VINTAGE ZONE was fascinated by the world of "Gerry on Museum" movie!

「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」は、Kansai's scale and number of vehicles exhibited pride for classic car Museum、4One consists of vintage zone、年代別ヴィンテージカーに相応しい世界観を造り上げたミュージアムとなります! お次はアメリカのマフィア映画『ゴッドファーザー』で用いられたことでも知られる「Cadillac series 61(キャデラック・シリーズ61)」や40年間もの長きに渡り、Has exhibited continued and actively in film and television as a studiomodelker Ford Deluxe Ford Deluxe、映画マニアの方でも楽しめるゾーンがこちら「VINTAGE ZONE」となります! 「フォード・デラックス」は経済学者でルーズベルト大統領の最後のアドバイザーと言われたコロラド州のガルブレイス氏が「栄光のシンボル」として愛車にしていたのだとか! 『ゴッドファーザー』の世界観をより体感できるよう、1929 said ran a "harm's way" by Mike tat funding section raises funds in the shadow of Al Capone's favorite car before the model year, Studebaker Commander 8、We will be wearing vintage hat, classic gun advocates hand photo、Me too I feel another mafia (laughs) husband and two two-shot photo、On the way back、Finished in sepia photo into the photo frame original、プレゼントしてくださいました♪ さらに、As well as differences in the engine room of the age classic showing general plant manager hamamoto Shinobu's satisfied! You wish the Museum Guide、スタッフへお問い合わせしてみてくださいね!...

Museum of art featuring the classic 19th-century "die Lion Museum"

「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」は、Kansai's scale and number of vehicles exhibited pride for classic car Museum、4One consists of vintage zone、年代別ヴィンテージカーに相応しい世界観を造り上げたミュージアムとなります! 先ず最初は、"Mg" was referred to as synonymous with sports car in Japan after World War II started.、世界初の量産車「T型フォード」など貴重な車が展示される「PIONEER VINTAGE ZONE」へ! 最初に出迎えてくれたのは、1922年から1939年にかけてイギリスのオースティンが生産した小型乗用車「Austin 7(オースティン・セブン)」! こちらは1929年式となり、Owner married couple we also know as it happens and the bereaved、Now、大切にこちらに保管されている様子に感慨深いものがありました! 本来ならば、Classic cars on display at the Museum would be ornamental.、今回は「GLION GROUP」からの特別御招待ということもあり実際に乗車させていただくことができました! さらに、1850And made in France in the year's "mini passenger carriages (4 wheel carriage, fertenlandler).、Is also a fine chariot、Us out buy a "Swamper" rainy day 宮定 their、わたしを乗せてくださいました! こちらの馬車、Can I still run、A keynote and video viewing on the Tablet's!((*° ∀ °))素晴らしい! 赤煉瓦の創業が1923年ということから、"Ford Model T (Ford Model T)" that has been collected also operated in 1923、Next to it are Ford's Pick up and Limousine.、故障したリムジンを2台のT型フォードが救出している様子を演出! こちらのミュージアムの面白いところは、Not just exhibiting cars、その背景にある歴史や世界観をまるで映画のワンシーンのように切り取り展示されているところです! 英国の1937年式「Morgan 4/4(モーガン)」には、"Morgan Sports Car Club Japan" sign! What do you like about classic cars?、As well as its design、ボディーカラーと内装のカラーコンビネーションが本当に素敵!鳥肌ものです! 統括工場長の濱本忍さんが驚くほどのカーマニアでとてもお詳しく、He even told us about the wonderful history of each classic car! Occasionally、There are also interesting tsukkomi and bokeh unique to Kansai people、If you ask for a guide,、より詳しい情報を得ながら楽しむことができます! それではお次は「VINTAGE ZONE」へ参りましょう!...

"Die Lion Museum" in 1923, founded red brick warehouses for renovation

大阪の港区海岸通に100年近い歴史を持つ赤煉瓦倉庫が「GLION GROUP」が運営されている「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」へ生まれ変わり再び息を吹き返したのは2015年6月のこと! GLION MUSEUMとは歴史あるクラシックカーを動態保存し展示している博物館となります! 近代化遺産として価値の高い赤煉瓦倉庫のその古き良き建造物の雰囲気を活かして、The back alleys of old London and New York are reproduced、敷地内にはクラシカルなカフェ「CAFE1923」やハワイ・ワイキキのステーキハウス「Hy’s Hawaii(ハイズ・ステーキハウス)」の日本初の姉妹店となる「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)"Also features、As well as classic car lovers、それだけに留まらずカップルのデートスポットとしてもお勧めの場所になっています♪ 入口のチケット売り場は真っ赤な「シボレー・シェビー 3100」がキャンピングトレーラー「エアストリーム」を牽引してお出迎え! 先ずは赤煉瓦倉庫内のパーキングに我が家の愛車「MASERATI Quattroporte」を停めてからミュージアムへ! 今回は運営会社である「株式会社クインオート」の副社長・宮定 雄大 (Takehiro Miyasada)Is going to introduce you、統括工場長の濱本忍さんとスタッフの植田 訓世さんに案内していただきます♪ 1923年(大正12年)に「住友倉庫」によって建設された敷地面積3000坪の赤煉瓦造りの倉庫を大阪市からの依頼を受けリノベーションし、So precious views of the red-brick and reinforced with steel、Sometimes it was try to leave as much as possible the vestiges of a bygone era、Now,、映画やプロモーションビデオ等の撮影現場としても多く活用されているとのこと! それでは早速ミュージアムへと参りましょう!...

Hyatt Regency Osaka high floor overlooking the Bay area with panoramic

Located in the Osaka Bay area、Hyatt Hotels&リゾーツ加盟ホテルのひとつでもある「Hyatt Regency Osakaハイアットリージェンシー大阪」には、And also what 480 rooms total、団体での受け入れも容易に可能となります! 今回、Rooms we have become indebted became the 17th floor 1721 room room Regency-Club-Deluxe King、80Square metres of spacious living room with comfortable king size beds with space for relaxation。高層階角部屋からパノラマで望むベイエリアの眺めは気持ち良く爽快です! Front Office Managerの大安龍彦(Tatsuhiko Ohyasu)さんが客室内を細かくご説明してくださいました♪ ウェルカムスイーツには、Now preparing seasonal "Strawberry"、Next to it was that celebration of rooster, and spring cute origami! So very popular's overseas to origami culture、1階にはお子様が楽しめる折り紙ブースも御座いました! パウダールームはツインで用意され、Nice view from the rooms comfortable and independent toilet and shower room、バスタブに浸かりながら高層階からの眺めを楽しむことができます♪ スーツケースや大きなバッグも楽々収容できるゆったりとしたスペースのクローゼットには、Vanity also provides、女性に嬉しい心配りです♪ リージェンシー・クラブのお部屋の特典としては、1Soft drinks such as coffee and tea service in the lobby lounge of the floor's、In the evening there is cocktail service even! Also、26On the floor is the exclusive Executive floor lounge、こちらも営業時間帯は自由に使えます! 素敵なお部屋でのんびりと過ごしたいところですが、Late-night return to、I would later enjoy the night! Tomorrow、スイートを見せて頂きましょう♪...

Hotel Hyatt Regency Osaka-Osaka Bay and Bay views

Located in the Osaka Bay area、Hyatt Hotels&リゾーツ加盟ホテルのひとつでもある「Hyatt Regency Osakaハイアットリージェンシー大阪」へやって参りました! 今回の旅路のメインイベントとなる「GLION GROUP」が運営される「ジーライオンミュージアム GLION MUSEUM」から程近いこともありこちらのホテルへお世話になろうと思います! ハイアットリージェンシー大阪は、1994Open in June and、Being personally greeted the 23 anniversary、And tasked with dignified thinks the changes its appearance has a genuine、Calm atmosphere in the air! One step into the lobby and、ホスピタリティの高いスタッフがにこやかな笑顔と声がけで出迎えて下さり安心の対応です! 吹き抜けがあり天井高のある開放的な造り、Seats in a calm, classic elegance、快適に過ごせる空間が広がります♪ 今回は爽やかなFront Office Managerの大安龍彦(Tatsuhiko Ohyasu)さんが客室まで案内して下さいます!お次は宿泊するお部屋の紹介です!...

Kada awashima Onsen, Wakayama, Osaka to journey with a MASERATI.

First stepped ashore and located on the West side of the Kii Peninsula, Wakayama Prefecture、その流れで大阪へと我が家のMASERATI Quattroporteと共に旅立ちます! 和歌山加太の老舗旅館「加太淡嶋温泉 大阪屋 ひいなの湯」で温泉に浸かりながら、Quaternary environment overlooking the Kitan Strait and tomogashima, lovable、赤間 博斗料理長の腕によりをかけた日本料理を楽しみたいと思います! 翌日は和歌山屈指のイタリア料理店「Villa AiDA(ヴィラ・アイーダ)」で小林 寛司シェフが織り成す至極のLunch Timeを過ごし大阪築港の赤レンガ倉庫に建てられたクラシック・カー・ミュージアム「GLION MUSEUM(ジーライオンミュージアム)」で往年のクラシック・カーを堪能予定!Lots of pleasures! In the evening、GLION GROUPが新しく展開されている「GLION STEAK HOUSE(ジーライオン・ステーキハウス)」にて宮定 雄大さんとDinner Meetingとなり宿泊は「Hyatt Regency Osakaハイアットリージェンシー大阪」へ! 長距離前に「マセラティ 浜松」にて納車1ヶ月点検もして頂き爽快な走りを見せるクアトロポルテで快調な旅路の始まりです♪Let’s go to 関西♪...

"La fete Hiramatsu "while overlooking the city of Osaka in the top floor of a high rise tower hours of bliss

At Osaka Umeda neighborhood redevelopment is significant from four suji South go、 Cross a bridge over the dojima River.、Nestled between the tosabori and dojima River sandbar Nakanoshima。 From a bridge overlooking the Festival Hall、2009年から取り壊しに掛かり「中之島フェスティバルタワー」として新たに2012年11月に竣工し地上200mの威容を誇るランドマーク的存在のタワーとして生まれ変わりました。 Grand staircase leads from the entrance hall to the Festival Hall feeling atmosphere。 Music fans look forward to the new Festival Hall、2013年4月に開業していますそれに先立ち2012年12月3日には息を呑むようなパノラマビューを贅沢に望める最上階の37階にフレンチとイタリアンを融合させたモダン・クラシックのグランメゾン 日本のフランス料理界の巨匠である平松宏之氏が率いる 「ひらまつグループ」の「ラ・フェット ひらまつ」さんがオープンし注目を集めています♪ 1982年に創業し一軒のフランス料理店から始まった「ひらまつ」さんは、 Now、押しも押されもせぬひらまつグループとなりそのグループの関西初進出店となる「ラ・フェット ひらまつ」さんラ・フェットとは「祝祭」を意味し、Literally force and is put on the wedding、 Cooking、Wine、Service、Space、Underscoring its increased commitment to pursue the "best" in every restaurant to make、 From the top-floor location with pride、Provides a colorful stage。 Here is、ひらまつグループのレストランの中で一番大きな店舗となります♪ ひらまつグループは日本人オーナーシェフとして 初めて本場フランス版ミシュランの星を獲得した平松宏之氏の料理を楽しめる「レストランひらまつ」やフランス料理の最高峰と評されるポール・ボキューズ氏のレストランなど、 Nationwide expanded numerous restaurants and cafés、With refined service and delicious food attracts many people。 Also famous as the pioneer restaurant wedding、 “美味しい料理でゲストをもてなしたい”というこだわり派の新郎新婦様から支持を得ています♪ メーンダイニングへと続くコリドール。 Using illumination like spaceship、On the inside of the opera lyrics are engraved。 In the entrance and main dining room chandelier、 Tin followed from the Edo period Osaka pewter technology are used in abundance、 煌びやかな世界が待ち受けています♪ レストランの至るところの壁面には画家の額賀加津己(ぬかがかつみ)氏が描かれた静物画が飾られています。 To hear、四兄弟である平松氏のご長男は画家の額賀加津己氏であり、Art dealer's son、 そして三男の平松氏がシェフをされ四男は数学の教員をされていらっしゃるのだとか!(凄) ご兄弟揃ってご活躍されているようですし、 Glimpse also decorated restaurant's own brother of the brotherhood、 素敵な四兄弟とお見受けしました♪ レストランは2つのダイニングルームと4つの個室が用意されています。 It is possible that up to 30 people to use room dividers with。 Views from Osaka Castle town during the day、 大切なパートナーとの記念の食事や 「ここぞ!」という場面での夜景デートの場所としても一役買ってくれそうです♪ こちらは是非とも殿方に利用していただきたい場所となりますTOILET(笑) 壁面がガラス張りで開放感に溢れ、Create black and white and modern world using photos of Paris。 I think the exhilaration of writing for that purpose over that。 The women's、洗面スペースが開放的にガラス張りとなっております♪ 鏡張りのアプローチを抜けて、To the high-ceilinged spacious main dining room。 Is composed of multiple dining options and private rooms、 世界中で活躍されるデザイナー「GLAMOROUS co., ltd.」の森田恭通氏がインテリアデザインを手掛けられています。 While interweaving contemporary essence、Elegant and gorgeous Interior、 And Memorial Day entertaining、Will be directing us to glamorous party and various dining scene。 Unleash the breathtaking pomp Tin was involved in the Central chandelier。...

Osaka store bookings are essential! Moan in kaiseki Hinai free-range chicken "yakitori checkered" charcoal-grill chicken

Red lanterns yakitori、From the concept of spit of the tavern 掛ke離re、 As a holy place gather Uncle our salaried, not、 Healthy cooking with chicken、 女性たちがこぞって訪れたくなるような大阪の名店「焼鳥 市松」さん。 Osaka luxury dining in Kita shinchi、Located in the first floor of the building to the West just a few steps from Yotsubashi。 It is here where you will find、店主の竹田英人さんが生み出す秋田の比内地鶏を使った「鶏懐石」ともいえる個性的なコース。 It said quite reserved devote is coming is so popular。 Image of red lanterns yakitori without a trace、The entrance is、In a chic with a black Rubens、 On name plate、Checkerboard pattern decorated name、高級感溢れる佇まいとなっています。 Shop、日本料理店のようなしっとりとした雰囲気のL字のカウンター8席と奥に半個室風の4名掛けのテーブル席が1つ。 This menu is、様々な鶏の中で竹田さんが一番美しいと感じた比内地鶏と こだわりの野菜を使った20品程の「比内地鶏」6500円の1コースのみ比内地鶏とは水は地下水または山水の天然水飼料は比内地鶏専用に数種類を配合し広々とした環境で放し飼いにして育てられている鶏のこと。 2時間で入れ替え制となっており、On this day、わたし達は2回転目で20時半に予約が取れたと伺いました。 Click here also、サローネ・グループ代表の平高行さんにお願いしお薦めのお店をセレクトしていただいた2軒目のお店! 題して「平プレゼンツ!一味違った大阪を喰い倒れしてご覧なさい!」Part.2です! ただこちらにお邪魔してみるとわたし達のリサーチ不足と勝手な思い込みで【焼鳥=アラカルト可能】というオーダーが不可という事実が判明してしまいます(本当に申し訳ありませんでした) 「たこりき」さんからの2軒目で所謂はしご酒という状態の中コース料理はお腹の具合的にどう考えても厳しくどうしたものかと暫し悩みましたが正直に店主の竹田さんにご無礼を承知の上で恥を忍んでお伝えすることにしましたご迷惑をお掛けするのであればまた日を改めて出直すことも考えたのですが竹田さんからまさかの有難いお言葉があり「食べられるところまででストップしてくださって構いません来て頂いただけで嬉しく思います」 と嫌な顔一つせず出迎えてくださったのです!(感動) 今回はその寛大なお気遣いに甘えさせていただきコースの食べれるところまでをいただくことにしました本当にありがとうございます!(感謝) 「コラウス ソーヴィニョン / ピエールパオロ・ペコラーリ」北イタリア フリウリ州 ゴリツィア東部のサンロレンツォ イソンティーノにある親子3人によって営まれているワイナリー。 生態バランスを崩さぬようにと、有機農法を実践しています高植樹密度の砂利質の畑で厳しく収量制限したブドウから高品質のワインを造り二酸化硫黄も極僅かしか使用しておりません畑名の入ったリゼルヴァクラスのワインは、 アルコール醗酵の段階から500ℓの樽に入れられ、11ヶ月間を過ごし、続く7ヶ月のビン内熟成の後に出荷されています年産およそ8000本で平均樹齢40年のソーヴィニヨン種を使用しており旨みのある辛口です♪ 「リコッタチーズのおでん」 豆腐のように見えるこちらはなんとリコッタチーズのおでんです!(驚) お出汁は優しいのですが温かいリコッタチーズの風味がとても豊かで香り良く不思議な味わいなのですがとても美味しくワインの当てにピッタリです♪ 「比内地鶏のお造り」 比内地鶏の刺身はエスプーマ醤油で提供され素敵な演出ですとうもろこしに纏わせた白い粉はごま油のパウダー、 And、Kinome、Bud green onions、フィンガーライム、Wasabi、生姜とお好きな組み合わせで味わえます。...

"TAKORIKI" You can enjoy the takoyaki of Osaka specialties along with Biowain

大阪では「太閤さん」として親しまれており現在の大阪の基礎を築いた豊臣秀吉が、 In the sectors laid to protect Osaka Castle moat、 The South sogamae-was in the karahori area、That was in the water not empty、 Is the origin of the name karahori。 In the area escaped the RAID in the war、Before World War II remains to leave the road at the time, no readjustment、 Streets and roads complicated way, on the other hand is more common。 「空堀商店街」と「空堀どーり商店街」の中間にある「はいからほり商店街」入口がこちらです。 In the very historical shopping street、映画「プリンセス・トヨトミ」のロケ地としても活用されており住民に愛されている下町商店街です♪ 松屋町筋、Tanimachi muscle、Big round three and on the street to long street。 In the shopping area for local residents to use on a daily basis、Scattered fish shop, greengrocer。 The recent、That especially the younger generation to open shop in the back alley、 この地域のショップを紹介するお散歩MAP「からほりらへん」を作るなどして街全体で空堀界隈を盛り上げることに精力的です♪ そんな、Yes from Maria holic in going in the direction of karahori shopping street shopping district、Went into the alley the、 出汁を味わうために生まれた大阪名物のたこ焼きが頂ける「たこりき」さんがあります。 In the whole、Here reminiscent of Kyoto new shops、 New style with biodynamic products where you can enjoy freshly made takoyaki takoyaki shop。 「出汁の魅力を伝えたい」というオーナーの想いから生まれたたこ焼きの味付けは、Very simple to just salt and mirin。 Feels fine bonito and kombu dashi flavor and aroma and on the palate。 Tako yaki is also、長くフレンチを修行されてきた鈴木絢也(すずきじゅんや)シェフを新たに迎えて、 The arms can be multiplied, making à la carte menu, Omakase course。 And while the takoyaki shop、Bistro also offers、 In the shop、シャンパンや白ワインなどがポンポンッと空いてしまうという 小洒落た雰囲気の斬新なたこ焼き屋さんなのです。 Here is、サローネ・グループ代表の平高行さんにお願いしお薦めのお店をセレクトしていただいた1軒目のお店! 題して「平プレゼンツ!一味違った大阪を喰い倒れしてご覧なさい!」です♪ 「たこりき」さんはワインとお好み焼きの名店で知られる「豚玉(現在はコトリ)」さんの系列店です。 Prior to、Takoyaki shop on that day、The night was operated as a members-only Bistro、 Now、たこ焼き屋としてもビストロとしても 焼きたてのたこ焼きは店内でも、You can also take home。 Also、Sale on the net too warm in the microwave and tea were frozen octopus。 本店にて看板ソムリエールをされていた高橋多弥(たかはしたみ)さんがワインやサービスを担当されています♪ 「たこシャン」1,000円 たこ焼き屋にして、To listen try wine、And wondering what good do I order from what?、 ソムリエールの多弥さんがこちらの「たこシャン」をお薦めしてくださいました何でもたこ焼きに合わせたて嗜みたいスパークリングワインとのこと!(驚) 「たこシャン」の「たこ」は、It is of course taken from the Octopus。 Originally, Osaka、In one of Japan's leading grape producer、 In the especially Kawachi district、Old winemaking flourished were presented in、 その醸造家の1つである「カタシモワイナリー」さんが手掛けているワインです。 In West Japan's oldest Winery、In the field at the foot of the Mountain Partnership、Alongside many celebrates 100 years-old vines、 Here is primarily is in the culture of Delaware。 「その葡萄を使って大阪を元気にしたい」と現社長である3代目の高井利洋氏が造られたのが地元デラウェア種を使ったこちらのスパークリングワイン「たこシャン」です。 Label the takoyaki is cute、 Naming of Frank feel to bright only in Osaka。 Without using any herbicide to grapes grown in the champagne as well as brewing in a secondary fermentation in the bottle。 During the clean fresh scent、Felt soft and sweet、 「ねぇ今からたこシャンしない?」と思わず友達を誘いたくなるような 気軽に楽しめるフレーズが生まれそうなスパークリングワインです♪ 突き出し 「馬タンスモーク(熊本)、Spain hue Cálida mildew salami、アンチョビ入りのオリーブ実」...

Salone del Mobile Group fifth stores stores Kansai "quintocanto" at bliss for an Italian lunch

大正14年(1925年)に中之島の北側を流れる堂島川畔の田蓑橋のたもとに「大阪ビルヂング」として竣工した 旧「ダイビル本館」が2013年2月に、 22-Story glass building lower floor beautifully restored old building reborn、 新「ダイビル本館」となっています。 Finely carved over the details to the retro atmosphere of profound feeling atmosphere。 その「ダイビル本館」の低層階1階と2階に2013年7月初旬に11店舗のレストランやショップをオープンしています♪ そのダイビル本館の中でも、1階の田蓑橋に向かって北西の角に煌々と現れる イタリア料理「クイントカント QUINTOCANTO」さん「QUINTOCANTO」とはイタリア語で「5番目の角」を表し、 Here is、先日伺ってお気に入りレストランの1つにランクインされた「SALONE2007」さんと同じくして、 Yokohama、Shibuya 2、Minami-Aoyama、大阪と全店で5店舗展開されている平高行(たいらたかゆき)氏の率いる SALONE サローネ・グループの関西初出店となるお店で、 There is the opening of the first group of five stores、その意を込めて名付けられています♪ 華やかでありながらも、At the chic and restless entrance、 スタッフ達の心地良い笑顔でのお出迎えが待ち受けています♪ 店内は、Clean and white, colours and、Grey, as with plugging the Suns finish modern、 The 24-seat tables、And rear sofa and Chair in White leather、 1 plate 1 plate and guest becomes the protagonist、The store building was designed around foil box, staff。 From a soft pouring in through the Windows, trees Hall shimakawa along with natural light fluctuation、Produce a sense of serenity。 On one side of the store on one side、By placing the mirror staff and attention to all the tables, as concern、 Good atmosphere、I has been comfortable space built on our guests feel the depth and。 サローネさんはイタリアの伝統料理を再構築した「クチーナ・クレアティーヴァ」を基本コンセプトにされていますがクイントカントさんでは、The concept as a + Rx-essence、 Our location here in Osaka、関西近郊の食材を多用する「地産地消」も目指されています♪ ランチコースは「Corso di Pranzo」5,000円のみを提供(税・サービス料別) この日はサローネ代表の平さんに予約をお願いし、 In the Manager、ソムリエも担当される西嶋大明(にしじまひろあき)さん(1974年生まれ)が対応してくださいました! 西嶋さんは、2008Since being joined in the Salone del Mobile、 ホスピタリティ溢れるサービス精神と巧みな弁舌、Bought to fully utilized the talent as a sommelier、 移転前の横浜サローネや南青山での支配人として定期的にグループ内での移動をされており、 Now、Has been active in the Osaka store。 何処かでお見掛けしたことがあるように思えてならない西嶋さんに、 And notify、 「良くコナンに似ていると言われます」と・・・妙に納得してしまいました(笑) 平さんからシャンパーニュのサービスを頂戴しました!(感謝) 平さんは、Now as part of the activities of the Group、ご実家である山形の葡萄畑を残す活動をされているそうです!(凄) 高齢化が進み耕す者がおらず、To immigrate to the land of the shortage of manpower in、 And shelving for wine grapes since ancient times of Japan co., Ltd.、 Using either the grapes、大阪で自家醸造として活躍される「島之内フジマル醸造所」さんとコラボし山形ワインが造れればと大きな夢を掲げてプロジェクトを遂行されています。 Current、Well as responsible for the project's、クイントカントさんの立ち上げ時に西嶋さんの前に支配人をされていた藤巻一臣さんとのこと「僕の次の配属先は山形かもしれません」と冗談半分半分本気!?で西嶋さんがおしゃっていました(笑) 「アラン・ベルナール/ブリュット・ブラン・ド・ブラン・プルミエ・クリュ」 アラン・ベルナールは、 1912Producers of the stronghold that dizzy was founded in Le coltan manipulating (grape cultivation farmer, Brewer's)、 Now、Father Alan's take command、Family management to his son Benoit。 Prior to、The grapes were supplying large Maison、Noticed the high quality of our grapes、 The cultivation of grapes in Champagne、Brewing、At his own hands all the processes until bottling。...

Scroll to top