What a wonderful hotel "garaku" now also in addition to pursue as an ideal

「izak アイザック」グループが運営するリゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」さんは、 2000年5月に本館を設立されその5年後の2005年11月9日に新館を増築アイザックグループのオーナーである石崎氏の並々ならぬ想いを汲み入れた新館は、 2002年の構想から丸3年の月日を経て、2005年にようやく理想の施設を完成させています♪ 今回桜が美しく舞う良き時期に宿泊する中で、 How to take a、The owners ' of passion although I transmit、 Stay in this ultimate luxurious retreat、Not to mention the goodies that。 In Toyama、Instead of Toyama。 While at the hotel is not a hotel。 究極の癒しの空間創造を思い描く石崎氏の想いは建設=完成ではなく、 Still more new building open 10 years plus、週に何度も石崎氏自らがホテルに足を運び、 Keeping an eye on、In addition to continuing to evolve。 For this reason、Elegant ambiance and a new face、 When to revisit once brought to guests of、It is waiting to meet new people。 General Manager:松宮大輔さん(青森出身・48歳) ホテルをチェックアウトする前に総支配人である松宮大輔さんがお時間を取ってくださったので、 Let me greet, I heard you talk。 松宮さんは、Was appointed as the General Manager, and six months is still、 To fully demonstrate their experience up to now Japan National attraction in hotels and restaurants in、石崎氏の意思を形にされています雅樂倶さんのここ最近は、 Visitors from Asia have increased、Especially Taiwan and Thailand has been increasing as。 Staff English-can I also because several、It is possible to stay。 2015年3月の北陸新幹線開業の勢いもあり東京⇔富山間の距離も縮まることで富山観光への選択肢も増えることでしょう! その流れもあり今までは水曜定休を取られていた雅樂倶さんですが、 5Cancel closing day program from Moon GW dawn、年中無休で営業されます。 It provided for on-site maintenance once a year is closed。 The hotel's restaurant is as ever、 和食の「樂味」さんは火曜定休としフレンチの「レヴォ」さんは水曜定休とされるもののホテル全体が年中営業とされるのは、For guests spread with hard choices.。 本館客室3部屋のリノベーションを終えたばかりの雅樂倶さんではありますが、 The evolution of the future not in fun。 経験値豊かな松宮さんとのお話がとても楽しく過ぎてゆきましたが最後に「ホテルのみならず富山全体で盛り上がっていけるよう頑張ります!」と締めくくってくださいました松宮さんまたお会いできる日を楽しみにしております♪ 送迎車TOYOTA オリジン 雅樂倶さんでは、Cute origin here as a courtesy car、Other provides two wagon、 There is a shuttle service to be。 【笹津駅 ↔ リバーリトリート雅樂倶】 ホテルカーでの無料送迎 【リバーリトリート雅樂倶 → 富山駅】 シャトルバスでの無料送迎 一日一便 11:30正面玄関発 ※前日までの予約制となるため、Reservation clerk or front desk staff。 Also、雅樂倶さんでは、Free transportation with plans to Toyama City stores and entitled、 わたし達も大好きな「鮨人(すしじん)」さんへのディナー送迎が設けられていますリバーリトリート雅樂倶オンライン予約ページ 鮨人外観...

Suitable for a heavenly gift "garaku" Toyama specialty shop

リゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」さんの本館にあるショップは、 Sweet homemade pastry selection and、Sticking to use at the hotel amenities、 Sake born of water and the soil and specialty products、The original tea and coffee、雅樂倶さんが選りすぐった商品を取り揃えられています。 So filled with souvenir unique to Toyama、贈り物に最適です♪ 館内で使用されている陶器等も含め、The authors selected products to their line and、To the eye candy fun。 わたし達も好きな富山県高岡市の作家「能作」さんの作品も置いてあります。 Rates from、記念品としても喜ばれそうな雅樂倶さんオリジナルのものもあり大切な方へ贈るお土産として申し分ありません♪ 前夜に「L’évo レヴォ」さんで頂いた「桝田酒造店」さんのもので大吟醸の満寿泉の日本酒を詰めた花ボトル飲み終えてもインテリアに映える美しいボトルです♪ 富山のメンタルコミットメントロボット「パロ」 「パロ」とは、2002年に「世界一の癒しロボット(Most Therapeutic Robot)」として ギネスブックに登録されたアザラシ型ロボットで富山県南砺市出身の柴田崇徳さんが開発され、Manufactured in the factory in the city、 Current、Sweden、Has been used in 20 countries around the world including Italy、そのセラピー効果が注目を浴びています。 2005From the year、Started sales at the Aichi World Expo exhibition to coincide with。 そんなパロちゃんが、Current、こちら雅樂倶さんショップのマスコットとして活躍されています♪ 声を掛けたり、And patted her head only、Tweets from, let's look into eyes、身体をくねらせるパロちゃん。 Feigning sleep, close your eyelids, relax mode and、You order straight open, to highlight mode、 Move the tail、愛らしく振舞うその姿が堪らなく愛しいです♪ パロちゃんには、Ubiquitous area tactile sensor (sensor can "feel the touch")、 Whisker sensor、温度センサといった高感度なセンサが搭載されていますそんなパロちゃんとのやりとりで得られる反応で、Stimulated by memories and emotions、It is leading to large image amplifier。 学習機能さえも実現しているパロちゃんの真価は、May not be mechanically fastened。 A lot of tourists and stroked stroked、癒しを提供し続ける雅樂倶さんのパロちゃんは、 It is also adorable around the neck is slightly recessed so far。 Now、Where we could get a souvenir、The next time、お世話になった雅樂倶さんの総支配人へご挨拶することに致しましょう♪ リバーリトリート雅樂倶のすべての記事はこちらをクリック! http://lade.jp/articles/travel/35508/ リバーリトリート雅樂倶 富山県富山市春日56-2 TEL:076-467-5550 http://www.garaku.co.jp/ 雅樂倶のお得な宿泊プランご紹介...

And exploring the Park decorates "garaku" seasons in yukata pleasantness and including foot bath

リゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」さんに隣接する春日公園を散策し周辺に植えられた木々や植物を堪能しましょう雨が降った後の翌日の駐車場は、One side、桜の絨毯で綺麗なピンク色に染まっています公園内には「富士見の湯」という足湯があるため浴衣に着替えてフロントで足湯用のタオル(無料レンタル)を用意してもらい出向くことに致します浴衣はいつも通り自身で着付けておりますが着付けれない方はフロントへ浴衣着付けをお願いしましょう♪ 駐車場に面している石階段は何処を上っても春日公園へと辿り着きます少し遅咲きのしだれ桜は丁度満開の見頃を迎えています♪ 春日公園は富山市と雅樂倶のオーナー様が共同で整備されています公園内には桜の他にも紅葉やクチナシ金木犀椿に百日紅ヤマブキ、Blueberry、藤棚と 様々な植物が植樹されており四季折々の景色が楽しめます♪ およそ140tもの木曽石を使用した水が流れ落ちるピラミッド「春日富士」が公園のシンボルとなっておりその富士を正面に見渡せる場所に足湯が設置されています♪ 「富士見の湯」 源泉かけ流しの足湯富士見の湯は足湯をしながらピラミッドの春日富士を正面に見渡せることからこの名を付けられているようです屋根があり片面はガラス張りになっているため雨風も凌げます♪ 源泉名春日温泉3号源泉井 泉質ナトリウム・塩化物泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉) 源泉湧出地の泉温:44.6℃ 足湯に浸かってみると割と穏やかな湯温で長時間浸かっていられそうです低温でゆっくりと入ることで身体の芯からじっくり温めると良いでしょう♪ 帰り道は車道側を歩いて桜並木の景色を堪能しますこの先の右手には「殿様清水(とのさましょうず)」と呼ばれ、1985年に「とやまの名水」に選定された名水があります殿様清水とは江戸時代この地には藩の塩蔵があり富山から飛騨へ塩を運ぶための中継要所となっていましたその御蔵番の殿様が好んでこの湧き水を飲まれたことから殿様清水と名付けられたと伝えられています殿様はこの湧き水を飲んだおかげで一生無病息災であったと言われているようです殿様が愛したとされる名水は無料でいただけるのですが横にポストが設置されておりそちらが「お志入れ」となります清らかな水を守るための整備費等に使われるため小銭をお持ちの方はお志もお忘れなく♪ 若々しい生まれたての新緑が顔を覗かせ始めた桜の木雅樂倶さんのゴールデンウィークはきっと多くの観光客で賑わうことでしょうこれから梅雨時期にかけて夜のほたる鑑賞が楽しめる季節となりそうですね♪ 公園の散策を楽しんだ後は「リバーリトリート雅樂倶」さんに戻り館内にあるカフェ「リヴィエール」さんのリバーサイドテラスでお茶で喉を潤しほっこり。 Now、Next in line、館内のショップで富山土産を見繕いましょう♪ リバーリトリート雅樂倶のすべての記事はこちらをクリック! http://lade.jp/articles/travel/35508/ リバーリトリート雅樂倶 富山県富山市春日56-2 TEL:076-467-5550 http://www.garaku.co.jp/ 雅樂倶のお得な宿泊プランご紹介...

Breakfast immersed in the sweet rice with small dishes filled with specialty "garaku" Toyama

2005年11月9日に増築された「リバーリトリート雅樂倶」さん新館のB1階に設けられ、 2015年1月5日にリニューアルオープンされた和彩膳所「樂味 らくみ」さん富山の食材をふんだんに使用され移ろいゆく季節を表現する日本料理が楽しめオーナー様がこだわり抜かれた器に彩られる富山の豊かな食材たちを季節毎の一皿一皿で堪能することができます♪ 爽やかな目覚めを迎えた朝食はこちら「樂味 らくみ」さんの和食をいただきます。 Breakfast time、7時~10時で最終受付が9時半となります♪ 朝食は宿泊料金に含まれており日本料理のみの提供となります清水寺の貫主である森清範が記された書禅語の掛け軸「明歴々露堂々」が出迎えてくれます明歴々露堂々(めいれきれきろどうどう) 大自然すべては仏法の貴い姿少しもうそかくしがなく目の前に堂々と現われている真理を無心に眺めることの大切さに気づくことが尊い落ち着きのある色調のインテリアをあつらえモダンな店内には朝の爽やかな陽の光に溢れています♪ 個室 結納や顔合わせ会合等に 個室 堀炬燵式 個室 少人数での食事 今回の朝食はこちらの個室を用意していただきましたアートウォークに通ずる庭そしてその先には清らかな神通川の流れ明るい陽射しに包まれて気持ち良い朝の目覚めを迎えられるお部屋です♪ 「ウォーターフォール」千住博 千住さんがモチーフに好まれた滝の画は霊験あらたかな清水に溢れる富山のイメージにピッタリですね♪ 「目覚めのドリンク」 葡萄ジュースと林檎ジュースとハーブティーに少量の蜂蜜を混ぜたものほんのりとした甘味とフルーツの酸が喉にすんなりと馴染みまさに目覚めに相応しい一杯です♪ 朝食のお料理は季節の小鉢が少しずつバリエーション豊かに並び富山の名産を用い、As in the good sense of volume、どれも富山米に合う小菜ばかりで非常にバランスに優れています♪ 梅干し 白和え にしんと茄子の煮物 雅樂倶の焼印付き玉子かすてら 椎茸と昆布の佃煮 ほうれん草のお浸し 浅漬け 葱味噌 海苔の佃煮明太子岩塩 「お造り」 器を贅沢に使いイカ刺しとその余白にうっすらと梅肉ソースで能登半島と富山湾をあしらい素敵な演出を施されています♪ 「富山湾の魚の焼き物」 鰆の味噌幽庵焼きは柚子胡椒を添えて上品な味わいですが富山米が一層美味しく感じられます♪ 「手作りせいろ蒲鉾」 小振りな蒸籠の中には手作りのせいろ蒲鉾白身魚と帆立のすり身を使用した蒲鉾は桜の葉っぱでくるみ香りと一緒にいただきますお好みで岩塩を付けていただくようですがそのままでも十分な旨みと味わいです♪ 富山県産の大豆「あまうらら」を使用した手作りの湯葉豆腐にかけるエクストラバージンオリーブオイルが出てきます。 From the top、Mild、Fruity、スパイシーと3種で一番人気はマイルドとのこと。 2人でそれぞれ選びマイルドとスパイシーをお願いしました♪ オリジナルで造られたエクストラバージンオリーブオイルはスペイン産のものを使用富山県産の大豆「あまうらら」を使用した手作りの湯葉豆腐。...

"Garaku" sunny morning greeted staff.

前衛的地方料理「L’évo レヴォ」さんでの素晴らしいディナータイムの余韻に浸りながらも静かな夜を過ごし眠りに就いた「リバーリトリート雅樂倶」さんでの朝。 On a cloudy day、The next morning had worried about the weather.、 Bathed in bright sunlight pouring in through the window and woke up、とても爽やかな朝を迎えることができました♪ 白橡の間(しろつるばみ) 窓の外を見渡せば眩いばかりの緑に覆われた山と涼しげな神通川の流れが飛び込んできます♪ テラスで伸びをし、Take a deep breath。 富山の空気は本当に澄んでいて美味しいのです♪ 流れるように広がる大きな雲と、Clear blue sky。 Left heart to the fresh spring in the mountains、朝風呂をいただきます♪ お風呂上がりの富山の名水。 Ya Yue Kutchan's original mineral water is free of。 Also same landscape seen from the room and views labels exudes a cool atmosphere。 Next in line、素敵な日本料理をいただく朝食の紹介です♪ リバーリトリート雅樂倶のすべての記事はこちらをクリック! http://lade.jp/articles/travel/35508/ リバーリトリート雅樂倶 富山県富山市春日56-2 TEL:076-467-5550 http://www.garaku.co.jp/ 雅樂倶のお得な宿泊プランご紹介...

"Garaku" Toyama, and go by utilizing a revolutionary "Revo"

Resort Hotel "garaku" I of the French were building B1 floor "Server"、 2014年5月22日に「L’évo レヴォ」としてリニューアルオープンされています本物の地産地消を目指しオーナーシェフの谷口英司さんは自ら、 Make the vegetables together with the producer、Picking edible wild plants、Or go to fetch water from wells and、 Ingredients in Toyama、Unconventional is a revolutionary food provided。 Also、Well the latest gastronomy、大胆さと繊細さを併せ持った今までになかった味わいの料理を追求されています♪ レヴォの谷口英司シェフはこの度NHKの6月29日(月)の22時~22時48分に放送される 「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演されます! 丁度、That day we、To have left on the trip to Bangkok and Chiang Mai in Thailand、 But not this feature in real time、録画して帰国後の楽しみにしたいと思います! 多くの皆様に是非ともご覧いただければと思います。 Perhaps、After the appearance of、Easily book devote is they may have、 Possible future、定期的に訪れたいと切に願います♪ プロフェッショナル 仕事の流儀 http://www.nhk.or.jp/professional/ エントランス 漆黒の世界を抜け、Light step pointing towards the、Director of machine like go to the parallel universe。 スペインの作家ヒネス・セラン-パガンの作品「影を追って」や多くのアートがこちらでも出迎えてくれます。 Shop、4The table seats for name and place、木のテーブルを用いて優しい雰囲気を醸し出しています♪ ワインセラー 富山の清らかな水が生み出す富山のワイナリーで醸造されたワインをはじめ世界各国の優れたワインを貯蔵しています♪ 個室 今回、For a meal while taking、Thanks, kindly provide a room here。 深い碧が印象的なアルベールザバロの作品に囲まれて素敵なディナータイムのはじまりです♪ この日のディナーは雅樂倶さんとレヴォさんをご紹介してくださった 「cave l’onde カーヴ・ロンド」のオーナー浅野大輔さんと一緒にいただきます。 The Asano、レヴォさんにワインを卸されているということもありますがオーナーシェフの谷口さんとは、As Takashi suit enhanced with a close relationship to、 月に数回足を運ばれるほどレヴォさんの料理を愛しているそうです軽快な浅野トークでのプレゼンを聴きながら食事がより美味しくいただけます♪ 卓上のキャンドルには富山県南砺市城端の「松井機業」が手掛ける富山の名産 「しけ絹」を用いて柔らかな灯りの演出が温かみを醸し出しています♪ ポルトガルブランド「Cutipol クチポール」のGOAシリーズと「Laguiole(ラギオールもしくはライヨール)」のカトラリーや ナプキン、Courses are set in the drawer of the table。 1 plate per、To use this out of cutlery、テーブル上にゆとりがあります♪ テーブルは富山の下尾和彦 ・下尾さおりによるユニット作家 「SHIMOO DESIGN」さんが手掛けられておりレヴォさんオリジナルとしてオーダーされています富山県出身で現在福井で活躍されている「箸factory 宮bow」さんのもので富山の立山連峰(奥)と水(手前)をイメージした2本のお箸。 But in French、富山にこだわり、Filled with the warmth of wood for that measure.、 In addition、お箸が使えるということで片肘張らずに食事を楽しむことができます♪ 「SHIMOO DESIGN」夫婦で生み出す洗練された美しい日本の道具たち http://lade.jp/articles/people/37437/...

A fantastic night filled with mist-long blossom "garaku" jinzu River

When the dim sky shines green、リゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」さん周辺の提灯には明かりが灯され桜もしっとりと夜の顔を覗かせます♪ メーンロビーは静かな時を刻み神通川の上を靄が走り、You can see the mountains covered in white.。 僅かばかりの灯火に照らされた神通川。 We invite you to a fantastic world surrounded by silence.。 スイート214号室「白橡の間(しろつるばみ)」 神通川に面したお部屋からは時間毎に移り変わりを魅せる景色が楽しめます♪ 夕涼みを愉しめる季節がやって参りました。 Enjoy the hot water before meals、Eyjafjallajökull、Enjoy a relaxing moment on the terrace with a beautiful view and a taste of the atmosphere.。 Now、Next time I'm excited by the expectations、待ちに待ったフレンチ「L’évo レヴォ」でのディナータイムの紹介です♪ リバーリトリート雅樂倶のすべての記事はこちらをクリック! http://lade.jp/articles/travel/35508/ リバーリトリート雅樂倶 富山県富山市春日56-2 TEL:076-467-5550 http://www.garaku.co.jp/ 雅樂倶のお得な宿泊プランご紹介...

"Garaku" Kasuga natural spas and relax with Spa facilities

リゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」さんの新館にB1階にある湯どころは春日の地に湧き出る滑らかな肌あたりの天然温泉(弱アルカリ塩化物泉ナトリウム塩化物泉)です男女の入れ替えが19時半~19時45分の間に行われますがそれ以外は24時間楽しめるため時間を気にせず入浴できます♪ ゆったりとした空間にモダンなインテリアを配した内湯。 Towels and SOAP are installed、お部屋より身一つで気軽に足を運べます♪ 彩の湯 目前に広がる清らかな神通川の景色と、Arranging of wild is wild full baths。 Next to the bathroom stalls in time、湯冷めしない程度に神通川を間近で楽しむのも良いでしょう♪ 雅の湯 彩の湯と露店風呂の大きさが異なりますので、As soon as turnover at the time、どちらも楽しまれると良いでしょう♪ こちらには「レヴォ」でのランチが含まれた日帰りプランもご用意されていますランチの後はお部屋でゆったりしながら天然温泉の露天風呂で心身共に温まるひととときが過ごせます♪ セラピールーム「りふれ」 水と緑の中に佇む岸辺のオアシスとして設けられたセラピールーム「りふれ」では、 That time of bliss。 In the private room、Dipped to private outdoor bath overlooking the jinzu River、 Can receive treatment and、 自然の恵みに包まれた深いヒーリングへと導いてくれます♪ 施術の流れはカウンセリングにより個々の体の悩みや気になる部分をチェックした後に状態に合わせたオールハンドによるトリートメントを施しますトリートメント後はリラクシングルーム「はなだま」にて心地良い音楽に身を委ね身体を休めます♪ トリートメントルーム 天然色でまとめられた穏やかな印象の空間には美しい旋律の音楽がゆったりと流れよりリラックスした気分でトリートメントが受けれます【3種のトリートメント】 アロマトリートメントコースアロマトリートメントコース 植物から抽出した100% 天然のエッセンシャルオイル(芳香成分) を使用することで心と身体を健やかに保ち芳しい香りが精神を優しく鎮めてくれます雅漢樂コース雅漢樂コース 漢方オイルを用い自然治癒力を高め自身の持っている3つの要素「気(体内を流れるエネルギー気力)・血(血液の働き栄養成分)・水(体内を巡っている血液以外の体液)」を調和してくれますアーユルヴェーダコースアーユルヴェーダコース 人肌に温めたセサミオイルを額の中心(チャクラ)にかけ流し瞑想気分に浸りさらにヘッドマッサージが加わることで心身とも活性化し究極のリラクゼーションが得られます膝下を重点的にトリートメントするリフレクソロジーや男性専用のコースもあります※こちらのコースには専用館露天風呂での入浴は含まれておりませんジャグジーバス 神通川の雄大な景色を一望できる天然温泉の露天風呂。 Jacuzzi、Carbon dioxide、A blissful time in a variety of water, such as water。 Invites comfortable big bath and Jacuzzi。 A package body soothing stimulation of water and air bubbles、Carbon dioxide promotes blood circulation、Stiffness、Pain、冷えを効果的に和らげてくれます♪ 露天風呂 神通川を間近に望む天然温泉露天風呂。 Left wear different seasonal landscapes、心身共に解放的な時間を過ごせます♪ サウナ 細やかな霧がしっとりと肌を潤すミストサウナ(女性用)とたっぷりと汗をかきリフレッシュするドライサウナ(男性用)を備えられています♪ カウンセリングルーム 我が家にも欲しいイサム・ノグチのフリーフォームソファとオットマンで出迎えてくれるカウンセリングルームIsamu Noguchi イサム・ノグチ...

Café-bar "garaku" jinzu River with seasonal views

「リバーリトリート雅樂倶」さんの館内にあるカフェ「リヴィエール」さんは午後15時より 宿泊客専用のセルフカフェスペースとなります。 Here you will、Showcasing the works of writers, both domestic and international, has been working、ミュージアムカフェとされています♪ テーブル席とゆったりとしたソファ席を設けられ奥にはバー「ミレニアム」があります♪ 今春の2015年2月19日(木)からは「草間彌生」さんの作品で夏は「高橋禎彦」さんを予定。 Auld Lang Syne / 1999年 草間彌生 ハイヒール / 1999年 草間彌生 花 / 1993年 草間彌生 リバーサイドテラス 見渡す限りの山河の長閑な景色に、Place to rest our mind feeling a good breeze。 カフェ「リヴィエール」よりお茶を運び桜を眺めながらゆったりとしたティータイムを過ごせます♪ バーカウンター アルコールは有料となり、Wine server turned white and red 4、Self service。 Beer in a cooler chilled、富山の地ビール「宇奈月ビール 十字峡 ケルシュ」を用意されています♪ ドリンクバー ソフトドリンクはすべて無料となりコーヒーやハーブティーなどがいただけます♪ バー「ミレニアム」 しっとりと大人の空間を演出するバー「ミレニアム」では藤井武さんによる大作「幻花」が壁面にディスプレイされそれに合わせて 「William Warren ウィリアム・ウォレン」のイングリッシュ パブ ソファがコーディネイトされています。 "Good to see the British Pub, old classic sofa.、 "Square in the modern sense in sharp sofa.、 The fusion in a fine balance of this contrasting two sofa、このイングリッシュ・パブ・ソファです。 In the classic appearance、This sofa with nostalgia and novelty、 Also isnt sitting position depends on the depth of the seat surface feature、 You can discover the Constitution to fit position、機能性も優れたソファです♪ ソファのベストポジションを捉え、Always、Forget the time, spend some time。 It is said that luxury may be。 ハーブティーと小菓子 ゆったりとした時間で心を休めた後は心身共に癒されるアロマテラピーはいかがでしょうか? 次回はリラクゼーションスパの紹介です♪ リバーリトリート雅樂倶のすべての記事はこちらをクリック! http://lade.jp/articles/travel/35508/ リバーリトリート雅樂倶 富山県富山市春日56-2 TEL:076-467-5550 http://www.garaku.co.jp/ 雅樂倶のお得な宿泊プランご紹介...

Different "garaku" quaint, budding damp rooms, main building

「あやめの間」 リゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」さんの客室は、 The concept varies according to each room、1つとして同じお部屋はありませんつい最近リノベーションされたばかりの本館のお部屋も案内していだきましたので紹介致します本館・モダンスイート307号室の「あやめの間」は、 Rooms are spacious、およそ72㎡ + バルコニーとなり定員は4名で禁煙ルームとなります唯一公園に面したお部屋の浴室はパークビューのバスタブシックで和モダンなお部屋は、Spring cherry blossoms、夏は緑溢れ、Autumn leaves、冬は雪景色と四季折々の景色を楽しめます♪ 寝室 神通川に面した和室 パークビューバスルーム 「影向の間(ようごう)」 本館・モダンスイート308号室の「影向の間(ようごう)」は、 Rooms are spacious、およそ80㎡となり定員は4名となりますパークビューの広々としたジャグジータイプのバスが最高です! ホテルというより自室のリビングのようなシックな佇まいは大人の男性客に大人気! オーナー様とフレンチ「L’évo レヴォ」の谷口英司シェフもお気に入りのお部屋だそうです♪ リビング 寝室 パークビュージャグジーバスルーム 「風の間」 本館・モダンスイート302号室の「風の間」は、 Rooms are spacious、およそ55㎡ + バルコニーのワンルームタイプとなり定員は2名で禁煙ルームとなります富山県産の杉、Umbrella pine、青森産のヒバなどをふんだんいあしらったナチュラルな内装デザインでおよそ2ヶ月半もの月日を掛けてリノベーションされています浴室に高野槇の浴槽を備えられ木のぬくもり溢れる空間です♪ 「城端しけ絹」のパテーション 神通川に面したワンルーム 高野槇を用いた浴槽 どのお部屋もそれぞれに趣が異なり個性的なため次に宿泊する際のお部屋を迷ってしまいそうです。 Next in line、まったりと安らぎのひとときを過ごすカフェの紹介です♪ リバーリトリート雅樂倶のすべての記事はこちらをクリック! http://lade.jp/articles/travel/35508/ リバーリトリート雅樂倶 富山県富山市春日56-2 TEL:076-467-5550 http://www.garaku.co.jp/ 雅樂倶のお得な宿泊プランご紹介...

Continue pursuing "garaku" adult retreat-main facilities

2000年5月に設立された「リバーリトリート雅樂倶」さんの本館はオープン当初から「アート」、"Diet"、「温泉」の融合により、Draws attention to the ever in Japan called the buzz was not as。 "Hiding place"、「身体を休める」という意味を持つ「RETREAT リトリート」をコンセプトに大人の隠れ家を追求した形がこちらにあります♪ エントランス 「インドの女シリーズ 鎮魂D / 林清納」 「KAGAMI / 中村卓夫」 「白の連想Ⅱ / 板橋廣美」 新館同様に豪華なアートで出迎えてくれるエントランスホール本館ロビー 新館のメーンロビー同様に広々とした窓には神通川の清らかな水と緑溢れる木々そして優美な桜のお出迎え。 The feeling of openness in the atrium lobby、Unlike the monotone of the annex、 個性的なカラフルな色合いを用いて自由な形のソファー達が並びます♪ ショップ パティシエが腕をふるったホテルメイドのスイーツや、Sticking to use at the hotel amenities、 Sake born of water and the soil and specialty products、The original tea and coffee、雅樂倶さんが選りすぐった商品を取り揃えられています。 So filled with souvenir unique to Toyama、贈り物に最適です♪ パティスリー 本館ロビーに隣接したパティスリーでは、In the showcase in order cakes of the day、 Hassle free you can patissiermaid over the finished cake。 バースデーケーキや飴細工のご予約も可能です♪ インターネットルーム パソコンを置かれ、Because you are connected to the Internet、Is available free to you there。 Study of the small space because、とても落ち着きそうです♪ カフェ「リヴィエール」/バー「ミレニアム」 神通川の美景と四季折々の自然に囲まれ、The warm sunlight while feeling the hardball、Recommended that you spend an elegant tea time。 昼はカフェとして、15時からは宿泊の方専用のセルフカフェとして無料でお茶を楽しみながら寛ぐことができますアルコール(有料)も置かれているのでお夕食前の一杯はこちらでどうぞ♪ リバーサイドテラス 見渡す限りの山河の長閑な景色に、Place to rest our mind feeling a good breeze。 カフェ「リヴィエール」よりお茶を運び桜を眺めながらゆったりとしたティータイムを過ごすことができました♪ 自然とは、Over time with different faces。 3階の廊下 階段の踊り場一面に金沢の陶芸家である中村卓夫さんの作品で埋め尽くされており圧巻の佇まい。 Shade of light projected due to its concave shape and、Reflects beautifully ornate pattern burned into the pottery、 記念撮影のベストスポットとしても賑わっています♪ 茶室 本館には、This tearoom selfless Iori、立礼席「巍邦軒」の2つの茶室があり、It is possible to take advantage of the tea party。 お呈茶(有料)もいただけるので外国からのお客様などにも大変人気だそうです♪ 伝統的な雰囲気の茶室「無私庵」 侘びの精神が随所に感じられる伝統的な茶室「無私庵(むしあん)」。 Throw away the decorations and treat、簡素・質素・枯淡な佇まいがまた素敵です♪ 立礼茶室「巍邦軒」のエントランス 建築家である内藤廣(ないとうひろし)氏のアイデアで施した荒々しい岩肌のような剥き出しの黒いコンクリート茶室の常識を遥かに打ち破るその趣きがまた斬新です♪ モダンな雰囲気の立礼席「巍邦軒(ぎほうけん)」...

With different 'garaku' budding damp rooms, new building

恋華の間(れんか) リゾートホテル「リバーリトリート雅樂倶」さんの客室は、 The concept varies according to each room、1つとして同じお部屋はありません宿泊したお部屋以外も案内していだきましたので紹介致します新館・温泉付のラグジュアリースイート111号室の「恋華の間(れんか)」は、 Rooms are spacious、およそ150㎡ + テラスと広々とした空間を誇りカリン材の赤を基調とした空間の和洋室タイプのスイートで浴室ではヒバ材の浴槽で春日温泉を楽しめますメインリビングには「CASSINA カッシーナ」の「KAMI」ソファーと吉岡徳仁の「Tokyo Soft」がレイアウトされていて スタイリッシュな雰囲気を演出しています。 150㎡と、2人では少々贅沢すぎる程の広さですが、7名まで利用が可能となり和室があるためおじいちゃんおばあちゃんとのご旅行など家族で過ごすにもお勧めのお部屋となります♪ 中庭・静謐 2005年 / 内田鋼一 中庭を眺める和室 和室2 寝室 パウダールーム ヒバ材の浴槽(温泉) 胡桃の間(くるみ) 新館・ラグジュアリースイート211号室の「胡桃の間(くるみ)」は温かみのあるナチュラルの色調を重視しており、 Rooms are spacious、こちらもおよそ150㎡ + テラスと広々とゆったりとした空間を誇りインテリアコーディートの和洋室タイプのお部屋で浴室は贅沢なジャグジータイプです広々としたソファスペースを寝室にすれば小さなお子様のいらっしゃるご夫婦でも安心してお休みいただけるお部屋です♪ 中庭・静謐 2005年 / 内田鋼一 中庭を眺める和室 寝室 ソファスペース パウダールーム ジャグジー付バスルーム 次回は本館施設の紹介です♪ リバーリトリート雅樂倶 富山県富山市春日56-2 TEL:076-467-5550 http://www.garaku.co.jp/ 雅樂倶のお得な宿泊プランご紹介...

Scroll to top