Opened Hamamatsu cloth bridge as "an mickel" Spice India Curry shop

And specializes in catering considering India's food culture and religion、「スパイスカレー講座」を定期的に開催していた「ERI CURRY(エリカレー)」の菅沼 映里 (ERI Suganuma)Chan、2018年7月20日(金)に浜松市中区布橋の「浜松信用金庫」向かいの交差点角に念願のお店「テイクアウト専門スパイスカレー ammikkal アンミッカル」をオープン! 店名の「ammikkal アンミッカル」とは、And referring to the hand-operated grinder made of stone mix, crush herbs and spices of India、Say 'ammikkal anmiccalu' in Tamil、インド全般で使われています!(※ヒンドゥ語ではシルバッタ) インドへ旅したことをキッカケにスパイスの魅力の虜となった彼女は、A visit to India with knowledge and technology、To socialize with friends like India and India、And plunge into the world of deep、And spices know preacher、Very popular is developed to take advantage of local agricultural products 'India's pickle (India pickles).、様々なイベントで販売し活躍! お店はカウンターのみのこじんまりとした造りとなりその日の朝に仕込んだ「日替わりスパイスカレー弁当」680円を販売しています! この日の日替わりメニューは「柑橘とチキンのさっぱりカレー(Citrus Chicken Curry)」と「小松菜とひよこ豆のカレー(Chana Dal Kootu)」と「市販のマンゴーピックル」がワンセットになったランチ弁当となります! 他にも店頭では、Various spices and ingredients of India started.、An indispensable companion for Curry "India's pickle (pickled vegetables of India)" and better stocked local agricultural products are sold、On this day、静岡産ライムや袋井産シークワーサーを手頃な価格で提供!季節ものの果実は色味も綺麗で良い香り! 朝11時~販売されるランチ弁当は14時まで販売予定ですが、Makes 30 rather than put the train every morning to have sold only about 40 pieces of、お昼を過ぎた頃には早めに売り切れてしまう日もあるのだとか! この日も入れ替わり立ち替わりで静大の学生からOLさんまで年齢層問わずの方々が出入りし賑やかな店内! 優しい大家さんも定期的に足を運んでくださっているようで、The anmiccalu were warmly greeted everyone in your business is in the same neighborhood! Among them、毎日足繁く買いに出向いてくれるコアなファンの方もいらっしゃるそうですよ♪ 実は、I had become obsessed with the Spice several years ago to make Erika-Chan Indian curry house、Since opening the Curry lectures at home、Addicted to curry making yourself completely、今夏には毎日というほどにスパイスを好みのテイストでアレンジしながら挑戦していたぐらいです! 今週末に開催予定の「根建家引越しお披露目パーティ」でも、I'm trying to provide Indian curries I make、足りないスパイス類と一緒にランチ弁当を購入致しました! 我が家に持ち帰り、Immediately、木製器に移し替えてランチタイム! 酢橘とレモンを利かせ、Now enters if seasonal sweet potato and chicken "chicken with citrus fresh (Citrus Chicken Curry) Curry" is finish and、「小松菜とひよこ豆のカレー(Chana Dal Kootu)」は優しい味わいでカレーなのにとってもヘルシー! スパイスには、Digestion and fat burning、Or is told of various effects, such as anti-aging、There's history, has been used since ancient times to alternative medicine、健康のためにも嬉しい効果が見られるようです! さらに健康だけではなく、The color and aroma of spices stand out and helped to increase appetite、In the summer to eat, such as loss of appetite、As a warm up from winter meal、わたし達の身体をサポートしてくれる優れものとなります! この日もたまたま、And visit our pregnant daughter mother having、"Daughter Gravidarum severe appetite couldn't understand but I、ここのカレーだけは食べられるから食べたいと言ってね♪」と買い出しに出向かれていました! 様々なスパイスが奇跡を起こす「アンミッカル」! まだ食べられていない方は是非足を運んでみてくださいね! テイクアウト専門スパイスカレー ammikkal アンミッカル 住所静岡県浜松市中区布橋2‐16‐2 TEL:070-3891-4370 Hours of operation:11:00-14:00 Takeaway lunches vending 17:00-19:00 Spice、ハラル食材販売 定休日:Mostly water、Soil、日曜日(※イベント等で臨時休業もあるため営業カレンダーにて御確認ください) https://www.ammikkal.com/...

Lunch at Tibetan cuisine located in the Thamel district of Kathmandu Valley "gyrince"

In the heart of Nepal's capital Kathmandu、 世界中のバックパッカーや登山者などをはじめ、Tourists gather.、雑多な雰囲気を醸し出すタメル地区(Thamel Chowk)へ! こちらの地区は、Many cheap accommodation and、From cheap prices、Around the world backpackers and climbers who sanctuary is now also looking、Cheap gourmet world where it will be! As Japan Japanese、Ramen、Grilled chicken、巻き寿司などが提供される「東京居酒屋(Tokyo Izakaya)」などもあります! スーパーマーケットの「Shop Right Supermarket」では何でも揃います!100円前後で購入できるバラマキ用のお土産が必要な方は立ち寄ると良いでしょう! 観光客が多いこともありショップも軒並み連なります! 人力三輪車リクシャー(Rickshaw)は、An exotic atmosphere is useful、There are touts for tourist visitors learn for、事前にきちんと価格交渉を行いましょう! 格安宿や土産物屋、Thamel district lined with restaurants featuring international cuisine。特に登山者向けのトレッキング用品やスポーツ用品店が多い印象です!ツアーメンバーの皆さんはこちらでネパールの伝統的な織物「パシュミナ・ストール」を大量に大人買いされておりました!パシュミナ100%であれば、In Japan as luxury items to more than 10000 Yen、現地では1枚3,000円程度とお安く購入できます! 今回ツアー中に初めて自由行動となったため、Philistine in Thamel area restaurants NET、チベット料理の有名店「ギリンチェ(Gillingche)」にランチにやって参りました!場所はとても分かりづらく、To become a location a little set back from the road、Google Mapで確認することをお勧めします! カラフルな店内で明るく、To a little lunch break、店内はわたしたち夫婦のみの貸し切り状態!いつもは大勢の人で賑わう人気店のようですがラッキーです♪ アルコールはドクターストップがかかったため炭酸水「キンリー(Kinley)」60ルピー(日本円にして約64円)にレモンをギュギュッと絞っていただきました! 「テントゥク・チキン(Thenthuk Chicken)」150ルピー(日本円にして約160円) 日本でいうきしめんのような、Like the hoto、Like the Udon noodles、Or even like lasagna (? ) Tibetan filling squares by noodle soup noodles! And contains plenty of vegetables and jelly、The spice is attentive.、優しい味わいでタンメンのようなあっさり感があり、Some nice thick soup for、Remains warm even when you can have delicious food! At your choice、添えられた辛味調味料を足して味変すると良いでしょう♪ 「モモ・野菜(MoMo Vegetable Pan fried)」180ルピー(日本円にして約193円) ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。Steamed、Grilled、Deep fried type and divided、Seem to be using bean jam in the Buffalo。Have to jam ingredients:、Become the mainstream of us along with a spicy sauce。"Type steamed" Momo is tested in a variety of restaurants、So bake、今回は”焼きタイプ”をオーダー! こんがりと焼かれたモモの皮は薄く、In a crispy texture、Chose vegetables you are、With so much veggies, and spicy bean Curry、香ばしさが堪らなく食欲をそそります!添えられるソースにたっぷりくぐらせて頂くと尚美味しいです!モモは日本人にウケる味わいだと思います♪ お腹も一杯になり大満足なところで、Location and tour members、ショップ巡りをしていきたいと思います♪...

"Bojan Griha" Nepal folk music and folk dance is a popular dinner show!

カトマンドゥ(Kathmandu)にあるネパール民謡の生演奏と民族舞踊のショーが繰り広げられるレストラン「ボージャン・グリーハ(Bhojan Griha)」へ! 入口では歓迎祝福のティカ(Tika)を頂戴しました! こちらは、150In a renovated historic house in Queens for more than a year ago is the historic buildings! Approximately 6 years have otherwise spent on renovation and repair here was on the verge of collapse、In the corridor、国王と王妃の自画像などが飾られています! 広々としたダイニングスペースを各部屋用意し、Can hold about 250 people in all seats。Here you will、ネパール料理がコース仕立てで提供される高級レストランとなります! セッティングされた長テーブルの座椅子に腰掛けると、The aperitif will be served! The pre-dinner drinks poured from a jug of thin brass mouth、A splendid arch painted glass! Turn off pour brim、Stop well, instantly knocking wrist gesture is beautiful、As of the beginning of the show seem like、思わず魅了されてしまいます! 食前酒の地酒にて乾杯! 「ポップコーン(Popcorn)」ネパールでは、Had spread as a cheese popcorn、At each House's veranda, large amounts of corn drying 伺etari、移動販売も良く見掛けます! 「ピーナッツのフライドポテト(BADAMALOO TAREKO)」スパイスを用いたネパールのジャガイモ料理で食欲が湧くテイスト! 「Ventisquero Reserva Carmenère 2013(Chili)」2,400ルピー(日本円にして約2,570円) チリのカルメネールをスパイシーな料理に合わせます! ランチタイムが遅かったため、Dinner was less without feeling hungry。少しずつ提供される小皿の料理をお酒の当てに赤ワインをいただきます! 「肉入り餃子(MOMO)」ネパールの定番料理の1つで「モモ」は日本で言う「餃子」です。Steamed、Grilled、Deep fried type and divided、Seem to be using bean jam in the Buffalo。Have to jam ingredients:、Become the mainstream of us along with a spicy sauce。During the skin folds fully equal with curvy、Ground Buffalo meat and vegetables with plenty of、おつまみに最適! こちらでは毎晩ネパール大使館から派遣されている楽団がネパール民謡を生演奏してくださいます! さらにネパール民謡の生演奏とコラボレーションする民族舞踊のショーが大人気です! 「豆スープ(Kwatti ko Jhol)」優しい味わいの温かな豆スープ! 民族舞踊は男女一組となり、The story of the husband and wife each plays。Fishermen catching fish are good at catching large amounts of fish、Approaching women "lifetime somebody."、Farmers harvest rice and to cultivate rice "forever secure." and there are stories that he、生演奏に合わせてテンポよく軽快な楽しい踊りが観られます! 民族楽器のサランギ(Sārangī)を奏でるオジサンがとてもユニークで坂本九の「上を向いて歩こう」や童謡の「チューリップ」を弾きながら、Take up laughing, imitating the cries of goats and frogs、御自身の「CD(500ルピー)」と玩具の民族楽器「サランギ(5,000ルピー)」の販売に繋げていました! 「ミックス野菜カレー(MISMAS TARKARI)」野菜の甘味が凝縮されたカレー! 「チキンカレー(KUKHURA KO MASU)」ゴロッとしたチキン入りのボリューム感のあるスパイシーなチキンカレー! 「ハーブで香り付けされた蒸し米(SADA BHUJAJHANEKO MAS KO DAL)」「フライドフィッシュ(MACHHA TAREKO)」「ほうれん草のクミンソテー(JEERA PALUNGO)」「季節の野菜(MOUSHAMI TARKARI)」を盛り合わせワンプレートです! 「ヨーグルト(Sikarni)」デザートはやはりヨーグルト! 「イラムティー(Ilam Tea)」インドのダージリン地方と国境を挟んで接している隣接するネパールのイラム地域で採れた最高級茶葉を使った珍しいネパールの紅茶「イラムティー」をいただきました!高貴な香りがありまろやかな風味で食後にホッとするミルクティーです! 食後のドリンクをいただきながら寛いでいると、Restaurant owners kindly go to greeting! Is the food you enjoy Japanese group in Nepal is in addition to our sight.、ネパールの伝統文化に触れ合える素敵なレストランです!...

Bhaktapur Durbar square next to the "Khawapa Chhen" at lunch.

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)から東へ12km程にあるバクタプール(Bhaktapur)はカトマンドゥ盆地で3番目に大きな街となります! 世界遺産に登録されたバクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」に向かうには駐車場から徒歩10分圏内となります! ツーリストバスを下車し皆で「ダルバール広場(Durbar Square)」を目指します! 赤煉瓦の壁に覆われた雰囲気のある石階段を登った先となります! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」の正面玄関へ到着!ここから先は外国人は入場料1人1,500ルピー(日本円にして約1,605円)が必要になります!(※チケットは7日間有効となり何度でも再訪可能です) 午前予定であった大学訪問が長引いてしまったため、Was late for lunch、正面玄関前の脇道を進み「ダルバール広場(Durbar Square)」横にあるゲストハウス&レストラン「Khawapa Chhen」にていただきましょう! こちらの1階は、Gallery and will be at the reception。「Khawapa Chhen」はレストランのみならず、Can be used as a guest house suggests that the Palace Square.、中世の街並みを残した古都の雰囲気に浸るのも良いでしょう! 屋上にあるダイニングテラスを利用して、Under the blue sky、爽快なランチタイム! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」を一望できる素晴らしいロケーションとなります! こちらではバクタプール出身で活躍するコメディアンでガイドのナレス(Naresh)さんの友人ラズ・マナンダー(Raju Manandhar)兄弟を紹介していただきました!ラズさんの御実家は王宮広場内にあり、From generation to generation、Clan treat canola oil?。While eating、ラズさんの活躍ぶりをYouTube動画で観せていただきました! 天候も良く、In the cozy afternoon sunshine、最高のビールタイムです! お疲れ様の乾杯は「清水ライオンズクラブ」の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんの音頭で乾杯! ネパールビールの中でも一番のお気に入りとなった「EVEREST」!マウントエベレスト醸造所で造られているプレミアムラガーのエベレストビールは今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさです!エベレストビールの原材料は、Chosen to stream water from the Himalayas with domestically produced barley malt and aromatic are used in、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! この時既に時刻は15時を回り、For late lunch and was、ナレス(Naresh)さんの配慮で取り分け不要の盛り合わせとなりました!ネパール料理の炒飯、Nepali、Peach、フライドポテトをいただきます! 古い街並みの向こうには、Top weather、Even the majestic Himalayan mountains views、ダルバール広場の中でも一番古都の良さが残るバクタプール(Bhaktapur)はお勧めです!...

India restaurant "Tasneem's Kings Kitchen" at the dinner in pattern!

「ゴータマ・ブッダ空港(Gautam Buddha Airport)またの名をバイラワ空港(Bhairahawa Airport)」からツーリストバスに乗り込みおよそ40分程でパタン(Patan)のラリトプール(Lalitpur)に戻りインド料理店「Tasneem’s Kings Kitchen」にてディナータイム! こちらのオーナーのタスニーム・シャハニ(Tasneem Shahani)さんは、13The restaurant operated from two years ago、こちらは2年半前にオープンしたばかりのお洒落なレストランです!「Tasneem’s Kings Kitchen」ではインドの伝統的なボーラ・ムスリムのボンベイ料理(Traditional Bohra Muslim Bombay Cuisine)を提供しています! 1階のテラス席では、Enjoy a meal while feeling the cool breeze、ハッピーアワーのドリンクサービスも人気のようです! わたしたちは3階のダイニングへ案内されテーブルをつけていただき全員で食卓を囲みます! やっぱりビールで乾杯!国内線のフライトを終えた安堵感から皆も緊張がほぐれているようでビールが進みます! こちらでは今まで頂いた銘柄とは異なるビール「サンミゲル(San Miguel)」を堪能!サンミゲル社はフィリピンのビールとして有名でマーケットシェアを約90%も占めているのです!その中でも「ペール・ピルセン(Pale Pilsen)」は、Enjoy a solid flavor and bitterness、ビールらしいビールでガツンとした美味しさが味わえます! 「バターチキンカレー(Butter Chicken/Boneless)」550ルピー(日本円にして約590円) 「ナン(Naan)」90ルピー(日本円にして約96円) ネパールカレーとは異なる濃厚なインドカレーは、Will intersect it with plenty of Nan was cut! Painful than Nepal Curry spicy and promotes sweating、後引く美味しさです! 「ジャガイモとほうれん草とグリンピースのカレー(Aloo Mutter Palak)」400ルピー(日本円にして約430円) ほうれん草がベースとなるこちらはバターチキンカレーよりマイルドな味わいが食べやすさ満点です! 「チキンダムビリヤニ(Chicken Dum Biryani)」500ルピー(日本円にして約535円) インドの炊き込み御飯と言われる「ビリヤニ」。Here is、スパイスペーストにじっくり漬け込んだ骨付きチキンとバスマティライスを重ねたビリヤニで御飯の下には柔らかく焚かれた骨付きチキンが忍ばされています!ほろほろとほぐれるチキンはスパイシーで旨味が凝縮されています!ミトチャ!(मिठो छ)美味しいです! 食事を終え、1階にてガイドのナレス(Naresh)さんの10数年来の友人である新聞記者のルドラ(Rudra Khadka)さんを紹介してくださいました!Rudraさんからは「次にネパールに来る際は、Want to interview while staying long term ' and so I talk、また再会できる日を楽しみにしたいと思います♪...

"Hotel Tilaurakot" opened in Nepal who had owned restaurants in Japan

「カピラヴァストゥ(Kapilavastu)カピラ城」や「ティラウラコット博物館(Tilaurakot Museum)」から、2~3km離れた場所に2017年5月にオープンしたばかりのホテル「ホテル・ティラウラコット(Hotel Tilaurakot)」にてランチ! こちらのオーナーのディネス・ラヤマジー(Dinesh Rayamajhi)さん(52歳)は、People born and bred in the Kathmandu Valley from Nepal、May 10-year food and beverage outlets operated in Japan、Japan to speak! He told us stories、驚くことにわたしたちが現在住まう静岡県浜松市にてネパール料理店「エベレスト(Everest)」を営まれていたとのこと!そのレストラン「エベレスト(Everest)」は、Now other managers operated as。ディネスさんは、Firmly on track in operation in Hamamatsu、After that、Over at ISE-Shi, Mie、Restaurant open! Savings and sales on track、3Years ago is returning to Nepal、Initiates a hospitality。Future、開発が進むであろうティラウラコット(Tilaurakot)の地に目を向け、To purchase land, build a hotel。Although the operation started about 4 months ago、Attempt to build through trial and error、It was a situation has been improved! But a chance encounter、とても素敵なご縁を感じたランチタイムです♪ ネパールのレストランでは、There is no concept and make it for、And orders have been received from Cook、May take some time depending on the dishes。待ちに待った食事に皆さん喜びが隠せません♪ こちらでもデンマークのカールスバーグ社との合併会社でゴルカブルワリー社の「TUBORG」をオーダー!冷えたビールジョッキでいただくビールは最高です!ビールはレストランで頂くと、Approximately 400 rupees (about 428 Yen's Japan yen) and、大抵が食事よりもお高くなります! ネパール料理を頂くようになって5日目となりますが飽きの来ないテイストで食欲の湧くスパイスの香りが堪りません! 「マス・バート・タルカリ・セット(Masu Bhat Talkari Set)」350ルピー(日本円にして約375円) 「ダル(豆のスープ)バート(御飯)・タルカリ(おかず)」「マス(肉)・バート(御飯)・タルカリ(おかず)」になりどちらもワンプレートに盛り付けられたネパール料理定番の定食となります! ネパールの人は良く食べるそうで、Basic、Side dishes of meat and vegetables、And free refills and rice、Can be pressed as you want! There in the hotel、Meals are served and the、Is not 400 yen per meal and amazing prices! The cuisine of the restaurant、The spicy flavor was received till now Nepal cuisine、Even on the beer in the best、Like what our spicy taste best! As you'd expect、日本で飲食店経験を持つオーナー・ディネスさんの監修です!...

Terrace dinner at Lumbini "Tashi Delek Restaurant.

ブッダの生誕地「ルンビニ・ガーデン(Lumbini Garden)」を半日かけて巡り夕刻17時を迎える頃に早めの夕食をいただきにチベット料理とネパール料理を提供するレストラン「Tashi Delek Restaurant」へ!日中の暑さが落ち着き、You set the air outside is cozy terrace、料理ができるまでこちらで一杯やることにしました! ルンビニ・バザール(Lumbini Bazar)の入口にあるこちらのレストランとなります!テラス席へは巨大な扇風機を2台セットしてくださり快適です! こちらでもデンマークのカールスバーグ社との合併会社でゴルカブルワリー社の「TUBORG」と「ゴルカ(GORKHA)」をオーダー!この時、I'm a heat stroke-like symptoms (dizziness, facial hot flashes、Nausea、Severe headache), and unbalanced condition、Because it was constantly upset、Stop the beer to soda pop。At this time yet.、But I was totally unaware that the insect had bitten both ankles in the misono、Much like already the poison eats my body.、Gradually became worse symptoms! This time、During the special considerations when traveling to Lumbini、紫外線対策と虫除け対策が重要視されていたため、UV spray brought from Japan and bug spray was blowing throughout the body。However,、It is later found out that the、Japan insect repellent spray、That seems to work on mosquitoes in Nepal、That doesn't help much in the geographical、Speaking of either、タイガーバームのようなハッカの香りが効果的だそうです! 視察団の皆さんをはじめ最年長の杉山昇さんも体力的に全く問題なさそうで待ちに待ったビールタイムを楽しそうに過ごされておりました♪ 「パパド」南アジアでは良く食されるパパドは、Like how to make depending on region and home every、Like a thin crackers made from beans or rice flour。Salt and spices are formulated for、Enjoy a crisp and delicious even with、ビールの当てにも最高です! トラクターが走り去る道路にはコブ牛が優雅に闊歩する姿が!? 何かに繋がれる訳でもなく、Not even drawn by someone、路上を歩くその姿がゆったりとした空気と長閑な街並みを感じさせてくれました! まるで現地人のようにネパール帽がお似合いの白髪ダンディ岸山惣憲さん!煙草を片手に物思いにふける姿がとても格好良かったです! 食事の準備ができた頃に店内へ入店! 「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」。The cuisine of Nepal cuisine、Dal (bean soup)、Bart (rice)、Tarkari (side dish)、It is a well-balanced Achar (pickles) were placed in the plate lunch! This is、Bean soup, or piled on the plate、Rice and are molded into location by type、見た目も美しく食べやすかったです!ミトチャ!(मिठो छ)美味しい! 「骨付き牛のスパイシー煮込み」骨付きですが、Very relaxed and pulled himself has been Braised soft、スパイシーさが後を引く美味しさです! 「野菜のスープ」主食の「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」は、For hot, I totally eat、Ares's Guide please、I just had to order soup separately。Could not the mouth only about half、胃に優しく染み渡る美味しさで嬉しかったです♪ 主人の食べていた「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」も少しだけ味見させてもらいましたが、The restaurant、どの料理も美味しかったです! 食事が終わる頃に日も沈み、Here is Dim! Return to the hotel is within walking distance、After a review of the day's schedule、Early dissolution at 7 pm! To heal the sick、To rehydrate, and went to bed early with a headache medication、Became an overnight hit by thunderstorms like lie on this sunny day、薬のおかげでぐっすりと深い眠りに就くことができました!...

Lumbini Hotel Hotel,"Little Buddha" restaurant at lunch.

ルンビニ(Lumbini)の「ホテル・アナンダ・イン(Hotel Ananda Inn)」から徒歩で隣接するホテル「リトル・ブッダ・ホテル(Little Buddha Hotel)」内のレストランへ向かいます!ネパールツアー視察団の皆さんがお揃いで被っていらっしゃるネパールの帽子は今回のネパール視察ツアーのガイドであるマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)さんのさんのお母様のプレマヤ(Premmaya)さんと妹のリタ(Rita)からの素敵な贈り物です!この帽子を被れば不思議とどなたでもネパリー(Nepali)になれます♪ 背中に大きなコブを持った牛は家畜牛の一種で「コブ牛またはセブ牛」と言います! 徒歩2分で1本隣の路地にある「リトル・ブッダ・ホテル(Little Buddha Hotel)」へ到着! ホテル内にあるレストランにてランチタイム!実はこの時、And still having periods early 11 am lunch、宿泊先の「ホテル・アナンダ・イン(Hotel Ananda Inn)」のレストランは、It could not be ready in time out、「リトル・ブッダ・ホテル(Little Buddha Hotel)」内のレストランになりました!突然の予定変更やトラブルなどに見舞われても迅速に対応してくださるナレスさんのおかげで本当に様々な面で助かりました!感謝! この日も元気良くビールで乾杯!ネパールツアー中は「ビールに始まりビールに終わる」と言った感じで本当にビールばかり飲んでいました!(笑) 「EVEREST」は、Everest beer brewery in Mount Everest has built Premium Lager、今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさ!やはりビールは辛口に限ります!エベレストビールの原材料は、Chosen to stream water from the Himalayas with domestically produced barley malt and aromatic are used in、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! カトマンドゥを早朝に出発し、Because it was without breakfast、短時間でササッと食べれる主食をオーダー! 「炒飯(Fried Rice)」ネパールは、Because its neighbors China and India、I feel the impact of China and India cuisine。細長くパラパラとしたバスマティと呼ばれるインディカ米は炒飯にピッタリ!中国料理としていただく炒飯よりもあっさりと優しい味わいです! 「トゥクパ(Thukpa)」ラーメンやうどんのような麺料理でネパール人の食生活にも溶け込んでいるチベット料理となります!こちらもまた塩ベースの優しい味わいのスープとなります! 麺は、In the straight noodles made with wheat flour a little soft.。Vegetables contains plenty of、甘味も感じます!添えてくださる唐辛子酢で味変を楽しみます! 腹ごしらえも出来たところで、And the birthplace of the Buddha、仏教の聖地とされる「ルンビニ・ガーデン(Lumbini Garden)」へ向かいましょう!広大な敷地を誇るガーデン内はタイでいうトゥクトゥクのような三輪タクシー「テンプー(Tempo)」または三輪人力車「リクシャー(Rickshaw)」がお勧めです!...

Patan Durbar square restaurant "Si Taleju Restaurant & Bar "

ネパールはパタンの「ダルバール広場(Durbar Square)」に隣接する最古の市場「マンガル・バザール(Mangal Bazar)」は人々が行き交う賑やかな通りとなり、You can also enjoy shopping! Pattern of her sister who quite strongly、So relentlessly Chase、商品に興味が無い場合は気を付けましょう! 「マンガル・バザール(Mangal Bazar)」内のダルバール広場前にあるパタンの婦人服を取り扱う「Pahiran Ghar」と靴屋の間にある階段を上りダルバール広場を一望しながらネパール料理を楽しめるレストラン「シ・タレジュ・レストラン&バー(Si Taleju Restaurant & Bar)」へ! 階段を上った2階には、There are small wet bar、食事する場合は上階へと案内されます! 4階のダイニングフロアへ案内され、To order a beer in early will moisten the throat dry and、Be a little early for dinner! In Nepal、The air-conditioned restaurant is less、涼mimasu in a wall-mounted fan here! But in Japan always accustomed to air conditioning、Nepal is so high humidity is not、室内であれば暑さはさほど気になりません♪ このレストランで初めて「EVEREST」ビールを堪能!窓際席に座れば、Panoramic view from the window was Durbar square、最高のロケーションとなります! 「EVEREST」は、Everest beer brewery in Mount Everest has built Premium Lager、今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさ!やはりビールは辛口に限ります!エベレストビールの原材料は、Chosen to stream water from the Himalayas with domestically produced barley malt and aromatic are used in、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! 「マッシュルームのポタージュ」マッシュルームをふんだんに使用し、While a thick and dense texture、A tender and flavorful soup、お疲れ気味の胃にじんわりと染み渡ります! 「フレンチフライ」ピリ辛のオーロラソースを添えて「チョウメン(Chowmein)」日本でいう焼きそばになります!水牛のジャーキーのような食感が面白い! 「モモ(MoMo)」日本で言う「餃子」です!蒸し、Grilled、Deep fried type and divided、Seem to be using bean jam in the Buffalo。Have to jam ingredients:、Become the mainstream of us along with a spicy sauce。During the skin folds fully equal with curvy、Ground Buffalo meat and vegetables with plenty of、おつまみに最適です! 「コロッケ」真ん丸く仕上げたジャガイモのコロッケは、Aziz's hoc Hoch! And with ingredients: sweet bean paste、お好みで添えられたピリ辛のソースを付けていただきます! 食事を終え、5To the floor! Provide table seating on the roof、Get cool hours、断然屋上での食事をお勧め致します! どのフロアからもダルバール広場を一望できる素晴らしいレストランですが、But the view from the rooftop is the best!! In the distance is the sight of locals felt like a miniature、石造や赤煉瓦造りの歴史ある建造物をゆっくりと楽しめます! ダルバール広場を背景にネパールツアー視察団の皆さんと一緒に記念撮影!最高の思い出です!...

Student advocates at the Asian restaurant pattern "GG Machaan" miracle!

ネパールはパタンのラリトプール地区にあるアジアンフードレストラン「ジージー・マチャーン(GG Machaan)」にて遅めのランチへ!ネパールツアー中の食事は、In the morning breakfast in the pension is、For it except for lunch and dinner、その日によって臨機応変にガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)さんが選定し予約をしてくださいます! こちらは、Provides not only indoors but also outdoors terrace、Can host live stage and set up、Raw live events on a regular basis is the popular restaurant! The restaurant、Get relatively high class in the pattern、Tourists are often used as、ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)さんが教えてくれました! エアコンの効く屋内にて、A toast with beer! Except for some guys to join the tour、You really drink you strong! Lunch、Dinner and be sure and say so to the、The beer and wine! "Eating well、Good laugh.、Good drinking、Good move! "This is the very、皆さんの健康法で長寿の秘訣なのかもしれません♪ ネパールビールはデンマークのカールスバーグ社との合併会社でゴルカブルワリー社の「TUBORG」と「ゴルカ(GORKHA)」が主流です!キンキンに冷やされたグラスで提供されるのが何より嬉しいです!飲み口はどちらも軽めで甘味を感じるテイスト! ブンガマティ村で子供たちとよく笑い、To walk in、お腹はペッコリ!目の前に並んだ料理に皆で喰らいつきます!こちらでもネパール料理の代表格となる「モモ(MoMo)」をオーダー!モモは取り分けしやすく大勢でつまむに最適です! 「モモ(MoMo)」220ルピー(日本円にして約235円) こちらのモモは、Choose from either Buffalo (Buffalo) and chicken (Chicken)、Buffalo (Buffalo) is here! The jiggle chewy peach、10個で220ルピー(日本円にして約235円)とお安い!ジョル(Jhol)と言うスパイシーなソースが付いてくるので、If you like, our、It is very delicious! Shaped like a lion in、Doing dumplings shaped、"Steamed"、"Baked"、Peaches in the style of "fried" in various forms provided by the restaurant、Close to the presence of dumplings in Japan、日本人の舌に良く合います! 「炒飯(Fried Rice)」350ルピー(日本円にして約375円) ネパールは、Because its neighbors China and India、I feel the impact of China and India cuisine。The fried rice here、Vegetables、chicken、To choose from in the mix、ミックスをいただきます!細長くパラパラとしたバスマティと呼ばれるインディカ米は、Perfectly fried rice! With plenty of vegetables, colorful、With eggs and chicken、旨味のある美味しい炒飯です! 「パパド(Plain Papad)2pcs」90ルピー(日本円にして約96円) パパドとは、Ultra thin mainly made from beans and rice flour crackers! Helpful and spice and pepper、Because the salty、Its still delicious.、添えられたピリ辛のヨーグルト風味のソースに合わせていただきます! 「焼きそば(Stair fried Noodles)」250ルピー(日本円にして約268円)」 パスタのような麺を野菜と共に炒めた焼きそば。Yakisoba in Japan is in Nepal、「チョウメン(Chowmein)」と言います! 今回のツアーでわたしの師でもある二胡奏者の内藤ゆみ子先生にはネパールの民族楽器である「サランギ(Sārangī)」に「触れたい!習いたい!日本へ持って帰りたい!」というミッションがあり、Ares's Guide had to ask in advance。When、Wonder woman and edge、ナレスさんの同級生であり「パタン市役所」の役所員であるビックラム・シャカ(Bikram Shakya)さんがネパールで一番有名なサランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんと大親友とのことでレストラン近くにある音楽スタジオから彼を呼び出してくださったのです!感動! サランギの歴史は、Due to the caste system in Nepal、Seems complex backgrounds that have been getting income for life walking playing sarangi Damai (wedding musicians) and gain (yugyo musicians) who are made to be。In the current、数少ない伝統楽器の伝道師として活躍されるサランギ奏者のキラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんは、Raises the comrades、民族楽器バンド「KUTUMBA(クトゥンバ)」の一員として「音楽家としての立ち位置を確立させネパールの民族楽器をもっともっと世に広げるのがわたしの夢でもあります!」と熱い想いを語ってくださいました! 実際に、Kiran Mr. Lord unveils a Nepal ethnic instrument sarangi's sound! Unlike playing the sound of sarangi consists of 4 strings 2 strings of the erhu is different from、Instead of holding on chords、In the left claw tap side chords、Run the bow in your right hand in、Mind is incredibly feel-good nostalgia! "Sarangi",、Applying color to the sound that plays with you! Exactly what、Just like its name、Like someone gently speaks to、心がほっこりとする素敵な世界観の音色です♪ ネパールのサランギ奏者キラン・ネパリ(Kiran Nepali)さんと日本の二胡奏者内藤ゆみ子先生とで坂本九の「上を向いて歩こう」を合奏し、This game's dream co-star! Soft and warm、Beautiful erhu timbre taste nostalgia somewhere to play the sarangi and a wistful tone sounded in the restaurant、それはそれは素晴らしいランチタイムとなりました! ナレスさんやビックラムさんを通じて生まれた素敵なご縁!ゆみ子先生とは「強き願いは口にすれば叶う」と常々話しておりましたが、The realization of very worthwhile! What an unexpected encounter on the trip、旅の醍醐味と言うものですね♪...

Welcome Party at your home theres maharjan's patterns

Patan in Nepal、ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)And it is also home to、You invited to your home's Niles located in Patan in Nepal tour、Nepal first night、Here we have to welcome party! Niles, in your home、Neighbours was greeted warmly! Niles's and loved as a populist in city of heroes、皆が声がけしてくださいます♪ ネパールの風習の1つとして、The rare sight to see! By ARES、Aquarius water placed at the entrance into the Bill、So then pray and go home、Soaked to make money! (Surprise) it's in a Newar culture and by the indigenous people of the Kathmandu Valley、ネワール族の文化はこの他にもいろいろ残っているようです! 日本で言う客間のような場所に通していただきました!鮮やかなピンクの壁にブルーのインテリアのアクセントが映える空間で、In the whole、メキシコの建築家「ルイス・バラガン(Luis Ramiro Barragan Morfin)」を彷彿とさせるような配色で可愛らしい造りです! ネパールでは国土が広くないことから、At site of land have a home、Wealthy families are on on floor was expanded to will is。His home in Niles, splendid, and 7-storey、Said even his elderly mother to 上ri降ri on the stairs every day is a surprise! To climb up to the 7th floor、なかなか足腰に堪えます!ツアーメンバー最年長81歳の杉山昇さんがサクサクと上る中、Sadly、40代のわたしたちが一番悲鳴を上げておりました(笑) 夕暮れ時を迎える屋上はそよ風が心地良くパタンの街並みを見渡せる素敵な空間!皆でネパールビールで乾杯です! ネパールビールはデンマークのカールスバーグ社との合併会社でゴルカブルワリー社の「TUBORG」と「ゴルカ(GORKHA)」が主流のようです!飲み口はどちらも軽めで甘味を感じるテイスト! 2種のビールを楽しみながらおつまみは水牛の煮込みやひよこ豆の炒め物などネパールの一般家庭で親しまれる料理を堪能させていただきました! 日本で言うところの”どぶろく”のようにネパールの家庭で造られる米焼酎を振る舞ってくださいました!アルコール度数は高く40度程度だと思いますが飲み口が甘いためクイクイと飲めてしまうから危険なヤツに違いありません(笑)さらにおつまみで出してくださった皮付きのポテトチップスがスパイスが利いていて美味しくあっという間に無くなりました!ネパールではジャガイモ料理が良く登場します! ナレスさんのお母様のプレマヤ(Premmaya)さんには日本で活躍するナレスさん兄弟の記念写真と浜松を代表する銘菓「春華堂」の「うなぎパイ」などを贈呈!ナレスさんが日本に移住したのはまだ18歳と若かりし頃のこと。I'm sure、お母様はナレスさんの帰省をいつも心待ちにしていることと思います! 日が暮れ始めるとグラデーションの美しい空色が広がります! ネパールの家庭料理となるメインディッシュの登場です! 「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」は、Dal (bean soup)、Bart (rice)、Tarkari (side dish)、アチャール(漬け物)がワンプレートに盛られたネパールの定番料理!ネパールでは、More intensive vegetable dishes、For further more even burning spices、In very healthy、Tend to fit the Japanese tongue and tender taste! Especially、トマトを用いた酸っぱ辛いアチャール(漬け物)がわたしのお気に入りです♪ 「モモ(MoMo)」は日本で言う「餃子」です!蒸し、Grilled、Deep fried type and divided、Seem to be using bean jam in the Buffalo。Have to jam ingredients:、スパイシーなソースと合わせて頂くのが主流のよう人生初のモモは餃子に慣れ親しむ浜松人としては是非ともトライしたかった食べ物です!浜松餃子も千差万別あるようにモモも様々な味わいがあるとのことですのでネパール滞在中にいろいろトライしてみようと思います! 食後にはインドのチャイに当たる温かいミルクティー「チヤ」を出してくださいました!甘さ優しくシナモンや生姜のスパイスが香り身体の芯からポカポカと温まる美味しいネパール紅茶です♪ 宴もたけなわの頃ナレスさんの同級生でパタン市役所のお勤め人であるビックラム・シャカ(Bikram Shakya)さんが到着しました!翌日パタン市役所の市長への表敬訪問のアポイントメントを取り付けてくださったシャカさんです!感謝! 歓迎パーティの最後お別れの時にはお母様のプレマヤ(Premmaya)さんより歓迎の儀式として「プジャ(Puja)=お祈り」で旅の平安を祈っていただきました!ダンニャバード!(धन्यवाद)ありがとう! 額と頬の3ヶ所に赤い粉を付け髪にはお花をあしらい首には赤い紐を巻き付けて儀式を施していただきました!(注赤い粉はなかなか落ちませんので白い服などには充分お気を付けください)こちらも人生初の「プジャ(Puja)=お祈り」となり心温まる歓迎をしていただき嬉しい限りです!フェリベトウラ!(फेरि भेटौला)また会いましょう!...

Royal Curry Nepal who make real Nepal very popular Curry!

The India-Nepal cuisine was inception in Kita-ku, Hamamatsu City "new handy"、2017March 12, "ROYAL CURRY (Curry Royal) and name change、リニューアルオープンされました!ナマステ(नमस्ते)! オーナーは変わらぬものの、By switching to the local staff of Nepal、Redesigned menu、In the renovated inside and outside the、近隣のインド・ネパールカレー愛好者たちから話題を呼び大人気! 店内は、Tearing down the old kitchen counter、By increasing the table seat、Changes to gain more customers、In spicy smoky red and Gray's contrast with sharp.、By designing a kitchen in the back of the brick wall、清潔感溢れるインテリアでアジアンテイストを程良くミックスさせています! 現在のスタッフは、Nepal's capital Kathmandu from Chef Samir,、Hall is Samir's wife Santa Claus is responsible for、Because they both speak well Japan Japanese、No permits in order, etc.。 Ramesh says one chef、There is still Japan, 1 year、In Japan to study situation。 That will come first from being renewed、Lighter atmosphere than ever before、席も増えたことから居心地も良くなったように感じます! メニューは、And various curries of India and Nepal、Other dishes。Provides course for all you can eat and all you can drink、ちょっとしたパーティ予約も可能です! この日は、Freshly baked naan bread or rice and Curry choice (chicken、Chicken Korma、Kemah、Vegetable、Daily) to 'lunch' 700 with a small salad and Curry and rice (kemah、chicken、日替わり)にミニサラダの「ご飯カレー」680円をオーダー! いろいろな味わいを楽しもうと、To revisit at a later date、Cheese naan with small salad and a drink、"Cheese Nan set" 1150 Yen Curry can choose one from the menu and choose either rice or naan bread、Chicken tikka 1 P and 1 P tandoori prawn with small salad and a drink、カレーがメニューから2種選べる「スペシャルセット」1,250円をオーダー! 「チーズナンセット」のカレーは、And I love spinach Curry "chicken SAG.、The 2 types of Curry's "special set"、野菜も美味しく食べれる「チキンティッカマサラ」ととろ~りチーズが濃厚でマイルドな「キーマチーズ」にしました! 焼き立て熱々の巨大なナンは、Sweet smell、もっちもち食感でおかわりが可能なところも人気の1つ! ホール担当のサンタさんが「おかわりいかがですか?」と聞きに回ってくれます! 流石に、1Are vouchers enough tummy becomes full、若い男の子たちはおかわりを喜んで受けていました! カレーの辛さはマイルドからスーパーホットの5段階で選べます一番辛いスーパーホットの5段階でも辛いもの好きにとってはかなりマイルドなテイストで食べやすいカレーです! 辛い漬物「アチャール」を付けてくださるので添えて味変しても良いでしょう! ドリンクはインドやネパールならではの濃厚な「ラッシー」とさっぱりとした「ジンジャエール」にしました! わたしたちLade Gourmet & Hotel Web Magazine、Republic of South Asia in the friendly relations between Japan and Nepal Federal Democratic "Republic" to the "Nepal Presidential Office" of your invitation、9/8 of the month-11 days、Nepal tourism & to go on tour、Because from now on I will used to Nepal food little by little and I was、我が家の近隣に美味しいネパールカレー屋ができて重宝しています! 日本語が上手に話せるスタッフのサミールさんとサンタさんに、Can to ask everything about Nepal、とても楽しいランチタイムとなりました♪ダンニャバード(धन्यवाद)♪ ネパールカレーは、Because it is relatively mild and fit the Japanese tongue taste、Enjoyed the delicious、たっぷりと汗をかきたい夏にはピッタリです! ROYAL CURRY(ロイヤルカレー) 住所静岡県浜松市北区初生町1257-1 ショップTEL:053-488-4027 Hours of operation:Lunch 11:00~:14:30、17:00-21:30 Closed on Mondays:Occasionally parking:有...

Scroll to top