Maserati photo with the specialty of "garaku" Toyama-rich breakfast!

Breakfast time at the Toyama hotel "River retreat ya Yue Kutchan River Retreat Garaku" in annex B1 floor Japanese Aya zeze music taste! Modern restaurant Interior calm colours, made to order.、Fresh morning sunlight is overflowing.、Guests can enjoy a wonderful view from the window! Breakfast time、7At-at 10 a.m. admission is 9:30。We did bother with opening first! Breakfast is、Vegetables, and specialty of Toyama、Seasonal kobachi lined in rich variations、As in the good sense of volume、Just side dishes fit the silver reliquary for rice are cooked in a clay pot with very good balance and、Growth would be too easy to refill your hand! [Menu] ya Yue Kutchan morning ~ Story of TOYAMA-awakening drinks first of all、Start wake up filled with the scent of fresh herbs! This day is "an Apple、Chamomile、Lemon grass "in taste and refreshing! Toyama soybean soybeans from Toyama Prefecture "sweet House" with hand-made tofu。Enjoy the smell of tofu is delicious as well.、With weird taste and at munekata chef's homemade "yuzu Ponzu sauce.、And refreshing flavor better also! So here "yuzu Ponzu sauce" was sold in the shop、It is buying for gift! Many small "daikon radish and pork、Green peas.、"Chaozhou-style with beef.、"Roe and mustard leaves.、"Dip of potherb mustard、Japanese ginger sauce.、"Nori Tsukudani"、"Pickled" sashimi "raw shrimp shrimp、Swordfish、Between sheets of kelp sea scallop "because the homemade Seiro kamaboko Toyama specialty is kamaboko、The hot boiled fish paste steamed in Seiro、Come to warm inside! Is boiled in a clay pot breakfast casserole dinner guests are requested to Toyama rice、If you open the pot lid fine until in the glow of the silver reliquary! There is rice! Has been a rice farmer in Osawa district of Toyama "dirt playing field" of Sean has made organic shelf rice rice。Koshihikari rice malts and rare species、In the rich soil of the mountain、The rice grown with rice-duck、Yonemoto, come taste the condensed、Feel the aftertaste of sweetness、Fragrant rice。こちらも販売されています! お味噌汁 出汁が美味しい茄子と渦巻き麩の胃に染み渡るお味噌汁! お漬物 涼やかなガラス製の浅漬け鉢で提供され良い塩梅の浅漬け! 宗形料理長の愛を感じるこちらの朝食もいつも本当に楽しみにしており、Conversation between you and the staff smiling cheek was the breakfast time healing an! After breakfast、Once again enjoyed the quirky Gero Onsen、片shite to return to Checkout! His reluctance to dip in the Ya Yue Kutchan、Maserati owners and happy memories to commemorate、Commemorative photo in front of the hotel! In front of the building.、Owner and after both were taken one by one、All Maserati models is located by the main side、Breathtaking photograph! Please take care Hattori Manager and staff、Truly unforgettable celebration!.

"Garaku" four seasons to enjoy art in yukata early morning stroll

Toyama hotel "River retreat ya Yue Kutchan River Retreat Garau" main luxury suite elegant morning among Butterfly pattern! Jinzu River from the balcony of your room visit。Morning dew-drenched mountains、一層に緑深き艶やかな色合いをしております! 温泉に浸かり身体を温めた後は、Change into your yukata selected upon admission、早朝の散策に参ります! ホテル周辺には、To enjoy the changing of the seasons、1000Kasuga botanical gardens surrounded by high mountain plant species, lawn lush natural park。 I enjoy the Park Kasuga hot spring footbath fujimi-no-Yu、お部屋のパウダールームに用意された巾着袋のタオルを持参すると良いでしょう! その昔殿様が飲まれ一生無病息災であったとされる霊水で富山の名水百選にも認定されている「殿様清水」も是非お試しあれ!清らかな山の恵み! また、The hotel only、Studded with art works to the outside、Enclose a hotel called the "art walk" walks on the built、朝食前の散策に最適です! 朝の澄んだ空気で深呼吸しながらリフレッシュ! しかしながら、Because the stomach is at 膨ramimasenn、We had been looking forward to breakfast I come!.

"Revo ya Yue Kutchan" Toyama's charms! French Supreme awakening the senses

Dinner at the avant-garde the regional cuisine of the Toyama hotel "River retreat ya Yue Kutchan River Retreat Garau" of main building B1 floor "Revo L'evo"! Before entering the restaurant together in the Cafe、His prosperity was Maserati Nagoya's development and involvement in the sparkling wine that wish cheers! On its feet down in the hotel basement 1F、3Enjoy an elegant dinner party, divided into tables! Owner-chef aiming at thorough chisho, e. Taniguchi (Eiji Taniguchi)Mr. a、Important to the producer's voice、Fully utilizing the power of the ingredients produced because of Toyama、Also、To breathe life into the writers work that represents a Toyama、With 1 plate 1 plate to be topped、訪れたゲストの誰もが「富山」を五感で感じ取ることができる革命的な料理を提供されています! 富山の八尾で活躍する下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo)& Caudate Saori (Saori Shimoo)夫妻のユニット作家「Shimoo Design」が手掛けるオーダーテーブルの引き出しに、Has quietly slipped into the screen in the "your shinagaki"、6代目となる松井 紀子 (Norio Matsui)ちゃんが受け継ぐ「株式会社 松井機業」の手掛ける富山名産「しけ絹」を用いた繊細な美しいメニューとなり、Change colors according to the seasons! Hans Monderman fresh light green! And select wines in the wine shop at Suzuka would recommend 'Maserati Nagoya"on this day"vinateria Tal youth"we selected prior to bringing、White wine France ' Meursault Cuvee Selectionee / Domaine Latour Giraud Meursault selection / Latour Giraud 2013.。 Red wine France ' Marsannay Les Longerois Domaine Coillot / Marsannay Les longjurova 2015 ドメーヌ コワイヨ 2015」を料理に合わせて! 「prologue」 此処から始まるレヴォのストーリー! アーティスティックな5品の前菜が並びますが、As the title、これはまだ序章に過ぎません! ①甘エビと香草を合わせたタピオカは海老ともち米の煎餅に添えて。...

For a luxury suite Butterfly desire "garaku" jinzu-gawa River

富山屈指のリゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶 River Retreat Garaku」の今回わたし達がお世話になる御部屋は昨年2017年4月1日にリニューアルオープンされた本館ラグジュアリースイート301号室「胡蝶の間」となります! こちらのホテルは、The concept varies according to each room、1Birthmarks, but not the same room、Enjoy the atmosphere of different every time! Room 214, previous wing Premier Suite "of white rubber (shirotsurubami)" and the previous main building Deluxe was comfortable warmth of wood "during the wind down is、This main building luxury suites Room 301 "while the butterfly、Incorporates touches of their own、Census because it had been heard and the finish of the Japanese filled with modern、I was really looking forward to! Open the main room door、Build the awareness barrier-free to your room from the entrance ramp。 140Boasting m² + balcony spacious Luxury suite、キングサイズのベッドとツインベッドが備わる2ベッドルームに2バスルームとゆとりの空間! レイクビューを楽しめるように、For the living room and bathrooms are using wide glass、And spectacular panoramic views、リビングチェアーからの眺望はまるで絵画のようです! バスルームは、Provides a Japanese umbrella pine and jaggietypebas hope the jinzu River with bath 2、Relax and soak in the Jacuzzi、Enjoy a gentle Lake of the jinzu River fluctuations、心身共にリラックス! 一際目を惹く深紅の壁の和室からの眺望もまた素敵!全客室に用意された八尾の「和紙レターセット」にて大切な方へ御手紙を認めるのも良いでしょう! 5月の清々しい気候なため、Out on the balcony and feel the healing nature of much、But for the sake of Toyama、癒しの読書時間を過ごすのもお勧め! 夕刻を迎え時間毎に魅せる湖面の輝きの美しさには思わず心を奪われます! ...

Nestled on the shores of the jinzu River "garaku" luxurious resort hotel

富山屈指のリゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶 River Retreat Garaku」へCheckin! 神通川の畔に静かに佇み、Only 25 guest rooms remain private because、極上のひとときを約束してくれるわたし達Web Magazine lade一押しのリゾートホテルとなります! こちらでは「ミシュランガイド(日本版)富山・石川(金沢)2016特別版」では、Michelin 1 Starを獲得された「レヴォ 」が堪能でき、Is facing the jinzu River and is surrounded by natural springs.、Art is、As a hotel where you can enjoy moments of calm、今や国内のみならず海外からも注目を浴びています! 著名な建築家の「内藤廣(ないとうひろし)」氏を迎え、The concept of earthiness and delicacy of sukiya: Tokyo and Asia、あくまでもリトリート(隠れ家)というイメージにこだわった空間を実現! 大きな特徴として見受けられるのが、In the inside and outside、Studded with all over the about 300 points as part of a collection of Ishizaki, Mr. Isaac group owner of the mother's art、自由に観覧することができるということ! 美しく流れる神通川や緑豊かな森林を一望できるメインロビーにてWelcome Drinkを頂き、5月より新しく支配人に就任された服部浩之さんから館内について御案内頂きます! ウェルカムドリンクは、Our Matcha green tea、Coffee、Tea、Green tea、You can choose from beer。In the hotel、On the 3rd floor of the main building provides an authentic tea house、Abroad, etc., is especially、お抹茶碗で頂く御抹茶が大人気! ホテルに到着して直ぐの寛ぎの一杯として、In pewter glass maker "feature film NOUSAKU" Toyama、きめ細やかな泡立ちの良く冷えたビールは最高です! 一服した後は、Next to the lobby from yukata、Choose your favorite pattern yukata、Use as relaxing in the hotel's fatigue was great service! Every time、何柄にしようか選ぶのが楽しみのひとつに! さて、Maserati owners to their love into your room、ディナータイムまでは温泉で寛いで頂きましょう!...

Levo continues to evolve! In the Toyama's leading adult retreat garaku

富山屈指の大人の隠れ家として名の馳せるリゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶 River Retreat Garaku」の本館B1階の前衛的地方料理「レヴォ 」へ! 徹底した地産地消を目指すオーナーシェフの谷口 英司 (Eiji Taniguchi)Mr. a、Important to the producer's voice、Fully utilizing the power of the ingredients produced because of Toyama、Also、To breathe life into the writers work that represents a Toyama、With 1 plate 1 plate to be topped、訪れたゲストの誰もが「富山」を五感で感じ取ることができる革命的な料理を提供されています! 2014年5月22日にリニューアルオープンされて以来、To attract attention, and charmed to gourmet、NHKの「プロフェッショナル~仕事の流儀~」出演から「ミシュランガイド(日本版)富山・石川(金沢)2016特別版」では1つ星を獲得され「Gault&Millau Japon(ゴ・エ・ミヨ・ジャポン)東京・北陸2017」ではシェフ賞をも受賞されており、To top chefs to represent Japan and join! Think of too high and difficult book to、2 years ago I gave up to revisit.、嬉しいことに予約を取ることができました! 店内に入ると直ぐに燻香が立ち込め、Tripe to "L ' évo" to be drawn!(´∀ノ`*)良い香り! 吹雪く雪と共に神通川の奥に映える白銀の世界を楽しみながらのランチタイム。Is there ya Yue Kutchan seasons can enjoy a scenic、”冬”に訪れるのは初めての体験となります! 先ずは「Champagne Pannier(パニエ)」で乾杯! 繊細な気泡の向こうに映る雪景色は、It's in the natural beauty of the feet so it's、Occasionally、雲の合間に覗かせる陽が神々しくも感じます! この日のメニューは特別にディナーコースと同じスペシャルメニューを頂きます!下尾 和彦 (Kazuhiko Shimoo)& Caudate Saori (Saori Shimoo)夫妻のユニット作家「Shimoo Design」が手掛けるオーダーテーブルの引き出しにそっと忍ばされている「おしながき」は、6代目として松井 紀子 (Norio Matsui)ちゃんが受け継ぐ「株式会社 松井機業」の手掛ける富山名産「しけ絹」を用いた繊細な美しいメニューとなり、Changes colors according to the seasons! "I wonder if what you give today? "And、この引き出しを開ける瞬間どれほど心を躍らせることでしょう! 提供される水は旦那様の実家となる上市町の奥地から湧き出る「穴の谷霊水」となり、This is so called 'miracle water' stuff.、Feelings do not top be cleansed every time I go home to my parents ' House and。You can taste thanks to the andanalyzed staff will take turns to go! The rocking glass、ガラス作家・小路口 力恵 (Rikie Shojiguchi)Is it the glass chipping work、Pour the water、ゆらりゆらりと揺れる姿が儚げです! ~prologue~ ①小さなマカロンのような一品は「ビーツのメレンゲ × 器能作とShimoo designコラボ皿(pinhole)」 さっくりと軽く口溶けの良いメレンゲに濃厚な雛鳥のムースとベビーリーフ・デトロイトを添えて。 (2) wooden box decorated with leaves and Black Jade "another deep-sea fish x generator:タイニーワークショップ(輪箱)」 干して旨味を凝縮させたゲンゲには、Pepper round breaded, crispy fried、骨まで美味しく味わえます! ③折り紙のように形を自由に变化させる錫の器は「八尾の胡麻の最中 鯖のリエット × Syouryu(すずがみ / Shimatani Yoshinori (Shimatani Yoshinori))」 八尾で作られている「高野もなか屋」のスティック状のお洒落な最中の皮を用いて、Grilled mackerel Rillettes has endured during the。This is also a tantalizing flavor、ついおかわりを求めてしまいそうな一品(笑) ④Shimoo designの木製の長皿が美しい「ジャガイモのビシソワーズ × 器:Shimoo design (saki)、株式会社 高田製作所 takata...

For adults "garaku" Toyama's best resort hotel!

"If you carry the legs in the Toyama... ' instead、「此処に行くために富山へ」と 思わせるだけの価値があるResort Hotel「リバーリトリート雅樂倶 River Retreat Garaku」へ! 神通川の畔に静かに佇み、Only 25 guest rooms remain private because、 極上のひとときを約束してくれるlade一押しのホテルです! 冬場は温泉が恋しくなることもあり静かな時を楽しもうと今や国内のみならず海外からも御夫婦やご家族で足を運ばれるゲストたちの姿が見受けられます! 駐車場には新たに電気自動車「TESLA(テスラ)」とのコラボ企画として充電器が設置されておりこの日も電気自動車で来館されている方もおられたぐらいです! 今回も支配人の松宮 大輔(Daisuke Matsumiya)さんと情報交換しながらの歓談Time♪ 今年は、6月に発表された【ミシュランガイド富山石川2016特別版】で 一ツ星を獲得されさらには12月に発表された「Gault et Millau(ゴ・エ・ミヨー)」でもシェフ賞を受賞された谷口 英司(Eiji Taniguchi)さん率いる「雅樂俱」内のフレンチ「L’evo(レヴォ)」も変わらずの盛況ぶりとのこと♪ また松宮さん自身は以前までお勤めであった会社から独立され自身の会社「FIORI HOTELS(フィオリ・ホテルズ)」を設立されました! こちらでは「SMILE」「SPEED」「SMART」「SIMPLE」「SINCERITY」の「5S」をモットーに活躍の場を広げて行かれるとのこと!松宮さん益々のご活躍を! 来春には本館のリニューアルオープンも控えておりますのでまたご紹介できればと思います!...

Quietly nestled on the shores of the jinzu River "garaku" only 25-room luxury resort hotel

"If you carry the legs in the Toyama... ' instead、「此処に行くために富山へ」と 思わせるだけの価値があるResort Hotel「リバーリトリート雅樂倶 River Retreat Garaku」へ! 神通川の畔に静かに佇み、Only 25 guest rooms remain private because、 極上のひとときを約束してくれるlade一押しのホテルです! 夏休み期間ということもあり、A family travelling with much success in the State、 支配人の松宮 大輔さんと情報交換しながらの歓談Time♪ 6月に発表された【ミシュランガイド富山石川2016特別版】で 一ツ星を獲得されたフレンチの「レヴォ 」も変わらずの盛況ぶりとのこと♪ 現在は本館のRenovationが進む中支配人である松宮さん発信の 新たなプロジェクトが始動しているとのことで益々今後の活躍が楽しみでなりません!...

"Garaku" great inbetween Toyama's leading resort hotel's first summer stay Chronicles

2015年3月14日(土)についに北陸新幹線が開業し今や金沢とともに注目されはじめた富山。 Kanazawa、富山をはじめ、And warm'll receive you tourists across the line and being worked on、活気に満ち溢れています! 今回は富山に居ながらにして富山とは感じさせない究極の大人の隠れ家であり、 "Art"、"Food"、「自然と温泉」を一度に体感できるリゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」さんでの宿泊記を紹介致します♪ ご興味のあるメニューの画像をクリックしていただくとそれぞれの記事がご覧いただけます! 前回の宿泊記はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/articles/travel/35508/ ランボルギーニアヴェンタドールで チェックイン! アートも本も楽しめる カフェ&ライブラリー 春日に湧き出てる滑らかな 温泉と寛ぎに満ちたスパ施設 木の柔らかな香りに包まれ安らぎ溢れる風の間 進化する「レヴォ」谷口シェフが遂にNHKプロフェッショナル出演! 「楽味」で富山の恵みを いただく至福の朝食 現代作家のオブジェを 楽しめるアートウォーク 総支配人の松宮さんに ご挨拶してチェックアウト リバーリトリート雅樂倶 富山県富山市春日56-2 TEL:076-467-5550 http://www.garaku.co.jp/ 雅樂倶のお得な宿泊プランご紹介...

MATSUMIYA "garaku' General Manager's greetings to checkout

本館・モダンスイート302号室の「風の間」に戻り冷蔵庫内のミネラルウォーターで喉を潤し、Take a deep breath。 神通川の煌きともお別れの時が近付いて参りました梅雨時期にも関わらず、With good weather、外は気持ち良く過ごしやすい気候です荷物を片付け、11時のチェックアウトと参りましょう♪ 総支配人松宮大輔さん(青森出身・48歳) チェックアウト時に前回もお世話になりました総支配人の松宮大輔さんが挨拶に出向いてくださいました松宮さんは、To fully demonstrate their experience up to now Japan National attraction in hotels and restaurants in、 石崎氏の意思を形にされるよう日々砕身粉骨されています接客業としてのビジュアル面も考慮され頑張ってダイエットも成功されたそうで、 4月の時よりかなりお顔がスッキリとされています!(凄) レヴォの谷口シェフの「プロフェッショナル」への出演効果もあり、Mr. Lok Kutchan's increasingly busy if you are coming。 8Not to mention the first time, Obon period、 In the event coming up then 9/13 (Sunday)、 10As last years fall event will be held "Ya Yue Kutchan straw by 2015.。 おわら風の盆を雅樂倶さんで体感できる盛大なイベントは宿泊プランは完売となりましたが夕食プランはまだほんの少し空きがあるようです。 Right or wrong、Contact us, try。 松宮さんまたお会いできる日を楽しみにしております! 4月の滞在に続き今回6月の雅樂倶滞在もとても有意義な時を過ごすことができました富山の第2の我が家としてまた帰省の際に足を運びたいと思います♪ 雅樂倶の皆様お世話になりました♪ 2015年初夏の宿泊記はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/diary/travel-diary/toyama-takayama/garaku/37723/ リバーリトリート雅樂倶 富山県富山市春日56-2 TEL:076-467-5550 http://www.garaku.co.jp/ 雅樂倶のお得な宿泊プランご紹介...

Enjoy "garaku" contemporary art artwork

2005年11月9日に増築された「リバーリトリート雅樂倶」さんの新館ANNEXは、 New building、旧館という隔てた概念に捕われることなく既存の施設と新施設の一体化させることにより新たなる顔を覗かせています陶芸家である内田鋼一さんの作品と共に四季折々を楽しむことができる雅樂倶さんの敷地内時間の許す限りホテル周辺を散策するのもお勧めです♪ メーンロビー チェックインでも迎えてくださったメーンロビーはやはり贅沢な天井高の開放感と圧倒的な存在感を誇り重厚感溢れるコンクリートの壁の大迫力が痺れます! モノトーンで統一されたソファは建築も担われた内藤廣建築設計事務所がデザインされた雅樂倶さんオリジナルのもので末広がりの雄々しい黒ソファが「男椅子」内向きのおしとやかな白ソファが「女椅子」と名付けられ特徴的なデザインをされています♪ メーンロビーの扉から外へ出ると奥にはダム湖が望め神通川に沿って併設されたアートウォークと称する遊歩道が設置されており現代作家によるオブジェを鑑賞しながらホテル周辺を散策することができます施設の外周にはオーナー様の自然の美を追求する熱い想いから視界を遮らぬよう手すりを付ける代わりに水盤を施し神通川と水盤のつながりを活かされてれています♪ リバーサイドテラスからバンケットホール「風恋花」の前を通り階段を降りるとレヴォの前のテラスへと抜けれますテラス奥には第三ダムを案内するボードが設置されています♪ 逆にメーンロビー前のテラスから神通川を真正面に見て左へ進み階段を下りればアートウォークへと続きます♪ 階段入口 階段からの景色 樂味前の庭園 樂味前の庭園(第三ダム側) 竹林へと進む階段 竹林小路 竹林小路を抜けるとホテル正面の駐車場へと回れます隣接する春日公園を散策し周辺に植えられた木々や植物を楽しみましょう♪ 光柱 / 野田雄一 出会い / 清水九兵衛 untitled / 内田鋼一 こちらには「殿様清水(とのさましょうず)」と呼ばれる、1985年に「とやまの名水」に選定された名水があります殿様清水とは江戸時代この地には藩の塩蔵があり富山から飛騨へ塩を運ぶための中継要所となっていましたその御蔵番の殿様が好んでこの湧き水を飲まれたことから殿様清水と名付けられたと伝えられています殿様はこの湧き水を飲んだおかげで一生無病息災であったと言われているようです殿様が愛したとされる名水は無料でいただけるのですが横にポストが設置されておりそちらが「お志入れ」となります清らかな水を守るための整備費等に使われるため小銭をお持ちの方はお志もお忘れなく♪ 春日公園は富山市と雅樂倶のオーナー様が共同で整備されています公園内には桜の他にも紅葉やクチナシ金木犀椿に百日紅ヤマブキ、Blueberry、藤棚と 様々な植物が植樹されており四季折々の景色が楽しめますおよそ140tもの木曽石を使用した水が流れ落ちるピラミッド「春日富士」が公園のシンボルとなっておりその富士を正面に見渡せる場所に「富士見の湯」と名付けられた足湯が設置されていますフロントで足湯用のタオル(無料レンタル)を貸出しされているので出向く際にお借りしましょう♪ さて食後の散歩も足湯もたっぷりと楽しんだ後はチェックアウトの準備です♪ 2015年初夏の宿泊記はこちらからご覧いただけます! http://lade.jp/diary/travel-diary/toyama-takayama/garaku/37723/ リバーリトリート雅樂倶...

Breakfast Bliss "garaku" "stuffing" receive the grace of the Toyama

2005年11月9日に増築された「リバーリトリート雅樂倶」さん新館のB1階に設けられ、 2015年1月5日にリニューアルオープンされた和彩膳所「樂味 らくみ」さん富山の食材をふんだんに使用され移ろいゆく季節を表現する宗形料理長の滋味溢れる日本料理が楽しめオーナー様がこだわり抜かれた器に彩られる富山の豊かな食材たちを季節毎の一皿一皿で堪能することができます♪ 爽やかな目覚めを迎えた朝食はこちら「樂味 らくみ」さんの和食をいただきます。 Breakfast time、7時~10時で最終受付が9時半となります♪ 落ち着きのある色調のインテリアをあつらえモダンな店内には朝の爽やかな陽の光に溢れています♪ 今回の朝食はこちらの個室を用意していただきました深紅に染まるアーティスティックな空間に庭の緑が眩い光を反射し静かで落ち着いた雰囲気の中食事を楽しめます♪ 「目覚めのドリンク」 葡萄ジュースと林檎ジュースにローズマリーと少量の蜂蜜を混ぜたものほんのりとした甘味とフルーツの酸が喉にすんなりと馴染みまさに目覚めに相応しい一杯です♪ 朝食のお料理は季節の小鉢が少しずつバリエーション豊かに並び富山の名産を用い、As in the good sense of volume、どれも富山米に合う小菜ばかりで非常にバランスに優れています♪ 白和え 胡瓜と鮎の酢の物 椎茸と昆布の佃煮 梅干し 雅樂倶の焼印付き玉子かすてら 葱味噌 「お造り」 器を贅沢に使いアオリイカ刺しとその余白にうっすらと梅肉ソースで能登半島と富山湾をあしらい素敵な演出を施されています♪ 「富山湾の魚の焼き物」 鰆の味噌幽庵焼きは柚子胡椒を添えて上品な味わいですが富山米が一層美味しく感じられます♪ 「手作りせいろ蒲鉾」 小振りな蒸籠の中には手作りのせいろ蒲鉾白身魚と帆立のすり身を使用した蒲鉾は桜の葉っぱでくるみ香りと一緒にいただきますお好みで岩塩を付けていただくようですがそのままでも十分な旨みと味わいです♪ 「富山県産の大豆「あまうららの手作り湯葉豆腐」 竹筒の器がまた風流です♪ こちらにかけるエクストラバージンオリーブオイルを選ぶことができます。 Mild、Fruity、スパイシーと3種で一番人気はマイルドとのこと前回マイルドをいただいたので今回はフルーティーとスパイシーをお願いしました♪ まずはそのまま一口大豆の甘味と濃厚な味わいが広がりそのままいただいてもとても美味しい湯葉豆腐です。 And、先ほどのオリーブオイルをお好みでかけほんの一振りの塩をしてさらに甘味を引き出していただくのもまたお勧めです♪ 「ご飯に味噌汁」 今回のお米は富山の大沢野地区で米農家をされている「土遊野(どゆうの)」の橋本さんが作られた有機棚田米。 Koshihikari rice malts and rare species、In the rich soil of the mountain、アイガモ達と一緒に育てました。 Yonemoto, come taste the condensed、Feel the aftertaste of sweetness、香り高いお米ですショップでも販売されています♪ ふっくらと炊き上がった土鍋のご飯は粒がしっかりと立っておりもちもちと甘味たっぷりで絶品! やはり富山のお米は美味しいですね! 「緑茶」 小鉢ながらに豊富な種類の小菜でついついおかわりをしてしまいたっぷりと富山の山海の幸を堪能できる朝食となっています。 After enjoying a meal、11時のチェックアウトまでお部屋でゆっくりと過ごされるか、 Or、館内のアートを楽しんでも良いでしょうしショップでお土産を選ぶのも良いでしょう。...

Scroll to top