Drive and dine Ministry statement Chan Kouri island's beaches while Okinawa lunch

沖縄北部の今帰仁村(Nakijinson)にある離島・古宇利島(Kourijima)は、In a circular-shaped upheaval coral island、The area is approximately 3.17 k m²、Makes approximately 8 km around、人口約400人にも満たない小さな島です! 沖縄本島トップクラスの透明度を誇る海に囲まれた古宇利島は、And crystal clear emerald blue、古宇利ブルーとも称される美しい海岸が人気となります! そんな古宇利島は車で10分も走れば島一周することが出来てしまいます! 青い海とサトウキビ畑が広がる大自然に囲まれた古宇利島の長閑な雰囲気を満喫しながら「アクアカーレンタル」のビートル(Beetle)にてドライブを楽しむことに致しましょう! 観光客に大人気の古宇利島の入口にある「古宇利ビーチ」は古宇利島の海産物や土産物を販売する市場や沖縄料理を提供する飲食店や売店などがある施設「古宇利島ふれあい広場」の無料駐車場が利用可能です! 飲食店が並ぶ「食と館」に隣接する市場には、Kouri island in fresh vegetables and fruits is a sequence、Speaking of Okinawan souvenirs of candy "Chin chinsuko. introduction、Sweets using the island's famous "red potato.、Black sugar is made from sugar cane、Okinawa salt rich in minerals、「島とうがらし」を用いた調味料などが勢揃い! 奥には海産物コーナーもあり、Can be bought from the sample the Okinawan-style "sea grapes" or "mozuku.、色々物色しながらお土産を購入! 「ふれあい広場」から徒歩2数分圏内となる古宇利ビーチへと降り立ち古宇利大橋のたもとに広がる真っ白な砂浜のビーチを堪能! 12月のビーチと言えども、Beaches attractions the tourist bus also stops for、砂浜には多くの観光客の姿が見られます! 遠浅のビーチのため、Seems to enjoy the beaches and、To truly swim in temperatures of around 20 ° C is still early for、Issue goes barefoot Beach returns、童心に返って波との追い掛けっ子を楽しみました! 2005年2月8日に開通した古宇利大橋は今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島(Yagajishima)を結ぶ、And causeways of 1960 m in length、通行は無料です! 古宇利大橋を通って屋我地島に渡り対岸沿いにぽっかりと浮かぶ古宇利島を眺めるのも良いでしょう! 屋我地島側の橋のたもとにはガーデンレストランカフェ「美らテラス」があり、Here is、4Two dining and souvenir shop、フリースペースから成る施設となります! 古宇利大橋の全景を収めるには「美らテラス」内にある展望台からの眺めが最高です! 展望台には、Are equipped with lock Adam and Eve in a shop that sells、How couples visited by riko! Okinawan version of "Adam and Eve the legend" the legend says "love Island (Kouri).、恋人たちが聖域と崇めるパワースポットでもあります! 海にぽっかりと浮かぶ岩礁群が気になりその姿が伺える浜辺を探してみようと再び車に乗り込み近辺を散策! Google Mapを頼りに国立療養所となる「沖縄愛楽園」の脇を走る海岸沿いの小道へ進み岩礁間近の浜辺へ! 浜辺に降り立つと、A dazzling Rainbow hanging onto the rocks.、思わずダッシュ! サラサラとした白い砂浜には、Shimmer and sparkle with white coral and shells、誰も居ない浜辺は穴場中の穴場となりました! 古宇利島へ戻り、Looking where you can have lunch and、手描きのシーサーなどの強烈なタッチで沖縄風を吹かす「お食事処 文ちゃん」を発見! 小高い場所にある「お食事処 文ちゃん」の店先には、Me met warmly made lanterns stomachs fluttering in the wind and seashells on the other、期待を裏切らない沖縄の風情が感じられます! 店内はテーブル席と座敷が用意されていますがやはり見晴らしの良いテラス席でランチと参りましょう! こちらは、In the mother serves as the current owner has opened shop、After the joint's daughter、開店10年目を迎えています! メニューには、Middle and Okinawan specialties and fresh seafood meal、今回は「海鮮丼(ミニ沖縄そば付)」1,500円と「沖縄そば」700円をオーダー! 雲丹で有名な古宇利島ですが、Causes include overfishing、In recent years, without reaping in the fishing ban、Seems to not eat the Sea Urchin was caught on the island! Many tourists still seeking a "Sea Urchin rice bowl" for、本土から仕入れた雲丹を提供されています! そんな雲丹がたっぷりと添えられる「海鮮丼」は、While small bowl、About spilling over from the bowl lined with fish、Okinawan tangerines will be squeezed tightly! On bubble wrap and sea grapes as they play fresh octopus or squid、White tuna and gorgeous、合間合間に小椀の「沖縄そば」までもが楽しめてしまえるバランスの良いメニューです! 「沖縄そば」は、Take a thin Okinawa pork soft noodles on sweet 煮付keta、海ぶどうと紅生姜が添えられます! 泡盛に沖縄島唐辛子を漬けた調味料「コーレーグス」が卓上に置かれているので味変しながら楽しむのもお勧めです! 古宇利大橋を望む絶景を楽しみながらのランチでまったり!ドライブはまだまだ続きます! ふれあい広場 食と館 住所沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利323-1 TEL:0980-56-5785 お食事処 文ちゃん 住所沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利457 TEL:0980-56-5234 Hours of operation:11:00To 18:00 Closed on Mondays:水曜日(夏季は無休)...

Lunch served in the panorama restaurant Suruga routes, views of Mount Fuji "kasui".

「成田国際空港」からネパールツアーをご一緒させていただいた「株式会社ヒバリヤ」の会長である岸山惣憲(Fusanori Kishiyama)さんの御車に同乗させていただき、To send us up to Hamamatsu、途中の富士川サービスエリア「富士川楽座」内にて岸山会長が運営されるレストランにてランチ休憩を取らせていただくことになりました! 富士川SA(上り)の大観覧車「Fuji Sky View」からは、Mt. Fuji can be, not to mention urban Fuji and Suruga Bay, overlooking、大人気の観光スポットになっています!さらに、Guests can enjoy beautiful Ferris wheel drive lights were lit up at night、デートスポットとしてもお勧めです! 富士川楽座の3階には地元の名産品が並ぶお土産売り場「まるとく市場」などがあり、As a memento of the trip will be pleased! Is the food court in addition to enjoy refreshments.、多くの観光客で賑わいます! レストラや展望ラウンジ「わいわい劇場 プラネタリウム」が揃う最上階4階にある「パノラマレストラン駿河路」へ!こちらのレストランは駿河湾の美食を和で楽しむ「駿河の味処 千歳屋」と駿河湾の恵みを洋で楽しむ「駿河魚河岸イタリアン 岸山水産」が一緒になっており和洋が一度に楽しめます!岸山会長が運営されるレストランは他にも3階のフードコートにもあります! こちらは世界遺産に登録された「富士山」を大迫力のパノラマで眺望しながら、Restaurant serving Japanese cuisine and fresh seafood in the Gulf of Suruga 漁reta. On this day、We closed the Windows during the construction of the unfortunate but、普段は壮大な「富士山」を臨む絶景が待ち受けております! ネパールツアー最年長の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんと「株式会社ヒバリヤ」会長の岸山惣憲(Fusanori Kishiyama)さん、And、東京までお迎えにいらしてくださった岸山会長のお嬢様AKIEさんと一緒に食事を楽しむ中「富士川楽座」の管理部部長の久保田一幸(Kazuyuki Kubota)さんと常勤顧問の畔上啓(Akira Azegami)さんを御紹介いただきました! 「駿河海鮮丼」1,840円 ネパールから帰国したばかりということもあり日本食に飢えていたわたし達は迷わず「駿河の味処 千歳屋」のメニューからオーダー!「駿河海鮮丼」は、Take plenty of Suruga Bay from raw whitebait、Dry raw shrimp, fresh、And in the port of Shimizu tuna sashimi and scallion、豪快に駿河湾の恵みを一挙に楽しめる究極の丼です! 「海鮮丼」1,380円 レストラン二番人気で、A hearty seafood platter、存分に味わえるバランスの良い「海鮮丼」!天然のインド鮪を1本買いしているお店だからこその美味しさが楽しめ、And fried fresh squid、Salmon、Octopus、How much、穴子に海老と贅沢な品数です! 「すし三昧」1,380円 レストラン一番人気は地場の鮮魚と旬の素材で様々な味を楽しめる握り寿司9巻+厚焼き玉子の「すし三昧」です! 「桜えびかき揚げそば」1,080円(※桜えびのかき揚げは別皿で提供されます) 桜海老と言えばやはり「かき揚げ」!温かいそばの上に大きなかき揚げを乗せてサクサク食感を楽しみます! 丼には温かいお味噌汁が付き「やっぱり日本食は最高!」と一斉に声が漏れガッツリと頬張らせていただきました! 丁度、To see the current President, in, the son of the Chairman of the 岸山 have to check the restaurant、御挨拶させていただきました! この日は、And a stunning autumn Typhoon、屋上からの大パノラマの景色は圧巻です! 富士川は濁ってしまっているものの、In a stunning cloudless sky、雪化粧する前の貴重な「富士山」を捉えることができました!こんなにも素晴らしい景色は数十年振りと仰っておられ帰国早々にラッキーな体験を致しました! 静岡を代表する世界遺産となり美しく雄々しい「富士山」を背に皆さんで記念撮影!この後我が家の愛車を預けてある「マセラティ浜松」まで送っていただき長きに渡るネパールツアーを無事に終えることが出来ました!杉山さん、Mr. 岸山、AKIE Mr.、As you will find with us、本当にありがとうございました!...

Bhaktapur Durbar square next to the "Khawapa Chhen" at lunch.

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)から東へ12km程にあるバクタプール(Bhaktapur)はカトマンドゥ盆地で3番目に大きな街となります! 世界遺産に登録されたバクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」に向かうには駐車場から徒歩10分圏内となります! ツーリストバスを下車し皆で「ダルバール広場(Durbar Square)」を目指します! 赤煉瓦の壁に覆われた雰囲気のある石階段を登った先となります! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」の正面玄関へ到着!ここから先は外国人は入場料1人1,500ルピー(日本円にして約1,605円)が必要になります!(※チケットは7日間有効となり何度でも再訪可能です) 午前予定であった大学訪問が長引いてしまったため、Was late for lunch、正面玄関前の脇道を進み「ダルバール広場(Durbar Square)」横にあるゲストハウス&レストラン「Khawapa Chhen」にていただきましょう! こちらの1階は、Gallery and will be at the reception。「Khawapa Chhen」はレストランのみならず、Can be used as a guest house suggests that the Palace Square.、中世の街並みを残した古都の雰囲気に浸るのも良いでしょう! 屋上にあるダイニングテラスを利用して、Under the blue sky、爽快なランチタイム! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」を一望できる素晴らしいロケーションとなります! こちらではバクタプール出身で活躍するコメディアンでガイドのナレス(Naresh)さんの友人ラズ・マナンダー(Raju Manandhar)兄弟を紹介していただきました!ラズさんの御実家は王宮広場内にあり、From generation to generation、Clan treat canola oil?。While eating、ラズさんの活躍ぶりをYouTube動画で観せていただきました! 天候も良く、In the cozy afternoon sunshine、最高のビールタイムです! お疲れ様の乾杯は「清水ライオンズクラブ」の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんの音頭で乾杯! ネパールビールの中でも一番のお気に入りとなった「EVEREST」!マウントエベレスト醸造所で造られているプレミアムラガーのエベレストビールは今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさです!エベレストビールの原材料は、Chosen to stream water from the Himalayas with domestically produced barley malt and aromatic are used in、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! この時既に時刻は15時を回り、For late lunch and was、ナレス(Naresh)さんの配慮で取り分け不要の盛り合わせとなりました!ネパール料理の炒飯、Nepali、Peach、フライドポテトをいただきます! 古い街並みの向こうには、Top weather、Even the majestic Himalayan mountains views、ダルバール広場の中でも一番古都の良さが残るバクタプール(Bhaktapur)はお勧めです!...

Lumbini Hotel Hotel,"Little Buddha" restaurant at lunch.

ルンビニ(Lumbini)の「ホテル・アナンダ・イン(Hotel Ananda Inn)」から徒歩で隣接するホテル「リトル・ブッダ・ホテル(Little Buddha Hotel)」内のレストランへ向かいます!ネパールツアー視察団の皆さんがお揃いで被っていらっしゃるネパールの帽子は今回のネパール視察ツアーのガイドであるマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)さんのさんのお母様のプレマヤ(Premmaya)さんと妹のリタ(Rita)からの素敵な贈り物です!この帽子を被れば不思議とどなたでもネパリー(Nepali)になれます♪ 背中に大きなコブを持った牛は家畜牛の一種で「コブ牛またはセブ牛」と言います! 徒歩2分で1本隣の路地にある「リトル・ブッダ・ホテル(Little Buddha Hotel)」へ到着! ホテル内にあるレストランにてランチタイム!実はこの時、And still having periods early 11 am lunch、宿泊先の「ホテル・アナンダ・イン(Hotel Ananda Inn)」のレストランは、It could not be ready in time out、「リトル・ブッダ・ホテル(Little Buddha Hotel)」内のレストランになりました!突然の予定変更やトラブルなどに見舞われても迅速に対応してくださるナレスさんのおかげで本当に様々な面で助かりました!感謝! この日も元気良くビールで乾杯!ネパールツアー中は「ビールに始まりビールに終わる」と言った感じで本当にビールばかり飲んでいました!(笑) 「EVEREST」は、Everest beer brewery in Mount Everest has built Premium Lager、今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさ!やはりビールは辛口に限ります!エベレストビールの原材料は、Chosen to stream water from the Himalayas with domestically produced barley malt and aromatic are used in、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! カトマンドゥを早朝に出発し、Because it was without breakfast、短時間でササッと食べれる主食をオーダー! 「炒飯(Fried Rice)」ネパールは、Because its neighbors China and India、I feel the impact of China and India cuisine。細長くパラパラとしたバスマティと呼ばれるインディカ米は炒飯にピッタリ!中国料理としていただく炒飯よりもあっさりと優しい味わいです! 「トゥクパ(Thukpa)」ラーメンやうどんのような麺料理でネパール人の食生活にも溶け込んでいるチベット料理となります!こちらもまた塩ベースの優しい味わいのスープとなります! 麺は、In the straight noodles made with wheat flour a little soft.。Vegetables contains plenty of、甘味も感じます!添えてくださる唐辛子酢で味変を楽しみます! 腹ごしらえも出来たところで、And the birthplace of the Buddha、仏教の聖地とされる「ルンビニ・ガーデン(Lumbini Garden)」へ向かいましょう!広大な敷地を誇るガーデン内はタイでいうトゥクトゥクのような三輪タクシー「テンプー(Tempo)」または三輪人力車「リクシャー(Rickshaw)」がお勧めです!...

Taipei 101 "STAY by Yannick Alléno" Exquisite French of Paris three-star restaurants supervision!

台北にはフランス・パリのミシュラン三ツ星シェフ YANNICK ALLENO OFFICIEL(ヤニック・アレノ)が監修するレストラン 「STAY by Yannick Alléno(ステイ バイ ヤニック・アレノ)」が2011年にオープンし、 A stylish and elegant cuisine refers to the many topics。 こちらは「台北101」の4階にあり、Is the Xinyi district, famous as a tourism spot。 "French in Taiwan? "Such as throw away preconceptions says、 是非ともショッピングの合間に立ち寄っていただきたいレストランとなります♪ 店名の「STAY」とは「Simple Table Alleno Yannick」の頭文字から名付けられていますBig ChefのAlleno Yannickは、About three times a year in Taipei is gone under the supervision。 When I visited last time here and impressed by its stylish design and luxury nestled、 心行くまでリラックスできた北投の温泉 「三二行館(Villa 32)」と同じオーナーのJerry Chiuが運営されています♪ スタイリッシュでモダンな店内は、 Colours and shades of white and dark、しっとりと落ち着く空間となります♪ 奥には14名が座れる横長のテーブルも用意されておりワイン会なども行えます♪ 特別に用意されたシェフズテーブルの個室が3部屋を用意されているため、 Underscoring its increased kitchen、食事をより一層楽しめます♪ 今回は、Restaurant and Central Asia at the Taipei-based Taiwan people、 グルメ評論家として活躍されている「費奇(Eagle)」に紹介していただきPublic Relationsの謝佩珊(Patricia Hsieh)にご挨拶させていただきました!(你好!) シャンパーニュで歓迎してくださり乾杯のご挨拶♪(謝謝♪) この日は「STAY(ステイ)」のお勧めコースをいただきます♪ 「Spanish Gazpacho(スパニッシュ・ガスパチョ)」 アミューズは何層にも重なるグラデーションが美しい色合いの スパニッシュ・ガスパチョを用意してくださいました。 Smooth avocado von fit a refreshing tomato jelly、 Yellow pepper and cucumber with out the texture、Accents in red&Add yellow pepper、 繊細な味わいを風味豊かに味わえる一品です♪ 今回わたしたちはLade Gourmet & Hotel Web Magazine企画で【器と旅するシリーズ第2弾】として富山県にて活動されながら世界的に活躍される二組の作家で 八尾の「Shimoo Design/下尾...

"Sun Moon Restaurant" Local restaurant specialties of fresh fish popularity of the catch in the Sun Moon Lake!

Lunch on the second day at Sun Moon Lake、In the Chung Hsing front water company business area、 Specialities of fresh fish in the Lake 漁reta to Monday inclusive Bou (Sun Moon Restaurant) of the popular volunteer guide Liu Jin Xia (Cynthia Liu), I take whats coming。 Here is、Owner cooks have experienced food using local produce and fish、 By providing the Thao tribe cuisine that combines tradition and innovation and fish dishes、Always crowded。 訪れる際には予約を確実にされることをお勧めします♪ 店内はいつも観光客や地元民で賑わい少人数の場足は相席が当たり前となります! ボランティアガイドの劉錦霞(Cynthia Liu)さんに通訳をお願いし、 Staff introduce recommended menu。 À la carte also available、As a special course meals、 「経済合菜(セットメニュー)」800TWD、1,500TWD、2,000TWD、3,000TWD (10 servings) and for four、 料理5皿セットの「経済合菜(セットメニュー)」800TWD(日本円約2,880円)を オーダーしシェアすることにしました♪ 付出し「焗烤美人腿(交白筍)」 筍独特のえぐみや癖が少なく、Moderate crispy、Felt a faint sweetness、 ヤングコーンのような香りがある交白筍。 In Taiwan、Throughout the year various kinds of bamboo shoots is the、 "Beautiful legs" and also is known for its beautiful shape and is。 Ricotta cheese to put that kind of like sour cream mayonnaise、Bake。 Its spicy flavor more、爽やかな一品です♪ 「鮮筍湯(新鮮な筍のスープ)」 細かく千切りにした筍をベースにあっさりとした白湯スープ。 Instrument size light 4 servings of will。 優しい味わいが染み渡ります♪ 「清香油雞(チキンの蒸し物)」 しっとりと蒸した鶏もも肉を甘味のあるソースでいただく一品台湾ならではの料理です♪ 「飯桶(ご飯)」 竹で作られたしゃもじが添えられ、There was a rice tub made of wood、 こちらも軽く4人前ほどが提供されます♪ 「應時青菜(季節の青菜)酸筍空芯菜」 季節の青菜は空芯菜の炒め物が提供されました! 酸筍とは、In the fermented food seems to be made in some parts of Taiwan, China、 And traditional food to ferment the hemp bamboo。 The spinach stems a crisp texture and、Is characterized by leaves with a little sticky、One of my favorite Greens。 A light vegetable stir-fry、箸休め的な存在で胃に優しいです♪ サクサクと運ばれてくる料理5皿セットの 「経済合菜(セットメニュー)」800TWD(日本円:About 2880 yen) is、 Become like a cursory 4 servings、4If you share the same、1人当たり700円程度と大変お得なセットです! メインの魚料理でこちらの看板メニューでもある「清蒸鮮魚(蒸し魚)」は後程登場します♪ 「刺蔥捲蛋(ツナと葱の玉子焼き)」 玉子焼きにツナと刺葱を加えた一品。 Onion bites (toutson) is a herb that grows naturally North from the central part of Taiwan、 Things like garlic flavored onions with leaves、料理に良く使われます♪ 「清蒸鮮魚(蒸し魚)」 特に名物料理となる日月潭で漁れた新鮮魚の煮魚で葱をたっぷりと添えていただく看板メニューがお勧めです! 日月潭の「總統魚」とは実は「曲腰魚」という名前ですがこちらでは「總統魚」と呼ばれており、 In a kind of carp、Length is 30-50 cm size。 台湾の元総統である蒋介石がこの魚を愛したことから「總統魚」と名付けられたとのこと。...

"The LALU" Chinese cuisine"The Lake View" Friendly lunch to the body in a healthy creative cuisine !

Chinese restaurant located in lakeside resort hotel Sun Moon Lake "The LALU (the Larue) Han, AOI House" B building 7th floor light Lake Hotels (The Lake View Chinese Restaurant)。 Here is Taiwan and Shanghai.、Introduction to Cantonese Dim sum Hong Kong S.A.R.、 Provides the body with a healthy tea oil-friendly Chinese food. shop、And full-height glass Windows、Like watching the sparks of deep green mountains and Lake、 And the Chinese restaurant where you can enjoy fantastic lake view。 This time the、PR ManagerのPR Managerの郭怡君(Jennie Kuo)と 廖偉立(Willie Liao)と一緒にランチミーティングです♪ いつもは本社に在籍しているPR Managerの郭怡君(Jennie Kuo)。 Approximately 10 years、こちらで勤められている廖偉立(Willie Liao)。 Taiwan is now、人気の紅茶「Black Tea(台茶18號”紅玉”)」をいただきますBlack Tea(台茶18號”紅玉”)は、With dedicated tea varieties produced in Taiwan throughout South Township, Nantou County、 Also called aka forest black tea。 台茶18號”紅玉”としての認定は1999年となり、Breeds excellence is the product name。 Arai, y. Japanese agricultural engineer Burma.(The current Myanmar)で栽培されていた アッサム種(B-729)の茶木を台湾に持ち帰り、 Wild tea trees originally planted in Taiwan(B-607)Multiply the varieties improved varieties。 Got a unique aromatic nose of subtle incense and menthol.、 Often very dense and rich ones, such as chocolate and brandy、 Mild flavor less astringent taste is characterized by、世界の紅茶にはみられない一味違った味わいとなります♪ 「湖光軒(The Lake View Chinese Restaurant)」のManagerを務められるJerryがお勧めメニューを運んで来てくれました♪ 「Shaoxing Wine Marinated Chicken(冷製チキンの特製ハーブと紹興酒漬け) 紹興醉雞」380TWD(日本円約1,370円) 蒸し鶏を紹興酒に漬けて作る「紹興醉雞」は、 The sweet smell of Shaoxing wine stand、しっとりとした食感が堪らなく癖になる味わいです♪ 「Pan-Fried Bean Curd SheetRolls with Bean Sprout...

New open "N°168 PRIME Steakhouse dunhua store" aged meat steak lunch

The most popular hotels in Taipei's development in the Lake area is "Grand Victoria Hotel (Grand Victoria Hotel) Taipei Wei-Li nitrous"at "N ° 168 PRIME Steakhouse (N ° 168 PRIME beef blade Museum).、 大安エリアの「太平洋SOGO敦化館」7階に姉妹店として 「N°168 PRIMEステーキハウス敦化店(N°168 PRIME牛排館敦化店)」をオープンされています。 Shop、A serene look.、For a luxurious space。 Utilizing the open kitchen in the middle of the Hall and spacious open feeling、 Underscoring its increased to cook in the oven、Lively show、 Enveloped in the smell of cooking meat、Making tantalizing live action is the same as the head office。 On this day、グランドヴィクトリアホテルのオーナーの御令嬢である 呂佳恬(Valerie Lu)と御主人様の黃立翰(Lihan Huang/Frank L.H.Huang)と一緒にランチミーティング♪ 日本が大好きな呂佳恬(Valerie Lu)とはグランドヴィクトリアホテルの 取材をさせていただいて以来のお付き合いで、And we get along、 Brains gives off a brilliant aura she、いつお会いしてもキラキラと輝いています♪ まずはスパークリングワインにて乾杯です♪ アミューズはいくらを乗せたスモークサーモン&クリームチーズのエッグロールに アブルーガキャビアコーンイベリコ豚の生ハムと無花果をバルサミコ酢でいただきます♪ 呂佳恬(Valerie Lu)は、9Age by gifted education in Singapore for 15 years, to grow、 While at the University and majoring in precision machinery in the Department of mechanical、Japan also had studied Japan Japanese is good。 Brother and sister who are family run hotel business、 呂佳恬(Valerie Lu)はプロモーション分野を担当されており、 She loves Japan、Japan several times a year on foot carrying、 Japan's top chefs and invite Taipei、Our hotel has succeeded in other collaborative events。 御主人様の黃立翰(Lihan Huang/Frank L.H.Huang)との出会いは、 And your opinion of her mother、Nice tall and handsome he is、His mother turned to makes sense、 And your marriage over your contacts、現在では2人の天使に囲まれ幸せな結婚生活を送っいます♪ 御主人様の黃立翰(Lihan Huang/Frank L.H.Huang)は日本の東京大学大学院出身となるため日本語が達者でお祖父様の時代から営まれている流体機械の製造会社 「大豐機器股份有限公司(TA HONG MACCHINERY CO.,LTD.)」にお務めです。 Though intelligent, handsome、物腰柔らかく優しさ溢れるFrankはValerieにとって最愛の夫であり、2Also a good baby daddy。 Frankもカメラが趣味とのことで好きが高じて写真集を出版されるほどの腕前です♪ 「COBIA CARPACCIO(カルパッチョ)澎湖生食海鱺魚」...

Delicious! "Shin Tung Nan Seafood" Seafood Taiwan restaurant of the popular long-established in local people of Taipei!

Most popular in Taipei locals has opened more than 30 years old seafood Taiwan restaurant new Southeast seafood 餐廳、 Order preserves a huge shop、漁re is famous for fresh seafood offer in approximately more than 60 recipes。 This time the、Super gourmet friend of Taiwan who doctor Lu Yue Isao (Ataru Lu) Let's Seafood lunch invitation、It shows the essence of Taiwan cuisine! Location is in the vicinity of Taipei Botanical Garden、 中正紀念堂駅(Chiang Kai-Shek Memorial Hall Station)より車で10分圏内で汀洲路一段沿いの交差点の角になります♪ 超グルメな台湾人の友人である呂岳勲(Ataru Lu)さんが日本語が話せる友人を紹介してくださりAtaruさんの後輩であり医師を目指している医大生の邱晉裕(Jin Yu Chiu)くんが足を運んでくれました!(謝謝!) さらに女性2人もAtaruさんの友人で「乾杯集團(Kanpai Group)」のスタッフとなる Section Manager,Public Affairs Section Corporate Planning Dept.の 徐曉筠(Ketty Hsu)と林欣怡(Megan Lin)を紹介してくれました!(你好!) 「乾杯集團(Kanpai Group)」とは日本人の平岀莊司さんが1999年に立ち上げられ、Other stores and eateries、Is the company spread the Japan food culture in Taiwan。 旦那様の生まれ故郷である富山の銘酒「桝田酒造店」の桝田隆一郎さんとも取引があり台湾で「満寿泉」を取り扱われているそうです! 御2人は仕事で日本と台湾を行き来することも多く、For spoken fluent Japan language、大変助かります♪ 店頭に新鮮な魚介が水槽一杯に並び生簀から食材を選ぶ人だかりで賑わっています♪ 漁れたて新鮮魚介が目白押し! 生簀には所狭しと泳ぐ魚たち! 巨大蛤や蟹の豪華食材! 食材の後ろにはメニューボードが設置されており、 Photo for food、どのような料理なのか想像が付きやすく有り難いです♪ ダイニングフロアは1階と2階になりますが、 Even to this day was set up at the entrance to the reservation Board、多くの予約者の名前で埋まっており大繁盛! 寿司カウンター内の厨房では、Mask with Hat、清潔感溢れる板前がズラリ! 大きな舟盛りをオーダーした方がいるようで豪華です♪ 全席満員御礼状態で賑わうメインダイニング! Ataruさんが奥の大きな円卓を予約してくれてありました♪ 台湾人の友人である医師の呂岳勲(Ataru Lu)さんとはlade-ラデ-の「RAW ロウ」の記事を読んでいただいて以来の繋がりです美食家の呂岳勲(Ataru Lu)さんとは、Well the food tastes better、 More than anything、お互いに日本の漫画原作者である城アラキ先生のファンでもあり愛読書が一緒です♪...

Beef Noodle "Pin Chuan Lan" The owner and his wife and a lunch meeting of jewelry "PANDORA" !

"The Sherwood Taipei the Sherwood Hotel West China" drive.、 Friends of Taiwan and will transfer to the Shinagawa ran beef noodle shops have. meeting at the shops along zhongxiao East Road near zhongxiao dunhua station (Zhongxiao Dunhua Station) 4。 MRT zhongxiao dunhua station (chonnshaotunnhowajann) is、Locally known as a top good (Dinho)、 Located in Taipei with its large department stores and fashion the most prosperous。 Around the station is more underground、In the basement lined with many shops, as well as a ground for、 Is always bustling with people。 If you want to know about trends in Taiwan now、このエリアに来て散策することをお勧め致します♪ 地元で頂好と呼ばれる「忠孝敦化エリア」ファッショナブルな若者に人気のエリア! http://lade.jp/diary/travel-diary/taiwan/45669/ 日本の庶民的なファストフードであるラーメン同様に台湾の庶民的なファストフードといえば「牛肉麺」がその1つに挙がります漢方を用いた独特の風味を醸し出す「牛肉麺」は好き嫌いの好みが大きく分かれるグルメでもありますこちら「品川蘭」は、2014Open two years ago in July and thoroughly stick to the beef、In the research study.、 Addition Western-style elements in Chinese、新たなジャンルの「牛肉麺」を誕生させています「牛肉麺」のお店とは思えぬほどに、On the modern and stylish、 店内から伺える赤提灯が目印のお店となります♪ 店前にて再会した陳昱龍(Lawrence Chen)とDaniella Huang夫妻はデンマークの首都コペンハーゲンで創立された ジュエリーの「PANDORA(パンドラ)」を台湾全土にて展開されているオーナーです御2人に「品川蘭」の店長を紹介していただきました♪(你好♪) 店内は、With free Wi-Fi、And full of clean and clutter-free、 「牛肉麺」には漢方が欠かせないことから壁面には「漢方薬棚」をデザインされています「品川蘭」の店名には、Aspirations of the owners want and、 「品」は「品徳、Quality、品味」を意味し「川」は「四川風」の意味を示し「蘭」は清燉風の味の発祥地である「蘭州」から取り「品川蘭」となります。 Here is、2015In year 8 for best beef noodles in Taiwan chooses the American CNN reporter、 第4位に輝いたお店で人気店となります♪ 奥には円卓の半個室も用意されており、Private space。 This time the、こちらで御2人がお勧めされる「牛肉麺」を堪能することにしましょう♪ 黒と赤で統一した スタッフのユニフォーム! お茶目で優しい 陳昱龍(Lawrence Chen)! 良妻賢母で美魔女の Daniella Huang! 前菜となるおつまみが豊富にあり、 1 plate 45 TWD and TWD 120 (Yen Japan:約160円~430円)と手軽な価格帯でいただけます♪ 「Shredded tripe with sesame oil(ハチノス千切りの胡麻油和え)麻油牛肚絲」60TWD(日本円約210円) さっぱりとした味わいと弾力のある食感が楽しめるハチノスを香り高い胡麻油で「Plum...

"Gloria Manor" "MU LOUNGE" Lunch and time of bliss in the afternoon tea set !

Is Kenting Ding national forest recreation areas, in、Gloria Manor (Gloria manners) Rui hua Tai garden, surrounded by nature, hotel restaurant "MU LOUNGE (me lawn j) gear' on 1st floor、 And Taiwan cuisine with a contemporary twist using local ingredients、 Offers creative cuisine, Thailand ethnic cuisine mix。 快晴に恵まれたテラス席でランチとアフタヌーンティーを楽しみます♪ MU LOUNGE(ムーラウンジ)沐 TEL:+886 8 886 3666(Ext.:1511) 営業時間 日曜日~木曜日:12:00To 22:00 Friday、Saturday、Public holidays and Eve:12:00-24:00 (22:00-24:00The、And offers light snacks and drinks:L.O23:30) "Thai Style Slice beef Salad" 320 TWD (Japan Yen:約1,150円) しっとりと柔らかくジューシィーに火入れしたローストビーフを厚めにスライスし、 Onion slice and green salad、Carrot、Served with crushed young corn nuts、 タイ風ソースでサラダのようにヘルシーながらにボリューム感も満足できる一品です♪ 「Sakura Shrimp & Scallion Fried Rice(桜えびの葱炒飯)東港櫻花蝦青蔥炒飯」 380TWD(日本円約1,370円) 東港で揚がったばかりの旬の桜海老を用いた葱炒飯! 色合いも美しく、Para-para fried enjoy texture of dry shrimp and green onion flavor.。 お気に入りはトッピングにあるキクラゲの甘酢漬けです♪ 「ダブルアフタヌーンティー」TWD990(日本円約3,560円) アフタヌーンティーは、3Includes cardboard stacking tea stand dessert and coffee or tea、 In another Cup of coffee free、2名様用のコースになっています♪ Afternoon tea(アフタヌーンティー) 利用時間:12:00-17:00 下段 ミニバーガーやサンドイッチなど! 中段 プリンやムース焼き菓子など! 上段 マフィンやスコーンタルトなど! 「紅茶」 紅茶は香り高きアールグレイをいただきます♪ 季節毎のフルーツを用いたデザートを頬張りながら南国の午後のひとときを優雅に過ごしましょう♪ 食後は「GLORIA HOTEL GROUP グロリアホテルグループ(華泰大飯店集團)」の Marketing...

Kenting Resort Hotel "Gloria Nanor" "MU LOUNGE" Beef noodle lunch !

Is Kenting Ding national forest recreation areas, in、Gloria Manor (Gloria manners) Rui hua Tai garden, surrounded by nature, hotel restaurant "MU LOUNGE (me lawn j) gear' on 1st floor、 And Taiwan cuisine with a contemporary twist using local ingredients、 Creative cuisine, Thailand ethnic cuisine mix! MU LOUNGE (me lawn j) gear TEL:+886 8 886 3666(Ext.:1511) 営業時間 日曜日~木曜日:12:00To 22:00 Friday、Saturday、Public holidays and Eve:12:00-24:00 (22:00-24:00The、And offers light snacks and drinks:L.O23:30) Shop、The white tones for、Simple yet stylish atmosphere。 Is good inside the well-managed air、 You should still、雄大な景観を肌で感じることができるテラスでしょう♪ MU LOUNGE・バーカウンター 心地良い風を感じながら、On the terrace you can enjoy a magnificent view、 That provides unobstructed sunlight awning、日除けの帽子やUVケアは忘れずに! 屋外プールのリクライニングチェアには優雅に日光浴を楽しむ宿泊ゲストの姿も見受けられます♪ Directorの鍾君采(James Chung)にご挨拶! 今回伺ったタイミングが墾丁の春の音楽祭として知られる 「Spring Wave Music and Art Festival(墾丁スプリングミュージックフェスティバル)春浪音樂節」の数日前でDirectorの鍾君采(James Chung)は、In the event preparation didn't seem very busy in。 そんな中Jamesは、Guide to building and Development Bureau collated information taught、献身的にサポートしてくださいました♪(謝謝♪) 「GLORIA HOTEL GROUP グロリアホテルグループ(華泰大飯店集團)」の ホテルオーナーでありながら料理ディレクターも担当し、 In addition to managing home vegetable garden as a farmer、オーガニック野菜の栽培にも尽力される 陳昶福(Fudy Chen)とも嬉しい再会を果たすことができました! 滞在期間3日間の間にFudyのガイド時間を設けてくれたのですが何処に行くかはサプライズだそうです(笑) 「フレッシュジュース」200TWD(日本円約720円) ウェルカムドリンクでもいただいた 人参と林檎のフレッシュジュースが美味しかったので、We instead。 Not too sweet with natural vegetable and fruit、 人参と林檎の味わいをバランスよく感じられる飲みやすいヘルシージュースです♪ 「Beaf Noodle Soup(ビーフヌードルのトマトスープ)瑞苑藩茄牛肉麺」420TWD(日本円約1,510円) 台湾で有名な料理の1つ「牛肉麺」を、...

Scroll to top