Many visitors! Potters of Toyama my home salon will be held 釋 Yong Yue ceramic art exhibition

In the Toyama Iwase ceramic pottery "釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The works on display and、浜松の我が家のサロンにて「釋永岳 陶芸展」を開催しております! 日本国内の有名レストランの一流シェフや高級ホテルなどで採用されており、He now gets the attention from overseas work、One one be all handmade、Strength of the earth caused by soil with instruments to express、存在感溢れる作品となります! そんな「釋永岳」の新作作品を含む20数点の器たちを現在浜松にてご覧いただけます! 力強い作品たちは、Chefs ' hearts in particular has to grab、ここ数日も沢山の方に御来場頂きました! つい先日は「法多山 尊永寺」にて毎年開催されている「コトコト市」で長くお付き合いのある器好きなマダムの方々が御来場くださったり。 Also、長きに渡り「THE HAMANAKO(浜名湖ロイヤルホテル)」の最上階フレンチ「Bambocheur(バンボシュール)」にて料理長を務められ現在は奈良県の「THE KASHIHARA(橿原ロイヤルホテル)」の料理長として配属された遠山 嘉明 (Yoshiaki Tohyama)シェフが奥様の遠山 よし子 (Yoshiko Tohyama)With our visitors! Madam who、Also are you going to various cooking classes and tea room、While many of the artists works are eye、釋 Yung Dake on FB of us caught a glimpse of also very intrigued me as、"Come if you can see the real thing! "And to pay us a visit, really glad! Also、Toyama and his wife watching the instrument、Hot love face food and not in God speaks、From sons also work on lacquerware chef、As a father、As a chef、Walked into the same world from a variety of feelings though seems over、Please let the families love it very nice、ほっこりタイム! 「実は奈良にも美味しい苺があるんですよ」と大粒で真っ赤に輝く奈良県のブランド苺「古都華」を差し入れてくださった遠山さん! コーヒータイムには袋井の自家焙煎珈琲豆屋「まめやかふぇ」が提供するインドネシア産の幻のコーヒー「トラジャ」と静岡県のブランド苺「章姫」の「自家製苺大福」を御賞味頂きました! 後日、In the old Hana who insert Mrs. tohyama、Section Strawberry sand of life and make "Strawberry custard pie.、Enjoyed the day! Stunning yet in Nara prefectural agricultural research and Development Center is a large ancient city flower、Breeding lines of the Center [7-3-1,"" red cheeks getting pettanko "by multiplying the、Sugar sweet strongly seems a little expensive、香り豊かにフルーティーな味わいが特徴となり美味で御座います! また別日には今注目を集める豊橋のフレンチレストラン「aru(アル)」の鈴木 琢 (Takumi Suzuki)オーナーシェフと奥様の鈴木 彩 (Aya Suzuki)ちゃん夫妻も遥々御来場くださいました! 引っ越し祝いということでお気遣い頂きChampagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittanger Brut Reserve)」を頂戴しました! 御2人は一つ一つの器を手にしながら、And with a staring contest! Spoke with shining eyes when incorporating your own cooking excitement、The next time、lade planning to travel with the series in collaboration with "aru" introduce may be able! Because we host a ceramics exhibition、皆様の御予約を心よりお待ちしております! 釋永岳 陶芸展 場所静岡県浜松市・佐鳴湖周辺の我が家サロンにて 開催随時開催(予約制となるためFBメッセージにて受付中) 作品:To become the flagship 'âge"started.、20Tour of exhibits exhibits (orders accepted) * number of points is free of charge at the same time countryman woodworking artist unit "Shimoo Design (under 尾和, t. shimoo Saori)" of also works!.

While ceramic artists in Toyama '釋 Yong Yue ceramic art exhibition"held in my home salon!

In the Toyama Iwase ceramic pottery "釋 Yong Yue (Gaku Shakunaga)"The works on display and、浜松の我が家のサロンにて「釋永岳 陶芸展」を開催しております! 日本国内の有名レストランの一流シェフや高級ホテルなどで採用されており、He now gets the attention from overseas work、One one be all handmade、Strength of the earth caused by soil with instruments to express、存在感溢れる作品となります! そんな「釋永岳」の新作作品を含む20数点の器たちを現在浜松にてご覧いただけます! 今までコラボレーションしたり釋永岳の器を使われているレストランの写真はこちらからご覧いただけます器と旅するシリーズ「釋永岳」 https://goo.gl/photos/Aqp29fpYKfNKUGZp8 新年早々に名古屋のフレンチレストラン「Reminiscenceレミニセンス」のオーナーシェフである葛原将季(Masaki Kuzuhara)くんが、Using the valuable vacation time for the new year、来浜してくださいました! 葛原シェフとは、lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する器と共に世界中を旅する「器と旅するシリーズ」で、2015Plays in collaboration、それをキッカケに「釋永岳」の器を採用してくださっています! コーヒータイムを取り、While watching the work including new、Food and restaurants、今後の展望についてディスカッション! 今年2019年7月23日に早くも4周年を迎える「Reminiscenceレミニセンス」はまた一つ上のステージに突入するための準備を着々としていらっしゃるとのこと! 常に高みを目指し、Continue to make cooking cosy spaces and guest smile、努力を惜しまない葛原シェフのひたむきな姿勢に敬意を表します! 陶芸展は随時開催しておりますので皆様の御予約を心よりお待ちしております! 釋永岳 陶芸展 場所静岡県浜松市・佐鳴湖周辺の我が家サロンにて 開催随時開催(予約制となるためFBメッセージにて受付中) 作品:To become the flagship 'âge"started.、20Tour of exhibits exhibits (orders accepted) * number of points is free of charge at the same time countryman woodworking artist unit "Shimoo Design (under 尾和, t. shimoo Saori)" of also works!.

At a cafe named "Garden" and "Sara Plaza sanarudai" great Thanksgiving raffle after lunch.

Was born in 4/2017, Hamamatsu-Shi Naka-ku sanarudai Orange Street along、早くも1週年を迎えられた「サーラプラザ佐鳴台」へ! こちらは、City gas company headquartered in Toyohashi, Aichi Prefecture Foundation and the、生活全般に関わる様々な分野で事業を展開されている「サーラグループ」系列の「中部ガス株式会社」が運営されています! 自然豊かな中庭を中心に、Glass is one-story building is in cell、From the welcome Hall and a consultation service to greet the guest space、Food lab to hold cooking classes and events-party、The living lab also does various proposals for the home and living、LOLO giardino cafe the café as a place of relaxation room becomes a region、"Another one、In your living room。」と題された出会い&憩いの空間となります! この日は、11/1(木)~11/4(日)まで開催されている「第57回サーラ大感謝祭」の嬉しい抽選券があったため来場! 屋外で開催されていた抽選会に早速チャレンジ! 1等「カタログギフト1万円相当(40本)」、2Such as ' Hokkaido nanatsuiro Boshi 5 kg (60 pieces) "introduction、6And far from great prizes provided by、7等「イチビキ・すぐとけるあわせ味噌」までハズレ無しの嬉しい抽選会となります! 結果は残念ながら、7Etc. of "shiroki-Awara soonest, miso and" is done in、すぐ溶ける味噌は海外旅行の際に活躍しそうです! 4日間に分けて開催される大感謝祭では、In many various activities、That first day is held at the food Lab "coin-cooking classes (booked in advance)、By using the easy-to-use, stylish Sala kitchen stovetop, and practice the "paella"、予約されたゲストの皆さんはワンコイン500円でレシピと試食を楽しまれておりました! わたし達はカフェ「LOLO giardino cafe」にてランチタイム! こちらはオープン当初「D Terrace(ディーテラス)」であった場所と同じで運営も当初のまま「LOLO Cafe」が担当されており今年2018年4月に店名を「giardino=庭」を意味する「LOLO giardino cafe」に変えられ再オープン! 自然光が優しく差し込み、The feeling of openness and increased warm tenderness of wood on the ceiling、白を基調としたブルックリンカフェをイメージされたお洒落な空間! ランチメニューは、A-provides three different types of C Ranch、I am the most popular C lunch of shrimp and avocado saladdutchbaby 1100 Yen、旦那様はパスタセットのAランチ「3種の貝のぺペロンチーノスパゲティ」1,300円をオーダー! 「エビとアボカドのサラダダッチベイビー」1,100円 見た目のインパクトも有り、The photogenic image of making saladdutchbaby、Pancakes cooked in the oven for hours and feel the natural sweetness of the egg、Align the avocado shrimp Ceviche、クミンやガラムマサラなどのスパイスでカレー風味に仕上げたサラダを器代わりのパンと一緒に楽しむ一品! サラダとは言え、More often in crisp crunchy and a feeling of fullness、As a light and healthy lunch satisfactory volume、女性には嬉しい限り! 「3種の貝のぺペロンチーノスパゲティ」1,300円 大きな蛤や浅利にムール貝と贅沢にも3種の貝の旨味が引き出されたペペロンチーノはトマトの酸味と相まって爽やかなあっさりパスタです! どのセットにもドリンクが付いてくるため「コーヒー豆専門店 コーヒー屋ポンポン」の焙煎豆を用いた「コーヒー」と「グレープフルーツジュース」をお願いしました! ドリンクには、Served with baked meringue cake "blottiforni"、In the savory baked almond or cashew nuts, finely crafted、Green inner courtyard filled with、ほっこりコーヒータイム! こういう居心地の良い気持ち良い空間でのランチは最高ですね!気さくながらにとても丁寧に対応してくれた素敵な女性スタッフさんと一緒に記念撮影! 大感謝祭は11/4(日)まで開催中です! サーラプラザ佐鳴台 住所静岡県浜松市中区佐鳴台1-11-5 TEL:0120-376-306 Hours of operation:10:00To 18:00(17 is a great Thanksgiving:00まで) 定休日:Wednesday、年末年始 http://salaplazasanarudai.hamazo.tv/...

Rites of summer can be said kannagi huishan Temple Fireworks! Decorate the shores of Lake Hamana to the rainbow-colored ball dance!

浜名湖の夏の夜を彩る夏の風物詩で7/22(日)に開催された「浜名湖かんざんじ温泉灯篭流し花火大会」へ! 浜名湖にある温泉街「舘山寺(かんざんじ)」では、Every year、There's fantastic events shed uchiura Bay about 2千 based on written wishes lanterns "lanterns"、The fireworks display will be held at the same time、Up to approximately 3000 launch fireworks on the Lake、While echoed and okusa mountain reflects the sparkle on the shores of Lake Hamana、夏の夜空を美しく彩る妖艶な舞いを披露致します! この日の舘山寺周辺は交通規制が入り、From evening to night、Vehicle access to the prescribed intervals will be forbidden for、昼下がりから見物場所の陣取りをされる方も多く見受けられます! わたし達は人混みが苦手なので反対側の寸座マリーナ近隣にある特等席で観覧することに致しました! 灯篭流しは19時30分から、Launch fireworks from 19:50、And the end will 20:55、While waiting for the dark days、屋台の焼きそばやかき氷でお祭り気分に浸ります!夏はやっぱりかき氷! 猛暑続きで晴れ渡る夏空が、Started dyed pink and slightly after the evening、The blue and pink overlap、薄紫色に染まる姿がまた幻想的な風景を映し出していきます! 開始の合図は、With the addon and sonorous sound、Also launch Fireworks started from staple staple in the colorful "assignment of" Chrysanthemum and Peony、Heart and smile、Soccer ball into the Saturn in the butterfly, unfolds as art "type thing.、Cheers for the up with gorgeous StarMine、Red and blue on blue、Green to yellow、Pink、The colors dyed orange with seven colors、まさに日本が誇る花火職人が成せる技! その一瞬の輝きを収めようと、Husband had fixed the camera on a tripod、Shutter speed for 20 seconds to shoot for about 30 seconds and adjust the、Not to mention the overhead Fireworks、Tomei fast Hamana Lake bridges running over the Lake Hamana vehicle movement and color and captures the vibrant、まるでUFO出現のようなあやかしの世界! 最後のフィナーレを飾る大玉には華麗に夜空を華やぐ大輪の「柳」の嵐で大歓声が湧き上がり幕を閉じました! こんなにもゆっくりと花火を眺めることができたのは数年振りのこと夫婦でいつまでもこの一瞬一瞬の花火のようなトキメキを大切に思い出を重ねていけたらと思います! 今年は後何回花火が観れるかな? 日本の夏!静岡の夏! 浜名湖かんざんじ温泉灯篭流し花火大会(※終了) 開催場所:Nishi-Ku, Hamamatsu, Shizuoka Prefecture / 舘山寺温泉内浦湾 開催日時:2018July 22, (Sunday) 19:30-20:50...

It's a tradition every year! Architects of the hase 守保 House held the pounding of 2017!

To 30 days each year and the end of the year will be、Participate in the pounding of that annual!(*́Д ' *)Bruno)) Place、浜松は鹿谷「ステーキのあさくま」前の緩やかなカーブ沿いにある一級建築士の長谷 守保 (Moriyasu Hase)In the House、"Party" from the "mochi" and, together with a good drinking buddies、わたし達夫婦は2013年から毎年皆勤賞です! 年末から正月にかけての「餅つき」は、"Kagami-mochi" promotion for the God of the new year one-year-old God welcomes you and events have been made long ago to eat the origination of "red bean"。 Every year、Glutinous rice steamed and prepared ago hase's twice over、Conneconneconneconne、Alternated with pettampettan、Started the pestle in everyone who took part、We will complete the glowing mochi。Here's a few years、The warm hands of much too much、Because rice was somehow to Turkish ice、This year in promoting each other's hands "Kone 8%、Mugitsuki 2% "thoroughly and to challenge、綺麗な餅を完成させることが出来ました! 1人で搗くのは結構な労力ですが、Simple with this year though with a haori coat couple、意外に相性が分かる!?という面白い発見もありました! 搗き立てのお餅は本当に香り良く、Good growth, good、How to eat and upgrade every year、This time we are found always new garnish (lol)、Skied all the way char-grilled, "connoisseur" and "only kiritanpo" for so the cooked cakes to chopsticks、Wrapped in seaweed, or try to "grilling"、Radish and fish and olive oil marinated cheese、Such as the combination to enjoy! In addition、Combination microwave oven with the pledge, I snack on homemade Gratin and rice cake,, and Chin now、最高に美味しい「餅グラタン」が完成しました! 他にも酒の当てに、K.-San's homemade "nishime with" or "chicken and Leek" Harumi-CHAN's home-made 'persimmon and turnip salad"or" many mushrooms.、Sort that treats such as "Grilled Duck.、豪華な食卓で大忘年会スタートです! ワインや日本酒は、France joined hiroumi Ryo and Harumi Ito-Chan and his wife who select the "Robert-Denogent / Sardines Mâcon-Villages Blanc.、Italy "Ribolla Gialla / Radikon.、La Fleur Au Fusil 2016 Spain、100% strong Syrah's habit of "Foxy Foxy Nature Wildlife (Jean Marc Brignot et Anders Frederik Steen) / Moonologue "、France's "Yoyo / Chime.R ',、出揃i sake nachuru of delicious wines and Aichi Prefecture Fuji city still Chrysanthemum Hawk junmai unfiltered raw liquor Chrysanthemum snow and "dembei oimatsu Brewing barley shochu Koji-ya"、全てが空となりました! 宴の終盤には、Miyano shepherd who is home from Yokohama and participated, and Suzuki k., Mr. and Mrs. drunkenness drunkenness also fully play very cute、Finish the piece with the party。We were together、今年もお世話になりました! 長谷氏来年も開催宜しくお願い致します!...

"WINE CLUB" Maserati collabo celebration! All you can drink champagne 41 species!

Every year、Delivered on the day of the sea "WINE CLUB HAMAMATSU" champagne party this year was held successfully、大盛況のうちに幕を閉じました! 今回はイタリア高級車を代表するラグジュアリーなブランド「MASERATI」を取り扱う「マセラティ 浜松」が協賛してくださり会場となる「ミュゼ四ツ池」にはMASERATI初のSUVであるLevanteをはじめ、Quattroporte、Ghibli、GranTurismo and lined up in a full lineup、Entertaining guests、会場に華を添えておりました! パーティ会場の「オルセー」には、41Types of champagne appeared in order、「ミュゼ四ツ池」の片山裕邦料理長がテラスにてBBQを提供される中ブース毎にフィンガーフードが美しく並ぶブッフェスタイルでシャンパーニュと共に優雅なひととき♪ 恒例のプレスティージュ・シャンパーニュには、"Louis Roederer crystal" and "Gosset Celebris'、"G.h.mmm Rene Lalo.、"Bollinger La Grande Annee.、"Nicolas Feuillatte Palmes d'Or.、"Piper Heidsieck Cuvée Rare" 出揃i、Can conquer this year almost all kinds of champagne、A favorite among particular impression remained deeply、「34.MOET&CHANDON NECTAR IMPERIAL ROSE」でした! 華やかな香りと繊細な味わいを楽しみながら、Were offered champagne to fit、浜松を代表するPatisserie「アボンドンス」のBernard Heberleが作り出す美しいスイーツたち! グレープフルーツの酸味が爽やかなケーキやルヴァーヴの香りが楽しめるケーキ、Cool image of the Maserati Maserati blue that care jelly、どの味わいも絶品で会場内の女子があっという間に完食しておりました! 多くの方々と交流が持てた会も終盤となり今年も「利きChampagne」を開催! 正解は、GUY CHARLEMAGNE CUVÉE MESNILLÉSIME BLANC DE BLANCS 2005 next、Stunning、2005年とChardonnay100%と御1人のみ当てたMasako Muranakaさんと一緒に記念撮影! 正解者のMasakoさんには、Muzzle Board enters the Champagne of the 41 species of Mysore (Crown) and is presented as a keepsake、とても素敵でした♪ また、Maserati Beach pines、Were presented with return transfers to people chosen by lottery.、友人の竹原 興紀 (Okinori Takehara)さんと石津 利昭 (Toshiaki Ishizu)Just to capitalize, thanks to me when you can、An extension to your city at Levante and Ghibli、いざ二次会へ! シャンパーニュパーティでご一緒できました皆様楽しいひとときをありがとうございました♪ ...

Ikebana exhibition held every year at the omuro style flower arrangement Kyoto head temple ninna-ji Temple

京の都の世界文化遺産となる「総本山仁和寺」を創建された初代門跡第59代宇多天皇(寛平法皇)を流祖とし伝承されている華道流派「御室流華道」が毎年開催されている「流祖奉献全国挿花大会」も今年で第101回となるようで御案内をいただき楽しんで参りました! 「仁和寺(にんなじ)」は、And the Kyoto omuro Shingon omuro sect head temple of、Cherry blossoms in spring and autumn foliage and blossoms、多くの観光客に愛されております! 開催された2017年5月15日(月)は天候にも恵まれ、Eyes become dazzling good seasons and green leaves、Wind gentle seasons fragrant breeze is comfortable to touch the skin。 And gate、御室流華道家の永井 裕心 (Yushin Nagai)Us welcomes the、会場を案内してくださいました! 御殿群南端に東面に建ち、And the finish was at the "grand entrance" with dignity and pomp、He met gorgeous floral arrangements were。 This time the、Large front door started.、White paper on hospital、Between the capital of the sheath、Black Book of、Corridor、Between the Ouchi、Outdoor、Old flower Hall and venue、Ikebana is a total 200 points to exhibits。 View omuro ikebana black Academy located just one point of tatebe Yuji path healer his Holiness's classic work in peace and quiet、寺院内の厳かな景色と共に拝観しながら花を愛で心癒されるひととき♪ 途中、Head to the tea ceremony, tea tickets。 Two of the ninna-ji Temple tea house "Fei Kurhaus" and Ryo district Bower、None has designated important cultural properties、Surrounded by lush Moss garden nestled in the quiet-its like that、一期一会の侘び寂びの世界が広がっており心洗われる思いです! 享和二年(1802Years) you fit established "Kameya shigehisa" classy teacake、High flavor your tea。All Bowl become the temple belongings, Kumamoto city。 Garden view from the air of ninna-ji Temple、Elderly awardees sketch of Fei Kurhaus and five-storied pagoda is seen、心穏やかに過ごす様子が印象的です♪ 初夏の京都を満喫しながら、I enjoyed a nice exhibition! h. heart-Kun、ありがとうございます♪...

Sherry Hidalgo's study on "El Camino tamachi" town Spanish

Spain restaurant was opened in Hamamatsu City in 11/16&At the bar "El Camino tamachi.、”マンサニージャ”で有名な造り手である「ボデガス・イダルゴ・ラ・ヒターナ」社のシェリー酒を取り扱う「UNION LIQUORS(ユニオン・リカーズ)」の勉強会に参加させていただきました! 佐鳴台に本店「エルカミーノ」の2号店となり、Spain cuisine in tapas suit the wide variety of、一押しのパエリアやスペインワインにシェリー酒などが気軽に楽しめるバルスタイルのレストラン「エルカミーノ タマチ」を運営される中野 雄司 (Yuji Nakano)さんが「もっとシェリー酒を広めたい!」という想いから始まった勉強会! 前回、Thing from the experience the sherry in this、すっかりそのシェリー酒の魅力にハマってしまい「もっとシェリー酒を知りたい!」と思い参加させていただきました! 今回の勉強会は、"UNION LIQUORS (Union records) sales and marketing River Miyazaki Kohei (Kouhei Kawasaki) Ms. Sherry history and origin to the beginning、ぶどう品種や熟成方法から製造工程などをとても解りやすく説明くださいました! 「そもそもシェリー酒って何!?」という方も多いはず! シェリー酒とは、Spain's southern Andalucia on the Jerez town built mainly white wines。 Champagne as well as certain areas in your white grapes in particular、Brewed in a certain way、Only the aged wine called "Sherry"。 Its history is、紀元前1100年にまで遡るのだとか! シェークスピアの数多くの作品の中にも登場したりとシェリー酒はその当時から大変人気があったことが伺えます! シェリー酒に使われているぶどう品種は3種類となり、Divided by type。 In the dry sherry、Using the "Palomino" variety、The slightly sweet Sherry utilizing clean and sweet varieties of "Moscatel"。 And、良く名前を耳にしたことがある「ペドロヒメネス」は甘口シェリー酒に使われています! 酒精強化されたワインは、In a mature way "Solera" which、Pyramid-like triple-mixed with the old American oak barrels stacked 4-wine、At least 3 years of aging and the built。 And is one of the oldest wine in barrels called "Solera" at the bottom of、From this barrel 1/3 wine is taken out、Bottling, we shipped。Wine is only taken、We are 継gi足sa, and then from the top "cry Adela"、When it comes to Hidalgo,、Barrel α and two β、3/ Month for every wine turns to、品質を一定に保つことができるのだそうです! シェリー酒の歴史や製造工程を把握したところで、Actually start tasting! Food and wine is anything but、And from the description of the history and background、より美味しく感じられるというものです♪ 可愛らしく目を惹くラベルには、Gypsies painted on a tambourine while her and the appearance of Napoleon as Emperor of France and a、For each label in the meaning、Understand them、”うんちく”として飲み会などで披露してしまうのもまた一興! 今回は、Manzanilla la chitana standard Sherry Hidalgo, the representative、Amontillado Napoleon、"Oloroso faraon"、Cream Alameda、Five types of "Pedro Giménez Durian" started.、 Fino Hidalgo Classica series、"The amontillado medium Hidalgo.、Pale cream Hidalgo、And 4 types of Moscatel Hidalgo、 12"Manzanilla Posada Pastrana" of the aged Sherry、 -20 years of aging, specially made to commemorate the 400th anniversary of Western diplomatic Palo Cortado San Juan Bautista、 Characteristic of Hidalgo, with 70-year-old Palomino white wine "La chitana vino Blanco、 And、8Years of Islamist and aged for 6 months、And only in Japan is limited and sold cask finish blended Islay whisky、その数何と!14種類ものシェリー酒を試飲させていただきました! シェリー酒というと甘口だけを想像してしまう方も多いと思うのですが、A spicy seafood dishes unique to Spanish to better fit the Sherry Sherry、Fresh, mineral and、And in taste and even better fit the soup in Japan、Sherry amontillado type manzanilla aged for approximately 8 years、どこか”紹興酒”に似た香りや味わいを持ち「中華料理」などのとても良く合うということなどなど! そして、Impressed with super sweet Pedro Giménez to 1-me showcase called "posture" to human drip 2 drops of gin cocktails、シェリー酒の新しい発見をさせていただくことができました! 勉強会の最後はシェリー酒と言えば「ベネンシア」! 1mほどのしなやかな柄杓のことをそう呼ぶのですがこちらは樽の中に発生する酵母の膜を出来る限り傷つけることのないようシェリー酒を取り出すことができるシェリー酒には欠かせない柄杓となります! そして、Pour the sherry is made from a high position in、空気に触れさせ香りを開かせる特殊なパフォーマンスは一見の価値あり! 今回は、We will be the performance experiences of such "benensia"、Also overlooking the production while practicing with your air、床はビチョビチョの大惨事に(笑) しかしながら、Very easy to learn, to study、Many food and beverage stores officials relaxed atmosphere、More thank you could know the appeal of sherry each day! Mr. Nakano、ありがとうございました!...

Let me introduce aiming for jewelry artists 'Gallery irifune"young art students!

豊橋の「ギャラリー入船」にて開催されている「新春を寿ぐ 酒器六仙展  <入船亭>」の出展作家である味岡伸太郎氏と待ち合わせ! 味岡さんが出展された酒器5点セットは、Using different soil、And in many ways than、Type in the same while sake different elegance daily life has been set at five points、味岡さんらしい無骨さが作品に滲みでております! この日は出展者の1人でもある錫作家の山本一樹先生もご夫婦でいらしていたためわたしたちladeがプロデュースした富山の陶芸家「釋永岳 浜松展」でお逢いした以来の嬉しい再会となりました!ご無沙汰しております! 山本先生は現在「静岡文化芸術大学」の講師をされていらっしゃるのですが、This mountain is this teacher students、Has been accompanied by aiming for jewelry artist Yoshida hemp Bill CHAN、若き作家の卵の作品を見せて頂ける機会がありました! 銀やプラチナを用いて、Fairy jewelry animals plucked from the world of children's books, such as the motif、Attention to fine details、まるで小さな生命を感じるかのような心温まる作品たち! 大きな木の下でバイオリンを奏でるうさぎや、Rat race through the mushroom forest、Bears to collect stars and climb the ladder,、Story on the jewelry,、夢のようなワクワク感を与えてくれます♪素敵な世界観♪ 彼女の世界観の虜になったわたしは「えほんのうさぎ」という名でブランド展開をされていく若き作家先生に直筆サイン入りの絵本を頂戴致しました! こちらの作品は「卒業制作」のために制作されたものであり、But it is still impossible to sell with、彼女の今後の活動を応援していきたいと思います!...

Celebrate the new year at the Gallery "Gallery irifune" Toyohashi sake six Immortals during exhibition!

豊橋にある画廊「ギャラリーサンセリテ Gallery Sincerite」を営む野尻 眞理子さんが企画されるイベント「新春を寿ぐ 酒器六仙展」へやって参りました! 「アートのある住まい」をコンセプトに運河沿いに2006年に建てられた「太陽住宅株式会社」のショールーム「入船の家」は現在「ギャラリー入船」と名付けられ住宅展示場の1階を定期的に開催されるイベント会場として一般公開されています! 2017/1/14(土)〜1/24(火)まで開催されている展示会は、Pottery ajioka.、"Yasuhiro Arakawa.、"Inayoshi Osamu.、Lacquer ware "kawakatsu Sterling toozu.、硝子「栗原 瑠璃華 (Rurika Kurihara)"、錫「山本 一樹 (Kazuki Yamamoto)」と作家6人の作品が集う「酒器六仙展」となります! ぐい呑や盃、Sake bottle、Started to open.、Such as glass or wine cooler、美味しいお酒を愉しむには欠かせないアイテムが揃います! 日本酒を嗜む機会が増えると、What about sake even interest springs、手に取りながら自分に合った酒器選びをするのも楽しいものです♪ 豊橋に流れる運河を眺めながら、Spend a quiet moment、作家のお越しを待ちたいと思います!...

Beach huts during "Benten dojimahama shed Marche" Hamana Lake Benten Island seafood you can enjoy!

浜名湖弁天島の海産物が味わえる土日開催の「冬の朝一 弁天島浜小屋マルシェ」へやって参りました! こちらは舞阪町観光協会が主催されるイベントで浜名湖産の自慢の海の幸を各ブース毎にアレンジされた美味しい屋台飯を提供されています! 今時期の旬となる浜名湖産の”牡蠣”は、"Steaming" or "eel"、Okonomiyaki in Carpe diem、Easy-to-eat products representing the Hamamatsu "eel" is provided in the "meat" of the skewer and very popular! Other "Shirasu maisaka", "Tempura" and "croquettes"、「うどん」や「ご飯物」も出揃います!海の幸オンパレード! ブース前にて料理待ちをしてると、Charge was Masayoshi Kato tipsy gentleman with one cup! From the day one cup.、流石です! わたしたちも大好物の目光を見つけ、Fried and fresh dry and light eyes、ふわふわな食感に舌鼓! 舞阪産しらすがたっぷり入ったサクサク食感の「しらすコロッケ」や大きな浜名湖産の牡蠣が2個入った「牡蠣お好み焼き」、And、〆には生海苔を天婦羅にした香ばしい「海苔のりうどん」を堪能し大満足♪ 食後は煌めく湖面がキラキラと輝く「弁天島海浜公園」を散歩も楽しめます♪ワンちゃん連れも多いですね♪ 開催時間は朝10時〜14時となりますが、Hear at lunchtime and there sold out products for、朝一番に入場することをお勧め致します! 「今後の浜小屋マルシェ開催日」 1/28(土)、1/29(Days)、2/11(Sat.)、2/12(Days)、2/18(Sat.)、2/19(Days)、2/25(Sat.)、2/26Will be (Sunday)。詳しくは舞阪町観光協会の公式サイトをご覧ください!...

Join the Yoga events see YOGA Self Healing' friend!

House poised to solder Watanabe kanako's Yoga instructor is longer by 10-year-old friend contacts、それと同時にヨガスクール「YOGA真我Healing」を立ち上げてオープニングパーティを開催されたため早速お祝いに駆け付けて参りました! 木の温もり溢れる新居のリビングと繋がる和室を利用され、Yoga is private! Accommodates 8 persons so、みっちり細やかなレッスンを受けることが可能です! まだ小さなお子様のいる香奈子さんは、And child-rearing, that while there、週に一度のペースで開講予定とのこと! オープニングパーティでは、Suggested for the life she's always with good diet food、Vege, superfoods、Ayurveda、ローフードなどのヘルシーな食事が色鮮やかに並びます! まず乾杯には、Marengi (malunggay) with the purifying power of hemp charcoal introduced banana and Apple、ほうれん草のグリーンスムージー!これがまた飲みやすくてとっても美味しい! 今回の素晴らしいヘルシー料理は野菜ソムリエの資格を持たれ、The primary town is offering a healthy diet "Studio & Caffe CIRCE (Circe) "is it for delivery and、香奈子さんお気に入りのブーランジェリー「Little Treasures」さんのパンなどが並びます! さらに、Dietary laws into "eating order.、香奈子流に従いフルーツ→サラダ→根菜類→穀物!野菜は塩麹のドレッシングでモリモリいただけます! 小さなお子様たちもフルーツをたっぷりと頬張りビタミン摂取!旬のフルーツは最高! 中には、Have been veg cooking classes or views as well as homemade Chai spices and cooking has been a yoga trainer who was put in plenty of、And for the first time knowing the existence of "Hama-natto" fermented condiment、新たな食の楽しみ方を学べました♪至福のひととき♪ 今後はヨガレッスンに加えこのようなローフード系のイベントも不定期で開催されるとのこと! ヨガレッスンなどの開講スケジュールは彼女のブログをご確認ください! 【YOGA真我Healing】 http://s.ameblo.jp/shingahealing...

Scroll to top