Hotel the Peninsula Bangkok Bangkok's home should be called farewell:

今回の「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」での滞在は「ペンクラブ PEN CLUB」での予約を取らせていただいたため自由な時間にチェックインまたはチェックアウトすることができる ペニンシュラタイムというサービスを利用しフライト時刻に合わせて夜20時のチェックアウトとさせていただきました!(嬉) そのおかげで、Round 1, sightseeing fun.、さらにホテルでもゆったりとした時間を過ごすことができたのです♪ チェックアウトを済まし夜の落ち着きを放つザ・ロビーにて事前に予約した空港までの送迎車を待つことに致します♪ この見慣れたチャオプラヤー川の雄大な景色とも、Also、暫しのお別れです♪ セールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット・写真右)さんがお見送りをしてくださいました!(感謝) 暫く会えないけれど必ずまたバンコクのホームとも言える 素晴らしき「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」に戻ってきますね! 今回は短い滞在でしたが本当にお世話になりました♪ 帰りはこちらのクラシックカーで送迎...というのは冗談です(笑) たまたた当日ペニンシュラ・バンコクでウェディングパーティがあり、 Guests and visitors with a nice Mercedes-Benz Classic cars、 あまりに可愛らしかったので記念撮影させていただきました♪ 日本人が運営する送迎タクシー「都レンタカー」さんの現地ドライバーさんが予定時刻通りに到着です。 As a means of transportation、A taxi is the easiest means of transportation will be、 Very likely a Bangkok taxi driver English speaking、 In addition、Risk and fraud suit because there is zero and that、 You can avoid the risk by means of transportation can rest assured in advance to reserve。 Driver it is because local people、But in Thailand, or English conversation、 Because this company is owned by the Japanese、 If you encounter any problems、日本人オーナーの連絡先があるため安心です♪ 道路は渋滞することもなくスムーズに進み「スワンナプーム国際空港」へと向かいます。 I may be.、タイの取材旅行も終わりが見えてきました! お次は空港でのラストディナーの紹介です♪ ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok 333 Charoennakorn Road, Klongsan, Bangkok 10600, Thailand ⇒Google Map TEL:+66 2 861 2888 http://bangkok.peninsula.com/...

Terrace lobby the Peninsula Bangkok in elegant afternoon tea

香港に拠点を持ち、5つ星の名門ならではの風格と品格漂うリゾートホテル 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」チャオプラヤー川に面してそびえ立つ37階の高層ホテルでホテルを独創的な「W」型に設計することにより全客室からリバービューを楽しむことができます♪ 賑やかな街並みを散策した後は眼下にゆったりと流れるチャオプラヤー川を眺めながら寛げるザ・ロビーにて優雅にアフタヌーンティーと参りましょう宿泊ではなくレストランやアフタヌーンティーのみで利用されるお客様の姿も多く見掛けます多くの方が室内でのアフタヌーンティーを楽しまれる中空調の風があまり得意ではないわたし達は心地好い風が吹くテラス席をお願いしました♪ 外のテラス席は誰もおらずまるで貸切状態(笑) メニューは、3段トレーの本格アフタヌーンティーのセットとなり「トラディショナル・アフタヌーンティー」 または 「ナチュラリー・ペニンシュラ・アフタヌーンティー」 各890THB(日本円にしておよそ3,300円)の2種類があります夫婦でそれぞれにオーダーしました♪ 左3段「トラディショナル・アフタヌーンティー」 右3段「ナチュラリー・ペニンシュラ・アフタヌーンティー」 各890THB(日本円にしておよそ3,300円) 左のトラディショナル・アフタヌーンティーはタイの伝統的な料理を織り交ぜつついただくセットでちまきや生春巻きまで付いてきますのでデザートメーンではなく軽食のようなスタイル右のナチュラリー・ペニンシュラ・アフタヌーンティーはローカロリーローファットを心掛けて作っているためヘルシーなスイーツが並び女性に人気です♪ 「コーヒー」 甘いものにはやはりコーヒーを合わせていただくのがベストです♪ この日がバンコク最終日とうこともありセールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット)さんが挨拶に出向いてくださいました連泊ではなく、1日だけの滞在だったためあっという間に過ぎ去ってしまい名残惜しく感じます日本語がとても上手なチャイワットさんにいろいろな情報をいただけて本当に感謝です! さてホテルで少し寛ぎチェックアウトまでゆっくりと身支度を致しましょう♪ ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok 所在地:333 Charoennakorn Road, Klongsan, Bangkok 10600, Thailand TEL:+66 2 861 2888 http://bangkok.peninsula.com/...

The Peninsula Bangkok in elegant River Saud terrace in niederrad

「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」のデラックスルームに 差し込む朝陽を浴びて気持ち良い起床となり、 Sorry to say final, Thailand 10 days long journey starts from here views。 This time、「ペンクラブ PEN CLUB」での宿泊予約を取らせていただいたため、 Late check-out service、有難いことに夜10時のチェックアウトが可能となり、 Fortunately there are late-night flights for、最終日の1日もフルにバンコクを満喫したいと思います♪ 朝陽が眩しく、Courtyard lush bright green turf carpet。 チャオプラヤー川の朝の様子を眺めながらの優雅なモーニングペニンシュラ・バンコクの1階にある「リバーカフェ&テラス」でのブッフェ・モーニング。 International cuisine is the order.、 Authentic Thailand dishes started.、Pasta and bread、肉料理に魚料理と洋食も揃います♪ 洋食ブースでは、Chunks of freshly fried and large meat roast pork in place of your choice amount minutes sliced us、 Sauce with honey ginger and sweet & sour sauce。 And、Wiener is the number of types、Of course、Is provided in a warm State。 In Thailand dishes placed at the back booth、Vegetable fried rice or fried rice、Noodles in Thailand、 さらにバミー(タイ語บะหมี่)と言われるタイ風ラーメンが並びます。 Hot and warm、Cold ones cold designed and provided、 Many products、Staff it's pleasant staff、こちらのブッフェは本当に大好きです♪ わたしは洋食系のモーニングをいただき、 Her husband's breakfast of Thai food、As always in sight。 Last days to the weather with、爽やかな朝を迎えることができました♪ グリーンサラダにサーモンやハムにサラミ美味しいクロワッサンにモーニングコーヒーがいただけます♪ 目玉焼きやローストポーク クロワッサンやパイ 南国のフルーツたち バミー(タイ語บะหมี่)と言われるタイ風ラーメン。 Is the presence of soup noodle Naam (soup stock) and is divided into the noodle hen (without soup)。 Here is、Choose a favorite fixture plate、Will cook at the Thailand food booth。 The taste of the soup itself is really plain、目の前の甘・辛・酸・塩の様々な調味料で自分好みの味に仕上げていくのです♪ 焼き上がったばかりのマフィンやスコーンを運んでくださるサービスも♪ お腹が一杯なのに、It's just about、目が欲してしまうので危険です(笑) セールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット・写真右)さんと アシスタントマーケティングサービスマネージャーのOboe Napat Watthanasan(通称オボー・写真左)さんが 朝の挨拶に出向いてくださったので総支配人を務めているカーチャ・ヘンケ Katja Henkeとの再会を望むとチャイワットさんが呼び出してくださいました♪ 総支配人のカーチャ・ヘンケ Katja Henkeさんとも半年振りの再会です!(嬉) 前回も多忙な中、Take your time and、とても親身に対応してくれたフランクで素敵な女性のカーチャさん。 And a hug、久々の再会の時間を楽しむことができました♪ 午前は、I think our hearts to the city for the purpose of。 「ザ・ペニンシュラ・バンコク...

The Peninsula Bangkok along the Chao Phraya River in glittering evening atmosphere

Around the Sun is sinking deep blue sky、 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」内の中庭からホテルを見上げると、 Beautifully decorated with lights in the room and the lobby is brightly lit lights、 まるで月夜に浮かび上がるようにそびえ立つ高層タワーは圧巻の一言に尽きます♪ ペニンシュラ・バンコクの1階にある「リバーカフェ&テラス」からの 美しく雄大なチャオプラヤー川の流れと共に感じる緩やかな時と 夜景を眺めながらの食事もお勧めです♪ ホテル内にある伝統的なタイ料理を振舞うレストラン「THIPTARA ティプタラ」”ティプタラ”とはタイ語で“天国からの水”を意味し水上の楽園として、And provides relaxing moments。 The dress code is、Smart casual。 After the evening 18:00 since the half-dark and lit lights、 Riverside nightlife and Moody atmosphere、本場のタイ料理の食事を楽しめます♪ チャオプラヤー川の景色を眺めながらターコイズブルーに輝く贅沢な「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」内のスイミングプール朝6時~23時の間であれば、Guests are free to use is possible。 And in the evening、12棟のサーラーに明かりが灯されプールに反映し水面をキラキラと輝かせています♪ ザ・ロビー リニューアルされたザ・ロビーは、Without interrupting the line of sight in the soaring atrium space open, high-quality colours and、 The glass Windows、It is possible to enjoy the view of the Chao Phraya River。 Here you will、Breakfast、Lunch、Cafe、ディナーと終日利用できるオールデイダイニングとなっており夜の落ち着きを放つ雰囲気もまた素敵です♪ タイ在住の日本人ジャズピアニストのSachikoさんのお友達のHenry San Buenaventura(通称ヘンリー)さんが、 Just、Because it had been singing in the lobby lounge、Leave it to me to listen、 And I'm her lovely singing voice、 挨拶してくれたヘンリーさんが日本人のわたし達のために谷村新司さんの「昴」をプレゼントしてくださいました♪(感謝) 余韻に浸りながら部屋に戻り赤ワインで再度乾杯! ほろ酔い気分で深い眠りで快眠でき、Could be waking up in the morning fresh。 Next in line、ペニンシュラ・バンコクの品揃え豊富な朝食の紹介です♪ ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok 333 Charoennakorn Road, Klongsan, Bangkok 10600, Thailand ⇒Google Map TEL:+66 2 861 2888 http://bangkok.peninsula.com/...

Peninsula Bangkok "trials Mei Jiang ' authentic Cantonese cuisine is a popular Chinese restaurant

「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」内にあり香港出身のシェフによる本格的な点心やアワビ料理などの広東料理が楽しめる「メイジャン Mei Jiang」。 During the day、品揃え豊富な点心をつまみながらの飲茶が人気でお茶の種類も多く楽しめ、 In the evening、アラカルトまたはコースでの提供となっていますエレガントな雰囲気に包まれ、Thailand Jackie Ho Jackie Ho chef dishes where you will find one of the best Chinese restaurant。 Return to the hotel、Went to dinner at the trials Mei Jiang Chinese restaurant last meal during 1 month stay could not be ♪ Chaiwat Kulchaisit Sales Manager (commonly known as:チャイワット・写真右)さんが、 Trials Manager recommended me taking the book will introduce ♪ can in an elegant atmosphere enjoying the authentic Cantonese cuisine prepared by a Chinese Jackie Jackie Ho Ho chef cooking experience of Heads of State and the Imperial。 Shop、洗練された中国様式を取り入れており窓際からの景色は青々とした木々に囲まれたガーデンが広がりより落ち着いた雰囲気を醸し出していますメーンホールとは別に5つの個室を用意していますジャッキー・ホー Jackie Hoシェフはアジア各国を旅行しその土地の料理や食材から新たなアイデアや技術を得ている他中国料理に使用される食材やハーブの持つ効能を学ぶために漢方も学んでいますその豊かな知識と経験をメイジャンのメニューに活かし伝統的な広東料理と新たに考案したオリジナルメニューを提供しています♪ メイジャンのお茶の種類は大変豊富で、 5種類の烏龍茶をはじめ、Jasmine green tea、Puer tea、白茶黒茶ライチ茶緑茶などが楽しめます♪ 「プーアル茶」180THB(日本円にしておよそ670円) 中国では日々の生活に欠かすことのできないまろやかな味わいが特徴のプーアル茶雲南省が有名な産地で健康茶ダイエットのお茶としても有名です♪ 「ペニンシュラオリジナルカシューナッツ」 お酒の当てに出してくれたメイジャンで作られているオリジナルのカシューナッツですカシューナッツにスパイスをまぶして香ばしく炒っったものお土産品として毎回購入しているのですが兎に角このカシューナッツの味わいは美味しく癖になりお勧めです♪ 「アミューズ」 白身魚の甘酢ソースがけふっくらと揚げた白身魚に甘酢のソースが絡み良く合います♪ 常夏のタイではやはりビールが美味しくいただけてしまいます♪ 「シンハー SINGHA」260THB(日本円にしておよそ960円) タイビール「シンハー SINGHA」は、 1933Born in Thailand in the year、Was admitted to the Royal historical premium beer。 It appeared in ancient mythology "Singha" and "lion"。Most are brewed from milking、 Beer joined the distinctive and rich taste、...

In the construction of a new facility opened at the Mandarin Oriental in Bangkok later this year

チャオプラヤー川を挟んで「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」の対岸にある 世界屈指の名門ホテル「マンダリン・オリエンタル・バンコク Mandarin Oriental Bangkok」。 More popular even in Bangkok、その歴史は1876年にまで遡り、 Since it first opened、Many writers and royalty、政治家などの著名人の定宿として愛されてきました♪ 339室のエレガントな客室と35室のラグジュアリーなスイートを用意し、 Most overlook the river of Chao Phraya River。 フレンチレストラン「ル・ノルマンディー Le Normandie」の評価も高くワールドクラスのスパも備えています♪ ※注)ル・ノルマンディーは、And currently closed for renovation construction、2015年12月中旬オープン予定ですホテル専用船着場より続く見晴らしの良い「ザ・リバー・サイド・テラス The River Side Terrace」川沿いならではの景観を望みながら飲食が楽しめます♪ 現在建設中のものも含め44のホテルを世界24ヶ国に展開し、 5つ星ホテルの栄冠を手にする「マンダリン オリエンタル ホテル グループ」は、 Based in Hong Kong S.A.R.、Ragujareresort Hotel Group。 2015年3月に伺った「マンダリン オリエンタル 台北 Mandarin Oriental Taipei」とは雰囲気も異なり、 In many countries、その独自の個性を活かされた造りとなっています♪ 川沿いの屋外レストラン「ザ・ヴェランダ THE VERANDAH」はホテルのオールダイニングで、 Overlooking the Chao Phraya River you can、From early morning until late at night through the open、 タイ料理から西洋料理などの幅広いアラカルト料理を提供しています♪ 「ザ・バンブー・バー THE BAMBOO BAR」は、2014年末に大改装し、Has been reopened。 オリジナリティ溢れるフレーバーカクテルがお勧めです♪ ロビーラウンジ アールデコ様式にモダンなオリエンタルテイストを取り入れ、 Tun-Huang apparently Thailand tropical elements woven Navigator and I lounge。 Even the standard rooms ensure the 40 m²。 Teak wood for furniture、In the fabric、With silk, and、 伝統的なタイの装飾でクラシカルで落ち着き溢れる空間を演出しています♪ 現在、While leaving the appearance in place of founding new facility renovation is progressing in terms of extension、 新たにリニューアルオープンされるフレンチレストラン「ル・ノルマンディー...

From the pen PEN CLUB membership the Peninsula Bangkok reservation check-in

タイレストラン「ナーム nahm」での食事を終えてからタクシーで宿泊先ホテルへ「スワンナプーム国際空港」から39kmの場所に位置しチャオプラヤー川に面してそびえ立つ37階の高層ホテル 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」香港に拠点を持ち、5Two unique stars prestigious stately and elegant resort hotel in、 ホテルを独創的な「W」型に設計することにより全客室からリバービューを楽しむことができます♪ 重厚感溢れる入口、And always waits for the doorman, will support。 こちらでの挨拶サワディー クラッ(プ) / Car (Thailand language:สวัสดี ครับ/ค่ะ)を忘れずにしましょう。 Also、タイでは感謝を表す際に両手を合わせて「ワイ」という合掌礼をします。 Used greeting、If you are available here、Hands together and bow slightly better。 However、この「ワイ」は、As a greeting for superiors who present、その逆は不自然になってしまうため注意しましょう♪ フロント フロントでまずチェックインを致します。 Basics、Is preferable to Thailand language or English、こちらでは日本語が話せるスタッフも居るので安心です♪ 今回は「ペンクラブ PEN CLUB」という日本ではあまり馴染みのないメンバーシップに加盟する 海外のエージェントから予約させていただいたため通常の宿泊にいろいろな特典が付いて参りました! こちらの「ペンクラブ PEN CLUB」は、By-invitation-only membership and Member agents such as travel agents only、 Travel agencies participating in Japan and does not、Strictly limited overseas agent、Member of this membership。 To offer services related to credit cards, such as Amex or Diners, easier to understand and explain、 Membership will provide a better service。 「ペンクラブ PEN CLUB」では、And the peninsula times、 You can free time to check-in or check-out。 The room becomes impossible if the vacancy、Available even if、 例えば朝6時~のチェックイン夜10時のチェックアウトも可能で無料となりますちなみに日が変わっていればOKなのかと思い 夜中の0時を過ぎればチェックインできるかどうか確認したのですがさすがにNGでした(笑) 一番早いチェックインで朝6時からとなります! バンコクから日本への帰国フライトを深夜にされる方も多いと思いますので、 If this service is the next day until flight girigiri stay in hotels as of.。 Note、宿泊ポータルサイト等からのご予約では対応できませんのでご了承ください! ※注)ブラックアウトDayは、Because it may not be appropriate for、Please contact the hotel for more information。 ペン・クラブ PEN CLUB特典 通常より1ランクアップしたウェルカムアメニティ(ウェルカムシャンパンなど) 2名分の朝食 アフタヌーンティなどの飲食クレジット 50分のマッサージ(ボディ又はフェイシャル)をお受けになる方には30分の無料延長 お部屋でのアンリミテッドワイヤレスインターネット フィットネスセンタースイミングプールご利用無料 ローカル新聞無料 ターンダウンサービス...

Bangkok Skytrain let's move to the smart ride destination!

バンコクの中心部を観光する際に、When using the bus or taxi、公共の道路は渋滞が予想されるため、 Utilizing time、Let's check of means of transportation in order to travel smarter。 Jam knowing and speaking、バンコク都内を走る高架鉄道BTS(スカイトレイン)や北はバン スー駅から南はフアラポーン駅へと約20kmの距離を全駅30分で走行する地下鉄(MRT)がお勧めです。 This time the Bangkok city tour、BTS(スカイトレイン)を利用しますザ・ペニンシュラ・バンコク最寄りのサパーンタークシン駅 Saphan Taksin Stationまで行ける サトーン船着場 Sathorn Pierまで ホテル利用者専用の無料シャトルボートに乗り込み向かいましょう♪ 1日におよそ650往復もされるザ・ペニンシュラ・バンコクのシャトルボートは本当に便利ですホテルからサパーンタークシン駅 Saphan Taksin Stationまで行けるサトーン船着場 Sathorn Pierまでは、 In about 5 minutes ride、あっという間に到着です♪ 渡し通路を進み左折した方向にBTSのサパーンタークシン駅 Saphan Taksin StationがありBTSはスクンビット線とシーロム線に分けれておりサイアム駅にて両線とも相互乗換えが可能となりますシーロム線はこちらから乗ることができます♪ 券売機で乗車ICカードを購入する場合は券売機の横にある路線図で行きたい駅を探してゾーン番号を調べましょう。 That appears and press the button of the zone number rates、On banknotes or coins。 The ticket vending machine、There are coins only available、If you need to Exchange、改札横のカウンターで両替してもらうと良いでしょう♪ ラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationまでの乗車券を1人当たり31THB(日本円にしておよそ115円)で購入。 1During the day、BTS in over here would be used, by、 At the counter、BTSの1DAYパスをB130(日本円にしておよそ480円)で購入することをお勧めします♪ 乗車券を入れゲートが開いてから通り抜けましょう。 Pass through the gate and、これより先は飲食禁止となりますの注意が必要です♪ BTSの始発時間は朝5時で運行時間は5時~24時までとなり年中無休で運行しています。 Basically no timetable、All stops at every station。 The number of many、日中は6分間隔で運行されておりまたラッシュ時には3分間隔で運行されているので便利です♪ ラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationに到着しました。 In Bangkok's two racetracks have.、「ロイヤルターフクラブ競馬場」と こちらのラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationにある「ロイヤルバンコクスポーツクラブ競馬場」ですロイヤルバンコクスポーツクラブ競馬場はその頭文字から通称「RBSC」とも呼ばれており目の前に広がる広大なグリーンがとても気持ち良い光景を織り成しています♪ 海外Wi-Fiの「GLOBAL WiFi グローバルワイファイ」を利用しiPhoneでGoogleマップを起動させ宿泊予定のホテルまで案内してもらいます見知らぬ土地でもWi-FiとGoogleマップさえあればどこでも行けますね♪ ラチャダムリ駅 Ratchadamri Stationを降りて、...

Returning to all rooms have river location "the Peninsula Bangkok"

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」の宿泊者専用ボートでの送迎により、 Guests can go cruising comfortably holding onto large suitcase。 This time、After a stay at the Siam 2 nights 3 days、 翌日お世話になる「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」へと送っていただきます♪ バンコク市内を縦断するかのように流れるチャオプラヤー川。 And in the area、Mandarin Oriental, Bangkok、Shangri La Bangkok、Millennium Hilton Bangkok、 「ロイヤル・オーキッド・シェラトン・ホテル&タワーズ」と数々のリゾートホテルが立ち並ぶ中独創的な「W」型に設計することにより全客室からリバービューを楽しむことができる 5つ星の名門ならではの風格と品格漂うリゾートホテル 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」が見えて来ました♪ こちらがザ・ペニンシュラ・バンコクの利用者が安心して利用できる ホテル専用のペニンシュラ船着場 Peninsula Pierとなります「ザ・サイアム THE SIAM」の専用ボートスタッフさんへお別れの挨拶を送ってくださってありがとうございました♪ 2015年1月に滞在しおよそ半年振りのザ・ペニンシュラ・バンコクです慣れ親しんだ空間に帰って来ました♪ 伝統のユニフォームを身に纏ったペニンシュラのベルボーイであるベアがお出迎えしてくれます。 Peninsula bear、ホテルでの人気商品です♪ 今回、Will be staying here、This day is、 Everything you want to explore the city light、On the day before and、1Only night worth of luggage and baggage、 The other big suitcase、It is asked that you keep Hotel Bell captain。 To do so、この日は「アジアのベストレストラン50」において、 2015年度のトップに輝いたタイ・バンコクのインド料理店「Gaggan ガガン」にディナーへ出向くためガガンから徒歩圏内のホテルへ滞在するからです。 In addition、At lunch the next day、同じく「アジアのベストレストラン50」において、 2014Sparkle at the top of the year、今年2015年度は7位にランクインされたタイ・バンコクの「nahm ナーム」の予約が取れています。 After I had finished their lunch、ザ・ペニンシュラ・バンコクにチェックインしようと思います♪ ザ・ロビー リニューアルされたザ・ロビーは、Without interrupting the line of sight in the soaring atrium space open, high-quality colours and、 The glass Windows、It is possible to enjoy the view of the Chao Phraya River。 Here you will、Breakfast、Lunch、Cafe、ディナーと終日利用できるオールデイダイニングとなっています♪ 半年振りにザ・ペニンシュラ・バンコクのセールスマネージャーのChaiwat Kulchaisit(通称チャイワット・写真右)さんと アシスタントマーケティングサービスマネージャーのOboe Napat Watthanasan(通称オボー・写真左)さんと再会! 御2人とも変わらずお元気そうで再会できてとても嬉しかったです! 彼らは、The next day、From early in the morning that attend the charity event hotels、 この37階の高層ホテルの階段を駆け上がりゴールの屋上目指して走り抜けるとのこと!(驚) 日本大好きで剣道をやられるチャイワットさんは体力に自信があると思いますが、...

Challenge workshops to see Dhara Dhevi Chiang Mai"ornaments made of bamboo!

「ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」さんの敷地内にある 「クラフトビレッジ Crafts Village」では竹製の飾り物などをつくるワークショップを体験することが可能です♪ 現地のお母さんやお姉さんがこちらで竹製の可愛らしい小物づくりをされています♪ 細かく均等に割いた竹を1本1本重ねて編み込み、Undertaking various forms of decoration。 Here is、Horse stick。 This time the、Horse、Frog、From the fish and the type of、一番簡単だという魚作りを教えてくださるそうです♪ ワークショップの先生であるお母さんは、Not speak English、The conversations in Thailand.、 For workman、The language barrier is not like。 Well using the fingers of both hands、2We crowded well woven bamboo。 This is、A workshop surely enjoy elementary and junior high school students much older girls may have、 Even my adult、楽しめちゃいました♪ ほんの数分で出来上がる魚の飾り物ボールペンでクリクリお目めを書いたら完成です! お母さんありがとう♪ こちらはワークショップの奥にある「キッズ・クラブ KID’S CLUB」小さなお子様たち(4歳~12歳まで)が悠々と遊べるように設けられたスペースとなります♪ 毎週月曜~金曜日の午後13時~14時まではいろいろな国の国旗をつくるワークショップをしているようですね♪ キッズ・クラブ内には、Has become a space where young children can play、 玩具やぬいぐるみなどが多く用意されています♪ こちらは「ビートル・ガーデン Beetle Garden」。 Refers to insects-beetle。 My insects in General is a little poor、Children will have、堪らない空間でしょう! カーテンで仕切られたハウスの中には、Heck、Many species of insects?。 If this、Not even children get bored during your stay in the hotel、自然と触れ合える機会が楽しめますね♪ 敷地内を散歩しているポニーちゃんたちにも出会うことができます!(嬉) こちらのポニーちゃんたちは、 In Thailand;、Silver、ダイアモンドという意味をもつ名前をそれぞれに付けてもらっているそうです♪ 緑溢れる大自然の中、Peaceful pastoral scenery is spread.、And free time commune with animals。 すべてが一度に楽しめるダラデヴィ・チェンマイさん本当に癒されます! さて、Next in line、こちらのホテルでも人気の高いヴィラタイプのお部屋の紹介です♪ ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai 51/4 Moo 1, Chiang Mai-Sankampaeng Road, T. Tasala, A....

"Dhara Dhevi Chiang Mai" Tokyo Dome 5 pieces of coloring around the vast facility

「ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」滞在の2日目は、 From the morning、マーケティング・サポートのSirikanya Phoocharoen(通称ワーンさん)と、 Dara Devi boutique supervisor、 日本語学校で勉強されて日本語が話せるKhanittha Thongkham(通称ナーンちゃん)が、 2Please show the hotel premises in。 ナーンちゃんは、Visited Japan in may、On especially Okinawa、Also has experience was being studied in the University of the Ryukyus、 Have many friends、沖縄が大好きなのだそうです! ダラデヴィ・チェンマイさんには、Japan staff another one come a、 Just、And then return to Japan、Was unable to see the。 代わりにナーンちゃんが通訳を担当してくれることになりました♪(感謝) 広大な敷地内の移動手段は、This cart、Or horse-drawn carriage.、Or cornerstone of transfer with the hotel's free bicycles。 Immediately、ワーンさんの運転で出発し、Let's smile on site。 2People who、Very bright and energetic and、On the way、とても楽しいガイドとなりそうです(笑) こちらのホテルの敷地内には、As described in the following hotels map、 And approximately half of its total area is Villa、 The villa grounds、Peaceful terraced paddy field landscape extends North-South。 First of all,、Rice to visit、先ほどのバッファローに会いに行くことにしましょう♪ ダラデヴィ・チェンマイの敷地マップ ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai 51/4 Moo 1, Chiang Mai-Sankampaeng Road, T. Tasala, A. Muang, Chiang Mai 50000 Thailand ⇒Google Map TEL:+66 (53) 888 888 | Facsimile +66 (53) 888 999...

"Dhara Dhevi Chiang Mai" breakfast's wide variety of morning buffet Western

Cool welcome in Chiang Mai a mild morning、 「ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」さんの朝食会場はメーンロビーの奥手にあります「アカリゴ Akaligo」さんでのモーニングブッフェとなります。 Breakfast is served、朝7時~10時半までの間にいただけます♪ アカリゴさんは、In the morning、And is used as a venue for the hotel guests specific dates、 Sunday、12Time-time of 15:00、And operating as a branch buffet、 In the evening、日本食レストラン「蓮 Ren」としてこちらで営業しています♪ モーニングブッフェの種類は豊富で、 And Thailand cuisine、和食・洋食・中華と何でも揃います! 生ハム、Provides many types of salami、 Sliced on the spot so he、Served with fresh。 ローストポーク サラミなど ハム・生ハムなど 卵料理は、Omelette、Fried egg、Scrambled eggs、You have cooked per order。 A fried egg、片面焼きか両面焼きが伝えましょう♪ ワッフルやパンケーキ デニッシュ系のパンなど フルーツサラダなど 和食コーナーでは、Sushi rolls、White rice、Miso soup is provided。 焼き魚とか海苔とかがあると嬉しいですね♪ シリアルやグラノーラなども豊富です! サラダバー チーズなど ホームメイドヨーグルトなど 中華コーナーは、I think that was particularly rich。 中国人観光客が多いからでしょうか? フルーツコーナー お粥コーナーピータンなど 洋食コーナー 他の宿泊客の皆さんは、That had been eating indoors、 For us a good air conditioning、テラス席を貸切状態にできました(笑) するとホールスタッフのPIDOKくんがサーブに付いてくださり、Staff very friendly。 Sights of Chiang Mai、Many us、とても爽やかで親切なPIDOKくん♪(感謝) 素敵なスタッフさんに巡り会えるとまたそのスタッフさんに会いに出向きたくなる気持ちはどこでも一緒ですね♪ アイスコーヒー グラデーションが美しいタイティー パッションフルーツジュース バトラーマネージャーのNakaret Buttthuam(通称ニッキーさん)がご挨拶に出向いてくださいました! 彼は元々バンコクの「The Siam ザ・サイアム」に勤務されていたようで、 This time、ザ・サイアムさんは、For the planned Bangkok into the immediately、In the story there was。 スマートな対応でゲスト1人1人とのコミュニケーションをとても大切にされるニッキーさん素敵な方ですね♪ サラダを中心にいろいろ盛り付けてみました。 Pita bread salad, ham、チーズなどを挟んで食べると美味しかったです♪ オムレツ...

Scroll to top