在模式中一個新的購物中心 LABIM 商場休息 !

ネパールはパタンの市役所前にある大通りプルチョウク・ロードの交差点角地に昨年2016年3月に新しくできた大型ショッピングモール「ラビム・モール(LABIM MALL)」へ!パタンの街並みの中でも一際開発の進むエリアとなり古い街並みとはかけ離れた別世界の空間が広がっております! こちらには映画館やレストランカフェに玩具店美容系ファッションブランドなどが揃う複合施設となります! 中央は吹き抜けを通じて開放感溢れる空間を演出し自然光が注がれ明るさを保つエントランスホール!ショップが立ち並ぶ回廊はアーチ型となり中心部から見渡せば見晴らしの良い眺めとなるデザインです! ショッピングモールの1階にオープンエリアとして設置されているカフェ「ヒマラヤン・ジャワ・コーヒー(Himalayan Java Coffee)」へ! 世界で最も高い標高で作られるネパールコーヒーを取り扱う専門店として1999年にオープンされ現在ではネパール国内で15店舗以上に拡張されています!かつてネパールでは紅茶が主流でコーヒーは一部富裕層の嗜みと言ったところでしたがここ数年に渡り西洋のカフェ文化を取り入れるようになりコーヒー産業も急激に成長を遂げております! お迎えのツーリストバスが来るまで暫しこちらでコーヒーブレイク!ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)從先生、「万全を期して水と氷だけは気を付けましょう!」と注意されていたため氷の入るアイスコーヒーを避けてホットをオーダーすることにしました! 「カフェラテ」180ルピー(日本円にして約192円)※2017年9月現在のレート(1ルピー=1.07) ネパールにてラテアートが楽しめるとは意外でした!ネパールコーヒーの特徴はヒマラヤ山脈の大自然の恵みを受け標高1,100mの険しい斜面を利用して植えられており高知特有の厳しい気温の寒暖差が芳醇な香りを放つ高品質な豆を育て上げ果実の様なさわやかな酸味とコクのある苦みのバランスが優れた深い味わいを楽しめます♪ まったりとした休息時間で英気を養った後はツーリングバスに乗り込み車で30分ほどの場所にあるブンガマティ村(Bungamati Village)の視察に参ります!...

帕坦市長拜會出生 20 年前在"帕坦城"!

ネパールはパタンのプルチョウク地区にあるプルチョウク・ロードを走り一際賑わいを放つ街中の「パタン市役所」へパタンでは、20年振りに市長が誕生されており、這一次,、新市長へ表敬訪問に伺いました! 市役所玄関にて市役所職員のビックラム・シャカ(Bikram Shakya)さんをはじめ市長秘書に出迎えていただきました!螺旋状の階段を上り、4階建ての最上階にある市長室へと進みます!人生でこんなにも階段を上り降りしたことがあったでしょうか!?良い体力づくりとなりそうです! 市長室に出迎えていただきこちらでも「カダ(布)」を首に掛けていただき歓迎の儀を迎えます!この日も今回のネパール視察ツアーをネパールの民間放送で取材してくださるテレビ局のカメラマンのグンラジュ・シャカ(Gunaraj Shakya)さんの現地取材が入ります! パタン出身で今回のガイドを務めてくださるマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)從先生、20年振りの選挙で誕生された新市長のChiribabu Maharjan(チリバブ・マハラジャン)市長と女性副市長であるGita Satyal(ギタ・サティヤル)さんにお会いできたことへの感謝の気持ちをお伝えいただきました! ネパールでは市長が男性の場合は副市長は女性が担い市長が女性の場合は副市長は男性が担うよう法律で定められており女性の社会進出を義務付けられているとのこと!現在は国会議員などを含め役人の約半数となる50%が女性が大活躍されているそうです! Chiribabu Maharjan(チリバブ・マハラジャン)市長はとても笑顔が素敵な温かいお人柄の方で視察メンバーひとりひとりに丁寧に御挨拶くださり歓迎してくださいました!ナマスカール!(नमस्कार)目上の方へのこんにちは! 実は表敬訪問させていただいた前々日まで日本への視察に出向かれていたChiribabu Maharjan(チリバブ・マハラジャン)市長過密スケジュールの合間をぬって今回お時間を取ってくださったそうです!感謝! チリバブ市長は現在は震災の復興に尽力されており近い将来に向けてモノレールの開通やより過ごしやすいパタンを築き上げていくことをお約束してくださったのでわたしたちはWEBマガジンladeとして今回のネパール視察ツアーにて「ネパールの現状と魅力」を配信させていただく旨をお伝えしより良い環境づくりをお願いして参りました! 「清水ライオンズクラブ」を代表してツアーリーダーの浅井政則さんより著名な書家の作品である「恵愛為心」の書物を贈呈!こちらは中国・北宋の政治家・文人である范仲淹の言葉で「人を慈しみ愛する心を常に持つこと」を意味する美しい書となります! その他にも「牧之原市国際交流協会」や「吉田町国際交流協会」より静岡を代表する名産品などの贈呈もあり親日家のチリバブ市長は大変お喜びくださいました! わたしたちは今回ネパールを訪問するにあたって何か”日本らしさ”や”静岡浜松らしさ”が伝えられる贈り物ができないかと考え、這裡有個禮物到高的溫度中亞熱帶尼泊爾、從江戶時代遠州棉織物的傳統手工藝的處理、大高 旭さんが代表を務められる浜松市「遠州綿紬 ぬくもり工房」の「遠州綿紬扇子」を贈呈させていただきました!丈夫でありながら心地良く涼やかな風を繰り出す「遠州綿紬扇子」!チリバブ市長をイメージしお贈りした深みのある上品な男らしい色合いの「伝紺(日本の伝統的な紺色)」は想像以上にお似合いでございました!チリバブ市長は日本の扇子を良く御存知で涼やかに扇ぎなら大変喜んでくださり嬉しい限りです! 最後に皆さんと一緒にパタンの市長と副市長を囲んでの記念撮影!タパイライベテラクシラギョ!(तपाईंलाई भेटेर खुसी लाग्यो)お会いできて嬉しいです!...

良好的平衡模式賓館"退休金 assert"早餐

ネパールはパタンでの朝は早く野良犬の大合唱と共に日の出前に目覚め「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」の最上階の部屋から朝陽が昇る様子を眺めながら朝を迎えます! ペンションの中庭は芝が生い茂り木々に囲まれ花やハーブなどが植えられる豊かな庭園となっておりツアーメンバーの癒やしの憩いの場となっておりました♪ 朝食会場の1階ダイニングにて、早上從 7 上午做準備早餐。皆さんより一足お先にテーブルへ週間天気予報ではツアー中はずっと雨予報でしたが嘘のような晴れ間が続き晴れ女パワーを遺憾なく発揮! 奥様のサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さんがネパールコーヒーを淹れてくださいます!わたしたちはコーヒーはストレートでいただきますが温めた水牛のミルクも添えてくださいます水牛のミルクは、在口味、牛乳よりもスッキリとしています。含早餐、ネパール紅茶やインドのチャイに当たるチヤなどの要望にも応えてくださるのでお願いしてみましょう♪ 緑豊かな中庭を望めるダイニングではゆったりとした時間の流れと共にバランスの良い朝食が楽しめます♪ 朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1食$6.5(日本円にして約728円)となります!彩りも良く嬉しいフレッシュのグリーンサラダには庭園で育てられたハーブなどもたっぷり!卵焼きには大根おろしを添えられ和のテイストかと思いきやアクセントにパクチーが入っておりアジアンテイストの風味豊かな香りが食欲をそそります!こんがりとトーストされた食パンにはバターとコンフィチュールをお好みで添えて温かいマッシュルームのポタージュが胃に優しく染み渡り絶品!デザートにフルーツのマンゴーソース掛けをいただき朝から大満足の朝食です! 旅先ではホテルでブッフェスタイルの朝食も良いですがこのようなペンションでこれだけ美味しい朝食をいただけるとは思っていなかったので本当に驚きました!朝食は1日のパワーの源しっかり残さず美味しく堪能させていただきました! ネパール初日を終えた翌朝の集合時間は朝9時となります遅くまで飲んでいた元気な方もいらっしゃるようですが皆さんとても元気です!この日は「パタン市役所」の市長への表敬訪問を予定しているため皆さんジャケットを着用です! 丁度ペンションに長期滞在されている日本人の武田千秋さんにお会いすることができました!実はこの方は「JFA 公益財団法人日本サッカー協会」に所属され「ネパールサッカー協会」の技術委員長としてネパールでサッカーを教えられているそうです!JFAアジア貢献事業の一環として「サッカーを通じて子どもたちに明るい未来を与えアジアサッカーの普及・発展につなげたい」という想いを掲げ支援活動に励まれているそうです! 「清水ライオンズクラブ」を代表しツアーリーダーの浅井政則さんよりスケジュールが円滑に進むよう注意事項等の説明が入ります浅井さんはトレッキングの趣味がおありでヒマラヤ登山の経験も豊富でネパール渡航は手慣れたものです元警察署長と言うこともありとても頼りになる存在です! 静岡県焼津市在住のネパール団体「ナマステ・ネパールしずおか」会長であり「ふじのくに親善大使」のマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)先生、この街パタンの出身ですが日本に長く住みすっかり日本人の習慣が板に付いています(笑)この日も現在お住いの焼津市をPRするために「焼津魚河岸本舗」の「魚河岸シャツ」を着こなしています!ネパールと日本の架け橋となり活発に活躍されています!さて、裡西奧、出発しましょう!...

歡迎晚會在你家裡有 maharjan 模式

在尼泊爾帕坦、ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)它也是家、你邀請到你家的 Niles 在帕坦位於尼泊爾旅遊、尼泊爾第一夜、在這裡我們要歡迎党 ! 奈爾斯,在您的家、鄰居們時的熱烈的歡迎 ! 奈爾斯的愛作為英雄城市的平民主義者、皆が声がけしてくださいます♪ ネパールの風習の1つとして、罕見的景象,看啊 ! 由戰神、水瓶座水在入口處放入條例草案 》、所以祈禱,然後回家、淋濕了賺的錢 ! (驚喜) 它是在瓦文化和土著人民的加德滿都谷地、ネワール族の文化はこの他にもいろいろ残っているようです! 日本で言う客間のような場所に通していただきました!鮮やかなピンクの壁にブルーのインテリアのアクセントが映える空間で、像、メキシコの建築家「ルイス・バラガン(Luis Ramiro Barragan Morfin)」を彷彿とさせるような配色で可愛らしい造りです! ネパールでは国土が広くないことから、在現場的土地有一個家、富有的家庭會在上樓擴大將是。他家在奈爾斯,燦爛,和 7 層、說到在樓梯上的上ri降ri 甚至他年邁的母親每天都是一個驚喜 ! 爬到七樓、なかなか足腰に堪えます!ツアーメンバー最年長81歳の杉山昇さんがサクサクと上る中、可悲的是、40代のわたしたちが一番悲鳴を上げておりました(笑) 夕暮れ時を迎える屋上は、清風、パタンの街並みを見渡せる素敵な空間!皆でネパールビールで乾杯です! ネパールビールはデンマークのカールスバーグ社との合併会社でゴルカブルワリー社の「TUBORG」と「ゴルカ(GORKHA)」が主流のようです!飲み口はどちらも軽めで甘味を感じるテイスト! 2種のビールを楽しみながら、開胃菜、水牛燉和鷹嘴豆炒菜肴、ネパールの一般家庭で親しまれる料理を堪能させていただきました! 日本で言うところの”どぶろく”のように、代理給了我們水稻燒酒建立了尼泊爾主頁 ! 但我認為大約高出 40 度酒精、為甜甜的味道、沒有區別和古怪飲料從另外一個危險的傢伙 (哈哈)、與馬鈴薯薯片我們與香料,美味的零食、哦,在這兩者之間消失 ! 在尼泊爾、ジャガイモ料理が良く登場します! ナレスさんのお母様のプレマヤ(Premmaya)さんには日本で活躍するナレスさん兄弟の記念写真と浜松を代表する銘菓「春華堂」の「うなぎパイ」などを贈呈!ナレスさんが日本に移住したのは、然而今年 18 歲,年輕的年輕天的。我敢肯定、お母様はナレスさんの帰省をいつも心待ちにしていることと思います! 日が暮れ始めるとグラデーションの美しい空色が広がります! ネパールの家庭料理となるメインディッシュの登場です! 「ダルバート・タルカリ(Dhal Bhat Talkari)」は、Dal (豆湯)、巴特 (水稻)、Tarkari (配菜)、主食尼泊爾 Achar (鹹菜) 堆放在一個盤子上 ! 在尼泊爾、更密集的蔬菜類菜肴、為進一步更多甚至燃燒香料、在非常健康、往往以適應日本的舌頭和溫柔的味道 ! 特別是、トマトを用いた酸っぱ辛いアチャール(漬け物)がわたしのお気に入りです♪ 「モモ(MoMo)」は、它是一個在日本的"餃子"! 饅頭、烤、深油炸類型和劃分、似乎使用 bean 果醬在水牛城。有干擾成分:、美國和辣醬的主流。沫沫的生活是、作為熟悉餃子的濱松人、這是我用過的一切手段的食物 ! 要五花八門的濱松餃子、也是桃果實風味等、ネパール滞在中にいろいろトライしてみようと思います! 食後にはインドのチャイに当たる温かいミルクティー「チヤ」を出してくださいました!甘さ優しく、肉桂和姜汁辣妹的氣味、身体の芯からポカポカと温まる美味しいネパール紅茶です♪ 宴もたけなわの頃、Niles 先生的同學、パタン市役所のお勤め人であるビックラム・シャカ(Bikram Shakya)さんが到着しました!翌日パタン市役所の市長への表敬訪問のアポイントメントを取り付けてくださったシャカさんです!感謝! 歓迎パーティの最後、在告別時,、お母様のプレマヤ(Premmaya)さんより、作為一個歡迎儀式、「プジャ(Puja)=お祈り」で旅の平安を祈っていただきました!ダンニャバード!(धन्यवाद)ありがとう! 額と頬の3ヶ所に赤い粉を付け、頭髮花治療、圍在脖子上用紅皮帶、我們遭受儀式 ! (請注意:紅色粉末、所以不是很秋天、白い服などには充分お気を付けください)こちらも人生初の「プジャ(Puja)=お祈り」となり心温まる歓迎をしていただき嬉しい限りです!フェリベトウラ!(फेरि भेटौला)また会いましょう!...

杜巴廣場,帕坦周圍世界遺產與旅遊步行到異國的世界 !

ネパールの首都カトマンドゥの南に位置するパタンは、而這座城市繁榮起來, 成為首都加德滿都在馬拉王國的3倍、被稱為 "美麗之都" 的繼承了紐阿爾的文化和藝術。世界遺産に登録されたパタンの「ダルバール広場(Durbar Square)」には、非常古老的宮殿和各種寺廟、廣場, 一個受歡迎的目的地作為當地尼泊爾人民的休息場所。觸及古代圖案的歷史、異国情緒溢れる空間にトリップしてみましょう! ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)它是在指導下、ダルバール広場(Durbar Square)を視察!ダルバール広場は、位於加德滿都三大的前皇宮, 帕坦和巴克塔普爾。、遊客的入場費。20179月入學、1,000ルピー(日本円にして約1,070円)※2017年9月現在のレート(1ルピー=1.07円)となり「パタン博物館(Patan Museum)」の入場料とセットとなります。因為門票在7號之間有效、入場ゲートで提示すればいつでも入れます♪ 今回のネパール視察ツアーをネパールの民間放送で取材してくださるテレビ局のカメラマンのグンラジュ・シャカ(Gunaraj Shakya)さんも同行され我々の視察の様子をカメラにおさめてくれています! 2015年4月25日にネパール全土を襲ったマグニチュード7.8の大地震により、不僅奪走了許多人的生命、許多歷史建築被毀。こちらのダルバール広場ではその中でも「ジャガナラヤン寺院(Jagannarayan Mandir)」と「ハリ・シャンカール寺院(Hari Shankar Mandir)」が最も大きな被害であったと聞いていますが、維修工作正在進行中、元の姿を取り戻そうとしています! 「タレジュの鐘(Taleju Bell)」は、1736而頤和園是用巴坦塔普爾·維什努·金的英文文章建造的、作為告訴時間的鐘聲, 而不是、在那段時間、對抱怨向國王呼籲的請願者的警鐘說。。在這個貝爾的故事中。、先程から登場している民間放送カメラマンのシャカ(Gunaraj Shakya)さんのご先祖様がお造りになったとのこと!震災の被害を受けること無く勇ましく残るその鐘の姿にシャカ族の驚くべきご活躍ぶりを目の当たりに致しました! 「クリシュナ寺院(Krishna Mandir)」(写真手前)と「ハリ・シャンカール寺院(Hari Shankar Mandir)」(写真奥)には足場が組まれ復旧作業の様子が伺えます! 王宮の一部であった「マニ・ケシャブ・ナラヤン・チョーク」を改装し、1997年に「パタン博物館(Patan Museum)」として開館! 博物館への入り口は「ゴールデン・ゲート(Golden Gate)」と呼ばれております!細かく彫られた金箔のゲートウェイは1734年に造られ、濕 婆、帕爾瓦蒂、加內什、是金庫馬爾 (戰爭的化身上帝斯坎達的化身) 的點。、その細やかな細工に表情豊かな神々の御姿が伺えます! 赤煉瓦造りで美しい博物館は、而建在天井 (院子) 周圍, 說明藍天、3從地板上站起來是有可能的。博物館內的展品、印度教和佛教雕像和雕塑、装飾品など宗教に纏わる豊富なコレクションを中心に数多く展示されています! 「ビムセン寺院(Bhimsen Mandir)」は、但我仍然有1682年火災後重建的銘文、那座神社是未知的。和 vim sen、也稱為 vemma (verma)、叙事詩「マハーバーラタ」に出てくる英雄を指します。它已被供奉為工匠和商人的神在寺廟! 非常壯觀的木雕、首と肩がバキバキに痛くなるほどに天を拝み続けてしまいました! パタンに古くから暮らすネワール族は、在雕塑和繪畫等藝術方面有過出色的表現、被稱為藝術和手工藝之城。人們欣賞在全市繼承這項技術的人、こちらの「Arjun Art Gallery」のオーナーも展示されている絵画を手掛ける画家ヒマラヤ山脈を望む大自然やパタンの街並みを描く鮮やかな画を見せて頂きました! 観光地には欠かせない売り子。裝飾配件, 如項鍊、手鐲和別針、她回來賣長笛之類的樂器很討厭。帕坦杜巴廣場最頑強的、3 0分鐘左右後, 已經拒絕了很多次 "。但我認為他們生活在、巧妙地記住 "日本" 這個詞、"你好你。、見 takakunayner。、"森登、精液 ", 所以無休止的硬賣、有點累。如果你真的喜歡、可以購買、會再買一次、後來後, 另一個供應商的 wa ta synomoct-s-國家後無法使用、充分に気を付けましょう! ダルバール広場から北へ上がり少し離れた場所にある「ゴールデン・テンプル(Golden Temple)」へ向かいます! 「ゴールデン・テンプル(Golden Temple)」の入口はこちらから其の名の如く金に覆われた寺院の名称「ゴールデン・テンプル(Golden Temple)」とは通称で正式名称は「ヒラニャ・ヴァルナ・マハヴィハール(Hiranya Varna Mahavihar)」となります。是由巴斯卡·瓦爾馬的國王建造的、12世紀是建立在、目前的建築將建于1409年。庭院 (庭院) 在寺廟周圍的走廊、配備了一個小神社供奉佛陀、在他們身後將是大廳。在寺廟的宗教、皮革製品被禁止、革靴の方は入口で用意された履物に履き替えが必要です! 中庭には、海龜們在慢慢地徘徊、這只作為寺廟的守護者很重要、我很幸運, 它給了更多! 更多的許多圖片、観光客の人気の的となっております♪ お供えの灯火を購入しツアーメンバー全員で参拝させていただきます! 礼拝の仕方を教わりネパールの旅路での平安をお祈りさていただきました! 慈悲深きお顔立ちの御本尊に御挨拶回廊は摩尼車に囲まれております摩尼車を時計回りで手で回し、這已經是和是相同數量的旋轉和經聖歌、這是圍繞著一個電路、御経を唱えさせていただきました! 寺院の主任司祭は、12扮演年齡以下的小男孩、30日間お仕えした後は別の若い男の子が引き継ぎます! マッラ王朝の最盛期に当たる16世紀~18世紀にかけて造られた歴史あるパタンのダルバール広場を背景に皆で手を合わせてナマステ(नमस्ते)!(こんにちは!)...

招待所由日本圖案"懸浮和斷言。

ネパールはパタンの旧市街に隣接するプルチョウク地区には日本人オーナーが営むゲストハウス「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」があります今から19年前となる1998年にオープンされ、2014年からはアパートの経営形態も追加され長期滞在のゲストを迎え入れる体制も備わっていらっしゃいます! フロントで出迎えてくださったのは日本人オーナーの秦延明(Nobuaki Hata)さん!とても温厚で物静かな雰囲気が落ち着いた雰囲気を醸し出しています♪ リビングとなるウェイティングスペースにて部屋割りなどの案内をしていただき、吸一口氣。 ネパール人で秦さんの奥様となるサヌ・チョリ・シャカ(Sanu Chhori Shakya)さん!日本語がとても堪能で常に笑顔で温かく出迎えてくださいます♪ オーナー夫妻は日本語で対応してくださるため滞在中の心配は全くありませんペンション内のお手伝いさんは全員英語での会話が可能でとても親切です!ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)先生、こちらのオーナー夫妻とは家族ぐるみのお付き合いをされているため「皆さん安心してお過ごし下さい」とお声がけくださいました♪ ペンション1階のリビング横には朝食会場ともなる食堂兼休憩スペースがあります!芝に恵まれた中庭が望める素敵なダイニングスペースです♪朝食は宿泊費とは別途追加料金となり、1食$6.5(日本円にして約728円)となります! ペンションは4階建てとなり玄関に用意された内履き用のスリッパに履き替えるスタイルとなっています! 今回わたしたち夫婦は最上階の4階部屋「402号室」となり、生活、臥室、廚房、公交車、トイレが完備された1LDKタイプとなりゆったりとした広さとなります!部屋毎に料金は異なりますがこちらは1日$40.5(日本円にして約4,536円)と驚くほどにお安い価格で宿泊できます!$計算となりますがルピー(Rupee)での支払いも可能です! リビングにはダイニングテーブルの他窓際にコーヒーテーブルもセットされミラー付きの化粧台も嬉しい限り!落ち着きのある木目調のインテリアで温かみのある雰囲気となります♪ ベッドルームはシングルベッドが2台用意されたツインルームとなり足元にはLサイズのスーツケースを開くことができるほどにスペースの余裕もあります!懸念すべき点はエアコンが無いということ朝晩は日中よりかは若干涼しくなるとはいえ窓を開ければ風は通るものの野良犬の遠吠えなども筒抜けとなるため騒音と蒸し暑さとの我慢大会となりますベッド横のナイトテーブルには柔らかな灯りの照明スタンドと小さな扇風機が1機用意されておりこの扇風機がなかなかの活躍をしてくれます♪ シャワールームはタイル式でトイレと一体型となりミラー付きの洗面台と小さな浴槽も設置されています浴槽は後付の浴槽とのことで湯船にお湯を張ると水漏れするので禁止されているそうですシャワーの水圧は弱めとなり温水は容量に限界があるため大人数で大量に温水を使用すると水でシャワーを浴びることになってしまうこともライフラインに関してはまだまだ不十分な傾向にあります。然而,、毎日清掃はきちんと入ってくださるので清潔です。毛巾、バスタオル・フェイスタオルを人数分用意してくだり毎日清掃時に交換ボディソープ用の石鹸が2個用意されていますが髪を洗うシャンプーやトリートメントは持参すると良いでしょう! 今回こちらのペンションにお世話になる日数は7日間となります。在路上、洗濯洗剤をツアーメンバーにお分けいただきTシャツや下着など簡単な洗濯をしました湿気の少ないネパールでは洗濯物が直ぐに乾くのが良いですね!その際にシャワールームに置かれていた大きなバケツやタライが大変役に立ちましたツアーメンバーに伺うと「僕の部屋には洗濯機があったよ」とおっしゃる方もおりましたがわたしたちは一昔前の時代のように手洗いを経験日本では感じることのない不便さも不思議なもので数日も過ごせばそれが当たり前の世界となり慣れてしまうものです人間とは順応性に優れた素晴らしい種族だと思います♪ キッチンには小さな冷蔵庫が設置されています各部屋には1Lサイズのミネラルウォーターを人数分用意してくださるので冷やしたい方は冷蔵庫へ収納しましょう!シンク台の下には食器やグラスカップなどが用意されているので自由に使用可能です! ウェルカムドリンクとして冷えたピーチティーをいただき乾いた喉を潤し大満足!こちらではホテルとは一味違ったアットホームな雰囲気で居心地も良くツアーメンバーの皆さんと楽しい時間を過ごせます♪...

從尼泊爾首都加德滿都從旁邊的天際線鎮

ネパールの首都カトマンドゥの「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」から予約してくださってあったツーリストバスにツアーメンバーで乗り込み隣町のパタンまで車でおよそ30分ほどの距離となります! ツーリストバスはドライバーを1人雇用しエアコン付きなどの条件を提示することが可能で、1日の拘束時間により料金が異なります今回はメンバー全員が1台で行動できるよう比較的新しく綺麗な車種でお願いしワゴンタイプ(エアコン付)の車で、1日のレンタル料が約4万円程度(一人当たり1日約3,000円負担)となりました。(請注意:ガソリン価格の変動に伴いレンタル料も多少変動致します)タクシー等で分散してしまうよりかは、1台で全員が乗車でき移動も楽な上にワイワイと楽しく便利かと思います! 首都カトマンドゥの空港周辺の郊外は街路樹も多く比較的舗装された道路が見受けられます。 然而,、車やバイクなどが賑わいを見せ始めると舗装された道路でも歩道側の舗装されていない場所からの砂埃や土埃を巻き上げてしまい何度も目の前が砂嵐に写真にこそ写りませんが窓を開けての走行は困難となります! 街中で見掛ける光景とは思えない放置された牛たち道路脇に無残にも放たれたゴミの山に残飯でもあるのかそれらを漁る牛の姿がいたたまれませんネパールの道路では何故か設置されているはずの信号が役に立たず大きな交差点には交通警備員が誘導しています車とバイクが多くその入り乱れ具合が日本の交通事情では考えられないほどのものとなります。2人乗り、3人乗りは当たり前のバイクが車の横スレスレを通り抜けていく姿に何度もヒヤッとさせられました!しかしネパールのドライバーテクニックは素晴らしくクラクションを鳴らしながらスイスイと車やバイクを避けて走り抜けて行きます! ネパールの街並みで衝撃を受けたのは電線がはびこる状態です!まだまだインフラが整わず漏電の心配もあり電線がショートしてしまうことで停電してしまうことも少なくはないそうです全てがこれからとなる発展途上の国ネパールです! バグマティ川を跨ぐバグマティ橋を境にカトマンドゥからパタンへと突入します! プルチョウク・ロードを走ると「パタン市役所」が見えて参りました!こちらは翌日に表敬訪問に伺い、20年振りに誕生した市長にお会いする予定です!パタン市役所の前には新しく建設された大きなショッピングモール「ラビム・モール(LABIM MALL)」もあり活気に溢れています! パタンの賑わう街並みを抜け一歩路地へと入れば雑多な雰囲気を醸し出しながらも旧市街に隣接するプルチョウク地区になり民家が立ち並ぶ長閑な風景に出会えます今回お世話になる宿泊先はこのプルチョウク地区となりネパールに在住する日本人が運営するゲストハウス「ペンション・スザータ(Pension Suzata)」となります!ツアーメンバーには英語が苦手な方もいらっしゃるため慣れない旅路で言語に困ることのないよう日本語が通じるゲストハウスを同行ガイドのマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)さんが手配してくださいました!感謝!...

泰國素萬那普國際機場抵達尼泊爾 tribuvan 國際機場

タイの空の玄関口となるバンコクの「スワンナプーム国際空港」より「タイ国際航空」のトランスファーにて「ネパール連邦民主共和国」へ旅立ちます! 時刻はタイ時刻の朝9時35分に搭乗時刻を迎え、10時15分発のTG319便・Boeing 777に搭乗! 今回ネパールツアーをご一緒する皆さんに加えタイから合流された桐原悦雄さんを含め計14名での出発です! ネパールの首都カトマンドゥの「トリブヴァン国際空港(Tribhuvan International Airport)」へはフライト時間3時間25分を予定しており、完美的天氣、安心安全の快適なフライトです! ネパールの首都カトマンドゥの街並みが見えて参りました!ネパール盆地を流れインド・ビハール州を通って「ガンジス川」に合流する河川「バグマティ川」が流れています! ネパール時間の午後12時35分に無事到着! ネパールの気候は、6月~9月前半が雨季となり、9月中盤~5月までは乾季となりますわたしたちが訪れた9/9は丁度乾季に突入するシーズンとなり気温は最高32℃前後最低20℃前後となり湿度が日本のようには無いため比較的過ごしやすく恵まれた気候です!日本との時差はさほど無く-3時間15分となります! 「トリブヴァン国際空港」は現在ではネパール唯一の国際空港となり「カトマンドゥ空港」と呼ばれる事もあります国際空港とはいえさほど大きくない空港のため移動がとてもしやすいです! 出迎えてくださる神鳥ガルーダ像の前にて手を合わせてナマステ(नमस्ते)!(こんにちは!) 出入国審査カウンターへ向かいネパールへ入国しますネパール入国にはビザが必要になります。這一次、Maharjan 奈爾斯 (Maharjan 納雷什)さんが事前にツアーメンバー全員分のビザ申請をしてくださっていたおかげでスムーズに入国できました! 2階から1階へ手荷物受取場(Baggageclaim)にて自身の荷物を受け取りましょう受取の際には必ずスーツケースに故障等が無いかお調べ下さい空港外では観光客の客引きの姿も多く見られます優しい声で話しかけられ親切心で荷物を持ってくれると思ったら大間違いなため注意が必要です!自分の荷物は自分できちんと守りましょう! 今回のネパール視察ツアーをネパールの民間放送で取材してくださるテレビ局のカメラマンのグンラジュ・シャカ(Gunaraj Shakya)さんもカメラを抱えて出迎えてくださいました!シャカさんは、參觀期間、要所要所で同行され日本人が視察に出向いている状況を編集し放送してくださるとのこと!海外での民間放送に出演するのはこれで2回目となります♪ 家族や友人のお出迎えや客引き等で地元ネパール人が多く出迎える玄関口は人で溢れかえっております! 現地ではナレスさんのお母様のプレマヤ(Premmya)さんと妹のリタ(Rita)が手厚く出迎えてくださいました!ツアー中はツーリストバスとドライバーをチャーターし移動します! ネパールの交通機関は整っておらず鉄道はありません主要な街にはローカルバスまたは乗合のジープやトラックタクシーが走っていますがグループで滞在する場合は人数に応じて車を用意すると良いでしょう! 日本ではあまり考え難いのですがスーツケースはバスの屋根に乗せていきます舗装されていない悪路で荷物を振り落とされないようきちんと場所を確保してもらいましょう! ネパールの風習でナレスさんのお母様より歓迎の儀式を受けマフラーのようなカラフルな「カダ(布)」を首に掛けていただきましたネパールではゲストを歓迎する時や旅の安全を祈願する時旅の終わりの無事を祈る時など想いを込めて「カダ(布)」を首から掛けてくださるそうです!温かな歓迎を受けいざネパールツアーの始まりです!...

在素萬那普國際機場阿曼空中酒廊典雅舒適

タイ・バンコクの空の玄関口「スワンナプーム国際空港」にてトランスファーによる待機時間はおよそ5時間となかなかの長時間ですそれだけの時間があるのであればPriority Pass プライオリティパスで入れるラウンジ「オマーン航空ラウンジ」でゆったりとした時間を過ごしたいと思います! プライオリティ・パス(Priority Pass)とは、與公司提供的服務,在機場貴賓室、每年的會員費是需要、使用價格休息室將免費。很多國內和海外旅行、空港を利用される頻度が高い方にはお勧めの会員カードです! そんなプライオリティカードが無料で入手できる方法があります!それは楽天プレミアムです!楽天プレミアムカード会員は、威望會員的優先傳遞 (優先事項) (定期會員年費為 399 美元)、可以什麼會員費、 年費,還提供免費會員,。詳しくはこちらバナーをクリックしてください! 受付にて、優先權卡和護照、航空チケットを提出し入場します落ち着きのある色調でインテリアもシックに統一されておりオマーン航空のコーポレイトカラーを用いたブルーのライティングが安らぎを与えてくれる程良い広さのラウンジとなりますカーテン奥には横になれるロングソファー席が設けられているため設備は充分です! 窓際のカウンター席にはMacが設置され、免費無線網路連接, 您可以使用互聯網。因為有一個出口、バッテリー充電も可能です! 4人掛けのテーブル席もありオマーンの民族衣装をお召しになっているご家族が利用されていました! レストルームも常時清掃員が点検されており、充滿了乾淨。シャワールームも有料ですが設備されております! ドリンクバーでは各種ドリンクが用意されています! アルコール類も充実しておりハードリカーからリキュール類も揃いお好きなカクテルなども思いのままに。作為一種零食、ナッツ類やオリーブピクルスなどもございます♪ コーヒーはネスプレッソマシーンが用意されカフェロイヤルの6種類が楽しめ紅茶はティーパックで用意され温かなフレッシュミルクも常備しています! コカ・コーラ、雪碧、シュウェップスのジンジャーエールやトニックウォーターファンタミロトマトジュース、佩里耶、礦泉水、ビールはハイネケンやタイビールのシンハーなどなど小型冷蔵庫内に用意されキンキンに冷えたスパークリングワインや白ワインも飲み放題です! オーストラリアのヤラ・ヴァレーにて「モエ・エ・シャンドン」が設立したドメーヌのフレッシュでエレガントなスパークリングワイン「シャンドン・ロゼ(CHANDON ROSE)」をいただきます! アペタイザーからお腹に溜まるメインディッシュまで揃うフードエリア! お酒の当てに嬉しいチーズやスモークチキンのミニサンドフムス(ペースト)ドライフルーツなどフレッシュジュースや各種ヨーグルトミルクにコーンフレークの用意もあります! サテやサモサをはじめ中東系のフードも出揃いスパイスや香辛料が利いたソースも添えられ食欲が湧きます! フレッシュフルーツがいただけるのが何よりも嬉しいです♪ ロゼカラーのスパークリングワインで乾杯しながら軽くおつまみをいただきゆったりとした時間を過ごせます♪ 早朝ということもありますが静かで混み合うことのないオマーン航空のラウンジは穴場中の穴場!スワンナプーム国際空港ではプライオリティカードにて入場できるラウンジがまだまだありますのでいろいろ試してみると良いでしょう♪...

抵達曼谷素萬那普國際機場將是泰國的門戶

「羽田空港」国際線よりタイ国際航空でタイの空の玄関口となるバンコクの「スワンナプーム国際空港」へは、6時間30分のフライトにて無事到着!タイでの挨拶は、Savadirklac (游泳池) / カー(สวัสดี ครับ/ค่ะ)! 現在は、從日本, 因為沒有直飛尼泊爾的航班、通過泰國、来年2018年からは「ネパール航空」が「成田空港」からの直行便を予定しているとのこと直行便が運行されれば便利ですね! スワンナプーム国際空港は、24成為機場數小時、トランジットやトランスファーの空き時間も楽しめます! タイ時刻早朝の4時30分に到着し、等待約5小時的待機時間。一旦你設置在旅遊成員、點名。次なる搭乗時刻までは自由行動という流れになりました! スワンナプーム国際空港の敷地面積は、和約三倍成田國際機場、在世界最大的國際機場、移動距離も尋常ではありません! 空港2階フロアの乗り継ぎ便の入口へ。 檢查您的護照和機票、入場した後に手荷物検査を受けます! 空港の3階フロア内には、泰國有10多家商店的美食餐廳和咖啡館、操作時間因店鋪而異、有限的餐廳一大早就營業。船上提供便餐、空港での気軽な美味しいタイ料理もお勧めです! 空港4階の免税店にてショッピングも可能です! ツアーメンバーの中で、的口味、人們儲備了威士卡。タイビールは軽めのテイストでお安いですし美味しいですよね♪ 搭乗時刻まではショッピングも良いですがフライトの疲れを癒やすためにもマッサージ王国の熟練の技を体感するのも良いでしょう♪...

羽田機場國際航班在泰國航空公司飛往曼谷!

今回のフライトは「羽田空港」国際線よりタイ国際航空でタイ・バンコクの玄関口となる「スワンナプーム国際空港」へと旅立ちます。2017年9月現在ではネパールの国際空港は首都であるカトマンドゥのみとなり直行便がなくアジアの主要都市を経由する形で向かいます。飛行時間、深夜0時20分を予定しているため出発よりおよそ1~2時間程前には3F国際線チェックインカウンターでチェックインを済ませると良いでしょう! タイ国際航空のエコノミークラスの受託手荷物(スーツケース)の無料手荷物許容量は、1ケースにつき30kgまでと規制されております。否則,它就是、機内持込手荷物となりますが、在客艙內,可以將行李、在其他個人物品 (手袋、 相機、 眼鏡、 手杖等)、3辺の和が115cm以内サイズW56cm×H45cm×D25cmの以内の手荷物で1個とし両者の合計重量が7kgを超えないものとします機内持込手荷物は制限もあり特に女性は液体持込で化粧品(化粧水・ジェル・クリーム等)に注意が必要です。液體、それぞれ100ml以下の容器に入れ全ての容器をジッパー付透明ビニール袋(縦横合計40㎝以下の袋)に収納し、1リットル以内とする規定があります。檢查較少。、規定を守るよう準備しておきましょう♪ タイ国際航空の受託手荷物または機内持込手荷物についてはこちらをクリック! 荷物(スーツケース)を預けた後は、面對國際登機門、旅客的財產和安全檢查的行李安檢點上客運安全檢查。帽子、脫掉你的外套、鞋子和皮帶用金屬配件、 金屬等。、不使用外shimashou 反應金屬探測器配件。數碼相機和筆記本電腦等、你必須使單獨的託盤桌。允許順利、フライトの際の服装は脱着が簡易なものを選ぶと良いでしょう。安全檢測站︰、所以是插入管審查 (出埃及記)、係員の方にパスポートと航空チケットを提示してください! 出国後は出国エリアにて免税店でのショッピングも充分楽しめます。在通過安全檢查、將回收的塑膠瓶飲料、無事に出国さえしてしまえばお好きなドリンク等を購入し機内へ持ち込むことが可能です。空中服務也是很好所以、不必要、フライトまでの待ち時間を快適に過ごすためにご利用ください♪ 空港内は大変広く搭乗ゲートまでの距離があるケースもあるため手荷物等は極力手軽に済ませるのが良いでしょう時間にゆとりのある方はラウンジを利用するのもお勧めですが、登機口等待登機時間可用。在有些地方可以收取行動電話和其他景點、空港内はフリーWi-Fi(無料)も飛んでいるため快適なゲートロビーとなります♪ ボーディングタイムを迎えロイヤルファーストクラスからビジネスクラスエコノミークラスと順に搭乗可能となりますTG661便・Boeing 747に搭乗致します! 羽田からスワンナプームまでおよそ6時間30分ほどのフライトとなります日本の気温は夜ということもあり、20℃、在泰國溫度、30℃前後と予想されます身軽なファッションで臨むことをお勧めしますが、小屋是很冷的、上着を1枚持ち込むことをお勧めします♪ 機内の様子は全席満席離陸し機体が安定すると飲料のサービスが行われますキリンやアサヒハイネケン、辛哈、チャーンなどのビールやワインをはじめオレンジやアップル、烏龍茶、コーラなどのソフトドリンクを提供しています! 各席に9インチのパーソナルスクリーン完備の機内となり、100種類の映画、150種類のテレビ番組、395種類の音楽アルバム、30種類以上のゲームを無料で提供されていますディズニー映画の「美女と野獣」を鑑賞夜便ということもあり機内の照明は落とされるため仮眠を取られる方の姿も機内は決して無音ではありませんので音に敏感な方は耳栓やイヤホンを装着されると良いでしょうタイと日本との時差はマイナス2時間のため時差ボケが少ないのが嬉しいですタイ・バンコクに無事到着です!...

前往尼泊爾旅遊! 最後一頓晚餐到日本羽田機場集合!

わたしたちLade Gourmet & Hotel Web Magazineは南アジアの共和制国家で日本とも友好関係にある「ネパール連邦民主共和国」へ「ネパール大統領府」の御招待を受け、11在天、ネパール観光&視察ツアーへ!ナマステ(नमस्ते)! 静岡県焼津市在住のネパール団体「ナマステ・ネパールしずおか」会長であり「ふじのくに親善大使」のマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)指導下、2015"清水獅俱樂部" 為尼泊爾地震祈禱, 于 4月25日, 在空前的災害復原中, 得到 "makinohara 市國際交流協會" 的支援。、與吉田-Cho 國際交流協會、當前遊覽的重建開始了。、總統辦公室訪問、首都カトマンドゥの「カトマンドゥライオンズクラブ」との交流を目的にネパールの世界遺産を巡る観光も交えた視察ツアーとなります! ツアーの皆さんとの集合時間はフライト時刻より2時間ほど前の22時を目安にしており一足早く「羽田空港」Terminal1へ到着したため空港内で軽く日本最後の晩餐を済ませようと思います♪ 空港4階のレストラン街では提灯の灯りがあたたかみのある雰囲気を醸し出している「江戸小路」新進気鋭のラ―メン職人・前島司さんが世界に誇る日本のラーメンがいただける「せたが屋」へ前島司さんは高知の大自然に囲まれて育ち、2000年に「らーめんせたが屋」翌年に「ひるがお」をオープン! 2006年には「株式会社せたが屋」を設立され、10年の歳月をかけて独学でラーメン作りを学んだ経験から枠に捕らわれないアイデアでニューブランドを次々と世に生み出し注目を浴びています。2007在年、NYをキッカケに米国やアジアを中心に海外へ進出。自、日本ラーメン業界を牽引する1人として活躍されています! カウンター10席テーブル席を合わせて全部で24席となり入口の券売機で食券を購入するシステムとなります夜21時を回る時刻にも関わらず満席状態で大繁盛! 魚介風味を効かせたスープは芳醇な香りとコクのある旨味が広がり昆布やカツオ出汁のしっかりとした風味が食欲をそそります! 「鶏塩らーめん(羽田店限定)」880円と「豚骨らーめん」830円をオーダー! 丁度食事を終えた頃にツアーメンバーの皆さんが無事時刻通り集結しました! 「清水ライオンズクラブ」を代表しリーダーの浅井政則さんより点呼がありツアー中の注意事項等の説明が入ります団体行動とはいえあくまでも個人旅行の延長線となる今回のツアーそれぞれが自己責任自己負担の意識を持ち同行者へ迷惑のかからないよう心掛けて出発です! 静岡県焼津市在住のネパール団体「ナマステ・ネパールしずおか」会長であり「ふじのくに親善大使」のマハラジャン ナレス (Maharjan 納雷什)先生。。ナレスさんは母国語であるネパール語を使い分け英語や日本語も堪能な心強い味方で日本に長く在住され奥様が日本人ということもあり日本人ならではの細やかな配慮までが行き届く素晴らしいガイドです! そんなナレスさんを中心に人生の諸先輩と共に過ごすネパールツアー11日間(ネパール滞在9日間)の旅を楽しみにしたいと思います!...

滾動到頂部