「連理」サルスベリ咲く古城レストランで誕生日を祝うスペシャルランチ

靜靜地坐在 mokuren 的濱松北戶田、重厚感たっぷりと存在感溢れる古城のような「カフェ&レストラン 連理」へ ! こちらはおよそ3,000坪に広がる農園と庭から眺めることのできるシンボルツリー「連理の木」がまた素晴らしいロケーションとなり我が家の愛車が映える風格を持ち合わせています! 岐阜や多治見で修行された後「グランドエクシブ浜名湖」内のイタリアン「グランドエクシブ浜名湖 ルッチコーレ」にて経験を積みイタリア料理とフランス料理の基本を学んだ尾上成彰シェフを迎え入れ、 2013年12月3日(火)にフレンチレストラン「カフェ&レストラン 連理」として再オープンされ非日常的な雰囲気を味わえるレストランとして人気を誇っております! 今時期はサルスベリの花が咲き誇る中庭を眺めながら優雅なひとときが過ごせるため、8/14(水)の旦那様の43歳のお誕生日を祝して昨年同様に尾上シェフにおまかせしスペシャルなランチコースを半個室で楽しみます! また今回も富山作家を応援するlade企画の【器と旅するシリーズ】として、波特' (蔗 Shakunaga)"和牛,Kazuhiko (和彥 Shimoo)和索裡的 @ 在尾巴下 (沙織 Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo Design」の器と共にコラボしていただきましょう! 「ルイ ロデレール ブリュット プルミエ(Champagne Louis Roederer)」 誕生日を祝うChampagneは淡く煌めく黄金の輝きに豊かな香りとコク繊細なまろやかさを持ち併せリッチな味わいが楽しめる「ルイ・ロデレール」にて乾杯! 「前菜の盛り合わせ」×「器釋永岳 áge Φ320」 ■「富士山サーモンの燻製 胡桃レーズンパンを添えて」 バナジウム水で有名な猪之頭湧水と芝川の豊かな水で育つ富士山サーモンの燻製は色鮮やかな紅色で癖の無い淡白な味わいが特徴ですが香り豊かに楽しめる上品で清らかなサーモンです! ■「稚鮎のコンフィ フレンチトースト添え」 ほろ苦さを楽しむ稚鮎のコンフィには甘味優しいしっとり仕上げのフレンチトーストを合わせさっぱりとした酸味のトマトのピクルスを添えて頂きます! ■「春野町産チョウザメ 蕎麦粉のブリニ キャビア添え」 浜松市天竜区春野町の新たな産業として着手されたチョウザメの養殖に加え世界三大珍味の1つの高級食材であるキャビアを「ハルキャビア(HAL Caviar)」としてブランド化することに成功! ハルキャビアは国産のフレッシュキャビアでキャビア本来の美味しさを引き出す為に添加する塩は必要最低限としており優しくクリアな味わいが特徴で他には無い味わいとなります! 身の締まったチョウザメの炙りと蕎麦粉のブリエと共に楽しみます! 「北海道産ピュアホワイトのポタージュ 大豆のエスプーマを添えて」×「器釋永岳 mars bowl Φ100」 自然栽培にこだわる北海道産の真っ白なとうもろこし「ピュアホワイト」を用いたポタージュはスイートコーンと言われるほどに甘味豊かなとうもろこしで生でも食すことができる幻のとうもろこし! 豊かな甘味で濃厚さを感じながらも後味さっぱりと楽しめるポタージュは優しく胃に染み渡ります! 「甘鯛の鱗かりかり焼き 茄子のジンジャーロースト ブ-ルブランソ-ス」×「器釋永岳 新作áge Φ300」 甘鯛の鱗かりかり焼きはわたし達の大好物! パリパリに仕上げた鱗の食感が歯切れ良く身はふわっふわの絶妙な火入れ! こちらには以前尾上シェフの料理教室でレシピを直伝していただいた鉄板のブールブランのソースを合わせて頂きます! こちらのブールブランソースはバゲットに付けて頂くのもお勧めです!...

在富士山 "餐廳 BIOS" 腳下, 新鮮採摘的蔬菜身體, 美食法國人在寧靜的鄉村歡欣鼓舞

在富士山腳下寧靜的鄉村、種植園 "馬祖生物膜時" 在身體使用新鮮的蔬菜友好的法國餐廳餐廳 BIOS (餐廳生物)! 在富士山腳下, 水大量流動,、豐富的自然環境適合農業、1.8與 HA (5400 平方米) 農場種植園 "馬祖生物膜時" 現在、是為了在沒有農藥和化肥的情況下進行農業、主要包括草藥種植的蔬菜、農作物生產已有50多年的時間! "餐廳 BIOS (餐廳生物)、種植園見馬祖生物膜時 "松木和宏訂婚 (松木一弘)1先生/2009 開了農家餐廳! 房間裡最初是在日本開業的尾馬事件羅布喬恩 (喬爾·羅布喬恩現在), 當時 m-震懾 (m ' tre d ' hóhel), 第一位管家說、松下, 大介是經理的老房子酒店在鐮倉前幾天我去 "鐮倉不時。 (大輔君 Matsumiya)先生也、那是個和松木一起吃漢堡包的服務員、現在這種關係繼續作為彼此的支援者! 我到了停車場、我們等待接送山羊的哭聲被治癒! 孩子的友好的方式、握手, 走到非常近的地方、魅力迎接我, 發現在柵欄杯上的外觀融化了! 豐富的天然木紋、舒適的沐浴與自然光從大窗戶展開在一個完整的牆壁空間! 客廳的建築師稱光明的魔術師和墨西哥的路易士·巴拉根的房子, 讓人想起十字架的設計是令人印象深刻的! 皮耶裡斯·拉貝·克魯維沃拉全舞、綠色準備拝meru 雄偉的富士山在農場上擺滿了座位! 這一天的午餐功能表 "季節性品嘗課程12盤-" 9500 日元提供的課程 "非酒精對環 (Omakase 4 玻璃)" 的訂單, 並添加了 2800! 在白色桌布上、在節日期間, 用德國餐具 "羅森塔爾" 夏季草地 "跳蚤索瓦奇 (野花)" 的鮮花形象裝飾精緻的餐桌。、興奮的午餐時間開始! [季節性品嘗課程12個盤子 + 非酒精雙環] (1) 長谷川三無武的 "長谷川農場" 代表了富士市的蘑菇長谷川、在手指上用有機蘑菇做的木耳是從荷蘭進口的、在蘑菇切片如此新鮮的場合使用,、一個 gavotte 法國糖果在底部-在切碎的蘑菇脆麵團, 溜進螢幕是和、在一口魚和、蘑菇的味道和甜味鋪開嘴! ♦在配對中提供了非酒精閃爍的薄荷、侍酒師, 並享受性能松木的業主誰在桌面上提供新鮮準備的飲料、而不是葡萄酒或不含酒精的、酒體吐司與香檳般的氣氛! Drytayst 非酒精閃閃發光的自製薄荷糖漿滴注、採摘新鮮的薄荷與清爽的杯子! (2) 還製作了願望山羊奶酪與洋蔥和炒, 直到 "帕爾馬餡餅" 焦糖餡餅在咬大小的件和、咸乳酪和甜洋蔥的和諧是精緻的! (3) "搶購豌豆" 新鮮的搶購豌豆和法瓦豆、菊花石的彩色花蕾、用白豆泥輕輕煮到船形薄餡餅上的豌豆、伴隨著白色的花朵搶購豌豆! 在原始狀態下的甜味和新鮮度樂趣、煮熟, 更豐富多彩的休假豌豆添加紋理與沙基沙基榨汁機和享受! 因為鹽是溫和的、感受新鮮採摘的蔬菜菜的真正味道! (4) 穿 (出現自製的裡科塔乳酪是煙熏玻璃克洛什 ' 自製的裡科塔 ' 從報價! 與光美人魚一起、並與薰制油在、享受煙熏香氣和乳白色的味道! ♦果汁的草藥與酒精 "夏多麗 (不含酒精)。、薄荷和檸檬草、艾莉的香味是充分的! (五) 自製麵包, 有自製的天然酵母、黑麥和全麥麵粉、麵包麵粉中的金比、外面是清脆的白芝麻烤、是軟的, 並有、如麵包太重, 完成平衡、這是一個美味的麵包, 因為你去! 煮未經巴氏殺菌的牛奶、用黃油抽打的牛奶黃油、用輕觸的鹽服務! Focaccia 開始燃燒的時間面對在開幕訪客似乎總是如此、Focaccia 被傳下一次 ' 環游世界 ', 也期待著! (6) 飛人是用洋蔥包布、曬乾的番茄和蓋帽、橄欖、與松子和酸調味品一起、配以醃制或幹洋蔥片、香菜花和草本植物口音! 之間的食物之間採取、廚師和大廚交替地從廚房出來, 去了農場、只有用草藥和鮮花來收穫! 餐廳就不那麼理想了! (7) 豆類大米可以提供大約兩周和、究竟是什麼時候的季節, 但不能吃豆子飯!.

"阿魯" 在這裡與獨特的精緻法國葡萄酒獨特的日本

自2017年在愛知縣豐橋市開業, 大樓2樓、早在傑出的自己、東三河エリアを代表する人気店へと成長されるフランス料理店「aru(アル)」へ! 場所はJR豊橋駅から徒歩5分圏内となり、在橄欖樹和一個裸露的燈泡的柔和燈光下掛著一個簡單的黃銅標誌、この日はミモザとアザミも出迎えてくださいました! ゆったりとしたアプローチの先にはこのお店のテーマカラーとなるスモーキーブルーの木製扉が優しく出迎えてくれます! 店内のデザイン設計は、豐川主要活躍在建築師的 haag 設計中 + Haag Cafe ハーグデザイン+ハーグカフェ」がシェフのこだわりを取り入れ手掛けられており、散發著舒適的柔和空氣, 流入簡單的空間。廚房建議在右邊擺放地板的外觀。、ゆったりと14席~18席ほどの席数を用意! こちらは料理の基礎を大阪のビストロ「アヴォロンテ(’Avolonte)」の川田祐志シェフから学び、進一步、パリの3つ星「アストランス(l’Astrance)」で修行後に独立され最短でミシュラン1つ星を獲得した人気店「Sola」の吉武 広樹 (Yoshitake 寺井廣樹)和廚師、Ogata m. Nagle (nacrée) 仙台也 "astrance (Astrance)" 從米其林一星廚師從許多學到的成分和、在大阪用雷特石 (Eternite) 服務, 充滿了侍酒師鈴木塔庫的經驗 (托生鈴木)廚師是一個32歲的青年、鈴木 Aya sommelier 妻子 (鈴木)擁有獨立的三條腿的賽馬場! 我想感覺就像你最喜歡的瓶子在20世紀後期在巴黎餐館的學徒生涯中找到的、鈴木廚師談圓桌用舊材料是專案外senai。認為廚師是被授予的、青山石田町、愛知縣工廠木材和皮革奧山工匠, (Kazushi 青山)而我是手工藝的、在圓桌上敢於木材, 建立了溫暖的感覺, "輕輕上你會享受食物", 使雖然包裝、気取らずに会話を弾ませながら心から食の楽しさを知ることができるのです! こちらではランチ、下一步與廚師共進晚餐、6道菜約3400日元, 8 盤約6800日元隔壁午餐、晚餐提供菜8道菜約6800日元, 10 道菜約8800日元, 每次2道菜、利用食品生產商的優勢, 他們信任廚師的臉看起來、此処でしか味わえない東三河ならではの料理を提供されています! 先日、他們參觀了如何在家裡進行的陶瓷藝術展。當時 "其實我想用的是儀器! "我很高興我們、この日はLade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』として、波特出現在專案第1部分""=永月" (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器を持参し「aru」とのコラボを特別にして頂きます! 店内のウォークインセラーには、日本葡萄酒中心約700本葡萄酒、到現在為止一直在收集小兩行的人。還可以享受特色菜, 日本葡萄酒近年來備受關注、このお店ならでは! ホールを担当されるSommelierの彩さんにコースに合わせたワインのペアリングをおまかせすると良いでしょう! 先ずはChampagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」にて乾杯! 1皿目「トマトとローズマリーと自家製リコッタチーズのタルト」×「Shimoo Design 浮様 リム皿 280」 玄米の上に添えたフィンガーフードからスタート!一口で頬張れば、在豐川, 高糖和新鮮的櫻桃番茄傳播是果汁甜味、有光滑的嘴很好融化奶油與自製的裡科塔乳酪、五顏六色的菊花、還戴著美味的迷迭香粉、輕和酸完成薄和脆和部長瑪麗、思わず笑みが溢れてしまう一口!...

法國餐廳在富士達移動, 如果經常光顧它的 "lagap" 婚姻7周年慶祝活動

藤枝市青葉町の青島中学校通り沿いのテナントビルの一角にある「フランス料理 レストランラガップ L’AGAPE」にて、為了慶祝我們的結婚紀念日, "銅婚式"! 在這裡購物、松下, 主廚高行 (孝之 Matsusita)。、東京、獲得您的商店在關西地區的一些經驗、繼法國之後還培訓獨立 2008 年 9 月。簡單的白色內飾顏色和、餐廳座位10個座位更多的私人感覺和、結婚してからずっと通い詰めているお店の一つです! 今年も入籍日となる2/22(猫の日)を迎え結婚7周年「銅婚式」を記念し「フランス料理 レストランラガップ L’AGAPE」にて楽しく過ごして参りました! ランチメニューは1,800円の気軽なAコースから、到 10000 日元課程與廚師的時令食材和能夠處理 5 課程、在所有泛 (豬肉 Rillettes 與)、湯和咖啡廳、還有甜點、這一次、b 課程3500日元選擇開胃菜和主菜在一起, 就像每個訂單一個、持ち込みワインと共に至福のひとときを楽しみます! 我が家で開催している陶芸展のお知らせも兼ねて、Lade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』をリクエストし企画第1弾で登場した陶芸家の「釋永 岳 (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器とのフレンチコラボを特別にしてただきましょう! 「ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエ(Louis Roederer Brut Premier)」 浜松の大好きな「Patisserie アボンドンス」のBernard Heberle・長谷川 豊佳 (Toyoka 川)さん夫妻からお祝いで頂いたChampagneを開栓し乾杯! フォアグラの濃厚さにも負けない深みのある味わいで芳醇さが堪らないChampagneとの相性も抜群です! アミューズブーシュ(Amuse-bouche) 「フォアグラのチーズケーキとテリーヌ」×「釋永岳 gen台皿 Φ20」 本来アミューズは無いのですが、這裡的鵝肝開胃菜是我最喜歡的、因此, 有太少的體積是數量、松下シェフに小ポーションでお願いすると「アミューズとしてお出ししますね♪」と嬉しいお気遣い! 苺のコンフィチュールを添えて頂くフォアグラのチーズケーキはしっとりと濃厚で、完成梯田, 在白港葡萄酒醃制的鵝肝、鵝肝與焦糖、脆脆的表面紋理和味道、とろけるように滑らかなテリーヌの余韻に浸れる一品! 前菜 「サーモンの自家製スモーク 厚切りポワレ」×「釋永岳 gen台皿 Φ30」 こちらのレストランでは、總是充滿了乾淨、所以經常看到白色的瓷器餐具是法國烹飪的來源和基礎、黒の器に盛り込まれた料理はとても新鮮に感じます! 皮面をパリッと香ばしく焼き上げたサーモンは、有趣的胃口熏香、潮濕, 穿著厚的填充物、在捲心菜中的三文魚上跪著、用大蒜味在苦瓜大蒜和中國蔬菜 hom 蔬菜莫斯上吃完清淡的煎青菜 (kutaisi)、色鮮やかなビーツのソースで頂きます! 前菜 「カサゴの生ハムフリット」×「釋永岳 mars himawari Φ25」 旬菜となる蕗の薹とオリーブのペーストをカサゴで巻いたサクサクのフリットは中ふっくらと柔らかく旨味を閉じ込めた仕上がりに! 甘くローストされた小玉葱や人参、白蘆筍、菠菜與蔬菜一起食用、マイルドなタルタルソースは粒マスタードやピクルスのアクセントで楽しみます! スープ 「有機栽培人参のスープ」 藤枝の農家がつくる有機栽培の人参は素材本来の人参の甘味が味わえリッチなテイスト! パン...

法國課程的一部分, 騎行在庫裡島 "餐館西斯" 來自第6課

沖縄北部の離島・古宇利島に2018年4月15日にオープンしたばかりのフランス料理店「レストラン6(Cis) Restaurant SIX」にて至極のフレンチコースを堪能!後編となります! 「レストラン シス」古宇利島で第6感から生まれる至極のフレンチコース前編 こちらは昨年2017年まで名古屋にて「フランス料理シェ小杉」「イレテテュヌフワ (Il etait une fois)」としてフランス料理店を営まれてきたオーナーシェフの小杉浩之(Hiroyuki Kosugi)さんが奥様・小杉 妙 (tae kosugi)さんの御実家である沖縄へ拠点を移しオープンされたお店です! 店内は、別致的現代建築充滿了不安、回掉和懸掛在天花板上的琉球松的作品、その陰影で真っ白なテーブルクロスに光と影のアート性ある世界感を演出! 席数16席となる全席から古宇利大橋を望めるオーシャンビューとなり、當看著黃昏的藍天、静かな時をゆるりと過ごすことができるレストランとなります! コースは、只需支付小須木主廚的18000日元 (服務費和稅費)、1盤1可在一個小藥水、感性豊かに楽しませてくれる奇想天外な小杉ワールド全開の20皿以上が展開されていくスペシャルディナーとなります! 今回「レストラン6(Cis) 餐廳六 "也、わたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器とコラボしていただくことに! 「レストラン6(Cis)"現在、每道菜1餐, 每個圖像適合、採用了一項非常獨特的文書、在這一天, 小杉廚師、在看樂器給我們帶來 ' 這是我看起來真的很真實的工作! "我很高興、一部の器を変更してコラボしてくださいました! [レストラン6(Cis) Restaurant SIX~Special Dinner~] <14皿目>×<釋永岳 gen シャーレ> 光の加減で色の見え方が変わり虹色のようにも観える美しいオオム貝に注がれる温かな貝柱のコンソメスープは、清晰的顏色晶瑩的金色我覺得石的工作! 香噴噴的魚沒有鹽,、身体の髄まで染み渡る美味しさです! 「バシュレ・モノ サン・トーバン1erCruアン・レミリー2015(2015 Domaine Bachelet-Monnot Saint Aubin 1er Cru En Remilly)」 バシュレ兄弟が手掛ける淡い緑が美しく透き通る極上のシャルドネ! <第15の皿> 見事な程に鮮やかなヴァイオレットカラーで一際目を惹く大皿には、採用醃制紅洋蔥菊花和特拉維斯、紫色花椰菜片和百合花的花、配紅色捲心菜粉、単色でまとめたセンスがキラリと光ります! 生地はサクッとホロホロな食感で、特拉維斯苦澀散發著女人的氣息、野菜の甘味を楽しめる上品なヘルシーキッシュです!...

乘坐在庫裡島 "餐館西斯" 出生從第 (6) 法語課程第一部分

沖縄北部の離島・古宇利島に2018年4月15日にオープンしたばかりのフランス料理店「レストラン6(Cis) Restaurant SIX」にて至極のフレンチコースを堪能!前編となります! 「レストラン シス」古宇利島で第6感から生まれる至極のフレンチコース後編 こちらは昨年2017年まで名古屋にて「フランス料理シェ小杉」「イレテテュヌフワ (Il etait une fois)」としてフランス料理店を営まれてきたオーナーシェフの小杉浩之(Hiroyuki Kosugi)さんが奥様・小杉 妙 (tae kosugi)さんの御実家である沖縄へ拠点を移しオープンされたお店です! 店内は、別致的現代建築充滿了不安、回掉和懸掛在天花板上的琉球松的作品、その陰影で真っ白なテーブルクロスに光と影のアート性ある世界感を演出! 席数16席となる全席から古宇利大橋を望めるオーシャンビューとなり、當看著黃昏的藍天、静かな時をゆるりと過ごすことができるレストランとなります! コースは、只需支付小須木主廚的18000日元 (服務費和稅費)、1盤1可在一個小藥水、感性豊かに楽しませてくれる奇想天外な小杉ワールド全開の20皿以上が展開されていくスペシャルディナーとなります! 今回「レストラン6(Cis) 餐廳六 "也、わたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器(※後編で登場します)とコラボしていただくことに! 「レストラン6(Cis)"現在、每道菜1餐, 每個圖像適合、採用了一項非常獨特的文書、在這一天, 小杉廚師、在看樂器給我們帶來 ' 這是我看起來真的很真實的工作! "我很高興、一部の器を変更してコラボしてくださいました! コースには、食物適合小須木廚師一對問、希少なChampagne「ベルナール・ペルトワ ブリュット ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ(Bernard Pertois Champagne Grand Cru Blanc de Blancs Brut)」で乾杯! 「もしや天然では!?」とも取れる愛らしいキャラクターの奥様・妙さんの朗らかな笑顔と軽快なトークが炸裂し、庫克開始進行在可愛的, 而微妙的喜歡服務、小桌子變得活潑、楽しく食事がスタートします! [レストラン6(Cis) Restaurant SIX~Special Dinner~] <ウェルカムティー> 試験管で提供されるウェルカムティーは、是橄欖色棕色與有機橄欖葉在甜感覺、さっぱりと口中を潤し食欲を湧き立てます! <第1の皿> 目でも楽しめる感動の1皿目は沖縄の県魚となる「グルクン」の木製オブジェの上にひょこりと添えられて登場!...

享受優雅的餐廳, 俯瞰東方露臺鳥好薩納魯科湖

棕櫚樹沿著白街成為一個里程碑、位置, 然後爬上斜坡、佐鳴湖を一望できる最高のロケーションを誇る「The Oriental Terraceジオリエンタルテラス」へ! 旧名である「鳥善」は、歷史悠久的餐廳成立于 1868年 (1868年)。 1963搬來的總部是 kaji-cho (1963), 在一個安靜、聲音的水流的岸邊、2000從好到地點成為熱門話題, 廣場上的場地、雖然它已經代代相傳150年的歷史和經驗是值得重視的、更改具有時代背景的銷售表單、常に新しい風を巻き起こしています! 長い間、餐廳一直作為一家日本餐廳經營, 2009年是東方亞洲的度假村, 並在豪華空間重新設計, 裝修、フレンチの料理長として前川智裕(Tomohiro Maekawa)氏を迎え入れられてからは幅広い年齢層に愛される高級レストランへと進化! 6代目となる伊達 善隆 (日期吉高)剛被任命為經理、特別是在下一代的訓練中被傾注了力量、帶來1人1人員工的夢想、瞭解盡可能多的工作場所、よりパワーアップされています! 12月に入ると、染色大堂感覺耶誕節、天花板作為一棵巨大的聖誕樹被裝飾、一流ホテルさながらの演出でお出迎え! 毎年好評となる完全予約制の「クリスマス限定スペシャルコース」が頂ける12/21(金)~12/25(火)までの期間は、進一步比這個銀河導航, 我不知道, 如果受到裝飾和、インスタ映え間違いなしの豪華な装いになることでしょう! レストラン「THE DINING ザ ダイニング」の店内は、高高的天花板, 敞開的、和深棕色的氣氛、半私人房間也都在大廳席位其他、席数はゆったりとしながらも60席も収容! 昼は、俯瞰薩納魯科湖、擁有最好的位置在其他任何地方都找不到! 也、2018年3月、教堂和花園之後的 "無邊泳池" 誕生、設計一個自然融入富麗湖地平線的自然、水面の煌めきが清々しい印象を与えています! この日も多くのゲストで賑わう中、前川廚師提前詢問、1人6,000円のコースで用意していただきました! この時期ならではの白子や、鵝肝和草莓的結合、開胃菜使用豪華的成分二和溫暖厚實的餅乾、和、ドライエイジングビーフ(Dry Aging Beef)で名高い富士宮市の「肉匠 さの萬」のブランド豚「萬幻豚」を用いたメインディッシュとデザートで締めくくるランチコースとなります! [THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN~Special Lunch Menu~] ■前菜1「白子のフリット 冬野菜のラビゴットソース竹炭パンに桜海老と野菜 ロメスコソース」 ■自家製パン「リュスティック、黑麥麵包、竹炭盤、イチジクと胡桃パン」 ■前菜2「苺とフォアグラのテリーヌ 金柑の香り珈琲テイストのモンブランクリーム」 ■スープ「ビスク」 ■さの萬「ドライエイジングの萬幻豚 牛蒡のソース」 ■デザート「プロフィットロール チョコレートとヘーゼルナッツのソース」 いつも前川シェフの演出には、可能會有不由自主的微笑驚喜和喜悅、今回は最後の最後に大きな革製のトランクケースが登場しました! 逸る気持ちを落ち着かせ、我們期待著開放和、熱を持たないLEDでライトアップされ浮かび上がるように整列された色とりどりのカラフルなマカロンたち! こちらのマカロンは、在婚禮上很受歡迎、インスタ映えすることから「マカロンが付くコースで!」とオーダーされるゲストが増えているのだとか! ロゴが刻まれたオリジナルのトランクケースに敷き詰められた愛らしいマカロンたちは全種類食べ放題で提供されています! 年の瀬も押し迫る12月! クリスマス・イベントも近付くこの季節に目にも鮮やかな前川マジックが羽ばたきます! THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN ジ オリエンタルテラス トリゼン...

玉原生日午餐, 周圍環繞著竹林 "ellcambis", 度過了一個幸福的時光!

湯河原の竹林に囲まれ幻想的な世界感を醸し出し日本情緒と洗練された和の技法を取り入れた本格フレンチを提供してくれる「HERLEQUIN BIS(エルルカンビス)」でのバースデーランチへ! こちらには、2010從我們最初的幾年起、為了慶祝陣亡將士紀念日, 我們多次參觀、やはり一番の思い出としては「プロポーズを受けた最高の思い出の場所」になります! プロポーズ当日、在她的丈夫一個驚喜、jichi ichi ito 大廚, 我開始、女士和工作人員參與大的大, 是適合的成功、涙涙の感動のフィナーレを迎えたことを今でも昨日のことのように思い出します!感動のシーン再び! そして、品質如何你多次光臨進來不累、每當我訪問美國, 都帶著熱情迎接我們、幾度もの感動をくださる伊東シェフの料理の数々に感謝しています! そんな素敵な思い出が詰まった大好きなレストランにて、這次慶祝45歲的生日、もう一つの幻のドン・ペリニョンと呼ばれるChampagne「J.M.ゴビヤール ブリュット トラディション(J.M.gobillard Brut Tradition)」にて乾杯! 伊東シェフには以前もご協力して頂きましたが今回もわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』をお願いし企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器とコラボしていただくことに! 卓上に広げさせて頂いた器を一点一点確認しながら楽しそうに選別される伊東シェフ!何と!今回は「木漏れ日のランチ」3,500円(消費税・サービス料別)の全ての料理とコラボしてくださいました! 店内は、白色粉刷牆壁上排列著天然石材地板上休息、黑暗的彩色玻璃窗戶俯瞰竹林,該表提供了 45 個席位、細細品味的非同尋常的時間,安靜、優雅なランチタイムが始まります! 日本の風情溢れる優雅な竹林は日本人が本来持つ「静の心」と「動の心」が存在すると伊東シェフは考えられており、在這裡,在、情感消除無用的東西,而命令只有你到底需要什麼、在過程中豐富和寬敞的時間、幸せだと感じられる瞬間を過ごしていただきたいと願われているのです! この日は雨露をしっとりと含んだ竹林がいつもより一層色濃く輝いており心から安らぐ「日本の情緒」を堪能しながらの至福のひとときの始まりです! [木漏れ日ランチ~Menu~] ①アミューズ・ブーシュ「パニプリ、義大利臘腸、自家製ピクルス」×「釋永岳mars himawari」 インド料理の定番おやつとして知られる「パニプリ」には、鷹嘴豆、ボロネーゼフロマージュブランミントのスープにミントを添えて! カリカリ食感の中に異国情緒溢れるスパイスの香りが満載でとても爽やかなフィンガーフード! ②一の前菜「ヤリイカのグリル コリアンダー風味のマリネ」×「釋永岳 gen 台皿」「Shimoo Design 浮様 リム皿」 隠し包丁を入れたヤリイカの表面をサッとグリルし中はレアで仕上げ人参と玉葱大根をコリアンダーや八角でマリネしたものを敷きフレッシュな林檎と松の実を添えてカシスフルーツとバジルの2種のソースで! ヤリイカの香ばしさと甘味に根菜類のマリネが浅漬け具合で程良い食感を残しており複雑味を帯びたスパイスとの相性も抜群! そこへ青林檎のシャキシャキとした食感がアクセントになり僅かな酸味が爽やかな余韻を添え思わず顔がほころんでしまう味わい!ヤリイカの美しい白肌を釋永岳の黒釉で魅せるも乙ですし木目の優しさと自然が創り出す木の力強さが感じられる浮様の世界感もまた素敵!同じ料理でありながらも器が変わるとこんなにも印象が変わるのだと教えてくれます! ③「自家製バゲット」×「釋永岳 gen 台皿」 ④二の前菜「地鶏のささみ」×「釋永岳 リバーシブルシャーレmars 平皿」 地鶏のささみに赤海老と帆立貝のたたきを詰めてパート・ド・フリュイで巻いてから表面はカリッと中はしっとりと焼き上げパプリカと焼き茄子のソースでいただきます! 細やかな手法で手を掛けることを惜しまない料理は味わい深く噛めば噛むほどに食材同士のハーモニーが気分を上げてくれます!一歩間違えれば弾力の強さが際立ってしまう”ささみ”をこんなにも繊細な料理に仕上げてしまうシェフの腕に脱帽! ⑤スープ「白菜のスープ」×「釋永岳 gen bowlgen 薄鉢」 白菜を少量のベーコンと共に煮込み塩味を抑え白菜本来の甘味を楽しむ一品!スープはどれだけ美味しくても少量で頂くのが一番!...

法式晚餐海鮮 "房子坐" 伊豆半島與日本茶一起娛樂! 第二部分·

位於伊蘇-高原海岸溫泉的豪華酒店 "abba 度假村 – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設されているフレンチレストラン「やまもも」でのバースデーディナー後編となります! こちらのレストランでは京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村 勉 (勉西村)主菜茶的功能表 "茶搭配雅 / 賽 "在山上收到的印象是, 這個廚師、最有名的茶只採用靜岡日本茶、静岡茶のティーペアリングと共に楽しめるコースを用意されています! 今回「坐漁荘」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器と「やまもも」の素晴らしい料理をコラボしていただくことに! 「やまもも」では、伊豆島與 "卡馬奇陶瓷店" 最初訂購的獨特樂器之間的陶瓷相互關係。、還、在伊豆群島海岸收集的發電機 niijima 玻璃, 包括偉大的儀器已經被採用、この日は一部の器をわたし達が持参した器に変更してくださっています!久々の『器と旅するシリーズ』です! [やまももSpecial Dinner Menu] ⑥「キノコのテリーヌ 西伊豆産黒米のおこげ 貝柱とキノコの餡」 キノコと貝柱、溫柔的白魚、西伊祖梯田米完成、每週我們享受的紋理和緊縮! 最後一口、通過擠壓石灰醃制、さっぱりとした後味とまろやかな料理の輪郭がハッキリと仕上がる面白い味変になります! <和烏龍あおい(島田)> 同じく「カネロク松本園」の発酵熟成させた世界農業遺産最高位認定の和烏龍茶!発酵を浅めに抑えてあるため、中國烏龍茶與幫派差異、即使是那些喜歡綠茶的人、えぐ味は一切感じずに華やかな香りを楽しめます! きのこや貝柱の旨味をスッキリとさせ旨味に渋味を加えることでコクを感じさせる意味もあり合わせた一杯! <シャブリ・プルミエ・クリュ ラ・フォレ / ドメーヌ・ヴァンサン・ドーヴィサ(Chablis 1er Cru“La Forest Domaine Vincent Dauvissat)> ミネラル感溢れる極上シャブリを貝の旨味と掛け合わせて楽しむ一杯! ⑦「特薦魚のポワレ ベルモット」×「釋永岳 mars 平皿mars himawari」 伊豆といえば金目鯛!ということで、身體濕潤、炒捕食者完成皮膚表面, 使烤茄子變脆、伴隨著布魯塞爾芽、你會在一個豐富的苦艾酒醬! 烘焙茄子的整理和灑、ふんわりと残り香が楽しめます!...

法式晚餐海鮮 "房子坐" 伊豆半島與日本茶一起娛樂! ·第一部分

位於伊蘇-高原海岸溫泉的豪華酒店 "abba 度假村 – 坐漁荘(Zagyosoh)アバリゾート・イズ・ザギョソウ 」に新設されているフレンチレストラン「やまもも」にてバースデーディナー! 天然記念物「山もも」の巨木が群生する広大な自然庭園内に佇むことから付けられた店名「やまもも」では料理長である山本晋平/Shinpei Yamamotoシェフが腕を振るう伊豆高原の海の幸と静岡の厳選素材を用いり、弘揚法國技術與日本的精神、「和魂洋才」で織り成す伊豆ならではのフレンチが頂けます! また京都祇園のフレンチ「MAVO」の西村 勉 (勉西村)主菜茶的功能表 "茶搭配雅 / 賽 "在山上收到的印象是, 這個廚師、最有名的茶只採用靜岡日本茶、静岡茶のティーペアリングと共に楽しめるコースを用意されています! 1階フロアは緑豊かな庭園と本館が望め、充滿了不安的風格茶室的空間、在白天的傍晚、台湾からの団体客で賑わい華やぐ店内! わたし達は2階の個室「蕾」に案内していただき、山, 而這個廚師的 omakase 課程、1一個人必須打一個戒指3500日元、もう1つは「ワインペアリング」9,500円を合わせてオーダー! また、在同一棟二樓、有6個櫃檯席位散佈在伊豆海、ヴィラ宿泊客限定で提供される「鉄板焼」も大人気メニューです! 今回「坐漁荘」にもわたし達Lade Gourmet & Hotel Web Magazineが企画する『器と旅するシリーズ』を御紹介させていただき企画第一弾として登場した陶芸家の「釋永 岳 (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器(※後編で登場します)と「やまもも」の素晴らしい料理をコラボしていただくことに! 「やまもも」では、伊豆島與 "卡馬奇陶瓷店" 最初訂購的獨特樂器之間的陶瓷相互關係。、還、在伊豆群島海岸收集的發電機 niijima 玻璃, 包括偉大的儀器已經被採用、この日は一部の器をわたし達が持参した器に変更してくださっています! 久々の『器と旅するシリーズ』です! 今回は特別に、對於日本茶的類型環、由廚師介紹的山本菜、關於葡萄酒搭配、テーブルを担当してくださるホールスタッフの永田良太さんがサーヴしながら説明してくださいます! [やまももSpecial Dinner Menu] ①「戸田の本エビと人参 メヒカリ 伊豆のお米とひじきのチップス」 最初にテーブルに用意されたのは、這家餐館裡有種植的無農藥蔬菜嗎?、三島の鈴木 達也 (鈴木達屋)さんが手掛ける「フードカルチャー・ルネサンス」の現在の畑を肌で感じて頂くようにと、秋葵下的萬壽菊綻放、華やかさと儚さが混在する様子をそのままイメージされてのあしらい! 曲げわっぱにアイアンを施した2段重ねで、餐桌裝飾, 如和下午茶套裝。在上部、小枝に刺した軽やかなメヒカリのフリットを添えて! 下段には、在 toda 清淡富士達的特產和醬油醃料中的這種蝦、在這個蝦盤裡, 與胡蘿蔔慕斯的甜味一起享受! 伊豆米、海魚和海屑、最後與白蘭地潮波尼托和法國菜譜的西伊祖的傳統食物、塩辛さと奥深い味わいを楽しめます! 日々、山運載了到領域這個廚師、在現狀的領域, 從漏斗種子是豐富的、卓上に添えてくださったドライ状のフェンネル・シード!「良かったら食べてみてください!」とシェフに誘われ一粒パクリ!お口の消臭効果のようなものを感じる爽やかさと甘味!スパイス好きには堪らない粋な演出です! <焙じ茶(藤枝)> 藤枝市瀬戸谷で、40年間無農薬で自然のサイクルを大切にされながら栽培されてきている杵塚さんが運営する「人と農・自然をつなぐ会」の綺麗な味わいを楽しめるお茶で、第一杯第一種顏色生動///馬魯伊適合醋! 在味道清爽的酸度傳播、食前茶として食欲を掻き立てます! <Champagne ボランジェ(Bollinger Special Cuvee...

58°燒烤午餐在法國燒烤米其林明星廚師

「マンダリンオリエンタル浦東上海(Mandarin Oriental Pudong, Shanghai)上海浦東文華東方酒店」の中庭に面したモダンなスタイルのフレンチレストラン「Fifty 8 浦東文華東方度燒烤, Shanghai(58°グリル)」にてランチタイム! こちらのレストランは、法國烹飪 "艾倫-路人 (阿倫 Passard)" 和傢伙伏地那 (傢伙伏地薩)、皮埃爾加涅爾 (皮埃爾加涅爾) 和著名餐廳、2一個由荷蘭理查 eckeba 監督的人, 他贏得了米其林主演的廚師明星 (理查 Ekkebus)、フランス料理の伝統技術を基本としたグリル料理を主軸に提供しています! Director of Marketing CommunicationsのAngela Caiにレストランのお勧めランチメニューを伺いながらオーダーしシェアして頂きます! [Fifty8° Grill Lunch Menu] ①「グリーンアスパラガスとグリーンサラダ マスタードドレッシング(Green Salad with Chia Seeds & Mustard Dressing)」 色味の美しいボリュームサラダは、綠蘆筍及縱切切片、連同嘉籽 morimori 綠色沙拉和精緻的超級食品! 成為一個 micropakchee 氣味好口音、マスタードのドレッシングで風味を増した食感の良いヘルシーサラダです! 午後のひとときを楽しむためにも軽やかなリースリングを合わせて乾杯! ②「ハマチのカルパッチョ トマトとラディッシュ(Raw Hamachi with Heirloom Tomatoes,Radishes&Mild Chili)」 プリプリの新鮮なハマチはスライスしたカラフルなミニトマトとラディッシュと合わせてピリッとスパイシーなサラダ仕立てのカルパッチョに!薄くスライスしたフェンネルとマイクロパクチーを添えて香りも楽しめる絶品サラダ! ③「ブッラータチーズとトマトと西瓜のサラダ(Burrata with Compressed Watermelon,番茄 & Black Olive)」...

"蜥理學碩士" 世界第一! 瑪莎拉蒂新車在太平洋上舉行!

世界初の試みとなる太平洋上での新車発表会!「Maserati Japan マセラティ ジャパン」は「MSCクルーズ(MSC Crociere S.p.A.)」の豪華客船「MSCスプレンディダ(MSC Splendida)」のヨットクラブを貸し切り、60組160名のマセラティオーナーに向ける大規模なイベントを実地致しました! その名も「Maserati Japan Tridente Experience 2018(マセラティ ジャパン・トライデント・エクスペリエンス2018)」! マセラティのSUV「Levante(レヴァンテ)」で初となるV型8気筒エンジン搭載モデル「レヴァンテ GTS」を横浜・大黒ふ頭から4日間かけて上海へ向かう船旅の途中、8/19の船上にて日本初披露となります! 船上という限られたスペースでのイベントとなるため、分為兩部分-、小組 "從晚宴節目。、「お披露目からのディナーパーティ」とするグループと2時間毎の二手に分け開催! わたし達夫婦は、根據小組 "從晚餐節目被排序。、"蜥理學碩士 – 遊艇俱樂部 (遊艇俱樂部) "餐廳、デッキ15の「L’OLVO RESTAURANT(ロリーボレストラン)」にて楽しいディナーを堪能します! [Maserati Japan Tridente Experience 2018 Special dinner Menu] ・前菜「シーザーサラダ」 レタスにアンチョビカリカリのクルトンを添えたシーザーサラダ! ・スープ「ロブスタービスク」 クリーミーなブランデーフォームとアクセントにチャイブを添えて! ・「海老の串焼き」 香ばしくグリルした海老の串焼きにはバジルソースとレモンを添えてさっぱりと! ・「直火焼きのテンダーロイン」 テンダーロインはミディアムレア旬のグリル野菜を添えて! ・「ポルチーニ茸のリゾット」 香り豊かなポルチーニ茸をふんだんに用いた濃厚リゾットはたっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノとキャビアを添えて! ・「ムース・ショコラ」 口溶けの滑らかなムース・ショコラにはマセラティのシンボルとなるトライデントを添えて! ・「カプチーノ」 ふんわりときめ細かやな泡立ちの良いカプチーノはほんのりシナモンの香り! 食事を終え、屋頂休息室在頂層甲板 18 ' 一個水池 (吸血鬼) "在移動、在甲板上與瑪莎拉蒂和藍色霓虹燈的彩色圖像、ドレスアップしたマセラティオーナーの皆様! MSCジャパンのCEOであるOliviero Morelli(オリビエロ・モレリ)氏とMASERATIジャパンのCEOであるGuido Giovannelli(グイド・ジョバネッリ)氏に出迎えられ大集結! グイドCEOの華麗な挨拶を後に、反映了新的短片、Levante...

滾動到頂部