暹羅暹羅博物館! 超過 1,000 件古董

曼谷五星級豪華城市度假酒店、古董或收集來自世界各地的古董、銅像、書籍、繪畫、剝離等在酒店各處都散發著感人。、さながら美術館や博物館のような愉しみ方があります! 今回も館内を隈なく散策しその貴重なアンティークを拝観させて頂きましょう! パリの「Musée d’Orsay(オルセー美術館)」にインスパイアされたという吹き抜けのメインレジデンスは、閃閃發光是水的表面的一個美麗的水花園、天まで届くほどに巨大な背の高さのストレリチア群が伺えます! こちらは、從中庭的三樓欣賞開放的感覺、1從地板上看斯特雷利西亞也很漂亮。、3階から見渡す景色も迫力があり圧巻です! アンティークの銘品はその数何と1,000点を超えています! 中には2000年前に遡るほどの古代中国の骨董品なども展示されており見応えのあるコレクション! 国王の肖像画をはじめタイ王国の歴代ロイヤルファミリーの家族写真なども飾られており激レアであることは間違いありません! ユネスコの世界遺産に登録されているカンボジアの「Angkor Wat(アンコールワット)」の平面図もさり気なくアンティークなドラフターに設置されていたりと驚く事ばかりです! メインレジデンスの眺めの良い窓際には、檯球桌是客人自由玩耍的遊樂場。、自由にプレイを楽しめます! その横には新たに鳥籠がセットされており、兩個五顏六色的塞基塞因科、癒やしのひとときを提供してくれています! 宿泊客のために用意された「Library(ライブラリー)」や「Meeting room(ミーティングルーム)」そして「Private screening room(プライベートシアター)」へ通じるギャラリーが。 牆上的玻璃展示櫃裡放著一個有價值的筷子和一個畫盤。、とても目の保養になります! 様々な著書や専門書が並ぶ「Library(ライブラリー)」では自由に読書を楽しめるため、忘記時間,再讀一遍、わたしのお気に入りの空間となります! さらに、1982太空人菲吉亞出現在美國科幻電影"E.T."年上映、古董放映機和相機等、私人劇院室,與電影製作相關的小玩意兒、実際に映画鑑賞を楽しむことも可能です! コンシェルジュデスクには常時スタッフが居てくださるため分からないことはコンシェルジュスタッフまたは専属バトラーへ! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 斯納考, Vachirapayabal, 杜斯特, 曼谷 10300, Thailand TEL:+66 2 206 6999 HTTP://www.thesiamhotel.com/...

「ザ・サイアム The Siam」シェフ直伝のタイ料理レッスン/クルアイ・ブワッチー編

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート③! さてタイの定番料理「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」をガッツリと食した後は最後のメニューとなるデザート「GUAY BUAD CHEE(クルアイ・ブワッチーバナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」のクッキングスタートです! Lesson③ 「GUAY BUAD CHEE(クルアイ・ブワッチーバナナのココナッツミルク煮)กล้วยบวชชีง」 [Ingredient(材料)] ・Banana 100g(バナナ100g) ・Coconut milk 250 ml(250 ml) ・White sugar 35g to test salt(白砂糖35g 塩少々) ・Pandanus leaf 1pcs(パンダンリーフ1個) ・Sesame (白黒胡麻適量) 烹飪方法 / Cooking Method] 1.ココナッツミルクにほぐしたパンダンリーフと白砂糖を投入し火入れする。 1. Boil coconut milk, white sugar and pandanus leaf in a pot until almost consistency....

「ザ・サイアム The Siam」シェフ直伝のタイ料理レッスン/パッタイ編

ラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」の「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」で学ぶタイ料理レッスンパート②! さてタイの2大スープである「TOM KHA GAI(トム・カー・ガイ)ต้มข่าไก่」を美味しく堪能した後は次なるメニュー「 PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」のクッキングスタートです! こちらでもlade企画の『器と旅するシリーズ』でDamri Muksombatシェフに習うタイ料理を盛り付けさせていただきました! Lesson② 「PAT THAI GOONG(パッタイ・クン)ผัดไทยกุ้งสด」 [Ingredient(材料)] ・Tiger prawn 2pcs(海老2尾) ・Vegetable oil 15ml(植物油15ml) ・Bean curd, diced 10g(豆腐ダイスカット10g) ・Shallot sliced 15g(エシャロットスライス15g) ・Dry shrimp 1tsp(乾燥海老小さじ1) ・Rice noodles, small 70g(ライスヌードル70g) ・Chicken stock 1ladle(チキンストックお玉1杯) ・Pickled turnip chopped 1tsp(蕪のピクルス小さじ1) ・Bean sprout 20g(もやし20g) ・Chive 2~3 stalk(ニラ2~3本) ・Peanut, chopped fine 3tsp(砕いたピーナッツ小さじ3)...

"暹羅Siam"廚師直接登臺的泰國烹飪課程/湯姆·卡蓋

ホテルのオールダイニングとなる「Chon Bistro(チョン・ビストロ)」のExecutive ChefであるDamri Muksombatさんがマンツーマンで料理指導してくれるプライベートクッキングスクールはレストランの一角で行われ、它成為一個廚房,裝飾著鮮花與黑板和新鮮的泰國食材,有標題標誌、生徒のためだけの素敵なプライベート空間が用意されています! レッスンメニューは、從指定功能表學習三道菜、這一次、前回習った内容とは異なるメニュー2品と復習メニュー1品に挑戦します! 同室には、有一張桌子,在那裡你可以享受新鮮的飯菜、1為每個產品製作時提供用餐時間、料理が温かい内に楽しめます! 卓上に用意されたのは、在課程期間準備的迎賓飲料"CUCUMBER KAFFIR LIME FIZZ"、成為達裡姆廚師的"原始食譜書"、帰国してからも習った料理を再現することが可能です! 「CUCUMBER KAFFIR LIME FIZZ(胡瓜とカフィルライムのフィズ)」 胡瓜やカフィルライム(コブミカン)のジュースにライムやレモンを絞ってソーダーで割ったフレッシュで爽やかな香りが楽しめるとっても美味しいジュースです! 前回同様に「ザ・サイアム」のホテルオリジナルエプロンを着用するため、擔心衣服變髒是無用的。、因為圍裙可以帶回家,因為課後、ホームクッキングにも使えます! スタンバイするとアシスタントのMooさんのアイデアで始めたというサービスが! Damriシェフを囲んだ記念撮影をインスタントカメラでしてくださり、它讓我參加紀念活動! 浮石、女性スタッフならではの心配りですね! 最初にタイ食材を色々教えてくださるところからスタートし、開始泡菜和辣椒,這是泰國菜中必不可少的。、檸檬草和馬瑙、卡菲爾石灰、潘丹礁等、有熟悉的成分,有的,你住的,你住的。、分からないことは全てDamriシェフが質問に応じてくれます! さて、準備好了、用一隻手拿著一把鋒利的菜刀、時候、クッキングスタート! Lesson①「TOM KHA GAI(トム・カー・ガイ)ต้มข่าไก่」 [Ingredient(材料)] ・Chicken stock 150g(チキンストック150g) ・Coconut milk 150g(ココナッツミルク150g) ・Chicken breast sliced(鶏胸肉100g) ・Red Onion 20g(赤玉葱20g) ・Sliced galangal 20g(カー 20g) ・Kaffir lime leaves 2leaves(コブミカンの葉2枚) ・Straw mushroom 2tbs(マッシュルーム2個) ・Small green chili cut half 2pcs(唐辛子2本) ・Coriander...

「ザ・サイアム The Siam」プライベートクッキングで市場と自家菜園へ!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」ではアクティビティの「Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)」が大変人気です! 「Chon Bistro(チョン・ビストロ)」のExecutive ChefであるDamri Muksombatさんがマンツーマンで料理指導してくれるプライベートクッキングスクールは前回体験した時に大変面白く勉強になったため今回は異なる料理に挑戦致します! 今回のクラスにはローカルマーケットのオプショナルツアーを追加し実際にDamriシェフと一緒に「Talat Thewet(テーウェート市場)」へ出向きます! 市場への出発時刻は朝9:30下一個、レセプション前にてDamriシェフと待ち合わせ! 約4年振りに再会したDamriシェフと再会を喜ぶも「互いに太ったね」と以前とは異なる容姿に互いに顔を見合わせて突っ込みが入ります!(笑) そして今回のクッキングクラスにはとても気の利くチャーミングなアシスタントのMooさんが加わりサポートしてくださいます!サワディー クラッ(プ) / • •!! ホテルのエントランスへ降り立つとそこにはホテルが手配したトゥクトゥクが2台待ち構えておりこのトゥクトゥクに乗車してローカルマーケットツアーへ出発です! ローカルマーケットまでの乗車時間は片道約10分程となりなかなかのスピードで走るトゥクトゥクは車内の手すりに掴まっていないと振り落とされそうな勢いでちょっとしたアトラクションのような楽しさがあります! ホテルの外へ一歩踏み出したこともあり車内ではDamriシェフにプライベート話なども伺えたりと親近感溢れる楽しい時間が過ごせます! ローカルマーケットの「Talat Thewet(テーウェート市場)」へ到着するとその道路沿いには新鮮な野菜や果物が目に飛び込んで参ります! こちらは生鮮食料品を主に扱うテーウェート市場と花・植木市場がクルンカセーム運河を間に挟み並ぶ市場となります! どこの国に出向いても市場を観ている時が一番興奮するわたし達! その国の食文化を学ぶには市場に訪れるのが一番です! 市場内は屋根があり清潔に保たれており両サイド一杯に陳列された食材の山が広がります! 市場の朝は早く毎朝4:00にはオープンするとのことでDamriシェフをはじめアシスタントスタッフもこの市場に毎朝買い出しに出向くのだそうです! 豪快に包丁を振りかざし骨ごと叩き切られた鶏肉やもみじ(鶏足)が大量に積まれていますザルや氷上に盛られた新鮮な魚やタウナギなどがありその中には網の中で観念している様子の蛙の大群も! 珍しい形の籠を見つけるとDamriシェフが「コレはもち米を蒸す時に使うんだよ」と携帯で写真を見せながら教えてくれます! 生卵やココナッツなどもサイズ違いで並びタイ料理に欠かせないスパイスは種類が沢山ありそれぞれの専門店が並ぶ市場は活気があります! この日は「ローイクラトン(วันลอยกระทง)Loy Krathong」前日ということもあり祭り用の華やかな花飾りを織る女性の姿も見受けられました! 市場奥にある「Spirit house(祠)」の神様にこの場所に来れた事への感謝の気持ちをお伝えしながらお祈りを済ませますそうすると可愛い野良猫ちゃん達が出迎えてくれておりました! わたしはDamriシェフに「日本へ帰国したら自宅であなたのレシピのタイ料理を再現したい!」とリクエストし沢山ある調味料の中から選定してもらうことに致しました! Damriシェフと行く市場はタイの食文化で知らなかった事も学べる良い機会となりとても楽しい時間を共有することができます! トゥクトゥクでホテルへ戻りDamriシェフやレストランチームが大切に栽培しているホテルの自家菜園を見せて頂きましょう! 菜園には芳しいSweet Basil(スイートバジル)をはじめBetel Leaves(キンマ)やMint(ミント)Mulberry(マルベリー)Kaffir Lime(カフィルライム)などタイ料理に欠かせないハーブ類やエディブルフラワーなどを育てられており採れたてのフレッシュなハーブなどをレストランで活用されています! さてお次はいよいよプライベートクッキングスクール本番開始です! 《Private Cooking School(プライベートクッキングスクール)料理3品》 開催時間:10:30-12:30(如果你想添加市場之旅,9:30スタート) 料金:4,500THB / Per person(日本円にして約16,200円) 市場ツアー付料金:6,000THB...

在暹羅酒店河畔露臺上享用南國早餐!

在豪華城市度假酒店"暹羅"迎接寧靜早晨、未だ誰も居ない空間を贅沢に楽しみましょう! こちらでの朝食はオールダイニング「Chon Bistro(チョン・ビストロ)」にてセミオーダースタイルブッフェが楽しめます! レストランの建物は、熱愛泰國傳統文化和歷史、康妮·曼格考(Connie Mangskau)的家,致力於保護和維護泰國傳統房屋,已經搬遷和翻新。、傳統房屋使用大量的泰國柚木、成為一座充滿熱帶氛圍的美妙建築。、異国情緒感が漂います! ダイニングはテラス席もあり青々とした芝と南国の木々に囲まれたガーデンテラスでチャオプラヤー川を眺めながらの朝食がわたし達のお気に入り! モーニングブッフェには、餐廳的大廳櫃檯。 綠色沙拉和生火腿、乳酪、丹麥和麵包、包括新鮮果汁和熱帶水果、這是一種風格自助餐的形式,你可以自由去得到你喜歡的東西。、其他熱菜和單道菜已成為從功能表訂購的系統。、テーブル毎にスタッフさんがオーダーを取りに来てくださいます! こちらの朝食でもLade企画の『器と旅するシリーズ』でモーニングプレートを盛り付けさせていただきました! 「生ハムサラダ(Green salad with prosciutto)」器:釋永 岳 (蔗 Shakunaga) mars himawari グリーンサラダに生ハムやナッツ類を添えてシンプルにオリーブオイルで頂きます! 「フルーツ盛り合わせ、瓜巴和柳丁新鮮果汁、激情水果酸奶"容器:釋永 岳 (蔗 Shakunaga) 大工カット ドラゴンフルーツに西瓜、菠蘿蜜、木瓜、グレープを南国フルーツを盛り込んだフルーツの盛り合わせ! 搾りたてのフレッシュジュースと自家製ヨーグルトは瓶詰めされた状態で冷蔵庫に用意されています! 「フレンチトースト(French toast)」 器Shimoo Design 浮様丸皿 パイナップルのコンポートを乗せたフレンチトーストは、與杏仁片、ロンガン蜂蜜をたっぷりと掛けて頂きます! 「豚の串焼き(Khao Niew Moo Yang)」器:釋永 岳 (蔗 Shakunaga) シャーレリバーシブル 豚の串焼きに甘酸っぱいイサーンソースが添えられもち米が付くワンプレートです! 「タイチキンヌードル(Guoy Teow Nahm)」 あっさりとした上品な味わいのスープが楽しめるセンミー(細麺)を用いたタイラーメンで、成分、牛肉、雞、豬肉、魚の中から選べます! モーニングメニューは、從西餐和泰國菜訂購、我丈夫點了西餐,我點了泰國菜。、2人でシェアしながら楽しむことが出来ます! モーニングコーヒーもアメリカンからカプチーノ、有拿鐵和濃縮咖啡。、其他草藥茶和茶、綠茶、從各種類型中進行選擇,如烏龍茶、ゆったりとした時間が過ごせます! 食後は、泳池後面的Bathers Bar酒吧享有泳池河景。。 在泳池邊的日光浴床上放鬆、被宜人的微風包圍著、日光浴を楽しむのもお勧めです! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 斯納考,...

"暹羅Siam"夢幻般的日落和閃閃發光的夜間遊船!

バンコク屈指のラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」のリバーサイドテラス「Private Pier(プライベートピア)」にて幻想的なサンセットを望みましょう! メインレジデンスからヴィラスペースへ渡る中庭階段を降りて蓮の花が咲く池を進めば、有一個河畔露臺。、ホテル専用ボートが行き来するプライベートな船着場となります! 幅3.5m、在22米長的河濱無限池、看著湄南河、快適なスイミングを楽しめます! プール奥には「Bathers Bar(バザーズ・バー)」もあり、游泳後享用香檳和雞尾酒、のんびりとサンセットを眺めるのもお勧めです! リバーサイドテラス「Private Pier(プライベートピア)」にて提供されているメニューはアルコールやソフトドリンクにスナックなどの軽食となります! 夕暮れを待ちわびながらキング・オブ・スプマンテ「Ferrari Brut(フェラーリブリュット)」にて乾杯! グラスに注がれた泡の煌めきが夕暮れの空色を捉え、被它的美麗所吸引、天空中奇怪的現象開始出現、一個大圓圈出現在頭上,像戒指、好像在慶祝我的生日、観たこともない幻想的な夕焼け空を望むことが出来ました! 日が落ち、當周圍完全沉浸在夜晚的氣氛中、Butler(執事)のSMET(スメット)さんにナイトクルージングを事前予約しました! 丁度19:00から出発する「The Siam Boat(ザ・サイアム・ボート)」でナイトクルージング(片道約45分)に出掛けます! ホテル専用ボートは、早上 10 上午:00從酒店返回的最後一晚是晚上 23:00直到之間導航和、由預訂節所規定的組合登機時間安排、宿泊者は快適なリバークルージングと共に観光やショッピングもお勧めです! ナイトクルージングでは、沿河的商業設施和寺廟的照明。、因為你可以享受成人的氣氛,這是不同于白天的喧囂、デート使いにも良いでしょう! 最初に見えるイルミネーションは「King Rama VIII Bridge(ラーマ8世橋)」となります! こちらの橋は、它建為皇家專案,以緩解從拉塔納科辛島到通布裡的交通擁堵、非対称の斜張スタイルで世界で5番目に長い橋としてバンコクのランドマークにもなっています! お次はショッピングモールの「Tha Maharaj(ター・マハラート)」! 2014年末にオープンしたこちらは、這是一個綜合設施,已經翻新了湄南河快車船的碼頭。、餐廳和咖啡廳、有雜貨店等商店。、2Fテラス席から夜景を眺めながらのディナーもお勧めです! ライトアップされた「Wat Arun(ワット・アルンラーチャワラーラーム」「Wat Phra Kaew & The Grand Palace(ワット・プラケオ)」と「Wat Pho(ワット・ポー)」の姿もあり川面からの景色も楽しめロマンティックです! チャオプラヤー川のナイトクルージングは大変人気で、有許多游輪與晚餐表演。、人気のアクティビティとなっております! 市街夜景の中、看著遠方、ブロックを積み上げたような形状が特徴的なバンコクの新しいランドマークタワーとなる「King Power Mahanakhon(マハ・ナコン)」! こちらは2018年に完成したビルで、酒店和豪華公寓、77樓,包括著名餐廳、高さ314mの高さ誇るバンコク屈指の超高層ビルとなります! その後、一座裝飾著華麗的建築、2018年11月にオープンしたタイ最大級の複合施設「Icon Siam ไอคอนสยาม(アイコンサイアム)」が見えて参ります! こちらは、2由高層公寓和購物中心組成的設施、在購物中心、許多品牌首次進入泰國。、曼谷第一高島屋等、日本ブランドが多いことでも注目を集めています! その他にも、泰國和世界各地的美食餐廳、使用尖端技術舉辦展覽的博物館、也有電影院。、エントランスで行われる本格的な噴水ショーも一見の価値有りです! 川沿いの夜景と共に優雅なクルーズを楽しみホテルに戻ってきました。 我該回家了、滿月在旅館上空盤旋。。 月光下的景色非常美麗,在暹羅的時光是一種夢幻的感覺。、深い深い眠りに就きました! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2...

「ザ・サイアム The Siam」オピウム・スパでソダシの極上トリートメント!

バンコクのラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「The Siam(ザ・サイアム)」にある「Opium Spa(オピウム・スパ)」にて至福のトリートメントタイム! メインレジデンスの地下1階にあるスパではオーストラリアのオーガニック&ラグジュアリーコスメブランドの「Sodashi(ソダシ)」プロダクトのトリートメントを提供! ラグジュアリー・リゾートの高級スパで「Sodashi(ソダシ)」ブランドは大変人気がありますが、100%「Sodashi(ソダシ)」のプロダクトによるスパとしてはタイで一番最初にオープンしておりアメリカの「Condé Nast Traveler(コンデナストトラベラー)」が発表した2015年の世界のベスト・スパに受賞されている素晴らしいスパとなります! 基本的に事前予約が必要となり担当のButler(執事)に予約連絡を入れるかこちらのフロントでの予約も可能! 予約時間を迎える数分前には客室にButler(執事)のSMET(スメット)さんが迎えに出向いてくれスパまで案内してくれます! 階段を降りると落ち着くアロマの香りに包まれ心身共にリラックスモードに切り替わり癒しの空間へ誘う廊下は静寂に包まれた落ち着きのある色調で出迎えてくださいます! 1階から見下ろせる吹き抜けのレセプションは広々と開放感に満ち溢れておりこちらで施術前のカウンセリングを受けます! ウェルカムドリンクとして「Ice Ginger Tea(アイスジンジャーティ)」とおしぼりが用意されます日本語と英語表記で用意されたカウンセリングシートに記入! スイートルーム同様に80㎡の広さを誇るトリートメントルーム(全5室)はすべてトリートメント用のベッドを2台設置されており、每個床墊泰式按摩兩個、淋浴、蒸汽、壁櫥、トイレを完備! こちらのお部屋でわたしはセラピストのFONさんにトリートメントを担当していただき旦那様はMINTさんの施術を受け夫婦で極上の安らぎを得ることが出来ました! そして施術前後にゆったりと寛げるバスハウスは見事なまでのローマの浴場「THERMAE ROMAE(テルマエ・ロマエ)」を彷彿とさせるデザインで快適なジャグジーが用意され心ゆくまでリラクセーションの世界へと誘います! レセプションホールに戻りアフターティとして「Hot Ginger Tea(ホットジンジャーティ)」と「Mango Yogurt(マンゴーヨーグルト)」を美味しく頂きました! こちらにはタイの伝統的なタトゥ「Sak Yant(サクヤン)」を施すサロンもありタイで一般的に見られる幾何学模様や動物をモチーフにしたタトゥーで通常のタトゥーとは違い僧侶やアチャーンと呼ばれる人が長さ40~50cmほどのメタルロッド(マイサック)で突く神聖な入れ墨なのだとか! こちらではそのサクヤンタトゥー謂わば本物の入れ墨施術が可能で丁度いらした鍼師のワイルドな御夫妻に御挨拶させて頂きました! 他にも「Hair & Nail Salon(ヘアー&ネイルサロン)」もあり、復古餐椅、オーナーがミャンマーから仕入れた調度品!そのアンティーク椅子の後ろには、裝飾著漂亮的女人,在黑色和白色的圖片、タイの歴代のミスコンレディたちの写真となりクラシカルなスタイルが印象的です! 「Thai traditional massage(タイ古式マッサージ)」の部屋では、此外,泰國泰式按摩和瑞典文、ムエタイのメソッドを取り入れたマッサージを受けれます! さらに滞在中によりアクティブに身体を動かしたい方には、1階にある広々とした「Training Gym(トレーニングジム)」がお勧めでこちらには様々なトレーニング器具が設置されているためゲストはいつでも自由に使用できタイならではのタイ式キック・ボクシング「Muay Thai(ムエタイ)」を専門トレーナーから習うことも可能です! ホテル滞在中の過ごし方として是非参考までに御覧ください! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 斯納考, Vachirapayabal, 杜斯特, 曼谷 10300, Thailand TEL:+66 2 206 6999 HTTP://www.thesiamhotel.com/...

暹羅 Siam 酒店擁有 80 多平方米的現代套房!

在豪華城市度假村酒店"暹羅",我們這次將照顧的房間、和上次一樣,在二樓的"湄南套房"(90平方米)。、這一次,更令人高興的是、より光を取り込む角部屋の205号室です! メインレジデンスの2階と3階にある客室は全客室が80㎡以上の広さを誇りエントリーレベルにあたる「サイアム・スイート」16室(80㎡) と2階の「メナム・スイート」6室(90㎡)、3階の「リバービュー・スイート」6室(90㎡) に分かれます! また独立型の「ヴィラ・スイート」では「プールヴィラ・コートヤード」6室(130㎡)「プールヴィラ・リバービュー」4室(130㎡)「コニーズ・ココテージ」1室(160㎡)もありホテルの客室全てがスイートルームという何とも贅沢な造り! 素晴らしいアンティークや調度品は館内のみならずスイート内部の様々な場面にも用いられシックでモダンなデザイン性で統一された大人な空間を創り出しラグジュアリー感満載です! 重厚感溢れる扉を開ければ天井まで一面ミラーに覆われたシックな格子廊下が広がり自然光が差し込む開放的な客室は縦長の構造でわたし達は過ごしやすいこの空間が気に入っております! 手前から順に間取りを説明すると贅沢な広さのバスルームに独立型のシャワールームとレストルームがありその延長線上にパウダールームそしてワーキングスペースにビジネスデスクがあり、從床空間到明亮的客廳,而不是使用電視監視器進行分區。、這一切都成為一體化的構造,沒有隔牆,使所有容易玩、それぞれが十分過ぎる程に余白を設けたゆとりのある空間! 上品且つモダンなアールデコのスタイルにタイの情緒を織り混ぜたデザインを施し、對稱的壁畫和內飾感覺良好感、モノトーンの配色に一層映える高貴なパープルのアクセントカラーをプラスさせているところも魅惑的です! リビングのテーブルにはウェルカムフルーツとしてドラゴンフルーツやグァバにバナナと共にGeneral ManagerのNick A Downingさんからのメッセージが添えられています! 小さいサイズのバナナはタイで良く見掛けますが、這個香蕉的皮膚很薄。、その味わいは甘味や香りが強く濃厚でとても美味しいです! ルームチェックインのサインを済ませた後はButler(執事)のSMET(スメット)さんから部屋内の取り扱い等の説明を受けましょう! ベッドスペースのベッドはキングサイズで悠々とした広さがあり、地基很高。、此外,墊子也更厚、有一種特殊的感覺,在高度,我不容易上升,即使162釐米高、良質な睡眠を保証してくれる高品質マットです! ベッドのヘッドボード奥にワーキングスペースを設けた面白い造りをしており無駄なスペースがありません! ワーキングスペースのビジネスデスクに新しく導入されたシステムとして、配備酒店設施齊全的完全免費租賃智慧手機"handy"、看到程式設計的酒店指南、預訂餐廳和水療中心等、コンシェルジュとのやり取りがスマートに行える便利アイテムが増えております! 世界対応マルチプラグで日本プラグもそのまま使用可能となりWi-Fiも全館無料で使用できます! また、作為禮物,酒店原裝不銹鋼瓶準備在桌面上,可以帶回家兩個、お出掛け用のドリンク入れにピッタリです! 客室のドアロックと解除は一風変わっており一旦奥に押してから手前に引くという二重構造になっておりますので御注意を! パウダースペースは大理石仕様で重厚感溢れるツインタイプとなり壁に面することなく開放的な造りとなっています! パウダールームの後方にツインクローゼットが用意され、後面有一個豪華的浴室。、カーテンで仕切ることが可能です! 右手手前には独立型のシャワールームにダブルヘッドシャワーが備わりその奥にはレストルームを用意しています! バスルーム中央にポツンと置かれた大きなバスタブは、181cmの旦那様でも足を伸ばせる大きさで優雅なバブルバスが楽しめます! 客室のBGMに設定された愛の讃歌「La Vie en Rose」は、這是這家酒店的形象歌曲。、大好きな曲でもあります! しっとりとムーディーなBGMに耳を傾けながら過ごすひとときはまさに「優雅」という言葉が相応しい客室となります! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 斯納考, Vachirapayabal, 杜斯特, 曼谷 10300, Thailand TEL:+66 2 206 6999 HTTP://www.thesiamhotel.com/...

前往曼谷最好的五星級城市度假酒店之一,暹羅暹羅酒店!

泰國是政治中心、前往暹羅,一個五星級的豪華城市度假酒店,沿著湄南河,坐落在一個安靜的都西區,擁有許多歷史建築! 薩瓦迪·克拉(普) / • •!! 酒店名稱是什麼?、以泰國王國前名稱"SIAM"命名、新的"暹羅"意義深度,如暹羅站(暹羅站)和市中心暹羅廣場(暹羅廣場),位於曼谷市中心,是"THE SIAM"。、房子,國王的房子像尊嚴和優雅的氣質,加上、現代アーキテクチャのシックでモダンなデザイン性を兼ね備えた素晴らしいホテル! 川沿いであるがゆえのリゾート感に満ち溢れ、曼谷最好的酒店之一,擁有城市綠洲的氛圍、大約四年前我參觀時、成為一家旅館,我被這一切迷住了。、今回のバンコク誕生日旅行の最後を締め括るに最適なホテルとなります! スイートおよびヴィラタイプの39室の客室のとなるホテルのエントランスは、在街道標誌板上前進的後面、酒店方便地忽視太、隠れた邸宅のような佇まいを醸し出しています! ベルマンが待ち受けてくれており、因為計程車帶我四處逛逛。、車寄せまで誘導して頂き無事に到着! 本来のエントランスロビーはこの時リニューアル中ということもあり今回は別の入口から入館し階段を上りフロントロビーへ向かいましょう! こちらのオーナーはタイ国内に幾つものホテルを所有・運営しているタイの名門「Sukosol Family(スコソル・ファミリー)」! Sukosol家の女性家長で社長のKamala Sukosol(カマラ・スコソル)さんは、在過去泰國領先爵士歌手、大兒子滑雪,我是搖滾歌手、現在他擁有了唱片公司、大女兒瑪麗莎、被稱為泰國樂壇的歌手是。、Visavateeranon 克拉的第二個兒子、一名著名的搖滾明星和電影演員的一面、擔任酒店創意總監、ファミリー全員が才能溢れるアーティストという素晴らしい音楽一家です! ホテルの館内デザインは世界的に有名な建築デザイナー「Bill Bensley(ビル・ベンズレー)」氏が手掛けられ、將他驚人的設計和克裡斯的古董收藏完美融合、まるでミュージアムのような素晴らしいホテルを完成させています! 「Main Residence(メインレジデンス)」に降り立つと、展現在我面前、閃閃發光是水的表面的一個美麗的水花園、天まで届くほどに巨大な背の高さのストレリチアの群が瑞々しい姿で現れます! 吹き抜け天井は3階までに及び、溫柔的自然光從中庭,充滿了玻璃牆的開放感,溫暖地傾瀉而下。。 獨特的氛圍,在涼爽的陰影中由綠色產生,就像天堂一樣。。 再訪でありながらも思わず息を呑む程に魅了されてしまうただならぬ空気が漂います!何度観ても素敵な光景! 出迎えてくれたレセプションスタッフは何と前回こちらのレストランにてサーヴしてくれたGift Sringamrat(ギフト)さんです! 以前お会いした際は入社して未だ1ヶ月だった頃の彼女! Damri Muksombatシェフがタイ料理を振る舞う「チョン・ビストロ Chon Bistro」で太陽のように輝く笑顔と丁寧で愛溢れる接客は忘れはしませんでしたがやはりその功績が認められていたようで昇格されていたのです! ウェルカムドリンクとおしぼりは木彫りのジュゴンとバッファローに蘭を盛り込んだ愛らしいトレーでお出迎え! おしぼりはひんやりと冷たく、散發出舒緩的香氣、完成在花蕾的形狀、ドリンクは小瓶に詰められた搾りたてのフレッシュなパッションフルーツジュースでとっても濃厚! パスポートをお渡しし、喝果汁,在沙發上放鬆一下。 充滿私人感的寧靜和綠色癒合、心から解放される安らぎを感じます! すると、更令人高興的是、前回も担当してくれたButler(執事)のSMET(スメット)さんがまだいらして喜びの再会を果たします! まるでバンコクの我が家にでも帰って来たかのような温かなお出迎えに感動を覚えながら、這一次,SMET將負責我們的布勒。、足取り軽くなる想いで客室へ案内して頂きます! 客室までの道中久々の再会となるSMETさんと楽しいお喋りが弾みます! と言っても、因為泰國英語或只有英語和他交談、我擔心我的英語是否能很好地溝通。、那裡是、充滿服務精神的 SMET 先生表達了這一點。、様々なフォローをしてくださるので安心です! このホテルの良さは美術館さながらの景観やデザイン性に限らず、布特勒受到每位客人的友好支援。、ホスピタリティ溢れるサービスが世界中のゲストから評価されているのです! THE SIAM(ザ・サイアム) 所在地:3/2 斯納考, Vachirapayabal, 杜斯特, 曼谷 10300, Thailand...

"暹羅"在曼谷花以上的豪華城市度假村酒店住宿

許多目前紀念碑 NPM 王室曼谷,懷曼化妝腮紅、 歴史的地区として閑静なドゥシット地区のチャオプラヤー川沿いに 2012年6月12日にオープンされたばかりのラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」。 中的兩個晚上、作為首都的泰國,曼谷市里、 踩在那裡的一步、遠離城市的喧囂、 川沿いであるがゆえのリゾート感に満ち溢れた素晴らしい5つ星ホテルでの滞在となりました♪ 気になる画像をクリックすると、每篇文章請連結到。 その他のタイ・バンコク記事はこちらからすべてご覧いただけます! http://lade.jp/category/diary/travel-diary/thailand/bangkok/ バンコク郊外屈指のシックで モダンなアーバンリゾート 全室80㎡以上の広さを誇り シックでモダンなスイート アンティークが揃う メーンレジデンス チャオプラヤー川の リバービューが望めるヴィラ 客室にバンコク初の オープンなプール付きヴィラ オピウム・スパでソダシの 至福トリートメント 刻一刻と迎える静寂さに包まれたムーディな夜の世界 カフェ・チャにて優雅に アフタヌーンティー チョン・ビストロで タイ料理を堪能 チョン・ビストロで タイ在住日本人と懇親会 タイフードと洋食が選べる オーダースタイルの朝食 ホテル専用ボートを予約し 観光やショッピングを楽む! ホテル専用ボートはロスがなく 快適なリバークルーズを保証 タイレストランのシェフと一緒に楽しいクッキングスクール体験! クッキングスクールで夏に 美味しいラープガイに挑戦! クッキングスクールで 本場のトムヤムクンに挑戦! クッキングスクールで 絶品のパッタイに挑戦! 優雅な時を過ごすアーバンリゾートホテルでお別れの時 タイへの旅が生涯忘れることができない素晴らしい体験になることを願い世界85ヶ国において、650 以上の個性的なホテルリゾートが加盟する 世界最大の独立系高級ホテルブランド「プリファードホテルズ&リゾーツ」が タイランドへの旅の特別プランを提供されています今回ご紹介するパッケージプラン“レジェンド・オブ・タイ”では、 3 酒店加盟傳說集合、 暹羅 (曼谷)、達拉德維,清邁 (清邁)、 アナンタラリゾート&ヴィラズ(プーケット)のいずれかに宿泊する方を対象に...

"暹羅"花豪華的城市度假村在告別的時間

許多目前紀念碑 NPM 王室曼谷,懷曼化妝腮紅、 歴史的地区として閑静なドゥシット地区のチャオプラヤー川沿いに 2012年6月12日にオープンされたばかりのラグジュアリー・アーバン・リゾートホテル「ザ・サイアム THE SIAM」。 中的兩個晚上、作為首都的泰國,曼谷市里、 踩在那裡的一步、遠離城市的喧囂、 川沿いであるがゆえのリゾート感に満ち溢れた素晴らしい5つ星ホテルでの滞在となりました♪ スイートおよびヴィラタイプの39室の客室のみのザ・サイアムでは静寂さと落ち着きを放つ空間ではリラックスしながら快適な時間を過ごすことができ、 和、まるでミュージアムに居るかのような素晴らしいアート作品やアンティークの数々を眺めながらとて有意義な時間を過ごすことができました♪ フロントでチェックアウトをしていただきますバトラーのSUMET(通称アンギー)さんが明細をチェックしてくださいます楽園のようなアトリウム。 還、この空間へ戻ってこようと思います♪ 大きなスーツケースがあるためザ・サイアムの専用ボートで同じくチャオプラヤー川沿いにある高級リゾートホテル 「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」まで送っていただきます♪ ディレクター・オブ・セールス&マーケティングのMARCOS PIRES(マルコス)さんとお別れの挨拶をマルコスさんお世話になりました♪ バトラーのアンギーさんがスーツケースを専用ボートまで運び終えてくれたようですアンギーさん本当に何から何までお世話になりました! ありがとうございます♪ 重たいスーツケースを持っての移動は困難を要しますが専用ボートでの送迎により最後の最後までケアしてくださるサービスは大変助かります♪ ディレクター・オブ・セールス&マーケティングのMARCOS PIRES(マルコス)さんと バトラーのSUMET(通称アンギー)さんが遠く離れるまでずっと手を振ってお見送りしてくださいました! バンコクでの滞在をご検討されている方には是非ともお勧めしたいNo.1ホテルです♪ ザ・サイアム THE SIAMのスタッフの皆さん本当にお世話になりました! また会いましょう♪ (タイ語แล้ว พบ กัน ใหม่ นะ ครับ/คะ) レーゥ ポップ カン マイ ナ クラッ(プ) / カー♪ 長閑なチャオプラヤー川の風景を楽しみながら一路は「ザ・ペニンシュラ・バンコク The Peninsula Bangkok」へと向かいます♪ ザ・サイアム...

滾動到頂部