Good bye Cape Town、Thank you for that One&Only Cape Town

South Africa-Cape Town day、Day off here。Must arrange a TAXI cab to 8:00 pick up。4But in a short time is 5 days、Every day is very beautiful、本当にとても素晴らしい経験をさせていただくことができました♪ ホテルでチェックアウトをお願いし、At the restaurant guests and、Room service、Movie appreciation、1Day sightseeing tour costs、You must pay for treatments, etc.。Finely taking to confirm there are no problems、カードでお支払いを無事に済ませることができました♪ フロントオフィスマネージャーのRobyn Schurr ロビンさんは、Just、During a meeting in the morning as could be、Was like waiting check out "you drop-off will be."。It is to say good bye、Also day to meet up please、Finally thank you letter using the machine translation of the iPhone while in English writing were handed over。The country and language such as、People no longer are connected by wouldn't。Expect to feel my heart、Racial barriers、No language barrier is no problem。そう思えてならない5日間でした♪ 毎日欠かさず書いていたルームクリーニングサービスのスタッフの方々にも最期の御礼の手紙を綴りました。The last small is、I've served with double the usual tip。Also managed in the hotels pleasant stay、彼女たちの細やかな配慮と働きがあったからこそです♪ One&One & Only, Cape Town&In the only Cape Town、Mercedes-Benz E-class or S class of service、And enabling the option price transfers in Maybach Zeppelin Maybach of the finest grade of。Maybach will pick up if you come、2On the ride up to R4, 500 (about 45000 Yen Yen Japan) seems to。優雅なドライブと最高級の寛ぎを感じたい方は是非御予約してみてください♪ 帰りのTAXI タクシーのドライバーさんもとても明るい方で、From the airport、Nice talking to me。Of course、All English was、さすがに5日も英語だけの世界にいれば英語耳になっているものなのですね!かなりヒアリングできるようになりました(笑) 最後にTAXI タクシードライバーのアンソニーとも記念撮影をしてお別れです♪ ケープタウン空港に到着したのは9時少し前。Boarding still have a little time。That was the first sight so different came when Gates and front doors、Simple, and free。Opportunity to meet Japanese tourists who unfortunately did not end.。もっと南アフリカ・ケープタウンに日本人観光客が多く訪れてくれることを願います♪ お土産を積んだスーツケースの重さはギリギリの20kgでした良くできたものです(笑)荷物を預け無事にチェックインすることができました♪ 出国手続きも難なく、Alright it's gimpp。 There is time to departure、Let ransacked the souvenirs with the remaining Bill R land。The airport、Souvenir shop of the city than is a little more expensive but、We now have a beautiful eyes assortment。Bead accessories and crafts、The CanGoBack、Dress and scarf、Crockery and cutlery, etc.、どれもカラフルでやはり見ていて楽しくなる商品が一杯です♪ 化粧品やアルコール類はこちらで購入。To the very end、Aperitifs & I was told after dinner Cup best "amarula" buy、And that sweet wine is not too much preference、And then abandoned because it purchased chocolate amarula、Purchased a wine in its place。So had to buy at the local Passport quantaray the permitted number.。1Up to three per person so can get up to six in two。帰国してからの南アフリカのワイン会が楽しみです♪ さて、Pick up flight time、Like going straight、Two hours later arrived at Johannesburg airport from Cape Town airport、In transit remain the Board once fueling is done in about 1 hour、Then after the 11-hour flight、Transportation at the Singapore airport is about 18 hours since、お次はシンガポールの観光を楽しみながら紹介したいと思います♪ 朝陽を浴びてフライトの時間がやってきました♪ さようならケープタウン、Thank you for that One&Only Cape Town♪ 南アフリカケープタウン旅行記の目次はこちら One&Only Luxury Resorts ワン&オンリー リゾーツ http://www.oneandonlyresorts.com/ One&Only Cape Town ワン&オンリー ケープタウン http://capetown.ooresorts.com/ ケープタウン国際空港 http://www.acsa.co.za/...

One&What a wonderful staff who only Cape Town one & only Cape Town

This time was indebted to Cape Town South Africa with the stay、5つ星ホテルのOne&Only Cape Town one & only Cape Town。At your place、In the world of Japan may not understand、とても献身的且つ懇親的にコミュニケーションを取ってくださった素晴らしいサービスを誇るスタッフの皆さんと記念撮影一緒にしてきましたので紹介します♪ フロントオフィスマネージャーのRobyn Schurr ロビンさん。Without the support of her、Not the exaggeration to say really comfortable Cape Town life is survive。We can speak only the language of Japan、Easy-to-understand English and pronounce slowly while、Always a gentle smile.、"I can help you with something?? "And repeatedly shouting to me like。Thanks to the thoughtfulness didn't feel the language barrier and how much?。Hot mulling a hug goodbye and she welcomed the departure of the last day, check out our signed、Robin was accompanied by short "I love you so cute"。Neither arafo、So I had MISTED eyes。She is now.、Facebookで繋がっています♪ ハット姿がとても決まっているコンシェルジュのカネーシャ。On the first day, to call the front desk and operation of air conditioning in room、Kanesha came flying,。Gently、Very bright、To always see "Mr&Mrs NEDACHI "and call by name, call me caring for voice。Also be a trivial thing may be、Thanks for the detailed communication will come to those、彼になら安心して身を任せられると思った次第です(笑) ホテル内のReubens Restaurant ルーベンズのスタッフ、Dorothy。South Africa seems to be her stylish hair style I was smitten at first sight。Lighter、She suddenly responsible for reception restaurant and Hall's work is、見ていてとても気持ちの良いものでした♪ 同じくReubens Restaurant ルーベンズの支配人、Mr. Matthias。Gently speaks in a gentle tone of voice so that the gentleman was。The warm look of his、Intended to be always vigilant attention towards the restaurant customer service。スタッフへの声がけも穏やかでスタッフ間とも笑いがこぼれるようなとても素敵な支配人でした♪ フランスはパリから抜け出たかのように毎日ファッションが素敵なマダムは、Diana's concierge。Who checked into the hotel on the first day to talk at first.。Including the US、To all customers every day and talk、"Do I have fun? Don't do anything to help? "And、Showed their concern。Staff was also always pleasant greetings and thanks while doorman's and their、Always thorough room cleaning 2 times one day、The staff always had me finish clean room got us。Not with words, but、Staff showed the smiling eyes fit me us。Really comfortable I even bright people and give good service in、We have a very valuable experience。Thank you for your。またいつかお会いできる日を楽しみにしております♪ 南アフリカケープタウン旅行記の目次はこちら One&Only Luxury Resorts ワン&オンリー リゾーツ http://www.oneandonlyresorts.com/ One&Only Cape Town ワン&オンリー ケープタウン http://capetown.ooresorts.com/ ワン&オンリー ケープタウンに泊まってみたいという方に朗報です! ladeを閲覧していただいている方にリーズナブルな宿泊をご提案いたします詳しくはこちらのサイトをご覧下さい!...

5One-star hotel One & Only Cape Town resort

ケープタウン滞在4日目はエステの勉強も兼ねて贅沢にも5つ星ホテルのリゾートスパを体験しようと思いますホテルの部屋のバルコニーから眺める景色の目線を下に下ろすとホテルに併設され水面の浮かぶスパリゾート午前に予約を入れてあるので早速足を運びましょう♪ 観光を予定していた日はずっと晴天に恵まれましたがこの日は生憎の曇り空長袖でも少し肌寒いくらいの気候です離れにあるOne & Only Spa ワン&オンリースパに到着しました。Here you will、 ケープタウン随一の設備とサービス内容を誇る当スパは純然たるリラクゼーションから独自のウェルネスプログラムまで個々のお客様に合わせたホリスティックなトリートメントを提供してくれます♪ 落ち着きのある雰囲気で出迎えてくれるフロント、Waiting booth。まずはこちらで顧客シートの記入を済ませます♪ フロントが2Fに位置するので、1Fフロアへ案内されます白を基調に清潔感溢れ重厚感も兼ね備えています雑誌やドリンクが置かれていたので待合ルームといった感じのスペースです♪ メンズとレディースで更衣室が分かれておりまずはスパ専用のガウンに着替えます♪ パイプ型のジャグジースパやアロマオイルの香り漂うスチームサウナ岩盤浴と揃い個別のシャワールームも設置されておりエステのBefourAfterとしていつでも利用可能なスパとなります♪ 今回マッサージを担当してくれるのはMs.マリンダ(写真右)とMs.シャーナー(写真左)の御2人です彼女たちも言葉は英語のみなので片言のつたない単語を並べてコミュニケーションを取りましたが、2人ともとても明るく可愛らしく優しい女性でとても癒される素敵な時間が始まりました♪ こちらがエステを行うカップルルーム薄暗い照明でムーディーな雰囲気作りと眠気を誘う心地良いBGMが流れています海外でのエステは全裸のところが多くメンズレディース関係なく全裸です(笑)こちらで贅沢にも全身マッサージを50分お願いしてもR650(日本円6500円ほど)と思ったよりもお安い価格設定に驚きましたロミロミに似た肘から下の腕半分を使ったマッサージはとても気持ち良くアロマオイルはリラックス効果の高いラベンダーでお願いしました♪ 夫婦2人して大満足なエステを堪能した後は別室のティールームに移動しリクライニング可能なベッドで温かいカモミールティーをいただきながらドライフルーツを摘みますクランベリーがとても美味しかったですね他にも甘いマフィンやビスコッティなどの小菓子が揃いドリンクもミネラルウォーターからフレッシュジュースまで充実した品揃えで好きなだけ楽しめ時間も無制限に許されており自分のタイミングでスパルームに戻ることが可能です何から何まで最高のサービスですね♪ ベッドで暫しゆったりとした時間を過ごした後はスチームサウナで身体を芯から温めシャワーを浴びてジャグジースパに入り身体も軽くリフレッシュしさっぱりとすることができました時間が許されるのであらば是非体験していただきたいスパの1つです♪ 南アフリカケープタウン旅行記の目次はこちら One&Only Luxury Resorts ワン&オンリー リゾーツ http://www.oneandonlyresorts.com/ One&Only Cape Town ワン&オンリー ケープタウン http://capetown.ooresorts.com/ One&Only Spa ワン&オンリースパ http://capetown.ooresorts.com/health-beauty/ ワン&オンリー ケープタウンに泊まってみたいという方に朗報です! ladeを閲覧していただいている方にリーズナブルな宿泊をご提案いたします詳しくはこちらのサイトをご覧下さい!...

South Africa's historic wineries、GROOT CONSTANTIA

350From years ago planted of grapes the first Governor of the Netherlands、Started making wine in South Africa。1Rounding out the day sightseeing guided tours、南アフリカで最も有名なワイナリーGROOT CONSTANTIA グルート・コンスタンシアへお邪魔しましょう♪ 受付にてテイスティングの申し込みを日本人ガイドのKeikoさんがしてくれます。Here you will、1Pay the man R30 (Japan Yen 300 yen)、11Type white、赤ワインの中から好みのものをセレクトし5杯いただくことが可能です♪ こちらは南アフリカ最古のワイン産業発祥の地で、2It began when planted grapes 100000 books the fifth Governor General of。Referred to as old loved Napoleon I, Emperor of Russia。The Cape region in South Africa for the first time been brewed wine from 350 years。South African wine is a blend of old world and new world winemaking skills、Without losing the spirit of keeping tradition、Increasing acclaim in the international market.。But is South Africa have been separated by apartheid (racial segregation) economic sanctions from the world market long、New motion to pursue democracy in the 15 years following the abolition of apartheid in wine country is known to the world as well as high-quality is the beginning.、The wine industry continued to develop。Grapes were first planted in Cape Town (Cape Town)、1655Of the year。Commander of the Netherlands as a relay station of the Netherlands East India Company founded the Cape Colony、In the diary of Jan van Riebeek Jan van Riebeeck 2/2/1659 must:。"Praise be to God! Today、Cape grapes are squeezed for the first time "and。 1685Groot Constantia (Groot Constantia), a winery founded in Bennie Howard Benny Howard says、"The wine industry in South Africa、1Zhou then went back to the original point。1700Making a comeback to international popularity of age at that time "and talk about。In fact、In the wine trade in the global economic crisis、The wine production of world no. 9 South Africa、2008 year、A record high of exported 400 million liters。International award was then swept and、素晴らしいワインが揃っているのです♪ 早速ワインリストの中から好みの感じのものをセレクトしましょう。Look at the wine list and realized that is a reasonable price。3000 Yen less than the price of wines available for tasting have from 700 yen。And tasting is not possible、7000 Yen doesn't look the best value wines that can be purchased.。日本人ガイドのKeikoさんが”南アフリカでは500円台のワインが普通に美味しいのよ!”と言った理由が解ったように思えました♪ 「Sauvignon Blanc 2012 Sauvignon·ブラン」 モンドセレクション国際ワインショー2013-ゴールド。International·Wine·Challenge 2013 - is awarded the gold。Guava、Papaya、Herb and mineral felt、While taste of tropical fruits such as Green Apple freshness there、Ideal for an aperitif。However,、But surprise surprise pour tasting beyond sheer、嬉しい限りのボリュームです♪ 日本人ガイドのKeikoさんは、But as the work、わたし達により深く味わいを伝えるためテイスティングしております(笑) 「Semillon/Sauvignon Blanc 2012 Semillon/Sauvignon·ブラン」 メロン、Guava、I feel rich in grapefruit and ripe summer fruit-flavored。And have a beautiful, pale straw-colored、A mild taste characteristic, accentuated with tropical fruit and citrus flavored、クリーミーな仕上がり♪ 「Chardonnay 2012 Chardonnay " 2013 Awarded the SA top 100 winner。Orange peel, lime、柑橘類や桃の風味でコクのあるシャルドネ♪ ワインを説明してくれるこちらの可愛らしいお嬢さんは、College students to work in the winery Jade jade Chan (age 23)。To be surprised "Hi" and after he exchanged greetings in Japan,、A variety of wine information explained in Japan! Like the almost self-taught Japan language、Will language textbook and Japan cartoon (laughs) and、Jade-jade is、Jade Chan jade and Chinese be written! (Surprisingly) us、日本人ですら翡翠は読めてもなかなか書けないですよね(笑) レストランのような落ち着きのあるゆったりとした空間で寛ぎながら、Not to mention the other tourists、地元の方々も多くテイスティングを楽しまれています♪ 「Pinotage 2011 ピノタージュ」 強烈な暗赤色の持ちフルボディ。Aromas of dark chocolate、Ripe cherry and plum。ジューシープラムと熟したイチゴの味わい♪ 「Cabernet Sauvignon 2011 カベルネ・ソーヴィニヨン」 濃いルビーレッドカベルネ·Sauvignon。ラズベリーとブラックカラントの風味♪ 「Gouverneurs Reserve 2010 Gouvernurreserve " 2013 SA top 100 winner。Monde Selection international wine show 2013 – Gold Award。Wine has a deep, intense red color。Black Cherry、Plum、Black currant、Chocolate and Mint。豊かな風味♪ 美味しいワインをテイスティング以上に堪能した後は、Jade Chan and commemorative photo。日本を愛してくれている彼女の可愛さにほっこりしてしまうのでした♪ 日本人ガイドのKeikoさんが建物の歴史や南アフリカのワイン事情について説明してくれました♪ ワイナリーということでワイン畑の見学もできます。Now harvest time, naked State.、この広大な土地と恵まれた陽射しや風の好条件のおかげで風味豊かな葡萄が作られるのでしょう♪ 木にへばりついているモモンガのようなリス(笑)木の実を口にし警戒体制でしょうか♪...

Peaceful port simonstown remnants that affected the United Kingdom

ケープタウンから南に直線距離でおよそ32キロ車でおよそ30分ほどの距離にあるサイモンズタウンは、17世紀後半に開かれた歴史ある港町で、1814年にイギリス海軍の基地が置かれたことでも知られています街道沿いには昔ながらの建築が並び町と海を見下ろす丘の上には住宅地が広がっており長閑な空気が流れる港街です♪ ビクトリア様式の建物が点在し華やかな装飾のテラスが多いショップが並ぶアーケードを歩き街を散策お洒落なカフェや雑貨屋にギャラリーエステサロンとリッチな気分に浸れます♪ 奥手に見える真っ白な建物は以前日本人ガイドのKeikoさんが数年居候としてお世話になっていた友人のお宅だそうでとても立派です港を一望できる住まいでの寝起きはとても爽やかな香りがします♪ イギリスの面影を残し続ける街並みはとても南アフリカを観光しているとは思えない光景です(笑) 長閑な港風景に溶け込むように手を取り合う老夫婦の2人こんな老後も豊かですね♪ 港で賑わうBertha’s Restaurant バーサズレストラン南アフリカの料理新鮮なシーフードとワインやカクテルの楽しめるレストランです♪ フォールス湾岸ケープ半島東端に位置し、2世紀以上にわたって重要な海軍基地および港となっています町の名はケープ植民地総督のシモン・ファン・デル・ステルに因んでサイモンズタウンと名付けられましたサイモンズタウンは事実上ケープタウンの郊外に位置しケープタウンの商業中心地区から南に延びる鉄道路線の終点ですフォールス湾東岸を走る鉄道路線は壮大な景観が眺めることができますが悪天候時には潮が列車を濡らすこともあるそうですリゾート気分を味わうならここの街並も外せませんね♪ 南アフリカケープタウン旅行記の目次はこちら Bertha’s Restaurant バーサズレストラン http://www.berthas.co.za/...

Child Penguin waddle at boulders Beach and relax

Boulders Beach Penguin is famous for its、And that she is walking the dying, cute。Charm with plenty of sights to see each year、About 60000 visitors from simonstown sort photos visit Penguin to small arrived boulders Beach 5 km、Or observe。Border beach is now also the world's only、Can African Penguin to see close to where it is。Cape Penguin observation、And the Boardwalk across the coast, and made、The Office is managed by the South Africa National Park has been installed、より良い環境下で見ることができるようになりました♪ 駐車場からビーチまでの道のりにアルケア・アロエというアロエで有名なショップがあります。Made from the Cape region atovan that Aloe Vera extracts、品質が良いと評判のお店でお土産物にも喜ばれています♪ ボルダーズビーチのアフリカペンギンは、In a rare example to form a colony near the city is one。ケープタウンのペンギンコロニーが初めて知られたのは1983年、1組のつがいがボルダーズのフォクシービーチで発見された時のことペンギンたちはダイアー島からフォルス湾にやって来たのです当時のフォルス湾は商業的漁業が禁止されていました。As a result、The penguins were found where prey is abundant, also suitable for breeding、Established on boulders Beach、So was increasing the number of。But nearly 30 years later、Boulder Beach penguins fall in a difficult situation。Presence of cars and humans、Breeding ground fighting、Penguins will make a nest in a dangerous environment、The nest predators and natural threats exposed to make is I。Fewer fish feeding on the impacts of climate change、The effect also increases the frequency of severe weather、The number of penguin chicks that decreases sharply.。そこでヒナ鳥の減少に歯止めをかけ安全な繁殖環境を作り出そうとボルダーズビーチ公園の管理事務所は人口巣箱を設置しています。Also、南アフリカ沿岸鳥保護財団(SANCCOB)とダイアー島保全トラスト南アフリカ国立公園も貴重なサイモンズタウンのペンギンの保護活動に取り組んでいます入口ゲートでR40(日本円400円)を支払い入場しましょうゲート前には以前多くのペンギンが存在していた頃のポスターが貼られています”このポスターの光景を良く覚えて入場してね”と日本人ガイドのKeikoさんに声をかけられましたその頃の光景とは残念ながら違う風景が待っているからです海を眺め遊歩道を歩きますこの遊歩道も昔は存在せず直接ビーチに降り立ちペンギンの近くまで行けたようですが多くの観光客からペンギンを守るために造られました海岸沿いに行く手前でペンギンを発見! こちらがさきほど説明した人口巣箱です巣箱には番号が振られており管理者が数を把握できるように示したものアフリカペンギンはかつてその騒々しい鳴き声からジャッカス(雄ロバ)ペンギンと呼ばれていましたナミビア南部からポートエリザベスにかけての地域にコロニーを作って繁殖しますしかし環境汚染海鳥による卵捕食彼らが好む繁殖地のグアノ(海鳥などの糞の堆積物)が削り取られてしまったためにアフリカペンギンは危機に陥っています種全体としては多くの脅威に晒されておりこの水辺に暮らす飛べない鳥は絶滅危惧種に指定され護られています黒と白のはっきりとした色合いをしたペンギンは親ペンギングレーで毛並みがふわふわと首にマフラーを巻いているようなペンギンがヒナです♪ 想像していた以上に数は見られませんでしたがそれでもすぐ目の前に存在しペンギンの生きている様を見てとても愛おしく感じ胸が熱くなる思いですビーチに寝転ぶペンギンは穴の中にヒナを寝かせ温め守っています必死にヒナを育てる母ペンギンの姿が愛おしく思えてなりませんこれ以上数が減少しないことを願うばかりですねチョコチョコと歩き回るペンギンはとても可愛いのですが顔つきは凛々しく思えるのはわたしだけでしょうか?(笑) こちらは親ペンギンがヒナをカモメから守っている様子です親ペンギン「うちの子に手を出すんじゃないわよ!」 カモメ「ふんっ!」 ヒナペンギン右「あぁまた喧嘩してるよーまったく」 ヒナペンギン中央「今日はどっちが勝つかな?」 ヒナペンギン左「そりゃおかんに決まってるでしょ!」 こんな声が聞こえてきそうですね(笑) この大自然豊かな環境の中でも減少しつつあるペンギン自然の摂理を考慮した観光が続けられることを願ってやみません南アフリカケープタウン旅行記の目次はこちら...

While watching the spectacular Cape Point two oceans restaurant wine lunch

ケープタウンから約50kmほどに位置するケープ半島は細かく言えば”二つの岬”を形成しており大西洋側に突き出た崖と丘のような岬が喜望峰でもう一つのインド洋側の高さのある岩山がケープ岬となります喜望峰とケープ岬を含むケープ半島先端一帯は喜望峰自然保護区と呼ばれる国立公園に指定されておりユネスコ世界遺産に登録もされています植物保護区域の一部でもあり世界中から多くの訪問者が絶えない素晴らしい景勝地です喜望峰での記念撮影を終えた後はケープポイントへ向かいこちらで有名なレストランでランチといたしましょう♪ CAPE POINT ケープポイント内にあるTwo Oceans Restaurant ツーオーシャンズレストラン。Here is、1995年12月にオープンし地元で漁れるシーフード料理が壮大な景色と共にいただける人気のレストランです♪ 店内はすっきりとした白を基調にしたスタイリッシュな大箱ダイニングで約300席ほど収容でき観光客でとても賑わっています♪ 風が強くなければテラス席でキラキラと輝くフォールス湾海面と雄大な山やまの大自然を眺めながらの食事も良いでしょう♪ こちらではランチを共にしながら日本人ガイドのKeikoさんとガイド以外のプライベートな話をできる時間が持てとても楽しかったです♪ まずはスパークリングウォーターをオーダー「Sauvignon Blanc Two Oceans」と「Chardonnay Durbanville Hills」 スッキリとした爽やかな味わいでオススメを伺い白ワインをグラスでいただきました手前の琥珀色の方は樽出しワインです♪ 「パン」 香り良くふんわりと柔らかいパンはオリーブオイルをたっぷりと付けていただきます「Two Oceans Seafood Platter」R350(日本円3,500円ほど) Crayfish(イセエビ),tiger prawns(クルマエビ),deep fried calamari(イカ),fresh line fish,mussels(ムラサキイガイ),seafood curry,pilaf rice and a trio of sauces. 大きなイセエビと小さなクルマエビのグリルにイカのフリットを添えて、3種のディップに付けていただきます他にも白身魚のソテーやシーフードカレームール貝のワイン蒸しなどなど1人前でこのボリュームです!(驚) 「Two Oceans House Salad」R85(日本円850円ほど) 蒸し鶏とアボカドや葉野菜をハニーマスタードソースでいただくボリューミィなサラダです♪ 「Crab&Avocado salad」R60(日本円600円ほど) こちらは日本人ガイドのkeikoさんがオーダーした蟹とアボカドのサラダ アメリケーヌソースです味見させていただいたのですが見た目も美しくさっぱりと新鮮な魚介をたくさんいただける美味しいサラダですね♪ こちらの花は南アフリカの国家でもあるキングプロテアケープ地方独特の地中海気候によって育つ花でとても美しいですね♪ さて食事を済まし一行はケーブルカー片道R39(日本円390円ほど)のチケットを購入し灯台へと向かいます足腰に自信のない方はケーブルカーの往復チケットをオススメしますができれば散策コースを下り大自然を眺めながらゆっくりと歩いて降りるのが記念撮影もできてベストでしょう♪ ケーブルカーに乗り込み景色を楽しみながら登頂します♪ 階段を見ても分かるようにやはり自然の一部であるイメージを極力壊さぬように小石を使った階段スロープ辺り一面も岩肌で固めた壁が目立ちます♪ 景色は最高で気分は高揚しますがワインを呑んだ後の登頂はかなりハードです・・・深酒は禁物ですね!(笑) 灯台からは見事にTwo Oceans...

"Cape of good hope" of the Cape Peninsula in South Africa to visit once

Hout Bey up after、Chapmans Peak drive along the coast to enjoy the lead views, while line、喜望峰へと向かいます♪ 喜望峰周辺は自然保護地区ということで野生の動物が生息しています。Twilight here appeared suddenly on the side of the road are the animals、"Baboon Baboon monkey is。On the Cape Peninsula、400Inhabit the Baboon over。So wild、O目ni掛kareru whether or not depends on your luck.。So a clever monkey、窓を開けていたら何か食べ物がないかと乗り込んでくる危険性もあるので要注意ですよ! 飼育されたOstrich ダチョウの姿が間近で観れるということで車を一旦道路脇に停めて外へ降りてみることにしました♪ 広い柵の中で飼育されているOstrich ダチョウは、Divided by female and male。Animal's basic、Male is having beautiful hair you know do you?。Ostrich an ostrich is no exception。The male black hair color、Its beak is pink。Female has Brown wings。To protect this chick、Male mid-field with backgrounds of night、Metz is becoming a land of savanna and similar colors、Camouflage is known for。Ostrich has length 2 m、Weight 100 kg can。As the bird is the largest species on Earth。However,、The size of the brain as in the human eye、Weight 40 g。But not compared to the approximately 1,500 g man at large。The legs of the ostrich、But only two fingers of、Is that not a single nail。Effectively using fingers is one、Will be keeping with the fingers of the legs just the overall balance of the。Then it、約60km/hで走ることができるというから驚きです! ダチョウは草食動物で(雑食性とする説もあります)腸は鳥類の中でも長く、The ferment in the gut fiber quality horses。Also、Swallowing stones, lay on the stomach、Sometimes, by using a rubbing of a stone in a different suri潰su。If seeing an ostrich eating stone is good worry。 Immediately、I tried several giving weed was around。Not assume any delicious、Seemed to be the favorite。意外とグルメさんなのかもしれません(笑) こちらの人は、Wild animals came down on the road、As does not give harm to people、Seems to block out leaving animals outside the fence to guards。 Ichiro goes to the Cape of good hope to CAPE OF GOOD HOPE the sign on your right。 The gate here with payment gimpp R80 (Japan Yen 800 yen) admission。 By driving around on the coast、Around one aspect is the nature park region in the world heritage site。 STOP!STOP!とマーヴィンさんに車を停めてもらった目先には・・・いました!いました!野生の動物! 野生のバブーン(ヒヒ猿)がまた現れました!(感動)バブーンですらこれほどに興奮してしまうのですからサファリを体験するとなると大興奮の連続なのでしょうね! さてCAPE OF GOOD HOPE 喜望峰に到着しました観光ツアーの方々も記念撮影を順に行っています♪ 南アフリカと言えば誰もが思い出す喜望峰。Here is、To reach Portugal who voyage of Bartolomeu Dias、Because it was too rough stuff found around the Strait and the "Cape of storms" began to call it。After that、And renamed the Cape of good hope、1497In Vasco da Gama for the first time as the Cape of good hope Indian Ocean sea routes and has reached the。That is why from the height of popularity and the African continent's southernmost Cape of good hope.、The southernmost point of the actual、It is referring to a position to divide the Atlantic Ocean and the Indian Ocean at Cape a glass from the Cape Peninsula to the Southeast was 150 km。By the way、The Cape of good hope, CAPE OF GOOD HOPE in English。HOPE-hope。But it caught a "Cape of hope"、Real would be mistranslations of the "Cape of good hope"、間違ったまま日本に定着してしまったとの説もあるそうです(笑) 記念撮影を終え、Explore the big stone bad thug feet in。With rampant along the coast "kelp" was picked up。In Japan、Kelp are indispensable to the soup and cook.、In South Africa the kelp even food habits is no otherwise、Are seaweeds in the sea。So much trouble、I taste, into a tangle of South Africa。旨味成分の味がなく大味で硬かったです(笑) 喜望峰を後にし、The following goes to CAPE POINT Cape point can look at the Cape of good hope、Before that in this famous restaurant、まずは腹ごしらえのランチをすることにいたしましょう♪ 南アフリカケープタウン旅行記の目次はこちら CAPE POINT ケープポイント http://www.capepoint.co.za/...

Harbor seals beach at little Bay and crafts market、Haut bei

美しいビクトリア・ロードを南下し西側の断崖の岩山を仰ぐように佇む小さな湾にビーチと港のあるHout Bay ハウトベイにやってきました!風通りが良く景色良好!気持ちの良い青空です! 観光ツアーのルートに必ず入っているこちらの港では多くのお土産物屋が立ち並んでいます♪ 南アフリカのお土産ものとしてこちらのビーズアクセサリーが素敵ですとても気に入ったビーズブレスレットを購入しようとしたところ日本人ガイドのKeikoさんがディスカウントの仕方!?までも教えてくれたおかげでお安く購入することができましたよ(笑) 民芸品の多いショップでショッピングを楽しんだ後はハウト港からの観光クルーズ船で沖合いのドイカー島 Duiker Island へ向かえば島に上陸することはできませんが生息数4,000頭以上と言われるケープファ・オットセイの群れを見ることができますそしてハウトベイの山際には鳥類をメインとする動物の飼育公園もあります。This time the、時間の都合もありこちらのクルーズは遠慮しました。 Still、オットセイは漁船から落ちる小魚を目当てにこの港にも集まってくるので海を覗くと何匹か群れをなして泳いでいる様を楽しめます♪ 中には岸に上がってきているオットセイもいますが現地の方が餌付けしてそのオットセイを使って観光客相手に勝手に商売をしているようなので近くで写真を撮るとお金を取られてしまうそうですできるだけ遠くから撮影することをオススメしますこちらは週末だけ開催しているBay Harbour Market Hout Bay ベイハーバーハウトベイというマーケット港の裏口の方に位置していますこのマーケットには美術工芸を中心に地元のグルメな食品や飲物そして美味しい料理を提供してくれるショップが立ち並んでいてとても楽しい場所です♪ 週末ということもあり現地の方々が多く大変賑わっていました美味しそうな匂いがあちらこちらから漂いどのショップの民芸品や衣類小物も見ていて楽しいものばかりが揃っています♪ 中でもこちらの特産品でもあるOstrich ダチョウのジャーキーを販売しているお店が気になり試食をさせてもらいましたが臭いに癖も少なく脂肪分も少ないそうですこちらのジャーキーはどれを頂いてもソフトジャーキーで食べやすくて美味しいですね。Real、日本へ持ち帰れないことがとても悲しいです!残念! 南アフリカケープタウン旅行記の目次はこちら Bay Harbour Market Hout Bay ベイハーバーハウトベイ http://www.bayharbour.co.za/...

Malay quarter district with colourful houses in pop

ジャレットツアーの観光ポイントのスタートはケープタウン市内のマレークオーター地区からですこの地区はとてもポップなカラーに塗られた壁がかわいらしい石製の家が数多く立ち並び多民族の文化が入り混じるマルチカルチャーな街住民は約6000人とそれほど多くはありませんがその約9割近くがイスラム教徒なのだそうです。Previous、今はオーストラリアに在住している友人の内山和泉ちゃんがワーキングホリデーでケープタウンを観光したことがありこの場所の写真を見せてくれたのでどうしても自分の目で見てみたかった場所の1つです♪ 多くの住人は、16世紀から17世紀の間にアフリカ、Indonesia、Malaysia、そしてその他のアジアの地域からオランダ人によって連れてこられた奴隷の子孫にあたります非常に鮮やかでポップカラーの色合いの家が立ち並んでいますが、The reason is、どの建物も同じような形をしているので自分の家をより判りやすくするためにカラフルに色を付けたことがキッカケだったようです隣同士で好きなカラーが被ったりはしなかったのでしょうか?(笑)しかしカラーも然ることながら植物が豊かに育つ国だからこそのプランターや番地を表す数字の置き方もとても可愛いですよね♪ ケープタウンは年中気候に恵まれており夏は風が通り冬といえども寒さが厳しくないので年間通してエアコンを使う習慣があまりないそうですそして冬でも楽しめる植物が一杯!特にこのイエローの壁に紫のプランターの色の組み合わせが最高ですね!春には家の前のプランターの中はこれよりももっとカラフルな花で覆われるそうです素敵ですね♪ こちらはモスクと呼ばれるイスラム教徒の教会ですいくつもモスクがありましたが家と同様カラフルです街並が楽しく写真の撮りがいのある場所だと思います。However,、住民の方々が実際に住んでいらっしゃるので迷惑のかからないようにしましょうね♪ 南アフリカケープタウン旅行記の目次はこちら...

JARAT TOURS Jarrett tour in Cape Town one day travel guide

South Africa Cape Town, to find out more、One&To ask only Cape Town Hotels、JARET TOURS Jarrett tour Japan language speaking guide I booked with one-day tourist。Pick-up car Mercedes e-class (maximum 2 people) per person per post。(ZAR、International currency code of the Republic of South Africa currency R RAND) hotel departure morning 9 am。The main wineries to visit Cape of good hope and history、およそ8時間ほどの観光ツアーの予定です♪ Cape Point Tour 4時間 3,000ZAR 6時間 3,250ZAR 8時間 3,500ZAR Winelands Tour 4時間 3,000ZAR 6時間 3,250ZAR 8時間 3,500ZAR Best of Cape Tour 8時間 3,750ZAR City Tour 4時間 3,000ZAR Whale Route Tour (seasonal) 8時間 3,750ZAR Wildflower Tour (seasonal) 8時間 3,750ZAR 今回1日ドライバーをしてくれるのは、Very gentlemanly of Marvin's。Since he cannot speak Japanese Japan、日本人のガイドさんにコミュニケーションの仲介をしていただきます♪ 助手席には日本人ガイドさん冷えたミネラルウォーターに喉を潤すキャンディーやスキンケア用品がセットされた後部座席はとても快適で楽しい観光ツアーのはじまりです♪ 日本人ガイドのKeikoさんは、21Two years ago and moved to Cape Town from Japan、Has been the work of tourist guide。In Cape Town、Get the peace of mind somewhere in Japan after a long time to hear.。Now、The first went to tourist attractions、Malay quarter district。Here is、18Century、Ghetto people Muslims emigrated from Asia。Old buildings than other significant cultural materials.。Now、Colorful painted buildings, have attracted great attention as a tourist destination is。詳しい内容は別記事で紹介しましょう♪ ケープタウンの大西洋側をウォーターフロントから海沿いにさらに南向かうと、Beach resort-like Cup、Arrive in camps Bay。White sandy beaches continued、Main road running at about 100 m from the beach。On the road、Plenty of restaurants and cafés is the sequence、Seen a lot of cool relaxed people go to the beach。Not far from the city、Shared taxi or tour bus come、Tourists come here beaches you can enjoy easy。Homes in this area are、Set zone of wealthy people is a locality referred to in South Africa。In addition、More the young people near the beach or Club、夏はとても活溢れる場所なのです♪ お次は、Tour the Township。 And township、In South Africa under the former apartheid (segregation) policy、Black forced residential area set up around the city。1950Reflecting the year group area Act、Black residents live in urban areas、Township was forced to emigrate.。Even after the abolition of apartheid、Pointing to this compulsory residential area once、Generally uses the term Township。 Arrive at Cape Town tourist attractions in Hout Bey。And the Haut bei、In the Netherlands, wood.。17Century、In the colony to expand away from beginning。Fishing village is located south of 30-minute by bus from Cape Town City、Hout Bay (Haut bei)。Are lined with souvenir shop to sell more crafts to the port。In "come catch fishing-fish-fur"、Seals gather in the Harbor area。オットセイが生息している島「Duiker Island」へクルーザーに乗って向かうツアーも人気のようです♪ 近隣のマーケットはBay...

South Africa landmark、From the table mountain 360 ° panoramic views

Also internationally as a landmark South Africa speaking of table mountain is widely known。In the mountains of 1067 metres above sea level made of bedrock located in Cape Town、So many people know the multitude of hiking trails you can experience was breathtakingly scenic and contact with nature that do not。Table Mountain towering in the heart of Cape Town known as the mother city and trekking lovers ' paradise、Are there many interesting facts as one of the natural wonders of the world。Table Mountain is just a rock nor、Instead of sightseeing spots aboard the cable car and enjoy the views from the Summit、For those who love nature、An invaluable heritage can be called is being designated as a nature reserve you can experience the encounter with nature。Quote source:テーブルマウンテン国立公園公式サイト 1929年に完成したテーブルマウンテンのロ―プウェーは、As a solution to the walk to the Summit was very difficult、One engineer Trygve Stromsoe Norway who suggested to the Cape Town City。At the top of the mountain since the opening、2,000Visit all over、Rotary in 70 years has elapsed since the opening of the first cable car 10/4/1997 transformed by high-tech new cars being offered。To the Summit restaurant and shop、Camps Bay side、Kirstenbosch National Botanical Garden side、Many hiking trails have grown from each district, the heart of the city。Depending on the trekking experience and fitness levels、From a leisurely walk to full-fledged rock climbing in the steep rocky cliffs、そしてロープを使って懸垂降下を体験できる冒険アトラクションまでも選ぶことができるスポットなのです♪ こちらがロープウェイ改札口です。And purchase a round trip ticket adults R205 (Japan Yen 2050 yen) at the entrance、早速登頂してみましょう♪ テーブルマウンテンのロープウェーに乗れば、Expand the unknown world。If you climb、Dive into the eye with a spectacular view of the Cape Peninsula、You can also explore the Cape Town plant endemic to South Africa,。The table mountain cable car、Is the most one of the popular tourist attractions in South Africa。Cable car from tafelberg road connects to the mountain top 65-seater。So every 360 degree turn、You can enjoy a full panoramic view up。Prior to the cable、Could not climb the mountain front clip Platte Canyon tourists want to go to the top。Clip the Platte Canyon route steep mountain roads、16Recorded at century Antonio de Saldana first traversed the mountain route, and。This route is still popular、At least those people is not particularly one way hiking is another way almost by ropeway。Opened the table mountain cable car from until today I 18 million passengers traveled on the mountaintop。800000 people per year around the globe of tourists use the cable。10Minutes are out there every so、Even if it was in the busiest season、30-Within that you can ride。著名人では英国女王エリザベス2世や米国の有名司会者オプラ・ウィンフリーなどがこのロープウェーに乗られているとのこと♪ 開業当初のロープウェーは木と錫で作られていましたが、The current "table mountain aerial cable way"、Buses equipped with high-tech made in Switzerland Rotair、Since the cable car travels at 10 m/s、Perceived speed is quite。たった10分足らずで山頂まで到着します♪ 見下ろすケープタウンの街並と海の輝きが眩しいほどにキラキラと輝いています♪ 360度の景色を楽しんでいるとあっという間に登頂ですよ♪ 山頂駅の回転式改札を出るとそこには、Wonderful world of nature is a fascinating。With only the top of table mountain、1470It is speculated to have the kinds of plants。Table Mountain national parks are listed as world heritage site great beauty and such rich bio-diversity is very much worth。And、Magnificent view from the Summit。これは是非とも一見していただきたいものです♪ 奥に見える突起した山は、That which resembles the lying lion、Lions head (Head = head、669 m above sea level) and、It is called。And、その奥に広がる碧い海が大西洋です♪ 頂上はほぼ平坦で、Paved trail also。こちらはテーブルマウンテンのミニチュアと生息する植物が記載されています♪ わたし達は、Now this place is。素敵ですよね♪ 散策コースは様々で、Would be quite a distance from corner to corner walk。Stronger peak wind chilly、We recommend that you always bring a jacket the。 Thin stroll road are the height of the wall built with stones and precious environment as much as possible so it is not in、Attention is required to walk。 And the vast Atlantic Ocean、Attractive spread too far I like pale blue sky。 Voice dialogue among tourist tourists、写真を取り合いながら生まれるコミュニケーションもまた楽しい時間です♪ ケープタウン観光の中で注意する点として、"The weather is nice,、First of all, what you put into the mountain! "With that。Season of intense weather changes in the rainy season is the watchword seems to be sure (laughs)、And we think this ascent, except、In the sunny small clouds、So I think never crisp and Apple bottoms that heroic figure、運とタイミングに大変恵まれていたと思います♪ 南アフリカケープタウン旅行記の目次はこちら Table Mountain Aerial Cableway テーブルマウンテン http://tablemountain.net/...

Scroll to top