lade | WEB Magazine, de la Espriella

It's focusing on gourmet, Hamamatsu-Shi, Shizuoka、Overseas travel、To deliver the lifestyle information such as design WEB Magazine alleys

See Wine&Cafe Natsume ' mariage 1, 1 pair with luxury that only taste food and wine

2014/05/26

_RDV0025

Quaint Toyohashi stationTram (Toyotetsu City line:Fare up front uniform adult ¥ 150 child ¥ 80)To transfer、From the front of the 11 thFront of the velodromeOn and off、Shops in which the eyes and nose "Wine&Cafe Natsume"Mr.。The owner is.、Cook is.、And with the Japan certified senior sommelier titleNatsume Haruo.2012/11In the open。At the hideaway restaurant has been open only at night。Luxury11 set at night2Name-8 (or two) of Charter reservation is limited。Without menu、As Natsume's Chef Omakase fish hors d'oeuvres、Vegetable dishes (matahasarada)、The main meat dish、Dessert、Coffee4,000JPY (tax included)Only the SEMICON。Beforehand、An like ingredients and cooking methods、Provide content that incorporates。そして1皿1皿毎の料理にソムリエでもある夏目さんがマリアージュさせたワインをセレクトしていただくのも愉しみの1つです。Restaurant rather than、At Saab are invited to the home of his thorough Buri extremely luxurious time share!

_RDV0026

夏も近付き日が延びたせいか薄暗くなる前に入店。At the entrance、優しい眼差しで出迎えてくれる夏目さんの姿が店名である「夏目」のフォントは美術家でありデザイナーでもあるShintaro ajiokaWas involved in Mr.Ta-gridUse。And、店先のアプローチや店内のリノベーションまでも味岡氏が全て担当し夏目さん自らも現場に立たれ手造りされています。On this day、味岡さん一家にお誘いをいただき夫婦で豊橋まで足を延ばしてみることにしました♪

_RDV0022

Originally, click here、夏目さんがお父様と営まれていた肉惣菜店があった場所をリノベーションされていますその殆どが味岡さんと夏目さんの手作業で、It was peeled off the concrete in front of the shop is the most difficult。剥がしたコンクリートの瓦礫の総量は5tにも及び、After finishing its work,、Natsume back from an injury and got sick one day less。However,、The space born by ajioka, ideas and creativity、From that in Natsume's own joy and love is amazing、Ajioka's work in、We in theBut this far!と自負されているほどです木のテーブルや椅子はリサイクルショップから購入してきた安価な物だと味岡さんは言いますそのテーブルや椅子を最初に見た時夏目さんはDo you use this?And、とても心配されたそうです(笑)しかしそんな家具も味岡さんの手に掛かれば、While retaining the qualities of the original material、まるで違った作品に生まれ変わるのです木を削り、Enjoy the patchwork giving patching、Fix paint colors、By creating the wounds and coming up the antique、Furniture who have completed taste。まさに味岡イズムにより創られた世界がここに在るのです

_RDV0045

The lighting is also considered as wall art wall hanging、Sprig wide made with paper and recycled paper is getting big。Same taste with bare light bulbs to decorate the table lamp shade。そこから漏れる灯りがこのお店の温かみを醸し出しているのです

_RDV0048

錆びたオイル缶を逆さに設置し再利用した照明隙間から零れる光の優しさがどこか懐かしさと温かみを演出してくれるのでしょう

_RDV0013

Although the shops along the road、On the yard、White Oak and sasanqua、And planted shimatrineko、Serve to cut off the hustle and bustle of the outside world、とても落ち着く空間に空間を演出するムーディなBGMと夏目さんの静かでゆっくりとそして淡々と話される聴き心地の良い低音ボイスに耳を傾けながらAjioka y and his wifeAnd the second daughterMiyata AkariMr. is a luxurious dinner together around the Charter start!

_RDV0011

セミコースの流れと共に料理に合わせたワインのセレクトを丁寧に説明してくださいます♪

_RDV0015

2011 TRIMBACH Rhiesling France Alsace 4,500 yen

RieslingThe、The King of Alsace winesAre called、世界で最も関心を集める最も洗練された白葡萄ですTrimbach社のリースリングは典型的なアルザス・リースリングのスタイルでドライでミネラル分が豊富!フランス国内の3つ星レストランなどの一流レストランをはじめ世界中で愛飲されているワイン緑色のエッジを持った美しい黄色偉大なフィネスと気品のある香り白桃のような果実の風味や熟したグレープフルーツやレモンのような爽やかさ徐々に広がっていきミネラルのニュアンスも現れます熟した感じと酸味とミネラル感とのバランスが非常に良く長く余韻が残りますスッキリとした上質な辛口ワインで前菜を楽しみます♪

_RDV0016

Although French cooking techniques、Don't throw away that the Japanese and、夏目さんの曾祖父が所有していた上品な和食器などをはじめ古伊万里などを探しては求めまたは昭和ヴィンテージのノリタケなども購入されており、Ranging them the table。It's made with French bread、Extra virgin olive oilFrom the Middle East and of mixed spicesDuke。ThisDukeThe、Coriander and cumin seeds、Sesame seeds、Almond、クルミを炒って岩塩を加えたもので、Extra virgin olive oil bread dip、In the one stroking this spice to、You can enjoy feeling the palate with complex spice and flavor。No refills of bread!

_RDV0017

店の奥に設置されたキッチンはガラス越しに眺めることができ、1皿1皿に息を吹き込むように丁寧に作り上げていく様を楽しむことも

_RDV0027

Grilled Italian good Lake tap fishing mackerel

Time、セージ、Anchovy、Garlic、EXバージンオリーブオイルを使用し釣られたばかりの刺身にできるHorse mackerelを香草パン粉焼きにふわっとした柔らかさは鮮度の良さを物語っています。And、原産国フランスのウォッシュタイプチーズのMunsterを乗せ、Paprika、Eggplant、アスパラガストマトはじっくりと火入れをしたオーブン焼きにしっとりと野菜本来の甘味と旨みが引き出されたオーブン焼き茄子は、130℃で70分アスパラとスナックエンドウはシシリア産海塩で茹でてからマンステールと共に230℃のオーブンで温めます。250℃14分で焼き皮を剥いたパプリカを内側に封じ込められた水分にザルツブルグの岩塩を加えてマリネとそれぞれの野菜の水分量に合わせて温度を変えての調理法野菜をこのように贅沢に味わえる1皿は久々です♪

_RDV0033

See 2012 Domaine du Nozay SINCERRE"France Loire 5500 Yen

One dish:FricasseeTo use theSancerreのワインをセレクトしてくださいましたロマネコンティのオーナー・VilaineThe real sister of Mr. builtSancerre透明感がありソーヴィニヨン・ブランらしいハーブがかった香りがグラスから真っ直ぐに立ち昇り口に含むと香りからフレッシュな果実味に加えて極めて上質でエレガントな酸味が広がります余韻は細くそして長く繊細な香りと爽やかな酸味にいつまでも包まれます♪

_RDV0034

"Fricassee Trigg caught in Mikawa Bay and clams

Original、貝類でFricassee (that the France home cooked in white sauce)と云う名前の料理は存在しませんがこの30年ほど前から認知されてきたそうです豊橋で搾乳されたバターでネギを煮るように炒めた後に白ワインを加えて煮詰めサリエ(粉を加え)豊橋の牛乳でソースに仕上げられています提供前に浅利やトリガイを順次加熱されザルツブルグの岩塩と僅かなレモン汁でお仕上げ添えられたソラマメはシシリア産の塩で茹で法蓮草は水を使わずに加熱した後紫蘇油で和えて岩塩で調味されています驚くはトリガイとアサリの食感!そして見事なまでに素材に絡み合う優しい味わいの滑らかなフリカッセのソースそしてセレクトしてくださったワインに合わないわけがありません!見た目の華やかさこそありませんが素朴ながらにも料理の素晴らしさと素材の恵みを堪能させていただける1皿です♪

_RDV0037

"2005 Bourgogne Rourge Courtiers Selections" France Burgundy 5000 Yen

新進気鋭のインポーターヌーヴェル・セレクションとブルゴーニュのクルティエによるタイアップ企画「クルティエ・セレクション」日本人でありながらジュヴレ・シャンベルタン村に住み「日本人であるということ」と「自然と人間に対する真摯な畏敬の念」を抱きながら細部にまで徹底したワイン造りに取り組むルー・デュモンの仲田氏がブルゴーニュ現地の4人の百戦錬磨のクルティエたちとタッグを組み各ドメーヌを回り特に気に入ったワインをボトルで買いルー・デュモン・クルティエ・セレクションとして発売しているワイン深みのある果実味とチェリーを思わせる風味そしてしなやかなフィニッシュのワイン。Click here、メーンの「静岡そだち」のローストに合わせていただきます♪

_RDV0036

Roasted leg meat of Shizuoka and raised beef and potatoes

和牛は交雑種主体の渥美産を使わずに黒毛和牛のShizuoka growsUse。緑が生い茂る大自然の中でのびのびと飼育されて育つShizuoka grows湖西の小高い山間に位置する畜産農場のオーナーであるSugamoto ToruMr. loving Cup poured, grew up in the non stressShizuoka growsThe、上質な甘味としっかりとした脂ながらにあっさりとした柔らかい肉質が特徴夏目さん曰く食べ方はミディアム・レアがお勧めジャガイモは品種を問わずヒネ芋を使い、50℃30分加熱後約40分ほどかけて鉄鍋でローストしバターで香り付け。The source is、野菜の煮汁と焼いた鶏がらの出汁を煮詰めたものこちらも見た目の華やかさではなく夏目さんの料理に対する愛情を感じずにはいられない逸品♪

_RDV0038

'Fruit soaked in honey"

苺とマンゴーを45℃で45分間真空調理後に冷やし提供されています蜂蜜漬けと聞くと単に甘ったるさを想像しますがこれは果実の甘味と酸味を活かす程度の蜂蜜を使用されているため食後のデザートとしてさっぱりといただけます♪

_RDV0039

And、ワインが丁度終わる頃を見計らって夏目さんが何やらコーヒーを淹れはじめてくれていますその様子があまりにも静かな佇まいでしたがふと珈琲豆が気になり目をやると・・・!

_RDV0041

Superb coffee beans up toRoughness of uneven groundに驚き、This fascination、食後にあっさりとRoasted green teaのようにコーヒーを楽しんでいただきたいと自らの手で中浅炒りの豆を砕いて粗挽きされているそうです。The coffee is、焙煎によっても淹れ方によっても味わいが異なるものですがこのように飲むやり方はわたしはしたことが無いため初体験です!

_RDV0042

"Coffee"

想像していた通りの香ばしい香りを漂わせるコーヒーは、Exactly whatRoasted green teaのよう!食後の満腹感をすぅっと撫で下ろすかのような喉越しです。The other day、味岡さんの主催された「Wild food Association"In the USDandelion coffeeThe suddenly remembered the gentle and fragrant taste.

_RDV0050

美味しい料理とワインのマリアージュを楽しみながら味岡節が止まらぬ勢いの店内には笑いが絶えることなく響き渡ります貸切ならではの一体感の生まれる空間で贅を味わうとはまさにこのこと家族との大切な記念日や、Casual dating scene、Or spend pleasant time with friends I want to share with、"Wine&Cafe Natsume"Is it reserved?。Ajioka,、Madam、Akari's、Natsume、Also we can be together, looking forward to it!

_RDV0047

wine&Cafe Natsume
Toyohashi, Higashi-tawara-machi 3-2 TEL:0532-61-0670
Closed on Mondays:Irregular opening hours:18:00~ * Appointment only

Toyohashi, higashida-Cho 3-2

Shizuoka Prefecture West Center packed with information on gourmet restaurants in Tokyo, Nagoya and overseas!
Food log version caches to currently provides information on gourmet restaurants in more than 700。
<kakesta>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
Events and cuisine photo WEB album
See the photo album has been taking a Google Photo of lade。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

Chinese cuisine IBE is delicate and elegant taste therefore your senior citizens also enjoy Chinese cuisine Miracle of wine and said enjoy the Château musard made with seasonal vegetables and Duck House dinner
Chinese cuisine IBE is delicate and elegant taste therefore your senior citizens also enjoy Chinese cuisine
Miracle of wine and said enjoy the Château musard made with seasonal vegetables and Duck House dinner

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | lade - Lifestyle WEB magazine | Company Profile | Google
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. I will strictly prohibited unauthorized copy or reproduction of published articles, images