"Lahn Guyton pratunam" Bangkok's most famous Khao man GAI's real food!

Thailand food popular among "Khao man Gai (Thailand language:ข้าวมันไก่).。 Put chicken boiled rice with Dashi broth boiled chicken and went on、It is food for the soul of Thailand over the sauce and eat。 Less fond of that easy-to-eat、Also one of the dishes fit the Japanese tongue。 In Bangkok、There are many edible Khao man Gai shop、 Among the most famous still store pratunam is "Lahn Guyton pratunam Raan Kaithong Pratunam".。 Everyone's clerk、From wearing a pink polo shirt is called "Khao man Gai pink"、 Local people started.、May be featured in travel guides、Tourists are also popular shopping。 In Bangkok's popular "Lahn Guyton pratunam Raan Kaithong Pratunam" are、 As an authentic Thailand Khao man Gai street restaurant see Guyton.、 Now landed in Japan、 Tokyo、Osaka、Has deployed four stores in Fukuoka.。 Even though the State is open most hours from morning until midnight except a little time、 Always popular, is a thriving shop。 Breakfast time、Around noon、Evening、Dinner hours、For more people、Be prepared to line up in front of the shop。 Fast food is served here and、Our meal times are early for、Rotation of turnover is very fast、 Even if the matrix、You can ensure the seat within 10 minutes of。 Lined up in columns and、Invokes the clerk from the beginning, will guide you to a seat。 If the couple、1Seats 4 people-will be vacant seat for six。 Locals living near the、Often people can get crowded to the take-out at。 Include the "Khao man Gai green" near here "pink Khao man Gai"! (Lol), formal name、"Kwan hen Guyton pratunam.。 Here you will、So called because clerk wearing a green polo shirt。 "Khao man Gai green founded in 1932、1960Founded in "pink Khao man Gai" became established.、 Against the lie or the truth or green、And if you start wearing a pink polo shirt is pink become famous。 Who wants to watch eat both、Might be interesting to compare eating! shop、For the priority seating space、Such as storefront stalls was seen cooking in the place、 The smell of chicken were piled high are filled with storefront。 The menu is、Khao man Gai、Chicken 胗、Chicken liver (liver and gizzards)、Chicken thigh、Chicken breasts、Chicken wing (assortment of thigh and breast meat and chicken wings)、 Include the HK Chinese old duck bath (duck and mushroom soup)。 Drink、Kohler、Pepsi、And a tea、Are each 10 THB。 The clerk、Because there are more conversations in Thailand、By pointing to the menu, ordering at the touch。 "Khao man Gai (Thailand language:ข้าวมันไก่) "40 THB (Japan yen approximately 150 yen) tea 10 THB (Japan yen approximately ¥ 40) is"Khao man Gai.、In the southernmost tip of China and Hainan Island、In food has been popular in other Southeast Asian countries、 On top of rice cooked in chicken broth、Put the boiled chicken、Ask any sauce dish。 Carefully selected fresh chicken、To adjust the degree of fire、Finish and moisturize。 And put the original source、Unique flavor is spread.、It is quite painful。 And use in Thailand cuisine familiar fragrant jasmine rice.、 In that I cooked in chicken broth in boiling chicken、To flavor rice。 The original source、Miso in Thailand、Soy sauce、Mixed with black vinegar sauce、Is seeking a distinctive deep in ferment。 Ginger in garlic、Almost as though such as pepper flavor、There are a little sour。 Will be accompanied by also coming out with a steamed chicken broth soup "Nam CIM"。 Is there a simple dish、Original source and lighting help、 For different taste in boiled rice、Guests can taste different from the shop!, Guyton, pratunam Raan Kaithong Pratunam (pink Khao man GAI) address:...

2015 winner 7th Thai restaurant "nahm" of Asia's 50 best restaurants

バンコクのサトーン・タイ通り Sathon Tai Roadから少し奥まったところに入るとスタイリッシュなデザインホテル「メトロポリタン バイ コモ Metropolitan by COMO」があります。 2003年のオープン時に「バンコクで最も先鋭的なホテル」としての称号を得て、 In Bangkok will certainly continue to evolve is the epitome of the Star 5。 MRTのルンピニー駅 Lumphini Stationより徒歩5分圏内に位置しています。 Under the British-born hotel brand、In COMO group run by founder、 「ボンド・ストリートの女王」との異名をとったシンガポール人のクリスチャン・オンが1991年よりホテル経営をスタートファッション業界で育まれたクリスチャン・オンの美的センスはバンコクの「メトロポリタン バイ コモ Metropolitan by COMO」にも息付き、Timeless design using themes。 Without being overly trendy、Universal design without fading may therefore feel calm relaxation。 Hotel COMO group eco to consider、From the staff to focus on、 Often, the renovation of existing buildings rather than new、 Hotel is was originally a YMCA。 The look is a simple modal、Step foot into the hotel and、The stylish lobby greets。 「コモ・ホテルズ・アンド・リゾーツ COMO Hotels and Resorts」が手掛けるこのホテルはロンドンの「ザ・ハルキン・バイ・コモ The Halkin by COMO」のスタッフが 「ジョルジオ・アルマーニ Giorgio Armani」の制服に身を包んでいるのと同様にここでは「コム・デ・ギャルソン COMME des GARÇONS」のデザインを身に纏うスタッフの姿が観られます。 The first uniforms、「山本耀司 Yohji Yamamoto」がデザインしています。 In the 171 guest rooms hotel、1Is to maximize one guest satisfaction、 ホテルオーナーであるクリスチャン・オンのこだわりでもあるのです。 1200Square one space from traditional Thailand-therapy wellbeing massage、 Comfortable and relaxing treatment rooms、Yoga Studio、Ranging from a health club、 Offers a full range of services to fulfill guests ' well-being and beauty。 We met in the lobby of the hotel、バンコク在住の日本人女性のSachikoさん。...

Won the 2016 top 50 best restaurants "Gagan Gaggan" Asian fusion cuisine

今年2016年で4回目を迎えた「アジアのベストレストラン50」(サンペレグリノ&アクアパンナがスポンサー)は「世界のベストレストラン50」のアジア版で、 In Bangkok,、The announcement and the award ceremony was held。 2015Fiscal year、2016年度のトップに選ばれたタイ・バンコクのインド人シェフガガン・アナンド(Gaggan Anand)氏が作られるフュージョン料理店「Gaggan ガガン」はインド料理を刷新することを目標に2010年にオープンされていますガガン・アナンド(Gaggan Anand)氏が作り出す料理はバルセロナ郊外の「エルブリ(スペイン語の発音でエルブジ)」での経験によりエルブリ・シェフのフェラン・アドリアの影響を受けているようで、 Modern cooking techniques with me.、Twist a delicate traditional cuisines of India、Sensitivity and energy poured、 In India cooking of the tapas of Spain and French、Italian、Thailand、By combining Japan、 Provides innovative fusion cuisine。 インド人のガガン・アナンド(Gaggan Anand)氏は、Born in Calcutta.。 In my hometown India、And worked for the Taj Group's restaurants、The vertex is extremely、 Once India has served as the President, Abdul Kalam Chef surprise career。 After that、Over Thailand、And then trained at El Bulli in Spain、After the return to Bangkok、 Indian cuisine in your own shop opened、Now、Has become a popular restaurant reservation to take difficult。 This time the、事前にラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル 「ザ・サイアム THE SIAM」のコンシェルジュに予約をお願いしてあります。 It seems from that hotel reservations are recommended。 The White colonial-style house。 From the manicured patio、Blessed with green garden views。 First of all、But I am surprised at how many meet and greet staff、 Staff、Bright to Dubai with a smile、Each such distance between the guest and、 To take communication、気持ちの良い歓迎の仕方です♪ 店内にも白を基調とし、Right now worthy of colonial style and simple interior。 Streamers of bright staircase bathed in natural light from skylights、2You will be directed to the floor。 Shop at the store、The seat was seen sparsely、 During meals and seats are buried with a guest book、結果的に2回転までしておりました! 今回は浴衣で器と一緒に旅をする企画ということで店舗側に許可を得て浴衣を着ておりますが 一般的に日本国内のレストランで浴衣がNGのところが多いので 浴衣はお祭りや花火大会などで着用されることをオススメします。 Course menu is prepared in two courses、 15Divides the 23 species of long course and short course, seed, and small plates。 2500THB++ 、Or 4000THB++.。 (9250 approximately JPY Japan Yen、または14,800円) Gagganでは、And policy says the dishes are left with great memories.、 Be played by each scene restaurants、 Is configured as the story of the one like the exotic to the journey。 In order to enjoy the story more deeply、This time the、23Choose type of long course。 「Sanpellegrino(L)」220THB(日本円しておよそ820円) 赤い星と「S.Pellegrino」のロゴが特徴のイタリアのミネラルウォーター。 Water's include carbon dioxide in water、Granular carbon and mild in your throat。 Because of Asia's 50 best restaurant awards sponsor、 Exactly as advertised、Recommended that this was。 忙しかったようで開栓までにかなり時間がかかってしまいましたが ウェイターにお勧めされた乾杯のスパークリングワインを注いでいただきます。...

Spread in front of Wat Arun "Eagle nest Eagle Nest" night bar

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」での食事を楽しんだ後、 And a ride in a taxi、Approximately 10 minutes and get off at 15 minutes、 バンコクの夜を楽しむならここ!というお勧めのバーを タイに在住されている日本人女性SayakaさんとMayumiさんに紹介していただきました♪ 目指すは目の前に見える「サラ・アルン Sala Arun」というホテルの屋上です! この地区一帯は暁の寺と呼ばれる「ワット・アルン Wat Arun」の夜景を楽しみながら食事をするレストランやバーが大変人気の場所だそうです♪ 「サラ・アルン Sala Arun」 こちらはチャオプラヤー川沿いにある「アルン・レジデンス Arun Residence」というホテルの有名レストラン 「ザ・デッキ The Deck」のオーナーが営むホテル。 Place、マハラート通り Thanon Maharat沿いの1階がカフェになっている 「Arom d Hostel」という小さなホテルの角を曲がり突き当たりになりますこちら「サラ・アルン Sala Arun」ホテルの最上階が目的地であるバー「イーグルネスト Eagle Nest」です♪ エレベーターが無いためホテルのフロント横にある階段を上がってホテルの屋上4階まで一気に駆け上がります! 4階まで上り最後にこの螺旋階段を上れば屋上(5階)です! 飲んだ後のこの階段は意外にしんどいものです(笑) 「イーグルネスト Eagle Nest」からの夜景 2013年2月にオープンされたホテル屋上のルーフトップバー「イーグルネスト Eagle Nest」は暁の寺と呼ばれる「ワット・アルン Wat Arun」が目の前に楽しめ圧巻のロケーションを誇ります! チャオプラヤー川の川面の煌きと共にライアップされたワット・アルンは、Unlike his repair work in the daytime、 For what shall and I wonder if changing shades、とってもロマンティック♪ さらに、On the other side、「ワット・プラケオ Wat Phrakeaw(王宮)」と「Wat Pho ワット・ポー」も同時に楽しめます♪ カウンターバーの中のイケメンバーテンダーさんが腕を振るってくださいます♪ 「Changビール」130THB(日本円にしておよそ480円) タイでもっとも人気のあるビールのシンハー(ビア・シン)と双璧を成すビール。 1998Won a gold medal in international beer contest、タイビール特有の強い苦味が特徴です♪ 「シンガポール・スリングのバンコク版」...

"The Siam" Thailand Japanese and get-together at chon Bistro to integrate the two restaurants

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のレストランは、 2015年7月まで運営されていた「デコ・バー&Bistro Deco Bar & Bistro」は、 8Than a month、「チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant」と統合させ「チョン・ビストロ Chon Bistro」に生まれ変わっています。 In the late、現在タイ料理を提供されるタイレストラン「チョン・ビストロ Chon Bistro」のみとなります。 If you enjoyed the meal in the hotel、事前予約をお勧めします♪ 1階の開放的な空間では、Green filled in、Enjoy a meal overlooking the Chao Phraya River、 To the brightness of the lighting、落ち着きのあるムーディーな雰囲気を醸し出しています♪ こちらは、Who loves Thailand's traditional culture and history、取り分けタイ伝統家屋の保存維持に尽力された Connie Mangskauさんの自宅であった一部を移築しリノベーションしています。 Thailand teak wood with rich traditional houses、There are many great building tropical atmosphere。 This time the、階段を上がり2階の席へ♪ 2階席は、Thailand emotional atmosphere filled with、ところどころに配された調度品なども楽しめます♪ 2階からもチャオプラヤー川のリバービューが望め、 Sunset is sinking.、夜を迎える前のロイヤルブルーの空がなんとも言えない美しさを放っています♪ 「モンスーン・バレー・コロンバール2013 colombard monsonn valley 2013 thailand」 ボトル2,050THB(日本円にしておよそ7,590円) モンスーン・バレーのワインは、Produced by Siam Winery。 In the winery、 Thailand's oldest wine regions from Pok dam、A traditional Malaga Blanc grape varieties are cultivated、 Colombard is used this wine grape、Derived from South West France。 It is very similar to Sauvignon Blanc tasting、A delicate citrus and Green Apple aromas、 In a refreshing acidity, such as lemon or grapefruit-flavored light body、 甘辛いタイ料理に良く合います♪ この日は、Two Japanese women are living in Thailand is a party and dinner while。 日系企業にお勤めのSayakaさんと、The original、Got a tour conductor experience in travel agency、 現在は日系企業にお勤めのMayumiさんから タイに長く住まわれている彼女たちの目線からタイでのライフスタイルや タイならではのあるある話、Also、日本との文化の違いなどをお聞きすることができました♪ 黒胡麻のグリッシーニやカリカリ食感のパン、Provides a pita bread, such as for meals。 酒の当てとしておつまみにも最適です♪ 「ヤムソムオー YAM SOM O」390THB(日本円にしておよそ1,450円) ヤムソムオーとは、Pomelo salad (Thailand language:ยําส้มโอ) in、 Using the fruit has firm SOMO、It is juicy, refreshing salad。 In Thailand、The fruit salad.、Sweet、Plus a pungent acidity, light and、...

Affordable Thailand cuisine lunch at stalls in the Park c loan market markets

バンコクで50年以上続く最大級規模の花市場 「パーククローン市場 Pak Klong Market(タイ語Pak Klong Talat タラート=市場)」内をくまなく散策していると、 Just、During the lunch break and、Here you want to take the lunch here and I was going to。 When、Suddenly、Thailand food fragrance and it goes、 現地の方や観光客で賑わう屋台を発見! スタッフのお姉さんがとても愛想が良く気持ち良く出迎えてくださいました♪ メニューはシンプルにパッタイが売りのようです♪ タイに足を運びながらも、Street food yet we experience。 Now health aspects such as water and food under the blazing sun.、It is one element of self-indulgence out of concern。 However,、And the local shops in the markets in、 Equipped with water and、Is also a huge refrigerator、Beat that。 More than anything、Good smell、Only sense where the people gather in the safety element is。 In flavoring Sweet-Sour smell of Thailand、さらに食欲が湧いて来ました♪ テーブル上に運ばれてきたパッタイはとても良い香り! 割り箸は、Because one in a plastic bag、You can rest assured that the hygiene side。 Basically in Thailand、Unlike Japan、As with water in the restaurant above the intermediate level of the hotel and can not、 To bring bottled water?、Or let's order drinks。 Flies fine but often flying in the air、目を瞑ります(笑) 「Padthai with Shrimp」60THB(日本円にしておよそ220円) パッタイ (タイ語:ผัดไทย) and the、It's sweet and sour noodles in Thailand。 In Thai、Swish "FRY"、Thailand means that the "Kingdom of Thailand"。 Topping ingredients、Shrimp or chicken、You can choose from pork, etc.、 Many systems use flat noodles stir-fried rice flour from a few mm in width、Chewy texture becomes a habit。 In a separate dish、Fresh bean sprouts and green onions、So come accompanied by Mathew、 Mix、箸休めにいただいたり食感を楽しみながらいただきます♪ 「パットガパオ・ラート・カーオ・カイダーオ・ガイ Khaw rard kapoaw」40THB(日本円にしておよそ150円) 日本でもお馴染みとなってきましたパットガパオの正式名称は「パットガパオ・ラート・カーオ」と言います。 In Thai、Swish "FRY"、Gapao's 'Holy Basil'、Is the "rice"、Guy is and means 'chicken'、 Basil fried rice (chicken versions) is。 Don't forget to CAIDA o = "fried egg"。 A fresh Holy Basil flavor with Teriyaki-seasoned rice fit better、 目玉焼きの半熟を潰して混ぜながら食べることをお勧めします♪ タイ料理で味のベースとなる代表的な基礎調味料といえば「ナンプラー」です。 And、The PLA、Is appended to the pungent + acid + flavour、Will this "pricnampler"。 Hang person pretending to Cook Sweet and sour taste、スパイシーで旨味溢れる味わいに変化します! 辛さと酸味が際立ちますので酸っぱ辛いのが得意な方限定です! 屋台の匂いに誘われて、Suddenly you have this for lunch、 本当にどちらのタイ料理も美味しく大当たりでした! さて、By the way my stomach became full、Just、Become a private boat pick-up time。 ヨート・ピーマン船着場 Yodpiman Pierで到着を待ちましょう。 Able to enjoy the shopping and lunch、そろそろ「ザ・サイアム THE...

Tom Yum Goong 'Tom Yum Goong' Thailand's leading specialty open terrace restaurant.

タイ料理といえば「トムヤムクン」世界3大スープの内の1つといわれる説もありタイに訪れたら一度は本場のトムヤムクンを食べてみたいもの「ワット・チャナソンクラム(寺院)」からカオサン通りに入ると、50mほど先に「TATOO」の看板の横に「TOM YUM KUNG」と書かれ、Shrimp and colorful illustrations will eye a big sign。Walked under the sign of this Alley is open terrace restaurant、その名も「TOM YUM KUNG トムヤムクン」へと向かいましょう♪ セブンイレブンの隣の露店商品がひしめく、Proceed through this alley。タイダイのTシャツに紛れて堂々と目立つ位置に掲げられた「適当」と書かれたTシャツ一体どういう方が購入するのか楽しみです(笑) 路地を抜けるとレンガを積んだ壁の奥に開放的な中庭のような場所へ到着します♪ こちらのオープンテラスのレストランがタイ料理の「TOM YUM KUNG トムヤムクン」です様々なタイ料理がいただけますが何といってもこちらの名物は店名の通りトムヤムクンです。Boil the "Tom (ต้ม).、The "Yam (ยํา).、「クン(กุ้ง)」は海老を意味します。By Mac crew (Kaffir lime leaves) and bricken (a kind of green pepper)、Used car (a type of ginger) and other spices、Coming up with a refreshing acidity with Lemongrass、ナンプラーやナム・プリック・パオ(チリ・イン・オイル)などの調味料とマナオ(日本でいうライムのようなもの)の果汁で味を調え、Look mild in coconut milk, and、The mix of spicy and sweet、Has a complex aroma and flavor are uniquely intertwined。辛さはお店により異なりますが一度食べたら病み付きになる方も多い個性的なスープです♪ 店内は屋外席と屋内席がありますが、Hot during the day to、Is a popular way to avoid indoor spaces。Air conditioning is not、For big fans that circulate air、Keeping temperatures。In the Interior of the restaurant is the bar counter、Equipped with pool table 1。きっと夜はアルコールを嗜みながらダーツを楽しむ方もいらっしゃるのでしょう♪ タイビール「SINGHA シンハー(大)」B120(日本円にしておよそ430円ほど) タイビール「SINGHA シンハー」は、1933Born in Thailand in the year、Was admitted to the Royal historical premium beer。It appeared in ancient mythology "Singha" and "lion"。Most are brewed from milking、Beer joined the distinctive and rich taste、アジアンスタイルならではのバランスの取れたスパイシーな味わいです♪ 「ココナッツジュース」B70(日本円にしておよそ250円ほど) 皮を剥いて飲みやすいようにカットしただけの新鮮なフレッシュココナッツジュースです。From the previous、Didn't have coconut juice, very good impression.、With so much trouble in Thailand、The correct answer was! As the Suns and refrigerated、In the gentle sweetness such as I can't believe my tired body、Soft and delicious coconut scent,。After you finish drinking、Which portion of the inner flesh with a spoon and eat。Coconut juice、In a nutrient-rich, yet almost no lipid perfected links、電解質など体への吸収も良く飲む点滴とも言われています。In the stalls and stalls of Thailand、B40(日本円にしておよそ145円ほど)ほどで販売していますこんなに美味しいフレッシュジュースなら毎日冷蔵庫にストックしておきたいぐらいです♪ 「フライドライスwithグリーンカレーチキン」B120(日本円にしておよそ430円ほど) ハート型で可愛く盛られてきました。Fried rice with Green Curry Chicken (Thailand language:ข้าวผัดแกงเขียวหวานไก่)とはグリーンカレーペーストの旨みを全てライスに凝縮させた炒飯です。Manama (like a lime in Japan) will be squeezed and jerked。There are hot、何ともも言えない味わいでこれまた癖になります♪ 「トムヤムクン(S)」B180(日本円にしておよそ650円ほど) トムヤムクン(タイ語ต้มยำกุ้ง)の小さいサイズをオーダー川エビの頭から取った出汁とプリプリの身がたっぷりと入ったトムヤムクンは、In the mild flavor with spicy coconut milk、The acidity of the lemon grass and Kaffir lime leaves are fresh。トムヤムクンを好きな方で、I'd like that without first、If you would like such as spiciness or coriander may come、In order to tell it and adjusts the。Here is、Staff got on well、メニューはタイ語と英語で表記してあり料理内容が写真付きなため指差しオーダーが可能で過ごしやすいレストランでお勧めです。Now、And is that filled my stomach as well、まったりと他の通りを散策しましょう♪ TOM YUM KUNG トムヤムクン 住所:9 Khaosan Rd, Thaladyao, Pranakorn, Bangkok TEL:0-2629-1818 Hours of operation:11:00-25:00Closed on Mondays:なし タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/Thailand/..

Night view of Bangkok's 247 metres above ground 'dome' golden dome restaurant & bar

Saphan Taksin サパーンタークシン駅より3番出口から出てジャルンクルン通りを左に曲がりそのままシーロム通りに出るまで歩きましょう♪ 駅周辺は、Many stalls、Rants in the food。Lady home from work、Procurement of the outstaring game with the dish, side dish tonight?。夜とはいえ20℃前後の暖かで、Don't dish out under plastic bags to buy courage is quite、Because such stores exist all over the place、現地の方々にとって買い出しは便利な気がします♪ サパーンタークシン駅より徒歩7分ほどするとチャオプラヤー川沿いにそびえ立つ金色に輝くドームを冠した5つ星ホテル「lebua ルブア」のお出ましです屋上のドーム部分には6つのレストランやバーが集まりそれらを総称して“The DOME ドーム”と呼び今では「バンコクに来たら一度は行っておきたい場所」として知られており観光客に人気のスポットです♪ 1階ホールに、Is the entrance of the dome.、Shop luggage Valet in the front items, such as bags (bags & other valuables) was very helpful。A receipt is、帰りの荷物受け渡しに必要なため無くさないようにしましょう♪ 女性スタッフに案内される際に「Food or Drink?」と確認されるので「Drink」と答えエレベーターでドーム内の最上階64階のバーへと案内してもらいますレストランで食事を希望される方は事前予約しましょう♪ ドーム内の64階にあるバー「Distil ディスティル」。The lights were lowered to a minimum、A Moody atmosphere and gorgeous attire、And it's a chic BGM。すべてにおいて心をときめかせる上質な大人の空間として演出されています♪ 店内のカウンターバーでは、Bartender's hustling from and cocktails to create。Of course、Is possible to drink in the restaurant、こちらへいらしたら屋外のテラス席を案内してもらいましょう♪ 多くの観光客やデート中のカップルで賑わいを見せるテラス席寝転びながら夜景を眺めることができるソファ席は大変人気なため、Staff got to them and、空くまでスタンド席で待たせてもらうことにしました♪ ステートタワーの64階から見渡す限りの宝石を散りばめたような輝きを放つバンコクの夜景。During the day、Also I think under heavy traffic、夜の煌きの一部と思えば憎めなくなってしまいます(笑) スタンド席で5分ほど待つとタイミング良くソファ席が空き、Finally 下rosemasu waist。1Maybe during the day exploring the city worsen chronic low back pain、That was moribund、Overlooking the night sky near the beer in one hand and、天にも昇る気持ちでひと時の休息を取ることができました♪ 「ビール」B450(日本円1,620円ほど) 「シャルドネ」B725(日本円2,610円) 「ピスタチオとオリーブ」 ビールの後、And enjoying the night and chillin in wine、Suddenly、Cheers welled up.、大輪の花火が夜空を彩り始めました!左手に見えるアジアティークの観覧車よりも遥かに大きく映る花火は中央に流れるチャオプラヤー川からの水上花火のようです。A rendition of the hotel somewhere、思わぬショータイムに心が踊ります♪ バーで楽しんだ後は、63階にある空中レストラン「Sirocco シロッコ」とその先にある世界で最も高い場所にある屋外バー「SkyBar スカイバー」からの景色も堪能させてもらい、Lower the curtain still mooning over this evening at night in Bangkok。Now、いよいよ3日目を迎えるバンコク旅行記は最終日となり歴史的価値の高い寺院へと足を運びましょう♪ lebua ルブア http://www.lebua.com/ The DOME ドーム http://www.lebuaindia.com/jp/the-dome-dining/ タイ・バンコク旅行特設ページ バンコク旅行の全ての記事はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/Thailand/..

Scroll to top