Gastronomic street in Ruifang Station nearby Jioufen is full of snacks of Taiwan specialty!

While enjoying a nostalgic town、「九份」を代表するお茶屋を2軒はしごし、 After a leisurely、豎崎路と軽便路が交差する広場に戻り、 Still walking、「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんの友人で ツアーガイドをされる王永山(通称王さん)の元へと戻ります♪ 「九份」の豎崎路の石階段をひたすら降りて行きましょう。 Will not go and up the steep stairs、Surrounding walls of the House, there is no railing。 気を付けて降りるようにしましょう♪ まるで家を守るかのように玄関先で休むワンちゃんの姿が2匹台湾は夜でも日本ほど寒くないので安心ですね♪ 野良猫なのか、A domestic cat?、Cats with pikuri no camera for。 この街の猫のドンであるかのような鋭い眼つきで落ち着きを放つ猫ちゃんに逢いました♪ 石階段を降りきった汽車路で王さんの車と待ち合わせコンビニ「Hi-Life(ハイライフ)」の屋根の上に巨大猫のオブジェ!?(笑) 渋谷ハチ公前といった感じで待ち合わせ場所には最適かもしれません♪ 王さんの車に乗り込み台北市内へ戻ります♪ 途中「九份」最寄りの「瑞芳駅」で最も有名な美食街である 「第二公有零售市場」を紹介してくれ、Told through the street, stand in front。 奥に見えるのが「瑞芳駅」の美食街「第二公有零售市場」の入口です。 In the district、Pepper cake、Heat oil s. b. 糬、Yong Feng thigh、蚵 omelette、Braised beef noodle、酸辣麵などの 豊富な種類の「小吃」が楽しめ台湾ローカルフードを知るに最適です♪ 「龍鳳腿」と大きく書かれた看板の「祖傅三代・正宗老店」という屋台です「龍鳳腿」は、Northern Taiwan coastal fishing village becomes the cradle、その材料と作り方は台湾の郷土料理である「雞捲」から来ています「龍鳳腿」の由来は、Think the fishermen children nutrition、 Make the appearance resemble a chicken leg、子供たちが好んで食べるように仕向けた親心から生まれた「小吃」です「龍鳳腿」と名付けたその「小吃」の屋台はこの周辺に何軒もあり老舗の「阿霞龍鳳腿」が一番有名です♪ ふわふわに挙げられた「龍鳳腿」。 Use fresh fish.、Onion and cabbage、Carrot、Mix together pork legs, etc、 Wrapped with jowl oil NET、Fried over low heat slowly finish、Taiwan-cutlet with rich, is completed.。 1Book 10 TWD (Japan Yen:約36円)と破格のお値段でいただけます!(驚) 日本でいう「さつま揚げ」をもっと柔らかくふわふわにした食感で美味しかったです♪ 高速道路に乗り台北市内へ向かいます♪ 高速道路からは内湖エリアの「美麗華百楽園 Miramar(メイリーホア)」の大型観覧車と ライトアップされた宮殿のようなホテル「台北美福大飯店 Grand Mayfull Hotel Taipei」が 美しくそびえ立っている姿が伺えました! さてお次は歴史が最も古く台北初の観光夜市として知られる「華西街観光夜市」の紹介です♪...

Jioufen "Amei Teahouse" This teahouse that Aburaya of Yubaba is rumored to have become a model

九份を代表する老舗茶芸館で豎崎路の階段道沿いに位置し瓦屋根に連なる赤提灯が魅せる独特な雰囲気を醸し出すお茶屋の「阿妹茶樓(阿妹茶酒館)」はかつての金鉱工場をリノベーションし再生しています。 Here you will、Not to mention enjoy tea time、It is possible to enjoy a meal。 Previous、ジブリ映画・宮崎駿監督作品の「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の油屋のモデルになったと噂され、 For across the Board so the PR staff、常にジブリ映画ファンや日本人観光客に人気のお店となります♪ 「阿妹茶樓・あめおちゃ」と日本人に分かり易いようにPRされた看板が 入り口に大きく設置されておりどの観光客も「これこれ!これでしょ!?」と口を揃えて入店されていく様子が伺えますジブリ側は完全否定しておりますが、Aside from the facts、 こちらの店構えから「湯婆婆の油屋」の雰囲気を垣間見れることに違いはありません♪ 入口までは階段が設置されており、Unleash a world a nostalgic rendition of the approach。 The mask lit the bearer、 It is Germany who purchased in Japan and surface collector。 Dubious in the mood、3面と並ぶその内には「カオナシ」のモデルになったと噂されるお面もあり楽しみ甲斐のあるお店です♪ 店内は、On the floor of the entrance hall and on its excellent、Equipped with table set made of bamboo。 Weather permitting、The rooftop terrace is better is also recommended、 Crowded hours、Passed to the vacant seat。 Near the entrance、And sold include tea and tea leaves grown in the home garden、 お土産に最適です♪ 紅白の屋根が広がる屋上フロアは、Roof with ya there are constant、 If blessed with the weather、是非外側の席をお楽しみください♪ 通常は、You can select from the menu、Tour and guide it's introduces the shop if it were、 1人当たり「お茶とお茶菓子のセット」NT$300(日本円としておよそ1,170円)と決まっているケースが多いですもちろん別のメニューをオーダーすることも可能です! 案内をしてくれた「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんが許乃予オーナーや弟の許立育さんと交流があるということで紹介していただきこちらのお茶セットをいただきます♪ 1杯目は、So will demonstrate in a smattering of Japan to explain stuff the right way、 The look, the way to。 2Serving tasty at pace from second cup you want to drink my。 Chashaku (茶匙), using the tea to、Put the tea pots、 Brown sea carrying a Brown discharge (strainer)、One for washing the tea leaves of roasting hot water immediately abandoned、 In the discarded water warms the sea Brown (pitcher)。 After warming the sea Brown (pitcher)、Discard the hot water dumped on the tea Board、Tea pots entrancing hot water again。 Taiwan tea offers several times in the same tea leaves、 1Cup murashi time is 20 seconds.、230 seconds from second cup、3杯目は50秒程と蒸らし時間を伸ばしていきます♪ 茶海から、Brewed to listen aroma (smell) poured Cup (moncouhei)、 Lower the top products turnabout Cup (cup of tea)。 While noting such 零sanu tea、Transfer products turnabout Cup (cup of tea), incense cups upside down、 空になった聞香杯を鼻に近付けて香りを聞きましょう♪ (※香りを聞くとは香りを嗅ぐこと) 台湾茶の正しい淹れ方を知り、 While enjoying the delicious tea.、Loose cheeks. fun time smiled。 こちらは「翠玉茶」で、And soft Jasmine scent、There's fresh flavor in the aftertaste、 Fermentation、Fire roasting light for、And are used over Japan tea、It is preferred to be tested for the first time the Taiwan tea flavor。 Tea leaf left tell staff、お持ち帰り用の小さな袋を用意してくれます♪ セットの「お茶菓子」は、 The Green Green beans 糕 (otocari) is、So soft, so fragile、Let's at hands。...

Taste of beyond popular teahouse "Jioufen Teahouse" age 100 years full of cans tea and horticultural Museum and Art Gallery

地元の名士である翁山英氏の住居跡地を芸術家であるオーナーの洪志勝が写生で足を運んだ際に、Fascinated by the views、 1989 year、彼が28歳の時に「九份」に住まうことを決意され、 Click here to be on the over 100 years old and was renovated、アートスペース兼茶芸館として再生させたお店「九份茶坊」「基山街」沿いに面しており手描きの「茶・陶・画」と描かれた暖簾が目印です候孝賢監督の「戯夢人生」のロケ地でもあり、 Cozy little hideaway shop like there's、そしてこの茶藝館からの景色が最高です♪ 店内は、An antique appearance picturesque quaint.、 Landscape was established、 Teakettle and arrange 1 row、焙煎した芳ばしいお茶の香りが広がり癒やされます♪ 階段を降りれば地下1Fのカフェスペースへと続きます♪ まるで隠れ家のような地下1Fフロア。 Café space、Has also sold space on tea and tea set、 both、Buy art works that involved the owner and his wife and tea are available。 In addition to tea sets the display showcase、 建物の耐久性を高めるために追加で建てたコンクリート壁もディスプレイ棚として利用されています♪ 階段下には池があり、CARP are swimming freely。 And also quite respectable size of carp、鯉を眺めながらゆったりとした時間を過ごすのも良いでしょう♪ 地下1Fスペースは、Although people can see views of outdoor space、 Mellow and relaxed atmosphere、It can quietly enjoy the tea。 Each table and set up new nested table antique、 茶釜を温める熱源は炭火を利用されているというのもまた風情があります♪ 「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんの元同僚であり現在こちらのスタッフをされているboboちゃんを紹介してくれました♪ 猫アートは奥様の作品♪ 茶器のデザインも多種多様! 茶器以外に陶器や絵画も販売! 「九份茶坊」地下1Fを抜け出すと左手にもう1つのギャラリー「九份芸術館」へと続きます♪ こちら「九份芸術館」では、Enjoy the works of art and space。 1998年8月29日にオープンさせたこちらは長年オーナーの洪志勝が収蔵してきた美術品から台湾国内の新進気鋭の新作までが揃い展示されています♪ 洪志勝の作品 茶杯 一輪挿し 急須 台湾磁器メーカーでお気に入りの「3,co」の作品がこちらにもありました! 3,coは、2003In the porcelain manufacturer founded in Taiwan、 Combined art, design and lifestyle、Have a brand concept to pursue the life aesthetic。 3,coの「3」とは「アート」「デザイン」「ライフ」を表し、 And create an aesthetic combines these three elements、 美のあるライフスタイルを味わってほしいという思いから名付けられています♪ スタッフのboboちゃんがお茶を淹れてくれました♪(謝謝♪) 「頂級東方美人茶」 こちらは夏季の限られた時期のみ生産する烏龍茶です。 Precious tea leaves do not harvested only once a year、蜜のような甘い香りが特徴です♪ 茶葉が入った缶のデザインにはオーナーの洪志勝が奥様を描かれたものもあり、 To have finished with the paper、レトロな趣が醸し出されています♪ 「九份芸術館」よりさらに階段を降り「陶工坊」へ向かいます♪ オーナーである洪志勝が工房としている「陶工坊」。 Many stood crammed with stoneware。...

Explore one of the most crowded is the main street "Jishan st" and the stone stairs "Shuqi Road" in Jioufen!

「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんと その友人でツアーガイドをされている王永山(通称王さん)が案内してくれる題して「高橋&王Presents!ローカルな台湾を知ってみよう!半日夜ツアー!」のお次の目的地は、 Located in the mountainous region located in new Taipei City in northern Taiwan, Sweden,、 海を一望しながら郷愁を誘うレトロでノスタルジックな雰囲気の街並で 日本でも有名な観光名所とされている「九份(ジォウフェン)」の街へ! 車を停めて九份の基山街の入口となる「舊道口」まで歩きます。 Each placemark、セブンイレブンの看板です♪ 前回の記事はこちらをクリック 「九份の基山街」昼夜問わず活気に満ち溢れ土産が揃う九份のメーンストリート http://lade.jp/diary/travel-diary/taiwan/32210/ 昼も夜も変わらず観光客で賑わい「九份」のメーンストリートとなる「基山街」です♪ 商店が所狭しとひしめき合いアーケード街となる「基山街」は雨が降っても観光が続けられる場所でもあります♪ 「九份」の街には100回以上足を運ばれたという高橋賢二(Kenji Takahashi)さんから、 Fun tour while listening to the local Taiwan information。 The last、During a visit here、I pass shops、高橋さんのガイドのおかげで隅々までチェックできます♪ QQ食感で台湾で人気の「紅糟肉圓」。 Crystal clear skin's look like jellyfish in a whole。 Its skin is、Made from glutinous rice or sweet potato starch、Is wrapped in bean red alveolar meat (pork marinated in red yeast rice)。 Chewy texture is a texture is favored by women。 「九份」の肉圓は一般的なものと一味違い、For the kneaded for Beni-Koji in sweet bean paste in the、 Red face to peek from the transparent skin is characterized。 Because the natural colouring is red yeast rice、Also I'm happy healthy foods。 ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」でお父さんが食べていたものが「肉圓では?」と噂になったことから「九份」に訪れては肉圓を食べるジブリファンが多く出没しているのだとか!?(笑) こちらは甘いタレなので、Sweets is not good so we do not challenge here is、 辛い肉圓はのモチモチ食感はなかなか癖になる味わいで美味しかったです♪ お土産売り場のようなアーケード街の基山街はほんの数分の400m程の距離ですがあちらこちらに目をやり蛇行しながら歩くと結構な時間を迎えてしまいます♪ 九份の夜景が見渡せる見晴台はカップルやグループで賑わいます♪ 見晴台から見下ろす「九份老街」の夜景! 「九份」に新しくできた「FUFA(富發牌古著鞋)」! 台中で生まれたシューズメーカーで上質な革靴やお洒落なスニーカーが揃います♪ 九份で最もメジャーな場所とも言える「豎崎路」とは基山街の途中に街の中心を縦に貫く細い石階段のことです。 Stone stairs feel nostalgic red lanterns、こちらが「豎崎路」です。 Makes people feel the aura of tasteful retro buildings on both sides of the red lanterns and stairway.。 台湾の映画監督である侯孝賢監督の228事件を描いた作品「悲情城市」のロケ地ともなっており 日本のガイドブックにもこの路地からの光景が主にクローズアップされており、 It will be good shooting spot。 Those who are confident in the strength、「豎崎路」の上から下までの風景も是非楽しんでくださいね♪ 豎崎路と軽便路が交差する広場には「昇平戯院」という古い映画館があります。 Decorated montsuki hakama and dress their face Panel、 観光客がこぞって記念撮影を楽しんでおりました! あら?あらら? 左に映る彼はまさか台湾のスーザン・ボイルと称される 男性歌手の林育羣(リン・ユーチュン)英語名Jimmy Linではないですよね!?(笑)...

Way to go avoid large crowds, as way to back the Jioufen mopeds Road off the beaten path in bus stop

After enjoying a good night、多くの人で賑わう豎崎路を引き返すようにもう一度お土産物を見て回っても楽しいですが 人混みに疲れてしまった方には人気の少ない穴場的な軽便路での帰り道をお勧めします! 軽便路は「昇平戯院」という古い映画館のあるこちらの広場から 映画館を背に向けて豎崎路と交差する道を進みます♪ 軽便路は、It is not absolutely no reason、比較的ゆったりとした道なりとなります♪ 軽便路は九份の中でも細く人が少ないローカルな道となりますが 意外にも明るい時間帯は個性的なショップがひっそりと佇んでいるので 人混みを抜けてちょっと息抜きしたい方にはお勧めの道です♪ 夜になれば、There closes the shutter's click here、静まり返る軽便路 誰も居ない風景が観れるのも此処ならでは九份には、There's numerous pathways and stairs、まるで迷路のように複雑な街とお思いの方も少なくはないと思いますが 実はどの階段を通っても基山街に通じているため、No worries never get lost。 軽便路の途中にあるこの階段を上ってももちろん基山街に通じます♪ 「九份霞海城隍廟(昭靈廟)」 軽便路の道沿いに突如現れる九份霞海城隍廟(昭靈廟)は、1923年に建立され大変古く歴史あるお寺です先ほどのお寺「九份霞海城隍廟(昭靈廟)」の手前にこちらの階段があります。 So much trouble、Once past the stairs、To visit the temple and then return、この階段を上ると良いでしょう♪ 結構な段数の階段を上ると、You can go here。 Climb the stairs through narrow parking lot next to the、そこは「九份老街(舊道)バス停」目の前です! 上った先がこちら「九份老街(舊道)バス停」です。 At the bus stop、Made a long line、We are waiting for the bus。 The bus、Soon students over to ensure、Seems to be to pass the bus or book。 At the bus stop、With taxi ambush tourists、You can negotiate price。 Giving up the bus、See also figure into the taxi, ITIF and other people。 九份⇔台北市内のタクシー代は片道NT$1,000前後(日本円にしておよそ3,900円)ですので 乗車する仲間を4人集めて割り勘にするのも良いでしょう。 Take the bus?、Or take a taxi、皆さんの判断にお任せしますが 日本と違い台湾のタクシーはお安いと思われます♪ タクシードライバーのテリーさんを携帯で呼び出し乗り込んだ後は テリーさんの地元である基隆の街とローカルな基隆廟口夜市に連れて行ってもらいましょう♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! タクシーツアーで巡る観光スポットを一挙にご紹介! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/ ...

A nostalgic sight created by the red lanterns 'Jioufen at night' and a fantastic night view

九份のイメージと言えば赤提灯が灯される夕暮れ時の幻想的な光景でしょう海沿いの山間部にあたる街で雨の多い場所としても有名な九份は、Is a different sense of depending on weather conditions。 Limited time period reflected the sky is blue、季節毎の日没時刻により異なりますが 今回訪れた2015年3月2日(月)の平日は夕方17時50分~およそ10分間程度の短時間で勝負し撮影していますパラついていた小雨はすっかり上がり しっとりと濡れた風情ある石階段に赤提灯が灯される街並 うっすらと靄がかかる山々の姿はまさに幻想的な世界観を生み出しています♪ 1枚目の写真は「阿妹茶樓(阿妹茶酒館)」さんの逆側の階段の踊り場から撮影したものとなります。 The spot, this place is famous、レストラン「海悦楼景観茶坊」さんの入口であるにも関わらず カメラを抱えた観光客で溢れ返っています。 Sunset from evening、さらに賑わいを増し続ける九份の街赤提灯が灯され独特な雰囲気を醸し出す「阿妹茶樓(阿妹茶酒館)」のお茶屋さん赤提灯に書かれた「九份山城」とは「九份」を意味し 「越夜越美」とは「夜になればなるほど美しく」といった意味合いを持ち まさにこの街にピッタリの言葉です♪ 「九份陶笛屋」 美しいオカリナの音色に導かれて聴こえる先に目をやると 「阿妹茶樓(阿妹茶酒館)」さんの反対側の下のオカリナショップで生演奏をされている姿が見えます透明感溢れるオカリナの音色で癒されてみてください♪ 平日の夜でもこれほどの賑わいを見せる九份の街は 週末の休日は、Many of the people too、思うように写真が撮りにくいと聞きますので できれば平日に訪れることをお勧めします♪ 夕方16時から日没後の18時半までと九份での滞在時間はおよそ2時間半。 Eating out in the shop、Relaxing tea time、Could enjoy up to a fantastic night view。 Never in the big city is not、I think thoroughly enjoyable short time。 風情溢れる石階段からの景色に気を取られてしまいがちなので 足元には十分にお気を付けください。 Now、混み合うことの少ない穴場的な軽便路を通って帰ることに致しましょう♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! タクシーツアーで巡る観光スポットを一挙にご紹介! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/...

Teashop and Miyazaki "Ani imouto tea house and AKAN sister tea liquor House aburaya model was rumored to be

「阿妹茶樓(阿妹茶酒館)」 九份を代表する老舗茶芸館で豎崎路の階段道沿いに位置します瓦屋根に連なる赤提灯が魅せる独特な雰囲気を醸し出すお茶屋さんは かつての金鉱工場をリノベーションし再生しています。 Here you will、Not to mention enjoy tea time、It is possible to enjoy a meal。 ジブリ映画・宮崎駿監督作品の「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の油屋のモデルになったと噂されており 店側も全面的にそうPRしてしまっているため常に日本人観光客に大人気のお店となります♪ 「阿妹茶樓・あめおちゃ」と日本人に分かり易いようにPRされた看板と記念撮影どの観光客も「これこれ!これでしょ!?」と口を揃えて入店されていく様子が伺えます(笑) 入口までは階段が設置されておりアプローチの演出でもノスタルジックな世界観が彷徨います♪ 灯りに照らされて浮き出るお面は、It is Germany who purchased in Japan and surface collector。 怪しげなムードが漂う中 3面と並ぶその内には「カオナシ」のモデルになったと噂されるお面もあり 楽しみ甲斐のあるお店です(笑) 店内は、On the floor of the entrance hall and on its excellent、Equipped with table set made of bamboo。 Weather permitting、屋上のテラス席も景色が良くお勧めですが 混み合っている時間帯は通されるがままのお席で我慢致しましょう♪ 入口付近にあるお土産物売り場には自家菜園で栽培された茶葉や茶器なども販売されています♪ エントランスのあるホールの反対側からの店内の様子。 Usually the、You can select from the menu、ツアーやガイドさんの紹介で入店された場合は 1人当たり「お茶とお茶菓子のセット」NT$300(日本円としておよそ1,170円)と決まっているケースが多いです。 Without a chance to order、こちらのセットがテーブルに用意されました(笑) 1杯目はスタッフさんが正しい淹れ方をカタコトの日本語で説明しながら実演してくれるので その様子を見て淹れ方を覚えましょう♪ 茶器セット 貯水式茶盤をはじめとする茶器セットは本格的なお茶をしたい方には魅力的なセットです♪ 足元に設置された火鉢と土瓶 土瓶内のお湯は、Part time staff just to replenish and will come around。 In the soup quite a weight of、Because it would be in hot water、注ぐ際には十分にお気を付けください♪ 2杯目からは自分で淹れてみましょう。 Chashaku (茶匙), using the tea to、茶壺に入れましょう♪ 茶漏(茶漉し)を乗せた茶海に、One of roasting hot water、Discard immediately to wash the tea leaves、In the discarded water hot tea sea。 After warmed up、Discard the hot water dumped on the tea Board、Tea pots entrancing hot water again。 同じ茶葉で何回か楽しめる台湾茶は 1杯目の蒸らし時間は20秒程、230 seconds from second cup、3杯目は50秒程と蒸らし時間を伸ばしていきます♪ 茶海から、Brewed to listen aroma (smell) poured Cup (moncouhei)、Lower the top products turnabout Cup (cup of tea)。 While noting such 零sanu tea、Transfer products turnabout Cup (cup of tea), incense cups upside down、空になった聞香杯を鼻に近付けて香りを聞きましょう♪ (※香りを聞くとは香りを嗅ぐこと) 台湾茶の正しい淹れ方を知り、While enjoying the delicious tea.、Loose cheeks. fun time smiled。 The remaining tea leaves、The staff got to tell、お持ち帰り用の小さな袋を用意してくれます♪ お茶菓子 緑色した緑豆糕(落雁)は、So soft, so fragile、Let's at hands。 Sweet pickled wearing a white powder that is、This original product is available for purchase。 Cut strips of baked goods is the Sesame rice crackers。 Wearing a kinako mochi、米麻糬で柔らかいわらび餅のようなものです♪ こちらのお店の小娟さんと一緒に記念撮影させてもらいました小娟さんも、Japan to speak well、とても親切にしてくれました♪ 小娟さんが、Us commemorative postcard shop here。 Too hard to、日本語でハッキリと「千と千尋の神隠し・湯婆婆の屋敷」と書かれているのは 少々問題があるのでは?と心配になってしまいました(苦笑) ジブリ側が否定している以上は、Should be kept in mind only rumors would be。 However,、Do not enjoy, or enjoy the atmosphere so you can enjoy the delicious tea can be very、May your heart and mind。 Now、At sunset while enjoying tea birthday、Outside has shades of the good atmosphere!.

Red lanterns and 豎 Nagasaki routes of Jioufen Chihiro no kamikakushi stage was rumored to be stairs way

You will see the narrow stone staircase form the central backbone in the middle of the Kiyama city alley 豎 Nagasaki routes。 Makes people feel the aura of tasteful retro buildings on both sides of the red lanterns and stairway.。 台湾の映画監督である侯孝賢監督の228事件を描いた作品「悲情城市」のロケ地ともなっており 日本のガイドブックにもこの路地からの光景が主にクローズアップされています。 First of all the、基山街から上へと上ってみましょう♪ 「泥人呉」 小籠包職人であったオーナーが創り出す「鬼」を具象化したお面が幾つも並ぶ奇妙なお店。 Too much evening、The face is lit up、リアル過ぎて恐怖心を駆り立てます(笑) 「九份秘密基地柑仔店」 1950年代をイメージしたレトロなお店骨董品オタクのオーナー賈裕祖さんが収集したコレクションが展示されており まるで50年代にタイムスリップしたかのような雰囲気を味わえます。 Taiwan junior high school、China dress、警察官や消防隊員等のユニークな衣装に着替えて記念撮影が楽しめます♪ 「阿柑姨芋圓」 豎崎路の上まで足を運ぶと行列で賑わうお店は 芋圓(タロイモの団子)が名物の老舗の人気店「阿柑姨芋圓」です。 Hot or iced a choice、Here you can have、The views from the observation deck was prepared in the shop back East Kilbride We recommend to taste with a view。 Because there are significant volumes、Everything you want to eat、2In even one good! "9, elementary school" and go up to the top、Surprisingly, 9 you will see the main gate of the elementary school, which is。 1910年に日本式の建築様式によって造られた小学校で 九份で最も大きなグラウンドからは基隆沖の美しい海を眺めることができます♪ 最上段までの景色を楽しんだ後は基山街から下段の景色も楽しみましょう。 Old、豎崎路を下った先には、Hospital and education、金品を盗んだ罪人が入れられる事務所があったことから この階段を下ることは、As was said like descending into hell and。 その一方で 階段を上った先には、At that time、飲み屋などが多かったこともあり 階段の上と下とでは天国と地獄ほどの差があったとされていたとのこと。 Now,、瞬く間に観光名所となり常に人で賑わう豎崎路上から見下ろす風景と下から見上げる風景の違いを楽しみながら散策すると良いでしょう♪ 夕刻を過ぎると所々で赤提灯が灯され始め、And a further rising in the atmosphere。 Here you will、夕刻から夜にかけての景色の移り変わりを楽しむのが良いでしょう♪ 「芋仔蕃薯」 金鉱を連想させる洞窟のようなトンネルの先には風情溢れる木造建築のレストランがあり おばあちゃん特製の素朴な郷土料理が楽しめます♪ 「阿妹茶樓(阿妹茶酒館)」 九份を代表するを老舗茶芸館で ジブリ映画・宮崎駿監督作品の「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の油屋のモデルとなったとされるお茶屋さんとして大人気です! しかしながら宮崎駿監督自身は九份と「千と千尋の神隠し」の関係性は否定されているとのこと(笑) (※「江戸東京たてもの園の子宝湯」と「道後温泉本館」は参考になった場所であると公式に発表されています) それでも、As soon as I made it、Packed with many zibri fan in your store can be very。 Certainly、The atmosphere of the store fronts were covered with red lanterns、Enhance the atmosphere of the film too.。 噂とは恐ろしいものですが ジブリ作品の舞台となったと噂される場所は、Are scattered in various places around the world。 The world of Ghibli、様々な経験を元に宮崎駿監督が描かれる空想の世界ですその空想の世界観に実際に触れることができる空間として 「もしかしたら・・・」という淡い期待を胸に訪れてみるのも良いでしょう。 Enjoy a cup of tea here is、後ほど紹介します♪ 豎崎路と軽便路が交差する広場から石階段を見上げた眺めですこちらの広場には「昇平戯院」という古い映画館があり 九份が金鉱産業のゴールドラッシュで賑わいを見せていた時代に台湾北部初の映画館として誕生しています。 Now、And reproduce the appearance of the cinema of the time、And will be available free of charge。 広場より豎崎路は、Continue down、最下段には九份派出所があります。...

The main street 'Jioufen Kiyama city day and night filled with vibrant, featuring souvenir Jioufen

Located in the mountains of northern Taipei、海を一望しながら郷愁を誘うレトロでノスタルジックな雰囲気の街並で 日本でも有名な観光名所とされている「九份(ジォウフェン)」の街台北市内からの直通アクセスは MRTの忠孝復興駅から1番出口付近の基隆客運バス停の「九份/金瓜石(1062番バス)」行きのバスに乗り バスに揺られることおよそ1時間半~2時間で九份入口となるこちらの「九份老街(舊道)バス停」に到着しますまた 鉄道とバスの組み合わせで乗り換える場合のアクセスとしては 台北駅から台湾鉄道に乗り「瑞芳駅」までおよそ1時間程 そこから基隆客運バス停の「九分/金瓜石」行きのバスに乗り乗車時間はおよそ20分程でも到着しますさらに 台北市内よりバスではなく直接タクシーで向かわれる方は 片道NT$1,000前後(日本円にしておよそ3,900円)を目安にドライバーと交渉してみてください(現地での待機時間も含めて往復料金で交渉してみてください) まだ16時を迎える頃というのに、Already back in the bus can ask the large procession。 The last bus from Taipei、21時台と意外に早く、Because it is less crowded and at night and that should be taken。 Leave your car、九份の基山街の入口「舊道口」まで歩きます♪ バス停からの道のりは特に歩道もないので車に気を付けながら進みましょう♪ 九份の基山街の入口の目印はこのセブンイレブンですセブンイレブン脇の 「舊道口」が九份の基山街の入口となり九份の街を散策するスタート地点となります♪ 商店が所狭しとひしめき合いアーケード街となる基山街 書道用品の店「敦品製筆」 こちらのお店では初心者でも購入しやすいリーズナブルな筆から プロが扱う大きな筆や硯など本格的な物まで用意されています♪ セミオーダーの下駄屋「九份足の戀木屐坊」 九份の商店街では下駄屋さんを多く見掛けます。 Not like plain old-fashioned wooden clogs even in、カラフルなバリエーションのサンダル中から セットされている既製品を購入することはもちろんのこと 自分好みのセレクトでセミオーダーすることも可能です。 Price、NT$490~NT$1,800(日本円にしておよそ1,910円~7,020円)とデザインにより様々。 Cute Sandals we design with wedge sole,。 Wooden base part's positioning、Choose a favorite pattern、足に合わせてその場で10分程度で作ってくれます♪ 「魚丸伯仔」 魚丸とは、In the fluffy fish Surimi、Wheedled the ground、Which boiled dumplings.。 大きな釜で茹で上がる光景は食欲をそそります♪ 「阿昌芋圓専門店」 芋圓とはタロイモの粉を練って白玉団子にしたもので 甘いシロップやかき氷、Or、Suites with hot soup turn turn crunchy taste.。 モチモチ食感がお好きな方にお勧めな一品です♪ 芋圓よりも目の前で焼き上げたばかりの車輪餅(日本でいう大好物の大判焼き)が気になりオーダー♪ 1個NT$20(日本円にしておよそ80円) 中は奶油(クリーム)または紅豆(小豆) で小豆をいただきます。 With hot fresh-baked in、Densely populated and contains custard、日本と変わらず美味しかったです♪ 甘い物を食べ歩きながら丁度お茶が欲しいな・・・と思っていると 台湾では嬉しいタイミングでお茶屋さんが現れてくれます(笑) そして、Beautiful girl frowned one without、優しく声掛けしてくれる試飲サービスって本当に有難いです♪ 「九份名物のおばちゃん」 お店の商品より、Every day the same、過激なウィッグと眼鏡とセンターフラワーファッションで看板娘をしている おばちゃん自身が名物になってしまったそうです(笑) 大きなカメラに気付いたのが、Apparent looking at camera with smile、素敵♪ お土産売り場のようなアーケード街の基山街をあちらこちらに目をやり蛇行しながら歩くと ほんの数分の400m程の距離のはずが結構な時間を迎えてしまいます♪ 「九份茶坊」 地元の名士である翁山英氏の住居跡地を芸術家であるオーナーの洪志勝さんが気に入られ...

Learn the history of the gold mining industry of gold Museum once a thriving gold Town Museum

日本でも観光名所として有名な九份(ジョウフェン)から 少し足を延ばした先にある金瓜石の「黄金博物館(ファンチンボーウーユエンチュー)」は 19世紀に金の採掘で栄えた頃の金瓜石金鉱山の金鉱産業の歴史を伺い知ることのできる記念館となりますかつての繁栄を想像する鍵となる場所が随所に散りばめられた金瓜石は街が博物園区に指定されており 台湾の金鉱がどのように台湾人の生活の一部となったのか知る良いキッカケをもたらしてくれますこちらの拝観料は無料(本山五坑見学・砂金採り体験は有料)ですので気軽に見学可能こちらに入場すると見えてくるお客様サービスセンターでは身分証明書を提出することで 無料の日本語音声ガイドをレンタルすることが可能です♪ 日本統治時代は日本人職員の宿舎「四連棟」生活美学体験坊 1930年代に建築された4棟に連なる日本家屋を守るかのように囲まれた塀は、Built of red brick and has。 From the historic building、1While trying to limit the number of annual visitors is committed to protecting。 In、Or watch the video guide、内部の見学が可能となっており 修復された建物は、Has been reproduced over the details of that time。 トロッコ 「金瓜石派出所」 木造建ての派出所は、20年程前に綺麗に修復されており 現在は、Not to mention the role of the police box、観光客のトイレ休憩場所としても利用されています♪ 金水広場には「鉱夫食堂」があり当時の鉱夫の1日で最も楽しみでもあった「礦工便當」という 「鉱夫弁当(排骨飯パイグーファン)」NT$290(日本円にしておよそ1,130円)等がいただけます。 And、食べ終わった後には 金属製弁当箱と弁当箱を包んでいた館内図をイラストしたランチョンクロス箸はお持ち帰りができます! ちょっとした記念になりますし、It might be good to taste the miners felt here。 金水広場を通り抜け階段を上り先へ進みます♪ 坑道から続く線路 生憎の天候で小雨がパラパラと降ったり止んだりとしておりましたが 鮮やかなピンク色した可憐な桜と水滴を含んで若々しい芝がより美しく目に飛び込んできます♪ 桜にも春節の飾り 多くの金鉱石を運んだトロッコ道の跡 晴れていれば高台から見渡せる景色も絶景だったことでしょう。 However,、B what is the atmosphere of hotel and getting wet in the rain。 線路上のトロッコに乗って記念撮影も楽しみましょう♪ 黄金館の手前には地下に空気を送るための大きな送風機が設置されています黄金館前の鉱夫人形 「黄金館」 パネルにあからさまにも大きく「金」と書かれた黄金館(入場無料です)館内の2階には重さ220.3kgもの巨大な金魂(9億円以上の価値)が展示されており触れることが許されています! 金魂は静岡県の土肥金山郷土資料館にある重さ250kgの金塊に次いで世界第2位の大きさを誇ります。 still、金魂の土台には金の時価が表示され その日毎の金魂の価値が記されるという何ともユニークな展示をされています(笑) 「本山五坑」見学料(保険費用としてNT$50日本円にしておよそ200円) 本山五坑見学とはヘルメットを被り本山の第五坑道へ入場し 当時の鉱石運搬軌道に沿って歩き、You will work in the mine at the time of。 Beside mine、Workers wax and then electric trams、Truck model、本物の金鉱脈などが設置されており さらに爆発を再現した音響効果などもあり、You can experience the precious environment。 当時の鉱夫の厳しさを表現した像 金瓜石のかつて栄えた山上都市でプチトリップした後は 長く長く続く石畳の階段を降りて、Return to the hotel entrance、Let's return to the real world。 Now、Next in line、いよいよジブリ映画の「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルになったとされる 九份(ジォウフェン)の街へと足を踏み入れてみましょう♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! タクシーツアーで巡る観光スポットを一挙にご紹介! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/ 黄金博物館(ファンチンボーウーユエンチュー)...

In jinguash the Mystic Yin Yang Sea Sen to Chihiro no kamikakushi tunnel!

Northern Taipei one day sightseeing tour、We welcome you at 15:00。 In the rain paratsuku、Temperatures in northern Taipei's February average temperature below、Pretty cold.。 Also 1-2 month period in northern Taipei、Climate is very insecure.、しばしば小雨が降るため 折り畳みの傘は必ず持参するようにしましょうね♪ 黄色と青の2色に染まった不思議な海岸「陰陽海」 陰陽海の正式名称は「濂洞湾」ですが紺碧と黄土色の対照的な2色の景色が湾に形成されることから「陰陽海」の異名を取ります陰陽海は金瓜石の岩層に大量の黄鉄鉱を含んでおり それが海に流出することで黄色くなっていると言われています。 We are in the unfortunate weather I have、晴れているともっと色鮮やかにくっきりと黄色と青の2色に分かれており 黄色と青が混ざり合う境界は美しいエメラルドグリーンに輝くきます♪ 標高は588m基隆火山群に含まれる死火山「基隆山」 基隆山はその昔鶏籠山と呼ばれており、From the shape of the mountain was like a cage and。 山頂まで登山道が続いており頂上へ登ると360度のパノラマが広がり、 Pacific、Based on Keelung、Jioufen、台北市までもが見渡せるそうです♪ 「十三層遺址」 台北北部の最もメジャーな観光地である「九份」から程近くに金瓜石という集落があり その山間の集落から海に向かって降りた海岸線に水南洞があります金瓜石という地名通り戦前この地は金鉱で栄えた村です戦前の台湾は日本統治時代となり、Gold mine that was owned by the company of Japan。 And the company、JX holdings, Inc.、その前身は日本鉱業、 Its also the predecessor、釜石で製鉄業を立ち上げた2代目・田中長兵衛率いる田中組となりますこちらの金瓜石では当初”金”が採掘されていましたが ”銅”が多く出るようになり海岸線の水南洞に精錬施設を建設し最盛期には東洋一の鉱山となります。 After the defeat of Japan、And in the possession of the Taiwan Government, advanced mining mining output is decreased、1985年に閉山。 After the closure of the、See in the wasteland and abandoned。 十三層遺址は、On the traces of the smelter,、十三層に渡る段々畑のような土地に建つ精錬所。 And that now only some foundations remain、You can think of。 The person is covered in lush green meadow、Than a Brownfields、Exudes a castle like appearance。 黄金博物館へ向かう途中の「茹川橋」から川を覗いてみると不思議な光景が飛び込んできます! この辺りの川は岩層が大量の黄鉄鉱のため黄金色をしています汚染防止の装置「洗浄塔」 1905年に開発された金瓜石の鉱山から産出された 金や銅や硫黄等の金取り、 Sorting、Metallurgy、精錬までの流れを全て行い 当時の製錬作業の大事拠点だった製錬所跡地工場は1933年に設立され閉山1985年、1987年に工場閉鎖も迎えてしまいます。 Turned out to be ruined like this nowadays by frequent typhoon damage, etc.。 Mountain climb.、Leave your car, getting to the ruins.、獣道のような細道を進んだ先を覗き込んでみましょう♪ 十三層遺址を見下ろし眼下に広がる水南洞の集落一帯と陰陽海。 Haze's Seting in order、Probably the best views of。 However、Here a fence without any place for、危険ですのでくれぐれも足元にはご注意ください♪ 「台金濂洞錬銅工場煙道」 海抜70mから400mまで伸び高度差は約330mと続く煙道に架せられた黒い煙突が3本、Ask the mountain at the back。 The length of the chimney、それぞれ1kmに及び総延長は2.9kmを上回りこれが長仁三号排煙道です排煙道は、The tour is possible、For white soot indirectly many heavy metals are accumulating in the、Avoid touching the hands。 Chimney in bend and snake on the trail up by car.、Also goes down and。 On foot、May be a pretty hard place。 「黄金瀑布」 こちらは瀑布(滝)というより渓流のようですね。 Rain water in this region included oozes to the surface veins、Contact with pyrite and arsenopyrite copper、酸化還元反応と鉄の触媒作用で 黄身がかった酸性水の伏流水が湧き出す光景となっているようです。 In the lush green hills Golden rocks are exposed and、Metallic odor and keep drifting。 看板には「大量の重金属が混じっています注意してください」と書かれておりますので、Touching the water、It's too unapproachable taboo.。 「勸濟堂」...

Quiet streets lined historic remnants of Rui Fang station near Japan colonial period

台湾北部の瑞芳(ルイファン)の開発は、Back to the light together years of late Qing dynasty。 Before the railway was opened to traffic、水運が主体であったことから柑坪里に港が設けられ、Been to Eastern Taiwan。 瑞芳が飛躍的な発展を遂げたのは清代に金瓜石や九份で金鉱が発見されてからのこと。 The Rui Fang、Given the role as a supply base of the mine、現在の柑坪里(旧名柑仔瀬)には 金山に向かう労働者向けの商店が立ち並びその中の1つに店名を「瑞芳」という商店がありました。 In there、金山労働者が柑仔瀬に向かう事を「瑞芳に行く」と表現していたことから この地区一帯が瑞芳と称されるようになったとのことです瑞芳鎮は、North to the East China Sea.、The West is based on Keelung、Futaba-GE's South、平溪に接した場所で山に囲まれていおり 近隣には、The northeastern corner of the beautiful coastal and mountain views。 瑞芳駅(ルイファンジャン)は、Tourist trains and stop at strategic points in the North-link line、平溪線の列車はここが始発駅です九份へ行く日本人観光客がこの駅を数多く利用することから 駅構内の表示には日本語による案内や日本語通訳のカウンターもありとっても便利です♪ 瑞芳の街並は日本統治時代の面影を色濃くとどめており、Alleys and stairs will be built at the time of。 金城旅社 こちらは、And then use the Japan rule age monuments、Operated as an Inn。 瑞芳の駅北は美食街ともいわれる駅南とは打って変わって静かな街並となります古めかしいレンガの建物の脇に「純正黒麻油」と書かれた看板。 Old、Was the Sesame store。 Here is、Is the building of Taisho era。 「林牙科」 廃墟と化しているこちらの建物は、At that time、林医師が営む瑞芳街初の歯医者でしたが 現在は原型を留めておらず、Has gone and ruined。 The entrance of the House、春節の飾りでお祝いされて右手には「未年(羊)」を象った札が施されています「義方商行」 瑞芳の街で有名な建造物で台湾三大石炭鉱山会社に入る「義方商行」貧しい農民に生まれた5人の兄弟を持つ李建興氏が兄弟共同経営で建てられています台湾返還後に李建興氏は瑞芳の市長にもなられた人物だそうですこのように瑞芳の街は、Instead of being limited to show only a bustling tourist destination、一歩奥地へ進むと 今も尚、While retaining vestiges of Japan rule age or background、We exist as a good to know the history of the city。 To determine the relationship between Japan and Taiwan、このような光景を知ることができたのは 現地人のテリーさんツアーならではかもしれません。 Now、Next in line、かつては東北アジア第1の金山と呼ばれた金瓜石の街へと参りましょう♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! タクシーツアーで巡る観光スポットを一挙にご紹介! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/...

Scroll to top