周圍的歷史性臺灣 ! 尋求新的吸引力主要酒店和餐廳的覆蓋範圍

2016年3月27日(日)~4月10日(日)までの2週間ladeは台湾の首都である台北市をはじめとし、 墾丁、高雄、台南、宜蘭と今回は台湾をグルッと一周し、接受面試的旅行。 臺灣臺北市、臺灣資本市好在河岸上流經北部的臺灣和降河。 臺北市,坐落在東亞和太平洋之間北緯 25 度附近,、 亞熱帶的氣候,受蒙古高壓和溫暖和潮濕的太平洋高壓系統的特點、顯著的季節變化地區、 一般 3 春月的五月、6-8 月,夏天、9-11 個月下降、122 月和冬季之間、 當前、日本と同じく春を迎えている台北市の気温は13~26℃前後で、 和日本在春天和秋天的氣候、在日本是比春天有點暖和。 さらに台湾の南部にあたる墾丁や高雄、台南、15-在 29 ° C 左右將會比臺北更暖和。。 臺灣旅行的最好季節、3-5 月、また10~11月となるため今回は絶好の台湾日和となります! 日本との時差はマイナス1時間なため、不用擔心時差。 臺灣貨幣、NT$(ニュー台湾ドル)で、2016年3月27日現在のレートでNT$1=3.47円となります親日家の多い台湾の治安は、一直相對安全和。 最後一次、2015年1月7日(木)~1月15日(金)に訪れた台湾旅行では、 新開的主要酒店在臺北牛排和自由運行已主要覆蓋、 這一次、台北だけに留まらず台湾の第2の都市である高雄をはじめ台湾の最南端にあるリゾート地である墾丁などメジャーなホテルを中心に台湾グルメな旅となり丸ごと台湾の新たな魅力をお伝えできればと思います。 和編輯這篇文章後你回家、アップ致しますのでお楽しみになさってください♪(再見♪) 【滞在HOTEL】 台北「PALAIS de CHINE(君品酒店)」墾丁「GLORIA MANOR(墾丁華泰瑞苑)」台南「Silks Place Tainan(台南晶英酒店)」高雄「CHATEAU de CHINE (翰品酒店高雄)」宜蘭「Silks Place Yilan(蘭城晶英酒店)」台北「The Sherwood Taipei (台北西華飯店)」 【取材Restaurant】 「La Rotisserie」「Le Palais」「MU lounge」「MU RESTAURANT」「夜市」「ROBIN’S」「Pasadena」「晶英軒」「Harbour Restaurant」「Red Lantern」「Yi Yuan」「TOSCANA」「B-one」「Yellow Lemon」「Bencotto」「品川蘭」「No.168 PRIME...

“東方露台鳥善”舉辦了“Wine Maker’s Dinner Vol.4”請“Hugel”

棕櫚樹沿著白街成為一個里程碑、那裡你能爬上小山,位於一座小山、 佐鳴湖を一望でき最高のロケーションを誇る「THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN ジ オリエンタルテラス トリゼン」旧名である「鳥善」さんは明治元年の創業であり、與年齡和不斷變化的業務形式背景的、 今年2015年で何と152年の歴史を誇り、7代続く老舗となります昭和38年に鍛冶町にあった本店を現在の閑静な佐鳴湖湖畔に移し、 2000從好到地點成為熱門話題, 廣場上的場地、 作為現在,婚禮和婚禮接待大廳、或作為締約方和事件,以及眾多名人光臨,場地和、 它是一個極受歡迎的餐館。 長時間、和食店として運営をされてきたレストランを2009年9月に オリエンタルなアジアンリゾートを彷彿とさせるラグジュアリーな空間に一新しリノベーションされフレンチを修行してきた若き料理長の前川智裕さんを迎え入れられてからというもの幅広い年齢層に愛される高級レストランへと進化しております♪ 重厚感に溢れておりオリエンタルテラスの名に相応しい アジアンテイストのエントランスは、我一樣濱松忘記這一切、 異国の高級リゾートホテルやオーベルジュでお出迎えを受けているかのようなしつらえです♪ フロントロビー ラウンジ ジ オリエンタルテラス トリゼンの宴会場である「The Galleria(ザ・ギャラリア)」にてフランスはAlsaceのドメーヌ「Famille Hugel(ファミーユ・ヒューゲル)」を招き開催された 「Wine Maker’s Dinner Vol.4(ワインメーカーズディナー)」。 在約 80 葡萄酒愛好者的聚會、わたし達WEBマガジンladeも参加して参りました♪ 「Famille Hugel」は13代に渡り家族経営で337年続く老舗ドメーヌですHugelのワインの美味しさを伝えるために世界中を飛び回るEtienne Hugel(エティエンヌ・ヒューゲル)さんと ソムリエの資格を持つ日本人のお美しい奥様のKaoru Hugel(カオル・ヒューゲル)さんと一緒に記念撮影♪ 結婚式場「ミュゼ四ツ池」のマネージャーの水口智章(Chiaki Mizuguchi)さんと 同じくミュゼ四ツ池の浜本さん水口さんの奥様で「フラワーコンシェルジュそれいゆ」の フラワーコーディネーターを担当される真里(Mari)さんたちとご一緒させていただきました♪ 乾杯には「2013 Hugel Gentil(ヒューゲル ジョンティ)」が用意されます♪ ジ オリエンタルテラス トリゼンで開催されるワインメーカーズディナーは今回で4回目となり、 1回目はフランスの「Famille...

法國的餐廳 "連理" 4 年結婚紀念日慶祝廚師的課程

然而,作為 mokuren 靜靜地坐著、定義一個有尊嚴、庭から眺めることのできるシンボルツリー 「連理の木」の存在感溢れる素晴らしい建物がこちらのオーナー様と新たなシェフとのコラボレーションにより生まれ変わったカフェ&レストラン「連理 LENRI」。 2013年12月3日(火)にフレンチレストランとして再オープンされてから、早在 2 年有傳遞。 こちらで活躍されているシェフの尾上成彰さんは、 後整理培訓在岐阜縣多治見、「グランドエクシブ浜名湖」内のイタリアン「ルッチコーレ」にて、 務marete 廚師約十年在義大利和法國進來、充分利用這項技術已栽培為止、 提供主要生計的融合東方和西方殖民的法國菜。 這裡的歐洲城堡形象、 靜靜地依偎在石頭牆內砌體是、まるで隠れ家のような雰囲気を醸し出しています♪ 店内1階は、25 桌席位包括半私人房間、4 台座椅俯瞰著庭院和、 暗褐色平靜可以盡情享受寬敞和有尊嚴地在地板和石頭的牆上。 2在地板上、貸切のイベントスペースなどとしても活用できるフロアを提供されています♪ 広大な敷地3,000坪を誇り、得天獨厚的藍莓農場和香草花園餐廳。 看風景前你的花園的時候你可以享受四個季節、 美味しい食事を味わえる至福のひとときを過ごせます♪ わたし達の結婚記念日4年目を迎える2016年2月22日(にゃんこの日)に伺い、 慶祝陣亡將士紀念日、尾上シェフに事前にお願いしおまかせコースをオーダーしました♪ 浜名湖の「グランドエクシブ浜名湖」で7年ほど尾上シェフと一緒に務められていた中村さんを2016年3月より正式に社員として迎え入れられています中村さんは浜松出身ですがここ2年ほどは「エクシブ箱根離宮」にいらしたところを 尾上さんに声がけされ、是公司決定返回到本地嗎。 作為一個高值體驗廳工作人員、安定のサービス提供が見込めると尾上シェフも喜ばれていました♪ 「2011 Hugel Riesling Estate(ヒューゲル リースリング エステイト)」 今回のワインはフランスはアルザスのドメーヌ「Famille Hugel(ファミーユ ヒューゲル)」を招き「THE ORIENTAL TERRACE TORIZEN ジ オリエンタルテラス トリゼン」にて開催された 「Wine Maker’s Dinner Vol.4」にていただいた 「2011 Hugel Riesling Estate(ヒューゲル リースリング エステイト)」を持込みさせていただきました! ヒューゲルの新商品として、Rieslingesteite 剛剛幾個月之前,、 超過一半的葡萄已被盛大 Cru shnan 球、 勃艮第和相同的石灰泥土壤在陡峭的山坡的葡萄園、...

"帝國飯店 IMPERIAL HOTEL" × "The Sherwood Taipei 台北西華飯店" 七彩虹豐盛的自助餐端上來的媒體聚會 !

「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」の本館中2階の大宴会場となる「光の間(HIKARI)」にて毎年開催される帝国ホテル主催の「メディア懇親会(Media Social Gathering)」が開催され帝国ホテルとパートナーシップを結ばれている台湾の首都である台北を代表する一流ホテル 「The Sherwood Taipei(ザ・シャーウッド台北)台北西華飯店」がホスト役として来日。 許多電視和雜誌、新聞などでグローバルに活躍される メディア関係者の皆様が180名ほど集まる懇親会となる中わたし共WEBマガジンladeも参加させていただきました♪ 帝国ホテルの大宴会場である「光の間(HIKARI)」は、 550 m ² 展示空間與驕傲、6在附近 m 天花板高度的魅力、 光和音、通信、除設備、與同聲傳譯設備、 您可以利用全球派對活動場地。 在一個像這樣的佈局提供中間雞尾酒自助餐的計數器、 最大可容納達 400 人,並提供寬敞和、 這一次、彩り豊かな豪華なブッフェスタイルの立食パーティです♪ まずは帝国ホテルの取締役社長 東京総支配人(President and General Manager)の 定保 英弥(Hideya Sadayasu)さんにご挨拶させていただきました♪ 帝国ホテルのManager,Public Relationsの照井 修吾(Shugo Terui)さんはとても気さくな方で翌日のホテル取材のコーディネイトにご協力していただきました! 「ロブスター、海膽、たらば蟹などを氷の台に盛り合わせて (Decoration de petites langoustes, oursin et crabes sur glace taillee)」 中央カウンターに鎮座するのは帝国ホテルを象徴するライオンの氷の彫刻! 迫力溢れる彫刻の周りには、龍蝦和魚子醬、たらば蟹に鮑などの高級食材が並びます♪ ブッフェスタイルの立食パーティとなっているため、雖然很容易帶的大小、 除了美的高品質是品質和成分、魅力四射的感覺,針織、 一流ホテルのパーティであるクオリティの高さが伺えます♪ 「さまざまな一口おつまみとフランスフィンガーフード飾り 取り合わせ (Petits hors-d’œuvre et des amuse-gueules...

"帝國飯店 IMPERIAL HOTEL" × "The Sherwood Taipei 台北西華飯店" 媒體齊聚一堂,在每個國家積極!社交聚會櫻花綻放!

海外からの賓客をお迎えする「日本の迎賓館」として、在東京日比谷、 国内初の本格的な西洋式ホテルとして1890年11月3日に開業された「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」。 幾天前、本館中2階の大宴会場となる「光の間(HIKARI)」にて毎年開催される帝国ホテル主催の「メディア懇親会(Media Social Gathering)」が開催されました♪ フロントで受付を済まし、在等候區,而等到開放時間。 在這一天、許多電視和雜誌、新聞などでグローバルに活躍される メディア関係者の皆様が180名ほど集まる懇親会となっています♪ 帝国ホテルとパートナーシップを結ばれている台湾の首都である台北を代表する一流ホテル 「The Sherwood Taipei(ザ・シャーウッド台北)台北西華飯店」がホスト役として来日されておりわたし共WEBマガジンladeはシャーウッド台北よりご招待頂きました昨年2015年に創業25周年を迎えられたシャーウッド台北のその歴史と共に歩んで来られた ”名物GM”であるAchim V. Hake(アキム・フォン・ヘイク)と喜びの再会を果たすことができました♪ 前回Mr.Achimを記事にした内容は下記URLをクリック! 「The Sherwood Taipei」オープン当初から長く従事し名物GMと称されるAchim V Hake http://lade.jp/diary/travel-diary/taiwan/51686/ 帝国ホテルのPublic Relationsの伊藤千夏(Chinatsu Ito)さんにご挨拶させていただきました♪ ウィティングスペースに少しずつゲストが集まり始め、出生的地方。 ウェルカムドリンクのシャンパーニュは「POMMERY(ポメリー)Brut Royal」が用意されます革新的なシャンパンメゾンポメリーは、創建世界上第一次幹香檳、它在世界各地被愛、 清新淡雅的泡沫、漂亮的黃色與綠色光、細膩,醇厚的香味,被以、 清涼感溢れる酸味の果実味とエレガントでバランスの良さが楽しめる軽やかな口当たりです♪ シャーウッド台北のGeneral ManagerであるAchim V. Hake(アキム フォン ヘイク)より帝国ホテルのDirector of International Public Relationsである Ignatius Cronin(イグネシアス クローニン)さんを紹介していただきましたIgnatiusさんは、生於三藩市。、從日本在 50 年以上、 とても流暢な日本語を話される素敵な紳士です♪ 「METROPOLIS(メトロポリス)」の最高執行責任者であるNeil Butler(ニール...

"帝國飯店 IMPERIAL HOTEL" 在一個成熟的茶館的茶室建築煮茶服務“東光庵”,是很受歡迎!

「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」の本館4階にひっそりと佇む格式高い茶室は1970年(昭和45年)に誕生した「東光庵(TOKO-AN)」では数奇屋造りで名高い建築家の村野藤吾さん設計の本格的なお茶室で、 Omotesenke、Urasenke、茶能夠容納 3000 家的戰士小巷克爾曼、 京都の「大徳寺瑞峰院」の吉口桂堂師により名付けられた「月歩の間」「東光庵」「松濤の間」の3室を用意されており、 無論學校認可服務、お茶会やお茶事の席としての利用も可能となります♪ 茶室へ向かうエントランスは、作為吃了一驚,西式酒店房間、 等待著安靜的日式和平靜。 通過間接照明竹天花板上、表達自己與柔和的光線。、 與拋光日誌的北山雪松支柱、牆壁是所有作品都是工匠拾樂樂趣牆。 工匠修復,現在也會少從蓋護理。 こちらでの点茶サービスは、越來越多的人想要體驗日本文化的與來自國外的客人、 因為它已成為很受歡迎、事前予約が必要となります♪ 【点茶サービス】 薄茶一服:1,500餡餅 (蛋糕、税サ込) (日曜・祝日または貸切日を除く午前10時~午後16時まで) 茶室へとつなぐ露地は、花園的優美日本。 心を落ち着かせ閉雅な気分に浸れます♪ 東光庵からも伺える中庭は、100已成為草平方米屋頂花園。 為最主要的建築在中間第二、五樓被標記 4 樓在這裡。 4月五月之末、染成紅杜鵑 tsukiyama 上升、 桜の間(SAKURA)からまたは17階のステーキハウス「嘉門(KAMON)」からの景色が絶景だそうです♪ 今回御点前を頂戴するのは「東光庵」の茶室にて。 在茶道、赤著腳的茶室將違反禮儀的行為。 如果時裝、本来ならば白い靴下がベストですが、避免赤裸的雙腳,你想要輸入。 我和在這個時候穿長筒襪。、 先生は「ストッキングでもどうぞお気になさらずに」と優しく声がけてくださいました♪ 「東光庵(4畳半)」 東光庵は裏千家のお家元である茶室「又隠(YUUIN)」をヒントに造り上げられています又隠は、在四和半墊 1000年始建退休後、 千利休が最晩年の1587年(天正15年)の末頃に作った聚楽屋敷の四畳半座敷の写しとされています♪ お床のお軸(掛軸)は「春入千林処々花(はるせんりんにいればしょしょにはな)」。 在春天、溫暖的天氣受邀、它閃進了森林、那裡放送這裡有美麗的鮮花盛開。、 こちらは「大徳寺・三玄院」の長谷川大眞(はせがわたいしん)御年60歳の書となります。 和、花は楊枝でも使用している「”くろもじ”と”白椿”」が飾られています。 113 月-4 月茶花與木材,爵士、53 月至 10 月夏季山和野花你安排一個籃子,竹子,、時のものを用意します♪ 点茶サービスに付いてくるお菓子が運ばれてきました「どうぞお菓子をお召し上がりください」と亭主側に勧められてからいただくように致しましょう。 禮儀和可食用前淺棕色、 不要慌吃、不能吃甜食和茶不能啟動。 成為光棕色箔糖果、已經有禮貌,很對、禁忌的交替。 糕點、3-4 兩半,用牙籤或蛋糕切片切和吃。。 如果、如果你不能吃、 本文用來吃糖果包中、そっと人目につかないように持ち帰ると良いでしょう♪ 鶴屋八幡「桃柳(ももやぎ)」 老舗和菓子屋である「鶴屋八幡」の「桃柳(ももやぎ)」の四季の移ろいを感じさせる生菓子です。 在蒼白的雙色組合、光滑的豆沙餡裡面變得溫柔甜美優雅、春の喜びを感じさせます♪ 先生よりご挨拶があり、包括禮儀、我們教授不同。 在它、早速お抹茶を点てていただきましょう♪ 冬場の11月~春を迎える4月は炉を用いて行い、 你的觀點不是前臺、斜めにすることで美しい所作の角度を保たれています♪ 湯温は70度~80度ぐらいの湯で点て、...

"帝國飯店 IMPERIAL HOTEL" 高級大廈樓出生在鄰近的帝國大廈有專用地板!

「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」に隣接する31階建ての高層タワーは1983年に 「帝国ホテルタワー THE IMPERIAL TOWER」として誕生しています。 低樓 1 樓 4 樓、世界の一流ブランドを取り揃える「帝国ホテルプラザ THE IMPERIAL HOTEL PLAZA」を構え、 塔和辦公大樓的中介層和、20健身中心與地板、游泳池、有其自身的桑拿室、 房間是 21 和成為了 31 樓、全客室数361室を用意されています♪ 昨年2015年4月に帝国ホテルタワー館の30~31階の2フロアを 特別なゲストを迎え入れるための特別階としてリニューアルオープンさせた 「Premium Tower Floor(プレミアムタワーフロア)」の客室を見学させていただきます。 塔博物館、從建立安全中間 2 卡相容、ルームカードキーで入場致します♪ 中2階より最上階の31階へと上がります。 特殊的地板的塔狀建築,31 樓、明るく白を基調としたフロアが広がります♪ 「Premium Tower Floor(プレミアムタワーフロア)」では本館「Imperial Floor(インペリアルフロア)」同様に、 工作人員為專用樓層的客人服務員、對各種請求作出反應、 提供周到的服務。 (回應時間:7:30-22:00) ゲストアテンダントとして活躍される女性スタッフは自身で着付けを習われ、 和服和著konasa 作為制服和、素敵な装いで出迎えてくださいます♪ 帝国ホテルタワー館は、30-和完成改造的 31 樓 2 樓、2015年4月より特別階の プレミアムタワーフロアとしてサービスをスタートされています。 還、2016直到 4 月的一年、塔大廈 20 樓 — — 和繼續的房間裝修到 29 樓、 它逐漸實現儘快。 帝国ホテル東京では、2020前東京奧運和殘奧、 外国人宿泊客の割合を現在よりさらに高めるための体制を整えられているそうです♪ 31階3101号室「Premiere Deluxe Room(プレミア デラックス ルーム)」 高層階の特性を生かし、皇宮和日比谷公園、還、並採用佈局視圖,等晚上銀座、 區分和莊嚴的主要建築,房間內部、 通過使輕的形狀和鮮豔的色彩、 傢俱和紡織品、作為一個開放的空間設計和。 還、專屬健康俱樂部大廈 20 樓、游泳池、サウナを無料で利用できます♪ (通常料金 2,160円) フィットネスセンター5:00-22:00(最後入場 21:30) プール6:00-22:00(最後入場 21:30) サウナ7:00-22:00(最後入場 21:30) ホテル館内の案内やお部屋内の細やかな説明をゲストアテンダントがしてくださり、 預訂酒店外面的餐館和拆包、擦鞋服務、...

"帝國飯店 IMPERIAL HOTEL" 地板專用地板帝國配有拿尊嚴一定的美容和功能

打開在 1890 年 (0/1890) 因為、国際的にも高く評価されてきた「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」の客室は、 570 間客房的主樓和新建成的塔房子 361 客房,豪華傢俱和設備房間 931 總。 本館14~16階の特別階「Imperial Floor(インペリアルフロア)」は、適用于特殊客人、 美和功能中的添加功能、最上の寛ぎを提供されています♪ 「Imperial Floor(インペリアルフロア)」には、 工作人員為專用樓層的客人服務員、對各種請求作出反應、 提供周到的服務。 (回應時間:7:30-22:00) ゲストアテンダントとして活躍される女性スタッフは自身で着付けを習われ、 和服和著konasa 作為制服和、素敵な装いで出迎えてくださいます♪ エレベーターホールにカードキー対応のセキュリティエントランスを設置されており、在環形碼頭入口。 還有一個特殊的地板、加強安全、プライバシーが保護され安心してお過ごしいただけます♪ 快適性を追求した「Imperial Floor(インペリアルフロア)」15階の1565号室 「Deluxe(デラックス)」を見学させていただきます♪ 15階1565号室「Deluxe(デラックス)」 本館のインペリアルフロア「デラックス」は、42驕傲的 m ²、 總協調扮演英國設計師朱利安 · 裡德 (朱利安 • 裡德)、 クラシカルで落ち着いたインテリアとともに居心地を重視した機能的で快適な空間を提供しています♪ 心地良い眠りを追求するため帝国ホテルが独自で開発したオリジナル寝具 「スリープワークス」のベッドとデュベを採用されており心地良いスプリング性で快眠を誘います♪ 枕はお好みに合わせて、如船體和低電阻型、7選擇的類型、寝心地抜群です! 冷え性の方は、在這種情況下的腳設計電動起錨過往有例子、 每當事情是不方便、相談されることお勧めします♪ 窓際には、提供一個制高點一張辦公桌、配備了免費的 Wi-Fi、也適合商務。 配有沙發,放鬆和享受閱讀與奧斯曼。 コーヒーテーブルとセットのソファでお茶を楽しみながらゆったりと過ごすことも可能です♪ インテリアの一部として37インチのテレビもスッキリと収納されており、 在抽屜裡、パジャマを2着用意されています♪ ミニバーも充実しておりますので、價格每,看看價格表。 ミネラルウォーターやティーセットは無料で利用が可能です♪ パウダールームには、為了提高工作人員提供了高品質毛巾。 配有浴室淋浴區和浴浴缸綜合容易使用。 在一個開關和調整您所選擇的溫度、自動熱水太熱也可以、卓越的功能。 潔身器、和獨立、曇りガラスの扉で視界も遮られているため落ち着きます♪ バスアイテムには資生堂と共同開発された和漢植物エキス配合の「AYURA(它是)」のオリジナルバスアメニティ (シャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュ)を採用されており、 是不能出售、我們聽到和欣賞出沁人心脾的清香。 深刻的感、主樓的一個高品質的設計、從其安詳、 相對老人是如此受歡迎。 於、下一步在行、若者層にもお勧めできる「帝国ホテルタワー館 IMPERIAL TOWER」の30~31階の 特別な「Premium Tower Floor(プレミアムタワーフロア)」の客室を紹介致しましょう♪ 帝国ホテル IMPERIAL HOTEL...

"帝國飯店 Imperial Hotel" 你可以花一個優雅的時間與綠色位置沿著頂樓的餐廳和酒吧

「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」の本館最上階17階に位置する ブッフェレストラン「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」は、1958自開業以來年 (0/1958 年)、 日本在新的餐廳風格的飲食史上革命性的。 由繁榮成為了話題足夠日夜排隊、 大的成功,每一天都在和很多人愛過。 在那之後、2004在 7 月大幅延長、 「Imperial Viking Sal(インペリアルバイキングサール)」と店名を変えられます。 更新後、開放式廚房設置、自助餐廳活和成為、 約40種類の本格的な料理を楽しめます♪ Imperial Viking Sal(インペリアルバイキングサール)本館17階 TEL:03-3539-8187 上班時間:早餐 7:00-9:30(ラストオーダー) ランチ11:30-14:30(ラストオーダー) ディナー17:30-21:30(最後點菜) * 17 週末和公休日。:00より営業 http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/sal/ 「バイキング(Viking)」 好きなものを好きなだけとって味わう「バイキング(Viking)」とは、是 wasei 英吾現在在日本的傳播。 然而,、這種獨特的食物風格、實際上,、帝国ホテルが発祥だとご存知でしたか? 当時1958年(昭和33年)に帝国ホテルはブッフェレストラン「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」を開業「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」は北欧スカンジナビアの伝統料理「スモーガスボード(※)」の様式を取り入れ、 "最喜歡的菜、很多"是很受歡迎的餐廳,同時享受。 (*) 以聚餐食品帶來的朋友和熟人、據說,從麵包和黃油回味進化而來。 前新店開幕、成為一個公眾公司名稱。 選自中各項建議、 当時話題になったカーク・ダグラス主演の海賊をテーマにした映画に因んだ「バイキング(Viking)」という名。 海盜的一舉成名,在歐洲的 ISAM、斯堪的納維亞的傳統、 你可以說源于你可以吃所有的粗體樣式正確和命名的形象。 「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」は、儘管收費不可以說是從來沒有派上用場、非常流行的叫。 最低價格、每天 1200 日元。、晚上 1600 日元。、大學畢業生的起薪是 12800 日元、 帝国ホテルの宿泊料が1,800円の当時、這是相當昂貴的。 功能表是、豬肉肉和蛋菜配魚子醬、煮咸的牛肉、德國風格火腿熏、有花式食物、 「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」は、受歡迎的包裝的每一天、甚至名人使用。 因此、「Imperial Viking(インペリアルバイキング)」が提案した新しい食のスタイルが広まり、 很快、日本ではこの形式のことを一般に「バイキング(Viking)」と呼ぶようになるのですこれが日本の「バイキング(Viking)」の歴史です。 發光的古典幌子的工作人員、 從靠窗的座位開放的感覺可以享受從頂層空間視圖、 提供一個寬敞的 200 座位。 中央廚房,提供、シェフたちが繰り広げる数々の料理を臨場感溢れる雰囲気で楽しめます♪ 豪快なロースト料理や焼きたての香ばしいパイ料理など、獨特的開放式廚房溫暖新鮮食品報價、 出揃imasu 廚師使用時令食材。 「帝国ホテル伝統のポテトサラダ...

"帝國飯店 Imperial Hotel" 味道和食物不變在其成立以來從時間125週年的歷史"食物傳統的傳世"

「東洋経済」が発行する「週刊東洋経済」の2016年2月6日号「ホテル激烈!30年に一度の活況」でホテル業界の専門家たちが選ぶ東京のベストホテルに選ばれた「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」その理由を帝国ホテルの取締役社長 東京総支配人(President and General Manager)である 定保 英弥(Hideya Sadayasu)さんは東洋経済のインタビューでこう語られています「帝国ホテルは恵まれた場所・立地にある。 房間號碼 931、宴會中心 26、餐廳、 酒吧和酒廊 17 和品種、 私人旅行、團體旅行、商業使用、婚禮和培訓、國際會議、 有多種用途、我們的力量被準備滿足的需求。 当社はメイド・イン・ジャパン・ホテルの代表格でありたい」と。 這個詞街、從十七樓的看法是在主樓頂層、優越的地理位置的皇宮和日比谷公園傲慢的綠蔭環抱。、 也是在種類繁多的食肆已經傳了傳統食品、 現在,太老了、誇張地說,籠罩著許多客人的心和胃都不。 這一次、そんな帝国ホテルの125年の歴史と「受け継がれる食の伝統」を紹介します♪ ホテル最上階の17階にはレストランやラウンジが用意されており今年2016年3月までを開業125周年記念期間とされ、17階に「受け継がれる食の伝統(The Legacy of Food)」と題して創業当時から愛され続けてきたオリジナルメニューの紹介や著名人ゆかりの一品を紹介しています♪ Public Relationsの重冨 耕太(Kohta Shigetomi)さんの案内により最上階である17階からの眺望をご説明いただきます♪ 最上階である17階からは、俯瞰公園在你的左邊、你可以感覺到氣氛的故宮在後面。 從春天到夏天、更多的樹木和鬱鬱蔥蔥的綠色、 在櫻花盛開的時間直接打招呼、外國人開始。、許多客人欣賞景色,並進行腳。 淡粉紅色右手建設、「宝塚歌劇」となり、 寶塚歌劇團的願望清單的甚至成員是一個熱情的球迷。 在周邊地區、帝國劇院,舞臺劇和、這一地區稱為日比谷區、那些喜歡劇院常用的。 當前、「三井不動産」が手掛ける「新日比谷プロジェクト(仮称)」として、1960年(昭和35年)竣工の 「日比谷三井ビルディング」の跡地において、促進整體重建計畫、 針對財政,到 2017 年完成、ビルを建設中です♪ 「受け継がれる食の伝統(The Legacy of Food)」と題されたボードには、 原來的功能表圖片與多年來很多客人一直愛味道、 著名人ゆかりの一品を生み出した逸話などが記されています♪ 帝国ホテルの初代料理長を務められた吉川兼吉(Kanekichi Yoshikawa)は1853年(嘉永6年)生まれ日本のフランス料理の草分け的存在の一つである「横浜グランドホテル」で西洋料理を学び迎賓館である「鹿鳴館」での経験を経て、1890年に開業された帝国ホテルの初代料理長に就任されています。 在這個時候、吉川兼吉(Kanekichi Yoshikawa)は37歳です。 在那之後、1905年(明治38年)に伊藤博文(Hirobumi Itoh)から、...

"帝國飯店 Imperial Hotel" 它開始作為日本第一迎賓館,西部一流的酒店迎接125週年

海外からの賓客をお迎えする「日本の迎賓館」として、在東京日比谷、 作為日本第一家正式西式酒店、1890年11月3日に開業された「帝国ホテル IMPERIAL HOTEL」は昨年2015年11月で開業125周年を迎えられています。 在那段時間、多くの銀行や企業の設立に携わった「近代日本経済の父」とも称される 渋沢栄一さんが初代会長を務められています。 地方、日比谷、銀座、東京車站、新橋是方便步行距離之內、 地區、皇宮和日比谷公園綠色的希望、它提供意見的季節、 在銀座購物區和劇院區作為結束、東京観光やビジネスの拠点にも最適なエリアとなります♪ ホテルのチェックインを迎える14時~15時の本館の正面玄関アプローチでは、 大多數的車道、ドアマンの手際よい俊敏な応対が見受けられます♪ 帝国ホテルのドアマンは、1000 日元比爾總是和 5000 日元結帳、 釣り銭の用意がないお客に対し両替できるように準備されているそうです! 正面ロビー 開放感溢れる天井高と、優雅的中央樓梯、 和、在金玫瑰來摘花閃閃發光的枝形吊燈、 大堂雖然迷人拍攝焦躁不安的感覺。 這一次、Public Relationsの重冨 耕太(Kohta Shigetomi)さんにホテル案内をお願いします重富さんは帝国ホテルにお務めになって8年となるようで福岡出身の九州男児と凛々しい御方です! 日本のグランドホテルとしての歴史や受け継がれてきた一流ホテルマンとしてのサービス精神を胸にホテルの見所と共に多くの魅力を語ってくださいました♪ 帝国ホテルは昨年2015年11月で開業125周年を迎えられ、2016年3月までを開業125周年記念期間とされており、 在酒店的所有部分、舉辦的展覽會。 為慶祝 125 周年紀念標誌、 自開放以來、堆放面對很多客人,你生活的邊緣、 客人從心臟病發作的每一個人、在頭腦中面臨的每一個人、 希望能再次見到你、心を結べるよう 「心で迎える心を結ぶ(Hospitality from heart to heart)」をテーマに 結ばれたリボンで表現されています♪ イベント毎や季節毎におよそ2ヶ月毎にチェンジされるロビー装花は「春を告げる花」として知られるレンギョウと蝶のような形をした鮮やかな黄色い花を咲かせるオンシジュームで出迎えられています。 去年 11 月至 2 月 12 紅玫瑰裝飾著迷人、 此外在情人節那天心情很多二手玫瑰、 消除在新的一年中基座、新年的裝飾品,如松樹和苔蘚、夏季的序列黃色向日葵生動顏色電力燃料、 能感覺到季花香。 可以作為發生在中央樓梯的結婚周年紀念日、 還、滞在されるゲストの記念撮影スポットにもなっています♪ 金のシャンデリアは「薔薇」をイメージしており、直接看、玫瑰綻放的外觀。 從它的外觀、こちらのシャンデリアは「ゴールデンローズ」と称されています♪ 多くのゲストを迎え入れる「The Rendez-Vous Lounge and Bar(ランデブーラウンジ)」には、...

"時令美食 大内" 元旦晚會與大的緣故在使用過程中的美食一年一度的“磯自慢釀酒”

從濱松站、アクトシティから歩いて数分のところに位置するFOOD昴ビルの2Fにある「旬の料理 大内」は、 業主的信條是 "烹飪新鮮的食材的季節"。 店主の大内哲男さんは、在提供真正的食物不能吃裝飾品不粘手武裡、 夏哈莫馬尾菜、自然鰻、在秋天的自然黑暗、冬は天然ふぐと その時期の天然ものを使った料理を得意としている日本料理店です♪ 店内ではカウンター越しに伺える店主の大内さんの包丁捌きや、 美麗的高空作業平臺、你可以起床一瞥。 常連客に愛される「旬の料理 大内」。 也滿足比較隨便的談話、またこういったお店の楽しみ方かもしれません♪ この日は藤枝出身で友人である「Maserati Hamamatsu マセラティ浜松」のジェネラルマネージャー杉浦明さんより昨年に続きお誘いいただき貴重な日本酒を持ち込んでの新年会となります昨年の2015年11月19日に静岡の長沼に「マセラティ浜松 静岡プレオウンドカーセンター」もオープンされそちらのジェネラルマネージャーも兼任されることとなった杉浦明さんは大忙しです! 年明け早々にはお互いになかなか時間の都合がつかず、2月に入ってようやくの新年会と相成りました♪ 「磯自慢 中取り純米大吟醸35 ビンテージ」720ml(磯自慢酒造) こちらが、2008年の洞爺湖サミットにおいて乾杯用のお酒として使用されて以来あっという間にプレミア酒となり入手が極めて困難となった「磯自慢酒造」の最高峰の日本酒 「磯自慢 中取り純米大吟醸35 ビンテージ」です毎年11月1日になると御1人様1本の限定で予約を開始されるそうですが生産数1,000本限定のこちらはなかなか手に入らず超プレミアム! 箱のデザインは、2014年に新たにグリーンで新調され磯をイメージさせる貝殻やヒトデの可愛いイラストが施されています鮮やかなブルーボトルが美しい大吟醸今ではサミット関係なくその品質を求めてさらに多くの方が求めるためその入手困難度は増す一方の超希少なお酒となりました最高級の酒米を35%で磨き芯白の部分だけで仕込んだ究極のお酒。 每年一次、極少量だけ出荷される磯自慢ファンが待ちこがれる逸品中の逸品ですそんな貴重な日本酒を杉浦さんは毎年必ずゲットされており今年で7回目を迎えます! そんな貴重な日本酒の開栓を昨年同様にお供させていただきます♪ 「磯自慢 中取り純米大吟醸35 ビンテージ」720ml(磯自慢酒造) 持込料1本につき2,000円 ✕ 「釋永岳 呑みすぎる盃・薄杯」(持込) 昨年の2015年の新年会は杉浦さんとわたし達夫婦の共通の知り合いということで藤枝市のフランス料理「レストラン L’AGAPE ラガップ」を選択しましたが、 這一年、和食に合わせるということで浜松市でわたし達のお気に入りの和食「旬の料理 大内」に持込させていただきました! 早速今年も磯自慢さんのプレミアムビンテージで乾杯! 透明感溢れる透き通った瑞々しさ華やかな吟醸香がふわっと香りまろやかで喉越し良くすっきりとした中で繊細な味わいが後から後から口中に広がる素晴らしい味わい! 非常に上品なまろやかさを感じる日本酒です。 進一步、お気に入りの盃「釋永岳 呑みすぎる盃・薄杯」でいただくことでより口当たりが良くつい呑み過ぎてしまいそうです(笑)...

滾動到頂部