All ages Kamakura "Kamakura kokinshu' Japanese and Western coexisting Maisonette suite

Will was born in the historic town of Kamakura "Kamakura Kokin (Kamakura Cocon).、1Day two will be sitting for a limited revival hotel! The accommodation for、101And only two rooms of ancient and modern Maisonette suite (88 m²) of the room, and warehouse Maisonette suites (82 square meters) of room 102、Subjected to renovation while taking advantage of both the historic Japanese style、違う角度からの日本庭園を愉しめる造りとなっております! 今回わたし達がお世話になった客室とは別のもう1つの101号室の「古今メゾネットスイート(88㎡)」を見学させて頂きました! 間取りは、Living room with kitchenette on the ground floor with Japanese and Western。 Micro bubble bath where you can enjoy 24-hour bathroom。 2Japanese-style rooms overlooking the garden on the floor feeling of openness。 Twin bed room the promise sound sleep、1Next to f/2 F toilet (2 locations)、設備等も102号室同様に細やかな配慮がなされ用意されています! 客室はどちらも4名様までの滞在が可能となり、1階と2階で異なる雰囲気を楽しめる造りで家族旅行としても利用可能! 101号室は特に2階窓からの景観が素晴らしく大正ガラスに揺らめく木々の和らぎを感じながら静かに過ごす時間がお勧めです! チェックアウトを済まし支配人の松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)さんと一緒に記念撮影!お世話になりました! 松宮さんは既に新たなプロジェクトに動かれており、Unbelievably interesting prospects、また楽しみが増えてしまった次第です! 「鎌倉古今」をはじめ「株式会社くらつぐ」は、Also celebrated a new era to Reiwa from March this year.、大忙しで大活躍されることでしょう! 「鎌倉古今」での滞在のひとときは、And release both physical and mental、Mind as a place to settle down、まるで別荘に足を運んだかのようにとても安らぐ時を過ごすことができました! 皆様も是非足を運んでみてください! 鎌倉古今(Kamakura Cocon) 住所神奈川県鎌倉市二階堂836 TEL:0467-81-4435(Phone hours:9:00To 18:00) https://www.kamakura-cocon.jp/...

An elegant breakfast while watching the "Kamakura kokinshu' hideaway Inns in Japan garden

古民家ホテル「鎌倉古今(Kamakura Cocon)」での朝は早く、Much of good singing wake up birthday、最高の観光日和です! 庭園を囲むように広がる山の自然は緑に溢れており、Spacious garden as well、Mochino木 and Japanese black pine、Tsuge、Cypress、Surrounded by pomegranate、For the show vary depending on seasonal flowers、池に泳ぐ錦鯉と共に四季折々の景観を楽しむことができます! 4月~5月にかけての最も快適な気候に恵まれたこの日の朝、Warm up in the morning bath micro bubble bath、浴衣姿で暫し館周辺の散策を楽しむことに致しましょう! サツキやツツジの周りには蜂がブンブンと飛び交いせっせと花蜜で食事中! 門の外へ出てみると、Try to find up the path under his arm and、山を守る神様が祀られている小さな神社に辿り着けます! 足元に伸びるのは、Bracken fern and spring、コゴミでしょうか? 春の御馳走とも言える山菜を沢山見掛けることができました! 支配人の松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)And I'm on will give you land.、"For bamboo shoots can be caught in the mountains、Continue to provide in future "and、此処ならではの魅力をまた一つ見つけてしまいました! 散策を終えラウンジのショップにてお土産探し! 「Restaurant Cocon(レストラン古今)」でも頂いた手摘み高級茶「ROYAL BLUE TEA(ロイヤルブルーティー)【高級茶・ノンアルコール・茶宴Cha-En】」の「玉露ほうじ茶 香焙(The Gyokuro Houjicha KAHO)」や「京都宇治碾茶(The Uji)」も販売される他、Feature set, providing "roji" specializing in Japan tea green tea with yuzu and cherry green tea、「黒文字茶」の他にも10種類程の袋茶を用意されています! お茶にはお菓子が付き物と言うことで、Baked goods prepared by、"Miso Kamakura Inoue" "Koji jam" and "miso dressing.、手に取りやすい価格帯の物もあり手土産にはピッタリ! 自然の豊かな香りが楽しめるお香「竹彩香りらく」の和のリードフレグランスや自然派コスメで客室のバスアイテムとして採用されている「MATIN et ÉTOILE(マタン エ エトアル)」の商品、Brand perfume fragrant heart (fragrant heart) 100% pure essential oils、女性に嬉しい贈り物までもが揃います! お部屋に戻ると朝食の準備が整ったようで、So here who served in the room、和室で気兼ねなく頂けます! 用意してくださったおしぼりは「ひのき」の良い香りが漂い、Rest feeling relieved in warm brown rice tea、Open the sliding doors and、庭園を眺めながらのゆったりとした朝食タイムは至福のひととき! 朝食は色彩豊かに栄養たっぷりの御膳で用意され、Side dishes freshly cooked rice Yamagata rice brand "tsuyahime" and "revive" with plenty of vegetables and if you meet several balanced line、身体に優しく嬉しいものばかりです! ■玄米茶 ■7種のフルーツと野菜のコールドプレスジュース ■有機野菜のミニサラダ ■鎌倉釜揚げしらすとおろし大根 ■鰆の西京焼き ■姫様のたまごの出汁巻玉子 ■炊きたて御飯(山形県産・つや姫) ■けんちん汁 ■自家製漬物(沢庵、Cucumber、梅干し) 前夜のディナーで頂いた三浦半島の「岩沢ポートリー」が「姫様のたまご」があまりに美味しかったので生卵を追加で頂いてみました! 見事なまでの黄身色で、How do human drool soy sauce、黄金に輝くTKG(卵かけ御飯)の出来上がり! さらに嬉しいことに食後のデザートには袋井の「名倉メロン農場☆FruitcafeNiJi」の甘~い完熟メロンの登場です! 何でも「名倉メロン農場」のオーナー夫妻とは松宮さんが熱海にいらした頃からの長いお付き合いだそうで「鎌倉古今で是非とも取り扱いたい」と願ってのこと! わたし達も良く知る生産者と松宮さんとの御縁に喜びが隠せない和やかな朝となりました! 鎌倉古今(Kamakura Cocon) 住所神奈川県鎌倉市二階堂836 TEL:0467-81-4435(Phone hours:9:00To 18:00) https://www.kamakura-cocon.jp/...

A dinner of traditinal "Kamakura Kokin" body pleasing natural to live feeling in Italian

In historic town of Kamakura.、安政2年(1855年)創建の古民家をフルリノベーションした古民家ホテル「鎌倉古今(Kamakura Cocon)」に暖かな灯りが灯され静かな夜を迎える準備が始まります! 鎌倉の喧騒から離れ、Unique historic Mansion House still、大人達が安らぎのひとときを過ごすに必要な場所となることでしょう! こちらの滞在では施設内に同時オープンさせたイタリアン「Restaurant Cocon(レストラン古今)」のディナーとセットの宿泊プランが楽しめるため待ちに待ったディナータイムとなります! レストランは自然派レストランとして有名な山形のイタリアン「アル・ケッチァーノ(Al che-cciano)」の奥田 政行 (Masayuki Okuda)シェフ監修となりシェフが厳選された鎌倉野菜や相模湾の新鮮な海鮮などを中心に地場食材を意識しシンプル且つヘルシーな調理法で素材の良さを引き出す身体に優しいイタリアンを提供されておりランチとディナーは予約制ではありますが一般の方も利用できる営業体制となります! 安政2年の創建時のままに残る立派な支柱や梁の重みを感じる空間は、163年もの間この邸宅を見守り続けてきた守り神のようでもあり心安らぐ雰囲気のレストランとして生まれ変わっています! カウンター10席のみのオープンキッチンではそれぞれのゲストとシェフとの距離が近く一皿一皿ライブ感溢れるパフォーマンスを楽しむことができる理想の形をしています! この日の夜はSommelierにお任せしてコース料理に合わせたペアリングをお願いし先ずは「Champagne」にてスタート! 丁度お隣に端正な顔立ちのフランス人男性と可憐な日本人女性の素敵なカップルの姿も見受けられ、"Oh、鎌倉ってお客様までも素敵だわ!」としみじみと心の中で呟いておりました(笑) [Restaurant COCON Dinner × Pairing Set] ①「有機人参のムース」×「フランソワ・ムタール ブリュット ブラン・ド・ノワール(François Moutard Brut Blanc de Noirs)」 鎌倉人参のムースの上にはコンソメのジュレと生雲丹を添えて人参の真ん中の芯を取り除き焦がさないように転がしながらじっくりと焼き上げた人参を粗目のムースにムースは塩も砂糖も一切用いずに仕上げられており生雲丹の塩加減が程良いアクセントとなり雲丹の香りや濃厚さにも負けない人参そのものの甘味や味わいが楽しめます! ②「北海道産アスパラガスと姫様の卵」×「クヴェアバッハ エディション リースリング 2008(Querbach Edition Riesling)」 北海道産のグリーンアスパラガスにはコクと甘味が強い「姫様のたまご」に硫黄の香りが楽しめる塩、Caviar、トリュフオイルを纏わせてプチヴェールの菜の花のピュレに合わせて頂きます! 「姫様のたまご」とは三浦半島の「岩沢ポートリー」が自社養鶏場にてストレスを感じさせることのないように平飼いしている鶏を「姫」と呼び育てた特別な卵のこと!1玉100円! 大切に育て上げられる姫様が召しあがる餌は最高級品ばかりで、In the seasons teamed up with local farmers fresh "vegetable"、Sun monitor dried mineral abundance of freshly caught fish of "algae"、Misaki tuna powder was rich in things to eat fish 、Turn the broth smell taste to because of "macronutrient land"、To strengthen the shell "oyster shell" Hiroshima production 100%、そして黄身の色みが一段と鮮やかになる「天然パプリカ」をお召しになっているのです!その卵が美味しくないわけがありません! 添え野菜はグリンピース、Fava Beans、Other beans、Along with the vegetables but furuhashi, called bean expert in Shizuoka is only made in Japan of "Marmaras"。 The "Marmaras" regardless of local vegetables, for the first time、Shakishaki and upbeat sound、甘味を感じる美味しい豆でした! こちらの前菜には、Acid fresh, relaxed and beautiful mineral felt、とても爽やかでありながら上品な熟成感が程良いボリュームとして楽しめるリースリングを合わせて! ③「本鮪のルイベ」×「リュリー レ サン ジャック 2015 Darren Francis (Rully Les Saint Jacques /...

"Kamakura kokinshu' collection Room Makeover! Kamakura Kokin Maisonette suite

Will was born in the historic town of Kamakura "Kamakura Kokin (Kamakura Cocon).、1日2組限定の古民家ホテルとなります! 宿泊できる客室は、101And only two rooms of ancient and modern Maisonette suite (88 m²) of the room, and warehouse Maisonette suites (82 square meters) of room 102、While taking advantage of both the historic Japanese style decorated with renovation、違う角度からの日本庭園を愉しめる造りとなっています! 今回わたし達がお世話になるのは既存の蔵をリノベーションした102号室の「蔵メゾネットスイート(82㎡)」です! チェックインを済ませた後は支配人の松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)さんに客室を案内して頂きます! 客室毎に用意されたルームキーにて開錠オートロックではないため施錠をお忘れなく! 至る所で伝統ある京唐紙を施した扉や襖が出迎えてくれ、Beautiful decoration a Royal atmosphere、From the natural paints natural soft gu風 to feel! However、Because where the ceiling is low only age era of the original、高身長な方は頭をぶつけないように注意が必要です!(我が家の旦那様も181cmと高身長) まず目の前に広がる1階和室は、Stretch legs loose、庭の景観を楽しみながら寛げる安らぎの8畳間となります! 姿見鏡を用意した押入れ内のクローゼットには木製ハンガーをはじめ、In addition to all ages original yukata and Cape and tabi provides set big diffrence、セキュリティボックスもこちらにあります! 床の間には世界的に活躍される書道家の大隈 優子 (Yuko Hayashi Okuma)And it's is decorated、"Iroha song" the Silhoutte to shed tears but also deep meaning。 「いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす」 和室と蔵をつなぐスペースにはミニキッチンが用意され、Drinks provided in the fridge in the kitchen under (beer、ソフトドリンクなど6種)は全て無料となります! コーヒーはエスプレッソマシンを設置し、Tea is three (citron tea is this:、Cherry green tea、Black tea) for providing a healthy tea。The electric kettle、BALMUDA The Potが備え付けられています! 綺麗に塗り替えられた蔵の入口を進むと和と洋が共存するリビングスペースが広がり、2For floor to ceiling renovated、蔵の中とは思えぬ程の開放感があります! 創建当時の重厚感溢れる蔵の扉や和箪笥などの調度品が顔を覗かせる空間にもシンプルモダンなデザインとなる「TIME & STYLE」のゆったりとしたソファ&オットマンを取り入れ和と洋の融合を施しリビングでの快適なひとときを提供されています! 壁にはモノクロ写真が飾られておりこちらは富士宮の農園を営む野菜が主役の自然派フレンチの「Restaurant Bio-s(レストラン ビオス)」オーナーの松木 一浩 (Kazuhiro Matsuki)Her photos were shot in、PV production from earlier Exchange with Mr. MATSUMIYA matsuki's appeared on the official website also has been in charge of that! Had planned to just go diet BIOS with a friend early next month for、制作秘話などを松木さんからも伺えたら嬉しいですね! こちらでは無料Wi-Fiを完備しており室外に持ち出せる電話Handyでは24時間体制で対応してくださる客室専用コンシェルジュとの通話が可能です! また、CD or DVD of the film、Equipped with AI speakers even better acoustic "Harman Kardon (Harman Kardon)" with "Alexa (Alexa). in addition to the books-ALLURE (ARIA)、"Alexa! Jazz music! "、"Alexa! Raise the volume! "Such as the attendants to meet me.、There are also essential to our life style BGM! The thing is to try a little bit away from attendants tried、きちんと反応してくれる優れもの! パウダールームの横にはガラス製の引き戸で開放感溢れるバスルームがありミルクのような繊細な泡立ちで美容と健康に嬉しいマイクロバブルバスを24時間楽しめます! 今時期は42℃設定で湯温を保っており湯だめすることなくいつでも快適なバスタイムに浸れるのも嬉しい限り! 奥にはトイレを用意しており、For here is a toilet at the entrance、2箇所のトイレで譲り合いの遠慮も無く使用することが可能です! 引き出しにはドライヤーをはじめ、There was a staff、バスアイテムもボタニカルと肌に優しいものを採用されています! 2階のツインベッドルームには、Under the slogan”The Quality Sleep”を掲げる「airweave(エアウィーヴ)」社の固めの寝具マットが最速で良質な快眠を約束してくれます! 実は古民家ホテルでも活用されている様々なお宝が収蔵されていたという素敵な蔵で過ごすことのできる高揚感は滞在した方にのみ与えられる権利です! 障子を開放した状態で庭を独り占めしながら、Brewed tea at the table with the flowers blooming in the garden、夕食の時間まで暫し静かな時を過ごす贅沢なひととき! 陰影のある彫りと深みのある漆木の温かみを感じる「鎌倉彫」のアイテムが要所要所に用意されているのも素敵な施しです♪ 景色が揺らめく大正ガラスの風情や当時の職人技が光る組子欄間など、Felt for the 163-year-old history、In a room surrounded by quaint townhouse such as away of、緩やかな時間を感じながら心身共に癒やされる大人宿「鎌倉古今」! 鎌倉古今(Kamakura Cocon) 住所神奈川県鎌倉市二階堂836 TEL:0467-81-4435(Phone hours:9:00To 18:00) https://www.kamakura-cocon.jp/...

Kamakura "Kamakura ages" ancient only 1 pair of high-quality lodging birth! Old houses from the Edo period

About an hour by train from central Tokyo、Has many historical monuments and venerable Temple、日本の古都の歴史に触れる旅として関東でも有数の観光名所と人気の高い古都鎌倉へ「ニッポン大人旅」! 古都鎌倉市街地の喧騒から離れ、On a quiet residence area venerable Nikaido area、Have been passed down since the Edo period Minka full novation and、上質な古民家ホテルとして今年2019年1月7日にオープンされたばかりの「鎌倉古今(Kamakura Cocon)」へ滞在します! 「鎌倉駅」より車で約10分明治天皇により創建された「鎌倉宮」から徒歩数分圏内となり山に囲まれた緑豊かな自然と共に歴史を堪能できる安らぎのひとときを提供! こちらは古民家再生やホテル&レストランを運営する「株式会社くらつぐ」が「古今ブランド」としてスタートさせた第一弾となり、While retaining the charm of the old house was built in 0/1855 (1855) built 163 years old full novation and、民泊新法に基づき180日限定の営業とする1日2組限定のプライベート感溢れる古民家ホテルへと生まれ変わりました! 鎌倉には全般的に細道が多く存在し「鎌倉古今」までの道中も例外ではありません。However,、我が家の愛車「Maserati」のクアトロポルテでも無事に到着することができましたので大方の車は問題ないかと思われます! 宿泊客専用の駐車場は古民家ホテル前に2台完備されており施設内に同時オープンさせたイタリアン「Restaurant Cocon(レストラン古今)」の利用客には近隣に別途駐車場を設けられています! また、Hotel in Kamakura City (North is the Kita-Kamakura station、South is hase station.、または由比ヶ浜海岸の範囲内)から事前予約にて無料の送迎サービスが利用可能なため安心の滞在となります! 見事なまでの晴天で4月の春うららかな心地良さを感じる暖かな気候に恵まれたこの日は、Hamamatsu is approximately two hours at high speed、下道はレトロな「江ノ島電鉄」が走る海岸沿いを多くの観光客で賑わう様子を横目に既に初夏を思わせる程のまばゆい日差しで絶好のドライブ日和! チェックイン時刻となる午後15:00Pick up、運営会社代表で支配人でもある松宮 大輔 (Daisuke Matsumiya)さんがとびっきりの笑顔で出迎えてくださいます! 松宮さんとは旦那様の実家でもある富山の「リバーリトリート雅樂倶 River Retreat Garaku」の支配人をされていた時からのお付き合いで、"Want to make nice to! "That when interviewed MATSUMIYA's dream is realized and、心躍る気持ちでオープンを心待ちにしておりました! 古き良き趣を残す外観はあまり手を加えず修繕に力を注ぎ、And tastefully wooden of a tasteful atmosphere、And you hear the birds sing、Symmetrical Bronze Gate has been opened and Satsuki vivid shades。 Step by step、Invigorating nature is surrounded by trees、Seasonal flowers bloom、手入れの行き届いた日本庭園が広がる贅沢な空間となります! 色濃く上品な紺青色に和やかなサインを施した暖簾をくぐり、Boasting a spacious entrance。 グラフィックデザイナーとして活躍される日本アーティストの川上シュン(Shun Kawakami)が手掛け「鎌倉の海岸」をテーマとした作品が装花と共に出迎えてくれます! 入って正面の入り口は自然派レストランとして有名な山形のイタリアン「アル・ケッチァーノ」の奥田 政行 (Masayuki Okuda)And under the supervision of Chef "Restaurant Cocon (restaurant now and then).、今回の宿泊ではディナーを堪能しているので後程御紹介致します! 建物の端と端にそれぞれの客室となるメゾネットスイートルームを設えることでさらにプライベート感を高める造り! 壁や床は一新されているものの、In the atmosphere of "old", such as beams and pillars that supported the House for many years、Now with modern injection、上質なおもてなしを受けられる「古今」! 日本庭園の長閑な景色を眺めながら廊下を渡りラウンジにてチェックイン! 爽やかなベルガモットの香りに包まれたおしぼりを頂き一気に心が解放されリラックス! 嬉しいことにウェルカムドリンクはChampagneの御用意があるとのことで「フランソワ・ムタール ブリュット ブラン・ド・ノワール(François Moutard Brut Blanc de Noirs)」にて喉の渇きを潤し乾杯!小菓子として提供されたしっとりと香り高い「カヌレ」と共に楽しみます! ラウンジにはホテル選りすぐりの商品が並びお土産物に最適ですのでこちらは後程拝見させて頂きましょう! 新緑が眩しいこの時期は、Pretty in the mountains even more bright and blue sky、庭に咲き誇る草花の色合いも美しく見頃の季節となります! ブラン・ド・ノワールのエレガントな酸ときめ細やかな泡に包まれながら、At the UNESCO House Hotel、大人たちが楽しめる非日常的な小旅行の始まりです! 鎌倉古今(Kamakura Cocon) 住所神奈川県鎌倉市二階堂836 TEL:0467-81-4435(Phone hours:9:00To 18:00) https://www.kamakura-cocon.jp/...

"House sitting" Japan's once in a lifetime of hospitality! Days of serenity and also meet

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」での心地良いひとときを終える朝! 本館入口に用意された「売店」にて、Products of Izu and memories of the trip will be started.、各種お土産を見させていただきましょう! 「坐漁荘」の日本庭園を彩る山ももの愛らしい朱い実を模った甘酸っぱいお茶菓子「やんもの里」や五色の色合いが愛らしい豆菓子の「田舎五色豆、Chili pepper beans、Coffee beans、Beans ', such as in the original Inn's teacake、As the tea of Shizuoka is certified as world agricultural heritage site、こだわり溢れるお土産物が揃います! また、Go to the back of the lobby、And "souvenir" where the other 1 place、There、The Mt. Fuji Shizuoka's glass works started.、Such as cast iron and glass、日本が誇る伝統工芸品が揃います! 嬉しいことにこちらにも富山の有名な鋳物メーカー「能作_NOUSAKU」が手掛ける錫製品の酒器や香立て等を取り扱われておりました! フロントにてチェックアウトを済まし名残惜しくもお別れの時が近付いて参りました! ここで忘れてはならないのが「坐漁荘名物!?」となる「ハーゲンダッツ Häagen-Dazs」の食べ放題です! 実は「坐漁荘」では、Beside the "souvenirs" where has the ice cream vending machines、Without putting your money、好きなアイスを押せば押すだけ出てくるというアイス好きのお子様や女子には堪らなく嬉しい「アイスクリーム無料サービス」をしているのです! 流石に滞在中は、Your teacake and fruit、For the dessert course, birthday cake in the stomach could not afford、最後の最後に1箱だけ頂いて帰ろうと思います! 「ハーゲンダッツのクリスピーサンド」や「クーリッシュ(Coolish)」も気になりましたが、On the way、Driver husband clean and easy-to-make and、一口サイズの「レディーボーデン(Lady Borden)生チョコレートボール」をセレクト! 半信半疑でドキドキしながらもボタンを押したら本当に無料でアイスが出て来ました! 何から何まで至れり尽くせりの、Japan's once in a lifetime of hospitality、本当に心癒される素敵な休暇を過ごさせて頂きました! 最後にお世話になったスタッフの皆さんを囲んで記念撮影! 皆さんのおかげで「坐漁荘」での滞在はわたし達夫婦にとってかけがえのないものとなりました! また逢える日を楽しみにしております! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 http://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站 https://www.abba-travel.com.tw/stay/...

By sitting-so human national treasure swords and sword of about 800 years of history learning appreciation!

伊豆高原の高級旅館「ABBA RESORTS IZU坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」で行われているアクティビティの一つである日本文化体験「日本刀鑑賞」を体験致します! 「坐漁荘」では、Memories of the journey provided fulled to be something deeper than Japan's culture and history, including a variety of experiences and、The Japanese appreciation this time to experience、宿泊ゲストはいつでも無料で鑑賞することができます! ただ、In the history for details、旅館の文化保存を担当される専属スタッフの原田明子さんの大変興味深い解説を御希望の方は事前予約が必要です! 「ギャラリー 義の心」に掲げられた「第一義」の由来は『碧厳録』に出てくる達磨大師と梁国の武帝の問答の中の語句であり釈迦が悟った「万物の原理」を意味されています! 一、What exists in the world is all 移ri変waranu not anything as。 One、Of the world and all sorts of things are the things、Always alone、There is no single。 One、Common to all、Bond、Commitment without mind in peace。 This principle in mind echigo wheeled warriors、上杉謙信公は、Temple of the Buddhist priest, Ken master and、Raises the amount of rinsenji temple gate built to "primary" and the large book, chopped、Kenshin is "righteousness I think、人が人としてある美しさよ』という言葉を残されています! 無類の日本贔屓で居てくださる「坐漁荘」のオーナー葉信村会長越後が生んだ謙信公の「義」と直江兼続の「愛」に感銘を受け、2011It occurs in East Japan earthquake Japan struck a devastating blow to know、Niigata is great margin for himself、In October the same year quickly led company executives and officials that about 500 people from Taiwan, righteousness and love 20th anniversary meeting held、放射能の風評被害に悩む日本の観光地としての復興を願い支援してくださった方でもあります! その際に感謝の印として新潟県から「第一義」と題した扁額を贈られ表彰! こちらのギャラリーの名「義の心」も「坐漁荘」のオーナーが心から敬愛する謙信公への憧憬に因んで名付けられているとのこと! また、The leaf Shinshu village President、Niigata has produced treasures swordsmith "Heaven Akio (also perforated succeeded)"follows a sword-making was being appealed, may、Heaven Akio following them、新潟へのその恩に報いるかのように製造許可を出されたという感動的な秘話があります! その際に葉信村会長は「刀の中に上杉謙信の”義の心”を込めていただきたい」と申し出されたそうで、In the Gallery、その貴重な名刀を拝むことも許されています! ギャラリーに一歩入ると、In the tense air、Swords were shimmering in his dignified and orderly matching、温湿度の管理の行き届いた展示ケースに収められています! 「先ずは、Such sign does not care、Feel think left。」と専属スタッフの原田明子さん! 一呼吸置いて心を落ち着かせ一振りずつその御姿をじっくりと拝見致しましょう! それぞれに異なる刀長や幅、Curvature、鋒(きっさき)の形状までもが違うから驚きです! また、Straight into the blade、It's beautiful straight flute (flute) and、War Blade (midareba) looks wavy pattern edge statement、これまたそれぞれの刀毎に魅力が異なります! 戦国時代では、Japanese sword was active as a dissecting opponents with 1 sword weapon、Its sharpness and flexibility、And in iron pulled Ben up to extreme power、The beauty that accompanies it has、日本が誇る美術品の一つとして高い評価を得ています! こちらでは、Start up treasure in heaven Akio next (see Aki succeeded) multiplied by the life itself could be said sword (posthumous)、"Raven small Kenshin Uesugi Kenshin official specification" or "Izumo country living, long work," such as、著名な刀匠作品が連なります! 入口より右手と左手で戦国以前の古刀と現代刀に分けて展示! 一番古い物と新しい物の年代の差は何と!800年もの差があり伝統が受け継がれてきたことの重みと時代の流れを感じることができます! 江戸時代の職人の技が光る日本刀。 800年の伝統を現代に受継ぐ月山日本刀鍛錬道場を営み、Supported by modern sword world、"Gassan Jeong Shin" Gassan Sadatoshi Nara Prefecture designated intangible cultural properties as specified and their sons made sword activities started.、Each swordsmith and sword of the late Kamakura period other bizen (Okayama Prefecture) "bizen osafune nagamitsu.、The history of the sword has been passed down from generation to generation、While listening to a detailed description、Learn the history of the Japanese sword that can、Once again、In the background while viewing、一味も二味も違って見えるから不思議です! お時間のある方は、Redraw the swords oil Mr./Ms. Harada's staff caring moments will be a valuable experience、是非御予約の上ご覧頂ければと思います! 入口では映画「もののけ姫」にも出てくる神話の国島根県奥出雲の「たたら製鉄古式鍛造工房くろがね workshop Kurogane」が日本刀を製造する様子を収めたモノクロ映像を流しており日本刀がどのような製造工程で作られているかを紹介しています! 日本刀の原料となる玉鋼を用いて製造する製鉄炉は、Best reach around 1400 degrees、Japanese steel to produce great work keep stoking the fire 3 nights 3 days、Chosen as the sword of raw materials but of high purity steel、そこから始まる鍛錬の世界! 日本刀は刀工だけが造るものではなく、研師, Saya-Shi、Lacquerer、Makie lacquerers、Metal master、First perfected by artisans such as silver master、それぞれの工程に分けて専門の職人が存在するそうです! ここ数年に渡る刀剣ブームによって注目を集める日本刀ではありますが、And the swordsmith's successor problem、That instability is the supply of steel raw materials for swords and charcoal、In the swordsmith world are faced with challenges、The owner leaves Shin village President、These historically valuable sword conservation preservation and tradition、一刀剣ファンとしてこのギャラリーの運営を担ってくださっています! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 日本文化体験「日本刀鑑賞」 営業時間:7:00-21:00 スタッフ解説付きは事前予約 http://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站...

Using "house sitting" with boiled rice and Izu specialty filled with colorful Japanese breakfast

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – Sitting Zhuang (Zagyosoh) Abu resort iz zagyeosou "for breakfast、"Japanese restaurant Sakura" Japanese breakfast in our、または「フレンチレストラン やまもも」にて頂ける洋朝食のどちらかが選べます! わたし達は、For enjoying dinner at French course、朝食は身体喜ぶ和朝食をセレクト! 朝食会場となる「和食処 さくら」は、There in front of the garden bath、入口に掲げられた「杉玉」の粋なオブジェが目印となります! こちらでは伊豆の新鮮食材を用いて、Provided Japanese tastes of material and、「ふじのくに食の都づくり仕事人」として活躍される総料理長の井戸伸治さんが「坐漁荘でしか味わえないないもの」を提供! 1階と2階で14もの個室を備えられており、And have the stress on the knee in a spacious semi-private table seating、プライベート感溢れる佇まい! 朗らかな笑みを浮かべ、From the morning Guide to good customer service Lady、今回は「いかだ」の間を用意していただきました! 席に着くと、There was a warm hand towels and tea、"Would you like rice or rice porridge dinner?? "The question is。Rice、And the clay pot rice boiled breakfast for each guest to match、Keeping an eye to accompany their rice lined up in front of the eyes、迷わず白米を選択! 湯豆腐に火を入れていただき準備が整ったところで炊きたての土鍋御飯が釜ごと到着! この日のお米は、In Toyama Prefecture, Koshihikari in her husband's family is glad to have been employed with the、Open the kettle lid、Plump and glowing good uniformity of rice cultivar Koshihikari with debut、見事な炊き上がり具合! お椀に上品に盛り付けていただき先ずは何も付けずにそのまま白米の香りと味わいを堪能!口に入れるとしっかりとした甘みと旨みが広がります! やはり富山米最高! 毎朝我が家でも食べている富山県産のお米昨年2017年に発表された富山県産の新しいブランド米で最近試したばかりの銘柄「富富富(ふふふ)」を仲居さんにちゃっかりと御紹介させて頂きました!富山は美味しいもの尽くしです! どのおかずも御飯のお供にピッタリの物ばかりですが、For 1 second to、View from the delicious "Asagiri-Kogen lay fresh eggs" is! Here you will、Excellent compatibility with the egg、To be served with cooked eggs for rice in soy sauce、ついつい御飯のおかわりが進んでしまいます! ゆっくりと1時間半程かけて朝食を楽しんでいると、Sales&Marketingの安部 志穂美 (Shihomi Abe)Let's us go on farewell、「お誕生日おめでとうございます!よろしければドライブのお供にどうぞ!」と「CANDY SHOW TIME」の色鮮やかな愛らしいバースデーキャンディーを用意してくださっていました! 身体がほっこりと喜ぶ美味しい和朝食で、Knowing that appetite、Clay pot rice probably 2 or so popping me in would be at abandons two complete morning I ate! In order to digest、今一度散策が必要なようです! [和朝食Menu] ■御飯「富山県産コシヒカリ 土鍋御飯」 ■香の物「梅干し、Takuan、野沢菜」 ■自家製出汁ポン酢のあっさり「湯豆腐」 ■小鉢3品「旨辛味噌、Squid、山葵海苔」 ■焼海苔 ■刺身「鯛」 ■佃煮「しめじの佃煮」 ■煮物「鶏つくね、Eggplant、Autumn carrot、インゲン」 ■お味噌汁「鯛のアラ汁」 ■御飯のお供「朝霧高原の産みたて卵」 ■サラダ「葉野菜を胡麻と人参の自家製ドレッシング」 ■焼き魚「伊豆名産・鯵の干物」 ■デザート・シャキシャキ食感を残した「林檎の蜜煮」 ■食後の「珈琲」 ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 和食処...

Sitting-Sou 山momo pattern yukata Japan gardens Cape natural early-morning walks and CARP bait do

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」の「ヴィラ:311 room / Iris (IRIS) "in the、Wake up healthy、陽が昇る前の朝風呂を堪能! ほんのりと空が明るくなりつつあり、To look into a bright blue sky and soak in nagayu、目を覚まします! この日は雨予報を心配しておりましたが、Like bout finished off in the night、Around trees in wet weather、色濃く艷やかに喜んでいるかのよう! 温泉から上がり、Yukata is provided through the sleeves、Let's walk in the morning and! Two women in yukata are available、1One is in adorable wearing my 山momo pattern yukata、もう1つは上下が分かれセパレートになっている浴衣です! セパレート浴衣は、On the haori coat.、For the finished skirt like a winding down、There is no worry of small dressing、Easy way to the police station for、1人で浴衣を着ることができない方にお勧めです! 坐漁荘の日本庭園への入口はヴィラの直ぐ目の前に門が用意されています! 専門庭師の方々の手が入り、To become a garden well maintained、With confidence, enjoy a stroll、Around and relax while watching the trees and flowers、およそ30分程の散策となる広大な庭園! 山ももの大樹はもちろんのこと、Like strung the roots into the Earth big trees more than 300 years old is just nature itself、庭師曰く「此処は自然庭園です」とのこと! 本当に立派な庭園です! こちらでは四季折々の自然を慈しみながらゆったりとしたひとときを過ごせます! 11月上旬ゆえに、Much is not、Consequently pursue Farfugium japonicum resembling a chrysanthemum flower、緑濃いの中にさり気なく花開くあどけない姿が儚げに映りました! 池に架かる橋の上からは、Enjoy watching the Koi swim gracefully、非日常的な緩やかな時を過ごせます! また、"Carp bait" box placed the main entrance towards the pond out of food、Take a look、餌やりも楽しみましょう! 鯉がパクパクと口を開けて必死に群がる様子がまた愛らしく思えます! ヴィラから中庭を抜けて本館まで歩きその帰りの道中の小雨の心配をしてくださった仲居さんが「和傘」を用意してくださいました! 自然の息吹と共に小鳥の囀りが心地良く響き渡る庭園! 運が良ければ、While jumps and branches of the trees、颯爽と庭園を駆け巡るリスにも出会えてしまいます! ABBA RESORTS IZU 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 住所静岡県伊東市八幡野1741 TEL:0557-53-1170 Toll free number:0800-888-1168 http://zagyosoh.com/ 坐漁荘 / 台灣預訂網站 https://www.abba-travel.com.tw/stay/...

French dinner seafood "house sitting" Izu peninsula along with the Japan tea to entertain! ◆ part two •

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設されているフレンチレストラン「やまもも」でのバースデーディナー後編となります! こちらのレストランでは京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村 勉 (Tsutomu Nishimura)Menu dedicated to chef tea "tea pairing aya / Sai "in mountain received the impression that this Chef、The most famous tea adopted only a Shizuoka Japan tea、静岡茶のティーペアリングと共に楽しめるコースを用意されています! 今回「坐漁荘」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、企画第二弾で参加して頂いた下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo Design」の「日本の美」を象徴し合理的且つ美しさを忘れない木製器と「やまもも」の素晴らしい料理をコラボしていただくことに! 「やまもも」では、Ceramic inter-relation between the Izu and distinctive instrument originally ordered by "Kamachi pottery shop.、Also、The generator Niijima glass collected at the coast of the Izu Islands, including great instrument has been adopted、この日は一部の器をわたし達が持参した器に変更してくださっています!久々の『器と旅するシリーズ』です! [やまももSpecial Dinner Menu] ⑥「キノコのテリーヌ 西伊豆産黒米のおこげ 貝柱とキノコの餡」 キノコと貝柱、The tender white fish Terrine、Nishi Izu terraced rice for rice to finish、Weekly us enjoying the texture and crunch! The last bite、By squeezing a lime marinated、さっぱりとした後味とまろやかな料理の輪郭がハッキリと仕上がる面白い味変になります! <和烏龍あおい(島田)> 同じく「カネロク松本園」の発酵熟成させた世界農業遺産最高位認定の和烏龍茶!発酵を浅めに抑えてあるため、Chinese oolong tea and the gang differences、Even those who love green tea astringency、えぐ味は一切感じずに華やかな香りを楽しめます! きのこや貝柱の旨味をスッキリとさせ旨味に渋味を加えることでコクを感じさせる意味もあり合わせた一杯! <シャブリ・プルミエ・クリュ ラ・フォレ / ドメーヌ・ヴァンサン・ドーヴィサ(Chablis 1er Cru“La Forest Domaine Vincent Dauvissat)> ミネラル感溢れる極上シャブリを貝の旨味と掛け合わせて楽しむ一杯! ⑦「特薦魚のポワレ ベルモット」×「釋永岳 mars 平皿mars himawari」 伊豆といえば金目鯛!ということで、Body moist、Sauteed snapper finished the skin surface to crisp the grilled Eggplant、Along with Brussels sprouts、You will be in a rich Vermouth sauce! Finishing and sprinkled powder Baked Eggplant、ふんわりと残り香が楽しめます!...

French dinner seafood "house sitting" Izu peninsula along with the Japan tea to entertain! • Part I ◆

Luxury hotel located in hot springs of Izu-Kogen seaboard "ABBA RESORTS IZU – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設されているフレンチレストラン「やまもも」にてバースデーディナー! 天然記念物「山もも」の巨木が群生する広大な自然庭園内に佇むことから付けられた店名「やまもも」では料理長である山本晋平/Shinpei Yamamotoシェフが腕を振るう伊豆高原の海の幸と静岡の厳選素材を用いりフレンチのテクニックと日本の魂を掛け合わせ「和魂洋才」で織り成す伊豆ならではのフレンチが頂けます! また京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村 勉 (Tsutomu Nishimura)Menu dedicated to chef tea "tea pairing aya / Sai "in mountain received the impression that this Chef、The most famous tea adopted only a Shizuoka Japan tea、静岡茶のティーペアリングと共に楽しめるコースを用意されています! 1階フロアは緑豊かな庭園と本館が望め純和風の茶室を設けた落ち着き溢れる空間となり、In the evening of the day、台湾からの団体客で賑わい華やぐ店内! わたし達は2階の個室「蕾」に案内していただき山本シェフおまかせのフルコースを頂きながら、1つは「ティーペアリング」3,500円をもう1つは「ワインペアリング」9,500円を合わせてオーダー! また同じ2階には、There are 6 counter seats spread over the sea of Izu、ヴィラ宿泊客限定で提供される「鉄板焼」も大人気メニューです! 今回「坐漁荘」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、企画第二弾で参加して頂いた下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo Design」の「日本の美」を象徴し合理的且つ美しさを忘れない木製器(※後編で登場します)と「やまもも」の素晴らしい料理をコラボしていただくことに! 「やまもも」では、Ceramic inter-relation between the Izu and distinctive instrument originally ordered by "Kamachi pottery shop.、Also、The generator Niijima glass collected at the coast of the Izu Islands, including great instrument has been adopted、この日は一部の器をわたし達が持参した器に変更してくださっています! 久々の『器と旅するシリーズ』です! 今回は特別に日本茶のティーペアリングについては山本シェフ自らが料理と共に紹介してくださりワインペアリングについてはテーブルを担当してくださるホールスタッフの永田良太さんがサーヴしながら説明してくださいます! [やまももSpecial Dinner Menu] ①「戸田の本エビと人参 メヒカリ 伊豆のお米とひじきのチップス」 最初にテーブルに用意されたのはレストランで取り扱う無農薬野菜を栽培され三島の鈴木 達也 (Tatsuya Suzuki)さんが手掛ける「フードカルチャー・ルネサンス」の現在の畑を肌で感じて頂くようにとオクラの下にマリーゴールドが咲き乱れ華やかさと儚さが混在する様子をそのままイメージされてのあしらい! 曲げわっぱにアイアンを施した2段重ねで和のアフタヌーンティーセットのような飾り台。In the upper、小枝に刺した軽やかなメヒカリのフリットを添えて! 下段には戸田の特産である本エビを藤枝の日本酒や醤油にて軽くマリネ本エビの甘味を人参のムースの甘味と合わせて楽しめる一品!伊豆のお米とひじきを合わせてチップにし西伊豆の伝統食品となる潮鰹をフレンチの調理法となるブランダードで仕上げ塩辛さと奥深い味わいを楽しめます! 日々畑に足を運ばれる山本シェフが現状の畑にフェンネルの種が豊富だったことから卓上に添えてくださったドライ状のフェンネル・シード!「良かったら食べてみてください!」とシェフに誘われ一粒パクリ!お口の消臭効果のようなものを感じる爽やかさと甘味!スパイス好きには堪らない粋な演出です! <焙じ茶(藤枝)> 藤枝市瀬戸谷で、40年間無農薬で自然のサイクルを大切にされながら栽培されてきている杵塚さんが運営する「人と農・自然をつなぐ会」の綺麗な味わいを楽しめるお茶で最初の一杯は彩り鮮やかな焙じ茶にヴィネガーを合わせて!香ばしさの中に爽やかな酸味が広がり食前茶として食欲を掻き立てます! <Champagne ボランジェ(Bollinger Special Cuvee...

Superb villa for the sum of sitting-so relax in modern, in one of the cottages was born!

伊豆高原の高級旅館「ABBA RESORTS IZU坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設された「ヴィラ(VILLA)」へ! 「坐漁荘」のアクティビティの一つである日本文化体験「日本茶」を体験した後は、Cultural preservation staff Harada Akiko、今回わたし達がお世話になるヴィラへ案内して頂きましょう! ヴィラは、Female in new ground adjacent to the main building、Cottages in mind to spend peaceful moments、Sum of comfort with a modern taste、Provides 13 rooms, all with names of flowers、And mezonettypevila with "pool & Jacuzzi & dew heavenly bath" in triple time "pool & dew heavenly bath" Villa "basin & with open-air bath" is divided into three types of villas for、それぞれの特徴を御紹介致します! [ヴィラ:315 room / 芍薬(しゃくやく)] メゾネットタイプで和洋室2間となる「芍薬」は、In-built mansion nestled quietly on site at the back of、まるで別荘地に訪れたかのような心休まる寛ぎの時を過ごせる客室となります! メゾネットヴィラの広さは135.3㎡~139㎡とゆったりとしており玄関先には吹き抜けと天井まで続く大窓より注ぎ込まれる自然光で開放感溢れるリビングルームが現れます! 原生林や花々、Trees and plants、Stone、Brooks, giving the design motif、建物全体を大樹のクスノキに見立てた和モダンスタイル! リビングサイドには、There was a dining table、Back in the kitchen space、長期滞在にも便利です! ゆくゆくは、In our villa in the chef's kitchen、部屋食を提供できるようにとキッチンスペースを備えられたとのこと! 2階へ上がれば、Modern, there was a bedroom、セミダブル(W1200×H2030)のツインとなります! 寝室から広がる自然の景観と、While healing is blessed with views of Sagami Bay views in the back! There was a bath on the deck、Has become a pleasant experience both、プライベート感たっぷり! 贅沢な造りは、1Mounted to floor deck length 24 m (3 m x 8 m)、In the depth of 1.2 m private heated pool、Can be enjoyed all year round, and using a little hot water、水着を持参すると良いでしょう! その先には、Open-air Jacuzzi "JAXSON (Jackson).、In the Jacuzzi back equipped with sauna、万全の備え! 嬉しいのは、All drinks in the fridge that are being included.、ヴィラは特別に「Champagne付」となります! 「芍薬」では何と!「ルイ・ロデレール ブリュット・ナチュール フィリップ・スタルクモデル(LOUIS ROEDERER BRUT NATURE PHILIPPE STARCK MODEL)」が付いてくるから素晴らしい! こちらは別荘のような落ち着きを持ちながらもリゾート感覚で過ごせる究極のヴィラとなります! [ヴィラ:313 room / 芙蓉(ふよう)] プール&露天風呂付ヴィラの広さは、96Square to be 112 m²、和洋室2間の和モダンな造りとなります! リビングルームと寝室が共に庭に面した造りとなるこちらは何処からでも自然を楽しめる開放的な設計となっております! バルコニーから続くプールは、26.8m(3.25x8.25m) of pride staff、For now is not heated、夏場利用が快適です! 露天風呂から眺めるプール水面の輝きと緑豊かな景色に包まれて静かな時を過ごすに最適な客室となります! 「ヴィラ:311 room / 菖蒲(しょうぶ)」 今回わたし達がお世話になる客室はこちら「菖蒲」となります! ヴィラ全体に言えるのですが、For the parking space is provided for each gate、愛車をお傍に寄せれるのも嬉しい限り!そこがまた別荘感覚のようでもあります! 水盤&露天風呂付ヴィラの広さは、77M² to 90 m² with couples who stay as balanced good sense of size and、居心地の良さが感じられます! 玄関先土間には、Branch small size while the stunning bonsai has been live、Call it the Wabi and Sabi in Japan?、風情があります!こちらは生花同様に2週間に一度入れ替え作業がなされるそうです! 玄関正面の扉奥には、A closet with motion sensor light shines、Beginning with delicate equipment such as hangers、館内OKの浴衣の用意も! 庭を望むリビングルームと寝室が縦に繋がる造りとなり、Offers in depth、Close the sliding door ago going to bed、静かなひとときを過ごせます! パウダールームはツインで備わり、Full size mirror finish is ease of use may、The Dyson (dyson) of the drying hairdryer、Beginning with "Bvlgari (BVLGARI)" wrapped in a fine aroma bath item、Women including happy face packs, skin care for men、アメニティグッズも充実の備えとなります! 露天風呂の手前には、Equipped with separate shower room、身体を洗い流してから温泉を楽しめる造りとなります! 客室内でのカフェタイムには、In addition to the Nestlé Nespresso coffee machine Zenius (genius)、Capsules tea-only machines ' SPECIAL. T (special.T) "also is、As well as coffee、緑茶や紅茶の用意も! 手軽さだけではなく、To properly enjoy green tea, delicious tea leaves、Of course equipped with tea too! As you'd expect、お茶処静岡のお宿ですね! 寝室に用意された薄型のスタイリッシュなCDプレーヤーにはオーナー自らが選曲した台湾の懐メロ的なCD「戀戀溫泉」と「緑色方舟」の2枚がBGMに用意されています! ディナーの時間まで部屋で寛ぎ冷蔵庫で冷やされたChampagne「ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ(LOUIS ROEDERER...

Scroll to top