ①温前菜「ウッフ・ア・ラ・コック」 三方原産のジャガイモスープの奥に忍ばせた半熟卵と絡ませながら香り高いトリュフとエスプーマの滑らかな口当たりを楽しみながら頂く一品! パンにもトリュフオイルが練り込まれたクリーミーな自家製バターを添えて甘口のイタリアのスプマンテ 「アスティ・DOCG /カザ・ヴィニコラ・アバッツィア・ディ・サン・ガウデンツィオ」 ②冷前菜「オマール海老とカボチャのソース 抹茶のアイスクリーム」 カボチャのスープには、Green tea ice cream and sorbet、Feel bitter after a sweet breaking ball。Basil seed texture in addition to accents、芳しいアマレットのゼリーで爽やかに! ③お魚料理「的鯛のカダイフ包み スペルト小麦と木の子のリゾット ブロッコリーのピュレ」 的鯛には紫蘇を忍ばせ、Cooked and crispy, rolled up in Cardiff、Crispy outside、Jaded appetite in puffy dish! In wheat, spelt wheat gluten less、Ancient wheat with rich nutritional value and will exhaust our happy、木の子と一緒に風味豊かなクリームリゾットでいただきます! 「サン・テステフ・ド・カロン・セギュール 2014(SAINT ESTEPHE DE CALON SEGUR 2014)」 大人気格付けシャトーの稀少性のあるサードラベルは、Approachable price point is.、豊かな果実のアロマと共に軽やかなフレッシュさを楽しみます! ④お口直し「水ダコとピストゥーの冷製パスタ」 水ダコのジェノベーゼは、Dog days of summer with cold finish、Greens and capers、Garnish the refreshing jelly of tomatoes! It is also an element of Japanese seaweed flavor、さっぱりテイスト! ⑤お肉料理「静岡そだちのロース肉のグリエとドフィノワーズポテト」 最高級となるA5ランクの「静岡そだち」を用いたローストは噛むほどに甘く、Manchurian wild rice and sweet potato、With a carrot puree。ドフィノワでボリューム感たっぷりのメインディッシュです! 「ル プティ リオン デュ マルキ ド ラス カーズ 2014(Le Petit Lion du Marquis de...

Palais de Singh Taipei restaurant boasts Prime Steak and lobster Festival!

  台北駅直結のデザイナーズホテル「君品酒店 Palais de Chine Hotel Taipei(パレ・デ・シン)」の6階レストラン「君品酒店 雲軒 La Rotisserie(ラ・ロティスリー)」にてランチタイム! レストランもホテル同様に建築デザイナーである陳瑞憲(Ray Chen)が手掛けられており、Giving out oozes style of European design、Use multiple mirrors and chandeliers、しっとりとした落ち着きのあるダイニングを演出しています! こちらはオールダイニングとなり、Organic vegetables and seafood、In a lavish buffet of sweets, they line up、Lunch and dinner、Semi order style choose a main dish and、Now、産地直送の活きた天然カナディアンロブスターとレストラン自慢のプライムショートリブステーキの組み合わせで提供する「ステーキ&ロブスター祭り」が大人気となります! 中央カウンターには、20And organic vegetable salad、Grissini or cheese、Dried fruit, rich、Logs and hemp、Has been pretty CHOY, bucket、目でも楽しめるディスプレイとなっています! 特に、Providing fresh sashimi mackerel always and per order to hold Sushi Japanese food booth、外国人観光客に喜ばれています! 以前、When you visited the "King crab crab & lobster Festival" has been held、Was covered in bright red de flashy display、This time, the tuna whole and addon to display one、Has been the Director of the large and powerful、From fun to guests and、様々な企画をスタッフ間でアイディアを出し合い実行されているようです! オーダーしたメインディッシュが提供されるまでは、"Salad" fulled of organic vegetables and tuna or salmon、〆 Mackerel and other luxurious "stinging Mori"、Our balanced, "soup of the day (* this, rich mushroom).、ブッフェを楽しみましょう! ①「ロブスター&プライムショートリブステーキ(6oz)」2,180TWD+10%(日本円約8,870円) 丸ごと一匹のロブスターは熱々にボイルされ提供! 殻から取り外す作業は、If you ask the staff、So so easy to eat in spectacular which will Peel cleanly、プリップリの肉厚な食感を贅沢に楽しみましょう! ②「USDAアンガスビーフショートリブステーキ(6oz)」1,980TWD+10%(日本円約8,060円) レストラン自慢のステーキは、And 相思樹 fragrant and savory roast beef、Recommend salt, not simply in the source! The short rib steak thick、At Jussieu soft、噛めば噛むほど味わい深い一品! 食後は、There, looking gorgeous in、So very tasty Petit desserts in the eyes、食後のコーヒーと共に頂くと良いでしょう! ラ・ロティスリー(La Rotisserie)雲軒西餐廳(6階) 営業時間:Breakfast:6:30-10:00 Lunch:11:30-14:30 Afternoon tea:15:00-17:00 Dinner:18:00-21:30 パレ・デ・シン(Palais de Chine Hotel)君品酒店 所在地台北市承德路一段3號 TEL:+886 2 2181 9999...

Lunch served in the panorama restaurant Suruga routes, views of Mount Fuji "kasui".

「成田国際空港」からネパールツアーをご一緒させていただいた「株式会社ヒバリヤ」の会長である岸山惣憲(Fusanori Kishiyama)さんの御車に同乗させていただき、To send us up to Hamamatsu、途中の富士川サービスエリア「富士川楽座」内にて岸山会長が運営されるレストランにてランチ休憩を取らせていただくことになりました! 富士川SA(上り)の大観覧車「Fuji Sky View」からは、Mt. Fuji can be, not to mention urban Fuji and Suruga Bay, overlooking、大人気の観光スポットになっています!さらに、Guests can enjoy beautiful Ferris wheel drive lights were lit up at night、デートスポットとしてもお勧めです! 富士川楽座の3階には地元の名産品が並ぶお土産売り場「まるとく市場」などがあり、As a memento of the trip will be pleased! Is the food court in addition to enjoy refreshments.、多くの観光客で賑わいます! レストラや展望ラウンジ「わいわい劇場 プラネタリウム」が揃う最上階4階にある「パノラマレストラン駿河路」へ!こちらのレストランは駿河湾の美食を和で楽しむ「駿河の味処 千歳屋」と駿河湾の恵みを洋で楽しむ「駿河魚河岸イタリアン 岸山水産」が一緒になっており和洋が一度に楽しめます!岸山会長が運営されるレストランは他にも3階のフードコートにもあります! こちらは世界遺産に登録された「富士山」を大迫力のパノラマで眺望しながら、Restaurant serving Japanese cuisine and fresh seafood in the Gulf of Suruga 漁reta. On this day、We closed the Windows during the construction of the unfortunate but、普段は壮大な「富士山」を臨む絶景が待ち受けております! ネパールツアー最年長の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんと「株式会社ヒバリヤ」会長の岸山惣憲(Fusanori Kishiyama)さん、And、東京までお迎えにいらしてくださった岸山会長のお嬢様AKIEさんと一緒に食事を楽しむ中「富士川楽座」の管理部部長の久保田一幸(Kazuyuki Kubota)さんと常勤顧問の畔上啓(Akira Azegami)さんを御紹介いただきました! 「駿河海鮮丼」1,840円 ネパールから帰国したばかりということもあり日本食に飢えていたわたし達は迷わず「駿河の味処 千歳屋」のメニューからオーダー!「駿河海鮮丼」は、Take plenty of Suruga Bay from raw whitebait、Dry raw shrimp, fresh、And in the port of Shimizu tuna sashimi and scallion、豪快に駿河湾の恵みを一挙に楽しめる究極の丼です! 「海鮮丼」1,380円 レストラン二番人気で、A hearty seafood platter、存分に味わえるバランスの良い「海鮮丼」!天然のインド鮪を1本買いしているお店だからこその美味しさが楽しめ、And fried fresh squid、Salmon、Octopus、How much、穴子に海老と贅沢な品数です! 「すし三昧」1,380円 レストラン一番人気は地場の鮮魚と旬の素材で様々な味を楽しめる握り寿司9巻+厚焼き玉子の「すし三昧」です! 「桜えびかき揚げそば」1,080円(※桜えびのかき揚げは別皿で提供されます) 桜海老と言えばやはり「かき揚げ」!温かいそばの上に大きなかき揚げを乗せてサクサク食感を楽しみます! 丼には温かいお味噌汁が付き「やっぱり日本食は最高!」と一斉に声が漏れガッツリと頬張らせていただきました! 丁度、To see the current President, in, the son of the Chairman of the 岸山 have to check the restaurant、御挨拶させていただきました! この日は、And a stunning autumn Typhoon、屋上からの大パノラマの景色は圧巻です! 富士川は濁ってしまっているものの、In a stunning cloudless sky、雪化粧する前の貴重な「富士山」を捉えることができました!こんなにも素晴らしい景色は数十年振りと仰っておられ帰国早々にラッキーな体験を致しました! 静岡を代表する世界遺産となり美しく雄々しい「富士山」を背に皆さんで記念撮影!この後我が家の愛車を預けてある「マセラティ浜松」まで送っていただき長きに渡るネパールツアーを無事に終えることが出来ました!杉山さん、Mr. 岸山、AKIE Mr.、As you will find with us、本当にありがとうございました!...

Japan restaurant pattern "danran" Nepal's last dinner

ネパールはパタン(Patan)のプルチョウク(Pulchowk)地区にある日本食レストラン「だんらんレストラン(DanRan Restaurant)」にて、Nepal last day on the eve of the last dinner to enjoy! This is、日本人オーナーの内藤純子(Junko Naito)さんがネパールをこよなく愛する御主人と共に、2003Since being opened in April、ネパール在住の日本人の憩いの場となりながらも地元ネパール人にも愛される人気店となります! この日、Nepal's last supper decided Japan food、お世話になった「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の日本人オーナー秦(Hata)さんからのお勧めがあったからです!日本食レストラン「だんらんレストラン(DanRan Restaurant)」は、Pension assert than it would within 10 minutes! At that time、内藤(Naito)さん御夫妻がレストランをオープンする際にネパール在住歴の長い大先輩の秦(Hata)さんには大変お世話になったとのこと! 日本人オーナーの内藤(Naito)さん御夫妻は飲食経験ゼロの状態で住んでいたアパートのキッチンで「日本食のお弁当」を作り配達するという仕組みで小さくスタートするも、Some customer testimonials encouraging offices shops、「ネパールで日本食レストランといえばDanran!」と言われるほどまでに繁盛されています!14年経った今でも、Taste of home cooking in Japan to tell the、ネパール人スタッフと共に日々奮闘されているそうです! この日の夕食は自由行動だったためツアーメンバー最年長81歳の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんがツアー中にお世話になった御礼にと奢ってくださいました!杉山さんは1日たりとも欠かさず飲まれていたビールをこの日も美味しそうに楽しまれておりました!わたしは、Since alcohol was a technical knockout、「ネパールハーブティー」140ルピー(日本円にして約150円)をオーダー! 「アサヒビール・スーパードライ」450ルピー(日本円にして約482円) こちらDanranでは日本銘柄のビールが頂けます!やっぱり日本のビールは最高に美味しいと男性陣は喜んでおりました! お通し「豆腐と野菜の煮物」醤油ベースの煮物が妙に嬉しくしっかりとした歯応えの豆腐にも味が滲みてます! お通し「野菜揚げ」ゴロゴロっとした大きさにカットした人参やジャガイモを揚げた一品! 「自家製チャーシュー」420ルピー(日本円にして約450円) しっかりと味の滲みた厚切りのチャーシューは食べ応えがあり煮玉子も付いてきます! 「ほうれん草の胡麻和え」220ルピー(日本円にして約235円) 一番日本を恋しく感じた一品はこちらの胡麻和え!シャキシャキのほうれん草の香りと胡麻の風味が堪らなく美味しいです! 「揚げ出し豆腐」460ルピー(日本円にして約492円) 生姜に大根おろしの薬味を乗せた揚げ出し豆腐はまさに和食の定番!とろみのある餡がしっかりと絡まります! 「自家製手打ち豚骨ラーメン(Small)」490ルピー(日本円にして約524円) 「〆にはラーメンがいい!」とオーダーした主人は久々の日本の豚骨ラーメンに喜んでおりました! 「御飯と味噌汁」150ルピー、200Rupees (approximately 160 JPY Japan Yen、214円) 「梅干しありますか?」と聞いたところ、"Plum for queue there if Japanese apricot" with so、Thank for apricot、Rice and miso soup to taste、ほっこり大満足のディナーです♪ テラス席で豪快に「ビーフステーキ」700ルピー(日本円にして約750円)とビールを平らげていたツアーメンバーの皆さん!最後の最後まで楽しく過ごせたのも本当に皆さんのおかげです!ありがとうございました!...

Lunch at Tibetan cuisine located in the Thamel district of Kathmandu Valley "gyrince"

In the heart of Nepal's capital Kathmandu、 backpackers and climbers from all over the world、Tourists gather.、雑多な雰囲気を醸し出すタメル地区(Thamel Chowk)へ! こちらの地区は、Many cheap accommodation and、From cheap prices、Around the world backpackers and climbers who sanctuary is now also looking、Cheap gourmet world where it will be! As Japan Japanese、Ramen、Grilled chicken、巻き寿司などが提供される「東京居酒屋(Tokyo Izakaya)」などもあります! スーパーマーケットの「Shop Right Supermarket」では何でも揃います!100円前後で購入できるバラマキ用のお土産が必要な方は立ち寄ると良いでしょう! 観光客が多いこともありショップも軒並み連なります! 人力三輪車リクシャー(Rickshaw)は、An exotic atmosphere is useful、There are touts for tourist visitors learn for、事前にきちんと価格交渉を行いましょう! 格安宿や土産物屋、Thamel district lined with restaurants featuring international cuisine。特に登山者向けのトレッキング用品やスポーツ用品店が多い印象です!ツアーメンバーの皆さんはこちらでネパールの伝統的な織物「パシュミナ・ストール」を大量に大人買いされておりました!パシュミナ100%であれば、In Japan as luxury items to more than 10000 Yen、現地では1枚3,000円程度とお安く購入できます! 今回ツアー中に初めて自由行動となったため、Philistine in Thamel area restaurants NET、チベット料理の有名店「ギリンチェ(Gillingche)」にランチにやって参りました!場所はとても分かりづらく、To become a location a little set back from the road、Google Mapで確認することをお勧めします! カラフルな店内で明るく、To a little lunch break、店内はわたしたち夫婦のみの貸し切り状態!いつもは大勢の人で賑わう人気店のようですがラッキーです♪ アルコールはドクターストップがかかったため炭酸水「キンリー(Kinley)」60ルピー(日本円にして約64円)にレモンをギュギュッと絞っていただきました! 「テントゥク・チキン(Thenthuk Chicken)」150ルピー(日本円にして約160円) 日本でいうきしめんのような、Like the hoto、Like the Udon noodles、Or even like lasagna (? ) Tibetan filling squares by noodle soup noodles! And contains plenty of vegetables and jelly、The spice is attentive.、There is a light feeling like Tammen with a gentle taste、Some nice thick soup for、Remains warm even when you can have delicious food! At your choice、添えられた辛味調味料を足して味変すると良いでしょう♪ 「モモ・野菜(MoMo Vegetable Pan fried)」180ルピー(日本円にして約193円) ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。Steamed、Grilled、Deep fried type and divided、Seem to be using bean jam in the Buffalo。Have to jam ingredients:、Become the mainstream of us along with a spicy sauce。"Type steamed" Momo is tested in a variety of restaurants、So bake、今回は”焼きタイプ”をオーダー! こんがりと焼かれたモモの皮は薄く、In a crispy texture、Chose vegetables you are、With so much veggies, and spicy bean Curry、香ばしさが堪らなく食欲をそそります!添えられるソースにたっぷりくぐらせて頂くと尚美味しいです!モモは日本人にウケる味わいだと思います♪ お腹も一杯になり大満足なところで、Location and tour members、ショップ巡りをしていきたいと思います♪...

"Bojan Griha" Nepal folk music and folk dance is a popular dinner show!

カトマンドゥ(Kathmandu)にあるネパール民謡の生演奏と民族舞踊のショーが繰り広げられるレストラン「ボージャン・グリーハ(Bhojan Griha)」へ! 入口では歓迎祝福のティカ(Tika)を頂戴しました! こちらは、150In a renovated historic house in Queens for more than a year ago is the historic buildings! Approximately 6 years have otherwise spent on renovation and repair here was on the verge of collapse、In the corridor、国王と王妃の自画像などが飾られています! 広々としたダイニングスペースを各部屋用意し、Can hold about 250 people in all seats。Here you will、ネパール料理がコース仕立てで提供される高級レストランとなります! セッティングされた長テーブルの座椅子に腰掛けると、The aperitif will be served! The pre-dinner drinks poured from a jug of thin brass mouth、A splendid arch painted glass! Turn off pour brim、Stop well, instantly knocking wrist gesture is beautiful、As of the beginning of the show seem like、思わず魅了されてしまいます! 食前酒の地酒にて乾杯! 「ポップコーン(Popcorn)」ネパールでは、Had spread as a cheese popcorn、At each House's veranda, large amounts of corn drying 伺etari、移動販売も良く見掛けます! 「ピーナッツのフライドポテト(BADAMALOO TAREKO)」スパイスを用いたネパールのジャガイモ料理で食欲が湧くテイスト! 「Ventisquero Reserva Carmenère 2013(Chili)」2,400ルピー(日本円にして約2,570円) チリのカルメネールをスパイシーな料理に合わせます! ランチタイムが遅かったため、Dinner was less without feeling hungry。少しずつ提供される小皿の料理をお酒の当てに赤ワインをいただきます! 「肉入り餃子(MOMO)」ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。Steamed、Grilled、Deep fried type and divided、Seem to be using bean jam in the Buffalo。Have to jam ingredients:、Become the mainstream of us along with a spicy sauce。During the skin folds fully equal with curvy、Ground Buffalo meat and vegetables with plenty of、おつまみに最適! こちらでは毎晩ネパール大使館から派遣されている楽団がネパール民謡を生演奏してくださいます! さらにネパール民謡の生演奏とコラボレーションする民族舞踊のショーが大人気です! 「豆スープ(Kwatti ko Jhol)」優しい味わいの温かな豆スープ! 民族舞踊は男女一組となり、The story of the husband and wife each plays。Fishermen catching fish are good at catching large amounts of fish、Approaching women "lifetime somebody."、Farmers harvest rice and to cultivate rice "forever secure." and there are stories that he、生演奏に合わせてテンポよく軽快な楽しい踊りが観られます! 民族楽器のサランギ(Sārangī)を奏でるオジサンがとてもユニークで坂本九の「上を向いて歩こう」や童謡の「チューリップ」を弾きながら、Take up laughing, imitating the cries of goats and frogs、御自身の「CD(500ルピー)」と玩具の民族楽器「サランギ(5,000ルピー)」の販売に繋げていました! 「ミックス野菜カレー(MISMAS TARKARI)」野菜の甘味が凝縮されたカレー! 「チキンカレー(KUKHURA KO MASU)」ゴロッとしたチキン入りのボリューム感のあるスパイシーなチキンカレー! 「ハーブで香り付けされた蒸し米(SADA BHUJAJHANEKO MAS KO DAL)」「フライドフィッシュ(MACHHA TAREKO)」「ほうれん草のクミンソテー(JEERA PALUNGO)」「季節の野菜(MOUSHAMI TARKARI)」を盛り合わせワンプレートです! 「ヨーグルト(Sikarni)」デザートはやはりヨーグルト! 「イラムティー(Ilam Tea)」インドのダージリン地方と国境を挟んで接している隣接するネパールのイラム地域で採れた最高級茶葉を使った珍しいネパールの紅茶「イラムティー」をいただきました!高貴な香りがありまろやかな風味で食後にホッとするミルクティーです! 食後のドリンクをいただきながら寛いでいると、Restaurant owners kindly go to greeting! Is the food you enjoy Japanese group in Nepal is in addition to our sight.、ネパールの伝統文化に触れ合える素敵なレストランです!...

Bhaktapur Durbar square next to the "Khawapa Chhen" at lunch.

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)から東へ12km程にあるバクタプール(Bhaktapur)はカトマンドゥ盆地で3番目に大きな街となります! 世界遺産に登録されたバクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」に向かうには駐車場から徒歩10分圏内となります! ツーリストバスを下車し皆で「ダルバール広場(Durbar Square)」を目指します! 赤煉瓦の壁に覆われた雰囲気のある石階段を登った先となります! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」の正面玄関へ到着!ここから先は外国人は入場料1人1,500ルピー(日本円にして約1,605円)が必要になります!(※チケットは7日間有効となり何度でも再訪可能です) 午前予定であった大学訪問が長引いてしまったため、Was late for lunch、正面玄関前の脇道を進み「ダルバール広場(Durbar Square)」横にあるゲストハウス&レストラン「Khawapa Chhen」にていただきましょう! こちらの1階は、Gallery and will be at the reception。「Khawapa Chhen」はレストランのみならず、Can be used as a guest house suggests that the Palace Square.、中世の街並みを残した古都の雰囲気に浸るのも良いでしょう! 屋上にあるダイニングテラスを利用して、Under the blue sky、爽快なランチタイム! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」を一望できる素晴らしいロケーションとなります! こちらではバクタプール出身で活躍するコメディアンでガイドのナレス(Naresh)さんの友人ラズ・マナンダー(Raju Manandhar)兄弟を紹介していただきました!ラズさんの御実家は王宮広場内にあり、From generation to generation、Clan treat canola oil?。While eating、ラズさんの活躍ぶりをYouTube動画で観せていただきました! 天候も良く、In the cozy afternoon sunshine、最高のビールタイムです! お疲れ様の乾杯は「清水ライオンズクラブ」の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんの音頭で乾杯! ネパールビールの中でも一番のお気に入りとなった「EVEREST」!マウントエベレスト醸造所で造られているプレミアムラガーのエベレストビールは今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさです!エベレストビールの原材料は、Chosen to stream water from the Himalayas with domestically produced barley malt and aromatic are used in、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! この時既に時刻は15時を回り、For late lunch and was、ナレス(Naresh)さんの配慮で取り分け不要の盛り合わせとなりました!ネパール料理の炒飯、Nepali、Peach、フライドポテトをいただきます! 古い街並みの向こうには、Top weather、Even the majestic Himalayan mountains views、ダルバール広場の中でも一番古都の良さが残るバクタプール(Bhaktapur)はお勧めです!...

"Hotel Tilaurakot" opened in Nepal who had owned restaurants in Japan

「カピラヴァストゥ(Kapilavastu)カピラ城」や「ティラウラコット博物館(Tilaurakot Museum)」から、2~3km離れた場所に2017年5月にオープンしたばかりのホテル「ホテル・ティラウラコット(Hotel Tilaurakot)」にてランチ! こちらのオーナーのディネス・ラヤマジー(Dinesh Rayamajhi)さん(52歳)は、People born and bred in the Kathmandu Valley from Nepal、May 10-year food and beverage outlets operated in Japan、Japan to speak! He told us stories、驚くことにわたしたちが現在住まう静岡県浜松市にてネパール料理店「エベレスト(Everest)」を営まれていたとのこと!そのレストラン「エベレスト(Everest)」は、Now other managers operated as。ディネスさんは、Firmly on track in operation in Hamamatsu、After that、Over at ISE-Shi, Mie、Restaurant open! Savings and sales on track、3Years ago is returning to Nepal、Initiates a hospitality。Future、開発が進むであろうティラウラコット(Tilaurakot)の地に目を向け、To purchase land, build a hotel。Although the operation started about 4 months ago、Attempt to build through trial and error、It was a situation has been improved! But a chance encounter、とても素敵なご縁を感じたランチタイムです♪ ネパールのレストランでは、There is no concept and make it for、And orders have been received from Cook、May take some time depending on the dishes。待ちに待った食事に皆さん喜びが隠せません♪ こちらでもデンマークのカールスバーグ社との合併会社でゴルカブルワリー社の「TUBORG」をオーダー!冷えたビールジョッキでいただくビールは最高です!ビールはレストランで頂くと、Approximately 400 rupees (about 428 Yen's Japan yen) and、大抵が食事よりもお高くなります! ネパール料理を頂くようになって5日目となりますが飽きの来ないテイストで食欲の湧くスパイスの香りが堪りません! 「マス・バート・タルカリ・セット(Masu Bhat Talkari Set)」350ルピー(日本円にして約375円) 「ダル(豆のスープ)バート(御飯)・タルカリ(おかず)」「マス(肉)・バート(御飯)・タルカリ(おかず)」になりどちらもワンプレートに盛り付けられたネパール料理定番の定食となります! ネパールの人は良く食べるそうで、Basic、Side dishes of meat and vegetables、And free refills and rice、Can be pressed as you want! There in the hotel、Meals are served and the、Is not 400 yen per meal and amazing prices! The cuisine of the restaurant、The spicy flavor was received till now Nepal cuisine、Even on the beer in the best、Like what our spicy taste best! As you'd expect、日本で飲食店経験を持つオーナー・ディネスさんの監修です!...

Scroll to top