在"帕斯雷爾"薩拉廣場薩納魯台的咖啡廳餐廳享用超優惠的法國午餐!

在濱松和薩納魯德的橙街的"薩拉廣場薩納魯吉"的法國和咖啡廳餐廳"Passe Relle"享用法國課程午餐! 這家餐廳于去年12月1日隆重開業。、"法國課程"的首碼風格是受歡迎的,提供1,800日元的超優惠課程! 這裡的運作是什麼?、山口健治經營著全市葡萄酒酒吧"Beige"和"濱松科學博物館咖啡廳" (山內 Motoji)成為昆的新店、加藤信雅,一位法國廚師,在歐洲接受培訓後,在一家著名的餐廳工作。 (辛亞·卡托)餐廳邀請廚師開放! 什麼是通行證通行證?、在法語中,它的意思是"橋樑",通過烹飪,人和社區、我想創建一個商店,成為與生產者的橋樑! 和、這將是一個商店名稱,命名為希望成為加藤廚師! 白天,在明亮的商店裡,自然光照得很自然。、天花板,木材的柔情增加了溫暖,充滿了開放的感覺,有高度、以白色為基調,成為布魯克林咖啡廳的時尚空間、午餐和晚餐、客人還可以使用咖啡廳! 在公眾中,新的冠狀病毒正在加劇自食其力的情緒。、在濱松市,我聽到餐館官員的尖叫聲。、經濟情況嚴峻、這一天,這是商店,可以聽到如此盛盛的盛事,不覺得這種影響小灰塵! "2 plat prix fiex" 1,800 日元午餐成為首碼風格的課程功能表、開胃菜和主菜成為每日更換、2在開胃菜和魚類或肉類菜肴之間做出選擇、麵包、甜點心、訂購價格課程,這是很高興與飲料1,800日元! 這一次,我選擇了每盤魚和肉菜肴的主菜。、我和我丈夫分享! 開胃菜"栗子和番茄"是靜岡縣的時令栗子的開胃菜。、與相同顏色的紅色番茄一起,色調也生動、一盤女孩一定會接受! 清爽的奶油乳酪與弗蘭博瓦斯醋和玫瑰的佩蒂安氣體技巧(科庫隱藏調味料)醬! 在頂部、強調微型阿馬蘭薩斯和橙色奧薩利斯在富山農場的卡馬塔! 肉菜"雞穆內"是一種最喜歡的體積感,是潮濕和火熱的雞胸肉,是健康,但吃! 清淡的土豆奶油醬、用辣椒粉和納通梅格調味的醬汁、即使我把麵包放在一起,它也很好! 今天的魚菜"牡蠣和加藤農場的油菜花"皮膚、裡面是潮濕和令人眼花繚亂的火,芬芳的栗子、甜春捲心菜和濃郁的油菜花烤,讓苦味感覺春天、與土豆片! 醬料與櫻桃粉和芹菜粉一起食用,配以清爽的酸度,配以橙汁! 這道菜裡1,800日元,這太瘋狂了。、我只是很高興科斯帕的好課程內容! 甜點"乳酪蛋糕"+100日元,當然甜點是"加托喬柯拉"。、額外費用 +100 日元,我們將其更改為"乳酪蛋糕"! 你上次給我的加托喬柯拉也非常豐富和美味。、我也喜歡乳酪蛋糕。、這一次訂購這裡! 奶油和檸檬粉! 我迅速平了一下,味道很清爽,不會感到潮濕和質地! 飲料"咖啡"令人高興的是,午餐課程是這個價格與一套飲料! 以合理的價格享用色彩繽紛的盤子,使用法國技術,在農家蔬菜中享受身體愉悅的蔬菜。、桌子的座位間距也很寬敞。、法國和咖啡館餐廳,非常適合度過美好時光! 因為春天的陽光使氣候變得宜人。、如果你讓露臺座位是一個確定(笑)法國和咖啡館餐廳Passerelle位址:1-11-5 薩納魯台, 中谷, 濱松, 靜岡 (薩拉廣場薩納魯泰內) TEL:053-555-6295 上班時間:午餐時間11:00-14:00(L.O.13:30咖啡廳時間 14:00~ 17:00、晚餐時間 18:00-21:00(L.O.20:30) 關閉:星期三、新年假期停車場:42單位、第二個停車場有16個。.

精緻的法式葡萄酒與葡萄酒搭配,以紀念"aru"結婚紀念日9周年

自2017年在愛知縣豐橋市開業, 大樓2樓、早在傑出的自己、前往Aru,一家法國餐廳,現已發展成為東三川地區的熱門餐廳! 酒店距離JR豐橋站有不到5分鐘的步行路程。、簡單的黃銅標誌,懸掛在柔和的燈光下,由紫杉樹和裸露的燈泡點燃! 在悠閒的方法之前、煙熏藍色木門,這是這家商店的主題顏色,輕輕地迎接你。、在門前,有一個舒適的空間等著你! 讓季節感受到的花、豐田的一家小花店"拉克萊弗洛裡斯特"的Kaori Akaya女士定期安排和維護。、它總是被非常有品味的花治癒了! 慶祝我們結婚九周年的周年紀念日、2月22日(星期六)的午餐時間,我仍然感到寒冷。、在入口處,一隻貓咪的蓬鬆頭髮擺出臉。、牆上掛著一個可愛和可愛的米莫薩的租約。、它讓你感受到春天的來臨,就在拐角處! 商店的設計設計、豐川主要活躍在建築師的 haag 設計中 + 哈格咖啡廳海牙設計與海牙咖啡廳是廚師的承諾。、散發著舒適的柔和空氣, 流入簡單的空間。廚房建議在右邊擺放地板的外觀。、寬敞的14個座位和18個座位準備! 這是這裡。、從大阪小酒館"阿沃龍特"的廚師川田弘治那裡學習烹飪的基本知識。、進一步、在巴黎的三星級"Astrance"訓練後獨立,在最短的時間內獲得米其林一星的著名商店"Sola"的Yoshibu Hiroki (Yoshitake 寺井廣樹)和廚師、來自"Astrans"的米其林 1 星級仙台的"Nacrée"的兩位廚師緒方貞子(Nacrée)學習了如何利用材料。、在大阪用雷特石 (Eternite) 服務, 充滿了侍酒師鈴木塔庫的經驗 (托生鈴木)廚師是一個32歲的青年、鈴木 Aya sommelier 妻子 (鈴木)在一家獨立的商店裡,有兩個三腳架、這是這對夫婦最喜歡的商店之一! 我想創造一種氛圍,就像我在20多歲時在巴黎訓練時發現我最喜歡的餐廳一樣。、鈴木廚師談圓桌用舊材料是專案外senai。認為廚師是被授予的、青山石田町、愛知縣工廠木材和皮革奧山工匠, (Kazushi 青山)而我是手工藝的、在圓桌上敢於木材, 建立了溫暖的感覺, "輕輕上你會享受食物", 使雖然包裝、你可以從心底瞭解食物的樂趣,同時不分心地交談! 午餐在這裡、下一步與廚師共進晚餐、6道菜約3400日元, 8 盤約6800日元隔壁午餐、晚餐提供菜8道菜約6800日元, 10 道菜約8800日元, 每次2道菜、利用食品生產商的優勢, 他們信任廚師的臉看起來、此処でしか味わえない東三河ならではの料理を提供されています! ひょっこりと真ん丸く大きな晩白柚の後ろから顔を出し厨房で準備に精を出すシェフの鈴木くんに御挨拶! この日のコースでも登場する晩白柚は熊本の露地物から一回り小さい豊川の物お裾分けで頂いた柑橘物までが順に並び爽やかな清々しい香りを放っています! 卓上には「木村硝子店」や「ラディコン(RADIKON)」のワイングラスが整列し、內部工作的賣方、日本葡萄酒中心約700本葡萄酒、到現在為止一直在收集小兩行的人。近年注目を浴びる日本ワインや料理に合わせて提供してくれる世界中のワインを楽しむことができるのもこのお店ならでは! 今回は、8皿前後の「menu saison」6,800円にPairing wineのセットで事前予約しております! 予約席には記念日ということもあり線香花火のように愛らしく花開くシシウドやチューリップの純白の花々で統一しお祝いしてくださいました! 先ずはPairing wine①Champagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」の 良質なChardonnayの気品溢れる優雅で繊細な味わいと共に乾杯! 1皿目「黄人参 金胡麻」 最初の一口目は新城の無農薬の黄色い人参のムースと豊川の金胡麻を香ばしく煎りマイクロハーブを添えたフィンガーフードタルト! 一口でパクリと頬張ると驚くほどに甘味を感じる黄人参の滑らかなムースに粒一つ一つの香ばしさが堪らなく食用をそそる金胡麻! そこにバターの風味とメープルシロップの優しい甘味が漂うサクサク食感のパートフィロが良いアクセントになっておりこの一口の見事な調和で胃袋を持っていかれます! 同時にアミューズが提供された後ろの席からも「何これ!?美味しい~♪もう1個欲しい~♪」と思わず本音が声となり漏れてしまっている愛らしい女性の声が聞こえてきたのでわたしも心の中で「同感です♪」と頷いた次第です(笑) 2皿目「晩白柚 わさび菜 モッツァレラ」×「器児玉修治」 熊本の晩白柚には発酵柚子のヴィネグレットとイタリアンパセリを和え無農薬のわさび菜やリーフチコリイタリアンパセリの新芽ディルの花をバランス良く盛り込みアクセントに添えたそばの実が良い仕事をしており最後に鼻に抜ける香ばしさと食感を楽しませてくれます! 中にはクリーミィーなモッツァレラのクリームに自家製リコッタチーズのムースイタリアンパセリで作った鮮やかなグリーンカラーのオイルを垂らしてあるので混ぜ合わせながらいただきましょう! 張りがありフレッシュ感満載の晩白柚は果肉も大きく程好い酸味が爽やかなテイストでわさび菜のほろ苦さをチーズのクリーミィーさがまろやかにし新鮮な素材と一手間も二手間もかけたプロの成せる繊細な味わいのハーモニーに感動 Pairing wine②「月を待つ...

說到吉比耶,"西餐薩瓦卡"! 品嘗珍貴的吉比耶美食,限量!

菊川山間の谷沿いに流れる沢水加川に沿ってある小さな里山集落「沢水加(sabaka)」に佇む隠れ家的な料理店「西欧料理サヴァカ(Cavak.)」へ! 冬のこの時期ならではの滋味深い味わいのジビエ料理(Le Gibier)を求めて久方振りの訪問となります! 扉を開ければ鮮やかな青壁に掛けられた立派な鹿の角がお出迎え! 備え付けられたショーケースには、除了自製的康菲圖勒和百花蜜與時令水果、ワインの当てにピッタリなジビエのテリーヌやソーセージなどが販売されています! 木の温もり溢れる店内からは、欣賞山間大地的茶園和鬱鬱蔥蔥的景色、里山ならではの長閑でゆったりとした静かな時間が過ごせます! カウンターに掲げられたボードには、吉比耶菜的食材有18種。、「ジビエ料理にサヴァカあり」と云わんばかりのバリエーションの豊富さが伺えます! この日のランチは「C lunchコース」5,900円で事前予約し、因為不同的食物是一天中不同的成分。、 山口祐之(Masayuki Yamaguchi)シェフに全ておまかせでお願いしてあります! 車のため、非酒精葡萄酒"德國旺多姆經典 / VENDOME CLASSIC(NON ALCOHOL SPARKLING WINE)」にて乾杯! こちらはアルコール度数0.0%と完全なアルコール除去を実現したノン・アルコールスパークリングワインで、享受低甜和清爽的味道。、食中にもお勧めです! アミューズ一皿目「タラ白子のムニエルと白身魚のガレット」 ディルを添えたタラの白子のムニエルに、在白魚的蘇裡米上撒上土豆,然後炒去。、下是哈馬岡的白蘑菇,在那裡你可以享受濃郁的天然蘑菇和濃郁的甜味。、ハタケシメジのジュにふきのとうをオリーヴオイルで揚げたものを加えられています! こちらでは、通過傳統的法國烹飪技巧、儘管西歐美食排成一排,以最大限度地發揮材料的原始潛力、17自幾年前開業以來,一直被稱為"法國,你可以放鬆與筷子"、気取らないスタイルで楽しめます! パン「ポワポワのオーガニックパン」 掛川のブーランジェリー「ポワポワ(POWA POWA)」の国産小麦にこだわった香りの良いむっちりもっちり食感が楽しめるパンたち! アミューズ二皿目「舞阪産ラングスティーヌと青バイ貝マサバとセグロイワシのコンフィ添え」 中がレア気味の絶妙な火入れでクルンと丸まり、蘭斯汀(歐洲蝦)與藍色雙殼口音,其形狀是美麗的、在阿梅裡卡內享受的寶石與栗子的Pure和醬料、マサバとセグロイワシのコンフィを添えた一皿! オードブル一皿目「シャルキュトリーのサラダ(猪ハム、吉比耶的特裡努、鹿莫塔德拉、豬香腸、カルガモササミのロティ)」 塩漬けや乾燥、煙熏等、一盤沙拉,包括肉類加工技術"Charcuterie",用作提高肉類保質期的手段、眼睛也生動、與吃一道菜相比的興奮感、咸和溫柔,而優雅的味道、用利用肉味的技術享受食物的感覺。、ワインが恋しい一品です! わたしがカルガモのササミのロティを口にした瞬間散弾銃の弾(1㎜程度のもの)が出てきました! これをフランス人は大当たり!と喜び乾杯したり、據說,有作為護身符是幸運的。、我帶我回來紀念總共三顆子彈、財布に仕舞うことにしました!(笑) オードブル二皿目「アオリイカとアワビ青のりのフェットチーネ」 パスタはアサリとアワビの出汁を用いて旨味を吸わせ、使用不同質地的奧裡卡、鮑魚和時令春季蔬菜、用大蒜和辣椒完成阿裡奧·奧裡奧、費特奇內品嘗與青苔和自製的卡拉蘇米粉,享受栗子的氣味和濃郁的醬汁。、旨味が次々と押し寄せる一品です! 魚料理「御前崎産甘鯛のポワレ」 ふわふわっと口溶け滑らかな食感が楽しめる火入れの甘鯛には、與沙基沙基的綠色蘆筍、用白葡萄酒和佛手柑製成的奶油醬配埃斯普瑪、クリーミィーさを味わいます! 肉料理「森町産鹿ロース、成熟的木雞、マガモ胸肉の盛り合わせ」 ジビエ料理は贅沢にも、森町產鹿羅、成熟的木雞、マガモ胸肉の3種のロティを堪能できる至極の一皿! 肉は赤ワインと鹿猪で取ったフォンで仕上げたソースでいただきます! こちらでは、我一直在堅持醬汁,使時間與時間、而不是採取電話與骨頭或肉後,你把它,因為一般使用、非標準(太大而堅硬的個體)、或小的個體),採取基地電話使用整個豬、有的情況下,鹿添加到調味程度、完成與一個乾淨的醬汁、ソースに関しては骨や肉は熟成させないのがポイントだそうです! デセール「ナイアガラとスイ-トスプリングのジュレ八角とオレンジのフォンダンショコラジャージー牛の生キャラメルアイス」 目にも楽しめるデセールは桜や菜の花をあしらい春の訪れを感じることができる愛らしい一皿! 黄金色に輝きまるでビールのように見えるグラスには爽やかな柑橘スイ-トスプリングのフレッシュ感と香り高く風味豊かなマスカット・ナイアガラとの組み合わせが抜群です! 八角とオレンジの香りが魅惑的に広がる大人なフォンダンショコラはしっとりと滑らかで酸味が楽しめるルバーヴを添えミルキーなコクが楽しめるジャージー牛の生キャラメルアイスも思わずうっとりな味わいとなり最後まで存分に楽しませていただきました! ドリンク「コーヒー」 「NIKKO」のベストセラーでもある「山水」の絵柄が印象深いコーヒーカップでいただくコーヒーゆっくりと静かに流れる贅沢な時間を楽しめます! 食後に手の空いた山口シェフと歓談タイムを取りながらわたし達が応援する富山作家の器を手に取って観ていただきました! 山口シェフにも、Lade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、波特出現在專案第1部分""=永月" (Gaku...

"新春瑪莎拉蒂旅遊2020"度假村午餐在龍潭寺和湖畔在哈馬納湖周遊

    令和初となる「新春マセラティツーリング2020」は新旧のマセラティ14台・総勢20名の御参加となり恰好のドライブ日和にて開催することが出来ました! 今回のツーリングコースは浜名湖周辺をドライブし大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公「井伊直虎」ゆかりの地として人気を博す「龍潭寺(Ryotanji)」を訪れ今時期に花開く梅の鑑賞を楽しんだり奥浜名湖湖畔に佇む会員制リゾートホテル「KIARA リゾート&スパ浜名湖」にて優雅なランチタイムを過ごすなどしドライブを中心としたコースを設定しております! 朝早くより、愛知、岐阜、三重方面から参加される皆様との待ち合わせ場所は三ヶ日インター出口直ぐの「JAみっかび特産センター」にて集合! 合流してから向かうドライブコース「奥浜名オレンジロード」は静岡県浜松市北区の山中に続く15kmほどの広域農道となり三ヶ日を代表する名物のみかん畑をはじめ田舎ならではの長閑な風景が広がりますライダーにも人気のワインディングロードが続き一瞬ではありますが浜名湖を望む景色にも出会え信号が無く交通量が少ないため快適なドライブを楽しむことができます! 最初の目的地「龍潭寺(Ryotanji)」ではそれぞれ自由に拝観と散策を楽しんで頂きます! 境内には、1月~3月が見頃となる梅の花や河津桜が開花し始めており龍潭寺では一番古く約400年前の建物となる「東門(旧鐘楼堂)」を通り本堂脇の枝垂れ梅の花のほころびは一足早い春の訪れを感じます! 散策路の景観を楽しみながら「井伊家墓所」を抜け格式高い神社「井伊谷宮」まで足を延ばせば紅梅の優美な姿にも出会えとても心地好い時間を過ごすことが出来ました! 「龍潭寺(Ryotanji)」からは気賀の街並みを抜けます! 浜名湖畔へ降り立ち猪鼻湖を望む「浜名湖レイクサイドウェイ」を走り瀬戸橋から瀬戸トンネルを抜けます! ランチ場所に選定した会員制リゾートホテル「KIARA リゾート&スパ浜名湖」へ! 猪鼻湖を望みながら「シェフの気まぐれワンプレートランチ」2,750円(税込)を堪能! 地元ブランドのみっかび牛とサーモンが出揃い肉料理と魚料理をサラダやスープアミューズと共にワンプレートに盛り込まれたお手軽ランチです! 同行された「マセラティ名古屋サービスセンター」から乾杯ドリンクをサービスしていただき皆で乾杯! こちらで合流したカップルもいらしたため食後のコーヒーを楽しみながらの歓談タイムを終えたらホール階段前にて記念撮影! ランチ後は来た道を戻り風情溢れる「気賀関所(東海道三大関所)跡」にて一旦休憩を取ります! 関所に隣接する「田空直虎ショップ」では地産土産が並んでおり色鮮やかな柑橘類が中央を陣取り鎮座しておりました! その後のルートは「気賀関所(東海道三大関所)跡」から浜名湖畔を南下し「舘山寺温泉」を通り抜けます中継ポイントの「浜名湖ガーデンパーク-静岡県営公園」駐車場にて記念撮影!冬場とはいえ週末は賑わいを見せる「浜名湖ガーデンパーク-静岡県営公園」の駐車場は満杯です! ツーリングコース最終目的地に向け出発し「弁天島」を通り抜け競艇場大橋を渡り「ボートレース浜名湖」から「浜名バイパス」へ入ります! 最終目的地でもあり解散場所となる「道の駅 潮見坂」に到着! こちらでは地産品が並ぶ売店や軽食が頂けるお店もあり、還、太平洋を望みながらの足湯が用意されているためドライブ疲れを癒すに最適な休憩所となります! 今回はまだ肌寒い2月のツーリングで浜名湖畔では遠州のからっ風が吹き荒れる状態ではありましたが好天候に恵まれたこともあり道中の車内はポカポカと暖かく心地良さを感じ眩いばかりの光を放つ湖面に癒されながら絶好のドライブ日和となりまた一つマセラティオーナーの皆様との楽しい思い出のひとときを刻むことが出来ました!...

"帕斯雷爾"新功能表出現! 交易法國享受舒適的咖啡館!

在濱松和薩納魯塔的橙色街,在"帕斯雷爾"法國和咖啡館餐廳"Sere Relle"內誕生。、新たに誕生したメニューのフレンチコースランチへ! 昨年2019年の11月から1ヶ月間のプレオープン期間を経て、12現在,我們迎來了盛大的開幕日。"、新的法國課程已經開始、首碼風格的法式課程價格為1,800日元、超お得感のあるコースを提供されています! こちらの運営は、山口健治經營著全市葡萄酒酒吧"Beige"和"濱松科學博物館咖啡廳" (山內 Motoji)成為昆的新店、加藤信雅,一位法國廚師,在歐洲接受培訓後,在一家著名的餐廳工作。 (辛亞·卡托)シェフを招き入れオープンさせたレストランとなります! 「Passerelle(パスレル)」とは、在法語中,它的意思是"橋樑",通過烹飪,人和社區、我想創建一個商店,成為與生產者的橋樑! 和、加藤シェフたっての希望で名付けられた店名! 昼は自然光が降り注ぐ明るい店内で、天花板,木材的柔情增加了溫暖,充滿了開放的感覺,有高度、以白色為基調,成為布魯克林咖啡廳的時尚空間、午餐和晚餐、カフェ利用も楽しめます! 「2 plat prix fiex(ドゥ・プラット・プリ・フィックス)」1,800円 ランチはプリフィックススタイルのコースメニューとなり、開胃菜和主菜成為每日更換、2在開胃菜和魚類或肉類菜肴之間做出選擇、麵包、甜點心、ドリンクが付いて1,800円と何とも嬉しい価格設定! 今回は前菜・メイン共にそれぞれのプレートをセレクトし旦那様とシェアしています! 前菜「鴨 / レンズ豆」 火入れ後にスモークされている鴨は香ばしさが漂いしっとりとした食感が楽しめ添えられたレンズ豆は野菜のブイヨンで炊き上げ良いアクセントになっています! ビネガーの利いた自家製ドレッシングに、鹽、辣椒、アーモンドの摩り下ろしを加えて味付けしており浜松は「加藤農園」の野菜と磐田「富岡ファーム」のミックスリーフと選りすぐりの農家野菜が楽しめる前菜で食べ応えもあるサラダです! 前菜「苺 / ビーツ」 ホワイトバルサミコを霧吹した苺にオーブンで火入れしたビーツをビーツのキュイソンとオレンジジュースで味付けしバターモンテしたソースに合わせています! クリームチーズとオレンジの爽やかなガストリックソースにフルードセルとローズヒップパウダーアリッサムの花で彩りを添えた見目愛らしくワインに合わせたくなるような大人感覚の前菜! メインの魚料理「鰆 / 蘿蔔 / 浜名湖青さ海苔」 身厚の鰆は皮面は香ばしさを感じさせるも中はしっとりと攻めた火入れ状態で提供されていおり蕪の自然な甘味を楽しめるピュレとフュメベースと青さ海苔の出汁を組み合わせることで優しい仕上がりに! 「加藤農園」のミニ蕪を添え白と緑黄の三色で一足早く春を感じさせる色合いも素敵です! メインの肉料理「鶏ムネ / 加藤農園さんの野菜」 鶏胸肉は肉厚感を楽しめながらもしっとりとした食感となり甘味の豊かな人参のクリームソースをたっぷりと付けて焦がし玉葱パウダーや春菊オイルで頂きます! 「加藤農園」の野菜は香ばしく焼き上げ甘味を引き出した白菜と食感の良い小ジャガイモ根っこまで美味しいミニ人参が添えられます! デザート「ガトーショコラ」 どっしりとした生地で濃厚な味わいのガトーショコラは滑らかな生クリームと酸味のあるフランボワーズソースと楽しみコーヒーとの相性も抜群です! ドリンク「コーヒー」 嬉しいことにランチコースはドリンクもセットでこの価格! 身体喜ぶ農家野菜にフレンチの技法を用いた色彩豊かなプレートをリーズナブルに楽しめ、桌子的座位間距也很寬敞。、豊かな時間を過ごすに最適なフレンチ&カフェレストラン! フレンチ&カフェレストラン Passerelle(パスレル) 住所:1-11-5 薩納魯台, 中谷, 濱松, 靜岡 (薩拉廣場薩納魯泰內) TEL:053-555-6295 上班時間:午餐時間11:00-14:00(L.O.13:30咖啡廳時間 14:00~ 17:00、晚餐時間 18:00-21:00(L.O.20:30) 關閉:星期三、新年假期停車場:42單位、第二個停車場有16個。.

曼谷以自然為主題的創意餐廳"Cuisine de Garden Bkk"

清邁的著名商店位於曼谷高檔住宅區埃卡邁索伊2(Ekkamai Soi 2)地區、2017年7月1日「Cuisine de Garden Bkk(キュイジーヌ・ド・ガーデン・バンコク)」として姉妹店をオープン! オーナーシェフのJoseph Lee(Leelawat Mankongtiphan)シェフが2011年にオープンさせたチェンマイ郊外の本店「Cuisine de Garden Chiangmai(キュイジーヌ・ド・ガーデン)」を取材させて頂いたのは今から4年も前の事! 奥様のNerisa Bee รักในหลวง(Mankongtiphan)さんから、我聽說了曼谷開店的故事。、今回ようやく足を運ぶことが出来ました ! キュイジーヌ・ド・ガーデンは、傢俱設計師廚師轉身、作為一家餐廳,提供分子氣體特羅諾米融合美食,由屢獲殊榮的廚師約瑟夫·李(Joseph Lee)編織。。、バンコクへの出店も果たしています! “バンコクでも自然を感じられるように”と自然からインスピレーションを受けた料理をガストロノミースタイルで提供! メニュー構成は季節により内容が異なり「10 Course Tasting Menu(10皿のコースメニュー)」1,590THB(日本円にして約5,730円)のみで大変良心的な価格設定となっています! ※1THB=約3.6円(2019年11月のレートにて換算) 店内は落ち着きのあるモノトーンの色調に間接照明を巧く用いながら、高藝術性,別致,現代服裝。、安裝紅小鳥,安排逼真的樹木作為內部的一部分、コンセプトとなる「自然」を大切にされている様子が伝わって参ります! 大人な雰囲気で素敵な空間! ホールの一角にはバーカウンターを設置されておりSommelierが「Wine Pairing(ワインペアリング)」1,490THB(日本円にして約5,360円)なども対応してくださいます! 照明の明るさを極力落とし卓上のキャンフドルの明るさでしっとりとムーディーな雰囲気を演出! この日はコースのワインペアリングで頂ける「Aubert & fils Brut Champagne / オベール・エ・フィス ブリュットシャンパン」にて乾杯! General managerのWIT(ウィット)さんがサーヴを担当してくださり一皿一皿の料理毎に食材や調理法コンセプトなどを細かく説明してくださりながら五感に訴えかける目にも楽しいフルコースの始まりとなります! こちらでも前回のチェンマイ本店同様にLade企画の『器と旅するシリーズ』を御紹介させて頂き、波特出現在專案第1部分""=永月" (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo...

新開放! "帕斯雷爾"法國廚師的香料咖喱咖啡廳和餐廳

浜松の佐鳴台に誕生するカフェ&レストラン「Passerelle(パスレル)」! ※後日ランチに伺った際の記事はこちらを御覧ください「パスレル」新メニュー登場!カフェのような居心地の良さで楽しむお得なフレンチ! 本日2019年10月31日(木)にプレオープンを迎えられるため先立って開催されたレセプションパーティに参加して来ました! 場所は佐鳴台のオレンジストリート沿いの「サーラプラザ佐鳴台」内となり運営は街中でワインバー「Beige(ベージュ)」や「浜松科学館カフェ」を営む山内 基司 (山內 Motoji)先生。 在歐洲有訓練經驗、某有名店で経験を積まれたフランス料理人の加藤 慎也 (辛亞·卡托)シェフを招き入れ新たにオープンしたレストランとなります! 店名の「Passerelle(パスレル)」とは、在法語中,它的意思是"橋樑",通過烹飪,人和社區、我想創建一個商店,成為與生產者的橋樑! 和、加藤シェフたっての希望で名付けられたとのこと! 夜はイルミネーションが艷やかに広がる落ち着いた雰囲気です。 白天在明亮的商店裡,自然光線充足。、天花板,木材的柔情增加了溫暖,充滿了開放的感覺,有高度、白を基調としブルックリンカフェをイメージされたお洒落な空間です! この日は、SALA官員和濱松影響者聚集一堂、成為預開功能表的品嘗會、スパイスたっぷりの「チキンスパイスカレー」と野菜たっぷりのヘルシーな「オープンサンド」が提供されます! カレーに合わせてベルギービールの「ヒューガルデンホワイト」とメキシコビールの「コローナ・エクストラ」を頂きオープンを祝して乾杯! 「チキンスパイスカレー(オレンジ&フェンネル)」 白湯スープをベースにスパイスをたっぷりと用いて、清爽的香料咖喱,享受柳丁和芬內爾的香味、因為基地的辣度是溫和的、辛めがお好みの方は1辛ずつレベルをアップさせることができます! 盛り込まれたチキンは塩麹仕込みでしっとり仕上げ、皮膚表面被燒焦了,燒焦了。、ボリューム感も楽しめます! 脇に添えられたオクラとトマトのアチャール(インドの漬物)を混ぜながら食べても美味しく味わえます! ※カレーはテイクアウトもできるため仕事の合間のお弁当としても嬉しいですね! 「おすすめオープンサンド」 自家製のハムやマリネサーモンを用いたオープンサンドはしっとりときめ細やかで優しい塩気と甘みのあるあっさりとした脂を楽しめる 「夢ポークのオープンサンド」と爽やかな香りと味わいを楽しめる「マリネサーモンのオープンサンド」の2種類から選べます! オープンサンド用に開発された特製パンは「Boulangerie Lamp(ブーランジェリーランプ)」に発注されています! オニオンピクルスの酸味をアクセントにグリーンサラダや食用花のエディブルフラワー(ペンタスの花など)を彩り良く盛り込まれているため、更何況Insta的反射、ヘルシーさを求める女子にも喜ばれることでしょう! トーストしたカリカリ食感のパンと、開放式三明治由兩塊麵包組成,質地與麵包一起享受麵包的味道,無需烘烤、你可以吃它,很容易吃。、それぞれに具を載せて違う食感を楽しんでも良しの二通りの楽しみ方で味わえます! こちらはランチタイムからカフェ、晚餐前開放、1在一天中的任何時間使用、有小孩的父母也提供舒適的沙發座位。、子育てママ&パパにも嬉しい環境が整っています! さらにわたしのお気に入りの場所でもある緑豊かな中庭テラス! こちらを開放してのイベントやパーティなども積極的に受けられるとのことですので今後の展開がとても楽しみです! 11月の約1ヶ月間をプレオープン期間とし、11月末~12月にかけてグランドオープンを迎えます! ランチメニューとは雰囲気を変え、晚餐功能表將介紹法國美食課程。、デート利用も楽しみとなります! 最後にオーナーの基司とBeigeスタッフの大原雅美さん、和新加入的加藤信雅廚師和女廳工作人員大巴先生、井草さんを囲んでの記念撮影! 「サーラプラザ佐鳴台」は、11/1(星期五)、2(星期六)、3(星期日)、4在四天的"塞拉大感恩節"活動,慶祝塞拉集團110周年、カフェ&レストラン 「Passerelle(パスレル)」 もオープン早々賑わうこと間違いなしです! 近くに足をお運びの際は是非立ち寄って見てください! Passerelle(パスレル) 住所:1-11-5 薩納魯台, 中谷, 濱松, 靜岡 (薩拉廣場薩納魯泰內) TEL:053-555-6295 上班時間:午餐時間11:30-14:00、咖啡廳時間 14:00-18:00、晚餐時間 18:00-21:30(21:00 L.O.) 定休日:星期三、年末年始...

我朋友的餐廳婚禮在重生儀式大廳的"牛賽森哈馬松"

浜松街中のレストランウェディング会場として生まれ変わった「キャトルセゾン浜松(Les Quatre Saisons Hamamatsu)」にて2019年8月25日(日)に執り行われた「清水勇策&松井綾子の結婚披露パーティ」に参列して参りました! こちらは元々結婚式場であった「ポルテボヌール」が「浜名湖オーベルジュ キャトルセゾン(Les Quatre Saisons)」と同グループの運営へと変わり、2018盛大開幕,年7月11日(星期三)! 翻新設施、深棕色別致的空間已經變成了一個平靜的氛圍,基於海軍 x 黃金、[美食] = [品質] = [成人] 主題作為成人的社交場所重生、レストランとしてもウェディング会場としても多くの若者から支持を受けています! この日の披露宴は盛夏のピークを過ぎ、這是一個容易的氣候,開始感受到秋天的跡象、午後15時の受付開始時刻には既に多くの参列者で賑わいを見せております! 受付には新郎新婦の御友人たちが立ち出迎えてくれ、一本在《芳名本》上登記,就記在一起。、給每個人一個Jenga的部分、在這裡,我們給新娘和新郎留了個賀電。、わたし達夫婦も一言お祝いを認めさせて頂きました! 何故に「ジェンガ?」と思いましたが、詹加似乎在史瓦希里文中意為"堆積"。、它似乎已成為一個專案,值得開始兩個新的生活! 我肯定、詹加充滿了大量的祝賀資訊、御二人の新居のインテリアとして活躍することでしょう! ウェルカムブースでは、已經有兩個燦爛的人的身影迎接出席者、新郎和勇敢的計畫昆的外觀,這是一個男子氣概的,在什麼時間正式外觀、穿著純白色的婚紗、ゆるふわなルーズアップのヘアステイルでお姫様のような愛らしい姿の新婦・綾子さんがいらっしゃいました! 披露宴開始まではラウンジにて、與兩個人自由地拍攝紀念照片、在賭場展位享受輪盤賭、ウェルカムドリンクを交わして歓談できる緩やかな時が流れます! ここで一番驚いたのは、啤酒從杯子底部冒出來。、就像魔法一樣,在一個新的啤酒伺服器上、アサヒビール株式会社が作る「トルネード・ディスペンサー」の登場です! 専用グラスをセッティングすると、它成為從玻璃底部冒出的細細微性啤酒,而看。、泡は右手にあるボタン1つで自由自在! ライトアップされながら注がれる不思議な光景に拍手喝采です! 楽しげな雰囲気に包まれた会場で、當新娘結束問候,標誌著盛宴的開始、乾杯問候、可愛的姐妹擊中新郎朋友的孩子負責、全員に配られたChampagneにて乾杯です! 披露宴会場となるボウルルームはシックでクラシカルな雰囲気を漂わせており長テーブルを縦に繋ぐ王宮晩餐会のスタイルでセッティングされています! わたし達夫婦は新婦友人側の席となり、有時我和家人在一起。、新婦の御家族と席をご一緒させていただきます! 新婦・綾子さんの年子の妹である菜奈子ちゃんは出産をされたばかりで、和天使坐在一起,她三個月大了。、綾子さん曰く天使ちゃんは「今日の主役!」とのこと!会場内の賑やかさに物怖じすることもなく堂々たるその様子と顔立ちはママとなる菜奈子ちゃんに瓜二つ! 御二人のための結婚披露宴ではありますが、"我希望所有出席者都能慢慢品嘗和享受美味的食物! 新郎和新娘的要求、特に大きな余興などを組み込むことなく気取らないスタイルで進行する宴となります! 料理上手な新婦御母様・計子ちゃんの影響で作ることも食べることも大好きな松井家の姉妹! そんな事もあり、開始吃飯的信號、松本裕久主演的美食劇《國王的餐廳》的序曲《勇氣》/高野幸男被背景音樂所帶走、新娘和獅子按鈴、"訂單! 開放式廚房的門打開,有美味的菜肴,有♪"和響亮而脆的叫聲、厨房スタッフが現れ一斉に料理が運ばれて参ります! こちらでは、在京都吉翁的明星"餐廳"的Yonemura Kazuhiro廚師的監督下、由大廚師千住雅廚師準備的全套法國課程、浜松ならではの料理として「うなぎパイ」と題されたユニークな創作料理なども必見です! ■「冷製ロワイヤルと焼茄子 うにを添えて」 ■「平目のサラダ わさびのピュレと柚子香るビネグレット」 ■「うなぎパイ」 ■「お口直しのパスタ」 ■「和牛フィレ肉とロースのしゃぶしゃぶ」 ■「米村カレー」 ■「デザート」 ■「ウェディングケーキのババロアレモン」 堅苦しい挨拶もほどほどに始まった宴ではありますが、"醫療公司協會"、對於在公司工作的新娘和新郎,作為"Sakagami家庭診所"的來訪護士、小野弘治,董事會主席 (小野弘)先生先生的祝賀也溫暖地緩解了這個地方。。 還、日体大出身の新郎側友人たちが繰り広げる北野武の監督作品である「アウトレイジ」やディズニー映画の「雪アナ」をパロディさせた余興PVは会場内に大きな爆笑を生み出し場を盛り上げておりました! 夏にいただくケーキとしてさっぱりとするように考え抜かれた「ババロアレモン」のウェディングケーキは新郎新婦初の共同作業として未完成のケーキにレモンシロップをたっぷりと注ぎ完成! 最後に添えられるケーキトッパーは新婦が新郎を引きずるタイプのものをセレクトする辺りしっかり者の綾子さんが既に「かかあ天下」としての本領を発揮している様子が伺えます!(笑) お色直しの中座では新婦・綾子さんが愛すべき妹・鴨藤 菜奈子 (納納科·蘇蘇西)和陳、おそらく目に入れても痛くないほどに可愛い天使の姪っ子ちゃんと共にほっこりと癒やされる御姿で和やかに退場します新郎・勇策くんは尊敬する御両親と仲睦まじく退場です! 中座ではスクリーンに映し出される新郎新婦の生い立ちと出会いをまとめた映像が流れ長く御二人の関係を見守ってきたわたし達としては本当に安堵の思いが募り思わず涙腺が緩みます新郎新婦どちらの御家族ともお話させていただいたことがあるのですが懐深く温かく面白い御家庭で愛情をたっぷりと注がれて育った御二人、和、沢山のかけがえのない心友や仲間たちと人生を共に過ごしてきた御二人はきっと間違いなく笑いの絶えない温かな家庭を築き上げることでしょう! お色直しを終えた新郎新婦は何故か「暴れん坊将軍」のオープンニングテーマを流し将軍ヅラで紋付袴姿の新郎と新婦は姫様のように艶やかな引振袖姿で入場! 元々短髪なので大きな変化は感じられませんでしたが一笑いを起こしておりました!(笑) 新郎新婦御二人からのサプライズとして受付で用意したジェンガメッセージをくじに見立て引き、68名の参列者の中から6名の方々へプレゼントが贈呈される一幕があり見事その6名の中に選ばれてしまい驚きながらも改めて自分の引きの強さを実感した次第です! 用意されたプレゼントは無類のアイス好きな新婦お勧めの「ハーゲンダッツ」のアイス引換券です! ナース学校時代の新婦側友人の余興PVではどの場面でもおふざけを混じえながらも満面の笑みで楽しそうに過ごす綾子さんの顔が見られグループのリーダーとしてムードメーカーとして活躍されてきた頑張り屋さんの姿が印象的に映りました!...

特別午餐慶祝生日在城堡餐廳盛開克拉佩默特爾"現在和永遠"

靜靜地坐在 mokuren 的濱松北戶田、重厚感たっぷりと存在感溢れる古城のような「カフェ&レストラン 連理」へ ! こちらはおよそ3,000坪に広がる農園と庭から眺めることのできるシンボルツリー「連理の木」がまた素晴らしいロケーションとなり我が家の愛車が映える風格を持ち合わせています! 岐阜や多治見で修行された後「グランドエクシブ浜名湖」内のイタリアン「グランドエクシブ浜名湖 ルッチコーレ」にて経験を積みイタリア料理とフランス料理の基本を学んだ尾上成彰シェフを迎え入れ、 2013年12月3日(火)にフレンチレストラン「カフェ&レストラン 連理」として再オープンされ非日常的な雰囲気を味わえるレストランとして人気を誇っております! 今時期はサルスベリの花が咲き誇る中庭を眺めながら優雅なひとときが過ごせるため、8/14慶祝我丈夫43歲生日、和去年一樣,我把它留給了奧諾的廚師。、スペシャルなランチコースを半個室で楽しみます! また、這一次,作為支援富山作家的拉德計畫系列的[與樂器一起旅行]、波特' (蔗 Shakunaga)"和牛,Kazuhiko (和彥 Shimoo)和索裡的 @ 在尾巴下 (沙織 Shimoo)さん御夫婦のユニット作家「Shimoo Design」の器と共にコラボしていただきましょう! 「ルイ ロデレール ブリュット プルミエ(Champagne Louis Roederer)」 誕生日を祝うChampagneは、在淡淡的金色光芒中、豐富的香氣和濃郁的香氣、結合微妙的醇厚、リッチな味わいが楽しめる「ルイ・ロデレール」にて乾杯! 「前菜の盛り合わせ」×「器釋永岳 áge Φ320」 ■「富士山サーモンの燻製 胡桃レーズンパンを添えて」 バナジウム水で有名な猪之頭湧水と芝川の豊かな水で育つ富士山サーモンの燻製は、五顏六色的紅色,但具有淡淡的味道,沒有習慣、香り豊かに楽しめる上品で清らかなサーモンです! ■「稚鮎のコンフィ フレンチトースト添え」 ほろ苦さを楽しむ稚鮎のコンフィには、與甜味和潮濕的法國烤麵包搭配、さっぱりとした酸味のトマトのピクルスを添えて頂きます! ■「春野町産チョウザメ 蕎麦粉のブリニ キャビア添え」 浜松市天竜区春野町の新たな産業として着手されたチョウザメの養殖に加え世界三大珍味の1つの高級食材であるキャビアを「ハルキャビア(HAL Caviar)」としてブランド化することに成功! ハルキャビアは国産のフレッシュキャビアで、為了提取魚子醬的原始美味,添加的鹽是最低要求。、優しくクリアな味わいが特徴で他には無い味わいとなります! 身の締まったチョウザメの炙りと蕎麦粉のブリエと共に楽しみます! 「北海道産ピュアホワイトのポタージュ 大豆のエスプーマを添えて」×「器釋永岳 mars bowl Φ100」 自然栽培にこだわる北海道産の真っ白なとうもろこし「ピュアホワイト」を用いたポタージュはスイートコーンと言われるほどに甘味豊かなとうもろこしで生でも食すことができる幻のとうもろこし! 豊かな甘味で濃厚さを感じながらも後味さっぱりと楽しめるポタージュは優しく胃に染み渡ります! 「甘鯛の鱗かりかり焼き 茄子のジンジャーロースト ブ-ルブランソ-ス」×「器釋永岳 新作áge Φ300」 甘鯛の鱗かりかり焼きはわたし達の大好物! パリパリに仕上げた鱗の食感が歯切れ良く身はふわっふわの絶妙な火入れ! こちらには以前尾上シェフの料理教室でレシピを直伝していただいた鉄板のブールブランのソースを合わせて頂きます! こちらのブールブランソースはバゲットに付けて頂くのもお勧めです!...

在富士山 "餐廳 BIOS" 腳下, 新鮮採摘的蔬菜身體, 美食法國人在寧靜的鄉村歡欣鼓舞

在富士山腳下寧靜的鄉村、種植園 "馬祖生物膜時" 在身體使用新鮮的蔬菜友好的法國餐廳餐廳 BIOS (餐廳生物)! 在富士山腳下, 水大量流動,、豐富的自然環境適合農業、1.8與 HA (5400 平方米) 農場種植園 "馬祖生物膜時" 現在、是為了在沒有農藥和化肥的情況下進行農業、主要包括草藥種植的蔬菜、農作物生產已有50多年的時間! "餐廳 BIOS (餐廳生物)、種植園見馬祖生物膜時 "松木和宏訂婚 (松木一弘)1先生/2009 開了農家餐廳! 房間裡最初是在日本開業的尾馬事件羅布喬恩 (喬爾·羅布喬恩現在), 當時 m-震懾 (m ' tre d ' hóhel), 第一位管家說、松下, 大介是經理的老房子酒店在鐮倉前幾天我去 "鐮倉不時。 (大輔君 Matsumiya)先生也、那是個和松木一起吃漢堡包的服務員、現在這種關係繼續作為彼此的支援者! 我到了停車場、我們等待接送山羊的哭聲被治癒! 孩子的友好的方式、握手, 走到非常近的地方、魅力迎接我, 發現在柵欄杯上的外觀融化了! 豐富的天然木紋、舒適的沐浴與自然光從大窗戶展開在一個完整的牆壁空間! 客廳的建築師稱光明的魔術師和墨西哥的路易士·巴拉根的房子, 讓人想起十字架的設計是令人印象深刻的! 皮耶裡斯·拉貝·克魯維沃拉全舞、綠色準備拝meru 雄偉的富士山在農場上擺滿了座位! 這一天的午餐功能表 "季節性品嘗課程12盤-" 9500 日元提供的課程 "非酒精對環 (Omakase 4 玻璃)" 的訂單, 並添加了 2800! 在白色桌布上、在節日期間, 用德國餐具 "羅森塔爾" 夏季草地 "跳蚤索瓦奇 (野花)" 的鮮花形象裝飾精緻的餐桌。、興奮的午餐時間開始! [季節性品嘗課程12個盤子 + 非酒精雙環] (1) 長谷川三無武的 "長谷川農場" 代表了富士市的蘑菇長谷川、在手指上用有機蘑菇做的木耳是從荷蘭進口的、在蘑菇切片如此新鮮的場合使用,、一個 gavotte 法國糖果在底部-在切碎的蘑菇脆麵團, 溜進螢幕是和、在一口魚和、蘑菇的味道和甜味鋪開嘴! ♦在配對中提供了非酒精閃爍的薄荷、侍酒師, 並享受性能松木的業主誰在桌面上提供新鮮準備的飲料、而不是葡萄酒或不含酒精的、酒體吐司與香檳般的氣氛! Drytayst 非酒精閃閃發光的自製薄荷糖漿滴注、採摘新鮮的薄荷與清爽的杯子! (2) 還製作了願望山羊奶酪與洋蔥和炒, 直到 "帕爾馬餡餅" 焦糖餡餅在咬大小的件和、咸乳酪和甜洋蔥的和諧是精緻的! (3) "搶購豌豆" 新鮮的搶購豌豆和法瓦豆、菊花石的彩色花蕾、用白豆泥輕輕煮到船形薄餡餅上的豌豆、伴隨著白色的花朵搶購豌豆! 在原始狀態下的甜味和新鮮度樂趣、煮熟, 更豐富多彩的休假豌豆添加紋理與沙基沙基榨汁機和享受! 因為鹽是溫和的、感受新鮮採摘的蔬菜菜的真正味道! (4) 穿 (出現自製的裡科塔乳酪是煙熏玻璃克洛什 ' 自製的裡科塔 ' 從報價! 與光美人魚一起、並與薰制油在、享受煙熏香氣和乳白色的味道! ♦果汁的草藥與酒精 "夏多麗 (不含酒精)。、薄荷和檸檬草、艾莉的香味是充分的! (五) 自製麵包, 有自製的天然酵母、黑麥和全麥麵粉、麵包麵粉中的金比、外面是清脆的白芝麻烤、是軟的, 並有、如麵包太重, 完成平衡、這是一個美味的麵包, 因為你去! 煮未經巴氏殺菌的牛奶、用黃油抽打的牛奶黃油、用輕觸的鹽服務! Focaccia 開始燃燒的時間面對在開幕訪客似乎總是如此、Focaccia 被傳下一次 ' 環游世界 ', 也期待著! (6) 飛人是用洋蔥包布、曬乾的番茄和蓋帽、橄欖、與松子和酸調味品一起、配以醃制或幹洋蔥片、香菜花和草本植物口音! 之間的食物之間採取、廚師和大廚交替地從廚房出來, 去了農場、只有用草藥和鮮花來收穫! 餐廳就不那麼理想了! (7) 豆類大米可以提供大約兩周和、究竟是什麼時候的季節, 但不能吃豆子飯!.

"阿魯" 在這裡與獨特的精緻法國葡萄酒獨特的日本

自2017年在愛知縣豐橋市開業, 大樓2樓、早在傑出的自己、東三河エリアを代表する人気店へと成長されるフランス料理店「aru(アル)」へ! 場所はJR豊橋駅から徒歩5分圏内となりユーカリの木と裸電球が灯す柔らかな光の下に掲げられたシンプルな真鍮のサインが目印でこの日はミモザとアザミも出迎えてくださいました! ゆったりとしたアプローチの先にはこのお店のテーマカラーとなるスモーキーブルーの木製扉が優しく出迎えてくれます! 店内のデザイン設計は、豐川主要活躍在建築師的 haag 設計中 + 哈格咖啡廳海牙設計與海牙咖啡廳是廚師的承諾。、散發著舒適的柔和空氣, 流入簡單的空間。廚房建議在右邊擺放地板的外觀。、ゆったりと14席~18席ほどの席数を用意! こちらは料理の基礎を大阪のビストロ「アヴォロンテ(’Avolonte)」の川田祐志シェフから学び、進一步、在巴黎的三星級"Astrance"訓練後獨立,在最短的時間內獲得米其林一星的著名商店"Sola"的Yoshibu Hiroki (Yoshitake 寺井廣樹)和廚師、Ogata m. Nagle (nacrée) 仙台也 "astrance (Astrance)" 從米其林一星廚師從許多學到的成分和、在大阪用雷特石 (Eternite) 服務, 充滿了侍酒師鈴木塔庫的經驗 (托生鈴木)廚師是一個32歲的青年、鈴木 Aya sommelier 妻子 (鈴木)擁有獨立的三條腿的賽馬場! 我想感覺就像你最喜歡的瓶子在20世紀後期在巴黎餐館的學徒生涯中找到的、鈴木廚師談圓桌用舊材料是專案外senai。認為廚師是被授予的、青山石田町、愛知縣工廠木材和皮革奧山工匠, (Kazushi 青山)而我是手工藝的、在圓桌上敢於木材, 建立了溫暖的感覺, "輕輕上你會享受食物", 使雖然包裝、你可以從心底瞭解食物的樂趣,同時不分心地交談! 午餐在這裡、下一步與廚師共進晚餐、6道菜約3400日元, 8 盤約6800日元隔壁午餐、晚餐提供菜8道菜約6800日元, 10 道菜約8800日元, 每次2道菜、利用食品生產商的優勢, 他們信任廚師的臉看起來、此処でしか味わえない東三河ならではの料理を提供されています! 先日、他們參觀了如何在家裡進行的陶瓷藝術展。當時 "其實我想用的是儀器! "我很高興我們、この日はLade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』として、波特出現在專案第1部分""=永月" (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器を持参し「aru」とのコラボを特別にして頂きます! 店内のウォークインセラーには、日本葡萄酒中心約700本葡萄酒、到現在為止一直在收集小兩行的人。還可以享受特色菜, 日本葡萄酒近年來備受關注、このお店ならでは! ホールを担当されるSommelierの彩さんにコースに合わせたワインのペアリングをおまかせすると良いでしょう! 先ずはChampagneの「テタンジェ ブリュット レゼルヴ(Taittinger Brut Reserve)」にて乾杯! 1皿目「トマトとローズマリーと自家製リコッタチーズのタルト」×「Shimoo Design 浮様 リム皿 280」 玄米の上に添えたフィンガーフードからスタート!一口で頬張れば、在豐川, 高糖和新鮮的櫻桃番茄傳播是果汁甜味、有光滑的嘴很好融化奶油與自製的裡科塔乳酪、五顏六色的菊花、還戴著美味的迷迭香粉、輕和酸完成薄和脆和部長瑪麗、思わず笑みが溢れてしまう一口!...

法國餐廳在富士達移動, 如果經常光顧它的 "lagap" 婚姻7周年慶祝活動

藤枝市青葉町の青島中学校通り沿いのテナントビルの一角にある「フランス料理 レストランラガップ L’AGAPE」にて、為了慶祝我們的結婚紀念日, "銅婚式"! 在這裡購物、松下, 主廚高行 (孝之 Matsusita)。、東京、獲得您的商店在關西地區的一些經驗、繼法國之後還培訓獨立 2008 年 9 月。簡單的白色內飾顏色和、餐廳座位10個座位更多的私人感覺和、結婚してからずっと通い詰めているお店の一つです! 今年も入籍日となる2/22(猫の日)を迎え結婚7周年「銅婚式」を記念し「フランス料理 レストランラガップ L’AGAPE」にて楽しく過ごして参りました! ランチメニューは1,800円の気軽なAコースから、到 10000 日元課程與廚師的時令食材和能夠處理 5 課程、在所有泛 (豬肉 Rillettes 與)、湯和咖啡廳、還有甜點、這一次、b 課程3500日元選擇開胃菜和主菜在一起, 就像每個訂單一個、持ち込みワインと共に至福のひとときを楽しみます! 我が家で開催している陶芸展のお知らせも兼ねて、Lade Gourmet & Hotel Web Magazine企画の『器と旅するシリーズ』をリクエストし企画第1弾で登場した陶芸家の「釋永 岳 (蔗 Shakunaga)"鋒利的儀器號稱是一個簡單的脫衣舞無用的、Kazuhiko caudate,誰參加了規劃第2部分 (和彥 Shimoo)先生。&Shimoo 沙織 (沙織 Shimoo)它象徵著日本作家單元"石木設計"之美、合理的且つ美しさを忘れない木製器とのフレンチコラボを特別にしてただきましょう! 「ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエ(Louis Roederer Brut Premier)」 浜松の大好きな「Patisserie アボンドンス」のBernard Heberle・長谷川 豊佳 (Toyoka 川)さん夫妻からお祝いで頂いたChampagneを開栓し乾杯! フォアグラの濃厚さにも負けない深みのある味わいで芳醇さが堪らないChampagneとの相性も抜群です! アミューズブーシュ(Amuse-bouche) 「フォアグラのチーズケーキとテリーヌ」×「釋永岳 gen台皿 Φ20」 本来アミューズは無いのですが、這裡的鵝肝開胃菜是我最喜歡的、因此, 有太少的體積是數量、松下シェフに小ポーションでお願いすると「アミューズとしてお出ししますね♪」と嬉しいお気遣い! 苺のコンフィチュールを添えて頂くフォアグラのチーズケーキはしっとりと濃厚で、完成梯田, 在白港葡萄酒醃制的鵝肝、鵝肝與焦糖、脆脆的表面紋理和味道、とろけるように滑らかなテリーヌの余韻に浸れる一品! 前菜 「サーモンの自家製スモーク 厚切りポワレ」×「釋永岳 gen台皿 Φ30」 こちらのレストランでは、總是充滿了乾淨、所以經常看到白色的瓷器餐具是法國烹飪的來源和基礎、黒の器に盛り込まれた料理はとても新鮮に感じます! 皮面をパリッと香ばしく焼き上げたサーモンは、有趣的胃口熏香、潮濕, 穿著厚的填充物、在捲心菜中的三文魚上跪著、用大蒜味在苦瓜大蒜和中國蔬菜 hom 蔬菜莫斯上吃完清淡的煎青菜 (kutaisi)、色鮮やかなビーツのソースで頂きます! 前菜 「カサゴの生ハムフリット」×「釋永岳 mars himawari Φ25」 旬菜となる蕗の薹とオリーブのペーストをカサゴで巻いたサクサクのフリットは中ふっくらと柔らかく旨味を閉じ込めた仕上がりに! 甘くローストされた小玉葱や人参、白蘆筍、菠菜與蔬菜一起食用、マイルドなタルタルソースは粒マスタードやピクルスのアクセントで楽しみます! スープ 「有機栽培人参のスープ」 藤枝の農家がつくる有機栽培の人参は素材本来の人参の甘味が味わえリッチなテイスト! パン...

滾動到頂部