"Steve Cafe & Cuisine" Thai restaurant along the Chao Phraya River

チャオプラヤー川のリバーサイドレストランでタイ料理を提供する「Steve Cafe & Cuisine Dhevet Branch(スティーヴ カフェアンドキュイジーヌ・デベット支店)」へ! こちらはデュシット地区のカラフルな寺院「Wat Thewarat Kunchorn Worawiharn(ワット・テワラット・クンチョン)」の奥にある「Golden Teak Museum(ゴールデン・チーク・ミュージアム)」の脇道を進んだ桟橋「Wat Thewarat Kunchorn Worawihan Pier(ワットテラワットクンチョン船着場)」目前にある川沿いレストラン! 店名の「Steve(スティーヴ)」とはオーナーの英語のニックネームを用いており外国人や若い世代が異文化で楽しめる本格的なタイ料理のコンセプトを表すために西洋的なイメージを描き名付けられています! こちらはタイの政治家や著名人も訪れるほど有名とのことでButler(執事)のSMET(スメット)さんお勧めのレストランです! 入口には靴箱が用意されており靴を脱いで上がるスタイルで寛げ築60年以上の伝統家屋はカラフルでレトロ調な雰囲気で装飾されておりアットホーム感があります! 人気店のため基本的には事前予約が望ましいとのことこの日の夜も多くの観光客で賑わっておりリバーサイドテラス席は満席であったため奥のテーブル席へ案内してくださいます! テラスからは「King Rama VIII Bridge(ラーマ8世橋)」の夜景が伺えます! こちらでは家庭的な自家製タイ料理を楽しむことができ熟練したシェフが作り出す料理は新鮮な食材にハーブやスパイスをふんだんに用いて香り高いタイ料理を提供! メニューは豊富でバラエティに富んでおりタイ語と英語表記写真付きで記されているため指差しオーダーが可能です! テーブルシート上には店舗紹介が記されたペーパーが敷かれておりQRコードで各店舗の情報が読み取れます! 「Spicy papaya or fruit salad with prawns(海老入りソムタムサラダ)」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 南国のタイならではのスパイシーなピリ辛サラダは細切りした青パパイヤがたっぷりと用いられておりとってもヘルシー! 酸味があり食欲を増進させるため前菜代わりに頂くのがお勧めです! 「Rice with fried bajil leaves pork or chicken with egg(豚肉または鶏肉のバジル炒め)」160THB(日本円にして約580円) 日本でもタイ料理の定番として人気の「Phat Gapao(パットガパオ)」ですがこのメニュー名では通じないため写真を探しながらオーダー! 豚肉か鶏肉を選べるためあっさりとしたチキンを選択! ホーリーバジルたっぷりで香り良くライスには目玉焼きと胡瓜やトマトが添えられ彩り豊かです!...

"Floral Cafe’ at Napasorn" Photogenic Cafe operated by a florist!

"Pak Khlong Talat" is Thailand's largest flower market, and a photogenic cafe "Floral Cafe" operated by the nearby Flower shop’ at Napasorn(フローラル・カフェ・アット・ナパソーン)」へ! Chakraphet Road(チャクラペット通り)の Flower shop(花屋)の2階~3階がカフェとなり、If you go up the stairs, you will find dried flowers and fresh flowers.、A space decorated with plenty of green scantly appears、It creates an atmosphere that becomes a picture no matter where you cut it.、まるでおとぎの国の世界観のよう! 店内の装飾は、It is switched by timing and event.、There are a lot of regular customers who visit regularly to look forward to the decoration of the sense preeminent.、Butler's SMET 's recommended cafe, so this is、バンコクでも人気の高いフォトジェニックなカフェとして有名です ! カフェオーナーを紹介していただき御挨拶を済ませてからオーダーをしてテーブル席へ! Salad「Sweet Crispy Pork(スイートクリスピーポーク)」250THB(日本円にして約900円) 新鮮でシャキシャキ食感のグリーンサラダに甘辛く味付けしたクリスピーな豚肉がミックスされた食べ応えのあるヘルシーサラダ! Smoothie「Mango Yogurt(マンゴーヨーグルト)」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 大きなグラス一杯にマンゴーとヨーグルトの最強の組み合わせとなるスムージーは、Fresh mango and sauce、ただマンゴーを食べるよりも満足感が高いように思います! Smoothie「Lychee(ライチ)」140THB(日本円にして約500円) 同じくライチのスムージーもライチの良さをギュギュッと濃縮させたかのような美味しさで濃厚ながらに後味さっぱりと頂けます! Cake「Very Berry Brownie(とってもベリーなブラウニー)」90THB(日本円にして約320円) しっとりとした食感で濃厚さを楽しめるブラウニーですが重たすぎずラズベリーの甘酸っぱさが良いアクセントになる大人なチョコレートケーキ! 海外でケーキを頂くと、It's too big.、It's too sweet.、In texture、Most of the time, I feel sorry.、こちらのケーキはその固定概念を覆してくれる美味しさです! 店内には2匹の猫が自由に放たれており、round and large eyes and low nose、Because the ears are separated and the round head is a feature、おそらく品種は人気のExotic Shorthair(エキゾチックショートヘア)でしょうか!? 店内で静かにゴロゴロと寛いでおりますが、Very friendly.、If you come close to a cat-loving customer、大人しく撫でさせてくれる姿が堪らなく可愛いです! ただのインスタ映えカフェとはレベルが違うハイセンスな世界観を醸し出す「Floral Cafe’ at Napasorn(フローラル・カフェ・アット・ナパソーン)」は花市場に訪れる際に是非お勧め致します! Floral Cafe’ at Napasorn(フローラル・カフェ・アット・ナパソーン) 住所:67 Chakkraphet Rd, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200...

"The Siam The Siam" Chef's Direct Thai Cooking Lesson /Kuruai Buwachy

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート③! さてタイの定番料理「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」をガッツリと食した後は、The last dessert "GUAY BUAD CHEE":バナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」のクッキングスタートです! Lesson③ 「GUAY BUAD CHEE(クルアイ・ブワッチーバナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」 [Ingredient(材料)] ・Banana 100g(バナナ100g) ・Coconut milk 250 ml(250 ml) ・White sugar 35g to test salt(白砂糖35g 塩少々) ・Pandanus leaf 1pcs(パンダンリーフ1個) ・Sesame (Black and white sesame dosage) [Cooking method / Cooking Method] 1.ココナッツミルクにほぐしたパンダンリーフと白砂糖を投入し火入れする。 1. Boil Coconut Milk, white sugar and pandanus leaf in a pot until almost consistency....

"The Siam The Siam" Chef's Direct Thai Cooking Lesson /Pattai Edition

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート②! さてタイの2大スープである「TOM KHA GAI(トム・カー・ガイ)ต้มข่าไก่」を美味しく堪能した後は次なるメニュー「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」のクッキングスタートです! こちらでもlade企画の『器と旅するシリーズ』でDamri Muksombatシェフに習うタイ料理を盛り付けさせていただきました! Lesson② 「PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」 [Ingredient(材料)] ・Tiger prawn 2pcs(海老2尾) ・Vegetable oil 15ml(植物油15ml) ・Bean curd, diced 10g(豆腐ダイスカット10g) ・Shallot sliced 15g(エシャロットスライス15g) ・Dry shrimp 1tsp(乾燥海老小さじ1) ・Rice noodles, small 70g(ライスヌードル70g) ・Chicken stock 1ladle(チキンストックお玉1杯) ・Pickled turnip chopped 1tsp(蕪のピクルス小さじ1) ・Bean sprout 20g(もやし20g) ・Chive 2~3 stalk(ニラ2~3本) ・Peanut, chopped fine 3tsp(砕いたピーナッツ小さじ3)...

"The Siam The Siam" Chef's Direct Thai Cooking Lesson /Tom Kagai

ホテルのオールダイニングとなる「Chon Bistro(チョン・ビストロ)」のExecutive ChefであるDamri Muksombatさんがマンツーマンで料理指導してくれるプライベートクッキングスクールはレストランの一角で行われ、It becomes a kitchen decorated with fresh flowers and fresh Thai ingredients and blackboard with title sign、生徒のためだけの素敵なプライベート空間が用意されています! レッスンメニューは、To learn three dishes from the set menu、This time the、前回習った内容とは異なるメニュー2品と復習メニュー1品に挑戦します! 同室には、The table where you can enjoy freshly made meals is set.、1Because you set up a meal time every time you finish making the product、料理が温かい内に楽しめます! 卓上に用意されたのは、Welcome drink "KAFFIR LIME FIZZ" prepared for hydration during the lesson、It becomes "Original Recipe Book" of Damri Chef、帰国してからも習った料理を再現することが可能です! 「CUCUMBER KAFFIR LIME FIZZ(胡瓜とカフィルライムのフィズ)」 胡瓜やカフィルライム(コブミカン)のジュースにライムやレモンを絞ってソーダーで割ったフレッシュで爽やかな香りが楽しめるとっても美味しいジュースです! 前回同様に「ザ・サイアム」のホテルオリジナルエプロンを着用するため、Don't worry about your clothes getting dirty.、After the lesson, you can take this apron home with you.、ホームクッキングにも使えます! スタンバイするとアシスタントのMooさんのアイデアで始めたというサービスが! Damriシェフを囲んだ記念撮影をインスタントカメラでしてくださり、It is made to have it in commemoration of the course! Truly、女性スタッフならではの心配りですね! 最初にタイ食材を色々教えてくださるところからスタートし、Including pakchi and chili peppers, which are indispensable for Thai cuisine、Lemongrass, Manama、Kafill lime、Pandan Leaf, etc.、Some of the ingredients are familiar, and some of them are good to meet you.、分からないことは全てDamriシェフが質問に応じてくれます! さて、Be ready.、With a sharpened kitchen knife in one hand、When it comes、クッキングスタート! Lesson①「TOM KHA GAI(トム・カー・ガイ)ต้มข่าไก่」 [Ingredient(材料)] ・Chicken stock 150g(チキンストック150g) ・Coconut milk 150g(ココナッツミルク150g) ・Chicken breast sliced(鶏胸肉100g) ・Red Onion 20g(赤玉葱20g) ・Sliced galangal 20g(カー 20g) ・Kaffir lime leaves 2leaves(コブミカンの葉2枚) ・Straw mushroom 2tbs(マッシュルーム2個) ・Small green chili cut half 2pcs(唐辛子2本) ・Coriander...

"The Siam The Siam" Enjoyablissful breakfast time in the southern atmosphere at The Siam Riverside Terrace!

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」で静かな朝を迎え未だ誰も居ない空間を贅沢に楽しみましょう! こちらでの朝食はオールダイニング「Chon Bistro(チョン・ビストロ)」にてセミオーダースタイルブッフェが楽しめます! レストランの建物は、Who loves Thailand's traditional culture and history、Part of connie Mangskau's home, which was instrumental in preserving and maintaining traditional Thai houses, has been relocated and renovated、Thailand teak wood with rich traditional houses、It becomes a wonderful building full of tropical atmosphere、異国情緒感が漂います! ダイニングはテラス席もあり青々とした芝と南国の木々に囲まれたガーデンテラスでチャオプラヤー川を眺めながらの朝食がわたし達のお気に入り! モーニングブッフェには、Available at the restaurant's hall counter。 Green salad and prosciutto、To cheese.、Danish and dinerning bread、Fresh juices, tropical fruit, such as sort.、This is a buffet style buffet format to go to pick up your favorite thingfreely、This other hot dishes and dishes are ordered from the menu.、テーブル毎にスタッフさんがオーダーを取りに来てくださいます! こちらの朝食でもLade企画の『器と旅するシリーズ』でモーニングプレートを盛り付けさせていただきました! 「生ハムサラダ(Green salad with prosciutto)」器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) mars himawari グリーンサラダに生ハムやナッツ類を添えてシンプルにオリーブオイルで頂きます! 「フルーツ盛り合わせ、Fresh juice of guava and orange、Passion Fruit Yogurt:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) 大工カット ドラゴンフルーツに西瓜、Pineapple、Papaya、グレープを南国フルーツを盛り込んだフルーツの盛り合わせ! 搾りたてのフレッシュジュースと自家製ヨーグルトは瓶詰めされた状態で冷蔵庫に用意されています! 「フレンチトースト(French toast)」 器Shimoo Design 浮様丸皿 パイナップルのコンポートを乗せたフレンチトーストは、Served with almond slices、ロンガン蜂蜜をたっぷりと掛けて頂きます! 「豚の串焼き(Khao Niew Moo Yang)」器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) シャーレリバーシブル 豚の串焼きに甘酸っぱいイサーンソースが添えられもち米が付くワンプレートです! 「タイチキンヌードル(Guoy Teow Nahm)」 あっさりとした上品な味わいのスープが楽しめるセンミー(細麺)を用いたタイラーメンで、The ingredients、Beef、Chicken、Pork、魚の中から選べます! モーニングメニューは、It is possible to order from Western and Thai food.、My husband ordered Thai food for Western food.、2人でシェアしながら楽しむことが出来ます! モーニングコーヒーもアメリカンからカプチーノ、There are lattes and espressos.、Other herbal teas and teas、Green tea、Choose from a variety of types, including oolong tea、ゆったりとした時間が過ごせます! 食後は、From the Bathers Bar at the back of the pool, you will be healed by the view of the river through the pool.。 I also relaxed in the sunbed by the pool.、Surrounded by a pleasant wind、日光浴を楽しむのもお勧めです! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 Thanon Khao,...

A Thai restaurant named "Rongros" Wat Arun opposite shore is opened!

Lunch time at rongros, a popular Thai restaurant overlooking Wat Arunlawararam on the other side of the river! This is a bright shade of royal blue.、元々ガレージであった場所に一目惚れしたオーナーが温かいタイの家庭料理を提供するレストランとして2019年5月に新しくオープン! 「 Rongros(โรงรส)ロングロス 」とはタイ語で「garage(ガレージ)」を意味しますが「味の家」と意味することもありこの店名を名付けられています! 「ワット・アルン」が望めるロケーションということもあり、it's been a hot topic ever since it opened.、多くのゲストで賑わい大人気の御様子! 色が褪せひび割れた店内の壁や剥き出しの柱、Chinese style partition on suspended chandeliers、Sculpture statue at the counter。 And with an antique-style interior with smoked furniture that gives off an Asian scent、東洋と西洋が雑多に入り混じります! 独特な雰囲気で不思議な空間となっておりますが、It is gathered with exquisite sense.、居心地の良さを感じる洒落た空間です! スタッフにオススメの料理を聞きながらオーダーをします! 「Heineken Beer(ハイネケンビール)Lサイズ」250THB(日本円にして約900円)を頂きワット・アルンに乾杯! 「Phad Thai Goong(パッタイ / タイ風焼きそば)」280THB(日本円にして約1,000円) ライスヌードルでもっちりとした食感の平打ち麺に甘酸っぱいソースが絡むタイを代表する定番料理の1つ! 色鮮やかなバナナリーフの上に盛られたパッタイは、Two shrimps and eggs、Papaya and others are served.、chili seasoning that adds sweetness to sugar and pungent、Thai lime and pakchi、Herbs such as Thai persimmons can be added to your liking.、全てサイドに添えられています! 甘辛のバランスも良く、The sauce is well intertwined with the thick rice noodles.、好みの味わいとなるパッタイです! 「Kra Phrao Pork Set(カオ・パット・ガパオ / 豚肉バジル炒めご飯)」230THB(日本円にして約830円) 豚挽肉をガパオ(ホーリーバジル)で甘辛く炒めたタイの定番料理となりライスとセットのワンプレートで頂きます! 大好物のパッタイに続き日本でも良く食べるガパオライス! タイでは日本のように「ガパオライス」とオーダーしても通じないので注意しましょう!(笑) 同じくバナナリーフの上にそれぞれカップ分けで盛り込まれ見栄え的にも可愛いプレート! 辛味には滅法強いわたし達ですがこれはなかなかホットスパイシーなお味で舌が麻痺する感覚を味わいました! しかしながら味のバランスは絶妙で「辛くても美味しい!」と2人して汗を流しながら完食! お会計の際にこちらのレストランはクレジットカードの使用が不可と判明し慌ててATMに走る旦那様! バンコクのレストランやカフェでは、Because of the progress of cashless culture except for stalls、I didn't have much cash.、キャッシュを持ち歩くことも大事だと知らされました! 最後にGeneral ManagerのPONGSAKORN K.NA AYUDHAYAさんに御挨拶をさせて頂き記念撮影! お店の雰囲気もロケーションもスタッフのサービスも良く美味しいタイ料理が頂けるレストランでお勧めです! レストラン前には先日お世話になった「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」と同グループホテルで「ワット・アルン」を一望できるホテル 「Riva Arun Bangkok(リーバ アルン バンコク)」があります! 次回バンコクに再訪する際には是非こちらの「Riva Arun Bangkok(リーバ アルン バンコク)」...

Wake up with "ARUN Riverside Bangkok" Wat Arun and enjoy a blissful morning for breakfast

I was able to admire the light-up that was dazzling until 4 o'clock in the morning.、少々寝不足気味の朝を迎えた「ARUN Riverside Bangkok(アルンリバーサイドバンコク)」!サワディー クラッ(プ) / Kera-ya/K-Ta-Ta-ta-ta-e!! 朝6時を過ぎた頃に朝陽が昇る瞬間をルーフトップの「View ARUN – Rooftop Restaurant & Bar(ビューアルン)」から望むことができ昨夜の賑わいがまるで無かったかのような静けさを感じる爽やかな景色と共に深呼吸! ホテルの朝食会場は1階のロビーラウンジでの提供となり、Morning 7.:30-10:00の間であれば自由に頂けます! 朝食は決められたメニューの中から好きなものを選べるプリフィックススタイルとなり、It is prepared in a good balance with seven types in western style and Thai style、チェックインの際に渡されるシート(英語と中国語で表記)で事前オーダーしておきます! 席へ着くと、The kitchen staff will serve you a pre-ordered one-plate breakfast.、温かい料理が頂けて嬉しい限り! 中央カウンターには、Bread and salads and fruits、Yogurt、Milk and juice、Teapots are set up、オーブントースターも用意されているためセルフでお好きなように頂けます! 朝食でもLade企画の『器と旅するシリーズ』でモーニングプレートを盛り付けさせていただきました!Thank you for the collaboration!! ①「Egg Benedict(エッグベネディクト)」× 器:Wing Yue release (Gaku Shakunaga) mars himawari エッグベネディクトはトーストした食パンの上にハムを添え茶巾絞りで湯煎した半熟のとろとろ卵のポーチドエッグがぷるんぷるんと揺れながら運ばれて来ました! 彩りにグリーンサラダとフライドポテトが添えられたワンプレートでこの半熟卵がまた絶妙な柔らかさに仕上がっておりとっても美味しい一皿です!‎アロ~イ อร่อย!! ②「Rice porridge with Chicken or Pork(お粥)」 肉は鶏か豚で選べるため鶏肉でオーダー! 出汁が利いていて優しい味わいの美味しいお粥ですがお好みでタイスパイスなどを加えて味変することも可能です! ③「Fried Rice wiyh Chicken or Pork(炒飯)」× 器Shimoo Design 浮様丸皿 こちらも肉は鶏か豚で選べるためやはり大好きな鶏肉でオーダー! 火力全開で仕上げてくれたボリュームたっぷりのパラパラチャーハンです! 目覚めたばかりの身体に優しいあっさりとした味わいでペロリと平らげてしまいました! ④「Cut...

"ARUN Riverside Bangkok" Sunset Dinner with Sunset and Temple Views

View ARUN ARUN, a rooftop restaurant and bar at ARUN Riverside Bangkok, a hotel with views of Wat Arun-Aran-Ratha-Laam – Rooftop Restaurant & Bar(ビューアルン)」にてディナータイム! 11月中旬のバンコクのサンセットタイムは夕方17:30To 18:00to be in between、夕暮れを待つゲストで満席となる「View ARUN」! わたし達も事前予約で特等席を用意して頂きました! お隣には韓国からいらした観光客カップルが可愛いブーケを持って記念撮影する姿も伺え特別な夜を演出されているようで喜ばしい限り! こちらでも同様にLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、Potter appeared in the project part 1 "" 釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)And it symbolizes the beauty of Japan writer's unit "Shimoo design"、合理的且つ美しさを忘れない木製器と共にコラボレーションしていただきます! サンセットに合わせてタイ料理とカクテルをオーダーし乾杯! 「Secret in the forest(シークレットインザフォレスト)」 320THB(日本円にして約1,150円) カラー映えするカクテルをオーダーするとこちらが出て参りました! メロンソーダのようなロングカクテル! 「Evening Bouquet(イヴニングブーケ)」 320THB(日本円にして約1,150円) ウォッカベースの口当たりスムージーなスイートカクテル! タイ料理①「Khan Toke(カントーク)」× タイの伝統器 450THB(日本円にして約1,620円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 豪華な伝統器に盛られたカントークは、Assorted appetizers in northern Thailand style、Fried chicken and shrimp fritto、Deep-fried chicken wings、Tsukune Pass、Stick Spring Roll、Onion Ring、It is wrapped in a pandan leaf and is dressed in jasmine flower decoration, and a Thai chimaki is included.、Thousand、Sweet Chili、タイソースと3種のソースに合わせてお好みで頂きます! ピリッとスパイシーなソースに揚げ物の盛り合わせにはやはりタイの「Chang Beer(チャーンビール)」180THB(日本円にして約650円)です! タイ料理②「Pad Thai(パッタイ)」× 器Shimoo Design 浮様リーズ 丸皿 Φ280 320THB(日本円にして約1,150円) もっちりとした食感のライスヌードルの平打ち麺に甘酸っぱいソースが絡み合い、Pattai, Thai's popular soul food with a response to eating, is a favorite and indispensable! Pattai is served with the usual kawa shrimp onitennaga shrimp (Macrobrachium rosenbergi)、火入れも良くプリップリ!...

「Cuisine de Garden Bkk」バンコクで自然をテーマに掲げた創作料理レストラン

Chiang Mai's famous shops in Bangkok's exclusive residential area Ofkamai Soi 2 area、2017年7月1日「Cuisine de Garden Bkk(キュイジーヌ・ド・ガーデン・バンコク)」として姉妹店をオープン! オーナーシェフのJoseph Lee(Leelawat Mankongtiphan)シェフが2011年にオープンさせたチェンマイ郊外の本店「Cuisine de Garden Chiangmai(キュイジーヌ・ド・ガーデン)」を取材させて頂いたのは今から4年も前の事! 奥様のNerisa Bee รักในหลวง(Mankongtiphan)さんから、Although I had heard the story of opening a store in Bangkok、今回ようやく足を運ぶことが出来ました ! キュイジーヌ・ド・ガーデンは、And the chef turned furniture designer、The restaurant is a hot topic serving a fusion of molecular gastronomy, interwoven with the glorious award-winning chef Joseph Lee.、バンコクへの出店も果たしています! “バンコクでも自然を感じられるように”と自然からインスピレーションを受けた料理をガストロノミースタイルで提供! メニュー構成は季節により内容が異なり「10 Course Tasting Menu(10皿のコースメニュー)」1,590THB(日本円にして約5,730円)のみで大変良心的な価格設定となっています! ※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 店内は落ち着きのあるモノトーンの色調に間接照明を巧く用いながらアート性が高くシックでモダンな装いとなりますがインテリアの一部としてリアルな木を配し赤い小鳥が羽ばたくインスタレーションコンセプトとなる「自然」を大切にされている様子が伝わって参ります! 大人な雰囲気で素敵な空間! ホールの一角にはバーカウンターを設置されておりSommelierが「Wine Pairing(ワインペアリング)」1,490THB(日本円にして約5,360円)なども対応してくださいます! 照明の明るさを極力落とし卓上のキャンフドルの明るさでしっとりとムーディーな雰囲気を演出! この日はコースのワインペアリングで頂ける「Aubert & fils Brut Champagne / オベール・エ・フィス ブリュットシャンパン」にて乾杯! General managerのWIT(ウィット)さんがサーヴを担当してくださり一皿一皿の料理毎に食材や調理法、While explaining the concept in detail、五感に訴えかける目にも楽しいフルコースの始まりとなります! こちらでも前回のチェンマイ本店同様に、Let me introduce lade's "Vessel and Traveling Series"、Potter appeared in the project part 1 "" 釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The sharp instrument boasts a simple stripped-down useless、Kazuhiko caudate, who participated in the planning part 2 (Kazuhiko Shimoo)San&Shimoo Saori (Saori Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo...

Thai court cooking at the cooking school of "Leabasriya Bangkok" hotel!

Join the cooking school, an activity at Riva Surya Bangkok, Bangkok's Riverside Hotel! In bangkok hotels、Cooking school has become a very popular activity、異国の地で伝統的なタイ料理やお菓子作りが学べます! 今回挑戦するのはタイの伝統的な宮廷料理の1つ「Kanom Chor Muang(Steamed Thai Dumplings with Chicken or Pork)カノム・チョー・ムアン(蒸し団子)」です! オールダイニングレストラン「Babble & Rum at Riva Surya Bangkok(バブル&ラム)」のプライベートルームにてエプロンを身に着け、Under the chef's one-on-one instruction、クッキングスタート! 先ずはこちらの宮廷料理「カノム・チョー・ムアン」作りに必要な材料の説明を受けます! タイ料理には欠かせないコリアンダー(パクチー)やパームシュガーが入り、When kneading the dough、カラーチェンジすることで話題のバタフライピージュースを入れることで鮮やかな色合いに仕上がります! シェフが事前に作ってくれた見本の蒸し団子を見て感激しました! 綺麗な青紫でもっちりとした蒸し団子は花を象った可愛らしい形をしています! 生地にタピオカ粉が入ることからもっちもちの食感が楽しめるとのこと! タイで初めて食べる宮廷料理に興味津々です! 最初にフィリング作りから行い、Then make flour dough。 Wrap the sweetly seasoned filling in the dough and round it.、Make each delicate petal using a special wooden tweezer、花の形を施し蒸し上げれば完成です! 小麦粉生地を花に仕上げる時はスピーディーに仕上げないといけないため時間との勝負を迫られます! まるで和菓子の練り切りを作っているような繊細さがあり、The moment I finished the petals was the most difficult.、While making a fuss between the girls、まるで女子会をしているような感覚でとっても楽しいレッスン!! 蒸し器にバナナの皮を敷き、When oil is applied and steamed,、それはそれは美しい色合いで完成したのでとても嬉しい気持ちになりました! 出来上がったばかりの蒸し団子「カノム・チョー・ムアン」を頬張ると、From the hot dumplings with a sticky texture、You can taste plenty of sweet and juicy seeds.、The remaining incense of Pakchi that comes out to the nose is a taste that becomes a habit to amuse the exotic feeling、おやつ感覚で頂ける料理でとっても美味しいです! 料理好きな方や食べることが大好きな方にお勧めできるクッキングスクール!良い経験です! [フィリングの材料] ・Minced chicken or pork 150g.(鶏の挽肉または豚の挽肉150g) ・Palm sugar 1 ½ tablespoon(パームシュガー大さじ1/2) ・Chopped onion 1 ½ table cup(玉葱の微塵切り1½テーブルカップ) ・Sugar 1...

Khao San Road&ランブトリー通り周辺で有名なローカルグルメを一挙御紹介!

リバーサイドホテル「Riva Surya Bangkok(リーバ スーリヤ バンコク)」から徒歩圏内のカオサン周辺で有名なローカルグルメを体験してみましょう! 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.2 https://photos.app.goo.gl/i7PvKRkvsPpmEq1D6 2019/11/6バンコク旅行・Khaosan・Ram Buttri Vol.3 https://photos.app.goo.gl/7oiWniykWF2i1sfd7 カオサン通りより北にあるプラスメン通り(Phra Sumen Street)沿いにある「名もなき屋台」ではタイ風チキンライス「カオマンガイ(Khao Man Kai)」が超有名です! ブルー、Green、Colorful parasols in red are a landmark、The stall where the elder sister who wears the hat runs with a smile becomes a big prosperity at any time of the day.、満席状態が続いている様子が伺えました!(※テイクアウトも可能です) 10年以上も同じ場所で営まれており、The showcase is lined with chicken hung all over one bird.、The chicken stewed in a big pot is very juicy.、チキンスープで炊き上げる御飯との相性も抜群だそうです! 大きな中華包丁で茹でたチキンを豪快に切り分ける姿が印象的! また同じ通りの小路に入ったところにある「名もなき注文屋台」も有名で「ガパオ(Phat KraPhao)」などのタイの定番料理が美味しいとの情報も! 食材をカットしたら中華鍋でパッと炒めてあっという間に完成です! この通りには、There are also a lot of shops of crispy Thai crepe "Khanom Buang"、Sweet type and side dish type are sold two kinds of、スナック感覚で摘みながら散策を楽しむ観光客の姿も見られます! 露店では肉や魚、There are stalls selling eggs.、Colorful vegetables and fruits are lined with thai herbs and fruits.、There are a lot of chinese who hardly cook for a thai person, too.、地元民の生活の一部として欠かせないマーケットとして活気があります! 今回わたし達がランチに選んだローカルグルメ食堂はクラシー通り(Krasi Street)の「トムヤムクンバンランプー(Tom Yum Goong Banglamphu)」です!こちらはバンコク発のタイ料理店グルメサイト「激旨!タイ食堂」でも取り上げられ爆発的な人気を誇るトムヤムクン(Tom yum goong)の有名店! 屋台内の厨房で一心不乱に鍋を振る名物おじさんがおりカメラを向けた瞬間に親指を立てとびっきりの笑顔をサービスしてくれました! 「トムヤムクン(Tom yum goong)Sサイズ」150THB(日本円にして約540円)※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) トムヤムクンは「甘」、"Great place to get"、「酸」の三味一体の味わいが楽しめるタイを代表するスープです! 海老が豪快に入り、Mild shades of coconut milk、Rich in aromas such as lemongrass and kafill lime leaf (kobmikan leaves)、甘辛くも後から辛味を強く感じる本場の味で汗が吹き出ます! 「カリカリ豚肉とミズオジギソウ炒め(Stir fried Crispy pork with water mimosa)」80THB(日本円にして約290円) 豚肉は衣を纏いカリカリに揚げられておりタイならではの野菜ウォーターミモザ(ミズオジギソウ)と合わせてガーリック風味に仕上げています! 空芯菜のような茎をしたミズオジギソウですがもう少し食感が残る程度に炒めてある方が好みです! 「チャーンビール(Chang Beer)瓶)」 80THB(日本円にして約290円)...

Scroll to top