「リーバスーリヤバンコク」多種多様なビュッフェ形式での優雅なリバーサイド朝食

チャオプラヤー川のリバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」で迎える心地良い目覚め!(*́Д ' *)Bruno)) サワディー クラッ(プ) / Kera-ya/K-Ta-Ta-ta-ta-e!! ホテルの朝食会場はオールダイニングレストラン「Babble & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」となり、Morning 6:30-10:30まで自由に利用可能です! レストラン内ホールとリバーサイドテラスのどちらも利用できテーブルを自由に選べるためやはり見晴らしの良いテラス席へ! 朝食内容は西洋料理からタイ料理をはじめ和食を代表し味噌汁があり中華系として焼売やお粥などが揃う多種多様なビュッフェ形式となり煮込み料理や蒸し野菜などのホットディッシュサラダバーではフレッシュな彩り良い野菜やハムやサラミが出揃います! フルーツ大国として南国らしいフルーツやジュースが並びますパンは食事パンからデザートパンまで10種以上が焼き上がっており、Cereal or yogurt、ドライフルーツにナッツ類チーズコーナーもあり欧米人向けの朝食が多く目立ちます! レストラン外のデッキではオーダースタイルの焼き場を設けており目玉焼きやオムレツなど出来たてを提供しております! 朝食でもLade企画の『器と旅するシリーズ』でモーニングプレートを盛り付けさせていただきました! 「オムレツプレート」× 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 トッピングを全部入れでオーダーしたオムレツはふっくらふわふわの仕上がりでカリカリベーコンとトマトケチャップを添えて! 付け合せにはグリーンサラダとパスタサラダにハムサラミなど! 「ホットディッシュプレート」× 器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) リバーシブルシャーレ Φ250 ガイヤーン(タイの焼き鳥)カオパット(タイの炒飯)ポテトフライ蒸し野菜ハーブ入りソーセージ煮豆、Boiled food、海老焼売など! 「パン盛り合わせ」× 器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) mars himawari Φ250 クロワッサンパン・オ・ショコラデニッシュなど! 「フルーツ盛り合わせ」× 釋永 岳 (Gaku Shakunaga) 大工カット...

"Babble & cocktail dinner at the riverside dyed with rum" illumination

All-dining restaurant "Babble" at Riva Surya Bangkok, bangkok's riverside hotel & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」にてカクテルディナー! バブル&ラムは朝6:30- Night 0:00To be open all day until、宿泊ゲストは時間を気にせず食事を楽しむことが可能です! チャオプラヤー川(Chao Phraya River)沿いのテラスダイニングということもあり、Authentic Thai cuisine using fresh local organic ingredients while feeling the pleasant tropical breeze、Asian cuisine、ヨーロッパ料理などを楽しみましょう! バンコク初日のディナーはやはり王道のタイ料理が食べたくなります! 夕暮れ時を迎えた空がロイヤルブルーに変化する頃になると、A hotel dyed with illumination。The boats and bridges running along the Chao Phraya River are also lit with neon lights.、艷やかな夜へと移り変わります! メニューは英語表記のみですが、Because it is a photograph, the contents of the dish and the sense of volume are easy to understand.、It is also highly evaluated that consideration has been made so that the fingering order can also be made! I ordered three kinds of dishes while asking for recommendations.、カクテルと共に頂きます! 今回のバンコク旅行でもLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、Potter appeared in the project part 1 "" 釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、We will collaborate at various restaurants with wooden wares that do not forget rational and beautiful! Thank You for the Collaboration!! カクテル「Surya Mango Drifting(マンゴーカクテル)」250THB(日本円にして約900円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) ライトラムに甘みのあるサワーとマンゴージュースをミックスし大きくカットしたフレッシュマンゴーとフレッシュミントをたっぷりと添えて! タイに来たら一度は食べたいマンゴーを思いっきり楽しめるカクテルです! ミントが爽やかで甘過ぎず、However,、The freshness and richness of mango are not lost.、そしてラムの香りに包まれつつも飲みやすい女子ウケ抜群のカクテルです! カクテル「Strawberry Ice Tea(苺のカクテル)」250THB(日本円にして約900円) テキーラ、Light ram、Vodka、Strawberry Liqueur、Mix sweet sour sour spree and sprite、丸ごと苺とフレッシュレモン添えたカクテル! リキュールのグラデーションカラーを楽しみつつ下層部のシロップを少しずつ混ぜながら甘みを調整して頂きました! タイ料理①「Samosa Lanb Moo(豚挽肉のサモサ)」250THB(日本円にして約900円) × 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 タイ料理の定番サモサは、Add onion to minced pork、タイ特有のスパイスで味付けしたタネを詰めて揚げる揚げ春巻きのようなもの! 少し甘みを感じるタネに仕上がっていますので辛味のあるフィッシュソースを付けて食べると甘辛で丁度良いバランス!...

Chic and calm rooms at the Reva Surya Bangkok Riverside Hotel

Here are the rooms at Riva Surya Bangkok, the first hotel in Bangkok to stay in Bangkok! This hotel has 68 rooms in total.、You can choose between City View and River View、広さは30㎡~48㎡と4種類のタイプを用意されています! チェックインを済ませ、Toy, a lovely front desk staff with a smile, showed us around the room.、今回お世話になったシティビューとリバービューの2タイプルームを御紹介! ホテル館内は全てフリーWi-Fiとなるため指定のパスコードを入力してインターネットに繋げましょう! シティビュー側「413号室 / アーバンルーム(Urban Room)」 街路に面したシティビューの室内は32~34㎡の広さとなり、Thai furniture、全体的に落ち着いた色合いで統一されています! 玄関脇にクローゼットやバゲージラックも十分の広さを確保! クローゼット内にはバスローブとペーパースリッパ、Security box、Hair dryers、Laundry bag、懐中電灯が置かれています! 反対側にガラス張りのモダンなパウダールームを用意し、Toilet、Equipped with a shower room、アメニティとバスアイテムも申し分無い品揃えです! 冷蔵庫内の利用は有料となりますが無料のミネラルウォーターやティーパック類が備わります! ウェルカムフルーツは南国らしさ満載のドラゴンフルーツやロンガン(龍眼)、PEAR、Assorted oranges! Alo-y-Ya!! キングサイズのベッドは悠々とした広さで快適です! ベッドに用意されたタオルは花大国と象王国のタイらしく象を作って蘭(Orchid)をあしらいキュートなお出迎え! こちらの象タオルはたった1枚のバスタオルともう1枚のフェイスタオルのみで作られているから驚きです! シティビュー側は夜遅くまで街の喧騒で賑わうためお勧めは静かなリバービュー側のお部屋となります! リバービュー側「208号室 / プレミアムリーバルーム(Premium Riva Room)」 チャオプラヤー川沿いに面したリバービューの室内は、48It becomes a spacious space with a m2、ブラウンカラーを貴重とした落ち着き溢れるデザイン! 夫婦がお互いに寝返りを打っても殆ど気にならないキングサイズでゆったりと心地良い眠りを誘うベッドが備わり、Linen adopts 400 thread count of the first-class hotel level、生地表面が滑らかで肌に吸い付くような寝心地が得られます! 窓際にはソファを設えたリビングスペース! 一歩窓の外に出向けば、Features a private balcony、Enjoy the tea time and enjoy the panoramic view of the Chao Phraya River.、水上ボートが行き交う風景はバンコクならではのリゾート感を満喫できます! Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク) 所在地:23 Phra Arthit Road Phra Nakhon, Bangkok, 10200, Thailand TEL:+66 2 633 5000 https://www.nexthotels.com/hotel/riva-surya-bangkok/ お得なホテル予約はこちらをクリック!...

A modern boutique hotel along the Chao Phraya River in Reva Surya Bangkok

If you're staying in Bangkok, the capital of Thailand, Riverside is by far your favorite hotel! This、バンコク初日に連泊でお世話になるホテルはチャオプラヤー川(Chao Phraya River)沿いの「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」です! ホテルは「ドンムアン空港(Don-Mueng International Airport (Dmk)Located 20 km from Pranakhon District (Khet Phra Nakhon)、It is within walking distance to Khao San Street and Lambutory Street, the holy place of backpackers, and it continues to the bustling townscape.、王宮「ワット・プラケオ(The Grand Palace : Wat Phrakeaw)」や「ワット・ポー(Wat Pho)」への観光へもアクセスしやすいエリアとなります! さらに、Hotel Riverside has a pier、チャオプラヤー川を行き来する高速ボートの「チャオプラヤエクスプレスボート(Chao Phraya Express Boat)」を利用するのにとっても便利! 2012年にオープンして以来多くの観光客に愛されるこちらはホテル内で寛ぐゲストは欧米人の姿が多く見られ目の保養にもなります! ホテルに到着し「タイ・バンコクの運転手付き都レンタカー(Miyako Siam Car Rent)」のドライバーMontreeさんとはこちらで精算とサインを済ましお別れです! ”微笑みの国”と称するに相応しい温かな笑顔で出迎えてくださるドアマン! タイの伝統的な挨拶で胸の高さに手を合わせてお辞儀するというスタイルの「ワイ(ไหว้)」を受けると、It makes me happy to be able to understand that I came back to Thailand! Sawadi Kra (Pu) / Kera-ya/K-Ta-Ta-ta-ta-e!! The hotel combines colonial architecture with modern amenities.、落ち着くデザインを施されています! フロント・ロビーにてチェックインを行うと、Cold towel and hotel's original welcome tea "Lemongrass & Jasmine Black Tea (Lemongrass Black Tea) & Jasmine Black tea)」が頂けます! 少し甘みを利かせてあるドリンクでフライトで疲れた身体に染み渡る優しさです! ‎アロ~イ อร่อย!! この日はフロントスタッフのTOEY(トイ)さんから宿泊案内を受けます! (フロントサービスは24時間体制でゲストの様々な要望に応えてくれます) 彼女は現在日本語を勉強されているようで、The basic conversation is in English.、挨拶などの単語に日本語を用いてくれる優しい心遣いを見せてくれました! さらにPRスタッフのJularat Ouepanarangsi(ジュララット)さんとBim Sopida(ビン)さんも出迎えてくださったので御挨拶!サワディー クラッ(プ) / カー...

When saying goodbye with an elegant, traditional hotel "the Ritz-Carlton of Okinawa" Ryukyu Kingdom

琉球王国の伝統と自然の美を誇る「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」での優雅で穏やかなひととき! 心地良い風を感じるテラスでの朝食を終えると、Drizzle starting to show in the sky、At the end of the Okinawa、まるで御褒美のような澄んだ青空が広がります! 年間を通して亜熱帯の温暖気候に恵まれる沖縄! 12月でも気温20℃前後ととても過ごしやすい気温となり極寒となる冬の旅先としては大正解! 水盤の煌めきが眩しい中庭に続くテラスの先に用意された、Perched on the resort's unique garden chair、大パノラマで望む名護湾の景色を独り占めは最高です! 開放感溢れるこのひとときは最高の癒やしとなり心身共にリフレッシュすることが出来ました! 時間の許す限り、In order to enjoy your stay in the hotel、In the "library (Library)" was available on the 1st floor of the hotel building、ゆったりと読書タイム! 好天に恵まれていればやはり「屋外プール」のサイドデッキが心地良いでしょう! ホテル3階のロビー横にある「ブティック(Boutique)」にて最後のお土産選びです! こちらでは、Okinawa traditional pottery (yachimunn) started.、And transparent feeling reminiscent of the sea in Okinawa Ryukyu glass、And bingata dyeing and its own lacquer ware、In addition、沖縄ならではの名産品を販売しています! わたしが目を止めたのは、Okinawa is to cherish nature and culture、それぞれのデザインにしたためた「沖縄県立芸術大学」の学生さん達が手掛けられているブランド「シマノネ(shimanone)」のパッケージ! 多彩なデザインが揃い「赤瓦」、Kichijoji hibiscus、See sannguwaa.、"Uncle-the Loofah.、Kuba Kasa、See sisahumintamer.、"Banyan tree"、"Goya stripes.、"Island at dusk.、"Spread all over.、"Pineapple wave pattern.、And "hibiscus"、Which designs adorable、どれを選ぼうかと迷ってしまうのもまた楽しい時間です! 中には、Sanpin tea Okinawa tea and hibiscus tea、一口サイズのおやつとなる「黒糖」などが上品に忍ばされています! その他にもホテルのアフタヌーンティーと朝食で頂いてハマってしまった沖縄みかんとされる「たんかん」のコンフィチュールをセレクト!我が家に戻ってから朝食で頂く時間が楽しみでなりません! お土産を購入し、When you are finished packing luggage in the room、チェックインカウンターにてチェックアウト! スタッフの皆さんの太陽のような笑顔と心地良いおもてなしで本当に癒やされるひとときで御座いました! お世話になりました! フロント・ロビーの脇には、Are equipped with the freedom to enjoy Detox water or coffee maker、To go in a paper Cup、帰りの道中のために頂きました! 「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」のロゴが入った紙コップホルダーがとってもお洒落! チェックアウト時間に合わせて、Preparing cars in the driveway、Before packing luggage、最後の最後まで至れり尽くせり! 台北の「台北西華飯店 The Sherwood Taipei」の取材時にお世話になった芦澤繭子さんがこちらのホテルにSales Managerとして転職されており、2年振りの再会を果たすことが出来ました! お世話になったシェフ達総出でお別れに出向いてくださり副総支配人の原豪(Takeshi Hara)さんとスタッフの皆さんを囲んで一緒に記念撮影! 心温まるおもてなしを受け、It remains regrettable that、Also hoping to revisit some time with good weather、お別れの時を迎えます! ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton,Okinawa) 住所沖縄県名護市喜瀬1343-1 TEL:0980-43-5555 http://www.ritzcarltonjapan.com/okinawa/...

Buffet breakfast at "the Ritz-Carlton of Okinawa" Nago Bay terrace

目覚めの良い爽やかな朝を迎えた「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」の「ダイニング グスク(Dining GUSUKU)」にて朝食タイム! 朝食会場は、All-day dining is on the 3rd floor of hotel "dining gusuku (Dining GUSUKU) next、Morning 7.:00-10:30までに頂きましょう! こちらでは、Okinawa cuisine started.、Western、In Japanese cuisine and a varied menu is available、小鉢料理なども含むバラエティに富んだ料理が並ぶブッフェスタイルの朝食となります! 中庭に面した見晴らしの良いダイニングからの景観は気持ち良く、12Although the Moon、In Okinawa and a mild climate、名護湾が一望できるテラス席での朝食もお勧めです! 洋食ブースには、Is the salad prepared with fresh vegetables.、Can be topped with ham or salami、Nuts and olives、Fried Bacon and is also such as raisins and cheese range、From dressing even three different sources、Fresh extra virgin olive oil and vinegar、Rooms and balsamic vinegar、お好みの味わいに仕上げることが可能です! 焼き立てのパンは種類豊富に並べられ、In addition to bread, bread and croissants、Also, such as pancakes and sweet muffins and Danish、バラエティに富んだ品揃いです! 添えるコンフィチュールやディップは、Black honey peanut butter and honey, the Okinawa、Beni IMO of Okinawa、"Bid"、"Pineapple"、Many are unique to Okinawa "shikuwasa.、Especially、「たんかん」のコンフィチュールは見事にドハマりしてしまいました! シリアルやヨーグルト、You can also eat fruit and light and healthy breakfast、ソフトドリンクのジュースが牛乳瓶に入っているのが可愛らしいです! 卵料理は、In the open kitchen will offer per order、温かい状態で楽しめます! わたしは、Omelets always put all ingredients in the order、We put together salad piled high with、Served with ketchup! On the side、Boiled pumpkin, broccoli and cauliflower、ポテトフライやウインナーなどが揃います! その中に、I was surprised to be "mozuku omelet"、Ask staff and mozuku seaweed with egg dishes is in Okinawa as standard、大変お勧めとのこと! 沖縄料理ブースには長寿大国沖縄らしいヘルシーな料理が沢山並びます! 野菜料理の煮物、Is often stir fried、It is a typical、苦瓜の「ゴーヤチャンプル」でしょう! 他にも、Okinawa sausage produced from that unbearable thumbing texture, fresh sea grape and fish-rich、沖縄が誇る御飯のお供「油味噌」が出汁巻玉子と一緒に提供されています! 和食ブースには、Pilaf in rice、Staple porridge with a wide variety、Grilled fish in miso、Natto、ふりかけと楽しめます! 今回「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただいたので企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器との朝食コラボも特別にさせていただくことに! わたしは洋食プレートでまとめた食事旦那様は沖縄料理を加えた和食プレートでまとめた食事を頂きます! 「オムレツプレート」×「Shimoo Design 浮様 リム皿」 具沢山のしっとりオムレツ、Wiener、Green Salad、Olive、ボイル野菜など! 「パンケーキプレート」×「釋永岳 リバーシブルシャーレ」 もっちりとしたパンケーキに黒蜜ピーナッツバター、With a litter of Red Potato jams、Moist French toast、プレーンのマフィン! 「沖縄料理プレート」×「釋永岳 âge」 苦瓜の苦味を感じることなくとても上品な味わいのゴーヤチャンプルに、Sea grapes taste in the soup special、Simmered winter melon with Taro、Simmered hijiki seaweed、濃厚な油味噌の出汁巻玉子! 「和食プレート」×「釋永岳 gen シャーレ on mars bowlgen...

"The Ritz-Carlton of Okinawa" beautiful Rainbow Bridge a beautiful Italian!

幻想的な夜を迎えた「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」の「イタリアンレストラン ちゅらぬうじ(Italian restaurant Churanuuji)」にてレストランディナーへ! “ちゅらぬうじ”とは沖縄の言葉で“美しい虹”を意味します! こちらでは、With a traditional style、主に沖縄県産食材を用いた本格的なイタリア料理を提供! また、2018In October,、Europe and Middle East countries、In a five-star hotel and Michelin-star restaurant Asia、Born in Italy has gained a wealth of experience as a chef Alberto Cuzzit (Alberto kuzitt) who was appointed as head chef、"Chura from same stitch" chef Matsumoto chongwen (Takafumi Matsumoto) with both、より独創的なダイニングへと変貌を遂げています! 落ち着いた雰囲気の店内で、By reducing the light、行灯が灯される幻想的な中庭を眺めながらのディナーは格別です! 今回は特別に個室を用意していただき「DEGUSTAZIONE(デグスタッツィオーネ)」16,000円+サービス料13%のコースを堪能! イタリア語の「Degustazione(デグスタツィオーネ)」とは、Meaning of "tasting, tasting, tasting.、このホテルならではのイタリアの魅力を思う存分に味わっていただくえためにしつらえたコースとなります! 今回「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、Reasonable and don't forget the beautiful wood instruments、「有限会社シマタニ昇龍工房」の四代目である島谷 好徳 (Shimatani Yoshinori)さんが生み出す「syouryu」の「すずがみ」とレストランディナーにてコラボしていただくことに! [Dinner Menu~DEGUSTAZIONE(デグスタッツィオーネ)~] 料理に合わせてワインをセレクトしていただき、The mineral water in the food、ガス入り「サンペレグリノ(Sanpellegrino)」を頂きます! 最初の乾杯は「ペリエ・ジュエ グラン ブリュット(Perrier-jouët Grand brut)」にて極上のひとときを過ごしましょう! 先ずはメニューには記載されていない一口前菜からスタート! 「一口前菜」×「釋永岳 gen 台皿」 色目鮮やかなほうれん草のスポンジに、From Hokkaido, sea urchin and squid、中央にはオリーブキャビアを添えて! ふわふわのスポンジ生地に馴染む濃厚な雲丹と表面に軽く炙りを入れたイカが香ばしく甘味が引き立ちます! 「自家製パン」× 取り皿「Shimoo Design 浮様 リム皿」 麻袋で提供された自家製パンは、To be two kinds of baguettes and ciabatta、Concealed bean bag under warm、パンの保温効果を保つ素敵なアイデア!フレッシュなイタリア産エクストラバージンオイルをお好みで! ①「伝承(TRADITION)」×「釋永岳 gen 薄鉢」...

"The Ritz-Carlton of Okinawa" warm light produced a fantastic evening

琉球の風を感じる高級リゾートホテル「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」で幻想的な夜を迎える準備が整いました! ラピスブルーの空に染まりゆく夕暮れ時は、With the passage of clouds、刻一刻と移り変わる幻想的な空色に思わず惹き込まれてしまいます! 辺りが薄暗くなると同時に、Floating lamps filled with warmth、Changed radically with the atmosphere of the day、艶めくエントランスロビー! 静寂さが漂う中、Calm to emit light produces shadows、何とも言えない心地良い空気が流れています! 中庭の水盤沿いの通路に行灯が灯されると水面に反映された灯りの揺らめきが一層神秘的な世界を演出! 水際に仕込まれた間接照明で、In a take on the stately gusuku as if floating in the water, such as the Ritz-Carlton of Okinawa、非日常的な緩やかなひとときが過ごせます! ターンダウンが済まされたゲストルームには、Bed of chocolate flavor of the original hotel "Chin chinsuko" had been prepared for、Restaurant dinner hours、暫しコーヒーブレイクと参りましょう! ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton,Okinawa) 住所沖縄県名護市喜瀬1343-1 TEL:0980-43-5555 http://www.ritzcarltonjapan.com/okinawa/...

Best spa surrounded by "the Ritz-Carlton of Okinawa" wormwood incense at the time of bliss

世界的評価を受けるスパを備える沖縄の高級リゾートホテル「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」の「ザ・リッツ・カールトン スパ 沖縄(The Ritz-Carlton SPA Okinawa)」へ! こちらでは英国の高級スパブランドを主軸に展開していた「ザ・リッツ・カールトン スパ by ESPA」がより沖縄ならではの究極の癒やしを得られるよう今年2018年7月1日に「ザ・リッツ・カールトン スパ 沖縄」としてリブランドオープンされています! スパ棟は別棟となるため本館より竹の通路を渡り木々に囲まれた緑豊かな中庭を進みながら徒歩数分で到着! フロントから送迎カートに乗ることも可能ですが足腰のお悪い方以外は是非とも中庭を散策しながら向かわれることをお勧め致します! 「やんばる」の大自然に囲まれたスパ棟には年中楽しめる長さ17mの「屋内スイミングプール」や年中楽しめる長さ17mの「屋内スイミングプール」に安らぎの「ジェットバス」と風が心地良い「デイベッド」に加えウッドデッキのテラススペース最新のトレーニングマシンを完備した24時間営業の「フィットネスジム」を用意されヒートエクスペリエンス(温浴施設)では風化珊瑚タイル岩盤浴やドライサウナなども備え優雅で贅沢なトータルウェルネスを提供されています! スパ棟のレセプションへ一歩足を運び入れるとそこは優しい香りに包まれており天然木と巨大なドーム型の柔らかな灯りが灯される温もり溢れる癒やしの空間! レセプションカウンターにて受付をしカウンセリングブースにてウェルカムティーを頂戴します! 「TWG Tea」の甘い香りのバニラブルボンにアセロラをミックスさせたオリジナルのお茶となります! カウンセリングシートへの記入を済ませ「ESPA」のエッセンシャルオイルとフラワーウォーターが豊富に含まれた「balancing herbal spafresh spritzer」を手に塗布しリフレッシュ! リブランド後のスパは従来のトリートメントプロダクツやメニュー構成を大幅に見直されより沖縄らしさを感じ取れるよう琉球色豊かなトリートメントを取り入れられています! 此処でしか体験できない「エクスペリエンス・トリートメント」には「やちむん」と呼ばれる沖縄の焼き物を使い刺激しながら施術することで健やかなお肌への新陳代謝を促すトリートメント「やちむん フェイシャル~深いやすらぎと華麗なときめきが心を充たす~」や沖縄名産の月桃のルートスティックを用いて身体のバランスを整えるドライトリートメント「やんばるの森 うくすん~目覚めのセレモニー~」など沖縄ならではのトリートメントが用意されています! 今回はその中から頭皮や髪のケアとなる「フーチバースカルプ~よもぎの香りに包まれて~(Fu-Chi-Bah Scalp Treatment package)」60分 20,000円のコースをセレクト! 沖縄で「フーチバー」と呼ばれる『よもぎ』!昔から邪気を払うと言われているよもぎは民間万能薬としても親しまれて来ました! クレンジング効果の高いよもぎオイルを用いて旅疲れでカチコチに固まった頭皮を中心にスカルプケアし温かく香り優しいハーバルボールで心身共にほぐしてもらい腰まであるわたしの長髪の傷みを和らげるハニーヘアパックを受け艶々に変身したいと思います! 沖縄の豊かな自然「やんばる」の深い森の見晴らしが堪能できるカップルトリートメントルーム「フォレストスイート(Forest Suite)」にてよもぎの優しい香りに包まれながら癒されるひとときが始まります! トリートメント前には軽くシャワーを浴び髪の汚れを洗い流します!そしてよもぎの香り袋を入れたよもぎバスに浸かり身体を温めましょう!よもぎバスは血行を促進する作用があり全身に血液が巡ることで身体の芯から温まることができ冷え性や腰痛肩凝りにも効果があります! バスタブ横に置かれた金魚の水うちわで風情を感じながらのバスタイム! 身体を温めた後はバスローブに身を包みソファに腰掛け担当のセラピストを待ちましょう! 今回、The therapist who owns me、セラピスト歴10年の菊池多佑子(Tayuko Kikuchi)さんです! トリートメントに用いるよもぎオイルの効能やハーバルボールの説明を受けベッドに仰向け状態で休みます!温かい蒸気を当てスチーム越しに始まる施術はハーバルボールの香りを感じながらの3度の深呼吸からスタート! 前頭部にある神庭から頭頂部の百会曲差後頭部にある風池とフェイスライン頭皮デコルテなどのツボに上へ上へとじっくりとハーバルボールを当て血行を促進しゆっくりと緊張を解していきます! 鎖骨の中央の窪みとなる天突辺りにハーバルボールを置いた状態で両足の力を緩めて足を開き下半身に圧を掛けながら揉みほぐしていきます! ここからが本番となるよもぎオイルのマッサージです!額から髪全体を包むようによもぎオイルが注がれ心地良い温度のオイルとよもぎの香りにうっとり眠気を誘います! 熟練の技で程良い力加減でツボを刺激しながら頭皮のみならずフェイス周りを含む上半身全体をケアしてくれるため解きほぐされる心と体! 極楽浄土のような夢心地とはまさにこんな感じなのかもしれません(笑) 入念に解した後は髪に塗布する沖縄蜂蜜をたっぷりと纏わせ黒糖のような甘い香りに満ちた蜂蜜で癒やされます! 贅沢なトリートメントパック中にもまだまだマッサージは続きます最後はベッドを起こし上げ両腕と背中にまでも手が入り至れり尽くせりの極上コース!...

"The Ritz-Carlton of Okinawa" Nago Bay, overlooking exquisite afternoon tea

沖縄を代表する一流ホテル「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」の「ザ・ロビーラウンジ(The Lobby Lounge)」へ! ホテル3階の「ザ・ロビーラウンジ(The Lobby Lounge)」は、Incorporating a traditional architectural design in the Ryukyu Islands、Open slope ceiling height、Fully utilizing large glass window、沖縄の自然と一体感を生み出す空間となります! 入口には大きな貝のオブジェが備わりナチュラルな色合いの調度品で柔らかな印象を受ける居心地の良い雰囲気が漂います! 「ザ・ロビーラウンジ(The Lobby Lounge)」での「アフタヌーンティーセット(Afternoon Tea Set)」は、14:00To 18:00の提供となります! こちらでは、Limited quantity "Ryukyu afternoon tea set (The Ritz-Carlton Ryukyu Afternoon Tea)" also is popular、To enjoy the Bliss tea、"The Ritz-Carlton, Okinawa (The Ritz-Carlton, Okinawa)」の定番となる「クラシックアフタヌーンティーセット(The Ritz-Carlton Classic Afternoon Tea)」3,800円+サービス料13%を頂きましょう! 「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」のシンボルとなるロゴマークのライオンが黄金に輝く3段のティースタンドには、In the upper "scones and clotted cream.、"Pastry" in the Middle、下段に「サンドイッチ等の軽食」となります! Pastry Chefの正野由博(Yoshihiro Shono)さん拘りのスコーンは、Enjoy moist texture and saksakholophoro the light of、今回はプレーンとシュトーレン風の2種のスコーンとなります! さらにスコーン用には、Original jams is four (Blueberry、Okinawa honey、Shikuwasa、TANKAN) topped、Is delicious plain, us、好みの味わいで楽しむことができます! この時頂い沖縄特有の柑橘「たんかん」のコンフィチュールの程良い酸味とふくよかな甘味の味わいが気に入ってしまい、Buy in the shop of the hotel! Bottle village shikuwasa oogimi litter the whole one is used in、たんかんの旨味と果汁がたっぷり味わえます! 愛らしいデザインのきのこは「スーパーマリオ」と勝手に名付け、A image of Frege、Top with Strawberry Chocolate、ビスキュイと苺をバニラクリームの層と合わせ一口で楽しみます! シンプルなモンブランは、Mouth melt and smooth、In pepper and butter、バニラなどでソテーした栗を忍ばせて! 沖縄みかんとされるたんかんのシロップを用いたババにたんかんゼリーとクリームでたんかんの魅力を目一杯味わえる一品! クリスマスのオーナメントをイメージしたマカロンは、Using the black currant and Maple butter cream、酸味と甘味のバランスが良い仕上がり! 木の切り株をイメージしたチョコタルトは、Salted caramel and Caramelized walnuts、ミルクチョコレートのクリームをたっぷりと用いて! 生ハムとパルメジャーノのタルト、Marinated salmon w/ cream cheese、Sandwich with ham and cucumber and tuna and cucumber sandwich with kurozumi、ビーツで色付けた生地の南瓜とベーコンのキッシュ!どれも一口サイズながらに丁寧なお仕事を感じ取れるクオリティの高いセットが楽しめます! セットのドリンクは、Choose from a choice of coffee or tea making、今回は紅茶でオーダー! リッツカールトンでは紅茶の茶葉は我が家でも愛飲しているシンガポール発祥の「TWG Tea Official Page」を採用されておりTWG缶で覆われたタワーが迫力満点! 中でも、Selection of limited edition blend and become "the Ritz-Carlton original"! Tropical feel、Enjoy flower flavor with herbal original blend、この場所ならではの限定品です! さらにこちらには、Okinawa traditional tea "loose-fitting Brown" and、そちらも大人気とのことで追加オーダー! 「ぶくぶく茶」とは、Okinawan tradition from Meiji era karegawa Yoshida (would-be kariyushi:Good luck) and tea、Masara in water time, floured and seasoned rice、Mix your tea hot, whisk、その泡を椀の上に盛って頂くというもの! こちらでは「ぶくぶく茶」を提供する際に、Is me showing off in front of the "whisk" table performance.、さらに「泡立て体験」もできるとのことで早速チャレンジ! 大きな木鉢を用いて、Special bamboo tea whisk into your index finger and middle finger into the cavity, fixed and will whisk.、And how to make your green tea no difference、3 clock hands-on the 6 o'clock position、一心不乱に横に動かし点てていきます! すると、And strangely enough, started up fine, smooth foam、とっても香ばしい香りが立ち込めます! このぶくぶくと泡立つ特徴的な泡がそのまま「ぶくぶく茶」の名称の由来となり器にこんもりと盛られた泡は口髭が出来る程にふわっふわです! 中はジャスミン茶となるため香ばしくクリーミィーな泡と爽やかなジャスミン茶の味わいで後味あっさりとしたテイストで楽しめる美味しいお茶です! 今回「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton,...

Enjoy with a Maserati in the luxury resort of "the Ritz-Carlton of Okinawa" enrichment facilities

クリスマスカラーに彩られた高級リゾートホテル「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」にて暖かな冬の沖縄を優雅に過ごすための施設紹介です! こちらは古来より、Because it is the motif of the place where the water springs which has been revered as a sacred place is a motif.、The production of the space using water is given to everywhere in the building.、南国の緩やかな風を感じるリゾートホテルとなります! 中でも、The courtyard with the best view becomes a design that can be toured、In the luxurious production that i've been able to keep the water board、Let me feel the pleasant wind of ryukyu in the appearance like a palace floating on the surface of the water、お気に入りの空間となります! 水盤越しには、A golf course surrounded by bright greenery appears in sight、Beyond that, okinawa's blue sea and sky spread out.、過ごしやすい緩やかな風を肌で感じながら心安らぐひととき! ホテル棟1階に用意された「ライブラリー(Library)」では、In addition to books and photographs about Okinawa、In the lineup of comics and various books and enhancement that a wide range of generations can enjoy、心落ち着かせながら読書が楽しめます! ライブラリーは、Opening time 10:00-19:00be came freely available between、ドリンクや軽食のオーダーも可能です! 現在ホテルでは「Maserati JAPAN(マセラティ・ジャパン)」とのコラボ企画が実施されているため、There is also a book corner related to Maserati in one corner of the library.、マセラティの名車となるヨーロッパ初のシングルシーター・レーシングマシン「エルドラド(Eldorado)」の模型も展示されています! ライブラリーに隣接する「屋外プール」へ出向き開放的なデッキで寛ぐのも良いでしょう! 毎年ホテル宿泊者専用ビーチスペースの海開きのタイミングに合わせて屋外プールもオープン予定とのこと! 夏場に屋外プールを存分に楽しみたい方は客室から屋外プールへ直接アクセスできる1階の「カバナルーム」をお勧め致します! エントランスロビーに出向き「Maserati JAPAN(マセラティ ジャパン)」とホテルの宿泊コラボ企画「MASERATI EXPERIENCE(マセラティ エクスペリエンス)」に登場するブランド初のSUV「MASERATI Levante(マセラティ レヴァンテ)」と「MASERATI Quattroporte(マセラティ クアトロポルテ)」を特別に用意して頂きました! 昨年2017年からスタートし、The collaboration plan of this place which was very popular is continued in 2018、Stay in the Maserati Room, which features maserati original items in the guest room.、Specially prepared service plans、In addition to the、滞在期間中にマセラティを自由に試乗することができるという特別な体験を提供! 現在ホテルにはシャープな印象を放つ黒の「レヴァンテ」と「クアトロポルテ」の2台体制で臨まれています! 沖縄の風を感じながら、At the Maserati of love to run through powerful and dashing、最高のドライブと参りましょう! ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton,Okinawa) 住所沖縄県名護市喜瀬1343-1 TEL:0980-43-5555 http://www.ritzcarltonjapan.com/okinawa/...

"The Ritz-Carlton of Okinawa" Ryukyu hospitality welcomed debt inherited luxury resort

Surrounded by stacked red-tiled symbol of Ryukyu "SHURI Castle" and the Ryukyu limestone Ashlar walls、静けさと解放感に包まれた沖縄を代表する高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」へ! 「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」は、2007March 5 from 24 "Kise bettei hotel&Spa ' as to renovate the Museum was operated、2012年5月28日にリブランドされ開業! ホテルは、Okinawa's leading golf courses "? day at Kise country club" to adjacent、Spa world-wide assessment, including refined and natural abundance slightly got bulky's is surrounded by Woods、琉球のおもてなしの精神で緩やかな時を楽しむ5つ星のゴルフ&スパリゾートホテルとなります! 南国感を漂わせるヤシの木に囲まれ、Further approach to gradient and、グリーンが広がるゴルフ場越しの高台に見えて参ります! 古来より”聖地”と崇められてきた水の湧き出ずる場所をモチーフとされている「ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton, Okinawa)」! 聖なる地を思わせる堂々たる風格に満ちた佇まいです! シーサーの門を抜けクリスマスリースで彩られたメインエントランスへと進みます! 車寄せにて車を預けスタッフに温かく出迎えていただきます! ホテルは、And the 7-story building、エントランスロビーは3階に位置しています! こちらは、Ritz-Carlton, Japan became the first resort hotel、In the spirit of hospitality passed down from the Ryukyuan Kingdom "facing en-Lai"、優雅な時を約束するラグジュアリーリゾートです! 解放感溢れる天井高に琉球のおもてなしを感じさせる柔らかな印象を放つ照明とインテリアの数々! 館内は、And wrapped in the Christmas mood、ロビーを彩る巨大なメインツリーがお出迎え! 装飾は、Instead of ostentatious opulence、Mind atmosphere be healed in soothing colours! Just Resort!! On this day、Kouri island could move to Nago-Shi, Okinawa、Early Check-inをさせていただきました! チェックインカウンターにてMarketing Communications Managerの上村由佳さんに御挨拶! チェックインシートにサインを済ませ、Offered as a welcome tea、While Okinawan-style warm "loses"the tea、心温まる思いでほっと一息! チェックイン後は、And guide staff、今回お世話になる客室へと参りましょう! 全客室数97室で、Start with a standard deluxe room、High-part 5-"bayderax" which is located on the 6th floor、"Premium" room、On the first floor adjacent to the outdoor pool "Cabana"、Presidential Suite located on the top floor and 7th floor、Provides a variety of room types containing only "the Ritz-Carlton Suite" of 2 room suite、And its all over 45 m² elegantly appointed guest rooms、海や空を望むビューバス&テラスが備わります! 今回わたし達夫婦は、231号室の「デラックスルーム」へ! こちらはシンプルなデザインを用い、And filled with restless interiors in warm colours、To spend at the couple and 45 square meters of comfortable guest rooms! In addition、7.5By m² terrace、より開放的な景観を楽しむことができます! ツインで用意されたダブルベッドはアメリカ「Sealy(シーリー)」社製のオリジナルベッド(幅135cm×長さ203cm×高さ57cm)にて快眠を約束! ベッドサイドのナイトテーブルには、And available for all control while sleeping the night Panel、iPod+サウンドシステムも備わり快適です! ベッド脇に収納力のあるクローゼットに配送に便利なダンボールが備え付けられています。 On the terrace、Feel the breeze while relaxing tables & couches、Overlooking a lush outdoor pool and golf course views、その奥には名護湾の煌めきが! 東側のお部屋からは、Can a mystical Sunrise、From the rooms on the West side、Sinking in Nago Bay sunset views、晴れた日の夜は全部屋から満点の星空が楽しめます! ゆったりと足が伸ばせる深型のバスタブは窓際に用意されているため緑豊かなゴルフ場越しに海を望むビューバスが癒やしのバスタイム! 内側にはレインシャワー完備ツーヘッドタイプの独立型シャワールームやレストルームも備わります! パウダールームの洗面台は使い勝手の良いツインボウルとなりメイクしやすい照明付きミラーや彩りが鮮やかな琉球ガラスが添えられます! 厚手の上質なタオル類に、Of skin soft waffle original bathrobe、Become a full lineup of excellent、In addition to the standard amenities of the Ritz original、英国御用達の老舗ブランド「Asprey(アスプレイ)」のバスアイテムが用意されます! さらにの5島の海から作られた海水塩をベースに、Scented、Equipped with bath salts "YUKUI (Uki)" using natural coloring two! In the Okinawan language and "Yuki" means spend a leisurely。Luffa sponges are also provided、Just stay in Okinawa resort of items、バスタイムに嬉しい限りです! 壁側には、Easy to work with Business Desk、42LCD flat TV。 There was a refrigerator under、Is at an additional cost、Orion beer and champagne started.、Non-alcoholic drinks are equipped with I.。 In the mini bar、ハードリカーやスナック類も用意されています! 「Nespresso ネスプレッソ」のエスプレッソマシーンで、Pour the freshly brewed espresso、快適なお部屋で寛ぎのひとときを楽しみましょう! ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton,Okinawa) 住所沖縄県名護市喜瀬1343-1 TEL:0980-43-5555 http://www.ritzcarltonjapan.com/okinawa/...

Scroll to top