"Palais de Sin Taipei, international morning buffet style breakfast final day

Taipei main station and directly linked、大型ショッピングモール「Qsquare 京站時尚廣場(キュースクエア)」に併設されるデザイナーズホテル「君品酒店 Palais de Chine Hotel Taipei(パレ・デ・シン)」にて台湾取材旅行の最終日の心地良い朝を迎えます! 6階フロントの隣にある「君品酒店 雲軒 La Rotisserie(ラ・ロティスリー)」が、Morning 6:30-10:00To the breakfast room and、多国籍な料理が揃うブュッフェスタイルの朝食を楽しめます! レセプションにて部屋番号を提示し席へと案内していただきましょう! ホールは2フロアに分かれており、Left hand became a sofa seat and 腰掛kereru、Giving out chandelier、しっとりとした落ち着きのあるカフェのような佇まいを醸し出しています! 天井には「LDC 雲朗觀光 Hotels & Resorts Group "of the image of clouds on the group while、Hotel name "your product" of decorated design mirror image of "products"、Because mirrors on every wall or ceiling、Deep feeling.、賑やかな空間が広がります! 中央カウンターには、Colorful salad using vegetables, cheeses and cold meats、There are cold dishes, such as salami。   In the open kitchen counter、Ingredients according to season various kinds of hot dish is the sequence、充実のラインナップです! どの料理も美味しく、Hotels in popular therefore lively breakfast、Were multiple languages、Found in each happy meal scenery、華やかな雰囲気が漂います! 「オムレツプレート」 いつもの如くオーダー毎に仕上げてくれる作りたてのオムレツを頂き、Salad and Bacon、ポテトなどと一緒にワンプレートに盛り込みます! 「特製ビーフシチュー」 朝からビーフシチュー!?と思われるかもしれませんが、This beef stew is a taste of authentic stew with tender Braised beef soup、1Giving the vigor and vitality of the Sun! Personally、Rather than eat beef、ゴロゴロ野菜をたっぷりと頂くのがお勧め! 「自家製パン」 食事パンとなるクロワッサンやバゲット、In reznnutsbread、おやつパンにもなる甘いデニッシュ系のパンなども多種多様に揃う焼き立ての自家製パン! 「和食膳」 和食ブースに揃う焼き魚の秋刀魚や煮物、CHOY, pickled vegetables、Dashi soup over rice dried plums and green onions、海苔を飾ってアレンジすれば雑炊に! 「うどん」 雑炊にも使用した出汁スープにうどんや蕎麦を入れてかけうどんかけそばに! 「台湾式揚げパンの油條」 台湾の朝御飯では良く知られる台湾式揚げパンの油條は、Wrapped in a thin egg、甘辛のタレにつけていただきます! 「大根餅」 一度食べたらそのもちもち食感に病み付きになる大根餅! 米粉に中華ソーセージや干し海老などを混ぜ込むため、A simple Dim sum.、風味が豊かに楽しめます! 「シンガポールのラクサ」 シンガポールや東南アジアで人気の麺料理であるラクサ! 海老などの出汁を用いたスープに独特の香辛料が利いたコクのあるスパイシーなスープに、Join the mellowness of coconut milk、米粉麺のさらりとした食感とその甘辛さが後引く美味しさとなります! 「フルーツ&ヨーグルト」 食べやすいサイズにカットされた旬のフルーツに自家製ヨーグルトをいただき 腸活! 食事を楽しんだ後はホテルから台鐵台北車站までの道のりを散策!ホテルから目の前の「台北駅A1」まで、There are up and down the stairs、徒歩5分圏内となり便利です! わたし達は長期滞在でスーツケースが大きいため、To become the most bitter stairs move airport transportation is taxi transfer、Less baggage?、新たに開通された「台北駅⇔桃園国際空港」を繋ぐMRTでの移動もお勧め致します! ホテルのDirector of Sales & Marketingの李佩蓉(Pei Jung Tania Lee)と流暢な日本語が話せるSales Manegerの黄淑萍(Alice...

Palais de Singh Taipei restaurant boasts Prime Steak and lobster Festival!

  台北駅直結のデザイナーズホテル「君品酒店 Palais de Chine Hotel Taipei(パレ・デ・シン)」の6階レストラン「君品酒店 雲軒 La Rotisserie(ラ・ロティスリー)」にてランチタイム! レストランもホテル同様に建築デザイナーである陳瑞憲(Ray Chen)が手掛けられており、Giving out oozes style of European design、Use multiple mirrors and chandeliers、しっとりとした落ち着きのあるダイニングを演出しています! こちらはオールダイニングとなり、Organic vegetables and seafood、In a lavish buffet of sweets, they line up、Lunch and dinner、Semi order style choose a main dish and、Now、産地直送の活きた天然カナディアンロブスターとレストラン自慢のプライムショートリブステーキの組み合わせで提供する「ステーキ&ロブスター祭り」が大人気となります! 中央カウンターには、20And organic vegetable salad、Grissini or cheese、Dried fruit, rich、Logs and hemp、Has been pretty CHOY, bucket、目でも楽しめるディスプレイとなっています! 特に、Providing fresh sashimi mackerel always and per order to hold Sushi Japanese food booth、外国人観光客に喜ばれています! 以前、When you visited the "King crab crab & lobster Festival" has been held、Was covered in bright red de flashy display、This time, the tuna whole and addon to display one、Has been the Director of the large and powerful、From fun to guests and、様々な企画をスタッフ間でアイディアを出し合い実行されているようです! オーダーしたメインディッシュが提供されるまでは、"Salad" fulled of organic vegetables and tuna or salmon、〆 Mackerel and other luxurious "stinging Mori"、Our balanced, "soup of the day (* this, rich mushroom).、ブッフェを楽しみましょう! ①「ロブスター&プライムショートリブステーキ(6oz)」2,180TWD+10%(日本円約8,870円) 丸ごと一匹のロブスターは熱々にボイルされ提供! 殻から取り外す作業は、If you ask the staff、So so easy to eat in spectacular which will Peel cleanly、プリップリの肉厚な食感を贅沢に楽しみましょう! ②「USDAアンガスビーフショートリブステーキ(6oz)」1,980TWD+10%(日本円約8,060円) レストラン自慢のステーキは、And 相思樹 fragrant and savory roast beef、Recommend salt, not simply in the source! The short rib steak thick、At Jussieu soft、噛めば噛むほど味わい深い一品! 食後は、There, looking gorgeous in、So very tasty Petit desserts in the eyes、食後のコーヒーと共に頂くと良いでしょう! ラ・ロティスリー(La Rotisserie)雲軒西餐廳(6階) 営業時間:Breakfast:6:30-10:00 Lunch:11:30-14:30 Afternoon tea:15:00-17:00 Dinner:18:00-21:30 パレ・デ・シン(Palais de Chine Hotel)君品酒店 所在地台北市承德路一段3號 TEL:+886 2 2181 9999...

"Palais de Singh Taipei, rooms is classical and modern antiques, filled with restless.

台北駅地下街と直結の好立地ホテル「君品酒店 Palais de Chine Hotel Taipei(パレデシン)」にてお世話になる客室を御紹介! こちらでは、97 single rooms、175 rooms、Suite 12 rooms、Presidential Suite and Vice Presidential suites, each one provided by guest、Provides a total 286 guest rooms and comfortable rooms、Standard floor, 7th floor ~ located on the 12th floor、エグゼクティブフロアを14階~16階に設けています! 一般フロアである7階~12階は、Used khaki colours、Fabric has been used。 Executive floor is 14 floor ~ located on the 16th floor、In a modern and chic attire、Extensive use of colours full of restlessness and high-quality wood、And image of horse-drawn carriage ceiling hallway、緩く描かれたカーブデザインが印象な造り! ゲストが自由に楽しめる図書スペースが設置されているのも魅力の1つです! 1437号室「プレミアスイートルーム(Premier Suite)」20坪 / 67㎡ 高層階エグゼクティブフロアのコーナールームとなるこちらは、Classic modern furnished design rooms、落ち着き溢れる空間を提供! 入口には、And for greeting the guest parlor、奥には寛げるリビングルームを配置! テレビモニター内蔵で独自に開発された「eバトラー」システムでは、With one remote control such as air conditioning and lighting adjustments possible and、Most recent audio、Video systems are equipped、機能性と豪華さを併せ持った空間で快適ステイ! 無料貸出スマートフォン「handy」に加え、In the suite、A special new feature、人工知能のAIスピーカーである「Google Home(グーグルホーム)」を設置し、"OK!! Google!! ◯ ◯ you! "And to them that、You can play background music flowing from the dimming of lights and speakers、Just skim the top of the unit circle, draw with your finger as well as adjust the volume and、And equipped with high-tech features of the superior、とっても便利です! セミダブルベッド2台またはキングサイズベッド1台のベッドルームは広々としたスペースを確保し、Mattress、英国主室御用達の名誉を授かっている「Slumberland UK(スランバーランド)」を使用しており、In the General and executive floors divided grade mattresses、安眠を保証! 窓際に設置されたバスルームは開放感に溢れており、Provides helpful tub Chair of velour、お姫様気分に浸れます! エグゼクティブフロアの特典としては、17-Floor private Executive floor lounge "Le Salon (Le Salon) * not allowed to take" freely available and、Breakfast and snacks、ドリンクなどが用意されています!オーナーの貴重なアンティークコレクションの一部が開放されているとても素敵な空間となります! 1227号室「デラックスルーム(Deluxe Room)」11坪 / 37㎡ 開放感に溢れ利便性の高い空間使いは、Chen Rui, (Ray Chen) of architects and designers that specialize in、By separating and basin boundary in the mirror one here a work desk、壁による圧迫感を無くし奥行きが感じられます! こちらの鏡は半回転型で、You can light a small round lights on the mirror switch provided on the side、女性はメイクをする際にとても便利です! デスクの引き出しには、Stationary goods also set、For in the hotel all have free Wi-Fi、ビジネスにも有効です! 大理石のバスルームは、Corner placement round bathtub、Is equipped with separate shower room and toilet with Washlet、充実の設備となります! 一般フロアとエグゼクティブフロアでは、Although not much different from design、The difference is seen in the attention to detail performance speaker and TV sizes and room、For both decorated antique furniture、落ち着く雰囲気でゆったりとした時が過ごせます! パレデシン(Palais de Chine Hotel)君品酒店 所在地台北市承德路一段3號 TEL:+886 2 2181 9999 http://www.palaisdechinehotel.com/ja-jp/ PHOTO ALBUMはこちらをクリック! 2018/4/26台湾旅行/Palais de Chine 君品酒店 https://photos.app.goo.gl/Gw6KMNCmMpXLPWwQ7 ...

Palais de Sin Taipei lobby European Castle reminiscent to five-star hotels

Located to the North of Taipei train station、台北市の市政府との共同プロジェクトとして建設された大型ショッピングモール「Qsquare 京站時尚廣場(キュースクエア)」に併設され台北駅地下街と直結の好立地ホテル「君品酒店 Palais de Chine Hotel Taipei(パレデシン)」へ! 2010年5月にオープンして以来、The hotel attracts attention、Chen Rui, (Ray Chen) in the prominent architects and designers has been handled、ヨーロッパの風格を漂わせるデザインが大人気! 賑やかな台北駅周辺に浮かび上がる真っ赤なサインは一際目を惹き、The logo image of stamp、ホテル名である「君品」の文字が品格を表しています! 「君品」とは、Means "King of quality"、パレデシンは台湾で初のホテルチェーンブランド「LDC 雲朗觀光 Hotels & Resorts Group」が運営される5つ星ホテルです! ホテル1階は、And the Concierge counter in entrance hall、Decorated with glittering chandeliers and high-quality velour curtains、存在感溢れる等身大のアンティークな木製馬が展示されておりインパクト大! ホテル1階からエレベーターに乗り込み、6階のフロントカウンターへ! こちらの2~4階は併設されているデパートとなっています! 6階フロントロビーは、Colours and shades of dark tones filled with restless、Using quarried rock walls, chandeliers and wall、And is the image of the European、新しいデザインながらにクラシカルな要素を上手く取り入れられています! 流石、Due to Chen Rui, (Ray Chen) design、And directing the depth of the atmosphere light and mirrors using good, atmosphere and space, such as、とってもクールな世界観が漂います! フロントには日本語が話せるスタッフもおり安心のチェックイン! ホテルのDirector of Sales & Marketingの李佩蓉(Pei Jung Tania Lee)と流暢な日本語が話せるSales Manegerの黄淑萍(Alice Huang)が、In your busy schedule、出迎えてくださいました! こちらのホテルは「World Luxury Hotel Awards」にて3年連続で受賞され「台湾観光局」が認める「5つ星ホテル」の名誉も授与!また厳しい審査基準をクリアした一定の独立系ホテルなどが加盟できる「Preferred Hotels & Resorts」のグループにも台湾で初めて加盟され名声を得ております! さらに、Speaking of the hottest this year、ホテル内の中華料理レストラン「君品酒店 頤宮 Le Palais ル・パレ」が「ミシュランガイド台北2018」にて、Three-star Michelin、And the State is now followed by booking 3 months waiting、台北でも圧倒的に人気の高いホテルとなります! パレデシン(Palais de Chine Hotel)君品酒店 所在地台北市承德路一段3號 TEL:+886 2 2181 9999 http://www.palaisdechinehotel.com/ja-jp/ PHOTO...

Taipei Station direct connection good location! Full of dignity of Europe "Palais de Chine Hotel" Accommodation article!

Located on the North to Taipei main station、Taipei City was built as a joint project with the Government of、 Large shopping mall "Q square (cue square) Beijing railway station: Takashi square" in that "Palais de Chine Hotel (paredesin) you Shanghai" is、Connected to the underground station, Taipei, boasts a perfect location。 2010Since opening in may、The hotel attracts attention、 Chen Rui, (Ray Chen) in the prominent architects and designers has been handled、 Décor oozes style of European design。 A red sign emerges around a bustling Taipei main station、 The logo image of stamp、ホテル名である「君品」の文字が一際目立ちます! 「君品」とは、Means "King of quality"、パレデシンは台湾で初のホテルチェーンブランド 「LDC Hotels & Resorts Group(雲朗観光)」が運営される5つ星ホテルです。 This time、Factors marked the stay at this hotel、やはり台北駅直結という好立地でした! パレデシンの多大な魅力を感じていただくためにも、As the accommodation article summary page created at Ki。 And considering the Taiwan trip、From around Taipei main station with your stay、 または既にパレデシンを御予約された方に是非ともご覧いただきたいと思います♪ ヨーロッパの風格漂う 5つ星ホテルへチェックイン! クラシックモダンな客室 エグゼクティブデラックス 多国籍に富んだ ブッフェスタイルの朝食 女性GMに日本伝統工芸品である松井機業の「しけ絹」を贈呈! 芸術的な美空間に最新設備を 投じた機能的な施設紹介! フロア毎に異なる 細やかなディティール! 品格溢れるホテルを チェックアウト! 「La Rotisserie(ラ・ロティスリー)雲軒西餐廳」平日限定ロブスターとタラバ蟹祭りを開催! 「Le Palais(ル・パレ)頤宮」で広東料理を中心とした料理長お勧めの豪華なアラカルトディナー! ホテル近くのエリア情報 台北の問屋街「華陰街」 卸売り問屋が連なる専門店街! ホテル北側周辺を散策し 「台北当代芸術館」へ ホテル近くの珈琲スタンド 「EAVES COFFEE」 Palais de Chine Hotel(パレデシン)君品酒店 所在地台北市承德路一段3號 TEL:+8862-2181-9999...

"Palais de Chine Hotel" Check out the dignity full of appearance and hospitality rich hotel !

Located on the North to Taipei main station、Taipei City was built as a joint project with the Government of、 Large shopping mall "Q square (cue square) Beijing railway station: Takashi square" in that "Palais de Chine Hotel (paredesin) you Shanghai" is、Connected to the underground station, Taipei, boasts a perfect location。 2010Since opening in may、The hotel attracts attention、 Chen Rui, (Ray Chen) in the prominent architects and designers has been handled、 Décor oozes style of European design。 A red sign emerges around a bustling Taipei main station、 The logo image of stamp、ホテル名である「君品」の文字が一際目立ちます! 「君品」とは、Means "King of quality"、パレデシンは台湾で初のホテルチェーンブランド 「LDC Hotels & Resorts Group(雲朗観光)」が運営される5つ星ホテルです♪ 落ち着き溢れるダークトーンの色調を基調とし、 Using the walls quarried rock walls and chandeliers、And is the image of the European、 新しいデザインながらにクラシカルな要素を上手く取り入れた6階のフロントロビー♪ この日は台北駅から台湾の最南端である墾丁(Kenting)に向かうため、Early flights。 After breakfast、In a room packed up immediately、 フロントスタッフのRuby Changにチェックアウトをお願いしました♪ ホテル1階のコンシェルジュカウンターにて待ち合わせ場所となる台北駅東三門までの道案内を伺います♪ コンシェルジュのWei Huangが待ち合わせ場所まで荷物を運びながらエスコートしてくれるとのことで大変助かりました♪(謝謝♪) 今回は長期滞在であったため、And well over the 20 kg suitcase weight is、 And that's hard with this suitcase and go underground、 台北駅東三門までは徒歩だと10分かかるとのことでタクシーを手配してくれました♪ Assistant General Managerの陳冠雅(Jennifer Chen)がお別れの挨拶に出向いてくださいました!(謝謝!) 今回、Factors marked the stay at this hotel、It was located in Taipei train station directly connected。 Try to stay real、パレデシンの名に恥じない品格に溢れたその造りや、 Hard surface concept to attractive natural are understandably、 Introduction to 6 year anniversary at this year's、I felt the novelty of various ingenuity that month does not feel too much。 Also、In terms of software、That bundling many hotels group company、Developed with the experience of hospitality、 And、In women's Manager and Assistant Manager standing on the、I feel attention unique to women。 In addition、Thoughts of the owner making andanalyzed 1人1人 staff、Providing services。 The charm of the hotel、やはり「人」であると確信。 You can feel fully comfortable in there can、心休まる滞在となりました♪ タクシーに乗ることおよそ5分で台北駅の端にあたる東三門手前に到着しました! 天候にも恵まれた台北3日目の朝は台北駅より新幹線に乗り込み台湾の最南端である墾丁(Kenting)に向かいます♪ Palais de Chine...

"Palais de Chine Hotel" "La Rotisserie" Buffet -style breakfast that incorporates also Japanese food

Connected to the Taipei main station、Large shopping mall "Q square (cue square) Beijing railway station at, square" in designer hotel that features a "Palais de Chine Hotel (paredesin) you Shanghai",、6La Rotisserie (La Rotisserie) cloud hotel Western restaurant procuratorial floor at the front next to the morning 6:30-10:00To the breakfast room will be。 Breakfast is buffet style and、 ランチとディナーはセミブュッフェスタイルで楽しめるオールダイニングです♪ 広々としたメーンダイニングが用意されており、 Center counter、There was a cold dishes such as salad and appetizer、 In the open kitchen counter、Are a wide variety of hotdish。 特に注目すべき点は日本料理の充実でしょうか♪ 奥のカウンターには、Soba noodles with poached egg and、 日本の朝食の食卓には欠かせない納豆までもが用意されています♪ 蕎麦は冷たい汁が用意されており、Enjoy with a chilled soup。 Topping、Chopped seaweed、Green onions、七味唐辛子です♪ 「秋刀魚の塩焼き」までもが用意され、This rice、Miso soup、Put the pickles、 完全に和定食の完成です♪ お茶漬けとしていただけるよう、In an earthenware Pan there are bonito based soup、 「サーモンのお茶漬け」となっています。 The boiled rice in Japan、That seems to be common or "white rice"、こちらの茶漬けは「酢飯」だったため驚きました! 秋刀魚の塩焼き、Chirashi sushi、Ochazuke.、Poached egg、Summarizes the "Japanese" style, with assorted pickles。 Taiwan and Chinese cuisine、Those who got bored with, such as the European、最高の朝食でしょう! 我が家の旦那様も「ご飯党」なためこれには大喜びでした♪ お茶漬け用に用意された出汁を使い旦那様が面白い食べ方を編み出しておりました(笑) 白米と出汁で梅茶漬け! 蕎麦と出汁でかけそば風! 米麺と出汁で和風フォー!? 目の前で旦那様がありとあらゆる素材を組み合わせて和食を生み出して楽しんでいる間わたしはいつも通りに洋食スタイルで紅茶を楽しんでおりました(笑) ブッフェスタイルの朝食では、To adjust the volume, and、 夫婦でも好みに合わせて料理をセレクトできるところが良い所でもありますね♪ La Rotisserie(ラ・ロティスリー)雲軒西餐廳(6階) 朝食:6:30-10:00 Lunch:11:30-14:30 Afternoon tea:15:00-17:00 Dinner:18:00-21:30 Palais de Chine Hotel(パレデシン)君品酒店 所在地台北市承德路一段3號 TEL:+8862-2181-9999 http://www.palaisdechinehotel.com/ja-jp/...

An à la carte dinner at "Le Palais" Palais de Sin Cantonese cuisine with a gorgeous!

Designer hotel of Taipei train station directly connected "Palais de Chine Hotel (paredesin) you Shanghai" in Le Palais (Paris) Summer Palace Chinese restaurant on the 17th floor, Cantonese cuisine mainly、 Dim sum and dim sum、Or the Teochew variety Chinese cuisine, Shanghai cuisine menu will be available。 Chef Chen Wei Qiang (Chen)、In the famous hotel restaurant experience、 While responding to the various needs of guests、Always challenging new recipe、 オリジナルメニューを生み出しています♪ 「Le Palais(ル・パレ)頤宮」は2010年のオープン以来、This year celebrates its 6th anniversary。 陳偉強(Chen)シェフの料理に対する真心と信念のもと、 Many foodies and culinary creations to produce、Has received numerous awards。 In addition、両岸グルメ文化フォーラムの「10大レストラン」では、2012And in 2013 has been elected two years continuous。 After that、2015Significantly redesigned menu,、 Popular Cantonese、Fuzhou、Sichuan cuisine in addition to intact new Shanghai cuisine and creative new menu、 Bring excitement and surprise to many foodies、人気を博しています♪ レストランのエントランスにショーケース内に収められたビール瓶が気になりMarcom Managerの王筱瑩(Zara Wang)とVIP Services Asst.Mgr.の嚴嵐(Lydia Yen)に伺ってみました♪ アルコール65度の世界で2番目にアルコール度数が高いビールその名も「Armageddon(アルマゲドン)」! イギリスの26歳の若き経営者2人が営む醸造所が作り出したというビールで、 A new beer was developed in the United Kingdom、It is called buzz beer。 「Armageddon(アルマゲドン)」を生産しているのはスコットランド地方アバティーンシャー州のビール醸造所「Brewmeister(ブリュー・マイスター)」。 Unlike a typical beer manufacturing method、Leaving ice-free frozen wort in the fermentation stage in alcohol、 Are produced by frozen water to get rid of high-alcohol beer。 Really taste it's "amazingly smooth.、It is not painful such as Tequila or whiskey。 Current、Has been with the world's highest alcohol content beer、 In the new beer was brewed at the brewery、アルコール度数67.5度の「Snake Venom(スネークヴェノム)」となります。 If you have the opportunity、どちらもチャレンジしてみたいものですね♪ エントランスホールには馬の水飲み場をイメージして造られた馬水槽が設置されており、 In fact、Is the sound of falling water is cool。 空間造りには中国の伝統的な屋敷のデザインを用いています♪ パレデシンは、Themes on the design style of the Napoleonic era Europe、 中華レストランの「Le Palais(ル・パレ)頤宮」は、Giving out interior fusion of Western and Eastern cultures、 Shop、Maine dining, private room、Each room provides for、 用途に合わせて利用することができます♪ 色鮮やかな鳳凰をテーマに描かれた画は、The paper was printing a special statistic、 まるで本物の刺繍が成されているかのように細部にわたって立体的に再現されています♪ メーンダイニングは、In the space and partition lacing、And provides a 6 seat round table。 Perched on a Chair in the velvet with tassel、皆で楽しく食事を囲むことが可能です♪ 半個室は屋形舟をイメージ! 西洋のテイストをミックス! モダンな中華スタイルに美しい壁画!...

"Palais de Chine Hotel" "La Rotisserie" Being held weekday limited lobster and king crab crab festival!

Designer hotel of Taipei train station directly connected "Palais de Chine Hotel (paredesin) you Shanghai" a、 This year marks the 6th anniversary in 2016 to、 Many guests to use、We'll provide the happiness、6-Floor restaurant "La Rotisserie (La Rotisserie) cloud Hotel West 餐廳" held the event! "Lobsters and all you can eat King crab Festival! "And is、3Than a month Monday-Thursday on weekdays with limited、 Lobster and crab dishes, 12-15 and providing、 In the other food is our buffet、 営業時間内で時間制限を無くし食べ放題にされています♪ 営業時間 ランチタイム12:00-14:00、Dinner time 18:30-21:00 Alone like 2,178TWD+10% (Japan Yen:約7,840円+10%) (全額先払いまたは当日現金支払いの場合サービス料の10%を割引) ホテルツアーを終えてMarcom Managerの王筱瑩(Zara Wang)と VIP Services Asst.Mgr.の嚴嵐(Lydia Yen)と一緒に6階レストランへやって参りました。 Got this time was present as an interpreter of the、In the friends of Taiwan、And worked as a graphic designer、 By running running running ZouZou Design Studio、 Coffee lover's interest、気軽に立ち寄れるポップアップ珈琲スタンド 「EAVES COFFEE」を立ち上げている李培熏(Lee Pei-Syun)くんです!(謝謝!) レストランも著名な建築デザイナーである陳瑞憲(Ray Chen)が手掛けられており、 Oozes style of European design。 Use multiple mirrors、•The chandelier、 しっとりとした落ち着きのあるカフェのような佇まいを醸し出しています♪ 中央カウンターには、20And organic vegetable salad、 Grissini or cheese、ドライフルーツなども豊富に 丸太や麻袋、Has been pretty CHOY, bucket、目でも楽しめるディスプレイとなっています♪ 品数豊富なオーガニック野菜! プティサイズのデザート尽くし! 台湾フルーツやジュースも盛り沢山! 毎週月曜日はメニューが変わるとのことで、 On this day exactly well Monday at the time was、新作メニューをはじめ12種類~15種類の料理が並びます♪ 奥のカウンターには、Sushi counter seating、 To have your image of Japan、Gates are used as one of the display。 Hold per order、面白いパフォーマンスも楽しめます♪ 大迫力のロブスターとタラバ蟹のタワー! 味わいの異なるロブスターやタラバ蟹の料理以外にも、Cooked in front of oysters and abalone、 American steaks baked in the oven cut on the fly、レストランならではの豪華な料理が盛り沢山です♪ 澎湖諸島で漁れる新鮮な生牡蠣のコーナーも大人気です! 檸檬をギュギュッと搾っていただくのが定番ですが、 In a wide variety of original source plus changes in taste、お好みのテイストを探してみてください♪...

"Palais de Chine Hotel" Delicate detail that is different in the executive floor and the general floor!

Connected to the Taipei main station、Large shopping malls "Q square (cue square) Beijing railway station at, square" to the designer hotel "Palais de Chine Hotel (paredesin) you Shanghai" of offers、 97 single rooms、175 rooms、Suite 12 rooms、 Presidential Suite and Vice Presidential suites, each one provided by guest、 Provides all 286 guest rooms、 Standard floor, 7th floor ~ located on the 12th floor、14th floor, Executive floor and imposes on the 16th floor。 On the Executive floor、Feeling restless filled with dark-colored thick cloth、 Wood is used in abundance、It is wrapped in a luxurious space。 In addition、Guests staying on the Executive floor、 嬉しい特典として17階に位置するVIPラウンジの「Le Salon(ル・サロン)」を自由に利用できます♪ こちらは15階のエグゼクティブフロアにあたる1520号室「Executive Deluxe(エグゼクティブデラックス)」とです。 We visited this time as usual if that season is、In showing the hustle and bustle of the unexpected、 And almost no availability status、「Suite(スイート)」などのハイグレードな客室の見学ができませんでしたエグゼクティブフロアと一般フロアの違いやスタンダードなタイプの客室を御紹介します♪ 「Executive Deluxe(エグゼクティブデラックス)」 広さ37㎡の「Executive Deluxe(エグゼクティブデラックス)」は、 Classic modern furnished design rooms、Provides the space filled with restless。 Sharing with your room we are indebted、The only difference is built inverted。 独自に開発された「eバトラー」システムでは、With one remote control such as air conditioning and lighting adjustments possible and、 Most recent audio、Video systems are equipped、機能性と豪華さを併せ持った空間で快適ステイ! マットレスは英国主室御用達の名誉を授かっている「Slumberland(スランバーランド)」を使用しており、 In General and executive floors are separated grade mattresses。 In addition to、In the General and executive floors、Although not much different from design、 TV、Is loudspeaker manufacturer and performance differences.、Difference is seen in the attention to detail of the Interior。 For the antique-style furniture decorated、ゆったりとした時間が過ごせます♪ 一般フロアは、And widely used khaki colours and fabrics、ライトな仕上がりです♪ こちらは一般フロアにあたる7階707号室「Superior(スーペリア)」です♪ 「Superior(スーペリア)」 一般フロアの「Superior(スーペリア)」とエグゼクティブフロアの「Executive Superior(エグゼクティブスーペリア)」は、 Size 30 m² and the same comfortable life、Although not much different from design、 Grades of mattresses and TVs、Is loudspeaker manufacturer and performance differences.、 Furniture is installed、Difference is seen in the attention to detail of the Interior。 こちらはシングルベッドのツインルームとなります♪ スペースの関係で、It differs from bathroom build。 一般フロアもエグゼクティブフロアも「Superior(スーペリア)」こ関しては、 Will be integrated with a bathtub and shower design。 独立型のウォシュレット付きのトイレは全室完備されています♪ ホテルツアーはMarcom Managerの王筱瑩(Zara Wang)と VIP Services Asst.Mgr.の嚴嵐(Lydia Yen)にお願いしています。 The space your sense of freedom and convenience、Chen Rui, (Ray Chen) of architects and designers that specialize in、...

"Palais de Chine Hotel" Introduce a functional facility who cast the latest equipment to artistic beauty space!

「Palais de Chine Hotel(パレデシン)君品酒店」の「君品」は「帝王的な品格」を意味しており「パレ・デ・シン」とは中国語で「中国の宮殿」をイメージし名付けられています芸術性に溢れるヨーロッパの風格を重んじたデザインに チャイナテイストを織り交ぜることで西洋と東洋の融合より感じられる高級感溢れる5つ星ホテルです♪ Marcom Managerの王筱瑩(Zara Wang)と 日本語が話せるVIP Services Asst.Mgr.の嚴嵐(Lydia Yen)に通訳をお願いしホテルツアーをお願いします♪ ホテルの至るところに出現する「馬」は、Hotel desire want and、 車などが流通するまで「馬」は旅に欠かせない移動手段の一種であったためこのホテルを「旅宿」と定め、Stay in the stable with offer、また「世界中を旅をする」という意味合いを含めホテルの在り方の象徴として「馬」を多用されているとのことオーナー自身もよく自己PRの場で「ホテルオーナー」とは口にせず「旅宿の主です」と主張されているのだとかオーナーの粋な心意気が伝わってきます♪ フロントに展示されている「馬」はLady(レディ)と名付けられており、 We have real Lady-like an elegant appearance。 Wood antique the history of about 200 years ago, antiques、The long long journey was brought from Europe。 Built on real horses in life-size size、 For the horse's mane uses real horse mane、In reality there are tons。 That is possible、乗馬に関しては「200歳のご老体のためご遠慮頂いております」とのこと(笑) 口顎の部分も動くようになっていますが、How long for antiques.、 乱暴に触るのは控えておきましょう♪ エレベーターホールには、Now installed on an unused fireplace。 同じく6階レストラン「La Rotisserie(ラ・ロティスリー)雲軒西餐廳」の前にも 暖炉は設置されており、Seems to be running and there is still cold to greet。 The wobbling and wavering flame of real、暖かさと共に安らぎを与えてくれそうです♪ フロントカウンターが設置されている6階では、 That building, so no change in day and night of、 French classic in the stately and luxurious look、 古城に舞い降りたかのような非日常的な時間を満喫できることでしょう♪ フロントカウンター正面には、Business center seating、 Guests 24-hour system freely available will enable。 Here is the image library of the University, is designed to、Are giving the tranquility and serenity。 On this day、That was used at the meeting, we、 事前予約で貸切も可能となるようです♪ ホテル5階へと降り立ち、We visited the banquet and meeting rooms。 Also at what level、The aroma of pleasant aroma、Makes you feel relaxed mood。 Here is、パレデシンのオリジナルアロマ(ラベンダー・松の木などのブレンド)を焚かれているようで、 Be healed in a soft pleasant aroma。 Actually,、It made scented with an aroma of original Hotel Group。 研gi澄maseba smell、At the original flavor of each of its hotels、 再訪した際に思い出が甦ることでしょう♪ 宴会場のレセプションカウンター 宴会場のレセプションには中国東晋の政治家・書家である「王羲之」の「蘭亭序」が残されており、 Written on screen has power。 「永和九年歳在癸丑暮春之初」と始まる書は、...

"Palais de Chine Hotel" Traditional Japanese crafts Matsui Kigyo the "Shike-Silk" was presented to women GM!

西洋の風格を重んじながらも東洋のテイストを取り入れた 「Palais de Chine Hotel(パレデシン)君品酒店」は、Is building the luxury, the pursuit of aesthetic space。 Filled with a noble atmosphere with artistic antiques and carefully selected imported furniture、 Castles in Europe, and to lobby。 まさに「君品」と称するに相応しい品格に包まれています♪ ホテルツアーに出向く前にGeneral Managerである劉怡秀(Ivy Liu)と Assistant General Managerの陳冠雅(Jennifer Chen)にご挨拶させていただきました!(你好!) ホテルツアーはMarcom Managerの王筱瑩(Zara Wang)とVIP Services Asst.Mgr.の嚴嵐(Lydia Yen)にお願いします♪ 日本語が流暢に話せる嚴嵐(Lydia Yen)が今回の通訳を担当してくださいますGMの劉怡秀(Ivy Liu)は、2016And only appointed in March。 Been appointed yet, heard about two weeks、Female GM and rare as thought to fruition、 「LDC Hotels & Resorts Group(雲朗観光)」では多くの女性がGMとして活躍されているとのこと! GMの劉怡秀(Ivy Liu)は、After graduating from National Taiwan University and engaged in the hotel industry、 Was awarded the MVP is awarded to excellent Manager in 2012、 Even the best general economic management would, as the best GM even then most prestigious in 2014, has been awarded Taiwan Tourism Bureau。 Cheerful bright and excels in language、リーダーシップとしての能力を発揮する劉怡秀(Ivy Liu)は、 Has been striving to service unique female perspective、 日本人観光客にも快適なホテルステイを過ごしていただきたいと語ってくれました!(謝謝!) Marcom Managerの王筱瑩(Zara Wang)は、Is currently troubled big belly pregnant、 The expected date of confinement and coming in June、臨月ギリギリまでお仕事をされるとのこと!(驚) 穏やかな顔を覗かせ、The floor has been supported by the warm support of the hotel friends。 Zara、元気な赤ちゃんを出産してくださいね♪ VIP Services Asst.Mgr.の嚴嵐(Lydia Yen)は、Being engaged in the hotel and it is about 4 years.、 In the graduate school majoring in psychological counseling、Because the intern experience、 Cool particularly to shoot while having the presence of mind、 Is a soft feel the Pocket size、ホテルでの接客にも活かされているご様子です本当に流暢且つ丁寧な日本語を話されるので時折「え?そんな単語までご存知ですか!?」と驚いてしまったほどです♪...

Scroll to top