lade | WEB Magazine, de la Espriella

It's focusing on gourmet, Hamamatsu-Shi, Shizuoka、Overseas travel、To deliver the lifestyle information such as design WEB Magazine alleys

At Toyokawa coastal Wildflower cooking Vol.5 in Yutani House by Mr. Shintaro ajioka eating wild plants!

2014/04/28

_RDF0007

Toyohashi station (Aichi)-Tatsuno station (Nagano)195.7kmIn between the94Things stations、Between the average station distance is slightly2.1kmOfJR East Japan IIDA line。Beyond Yuya-Onsen station (middle station) one in the middle of the IIDA line、Walk 5 minutes IIDA towards a peaceful alley、Little House on the red roof comes into view across the tracks past the island crossing of rice。This is the artist.Shintaro ajiokaMr. Villa "Yutani home"Next I。

_RDF0003

Surrounded by green forests and mountains as far as、Peaceful land of cool toilet。踏切もない線路をまたいだ向こうに湯谷の家がありますこの線路を渡らずして湯谷の家には辿り着けません。IIDA line、1時間に1本程度のダイヤとはいえ慎重にスリルを味わって渡りましょう(笑)

_RDF0008

In the House of Yutani、Last year2013March 5Than、The four seasons once、3Society to experience the wild dishes over the years, done and done、2014April 26, (Saturday)The5th "Haruno grass.The meeting will be。On this day、Ajioka, organizers for the invitation、夫婦2人で参加させてもらいました開始時刻より少し早めに到着したものの既に準備に取り掛かる方々の姿が

_RDF0015

Yutani House opposite the UNO-River (uregawa) flows、At the four seasons, so pretty in the planked River stream、現在は新緑の若々しい芽吹きが堪能できます。This time the、Of Yamano grass researcher wild plants can be caught in this area should be masters of the wildGoethe TakahashiWho said food, drink and travel quest露久保 MizueIs it the ajioka, instrument in two different wild foodHospitalityBecause it says to me is fun!

_RDF0084

Round eight real estate groupの平野夫妻も到着されたところで、Wild food Association、開幕です♪

_RDF0009

味岡さん自身も準備に精を出しており陶器を焼く用に使用していた煉瓦の窯を組み直しこの日のメイン料理となるピザ窯を造ってしまったというから驚きです!薪をくべる姿に皆さん興味津々!この窯では野草の野蒜(ノビル)を使用してピッツァを焼いてくれます♪

_RDF0098

20名以上の方々が集い湯谷の家の中では既に用意された20種以上の野草料理たちを前に今か今かと「いただきます♪」の挨拶を待つ皆さん(笑)箸を付ける前に主催者の味岡さんからのご挨拶♪

_RDF0024

囲炉裏を囲んで木のテーブルに並ぶ数々の野草料理たち野草の種類にも驚きましたがシンプルでありながら同じ味わいのものは1つもなく、Wildflowers of each suit in a well represented nature of palate。In its original form are clunky, ajioka, piled up to those wild food color of wild and naturally blend with MO who is also in Kumamoto city.

Spring Wildflower cooking and shinagaki
薮甘草の土佐和えアメリカフウロの胡麻味噌和えウコギ飯タンポポの根のキンピラ浜大根の実の塩茹で虎杖の柴漬け風擬宝珠(ウルイ)の磯部和えタンポポの葉の胡麻和え擬宝珠(ウルイ)のサラダ浅葱焼き野蒜(ノビル)とイカのヌタ二輪草とお揚げの海苔サラダスカンポの浅漬け薮甘草とイカの酢味噌和え浜大根の実と海老の揚げ春巻きイタドリの油炒め山ウド(野竹)の含め煮浅葱と手作り味噌スカンポのおかか和え浅葱のフィッシュケーキ野蒜(ノビル)とモッツァレラの窯焼きピッツァ桜茶タンポポコーヒーと全部で23種の素晴らしい品揃え

_RDF0099

Goethe Takahashiさん(写真右)が手掛けられた野草料理のレシピや野草の特徴など1品ずつ詳細を説明してくださいます特にゲーテ高橋さんのタンポポコーヒーの煮出した香りが部屋中に漂い香ばしくあっさりといただける味わいはとても印象的コーヒー豆を使用しないタンポポの根を使ったタンポポコーヒーはカフェインを含まないため不眠症患者や子供妊娠・授乳期の女性でも飲用でき二日酔いや肝臓便秘にも良いとされていますタンポポは花びらを天ぷらでいただくことはあっても根の部分までいただくことはなかったので余すとこなくいただける食材の素晴らしさを堪能食したことのない浜大根の実の塩茹でなどは、Enjoy a feeling of appetite、珍しい野草料理にも出会え桜の花びらを塩漬けにしていただく桜茶も春の香り優しく食卓を華やかに飾っておりました♪

_RDF0121

Next in line、露久保 Mizueさん(写真右)から手掛けられた野草料理のレシピや野草の特徴など1品ずつ詳細を説明していただきます味岡さんより「天ぷらとかありきたりの調理法ではなく嗜好を凝らして欲しい」と事前に要望があったようで「野草にこういう調理法もできるんだ!」という驚きの発見も多々あり楽しく食事させていただきました女性らしさが溢れる料理として印象的だったのは果実も使うことでさっぱりと仕上げられた二輪草とお揚げの海苔サラダ。And、表面パリッと中はしっとりの浅葱のフィッシュケーキやノビルとモッツァレラのピッツァは野草が立派なメインディッシュになることにも感動しそれ以上に味わいも美味しかったことに大満足です♪

_RDF0094

味岡さんのお嬢様Miyata Akariさん(写真左)は今回の野草料理たちを1品ずつカメラに収めています。In the end、3年かけて作られる四季折々の野草料理たちの本を出版される予定の味岡さん前回拝見したFlower song bookの生花たちの写真集も素晴らしかったですが野草料理と味岡さんの器たちのコラボ集も楽しみでなりません♪

_RDF0126

様々な野草の中には食べられるものまたは毒素があり食べられないものも存在します知識なくして無闇に口にするのは危険です。Like this、野草研究家の方々の安全下であれば自然の恵みを食すことができるのです勉強にもなりますし有難いですね♪

_RDF0155

You've got to each plate with chopsticks、全種の味わいを堪能しようと角テーブルに移動しながら食と会話が進みます♪

_RDF0140

主催者である味岡さん夫妻一皿一口ずつ噛み締めては味わっておいでです前回の時は庭に自生する山葵なども堪能されたようで本当に四季毎の恵みをご存知の御2人です♪

_RDF0158

小さな参加者お子さん達にとってみれば野草料理より自然一杯の遊び場に夢中のようです(笑)開放された縁側春のそよ風を感じながら清流のせせらぎが心地良いBGMとなっています♪

_RDF0181

シャボン玉を膨らませることに夢中の子供達ふわりふわりと飛んでは弾け淡いシャボン玉には緑溢れる木々の姿がキラキラと映し出されてとても綺麗穏やかに過ぎ行く時間の緩やかさ長閑な午後のひとときを過ごします

_RDF0187

味岡さんにべったりのお孫ちゃん味岡さんも愛らしいお孫ちゃんを前にしてはこのほころびようです♪

_RDF0188

味岡さん愛犬のAmyChan,、穏やかな子で大人しく子供達に尻尾を触られても動じずお利口さんです。However,、とてもグルメ犬らしくご飯にはちと口うるさいそうですよ(笑)

_RDF0165

Shintaro ajioka (AJI Morioka taro) 1949 / 愛知県豊橋市生まれ
ART ・デザイン略歴

_RDF0185

1日に数本飯田線電車が走りゆく音に耳を傾けながら過ごしたうららかな春の週末の午後。The next time、野草料理の会は2014年7月12日To「夏」の会を予定されているようです。Also look forward to meet with you!

Shintaro ajioka
http://www.ajioka3.com/


Shizuoka Prefecture West Center packed with information on gourmet restaurants in Tokyo, Nagoya and overseas!
Food log version caches to currently provides information on gourmet restaurants in more than 700。
<kakesta>
http://tabelog.com/rvwr/kakesta/
Events and cuisine photo WEB album
See the photo album has been taking a Google Photo of lade。
lade Photo album
https://plus.google.com/u/0/collection/w6LhRB

See Mitsutoshi & Rie wedding party in portetheater ' of the photo album 4Tromba sindian opened January 23, "ITAYAMACHI BaR itayamatibal the adult city 角baru
See Mitsutoshi & Rie wedding party in portetheater ' of the photo album
4Tromba sindian opened January 23, "ITAYAMACHI BaR itayamatibal the adult city 角baru

Reply

CAPTCHA


lade - life style web magazine | lade - Lifestyle WEB magazine | Company Profile | Google
copyright (C) 2013 lade. All rights reserved. I will strictly prohibited unauthorized copy or reproduction of published articles, images