泰國烹飪午餐回家清邁出生的 "拉達納" 辣廚師

說起以濱松聞名的泰國餐廳、初生のニトリ近隣のテナント一角にある「Rattana Thai Restaurant ラッタナー」もその内の代表格です! 当初、2010在6月被打開作為 taystee "拉達納。、在那之後、タイ料理を振る舞う「ラッタナー(Rattana Thai Restaurant)」として営業を開始! ”ラッタナ”とは水晶玉のことで、"拉達納" 有一個可愛的女人的意思、"拉達納" 在佛教術語中變得沉重、不能用來服務于酒品店、它被命名為 "拉達納" 與。 Niparatt、 擁有者、在泰國古都清邁以北, 上南從葉片 (清邁) 出發、在日本的清邁食品是罕見的,。 在她父母的家裡、清邁風格香腸錫瓦 (紡紗和香腸線圈) 在家族企業的生產和銷售、從小, 並使、美味しいサイウアを「ラッタナー」で提供! かつてニパラットさんが松本市で営業していた「レストラン・ホントン」は、員工們很受歡迎, 因為人們週末從東京過來。。已經走了一段時間、2009因為開放作為一個愛好泰國節日橫跨、值得稱讚的是。在 arm 製作了一個矩陣的最好的和著名的商店從全國各地聚集在橫濱泰國節日, 特別是在、是 "拉達納" 嗎?、わたし達夫婦の中でもお気に入りのタイ料理店となります! 店内は、表 10 個席位、4 牆台席位是小和、2樓的座位也可用、許多日本人喜歡泰國開始。、タイ人のニパラットさんのお友達や他国の人も集いとてもワールドワイドな賑やかな空間! 「トムヤムクン(海老スープ)」大1,500円小1,000円 世界3大スープの1つ。湯姆芋泥和貝克 (姜) Takai (檸檬草),由通過拼合 (橙葉) 的風味和芳香。。冬陰功、有各種風格的商店、湯姆山藥功夫的在這裡、特點是深的口感與風味及蝦籽和椰子牛奶強度。不在湯姆百勝宮 NI palat,特別是對日本的研究、自然 tomjakumkun。如在辛辣或溫和的芳香良好的酸度和美味的湯姆山藥功夫。辛目最喜歡嗎?、在訂購時、一言”辛めで!”とお願いすると良いでしょう! 「カイジャオ(タイ式玉子焼)」600円 タイの家庭料理の中でも代表的な1品。雞肉或豬肉, 雞蛋和洋蔥、把藍洋蔥、高熱量, 並完成表面。在一個蓬鬆的煎蛋捲像。泰國菜不是辣的食物僅、如果你喜歡在泰國的辣椒醬像番茄醬, 我們的、辛いもの好きやビール好きには堪らない当てとなります! 「カオソイ(チェンマイのカレーヌードル)」900円 生麺と揚麺の2種類の麺と濃厚なカレースープのラーメンです。清邁的特色菜。、據說它起源于最初由印度人住在清邁。從你的妹妹發送公雞粘貼 NI palat,讓原汁原味。什錦炒麵和包子, 泡菜和咖喱豐富是一個吸引力! 平厚面麵條。這是一個有點軟眼睛、常纏在濃湯裡、湧kasemasu 食欲。油炸麵條第一課程和紋理經常、在玉米片和混合在湯",將"顯示、2通りの味わいを感じさせてくれる逸品です! 「ゲンキオワン」 750円 ゲンキオワンとは、在泰國,切碎 (湯)、 迷彩 (綠色)、 平均青咖喱在 WAA (甜)。攪拌漿地面草藥和香料的椰子牛奶和中國人民解放軍、糖、青菜、肉、蝦、魚另外一個鍋使。溫文爾雅、我覺得一種溫和的椰子牛奶中、通過香料的作用來促進出汗、サウナやスポーツジム並みに良い汗をかきます!本当にまろやかなコクと深みのある旨みが相まって抜群に美味しいグリーンカレーでお勧めです! 「パットガバオ(バジルと肉の炒めご飯)」750円 鶏または豚が選べます。 因為我煮煎的雞蛋、把蛋黃混合物,吃得更好。泰國烹飪炒飯的聯賽是美味的 1。但在濱松的泰國餐廳比拉丹那 niparatt 泰國烹飪、容易適應日本的舌頭、建議在泰國為初學者易於味道我覺得做飯。途中でお店自家製ナンプラーをお好みでかけると酸味とコクが増し違った味わいを楽しめます! 「文旦サラダ」 丁度、承諾 "Buntan" 和他的妻子將有訪問旁邊的表、ニパラットさんが皆さんに「文旦サラダ」をサービスしてくれました! 文旦にナンプラーを和え、檸檬草和辣椒、此外, 羅望子、女人用辣炒是一份不錯的水果沙拉! 泰國語! (ขอบคุณ説明:ありがとう) スパイシーで癖になるタイ料理は、在刺激大腦和捕捉效果後,、新陳代謝甚至更好, 然後我。、デトックス作用抜群でお勧めとなります! タイレストラン ラッタナー 住所静岡県浜松市北区初生677-5 TEL:053-523-7233 上班時間:午餐 11:00-14:30、晚餐 17:00-22:30 週一閉館:火曜日...

泰國菜,妹妹在餐廳的芒果樹"芒果智利泰國咖啡廳

ネパールはパタンの市役所前にある大通りプルチョウク・ロードの交差点角地に昨年2016年3月に新しくできた大型ショッピングモール「ラビム・モール(LABIM MALL)」内にあるレストラン「マンゴー・チリ・タイ・カフェ(Mango Chili Thai Cafe)」へ!こちらは世界中の「コカ・レストラン(Coca Restaurant)」と「マンゴー・ツリー(Mango Tree)」のフランチャイズの子会社である「エクスキュイジーヌ・システム(Exquisine System)」が、2016年9月にラビム・モール内にオープンしたカフェレストランとなり市場レベルを意識しクイックサービスカフェとしてマレーシアのクアラルンプールを1号店とし成功させ、在以下、このネパールに初出店した新ブランドとなります! ライトアップされたショッピングモールは昼の顔とは違った雰囲気を見せています! 本格的なタイ料理を提供する「マンゴー・チリ・タイ・カフェ(Mango Chili Thai Cafe)」。 商店、カラフルでポップなタイ料理のイラストを描いた壁面にナチュラルなウッドを基調としたカフェテイストのカジュアルさがありグループのような大人数でもカップルや御家族でも利用しやすい空間となります! この日の夜も無事に1日のハードな工程を終えた達成感に包まれながら皆でビールで乾杯です! 「ゴルカ(GORKHA)」ネパールを代表するビールで飲み口は軽めとなり甘味を感じるテイスト! ネパールに居ながらにしてタイレストラン!スパイシー繋がりでありながらもこの日は嗜好を変えてさらに香辛料の利いたタイ料理をセレクトしたため諸先輩の胃袋を心配しましたが皆さんビールの当てになると平らげておりました!海外旅行に慣れていらっしゃることもあるせいか体力・気力共に胃袋も丈夫な方が多いようです(笑) 「青梗菜の炒め物(Stir Fried Bok Choy)」250ルピー(日本円にして約268円) 青梗菜のシャキシャキの食感を残しつつガーリックを利かせスパイシーですが醤油の味わいが日本人には嬉しい一品! 一皿のボリューム的には2~3人前あるためシェアしながらいろいろいただきますが兎に角驚くほどの価格で安過ぎます! 「豆腐サテイ(Tofu Satay)」175ルピー(日本円にして約187円) ダイス状にカットされた豆腐を揚げてピーナッツソースでいただくタイ料理の甘辛のおつまみです!豆腐ということで罪悪感が少なく女性には嬉しいイソフラボン♪ 「揚げ春巻き(Spring Rolls)」200ルピー(日本円にして約214円) 細かくカットした野菜とマッシュルームをふんだんに用いた揚げ春巻きでお好みに合わせてチリソースでいただきます! 「スパイシーチキンバジル(Spicy Chicken Basil)」450ルピー(日本円にして約480円) 鶏胸肉の挽き肉を空芯菜と共にガーリックで炒めホーリーバジルと唐辛子を合わせたスパイシーな一品!タイでは「パッ・バイ・ガパオ・ガイ・サップ(Phad Bai Gaprao Gai Sap)」と言いますライスに合わせれば日本でも大ブレイクした「ガパオライス」に! 「タイオムレツ(Thai Omelette)」175ルピー(日本円にして約187円) タイ風オムレツは「カイ・ジャオ(Khai Jiao)」ふわふわの卵料理で野菜やチキンも入ってボリューム感がありしっかりと味が付いているのでおつまみに最適です! 「チェンマイスタイルカレーヌードル(Chiang Mai Style Curry Noodle)」340ルピー(日本円にして約364円) チェンマイ名物のカレーヌードル「カオソイ(Khao Soi)」はわたしたちがタイでハマった料理の1つで生麺と揚麺の2種類の麺と濃厚なカレースープのラーメンです!骨付きチキンも入っておりガッツリと〆のメインディッシュとなりスパイシーさが癖になります! 「グリーンカレー(Green Curry)」500ルピー(日本円にして約535円) タイでは「ゲーンキャオワーン(Kaeng Khiao Wan)」と言いゲーン=汁気のあるカレーキャオ=緑ワーン=甘いを意味するグリーンカレーは濃厚な味わいとクリーミィーさが堪らなくココナッツミルクのまろやかな口当たりが病みつきになります! 「炒飯(Fried Rice)」350ルピー(日本円にして約375円) 〆の炒飯でお腹も大満足になりながら飲んで食べての合計金額のあまりのお安さに一同驚愕!クイックリーで食べれて皆でワイワイとシェアしながらいただくにはとても楽しいレストランとなりました!...

"拉丹那"夏天 ! 首頁清邁出生的廚師泰國菜午餐

說起以濱松聞名的泰國餐廳、初生のアピタ近隣のテナント一角にある「Rattana Thai Restaurant ラッタナー」もその内の代表格です! 当初、2010在6月被打開作為 taystee "拉達納。、在那之後、タイ料理を振る舞う「ラッタナー(Rattana Thai Restaurant)」として営業を開始! ”ラッタナ”とは水晶玉のことで、"拉達納" 有一個可愛的女人的意思、"拉達納" 在佛教術語中變得沉重、不能用來服務于酒品店、它被命名為 "拉達納" 與。 Niparatt、 擁有者、在泰國古都清邁以北, 上南從葉片 (清邁) 出發、在日本的清邁食品是罕見的,。 在她父母的家裡、清邁風格香腸錫瓦 (紡紗和香腸線圈) 在家族企業的生產和銷售、從小, 並使、美味しいサイウアを「ラッタナー」で提供! かつてニパラットさんが松本市で営業していた「レストラン・ホントン」は、員工們很受歡迎, 因為人們週末從東京過來。。已經走了一段時間、2009因為開放作為一個愛好泰國節日橫跨、它得到了較高的知名度。 特に横浜タイフェスティバルでは全国から集まった有名店の中でも一番の行列を作ったほどの腕の持ち主です!そんな「ラッタナー」はわたし達夫婦の中でもお気に入りのタイ料理店となり夏場は特に汗を気持ち良くかけるスパイシーなタイ料理を身体が欲するため夏場は良く出没しています! 店内は、表 10 個席位、4 牆台席位是小和、2樓的座位也可用、許多日本人喜歡泰國開始。、タイ人のニパラットさんのお友達や他国の人も集いとてもワールドワイドな賑やかな空間です! この日もお気入りの「カオソイ(チェンマイのカレーヌードル)」900円と「ゲンペ(レッドカレー)」900円をオーダー! ランチタイムはパクチースープとミニサラダが付いてきます「ゲンペ(レッドカレー)」の具材として鶏肉または豚肉のどちらかをセレクトできるためいつも大好きな鶏肉をオーダー香辛料やハーブたっぷりのタイカレーの中でも「ゲンペ(レッドカレー)」は「ゲンキョウワン(グリーンカレー)」とは異なる唐辛子でスパイシーですがココナッツミルクのおかげでマイルドな味に感じます♪ 辛さはオーダーの際に辛くしてもらうこともできるので辛いもの好きな方は是非「辛め」をチャレンジしてみてください! 「カオソイ」はチェンマイ名物でもあり、兩種鮮麵條、炒麵條和厚咖喱拉麵。享受的炒麵和嘎吱嘎吱的目光有點柔軟平厚麵條的味道、炒麵第一課程和紋理經常、在玉米片和混合在湯",將"顯示、2將這條街的滋味。 清邁的特色菜。、據說它起源于最初由印度人住在清邁。ニパラットさんがコックのお姉さんからペーストを送ってもらって作る本場の味となります濃厚なカレースープと揚麺・生麺・漬物の取り合わせが絶妙で添えられたパクチーの香りと風味にもハマってしまいます!辛さはありますが後を引かない良い意味の辛さで美味しいです♪ 夏はやっぱりタイ料理!...

小玩意"PHA"泰國生活體驗泰國菜 & 餐館

長閑で緩やかな空気が流れる南の島にあるカフェのイメージをそのまま形にした磐田の雑貨&アジアンレストラン「Pangan(磐田 パンガン)」へ! 現地で直接買い付けされたタイやチェンマイ、尼泊爾、印度、インドネシアなどの洋服やタペストリー小物などの雑貨を店頭に置かれカラフルで賑やかな雰囲気となりアジアンミュージックをBGMに南国ムード漂う店内! こちらのオーナーである内野千里さんはタイに在住されていた経験を活かし現地の食材や調味料を用いながらもスパイシーで刺激的なタイ料理を日本人好みにマイルドに仕上げ提供されシェフである御主人の内野寛之さんと御2人で仲睦まじく営まれています! 以前とある雑誌のカメラマンとしてこちらに撮影に何度か足を運んだことのある旦那様が数年振りという再訪を懐かしみながら一緒に訪れてみると「前に撮影で来てくれた方ですよね?」とオーナーの千里さんが覚えていてくださったようで声を掛けてくださいました! この日はランチメニュー3種(ドリンク付き各980円税抜)の中から「カオマンガイのセット(生春巻きとミニスープ)」と「辛口ガパオライス(生春巻きと唐揚げ付き) 」をオーダー! どちらも前菜に生春巻きが付いており甘辛のチリソースをたっぷりと付けていただきます! しっとりとジューシィーな食感が楽しめるカオマンガイは生姜を利かせたオリジナルのソースであっさりといただけパクチーの風味が堪りません! ホーリーバジルの香りが食欲をそそるガパオは好みの辛さにしてくださるとのことで辛い物好きなわたし達は「ちょい辛」にしていただき程好いスパイシー感で大満足! どちらもかなり日本人向けにマイルドなため「タイ料理は気になるけど辛いのが実は苦手という方」は是非チャレンジしてみてください♪ 食事をいただいた後に歓談を楽しんでいると、剛、内野夫妻が飼われているチワワのリリーちゃんがバックヤードにいたためワンコ好きなわたしは暫くリリーちゃんを抱っこさせてもらいました♪ わたし達も内野夫妻と同じくしてタイのバンコクやチェンマイが大好きなことからタイ事情などで盛り上がり楽しいランチタイム! 最後にタイに足を運んだのは丁度2年前随分とご無沙汰してしまっているのでまたタイ旅行計画を立てたいと思います!...

曼谷暹羅大井,充滿異國情調的泰國餐廳懷舊味道

東京大井、在各種食品和飲料的管道、路地裏にひっそりと隠れ家的な異色の雰囲気を放つタイ料理店「Krung Siam Ooimachi(クルン・サイアム 大井町店)」があります! 鮮やかなイエローとブルーの色合いのコントラストが目を惹く建物は、19建豪宅建于泰國的首都曼谷月底開放識別階段、他們生產的美和日本關於泰國的世界、本場のタイ料理を提供されています! ランチメニューは、開胃菜和湯的主菜、1,000在日元的特別課程。 這一次、大好きな「ゲーン・キィオ・ワン・ガイ(鶏肉のグリーンカレー)」と「カオソイ(チェンマイカレーラーメン)」を頂きます! 前菜の小鉢は、此外我樹皮灰塵和脆脆的蔬菜,大量的"春捲"和、有了更多的完成和"冬陰功"酸辣湯。豐富的品酒都完成椰奶,醇厚的菜嗎、為比較辣、少給我們的東西。他給我們講故事工作人員、辛いのが好ましい方はオーダーの際に伝えると調整してくださるとのこと!次回は辛目をお願いしましょう! 「微笑みの国」と称されるタイは一昨年に行った以来ご無沙汰しておりほんの一瞬ではありますがタイの長閑で暖かな空気を感じることが出来ました♪...

對於日本人泰國烹飪泰國餐館"沙巴堅果"和他的日本妻子

濱松交匯處北、浜松と磐田を結ぶ「かささぎ大橋」の通りのT路の角にある タイ料理「サバサバナッツ SAVA SAVA NUT」。 2012年7月にオープンして以来、作為泰國食品專營店在濱松,為數不多的風靡。 來源語言、煤氣廠一直在出售亞洲商品店、更新的餐館、 日本業主花了像泰國、本格タイ料理を提供しています♪ 入口のウェイティングスペースには、和出售,使亞洲商品,日本作家、 事實上與作家誰使用餐館。 商店、寬敞的座椅提供了 16 個席位,稍突起的四座共 20 個座位的餘地、 難以置信的好在廚房裡、充滿了乾淨。 擁有者、被迷住了泰國食品餐館開始、 原汁原味的味道但是很容易吃,然後安排。 午餐、從功能表中選擇、+300在沙拉、スープデザート付のランチセットにできます♪ 「ガパオ・ガイ」800円(+300円でランチセット) ※鶏肉を豚肉に変更も可能。 和 gapao、指的是在泰國,泰國聖羅勒草本植物、使用聖羅勒炒。 傢伙是、指出了雞、Gapao 的傢伙成為 = 羅勒醬雞。 來源語言、使用葉 gapao、通過在相同的 gapao (聖羅勒葉)、 雞碎肉。、傢伙 = 雞、薩普 = 碎的肉、 水稻 = 考、因為它將配備煎烤 = 志道、 作為正式的名稱、第一眼看 = 炒、成為"Swish-by-gapao-guy-Sapp-rad-Khao-Kai-DAO"、 在日本、Gapao 傢伙在這裡的菜被根深蒂固的短名稱站。 因為我煮煎的雞蛋、把蛋黃混合物,吃得更好。 泰國烹飪炒飯的聯賽是美味的 1。 這個 gapao 的傢伙、辛さも控えめでマイルドなのでタイ料理初心者や日本人向けの味わいです♪ 「ゲーン・キャオ・ワーン」700円 未熟な青い唐辛子を使用したカレーで、在泰國,切碎 (湯)、 迷彩 (綠色)、 平均青咖喱在 WAA (甜)。 成分、炸茄子、竹筍、雞、包含蘑菇。 攪拌漿地面草藥和香料的椰子牛奶和中國人民解放軍、 糖、青菜、肉、蝦、魚另外一個鍋使。 溫文爾雅、我覺得一種溫和的椰子牛奶中、鼓勵在香料出汗後的效果來自。 這裡的青咖喱、站出來,與溫和熱、 這是不太厚,柔滑的湯咖喱。 想想最喜歡分為、やはりタイ料理初心者にはお勧めかもしれません♪ セットに付くサラダ「ヤム・ウンセン」 セロリ、洋蔥、他得到了雲耳蘑菇,等。、在泰國是熱,是吃的酸粉絲沙拉。 在泰國,、百勝餐飲集團 = 折騰、看不見的意思 = 粉絲。 Bean 執行緒沙拉煮豬肉剁碎的肉和海鮮、洋蔥、芹菜、Mathew、此外,中國人民解放軍、將香菜放在最後。 在這裡,在、對於那些害怕的香菜、 オーダーの際にパクチー乗せの確認を取ってくださるので良心的ですね♪ セットに付くスープ「ゲーン・チュー・トーフー」 ゴロゴロッとしたサイズの肉団子が2個と、青菜、豆腐の入った優しい味わいのスープです♪ 「カノムモーケン(タイ風プリン)」 タイでは、是用芋頭菜做的最愛之一。 並完成光的青刀豆在這裡、椰奶、用棕櫚糖。 しっとりとした食感で日本でいうプリンとは全く異なる食感です♪ サバサバナッツ SAVA SAVA NUT 住所静岡県浜松市東区笠井町1489-7 TEL:053-545-3842 上班時間:11:00-14:00...

"Lahn 頓水門"曼谷最著名考人蓋的真正的食物!

タイ料理の中でも人気の「カオマンガイ(タイ語ข้าวมันไก่)」。 把雞煮大石肉湯煮雞,下去飯、它是泰國梅醬的精神食糧和吃。 不喜歡的很容易吃、同樣的菜式之一適合日本的舌頭。 在曼谷、有很多可食用考人蓋商店、 その中で最も有名なお店が プラトゥーナムにある「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム Raan Kaithong Pratunam」です。 每個人的秘書、ピンクのポロシャツを着ていることから「ピンクのカオマンガイ」と呼ばれ、 當地的人們開始。、可能在旅行指南中推薦、遊客們還受歡迎的購物。 バンコクで大人気の「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム Raan Kaithong Pratunam」は本場タイ屋台料理カオマンガイ専門店「ガイトーン」として、 現在在日本登陸、 東京、大阪、已部署在福岡四家門店。。 即使是打開狀態時間最長,從早上直到午夜除了一點時間、 總是很受歡迎,是一個蓬勃發展的商店。 早餐時間、中午、晚上、吃飯的時分、為更多的人、準備好在店前排隊。 速食在這裡供應和、我們吃飯的時候都是早期的、旋轉是營業額的非常快的、 即使矩陣、在 10 分鐘內,您可以確保座位。 排成列和、調用從一開始的店員,將引導您到一個座位。 如果這對夫婦、1座位 4 人將六個空缺席位。 住在附近的當地人、人們往往可以得到擁擠在外賣。 こちらの「ピンクのカオマンガイ」のすぐ近くには「緑のカオマンガイ」もあります!(笑) 正式な店名は「クワンヘン・ガイトーン・プラトゥーナム」。 在這裡,在、這麼叫是因為店員穿著一件綠色的 polo 衫。 「緑のカオマンガイ」は1932年創業で、1960年創業の「ピンクのカオマンガイ」より老舗となるのですが、 針對這個謊言或真理或綠色、如果你開始穿著一件粉紅色的 polo 衫是粉紅色的成名。 誰想看吃兩個、食べ比べするのも面白いかもしれません♪ 店内は、為優先座位空間、如店面攤位被視為烹飪的地方、 高堆雞肉的香味充滿了店面。 功能表是、考人蓋、雞胗、雞肝 (肝、 胗)、雞大腿、雞胸肉、雞翅 (大腿和胸部的肉和雞翅膀分類)、 包括香港中華老鴨浴 (鴨和蘑菇湯)。 飲料、科勒、百事可樂、和一杯茶、是每個 10 THB。 書記、因為有更多的對話,在泰國、通過指向功能表,在觸摸點餐。 "考人蓋 (泰國語言:ข้าวมันไก่)」40THB(日本円にしておよそ150円) 「お茶」10THB(日本円にしておよそ40円) 「カオマンガイ」は、在中國和海南島的最南端、食品中已經流行在其他東南亞國家、 在用雞湯煮熟的米飯、把水煮的雞、問問任何調味菜。 精挑細選的新鮮雞、若要調整程度的火、完成和滋潤。 把原始的源、獨特的風味是傳播的。、它是相當痛苦的。 並在泰國菜熟悉茉莉香米中使用。、 在這我煮的雞湯在煮雞、飯,。 原始源、在泰國的味噌、醬油、混合著黑醋醬汁、正在尋求在發酵的獨特深。 生薑大蒜、幾乎作為儘管這種如胡椒的味道、有一點酸。 將陪同也出來與蒸的雞肉湯湯"不結盟運動 CIM"。 有一個簡單的菜、原始的源和照明的説明、 為不同的口味在米飯、お店により違った味わいが楽しめます♪ ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム Raan Kaithong Pratunam (ピンクのカオマンガイ) 住所:...

泰國餐廳贏家 2015年 7"Naam 沿用"亞洲 50 最佳餐館

バンコクのサトーン・タイ通り Sathon Tai Roadから少し奥まったところに入るとスタイリッシュなデザインホテル「メトロポリタン バイ コモ Metropolitan by COMO」があります。 2003年のオープン時に「バンコクで最も先鋭的なホテル」としての称号を得て、 在曼谷會繼續進化是星級 5 的縮影。 MRTのルンピニー駅 Lumphini Stationより徒歩5分圏内に位置しています。 根據出生于英國的酒店品牌、科摩組由創始人、 「ボンド・ストリートの女王」との異名をとったシンガポール人のクリスチャン・オンが1991年よりホテル経営をスタートファッション業界で育まれたクリスチャン・オンの美的センスはバンコクの「メトロポリタン バイ コモ Metropolitan by COMO」にも息付き、永恆的設計,使用主題。 無須過於新潮、不褪色的通用設計可能會因此感到平靜放鬆。 科莫酒店集團生態考慮、工作人員把重點放在從、 通常情況下,改造現有建築,而不是新、 酒店最初是基督教青年會。 看起來是簡單的模態、踏進酒店和、時尚的大堂迎接。 「コモ・ホテルズ・アンド・リゾーツ COMO Hotels and Resorts」が手掛けるこのホテルはロンドンの「ザ・ハルキン・バイ・コモ The Halkin by COMO」のスタッフが 「ジョルジオ・アルマーニ Giorgio Armani」の制服に身を包んでいるのと同様にここでは「コム・デ・ギャルソン COMME des GARÇONS」のデザインを身に纏うスタッフの姿が観られます。 第一制服、「山本耀司 Yohji Yamamoto」がデザインしています。 在 171 間客房酒店、1是最大化一個客人滿意、 ホテルオーナーであるクリスチャン・オンのこだわりでもあるのです。 1200一廣場空間從傳統泰國治療健康按摩、 舒適和輕鬆治療室、瑜伽工作室、從健身俱樂部、 提供全方位的服務,以滿足客人的福祉和美。 我們在酒店的大廳見面了、バンコク在住の日本人女性のSachikoさん。...

"暹羅"讓美味的泰國烹飪學校!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の最後の3品目はこちらも大好物の「パッタイ PHAD THAI」です! それにしても中華鍋が重過ぎて大根腕のわたしでも片手では持ち上げれないのですが・・・大丈夫でしょうか(笑) パッタイは米麺のため熱を入れる時間との勝負です! 重たい中華鍋を片手で軽々と持ち上げるダムリ先生。 首先、中華鍋を熱してこれぐらいの熱さまでだよと教えてくださいます♪ パッタイで初めて油を用います。 想起來、タイ料理は油をあまり用いることがなく野菜を多く取り入れるためヘルシーだと聞いていましたが本当ですね! 中華鍋全体に行き渡るように油を回し入れます先ずは海老をサッと炒めて火入れします材料は剥き海老干し海老、雞蛋、豆芽、ニラ、紅洋蔥、タイの豆腐ピーナッツなどなど。 那兒、レッドオニオンやタイの豆腐、泡菜、干し海老を投入します卵を割り入れます 素早く卵と混ぜ合わせます パッタイヌードル(センチャン) パッタイヌードル(センチャン)と具材が良く混ざり合うように中華鍋を振りながら火入れしていきます! そこへ事前に混ぜ合わせておいたパッタイソース(ナンプラータマリンドウジュースパームシュガーチリオイル)を投入します。 和、かなりのスピードで一気に中華鍋を振り上げ混ぜ合わせていきます! パッタイヌードルがしんなりしたら最後にもやしやニラピーナツっを加えてサッと炒めますあっとういう間にパッタイの完成です!これは早いです! 「パッタイ PHAD THAI」 センチャンという細麺のパッタイヌードルを用いたダムリ先生のパッタイは甘味と酸味が豊かでコクがありとても美味しい仕上がりです♪ 2品目までは、2つの火元を使用し同時進行で作りながら進みましたがパッタイは素早さが大前提となるためダムリ先生が作ってお手本を見せてくれてからわたしの挑戦となりますとても重たい中華鍋を全身の力を振り絞り時間との勝負に挑戦です! 両手で何とか持ち上げて完成させることができました! ayaco作「パッタイ PHAD THAI」器年輪シリーズ パッタイは「釋永岳 Gaku Shakunaga」くんの年輪シリーズとコラボレーションさせていただきました! ピーナッツをパラパラと振り掛けて盛り付けを少しアレンジしてみるとダムリ先生からもお褒めの言葉をいただきました!(嬉) ダムリ先生の素晴らしい指導のもと、3品の料理を小1時間ほどかけて作り上げることができました! 「ラープガイ LARB GAI」器漆黒シリーズ 「トムヤムクン TOM YUM GOONG」 「パッタイ PHAD THAI」器年輪シリーズ...

"暹羅"讓我們在烹飪學校正宗冬陰功!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の2品目は本場の「トムヤムクン TOM YUM GOONG」です! トムヤムクンは大好物なので自分で作れたら嬉しいですね♪ 材料はこんな感じで、通過拼合 (柯布橙葉)、 檸檬草、 Ginger 的日本,、汽車在泰國 (姜姜在聯合王國、中國南部康 nannkyou)、調味料などが並びます♪ 「トム (ต้ม)"廚師、"山藥 (ยํา)"組合、"坤 (กุ้ง)"蝦。 トムヤムクンには欠かせない大きな海老が入ります! カーを包丁で叩き砕きます レモングラスも包丁で砕きます レッドオニオンはスライス コリアンダールート(根っこ)は裂く コブみかんの葉は手でちぎります 唐辛子は縦半分にカット これらの材料を火をかけない状態で中鍋に入れます。 在從點燃的肉湯裡倒。 無油在冬陰功、とてもヘルシーです♪ 途中クッキングスクールに興味を持たれたマダムと可愛いお子さんのいるファミリーに 「Are you enjoy?」と声を掛けていただきました! 「Yeah!很好的烹飪學校!"和答案、マダムは暫し見学されていきました! オープンエアーのクッキングスクールなのでこのように他のゲストとの交流も持ててとても楽しかったです♪ ダムリ先生の指導は、很有禮貌和容易理解、和、何より料理を楽しんでいることが素敵です! わたしも美味しいものを食べることと作ることが大好きなのでダムリ先生とのクッキングスクールは本当に最高でした♪ タイの本場の食材を用いて本格的に作るトムヤムクン。 在季節之前這道湯味道。 順便問一下湯煮。、添加蝦。 當你在燒它消失成美麗蝦佈滿了紅色、一次削弱火。 ナンプラー投入 マナオの果汁を投入 チリペーストで辛さが決まります! 調味料をすべて加えたところで良く混ぜ合わせれば完成です! 熱々の鍋を持ち器に綺麗に盛り付けていきます♪ ダムリ先生作「トムヤムクン TOM YUM GOONG」...

"暹羅"讓我們美味的強姦同性戀在烹飪學校在夏天!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の1品目は「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」です♪ 材料はこんな感じで分量を計測済みで小分けにされているので大変分かり易いです♪ 先ずはダムリ先生のお手本を観ながら野菜のカットを始めます! 包丁は幼い頃から料理人の父に教えてもらっているのでダムリ先生にも負けません(笑) ダムリ先生から「Wow!大!你 & # 可及性; 是一家專業!」と嬉しいお言葉を頂戴しました♪ レッドオニオンをスライス 葉葱を微塵切り 青菜を微塵切り こちらのサラダの良いところは油を一切使わないヘルシーな料理ということです♪ 小鍋にチキンから取れた出汁 鶏ひき肉を炒めます 鶏そぼろの状態になるように ダムリ先生のアシスタントとしてスタッフのบุญถึง ยามาดะさんもお手伝いしてくださいます♪ タイレストランやクッキングスクールで使う調味料たちマナオの果汁を投入 ナンプラー投入 砕いた唐辛子を投入 隣り合わせの2台のコンロで同時にクッキングしながら教えてくださるのでとてもスムーズです♪ チキンの出汁がこれぐらいになれば良い状態だそうです♪ レッドオニオンを投入 葉葱青菜コリアンダーを投入 素早く丁寧に! 葉物が入ったところで一気にスピードアップし全体を良く混ぜ合わせます。 現在、ここでダムリ先生お勧めのワンポイント食材が入ります! 「これが何かわかるかい?」とダムリ先生に質問され匂いを嗅いで食材当てクイズです(笑) 「ん?お米の匂い?」 何と!ランプーガイの隠し味はお米パウダーのようです! 最後にお米パウダーを振り掛け混ぜ合わせたら香ばしい香りがいたします♪ お皿への盛り付け方もお手本を見せてくれて教えてくださいます♪ ダムリ先生作「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」 あっという間に1品目のサラダの完成です! お味はタイの独特の香りと程好いスパイスが効いており鶏肉の旨味が広がるヘルシーな美味しいサラダ! おうちで簡単に作れる夏にお勧めできる一品です♪ ayaco作「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」器漆黒シリーズ わたし達は日本から富山の友人で陶芸作家である「釋永岳 Gaku Shakunaga」くんの器を持参していたため、...

"暹羅"與泰國廚師烹飪學校一個愉快的經驗!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のレストランは、 2015年7月まで運営されていた「デコ・バー&ビストロ裝飾條 & Bistro」は、 8不到一個月、「チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant」と統合させ「チョン・ビストロ Chon Bistro」に生まれ変わっておりそちらのタイレストランのシェフがマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」というオプショナルが大変人気ですリゾートホテルにはクッキングスクールのオプショナルが良く見受けられますがマンツーマンという指導はなかなかなくとても贅沢のように思えますわたしも早速そのクッキングスクールに参加し体験させていただきます♪ クッキングスクールの場所はモーニングブッフェの会場となるこちらのお部屋です。 如果原始、定められたメニューの中から自分の作りたい好きなメニューを選びそのメニューに必要な食材を午前中にシェフと一緒に市場に買い出しに出掛けるツアーからスタートするのですがこの日は時間も無く買い出しは省略して料理を作るところからスタートとなります♪ クッキングスクールの部屋には簡易的な厨房が用意されシェフが待ち構えてくれています! テーブルには作り終えた後に食事が楽しめるようセットされています。 作為受歡迎的飲料、用意してくださった「ジンジャーパンチ」というドリンクはアップルジュースに生姜とシロップを入れてソーダ水で割りスイートバジルを添えたとても美味しいジュースです! 氷までもがアップルと生姜から作られており溶けても味が薄まらないという代物!(凄) こちらのジュースのレシピもいただいたレシピブックに載っているので日本に帰ってからも作ることが可能です♪ タイレストランのエグゼクティブシェフでクッキングスクールの先生を務めてくださるのは爽やかでとても優しく楽しいDamri Muksombat(ダムリ先生)です! ダムリ先生との会話はすべて英語またはタイ語で可能です♪ 【DAMRI Muksombat(ダムリ先生) プロフィール Profile】 国籍タイ 生年月日:1973年5月25日生(何と!わたしと同じ歳ではないですか!) 身長:172厘米、重量:78kg 2015年4月:行政總廚、サイアムホテルタイ料理と西洋料理 2013年3月~2015年4月:行政總廚、IssayaレストランBKKタイモダン料理、 2011年~2012年:行政總廚、サンティヤリゾート&スパPHA NGANタイ料理と西洋料理 2011年:行政總廚、Malaiwana Resturantプーケットタイ料理と西洋料理 2010年6月:副廚師長、フォーシーズンズサムイタイ料理と西洋料理 2010年8月:副廚師長、マンダリンオリエンタルダラデヴィ 2008年~2009年:行政總廚、キャンプシェフフォーシーズンズテントキャンプゴッデントライアングル、 清萊、タイ料理と西洋料理 先ずはタイの食材をいろいろ教えてくださるところからスタートします! レモングラスやマナオ、大蔥、トマトなど見慣れた食材の中から見たこともないような食材がズラリと並び分からないことはすべてダムリ先生が質問に答えてくださいますバナナの花なんて初めて観ることができ見慣れない食材は何だかとてもワクワクします!...

滾動到頂部