"El Camino 田町"愛在濱松市西班牙文號 2 店開幕 !

  西班牙餐廳開幕在 11/16 在濱松市&バル「エルカミーノ タマチ」へお邪魔しオーナーである中野 雄司さんとの楽しいひとときを過ごすDinner Time! こちらは佐鳴台に本店「エルカミーノ」の2号店となり、西班牙美食小吃適合各種各樣的、一押しのパエリアやスペインワインにシェリー酒などが気軽に楽しめるバルスタイルのレストランとなります! 店内はオーナーである中野 雄司 (虞姬中野)磚砌先生牆面的漆、我很驚訝地說,直到平鋪,花了一個多月,經過精心研究 ! 哇!令人驚歎! 橙色的能源滲透牆內襯生動的西班牙瓷磚、在大氣中是溫暖和性感、在大廳的議席數目可以容納大約 40 其他、2名稱從適合 10 私人客房數目、並可用來滿足需求、街中に使い勝手が良いお店が出来て本当に嬉しい限りです! この日は、要問野餐廳、當它來到西班牙靜脈 ! 從"CLOS LA SOLEYA 香檳"是一個開始 ! 保健! 開胃菜、在"胡蘿蔔沙拉"會自豪的 El Camino 在西班牙成為了經典的沙拉、在調料醃制的胡蘿蔔是很好吃、人参が苦手という方にもお勧め!たっぷりサイズ! さらに、一些適合爵士樂,離開了開胃菜功能表 ! 那些想要享受由小我的有點不同我快樂拼盤、令人上癮的西班牙生產的"白色 cavisalami 色調"和"硬乳酪乳酪羊 ' 羊的奶製成、"西班牙的幹的烏魚首次體驗、漂亮的紅色的辣椒粉的精緻平衡的甜蜜和豐富性"Jamon 黑毛豬豬肉香腸。、與濃郁的香味和風味"的黑毛豬火腿 Jamon 黑毛豬"表單中的脂肪和、遊行的美味的食物 ! Rico esta! "對每個人都享受真正美味的雪利酒謝謝 ! ",由中野 San 提供給我、"Gitana (曼薩尼亞 la chitana) 的曼薩尼亞啦"! 清新的香味傳遍、通過刷新的想像力更多、與感覺,直到現在一直豐富和甜雪利酒的區別、食品中的擔任喝一杯 ! 我沉淪! 在 El Camino、僅在西班牙葡萄酒中可用和、西班牙葡萄酒和傳播 ! 中野說︰ 這種激情,雖然我感覺到 ! 尤其是餐廳、アルバリーニョという単一種を用いた白ワインをリーズナブルで手軽さがあるものと同品種でランクアップしたものを飲み比べ! 白い花や桃の果実を感じさせ、享受精緻的礦物、享受從 10 分鐘的"阿德加斯昆德 de Alabarei"的早期階段、諾拉大 neve 2014 蜂蜜優雅的感覺,更複雜、 更成熟。這兩個高的分數,我就知道西班牙葡萄酒的潛力 !(✧ ◡with 視窗 ✧)為什麼你不閉嘴帕! 提供,智利和嘶嘶聲熱 ' 是清邁漢娜生產從大蒜橄欖油"、將騎用大量的切片面包 ! 老、這是西班牙與鰻魚炒大蒜橄欖油、它已被安排在"白飯魚"在這裡 ! 它也一流 ! Emoción 雀! 「岡山産活けムール貝の白ワイン蒸し」 未だ小振りながらに旨味が凝縮されていてジューシィーで「魚介とエビのクリームソース」は濃厚なソースをバゲットに絡めて頂きましょう! メインディッシュの「イベリコ豚ベジョータのロース」と「魚介のパエリア」に合わせてテンプラリーニョの赤ワイン「MACAN CLASICO 2011」を。塔克拉瑪幹古典裡奧哈被稱為釀造美酒的西班牙一直富、客人能享受獨特的風味和辣 ! 費莉絲! 甜點中完成、甜甜雪利酒與佩德羅 · 希門尼斯"埃米利奧 · LUSTAU"將配冰在 affogard ! 老齡問題出不同深淺的棕色、Toro-(s) 是溫和和甜凝聚、甚至與醋栗和、那結合成人特別套房,月光香草冰激淋 ! Estupendo! 大氣是不同于 sanarudai,總辦事處、是城市的喧囂和熱鬧。、中野さん自身もお客様との近い距離感に喜びを感じている日々だそうです!中野さんの右腕として活躍されるスタッフの加藤 啓太 (凱塔加藤)它的獨特的特點是好、立ち寄り易さNo.1のお気に入りのお店が誕生しました♪Magnífico♪...

與德川家康"糖果杉菜 AOI"糖果的糖果

從開始其歷史的濱松紅豆年糕、有玉北町に本店を構える和菓子店「御菓子司あおい」の大将である豊田 光彦 (豐田章男嚴重)さんが遠鉄百貨店の地下1階にてブース販売をされていました! こちらの銘菓は、是集有關的德川家康在整個國家。、家康公や水戸黄門までも口にされた「小豆餅」が有名です! サクサク食感のコルネ型のパイ生地に滑らかなカスタードクリームや今が旬の苺のクリームをたっぷりと詰めた「サクサクコルネ」や期間限定の「いちご大福」に、美味味噌髮髻享受紅糖和軟豆的味、北海道産のえびすかぼちゃを用いた「かぼちゃまんじゅう」なども大人気! 中でもNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の井伊家にゆかりのある「龍潭寺もなか」の売れ行きが好調なようです! 井伊家の旗印「井桁」が施された最中は厳選された大粒小豆を使用した「小豆のつぶ餡」と「黄金餡」の2種類が楽しめます!美味しそう! 昭和41年に創業し、充滿柔情的豐田第二代 2 作為日本式的甜點、和糖果與濱松的歷史關聯、ほっこりティータイムを提供してくれます♪...

小餐館可以享受季節性季節性芬芳麻地住宅區用酒精

浜松の街中から程近い相生町にある小料理屋「旬香亭」へ出向き御室流の華道家であり「flower&design SOWAKA(ソワカ)」代表の永井 裕心 (勇新永井)くんとDinner Meeting! こちらは裕心くんの行き着けのお店で仲睦まじい平田御夫妻が営まれる小料理屋となり明るく温かみのある接客で出迎えてくださいます! 店内はL字のカウンター席と和室の個室が用意され、氣氛、熙熙攘攘的顧客、軽やかな笑い声が飛び交っております!居心地の良い雰囲気です♪ 旬の素材を活かして創意工夫を凝らしひと手間かけた料理は酒のあてに楽しめる一品ばかりが並びます! この日は、軟籽的鱈魚烤金槍魚和鯛魚去刺總理大菱鮃、 魷魚此刻總是吃著香橙醬汁和。"牡蠣"非同尋常日本餐廳點子排列在西式"蝸牛式"和"烤乳酪"...... 大新添加的建議聽、「海鮮のとろろ餡掛け」や「鴨のロースト」などを堪能! 日本酒は全国各地の銘酒が揃い、日本富山縣立山日本清酒和辛辣的開始、朝日日本清酒久保田新瀉、福井は「黒龍酒造」の九頭龍と旨味豊かな日本酒を楽しみました♪So Delicious♪ 〆の御飯ものは、這裡在看板的頂部的鯖魚壽司、表面にうっすらと昆布を纏わせた押し寿司を存分に味わえます!ボリューム満点! 酒の肴に、私人的乳房,從工作,對說教、非常好玩晚上為我 ♪ h.心坤、また呑みましょう♪...

"攝影師 sorida 和"靜岡濱松 100 公里道路出行 !

接收消息從 sorida 和是活躍的在福井縣的一位攝影師朋友作為、"從靜岡站開始、浜松をゴールにロードバイクで向かいます!」と驚きの発言!本気ですか!? 彼のFBを覗いていると、"老人冬天"逆風吹來、安倍晉三河從靜岡延伸、為宗、Yoshida、Maki 雅之原、佐良、和山宮路、而要清除鐵軌上點、およそ100kmの旅を7時間半のタイムで無事に浜松に到着! 「浜松に足を運んだならば、通過一切手段可能角色回家問的問候 ! "和感謝您聯繫、反田さんの浜松の友人でフローリストの中村友実子さんと一緒に遊びにいらしてくれました! 夏はかき氷で有名な「みどりや」の冬の定番「あずま焼き」と「みたらし団子」を差し入れてくださったので我が家でほっこりコーヒータイム♪ 向かい風に対抗しながらのライドは想像以上に辛かったらしく、我下車自行車腿抽筋原因攣tte 後或、被告知由苛刻、包裹在一種成就感,他看起來像一個人、目的をやり遂げたという清々しいお顔をされていました!本当に凄いですね! 積雪で大変なことになっていると、在回當地路上福井威夫告訴火車到松了一口氣 ! 重義,、お逢いできて嬉しかったです!...

在"奈阿波利"紅色木材烤箱烤正宗那不勒斯豐橋 !

如果你來到豐橋、本格ナポリピッツァを頂ける「PIZZERIA NAPOLETANA NEAPOLIS ピッツェリア ナポレターナ ネアポリス」へ再訪しDinner time! こちらは2009年3月にアピタ敷地内にオープンしたピッツェリアでイタリアのナポリ地区のイスキア島仕込みとなる本格ピッツァを提供されています! 店内には真っ赤な薪釜が配されており、磨礪性能廚師的胃口感覺每件精心烤活奇觀 ! 晚餐的功能表、前菜(骨付き鶏もも肉の窯焼き)+スープ+お好きなPizzaで2,600円とお得なコース! こちらの前菜で提供される「骨付き鶏もも肉」は特にお勧めで、美味烤皮膚表面、中はふっくらと肉汁溢れる程にジューシィーで旨味を楽しめる仕上がりです! ピッツァは22種類の中からお好きなものが選べ、經典的"瑪格麗塔"快樂組合配上荷包蛋和蘑菇這時間俾斯麥的選擇 ! 用麵粉的麵團,從義大利空運、享受一個耐嚼紋理,好味道、軽いテイストで頂けます♪ 独り黙々とピッツァ作りに専念される中寡黙ながらに時折見せるシェフの優しい笑顔が印象的でスタッフのサービスも心地良いお店です!...

讓我介紹一下針對珠寶演出者 ' 畫廊入船"年輕藝術學生 !

豊橋の「ギャラリー入船」にて開催されている「新春を寿ぐ 酒器六仙展  <入船亭>」の出展作家である味岡伸太郎氏と待ち合わせ! 味岡さんが出展された酒器5点セットは、使用不同的土壤、在許多方面比、在清酒不同優雅的日常生活已被定為五個點同時鍵入、味岡さんらしい無骨さが作品に滲みでております! この日は出展者の1人でもある錫作家の山本一樹先生もご夫婦でいらしていたためわたしたちladeがプロデュースした富山の陶芸家「釋永岳 浜松展」でお逢いした以来の嬉しい再会となりました!ご無沙汰しております! 山本先生は現在「静岡文化芸術大学」の講師をされていらっしゃるのですが、這座山是這老師學生、一直伴隨著針對珠寶演出者吉田麻陳定、若き作家の卵の作品を見せて頂ける機会がありました! 銀やプラチナを用いて、從兒童的書,如母題的世界童話動物飾品摘、注意要精細細節、まるで小さな生命を感じるかのような心温まる作品たち! 大きな木の下でバイオリンを奏でるうさぎや、通過蘑菇森林老鼠賽跑、熊來收集星星和爬梯子,、首飾的故事、夢のようなワクワク感を与えてくれます♪素敵な世界観♪ 彼女の世界観の虜になったわたしは「えほんのうさぎ」という名でブランド展開をされていく若き作家先生に直筆サイン入りの絵本を頂戴致しました! こちらの作品は「卒業制作」のために制作されたものであり、但仍然難以與出售、彼女の今後の活動を応援していきたいと思います!...

慶祝新的一年在畫廊"畫廊入船"展會期間豐橋緣故六神仙 !

豊橋にある画廊「ギャラリーサンセリテ Gallery Sincerite」を営む野尻 眞理子さんが企画されるイベント「新春を寿ぐ 酒器六仙展」へやって参りました! 「アートのある住まい」をコンセプトに運河沿いに2006年に建てられた「太陽住宅株式会社」のショールーム「入船の家」は現在「ギャラリー入船」と名付けられ住宅展示場の1階を定期的に開催されるイベント会場として一般公開されています! 2017/1/14(土)〜1/24(火)まで開催されている展示会は、陶味岡。、"康宏荒川。、"Inayoshi 小寒。、漆器"川勝堅英鎊 toozu。、硝子「栗原 瑠璃華 (Rurika 栗原)"、錫「山本 一樹 (科瓦萊甯山本)」と作家6人の作品が集う「酒器六仙展」となります! ぐい呑や盃、清酒瓶子、開始打開。、如玻璃或酒櫃、美味しいお酒を愉しむには欠かせないアイテムが揃います! 日本酒を嗜む機会が増えると、怎麼樣的緣故連興趣斯普林斯、手に取りながら自分に合った酒器選びをするのも楽しいものです♪ 豊橋に流れる運河を眺めながら、度過一個安靜的時刻、作家のお越しを待ちたいと思います!...

在您可以享受的"途中 dojimahama 棚子瑪律凱"濱名湖途中島海鮮的海灘小屋 !

浜名湖弁天島の海産物が味わえる土日開催の「冬の朝一 弁天島浜小屋マルシェ」へやって参りました! こちらは舞阪町観光協会が主催されるイベントで浜名湖産の自慢の海の幸を各ブース毎にアレンジされた美味しい屋台飯を提供されています! 今時期の旬となる浜名湖産の”牡蠣”は、"蒸"或者"鰻"、及時行樂的喜好燒、即食產品代表濱松"鰻魚"被提供中的"肉"的扡子和很受歡迎 ! 其他"白飯魚 maisaka"、"天婦羅"和"炸丸子"、「うどん」や「ご飯物」も出揃います!海の幸オンパレード! ブース前にて料理待ちをしてると、電荷是 Masayoshi 加藤醉了紳士與一杯 ! 從第一天杯。、流石です! わたしたちも大好物の目光を見つけ、弗裡德和新鮮乾燥和光的眼睛、ふわふわな食感に舌鼓! 舞阪産しらすがたっぷり入ったサクサク食感の「しらすコロッケ」や大きな浜名湖産の牡蠣が2個入った「牡蠣お好み焼き」、和、〆には生海苔を天婦羅にした香ばしい「海苔のりうどん」を堪能し大満足♪ 食後は煌めく湖面がキラキラと輝く「弁天島海浜公園」を散歩も楽しめます♪ワンちゃん連れも多いですね♪ 開催時間は朝10時〜14時となりますが、聽到在午餐時間和那裡賣出的產品、朝一番に入場することをお勧め致します! 「今後の浜小屋マルシェ開催日」 1/28(土)、1/29(星期日)、2/11(星期六)、2/12(星期日)、2/18(星期六)、2/19(星期日)、2/25(星期六)、2/26將 (星期日)。詳しくは舞阪町観光協会の公式サイトをご覧ください!...

義大利情侶友好"irgcciolo"編織小酒館也在 3 月中打開 !

浜松は佐鳴台ホワイトストリート沿い蜆塚遺跡の交差点の角にあるイタリアン「Il Cucciolo(イル・クッチョロ)」でLunch time! こちらは2008年3月14日にオープンされてからというもの佐鳴台近辺の素敵マダムやカップルなどのランチデートでも利用されるレストランとなり「浜松で美味しいパスタを食べるならここ」と謳われなかなか予約の取れない人気店へ! 店名の”CUCCIOLO(クッチョロ)”とはイタリア語で”仔犬”を意味し木のぬくもりを感じる優しい雰囲気の店内席数が僅かということもありいつも混み合っておりますので事前予約することをお勧め致します! こちらのランチは前菜盛り合わせ+パスタ+ドルチェ+カフェの2,200円とメインディッシュが付く3,400円のコースとなります今回は打ち合わせが控えていたため軽いパスタコースをいただきます! 前菜の盛り合わせは左手奥からご紹介するとノーザンルビーのクリームスープは2001年のillyのエスプレッソカップで程好いサイズ感となりBurrataの中身となるクリーミィーなストラチアテッラは燻製塩とオリーブオイルをかけてスプーンで掬っていただくほどに滑らかです水牛のモッツァレラの一口サイズのBocconciniはアボガドのピューレと共にゴルゴンゾーラ・ドルチェには蜂蜜を合わせて唐辛子を混ぜ込んだピリ辛の豚肉のテリーヌは白いんげん豆のサラダを添えて名古屋コーチンの卵を用いたフリッタータアイルランド産のムール貝のボイルとクスクスのサラダボローニャのハムはMortadellaをラビッキオやアイスプラントと合わせてトウモロコシの粉を練ったポレンタには豚肉のミートソースでいただき一品ずつ楽しめる彩り豊かなプレートとなります!So Delicious♪ パスタは定番の「自家製カラスミのパスタ」に「ロメインレタスと甘鯛のパスタ」と珍しく、2人でオイル系のパスタを頂きました!香りが楽しめます! 〆のドルチェはお決まりの「パンナコッタ」となり甘み豊かな苺のソースをかけていただき大満足なランチとなりました♪ 食後にオーナーシェフの氏原秀人くんと奥様の氏原 那奈ちゃんを交えて歓談していると御2人から驚きの発言が! 隣が空きテナントとなったため兼ねてから御2人の夢であった「自分たちが行きたいと思う居酒屋」をやられるとのこと! 「旬の野菜と魚が楽しめる居酒屋」を目指し「ミドル世代が楽しめるお店にしたい!」と目下準備中とのこと。王昌的兩個想法就像、ワンちゃん連れも大歓迎とするようです! 目をキラキラさせながら新たな店舗構成をお話しくださる御2人。2017年3月14日の9周年を記念してオープンを予定されています!...

"火星"舒適的生活,來支援室內傢俱店的選擇

"簡單&放鬆"關鍵字範圍的室內傢俱、専属のコーディネーターが心地良い暮らしのお手伝いをしてくださる「Marusu living products 浜松市 家具インテリア(マルス・リビング・プロダクツ)」へ! 昨年2016年2月に上新屋町に移転リニューアルオープンされたこちらは、裝修好的倉庫、有高高的天花板,並進入開放空間、バランスの良い配置で数多くの家具を実際に見て触れて選ぶことが可能です! 店内では、可以見面的鈴木拓哉燕子擁有者三好、暫し歓談することが出来ました♪ さらに、靜岡茶包括食物和本地演出者的作品、静岡ならではの良いものを発信される場として誕生したカフェ「HARUICHI STYLE(ハルイチ・スタイル)」や華道家である永井 裕心さんがプロデュースする「flower&design SOWAKA」とのコラボレーションにより豊かなライフスタイルに関連するアイテムが出揃います! 目の前には全国的にフランチャイズ展開をされている「元町珈琲 上新屋の離れ」もあり、位於繁華的人的地方、享受咖啡和茶、自宅に迎え入れる家具選びができるのもまた素敵ですね♪...

"濱松"日本濱松是三個最大的沙丘沙丘介紹之一

鳥取沙丘"在鳥取縣和千葉縣九十九裡海灘在"日本第三個沙丘"濱松、從東到西的 4 公里。、 南北に600mと雄大な大自然が楽しめる真冬の「中田島砂丘」へ! 「中田島砂丘」へは無料で自由に入場でき、由於季節性風在冬季"enshū-karakkaze"、從美麗的風蕩漾沙丘上的模式、自然が生み出す壮大な景観を一目観ようと観光地としても有名な場所になります! 澄んだ空気に澄み渡る青い空! 冬の海ほど、是透明的吮吸了一下。、輝く遠州灘の煌めきが眩し過ぎます! 「中田島砂丘」では、每年春季和夏季、視線成為濱松,列為瀕危的海龜土地滋生看到了。現在、養護一直積極、把蛋孵出的小屋、放養的少年已孵化。、母亀や小亀達を護っているそうです!素敵な活動! 大自然を満喫した後は、在 Taga 大的車間,部署修復衝浪衝浪商店前"nakatajima 沙丘"、我們只是一點點讓我們打破它 ! Taga,、ありがとうございました!...

"SOWAKA 索瓦克。 人或花消息從送禮者酌情

濱松市中島住宅安靜現在倉庫中的資料、向人們從傳達重要的感情、素敵なアイテムを生み出す華道家の永井 裕心さんがプロデュースする花屋があります! 「flower&design SOWAKA(ソワカ)」という店名は、在梵語中,意味著"完美"或"滿足"、"幸福嗎?"、"有福 !",還背誦了貢、在提出的花朵來給旁邊"海鮮"友好訪問以便它、それぞれの人の願いが成就することを祈り名付けられたそうです! 店頭には小さな盆栽から大きな観葉植物までが揃い店内には彩り溢れた定番の花から個性的な花が誇らし気に姿を見せる癒しの空間です♪ こちらでは花やグリーンを通じて、要接收來自重要資訊、贈り手の想いを添えて「人・時・場所」をテーマにオリジナルでフラワーアレンジメントを施してくださいます!この日も素敵なアレンジメントが完成♪花を愛でるようにアレンジメントを楽しむスタッフの笑顔がとても印象的! 建物の2階には昨年オープンされた「K-tokuan」がありこちらでは生花を通じたワークショップを中心に様々な活動をする場として人が集う空間を提供されています! 数箇所に分けて異なる和紙を用いた壁は、設計工作在哪裡你可以適合各種場景、フォトスタジオとしての役割も果たされているとのこと! 棚に並ぶ花器などを拝見しながら、陶連結整個我們旅行用一系列的我們也談到、いろいろと情報交換させていただきました! さらに、這裡最近在茶的世界已經開始讓我感興趣、去年、這朵花在裕隆展覽將會打開"shointei"、那裡一直在試著綠茶、御指導願えないかとお伺いしてみたところ快く引き受けていただけるとのこと! 華道や茶道は敷居が高いのでは?…と悩んでいたのですが、在"K-tokuan"的吹走這樣的問題、在裕隆將想要繼續做的機會不只是插花和日本公社隨時滿足的文化志趣相投我 ! 余先生將、どうぞ宜しくお願い致します!...

滾動到頂部