Atami Birthday Trip (1) "Garden Cafe Ripple" A stylish café with pets healed by the murmuring of the brook in Kumiya

Autumn deepens and trees drop leaves、Japan where colored autumn leaves can be seen in the mountains。 Although I finally started to show calm、It is also because it is a corona disaster of the forbidden thing still carelessness、This year's birthday trip also abandoned overseas travel、Domestic、I will leave for the prefecture.。 同県内でありながらも片道2時間強のドライブで旅行気分が満喫できる熱海へやって参りました! 秋晴れに恵まれた道中のドライブを存分に楽しめるようにオープンカーにできるPORSCHE・BOXSTERでお出かけです! 初日のランチは熱海のパワースポットとして熱海郷の来福・縁起の神として古くから信仰されている「來宮神社(Kinomiya)」から600mと徒歩圏内にあるお洒落なカフェ「ガーデンカフェ・リプル(Garden Cafe Ripple)」へ! こちらのモダンな建物は建築家である「山﨑健太郎デザインワークショップ」が設計を手掛けられ「MD住まい工房」が施工を担当され完成されています! 今回の旅は我が家の愛犬チワワのショコラも同行しているため、We have a selection of pet-friendly cafes and inns.。Those who keep dogs、今後飼われる予定のある方の参考になれれば幸いです! 令和元年のスタートと同時、2019Garden Cafe Ripple opened on May 1, 2008。 This café is "in-store pet allowed (limited seat)" because the owner and his wife who are operated are also dog lovers。The number of cafés where pets are OK only for terrace seats is increasing、There is a limit to the restaurant where pets are OK to the store。On this day, miraculously betrayed the rain forecast greatly and was blessed with good weather and there was no worry of rain、Because eating and drinking at the terrace seat is inevitably influenced by the weather、The shop where pets can be accompanied in the store will be very grateful information as a dog lover。Here is、Because it is a stylish and cozy café in addition、It is recommended as a nice shop for both the general public and dog lovers! (Note:Reservations are required for pets allowed in the store。) 右手に見えます木のドアが店内への入口かと思いきや、Please note that the W .C icon is displayed here.。 There is an entrance to the store in the middle of going on the wood deck terrace on the left。 The interior of the shop full of the warmth of wood、A pleasant space where you can enjoy the lush scenery luxuriously with glass windows on the whole surface。It is possible to relax with chaise longue installed all over the wall。Is it because it is business in corona disaster?、The door is completely open、Autumn breezes flow in、The shop where the bird's sardines and the murmuring of the brook in front of you give peace as a comfortable background music。 There is also a terrace seat (2 people) on the wooden deck。 Sign dog Ponta-kun (commonly known as:Pon-chan) has a house on the wooden deck terrace、I am very smart and mature while relaxing in bed.。I'm used to people.、Because it is a senior dog、Stay quiet.、オーナー御夫妻の言うことをよく聞く子です! 奥にはテラス席(2名席)も用意されており、Some people enjoyed eating outside while feeling the sunlight through the trees.。 I'll spend a while in the chair on the wood deck until the meal comes.、ショコラも気持ち良さそうに寛いでいます♪ 目の前を流れる小川店内奥のデッキに出ると屋上へ上がれるスロープを発見! 何と!屋上もウッドデッキになっておりコーヒーをいただくには最高の場所となります! ランチタイム11:30~ 14:30from the lunch menu.、It becomes with soup, salad, drink of the day (coffee hot or ice cream, black tea hot or iced, orange juice, apple juice)。 「ハンバーグステーキ」1,500円 国産の合挽肉を使ったジューシィーな味わいのハンバーグは、Served with a sauce with a gentle taste that feels the sweetness of vegetables。The vegetables are potatoes and pumpkins.、ブロッコリーや赤黄色のパプリカと彩りも綺麗です! 「バターチキンカレー」1,300円 マイルドな味わいながらに程良い辛さでスパイシーなルーに合わせて大山鶏が柔らかく煮込まれておりこちらにもソテーした野菜が彩り良く添えられています! 「ランチセットのサラダ」 レタス、Cucumber、Paprika、Tomato mini salad with delicious homemade dressing。 「ランチセットの本日のスープ」 和の要素を感じる鰹出汁の優しいスープでほっこり致します。 The sign dog Pon-chan comes and goes freely in the store、オーナーである御主人様に「ハウス!」と声掛けされるとお利口に戻って行くから驚きです! ランチセットの食後のドリンクはホットコーヒーをオーダー食後に合わせてハンドドリップで丁寧に淹れてくれます! オープン当初はマシンでコーヒーを抽出されていたようですが、After all, in pursuit of good smell and deliciousness、現在は手間は掛かるけれどもハンドドリップに変更されたとのこと! 「ランチセットのドリンク・ホットコーヒー」 オリジナルブレンドは香り高いコーヒーで、Because our husband and I were delicious with a favorite taste、When I talk to your husband,、東京の自家焙煎珈琲豆屋でお店オリジナルの酸味は少なめで苦味とコクのある豆をオーダーしていると教えてくださいました! ウッドデッキテラスの日向の暖かさにまったりとするショコラ♪ 春は桜や新緑が、In summer, there are overgrown flowers、And the autumnal leaves of Atami seem to be in full bloom from mid-November to early December.、これからのシーズンに訪れるのも良いでしょう! 看板犬のポンちゃんの癒しと気さくなオーナー御夫妻との楽しい会話と美味しい料理があり、Stylish and comfortable Café Ripple。I found a nice café that is indispensable for going out with my dog Chocolat。また熱海へ伺う際には立ち寄りたいと思います! ガーデンカフェ・リプル 住所:22-23 Nishiyamacho, Atami City, Shizuoka PREFECTURE TEL:0557-28-0009 Hours of operation:10:30-17:00( L.O:16:30Morning:10:30-11:30、Lunch:11:30-14:30 Closed on Mondays:毎火曜日・水曜日 駐車場有 ペット同伴店内席可・テラス席可(要予約) https://ripple-atami.com/...

Nagoya "Bistro Culture Western Restaurant" Old private house bistro lunch developed by a long-established Western restaurant

The long-established Western-style restaurant "Bunka Western-style restaurant" was founded in 1983.、In addition to the head office set up in Ike lower、A long-established Western-style restaurant that has many stores in Nagoya, such as the Midlands and Meitetsu Department Store、その内の一つとなる千種の「ビストロ文化洋食店」にてランチタイム! 千種駅から徒歩数分圏内の「ビストロ文化洋食店」は古民家を改装されており隠れ家のような落ち着いた雰囲気ながらに気軽に利用できる洋食店となります! 店内は玄関先で靴を脱ぎ、It becomes a style to go up to the floor of the small rise、In a tasteful atmosphere that has changed over time、歩めばきしむ木の床の昭和レトロな雰囲気がそそられる店内! 1階にテーブル席24席、216 seats on the 1st floor、4 terrace seats、A total of 44 seats and a number of seats are well prepared.、With a structure that feels spacious between tables、Hand disinfection and acrylic parting are installed, etc.、コロナ感染予防対策もされてます! こちらは、We are particular about ingredients such as organic vegetables from China and fresh fish purchased at the market.、Including "Kanikoro of culture" that brings out the rich taste of boiled crab over 8 hours every day、山形平田牧場の三元豚を使ったハンバーグやオリジナルのビーフカレーなどが人気です! 昔ながらの洋食店の雰囲気が大好きな私たち! それにプラスして落ち着いた雰囲気の古民家リノベということで興味をそそられ、I entered the store between jobs.、やはり人気店ということで活気のある様子が伺えます! 本日のランチメニューから文化洋食店伝統の「ビーフカレー」と「三種のチーズ焼きハンバーグ」をセレクト! 「ランチセットのサラダ」 ランチセットでは、Because you can choose salad or red dashi、私たちはサラダをチョイス! 優しい酸味のドレッシングで和えた粗微塵のキャベツがたっぷりと忍ばされており、Mizuna and lettuce、Purple Onion、In a salad with tomatoes, etc.、セットのサラダにしては食べ応え感があります! 「ビーフカレー」880円 2日間かけて仕込む昔ながらの製法のルーで作る文化洋食店伝統のカレー。The umami of softly stewed domestic beef is soaked in、You can enjoy the texture of torohororo、スパイスの奥深さとコクがありつつもまろやかな味わいのカレーライス! 「ピクルス」 ビーフカレーに付いてくる野菜や根菜の優しい味わいのピクルスは、Daikon radish、Carrot、Sweet potato、パプリカなどとカラフルで箸休めになります! 「三種のチーズ焼きハンバーグ」1,320円 モッツァレラ、Gordashred、Using plenty of three kinds of cheese of Edam cheese、The cheese-baked hamburger baked in the oven、more than a clenched fist、I feel destructive power from the look! Grilled vegetables、Crispy and fragrant potatoes、Hohokuho no Carrot、Broccoli that left a colorful and beautiful texture moderately、1/4カットで皮ごと焼き上げた甘い玉ねぎと野菜もボリューム満点! 三種で絡み合うチーズの濃厚な味わいと良い塩梅の塩味がハンバーグの肉の旨みを引き出し、It is a well-balanced finish with a rich tomato sauce that feels a sweetness that goes well with cheese、グリル野菜にも残ったソースをたっぷりと絡めて楽しめます! 「コーヒー」 色彩の魔術師と呼ばれ、19French painters active in the 20th century、彫刻家のアンリ・マティス(Henri Matisse)のアートが飾られた空間で癒されながらのランチタイムとなりました! ビストロ文化洋食店 住所愛知県名古屋市千種区内山3-21-5 TEL:052-733-4072 Hours of operation:Lunch 11:30-15:00(L.O.14:00)Reservations not accepted、Dinner 17:30-23:00(L.O.21:45)予約可 ※緊急事態宣言下での営業時間は店舗へ直接直接ご確認下さい。 Pets:テラス席のみ可 駐車場無(近隣にコインパーキング有)...

Makinohara "Kominya Cafe Toko-Towa" Japanese-style meal in a space full of atmosphere and warmth over 100 years old

Renovated an old private house built over 100 years ago in the rural area of Makinohara rich in nature、Bringing back life as a space full of atmosphere and warmth、"Kominka Cafe Toko-Tokawa" where people gather。 Makinohara City is located at the southern tip of central Shizuoka Prefecture.、It becomes a warm region overlooking the majestic Suruga Bay、Sea and mountains、It becomes a land blessed with tea plantations and nature in the river、Renovated a splendid old private house of the Hei family of more than 100 years standing in a rural area full of rich nature、Reborn as "Kominka Cafe Toko-Towa" in November 2020、A wonderful shop that has been taken up by many local media and attracts a lot of buzz! What is the name of the restaurant "Toko-Towa"?、It is named by combining the two words "eternity" and "eternity".、because neither means a long long time、Profound feeling and texture of an old private house built more than 100 years ago、While experiencing the powerful nature of the natural materials you breathe and the tasteful world born from the change over time、As for the ideal way of the store, the motto is change and challenge that continues to change、As a space that lifts the soul、Open to hope that we can provide healing to many people! When you open the sliding door with a large wooden frame, a spacious earthen floor spreads out.、6A long table seat of the name is set up、Pendant light lights up a warm light、A space filled with the warmth of wood。If you use a tatami room seat,、Take off your shoes here and go to the store in the large room。 Makinohara's specialties and local artists' works are displayed in front of the counter.、There is a space where you can enjoy a selection of souvenirs。The counter seat where you can enjoy the live feeling in the kitchen becomes a tatami room seat where you can put your foot down、お一人様でも気軽に立ち寄れるお席となります! オーナーシェフとなる山本功子さんは、I was born and raised in a house where I could see this old private house.、It's always beautiful every time a big ginkgo tree is colored.、It seems to have been watching the symbol tree like the god tree、I am very shocked that the big ginkgo tree suddenly cut a few years ago.。Quire、Passed down from generation to generation、The mansion that has been carefully protected for many years、It has already been vacant for more than 30 years.、With the aging of Keiichiro Iida, the owner at that time、to know the serious circumstances that were becoming under-managed、"Is it something that can't make use of this splendid house somehow?、Being able to act became a kick、2018In December 2008, he handed over to Mr. Yamamoto、We will realize our dream of becoming an old private house café。 To regenerate the old private house built in hei family、美しい空間と豊かな暮らしを提供する「住まい塾」の設計により改築工事を島田市を拠点に古民家再生のプロとして活躍される工務店「WAKURASU富田工務店」の富田道明さんが受け持たれ、Mr. Yamamoto's strong will to "leave and utilize the existing form as much as possible" is、約半年を要して完成の時を迎えています! 風合いは優しく肌に馴染みながらも、Hard and durable chestnut trees are used on the floor、ぬくもりを感じる座敷席が広がります! 元は、known as the landowner of this land、The old private house that was the home of the Iida family, which has been served as the chief of the village since generations、A splendid mansion with a history of 1900 (Meiji 33)。By the hand work of a carpenter、Because all existing fittings etc. are beautifully fixed and regenerated、Somewhere nostalgic、Some time it's warm.。 Mt. Fuji and hawks with stunning carvings、Pine Tree Tyrings。 a letter written on a top bag by the floor。Because the character of "tea" is visible as a character that can be read、茶の心得でも詠んでいるのでしょうか? ギャラリースペースも設けられており、It is possible to decorate products and paintings for sales here.、ワークショップやイベントなどを開催するためのレンタルスペースとしての貸し出しもされています! 冷たいお茶をいただきながら、A quiet and relaxing moment。 Because the window on the veranda with a view of the garden is opened、鳥の囀りや夏の香りと共に自然豊かな田舎の風景が楽しめます! 日替わりとなる「季節の和風膳」をオーダー! この日は、Because the main dish could choose between "grated hamburger steak" or "mackerel simmered in miso"、私たちは「おろしハンバーグ」を選択! 「季節の和風膳(おろしハンバーグ)」1,450円 あっさりとした味わいながらもボリューム感のある主菜のおろしハンバーグはミニサラダが添えられ、Eggplant and minced meat with bean paste and dashi rolled egg、Tsukudani with small fish and walnuts、Spinach with sesame sauce、It is a side dish carefully handmade without spared time、Rice and soup、甘味のゼリーとバランス良く並ぶ和風膳! 「ミニドリンク(コーヒーor紅茶どちらもIce/Hot可能) +ハーフケーキセット」400円 ミニドリンクとハーフケーキセットを追加し、I'll have a cake set after dinner.。Because I was able to choose from two kinds of cakes of this day、それぞれどちらもオーダー! 「スライスリンゴのインビジブルケーキ」 甘さ控えめに作られたケーキでさらにハーフサイズということから罪悪感がないものの申し分ない食べ応え感があり、The invigible cake, which is baked with sliced apples layered in millefille shape with custard cream dough, has a beautiful cross section.、スライスアーモンドの香ばしさがアクセントに! 「スフレチーズケーキ」 レモンの酸味とサワークリームの爽やかさでさっぱりと仕上げているしっとりとしたスフレチーズケーキ! 「かりおもん ブレンドコーヒー」 コーヒーは藤枝の自家焙煎珈琲豆店「かりおもん」のブレンドコーヒー豆を使用。Sticking to matsuya style、It is carefully extracted with a hand drip、A blend of medium-roasted Ethiopian mocha and deep-roasted Guatemalan、香り高くコクが楽しめつつもスッキリとした味わいが楽しめます! 全開放された古民家カフェは密を感じることなく、It is a rich space that makes us forget the worldly and painful time of corona disaster、I can calm down and rest my mind.、Such a place。 Wrapped in the scent of wood、A moment in a space surrounded by the kindness of the owner、You can feel the luxurious time that you can taste because it is in the countryside。 On the way home、When I talk to owner-chef Ishiko Yamamoto, who is close to 10 years old、Because I have a background of being from a technical college that is rare for women、Talk with the master of my house of the technical college is also bouncy and flowers bloom in the old story、私の実家である「食事処峰」の蕎麦を好んでくれており、I'm surprised that you're still a regular who still attends、In addition to the、To one of the staff who worked、A child in my neighborhood who was a junior in my elementary school and was acting in the same group、"I had Ayako play a lot♪ said.、I was shocked that you remembered me.、"It's a good time.、Local。悪いことはできないわ」と思った日でもあります(笑) ランチ以外にカフェタイムもあることから実家に帰る際には立ち寄りたいと思えるお店がまた一つ出来ました! 古民家カフェとこ十和 住所静岡県牧之原市中734番地 TEL:0548-28-7887 Hours of operation:11:00~ 17:00、Lunch 11:00~ 14:00 Closed on Mondays:日・月曜日 駐車場店前に有 https://www.tocotowa2020.com/...

Mini kaiseki lunch of seasonal ingredients served at the owner's omakase of Japanese restaurant "Shin kappo Swada"

Using seasonal ingredients that increase in taste with the change of the four seasons、At "Shin kappo Swaddan", a Japanese cuisine that carefully cooks and serves the taste of the ingredients, the owner's hospitality lunch with two people of the real estate industry's living character in Hamamatsu! The location is、From Shizuoka University Faculty of Engineering, go down the slope on the way to the Super Housewife's Store Tomizuka Store、It's just beyond the danko river bridge.。It's not even the main street.、Become a shop of hidden existence、Every time you visit, it will be your favorite place to calm down! formerly、I used to visit Tomizuka when I lived there.、After I moved, my feet were far away and I was a lot of talk.、I was relieved that my husband remembered when I put in the reservation phone! The store has 3 counter seats and 4 half-private table seats、There are 4 seats in the 炬燵 of private rooms、It has 4 seats in the back room。Lunch is popular, such as 1,300 yen for a limited edition of 20 meals and 1,750 yen for "Kozen".、If you present the amount in advance and make a reservation、You can enjoy the omakase course of Atsushi Sawada, the owner、This time, we have pre-booked a mini kaiseki course (reservation required) for 3,000 yen! I have a private room today.、You can enjoy your meal 炬燵 your feet in the small digging room! Mr. Atsushi Sawada, the owner、Kanto、Hotels in Kansai、Independent after gaining experience at Lake Hamana Royal Hotel、We have a store that serves as a home、2006It is open in the spring of 2008.、今年で15周年を迎えられています! 澤田さんのこだわりは”最良の状態で食べていただくために作り置きをしないこと”。 Due to the、After the order is placed, I will order sashimi.、Fried foods、Because you can start cooking grilled food、somewhat、待ち時間に余裕を持ってお出かけしましょう! 私たちは、Even the time to wait is also one of the pleasures to see sawada's detailed work、Until it comes out.、While responding to the gentle voice of the landlady who is the wife、楽しいひとときを過ごします! 冷たい麦茶をいただきながら、Waiting for a while。二段重ねの千筋籠や小鉢が添えられたお膳が運ばれて参りました! 店主の澤田さんにお願いしお品書きも書いていただきました!いつもながらに素敵な手書き! 見目麗しく細やかな手仕事を感じ取れる小鉢たち! 「小鉢」 夏バテ知らずの冷菜としてに欠かせない「うざく」ならぬ「鱧ざく」は、Add kinshi egg to the color、鱧 enjoy the texture of the rice and cucumber、さっぱりとした味わいで! 「姫鉢」 茄子と桃にねっとりと濃厚な胡桃ソースを和えた胡桃和え、Ishikawa's Bigai、さざなみ有馬煮の姫鉢三種! 「差(刺身)」 刺身には、High-quality fish kochi that is said to be "summer kochi to winter river pigs" appeared! Koci no Kombu that you can enjoy a crunchy texture while enjoying a light taste、Kombu of sebum、もっちりとした柔らかさが美味しい赤烏賊の三種盛りです! 「焼物」 店主の実家である福井は日野川で獲れる鮎を焼ひたしで、The body is soft and soft、The taste oozes firmly and is ideal for accompanying rice! This is a sweetfish that Sawada's father caught! Sawada-san is already 56 years old.、Your father is in his 70s and 80s even if he is young.、元気に鮎釣りをなさるとは流石お若いですね! 「焚合せ」 長芋と南瓜含煮、Mananji Temple、White Datsu、Octopus simmered。It is said that it is boiled over time over low heat so as to include the taste.、It has become an elegant taste that really makes use of the taste of the ingredients、「やっぱり和食はいいね♪」と思わず顔を見合わせてほっこりしてしまいます! 「油物」 天婦羅は、Salt or dashi soup sauce。We are solely salty! Angel's shrimp is fried in the head and clothes.、The aroma is irresistible! For lotus root with good texture、You can enjoy the aftertaste of the refreshing scent that pulls out to the nose、とろっとした舌溶けを楽しめる茄子と野菜の天婦羅も絶品です! 「御飯、Guk (soup)、香の物」 ゆかりの添えられた御飯はお代わりができ、The soup is red dashi miso soup.、香の物は三種と大満足なミニ会席! 「水菓子」 水菓子は澤田さん御夫妻にも私たちがお勧めする「天使音マスクメロン」を食べていただきたくて、Let me bring in the best food、最後に提供していただきました!天使音マスクメロンだからこその芳醇な香りと上品な甘味で締め括る至福のひとときで御座いました! 夜は仕出しの注文が入っていたようで、I was busy with preparation.、I was happy to see your face looking energetic! I would like to go to the beans a little more from now on! Sawada-san、Madam、お身体大事にしてくださいね! 心割烹さわだ 住所:1101-37 Tomizukacho, Naka-ku, Hamamatsu-ku, Shizuoka TEL:053-476-4966 Hours of operation:11:30-14:00、17:30To 22:00 Closed on Mondays:Sunday (*8/8-8/31):まん延防止等重点措置期間中の営業時間はお店へお問い合わせください)...

Italian "Naples NAPOLI" oven-baked pizza and southern Italian cuisine lunch

Head to Napoli, a restaurant serving authentic Neapolitan pizza and southern Italian cuisine, in Hamamatsu、Pizza lunch with friends and family! Moved here from nearby Tomizuka town where the first shop opened about 17 years ago、It has already been 11 years since it was reopened.、「浜松でピッツァを食べるなら此処」と多くのファンに愛されている人気店となります! 創業者の佐々木茂良さんが御健在の頃の「ぬくもり工房」のデザインとなる店舗ゆえに特徴的なツートンカラーの外観から生成りの塗壁で天井をアーチ型に仕上げた柔らかな雰囲気の店内に至るまで全てにぬくもりを感じる温かな雰囲気に包まれています! 今から3年程前に真のナポリピッツァ協会(Associazione Verace Pizza Napoletana:It becomes a genuine Neapolitan pizza shop certified as a common name AVPN)、ファサードに掲げるAVPNの大きなサインが目印です! 店内にはブルーのタイルが鮮やかな薪窯が設置されており、Yoshio Yamamoto, owner chef and pizza craftsman(Yoshikazu Yamamoto)Because you can enjoy the scene full of live feeling just like the performance that Mr. carefully extends and bakes with your hands one by one in front of you、焼き立てが運ばれてくるまでの待ち時間も楽しめます! オーナーシェフの山本義一さんと奥様の二人で切り盛りされておりホールスタッフと一緒に営む賑やかな店内! ランチは、Choose the main from the pizza lunch set and pasta lunch set menu、Salad as a set、Drink、It will be with today's small dessert or gelato! The blackboard on the wall also has an à la carte menu and wine list perfect for wine applications、夜もカジュアルに楽しめるメニューが盛り沢山! 「ランチセットのサラダ」 「イタリア産 仔牛のトリッパ サラダ仕立て レモン風味」+580円 香り高いオリーブオイルに塩とレモンで酸味優しい爽やかなソースを纏わせ食感の楽しめる仔牛のトリッパをサラダ仕立てでいただきます! 薪で焼き上げた香ばしい香りが漂い見た目からしても美味しそうな顔をしたナポリピッツァのお出ましです! 「マルゲリータ・エクストラ」2,090円 お店一押しのメニューで、Margherita using Motsuarella buffalo in Campagna、Even plump ears can be delicious with a chewy texture dough! Melted buffalo with smooth mozzarella and acidity、The balance with the sauce condensed with the umami of tomatoes is exquisite、マルゲリータ好きには堪らない一品! 「広島産ムール貝とミニトマトのスパゲッティ」1,580円 パスタ一皿目は「本日のおすすめ」からチョイスし広島産の旨味の詰まった柔らかなムール貝からとれる出汁とミニトマトの酸味が見事に乳化した一皿であっさりと平らげれるオイルパスタです! 「ロマーナ」2,030円 マルゲリータの上にアンチョビとオレガノを添えたロマーナは白ワインを欲する程良い塩味が食欲をそそります! 手で伸ばした生地は薄く、You can enjoy the good smell of powder in the fragrance、Ears (Cornicione:額縁)はふっくらもっちりと食べ応えのある一枚! 「カルボナーラ」1,580円 まろやかな卵黄のとろみとベーコンの脂と旨味が乗ったソースにチーズでコクをプラスした美味しいカルボナーラ!+300円追加するとベーコンをパンチェッタに変更できます! 「ランチセットのドリンク」 期間限定で提供されているイタリア産のアイスピーチティー(加糖)とスッキリと切れ味のあるアイスコーヒー! 「ランチセットのデザート」 リッチな味わいの「キャラメルジェラート」と濃厚で滑らかな舌触りの「ピスタチオのパンナコッタ」!一口サイズのデザートではありますが満足感のある味わいで、It is a nice service to be able to have it as a set! Surrounded by delicious Neapolitan pizza、友人家族とも楽しいランチタイムを過ごすことができました! 本日8/8(日)から浜松市も「まん延防止等重点措置」の対象地域となるため、Alcohol has been stopped.、次回まん防が開けた時には是非ともワインと共に美味しい南イタリア料理を楽しみたいと思います! ナポリ(NAPOLI) 住所:2920-33 Tomizukacho, Naka-ku, Hamamatsu-ku, Shizuoka TEL:053-473-6474 Hours of operation: 11:30-14:30(L.O.14:00)、17:45-21:00(L.O.20:00) 11:30-14:30(L.O.14:00)、17:30-21:00(L.O.20:00)※ピッツァ売切れ次第閉店 定休日木曜日 駐車場店前に完備 http://hamamatsu-napoli.com/...

Hamamatsu "China Wakabayashi Lurin" overwhelming volume and cospa's strongest cheap lunch!

Hamamatsu will go to "Chuka Wakabayashi(Lurin)" in a corner of the residential area south of Hamamatsu West Post Office in Nishiiba for Chinese lunch! Lunch menu is overed at the entrance、Choose from 5 main dishes.、Lunch time despite the set meal style、一律900円と驚きの最強コスパ! 1.麻婆豆腐(average) 2.Char siu noodles 3.Ankake yakisoba 4.Chicken condiments sauce 5.Stir-fried meat dumplings with black vinegar All main dishes with soup, rice and small vegetables (rice large serving free) 900 yen each (tax included) On the board in the store、Handwritten "Mapo Yakisoba" and "Spicy Chilled Dandan Noodles" and additional lunch menus are also described! Mr. Takashi Terada, the owner、Sichuan cuisine for about 20 years、I was trained in Shanghai cuisine for about 4 years.、On July 21, 2018, three years ago, Hamamatsu opened a residence and store in Wakabayashi Town! Wakabayashi of the shop name comes from the place name! The number of seats in the store is 4 counter seats、Table 4×2 people、2 × 20 seats = 16 seats。ランチタイムは満席です! 壁には中華の鉄人・陳建一さんとの思い出の写真やサインも掲示されています!店主・寺田さんの親方が中国で本場の「陳麻婆豆腐」を習ってきたことから、has inherited its taste、山椒や山椒油を使い山椒特有の痺れのある癖になる味わいの麻婆豆腐を提供! 私たちは「2.チャーシュー麺」と「4.鶏の薬味ソースがけ」をオーダー! 運ばれてきた瞬間に「ライス大盛りにしなくて良かったね」と思わず口にしてしまう程のボリューム感に少々たじろいでしまいました!(笑) 「チャーシュー麺」900円 見た目は王道なラーメンのようですが、Are you using sweet soy sauce?、In a mellow soup with a taste like no other、The noodles are soft medium-thick straight noodles.。The ingredients、The main char siu rides with 4 pieces and thick slices that are eaten、Menma、Wakame、1000 green onions。ツルッと食感のワカメの存在が面白いアクセントに! 隣で小さなお子様二人が御両親から分けてもらい、I was seen cheeking this ramen hard.、Because it is easy to get used to in Hamamatsu、お子様に好まれる味わいだと思います! 「鶏の薬味ソースがけ」900円 山盛りで登場した「鶏の薬味ソースがけ」は、Fried chicken with a crispy texture with starch towers over the bowl like a tower、The number of、何と12個も積まれているのには正直驚きました!この価格でこの量は大サービスとしか言いようがありません! 薬味ソースは酸味を抑えた甘酸っぱいソースで食べやすくこちらも小さなお子様でも楽しめる味わいに仕上がっています! 小菜として、On this day, kinpira beef 蒡 with it.、I'm glad to have such a side dish.、ご飯のお供に最適な一品! スープは溶き卵、Wakame、It is a gentle Chinese soup with sesame seeds! Because this soup also attached to ramen、主人はお腹がはち切れそうになっていました! ライスを大盛りでオーダーされていた方の量を拝見したところ、Because it was rice of a splendid size feeling of the chawanyama platter which appeared in the cartoon、Ally the couple managed to flatten it out、本当に欲張ってライスを大盛りにしなくて良かったと安堵したところです!(笑) ガッツリとボリューム重視でこのコスパを考えると小さなお子様を抱えたご家族が皆でワイワイと卓を囲む様子が伺えるこちらはとても良心的な中華料理店だと思います! 中華 若林 住所:2819-3 Wakabayashicho, Minami-ku, Hamamatsu-ku, Shizuoka TEL:053-456-0101 Hours of operation:11:30-14:00、17:30-21:00 Closed on Mondays:Monday、 第3日曜日 駐車場店前に完備...

"Kitchen Luce" Pasta lunch where you can enjoy Italian cuisine using local vegetables

Go to pasta lunch at Italian café "Kitchen Luce" in Isaji-cho, Nishi-ku, Hamamatsu City where a long field spreads! This Italian restaurant opened on May 18, 2019, three years ago.、Currently in short business because of corona disaster、11:00-15:00( L.O.14:00)のランチタイムのみの営業となります! 外観同様に白を基調とし、The inside of the store where bright and soft sunlight shines comfortably、温かみのある木目が居心地の良さを創り出しています! 席数はカウンター2席、There are × 5 people = 10 seats.、Now we're reducing the number of seats.、間隔を保ちながら営業されています! 小上がりの個室は4〜5名が座れるプライベートな空間を二部屋用意されており部屋を仕切るパーテーションを外せば最大で10名様までの貸切も対応してくれます! オーナーシェフの村上由美子さん(通称:Yume-chan) trained in Prato, a city in northwestern Tuscany, in Italy about 10 years ago.、After returning to Japan, I worked at casual Italian restaurants in Tokyo and Osaka.、Back to hamamatsu、The place where the field of the parents' house was in was chosen as the next base、Set up Kitchen Luce。Sako Yasuike (commonly known as "100% of the staff":Seschan) was welcomed、女性二人で温かな雰囲気のレストランをオープン! 「みんなの集まる場所」をコンセプトに小さなお子様から大人までの誰もが美味しく楽しく食事を楽しめる空間となるよう願われているのです! この日のランチは、Choose from A course (salad, mini soup, pasta and drink to choose from) from 1,320 yen and limited edition plate B course (focaccia, mini soup, drink) 1,520 yen、Both desserts can be added for +330 yen! This time we selected the pasta lunch of course A、Ordered with gnocchi and spaghetti、Adding dessert! "Salad mini soup" Butternut pumpkin sweet cold soup and sour dressing with early red and red wine vinegar are perfect for hot season this summer、It will promote your appetite! For salads、Raw butternut pumpkin and melon-family Brazilian vegetables that are also used for soups, and "Masisi", which is rare in Japan where the topge appearance is cute, are made from pickles.、赤・黄・緑・紫と彩りも綺麗なサラダ! 「スパゲッティ トラパネーゼペーストとカジキマグロ」 トラパネーゼとは、Tomato、Almond、Basil、Sicilian trapani is a traditional dish of the city with a paste with garlic! There is also an element of richness by adding nuts such as almonds to pasta、It is very nice to be rich in high-quality omega-3 fatty acids and antioxidant vitamin E, which are essential for dieting! That's where the sourness of tomatoes and the flavor of basil are added.、バランスの良い仕上がりに!メカジキの火入れも絶妙でとても美味しいパスタです! 「ニョッキ ゴルゴンゾーラとくるみのクリームソース」+110円 ワインの当てにしたくなるようなゴルゴンゾーラの濃厚なクリームソースにもっちりと柔らかく滑らかな舌触りのニョッキと胡桃の食感をアクセントに加えた一皿! 「ベイクドチーズケーキ」+330円 断面からもお分かりのように、Moist and rich finish! The sweetness is moderate.、セットドリンクのアイスコーヒーとの相性も抜群のベイクドチーズケーキです! 壁や床の彼方此方には、Adorable paintings with good sense that match the store、It has an atmosphere like an atelier standing in a rural part of Italy、素敵なアイテムとなっています! 食後に手の空いた御二人とお話をさせていただきました! オーナーシェフ夢ちゃんの修行先であったプラートは、We also stayed there when we visited Florence about seven years ago.、思わずイタリア話で話が弾みます! ホールスタッフのさっちゃんとは、Coincidentally, the same breed of long coat chihuahua (Ham-kun):♂I have been kept、Because it was a chocolate tan that was the same color as my chocolate、Each other's parent stupid out Chihuahua story is exciting、"Let's join Sana lake wampo next time!" And、嬉しいことに御近所のチワワン仲間になれそうです♪ 本場イタリアさながらの美味しいイタリア料理にも出会え、Kitchen Luce is a cozy Italian café wrapped in a warm aura between the two of you! Because it is a few minutes by car from my house、通ってしまいそうなお店です! 夢ちゃん、Sachan、また伺います! キッチンルーチェ(Kitchen Luce) 住所静岡県浜松市伊左地町2528-1 TEL:053-570-2520 Hours of operation:11:00-17:00 Closed on Mondays:水・木曜日 駐車場店前6台完備 https://www.instagram.com/kitchen_luce/...

Vini del Bottegon, a casual Italian restaurant in Nagoya

Taro Yamaguchi, who operates "MIPROVINI Co., Ltd.", which operates wine dining mainly at Italian restaurants in Nagoya, opened his first Italian restaurant in 2012 at vini del BOTTEGON! Mr. Taro, the owner、"Enoteka Pinchioli" and "Ritz-Carlton Hotel"、I have been active as a sommelier in various Italian、Using that experience to launch a company,、飲食店を多店舗展開されています! 地元の師崎や伊良湖より仕入れる鮮魚をはじめ、In addition to abundantly handling fresh pesticide-free vegetables from the 60th Peninsula、Because Taro is from Shiga Prefecture、メイン料理には滋賀の「肉のサカエヤ」より仕入れる極上の熟成肉や近江牛を使われるなど、Carefully selected ingredients are finished in a unique style。By the selection of Taro who is the sommelier owner、常時3,000本以上を保有するワインも楽しめるワイン&ダイニングです! 店内は木の温もりと落ち着きのあるクラシカルな雰囲気で居心地の良さがありコロナ禍でありながらも多くの常連客に愛され連日大盛況のレストラン! この日は名古屋での仕事を終え、After the peak of lunchtime、ラストオーダーにギリギリ間に合い滑り込みセーフでかろうじて空いていたカウンター席を用意していただきました! テーブル席よりカウンター席にて厨房の臨場感を味わうのが大好きな私たちカウンター席のあるレストランが大好きです! 前菜の盛り合わせの盛り付けに入る堀シェフの真剣な眼差し美味しそうな香りが立ち込め食欲をそそられます! 仕事の合間ということもあり、It's a good feeling that you can't enjoy wine with this dish.、I am glad that I can take lunch time after a long time! There are a lot of restaurants that I want to visit when I come to Nagoya for lunch.、When it comes to eating smoothly in a short time, it is not only a course dish、After all, shops with à la carte are available as an option.。You can enjoy both course meals and à la carte dishes here.、調整できるのが有難いです! 「前菜の盛り合わせ」 手前から、Irako Bonito Carpaccio、White peach and ullahta cheese、Braised Omi beef cheek and three kinds of platter。 First of all, from the strongest combination with peach, which is a seasonal fruit, and fresh and creamy ullahta cheese。And fresh bonito ed with sea grapes from Izenami Island, a remote island in Okinawa where the petit texture is unbearable、Taste and deeply enjoy the grilled eggplant grilled with charcoal with the flavor。最後にはランチにも関わらず近江牛がいただけるという贅沢なアンティパストミストです! 堀シェフと中川さんの御二人で満杯の店内を回しているようで、While you're going to be busy、丁寧に対応していただきました!(感謝) 「自家製フォカッチャ」 ふわっと柔らかな仕上がりながらに、Focaccia that you can enjoy a chewy texture that is easy to eat、Salted plums are also a good feeling! I will put it on the pasta sauce! "Spaghetti Fresh Fish Arlio Ario e Peperoncino Bottarga Flavor" To finish with plenty of Bottarga (karasumi)、目の前に出されると立ち込める香りにノックアウト! ふっくらと柔らかく仕上げた身厚の白魚との相性も抜群で人気の高いメニューです! 「オーストラリア冬トリュフたっぷりのマッシュルームペーストスパゲティ」 メニューにはイタリアの夏トリュフと書かれていましたが、On this day, they shaved off australian fragrant winter truffles! Winter truffles with a more mellow aroma than summer truffles。Plenty of pasta to hide。まさに贅沢の極み!ランチタイムでもこのクオリティで提供されているから素敵です! 「北海道 礼文島の生雲丹たっぷりのクリームソースのスパゲティ」 カラスミ、Following truffles、その圧倒的な存在感たるや!日本最北端の離島礼文島の生雲丹のお出ましです! 北海道産の生雲丹の中でも濃厚で旨み溢れる味わいと絶賛されている礼文島の生雲丹をふんだんに用いたクリームパスタ! 上に添えるだけでなく、Because tapuri and raw sea urchin are also used for cream sauce、香り豊かに濃厚な味わいが堪らない! 濃厚な生雲丹の甘みをソースに絡めながらフォカッチャにも添えて楽しみます! 「本日のドルチェ」 甘さ控え目のティラミスに、Ripe mango with a thick richness、そしてミルキーなジェラートとデザートまでしっかりと楽しんでしまいました! 「食後のコーヒー」 気付けば最後の客になってしまいましたが食後のコーヒーをいただきながら満ち足りたひとときに大満足! 太郎さん、Staff、有難う御座いました!またゆっくり伺いたいです! ヴィーニデルボッテゴン(VINI DEL BOTTEGON) 住所:Tsukasa Building 1F TEL, 2-21-3 Izumi, Higashi-ku, Nagoya City, Aichi Prefecture:050-5593-7568 Hours of operation:Monday to Sunday lunch 11:30-15:00( L.O.14:00-、Dinner 17:30-24:00(L.O.23:00) Closed:Occasionally parking:無し...

Drive and dine Ministry statement Chan Kouri island's beaches while Okinawa lunch

沖縄北部の今帰仁村(Nakijinson)にある離島・古宇利島(Kourijima)は、In a circular-shaped upheaval coral island、The area is approximately 3.17 k m²、Makes approximately 8 km around、人口約400人にも満たない小さな島です! 沖縄本島トップクラスの透明度を誇る海に囲まれた古宇利島は、And crystal clear emerald blue、古宇利ブルーとも称される美しい海岸が人気となります! そんな古宇利島は車で10分も走れば島一周することが出来てしまいます! 青い海とサトウキビ畑が広がる大自然に囲まれた古宇利島の長閑な雰囲気を満喫しながら「アクアカーレンタル」のビートル(Beetle)にてドライブを楽しむことに致しましょう! 観光客に大人気の古宇利島の入口にある「古宇利ビーチ」は古宇利島の海産物や土産物を販売する市場や沖縄料理を提供する飲食店や売店などがある施設「古宇利島ふれあい広場」の無料駐車場が利用可能です! 飲食店が並ぶ「食と館」に隣接する市場には、Kouri island in fresh vegetables and fruits is a sequence、Speaking of Okinawan souvenirs of candy "Chin chinsuko. introduction、Sweets using the island's famous "red potato.、Black sugar is made from sugar cane、Okinawa salt rich in minerals、「島とうがらし」を用いた調味料などが勢揃い! 奥には海産物コーナーもあり、Can be bought from the sample the Okinawan-style "sea grapes" or "mozuku.、色々物色しながらお土産を購入! 「ふれあい広場」から徒歩2数分圏内となる古宇利ビーチへと降り立ち古宇利大橋のたもとに広がる真っ白な砂浜のビーチを堪能! 12月のビーチと言えども、Beaches attractions the tourist bus also stops for、砂浜には多くの観光客の姿が見られます! 遠浅のビーチのため、Seems to enjoy the beaches and、To truly swim in temperatures of around 20 ° C is still early for、Issue goes barefoot Beach returns、童心に返って波との追い掛けっ子を楽しみました! 2005年2月8日に開通した古宇利大橋は今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島(Yagajishima)を結ぶ、And causeways of 1960 m in length、通行は無料です! 古宇利大橋を通って屋我地島に渡り対岸沿いにぽっかりと浮かぶ古宇利島を眺めるのも良いでしょう! 屋我地島側の橋のたもとにはガーデンレストランカフェ「美らテラス」があり、Here is、4Two dining and souvenir shop、フリースペースから成る施設となります! 古宇利大橋の全景を収めるには「美らテラス」内にある展望台からの眺めが最高です! 展望台には、Are equipped with lock Adam and Eve in a shop that sells、How couples visited by riko! Okinawan version of "Adam and Eve the legend" the legend says "love Island (Kouri).、恋人たちが聖域と崇めるパワースポットでもあります! 海にぽっかりと浮かぶ岩礁群が気になりその姿が伺える浜辺を探してみようと再び車に乗り込み近辺を散策! Google Mapを頼りに国立療養所となる「沖縄愛楽園」の脇を走る海岸沿いの小道へ進み岩礁間近の浜辺へ! 浜辺に降り立つと、A dazzling Rainbow hanging onto the rocks.、思わずダッシュ! サラサラとした白い砂浜には、Shimmer and sparkle with white coral and shells、誰も居ない浜辺は穴場中の穴場となりました! 古宇利島へ戻り、Looking where you can have lunch and、手描きのシーサーなどの強烈なタッチで沖縄風を吹かす「お食事処 文ちゃん」を発見! 小高い場所にある「お食事処 文ちゃん」の店先には、Me met warmly made lanterns stomachs fluttering in the wind and seashells on the other、期待を裏切らない沖縄の風情が感じられます! 店内はテーブル席と座敷が用意されていますがやはり見晴らしの良いテラス席でランチと参りましょう! こちらは、In the mother serves as the current owner has opened shop、After the joint's daughter、開店10年目を迎えています! メニューには、Middle and Okinawan specialties and fresh seafood meal、今回は「海鮮丼(ミニ沖縄そば付)」1,500円と「沖縄そば」700円をオーダー! 雲丹で有名な古宇利島ですが、Causes include overfishing、In recent years, without reaping in the fishing ban、Seems to not eat the Sea Urchin was caught on the island! Many tourists still seeking a "Sea Urchin rice bowl" for、本土から仕入れた雲丹を提供されています! そんな雲丹がたっぷりと添えられる「海鮮丼」は、While small bowl、About spilling over from the bowl lined with fish、Okinawan tangerines will be squeezed tightly! On bubble wrap and sea grapes as they play fresh octopus or squid、White tuna and gorgeous、合間合間に小椀の「沖縄そば」までもが楽しめてしまえるバランスの良いメニューです! 「沖縄そば」は、Take a thin Okinawa pork soft noodles on sweet 煮付keta、海ぶどうと紅生姜が添えられます! 泡盛に沖縄島唐辛子を漬けた調味料「コーレーグス」が卓上に置かれているので味変しながら楽しむのもお勧めです! 古宇利大橋を望む絶景を楽しみながらのランチでまったり!ドライブはまだまだ続きます! ふれあい広場 食と館 住所沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利323-1 TEL:0980-56-5785 お食事処 文ちゃん 住所沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利457 TEL:0980-56-5234 Hours of operation:11:00To 18:00 Closed on Mondays:水曜日(夏季は無休)...

Lunch served in the panorama restaurant Suruga routes, views of Mount Fuji "kasui".

「成田国際空港」からネパールツアーをご一緒させていただいた「株式会社ヒバリヤ」の会長である岸山惣憲(Fusanori Kishiyama)さんの御車に同乗させていただき、To send us up to Hamamatsu、途中の富士川サービスエリア「富士川楽座」内にて岸山会長が運営されるレストランにてランチ休憩を取らせていただくことになりました! 富士川SA(上り)の大観覧車「Fuji Sky View」からは、Mt. Fuji can be, not to mention urban Fuji and Suruga Bay, overlooking、大人気の観光スポットになっています!さらに、Guests can enjoy beautiful Ferris wheel drive lights were lit up at night、デートスポットとしてもお勧めです! 富士川楽座の3階には地元の名産品が並ぶお土産売り場「まるとく市場」などがあり、As a memento of the trip will be pleased! Is the food court in addition to enjoy refreshments.、多くの観光客で賑わいます! レストラや展望ラウンジ「わいわい劇場 プラネタリウム」が揃う最上階4階にある「パノラマレストラン駿河路」へ!こちらのレストランは駿河湾の美食を和で楽しむ「駿河の味処 千歳屋」と駿河湾の恵みを洋で楽しむ「駿河魚河岸イタリアン 岸山水産」が一緒になっており和洋が一度に楽しめます!岸山会長が運営されるレストランは他にも3階のフードコートにもあります! こちらは世界遺産に登録された「富士山」を大迫力のパノラマで眺望しながら、Restaurant serving Japanese cuisine and fresh seafood in the Gulf of Suruga 漁reta. On this day、We closed the Windows during the construction of the unfortunate but、普段は壮大な「富士山」を臨む絶景が待ち受けております! ネパールツアー最年長の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんと「株式会社ヒバリヤ」会長の岸山惣憲(Fusanori Kishiyama)さん、And、東京までお迎えにいらしてくださった岸山会長のお嬢様AKIEさんと一緒に食事を楽しむ中「富士川楽座」の管理部部長の久保田一幸(Kazuyuki Kubota)さんと常勤顧問の畔上啓(Akira Azegami)さんを御紹介いただきました! 「駿河海鮮丼」1,840円 ネパールから帰国したばかりということもあり日本食に飢えていたわたし達は迷わず「駿河の味処 千歳屋」のメニューからオーダー!「駿河海鮮丼」は、Take plenty of Suruga Bay from raw whitebait、Dry raw shrimp, fresh、And in the port of Shimizu tuna sashimi and scallion、豪快に駿河湾の恵みを一挙に楽しめる究極の丼です! 「海鮮丼」1,380円 レストラン二番人気で、A hearty seafood platter、存分に味わえるバランスの良い「海鮮丼」!天然のインド鮪を1本買いしているお店だからこその美味しさが楽しめ、And fried fresh squid、Salmon、Octopus、How much、穴子に海老と贅沢な品数です! 「すし三昧」1,380円 レストラン一番人気は地場の鮮魚と旬の素材で様々な味を楽しめる握り寿司9巻+厚焼き玉子の「すし三昧」です! 「桜えびかき揚げそば」1,080円(※桜えびのかき揚げは別皿で提供されます) 桜海老と言えばやはり「かき揚げ」!温かいそばの上に大きなかき揚げを乗せてサクサク食感を楽しみます! 丼には温かいお味噌汁が付き「やっぱり日本食は最高!」と一斉に声が漏れガッツリと頬張らせていただきました! 丁度、To see the current President, in, the son of the Chairman of the 岸山 have to check the restaurant、御挨拶させていただきました! この日は、And a stunning autumn Typhoon、屋上からの大パノラマの景色は圧巻です! 富士川は濁ってしまっているものの、In a stunning cloudless sky、雪化粧する前の貴重な「富士山」を捉えることができました!こんなにも素晴らしい景色は数十年振りと仰っておられ帰国早々にラッキーな体験を致しました! 静岡を代表する世界遺産となり美しく雄々しい「富士山」を背に皆さんで記念撮影!この後我が家の愛車を預けてある「マセラティ浜松」まで送っていただき長きに渡るネパールツアーを無事に終えることが出来ました!杉山さん、Mr. 岸山、AKIE Mr.、As you will find with us、本当にありがとうございました!...

Bhaktapur Durbar square next to the "Khawapa Chhen" at lunch.

ネパールの首都カトマンドゥ(Kathmandu)から東へ12km程にあるバクタプール(Bhaktapur)はカトマンドゥ盆地で3番目に大きな街となります! 世界遺産に登録されたバクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」に向かうには駐車場から徒歩10分圏内となります! ツーリストバスを下車し皆で「ダルバール広場(Durbar Square)」を目指します! 赤煉瓦の壁に覆われた雰囲気のある石階段を登った先となります! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」の正面玄関へ到着!ここから先は外国人は入場料1人1,500ルピー(日本円にして約1,605円)が必要になります!(※チケットは7日間有効となり何度でも再訪可能です) 午前予定であった大学訪問が長引いてしまったため、Was late for lunch、正面玄関前の脇道を進み「ダルバール広場(Durbar Square)」横にあるゲストハウス&レストラン「Khawapa Chhen」にていただきましょう! こちらの1階は、Gallery and will be at the reception。「Khawapa Chhen」はレストランのみならず、Can be used as a guest house suggests that the Palace Square.、中世の街並みを残した古都の雰囲気に浸るのも良いでしょう! 屋上にあるダイニングテラスを利用して、Under the blue sky、爽快なランチタイム! バクタプールの「ダルバール広場(Durbar Square)」を一望できる素晴らしいロケーションとなります! こちらではバクタプール出身で活躍するコメディアンでガイドのナレス(Naresh)さんの友人ラズ・マナンダー(Raju Manandhar)兄弟を紹介していただきました!ラズさんの御実家は王宮広場内にあり、From generation to generation、Clan treat canola oil?。While eating、ラズさんの活躍ぶりをYouTube動画で観せていただきました! 天候も良く、In the cozy afternoon sunshine、最高のビールタイムです! お疲れ様の乾杯は「清水ライオンズクラブ」の杉山昇(Noboru Sugiyama)さんの音頭で乾杯! ネパールビールの中でも一番のお気に入りとなった「EVEREST」!マウントエベレスト醸造所で造られているプレミアムラガーのエベレストビールは今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさです!エベレストビールの原材料は、Chosen to stream water from the Himalayas with domestically produced barley malt and aromatic are used in、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! この時既に時刻は15時を回り、For late lunch and was、ナレス(Naresh)さんの配慮で取り分け不要の盛り合わせとなりました!ネパール料理の炒飯、Nepali、Peach、フライドポテトをいただきます! 古い街並みの向こうには、Top weather、Even the majestic Himalayan mountains views、ダルバール広場の中でも一番古都の良さが残るバクタプール(Bhaktapur)はお勧めです!...

Lumbini Hotel Hotel,"Little Buddha" restaurant at lunch.

ルンビニ(Lumbini)の「ホテル・アナンダ・イン(Hotel Ananda Inn)」から徒歩で隣接するホテル「リトル・ブッダ・ホテル(Little Buddha Hotel)」内のレストランへ向かいます!ネパールツアー視察団の皆さんがお揃いで被っていらっしゃるネパールの帽子は今回のネパール視察ツアーのガイドであるマハラジャン ナレス (Maharjan Naresh)さんのさんのお母様のプレマヤ(Premmaya)さんと妹のリタ(Rita)からの素敵な贈り物です!この帽子を被れば不思議とどなたでもネパリー(Nepali)になれます♪ 背中に大きなコブを持った牛は家畜牛の一種で「コブ牛またはセブ牛」と言います! 徒歩2分で1本隣の路地にある「リトル・ブッダ・ホテル(Little Buddha Hotel)」へ到着! ホテル内にあるレストランにてランチタイム!実はこの時、And still having periods early 11 am lunch、宿泊先の「ホテル・アナンダ・イン(Hotel Ananda Inn)」のレストランは、It could not be ready in time out、「リトル・ブッダ・ホテル(Little Buddha Hotel)」内のレストランになりました!突然の予定変更やトラブルなどに見舞われても迅速に対応してくださるナレスさんのおかげで本当に様々な面で助かりました!感謝! この日も元気良くビールで乾杯!ネパールツアー中は「ビールに始まりビールに終わる」と言った感じで本当にビールばかり飲んでいました!(笑) 「EVEREST」は、Everest beer brewery in Mount Everest has built Premium Lager、今までいただいた「TUBORG」や「ゴルカ(GORKHA)」よりもキリッと辛口で断トツの美味しさ!やはりビールは辛口に限ります!エベレストビールの原材料は、Chosen to stream water from the Himalayas with domestically produced barley malt and aromatic are used in、標高8,848mで世界最高峰となるエベレスト山の名に恥じない美味しさです! カトマンドゥを早朝に出発し、Because it was without breakfast、短時間でササッと食べれる主食をオーダー! 「炒飯(Fried Rice)」ネパールは、Because its neighbors China and India、I feel the impact of China and India cuisine。細長くパラパラとしたバスマティと呼ばれるインディカ米は炒飯にピッタリ!中国料理としていただく炒飯よりもあっさりと優しい味わいです! 「トゥクパ(Thukpa)」ラーメンやうどんのような麺料理でネパール人の食生活にも溶け込んでいるチベット料理となります!こちらもまた塩ベースの優しい味わいのスープとなります! 麺は、In the straight noodles made with wheat flour a little soft.。Vegetables contains plenty of、甘味も感じます!添えてくださる唐辛子酢で味変を楽しみます! 腹ごしらえも出来たところで、And the birthplace of the Buddha、仏教の聖地とされる「ルンビニ・ガーデン(Lumbini Garden)」へ向かいましょう!広大な敷地を誇るガーデン内はタイでいうトゥクトゥクのような三輪タクシー「テンプー(Tempo)」または三輪人力車「リクシャー(Rickshaw)」がお勧めです!...

Scroll to top