Suvarnabhumi International Airport flights on domestic flights from Chiang Mai International Airport

65 days from Tuesday, June 23 to Saturday, June 27、 The weather is good even in spite of the rainy season.、Days in Chiang Mai, the ancient capital where I was able to spend my time safely。 Now、Looking back, it's really quiet and people are warm and good.、I'm sure you'll want to come back again.、Such Chiang Mai。 6月27日(土)~7月2日(木)までの残り5日間は、To spend time in Bangkok, capital of Thailand、 タイ国際航空で「チェンマイ国際空港」から「スワンナプーム国際空港」へおよそ1時間のフライトで戻ります♪ 5日間に渡りチェンマイの観光名所を案内しながら日本語ガイドをしてくださり日々の送迎をしてくださった 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドのグローイさんと ドライバーのピューイさんとはこちらでお別れです重たいスーツケースを抱えて慣れない土地での移動は本当に困難を要する中涼しく快適な車での楽な移動が確保でき日本語で様々なガイドをしてくれるおかげでタイの文化や歴史様々なあるある話を伺えとても楽しく時間を最大限に有効活用できたと思いますリーズナブルで丁寧で親切な対応のチェンマイハッピーツアーさんにお願いして 本当に良かったと思っています! チェンマイで観光ツアーをしてくださる会社はたくさんあるかと思われますがわたし達が安心してお勧めできるツアー会社は「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」です! 代表取締役の越智剛(TSUYOSHI OCHI)さんをはじめグローイさんノーイさんエッグさんピューイさんありがとうございました♪(感謝) 名残り惜しい気持ちを抑えて荷物を持ち空港内へタイ国際航空チェックインカウンター タイ国際航空のエコノミークラスの受託手荷物(スーツケース)の無料手荷物許容量は、 1We are regulated and up to 30 kg per case。 A suitcase bound for more than just piling up weights up.、そうそうに30kgには至りません。 Otherwise, it is、Is carry-on baggage、Baggage in the cabin that can be、 In other personal belongings (handbags, cameras, eyeglasses, canes, etc.)、 3Sum of the sides is less than 115 cm、Size W56cm x h45cm×d95cm within your baggage on one、 Assume that both the total weight does not exceed 7 kg。 Carry-on baggage is limited also has、Especially women on liquid carry-on cosmetic products (lotion, gel / cream, etc) Note is required。 Liquid、Put in each 100 ml containers、All containers fit with a resealable transparent plastic bag (aspect total less than 40 cm bag)、 1L or less there are provisions。 Checking is less.、規定を守るよう準備しておきましょう♪ タイ国際航空の受託手荷物または機内持込手荷物についてはこちらをクリック! 保安検査場入口 荷物(スーツケース)を預けた後は、Facing the international departure gate、 The possessions of the passenger and baggage screening at security check point on board passenger security checks。 Hat、Take off your jacket、Shoes and belts with metal fittings, metal, etc.、Not use 外shimashou responds metal detector accessories。 Like digital cameras and notebook computers、You must make separate tray desk。 Allow the smoothly、Choose a simple attachment/detachment flight clothing。 A safety inspection station:、So is the insertion tube review (exodus)、係員の方にパスポートと航空チケットを提示してください♪ この日は直ぐにボーディングタイムを迎えたため搭乗ゲートでパスポートと搭乗チケットを確認してもらいゲートイン♪ 今回のタイ国際航空の国内線G107便は行きと同じく国内線は比較的古い機体のAIRBUS A330-300ですCAさんの案内に従い指定された席へ。 On this day、12時20分の昼のフライトの予定でしたが、...

Custom "Paduan tribe" brass ring around the neck called Karen due to mountainous minority

「ロング・ネック・カレン LONG NECK KAREN」という看板を掲げたこちらが、 In minority mountainous areas、通称”首長族”の「カレン・パドゥン族」が住んでいる村となります。 Got a custom long brass ring around the neck、首が長く見えることから”首長族”と呼ばれています”首長族”とは、Of course, the official name not、 In one of the tribes belonging to the Karen、正式部族名は「カレン・パドゥン族」です。 Place、Become a village named Baan ton Luang approximately 30 minutes from the Mae Rim Chiang Mai city、 Here is、入村料1人当500THB(日本円にしておよそ1,850円)が必要です「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんのツアーでは、 Guided half-day courses and、Speaking in Japan, local guides with.、 先ほどの「バイ オーキッド&バタフライファーム Bai Orchid and Butterfly Farm」とのセットツアーで、 2名で1,480THB(日本円にしておよそ5,500円)で入村料込みとなるため大変お得です♪ 観光地として名所にもなっている「カレン・パドゥン族」の村では、 By using many of the tourists、Different ethnic groups living in this neighborhood has a business at the entrance of the village。 こちらはアカ族(Akha)のお母さんで「カエリヨッテネ~♪」と大変日本語が上手でとっても営業上手です(笑) こちらもアカ族ですが、The Akha of Thailand、By the costume、 C b Akha tribe (U Lo Akha)、Of spatial Akha (Loimi Akha)、There are distinctions of u BA Akha (U Bya Akha)。 Black mother of the Pinko family dental、いつも檳榔(びんろう)という植物を食べているからなのだそうですが、 The young women of the Akha、Ashamed of black teeth、Is not eaten today。 In Japan until the end of the Meiji period、女性のお化粧として「お歯黒」という習慣がありましたね♪ ラフ族の民族衣装は、Colorful and reminds me the parentage and lisu、 Wrap skirt with a black two-piece style。 Black or blue、Such as green fabric on the hem around and characterized by costumes with red lining in sleeves、Often velvet material。 ヤオ族は、For immigrants from the Chinese ethnic group in cold region、 Women's clothing、And in a climate of Thailand is likely at first glance we as in triumph。 Red collar fur wearing.、Thick dark-blue jacket、 And、Glamorous monpe winds with a small cross stitch Embroidery trousers、 Is like a turban wrapped around the detailed embroidered thick cloth on the head。 パローン族の民族衣装の特徴は、Nothing else、この腰に巻きつけた飾りのチャンピオンベルトです! パローン族は、Myanmar's Shan ethnic minority living in the area of that State's Sean wee、 自らの族名を「ダラアン族」と呼んでいますパローン族のお母さん パローン族の若き母と赤ちゃん 様々な山岳民族のショップを抜けここからが首長族の「カレン・パドゥン族」の住まいとなり、I live about 40。 At the entrance、Karen panels decorated、See the Memorial taken tourists sight。 More than you imagined、And far more tourist destinations of、少し驚いてしまいます(笑) 壁は竹で、The roof is thatched timber stilt house。...

"By orchid & butterfly farm" beautiful colorful orchid and Butterfly dance

Throughout the year、Chiang Mai land blessed with various flowers bloom。 Also among Thailand's specialty、一際鮮やかな美しさを見せてくれる蘭の花を栽培している蘭園 「バイ オーキッド&バタフライファーム Bai Orchid and Butterfly Farm」。 In suburban Mesa, Merten district of Chiang Mai、 There's Orchid Garden (Orchid farm) and butterflies (butterfly farm)、 Here is、「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんのツアーで 「メーサ・エレファント・キャンプ Maesa Elephant Camp」とセットツアーになっています♪ 入口チケット売り場では生花の蘭を胸元に飾るコサージュとしてプレゼントしてくださいます♪ 先ず、Souvenir counter is to see the、You can find samples of accessories made from orchids and butterflies。 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドである グローイさんが案内してくれるのはここまでで「好キナダケミテキテクダサイネ~♪」と、Thanks for waiting near the entrance so、 園内は自由行動となります♪ 色鮮やかな蘭のブローチやペンダントトップは、Orchid flower-motif glass products and thought.、 All、While using real orchids、Cover with enamel surface of the Orchid、 その美しい状態を特殊加工で保持されているとのこと!(驚) どれひとつ取っても同じ形、Because of the same color,、Accessories only one in the world! Seems to be。 Here you will、How to process、細かい案内版も掲示されています♪ こちらの蘭園は、Over the years so blooming orchids of various kinds at any time of the year。 In various types and colours、Carefully watching the difference、写真に納めたりする観光客の姿を目にします♪ こちらでは、Many types of orchids grow、Has been sold、Also、Done research for the development of new species every day。 White and pink、Yellow on blue、Purple、In a variety of colors, such as Brown、 With the addition of subtle color tints、Vivid colors Dunhuang and and crab feeding Magnolia flowers。 So more thought is a small Orchid Garden、So take time to observe them over time。 In the depths of the Orchid Garden、Is bird-watching.、 The chains jingling of entrance、 シンガポールの「チャンギ国際空港 Changi Airport」のバタフライ・ガーデンのような造りです(笑) 温室造りとなっており、In、花々の間を飛び交う熱帯の蝶を見ることができます♪ 熱帯特有なのでしょうか? 両手の平を広げたほどの大きさの蝶には驚きました! 一瞬、Seemed like a fake like object d'art.、 Seeing, breathing gently moving wings is apparently real。 Truly speaking this size、Up close to show、ややリアルに見え過ぎて怖いです(笑) 小学生の頃に大活躍した「ジャポニカ学習帳」のような1枚です(笑) 静かに羽を閉じたり、Open、Butterfly who graciously spend。 Beautiful Butterfly shades natural are understandably、南国に咲く花の種類にもうっとりと心癒されます♪ 蘭園内にはカフェも併設されているので、Should be 1 rest if you are tired with the warmth of the greenhouse。...

Mesa elephant camp experience! Elephant riding excitement to Bamber rafting

「デュシット・プリンセス・チェンマイ(ロイヤル・プリンセス・チェンマイ)」に朝早くお迎えに来てくれた 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドであるグローイさんと この日のドライバーは初日にもお逢いしたノーイさん。 On this day、The tour heads、象と触れ合える貴重な体験ができる 「メーサ・エレファント・キャンプ Maesa Elephant Camp」です♪ チェンマイ市内から北上しおよそ30分~40分のところに位置しているメーサ・エレファント・キャンプ。 Elephant riding、Ox Cart experience、Elephant show、そしてランチブッフェにバンブーラフティングと 盛り沢山なイベントを半日で体験できる素晴らしいツアー内容です【チェンマイハッピーツアーがladeに提案してくれたこの日の日プラン】 ロイヤルプリンセスホテルお迎え→エレファントサファリ(ランチ込)→蘭園→首長族の村→アルテハウスへ送迎 料金:2,950B×2名様=5,900B(日本円にしておよそ21,830円) 山の上という立地ということもあり、 Start of the day was paratsuku rain, though the weather in tours。 He had baggage tiny folding umbrella、 大きな傘をチェンマイ・ハッピー・ツアーの現地ガイドであるグローイさんが貸し出してくださいました! 何から何まで気の利く素敵な現地ガイドさんです♪ 小雨がパラつくのでグローイさんがレインコートを購入してきてくださいました。 As noted as the equipment before the elephant ride、 象さんの背中はとても良く揺れるので命綱のためにも柵の持ち手をきちんと持てるように両手はきちんと空けておきましょう。 As a result、Recommend shoulder bag。 Those that can afford to take a photo with a camera、カメラベルトで首からきちんと吊るしましょう! 携帯は揺れに耐えれず落としそうになるので割と危険です・・・それほど揺れるのです。 One's feet、Depending on the weather、Rain off the top of the mountain again because、 The ground very slippery with mud、There should be taken。 基本的には汚れても良い服で出向くのがベストです! 動物園以外で間近に象さんを観るのは初めてのことですが、 Elephant watch in very large、象使いの人が小さく見えるほど! しかし、The elephant crushed was a cute eyes、とても大人しくお利口です♪ 象さんの背中には木製の荷台が取り付けられており、 The top of the back of an elephant、地上から2.5~3mの高さにも及ぶので、The first courage is needed、 The character of the elephant、In the mild-mannered, well accustomed to people、きちんとスタッフさんの言う通りにすれば大丈夫です♪ およそ30~40分ほどの象乗り体験スタートです! 象使いは、Since ancient times from studying elephant training and upbringing in the traditional elephant textbook、 Adopts a communication with Thailand Word and gesture。 象使いのドゥーンさんが呑気に鼻歌を歌いながら、Go slowly and slowly down the mountain path.。 It doesn't move in the image.、What's the back of the actual elephant?、 Because it shakes up and down very much、Honestly, at first, i didn't feel very comfortable.、I feel like I'm going to fall and I'm worried.。 When、象使いのドゥーンさんが 「ダイジョブ、Daijob、ア~ジノ~モ~ト~♪(味の素)」と意味不明な日本語で声掛けしてくれます(笑) 象さんの名前は、Pa-kun (♂16 years old、人間でいう30歳ぐらいの年齢ですパァくんと声掛けすると「パオ~ン」と鳴くように躾けられているようです!(驚) 象使いのドゥーンさんの声掛けで川の中も難なく侵入するパァくん! わたし達は、Even if it is caught desperately in the fence like a lifeline, the vibration which seems to be throwd off is transmitted.、 Why is the elephant man?、Without anyequipment、身1つで象さんの首に乗っていられるのでしょう!? 幼い頃から1匹の象さんには1人の象使いが付くと聞きました。 So-called、become a partner in the job.。 The physical ability with excellent balance ability is also wonderful.、Maybe it's because we're a reliable partner.。 I've just finished crossing the river.、象使いのドゥーンさんが象さんから降りて、 And pass on their mobile、Will we ride on the elephant for a portrait。...

Most sacred Temple in northern Thailand mountain standing wattplatartdis tape gold stupa

標高1,080mのステープ山の山頂に立ちタイ仏教の聖地として崇められる神聖な寺院 「ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ Wat Phra That Doi Suthep」。 1383Built in 1999 by king Kuna at the time、高さ22mもの金色に輝く仏塔は、 Its dense decoration was beautiful until stunning、 Buddha's remains、We are still gathering people's deep faith.。 From the center of Chiang Mai、About 40 minutes away by car。 At the top of this mountain、 蛇神ナーガを模した350段の階段を上るか有料のケーブルカー(片道50THB)を利用するかの2通りの道順がありますが、 Most people use a cable car to get there.、It is said that it goes down by stairs on the way back.。 On the way back、350段もの階段からの景観を楽しむことをお勧めします♪ 片道分のケーブルカーの乗車チケットを現地ガイドのグローイさんに購入してもらい、Immediately、列に並びましょう♪ こちらが、It's the cable car entrance.。 20Because there are two cable cars that can be crowded、The order turns relatively fast.。 Us、If you're a tourist,、I think that it is one of the attractions and can be excited、 If you come to worship every day、It seems like a pretty difficult place.。 When it comes to cable cars,、I imagined that I could see the view to the top of the mountain.、 Here is、残念ながらロケーションはあまりよくありません(笑) たった2分の乗車時間ですが、Because this scenery is lonely on both going and going、やはり350段の階段は必須ですね♪ こちらの寺院誕生に至るには、There is such a legend.。 The old、King Kuuna puts the remains of the sacred Buddha on a white elephant、Let the sacred white elephant walk freely to decide the place of the bone.。 The elephant is、I walked to mt. Suthep at the end of the walk.、He died there.。 In there、King Kuuna is said to have built a temple here at the top of Mount Suthep.。 「ドイ・ステープ寺院に登らずしてチェンマイに来たと言うべからず」とタイ人の間で言われるほどのメジャースポットです! 寺院にはシンボルとなっている黄金に輝くチェディ(仏塔)と傘があり、 The 22-meter-high golden stupa、The Buddha's remains are contained.、 Not only tourists but also、A lot of local people who come to worship are very lively.。 Even so, walking barefoot in the precincts wet with rain、It's a pretty strange feeling.。 Because of the top of the mountain、It's hard to see good weather in the rainy season.。 Offering flowers and incense sticks、If you walk three laps around the golden pagoda, your wish will come true.。 The Buddha statue that was brought up in front of the pagoda、It has a beautiful emerald.、This one is made of glass.、 What is the real Emerald Buddha statue?、 バンコクの「ワット・シーラッタナーサーサダーラーム Wat Phra Sri Rattana Satsadaram」通称「エメラルド寺院」に安置されています。 In the guardian Buddha of each day of the week born、 Sunday from left (characterized by holding hands around the stomach)、 Monday (forgive style)、Monday (forgive style)、 Tuesday (Sleeping Buddha Statue)、Wednesday (bowl style)、Thursday (meditation style)、Friday (hands are crossed at the chest)、 Along with Saturdays (a statue of a sitting statue protected and meditated by a snake (Naga) with seven heads on its head。 In Thailand、Because I know the day of the week when I was born、 You will be praying in front of the guardian Buddha on that day of the week.。 There are many Buddha statues in the temple.、 Those who wish to be buried here will make a donation.、buried in this tomb。 To fly in the wind like a wind chime、Gading。 Like a Japanese ema、願い事を書いて吊るします♪...

Time to say farewell and transit "Dhara Dhevi Chiang Mai" great resort hotel

タイ北部の「北方の薔薇」とも称される古都チェンマイにある「ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」。 Built on the concept of Lanna cities making、The walled city (a collection of villages) are reproduced perfectly、 およそ東京ドーム5個分もの広大な敷地を堪能するに、 With this 2 night 3 day stay、Even while enjoying great hotel、 You want to rest more! That feeling in the chest、It seemed like not enough time。 The next time、Hoping to stay slow、 お世話になったスタッフの皆さんに感謝の気持ちを込めてチェックアウトさせていただきます♪ フロント ホテルのチェックアウトは、12Because I relax until the hour、 時間までゆっくり滞在されるのも良いでしょう♪ 今回、2日に渡りホテルを案内してくださった マーケティングサポートのSirikanya Phoocharoen(通称ワーンさん)から帰りしなに素敵なお土産をいただきました♪(感激) 「貴女が気に入っていたものよ♪」と、Who left a message and gave it to me?、 「ル・グランド・ランナー Le Grand Lanna」さんの入口で販売されていた 素敵なフラワーオーナメントのヘアードレッサー(髪飾り)! わたしが気に入っていたのを気に掛けてくださっていたようです!(嬉喜) ワーンさん大切に使わせていただきますね! ありがとうございます♪(感謝感激) 約束の時間通りに「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんがお迎えに来てくださいました♪ 今回のチェンマイでの滞在中に現地ガイドとしてお世話になるグローイさんと、 The driver was on a daily basis.、On this day、貫禄溢れるエッグさんが担当してくださいました♪ 緑溢れる広大な大自然の中、In the graceful appearance of the runner style until splendid as if the runner dynasty era revived、 Long streams and rural landscapes spread out、And、Healing time to interact with animals。 Warm、In the heart of the hospitality of the staff full of friendly spirit、 ダラデヴィ・チェンマイさんが誇る美食レストランの数々! 一歩、If you set foot in the place、Everything can be completed even if it doesn't go anywhere.、 As the finest resort hotel、素晴らしい環境を提供されている最高のホテルだと思います! チェンマイでの滞在をご検討されている方には是非ともお勧めしたいNo.1ホテルです♪ ダラデヴィ・チェンマイのスタッフの皆さん本当にお世話になりました! また会いましょう♪ (タイ語แล้ว พบ กัน ใหม่ นะ ครับ/คะ) レーゥ ポップ カン マイ ナ クラッ(プ) / カー♪...

"Dhara Dhevi Chiang Mai" runner dynasty reminiscent luxury resort hotel to check-in

Also referred to as "Northern rose" northern Thailand's ancient Chiang Mai "Chiang Mai, Dara Devi Dhara Dhevi Chiang Mai" is、 Built on the concept of Lanna cities making、The old city (a collection of villages) has been reproduced beautifully。 The total area of the estate、何と!60エーカー(およそ242,820㎡)で、 Easy-to-understand, compare and、およそ東京ドーム5個分もの広さを誇るというのです!(驚) 王宮寺院をイメージされた壮大なスケールの高級リゾートホテルは、Would that invite the Viewer to a world we haven't seen yet。 Getting to stay in the guard booth near the entrance.、When it comes、参りましょう♪ 入口を抜けても、In front of a vast site is spread.、Also appears like gate gate。 ゲート手前の敷地内にはダラデヴィが運営するタイレストランや、Chinese restaurant、 さらにはショッピングモールが併設されており一般の方も利用可能ですそちらの模様は後程紹介いたします♪ 以前こちらは「マンダリン・オリエンタル Mandarin Oriental」のブランドで運営されておりましたが、 2013年8月15日よりオーナー独自のブランドとして名称を「ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」と名付け再スタートされています♪ ゲートをくぐると目の前に突如として現るまさに王宮のようなその構えに古代王朝時代にタイムスリップしたかのような異世界の入口へと導かれていきます♪ ダラデヴィ・チェンマイはランナー独自の伝統芸術や慣習文化が失われつつあるこの時代に消え行く伝統の芸術文化を目の当たりにしこの貴重な遺産を守ることで次の世代または来訪者に祖先が築き上げてきた芸術そのものだけではなくそこに息付く哲学や知恵を学び知ってもらえるよう、 Also、地元の人々が自身の文化に誇りを持って子供たちに伝えられるようランナーに伝わる700年の歴史の中で興隆した様々な時代の様々な建築様式や文化を上手く組み合わせその全てをオーナーのスシェット氏の熱い想いを基に創造されています。 In fact、この見事なまでのファサードを目前にすると、Be honest、ただただ撮影が楽しくて仕方ありません画像よりも遥かにスケールが大きくお伝えし切れないのが残念なほど! 時間の経過と共に移りゆく背景もきっと画になることでしょう狙い目は夕刻をすぎた頃の青い空ライトアップされた風景でしょうかその模様は後程紹介いたします♪ このプロジェクトの建築・デザインチームはランナーの芸術を心から愛する若い世代で構成されておりそのほとんどは地元チェンマイ出身の方ばかりだそうです。 They are、真のランナー建築美術デザインを実際に見て自らの仕事に活かすために職人たちを連れてタイ国内はもちろん中国やインドを含む東南アジアに広がるランナーの遺産を巡られたとのこと!(凄) ダラデヴィ・チェンマイの建築は木彫、Stucco、石工細工ガラス装飾陶磁器などタイ北部の様々な分野の巧みの粋を結集させたものとなっていますファサード横のスロープを車両で上りホテルフロントへと直接進むことができます徒歩の方はファサード中央の階段を上りまるでお姫様のような気分を味わうのも良いでしょう♪ 「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」の現地ガイドのグローイさんとドライバーのノーイさんがホテルまで案内してくださりチェックインが無事に済むまできちんとアテンドしてくださいます♪ スタッフさんがジャスミンのフラワーリースで温かく出迎えてくださいました!...

Chiang Mai with Talat warorot market over 100 years of history's largest market

100History of the years you've got、In Chiang Mai's largest market、 タイ北部の方言では「ガートルアン(=グレートマーケット)」と呼ばれ親しまれている 「ワローロット市場 Warorot Market」。 King era of King Rama v (1868-1910)、 It is built in Chiang Mai from concubines Chao-Dallas Amy Princess of the venerable market。 And Talat warorot、当時のチェンマイを治めていたインタワローロット王が 市場建設に当たり建設費を提供した関係により名付けられました。 Basement floor into a huge building, 3F、Perishable foods、Clothing、Arrange the hotels traditional crafts, including approximately 500 stores、 Of course local people、Attracts a lot of tourists seeking souvenirs and food unique to northern Thailand。 As one of the ways to enjoy sightseeing、Markets and supermarkets、 現地の方々の暮らし振りを垣間見ながら散策するのもお勧めです♪ ワローロット市場には、Turn on from anywhere、 Here is、An intersection with eleven signals for pedestrians.、You can cross the road safely。 In it、早速市場の中に潜入してみましょう♪ 地下1階地上3階建てのワローロット市場は、Everything is rich in uniform assortment。 1On the floor in the main、Are fitted with many fresh foods。 (* Fruit and meat、日本への持込制限があるため注意しましょう) 2階と3階には、Fabric and garment、Shoes、Sales of apparel, such as goods have been、 3Some of the floor、Restaurant。 The total number of stores is approximately 500 stores both said、 Very much similar to a shop、The price competition is fierce for、値下げ交渉も貴方の腕の見せどころです! 市場内は、Wide aisles、Though it is appreciated、Products are organized very easy。 To enjoy shopping and relax、嬉しい市場ですね♪ ドライフルーツは南国のフルーツが盛り沢山! 試食もさせてくれるのが有難いです♪ 竹筒にもち米とココナッツミルクを入れて蒸し焼きにした少し甘めのお菓子「カオラーム」。 Or is the red bean and Sesame、Such is simply cooked with water only、There are all kinds、 竹の香りが食欲をそそるそうですよ♪ チェンマイ名物のサイウア(チェンマイソーセージ)や、Cape mee (fried pork skin)、 As the name pricknum (make a big green pepper bake DIP)、 Specialty dishes unique to northern Thailand。 Hey look, flew the ingredients don't like.、 In Chiang Mai、竹に生息する「ロットドゥアン」といわれるイモムシのようなものを揚げて食すようです(泣) 喰わず嫌いはしないようにしておりますが、Only this、なかなか勇気が要りますね(笑) 野菜や果物の生鮮食品から、Up to dry、あらゆるタイの食材がこちらで揃います! 漢方薬などのお茶なども揃います。 As Chiang Mai souvenir、So famous is that Chiang Mai caramel coconut flavor and texture of caramel。 I personally、唐辛子を塗したピーナッツが美味しそうに見えました♪ 衣類もバッグなども小物も揃い本当に何でも揃う巨大なスーパーマーケットです! ワローロット市場の前のウィチャヤノーン通りを挟んで向かいにある「トンラムヤイ市場 Ton Lam Yai Market」へ。 In the market also used local people、Relatively many tourists go to Talat warorot market、 Is this tonyamurai market、More local liveability。 At this time delicious tropical fruits、 Passion fruit and longan、Lychee、Rambutan、Mangosteen、Mango、Papaya、Dorian,。 The smell of Durian area is a strange、なかなか慣れません(笑) 楊貴妃も愛したという美の果物ライチ。 Skin becoming polyphenol, vitamin C、Folic acid is contained abundant、 To the effect that warms the body、In the summer、エアコン等で冷えた身体にお勧めです!...

Beautiful white stupa Temple named WAT suan dok garden, impressive

タイ語で”花園”の意味を持つ美しい寺院「ワット・スアン・ドーク Wat Suan Dok」。 1383A year、スコータイから布教のため派遺されたセイロン(スリランカ)の 高僧スマナ・テラが持参した 仏舎利(釈迦様の遺骨)を奉納するため、6代目クーナー王によってランナータイ王宮の庭に建設された寺院で、 Original、From that it was built as a garden of the Lanna dynasty、Their names are obsolete now。 A beautiful lawn and spacious environment、Is the large golden Chedi (stupa).、 The white Chedi is surrounded by it、 Each ashes of Lanna Thai Kings are revered is likely。 Place、From Chiang Mai's old town in the West.、Located about 10 minutes by car from tha PAE gate。 White Pagoda-lined back、Has been erected conspicuously large golden Chedi。 Big Chedi behind the most is in a class by himself、 This is、And be included with the Buddha (Gautama Buddha's ashes)、Golden painted、Totally around the。 Stunning wide awake the white Chedi。 Here is the Chedi (stupa) remains of the Chiang dynasty Royal family from generation to generation。 What is that beautiful tomb、As far as side、真っ白な世界が飛び込んで参ります! チェンマイ各地に散っていた一族の遺骨を、 1909年にチェンマイ王朝7代チャウ・インタウィッチャヤーノン王の 第11王女であるダララツミ王女の手によって集められここに安置されているそうです。 On the ashes of the Buddha、In the oral tradition、 「収められている遺灰は自然に2つの塊に割れたため、1One is housed in this temple、 Put another one on the back of the white elephants of the Royal family、その象が立ち止まった場所に祀る」とされています。 The elephant is、ドイステープ山を登り、And was in the top of DOI suthep mountain where it finally stopped.。 The temple was built there、At a later date、訪れる予定の 「ワット・プラタート・ドイステープ Wat Phra That Doi Suthep」という標高1,080mもの山の頂上に立つ寺院ですワット・スアン・ドークの本堂 本堂の黄金のファサードには、Decorated with Tigers and Angels。 National flag of Thailand near the stairs are decorated、Known as "trailing tons (tricolor).、 Red (national、And team spirit of the people)、White (religion)、青(国王)を表します。 Yellow flag、王室を表し、Along with the national flag will be hoisted。 The huge main hall built in extensive grounds、Ceiling height may、 For the wall not open Lanna style building、吹き抜ける風がとても心地良いです♪ 本堂に納められた青銅の仏像は、500Years is 1 in Japan、2位を争う大きさと言われています! 画像ではどうしても伝わりづらいサイズ感は実際に訪れた際の感動のために取っておいてください♪ 座っている仏像の後方には、Is the figure of a standing Buddha image.、こちらも迫力満点です! 何よりもユニークな仏陀様は、Very rare decoration depicting the Buddha walking click here。 This is、Walking Buddha! 日本ではまず見掛けない仏陀様ですね♪ そのお姿に魅せられてしまい一緒にWalking Buddhaスタイルでポージング!(笑) 現地ガイドのグローイさんはとても恥ずかしそうにトライしてくれました♪ さて、Next in line、「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」に追加オプションでお願いしチェンマイの現地の方々の生活が垣間見れる...

A mysterious cave in the Woods away from the bustle of "Wat umong" Temple

ステープ山の麓にある緑の森に囲まれた寺院「ワット・ウモーン Wat Umong」は、 12Turn of the century、The Lanna Thai Kingdom first King Mengrai、Erected as a place of meditation monks invited from Sri Lanka、 14Dug tunnels at the turn of the century became the origin of the name Temple (umong)、 Buddha statues are enshrined in、Are monks who had meditated in a brick tunnel。 Away from the hustle and bustle of the city、And the silence of the Woods、Even in summer on the brink and the tunnel will be best place to meditate。 Here you will、Buddhist monks seeking ascetic to gather more、It has accepted foreign training。 Various teachings simply using illustrations to the entrance, are expressed。 Gambling and drinking and driving、Illustration of the commandments become a dog once that bad。 In the environment、Chicken grows wild in every place、Lusty cry cm from various sources.、とても長閑です♪ ワット・ウモーンは、When Mengrai, founder of the Lanna dynasty created in Chiang Mai city、 And so you can train monks invited from Sri Lanka、11And donated by bamboo place is built according to the Sri Lankan style。 After that、僧侶が瞑想修行できるようにとアナータムミカラート王(1367~1387年)が 4つの入り口を持つトンネルを掘らせます。 Since the、Temple became known as Temple "umong (tunnel).、 Now、Merged with adjacent to four temples, has developed a training center called "Xuan-putta Tom"。 In the large precinct of、1949~1966年にかけて寺の住職を務めたパンヤー・ナンタピック高僧による 仏教の教えが書かれた看板が立てられており、 It is has been aimed at monks want the ascetic Temple。 The Buddha in the depths of the cave.、The shoes have emerged from the cave, go through the cave and another in the back。 Going barefoot in a tunnel on the brink and the feel the stone tile flooring。 Feeling very chilly air in the cave、It is forgotten that the Kingdom of Thailand's tropical。 The old、Signs that described the information was watumorn what?。 Previous、This tunnel is、That it was finely decorated murals, tinted in bright, red color。 Image quietly away, enshrined in the cave。 Only enshrined in a mysterious place、It seems more like。 Dim、Minimal light is lit、The voice down the stone wall in the tunnel。 Go up the stairs of the small tunnel around。 Buddha statue quietly enshrined in several places in the tunnel。 The worship of man has come.、This is really quiet and I'm。 And still some innermost cave、Can ask the State birds and flowers are depicted。 Outside of the cave scenery。 Getting through the tunnel.、Coming out of the caves here。 For a while there in the Dim tunnel、 Outside the Sun is mostly bright even though it was empty I feel even。 The great stupa is on the roof、Due to the high mountains、 It is lit up at night hitting the plane。 火焔樹 タイで見掛けた美しい名花は「鳳凰木 ほうおうぼく(火焔樹 かえんじゅ)」です。 * People in general are called "flame trees"、Phoenix tree's name...。 For neat, dainty cherry blossom、Phoenix trees reminiscent of the voluptuous, passionate South is regarded as one of world's three largest flowering trees。 Thailand's hottest 4-like blooms in May when a fiery vermilion Red。 6At this time of the month、This was again around the end that is、 Still、Has a beautiful red brilliant、 Inviting far away eyes、近くで眺めても飽きない素敵な花の姿をしておりました♪ 階段を下りていくとこちらにも蛇神の「ナーガ Nāga」が設置されています。 This is restored.。 こちらがオリジナルの蛇神「ナーガ Nāga」で、Be enshrined near the stairs。 Because suburban Temple、Many tourists、静かな寺院巡りがお好きな方にお勧めです♪...

India Buddhist ceremony WAT Chet Yot green precinct seven towers

「チェンマイの聖地」とも呼ばれる名高い寺院「ワット・チェット・ヨート Wat Chet Yot」。 The WAT Chet Yot、By Lanna Chiang Mai's ninth King of the dynasty at its peak tyrocarart、 1455Echoing Maher body Temple is erected in India Buddhism founder in Bodh Gaya Temple has been built。 Place、Located 15 minutes by car from tha PAE gate、Next to the Chiang Mai National Museum、Located along the highway。 仏塔を取り巻く黄色い布は「お祭り」のためだそうです。 In Chiang Mai、1年を通じて様々なお祭りが行われており、 The most famous festival、 In Thailand、ロイクラトン祭りと呼ばれ、Loy krathong Festival in Chiang Mai、イーペン祭りと言います。 As the milky way craton (lantern) Chiang Mai's Ping river flowing through water-borne in such a fantastic and beautiful festivals、 Tourists are also attracted。 Another one、旧正月を祝うソンクラーン祭りソンクラーン祭りは、Beginning and called themselves originally monks doused in the temple, celebrated the new year、 Known as the "water festival"。 And "Chet Yot"、In Thailand, with seven (Chet) Spire (youth)、7One has a sense that the Spire of the temple。 Located within the historic symbolism of the temple made two wall statues carved stone pedestal。 That, is named in honor of that Shrine on a seven-。 This temple is also called sacred sites of Chiang Mai、 1477Depending on the historical events in 8 the world Theravada (Theravada) Buddhism "rally" held in。 Here is、巳年の寺院のため、Entrance is being fitted with a snake。 By Lanna、 And determined each shrine Temple related to zodiac signs (zodiac)、 There is a blessing to pray was born in their pagodas and religious belief。 Before tourism、自分の生まれ年の寺院がどこなのかを調べておくのも良いかもしれませんね♪ アーチ型の入口を入ると、Is Buddha enlightenment opened in the back。 Because it is modeled after the Temple of Bodh Gaya Buddhist holy sites in India、 Has been a friendly face Buddhist statues were plump and humane。 In the small entrance is located on both sides of the statue through the curtains、Hidden staircase that climbs to the rooftop Chet youth can have.、 Now、Decorated key、In General is currently closed。 On this day、Come see many students in Chiang Mai、Was studying the history of the temple。 This box is、Insert a coin and the flows。 Construction of the building is made of brick and、The wall had been plaster painted finish seems、 Now、Most Peel fall in、Bricks are exposed to。 On the wall、Furnished sculptures inspired by Buddhist art in India、 The relief of the gods of heaven around the Spire。 Is the damaged most of your sight、Your face is soft and graceful look and、 Beautifully and I would 零rete sigh。 Main Hall of WAT Chet Yot was built a few years ago.。 In extensive grounds surrounded by lush greenery and、6During the rainy season, that you may have、Tourists will be temple at least, relatively quiet。 ゆっくりと寺院を巡りたい方にはお勧めの寺院だと思われます♪ 本堂内で暫し、We will visit。 Thus surrounded by calm air and、In a quiet、 Visiting the temples with historical buildings in the golden age era background suggests is also nice。 Approach extends straight from the gate。 Here is、Many people used to Park、緩やかな空気が流れています♪ こちらは、In the temple there is lime tree and enlightened Buddha's travels、 India、And is said to be modeled after the Mahabodhi Temple in Bodh Gaya、 From within the a bodhi tree、 Formerly known as WAT batram mehrarvihara (Wat Botharam Mahavihara)。 In the environment of trees、Each is written in Thailand, "teach"。...

"So, Hamdan 2 ' 1 in Chiang Mai、2Fighting so famous

Speaking of specialties of Chiang Mai, northern Thailand, everyone tells us that it's Cao Soi.。 As one of the so established、Be introduced to guide to Chiang Mai introduction、 "Khao Soi Lambduan" of the famous shop。 The Head Office of that venerable、Fay harm street called founded more than 70 years old so as to。 This time、We present to you here、新しくできた2号店の「カーオソーイ・ラムドゥアン2」さんです。 I heard that the head office looks like a stall.、I'm surprised at the size of the second store.。 If this、初めて訪れる観光客でも見つけやすいはずでしょう! 店前には、There is room for parking space.、It is very convenient to be able to drop in easily even on a tour.。 今回の観光ツアーのプランの中に「カオソーイが美味しいお店に連れてってください」とお願いしてあり「チェンマイハッピーツアー Chiangmai Happy Tour」さんでこちらを紹介してくださいました♪ 店先には、You can see the inside of the kitchen in a glass wall.、 It's like Thailand.、In a miscellaneous atmosphere、美味しそうな香りを店中に漂わせています♪ 店内は、Spacious and、The table seats at moderate intervals are crowded with locals and tourists.。 衛生面的にも何ら問題のないレストランの雰囲気です♪ 有名店というだけあって壁には有名人の写真やサインが一杯飾られています♪ 店内も風通しは良かったのですが、In the seat of the open terrace style in the front of the shop、 Mist shower is sprinkled、It was so pleasant that I decided to have it there.。 The menu is in English.、 お勧めをチェンマイハッピーツアーの現地ガイドのグローイさんに伺いながらオーダーします♪ 「チャーン Chang」 ランチから贅沢にビールをいただけるのも旅行の醍醐味ですね! タイでもっとも人気のあるビールのシンハー(ビア・シン)と双璧を成すビール。 1998Won a gold medal in international beer contest、タイビール特有の強い苦味が特徴です♪ 「カオソーイ・ガイ(チキン)」40THB(日本円にしておよそ148円) カオソーイは、Mild coconut curry soup with egg noodles called bammy、 It is a specialty dish of Chiang Mai in northern Thailand to eat further topped with fried noodles.。 The ingredients are chicken (guy)、Pig (Moo)、Cow (Nua)、Spare ribs、You can choose from four types of (SeekRon Mu)。 First of all the、a bite from the soup。 Always、わたし達が日本で食べている「タイレストラン ラッタナー」さんのカオソーイのスープは、 There was a thick, rather than a lot of、This one is lighter than it looks.、The hotness is also modest.。 A little sweetness wins first.、It's not spicy.、 I think that it is a taste that is good enough for the person who likes a light and mild taste.。 Soup、What! It is said that it boils for more than three hours and makes it.。 And、この深みある味わいが出せるのですね♪ わたし達は、I love chicken.、Order chicken (guy)。 鶏肉はとってもやわらかくてジューシー! マナオをギュッと搾り、Add freshness、Raw red onion and bean sprouts、漬物を乗せていただきましょう! 味わいは、It is an impression of curry soup which was smooth、 Because coconut milk is the base、It is a taste that the hotness and sweetness live together.。 It's a famous store.、ラムドゥアン2の本場のカオソーイは美味しいと思います♪ 「カノムチンナムギョウ(チェンマイ式ソーメン)」35THB(日本円にしておよそ130円) こちらもタイ北部・チェンマイの名物料理の1つで、 Thailand somen said the kanom jeen、To make rice flour by melting and fermenting、 It is easy to cut without the waist like Japanese noodles.。 Because it is characterized by a sweet and sour soup based on tomato、It is recommended on a hot day.。 A lump colored like a lever、There's a blood-solid pig in it.、 It is a staple of Canomchin nam gyo、これがまた臭みがなく美味しいです! こちらの料理は、Because the volume of each dish is small、いろいろな味に挑戦してみると良いでしょう♪ 「ムー・サテー(スモール)」35THB(日本円にしておよそ130円)...

Scroll to top