To the world of the fairy tale created by the Yilan station Taiwan famous picture book writers Jimmy!

おとぎの国のようなメルヘンな世界観を持つ「宜蘭駅(Yilan Station)」へ! 台北市内から、Japan English speaking taxi driver Chen Wei (Terry) goodness I of Kung trillion among friends sentence (Kon) I'm of to Charter a taxi、3From fast-5-fast start.、車で小1時間程で「宜蘭(Yilan )」に到着です! こちらでは、Fantasy style is a children's book author features、"Adult books" as a new genre created by Hong Kong and Taiwan、In the non-book publications、Animated、映画化やグッズなども展開されている有名作家の幾米S.P.A.(Jimmy Liao)が、Become a hometown "Yilan station (Yilan)" was involved in co-production with Ilan County Government、「幾米廣場宜蘭火車站(Jimmy Plaza)」をオープン! 森を描いた駅舎から首を長く現すキリンが、Gently pick up the tourists who visit the Yi LAN (Yilan)、メルヘンな世界観を繰り広げています! 駅の正面に見えてくる巨大な鉄筋アート「丟丟噹森林」も幾米(Jimmy Liao)が手掛ける巨大な作品群。 "Sky train" jumped out of the world of children's books、2014Just newly built in works by shooting spots and also very popular! This day square、Flea has been held、多くの人で賑わっております! 駅を背に左手に足を伸ばせば「宜蘭旅遊服務中心(Yilan Visitor Information Center)」があり観光客に向けてのサービスセンターとして様々な情報を提供してくれます! 台湾の郵便ポストは、Can post green and Red post is next door to、Use the left and right are different! Only Japan and Taiwan Green post、Red post private express mail and air mail! The Japan rule age、Taiwan post had only red、After World War II、The Kuomintang from mainland China to Taiwan cross.、It later、Green was used in mainland China Post will be used、2種類のポストとなったようです! 宜蘭駅周辺はインスタ映えスポットが目白押し!幾米廣場(Jimmy Plaza)を見渡せば、Colorful suitcase started.、Part of the natural objects and、Without uncomfortable、そこには幾米(Jimmy Liao)の世界観が広がります♪ 宜蘭での思い出を記念に残すポストカードを販売している自動販売機の前でもパチリ! 映画化された「Turn Left, Turn Right (where you are) towards left running direction right running "or"A Fish with a Smile (smiling fish) fish-smile"、[Sound of Colors (MTR) underground Nippon"、「The Starry Starry Night(星空)」などに登場するキャラクターたちや 絵本のストーリーをイメージしたオブジェが、Place square placed here at the hero in the world of children's books and their、ポージングを決めてパチリ! ペイントされた建物の壁画や広場に置かれたカラフルなスーツケースなどで遊び心をくすぐられながら何処を背景にしても絵になるスポットを存分に楽しめます! 駅周辺を散策した後は、Lunch break may、タクシードライバー龔兆文(Kon)さんのお勧めの屋台「大貓扁食麵」へレッツ・ゴー! 龔兆文(Kon)さんに以前台北で食べた「温州大餛飩」が美味しかったと伝えると「でしたらもっと美味しい餛飩を食べてください!」とお勧めしてくれました! 「饂飩麵」40TWD(日本円約150円) スープはあっさりと良い出汁が胃に優しく染み渡りワンタンの皮はしっとり滑らかな口当たりで中の餡はとってもジューシィー! 「饂飩魚丸」45TWD(日本円約170円) ワンタンと一緒に魚の旨味が凝縮されたフワフワのつみれがたっぷりと楽しめるワンタンスープ!麺をすするのが苦手なわたしはこちらをオーダー!焦がしニンニクチップが香ばしくセロリの入った饂飩湯は美味しい!とっても身体が温まりあっという間に完食!本当に美味しかったです! 「炸醤麺(小)」30TWD(日本円約110円) 龔兆文(Kon)さん は肉味噌と和える「炸醤麺」がお好きなようです!卓上にある辛味調味料や酢をお好みで足して味変も楽しめます! 「ワンタンだけでは足りないでしょう?」と宜蘭名物の包子饅頭専門店「宜蘭土包仔直營店」 をお勧めしてくれました! どの肉包(肉まん)も一律10元(日本円約40円)と日本の肉まんの半額以下! 「肉包」と「筍包」をオーダー! 蒸し上げたばかりの肉まんを提供してくれるため、Hot States don't have enough! Divided in half and soft soft skin、Juciy juice drip out of, there is、Sth、Samsung onion Minced pork and Yi ran's famous contains plenty of、シンプルながらに絶品!ガブリと頬張る際の火傷に注意です!(笑) お腹も満たされた所で周辺の市場を散策! 鷄の丸焼きや、Vegetables and fruits、On the other side dish、Clothes and shoes、Various market necessities of life are crowded together、台湾らしさを感じます! 宜蘭にお越しの際は是非ローカルフードとして「饂飩(ワンタン)」と「肉包(肉まん)」を食べてみてください!...

Cheap recommended! "Terry Tour" (3) Hot Spring Village Surrounded by Mysterious Forests "Tsubaki"

What is the last tourist attraction of the terry tour guided by Terry, who can speak Japanese?、 神秘の森に囲まれた翡翠色の温泉郷「烏來老街(Urai)ウーライ」へ!ノスタルジックな「三峽老街 SanXia ‘s streets of old サンシャー」から車で40分程かけて新北市にある山道を登り緑豊かな自然に囲まれた山間部の温泉郷「烏來(Urai)ウーライ」に到着! こちらは、Is also place of residence is known from of old in the beautiful indigenous Atayal tribe、原住民の独特な文化や伝統料理に触れ合うことも可能です! 烏來を流れる南勢渓は、Mineral hot springs with sparkle to the Jade color、I hear its beauty has captivated the hearts of tourists。 However,、Here,、From the lack of precipitation at Nanki vigor water、The views from the top of the bridge is unlike the previous staff。 And Crow "town's main street and cross the bridge、Line for a souvenir and food and beverage outlets on both sides of the road。Medicinal liquor、Edible wild plants、川ebi、Tapioca、Millet wine、Millet cakes、Rice steamed in bamboo、Aboriginal music CDs, clothes, etc.、Shop as seen in the city of Taipei City at night is a sort、There is also a hot spring ryokan。 Yiwu Royal Street, Yiwu y. m. Folk Museum"。Here you can learn about Taiwan natives are free admission! At the 3-story: Ami, Atayal Museum、History、Traditional culture、Living traditions、Religious beliefs、Celebration events、タイヤル族の風習や文化を学ぶことができます! 丁度、Sometimes after lunch、「烏來泰雅民族博物館」前のレストラン「烏來小吃店」でランチを致しましょう! レストランの店頭には、Fresh Greens grown in the mountains is the sequence、鮮やかなグリーンは見るからに食欲をそそります! 店頭に並ぶ食材を使ってお店の方が鉄板焼きでダイナミックに料理を仕上げていきますまずはみんなでタイヤル族の伝統料理「竹筒飯」からいただきましょう! 「竹筒飯」70TWD(日本円約260円) タイヤル族の伝統料理の1つでもある「竹筒飯」は、Boiled rice in bamboo steaming glutinous rice robes。And in addition to sticky rice millet and beans、In a very healthy dishes、もっちりと優しい味わい! 「炸渓魚(小份)」100TWD(日本円約370円) 川で捕れた新鮮な小魚のカリカリフライ!頭から丸ごと食べれてとっても美味しい! 「炸渓蝦(小份)」100TWD(日本円約370円) 同じく川で捕れた新鮮な蝦の素揚げ!頭も髭もカリカリで中はプリッとした食感!香ばしさが堪らない! 「福山土鷄(前段1/4)」200TWD(日本円約740円) 山地にある農園でトウモロコシを食べさせ放し飼いでのびのびと育成されており、Elasticity of firm flesh overflowing。Us with the garlic soy sauce with cilantro and、風味豊かでとってもジューシィー! 「空芯菜(小份)」80TWD(日本円約300円) 日本でもよく見掛ける茎の部分が空洞となっている空芯菜のガーリック炒めシャキシャキとした火入れ具合と味付けが絶妙! 「炒山蘇(小份)」150TWD(日本円約555円) 台湾の山菜の中でもわたし達が一番大好きな食感を誇るのが山蘇!先っぽがクルクルと丸かっているので他の山菜よりも見分けやすく、MOE above all to avoid taste and habit of at least、Recommended texture is the best! Onions and carrots、ニンニクと一緒にあっさりと塩味で炒めてあります! 「炒麵」40TWD(日本円約150円) 具沢山の台湾焼きぞば台湾の麵は柔らかめで提供するお店が多いです! 「香菇湯(大份)」150TWD(日本円約560円) 旬の筍やきのこがたっぷりと入ったとろみのあるスープはとっても美味しく、Hot body! "Edible flowers in Taiwan with the crunchy texture of the popular Orange Daylilies' out! This beautiful Lily like flowers and flower、Protein and iron are often included、精神安定の効果もあるとのこと! 陳韋良(Terry)さんと龔兆文(Kon)さんと4人で楽しくシェアしながら8種類の料理を完食しお腹が一杯です!レストランでは「大份 or 小份」とサイズが選べるのが嬉しいですね! ランチの後は烏來街を歩き「泰雅媳婦名產店」にて、As you will find many sample small rice sake made from millet: Ami, Atayal, "plum wine"、日本の友人へのお土産物に頂きます! 瓶製品のため重量のある土産物になってしまいましたが、And you know wants this unique souvenir、A kind gentleman Kung trillion sentence (Kon) it is "I have to worry! "And last luggage gift to me! Xie Xie、龔兆文(Kon)さん! お買い物を楽しんでいる途中に、The lion cut is shocking! One with her on met! Σ(-□.;Bruno)New!! Where no、青森のブサかわ犬「わさお」くんに似ている気が致します(笑) 2015年9月に巻き起こった台風で壊滅的な被害を被った烏來ですが、2017Renovation work in the year of getting.、現在は「烏來台車(ウーライトロッコ)」も再開しています! 烏來街を抜けて橋を渡るとトロッコ乗り場へ続く階段が見えてきます! 階段をのぼるとトロッコの乗り場です![運行時間:8:00-17:00、Train fare:50TWD (Japan Yen:約185円)] こちらのトロッコは入口から「烏來台車瀑布站」までのおよそ2.5kmの距離をちょっとしたジェットコースターのように風を切りながら森の中をガタゴトと進み、5分間のアトラクションを楽しませてくれます! 最後に小さなトンネルを抜ければゴール地点の「台車爆布站」へ到着! トロッコの運転手を務めてくださったのは、By Chen Ming chu of the natives、Wei r. Chen (Terry), I said、For they are descended of the natives "and carving deep insight、Nose high has clearly face、Many handsome men、Most beautiful women! "With that、テリーさんは羨ましそうに語ってくれました!(笑) 入館料無料の「台車清遊-烏來林業生活館」にて烏來の林業についてお勉強! 昔人力で運行していたトロッコの様子などを当時の写真と共に知ることができます! 烏來を見守る聖なる滝「烏來瀑布」は、82 m and become Taiwan's largest waterfall、原住民タイヤル族の聖地でもあります! 流れ落ちる様子が白い糸のように見えることから「白糸の滝」とも呼ばれているそうです! 「烏來爆布」周辺にある原住民の「酋長之家」の1階では「酋長之店」が開かれており、The floor of villagers enjoy karaoke loud! Carpe diem in Yiwu Royal coffee、お土産物を購入することができます! 「日本の歌もあるからどうぞどうぞ!」と、In Japan, Fu Chen 瀅 owner fluent speaking!、とても営業上手で可愛らしい人でした(笑) 「烏來(Urai)ウーライ」は、Luxury spa resort also has scattered、Instead of the next day、ゆっくりと温泉に浸かりたいと思います! さて、Wei r. Chen (Terry) was a Taiwan taxi Charter to guide the end in this! That was excellent "Yehliu → 10th, Jioufen" clinic、1While being a short time of 6 hours a day、This time Yingge, three Channel → Crow"、とても効率良く3つの街を回ることが出来ました! 日本語でガイドもあり、You can enjoy without feeling the language barrier in a shop or restaurant meals! Permits and the number of days、Think fun train trip, weather permitting、If you travel within a limited time、Also、If you are travelling with small children your age、1For days taxi by handy expense, etc. to enjoy sightseeing without waste、Stretch your legs a little bit from Taipei、ショートトリップしたい方にお勧めです!...

格安オススメ!「テリーツアー」②ノルタルジックな街並み「三峡老街」

Chen Wei good (Terry) speak Japan's tourist destinations in Taiwan taxi Charter next to guide、100年以上前の建物が並ぶノスタルジックな街並みの雰囲気が楽しめる「三峽老街 SanXia ‘s streets of old サンシャー」へ! 「三峽(Sanxia)サンシャー」 は陶磁器の街「鶯歌老街」の隣街で車で15分程の距離ということもありセットで行かれる観光客も多いエリアとなります! 清代後半に物資の集散地として栄えた「三角湧老街」は、Arched red brick was erected during Japan colonial period of approximately 200 m more.、Repair work on the beautifully kept and lived for more than 100 years ago、Arch pillars of ancient Greece and ancient Rome、Blended Baroque decoration, such as China or Japan-style buildings、The atmosphere has a red-brick、何処か懐かしさと風情溢れています! この街は当時、Indigo dyeing industry is very active in、Many apparent "decontamination" and written to the building entrance on stone plate、From the design under the name of various、当時の商店街の名残を感じることができます! それぞれの家や商店の屋根には家主の名前や屋号が刻まれたままとなっており、You may know at that time on what business in the building.。 Chen Wei goodness (Terry) I to teach us the history of the 3 gorges! 3 gorge located in the mountains、3 gorges River、Next to the river、Is the confluence of three of the Dahan river flow。 Little river leads to the freshwater three redwoods、Place was making the Delta becomes the 3 gorges before shopping、At that time was known as "triangle springing.。3 gorges was endowed with land for development of agriculture and、Indigo materials plant in the mountains can be taken、Dyeing industry evolved from a river near you。We thrive by sending to Taiwan and abroad by shipping more。 Walk through the old town、Retro diner and Taiwan Seymour becomes complete.、Started with cafes and sweets.、Souvenir shop, Taiwan tea ranges。 中でも一番有名なお店が三峡名物とされる「金三峽牛角」というクロワッサン風のパン! 名物なことから 「金牛角」 を取り扱うお店を何店舗も見掛けましたが、On the form of restaurants and stunning bull by the horns、Provides a glossy dough, puff pastry crispy dough, not。 Roughly one 22 TWD and TWD 30 (Japan Yen:About 80 Yen to 110 yen), and sold、From the plain and flavored chocolate flavor.、Coffee and vanilla、Strawberry、Matcha green tea、Cream、Cheese、Sweet bean paste、Melon taste etc、Because it seems to enjoy a wide variety of tastes、気になる方は是非ともお試しください! 「三角湧老街」の入口に佇むのは「警察署」。Keep the retro red-brick building to the police station、街の治安を見守っています! 「三角湧老街」を進むと台湾一美しい彫刻の至宝とされる「三峽老街清水祖師廟」があり、Dedicated to heroes of the Northern Sung dynasty "Shimizu soshigaya"。 1769The nave was built in the year、1899In anti-Japanese war and destroyed twice by fire in 1947, but、By Lee plum 3 gorges prominent artists that has been rebuilt, the。 In the parapet of the nave in openwork、Stone dragon and Phoenix、仙人などが細かく彫刻され大迫力! 台湾一美しい彫刻を時間の許す限り堪能した後は訪れた記念と旅の平安を願って参拝! 三峡渓に架かる「三峽長福橋」からの長閑な景色もお勧めです! 橋の両側に等間隔で設置された石獅子や東屋が撮影ポイントになるでしょう! この日の気温は大変過ごしやすく、The wind and feel comfortable、のんびりと散策タイム! 「三峡老街」は大きな街ではないため、About 1 hour is enough can explore。 While studying history at the time of、The slip、風情溢れる街並みを楽しまれてみてください! さて、(Terry) goodness of Chen Wei got the taxi charters、お次は神秘の森に囲まれた温泉郷「烏來老街(Urai)ウーライ」へ! テリーツアー 料金 : 5時間NT$3500 1時間延長ごとNT$600 人数基本4名(6名まで可) 基本4名の料金です。 1人増える毎にNT$1000追加 ※コース内容によって施設料金や天燈(ランタン)など別途料金が必要となる場合があります予約方法 電話 : 0987-888-861LINE ID : wei49 MAIL : wei19770314@gmail.com FACEBOOK : https://www.facebook.com/terry.chen.585 PHOTO ALBUMはこちらをクリック! 2018/4/16台湾旅行/タクシーチャーター・三峽...

格安オススメ!「テリーツアー」①台湾最大の陶磁器の街「鶯歌」へ

Go to Taiwan、2Day eyes to Charter a taxi one day、Stretch your legs a little bit from Taipei, the journeys! The waiting time、Chen Wei good (Terry) Japan speak just for hotel guests come to pick you up、台湾初心者でも安心! 彼は日本語の読み書きができるため、From the book and the course content、Do with Facebook messages and LINE ago removing and、It is possible to respond。(Terry) goodness of Chen Wei got the taxi charters are already so many friends I introduce the、優しくて気遣いが素晴らしい彼のガイドには皆さん大満足で喜んでもらっています! この日は、(Terry) goodness of Chen Wei's of fellow taxi driver friends Kung trillion sentence (Kon) (65 years old) also accompanied by、仲良く4人で出発です! テリーツアー 料金 : 5時間NT$3500 1時間延長ごとNT$600 人数基本4名(6名まで可) 基本4名の料金です。 1人増える毎にNT$1000追加 ※コース内容によって施設料金や天燈(ランタン)など別途料金が必要となる場合があります予約方法 電話 : 0987-888-861LINE ID : wei49 MAIL : wei19770314@gmail.com FACEBOOK : https://www.facebook.com/terry.chen.585 台北の街中から高速に乗って台湾最大の陶磁器の街「鶯歌(Yinggeインガー)」へ向かいます! 台湾の高速道路は5路線あり、This time through the new Taipei City from Taipei City、3-High speed about 1 hour driving "Nightingale song (Yingge:インガー)」に到着! 鶯歌駅から徒歩15分程で陶芸店が連なり陶磁器が出揃う古い街並みの「鶯歌老街」となりますが、For taxi can drop you off at the entrance of the old town、足腰の弱い御高齢者をお連れする場合も大助かり!さっそく陳韋良(Terry)さんに街を案内してもらいましょう♪ 台湾は日本と同じく「お茶」が有名ですので、Taiwan tea leaves of your favorite gifts if、一緒にこちらの街で茶器を探すのも良いでしょう! 鶯歌老街は休日に歩行者天国となり観光客が多く訪れるようですが、Because it was a weekday on this day, there were almost no tourists, and i was able to walk leisurely.。 The Nightingale song old town back 100 or so ceramic shop、Utensils and dishes、It is filled with reasonably priced items, such as a chopstick rest! Because many types of tea and plate porcelain beauty temple, located in the old town centre is recommended。 100円均一よりもリーズナブルな価格でたくさんの小皿が陳列されています!中には10TWDと激安な訳あり商品も! 「日本製」と書かれている陶器もありましたが値段を考えるとおそらく日本製ではないものではないかと(笑) 鶯歌老街の街の中心部にはショッピングモール「鶯歌光点美学館」が2015年2月に新規オープンしています! 清潔感のある施設内には陶器以外の美術品やインテリア雑貨、Lined with cafes and shops as、Is used as a resting place for strolling along the way much better。 焼き立ての海老せんべいを販売していた露店で試食タイム♪いろいろな味わいのせんべいの中でもわさび味がオススメです! 鶯歌老街では、At present, is organizing the "pottery"、"Old early kiln" and walked to the sign shop。 "Old early ' for character、"Tradition""old fashioned" it in the sense、Kiln time and is left intact to shop here、Has become a corridor leads to the pottery class in the stores back。 Artists will be on display in the corridors、Very nostalgic atmosphere has become a gallery。 Spacious tunnel kiln and pottery classroom。1 person 150 TWD on yosei here (Japan Yen:About 555 yen) in the ceramic experience。 The pottery produced in the own、Fired from the staff put the finishing touches、1ヶ月程度で日本へ配送してくれます! この日もシンガポールからいらした女の子たちが思い思いに器を作っている様子が伺えました旅の思い出作りにピッタリの体験ですね! ロープライスからハイクオリティな器までが揃う老街を散策していると、Storefront design with modern、好みの作品が品良く並ぶギャラリー「陶華灼藝廊 THZ Gallery」を発見! こちらのギャラリー兼ショップは、And the two stores across the road、On the other hand, specializes in Japan artists writers。Allow for、Sorry cannot introduce the works of、"Nightingale song (Yingge:インガー)」に行かれる際には訪れてみてください! いろいろなお店で目にかけたこちらの陶器は昔お米を保存するために使用されていたものです漢字の「満」と書かれているのはいつもお米が満たされていますようにと願いを込めて書かれているようです!陳韋良(Terry)さんは歴史も詳しいので一緒に散策しながらお勉強もできますよ! 鶯歌老街の飲食店の中には食事をするとなんとその器がお持ち帰り出来る面白いサービスもありました! さて、(Terry) goodness of Chen Wei got the taxi charters、お次は台湾一美しい彫刻の街「三峽(Sanxia)」へ! PHOTO ALBUMはこちらをクリック! 2018/4/16台湾旅行/タクシーチャーター・鶯歌 https://photos.app.goo.gl/ZzWWvZHhFHwozSUn2 ...

Arrived at Taoyuan International Airport! Transportation to the hotel recommended taxi Charter!

Take a 3-hour, 25-minute flight on China Airlines to Taoyuan International Airport, the gateway to the sky in Taipei, the capital of Taiwan、予定通り夜21時55分着と遅れることなく無事に到着! 「富士山静岡空港」から発つ「チャイナエアライン」の便はBowing737となり、Business class is limited and 8 seats。This aircraft will share monitor、Movies will be aired would beat the positioning is a shame。This film's latest film "Jumanji/welcome to jungle"! While Government in-flight meals、About cinema 1、あっという間に台湾到着です! 「台湾桃園国際空港」は、24For the time opening up airport、At this time many more visitors! Taiwan in mid-April it is cool、The day temperature is 19 ° c.。薄手の上着が必要となります! 今回滞在2日目は、Fun way to explore efficient "one day taxi tour ' reserved and、仲良くしているタクシードライバーで日本語が話せる陳韋良(テリー)さんに空港までお迎えに来て頂きました! 昨年2017年3月に、Through the Taoyuan International Airport and Taipei MRT (subway) was finally opened and、More is better、For large suitcases on trains and buses is quite inconvenient,、From airport hotels transportation、Taxi reservation (rates of Taoyuan to Taipei City:1,500TWD)はかなりお勧めです! テリーツアー 桃園空港タクシー送迎 : 1,500TWD 予約方法 電話 : 0987-888-861LINE ID : wei49 MAIL: wei19770314@gmail.com 空港ロビーでは、"Possible roles like welcome to Taiwan" and signs written in the hands、満面の笑顔で出迎えてくれた陳韋良(テリー)さん! 車中では陳韋良(テリー)さんが日本語を覚えるキッカケとなった日本のドラマの主題歌などを聴きながらのドライブ! 日本のドラマは台湾人にとても人気があります! 今回初日にお世話になる台北市内のホテル「amba Taipei Zhongshan 台北中山意舍酒店」まで高速を走らせ車で約40分で到着です! PHOTO ALBUMはこちらをクリック! 2018/4/15台湾旅行/静岡空港から桃園国際空港 https://photos.app.goo.gl/hKTcHr2RDyuVdJOa2 ...

Near Lungshan Temple "Guangzhou Street Tourist Night Market" and "Huaxi Street Tourist Night Market" is Unusual shops packed!

台北随一のパワースポットともいわれる台湾の寺院 「龍山寺(ロンシャンスー)」の向かい側に位置し人気の「廣州街観光夜市(通称艋舺夜市)」へ! こちらは一風変わった夜市となり大人の男性が喜ぶかも!?しれない夜市です(笑) 海賊版DVDの屋台があったり、Or a little sell a dodgy DVD、 Taiwan various city tours if you are night、こちらのディープな夜市も散策してみると良いでしょう♪ 「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんと その友人でツアーガイドをされる王永山(通称王さん)に案内していただく、Taiwan local travel。 題して「高橋&王Presents!ローカルな台湾を知ってみよう!半日夜ツアー!」の最終章です! 心なしか王さんの顔つきがこの日一番の嬉しそうな顔に観えますが気のせいでしょうか?(笑) 通常の夜市と何ら変わりなく見える屋台の数々。 In some、I normally enjoy Taiwan gourmet B stalls。 Occasionally、伺える怪しげなお店を除いては(笑) そして「艋舺夜市」を直進すると右手に一際華やかな装いを魅せる中国様式の門に掲げられた「華西街観光夜市」。 This night is the history of the city's oldest Taipei is known as the city's first night、 More bizarre is known as a city at night、Maniac dubious for the crowded store、 If you're in Taiwan tells US about a city at night、こちらも是非チャレンジしていただきたいものです! 怪しげなお店が連なると噂されるアーケード街へと突入してみましょう♪ こちらの夜市の最大の特徴としては、観retari snake show、 Snake、スッポンなどの精力強壮剤(?)として 効き目がありそうな貴重な料理を食べれるお店があったり、 An adult shop please men and、 Night city, getting used to the way the new world deep spread、刺激的で面白いかもしれません! 普通に足つぼマッサージ店や漢方薬店もあるのですが普通のお店に思えなくなってしまうから危険です!(笑) この夜市は「あまり写真を撮らないように!」と王さんから注意が入りました! 確かに変わりダネのお店には「撮影禁止」の札が出ているところもありますので注意して進みましょう♪ 蛇料理専門店の「金代山産薬膳坊」。 Bee, mice with the rest of the serpent、Dishes such as Dove's position、The said so-called getemono fish dishes、 Taiwan people、The meat of the serpent or snake blood、 And many people believe in IMPAX, the amulet。 店前には物珍しそうに見物人が後を絶たない様子でした♪ 同じく蛇料理専門店の「亞州蛇肉店」。 Viper Cobra photos with landmarks、店先には大蛇が檻の中でうごめいています! こちらのお勧め料理は「毒蛇5点セット」で、 Snake soup and snake poison cocktails、Bile、蛇の血と蛇料理を贅沢に楽しめるようです! ヘビ毒カクテルには解毒剤付きというからある意味安心でしょうか!?(笑) 鼈(スッポン)料理専門店の「亞州鼈店」。 Here you will、Just the familiar's stamina food、 Turtle eggs、Turtle bile、鼈の血なども一緒に楽しめるセットがあります! 滋養強壮もコラーゲンもたっぷりなので男性にも女性にも嬉しい効能があるのだと思います(笑) 蛇とか割りとグロい生物も平気な方ですが、Still in Python is intense。 Too hard to、食べたいとは思えませんでした(笑) カジキマグロのすり身を揚げた「東港・旗魚黑輪」鮪で有名な東港では、Swordfish with cake、旗魚天婦羅や旗魚黒輪が名物の1つとなっています♪ 「旗魚黑輪」を売っている屋台のお姉さんのキャクターが最高でした!(笑) 思わず購入したくなる愛嬌! こちらも1本10TWD(日本円約36円)と破格のお値段です付けダレは「日式芥菜」と「甜辣醤」の2種です。 We have select cutlet。...

Gastronomic street in Ruifang Station nearby Jioufen is full of snacks of Taiwan specialty!

While enjoying a nostalgic town、「九份」を代表するお茶屋を2軒はしごし、 After a leisurely、豎崎路と軽便路が交差する広場に戻り、 Still walking、「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんの友人で ツアーガイドをされる王永山(通称王さん)の元へと戻ります♪ 「九份」の豎崎路の石階段をひたすら降りて行きましょう。 Will not go and up the steep stairs、Surrounding walls of the House, there is no railing。 気を付けて降りるようにしましょう♪ まるで家を守るかのように玄関先で休むワンちゃんの姿が2匹台湾は夜でも日本ほど寒くないので安心ですね♪ 野良猫なのか、A domestic cat?、Cats with pikuri no camera for。 この街の猫のドンであるかのような鋭い眼つきで落ち着きを放つ猫ちゃんに逢いました♪ 石階段を降りきった汽車路で王さんの車と待ち合わせコンビニ「Hi-Life(ハイライフ)」の屋根の上に巨大猫のオブジェ!?(笑) 渋谷ハチ公前といった感じで待ち合わせ場所には最適かもしれません♪ 王さんの車に乗り込み台北市内へ戻ります♪ 途中「九份」最寄りの「瑞芳駅」で最も有名な美食街である 「第二公有零售市場」を紹介してくれ、Told through the street, stand in front。 奥に見えるのが「瑞芳駅」の美食街「第二公有零售市場」の入口です。 In the district、Pepper cake、Heat oil s. b. 糬、Yong Feng thigh、蚵 omelette、Braised beef noodle、酸辣麵などの 豊富な種類の「小吃」が楽しめ台湾ローカルフードを知るに最適です♪ 「龍鳳腿」と大きく書かれた看板の「祖傅三代・正宗老店」という屋台です「龍鳳腿」は、Northern Taiwan coastal fishing village becomes the cradle、その材料と作り方は台湾の郷土料理である「雞捲」から来ています「龍鳳腿」の由来は、Think the fishermen children nutrition、 Make the appearance resemble a chicken leg、子供たちが好んで食べるように仕向けた親心から生まれた「小吃」です「龍鳳腿」と名付けたその「小吃」の屋台はこの周辺に何軒もあり老舗の「阿霞龍鳳腿」が一番有名です♪ ふわふわに挙げられた「龍鳳腿」。 Use fresh fish.、Onion and cabbage、Carrot、Mix together pork legs, etc、 Wrapped with jowl oil NET、Fried over low heat slowly finish、Taiwan-cutlet with rich, is completed.。 1Book 10 TWD (Japan Yen:約36円)と破格のお値段でいただけます!(驚) 日本でいう「さつま揚げ」をもっと柔らかくふわふわにした食感で美味しかったです♪ 高速道路に乗り台北市内へ向かいます♪ 高速道路からは内湖エリアの「美麗華百楽園 Miramar(メイリーホア)」の大型観覧車と ライトアップされた宮殿のようなホテル「台北美福大飯店 Grand Mayfull Hotel Taipei」が 美しくそびえ立っている姿が伺えました! さてお次は歴史が最も古く台北初の観光夜市として知られる「華西街観光夜市」の紹介です♪...

Jioufen "Amei Teahouse" This teahouse that Aburaya of Yubaba is rumored to have become a model

九份を代表する老舗茶芸館で豎崎路の階段道沿いに位置し瓦屋根に連なる赤提灯が魅せる独特な雰囲気を醸し出すお茶屋の「阿妹茶樓(阿妹茶酒館)」はかつての金鉱工場をリノベーションし再生しています。 Here you will、Not to mention enjoy tea time、It is possible to enjoy a meal。 Previous、ジブリ映画・宮崎駿監督作品の「千と千尋の神隠し」の湯婆婆の油屋のモデルになったと噂され、 For across the Board so the PR staff、常にジブリ映画ファンや日本人観光客に人気のお店となります♪ 「阿妹茶樓・あめおちゃ」と日本人に分かり易いようにPRされた看板が 入り口に大きく設置されておりどの観光客も「これこれ!これでしょ!?」と口を揃えて入店されていく様子が伺えますジブリ側は完全否定しておりますが、Aside from the facts、 こちらの店構えから「湯婆婆の油屋」の雰囲気を垣間見れることに違いはありません♪ 入口までは階段が設置されており、Unleash a world a nostalgic rendition of the approach。 The mask lit the bearer、 It is Germany who purchased in Japan and surface collector。 Dubious in the mood、3面と並ぶその内には「カオナシ」のモデルになったと噂されるお面もあり楽しみ甲斐のあるお店です♪ 店内は、On the floor of the entrance hall and on its excellent、Equipped with table set made of bamboo。 Weather permitting、The rooftop terrace is better is also recommended、 Crowded hours、Passed to the vacant seat。 Near the entrance、And sold include tea and tea leaves grown in the home garden、 お土産に最適です♪ 紅白の屋根が広がる屋上フロアは、Roof with ya there are constant、 If blessed with the weather、是非外側の席をお楽しみください♪ 通常は、You can select from the menu、Tour and guide it's introduces the shop if it were、 1人当たり「お茶とお茶菓子のセット」NT$300(日本円としておよそ1,170円)と決まっているケースが多いですもちろん別のメニューをオーダーすることも可能です! 案内をしてくれた「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんが許乃予オーナーや弟の許立育さんと交流があるということで紹介していただきこちらのお茶セットをいただきます♪ 1杯目は、So will demonstrate in a smattering of Japan to explain stuff the right way、 The look, the way to。 2Serving tasty at pace from second cup you want to drink my。 Chashaku (茶匙), using the tea to、Put the tea pots、 Brown sea carrying a Brown discharge (strainer)、One for washing the tea leaves of roasting hot water immediately abandoned、 In the discarded water warms the sea Brown (pitcher)。 After warming the sea Brown (pitcher)、Discard the hot water dumped on the tea Board、Tea pots entrancing hot water again。 Taiwan tea offers several times in the same tea leaves、 1Cup murashi time is 20 seconds.、230 seconds from second cup、3杯目は50秒程と蒸らし時間を伸ばしていきます♪ 茶海から、Brewed to listen aroma (smell) poured Cup (moncouhei)、 Lower the top products turnabout Cup (cup of tea)。 While noting such 零sanu tea、Transfer products turnabout Cup (cup of tea), incense cups upside down、 空になった聞香杯を鼻に近付けて香りを聞きましょう♪ (※香りを聞くとは香りを嗅ぐこと) 台湾茶の正しい淹れ方を知り、 While enjoying the delicious tea.、Loose cheeks. fun time smiled。 こちらは「翠玉茶」で、And soft Jasmine scent、There's fresh flavor in the aftertaste、 Fermentation、Fire roasting light for、And are used over Japan tea、It is preferred to be tested for the first time the Taiwan tea flavor。 Tea leaf left tell staff、お持ち帰り用の小さな袋を用意してくれます♪ セットの「お茶菓子」は、 The Green Green beans 糕 (otocari) is、So soft, so fragile、Let's at hands。...

Taste of beyond popular teahouse "Jioufen Teahouse" age 100 years full of cans tea and horticultural Museum and Art Gallery

地元の名士である翁山英氏の住居跡地を芸術家であるオーナーの洪志勝が写生で足を運んだ際に、Fascinated by the views、 1989 year、彼が28歳の時に「九份」に住まうことを決意され、 Click here to be on the over 100 years old and was renovated、アートスペース兼茶芸館として再生させたお店「九份茶坊」「基山街」沿いに面しており手描きの「茶・陶・画」と描かれた暖簾が目印です候孝賢監督の「戯夢人生」のロケ地でもあり、 Cozy little hideaway shop like there's、そしてこの茶藝館からの景色が最高です♪ 店内は、An antique appearance picturesque quaint.、 Landscape was established、 Teakettle and arrange 1 row、焙煎した芳ばしいお茶の香りが広がり癒やされます♪ 階段を降りれば地下1Fのカフェスペースへと続きます♪ まるで隠れ家のような地下1Fフロア。 Café space、Has also sold space on tea and tea set、 both、Buy art works that involved the owner and his wife and tea are available。 In addition to tea sets the display showcase、 建物の耐久性を高めるために追加で建てたコンクリート壁もディスプレイ棚として利用されています♪ 階段下には池があり、CARP are swimming freely。 And also quite respectable size of carp、鯉を眺めながらゆったりとした時間を過ごすのも良いでしょう♪ 地下1Fスペースは、Although people can see views of outdoor space、 Mellow and relaxed atmosphere、It can quietly enjoy the tea。 Each table and set up new nested table antique、 茶釜を温める熱源は炭火を利用されているというのもまた風情があります♪ 「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんの元同僚であり現在こちらのスタッフをされているboboちゃんを紹介してくれました♪ 猫アートは奥様の作品♪ 茶器のデザインも多種多様! 茶器以外に陶器や絵画も販売! 「九份茶坊」地下1Fを抜け出すと左手にもう1つのギャラリー「九份芸術館」へと続きます♪ こちら「九份芸術館」では、Enjoy the works of art and space。 1998年8月29日にオープンさせたこちらは長年オーナーの洪志勝が収蔵してきた美術品から台湾国内の新進気鋭の新作までが揃い展示されています♪ 洪志勝の作品 茶杯 一輪挿し 急須 台湾磁器メーカーでお気に入りの「3,co」の作品がこちらにもありました! 3,coは、2003In the porcelain manufacturer founded in Taiwan、 Combined art, design and lifestyle、Have a brand concept to pursue the life aesthetic。 3,coの「3」とは「アート」「デザイン」「ライフ」を表し、 And create an aesthetic combines these three elements、 美のあるライフスタイルを味わってほしいという思いから名付けられています♪ スタッフのboboちゃんがお茶を淹れてくれました♪(謝謝♪) 「頂級東方美人茶」 こちらは夏季の限られた時期のみ生産する烏龍茶です。 Precious tea leaves do not harvested only once a year、蜜のような甘い香りが特徴です♪ 茶葉が入った缶のデザインにはオーナーの洪志勝が奥様を描かれたものもあり、 To have finished with the paper、レトロな趣が醸し出されています♪ 「九份芸術館」よりさらに階段を降り「陶工坊」へ向かいます♪ オーナーである洪志勝が工房としている「陶工坊」。 Many stood crammed with stoneware。...

Explore one of the most crowded is the main street "Jishan st" and the stone stairs "Shuqi Road" in Jioufen!

「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんと その友人でツアーガイドをされている王永山(通称王さん)が案内してくれる題して「高橋&王Presents!ローカルな台湾を知ってみよう!半日夜ツアー!」のお次の目的地は、 Located in the mountainous region located in new Taipei City in northern Taiwan, Sweden,、 海を一望しながら郷愁を誘うレトロでノスタルジックな雰囲気の街並で 日本でも有名な観光名所とされている「九份(ジォウフェン)」の街へ! 車を停めて九份の基山街の入口となる「舊道口」まで歩きます。 Each placemark、セブンイレブンの看板です♪ 前回の記事はこちらをクリック 「九份の基山街」昼夜問わず活気に満ち溢れ土産が揃う九份のメーンストリート http://lade.jp/diary/travel-diary/taiwan/32210/ 昼も夜も変わらず観光客で賑わい「九份」のメーンストリートとなる「基山街」です♪ 商店が所狭しとひしめき合いアーケード街となる「基山街」は雨が降っても観光が続けられる場所でもあります♪ 「九份」の街には100回以上足を運ばれたという高橋賢二(Kenji Takahashi)さんから、 Fun tour while listening to the local Taiwan information。 The last、During a visit here、I pass shops、高橋さんのガイドのおかげで隅々までチェックできます♪ QQ食感で台湾で人気の「紅糟肉圓」。 Crystal clear skin's look like jellyfish in a whole。 Its skin is、Made from glutinous rice or sweet potato starch、Is wrapped in bean red alveolar meat (pork marinated in red yeast rice)。 Chewy texture is a texture is favored by women。 「九份」の肉圓は一般的なものと一味違い、For the kneaded for Beni-Koji in sweet bean paste in the、 Red face to peek from the transparent skin is characterized。 Because the natural colouring is red yeast rice、Also I'm happy healthy foods。 ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」でお父さんが食べていたものが「肉圓では?」と噂になったことから「九份」に訪れては肉圓を食べるジブリファンが多く出没しているのだとか!?(笑) こちらは甘いタレなので、Sweets is not good so we do not challenge here is、 辛い肉圓はのモチモチ食感はなかなか癖になる味わいで美味しかったです♪ お土産売り場のようなアーケード街の基山街はほんの数分の400m程の距離ですがあちらこちらに目をやり蛇行しながら歩くと結構な時間を迎えてしまいます♪ 九份の夜景が見渡せる見晴台はカップルやグループで賑わいます♪ 見晴台から見下ろす「九份老街」の夜景! 「九份」に新しくできた「FUFA(富發牌古著鞋)」! 台中で生まれたシューズメーカーで上質な革靴やお洒落なスニーカーが揃います♪ 九份で最もメジャーな場所とも言える「豎崎路」とは基山街の途中に街の中心を縦に貫く細い石階段のことです。 Stone stairs feel nostalgic red lanterns、こちらが「豎崎路」です。 Makes people feel the aura of tasteful retro buildings on both sides of the red lanterns and stairway.。 台湾の映画監督である侯孝賢監督の228事件を描いた作品「悲情城市」のロケ地ともなっており 日本のガイドブックにもこの路地からの光景が主にクローズアップされており、 It will be good shooting spot。 Those who are confident in the strength、「豎崎路」の上から下までの風景も是非楽しんでくださいね♪ 豎崎路と軽便路が交差する広場には「昇平戯院」という古い映画館があります。 Decorated montsuki hakama and dress their face Panel、 観光客がこぞって記念撮影を楽しんでおりました! あら?あらら? 左に映る彼はまさか台湾のスーザン・ボイルと称される 男性歌手の林育羣(リン・ユーチュン)英語名Jimmy Linではないですよね!?(笑)...

Aiming at the local half-day tour in northern Taiwan to enjoy the "Jioufen" from "Jinguashi"

昨年2015年10月の台北取材旅行にてお世話になりました 「グランドヴィクトリアホテル(台北維多麗亜酒店)Grand Victoria Hotel」の セールスアシスタントマネージャーの高橋賢二(Kenji Takahashi)さんと夕方から再会し台北にお住まいの友人でツアーガイドをされている王永山(通称王さん)を紹介していただき車でグルッと台湾北部(基隆山方面)を回っていただけることになりました!(謝謝!) 題して「高橋&王Presents!ローカルな台湾を知ってみよう!半日夜ツアー!」です♪ 台湾北部(基隆山方面)へは電車またはタクシーやバスを利用することも可能ですが車で台北市内よりおよそ1時間ほどかかる場所なため大きな車を所有している王さんのおかげで移動が楽々です♪ 高速道路を北へ進む道中車内では日本の歌謡曲が流れます王さんの優しい気遣いなのかはたまた常日頃から日本の歌謡曲を愛聴されているかは定かではありません王さんは中国語しか話されないため高橋さんとの会話はもっぱら中国語で話されておりさっぱりチンプンカンプンです(笑) 台湾に移り住み11年という高橋さんは、English、中国語も堪能で中国語に関しては現地の方と間違えられるほどに流暢です。 However,、Occasionally、彼らの会話から聞き慣れた単語が出てくるためどんな話をしているかぐらいは何となくヒアリングできるようになってきました人間の順応性とは素晴らしいものですね♪ 高速からの「台北101 タイペイイーリンイー」その手前のビルは金融センターの「Farglory Financial Center(遠雄金融中心)」で、 This region is、開発が進んでおり昼も夜も楽しめる観光地ともなります♪ 最初に案内してくれたのは「基隆山」や「陰陽海(正式名称濂洞湾)」を一挙に眺められる絶景スポットへ! 前回は昼に伺い黄色と青の2色に染まった不思議な海岸を眺めておりますが夜景は初めての経験です! 到着した頃には既に太陽が沈み夜を待ち受けており数分だけ魅せる青々とした幻想的な夜景を覗かせておりました!(綺麗!) 前回の記事はこちらをクリック 「神秘的な陰陽海が見渡せる金瓜石には千と千尋の神隠しのトンネルが!?」 http://lade.jp/diary/travel-diary/taiwan/32161/ 実は高橋さんも王さんもわたしの旦那様と共通する趣味を持っており「カメラ(写真)」を愛する男性陣なのです互いに自分の所有するカメラを持参しており突然無言で撮影会が行われます! 薄暗い夜では感度やシャッタースピードを調整しながらの撮影はなかなか高度なテクニックが必要ですそれぞれに違う角度からの異なる画角での撮影を楽しんでおり傍から見て、3人の立派な大人の男性はどう観ても3人の少年にしか見えませんでした(笑) 「陰陽海」の奥に光るは漁船の灯火耳を澄ませば静かな波の音が心地良く響き渡ります♪ かつて金の採掘量のその膨大さに「ゴールドラッシュ」の歴史を連ね金鉱で栄えた村十三層遺址を右手に見下ろし眼下には水南洞の集落一帯があり奥には「陰陽海」が広がります♪ 昼の「黄金瀑布」とは一風変わった夜の「黄金瀑布」ライトアップは一切されておらず街灯の明かりのみで撮影していますこちらは瀑布(滝)といっても渓流のような静けさがありとても涼しいです。 Rain water in this region included oozes to the surface veins、Contact with pyrite and arsenopyrite copper、 酸化還元反応と鉄の触媒作用で黄身がかった酸性水の伏流水が湧き出す光景となります。 In the lush green hills Golden rocks are exposed and、Metallic odor and keep drifting。 看板には「大量の重金属が混じっています注意してください」と書かれておりますので、 Touching the water、近寄り過ぎるのは禁物ですのでご注意ください夜の「勸濟堂」にも訪れました。...

Taxi based ride at higher speeds than the Keelung City, Taipei City at night enjoying home

基隆市より高速を走り台北市内へ戻ります時刻は20時をゆうに回っていましたがとても充実した楽しい1日だったため 印象としては夜中まで観光したイメージがあったほどの達成感があります(笑) 高速からの夜景で「台北101 タイペイイーリンイー」のイルミネーションを遠くに見ることができました昼の様子しか見ていなかったためラッキーです! その手前のビルは金融センターの「Farglory Financial Center(遠雄金融中心)」です台北101周辺は夜のネオンが美しいようなので 時間のある方は昼も夜も行かれることをお勧めします♪ 対の王宮のように美しい高層タワーが並ぶのは高級ホテル「GRAND MAYFULL TAIPEI(台北美福大飯店)」さん。 Here is、高級肉食材を取り扱う「MAYFULL(美福國際)」さんの運営する新しい高級ホテルとなります奥に小さく見える円形ネオンは「Miramar Entertainment Park(美麗華自樂園)」というショップングモール内の観覧車ですこの周辺一帯は開発が進んでおり高層マンションホテルの建設等が多く 先日ご紹介した「日本料理 祥雲龍吟」や「RAW ロウ」などの高級レストランがあるビルもこの周辺になります♪ 基隆河に架かりケーブルのフォルムが美しい「大直橋」帰りは空いていたこともありおよそ30分程で中山(ジョンシャン)の街に到着しました♪ 「囍壺人間茶館」 以前「春水堂」だった場所に「囍壺人間茶館」さんが新規オープンされています。 Here is、質の良い台湾茶葉を使用しタピオカミルクティーをはじめとした各種ドリンクに加え お茶菓子や麺類、Lo (suitable for have ウ ェ イ)、点心など幅広いメニュー展開となっています中山の街に着くと突然テリーさんが車を降りてこちらのお店「囍壺人間茶館」に入店し何かを購入しているようですわたし達は車の中で待機しテリーさんの戻りを待っていたのですが 何と!テリーさんからお別れの餞別を頂いてしまいました!(感動) テリーさん謝謝! 「珍珠奶茶(タピオカミルクティー)」NT$75(日本円にしておよそ290円) テイクアウトしてプレゼントしてくれた「珍珠奶茶(タピオカミルクティー)」は タピオカ用の太めのストローで簡単に吸い上げれるタピオカがゴロゴロと入っており 上品な香りと優しい甘味のミルクティーと一緒に飲み込る程好いサイズ感のタピオカですそれでいてモチモチの弾力は面白くあっさりとしているミルクティーはとっても美味! 思わずあっという間に飲み干してしまいましたタピオカミルクティーって甘過ぎる飲み物で苦手と思っていたのですがこれで苦手意識を克服することができました♪ テリーさんがお土産に持たせてくれた「牡丹仙子」の団扇艶やかな牡丹の花の妖精が描かれています夜市でいただいた食事代金を合計しお支払いを済ませ名残惜しくもお別れの時がやって参りました。 Mr. Terry.、日本語がとってもお上手でとてもハートフルで親切な方なので 心と心でコミュニケーションが取れる素敵なドライバーさんだと思います。 Nothing else、タクシー料金や高速料金さらに待機料金込み込みの1日貸切でこの価格は格安です! 多くの日本人観光客の方に、1日観光タクシーツアーをお勧めしたいと思います♪ 台北旅行記の特設ページはこちらをクリック! タクシーツアーで巡る観光スポットを一挙にご紹介! パソコン用 http://lade.jp/taiwan/ スマートフォン用 http://lade.jp/category/diary/travel-diary/taiwan/...

Scroll to top