"暹羅"在曼谷花以上的豪華城市度假村酒店住宿

許多目前紀念碑 NPM 王室曼谷,懷曼化妝腮紅、 歴史的地区として閑静なドゥシット地区のチャオプラヤー川沿いに 2012年6月12日にオープンされたばかりのラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」。 中的兩個晚上、作為首都的泰國,曼谷市里、 踩在那裡的一步、遠離城市的喧囂、 川沿いであるがゆえのリゾート感に満ち溢れた素晴らしい5つ星ホテルでの滞在となりました♪ 気になる画像をクリックすると、每篇文章請連結到。 その他のタイ・バンコク記事はこちらからすべてご覧いただけます! http://lade.jp/category/diary/travel-diary/thailand/bangkok/ バンコク郊外屈指のシックで モダンなアーバンリゾート 全室80㎡以上の広さを誇り シックでモダンなスイート アンティークが揃う メーンレジデンス チャオプラヤー川の リバービューが望めるヴィラ 客室にバンコク初の オープンなプール付きヴィラ オピウム・スパでソダシの 至福トリートメント 刻一刻と迎える静寂さに包まれたムーディな夜の世界 カフェ・チャにて優雅に アフタヌーンティー チョン・ビストロで タイ料理を堪能 チョン・ビストロで タイ在住日本人と懇親会 タイフードと洋食が選べる オーダースタイルの朝食 ホテル専用ボートを予約し 観光やショッピングを楽む! ホテル専用ボートはロスがなく 快適なリバークルーズを保証 タイレストランのシェフと一緒に楽しいクッキングスクール体験! クッキングスクールで夏に 美味しいラープガイに挑戦! クッキングスクールで 本場のトムヤムクンに挑戦! クッキングスクールで 絶品のパッタイに挑戦! 優雅な時を過ごすアーバンリゾートホテルでお別れの時 タイへの旅が生涯忘れることができない素晴らしい体験になることを願い世界85ヶ国において、650 以上の個性的なホテルリゾートが加盟する 世界最大の独立系高級ホテルブランド「プリファードホテルズ&リゾーツ」が タイランドへの旅の特別プランを提供されています今回ご紹介するパッケージプラン“レジェンド・オブ・タイ”では、 3 酒店加盟傳說集合、 暹羅 (曼谷)、達拉德維,清邁 (清邁)、 アナンタラリゾート&ヴィラズ(プーケット)のいずれかに宿泊する方を対象に...

"暹羅"花豪華的城市度假村在告別的時間

許多目前紀念碑 NPM 王室曼谷,懷曼化妝腮紅、 歴史的地区として閑静なドゥシット地区のチャオプラヤー川沿いに 2012年6月12日にオープンされたばかりのラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」。 中的兩個晚上、作為首都的泰國,曼谷市里、 踩在那裡的一步、遠離城市的喧囂、 川沿いであるがゆえのリゾート感に満ち溢れた素晴らしい5つ星ホテルでの滞在となりました♪ スイートおよびヴィラタイプの39室の客室のみのザ・サイアムでは静寂さと落ち着きを放つ空間ではリラックスしながら快適な時間を過ごすことができ、 和、まるでミュージアムに居るかのような素晴らしいアート作品やアンティークの数々を眺めながらとて有意義な時間を過ごすことができました♪ フロントでチェックアウトをしていただきますバトラーのSUMET(通称アンギー)さんが明細をチェックしてくださいます楽園のようなアトリウム。 還、この空間へ戻ってこようと思います♪ 大きなスーツケースがあるためザ・サイアムの専用ボートで同じくチャオプラヤー川沿いにある高級リゾートホテル 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」まで送っていただきます♪ ディレクター・オブ・セールス&マーケティングのMARCOS PIRES(マルコス)さんとお別れの挨拶をマルコスさんお世話になりました♪ バトラーのアンギーさんがスーツケースを専用ボートまで運び終えてくれたようですアンギーさん本当に何から何までお世話になりました! ありがとうございます♪ 重たいスーツケースを持っての移動は困難を要しますが専用ボートでの送迎により最後の最後までケアしてくださるサービスは大変助かります♪ ディレクター・オブ・セールス&マーケティングのMARCOS PIRES(マルコス)さんと バトラーのSUMET(通称アンギー)さんが遠く離れるまでずっと手を振ってお見送りしてくださいました! バンコクでの滞在をご検討されている方には是非ともお勧めしたいNo.1ホテルです♪ ザ・サイアム THE SIAMのスタッフの皆さん本当にお世話になりました! また会いましょう♪ (タイ語แล้ว พบ กัน ใหม่ นะ ครับ/คะ) レーゥ ポップ カン マイ ナ クラッ(プ) / カー♪ 長閑なチャオプラヤー川の風景を楽しみながら一路は「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」へと向かいます♪ ザ・サイアム...

"暹羅"讓美味的泰國烹飪學校!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の最後の3品目はこちらも大好物の「パッタイ PHAD THAI」です! それにしても中華鍋が重過ぎて大根腕のわたしでも片手では持ち上げれないのですが・・・大丈夫でしょうか(笑) パッタイは米麺のため熱を入れる時間との勝負です! 重たい中華鍋を片手で軽々と持ち上げるダムリ先生。 首先、中華鍋を熱してこれぐらいの熱さまでだよと教えてくださいます♪ パッタイで初めて油を用います。 想起來、タイ料理は油をあまり用いることがなく野菜を多く取り入れるためヘルシーだと聞いていましたが本当ですね! 中華鍋全体に行き渡るように油を回し入れます先ずは海老をサッと炒めて火入れします材料は剥き海老干し海老、雞蛋、豆芽、ニラ、紅洋蔥、タイの豆腐ピーナッツなどなど。 那兒、レッドオニオンやタイの豆腐、泡菜、干し海老を投入します卵を割り入れます 素早く卵と混ぜ合わせます パッタイヌードル(センチャン) パッタイヌードル(センチャン)と具材が良く混ざり合うように中華鍋を振りながら火入れしていきます! そこへ事前に混ぜ合わせておいたパッタイソース(ナンプラータマリンドウジュースパームシュガーチリオイル)を投入します。 和、かなりのスピードで一気に中華鍋を振り上げ混ぜ合わせていきます! パッタイヌードルがしんなりしたら最後にもやしやニラピーナツっを加えてサッと炒めますあっとういう間にパッタイの完成です!これは早いです! 「パッタイ PHAD THAI」 センチャンという細麺のパッタイヌードルを用いたダムリ先生のパッタイは甘味と酸味が豊かでコクがありとても美味しい仕上がりです♪ 2品目までは、2つの火元を使用し同時進行で作りながら進みましたがパッタイは素早さが大前提となるためダムリ先生が作ってお手本を見せてくれてからわたしの挑戦となりますとても重たい中華鍋を全身の力を振り絞り時間との勝負に挑戦です! 両手で何とか持ち上げて完成させることができました! ayaco作「パッタイ PHAD THAI」器年輪シリーズ パッタイは「釋永岳 Gaku Shakunaga」くんの年輪シリーズとコラボレーションさせていただきました! ピーナッツをパラパラと振り掛けて盛り付けを少しアレンジしてみるとダムリ先生からもお褒めの言葉をいただきました!(嬉) ダムリ先生の素晴らしい指導のもと、3品の料理を小1時間ほどかけて作り上げることができました! 「ラープガイ LARB GAI」器漆黒シリーズ 「トムヤムクン TOM YUM GOONG」 「パッタイ PHAD THAI」器年輪シリーズ...

"暹羅"讓我們在烹飪學校正宗冬陰功!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の2品目は本場の「トムヤムクン TOM YUM GOONG」です! トムヤムクンは大好物なので自分で作れたら嬉しいですね♪ 材料はこんな感じで、通過拼合 (柯布橙葉)、 檸檬草、 Ginger 的日本,、汽車在泰國 (姜姜在聯合王國、中國南部康 nannkyou)、調味料などが並びます♪ 「トム (ต้ม)"廚師、"山藥 (ยํา)"組合、"坤 (กุ้ง)"蝦。 トムヤムクンには欠かせない大きな海老が入ります! カーを包丁で叩き砕きます レモングラスも包丁で砕きます レッドオニオンはスライス コリアンダールート(根っこ)は裂く コブみかんの葉は手でちぎります 唐辛子は縦半分にカット これらの材料を火をかけない状態で中鍋に入れます。 在從點燃的肉湯裡倒。 無油在冬陰功、とてもヘルシーです♪ 途中クッキングスクールに興味を持たれたマダムと可愛いお子さんのいるファミリーに 「Are you enjoy?」と声を掛けていただきました! 「Yeah!很好的烹飪學校!"和答案、マダムは暫し見学されていきました! オープンエアーのクッキングスクールなのでこのように他のゲストとの交流も持ててとても楽しかったです♪ ダムリ先生の指導は、很有禮貌和容易理解、和、何より料理を楽しんでいることが素敵です! わたしも美味しいものを食べることと作ることが大好きなのでダムリ先生とのクッキングスクールは本当に最高でした♪ タイの本場の食材を用いて本格的に作るトムヤムクン。 在季節之前這道湯味道。 順便問一下湯煮。、添加蝦。 當你在燒它消失成美麗蝦佈滿了紅色、一次削弱火。 ナンプラー投入 マナオの果汁を投入 チリペーストで辛さが決まります! 調味料をすべて加えたところで良く混ぜ合わせれば完成です! 熱々の鍋を持ち器に綺麗に盛り付けていきます♪ ダムリ先生作「トムヤムクン TOM YUM GOONG」...

"暹羅"讓我們美味的強姦同性戀在烹飪學校在夏天!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のタイレストランのシェフ Damri Muksombat(ダムリ先生)がマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」の1品目は「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」です♪ 材料はこんな感じで分量を計測済みで小分けにされているので大変分かり易いです♪ 先ずはダムリ先生のお手本を観ながら野菜のカットを始めます! 包丁は幼い頃から料理人の父に教えてもらっているのでダムリ先生にも負けません(笑) ダムリ先生から「Wow!大!你 & # 可及性; 是一家專業!」と嬉しいお言葉を頂戴しました♪ レッドオニオンをスライス 葉葱を微塵切り 青菜を微塵切り こちらのサラダの良いところは油を一切使わないヘルシーな料理ということです♪ 小鍋にチキンから取れた出汁 鶏ひき肉を炒めます 鶏そぼろの状態になるように ダムリ先生のアシスタントとしてスタッフのบุญถึง ยามาดะさんもお手伝いしてくださいます♪ タイレストランやクッキングスクールで使う調味料たちマナオの果汁を投入 ナンプラー投入 砕いた唐辛子を投入 隣り合わせの2台のコンロで同時にクッキングしながら教えてくださるのでとてもスムーズです♪ チキンの出汁がこれぐらいになれば良い状態だそうです♪ レッドオニオンを投入 葉葱青菜コリアンダーを投入 素早く丁寧に! 葉物が入ったところで一気にスピードアップし全体を良く混ぜ合わせます。 現在、ここでダムリ先生お勧めのワンポイント食材が入ります! 「これが何かわかるかい?」とダムリ先生に質問され匂いを嗅いで食材当てクイズです(笑) 「ん?お米の匂い?」 何と!ランプーガイの隠し味はお米パウダーのようです! 最後にお米パウダーを振り掛け混ぜ合わせたら香ばしい香りがいたします♪ お皿への盛り付け方もお手本を見せてくれて教えてくださいます♪ ダムリ先生作「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」 あっという間に1品目のサラダの完成です! お味はタイの独特の香りと程好いスパイスが効いており鶏肉の旨味が広がるヘルシーな美味しいサラダ! おうちで簡単に作れる夏にお勧めできる一品です♪ ayaco作「ラープガイ LARB GAI(タイ風挽肉スパイシーサラダ)」器漆黒シリーズ わたし達は日本から富山の友人で陶芸作家である「釋永岳 Gaku Shakunaga」くんの器を持参していたため、...

"暹羅"與泰國廚師烹飪學校一個愉快的經驗!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のレストランは、 2015年7月まで運営されていた「デコ・バー&ビストロ裝飾條 & Bistro」は、 8不到一個月、「チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant」と統合させ「チョン・ビストロ Chon Bistro」に生まれ変わっておりそちらのタイレストランのシェフがマンツーマンで料理を教えてくださる 「クッキングスクール Cooking School」というオプショナルが大変人気ですリゾートホテルにはクッキングスクールのオプショナルが良く見受けられますがマンツーマンという指導はなかなかなくとても贅沢のように思えますわたしも早速そのクッキングスクールに参加し体験させていただきます♪ クッキングスクールの場所はモーニングブッフェの会場となるこちらのお部屋です。 如果原始、定められたメニューの中から自分の作りたい好きなメニューを選びそのメニューに必要な食材を午前中にシェフと一緒に市場に買い出しに出掛けるツアーからスタートするのですがこの日は時間も無く買い出しは省略して料理を作るところからスタートとなります♪ クッキングスクールの部屋には簡易的な厨房が用意されシェフが待ち構えてくれています! テーブルには作り終えた後に食事が楽しめるようセットされています。 作為受歡迎的飲料、用意してくださった「ジンジャーパンチ」というドリンクはアップルジュースに生姜とシロップを入れてソーダ水で割りスイートバジルを添えたとても美味しいジュースです! 氷までもがアップルと生姜から作られており溶けても味が薄まらないという代物!(凄) こちらのジュースのレシピもいただいたレシピブックに載っているので日本に帰ってからも作ることが可能です♪ タイレストランのエグゼクティブシェフでクッキングスクールの先生を務めてくださるのは爽やかでとても優しく楽しいDamri Muksombat(ダムリ先生)です! ダムリ先生との会話はすべて英語またはタイ語で可能です♪ 【DAMRI Muksombat(ダムリ先生) プロフィール Profile】 国籍タイ 生年月日:1973年5月25日生(何と!わたしと同じ歳ではないですか!) 身長:172厘米、重量:78kg 2015年4月:行政總廚、サイアムホテルタイ料理と西洋料理 2013年3月~2015年4月:行政總廚、IssayaレストランBKKタイモダン料理、 2011年~2012年:行政總廚、サンティヤリゾート&スパPHA NGANタイ料理と西洋料理 2011年:行政總廚、Malaiwana Resturantプーケットタイ料理と西洋料理 2010年6月:副廚師長、フォーシーズンズサムイタイ料理と西洋料理 2010年8月:副廚師長、マンダリンオリエンタルダラデヴィ 2008年~2009年:行政總廚、キャンプシェフフォーシーズンズテントキャンプゴッデントライアングル、 清萊、タイ料理と西洋料理 先ずはタイの食材をいろいろ教えてくださるところからスタートします! レモングラスやマナオ、大蔥、トマトなど見慣れた食材の中から見たこともないような食材がズラリと並び分からないことはすべてダムリ先生が質問に答えてくださいますバナナの花なんて初めて観ることができ見慣れない食材は何だかとてもワクワクします!...

"暹羅"泰國日本和川小酒館聚會,整合兩家餐廳

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のレストランは、 2015年7月まで運営されていた「デコ・バー&ビストロ裝飾條 & Bistro」は、 8不到一個月、「チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant」と統合させ「チョン・ビストロ Chon Bistro」に生まれ変わっています故に現在タイ料理を提供されるタイレストラン「チョン・ビストロ Chon Bistro」のみとなりますホテル内で食事を楽しまれる場合は事前予約をお勧めします♪ 1階の開放的な空間では緑溢れる中チャオプラヤー川を眺めながらの食事が楽しめ照明の明るさを抑え落ち着きのあるムーディーな雰囲気を醸し出しています♪ こちらはタイの伝統文化や歴史をこよなく愛し取り分けタイ伝統家屋の保存維持に尽力された Connie Mangskauさんの自宅であった一部を移築しリノベーションしていますタイのチーク材をふんだんに使用した伝統家屋は南国情緒溢れる素晴らしい建物です。 這一次、階段を上がり2階の席へ♪ 2階席はタイ情緒溢れる落ち着いた空間となっておりところどころに配された調度品なども楽しめます♪ 2階からもチャオプラヤー川のリバービューが望め夕陽が沈み夜を迎える前のロイヤルブルーの空がなんとも言えない美しさを放っています♪ 「モンスーン・バレー・コロンバール2013 colombard monsonn valley 2013 thailand」 ボトル2,050THB(日本円にしておよそ7,590円) モンスーン・バレーのワインはサイアム・ワイナリーによって生成されていますこちらのワイナリーではタイ最古のワイン産地から採れるポクダムマラガブランの伝統的なブドウ品種が栽培されておりこのワインに使用されているコロンバールの葡萄は南西フランスに由来しますそれはソーヴィニヨン・ブランと非常に良く似た味わいで青林檎の繊細な柑橘類の香りレモンやグレープフルーツなどの爽やかな酸味と風味の軽いボディで甘辛いタイ料理に良く合います♪ この日はタイに在住されている日本人女性2人と会食をしながらの懇親会です日系企業にお勤めのSayakaさんと、來源語言、旅行会社でツアーコンダクターの経験を持ち現在は日系企業にお勤めのMayumiさんから タイに長く住まわれている彼女たちの目線からタイでのライフスタイルや タイならではのあるある話、還、日本との文化の違いなどをお聞きすることができました♪ 黒胡麻のグリッシーニやカリカリ食感のパン食事用にピタパンなどが用意されます酒の当てとしておつまみにも最適です♪ 「ヤムソムオー YAM SOM O」390THB(日本円にしておよそ1,450円) ヤムソムオーとはザボンのサラダ(タイ語ยำส้มโอ)で実がしっかりしているソムオーを使ったジューシーで爽やかなサラダです。 在泰國、フルーツサラダが多いのですが、甜、酸味に辛味をプラスしてあっさりとしており、...

"暹羅"是私人酒店船損失並不能保證舒適的郵輪

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」の宿泊者専用ボートの送迎は時間のロスが無いため大変有り難くほぼ予定時刻通りにお迎えに来てくださいます♪ 新しく出来たばかりの2つのショッピングモールへ出向き観光とショッピングを満喫した後はチャオプラヤー川のリバークルーズで景観を楽しみながら「ザ・サイアム THE SIAM」へと戻ります♪ ホテルに程近いクルントン橋 Krung Thon Bridgeが見えて参りましたこの橋を越せば到着です! およそ30分ほどのリバークルーズボート内は日陰で暑さも凌げますし心地好い波の揺れと気持ち良い風が頬をかすめ快適です♪ ホテル専用の船着場であるプライベートピア Private Pierに到着しましたすぐさまバトラーがお迎えに出向いてくださいます♪ 爽やかなバトラーのSongwut(Marco Wong)さんが冷えたミネラルウォーターと 冷やしたおしぼりを持って優しい満面の笑みで出迎えてくださいました!(嬉) 持参して行ったペットボトルのミネラルウォーターは既にぬるくなっていたので冷たいお水で一気に喉を潤します! キンキンに冷えたおしぼりはあまりの気持ちよさについ顔中吹いてしまいそうな気分に(笑) こうした細やかなサービスが嬉しく本当に素晴らしいホテルです♪ ザ・サイアム THE SIAM 所在地:3/2 斯納考, Vachirapayabal, 杜斯特, 曼谷 10300, Thailand TEL:+66 (0)2206-6999 info@thesiamhotel.com http://www.thesiamhotel.com/...

"暹羅"預訂私人船隻,享受觀光和購物!

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」にはホテル専用の船着場であるプライベートピア Private Pierがあり、 由預訂節所規定的組合登機時間安排、 無料で快適なリバークルージングと共に観光やショッピングが楽しめます♪ ザ・サイアム専用ボート THE SIAM Boat ザ・サイアムの専用ボートは、早上 10 上午:00~ホテル戻り最終は夜23:00直到之間導航和、 ホテルとBTSのサパーンタークシン駅 Saphan Taksin Stationを往復1時間かけて走行しています。 如果你想要暫時在登船點跳、指定的位置、如果您預訂的時間安排是可用。 還、如果你不是在指定的時間間隔的巡航內、 オプションで追加料金を支払えばフレキシブルに対応してくださいます♪ 今回わたし達の身の回りのお世話をしてくださるバトラーのSUMET(通称アンギー)さんが 観光やショッピングにお勧めの場所を教えてくださったので、 相對、放棄了巡航附表二最近建立了一個新的購物中心。 在哪裡上車和下車,你在附表列出的時間、它是很容易理解。 進一步、手提げのビニールバッグにミネラルウォーターを2本持たせてくださいました♪ バトラーのアンギーさんが満面の笑顔でお見送りしてくださいますザ・サイアムならではの心温まるサービスがこうしたところに感じられ心地好い旅を満喫することができます♪ クルントン橋 Krung Thon Bridge 雨季だというのに、一天,一天在曼谷的天氣。 遊弋雄偉的湄南河貫穿曼谷市、 是非ともしていただきたいアトラクションの1つでもあります♪ バンコクの街並と共にチャオプラヤー川近郊に佇む寺院なども眺めることも可能です。 令人愉快的感覺很好風格、最佳巡航。 現在、1つ目の目的地であるショッピングモール「ター・マハラート Tha Maharaj」の紹介です♪ ザ・サイアム THE SIAM 所在地:3/2 斯納考, Vachirapayabal, 杜斯特, 曼谷 10300, Thailand TEL:+66 (0)2206-6999 info@thesiamhotel.com http://www.thesiamhotel.com/...

"暹羅"西餐和泰國的食物是從功能表順序樣式選擇

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」の オールダイニング「チョン・ビストロ Chon Bistro」にてオーダースタイルの朝食となります。 這裡、タイの伝統文化や歴史をこよなく愛し取り分けタイ伝統家屋の保存維持に尽力された Connie Mangskauさんの自宅であった一部を移築しリノベーションしていますタイのチーク材をふんだんに使用した伝統家屋は南国情緒溢れる素晴らしい建物です♪ 2階バルコニーからの風景 青々とした芝と南国の木々に囲まれたガーデンテラスでチャオプラヤー川を眺めながらの食事もお勧めです♪ シャイで可愛いスタッフのAung(Gift Sringamrat)さんがサーヴしてくださいました♪ モーニングブッフェ デニッシュや食事パンやフレッシュジュースや南国フルーツなどが並びこちらは自由にお好きなものを取りに行くスタイルのブッフェ形式のモーニング。 除了在、ホットディッシュや一品料理などはメニューからオーダーするシステムとなっておりテーブル毎にスタッフさんがオーダーを取りに来てくださいます♪ パンやヨーグルト 南国フルーツ フレッシュジュース ミルクたっぷりのカフェオレと濃厚なパイナップルジュースをいただきました♪ 「ベーカリーボックス Bakery Box」 食事パンにクロワッサンやデニッシュ系の甘いパンが揃いベリー系のコンフィチュールや蜂蜜が添えられます♪ 「グリーンサラダ Green Salad」 メニューには記載されていなかったのですがサラダをオーダーすることも可能です色とりどりの鮮やかなサラダは胡麻のドレッシングでいただきました♪ 「オムレツ Omerette」 オムレツの具はメニューから選べます。 在這裡你將、培根、番茄、蘑菇、洋蔥、チーズを入れていただきました♪ 「カオモックガイ Kao Mok Gai」 カオモックガイとはサフランライスにチキンを添えたタイのイスラム料理のこと。 這裡、地鶏をグリルした後にターメリックライスで炒めています胡瓜のピクルスがアクセントに入っています♪ 「Guoy Teow Nahm」 あっさりとした味わいのチキンライスヌードルですこのようにモーニングでは洋食とタイ料理からオーダーできるようになっています♪ 「南国フルーツ Fruits」 フルーツ王国タイならではの楽しみはやっぱり〆の一皿フルーツの盛り合わせです♪ さて朝食をお腹一杯いただいて大満足した後はホテル専用ボートを乗り継ぎショッピングへと出かけましょう! お次はチャオプラヤー川沿いの王宮エリアに新しくオープンされているショッピングモールの紹介です♪ ザ・サイアム...

"暹羅"整合兩家餐館,重生川小酒館和享受泰國烹飪

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」のレストランは、 2015年7月まで運営されていた「デコ・バー&ビストロ裝飾條 & Bistro」は、 8不到一個月、「チョン・タイレストラン Chon Thai Restaurant」と統合させ「チョン・ビストロ Chon Bistro」に生まれ変わっています故に現在タイ料理を提供されるタイレストラン「チョン・ビストロ Chon Bistro」のみとなりますホテル内で食事を楽しまれる場合は事前予約をお勧めします♪ ヴィラスペースの中庭より入口扉を開けて階段を進めばレストランへと辿り着けますチョン・ビストロ Chon Bistro 店内はモノクロのトーンで統一させ落ち着き溢れる雰囲気を誇り吹き抜けで優雅な天井高と天井までつたうガラス窓で開放感に溢れています♪ メニューはタイ語と英語メニューのみですのでスタッフのRisa Jirapornさんに相談しながら分かり易いものをオーダーすることにします♪ 「Changビール」290THB(日本円にしておよそ1,070円) タイでもっとも人気のあるビールのシンハー(ビア・シン)と双璧を成すビール。 1998在國際啤酒比賽中獲得金牌、タイビール特有の強い苦味が特徴です♪ 黒胡麻のグリッシーニやカリカリ食感のパン食事用にピタパンなどが用意されます酒の当てとしておつまみにも最適です♪ 「ガイヤーン GAI YANG」530THB(日本円にしておよそ1,960円) ナッツやフライドオニオンが添えられた炭火焼きでふっくらしっとりと焼き上げた若鶏のガイヤーンには甘辛いチリソースとタマリンドの酸味とコクに溢れる2種類のソースが付いてきます。 姜、大蒜、レモングラスなどの風味豊かな香りが食欲をそそります♪ 「モンスーン・バレー・コロンバール2013 colombard monsonn valley 2013 thailand」 グラスワイン520THB(日本円にしておよそ1,920円) モンスーン・バレーのワインはサイアム・ワイナリーによって生成されていますこちらのワイナリーではタイ最古のワイン産地から採れるポクダムマラガブランの伝統的なブドウ品種が栽培されておりこのワインに使用されているコロンバールの葡萄は南西フランスに由来しますそれはソーヴィニヨン・ブランと非常に良く似た味わいで青林檎の繊細な柑橘類の香りレモンやグレープフルーツなどの爽やかな酸味と風味の軽いボディで甘辛いタイ料理に良く合います。 在泰國、ワインに対する課税額が高いと耳にしておりましたが贅沢品に対する物品税というものが高いようで輸入ワインは関税などを含め税金が200%以上も掛かりとても恐ろしい価格帯になってしまうそうです(驚) 「ナンプリックオン NHAM PRIK...

"暹羅"喜怒無常晝夜時刻從那一刻的寧靜和迎接世界

ロイヤルブルーの空に浮かぶ月灯りを頼りに アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」の夜の雰囲気を散策してみましょう♪ オープンエリアの中庭は、不同大氣充滿自然光的白天、 主持點燃的月光下,浮動噴泉、它邀請到世界成人穆迪 (moody)。 在晚上心房、像華麗的天堂的神秘心情、 歡迎夜晚悄悄地準備。 樓下的院子裡、別墅空間出向kimashou。 這些樹被倒映在作為一個白色的影子。 過剰なライトアップをしていないところがまたググッと大人の雰囲気を演出しています♪ 朝開く蓮の花も、它隱藏在黑夜中我、輕輕地變成芽、 迎著晨曦微露等待早晨的太陽。 在一家泰國餐館被包圍的熱帶樹木、優雅にディナーを楽しまれるゲストの姿が見受けられます♪ 何といってもこの美しい景色を観ていただきたいものです! チャオプラヤー川と平行して配されたリバーサイド・インフィニティ・プールから漏れる灯りがまた幻想的! プライベート・ピアに掲げられたザ・サイアムのサインが青く光る空に映し出されゲストの帰りを優しく出迎えてくれます♪ 桟橋から見渡す景色は、 愉快的時光、白天熱生產作為一個涼爽的夜晚。 迎接客人從酒店的私人遊艇的管家。 夜22:30のBTSサパン・タクシン駅 Saphan Taksin Stationが最終のお迎えとなっています♪ 川面にキラキラと広がる無数のネオン。 包裹在沉默、煌く幻想的な世界を貴方にも是非体験していただきたいものです! さて、下一步在行、「デコ・バー&ビストロ裝飾條 & Bistro」でのディナー風景の紹介です♪ ザ・サイアム THE SIAM 所在地:3/2 斯納考, Vachirapayabal, 杜斯特, 曼谷 10300, Thailand TEL:+66 (0)2206-6999 info@thesiamhotel.com http://www.thesiamhotel.com/...

滾動到頂部